cat_oa-thetvjp_issue_043c30b4e5fd oa-thetvjp_0_043c30b4e5fd_“菜々緒2世”黒木麗奈ら水着で“美ボディ”披露!ティーンのカリスマ久間田琳加も登場!!<超夏休み> 043c30b4e5fd

“菜々緒2世”黒木麗奈ら水着で“美ボディ”披露!ティーンのカリスマ久間田琳加も登場!!<超夏休み>

2019年8月13日 20:27 ザテレビジョン


8月8日、「超十代presents ~超夏休み2019~」が「OTODAMA SEA STUDIO」(神奈川県三浦市 三浦海岸)で開催。“菜々緒2世”ともいわれる黒木麗奈や、“ティーンのカリスマ”久間田琳加、人気ギャルモデル伊藤桃々ら、人気タレント・モデルが登場。約1300人の観客が熱狂した。


「超十代」は、十代の「やってみたい!」「見てみたい!」「触れてみたい!」を実現させる体験型イベント。「超夏休み」はビーチを舞台にした夏休みならではの「超十代」となる。

ファッションステージは、藤田ニコルがプロデュースするブランド「NiCORON」から開始。モデルのねおや、AbemaTVで放送されていた「白雪とオオカミくんには騙されない」への出演などでも有名な山之内すずらが登場。


「San-ai Resort」の水着ショーでは、そのスタイルの良さから“菜々緒2世”ともいわれる黒木麗奈や「egg」のモデルを務める伊藤、「今日、好きになりました。」(AbemaTV)への出演などで知られる8467(やしろなな)らがランウェイを歩いた。



“ティーンのカリスマ”とも呼ばれるモデル・久間田は「titty&Co.」のステージなどに登場。会場を沸かせ、人気の高さを見せた。


また、ファッションショーだけではなくアーティストライブも行われ、ウクレレプレーヤーでモデルとしても活躍するukurena(ウクレナ)のウクレレ演奏や、男女混成ダンス&ヴォーカルグループlol(エルオーエル)によるパフォーマンスが会場を盛り上げ、イベントは熱狂のうちに幕を閉じた。



(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_043c30b4e5fd oa-thetvjp_0_6b4db8f9eeb8_映画「下忍 青い影」本日公開!見どころは「ガチの真剣アクション!」【結木滉星インタビュー】 6b4db8f9eeb8

映画「下忍 青い影」本日公開!見どころは「ガチの真剣アクション!」【結木滉星インタビュー】

2019年11月15日 15:50 ザテレビジョン


幕末を舞台にした本格忍者アクション映画「下忍 青い影」が11月15日(金)に公開される。

幕末を舞台に、琉球武術の使い手と忍者組織の最下層・下忍の末裔の二人の忍びの活躍を描いた本作。『HiGH&LOW THE RED RAIN』の坂口拓がアクション監修を務め、『デメキン』の山口義高がメガホンを取った。

今作の主人公であり琉球武術の使い手・尚を演じるのは『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』でパトレン1号/朝加圭一郎役で人気を博した結木滉星。作品に対する想いを語ってくれた。

アクションは「これからも続けたい」



――演じた尚は、どんな人物に写りましたか?

「この作品は『下忍 青い影』『下忍 赤い影』のふたつの物語があるんですが、最初に『下忍 赤い影』の台本から読んだんです。その時の尚の印象は、若いのにしっかりとした意志を持っているなと感じました。その後で本作の『下忍 青い影』を読んだら、彼がそうなった経緯が描かれていて、すごく納得しましたね。悲しい過去を背負っているからこその雰囲気が出せたらなと思いました。その部分を大切にして演じていたので、皆さんに見て欲しいですね」

――アクションも見どころですが、稽古期間も長かったと聞きました。

「作品に入る前からアクションの稽古をしていました。毎日2時間程稽古があったんですけど、家でも竹刀を振って慣れるようにしていました。そもそもアクションというものが分からなくて。まず体が固いので、ストレッチをするんですけど、それが今まで経験したことのないストレッチで。爪先を伸ばしたり、足の甲で体重を支えたり、今まで伸ばしたことのない部位を伸ばすのが衝撃でした(笑)」


――アクションは難しかったですか?

「これまでやったものと全然違いましたね。というより、アクション監修が坂口拓さんという時点で違いました(笑)。この人ほど本物の人はいない。ガチで相手を倒しにいけ、斬りにいけって言われるんです。本来なら、怪我しない程度に加減してやらなきゃいけないんですけど、リアルを追求しているので僕も本気でいきました」

――だからこその、迫力ある映像なんですね!

「段取りのお芝居だと拓さんに怒られるので(笑)。だから常に段取りにならないように、ギリギリで避けたりは意識しました。と言っても、演じているので必死ですけどね。初めて竹刀を持った時はかなり重くてなかなか思い通りに動かせなかったんですけど、稽古を重ねるにつれて慣れてきて軽く感じるようになって、自由に振れるようになりました。この作品をきっかけにアクションを学べたので、これからも続けられたらいいなと思っています」


(ザテレビジョン・取材・文=松木智恵)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_043c30b4e5fd oa-thetvjp_0_bc6698d0dab5_キスマイ二階堂・千賀・横尾が、宮田の「5時間トイレ」発言に戦慄 bc6698d0dab5

キスマイ二階堂・千賀・横尾が、宮田の「5時間トイレ」発言に戦慄

2019年11月15日 15:30 ザテレビジョン

11月15日昼0:00より、映像配信サービス「dTV」で、Kis-My-Ft2のオリジナル番組「キスマイどきどきーん!」の最新話(#41)が配信中。

前回11月8日配信では、二階堂高嗣、千賀健永、横尾渉が「世界一辛いソースといわれる“デスソース”を全て使い切れば部屋から出られる」という「キスマイ監き~ん」に挑戦。今回は、その完結編を送る!

時間無制限で、好きな料理を注文してもOK。指定された目盛りまで使うとお助けカードの使用ができるというルールだが、3人は禁断のルール無視を行い、オフだった宮田俊哉を呼び出し手伝わせることに成功する。

辛い物が得意だという宮田は、デスソースを大量に掛けたパスタを一口食べるなり「辛っ」と一言言うだけで、苦戦する横尾らを驚かせつつも、クリアを期待させる展開に。

そんな宮田の頑張りのおかげで、目盛りも二つ目になり、早速、お助けカードを引いてみる。そのカードには、「日本一スピーディーに辛さを感じなくしてくれる男」と書かれており、一同が「どういうこと?」と頭に“?”を浮かべていると、催眠術師・十文字幻斎が登場。だが、催眠術の効果に半信半疑の一同だが、十文字の術を実際に体験し驚がく。

そして、「何を飲んでもココアになる」という催眠をかけられた二階堂が、デスソースを直接飲み出し、「辛くはない」と効果を実感するも、辛い物が苦手な千賀には通用せず、「辛いっす」と、壁を手につきもん絶。さらには「本当やばい…」と戦線離脱してしまう…。

だが、目盛りを減らすことには成功する。そんな中、横尾らは辛い物を食べ過ぎた次の日のことを心配しだし、辛い物好きな宮田に聞いてみると「5時間トイレ」「記憶ない」という衝撃のパワーワードが飛び出し、一同を絶句させる。

二階堂、千賀、横尾、そして宮田は、この後、無事脱出することができるのか?

もう一つの企画は、キスマイメンバーしかいない密室空間でベストパートナーを選ぶ新企画「キスどきマッチング」。先にペアになれた二人は、別室でくつろげ、さらに一つのお題で3組のペアが成立すれば豪華旅行がプレゼントされる。

これには、メンバーも手をたたいて大喜び。宮田、横尾らは「今までで一番いいんじゃないの」「なかったぜご褒美なんて」と笑顔に。

さらに、北山宏光は「付き合い長いじゃない。すぐ終わっちゃうよ」と自信をみせると、玉森裕太も「いいの? 尺足りなくなっちゃうんじゃないの?」と番組の心配をするほど余裕を見せる。

自分と組むことのメリットをアピールし始めるメンバー。北山が「今、筋トレしてる」と言うと、宮田も負けじと「グアムで実弾打った」とアピール。そんな中、藤ヶ谷太輔は「生徒守ったことある。ボクシングの高校生チャンピオン。あと、フェンシング強い」と順調に自分と組むことのメリットを挙げるが、「韓国系ヤクザ系の映画大好き」と謎アピールをしてしまう。

果たして、最初にペアになって、笑顔で記念写真を撮るのは? また、怒ったら怖そうなジャニーズの先輩の名前を挙げる場面も。Kis-My-Ft2が恐れるジャニーズの大先輩とは?

次回、11月22日(金)配信は、「キスマイ戦隊メモレンジャー」。メンバー全員から「尻すぼみ」とツッコまれた千賀ふんする“センガガー”が初登場。二階堂の珍回答にスタジオがザワつく!

また、「キスどきマッチング」第2弾も。あるメンバーに人気が集中する事態で、ペアとなるのは一体?(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_043c30b4e5fd oa-thetvjp_0_3e0bdbded673_「シティーハンター」の北条司「60歳の僕が撮っても後悔しないで(笑)」 3e0bdbded673

「シティーハンター」の北条司「60歳の僕が撮っても後悔しないで(笑)」

2019年11月15日 15:00 ザテレビジョン

「シティーハンター」の原作者でおなじみの北条司。彼が初の総監督を務める映画「エンジェルサイン」が、11月15日(金)より劇場公開する。また、映像配信サービス・ひかりTVで、公開日と同日の夜7:30より本作が提供される。


映画「エンジェルサイン」は、全編を通してセリフを用いず、映像と音楽でストーリーが展開。これは、世界108の国と地域から寄せられた「サイレントマンガオーディション」応募作品から選ばれた5作品と、その物語を繋ぐ北条司自らが描き下ろしたオリジナルストーリーで構成された長編オムニバスのためだ。

映像と音楽でストーリーが展開するため、言語も国境も超えて、世界中の人々が共感できる内容となっているところが、本作の最大の特徴であり見どころの一つだ。


総監督を務めた北条司は、総監督を引き受けた理由を「ちょうど連載が終了したいいタイミングでしたし、面白そうだからやらせていただくことにしました。ただ60歳にもなる僕が映画を撮っても面白くないんじゃないかという気持ちが心のどこかにあったので、 “後悔しないでくださいね”とは言いましたね(笑)」と語る。

本作の特徴である“セリフがない”ことで、脚本ではなく絵コンテやVコンテから映画を作ったという。その辺りに関しての苦労について尋ねると「セリフがない映画ですから、僕としては脚本があるという方が違うんじゃないかと。ただ構図などは予め提示した方がスタッフにも役者にも分かりやすいと思いました。みなさんプロなので、僕のイメージを絵コンテで伝え、あとはみなさんのイメージでやってください、という感じでした」と優しい笑顔で教えてくれた。

また、自身は映画をよく鑑賞するか尋ねると「映画は好きでよく観ます。特にマンガでは表現できないような作品が好きですね。高校生の時に見た『ウエスト・サイド・ストーリー』には衝撃を受けました。戦いのシーンを歌とダンスでやってしまう斬新さがすごく気に入りました」と語った。

北条司が、作品の見どころや「サイレントマンガ」に関しての魅力を語った上記インタビューや、インタビュー内でも出てきた“絵コンテ”の画像などは、11月15日よりひかりTVの公式ホームページ「エンジェルサイン」特集ページで、詳しく掲載される。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_043c30b4e5fd oa-thetvjp_0_6415163d2c63_GLAY・TAKURO「ずっと出たいと思ってた」!「ザ・カセットテープ・ミュージック」で審査員に 6415163d2c63

GLAY・TAKURO「ずっと出たいと思ってた」!「ザ・カセットテープ・ミュージック」で審査員に

2019年11月15日 14:40 ザテレビジョン

BS12では、12月1日(日)夜6時から開局12周年を記念した特別番組「BS12は12歳!ハワ恋カセット4時間スペシャル」を放送。

そして、同特番内の「ザ・カセットテープ・ミュージック」にGLAYのギタリスト・TAKUROが出演することが決定した。

番組は、マキタスポーツとスージー鈴木が昔懐かしのカセットテープから流れる80年代歌謡曲を聴きながら自由にトークを繰り広げていく音楽バラエティー。

今回の特番では、年末恒例企画である「第3回 輝く!日本カセットテープ大賞」と題し、マキタとスージーが独断で賞を授与。今回、TAKUROは審査員ゲストとして番組に参加する。

番組ファンだというTAKUROは、すぐにMC陣と意気投合!作詞にあたって自身が影響を受けたという松本隆作品や、シティポップの隠れた名曲にTAKUROも勝手に賞を授与する。

TAKUROは「ずっと出たいと思っていましたし、本当にこの番組のファンなのでここにいられることが光栄です」と、感激のコメント。「今日も音楽的な知的好奇心がものすごく刺激されました。(この日の主題になった)“アーバンとシティ”の、僕がモヤモヤしていた、いわゆる違いみたいなものをぜひこの番組で解明してもらいたいです」と、語った。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_043c30b4e5fd oa-thetvjp_0_5cc7406d6b7a_<日向坂46>全メンバーが紅白出場決定でフェイスマスク姿を披露!「本番はピカピカなお肌で…」 5cc7406d6b7a

<日向坂46>全メンバーが紅白出場決定でフェイスマスク姿を披露!「本番はピカピカなお肌で…」

2019年11月15日 14:15 ザテレビジョン


日向坂46が、12月31日(火)放送の第70回NHK紅白歌合戦(夜7:15-11:45ほか、NHK総合ほか)へ出場することが決定し、アンバサダーを務める「ルルルン」からお祝いグラフィックが発表された。

「大みそか、最高の顔でいってらっしゃい!」という文字が書かれたポスターでは、全メンバーがフェイスマスク姿を披露。また、メイキング映像とメンバーの番組出場決定について、小坂菜緒、加藤史帆、齊藤京子から喜びの直筆コメントも合わせて公開された。

今回のポスターは番組出場決定を受け、今後発表予定だった広告グラフィックをお祝い仕様に変更したものになっている。メンバーには大みそかまでのフェイスマスクが提供され、“最高の顔”で番組に出られるようにというサポートが実施されることも発表された。

フェイスマスクを付けた撮影でさまざまなポージングを披露!



撮影前のイメージ写真を見て驚いた日向坂46だが、マスクを付けた状態での撮影が始まるとさまざまなポージングを披露。

メンバーの加藤は「全員がマスクをつけると迫力があって面白かったです!」、齊藤は「新感覚で面白かったです!」とコメント。

他にも「斬新な撮影!」「(広告の)出来上がりが楽しみ」といった声が上がり、普段から愛用しているメンバーも多いという「ルルルン」フェイスマスクを使った撮影を楽しんでいる様子がわかる。


小坂菜緒&加藤史帆&齊藤京子にインタビュー!



――今回の撮影の話を聞いた時、どう思いましたか?

小坂:毎日のように使っているフェイスマスクなのでとてもうれしかったです。わたしたちがアンバサダーを務めることで、「『ルルルン』を使いたい!」と思ってくれる方が増えればいいなと思います!

――メンバー1の美肌の持ち主は誰ですか?


小坂:佐々木久美さんのお肌がもち肌でとてもきれいです!

加藤:みんな(お肌が)きれいですが、佐々木久美さんと小坂菜緒さんがきれいだと思います。

――普段どのようなタイミングでフェイスマスクを使用しますか?


齊藤:メイクをする前に、導入液を塗ってからフェイスマスクをし、乳液を塗り、メイクという順で(スキンケアを)行うのですが、その中で使います。

「ルルルン」からのメッセージも到着


「ルルルン」は日向坂46の晴れ舞台を本気で応援したいと考え、フェイスマスクを提供する。

「日向坂46のみなさま、紅白初出場おめでとうございます!ルルルンだからこそできるサポートを、と思い、ルルルンのフェイスマスクを提供させていただきます。ルルルンで少しでも自信を持ったお肌で晴れ舞台に臨んでいただきたいです。応援しています!」

メンバー直筆メッセージも到着!(画像3枚)





(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_043c30b4e5fd oa-thetvjp_0_ca3d7687479b_「神回」とファン大反響の「VS嵐」3時間スペシャル “視聴熱”も圧倒的1位獲得! ca3d7687479b

「神回」とファン大反響の「VS嵐」3時間スペシャル “視聴熱”も圧倒的1位獲得!

2019年11月15日 14:10 ザテレビジョン


WEBサイト ザテレビジョンでは、11月14日の「視聴熱(※)」バラエティー デイリーランキングを発表した。

1位「VS嵐」(毎週木曜夜7:00-7:57、フジテレビ系)40554pt

11月14日は3時間スペシャルを放送。嵐の5人がチームを作ってガチンコ対決した「第1回Mr.VS嵐」決定戦と、デビュー20周年を祝した企画「二十嵐(にがらし)」が行われた。

「第1回Mr.VS嵐」決定戦のチームメンバーは、先週の放送で開催されたドラフト会議で指名。相葉雅紀はV6・三宅健と狩野英孝、松本潤はKing & Prince・岸優太とミキ・亜生、櫻井翔はKAT-TUN・上田竜也とNON STYLE・井上裕介、大野智はHey!Say!JUMP・伊野尾慧と平成ノブシコブシ・吉村崇、二宮和也はNEWS・増田貴久とアンタッチャブル・山崎弘也という顔ぶれで対決。櫻井が初代Mr.VS嵐となった。

後半の「二十嵐」は、“20”に関連したさまざまな課題に嵐が挑み、ディーン・フジオカ、ヒロミ&小島瑠璃子、児嶋一哉&大久保佳代子がその結果を予想するというスタイルで開催。

5人が体内時計で20分を測定する「体感20分」は、それぞれの個性が出ていると話題に。二宮は水の入ったペットボトルをつなぎあわせて水時計を製作。大野はカプラという積み木を積み上げて、5分ごとに倒してもう一度積み上げていくことを繰り返した。松本はいつもの仕事に合間にやるというストレッチ、櫻井は「VS嵐」収録時のルーティンであるお決まりメニューの食事と新聞を読んで時間を予想。相葉は、デビュー曲「A・RA・SHI」を踊って計測していたが、途中からマンガに集中してしまう展開になりつつ、最も20分に近い記録を出した。

最後は過去2回の放送で大反響となった特別企画「クイズ松本潤」を。松本の趣味嗜好に関する質問に対し、松本がどんな回答をするのか予想するという同企画。嵐の4人は“松本潤専門家”として模範解答を出した。メンバーそれぞれの良い所という問題に松本は、大野は「ふくらはぎ」、二宮は「輪郭」、相葉は「今の髪型」、櫻井は「ノリ」と答えた。

嵐メンバー同士の対決や、仲の良さが見られた今回の放送に、SNSでは「神回」という意見が多数上がった。


2位「PRODUCE 101 JAPAN」(TBS系、GYAO!)4935pt

韓国発のサバイバルオーディション番組の日本版。書類選考で決定した101人の練習生が2020年にデビューするボーイズグループの11人に残るべく競い合い、すべての過程で“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者の投票で勝ち残っていく。

第1回が9月25日にTBSで放送され、最終決戦までの全12回は、動画配信サービス・GYAO!で毎週木曜に配信中。

11月14日に配信スタートした第8回では、第2回投票による順位発表が行われた。国民投票によってマッチングされた7チームが次の現場評価となる「コンセプトバトル」の練習に取り組むなか、順位発表が行われ、60人から35人に絞られることに。脱落者は新たな課題のステージに立つことはできないという厳しいものとなった。

第1位となった川西拓実は「本当に嬉しいですし、僕を信じてくれて本当に感謝しています」と喜びを語った。

練習生たちを“推しMEN”として応援してきたファンからは喜びや悲しみなど、さまざまな感想が上がった。そして、いよいよデビューする11名を決める第3回国民投票が同日からスタート。投票期間は29日(金)朝5:00までとなる。


3位「GENERATIONS高校TV」(毎週日曜夜9:00-10:00、AbemaTV)4712pt

GENERATIONSメンバーが全国の高校を訪問し、今どきの高校生の流行から、悩みや思い、情熱、笑いや感動、その青春のすべてを紹介するバラエティー。

11月14日に、12月31日(火)放送の「第70回NHK紅白歌合戦」にGENERATIONSが初出場することが発表されると、番組の公式アカウントで祝福コメントを投稿。

続けて「いつも#GENE高でおちゃめな姿を見せてくれている7人 初紅白が叶った#GENEにみんなでお祝いメッセージを届けよう」とつづると、ファンからは「大好きな7人を大晦日に見れるとかこんな幸せな事はありません」「やっとやっと。夢が叶った」本当におめでとう!感動して嬉しすぎて泣きました」と喜びと祝福に沸くコメントが続々と寄せられた。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやドラマランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_043c30b4e5fd oa-thetvjp_0_b77e50afb7fb_岡副麻希、不思議な柔軟ポーズ?“足上げ&美脚SHOT”に反響「何やってるの?(笑)」 b77e50afb7fb

岡副麻希、不思議な柔軟ポーズ?“足上げ&美脚SHOT”に反響「何やってるの?(笑)」

2019年11月15日 13:38 ザテレビジョン


フリーアナウンサーの岡副麻希が11月14日、自身のオフィシャルInstagramを更新。自らの両足を抱き上げた“折りたたみポーズSHOT”を公開し、反響を呼んでいる。

この日、岡副は「折りたたみからこんばんは!」というコメントと共に写真を公開。

その写真には、椅子に座った岡副が、膝裏を抱えるように両足を上げ、垂直に伸ばしている様子が写っている。

この投稿を見たファンからは「体柔らかい」「すごい」「何やってるの?(笑)」「そのまま持って帰りたい(笑)」「コンパクトだね」などのコメントが寄せられている。









(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_043c30b4e5fd oa-thetvjp_0_2d077645ec16_中山美穂、娘役の土屋太鳳を称賛「本当に欲しいな、この子」 2d077645ec16

中山美穂、娘役の土屋太鳳を称賛「本当に欲しいな、この子」

2019年11月15日 13:13 ザテレビジョン


女優の土屋太鳳と中山美穂が14日、都内で開催されたドラマ「Wの悲劇」(夜9:00-10:30、NHK BSプレミアム)の試写会に出席した。

同ドラマは、夏樹静子による小説でこれまでに何度も映像化されてきた「Wの悲劇」を、過去の名作を現代によみがえらせる“リバイバルドラマ”シリーズとして放送。土屋は大伯父の和辻与兵衛(大和田伸也)を刺し殺してしまう摩子役を演じており、中山は摩子の母・淑枝役を演じている。

本作が初共演となる二人。中山の印象について聞かれた土屋は「美穂さんはすごく存在感があって、オーラがあって、現場にいるだけで摩子の気持ちが出てくるというか…美穂さんのために何かできないかなとか、美穂さんといろんなお話ができたらいいなとか。一緒にいるだけで自分にとって役作りで大きかったです」と話し、まさに摩子の気持ちになりきっている様子を見せた。

さらに「最後は美穂さんが歌ってらっしゃる歌を一緒に聴きながらクランクアップすることができて、本当にうれしいクランクアップを迎えることができました」と話すと中山は「本当に太鳳ちゃんはいい子で、毎日毎日感動してて。美穂さんどんな音楽を聴くんですか?ってお話ししてて、私がお勧めした曲を一生懸命聴いてくれるんですよ。本当に欲しいな、この子と思いました(笑)」と土屋を称賛。仲のいい親子ぶりを見せた。


また本作の見どころについて聞かれると土屋は「みなさんが豹変していくところかなと思います。みなさんの過去だったりが明かされて、わーってなるシーンがあるんですけど、そこはみなさん本当にさすがだなぁと。本当に鳥肌が立つくらいすごかったです」と語ると中山も「それぞれが裏の顔を持ち、裏の顔を全員で探り合うような、そういうところも見どころかなと思います」とアピールした。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_043c30b4e5fd oa-thetvjp_0_eec1ecffdb30_平愛梨、「恥ずかしくて…(笑)」“残念すぎる”自撮り動画に反響殺到 eec1ecffdb30

平愛梨、「恥ずかしくて…(笑)」“残念すぎる”自撮り動画に反響殺到

2019年11月15日 12:50 ザテレビジョン


平愛梨が11月15日に、自身のオフィシャルInstagramを更新。その際に投稿された、“残念すぎる”動画が反響を呼んでいる。

この日、平は「本気で1か月走ってみようと思う 好きなものは食べる その分、歩いて、走って消化させる。一緒にやらない?か」というコメントと共に、自撮り動画を公開。

その気になる動画では、肩にスリットの入った赤いトップスを着た平が何やら話している様子。しかし、残念ながらその動画の音声は入っていない。

これにはファンも「音入ってないよ」「え、なんで音声ないのー?」など残念そうなコメントを残しており、一方、平は「せっかくなんか話したんだけど恥ずかしくて消したー(笑)」と音声無しの理由を明かしている。

この投稿を見たファンからは、「一緒に頑張る!」「私も始めます」「頑張ります!」など平と共に“頑張る”の声が多く上がっている。









(ザテレビジョン)

外部リンク