cat_oa-shuprenews_issue_abfef9b65d4a oa-shuprenews_0_abfef9b65d4a_映画『朝が来る』で母親となった中学生を演じる若き実力派女優・蒔田彩珠「自分の記憶が曖昧なくらい別人になっていました」 abfef9b65d4a abfef9b65d4a 映画『朝が来る』で母親となった中学生を演じる若き実力派女優・蒔田彩珠「自分の記憶が曖昧なくらい別人になっていました」 oa-shuprenews

映画『朝が来る』で母親となった中学生を演じる若き実力派女優・蒔田彩珠「自分の記憶が曖昧なくらい別人になっていました」

2020年10月27日 17:00 週プレNEWS

ストップしていた劇場作品も続々と公開され、この秋の映画は大豊作! そんなキャストの中から、さらなる活躍が期待される10代の実力派女優たちを撮り下ろし。映画の撮影秘話や女優への思い、プライベートの話までを聞いた。
今回は、若くして実力派女優の呼び声高い蒔田彩珠(まきた・あじゅ)さん(18歳)。東京五輪の公式映画でも監督を務める河瀨直美氏の最新作『朝が来る』(全国公開中)でも重要な役割を演じている。
本作は、「特別養子縁組」や「不妊」といった問題に真正面から取り組んだ意欲作。永作博美と井浦新が演じる「不妊」に悩み養子を迎え入れる夫婦と、若くして妊娠したがゆえに我が子を夫婦に差し出す少女のそれぞれの視点を描く。
そんな本作で蒔田さんは、中学生にして母親となった少女・片倉ひかりの苦悩を見事に演じている。
――蒔田さんが演じた片倉ひかりは、中学生にして妊娠してしまった子どもを養子に出す母親という非常に複雑な役柄ですが、役作りで意識した点は?
蒔田 自分が意識して何かをがんばることはあまりなかったですね。河瀨監督が、ひかりになるための期間と環境を用意してくださったので、撮影が始まるまでには、すっかりひかりになっているという感じでした。
――たとえばどのような環境ですか?
蒔田 ひかりが通ってる中学校と同じ学校に2週間くらい通いました。実際にひかりと同じおうちに住んで、そこから学校に通って、部活行って、友達と遊んで家に帰るっていう生活をして。本当にひかりになりきっていましたね。

――すごい。ひかりの記憶を追体験しているような感じですね。
蒔田 そうですね。あと、作品内の家族のみんなとも2~3週間くらい同じ家に住んでいたんです。だから、本当に家族のようで。役として、ひかりに子どもができて家を出るってなった時は、一緒に住んでいる家族のみなさんに実際に報告をしました。そうしたら、みんなでケンカっていうか、ギクシャクしちゃって。
しかも、その次の日の朝には、私が寝ている間にみんないなくなっちゃったんです。みんな帰っちゃうんだ......、本当に一人になるんだっていう寂しさを感じました。全部役を積むための経験だってわかってはいるんですけど、やっぱりつらかったですね。
あと、役積みという意味では、作中で成長したひかりが働く新聞配達のバイトもしましたし、その仕事先の同僚となる森田想(もりた・こころ)さんとも一緒に住んで数日間の共同生活を送りました。
――徹底した役作りですね。そこまで入り込んでると、子供を持ったひかりの気持ちも理解できました?
蒔田 「理解できる!」って言い切ったら失礼になるかもしれないのですが、本当にずっと赤ちゃんの重りをお腹につけて生活していて、生んだ時に外すという感じだったので、その重みがなくなるのは寂しかったです。「私の赤ちゃん、生まれてすぐに連れていかれちゃうんだ......」って。やっぱり今思い返しても、そのシーンは一番つらかったですね。本当に悲しくて泣いちゃいました。一回泣き出すと全然止まらなくて、「もう泣かないで、泣かないで」って監督に言われていました。
――完全に役に入り込んでいたんですね。
蒔田 本当に......。自分でも記憶が曖昧なくらいひかりになっていました。

――ところで、この映画は養子を迎え入れる側の夫婦の話、そして養子に出す少女の話、そしてそれぞれの話の時系列も長い期間を描いていて、観る側は様々な捉え方ができるのかと思います。この映画を蒔田さんが誰かにひと言で紹介するとしたら、どんな作品だと説明しますか?
蒔田 「特別養子縁組」だったり、生んだ子供を育てられないことが、日本ではあまり知られていなかったり、他人事だなって思われがちな気がしています。でも、本当はそんなことは無くて、誰に起こってもおかしくない。自分にも起こり得ることだって、そこをあらためて身近に感じれる映画なんじゃなないかなと。
あと、ひかり側のような育てられない親側の視点を描いた作品は、今まであんまりなかった様な気がします。私もこの役を演じるまで養子縁組という制度があるとは知っていたけど、じゃあ、「子供を預ける側の気持ちはどうなんだろう?」って知る機会も考える機会もなかったなって。そういう、子どもを生んでも育てられない側の気持ちを考える機会を作れる映画でもあるかな、と思います。
――そんな、全力で撮影に臨んだ『朝が来る』ですが、撮影中に河瀨監督から言われて印象に残っている言葉などはありますか?
蒔田 実は、撮っているときは、ほぼコンタクトをとっていなかったんです。あんまりお話する機会もなくて。
撮影中はずっと「ひかり」って役名で呼ばれていたんですけど、全部撮り終えた後に初めて監督から「彩珠」って呼ばれて、その時は感動しました。「やっと名前呼んでくれた!」って。

――それはうれしいですね。ところで、本作に限らず、蒔田さんが演じる役は難しかったり複雑な役が多いイメージがあります。逆に、シンプルな役をやってみたいとかはないですか? たとえば普通の女子高生とか。
蒔田 う~ん。でも、何かひとつでも抱えているものがあったらそれをグンと掘り下げれるので、何の悩みもない普通の女のコっていうのは、逆に難しそうだろうなぁ。
――そういえば、ドラマ『透明なゆりかご』でも若くして出産する役を演じてますよね!
蒔田 そうなんですよ! この歳で2回もお母さんになりました。なんでなんですかね(笑)
――やっぱり雰囲気的に複雑な役をお願いしやすいんですかね(笑)。では、逆に今後やってみたい役はありますか?
蒔田 もっとこう重大な過ちを犯すような役ですかね(笑) 
――やっぱり普通じゃない(笑)。ありがとうございました、最後に読者に伝えたいことは何かありますか?
蒔田 私も、初号試写の時に初めて知ったんですけど、この映画はエンディングクレジットの後にちょっと仕掛けがあるんですよね。すごく、重要な要素なのでぜひそこも見逃さないでいただきたいです! 
(スタイリング/中井彩乃 ヘア&メイク/山口恵理子)

●蒔田彩珠(まきた・あじゅ)
2002年8月7日生まれ、神奈川県出身。子役デビュー以降、現在までに数々の映画やドラマに出演。映画『星の子』が絶賛公開中のほか、配信スタートのドラマ『言の葉』(FOD)では桜田ひよりとW主演を務めている。また、2021年に放送される連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK)への出演も決まっている。
Instagram【@makita_aju】
■映画『朝が来る』はTOHOシネマズ 日比谷ほか全国劇場にて公開中

≪あらすじ≫
「子どもを返してほしいんです。」平凡な家族のしあわせを脅かす、謎の女からの1本の電話。この女はいったい何者なのか―。
一度は子どもを持つことを諦めた栗原清和と佐都子の夫婦は「特別養子縁組」という制度を知り、男の子を迎え入れる。それから6年、夫婦は朝斗と名付けた息子の成長を見守る幸せな日々を送っていた。ところが突然、朝斗の産みの母親"片倉ひかり"を名乗る女性から、「子どもを返してほしいんです。それが駄目ならお金をください」という電話がかかってくる。当時14歳だったひかりとは一度だけ会ったが、生まれた子どもへの手紙を佐都子に託す、心優しい少女だった。渦巻く疑問の中、訪ねて来た若い女には、あの日のひかりの面影は微塵もなかった。いったい、彼女は何者なのか、何が目的なのか――?
■『週刊プレイボーイ39・40号』のカラー特集「秋のシネマ美少女」より
撮影/河西 遼 取材・文/小渕 翔

外部リンク

cat_oa-shuprenews_issue_abfef9b65d4a oa-shuprenews_0_04f1f242ddf7_プロ野球界復帰を目指す新庄剛志に密着!「全部が初めてのことやから。答えはないよ。自分で探すだけ」 04f1f242ddf7 04f1f242ddf7 プロ野球界復帰を目指す新庄剛志に密着!「全部が初めてのことやから。答えはないよ。自分で探すだけ」 oa-shuprenews

プロ野球界復帰を目指す新庄剛志に密着!「全部が初めてのことやから。答えはないよ。自分で探すだけ」

2020年10月27日 11:40 週プレNEWS


衝撃の現役復帰宣言から約1年――。12月のトライアウトへ向けてラストスパートに入った新庄剛志(しんじょう・つよし)。
『週刊プレイボーイ45号』(10月26日発売)では、不定期連載『直撃! 楽(たの)しんじょう』の第2回を掲載。駒沢公園での個人練習に独占密着し、トレーニングの手応えから、話題の整形秘話まで赤裸々に明かしている。
48歳でプロ野球界復帰を目指し、さまざまなメディアに登場して注目を集める理由とは? そして、ストイックすぎる練習法とは? "番記者"インタビューマン山下が直撃!
■来年の大みそかにRIZIN参戦!? 対戦相手は......新庄 見た? 俺のRIZIN参戦の記事。
――見ましたよ!(笑) RIZINの榊原信行CEOが新庄さんに会って口説きたいと言ってましたね。
新庄 榊原さんは俺がトライアウトに落ちると思ってオファー出しとるやろ(笑)。皇治からメールが来たよ。「RIZIN参戦お願いします」って。だから俺が「じゃあ皇治としようか?」って送ったら、あいつは「バット持ってでもいいですよ」って返してきたけど(笑)。
――(笑)。今年は無理でも来年の大みそかだったら、どうですか?
新庄 それは面白いかも。来年はプロ野球選手になって、トレーニングも積み重ねて体のケアもしてるはずやからね。対戦相手は誰やろ?
――キックボクシング経験者のGACKTさんでいかがでしょうか(笑)。
新庄 おお! それ面白いね。じゃあここで吹っかけておこうか。「GACKTかわいそうじゃない? 俺にボコボコにされるやろ」って書いといて。これで怒ってこい、GACKT!(笑)
――(笑)。プロ野球でも試合中に乱闘になったりしますけど、新庄さんはそういうときどうしてたんですか?
新庄 俺はベンチの裏でコーヒーを飲んでるタイプ(笑)。だってケガしたらバカらしくない?
――でも乱闘は行かないといけないのでは?
新庄 ないない。「野球選手は乱闘のときに出ていかないと罰金ですか?」ってよく聞かれるけど、それはないよ。
――え! あれは都市伝説だったんですね。じゃあ乱闘で危ない目に遭ったことはなかったんですか?
新庄 そうだね。でも試合中にベンチでバリー・ボンズとジェフ・ケントがつかみ合いのけんかを始めたときに「やめろ!」って止めに入ったら吹っ飛ばされたことはあったね。監督が止めに入っても、「うるせぇ! ボケ!」って感じで。
――もうそのふたりだとRIZINレベルですね(笑)。それこそメジャーのほうが乱闘は激しいんですよね?
新庄 相手ピッチャーがバッターに当てる。そしたら今度は自分のチームのピッチャーが相手のバッターに当てる。この繰り返しが多ければ多いほど乱闘の本気度は増すから。メジャーだと乱闘中にピッチャーの足をスパイクの刃で踏んだりするからね。それぐらい勝負にかけてるということよ。
――参加しなくても怒られなかったんですか?
新庄 「なんでやらない? 弱虫?」とは言われるけどね。そうやって言ってくる選手は「俺は乱闘で一番に出ていく根性のある男だよ」と見せたいタイプなの。みんなになめられないための行動のような気もするね。

■テレビ出演は「自分にプレッシャーをかけるため」――バリ島から帰国後、多数のテレビ番組に出演していますが、その理由を「テレビに出ているのは自分にプレッシャーをかけるため」とコメントしていましたよね。

新庄 「おまえは野球選手になろうとしてるんだから、テレビとかチャラチャラ出なくていいんだよ」と世間から言われるのを俺は求めてるわけ。
失敗した時にテレビに出てたことを後から言われるやん? だから、わざとやらないといけない方向に追い込んで自分にプレッシャーをかけてるの。俺はそういう考えを昔から持ってたから。それってものすごく大事なことなのよ。
――「テレビで露出が増えれば、自分の商品価値が上がるから、それを球団にアピールする考えもある」とも、以前言ってましたよね。
新庄 それもあるね。だってプロ野球選手も人気商売やから。スカウトも番組を見てるだろうから、「夢に向かって一生懸命練習してるよ」というのを伝えるためにも出演してるのよ。
――しかし、改めて新庄さんはすごいことに挑戦してますね。
新庄 プロ野球選手が引退して1年休んだら、まあ動けんから。野球選手って太るやん。だから引退して14年ぶりの現役復帰なんて異例中の異例よ。
――でも新庄さんは引退後、一度も太ってないですよね。
新庄 太ってない。まぁ親が太るタイプじゃなかったから。
――引退後にトレーニングはやってたんですか?

新庄 モトクロスをやってたり、3万円の筋トレマシンみたいなのを置いたりしてたけど、どれも遊び程度よ。去年11月に「プロ野球選手になる!」って宣言したときのインスタグラムの写真を見たらわかるけど、一般の人よりはちょっといいくらいで、野球選手と考えたらガリガリやったからね。

■体が痛くても、ちょっとうれしい自分がいる――現役復帰宣言から約1年。今日までどのようなトレーニングを積み重ねてきたんですか?
新庄 まずは14年間腐ってた筋肉を起こすためにウォーキングからスタートしたよ。その後にウエイトトレーニング、その次に目、足の運び、バッティング。帰国してからはバリでトレーニングした成果を感じながら、バッティングセンターで速いボールを打って目を慣らしてる。
――今は現役時代と同じような練習をしているんですか?
新庄 現役時代は試合が終わった後にウエイトトレーニングとかガンガンしてた。とにかくウエイトを大事にしてたね。でも今は筋トレしてないのよ。筋トレの期間はもう終わってて、今は瞬発系と治療に専念してる。治療で肩の骨とかが合ってきたら、またウエイトトレーニングをやると思う。その繰り返しやね。
本当はもう少しスピードのレベルを上げないといけないんやけど、そういう体力がまだないから。残り1ヵ月くらいになったら現役のときみたいな練習をして、ケガ覚悟の動きを一回バーンとしてみようと思ってる。
でも全部が初めてのことやから。自分で練習メニューや体のケアを考えてやってるだけやから、答えはないよ。答えは自分で探すだけ。
――手探り状態なんですね。
新庄 48歳になったら運動してみないとわからない。脳では「まだ動けるやろ」という感じなんやけど、実際に動くと「あれ?」ってなって、体のどこが遅れているのかわからないの。
でも、やってみてすぐできたら、おもしろくないやん。体をつくっていってトライアウトに合格するまでの過程がおもしろい。練習で体に痛いところがあっても、ちょっとうれしい自分がいるの。
トライアウトに向けて不安だけど、「俺、現役時代にこんなところを痛めたことなかったわ。これどうやって治療するんやろ?」って考えながら治療できたら、その治療法を今後、現役復帰したら使えるわけやん。
――なるほど。そういうことも探求しながら楽しんでいると。
新庄 今は肩や膝を治療するためにいろんな先生のところに行ってるし、とにかく練習で動いてみるというのを繰り返してる。「今度はテープを貼ってみよう。あ、これだったら2試合は持つな」とか考えながらね。トレーニングや治療を2、3ヵ月やって効果が出たら、俺がほかの選手にも教えられるやん。そのためには口だけやなくて経験しないと。
――現役時代にそういった経験はしなかったんですか?
新庄 ストレッチひとつしてなかった(笑)。それでできちゃってたから。だから今、めちゃくちゃ勉強してるのよ。
●新庄剛志(しんじょう・つよし)
1972年生まれ、長崎県対馬市出身(福岡県福岡市育ち)。1990年に阪神タイガース入団。2000年12月、日本人初の野手FA選手としてメジャーリーグに挑戦。ニューヨーク・メッツ、 サンフランシスコ・ジャイアンツで活躍。日本人初のメジャー4番、満塁本塁打、ワールドシリーズ出場の記録を持つ。現在は移住先のバリから帰国し、14年ぶりの現役復帰を目指している。最新刊『もう一度、プロ野球選手になる。』(ポプラ社)、公認応援歌『%1』(HARTY)が絶賛発売中
取材・文/インタビューマン山下 撮影/山上徳幸

外部リンク

cat_oa-shuprenews_issue_abfef9b65d4a oa-shuprenews_0_53cb4bee57ce_宮澤ミシェルがサッカーでのVARの運用に疑問「数分前のプレーを遡って判定するってのはどうなんだろうね」 53cb4bee57ce 53cb4bee57ce 宮澤ミシェルがサッカーでのVARの運用に疑問「数分前のプレーを遡って判定するってのはどうなんだろうね」 oa-shuprenews

宮澤ミシェルがサッカーでのVARの運用に疑問「数分前のプレーを遡って判定するってのはどうなんだろうね」

2020年10月27日 11:00 週プレNEWS

サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第172回。
現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。
今回のテーマは、VARについて。近年では、各国のリーグでも導入されているVAR。しかし、その運用方法には、いくつか疑問に思うところがあると宮澤ミシェルは語る。
*****
誤審を減らすためにVAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)が導入されたのに、それでも判定で物議を醸すシーンが減った気がしないんだよな。
ラ・リーガは昨シーズンの新型コロナ禍からの再開後に、「VARが本当に公平なのか」と疑問を呈されていたけど、2020-2021シーズンが始まっても「どうなんだ?」と感じるケースがいくつもあるよ。
そのひとつが、リーガ・エスパニョーラの第3節、ベティス対レアル・マドリード戦。両チームとも攻撃的に挑んだ試合は、点の取り合いとなって2-3でレアル・マドリードが勝利した。
ただ、試合を決めたレアル・マドリードの3点目のPKの判定は、あれで本当によかったのかなと思っちゃう。
2対2の同点で迎えた後半33分に、レアル・マドリードのマジョラルがベティス陣に侵入。一度はボールをクリアされたかに見えたけど、DFの腕に当たっていたとしてPKの判定が下った。
実際にVARで見るとDFの腕にボールは当たっていたよね。だけど、マジョラルとの競り合いでもつれたDFは倒れかけていて、腕を地面について受け身を取ろうとしたときにボールが当たった。あれは故意にボールを腕に当てたわけではないと思うよ。
いまにして思えば、ハンドの基準が故意か否かだった時代の方が、人間味があった気がするよな。昨年から新たな再定義されたハンドは、機械的すぎるように感じちゃう。
しかも、そのプレーがあった直後、レアル・マドリードの選手たちも誰一人「ハンドだろ!」なんてアピールもしていなかったし、レフェリーだってそのまま流して試合を続けさせていたんだよね。
ピッチの選手が誰もハンドが起きたなんて思っていなくて、次の1点を奪うために全力でぶつかり合っていたのに、それが数分後にVAR担当からファウルの見逃しの指摘。レフェリーがオン・フィールド・レビューをしてPKの判定が下ってさ。
あれはまるで、VARが勝負に水を差すような存在だったね。
しかも、この判定だけなら印象は違ったかもしれないけど、これより前の時点でもVARでベティスのDFにレッドカードが出されていてさ。「VARは公平で公正なのか」って疑われるのも仕方ないことに感じちゃうよな。
ラ・リーガの場合、VARの「R」はレフェリーではなく、レアル・マドリードの「R」だと皮肉られるほどなんだよね。実際のところはわからないけど、そう言いたくなるくらい印象的にレアル・マドリードに好都合な判定が出ているってことだよな。
最先端のテクノロジーを導入して、どれだけ平等に裁いたとしても、判定で不利益を被った側は不平や不満を漏らすもの。だから、本当にレアル贔屓なのかはわからない。
でも、VARもやっぱり人間がそれを使いこなしている限りは、ミスをすることだってあるから、公平で平等な判定とは言い切れないよな。
いまの時代、あらゆるスポーツが録画を使って正しい判定をしようと努力している。ただ、それが向いているスポーツもあれば、向かないものあると思うんだ。
野球やアメリカンフットボールのようなシチュエーション・スポーツや、バスケットボールやテニスのように短いタームでの点取合戦のスポーツなら、疑惑の判定が起きた直後にビデオ確認をしても、ゲームの流れそのものへの影響は少ないから、向いていると思う。
だけど、サッカーは連続性のスポーツでしょ。ファウルが起きた直後ならいいんだけど、数分前のプレーを遡(さかのぼ)って判定するってのはどうなんだろうね。サッカーというスポーツの魅力を削いでしまう気がするんだ。
AIがビデオ・アシスタント・レフェリーとなって、プレーが起きた直後に瞬時に映像から正しい判定をするようになれば違うだろうけどさ。
VARの流れが後退することはないけど、現状の使い方がベストかと言えば、そんなこともないわけでしょ。サッカーの魅力を損なわずに、正しい判定を下せる使い方が見つかるといいよね。
構成/津金壱郎 撮影/山本雷太

外部リンク

cat_oa-shuprenews_issue_abfef9b65d4a oa-shuprenews_0_c71d60cbb6fc_スバル「新世代アイサイト」開発責任者を直撃! 「なぜ実質10万円でハンズオフを実現できたんですか?」 c71d60cbb6fc c71d60cbb6fc スバル「新世代アイサイト」開発責任者を直撃! 「なぜ実質10万円でハンズオフを実現できたんですか?」 oa-shuprenews

スバル「新世代アイサイト」開発責任者を直撃! 「なぜ実質10万円でハンズオフを実現できたんですか?」

2020年10月27日 06:20 週プレNEWS


新世代アイサイトが超話題。ということで、自動車ジャーナリストの小沢コージがが群馬県にあるスバルの研究所に突撃。開発トップに格安ハンズオフの秘密や自動運転について聞いた!
■コスパ最強のハンズオフ登場今から10年前、「ぶつからないクルマ?」のCMとともにヒットした先進安全機能がスバルのアイサイトだった。
走行中、前方障害物をステレオカメラが発見してクルマが自動で完全停止する。そんなCMに誰もがビックリ。その衝撃もありレガシィに搭載されるやいなやアッという間に装着率は8割に到達。
その後、ディーラーには「アイサイトください!」という指名客が殺到。現在はインプレッサ、フォレスター、XVにも装着されておりアイサイト装着の累計は300万台を突破。スバルのブランド価値を高めてきたのは紛れもなくアイサイトなのである。
ところが最近そのイメージが薄まりつつある。なぜなら昨夏、ドイツのBMWが時速60キロ以下の高速道路の渋滞時のみではあるが、ニッポン初となるハンズオフを達成。

昨年9月に日産がマイチェン版スカイラインに搭載したプロパイロット2.0もスゴかった。こちらは高速道路の制限速度内全車速対応で、ドライバーが前方を注視し、クルマが車線内を自動追従していれば完全にステアリングから両手を放せてしまうのだ。まさに完全自動運転一歩手前の技術である。

マジな話、オザワは「もはやアイサイトはこの衝撃に太刀打ちできないかも?」とひそかに思っていたが、今年10月正式発表予定の新型レヴォーグに搭載される新世代アイサイトXをテストコースで試して驚いた。
時速50キロ以下の高速道路の渋滞時のみハンズオフが可能だが、それだけじゃない。カーブ直前に道の曲率に合わせてスピードを自動調整するカーブ前速度制御や料金所前速度制御、さらには既存のどのクルマよりもうまい自動レーンチェンジまで実現してしまった。
価格も衝撃的だった。アイサイトXは縦型大型ナビと合わせてプラス35万円で搭載可能。この手のナビの価格は25万円程度が相場だから、実質10万円でアイサイトXが買える計算になる!
ハンズオフができるBMWもスカイラインも価格は550万円以上とけっこうなお値段でなかなか手が出せない。ところがスバルは300万円前後でハンズオフを実現したのだ。コスパ最強にも程がある。

いったいどうすればこんな価格が実現できるのか? 新世代アイサイトの責任者であるスバル先進安全設計部担当部長兼自動運転プロダクトゼネラルマネージャー・柴田英司氏を直撃した。
■他社と違う自動運転──いきなりですが、なぜアイサイトXはこんなに安い価格でハンズオフを実現できたんスか?
柴田 まず世の中には自動運転の大きな流れがありますが、われわれスバルの考えは少し違います。ご存じのとおりスバルの主力車であるレヴォーグやインプレッサは300万円前後のクルマです。
──スバルはいわゆる大衆車を取り扱うメーカーですね。
柴田 300万円台のクルマに対して最高の先進安全をどう詰め込むか。予算の範囲内でどこまで機能を向上させられるか。スバルは300万円前後のお皿のなかでどういう素材、どういう調味料を使うか。そればかり考えています。それがアイサイトXの本質です。もちろん世間の議論はウオッチさせていただいていますが。
──要するに他社の自動運転開発とスバルとではスタートラインが全然違うと?
柴田 他社さんの自動運転技術は、誰もやったことのない領域を値段の高い部品をたくさんつけてでもやらなければいけないはず。一方、スバルは「制約のある予算のなかでどこまでやれるか?」というチャレンジが命題なのです。
──世界的な自動運転の流れとスバルでは別の競争というか、もはや違うビジネス?
柴田 他社は、「ウチとアイサイトは全然違うモノ」と思うかもしれません。
──「もうすぐ完全自動運転ができる」と言い切る北米のテスラ。さらにホンダやメルセデスも自動運転レベル3を発表しそうですが、それについて柴田さんの感想は?
柴田 スバルのアイサイトXとは違うジャンルの話だと思っています。アイサイトXは"お客さまがうまく使っていただくツールの進化の究極"を狙っています。しかし、自動運転レベル3というのはお客さまの運転をシステムが完全に代行するわけです。
──スバルは常に「ドライバーに運転を楽しんでもらいたい」と話していますね?
柴田 はい。今回、スバルはハンズオフというハンドルから手を放せる領域に足を踏み入れましたが、レベル3はさらにアイズオフという運転中に目を離してもいい領域に入る。そうなるとドライバーありきか? そうでないか? その考え方はまったく違うように感じます。
■アイサイトXのキモは断捨離!──話を最初に戻します。アイサイトXのハンズオフは圧巻の技術です。自動レーンチェンジもコーナー速度制御もマジでハンパない。繰り返しになりますが、なぜこの技術を300万円前後で実現できた?
柴田 やはりステレオカメラの存在が大きい。アイサイトは最初から独自開発のステレオカメラの技術を使っていますが、今回はハードウエアもソフトウエアもすべて再設計しています。カメラのサイズは変わりませんが、映像をとらえる半導体素子やデータを処理するチップはすべて一新し、最新版にしています。
──確かにスバル独自のステレオカメラはアイサイトの売りです。他社がミリ波レーダーとか単眼カメラを使うのと大きく違う。ただ、今回は性能を追いかけるのにステレオカメラだけじゃ足りなくなり新たにふたつの前側方レーダーを取り入れました。ステレオカメラのアドバンテージは減ってきたのでは?
柴田 単純に部品を増やすと、そのまま価格に反映されてしまう。この手の先進技術というのは性能を上げながら部品をいかに増やさないかがポイントになる。それはアイサイトの歴史ともいえます。

──となると今回は価格にどう折り合いをつけた?
柴田 ステレオカメラは前方を立体視するという一番大きな特長の実現に使用していますが、そのほかにデータ処理センターの役目も負わせているんです。
──もう少し言うと?
柴田 要するにこのステレオカメラユニットの中にしか脳ミソは入っていません。ほかのセンサーの情報もすべてステレオカメラに入っています。その結果、アイサイトの中で情報をすべて処理することができてしまう。だから追加部品は一切必要ない。
──えっ? この運転席の前のカメラユニット内だけでほかのミリ波レーダーとかの情報も処理していると?
柴田 そのとおり。他社さんは別の高性能なセンターECUに各種デバイス、カメラ、センサー、超音波センサーなどの情報を集約していると思いますが、スバルはステレオカメラのチップに360度レーダーのデータやアイサイトX用の地図ロケーターのデータも入れて処理しています。
そこまで考えて最新チップも選定しました。しかも、最新チップを収める箱は昔から変わらずカメラ用筐体(きょうたい)のみ。さらに今回はアイサイト本体のコストを落として、その余力で部品を追加しているんです。
──だから10年前と同じ、実質約10万円という価格内に収めることができたと?
柴田 スバルのベースにあるのはお客さまのニーズです。予算の都合もあるので機能をひとつひとつお客さまの立場に立って精査し、これは入れられない技術、これは入れられる技術と選別するんです。
──ということは、スバルのアイサイトXのスゴさの秘密をひと言で言うと、取捨選択?
柴田 正確にはいかに捨てられるかだと思っています。まぁ、断捨離ですよ(笑)。
取材・文・撮影/小沢コージ 撮影/本田雄士 写真協力/スバル BMWジャパン

外部リンク

cat_oa-shuprenews_issue_abfef9b65d4a oa-shuprenews_0_89d7ea52a5de_前澤友作氏のYouTubeチャンネルもプロデュース! 業界トップランナー・明石ガクトが語るコロナ時代の動画ビジネス 89d7ea52a5de 89d7ea52a5de 前澤友作氏のYouTubeチャンネルもプロデュース! 業界トップランナー・明石ガクトが語るコロナ時代の動画ビジネス oa-shuprenews

前澤友作氏のYouTubeチャンネルもプロデュース! 業界トップランナー・明石ガクトが語るコロナ時代の動画ビジネス

2020年10月27日 06:10 週プレNEWS

ウィズコロナ時代をどう生き抜くかは悩ましい問題だ。既存のやり方が通用しなくなり、多くの企業が変化を強(し)いられている。
そんななか、いち早く時代に適応し、難局を乗り切ったのが、動画コンテンツを制作・配信する「ワンメディア」だ。率いるのはロン毛がトレードマークの代表、明石ガクト氏。トヨタやダイキンといった大企業のWEB動画制作、実業家・前澤友作氏のYouTubeチャンネルのプロデュースなど、縦横無尽に活躍している。
新刊『動画の世紀 The STORY MAKERS』では、ストーリーという切り口から、動画の価値を再定義。明石氏が提示する、ウィズコロナ時代を生き抜く術(すべ)とは?
* * *
──ワンメディアは「単なる動画制作会社ではない」とのことですが、具体的にどのようなことをされているんでしょう?
明石 僕らはクライアントと直接話して、彼らの中に眠っているストーリーを掘り起こし、動画にして届けています。具体的には、YouTubeやツイッターなどのプラットフォームで視聴できる、3~10分程度のWEB動画を主に作っています。
陸上競技でたとえると、1時間のテレビ番組が長距離走なら、15秒のテレビCMは短距離走で、僕らが作っているWEB動画は中距離走にあたります。SNS時代の今、急速に需要が高まっているんです。
──前澤友作さんのYouTubeチャンネルもプロデュースされていますが、動画のプロとしてYouTubeをどのようにとらえていますか?
明石 テレビはまず企画が先にあって、そこに人を乗っけて作っていきますが、YouTubeは人が先。古典落語と一緒ですよね。落語ってひとつのネタを違う人がやって楽しむエンタメだけど、YouTubeもモーニングルーティンや高級車紹介といった決まった企画があって、違う人がやることで味つけが変わって視聴者も楽しめる。
前澤さんの場合は桁違いのお金持ちなので、通帳を記帳したり、美容院に行ったり、みんなと同じことをしても見え方が違ってくるんです。
──ありのままを見せるだけで面白くなるからこそ、Vlog(ビデオブログ)という手法が生きていますよね。
明石 そうですね。YouTubeのプロデュースを始める前に、前澤さんが書いたnoteを読み込んだんですが、まだ世間に見えてなかった素の部分を出していったほうがいいんだろうなと感じたんです。
──「世の中からお金をなくす」というテーマで書かれた投稿が話題を呼びましたよね。前澤さんらしいストレートで熱いメッセージでした。
明石 当時は意外とアンチもいたんです。「前澤さんが伝えたいことが全然伝わってない人もいるな」とそのときに思って。文章だけだと人間味が出づらいじゃないですか。世間で報道されているイメージが先行していたからこそ、前澤さんは自分を前面に出したほうがいいと考え、YouTubeを始めようと思ったんじゃないかなと。
実際はめっちゃ気さくで笑顔がチャーミングで声もすてき。業界的にレジェンドだし、ロックミュージシャンでいえば矢沢永吉ですよ。YouTubeではありのままの前澤さんを伝えたいから、なるだけ刺し身で出そうと思ったんです。塩で食うみたいな。
──確かに投稿されている動画はどれもダイレクトに前澤さんの魅力が伝わってきますね。YouTubeはコロナ禍で視聴者が増えているようですが、何か変化は感じますか?
明石 今までYouTubeに手を出していなかった層が見始めたのは大きいですね。比較的年齢の高めな人たちがコロナ禍で一気に流入してきました。動画プラットフォームというものが、今まさに現在進行形でマスメディアになりつつあるんです。
──そんななか、ワンメディアは7月1日にコーポレートスローガンを「この世界に、物語を。」に刷新。新刊でも、ウィズコロナ時代における商品や企業の背後にあるストーリーの重要性を説いています。
明石 そもそもの持論として、動画があってストーリーがあるのではなく、ストーリーがあって動画があると考えています。クライアントには伝えたいストーリーがあって、その手段として動画が選ばれているだけですから。
クライアントワークじゃなくても、人が何かに共感するときってそこにはメッセージが込められているはずです。そのメッセージの込め方、ストーリーの見せ方がこれからは何よりも重要になってくると思います。
──裏を返せば、ストーリーの見せ方次第で共感を得られるものにもなるし、その逆もありえるというわけですね。
明石 コロナ禍で特に顕著なのが、離れていても人の気持ちを動かさなきゃいけないということ。例えば、週末のファーマーズマーケットなどで消費者と直接会話して野菜を販売していた農家さんは厳しくなる。じゃあ、どんな方法があるかといえば、僕はやはり動画だと思う。
畑をドローンで美しく撮影したとしてもただの畑で、そこにメッセージを込めなきゃ何も伝わらない。だからこそ、その農家さんや野菜にどんなストーリーが込められているかが重要なんです。
──離れたところにいる人に商品の魅力を伝える能力って、社会人に必須のスキルですよね。
明石 まさにそのとおりです。コロナ禍でリモートワークが普及し、サラリーマンのフリーランス化も進んでいきそうですよね。そうなると「僕はこういうことができます」「私はこういうものを売ってます」と伝えていく必要がある。
その一番熱い現場は個人のSNSですし、一番効率的に伝える方法は動画なんです。今後、ビジネスマンとして自分で身を立てていきたいという人は、エクセルを扱えるのと同じくらい、いい動画を作れる能力は必要になってくるでしょう。
──言い換えれば、しっかりとストーリーを作ることができる能力ですよね。
明石 コロナ禍で多くの店が潰れていますけど、ずっと混んでいる店もある。違いは人に語れるストーリーがある店かどうかだと思うんです。つまり、ネタになる店かどうか。味がおいしいとか、内装がキレイとかはもはや当然で、どれだけストーリーを込められるか。そういう時代になってきているんです。
●明石ガクト
1982年生まれ、静岡県出身。ワンメディア株式会社代表取締役CEO。共感を生むストーリーテリングをベースに1500本以上のスマートフォン向け動画をプロデュース。2020年7月に『動画の世紀 The STORY MAKERS』を出版。情報番組やバラエティ番組にもコメンテーターとして出演
■『動画の世紀 The STORY MAKERS』
(NewsPicks Select 810円+税[Amazon])
コロナショックによって、さまざまなビジネスが変化を求められているなか、「共感を集めることがあらゆる市場において勝つための原則になった」と指摘するのがワンメディア代表の明石ガクト氏。本書では、共感を生み出すストーリーの秘訣や、ストーリーを作り出すワンメディア独自のメソッド「3C」などを余すことなく公開。ウィズコロナ時代を戦い抜くビジネスマン必読の一冊。なお、本書は電子書籍のみで販売

取材・文/テクモトテク 撮影/山上徳幸

外部リンク

cat_oa-shuprenews_issue_abfef9b65d4a oa-shuprenews_0_c9226ead887b_誰も語らない日本学術会議に政府が介入する理由。それは「核ゴミ処理」問題だ! c9226ead887b c9226ead887b 誰も語らない日本学術会議に政府が介入する理由。それは「核ゴミ処理」問題だ! oa-shuprenews

誰も語らない日本学術会議に政府が介入する理由。それは「核ゴミ処理」問題だ!

2020年10月27日 06:00 週プレNEWS

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、日本学術会議に政府が介入する理由について指摘する。
* * *
新規会員候補6人の任命を拒否した菅政権だが、これに対する世論の強い批判に逆ギレしたのか、日本学術会議(以下、学術会議)を行革対象にするという脅しをかけている。なぜそこまでやるのだろうか。今回は、その理由のひとつに核のゴミ処理問題があるという話をしよう。
原発から生じる核のゴミを最終処分する方法として、政府は地下300m以上の深い岩盤に半永久的に隔離保管する地層処分を進めている。その一環として北海道の寿都(すっつ)町、神恵内(かもえない)村の2自治体では最終処分地を決める最初のステップである「文献調査」に手を挙げた。
だが、こうした政府の動きに警鐘を鳴らすかのように、学術会議が2012年、15年の2回にわたり提言を出していることはあまり知られていない。注目すべきはその内容である。
保管期間が数万年単位になることを指摘し、「それだけの長期にわたる地層の安定を確認するには、今の科学技術では限界がある」とした上で、暫定保管としてまずは50年間、地上での隔離保管を勧めているのだ。
それだけではない。50年間の暫定保管の間にも核ゴミは増え続ける。そこで会議は核ゴミの総量の上限規制をすべきとまで提言した。地層処分の是非について国民的合意がないまま突き進む政府の姿勢を明確に批判しているといってもよい。
御用学者や御用委員が幅を利かせる省庁の諮問会議では、こうした政府の方針に盾つくような提言はまず出てこない。政府から独立し、学術的知見に基づいて時には政府に耳の痛い提言もする学術会議だからこそ可能だったのだろう。学術会議の面目躍如といったところだ。
ただ、そうした学術会議の姿勢は、政府にすれば目の上のたんこぶ以外の何ものでもない。もし、2回にわたる提言が国民世論を動かし、地層処分に反対する声が大きくなれば、核ゴミの処分の見通しは立たなくなる。
核のゴミの上限規制をすべきという提言なども原発再稼働の障害になり、政府のエネルギー政策に重大な影響を与えかねない。だからこそ、菅政権は候補者の任命拒否という違法行為をしてまで、人事権で学術会議をコントロールしようとしたのだろう。
その延長として、政府は学術会議を行革の対象にしようとしている。政府から独立した存在とはいえ、内閣総理大臣の所轄する国の機関であり、年間10億円の予算が支出されている以上、不効率な運営などがあれば、正されるのは当然ではある。
ただし、それならエネルギー政策を担当する経産省にも行革のメスを入れるべきである。核のゴミの地層処分に警鐘を鳴らす学術会議の提言は最新の科学的知見に基づいたものだ。
経産省はその知見を無視する形で地層処分計画を進め、多額の予算を投入して適地マップまで作成している。その予算の使い方は本当に適切だったのか?
「今後50年間安定した地層を確定するのは今の科学技術の知見では無理だから、50年間は暫定保管で」という会議の提言を考えれば、経産省が行なった適地マップ作りや、これから進める候補地点の文献調査などは税金の無駄遣いになるのは必至だ。
日本学術会議の10億円予算と経産省の核ゴミの処分場選定事業の予算。どちらの精査が真の行革の名に値するものなのか? その答えはもはや、言うまでもないだろう。
●古賀茂明(こが・しげあき)
1955年生まれ、長崎県出身。経済産業省の元官僚。霞が関の改革派のリーダーだったが、民主党政権と対立して11年に退官。『日本中枢の狂謀』(講談社)など著書多数。ウェブサイト『DMMオンラインサロン』にて動画「古賀茂明の時事・政策リテラシー向上ゼミ」を配信中。古賀茂明の最新刊『日本を壊した霞が関の弱い人たち 新・官僚の責任』(集英社)が発売中!

外部リンク

cat_oa-shuprenews_issue_abfef9b65d4a oa-shuprenews_0_4533bb7735e7_橋本梨菜、森咲智美のBS番組『グラパー!~ボクとおやすみ前のグラドルたち~』は過激トーク満載!「ギリギリなとこを攻めてます」 4533bb7735e7 4533bb7735e7 橋本梨菜、森咲智美のBS番組『グラパー!~ボクとおやすみ前のグラドルたち~』は過激トーク満載!「ギリギリなとこを攻めてます」 oa-shuprenews

橋本梨菜、森咲智美のBS番組『グラパー!~ボクとおやすみ前のグラドルたち~』は過激トーク満載!「ギリギリなとこを攻めてます」

2020年10月26日 17:30 週プレNEWS

グラビアアイドルの橋本梨菜森咲智美がスカパー!のグラドル番組『グラパー!~ボクとおやすみ前のグラドルたち~』のオンライン取材会に参加。橋本いわく、「マネージャーに怒られるんじゃないかってくらい」の過激なトークが満載だと明かした。
『グラパー!~ボクとおやすみ前のグラドルたち~』はMCを務める橋本とレギュラーの森咲が、毎回ふたりのグラビアアイドルをゲストに招き、グラビアの裏側などを話したり、告知タイムをかけた対決なども行なわれる"グラドルによるグラドルのための番組"。グラドルはひとりで仕事をすることが多いが、「グラドルが集まって会話してるのが見たことがないと思うのですごい貴重な場」(森咲)になっている。

初のMCとなった橋本は、「ゲストに来た方だけでなく、実際こっちも緊張」しているものの「MCもけっこう褒めてもらえるのでうれしい。スタッフさんからも、『関ジャニの村上信五さんにしか見えなかった』って言ってもらえたり」と笑顔。
過激な質問に対しても、「グラパーの中ではしゃべりすぎるくらいしゃべってて。自分が話すことでゲストの話を聞き出すじゃないですけど、初出しの情報を出しちゃったりとか、やり過ぎてるかなって感じですね」と反省した。

第1回目の放送では、「卑猥なこと言っちゃって『ピー入れてください』って頼んだのに、オンエア見たら入ってなかったです」と暴露。しかし、「グラパーだからこそ、ギリギリなとこ攻めてるなって思いますね」と笑った。
一方、"日本一エロいグラビアアイドル"という肩書を持つ森咲も、「エロさについてはグラパーはスゴイです」と普段以上にエロを追求しているそう。
「台本見ても『森崎エロく演出してください、エロく触ってください』とか書いてるので完全にエロに振り切ってます」

さらに森咲は体を張るだけでなく、橋本が「智ちゃん、エロで売ってる割にはリアルな恋愛事情を避けてるから、(この番組では)言うんだって」と驚く一面も。森咲本人も「今まで言ってなかった恋愛経験を、初めてこの場で言ったりしてるのが自分でも意外です」と明かした。
同番組は1回目、2回目は放送中、3回目は"9.5頭身の超絶スタイル"をキャッチフレーズに活躍する新田ゆう、現役看護師で昆虫好きをウリにする荒川真衣をゲストに迎え、11月13日(金)に放送。

「新田さんは、見た目清楚なんですけど結構下ネタとか恋愛の話も一緒にしてくださって、そういう女の子のギャップっていいな」(橋本)、「荒川さんはどんな話をしても昆虫の話にすり替えて、すごく面白い。昆虫グラビアをやってるみたいで一緒にやりたい」(森咲)とさまざまなトークを展開する。
『グラパー!ボクとおやすみ前のグラドルたち』はBSスカパー!およびスカパー!オンデマンド(要会員登録)で、無料放送中。
取材・文/鯨井隆正

外部リンク

cat_oa-shuprenews_issue_abfef9b65d4a oa-shuprenews_0_7fee9bdbf5bb_奇抜な世界観はこうして作られた! Mayuri、葉月つばさ、火将ロシエル、ももせももの人気レイヤー&グラドルが語る『自撮り宅コス』グラビア撮影の極意 7fee9bdbf5bb 7fee9bdbf5bb 奇抜な世界観はこうして作られた! Mayuri、葉月つばさ、火将ロシエル、ももせももの人気レイヤー&グラドルが語る『自撮り宅コス』グラビア撮影の極意 oa-shuprenews

奇抜な世界観はこうして作られた! Mayuri、葉月つばさ、火将ロシエル、ももせももの人気レイヤー&グラドルが語る『自撮り宅コス』グラビア撮影の極意

2020年10月26日 06:20 週プレNEWS

ハロウィンが自粛ムードなら、今年は自宅でコスプレだッ!
10月26日(月)発売『週刊プレイボーイ45号』で43人のタレントさんが挑戦してくれた、自宅でのコスプレ(宅コス)自撮りグラビア企画。インパクト大な写真が多数登場したが、独自の世界観を表現するために、ひとりひとり、どんな工夫を凝らしていたのか?
また今号には、PPエンタープライズ豪華7人、旬な4人のセクシーコスプレをプラスして特別付録された「秋のコス祭り54人」DVD付き!
今回、特に印象的な写真を撮ってくれた、Mayuri、葉月つばさ、火将ロシエル、ももせももの4名に、撮影の裏側を聞いてみた!
* * *

■エロとこだわりの自撮り宅コス企画

自粛ムードの今年のハロウィンを盛り上げるべく、43人のタレントが挑戦した自撮り宅コス企画。まず、とりわけセクシーで撮り方のバリエーションも多彩だったMayuriちゃんに話を聞いてみました!
Mayuri 今回、43人の集合の企画っていうことを聞いたときに、ほかの人とかぶらない写真にしなきゃ埋もれちゃうと思って。ポージングやカメラアングルにはスゴくこだわりました。
巻末グラビアの1ページ目で使ってもらっている私の写真は、悪魔のコスプレをしてるんですけど、強い一枚にしたくてワイルドなポージングを心がけました。自撮りって正面から撮るのは簡単だから、下から撮って勢いのある写真にしたり。
――特にお気に入りの写真は?
Mayuri 悪魔のコスプレだと浴槽でお尻を見せてるカット。コスプレって、自分だけじゃなくて衣装のイイ部分も見せてあげたい。衣装のお尻周りのデザインのかわいさをうまく写真で撮れたかなって思う。
天使のコスプレのほうは下乳が見えるように、下のアングルから撮ったカット。天使コスプレは清楚(せいそ)な印象にしたくて、メイクもナチュラルで髪の毛もストレートに下ろしたり。だけどセクシーさも入れたくて、下乳を見せれたこのカットはお気に入り。清楚とセクシーのハイブリッドを表現できたかなって思う。
――続いて、フェティシズム全開のコスプレを披露してくれた、葉月つばさちゃん。撮り方で意識したことは?
葉月 私は猫メイドと、包帯ぐるぐる巻きの傷ついた女のコのコスプレをしました。個人的には全部脱いでいるよりも、脱ぎかけとかチラリズムのある写真が一番エチエチだと思っているので、そういう写真をたくさん撮りました。
特に猫メイドのコスプレでは衣装もちゃんと見せつつ、パンチラをキレイに見せるポージングを意識して。あとフェチ好き界隈(かいわい)では「足の裏が見たい!」っていう方がかなりいるので、巻末のグラビアのほうでは足の裏もきちんと入れるようにしましたね。
はいているストッキングもヒザ下は黒、ヒザ上は肌色っぽいものを選んだんですけど、そうすると足の裏の肌色が際立って見えるし、パンツもしっかり透けて見える。いろんな要素がかけ合わさって、フェチっぽいエチエチな写真ができるんです!
――撮影中のエピソードを教えてください!
葉月 カメラをセルフタイマーにして撮影したんですけど、上げた足の角度を保ちながら待つ時間とかシュールでした。あと包帯のコスプレのほうは、薬局で買った包帯を巻いてテープで留めてるだけなので、何度もズレてしまったり......。
きっと今回のグラビアに参加している方々は、似たような苦労をしていると思うので、それも想像しながら楽しむのもイイかもしれません。
――妄想膨らむ撮影秘話、ありがとうございます。お次は猫を交えて独特な世界観を作ってくれた火将ロシエルちゃん! なぜ猫と一緒に撮ったの?
火将 コスプレって、自分が本当に好きなものだけを取り入れていくと、ほかの人にはできない、自分だけのコスプレになるって思っていて。それで今回は大好きな猫ちゃんに参加してもらいました。私、あだ名がロシにゃんっていうくらい猫好きなんですよ。でも猫ちゃんを入れられたのも自撮りっていう企画ならではなんです。
人に撮ってもらう場合、被写体が多ければ多いほど写真って撮るのが難しくなる。私と猫、片方の顔がキレイに撮れてても、もう片方は目をつぶっちゃってる、なんてことがよくあって。私と猫の表情がイイ一瞬にカメラマンがシャッターを押すって、超難易度が高いんですよね。でも自撮りだったら、猫の表情さえ気にしていれば、イイ写真が撮りやすい。とはいっても、結局、今回は4時間くらいかかっちゃいましたけど(苦笑)。
――そんなに費やしていただいたんですね......!
火将 コスプレグラビアって最近よく見るからこそ、ほかの人とは違う自分なりの一枚を撮ることにはこだわってます。今回も、「猫耳+シンプルな水着だったらほかの人もやるかもな?」って思って、あえて紫のジャケットを水着の上から羽織ったり。イロイロ考えましたね。
――43人の宅コス自撮り企画の中でも、超ド級の肉体を武器に衝撃的な写真を撮ってくれたのが、ももせももさん。なんというか、スゴかったです!
ももせ ありがとうございます~(照)。普段の撮影では、キリッとしたカッコいい表情とかポージングを求められることが多いんですけど、私ってもともとはふわふわしたタイプなので、そういう部分が出せてたらイイなって思っています。
――それぞれの衣装でこだわったポイントは?
ももせ 黒猫のコスプレのほうは、とにかくリラックス感。目をつぶったりして、柔らかさを表現するように心がけました。
巫女(みこ)さんのほうは、ポージングで私にしかできない胸の出し方をできるようにしてみました。胸って下から撮ったり、上から撮ったりすると、大きく見えがちなんですけど、正面から撮ると、バストがかなり大きくない限りインパクトが出せないんです。でも私の胸ならって思って、あえて正面から撮ってみました。インパクト、出てますかねぇ?
――めちゃくちゃ出てました。
ももせ 市販の衣装だと、私は胸があふれ出ちゃったりして、ちゃんとした着方は難しいんです。でも自分のカラダだからこそ撮れる一枚があるし、それを強みとして出していけたらと思ってました。
体形によって、アピールするポイントや撮り方を皆さん意識して変えていると思います。私も私にしか撮れない一枚を撮ったつもりなので、皆さん、注目して見てくれたらうれしいです。
――皆さん、ありがとうございました。女のコたちのかわいさだけでなく、衣装や設定、撮り方などに着目してみると、ひと味違った楽しみ方ができるはず! ぜひ彼女たちがこだわり抜いた自撮り宅コスを、味わい尽くしてください!
●Mayuri 
2002年3月19日生まれ 愛知県出身 身長171cm 
公式Twitter【@mayurinn0319】 
公式Instagram【@mayurinn0319】
●葉月つばさ 
1998年6月16日 青森県出身 身長156cm 
公式Twitter【@KDM_N_LIVE】 
公式Instagram【@2basa_kodama】
●火将ロシエル 
6月19日生まれ 魔界出身 身長156cm 
公式Twitter【@Kasyou3roshieru】 
公式Instagram【@Kasyou3roshieru】
●ももせもも 
1993年7月15日生まれ 大阪府出身 身長160cm 
公式Twitter【@momosemomo_NY】 
公式Instagram【@momose_momo_0715】
<他出演グラドル> 
浅倉うみ、あにお天湯、伊織いお、池本しおり、ヴァネッサ・パン、大場はるか、オシリス、神尾美月、川瀬もえ、木村葉月、九条ねぎ、くりえみ、霜月めあ、桜田愛音、竹内月音、関根優那、月埜ヒスイ、立花繭子*、根本 凪、鹿目 凛、のらねこ、橋本萌花、花咲ひより、花咲れあ、シンディ、みのり、もも、まりん、Noa、ふたば、松下玲緒菜、御子柴かな、宮本りお、桃衣香帆、宮内 凛、百瀬りえ、山吹りょう、雪村花鈴、優月

外部リンク

cat_oa-shuprenews_issue_abfef9b65d4a oa-shuprenews_0_9544374abff3_空洞調査のプロが教える「陥没危険度」の高い道路 9544374abff3 9544374abff3 空洞調査のプロが教える「陥没危険度」の高い道路 oa-shuprenews

空洞調査のプロが教える「陥没危険度」の高い道路

2020年10月26日 06:10 週プレNEWS

10月18日、東京・調布市で市道が陥没し、深さ5mの穴があく事故が発生した。2016年11月に福岡のJR博多駅近くで起きた道路陥没(穴の深さ15m)ほど大規模ではなかったが、今回の現場は一軒家の駐車場の目の前。タイミングが悪ければ住民を巻き込む恐れもあった。
陥没との関連性が疑われるのは、関越道と東名高速をつなぐ外環道のトンネル工事。事故の約1ヵ月前の9月14日に現場の地下約50mの地点を掘削用の重機が通っており、その頃から「(地下工事のものと思われる)騒音や振動を感じるようになった」という近隣住民の証言もある。
工事を実施するNEXCO東日本は「現在、因果関係を調査中」(同社広報)というが、地盤調査などを行なう一般社団法人地域微動探査協会の横山芳春事務局長はこう見る。
「道路陥没は通常、なんらかの原因で地中にできた空洞が上方に向かって徐々に大きくなり、最後にはアスファルトの下に達して崩れ落ちますが、トンネル工事は震度1~2級の振動を発生させる場合がある。今回も、外環道の工事の振動などが空洞を発達させる原因となり、陥没に至った可能性があります」
一方、地盤陥没に関する研究を行なう東京大学生産技術研究所の桑野玲子教授は次のように話す。
「道路陥没は全国で年1万件ペースで起きていますが、発生地点の9割以上は水道管や下水道管などの埋設物が多い市町村道です。原因で最も多いのは下水管の老朽化で、破損した箇所から管内へ土砂が流入することで管の上部に空洞ができ、これが陥没の原因になる。敷設後25~30年以上が経過した下水管には損傷が目立ちます」
今回の現場もやはり市道で、地下には下水管が通っていた。調布市によると、現場付近の下水管は「1981年に敷設し、その後交換はしていない」という。
桑野氏は「今回の事故は陥没の規模から考えて、下水管に起因するものではない可能性が高い」とみるが、トンネル工事や老朽管が陥没にどう影響したかは調査結果を待つしかない。
実は、陥没の"前兆"となる路面下の空洞は東京のあちこちにある。国土交通省が2014~15年に「道路1km当たりの空洞数」を調査した結果、国・道・府・県が管理する道路の0.59個に対し、東京都・政令市が管理する道路はその3倍超の2.06個。なかでも東京23区は2.09個と特に多かった。
東京は地下構造物が多い上、高度経済成長期に敷設された多くの下水管が更新されずに耐用年数(50年)を迎えているためだ。
前出の横山氏は都内で陥没リスクが高いエリアとして、近年大規模な再開発が進んでいる渋谷区を挙げる。
「JR渋谷駅周辺は地形的には谷底の低地に位置します。もともと川が運んできた土砂が堆積(たいせき)した軟弱な地盤の上に街が形成されていて、地盤沈下や空洞化が起きやすい。
さらに、地下鉄や上下水道管などの地下構造物が錯綜(さくそう)しています。実際、渋谷駅周辺では建物外構部の変状や道路のヒビ割れが起きている場所もあります」
路面下の空洞調査を行なう関東圏の会社社長もこう話す。
「街中には土砂で埋め直しても時間がたてばまた空洞が発生する"空洞頻発地"が点在しています。守秘義務があり詳しくは言えませんが、振動が多い地下鉄の上、古い下水管や暗渠(水路跡)の上部、あるいはローラー車で地盤を固めづらいマンホールの下......。
こうした場所を起点として、地中に入り込んだ大量の雨水が土砂を浸食する台風の襲来時期に陥没が発生しやすい傾向があります」
国や各自治体では、陥没を未然に防ぐ空洞調査が急務になっているというが......。
「調査には走行しながらレーダーで地中の状況を調べる空洞探査車が不可欠ですが、私の知る限り、国内には民間企業が保有する10台ほどしかない。自治体間の争奪戦が激しく、調査がなかなか進まないのが実情です」(同・社長)
大都市の路面下で、陥没のリスクは日々高まっている。

陥没現場写真/NEXCO東日本の発表資料より

外部リンク

cat_oa-shuprenews_issue_abfef9b65d4a oa-shuprenews_0_c9dd0a74da9e_「コロナ明け」のトランプに感じた"虚像の終わり" c9dd0a74da9e c9dd0a74da9e 「コロナ明け」のトランプに感じた"虚像の終わり" oa-shuprenews

「コロナ明け」のトランプに感じた"虚像の終わり"

2020年10月26日 06:00 週プレNEWS

『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領について語る。
* * *
入院からわずか3日で退院し、ヘリコプターでホワイトハウスへ帰還すると、バルコニーでマスクを外してみせたトランプ大統領。「新型コロナに勝った強い指導者」を演出したわけですが、その映像はいつものような"つくり込み"が不十分で、言葉を選ばず言えば「ショボい」という印象を受けました。
"トランプひと筋"な人たちにとっては劇的なカムバックだったでしょうが、リベラル層のみならず無党派層でも、「魔法が解けた」ように感じた人は少なくなかったのではないでしょうか。
僕が思い出したのは、東欧のルーマニアの革命前夜――1989年12月21日に首都ブカレストの旧共産党本部庁舎前広場で、10万人を動員して行なわれた独裁者ニコラエ・チャウシェスク大統領による最後の大演説です。東欧の共産主義独裁者とアメリカのデマゴーグ大統領を比較するのはかなり乱暴な面もありますが、まあ聞いてください。
意気揚々と語りだしたチャウシェスクですが、1分ほど経過すると、民衆から罵声(ばせい)が上がり始めます。5日前に多数の死者を出したデモ隊と治安部隊との衝突、「ティミショアラ事件」に抗議する声でした。
自身を礼賛(らいさん)する"つくられた歓声"のなかに、わずかに響くノイズ。それは次第に大きくなり、そして爆発音が......。チャウシェスクは言葉を失い、演説は中断されました。
国営テレビの生中継は、庁舎を遠くから映した画面に突如切り替わりますが、マイクはオンのまま。聞こえるのは民衆の怒声、狼狽(ろうばい)するチャウシェスクの力ない言葉、そして妻のエレナ副大統領が民衆に向けて発する「静かにしなさい!」というむなしい叱責(しっせき)です。
約2分後、画面には再び演説を始めたチャウシェスクが映りましたが、彼はひどく動転していた。その瞬間、24年にわたり偉大な指導者として君臨してきた人物が、等身大の老人にしか見えなくなってしまったのです(4日後、彼と妻は銃殺刑となりました)。
まだ11月3日の米大統領選挙まで何があるかわかりませんが、31年前のチャウシェスクがそうだったように、あのホワイトハウスでの映像はトランプの"虎の威"がはがれた瞬間だったのかもしれません。
連邦最高裁判事に超保守派のエイミー・コーニー・バレットを指名したトランプは、コロナに感染する直前まで、有利な状況をつくり上げつつありました。大統領選前にバレットの承認手続きが完了すれば、最高裁判事は9人中6人が保守派となるからです。
激戦州で再集計が必要なほどの接戦にさえ持ち込めば、最高裁に結論を求めて結果を歪めることもできた。2000年に共和党のブッシュ陣営が選挙人制度の虚を突いて、より多くの票を獲得した民主党のゴア陣営を負かしたように。
しかし、トランプ本人と共に複数の共和党上院議員がコロナに感染したことで、最高裁判事の承認投票が大統領選の前に行なわれない可能性も出ています。また、感染後のトランプのあまりにも不規則な言動により無党派層が離れ、激戦州でも接戦に持ち込めないかもしれません。
繰り返しますが、選挙は最後までわかりません。ただ、コロナを軽視し続けたトランプが、最後はコロナに泣く――そんな因果応報な結末も見えてきたように思うのです。
●モーリー・ロバートソン(Morley Robertson)
国際ジャーナリスト。1963年生まれ、米ニューヨーク出身。『スッキリ』(日テレ系)、『報道ランナー』(関テレ)、『所さん!大変ですよ』(NHK総合)、『Morley Robertson Show』(Block.FM)などレギュラー出演多数。2年半に及ぶ本連載を大幅加筆・再構成した書籍『挑発的ニッポン革命論 煽動の時代を生き抜け』(集英社)が好評発売中!

外部リンク