cat_oa-shujoprime_issue_fdf16bd8b89b oa-shujoprime_0_fdf16bd8b89b_ジャニー社長のブレない東京五輪「トニトニ(2020)構想」の中身 fdf16bd8b89b fdf16bd8b89b ジャニー社長のブレない東京五輪「トニトニ(2020)構想」の中身 oa-shujoprime

ジャニー社長のブレない東京五輪「トニトニ(2020)構想」の中身

2018年2月15日 05:00 週刊女性PRIME

ジャニー社長のサプライズはあるのか!?


 ジャニーズ事務所のジャニ―喜多川社長が、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせた、帝国劇場での新たな舞台構想を明かした。

 訪日する外国人から「夜に楽しむ場所が少ない」という声があることを理由に、公演時間を遅めに設定することも検討し、五輪に合わせて日本を訪れる外国人たちを驚かせたいと語る。

 ジャニーさんの東京五輪にかける情熱は熱い。ある芸能記者は言う。

「2020年は、Sexy Zoneのマリウス葉が20歳になる年でもあります。五輪にSexy Zoneをからめたいというジャニー社長の思いは、2020年の東京五輪開催が決定した、2013年ごろから垣間見えていました」

 当時、ジャニー社長は、2013年3月に行われたコンサート「JOHNNY'S WORLDの感謝祭」で、“Twenty-Twenty”というユニットの構想を立ち上げたことがあった。その名の通り、2020年を意識した名前で、当初は東京五輪の招致を応援するユニットとして、20人ずつ2組に分かれた計40人で構成される超大型ユニットだった。

 メンバーを入れ替えながら、選抜を繰り返し、2020年にデビューという構想も明かしていた。そのメンバーとして、現在KING & Princeで活躍する高橋海人や、Hi Hi Jetの井上瑞稀、他にも松田元太や本高克樹、川崎皇輝などの人気Jr.が候補生として紹介されたこともあった。前出の芸能記者は言う。

「ジャニー社長は、この構想がとても気に入っていたようで、13年の末から行われた帝劇舞台では、『JOHNNY'S 2020 WORLD(ジャニーズ・トニトニ・ワールド)』と、タイトルに“2020”を盛り込んだほど。この舞台にはSexy Zoneの3人(中島健人、菊池風磨、佐藤勝利)がメインで出演しています」

 Sexy Zone自体、結成時にはジャニーズJr.も巻き込んだ流動的なユニットとして活動していくと明かしていただけに、それがスライドし、「Sexy ZoneとTwenty-Twenty」というスタイルでオリンピックに向けた活動を予定していたのかもしれない。

「14年のSexy Zoneのシングルのカップリング曲に、『2020 Come on to Tokyo』というものがあります。当時、彼らのラジオ番組で、マリウスがこの曲について、“ジャニーさんが作りたがってた(曲)”と語っていたこともあります」

 いっぽうで、ジャニーさん色が薄まってきた近年のSexy Zoneから、東京五輪開催時の帝劇舞台は、別のグループを中心としたものになる可能性も高いと、あるテレビ関係者は指摘する。

「ジャニーさんの舞台で近年最も期待されている平野紫耀がいるKING & Prince、ここに、Hi Hi Jetと東京B少年を加えたあたりが中心となっていく可能性は高そうです」

 近年CDデビューがなかったことも、Twenty-Twenty構想の影響があるのではという見方もあるという。

「Twenty-Twentyの名前こそ挙げなくなりましたが、ジャニーズJr.内にユニットを乱立させしのぎを削っていくスタイルは、その構想そのものともいえます。キンプリこそデビューしますが、現在にいたるまで、Twenty-Twentyの選抜が続いているという見方もできます。ジャニーさんの中ではつじつまは合っていて、全然ブレていないともいえます」(前出・テレビ関係者)

 KING & Princeがジャニーさんが手掛ける最後のデビューグループという声も一部ではあるが、サプライズ好きのジャニーさんのこと。2020年夏、大型グループのデビューと舞台演出で、ジャニーさんの有言実行に外国人観光客ならずとも、驚かされるかもしれない。

<取材・文/渋谷恭太郎>

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_fdf16bd8b89b oa-shujoprime_0_31cc71171d68_西野カナに「復帰はいつ?」を直撃! 31cc71171d68 31cc71171d68 西野カナに「復帰はいつ?」を直撃! oa-shujoprime

西野カナに「復帰はいつ?」を直撃!

2020年9月18日 21:00 週刊女性PRIME

'20年、活動休止中の西野カナを直撃

“会いたくて震えている”ファンは今もきっとたくさんいるはずなのに─。

「NHK紅白には'10年から'18年まで連続出場。若者の代弁者的存在の歌姫だった彼女が無期限活動休止を発表したのは、昨年1月のことでした」(スポーツ紙記者)

 直後の'19年2月に行われた横浜アリーナ公演をもって表舞台から姿を消した“恋愛ソングのカリスマ”西野カナ。その背景にはハードスケジュールだった日々と、私生活の新たな幸せが影響していた。

テレビ出演やイベント、ファッション誌の仕事など歌手活動以外にも多忙を極めており、心身ともに限界レベルだったと言われています。そんな彼女を長年、支え続けた元マネージャーと節目となる30歳の誕生日に入籍しました」(レコード会社スタッフ)

 一部報道では“'20年復帰説”も出ていたけれど……。今年も残り3か月ちょっと。その姿を見せる気配は一向にないまま。そこで週刊女性は、東海地方にある西野の実家周辺を取材してみた。

高級マンションに外車で乗りつける西野を直撃


「カナちゃんは昔から、お母さんと2人で暮らしていました」(近所の主婦)

 彼女が幼いころに両親は離婚。女手ひとつで育ててくれた母親への感謝は人一倍あったよう。デビュー後もしばらくは地元の大学に通いながら芸能活動をしていた彼女は、こんな親孝行もしていた。

お母さんは繁華街にあった美容院で働きながら、カナちゃんを育てたんです。実家の駐車場に止まっている白い高級外車はカナちゃんからのプレゼントだって聞いています」(同)

 そんな母親なら、きっと復帰について何か知っているはず!

 西野の実家を訪ねると、インターホン越しに母親が対応してくれた。西野の現状について聞くと「元気ですよ。それだけは間違いありません」と話すだけ。やっぱり復帰についてはわからないまま……。

 こうなったら本人に聞くしかない。9月上旬、週刊女性は西野が住む都内の高級マンションに行くと、ちょうど西野が乗る高級外車が帰ってきた。元マネージャーの夫がハンドルを握る横で西野が助手席にちょこんと座っている。ふたりで仲よく買い物にでも行っていたのか? 

 淡いグリーンのTシャツとオーバーオールに白いスニーカーを合わせた西野に声をかけた。

─西野さん、復帰予定はいつになるのでしょうか?

すみません、そういうことはちょっと、私の口から言うことはできなくて。事務所に聞いていただけますか……

 それだけ話すとマンションの中へ入っていった。

 結婚から1年半となるが、今もラブラブのようだ。

よくふたりで車に乗って出かけるのを見かけます。この間は重そうに袋を抱えるカナちゃんと、旦那さんはジョウロを持っていました。コロナだから家庭菜園をやろうって話したのかな」(近隣住民)

 復帰についてはわからなかったけど、西野が手に入れた幸せの“トリセツ”は、夫婦水入らずの生活だった。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_fdf16bd8b89b oa-shujoprime_0_305db0440d75_東京03角田、酒癖悪すぎて禁酒中も唯一飲みに行く芸人は 305db0440d75 305db0440d75 東京03角田、酒癖悪すぎて禁酒中も唯一飲みに行く芸人は oa-shujoprime

東京03角田、酒癖悪すぎて禁酒中も唯一飲みに行く芸人は

2020年9月18日 16:00 週刊女性PRIME

 7年ぶりに帰ってきた『半沢直樹』(TBS系)の勢いは止まらず、今年の流行語にもなりそうな“恩返し”。半沢を支えるあの人たちはどんな施しを返してきたのかをのぞき見!

東京03・角田晃広

「奥さんとザキヤマ(山崎弘也)さんがいるとき以外は酒を飲むことをやめました!」

 酒で大きな失敗を繰り返したという『東京03』の角田晃広は、そう誓いを立てたという。奥さんはわかるけど、なぜザキヤマも!?

酒癖が悪く、トラブルを起こす日々


「東京セントラル証券」の営業企画部の三木重行役が好評を博した角田。出向組の三木は1度は半沢らを裏切るが、最後には信念を貫き、正義のために尽力した。

「角ちゃんはもともとコントでも演技力には定評がありました。哀愁のあるサラリーマンをやらせたら角ちゃんの右に出る役者は少ないんじゃないかなと思いますよ」(放送作家)

 そんな角田にも不遇な時代があった。

「角ちゃんが前に組んでいたお笑いトリオ『プラスドライバー』は“世界一ダサいトリオ”と呼ばれていて笑いのとり方が野暮ったいなど酷評されていました」

 だが『東京03』に加入すると、

「リーダーの飯塚さんは“角ちゃんのボソッと言うひと言が面白いんだからいいんだよ”と意に介さない様子で、どんなときも角ちゃんを守っていました。もうひとり角ちゃんをいつも守っていたのがアンタッチャブルのザキヤマさんです。どんな場でも面白い後輩として角ちゃんを呼んで盛り立てていました」(同・前)

 そんな可愛がりに角田も感謝しているようで、

角ちゃんは酒癖が悪く、飲酒で知らない間に骨折したり、たまたま酒席で遭遇したビッグダディに絡んだりトラブルを起こす日々。自分でも嫌気がさしたようで禁酒したのですが、奥さんの前とザキヤマさんに誘われたときだけは飲んでいいとルールを決めているんです。

 酔ってどんな姿を見せても大丈夫とザキヤマさんを信頼しているのと、不遇な時代も自分を面白いと言い続けてくれたことに感謝しているのでしょう。

 ザキヤマさんが深夜1時などの無茶な時間に突然呼び出しても駆けつけてくるそうですよ

 角田にはただ酒が飲みたいだけという疑惑も……。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_fdf16bd8b89b oa-shujoprime_0_55aef0f6cf67_加山雄三、町おこし頓挫でも待ち望む地元・茅ヶ崎 55aef0f6cf67 55aef0f6cf67 加山雄三、町おこし頓挫でも待ち望む地元・茅ヶ崎 oa-shujoprime

加山雄三、町おこし頓挫でも待ち望む地元・茅ヶ崎

2020年9月18日 11:00 週刊女性PRIME

直撃取材にも快く対応してくれた加山雄三('16年2月)

 実家があったことで名づけられた神奈川・茅ヶ崎の『雄三通り』。それまでは疎遠だった地元の町おこしに、ひと肌脱ごうとしていた矢先だったが……。コロナと病に立ち向かう若大将の胸の内──。

町おこし頓挫で地元が困惑……


 8月29日、誤嚥による嘔吐で緊急入院した加山雄三(83)だが、その後、軽度の小脳出血を起こしていたことが判明。加山は、昨年11月にも軽い脳梗塞を発症している。

「現時点では出血の拡大はなく、容体は安定しておりますが、引き続きの治療と慎重な経過観察が必要であるとのことから、当面の芸能活動を自粛し、治療に専念しております」(所属事務所)

 今年、デビュー60周年を迎えた加山は、7月5日には逗子マリーナで生配信無観客ライブを盛大に開催。8月23日には日本テレビ系『24時間テレビ』にも出演。83歳とは思えない意欲的な活動を見せていた中での緊急入院だった。その後、11月7日に予定されていたディナーショーの中止が発表された。

 加山は週刊女性既報のとおり、昨年暮れに住み慣れた成城の豪邸を出て、都心のケアハウスに引っ越している。もともと加山が幼少のころから31歳まで過ごしたのは、神奈川・茅ヶ崎だ。茅ヶ崎といえば、サザンオールスターズ。駅からサザンビーチに続く“サザン通り商店街”はファンの聖地。だが、茅ヶ崎は桑田佳祐が敬愛する加山雄三という大御所が育った地でもある。

 JR『茅ケ崎』駅南口から海に続いている『雄三通り』は'01年に市民からのネーミング応募によって名づけられた。それ以前は加山の父で俳優の上原謙さんの名前を取り『上原謙通り』と呼ばれていた。もともと実家があった通り沿いの土地には、現在はマンションが立っており、エントランスには加山の描いた海の絵が彫ってある。

 そんな故郷・茅ヶ崎で、実は加山のデビュー60周年を記念する町おこしイベントの計画が着々と進行していた。デビュー50周年に際しては、市が加山に『茅ヶ崎市民栄誉賞』を贈呈している。

今年は加山さんがデビュー60周年ということで、昨年秋ごろ、加山さんの誕生月の4月に茅ヶ崎でトークショーを開催しようと、加山さんの事務所に連絡をしました。そうしたらスケジュール的に難しいということで、断念しました」と、話すのは茅ヶ崎の商店会の幹事。

 それならと、今年に入り《加山雄三さんデビュー60周年おめでとう!と書いたフラッグを作り、電柱に飾りつけた。

その後、加山さんの銅像を建てる話も出ましたが、費用的に難しかった。ならば、“第2の石原裕次郎”ならぬ、“第2の加山雄三コンテスト”をやろうという声も出ていました」(商店会幹事)

 だが、それもこれもコロナ禍でイベントどころの騒ぎではなくなった。そして苦肉の策をひねりだす。

「JR茅ケ崎駅の東海道線ホームでは、発着時にサザンオールスターズの曲『希望の轍』を流しているので、同じ茅ケ崎駅の相模線ホームでは加山さんの曲を流し、さらに駅構内のアナウンスも加山さん本人に録音してもらうのはどうかと。

 ダメもとで加山さんの事務所に提案したら、予想外にいい返事をいただき、ちょうどこれから動こうとしていたところだったのですが、加山さんが倒れてしまったんです」(前出・商店会幹事)

 まさに踏んだり蹴ったりの商店会一同。行き詰まりながらも熱い思いで突っ走る商店会の思いを、加山サイドはどう感じているのか。まずは、今の状況を事務所に聞いた。

加山雄三の現在の状況は……


「去年、脳梗塞を患いましたから、加山には治療に専念してくださいと伝えています。本人は、中止になったディナーショーやテレビ番組収録に対して、“みんなに悪いな、申し訳ない”としきりに言ってます」

 '18年に愛船『光進丸』を火災で失い、追い打ちをかけるように2度の緊急入院が続いた。

「気持ちを若く持てば若くいられると、世間にアピールしたい気持ちもあり、本人がいちばん悔しい思いをしているはずです」(加山の事務所、以下同)

『光進丸』を焼失するまでは、燃料のいらない船“エコシップ”計画の夢を語っていたが、その夢はどうなったのか。

「本人の思いはまだあるようですが、お金の面や、光進丸を焼失してしまってひどく落ち込んだ気力の問題もあって、今はボランティアへの思いが強い。基金を作って、コンサート収益などを寄付する活動を続けています。常に“この年だから人の役に立つこともやんなきゃね”と言っております。“老後は船”という考えは変わってきていますね

 そうした思いは、長年過ごした故郷・茅ヶ崎にも向き始めているのかもしれない。

「トークショーはスケジュールの都合で受けられませんでしたが、加山としては育った街である茅ヶ崎のご要望を断る理由はありませんので、今後も前向きに検討します

 商店会が苦労して考案した、茅ケ崎駅の相模線ホームの曲と構内アナウンスの一件にも喜んでいたという。

「音楽は親友だ!」の精神


茅ヶ崎の方たちに計画をしていただいたのですから、加山もぜひやりたいと言っていました

 ただし、コロナ禍で入院中の加山とは、家族でさえ会えない状況が続いている。前回の脳梗塞のときはわずか10日ほどの入院治療で退院しているが、今回はどうなるのだろうか。

 さすがに年齢的にも、もう引退か? という声も聞こえてくるが、本人は治り次第、復帰の意向らしい。

「いろんなことにチャレンジする気持ちをずっと持ち続けた人だからこそ、ここまで支持されてきた。以前から“音楽は親友だ”と言っているように、音楽活動は、生涯ずっと続けていくでしょう。

 退院後は、みなさんがビックリするようなこともやりますよ。詳しくは、まだ内緒ですが

 デビュー60周年を迎えた新たな若大将が、令和の時代に故郷・茅ヶ崎へ戻ってくる日が楽しみだ。

加山雄三、激動の直近10年


'10年●芸能生活50周年。茅ヶ崎市民栄誉賞を受賞

'13年●ロックフェスに初参加

'14年●旭日小紋章を受章

'15年●ファイナルコンサートツアー('19年に再開)

'18年 ●愛船『光進丸』が炎上し、沈没

'19年●脳梗塞のため入院した後、自立型ケアハウスに引っ越し

'20年●8月に誤嚥による嘔吐で倒れ小脳出血。現在も入院中

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_fdf16bd8b89b oa-shujoprime_0_3ef92e8b9961_がんになったら“払わなくていいお金”は意外と多かった! 3ef92e8b9961 3ef92e8b9961 がんになったら“払わなくていいお金”は意外と多かった! oa-shujoprime

がんになったら“払わなくていいお金”は意外と多かった!

2020年9月18日 08:00 週刊女性PRIME

※画像はイメージです

「実は、がんの治療による経済的負担をサポートできる公的な助成制度は、意外とたくさんあるんです」

 と教えてくれたのは、ご自身も乳がんサバイバーであるファイナンシャルプランナーの黒田尚子さん。

(1)高額療養費制度と限度額適用認定証


まず、医療費が高額になった場合は『高額療養費制度』が経済的負担の助けになります。これは、保険が適用される医療費の1か月間の支払いが収入に応じて決められた自己負担額を超えた場合、超えた分が戻ってくる公的助成制度。健康保険や国民健康保険などの公的医療保険に加入している人であれば、誰でも利用できます」(黒田さん、以下同)

 ただし、対象となる医療費は、公的医療保険が適用される治療費のみ。保険外負担分(差額ベッド代など)や入院時の食事負担額など、さらに先進医療などの保険適用外の費用については対象外だ。

 また、あとから払い戻されるとはいえ、高額の支払いは大きな負担になる。

「窓口での立て替え払いが不要になる『限度額適用認定証』の制度もあります。事前に申請し、病院の窓口に提示しておくことで、退院時に高額療養費の限度額以上の医療費を支払わずにすみます。がん治療にある程度のお金がかかるとわかったら、早めに『限度額適用認定証』の申請をすませておくと安心です」

(2)医療費控除


 がん治療で高額な治療費を負担した収入のある課税世帯の場合、『医療費控除』の申告も忘れずに。

「医療費控除は、1年間の医療費が10万円以上になった場合、翌年に確定申告をすると所得税の還付が受けられる制度。申請した分、翌年の住民税額も少なくなりますから、多少手間でも行っておいて絶対損はありません」

(3)傷病手当金(健康保険)


 治療費だけでなく、収入面の助成制度もある。

会社員や公務員の場合、ケガや病気の治療で働けない期間の収入を補填(ほてん)するために『傷病(しょうびょう)手当金』を受け取ることができます。受給額は、1日につき標準報酬日額の3分の2。受給には一定の要件がありますが、がんの治療に専念したい会社員にとっては心強い制度です」

(4)障害が残った場合


 また、がんの治療で身体に障害が残り、日常生活や仕事に支障が出た場合は、公的年金制度の一種である『障害年金』の受給も検討を。ただしこれは、初診日から1年6か月後の障害認定日に一定の障害状態になければ申請できない。がん治療を受けたら誰もが申請できる所得補填ではないので、要注意。


 同様に、がん治療で身体に障害が残った場合には、税金の減免や交通機関の割引、公共料金の減免などが受けられる場合もある

「各市区町村が行う『障害者手帳』という公的福祉サービスで、認定されれば福祉サービスや税制優遇が受けられます」

(5)支払いが免除される制度


 障害者手帳は取得できなくても、「国民健康保険」や「国民年金」には収入がない場合の減免制度が設けられている

「減免手続きをせずに支払いを滞納すれば、いざというときの年金や助成を受けられなくなるおそれも。意外と知らない人が多い制度ですが、支払いに困ったときには手続きを忘れずに」

 公的な支払い以外にも、がんと診断されたら支払いが免除されるものもある。

「例えば民間の医療保険に加入している場合、保険料免除特約があれば支払いが免除される可能性が。同様に最近は住宅ローンにも、がんなどの病気になると支払いが免除される『特定疾病団体信用生命保険』つきのものが増えていますので1度、確認を」

助成の申請は“セルフサービス”と心得て


 民間の保険やローンはもちろん、ここで紹介した公的な助成制度は自分から申請しない限り受け取れない。

「どんなときにどんな制度を利用できるのか、助成制度はどんどん更新されるので、本当に正しい情報なのか常に注意が必要。最近はインターネットで情報を検索する人も多いでしょうが、難しい場合、病院の相談窓口や『地域包括支援センター』に問い合わせれば、悩みや困りごとに応じた窓口を紹介してくれるはず

 ひとりで悩まず、積極的に利用して。

(取材・文/中村明子) 


【PROFILE】

黒田尚子さん ◎CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、消費生活専門相談員資格取得。日本総合研究所に勤務後、1998年にFPとして独立。書籍やサイトなどの執筆、講演、個人相談など幅広く活躍中。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_fdf16bd8b89b oa-shujoprime_0_2023229bec22_二宮和也「こんなはずじゃ」結婚生活に募らせる不満 2023229bec22 2023229bec22 二宮和也「こんなはずじゃ」結婚生活に募らせる不満 oa-shujoprime

二宮和也「こんなはずじゃ」結婚生活に募らせる不満

2020年9月18日 05:00 週刊女性PRIME

二宮和也

 9月10日、嵐のレギュラー番組『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)が12月で終了することが発表された。

「2010年から放送され、嵐のメンバーがさまざまな企画に挑む姿が、ファンからも好評でした。フジ系で放送されているもうひとつのレギュラー番組『VS嵐』も年内で終了する方向で話が進んでいます」(スポーツ紙記者)

 嵐は今年いっぱいでグループでの活動を休止する。5人はゴールに向かって全力で走り続けているが、二宮和也は特に精力を注いでいる。

「10月2日から公開される映画『浅田家!』で主演を務めます。写真家の浅田政志さんの半生を描いた映画で昨年、彼の地元である三重県津市でロケが行われました。ほかの出演者も、黒木華さんや菅田将暉さんなど、豪華なメンバーがそろっています」(同・スポーツ紙記者)

「こんなはずじゃなかった」


 仕事は順調だが、私生活では悩みを抱えていて─。

結婚生活に対して、周囲に“こんなはずじゃなかった……”と漏らしているそうです。彼の中で、思い描いていたのと違う部分があったみたいですよ」(二宮の知人)

 二宮は、昨年11月に元フリーアナウンサーのAさんと結婚した。新婚まっただ中のはずなのに、何が不満なのだろうか。

周囲の目を気にしなければならないことです。交際していたころはアイドルという立場もあり、ふたり並んで歩くこともできなかった。結婚したら、普通の夫婦と同じような生活ができると思っていたようです」(同・二宮の知人)

 だが、結婚してからも状況は変わらなかった。

「交際が報じられて以来、二宮さんのファンがAさんに対して、ネット上で心ない言葉を浴びせていました。結婚してからも、嵐の公式インスタグラムで、二宮さんが起床した直後の写真を投稿すると、“Aさんが撮影して、新婚生活を自慢しているのではないか”と批判されました。ふたりで歩いているのを見られたら、ますますAさんがバッシングされると考えているのでは」(テレビ局関係者)

“見られる”ことをそこまで気にするのも無理はない。一時は、身の危険にさらされたからだ。

「一部の過激なファンが、わずかな手がかりを頼りに二宮さんの自宅マンションを特定し、ネット上に住所をアップ。その家の近くに行く人まで出てしまったんです。安全面を考えて、別の場所に引っ越すことになりました」(同・テレビ局関係者)

 そうした過去のトラウマもあるのか、現在の自宅マンション周辺では夫婦そろった姿は目撃されていなかった。

スーパーで、Aさんが買い物しているところは何度か見たことがあります。でも、いつもひとりで来ていて、二宮さんと一緒にいるのは見たことがありません」(近隣住民)

 外出する際も、細心の注意を払っている。

買い物するときはふたり並んで歩かず、車で出かけるときも二宮さんが運転して、Aさんは後部座席に乗るなど、目立たないようにしています。二宮さんとしては、もう夫婦になったのに、ここまでしなければならないことが心苦しいのだと思います」(前出・二宮の知人)

西島秀俊と家族ぐるみの仲


 そんな彼には、心強い味方がいる。2017年の映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』で共演して以来、公私ともに仲のいい西島秀俊だ。

西島さんは、二宮さんの近所に住んでおり、お互いの奥さんとの仲もよく、家族ぐるみの付き合いをしています。そのため、最近は西島さんに周りの目を気にせずに食事できるお店がないか相談しているそうですよ」(同・二宮の知人)

 振り返ると、昨年の結婚には“犠牲”も払っていた。

「嵐のデビュー20周年を記念して行われたツアー中に結婚を発表したことで、ほかのメンバーから不満の声があがりました。その数週間後の11月末に日テレ系で放送された音楽番組『音楽の祭典 ベストアーティスト2019』に出演した際は、5人で肩を組んで歌う中、松本潤さんが二宮さんの肩に手を置いていないことが発覚。一部のメディアで“不仲説”も報じられました」(前出・スポーツ紙記者)

 それから月日が流れ、テレビでは以前と変わらない仲のいい様子を見せているが、最近の『嵐にしやがれ』の現場では不穏な声が聞こえてきた。

メンバーとの明らかな距離感


二宮さんとほかのメンバーがコラボする企画が極端に少なくなっているんです。番組で、松本さんの『THIS IS MJ』や大野智さんの『全国の港から港へ! 進め大野丸!』など、メンバーが担当する企画に別のメンバーが出演し、息の合ったかけ合いを見せるのが好評です。

 二宮さんは4月4日に放送された相葉さんとバイクでツーリングする企画に出演しましたが、それ以外のメンバーの企画には出ていないんです。ほかのメンバーは、櫻井さんが大野さんのコーナー、相葉さんが松本さんのコーナーと、まんべんなく出ているんですけどね……」(芸能プロ関係者)

 今でも、わだかまりが残っているのだろうか。

「コロナの影響でロケがストップした時期もありましたが、現在は再開しています。二宮さんだけほかのメンバーと2人きりになる企画に出ていないのは、やはりほかのメンバーと距離があるからかもしれませんね」(同・芸能プロ関係者)

 活動休止まで残り3か月となる中、二宮とほかのメンバーの間に“非情な”ディスタンスができているのは心配だけど……。

「最近、二宮さんは結婚生活のストレスからか、仕事先でイライラしていることが多いそう。ほかのメンバーはそんな彼を近寄りにくいと思い、少し距離ができてしまっているようです。でも、これまで、嵐は何か困難があっても、全員で話し合って乗り越えてきました。いまは気持ちがすれ違っていても、“年末の大団円に向けて走り抜ける”という気持ちはみんな一致していると思いますよ」(前出・テレビ局関係者)

 最後は、5人全員の笑顔が見られるはず!

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_fdf16bd8b89b oa-shujoprime_0_7f6651f4633b_『ザ・ベストテン』で郷ひろみや中山美穂を襲った「ガチハプニング」 7f6651f4633b 7f6651f4633b 『ザ・ベストテン』で郷ひろみや中山美穂を襲った「ガチハプニング」 oa-shujoprime

『ザ・ベストテン』で郷ひろみや中山美穂を襲った「ガチハプニング」

2020年9月17日 21:00 週刊女性PRIME

(c)TBS

 BS、CS、動画配信サービスで放送される昭和のテレビ番組が人気を集めている。コロナ禍でステイホームが定着し、全世代においてテレビの視聴時間が増加していることから、往時を知る世代には懐かしく、平成世代には新鮮に映っているのだろう。CS放送のTBSチャンネル2でも、音楽番組の金字塔『ザ・ベストテン』(1978~89年)の再放送を6月より開始。第2弾として、アイドル全盛期の'82年5月6日に放送された回が9月24日の21時からオンエアされることが決定し、大きな話題を呼んでいる。今なお熱き注目を浴びる『ザ・ベストテン』とは、どのような番組だったのか。約10年間、制作に携わった宇都宮荘太郎氏に、舞台裏のエピソードを聞いた。

人気歌手のスケジュール確保に奔走


「学生時代はモダンジャズ研究会で活動していて、『サウンド・イン“S”』('74~'81年)のようなジャズや洋楽系の音楽番組を作りたくてTBSに入社しました。ラジオ制作を経て『ザ・ベストテン』の担当に異動したのは '79年。まずADを務めた後、ディレクターやアシスタントプロデューサーとして番組に関わることになります。

 担当初期で忘れられないのは、郷ひろみさんが『マイ レディー』で1位になったとき('79年12月13日)。局内でドラマの撮影中だった郷さんを私が呼びに行って、Gスタジオ(『ザ・ベストテン』の放送拠点となった、TBS旧社屋で最大面積のスタジオ)で歌ってもらう段取りだったのですが、撮影が押して1位の発表に間に合わなかったんです。司会の久米(宏)さんが何度コールしても郷さんは現れず、一旦CMを入れて、その後に歌っていただいたんですが、歌の途中で番組が終了してしまって(苦笑)。その後も冷や汗もののハプニングは何度もありましたが、それは生放送ならではの醍醐味(だいごみ)でもありましたね」

 '78年1月に放送を開始した『ザ・ベストテン』(木曜21時~)は「視聴者からの葉書リクエスト」「レコード売り上げ」「ラジオ各局へのリクエスト」「有線放送」の4要素で総合ランキングを決定。プロデューサーが出演者をキャスティングする従来の方式とは異なり、“今売れている10曲”をカウントダウン形式で発表する画期的な構成で、たちまち高視聴率を連発する看板番組となった。

「ランキングは放送前週の火曜日に確定するので、そこから出演交渉に入ります。ベストテン入りする可能性が高い方、例えば'80年頃でいうと沢田研二さん、西城秀樹さん、山口百恵さんたちのスケジュールはあらかじめ2か月先まで確認しておいて、それをもとに所属事務所と調整。携帯もメールもない時代ですから、すべて固定電話でのやりとりです。

 テレビ出演に消極的だったニューミュージック系の方には、視聴者の声を反映した公正なランキングであることを粘り強くお伝えして、その結果、松山千春さん、甲斐バンドの皆さん、長渕剛さん、松任谷由実さんたちにご出演いただくことができました

 番組宛てのリクエスト葉書は多いときで週に20万通以上。集計には約10名のアルバイトがあたり、組織票を防ぐため、同じ筆跡や消印のものは除外していたという。トークのネタとして、葉書に書かれた質問が採用されることもあったが、それを選ぶのは放送作家の仕事。そのひとりが、若き日の秋元康であった。

「五木ひろしさんが『おまえとふたり』で1位になったとき('80年1月24日)のことです。リクエスト葉書でエベレストのセットを作り、それを登っていただこうとしたんですが、五木さんは“土足では上がれません”と。本番では裸足になって、感激の涙を浮かべながら葉書の山を登られたことがありました」


生演奏・生歌を徹底し現場は“超真剣”


 こうした演出は、ときには未明まで及ぶ構成会議を経て、その回の担当ディレクターが決定。並行して美術デザイナーとセットの打ち合わせを行ない、スタジオに来られない歌手については、中継の手配も進めなくてはならなかった。台本は前週の金曜日に準備稿、放送3日前の月曜日に改訂稿、放送前日の水曜日に決定稿と毎回、3種類を作成していたという。

「サプライズがある際には、さらに『別冊台本』を用意して、当事者の歌手には決定稿を見せないように工夫していました。田原俊彦さんが『哀愁でいと』で初めて1位になったとき('80年8月28日)は、ドラマ『3年B組金八先生』の同級生たちがお祝いに駆けつけたんですが、田原さんには本番まで秘密。リハーサルなどで両者が鉢合わせしないよう、細心の注意を払いましたね

 放送当日の木曜日は、本番が始まる9時間半前の午前11時30分から、カメラを使わないドライリハーサルを開始。14時から音合わせが始まり、このタイミングで約40名のビッグバンドがスタジオ入りしていた。スタッフはGスタだけで約120名(バンドを含む)。中継が入るとさらに膨らんだ。現在の音楽番組ではカラオケの使用と口パクが盛んに行なわれているが、『ザ・ベストテン』では生演奏、生歌が原則。その真剣さと熱気がブラウン管越しに伝わったからこそ、多くの視聴者の心を掴んだのだろう。

「八神純子さんや久保田早紀さんなど、自前のバックバンドと一緒に出演される方は、セットでバンドの姿が見えない場合でも、必ずGスタで生演奏をしていました。中継の際も、あらかじめGスタでビッグバンドが演奏したオケをもとに歌っていただいたんです。それは、歌手が持ち込むレコードと同じ音源のカラオケを使ってしまうと音がビビッドでなくなるから。“生放送なんだから生を重視しよう”という、我々のこだわりがあったんです」

「追いかけます、お出かけならばどこまでも」。この合言葉のもと、ベストテン入りした歌手を全国どこでも追いかけて、その場で歌ってもらうのも『ザ・ベストテン』の魅力だった。放送初年度の'78年7月6日にはニューヨークからの衛星生中継も敢行。通信環境が今とは比較にならないほど脆弱(ぜいじゃく)だった当時、報道以外の番組で海外からの生中継を実現させたことは大きな反響を呼んだ。

「番組が始まったころは国内中継でさえ、そう簡単にはできない時代。まして海外中継ともなれば、半年ほど前から技術陣との綿密な打ち合わせを重ね、ようやく実施という大プロジェクトでした。ですから、リハーサルで回線が繋がるとスタジオ内で“やったぞ!”と拍手と歓声が沸き起こっていましたね。当然、そのための費用もべらぼうにかかったわけですが、番組の評判がどんどん上がり、視聴率も30%以上が当たり前という状況になり、予算を大幅にオーバーしても何とか許されていたわけです」

「耳に突っ込むのはおやめなさい!」


 国内の中継においても、当初は全国のネット局が「1曲3分の歌のために中継車を出すのか!」と反発。しかし、それも番組の人気が上がるにつれ、むしろ積極的に協力してもらえるように変化していったという。では、ここからは宇都宮氏の記憶に残る中継名(迷?)場面を語ってもらおう。

「近藤真彦さんが『ホレたぜ!乾杯』で1位になったとき('82年11月4日)、東京・本郷の旅館に宿泊していた修学旅行生の前にサプライズで登場していただいたことがあるんです。秋元(康)さんのアイデアだったんですが、女子高生たちがパニック状態になってしまって……。もみくちゃにされた近藤さんは大変だったと思います。

 それから、中山美穂さんの『JINGI・愛してもらいます』が10位にランキングされた回('86年8月21日)。その日は新幹線で移動中の歌手が途中停車した駅のホームで歌うという、ベストテン名物の新幹線中継だったんですが、イヤホンの不調でオケが聴きとれなかった中山さんの耳に、中継スタッフの私が別のイヤホンを差し込むところがテレビにばっちり映ってしまった。それを見た司会の黒柳(徹子)さんから“宇都宮さん、耳に突っ込むのはおやめなさい!”と叱られたこともありましたね(苦笑)

 今をときめく人気歌手の姿を目撃できるとあって、中継先は常に黒山の人だかり。にも関わらず、大きな事故が一度も起きなかったのは奇跡と言ってもいいかもしれない。その中継と並んで、視聴者の人気を集めたのが、他の音楽番組では見られない豪華でユニークなセットであった。


「セットについては、スタジオ入りする歌手が決まった段階で担当ディレクターと美術部のデザイナーとが曲を聴きながら構想を練り、セットデザインの決定後には平面図とデザイン画をもとに技術・美術の担当者と細かく打ち合わせを行ないました。セット作りは3~4人のデザイナーがローテーションで担当していましたが、みなさん素晴らしいセットを作ってくれました」


『ルビーの指輪』特注グッズでお祝い


 番組では1位のお祝いに歌手の望みを叶(かな)えたり、趣向を凝らしたプレゼントが贈られたりすることも多かった。愛煙家だった寺尾聰が『ルビーの指環』で3週連続の1位を獲得した'81年4月23日には、パッケージに寺尾の似顔絵があしらわれた特製タバコ500箱がプレゼントされている。

「寺尾聰さんは当時『ハイライト』という銘柄を好んでいらしたので、専売公社(現JT)にお願いして、特別パッケージのハイライトを作ってもらいました。作製に時間がかかりますし、まさかあれだけ長期間1位を獲得するとは予想できませんでしたから(最終的に番組最長の12週連続1位を達成した)、“納品されるまでは1位でいてくれよ”と、気が気じゃありませんでした(笑)」

「リクエスト重視」「追っかけ中継」「豪華セット」など、従来の音楽番組の常識を覆(くつがえ)す発想で圧倒的な人気を獲得した『ザ・ベストテン』は、松山千春が『季節の中で』でテレビ初出演を果たした'78年11月16日に初めて視聴率30%を突破。'81年には年間51回中50回で30%以上を記録し、同年9月17日には、最高視聴率41.9%をマークした。

今では考えられないことですが、当時は視聴率が30%そこそこまでに“下がる”と上司から“演出が悪かったんじゃないか”と叱られて(苦笑)。注目が高まるにつれ、事務所からの売り込みも激しさを増しましたが“ランキングは絶対にいじらない”というベストテンイズムは曲げませんでした」

 しかし、盤石の強さを誇った『ザ・ベストテン』も家庭用ビデオが普及した'80年代後半に入ると、視聴率は徐々に低下。個人用のステレオやウォークマン、テレビなどで音楽を聴くようになって、国民的なヒット曲が生まれにくくなったことも背景として挙げられよう。そして元号が「平成」に変わった'89年9月、番組は第603回をもって、11年8か月の歴史に幕を下ろした。

「担当した約10年間、いろんなトラブルやハプニングがあって、毎週お祭り状態でしたが、生放送のいいところは木曜22時になれば何があっても終わること。本番が終わったら、すぐに次の放送に頭を切り替えることができました。今振り返ると、番組の成功は司会者の力に負うところが大きいですね。進行が押してあと5秒しかないような場面でも久米さんがうまくまとめてくれましたし、黒柳さんには番組の顔として最後までご出演いただけた。本当に感謝しています

(取材・文/濱口 英樹)


【PROFILE】

宇都宮荘太郎 ◎1953年、東京生まれ。早稲田大学ではモダンジャズ研究会に所属し、全国各地で演奏活動を行う。'77年、TBSに入社。ラジオ制作を経て'79年より『ザ・ベストテン』を担当。日本レコード大賞、東京音楽祭などの音楽番組や、『そこが知りたい』などのドキュメンタリー番組を中心にディレクターやプロデューサーを歴任。TBS退職後はNPO法人『音楽のすゝめ』の理事などを務める。


【INFORMATION】

伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』1982年5月6日放送回

9月24日(木)午後9:00 CS放送 TBSチャンネル2にて放送

今後も伝説回・神回を放送予定!

ご視聴のお問い合わせは、TBSチャンネルカスタマーセンターまで

電話:0570-666-296

https://www.tbs.co.jp/tbs-ch/special/the_bestten/

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_fdf16bd8b89b oa-shujoprime_0_02df485b936e_伊勢谷友介、DV・大麻の背景にある「父親からの負の連鎖」 02df485b936e 02df485b936e 伊勢谷友介、DV・大麻の背景にある「父親からの負の連鎖」 oa-shujoprime

伊勢谷友介、DV・大麻の背景にある「父親からの負の連鎖」

2020年9月17日 20:00 週刊女性PRIME

世の中には「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」だけでなく、「ヤバい男=ヤバ男(ヤバダン)」も存在する。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、芸能人や有名人の言動を鋭くぶった斬るライターの仁科友里さんが、さまざまなタイプの「ヤバ男」を分析していきます。

『Loohcs』(ルークス高等学院)の開校記者発表会での伊勢谷友介(2018年11月)

第11回 伊勢谷友介


 俳優・伊勢谷友介が大麻取締法違反で逮捕され、波紋を広げています。

 みなさんご存じのとおり、伊勢谷といえば天才の集う東京藝術大学出身で、モデル経験あり。デザイナーの山本寛斎さんの異母弟にあたるなど話題性は十分。英語も堪能であのルックスというキラッキラな人物。女性にもよくモテて、広末涼子、吉川ひなの、木村佳乃、長澤まさみ、森星など名だたる美女たちと浮名を流してきました。東日本大震災の際は、被災地支援に積極的に動いていましたし、近年は社会貢献活動にも力を入れていて、企業の代表や学校設立、環境問題にも取り組むなど「世の中をよくする」ために活動していたことでも知られています。

逮捕で再注目される恋人への“DV疑惑”


 それだけに警察のお世話になるようなヤバい行動をするとは信じられないのですが、伊勢谷が逮捕されたことで、再度注目を集めているのが、伊勢谷のDV疑惑なのです。2013年4月11日号の『週刊文春』で、伊勢谷が恋人であった現役芸能人のAさんの足を蹴ったり、部屋の中でAさんを的に見立てて、エアガンを撃ったという報道がなされました。モデルのBさんもDV被害にあっていて、慰謝料をもらう形で解決したそうです。

 “社会貢献”に熱心で人道主義もしくは博愛主義ともいえる伊勢谷が、なぜよりにもよって愛する女性に暴力を働くのか。コンプライアンスが厳しい時代に、薬物犯罪を起こしたら、これまでに築き上げた芸能人としてのポジションを失うのは明らかなのに、なぜ薬物をやめなかったのか。

 矛盾がある伊勢谷の行動を、「恐るべき二面性」とか「調子に乗っていた」と見る人もいるでしょう。けれど、人間はそもそも矛盾した生き物ですし、二面性が全くない人はいないと思うのです。それよりも、薬物と暴力の理由を「ある人」と絡めて考えてみると、因果関係がわかりやすいストーリーが浮かび上がってくるのではないでしょうか。

「ある人」とは伊勢谷のお父さんです。

 伊勢谷の異母兄である山本寛斎さんが2014年に『ファミリーヒストリー』(NHK)に出演し、家族の歴史を辿っていました。番組によれば、寛斎さんのお父さんは伊勢谷に面差しの似た大変な美男子で、生涯で7回結婚しています。お父さんは天才テイラーだったそうですが、酒癖、女癖が悪く、寛斎さんのお母さんに暴力をふるっていたそうです。

 寛斎さんが7歳のころ、お父さんはお母さんに一方的に離婚を言い渡し、寛斎さんら兄弟はお母さんに引き取られます。しかし、ある日突然、お父さんが寛斎さんらを引き取りにきます。暴力をふるわれることが怖くて、お母さんはお父さんに子どもたちを渡してしまいますが、お父さんはまさかの育児放棄。寛斎さんと兄弟は施設に預けられることになったそうです。このような経験をして苦労して育った寛斎さんは、自分が家庭を持ったら、妻子を大事にすると心に誓ったそうです。

 寛斎さんは2020年7月21日にお亡くなりになりましたが、娘である女優・山本未来はインスタグラムで「私にとって、父はエネルギッシュで明るいことはもとより、穏やかで、寛大で、人懐っこく、コミュニケーションを大切にし、無償の愛を与えてくれた存在でした」とお父さんへの愛がにじんだコメントを発表しています。寛斎さんはお父さん譲りの才能に磨きをかけて世界的デザイナーになり、けれど、お父さんの生き方だけは真似をしなかったということでしょう。

驚くほど父親に似た点が多い伊勢谷


 一方の伊勢谷はどうかというと、お父さんに顔以外にも似ている点が多いことに気づかされます。7回結婚したことでもわかるとおり、お父さんはモテるけれども、女性と安定した関係を築けるタイプではなかったようです。一方の伊勢谷は『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で「女性と一緒にいるとしんどくなる」と発言していますから、「一緒に生活する」という形の結婚には不向きと言えるでしょう。

 伊勢谷のDV疑惑が報じられたとき、信じられないという女性の声もありましたが、お父さんも寛斎さんのお母さんに暴力を働いています。幼くして別れたお父さんにここまで似ていることに驚かされますが、伊勢谷自身もお父さんに似ている自覚はあるようです。

 2012年に放送された『アシタスイッチ〜MY TIME TO SHINE〜』(TBS系)で寛斎さんと伊勢谷は対談します。伊勢谷が恋愛を繰り返す理由について話が及びますが、伊勢谷は30歳を過ぎ、自分のなかで認識してきた自分の問題は、父からの何かにあるのではないかと思い始め、はじめてお父さんのお墓参りに行ったと話していました。

 本人が「何かある」とうすうす思っているとおり、過度の飲酒や暴力をふるう親が子どもに与える影響というのは、決して小さくありません。お父さんと伊勢谷には、以下の4つの事象が見られます。

(1)問題を伴う父親の飲酒癖

(2)父親の母親への暴力

(3)伊勢谷の女性への暴力、薬物乱用

(4)伊勢谷の社会貢献

 これらの現象は、世代間連鎖と言われるマイナスのスパイラルである可能性は否めません。飲酒と暴力の因果関係ははっきり解明されていませんが、過度の飲酒が配偶者への暴力の引き金になることはよくあることです。

 暴力というと、多くの人が殴る蹴るというように肉体を痛めつけるものを想像するでしょうが、実際は多岐にわたっています。親のアルコール依存症や薬物乱用などの嗜癖(しへき)問題が子どもにもたらす影響について書かれた『私は親のようにならない 改訂版』(クラウディア・ブラック=著、斎藤学=監訳 誠信書房)では、「暴力を実証するような傷はなくても、恐怖で支配されていること」もDVであると定義しています。暴力の目的は痛みを与えることではなく、相手を支配することなのです。

親から暴力を受けた子どもが抱える無力感


 お父さんが、伊勢谷のお母さんにも肉体的な暴力をふるっていたかは不明ですが、両親の激しい口論を見聞きすると、言葉をしゃべれない年齢の赤ちゃんですら強いストレスを感じるそうです。仮に肉体的な暴力がなかったとしても、父親と母親の間に支配的な空気が漂っていた場合、男の子は「オンナはオトコの言うことを聞くもの」と刷り込まれていきます。だから、彼らは大人になって恋人や妻が思いどおりにならないと、親がしていたのと同じように暴力をふるってしまうのです。しかしながら、親から暴力被害にあった子ども全員が、加害者になるわけではないことも申し添えておきます。

『私は親のようにならない 改訂版』によると、「暴力の中で育った人は、言葉と行動によって繰り返し送られたメッセージ、おまえには価値がない、何をするにも値しない、たいしたものにはなれない、正しいことなど一つもできない──を心の中に取り込んでしまいます。そのため彼らは常に絶望感と心細さを感じていて、頻繁に抑うつ状態に陥ります。嗜癖に走る人もいますし、暴力の加害者になっていく人も多く見られます」とあります。

 つまり、親から暴力を受けることで、子どもは自信のなさを抱えて成長し、大人になって自分も暴力をふるうようになったり、薬物やアルコールに溺れる可能性があるということです。

『アシタスイッチ』で、伊勢谷は社会貢献に取り組む理由を「自分のために生きていない。人のために生きて、自分が生きることができる」と説明していましたが、これは伊勢谷の自信のなさの表れではないでしょうか。オノレのことよりも、他人を大事にする滅私的な姿勢は日本人好みなのかもしれませんが、伊勢谷の闇をよく表しているように感じるのです。

 見た目や聞こえは華やかでも、自分は無力な存在だと心のどこかで思っているから、社会貢献を通して「自分は役に立った、価値がある」と肌で感じたいのではないでしょうか。もしそうなら、それは他人を使って自分をなぐさめる、一種の依存だと思うのです。

 お父さんから美男という遺伝子受け継ぎ、その一方で負の連鎖をも受け継いでしまったのかもしれない伊勢谷。そういう親への愛や悲しみをわかちあえる実の兄、寛斎さんはもういません。今は罪の重さをかみしめるとともに、弱い自分を直視する勇気が必要なのかもしれません。


<プロフィール>

仁科友里(にしな・ゆり)

1974年生まれ。会社員を経てフリーライターに。『サイゾーウーマン』『週刊SPA!』『GINGER』『steady.』などにタレント論、女子アナ批評を寄稿。また、自身のブログ、ツイッターで婚活に悩む男女の相談に応えている。2015年に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)を発表し、異例の女性向け婚活本として話題に。好きな言葉は「勝てば官軍、負ければ賊軍」

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_fdf16bd8b89b oa-shujoprime_0_19fdfd2a0d3b_元ル・クプル 藤田恵美が回想する『ひだまりの詩』大ヒット 19fdfd2a0d3b 19fdfd2a0d3b 元ル・クプル 藤田恵美が回想する『ひだまりの詩』大ヒット oa-shujoprime

元ル・クプル 藤田恵美が回想する『ひだまりの詩』大ヒット

2020年9月17日 17:00 週刊女性PRIME

藤田恵美

「これが最後の仕事になるかもしれない、という気持ちはありました」

 '97年に放送されたフジテレビ系ドラマ『ひとつ屋根の下2』。劇中で流れ、空前のヒット曲となった『ひだまりの詩』を歌った元ル・クプルの藤田恵美は、当時の心境をこう振り返った。

「『ひだまりの詩』は藤田恵美さんと藤田隆二さんの夫婦デュオ、ル・クプルの5枚目のシングル曲です。ドラマの放送開始からおよそ1か月後に発売され、初週はオリコン78位と低調でしたが、ドラマが盛り上がるにつれ順位がどんどん上昇。7週目には2位にまで浮上しました。ドラマ終了後も売れ続け、200万枚近いセールスを記録。'97年の日本レコード大賞優秀作品賞を受賞し、紅白歌合戦にも出場。ふたりは一躍、時の人となりました」(音楽ライター)

はじめての売れる経験


 しかしその後、この曲を超えるヒット作には恵まれず、'05年に活動を休止。'07年に離婚を発表すると、事実上の解散となった。あれから13年がたったが、当時の心境を改めて聞いてみた。

デビューから2年半ほどたっていたころです。それまでは鳴かず飛ばずで、私たちもそろそろクビかな、辞めたら何しようかな、なんて思っていたときにお話をいただいたのが『ひだまりの詩』でした

『ひだまりの詩』はドラマに合わせて作られた歌だった。その歌い手を決める際、初期のアルバムを聴いていて藤田の声を気に入っていたドラマのディレクターが、ル・クプルを抜擢したのだという。

当初は“劇中で使われるかどうかわからない”という話だったんですが、3話目くらいで、長いシーンのときに曲をずっと流してくれたんです

 存在感を示したはずなのにエンドロールではタイトルも歌手名も紹介されなかった。気になった視聴者からの問い合わせがフジテレビに殺到。

ここまでヒットするとはまったく思っていませんでした。売れるっていうのが初めての経験だったので、とにかく毎日必死で。メディアへの露出も増えて、顔を隠さなくちゃいけなくなったり、コソコソ生活しなくちゃいけなくなったりして、ちょっと生きづらさも感じていました

元夫との交流は現在も続いている


 '01年からはソロ活動をスタート。洋楽のカバーソングアルバム『camomile(カモミール)』はアジア圏で大当たり。“理解に苦しむほどの人気ぶり”だった。

「香港チャートの洋楽部門で1位を獲得したんですよ。そのときは2位がエミネム、3位がMOBY。世界を代表するアーティストの上に自分の名前があることに驚きました。5万枚以上売れ、日本ならミリオンヒットに値するくらいの売れ行きでした。

 その後、台湾やシンガポール、韓国などアジア各国で同じようにヒットして、シリーズ累計で45万枚以上を売り上げたんです」

 '10年からは『OMOIYARIプロジェクト』として日本全国の学校を回る活動を開始。子どもたちやその親の世代に“思いやり”の心を伝える活動を精力的に行っている。

「'08年にいじめ防止のキャンペーンとして『OMOIYARIのうた』をつくり、その2年後から各地の学校などを回る音楽会を始めました。10年間で181か所、3万4000人以上の人に音楽を通して思いやりの心を伝えています。'18年には小学4年生の道徳の教科書にも歌詞が載ったんです」

 元夫の隆二さんとは今も交流があるそうで、昨年亡くなった義母の葬儀へ参列したり隆二さんの妹がライブに来てくれたりしているという。

誕生日にメッセージを送り合ったりしています。おせっかい焼きで今も何かあるとメッセージをくれるんです

 離れ離れでも“ひとつ屋根の下”は変わっていない。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_fdf16bd8b89b oa-shujoprime_0_1459cf0f165e_宮沢りえ「悲劇のヒロインに……」発言を振り返る 1459cf0f165e 1459cf0f165e 宮沢りえ「悲劇のヒロインに……」発言を振り返る oa-shujoprime

宮沢りえ「悲劇のヒロインに……」発言を振り返る

2020年9月17日 16:00 週刊女性PRIME

貴乃花と破局、会見をした宮沢りえ

 “世紀の婚約”と世間を驚かせた宮沢りえと貴乃花(当時・貴花田)が“世紀の破局”を迎えたのは、わずか2か月後のことだった。1993年1月、単独で会見を開いたりえは「人生最高のパートナーにはなれなかった」「もっと話し合う時間があれば」として、

悲劇のヒロインにはなりたくない

 と、発言。一方、貴乃花も単独会見で「自分の愛情がなくなりました」と語った。りえの引退を前提としていた花田家側と、それを拒んだ宮沢サイドという、双方のズレが真相とはいえ、りえが棄てられたかのような構図だ。

破局会見からの宮沢りえ


 それゆえ、彼女は誰の目にも「悲劇のヒロイン」に映ったが、そう見られることを自ら否定してみせた。しかし、そう言いつつも、その後「悲劇のヒロイン」を地で行くような姿を世に示してしまう。

 中村勘三郎(当時・勘九郎)との不倫疑惑と自殺未遂騒動、激やせからの仕事の降板、そして休養。なかでも、

 '95年10月、ゴルフイベントで見せた憔悴ぶりは衝撃をもたらした。

 筆者はその日、テレビ朝日で梨元勝氏のインタビューを受けていたので、なおさら思い出深い。ちょうど摂食障害に関する本を出したばかりで、りえの激やせについての分析を求められたのだ。

 なお、りえに対してはその7年前、彼女が15歳のときに取材したが、印象はあまりよくなかった。りえママこと宮沢光子マネージャーに操られる人形みたいだという、のちに広まるイメージに近い姿を目の当たりにしたからだ。

 とはいえ、人形みたいだからこそ、アイドルとして成功できたのだろう。ふんどしカレンダーやヌード写真集が売れたのも、母が狙い、世間が期待した新時代のセックスシンボルという役割を彼女が一生懸命、演じたからにほかならない。

 また、筆者と同じ時期に取材した知人からはこんな話を聞かされた。「地球が滅亡するとしたら、最後の日をどう過ごしたいか」という質問に、彼女はこう答えたという。

お母さんと一緒にいる。一緒にいて、サンドウィッチを食べたい

 親の離婚で父とすぐに生き別れ、母とも10歳まで別々に住んでいたというりえ。そう、彼女は愛に飢えた子どもであり、哀しみという感情を持った人形だった。そこを秘めつつ、明るく振る舞ったところに、アイドルとしての魅力があったわけだ。

 が、破局とその後の迷走は彼女が実は無理をしていたことを浮き彫りにした。そして、その身の上に同情したり、悲劇性に欲情したりする人が現れる。例えば、倉本聰や山田洋次は彼女に薄倖な役を与え、新たな魅力を引き出した。

 正直なところ、破局したころの彼女は女優としての評価がいまひとつだったものだ。当時のメディアは「代表作がなかったりえにとって、この会見が代表作になるだろう」などと書いた。

 そこを変えたのが「悲劇のヒロインにはなりたくない」というやせ我慢発言である。これにより、彼女の明るさが一種の強がりで、心の奥底では悲劇のヒロインになりたがっていたのでは、と気づく人が出てきたのだ。彼女自身、役の上でなら自分の哀しみを表現できるようになった。それは破局後の彼女に世間が抱いたイメージとも見事にハマり、女優開眼がもたらされるわけだ。

 いわば、ひとつの名言が女優・宮沢りえを作ったのである。

PROFILE●宝泉 薫(ほうせん・かおる)●作家・芸能評論家。テレビ、映画、ダイエットなどをテーマに執筆。近著に『平成の死』(ベストセラーズ)、『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)、『あのアイドルがなぜヌードに』(文藝春秋)などがある。

外部リンク