cat_oa-shujoprime_issue_f72ee6c7fe5e oa-shujoprime_0_f72ee6c7fe5e_野性爆弾くっきー、区立小学校の入学式にキャップ姿で登場 f72ee6c7fe5e f72ee6c7fe5e 野性爆弾くっきー、区立小学校の入学式にキャップ姿で登場 oa-shujoprime

野性爆弾くっきー、区立小学校の入学式にキャップ姿で登場

2018年4月12日 04:00 週刊女性PRIME

野性爆弾・くっきー。キャップには『ハグキ』と書かれていた

 4月上旬の朝、閑静な住宅街にある区立小学校で行われた入学式には、ラフな服装の芸能人パパ・ママがそろった。松山ケンイチはキャップをかぶり、グレーのロングTシャツにジーンズという入学式には似つかわない姿で登場。

 娘と仲よく手をつなぎながら校門へと入っていった。それから遅れること15分、入学する長男を連れ、薄いピンク色のシャツにベージュのチノパンを履いた“きれい目コーデ”で決めていたのは、妻の小雪。

「入学式が終わると、ひと足先に松山さんが娘さんと一緒に学校を出て商店街のほうへ。娘さんとの話に夢中になりすぎて、段差につまずいていてかわいかったです」(目撃した女性)

 『爆笑問題』の田中裕二と妻の山口もえも同日、この区立小学校に姿を現した。ふたりの子どもはすでに入学していて、ことし入学式を迎える年齢ではないのだけれど、なぜ学校へ?

「PTAを中心に、保護者が入学式などのお手伝いをする小学校もあるんですよ。もしかしたらおふたりも、荷物番や来賓客の対応などに駆り出されたのかもしれないですね」(別の区立小学校に子どもを通わせる女性)

 行事の後は、家族そろって仲睦まじく商店街を歩いていたという。

「田中さんは通行人に気づかれていましたが、そんなことおかまいなしって感じで子どもと手をつなぎながらはしゃいでいました」

 最後は、お笑いコンビ『野性爆弾』のくっきー。青いスーツにキャップをかぶったおしゃれな服装で、まったく人目を気にせずに堂々と長男とともに入学式に参加。

「近所の子どもにも人気のようで、楽しそうに会話しながら式の会場に入っていきましたよ」(式に参加した保護者)

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_f72ee6c7fe5e oa-shujoprime_0_2b9aac6873d8_唐田えりか、連載最後に強烈な匂わせポエム 2b9aac6873d8 2b9aac6873d8 唐田えりか、連載最後に強烈な匂わせポエム oa-shujoprime

唐田えりか、連載最後に強烈な匂わせポエム

2021年4月23日 21:00 週刊女性PRIME

唐田えりか

「相手を大事にすることも大切だけど、まず自分を大事にしないときっと相手を大事にできませんから」(『好書好日』'18年8月配信)

 2018年に公開された映画『寝ても覚めても』のインタビューでこう語っていた唐田えりか(23)。そんな彼女が、あの騒動以来、唯一、公の仕事としてやってきた雑誌の連載が、休刊に伴い終了した。

復帰作の最後でも貫き通す唐田えりか


 あの騒動とはご存知のとおり、2020年1月、冒頭の映画で共演した東出昌大との不倫。それ以来、思うように芸能活動ができなかった彼女にオファーをかけ、それを受けたのが月刊誌であるカメラ雑誌『日本カメラ』でのポエム連載だ。

「1月の不倫報道では、唐田のインスタグラムに東出を連想させる投稿や、彼の写真が複数あったことがツイッターなどのSNSで拡散され、“匂わせ不倫”と言われていました。その後、芸能活動を自粛することになってからは所属事務所で事務仕事をしていたようですが、復帰に選んだのがまさかの“趣味のカメラ”というジャンルだったことは驚きでした」(芸能関係者)

 そんな唐田の復帰作となた、1発目のポエムではこんなフレーズがあった。

《いつぶりかに現像した写真を見て、「ああ、なんかすごく自分」と思った。残酷なほどに。見ながら、見られていた。見られながら、見た。》('20年12月19日発売『日本カメラ1月号』)

 東出と共演した前出映画での一コマで、二人が出会うきっかけとなった写真展のひとつが『みるもの、みられるもの』というタイトルだったため、似通ったフレーズに《また匂わせ?》《懲りてない》などとSNS界隈ではささやかれてしまうことに。

 その後、彼女の連載は毎月掲載されたが、4月20日発売の5月号をもって休刊することが発表された。

「『日本カメラ』、『アサヒカメラ』('20年7月に休刊)、『カメラ毎日』('85年に休刊)は“3大カメラ雑誌”と言われるほど、カメラ好きやカメラに携わる人なら誰でも知っている雑誌です。『日本カメラ』は“3大カメラ雑誌”の中で唯一残っていただけに、今回の休刊で73年の歴史に幕を閉じることは寂しいですね」(芸能誌カメラマン)

 専門雑誌の休刊に、多くのカメラファンが残念だと口を揃えた。また、現時点で唐田の唯一の仕事であり、ファンも毎号楽しみにしていたはずだ。しかし、唐田が最後の連載として掲載した第5回の『海の幸』は衝撃的な内容となっており、またも周囲をザワつかせているという。

《大切なひとを通して、大切なものに出会った。
 私はもうあなたなしでも、
 あなたがくれた沢山の大切なものたちと、
 羽ばたくことができる。》


 自身が撮影した波打ち際の写真とともに掲載されたこのポエム。彼女は一体、何を感じ、誰に別れを告げたのか。

「誰に別れを告げるもなにも、また彼女の“匂わせ”以外何もないでしょう(笑)。どんな思いがあるにせよ、自分が何を書けば、どんな反応が起こるかはわかっているはず。相手夫婦は離婚までしてしまったのだから、もう匂わせたりしないほうが、お互いのためだと思いますがね」(前出・芸能関係者)

 このポエムの真意について所属事務所に問い合わせてみたが、期日までに返事はなかった。

 真意はどうあれ、新しい一歩を踏み出そうとしている彼女の決意表明ともとれる最終回のポエム。まだまだ女優復帰はイバラの道かもしれないが、“何か”に別れを告げた唐田の、今後が気になるところだーー。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_f72ee6c7fe5e oa-shujoprime_0_87ed835d1016_宮崎駿のジブリ作品で描かれる「10代少女たちの魅力」、彼はロリコンなのか 87ed835d1016 87ed835d1016 宮崎駿のジブリ作品で描かれる「10代少女たちの魅力」、彼はロリコンなのか oa-shujoprime

宮崎駿のジブリ作品で描かれる「10代少女たちの魅力」、彼はロリコンなのか

2021年4月23日 20:00 週刊女性PRIME

宮崎駿監督

「ジブリのアニメーションはやはり別格だ」。観るたびにそう思う。「作画がさすがだなぁ」なんて思っているうちに気づけばストーリーに没頭しており、結末で「何回観てもいいわぁ」なんて、ベタな会話をしてしまう。

 しかし、かの宮崎駿も、いきなりスターダムにのしあがったわけではない。アニメ映画監督としてデビューしたころの彼は、興行成績がふるわず干されたり、「ロリコン」と呼ばれた時期もあった。

 もしかしたら1980年代前半に彼の作品を観ていた人にとって、宮崎駿にはいまだにロリータ・コンプレックスのイメージがあるかもしれない。

 では、なぜ宮崎駿は「ロリコン」と言われたのか……というか、果たして彼はロリコンなのか。2021年を迎えた今、もうあまり知られていない「宮崎駿ロリコン説」について語らせてほしい。

“カリオストロ”でロリコンブームが到来


 宮崎駿が初めてアニメ映画監督を務め、そして日本に「ロリコン」というカルチャーを根づかせたきっかけになった作品は『ルパン三世 カリオストロの城』。今でも年に1回は『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で放送される国民的アニメである。

「いや、ヤツはとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です」という銭形警部のセリフは、もう永遠の流行語大賞。なんなら天敵のルパンよりかっこいい。クールすぎて、逆にちょっと腹立つレベルの名言だ。

 また、崖の斜面……というか、もはや壁面を走る序盤のカーチェイス は、スティーブン・スピルバーグ監督が「映画史上、もっとも完璧なカーチェイス」と評した、なんて噂もある。

 相手からの爆弾をがっつり食らってからの「面白くなってきやがった」という、射撃の名手・次元大介のセリフもよく知られている名言だ。次元とルパンは修羅場をくぐりすぎて、並のピンチはもはやエンタメ。危険を感じるセンサーが完全にぶっ壊れているのだ。

 当時の『ルパン三世』はテレビアニメも好調で、1作目のアニメ映画『ルパンVS複製人間』もヒットした。ルパンが颯爽(さっそう)と泥棒をする様に、ファンは興奮していたのだ。

 しかし、宮崎駿はそれまでのルパン像をアップデートすることに挑む。『カリオストロの城』では大泥棒・ルパンはあまり描かれていない。「王女・クラリスを守るロマンチスト」としてストーリーが進むわけだ。宮崎はデビュー作でいきなり大胆な改変を試みたのである。

駿が起こした“ロリコン・スキャンダル”


 だが、ふたを開けると『カリオストロの城』は“爆死”してしまう。前作の『ルパンVS複製人間』は約5億円の製作費で、興行収入は9億円以上だった。しかし、同じほどの制作費をかけながら、収入は6億1000万円にとどまったわけだ。その結果、宮崎駿はこの後5年ほど、アニメ映画監督を干されている。

 なぜ『カリオストロの城』は興行的に失敗したのか。その理由のひとつが「コアなオタク向けに作りすぎたから」だ。

 宮崎駿はこの作品で峰不二子という永遠のヒロインではなく、クラリスという10代半ばの少女をメインに据えた。

 設定として、クラリスはカリオストロ伯爵というオッサンに無理やり結婚を迫られている健気な娘だ。それをルパンが救い、守りきるのがメインの流れである。

 作中でルパンが結婚式に乱入して発するセリフに「やかない、やかない、ロリコン伯爵、やけどすっぞ~!」というものがある。ここではっきりと「ロリコン」という単語を使っているのだ。ただ、'79年の公開当時、「ロリコン」という単語は、まだまだ市民権を得ていない。公言しにくいアンダーグラウンドな言葉だった。

 そんなワードを宮崎駿は全国公開の映画で使った。クラリスは10代半ばであり、30代半ばのルパン を「おじさま」と呼び、抱きつく。ルパンは「ムホホ♪」とか言っちゃう。しかも、ラストにはキスを迫るシーンすらある。冷静に考えると、なかなかキケンだ。

 “おじさんキラー”のクラリスは、のちに株式会社スタジオジブリの代表取締役社長に就任する鈴木敏夫が編集をしていた雑誌『アニメージュ』(徳間書店刊)で取り上げられ、大人気になる。人気投票では'82年、'83年のベストワンキャラクター部門で堂々の1位に。コミックマーケットなどで、クラリスをモチーフとした「ちょっとあぶない同人誌」が売られ始める。

 こうして'80年代から、ロリコン作品は限られたコミュニティでブームになる。コミックマーケットでは「少女をモチーフにした同人誌を売るサークル」に長蛇の列ができるようになり、一種のアングラなカルチャーができた。その火つけ役となったことから「宮崎駿はロリコンだ」というイメージがついて回るのである。

 ご存じの通り『カリオストロの城』以降も、宮崎作品には少女が必要不可欠だ。特に、宮崎監督が手がけた作品を思い浮かべていただきたい。ヒロインの多くが10代の女性である。この設定も「宮崎駿ロリコン説」に拍車をかけた。

 '80年代以降、この流れからも「宮崎駿はやはりロリコンなんじゃないか」という声があがる。作品におじさんの性癖が反映されているのではなかろうか、となったわけだ。

 ちなみに、『風の谷のナウシカ』のDVD内オーディオコメンタリーでは、当時の原画スタッフで、のちに『新世紀エヴァンゲリオン』をつくる庵野秀明監督が、「ナウシカの胸の揺れ」について熱く語っている。彼いわく「女性キャラの胸を揺らす表現をしたのは、宮崎駿が初めてではないか」なんて言う。

 果たして、これもおじさんの性癖が反映された結果なのであろうか。いやいや、私は「ナウシカの胸の揺れ」に関しては、宮崎駿ワールドの真骨頂である「リアルさ」だと思う。細かい描写が徹底してリアルだからこそ、私たちはその世界に没入できるのだ。

 作品のリアリズムに関して、『耳をすませば』の例も挙げてみる。今作で監督を手掛けたのは、宮崎駿ではなく近藤喜文だ(宮崎は脚本を担当)。

 近藤は「誰もいない場所で主人公の月島雫がしゃがみ込む際に、下着が見えないようにスカートを押さえる」 という絵を描いた。しかし、それに宮崎駿はめちゃくちゃがっかりしたそうだ。宮崎駿が考える月島雫というキャラクターは、右脳型の感覚肌であり、誰も見ていない場所でなら下着のことなど気にせずに、本能的に座ってしまうような子だったのだ。

 つまり、雫はスカートを押さえることで「ちょっと考えてから行動する、自意識が強い子」になってしまったのである。『となりのトトロ』で宮崎駿は草壁サツキ(10歳)や、その妹・メイ(4歳)のパンツを描いている。これは、田舎町の自然のなかで暮らす子どもをリアルに描きたかったのだろう。「ロリコンだから」と結論づけるのは、あまりにも短絡的ではなかろうか。

作品に深みを加える10代少女の複雑性


 そんなリアリティを重視する宮崎駿にとって「10代の少女」は、描いていて楽しいのだろう。というのも、10代の女子って“人類で最上級に複雑な精神状態”だと思うからだ。

 彼女たちは同年代の男子より、何倍も人生哲学を考えている。コミュニティのなかで周りの目を意識したり、冒険したくなったり、おしとやかになってみたりと忙しい。ある意味、不安定で危うい存在だ。

 例えば、サツキはトウモロコシにかぶりつく野生児っぽい顔もあれば、メイがいなくなった不安から涙する一面もあり、さらに、車道に飛び出して車を止める度胸もある。

 ナウシカには勇敢さと母性があるし、『天空の城ラピュタ』のシータは清楚な一面もあれば、行動的な面も持ち合わせている。少女たちの複雑なキャラクターがものすごくリアルに描かれているから、宮崎監督の描く世界って面白いと思う。

 ラピュタもナウシカも男子だけを登場させると、単純な冒険活劇化してしまうはず。ラピュタの主人公・パズーだけで敵のムスカを倒すと、もう少年向けのバトルアニメであり、筋肉の話になる。そうでなくて、きちんと心の機微を描き、最終的に哲学までを描くことが大事だ。そのために宮崎駿には”少女キャラ”が必要なのだと思う。

 宮崎駿は確実に「少女への愛」を持っているはずだ。ただ、ロリコンではないと思う。セクシャルな欲求というより、精神性的な意味での少女愛なのだろう。

 10代前半のナウシカの胸を大きく描いたのは、決してスケベオヤジだからじゃない。キャラとしての抱擁力を描きたかったからだ。ロリコンなら未熟さに萌えるはずなので、きっと胸を小さく描いただろう。

 そんな”少女キャラ”の哲学に注目して宮崎監督のジブリ作品を観てみると、新たな楽しみが見えてくるかもしれない。作画、ストーリーと堪能できる部分が多すぎる宮崎作品だが、次回はぜひ「少女の魅力」に注目してみるのも一興だ。

(文/ジュウ・ショ)


【PROFILE】

ジュウ・ショ ◎アート・カルチャーライター。大学を卒業後、編集プロダクションに就職。フリーランスとしてサブカル系、アート系Webメディアなどの立ち上げ・運営を経験。コンセプトは「カルチャーを知ると、昨日より作品がおもしろくなる」。美術・文学・アニメ・マンガ・音楽など、堅苦しく書かれがちな話を、深くたのしく伝えていく。note→https://note.com/jusho

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_f72ee6c7fe5e oa-shujoprime_0_d41d27692037_『るろ剣 最終章』祝公開! 佐藤健の秘蔵美麗ショット d41d27692037 d41d27692037 『るろ剣 最終章』祝公開! 佐藤健の秘蔵美麗ショット oa-shujoprime

『るろ剣 最終章』祝公開! 佐藤健の秘蔵美麗ショット

2021年4月23日 18:15 週刊女性PRIME

(写真右)るろうに剣心最終章 The Final/The Beginning るろうに剣心 最終章 The Final 4月23日(金)全国ロードショー るろうに剣心 最終章 The Beginning 6月4日(金)全国ロードショー ©和月伸宏/集英社©2020映画「るろうに剣心最終章TheFinal/TheBeginning」製作委員会 ◆配給◆ワーナー・ブラザース映画

 90年代後半に『週刊少年ジャンプ』で連載され、コミックは累計発行7200万部(電子版含む)、今なお伝説的な人気を誇る『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』。

 その劇場版“最終章”2部作の1本目である『るろうに剣心 最終章 The Final』が本日4月23日公開された。コロナ禍で約1年の公開延期となっており、ファンにとっては待ちに待った日。

 劇場版は、これまで2012年と2014年に3作品が製作され、北米や欧州、韓国など100か国以上でも配給されてきたが、1作目から主人公、緋村剣心を演じ続けるのは佐藤健。

 『The Final』では剣心のすべてを奪おうとするシリーズ最恐の敵、雪代縁(ゆきしろえにし)との総力戦が描かれる。

 今回は同作の公開を祝して、『週刊女性』が撮り続けてきた佐藤健の“成長の軌跡”を秘蔵ショットで振り返りたい(ポータルサイトなどでご覧の皆さまは週刊女性PRIME本サイトで全ての写真をご覧いただくことができます)。

 高校2年生のときに原宿でスカウトされ、2006年俳優デビューした健。

 2007年放送の『仮面ライダー電王』の主人公役を演じ、早くもちびっ子&ママ人気が急騰。

 翌年の2008年1月には初写真集『Intently』を発売した。発売記念握手会は整理券配布が3600人に達する人気ぶりで、報道陣には「芸能界に入った時から出したいと思っていたので、すごくうれしい」


 その後も連ドラ『ROOKIES』(2008年)の岡田優也役、NHK大河ドラマ『龍馬伝』(2010年)の岡田以蔵役など当たり役に恵まれ、出世街道を驀(ばく)進。

 3作目の写真集『NOUVELLES』(2011年1月)は、「どうしても行きたかった」というフランスのパリで撮影。オランジュリー美術館のモネの『睡蓮』に一番感動したそう。


 そして、ついに『るろうに剣心』1作目を2012年に公開し、若手俳優トップの地位を不動のものに。

 2013年11月には、テレビ誌での6年半にわたる連載を3冊にまとめたフォトブック&DVD『6 1/2~2007-2013 佐藤健の6年半~』が発売。

 記念トークショーでは、「まだ6年半ですから。小学校卒業したぐらいじゃないですか。本番は中学校、高校、大学。これからが本番だと思います」


 2014年8月には『るろうに剣心 京都大火編』を公開。興行収入52.2億円のヒットとなった。

 その公開の最中に、3年ぶりの写真集『ALTERNATIVE』とDVD『たけてれ Vol.1』の発売記念イベントを開催し、「まだやりたいことが600個くらいあります」と意気込んだ。


 2015年4月からはTBS系連続ドラマ『天皇の料理番』に主演。役作りでなんと「中学の野球部以来」という丸刈りに。

 その4月に行われたロッテアイス「爽」のCM発表会では「これでも伸びたんですよ」としきりに照れていた。


 デビュー10周年を迎えた2016年9月には南米ボリビアのウユニ塩湖で撮影した写真集+DVDブック『Ⅹ(ten)』を発売。

 東京・新丸ビルで開催した記念写真展の初日イベントでは、ウユニ塩湖に感動しきりで「あそこで結婚式ができればいいのに。ウェディングドレスとスーツでビシッと決めたらステキじゃないですか」と結婚願望も炸裂!?


 熊本は『剣心』の撮影で訪れた思い入れの強い土地。それもあって、2016年4月の熊本地震は痛ましい出来事であり、健は長きにわたって被災地を支援していくことを心に決めている。その一環として2017年4月に発売した書籍『るろうにほん 熊本へ』の売上の一部を自治体に寄付。

 同書の発売記念会見では、「観光客減少が悩みだと聞いた。自分に何ができるかと思い、出させてもらった。正しい情報を伝えて、ステキな場所や景色、食べ物を紹介することで皆さんが足を運ぶきっかけになれば」


 2018年には健の1ページに新たな当たり役が加わった。NHK朝ドラ『半分、青い。』の萩尾律役だ。朝ドラでは珍しいバブル時代を描いた作品で、視聴者にはもどかしい思いを抱かせながらも、最後はヒロイン鈴愛と結ばれる律。鈴愛役の永野芽郁と織りなしたみずみずしい演技は今なお高い評価を得ている。フォトブック「佐藤健 in 半分、青い。」と「2019年カレンダー」の発売を記念した写真展では10か月の撮影を振り返り「長ければ長いほど思い入れが強くなって、終わった時は寂しかった」。


『半分、青い。』では青年期から中年期までを演じるという難しいミッションに見事に応えて見せた健。いまや、人気と実力を兼ね備えた国民的俳優である。さらにYouTubeという新分野にも果敢に挑戦し、芸能人トップクラスの成果を上げている。今後も健の一挙手一投足から目が離せない。 

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_f72ee6c7fe5e oa-shujoprime_0_6e496ba920b5_今期の春ドラマに、なぜ“離婚コメディ”が選ばれたのか 6e496ba920b5 6e496ba920b5 今期の春ドラマに、なぜ“離婚コメディ”が選ばれたのか oa-shujoprime

今期の春ドラマに、なぜ“離婚コメディ”が選ばれたのか

2021年4月23日 18:00 週刊女性PRIME

北川景子(左)と松たか子(右)

 4月期の連続ドラマが続々とスタートした。春らしい王道のラブコメが出揃う中、今春は真逆の「離婚」をテーマにしたドラマが2本放送されている。しかも、中身はコメディ。なぜ、この春に“離婚コメディ”があえて選ばれたのか。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。


* * *


 もともと春の連ドラには明るいムードの作品が多く、重苦しいムードが続くコロナ禍の今年はなおのこと。実際、今春は『着飾る恋には理由があって』(TBS系)、『恋はDeepに』(日本テレビ系)、『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)などの明るいムードを感じさせるラブコメがそろった。

 しかし、気になるのは、陽気な春にふさわしいとは思えない「離婚」をテーマにしたドラマが2作放送されていること。『リコカツ』(TBS系)は“交際ゼロ日婚”をした夫婦が離婚に向けた活動をはじめる物語、『大豆田とわ子と三人の元夫』(関西テレビ・フジテレビ系)は3度の結婚・離婚をした主人公が3人の元夫たちに振り回されながらも幸せを探そうとする物語と、どちらも離婚を軸に据えたオリジナル作だ。

 冒頭に挙げた3作が恋のときめきを散りばめた明るいラブコメである一方、『リコカツ』と『大豆田とわ子』は離婚を扱うためシビアなシーンは避けられない。また、それにもかかわらず離婚を扱う両作がコメディとして放送されていることに驚かされてしまう。

 なぜ『リコカツ』と『大豆田とわ子』は、あえてネガティブな離婚というテーマを選び、その上でコメディとして放送されているのか。

「離婚は普通」として描かれるべき時代


 『リコカツ』の植田博樹、吉藤芽衣、両プロデューサーは、同作を「離婚を契機に本当の恋愛が始まる」「一風変わった、でも本格的な大人のラブストーリー」「離婚するかもエンターテインメント」などと紹介している。最も描きたいのは離婚ではなく、大人世代のラブストーリー。離婚という最悪の状況から物語をはじめることで、ハッピーエンドへの振り幅を広げているのではないか。

 一方、『大豆田とわ子』の佐野亜裕美プロデューサーは、「3回結婚して3回離婚した主人公・とわ子。三者三様の魅力や欠点をもつ元夫たち。そんな愛すべきダメな4人を中心に、愉快な大人たちがゆるやかに連帯していくさまを楽しんで観ていただける物語になると思います」とコメント。とかく離婚後は憎み合うなどのネガティブなイメージを抱きがちだが、当作では「当事者たちが連帯する」というポジティブな様子を描こうとしているのだ。

 両作ともに、「離婚をよくある普通のこと」として扱おうとしている様子がわかるのではないか。大半の作品は未婚か既婚の男女をどこにでもある普通のこととして描いているが、今や離婚もそれと同様に描かれるべき時代ということなのだろう。

 引いては、近年のドラマ業界で進む「個人の尊重」「多様な生き方の受容」を意識したコンセプトの作品にも見えてくる。たとえば、かつて取り扱い要注意とされていたLGBTを最近では普通のこととして採り入れているが、「離婚も同じ感覚で普通のこととして描こう」という意識が感じられるのだ。

 どちらの作品もオリジナルであり、『リコカツ』は北川景子と永山瑛太のコンビを実現させるために数年の時間がかかったこと、『大豆田とわ子』は脚本家・坂元裕二の3年ぶり連ドラ復帰作であることから、“独創性の高い力作”というムードが漂っている。だからこそ王道のラブコメではなく、あえて野心的に離婚というテーマを選んだのではないか。

タイトルからにじむ軽さとコミカル


 あえてコメディとして放送しているのは、シリアスなタッチで離婚を描くと重くなりすぎるからであり、そこにコロナ禍の深刻さが加わってしまうからだろう。実際、『リコカツ』に出演している永山瑛太が2013年に主演を務めた『最高の離婚』(フジテレビ系)も、シリアス一辺倒になることを避けるように、コメディタッチで描かれていた。


 また、離婚を特別なこととしてシリアスに描かず、普通のこととして扱うための工夫がタイトルからもうかがえる。『離婚活動』『離活』ではなく、ポップな印象のあるカタカナで『リコカツ』という表記を使い、脱力感を抱かせる『大豆田とわ子』という名前が採用されたのは、視聴者に軽さやコミカルな印象を持たせるためだろう。

 コロナ禍の重苦しいムードが続く中、リアリティばかりを追求していては視聴者の心をつかむことはできない。だからこそ両作とも、笑いを交えたエンターテインメントとして物語を進め、最終話では「登場人物たちがすっきりとした気持ちで前に進んでいく」というポジティブな結末が予想できる。

 つまり、スタートの時点では「離婚」に伴うシリアスなイメージがあったものの、「終わってみたらコミカルでポジティブなドラマだった」と思わせてくれるのではないか。その意味で視聴者サイドにしてみたら、「他のラブコメと同様に安心して見続けられるドラマ」と言い切ってもいいだろう。

木村隆志(コラムニスト、テレビ解説者)

 ウェブを中心に月30本前後のコラムを提供し、年間約1億PVを記録するほか、『週刊フジテレビ批評』などの番組にも出演。各番組に情報提供を行うほか、取材歴2000人超の著名人専門インタビュアーでもある。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_f72ee6c7fe5e oa-shujoprime_0_cf1402774404_福原愛の夫・江宏傑の“離婚請求”に父は「知らない」 cf1402774404 cf1402774404 福原愛の夫・江宏傑の“離婚請求”に父は「知らない」 oa-shujoprime

福原愛の夫・江宏傑の“離婚請求”に父は「知らない」

2021年4月23日 17:45 週刊女性PRIME

江宏傑

 3月初旬に『女性セブン』によって報じられた福原愛の不倫疑惑。

 同誌は年下のエリート商社マンとの“デート現場”を55枚の写真(WEB版に掲載)とともに報じたが、本人は「違う部屋に泊まった」と弁明。しかし、その後も福原は夫で卓球選手の江宏傑と2人の子どもが待つ台湾に帰ることはなかった。

「一連の報道で明るみになったのは、離婚についての話し合いが進んでいるということでした。福原さんは江さんとその家族によるモラハラに苦しんでいたとも伝えられています。日本・台湾で注目される国際的なニュースに発展しましたが、両国のネットユーザーからはともに“子どもを台湾に残して逃げるのはどうか”と福原さんが家族と向き合わないことに対する批判的な意見が多く見受けられました」(週刊誌編集者)

「距離をもって見守って」


 そんな平行線をたどっていた“離婚騒動”についに進展が起こったという。江がしびれをきらしたかたちだ。台湾在住のライターはこう解説する。

「4月23日に台湾メディアの『蘋果日報(アップルデイリー)』が“江が高雄裁判所で離婚を申請”と報道。それについて、彼が所属する事務所『華研国際音楽』も江が弁護士をつけていることを認めました。“二人が冷静に対処できるよう、距離をもって見守ってもらうことを世間に望む”といったコメントも同時に発表しました」

 今後、裁判の争点は“親権”をめぐるものになるという。衝撃のニュースが飛び込んできたことで、現地のメディアは各方面への取材に奔走しているようだ。江の周囲の人間など、さまざまな取材を試みている。

 江のことをよく知る先輩の男性からは、

「報道をみてはじめて離婚訴訟を知った。彼らの将来がよくなることを祈ります」

 江家の近所の人々からは、

「江さんが離婚の届けを出したことは、とるにたらないこと。他人のプライベートですし、ただただ、平和に終わってくれたらいいんじゃないか」

「彼らカップルが離婚するなんてちょっと驚きです。とにかく彼らが良い方向に進むとよいですね」

 といったコメントをとっている。さらに現在も江のインスタグラムのプロフィールは《愛ちゃんの夫》などといった“夫婦愛”を表明するような文言がそのままになってるだけに、現地メディアサイドも動揺をかくせない様子だ。


 当然、取材は江の家族にも及んでいる。今回の江による離婚申請をスクープした『蘋果日報』は23日の昼ごろ、江の父親に直撃取材を敢行したのだという。

江宏傑の実父が語ったこと


──江さんが離婚を請求したことを知っているか。

知らないよ。知らない


──江さんは、ついに福原さんとの4年間の結婚生活にピリオッドを打つことを決意されたそうで?

お気遣いありがとう

 と低いトーンで返すのみであったという。

結婚当初、日本では江は御曹司で実家はかなり裕福だという報道もあったが、実際は中流といったところでしょうか。家族はIT関連の企業や工場が集中していることから“台湾のシリコンバレー”とも呼ばれている新竹市に居を構えています。ですが、父親は日系企業に勤めていたということもあり、日本語も話せますし、親日家。母や姉とくらべてものわかりもいいほうだとも聞きます。どうにか夫婦の架け橋になってほしいものですが……」(前出・台湾在住のライター)

 前出の『蘋果日報』は福原の窓口となっている『電通スポーツパートナーズ』にも取材をしており、「福原は江が離婚訴訟に踏み切ったことを知っているか?」「彼女は台湾にきて法廷にくるのか?」といった質問に対し、福原サイドは現時点ではノーコメントを貫いているようだ。

 日本で福原がだんまりを決めこんでいる間に、現地では家族を巻き込む大騒動になっている──。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_f72ee6c7fe5e oa-shujoprime_0_050ed1a3d9b9_おじさんが襟元につけている“カラフルなドーナツ型バッジ”の正体 050ed1a3d9b9 050ed1a3d9b9 おじさんが襟元につけている“カラフルなドーナツ型バッジ”の正体 oa-shujoprime

おじさんが襟元につけている“カラフルなドーナツ型バッジ”の正体

2021年4月23日 12:00 週刊女性PRIME

中年か年配の男性がつけているのを見かけるケースが多い

 オフィス街に近い駅構内で、すれ違うスーツ姿の中年男性の襟元に目が止まった。またアレだ、襟元にあのバッジをつけている──。

 いつのことだったか、そんなふうに気になりだした。

 最初は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに何らか絡むピンバッジだろうと思っていた。かたちが円の中心をくり抜いたドーナツ型(クリスマスに飾るようなリース型)だったからだ。

 東京五輪ロゴは「組市松紋(くみいちまつもん)」と呼ばれる藍色の市松模様でデザインされており、オリンピックは円の中心が空き、パラリンピックは円の上部が空いている。つまり、かたちだけ見ればオリンピックのロゴに似ている。

 しかし、五輪ロゴは国や文化、思想などの「多様性」を示す3種類の細かい四角形を組み合わせ、オリ・パラとも同数の四角形でつくられている。使っている色は藍色だけだから渋い。

 おじさんの襟元に光るバッジは、もっとカラフルなのだ。

 東京五輪の招致活動に使われたロゴにはもっと似ている。桜の花びらをリース型にかたどった円状で、こちらは色合いがカラフルだったから。国際オリンピック委員会(IOC)の定めにより本番への転用はNGだったが、招致ロゴは評判がよく、そのデザインを本番の五輪ロゴにうまく取り入れられないかという意見もあったと聞く。結果的にオリンピックの本番ロゴも招致ロゴもドーナツ型となった。

 かたちの類似性から例のバッジについて、

 “今まで見たことのない五輪関連の新バッジではないか”

 と勝手に推測していたところ、

「ぜんぜん違うよ。アレは SDGs バッジだよ。知らないと恥かくよ」

 と知己の記者に言われてしまったのだ。

バッジをつけている人は何者なのか


 SDGs(エス・ディー・ジーズ)。2015年9月に国際連合加盟国が採択した「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」を指す。

 国連広報センターのホームページの記述によると、その決議の狙いは、

《あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処しながら、誰一人取り残されないようにするため、2030年までにこれら17の目標を達成することにある》

 バッジがカラフルなのは、この17の目標を17色で表現しているため。例えば、子どもの貧困や女性差別、地球温暖化など世界共通の課題を解決して持続可能な社会をつくり上げようという決意表明にほかならない。このままではダメだ、ということだ。

 そんな切実かつ理想的な目標を掲げるカラフルなドーナツ型バッジをつけている人は何者なのか。

 前出の記者が言う。

SDGs に取り組む大企業の幹部や役職が多いはず。企業規模にかかわらず意識の高い経営者やそこで働く従業員もいるだろう。政治の力だけでは目標達成が難しいため、国連は世界中の企業に自発的な取り組みを求めている。例えば、稼ぎまくっている大企業なのに取り組んでいないとその企業姿勢に疑問符がつく。乱暴に言えば、目先の自己利益だけを追い求めているように映る

 株主や投資家、取引銀行からそう判断されれば企業価値が下がるのは必然。「持続可能」という長期的視点を持てない企業と長く付き合うことはリスクになり得る。

 もちろん、取り組むべきは大企業にとどまらず、中小・零細企業も含まれる。さらに言えば、私たち個人にも求められる。

人間と地球の「やるべきことのリスト」


 17の持続可能な開発目標は以下の通り。

1. あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる



2. 飢餓を終わらせ、食糧安全保障および栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する



3. あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する



4. すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し生涯学習の機会を促進する



5. ジェンダー平等を達成し、すべての女性および女児の能力強化を行う



6. すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する



7. すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する



8. 包摂的かつ持続可能な経済成長およびすべての人々の完全かつ生産的雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する



9. 強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進およびイノベーションの推進を図る



10. 各国内および各国間の不平等を是正する



11. 包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市および人間居住を実現する



12. 持続可能な生産消費形態を確保する



13. 気候変動およびその影響を軽減するための緊急対策を講じる



14. 持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する



15. 陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、並びに土地の劣化の阻止・回復および生物多様性の損失を阻止する



16. 持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する



17. 持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する



※太字は編集部による指定

 これが《人間と地球の「やるべきことのリスト」》だという。さらにそれぞれの目標について、具体的な達成手段や時期などを示した計169のターゲットを定めている。


 ところで、バッジはどうすれば手に入るのか。

 国連広報センターのホームページの記述によると、同センターや国内に事務所を置く関連機関では販売していない。米ニューヨークにある国連本部のオンラインショップで10個単位で購入できるという。

「国連の許諾を得れば SDGs ロゴは使用でき、民間でバッジをつくることもできる。ネットでは1個1000円前後で売買されているようだが、模倣品もあるから注意したほうがいい」(前出の記者)

 言うまでもなく、行動が伴わなければバッジをつけたところで何の意味もない。

◎取材・文/渡辺高嗣(フリージャーナリスト)

〈PROFILE〉法曹界の専門紙『法律新聞』記者を経て、夕刊紙『内外タイムス』報道部で事件、政治、行政、流行などを取材。2010年2月より『週刊女性』で社会分野担当記者として取材・執筆する

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_f72ee6c7fe5e oa-shujoprime_0_4b9eb98c2a2c_ジャニーズWEST、7人のウェディング事情 4b9eb98c2a2c 4b9eb98c2a2c ジャニーズWEST、7人のウェディング事情 oa-shujoprime

ジャニーズWEST、7人のウェディング事情

2021年4月23日 11:00 週刊女性PRIME

ジャニーズWEST

 1月に発売したシングル『週刊うまくいく曜日』が前作を超え初週22.7万枚のセールスとなり、3月にリリースしたアルバム『rainboW』も自己最高の24.6万枚を記録。4月23日のCDデビュー7周年を前に絶好調のジャニーズWEST。最旬の7人がウエディングのバージンロードをテーマにした新曲『サムシング・ニュー』を5月5日にリリース。いまの彼らの思いを最速でお届けします!

●4月23日でCDデビュー7周年。 メンバーの家に集まってお祝いするなら?


重岡大毅(下記、重岡) 絶対に神ちゃんの家でしょ! みんなでサラダ作ったり、鍋とかして。こういうの俺らやったことないんですよ。(即座に神山から「やったことあるわ!」とツッコミが入る)生ハムでバラの形つくってサラダにのせるんですよ。あと、から揚げも作って、シメにはカルボナーラを……(「それも全部やったわ!」by神山)。

桐山照史(下記、桐山) 神ちゃん。俺、神ちゃんの家しかメンバーの中だと行ったことないと思う。前、7人で忘年会したとき、家具まで買い替えてくれたんですよ、すごくない?(笑)。おもてなし精神が。ひとり用のソファしかなくて7人で座られへんからって、長いソファに替えてくれて。でも、俺らだいたい地べたに座るっていう。床に座ってまうよね、なぜか(笑)。

中間淳太(下記、中間) 神ちゃんやね。めっちゃエエやつなんですよ。ソファとかテーブルを買い替えてくれたもん。(逆に、メンバーを自分の家に招待したいか聞くと)絶対にしたくない! したくないやつが何人かいる、部屋めちゃくちゃにされそうやもん。それが誰かって……想像してくれていいですよ、たぶん合ってるんで(笑)。

神山智洋(下記、神山) (メンバーからのリクエスト多数に)絶対に嫌! '17年か'18年に俺の家でみんな集まって忘年会やったことあるんですよ。ほんま、大変だったから。準備とか片づけが面倒やし、メンバーの誰かの家っていうよりお店がいい! それがええ! でも、しげの家には1回も行ったことないな。(重岡の「俺、家ないねん(笑)」に)なんでやねん(笑)。

藤井流星(下記、藤井) 俺の家に濱ちゃんは来たことあるけど、それもたまたまで。誰んちでもいいなあ。あえて選ぶとしたらしげ。しげんちは、誰も詳細を知らんからね。リモート(会議)で(重岡の家の)壁紙を見たとき、「おお、こんな感じなんや、ちゃんと家に住んでるんや」って思うくらい(笑)。でも、行ったら行ったで興味なくなりそうやから、濱ちゃんの家かなあ。散らかしても怒らなそうだし。

濱田崇裕(下記、濱田) 神ちゃんの家かな〜。まえに忘年会したときにソファ買い替えてくれたのは、すごく助かった。また、神ちゃんの家でみんなで集まりたいな。今度は、ちゃんとソファに座るから(笑)。

小瀧望(下記、小瀧) 別に誰んちでもいいな。そういえば、(中間)淳太は散らかるから全員は家に入れたくないって言ってた。濱ちゃんちがいいですね。頼めばいいよって言ってくれそうやし。それで(桐山)照史が持ってきてくれたボードゲームを飲みながらみんなでワイワイやったら楽しそう。

●ニューシングル『サムシング・ニュー』の聴きどころを。


重岡 全体を通してメロディーがすごくいいし、個人的には2番の歌詞に出てくる“渡すものか! 僕の好きな人”ってところが好き! 小瀧のパートやけど、ええよね(笑)。俺は歌詞の“姫”なんて女の子に言ったことないから新鮮だった。どのタイミングで使うねん〜って感じ……。この曲のイメージが結婚式やバージンロードだったりするので、女性にはとくに響くんじゃないかな。

桐山 歌詞に何度も“姫”って出てくるんですけど、歌じゃなかったら絶対に言わへん!(笑)。でも、女性はうれしいだろうね。うちの姪っ子も、ディズニーのプリンセスがめちゃくちゃ好き。女の子はやっぱりお姫様なんやな。日本人はとくに「愛してるよ」とか頻繁に言う文化でもないから、こうやって歌で気持ちを表現できるっていいよね。

中間 『Time gose by』('15年)を作詞してくださって以来、あいみょんさんに6年ぶりに楽曲を提供していただきました。ウエディングソングって女性側で歌われがちですけど、新郎の男性側が歌う曲ってあんまりなかったから、それもすごく気に入っています。自分が女性やったら、絶対にキュンキュンしてると思いますね。

神山 まず“姫”ってフレーズが結構なパンチラインやなって思いました。ほかにも、“僕らは最強なんだぜ”とか、歌詞にある言葉のひとつひとつがストレートで心に響くなぁって。ちなみに僕は、女の子には言わんけど飼ってる猫に対して「姫〜」ってたまに言うたりしてます。むちゃくちゃ可愛いわが家のプリンセスなんで!(笑)。

藤井 歌詞の中に“羅針盤”っていう言葉が出てくるんですけど、それがうれしかったです。あいみょんさんが僕らの『証拠』という曲がジャニーズWESTの羅針盤のような存在だと思うということを言ってくださって。そういう意味での“羅針盤”という言葉に歌うときも力が入りますね。

濱田 人生の長い道のりを表現した曲でもあるんです。これまで俺らがリリースした楽曲から受けたイメージを、あいみょんさんが歌詞に盛り込んでくれてたりもしていて、いろんなメッセージが詰まった曲。ほんまにええ曲ですよね。

小瀧 歌詞の中に“僕らが望んでいた景色全部は 今日という日のためにあったのだ!”っていうのがあるんですけど、マジでほんまに、ついこないだ北海道でやったコンサート(『ジャニーズWEST LIVE TOUR 2021 rainboW』@真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)のときに感じたこととぴったりやと思いました。ファンのみなさんが目の前にいるライブは2年ぶりやったんですが、ああ、2年間このために頑張ったんやって感じました。

●自分の結婚式のスピーチをメンバーの中で 誰かひとりに頼むなら?


重岡 スピーチでひとり選ぶなら……神ちゃんかな。理由も神ちゃんが話しているのと同じ。あ、でも結婚式の演出は(藤井)流星に頼んでて、実はもう予約してんねん。そのときはメンバー割引してくれよ! とも伝えてあるんだよね(笑)。見たいのは、(桐山)照史と(中間)淳太がお互いの結婚式でスピーチしてる場面。それ見たら俺ら5人みんな泣いてまうかも。

桐山 みんな、結婚式にメンバー呼ぶ?(まわりの“呼ぶ呼ぶ!”に)そもそも、俺は恥ずかしいから、式は家族だけでもええやんっていうタイプかな。誓いのキスとか見られてるのも嫌やし、そういうまじめなとこでもメンバーが横から“ヒュ〜ヒュ〜”とか言ってきそうやし(笑)もういっそのこと、牧師さんとかも6人でやってくれるなら呼んでもええわ!

中間 濱ちゃんに頼む。だって絶対おもろいことしてくれるもん。みんなが途中で“何の話してるんやろ”って思うようなスピーチになるだろうけど、笑えそうだからお願いしたいかな(笑)。手品とかやってくれそうやん、それで盛り上がるやろ。司会は照史に頼みたい。ジャニーズに入ったときからずっと一緒だったから、そこは絶対にやってほしいな。

神山(即答で)俺は絶対にしげ! 付き合いも長いし、ずっと“シンメ関係(ステージなどの立ち位置が左右対称であったりすること)”でやってきたから。これまで熱い話もいっぱいしてきたし、お互いいろいろな顔を知ってるし、信頼してる。もちろんスピーチはメンバー6人全員で立ってほしいけど、代表として話してほしいのはしげかな。

藤井 俺は(小瀧)望かなあ(となりで小瀧が「ええっ!?」と驚く)。幼なじみって言っていいくらいの長い付き合いで、よく遊んでたから思い出も多いし、なんかええこと言ってくれそうです(笑)。濱ちゃんみたいに和む感じではないだろうけど、グッとくることを言ってくれるんじゃないかな(「便箋8枚分書きます!」と小瀧)。こないだ(小瀧が『読売演劇大賞』の)杉村春子賞を受賞したときも、(スピーチで)あんなちゃんとしたこと言えてすごいなと思った。俺はできひんから。

濱田 ジャニーズWESTの“歩くバイブス”と呼ばれている、重岡に担当してもらいたい。ギターを持ってきてもらって、熱く歌ってほしいと思います! (中間からスピーチを指名されたことについて)俺が話し始めたら、出会いは〜……から始めるだろうけど大丈夫? 必要であれば手品も用意していくけど。

小瀧 濱ちゃんかなあ。あたふたしながらもしっかり話してくれそうやし。それに祝われる新郎新婦側も式の最中やること多くて、その日1日を無事に終えるために必死で、めちゃくちゃ緊張するやないですか。だからこそ濱ちゃんを見て安心したいっていうのがありますね(笑)。前でしゃべってくれるだけで和む気がする。マジックとかやってくれても、いいっすね。

●家族や女友達から“彼氏からなかなか プロポーズされない”と相談されたら?


重岡 俺はあんまり納得のいく答えを導き出してあげられる自信がない(笑)。だから、相手の気持ちがすむまで“そうかぁ〜。そうやんなぁ〜”って、ひたすら話を聞いてあげるかな……。

桐山 「あせらさんといてあげて」って女の子に伝える。自分ひとりでも大変やのに、相手に対しての責任も生じるわけやんか、結婚って。ポンッて背中を押してあげることもできるけど、ちゃんと自分で腹くくるタイミングがくるまで待ったほうがいいと思うな。

中間 結婚って、急がんでもいいものやと思うよ。プロポーズは、ほとんどの人が一生に1回の大事なことやんか。今って、さらっと伝えるプロポーズのほうが多いんかな? 昔って、大々的に計画立てるイメージやったけど。俺は、どっちにも憧れる。



神山 やっぱりプロポーズは男からするべきやないかと思うし、もし彼氏も知り合いやったら「待ってるみたいやけど、どうなん?」って今の気持ちを聞いちゃうかもしれない。だって、そのほうが話が進むの早いやんか(笑)。

藤井 長く付き合ってるのにプロポーズしないってことは、自分からできない人なのか、もしくは結婚したくないか。だったら、結婚情報誌をテーブルいっぱいに敷き詰めて(笑)、普通に「いつすんの?」「する気あるの?」って聞いたらええ。男側もきっと気持ちが決まるから。

濱田 俺はプロポーズを自分からしたい派。慌てて決めるものじゃないと思うけど、それでもどうしても結婚したいっていうなら『サムシング・ニュー』をさりげな〜く流してもらって、「この曲いいわぁ〜」って言うことをオススメしますね

小瀧 答えが何種類か浮かびます。まずは「その彼氏はやめといたら?」って言うかも。だって、長く付き合ってるのに(結婚の)覚悟ができひんのやったら、ねえ? 女性からのプロポーズも、いいなあと思います。でも、自分に置き換えたらやっぱり俺がしたいかな。

●約2年ぶりのツアーがスタート! 久しぶりにステージに立った感想を。


重岡 うれしすぎて爆発というかもう、暴発してもうた(笑)。初日に汗でイヤモニが水没しちゃったりするハプニングもあったけど、7人はここからまだまだ、もっと上へ行けるなって思いましたね。会場と一体になってるのはすごい感じたよ。

桐山 とにかく楽しかった! 今の状況だといろいろ制限などもあるからチケットを取ることも大変だったと思う。いつかは全員に見てもらえるようにこれからも頑張ります。

中間 ステージに立った瞬間に、ライブができなかった時間のことを一瞬で忘れられた。“そうそう、これこれ!”っていう感覚が一気によみがえってきたんだよね。

神山 ファンの人たちの前で歌うのが初めての曲があるんやけど、ちょっとキーの高い曲なのでのどがパッと開いた状態がずっと続いてる感じなんです。それが、泣く直前ののどの開きと似ていて。歌いながら“あ、ヤバい。俺泣くわ”って思ったらほんまに涙も出てきて、最後もう歌えなくなっちゃって。(ステージの上は)なんていい景色なんだって改めて思いましたし、本当に楽しかった。

藤井 有観客のライブは2年ぶり。僕らも成長してるし、クオリティーも上がっていると思うから2年前とのギャップがすごいんじゃないかな。僕は構成・演出もしていて、このご時世を意識したある意味チャレンジングな内容になっています。お客さんが声を出せない中で盛り上がってくれているのはほんまに伝わってきた。アツく歌う曲で涙が込み上げてきましたね、こらえましたけど。

濱田 もう本当に最高! ファンの人たちも俺らに会えてうれしかったやろうなと思います!(笑)。今回、MCの時間もちゃんと決まってるのに内容のない話ばかりして盛り上がりましたね(笑)。貴重な時間を思いきり無駄に使う……でも、それがめっちゃおもろくて。みなさんも楽しんでくれていたらうれしい。

小瀧 客席は声を出せないし、マスクをしてるから表情も見えにくいけど、僕らと同じ振りをしてくれようとしていたり、すごい楽しもうとしてくれているのは伝わったから、グッときちゃいました。あの時間って何にも代えがたいんだなと実感しましたね。

※濱田の「濱」は正しくは異体字

『サムシング・ニュー』5月5日発売

初回盤A(CD+DVD-A)1540円

初回盤B(CD+DVD-B)1540円

通常盤(CD)1210円 ※すべて税込み

取材・文/熊谷真由子、高橋もも子

スタイリスト/小林洋治郎(YOLKEN)

ヘアメイク/小林綾子、井上ゆか、藤岡まなみ(メーキャップルーム)

衣装協力/SUNNY SPORTS、PENNY'S、tk.TAKEO KIKUCHI、TEENY RANCH

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_f72ee6c7fe5e oa-shujoprime_0_8f9a70faffe6_佐藤健の『るろうに剣心』はなぜ成功したか 8f9a70faffe6 8f9a70faffe6 佐藤健の『るろうに剣心』はなぜ成功したか oa-shujoprime

佐藤健の『るろうに剣心』はなぜ成功したか

2021年4月23日 07:00 週刊女性PRIME

佐藤健

 いよいよ公開される映画『るろうに剣心 最終章 The Final』。何かと漫画の実写化は批判を受けやすいもの。これまでの“失敗例”などから、実写化と聞いただけでガッカリしてしまう原作ファンも少なくない。そんな中で2012年から3作にわたって公開されてきた映画『るろうに剣心』シリーズは批判どころか好意的な意見が多く、原作ファンもうならせてきた。シリーズの累計興収は125億円以上。佐藤健の『るろうに剣心』は何がそんなにスゴいのか。映画ライターの松本侃士さんに聞いた。

佐藤健あっての実写化


 2012年に幕を開け、今や日本が世界に誇る作品となった映画『るろうに剣心』シリーズ。2014年の2作品『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』を経て、ついに今年、『るろうに剣心 最終章 The Final』『最終章 The Beginning』の公開をもって、約10年にわたり紡がれ続けてきた物語が完結を迎える。

 矛盾と不条理に満ちた世界を変えるために、壮絶な覚悟を胸にして戦い続ける主人公・緋村剣心を演じたのは、このシリーズの興行的・批評的成功を通して絶対的な評価を確立した俳優・佐藤健である。

 映画『るろうに剣心』公式noteの記事によれば、そもそも、2012年の一作目が、原作マンガの連載終了から13年もの時を経て製作された理由は、「ようやく緋村剣心を演じられる役者が現れたから」であるという。そう、佐藤健は、このシリーズを成功に導いただけでなく、シリーズ始動のきっかけとなる非常に稀有な存在であったのだ。

 今回は、佐藤健が演じた実写版・剣心が、多くの原作ファンを魅了し、また世界中のファンの心を掴んだ理由について、これまでの過去作を振り返りながら語っていきたい。

かつてないアクション映像の誕生


 佐藤健が演じる実写版・剣心について、語るべき観点はいくつもあるが、その中でも最も重要な要素がアクションである。

 このシリーズの製作においては、大友啓史監督の指名で、世界を舞台に活躍する谷垣健治がアクション監督に起用された。そして、谷垣監督、および製作スタッフたちは、妥協なきトライアルを積み重ねながら、今まで誰も観たことのなかったアクション映像の実現を目指し始めた。

 そして、その遥かな高みを目指すスタッフたちの期待を一身に背負っていたのが、一作目の撮影当時22歳の佐藤健であった。

 彼は、まさに自身の役者人生を懸けるかのようにして、「このアクションが格好よくなければ、僕は役者を辞めます」と宣言。そして、ストイックで誠実な姿勢と懸命な努力によって、スタッフがもともと抱いていた期待を遥かに超越したアクション映像を生み出してみせたのだ。

 縦横無尽に展開していく殺陣をベースとしながら、肉弾戦と銃撃戦、更にはパルクールの要素まで取り込み、そして一つ一つのアクションを、極めてスピーディーでロジカルな編集をもってして紡いでいく。

 その結果、もはや時代劇という既存のフォーマットには決して収まりきらない未知のアクション映像が生まれた。前作が公開されてから約7年の月日が経つが、筆者は、このシリーズを超える日本アクション映画は、まだ現れていないと思っている。

 そして、極力CGやワイヤーワークに頼らない形で撮影されたアクションシーンの数々は、戦うことで贖い続ける剣心の壮絶な生き様を、圧倒的にリアルなものとしてスクリーンに刻みつけた。原作ファンの期待を裏切らないだけではなく、まさに身をもってして、独自の剣心像を確立させた佐藤健の功績はあまりにも大きい。

 なお、このシリーズにおける過酷な撮影の裏側は、佐藤健の公式YouTube上の企画「Road To Kenshin」にて公開されている。超高速の殺陣やドリフト走行のシーン、命綱なしで敢行された屋根の上を全速疾走するシーンなど、そうした数々のアクションシーンのメイキング映像は、一つのドキュメンタリーとして非常に見応えのある作りになっている。


演じるを超えて「宿す」へ


 佐藤健が演じる実写版・剣心について語る上で、もう一つの最重要の要素、それは、彼の渾身の演技であると思う。

 剣心というキャラクターを成り立たせる上では、幕末の京都で暗躍した「人斬り抜刀斎」と、平和な時代の到来を望む「緋村剣心」という二面性を表現することが鍵となる。

 もちろんそれは、全く異なるキャラクターを、ただシーン毎に演じ分ければよいという単純な話ではない。

 幕末における数々の罪を贖い続ける日々の先に、ついには「人斬り抜刀斎」としての過去を乗り越え、新しい時代において果たすべき使命を見出していく。『るろうに剣心』の物語の本質は「贖罪」と「再生」であり、そして佐藤健は、その二つの側面を、繊細なグラデーションにのせて見事に表現してみせた。

 かつて多くの命を殺めてきた男が、変わりゆく時代の流れの中で「不殺の誓い」を立て、逆刃刀を手に平和のために戦い続ける。その壮絶な悲哀と覚悟を伝えるために、佐藤健は、計り知れないほどの深度をもってして剣心と一体化する。

 もはや「演じる」を超え、「宿す」と表現したほうが正しいのかもしれないが、そうした全身全霊の姿勢は、明確な答えのない演技の世界で、それでも観客が求める一つの正しい答えを追求し続ける俳優としての業の表れだろう。そして、そうした佐藤健の俳優としての懸命な生き様が、スクリーンに明確に刻まれているからこそ、僕たち観客は強く心を動かされるのだと思う。

 ドラマパートだけではなく、アクションシークエンスにおいても同様で、一つひとつの動作で感情を表し、殺陣の展開を通して物語を語る佐藤健の姿は、彼の俳優としての表現力の高さを証明している。アクションとは、単なる殺陣ではなく、戦う者同士の感情と感情のぶつかり合いであり、だからこそ、『るろうに剣心』シリーズのアクションは、鮮烈なドラマとしても見応えがあるものに仕上がっているのだ。

 佐藤健の演技、および、彼がスタッフたちと共に作り上げたアクションを軸に過去作を振り返ってきたが、もちろん、このシリーズを彩ってきた俳優は決して彼一人だけではない。


 江口洋介、綾野剛、吉川晃司、福山雅治、伊勢谷友介、神木隆之介、そして藤原竜也をはじめ、数々の俳優が佐藤健と刀を交え、このシリーズに魂を込めてきた。そして『最終章』において、最凶の敵・縁を演じるのは、次世代のトップを走る若手俳優・新田真剣佑。

 10年にわたってシリーズを牽引し続けてきた佐藤健との演技合戦が、いったいどのようなケミストリーを生み出すのか。ぜひ、スクリーンで目撃してほしい。

<プロフィール>

松本 侃士(まつもと・つよし)

音楽ライター/映画ライター/Voicyパーソナリティ「ポップ・カルチャーの未来から」/1991・10・1 生/慶應義塾大学卒/2014年、音楽メディア企業ロッキング・オンに新卒入社、編集・ライティング等を経験/2018年、渋谷のITベンチャー企業へ転職/本業と並行してライター活動中。

【Twitter】@tsuyopongram_ 【note】https://note.com/tsuyopongram_

【Voicy】https://voicy.jp/channel/1550

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_f72ee6c7fe5e oa-shujoprime_0_7615dd6ff79a_美智子さま、“眞子さま問題”への「煩悶ご胸中」 7615dd6ff79a 7615dd6ff79a 美智子さま、“眞子さま問題”への「煩悶ご胸中」 oa-shujoprime

美智子さま、“眞子さま問題”への「煩悶ご胸中」

2021年4月23日 06:00 週刊女性PRIME

上皇陛下とともに「仙洞仮御所」で過ごされる美智子さま(2020年12月2日・宮内庁撮影)

「上皇ご夫妻は、4月10日に62回目の結婚記念日を迎えられました。コロナ禍になる以前は毎年、ご家族とともにお祝いの食事会が行われるのが恒例でしたが、今年も当然、開催できませんでした。両陛下や秋篠宮ご夫妻、お孫さんたちと会ってお話できる貴重な会を催せる見通しが立たず、つらいお気持ちでしょう」(皇室担当記者)

 東京都港区にある『仙洞仮御所』に引っ越されてから約1年、“おこもり生活”を続けられている上皇ご夫妻。皇居よりも都会の喧騒を感じやすい環境を楽しまれつつ、お互いのことを気遣って支え合う毎日を送られているという。

「日課であるお庭の散策中に少し立ち止まって息を整えることはありますが、起床、食事、散策、就寝などの時間は規則正しく、特段お変わりなく過ごされています。新聞を丹念にお読みになって、国内外の状況について話し合ったり、大相撲が開催される際はおふたりで楽しそうにテレビ中継をご覧になっています」(上皇職関係者、以下同)

ご友人に相次ぐ訃報


 交友関係が幅広い上皇ご夫妻だが、人と会えない日々が続く。そんな中、3月29日には美智子さまのご友人であるピアニストの遠山慶子さんが87歳で他界した。


「美智子さまは、遠山さんが亡くなった翌々日の31日にご自宅を弔問されました。短時間ではありましたが、通院以外で外出されるのは、昨年10月に明治神宮を参拝されて以来のことでした」

“極秘外出”された弔問には、美智子さまの強いお気持ちが反映されていた。

「趣味のピアノを通じて親しくなられた遠山さんとは、約20年前からご交流がありました。群馬県草津町で毎年行われる音楽会にもご一緒に参加されていたのですが、昨年はコロナ禍のため中止に。生前の面会はかないませんでしたが“どうしても、もう1度お会いしたい”と思われていたのでしょう」

 弔問から数日後、美智子さまは同世代の親友と電話でお話をされている。絵本を通じて親しくなった、絵本の編集者の末盛千枝子さんだ。その際のことを末盛さんは、こう話す。

「はじめはお声が小さく、元気がないような印象を受けましたが、お話ししているうちにだんだんと元気になられていくように思いました。

 直近でお亡くなりになった遠山慶子さんや、昨年末に逝去された画家の安野光雅さんのこともお話ししました。共通の親しい方々が旅立たれていくことについて、しかたのないことだとはわかりつつも、寂しいといったお気持ちをともにしました」

 ご友人の旅立ちに傷心されている中、4月9日には、エリザベス女王の夫であるフィリップ殿下が逝去。英王室と皇室のゆかりは深く、’86年にフィリップ殿下が来日した際には上皇ご夫妻(当時皇太子ご夫妻)と3人で競馬を楽しまれるなど、いろいろな機会で関係性を築かれてきた。

「訃報を受けて、上皇ご夫妻と天皇陛下は12日に弔電を送られました。それだけではなく、13日には天皇・皇后両陛下が英国大使館に弔問使として侍従長を派遣されています。コロナ禍でできる、最大のご対応をされたことに感銘を受けました」

 そう話すのは、英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さん。フィリップ殿下の功績は偉大だという。

「絆を深めるきっかけとなったのは、’53年のエリザベス女王の戴冠式に、当時皇太子だった上皇さまが出席されたことです。戦後わずか8年で“敵国だった日本から昭和天皇の息子を迎える”ということに対し、英国内では一部から反発の声が上がりました。

 しかし、フィリップ殿下は元軍人でありながらも反発の声を抑え、日本からの来賓を温かく迎え入れたのです。これが“和解”のきっかけとなりました」(多賀さん、以下同)


 美智子さまとフィリップ殿下には共通点もあるという。

おふたりは、ご結婚時に受けた批判の声を乗り越え、お相手の一途な愛情を信じて新しい王室像や皇室像を築かれてきました。お互いの努力に共感する部分も多かったでしょうし、美智子さまはフィリップ殿下のことを尊敬されてきたことでしょう。

 それぞれ女王と天皇の配偶者ということで、ご一緒に馬車に乗られる機会もあり、その際の楽しげな表情からお察しする限り、たくさんのコミュニケーションをとられてきたのだと思います」

苦境に立たされる秋篠宮家を憂慮


“特別な存在”の相次ぐ訃報に心を痛めておられる美智子さまだが、苦境に立たされているご家族のことも常に気にかけておられるようだ。

特に秋篠宮ご一家を気にされています。新聞広告をご覧になり、気になる見出しの週刊誌があれば取り寄せられることも。沈黙を貫かれていますが、結婚問題の渦中にいる長女の眞子さまのことは当然心配していらっしゃるでしょう」(宮内庁関係者、以下同)


 現在行われている安定的な皇位継承策を検討する有識者会議では、『女性宮家』の創設が議題に挙がっている。結婚適齢期の次女・佳子さまは、議論の対象者だ。

「長男の悠仁さまに関しては、いずれ即位される方であり、高校や大学選びも含めた“帝王教育”の動向を注視されています。そして眞子さまの結婚問題の影響で家庭内にすきま風が吹くといわれる中でも、日々の仕事をこなしつつ、子どもたちに心血を注ぐ秋篠宮ご夫妻のご体調を心配されています」

 前出の末盛さんは美智子さまとの電話で、ご家族を憂慮される胸中を酌み取っていた。

「美智子さまはご家族のお話はされません。上皇さまのことを心配するお気持ちもあるでしょうが、そういったことは語られることはなく、見守っていてほしいと思っておられるのだなと思いました」

“見守って……”というお気持ちには深い意味があると、前出の宮内庁関係者は語る。

「美智子さまは、家族のどなたかが苦しい状況におありのときは必ず“それは家族全体の苦しみ”だと捉え、皇室が抱える問題はすべてご自身の問題として向き合われています。“見守っていてほしい”というお気持ちは、上皇ご夫妻のみでなく皇室全体のことを伝えたかったのでしょう

 日本中が注目する問題に対し、当事者のごとく煩悶される美智子さま。ご心配の種は尽きない……。

外部リンク