cat_oa-shujoprime_issue_b69af34c9523 oa-shujoprime_0_b69af34c9523_坂本花織「落ち込み素顔」もまた可愛い b69af34c9523 b69af34c9523 坂本花織「落ち込み素顔」もまた可愛い oa-shujoprime

坂本花織「落ち込み素顔」もまた可愛い

2018年2月19日 19:00 週刊女性PRIME

坂本花織


「試合でしっかり目立ってやろうって気持ちが強くなった。やってきたことを存分に発揮できるように。万全です」

 こう力強く語ったのは、女子フィギュアスケートで初の五輪に挑む坂本花織。

「シニアデビューしたてですが徐々に調子を上げ、昨年12月に行われた全日本選手権で2位につけました。この試合は五輪代表の選考会も兼ねており、昨年から第一線で活躍している樋口新葉選手や三原舞依選手、同期デビューの本田真凜選手といったライバルを抑えて、代表枠を勝ち取りました」(スポーツ紙記者)

 日本の女王・宮原知子とともに、2月9日から始まった団体戦、2月21日から始まる女子シングルに出場する。全日本選手権での弾けるような笑顔が記憶に残るが、

「演技直後のうれしそうなガッツポーズは、彼女の天真爛漫な性格そのもの。フリーでは思っていたより得点が伸びなかったようで、点数を聞くと“なんで~!?”と素直にボヤく姿がかわいかったです(笑)」(同・スポーツ紙記者)

 そんな“元気娘”の印象がある坂本。イメージどおりなエピソードがジュニア時代を知る人から届いた。



「ガッツがある子。'16年1月に岩手県で行われた国体に出た際、同学年の樋口選手は前年12月の全日本選手権で2位になり、自信を付けていた。そんなライバルにも臆さず“今季の目標は1回でも新葉に勝つこと!”と闘志を燃やし、フリーでは樋口選手のポイントを上回り、“やった、勝った!”と大喜びでした」(スケート連盟関係者)

 しかしその反面、ネガティブな部分もあると、別のスケート連盟関係者は語る。

「今季からシニアになったばかりなので、まだ少し感情のコントロールがうまくいかないこともあるんです。今年1月に行われた四大陸選手権で優勝しましたが、実は公式練習中にジャンプの失敗が相次ぎ、コーチにゲキを飛ばされると、“もうダメ”と、涙を流していましたね」

 ちょっとしたことで、ふさぎ込むこともあるようで、

「昨年、台湾で行われた世界ジュニア選手権で、好物の小籠包を食べて胃もたれ。そのせいもあり、公式練習でジャンプに失敗。コーチから怒られてヘコんでましたね(笑)」(前出・スケート連盟関係者)

 実は、シニアに上がるときも弱音を吐いていたという。

「1年先に同門の三原選手がシニアで大活躍。それを見ていた坂本選手は“私、シニアにいっても活躍できないかも”とふさぎ込んでいた時期があったそう。コーチは“ジュニアの成績は最高なんだから、自信を持って!”と励ましていました」(同・スケート連盟関係者)

 そんな喜怒哀楽も魅力の坂本。後ろは見ずに、前だけ向いて栄光をつかめ!

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_b69af34c9523 oa-shujoprime_0_b2a714fe26cc_福原愛が《不倫疑惑・離婚》を中国メディアに涙目で告白 b2a714fe26cc b2a714fe26cc 福原愛が《不倫疑惑・離婚》を中国メディアに涙目で告白 oa-shujoprime

福原愛が《不倫疑惑・離婚》を中国メディアに涙目で告白

2021年8月6日 06:30 週刊女性PRIME

福原愛『看看新聞』サイト内の動画より

 『女性セブン』が今年3月に報じた不倫疑惑報道から4か月。卓球の元五輪メダリスト・福原愛は江傑宏との離婚を7月8日に発表すると、7月26日には「卓球混合ダブルス決勝」という大一番での“テレビ復帰”を果たした。

 そんな彼女が中国メディアの独占取材に応じ、ついに「本音」を語ったというのだ。同取材は8月5日、都内ホテルの一室で行われていた。

取材を行なったのは『看看新聞』というネットメディアで、中国最大級の『上海メディアグループ』傘下の媒体です。インタビューと同時に動画撮影も行われています。福原さんは上品なブラウンのワンピースを着て、メイクもバッチリ。オトナな雰囲気が出ていましたね。取材はすべて中国語で行われていて、動画を見るかぎり、福原さんのしゃべりはもう“中国人”そのものです」(台湾在住のジャーナリスト)

 同メディアに掲載されている動画のタイトルをざっと並べると、

《伊藤美誠の強さはどこに?》《母はめちゃくちゃ厳しい、私はああはなれない》《混合ダブルス決勝を振り返る》《東北(中国東北部)方言だけじゃなく、上海語もうまい》《白くてぽっちゃりしてるから私は好かれる》《2022年北京冬季五輪私たちはまた会う約束をした》

 などと、さまざまな話題に触れているのがわかる。折しも、同インタビューが行われた5日夜には卓球女子団体戦の決勝戦が日本・中国間で行われるとあって、「どちらを応援するか」という難しい質問も。しかし、そこは慣れたものなのか福原は

《混合ダブルス決勝に出場していた劉詩雯選手のことは、小さいときからよく知っているし、とても仲の良い友達。だから、日本に金メダルをとってほしいと思う気持ちはあるものの複雑でした。今日の団体戦決勝に対する思いもたしかに複雑ですが、劉選手は出場しないじゃないですか? 劉選手とは本当に仲良しなので、たしかに複雑といえば複雑なんですが、混合ダブルスのときほど複雑な心境でもないですね》

 と、絶妙な切り返しを見せていた。

不倫疑惑・離婚・日本帰国・会社設立、いろいろあった1年


 だが、自身の不倫疑惑報道や離婚などがあったこの1年間について質問が及ぶと表情が変わり……、

《実際、中国の方々や卓球ファンの方々が、こんなにも私のことを思ってくれているなんて考えもしなかった。あのときは、とてもキツかったです。でも中国の方々はずっと私を支えてくれた。どのような私であってもすべて受け入れてくれました。本当にキツかったですが、今日までなんとか生き続けることができました。中国の皆さんの支えに感謝します》

 と神妙な面持ちで振り返り、目に涙を浮かべながらコメント。そしてこの2月に起業したばかりの会社『omusubi』の事業展開について聞かれると、

《私はみなさんにいただいたぶん、その2倍、3倍そして10倍、皆さんにお返ししたいです。そんなことをずっと考えています。これまで日中友好に関わる活動をしてきましたが、今後さらに両国の関係が良くなるよう、できることはすべてやっていくつもりです》

 と恩返しを誓い、これまで日本のメディアに答えることのなかった心境を明かしたのだった。

「この報道を知った中国のネットユーザーは歓迎ムードですが、台湾や日本では不倫疑惑を完全に払拭(ふっしょく)しないまま、平然と復帰した福原さんに厳しい目が向けられているように見えます。

 フジテレビでの東京五輪の卓球解説に、中国最大級のメディア企業での“独占告白”。北京といえば08年、福原さんが五輪旗手として日本選手団を先導した思い出の地でもありますね。いやらしい見方をすれば、これらもすべて2022年北京五輪で、何かしらの仕事を受注するための布石になっているのかもしれませんね」(前出・台湾在住のジャーナリスト)

 愛ちゃんは灼熱の東京で、すでに“冬支度”に入っているのだろうかーー。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_b69af34c9523 oa-shujoprime_0_926e92ede351_沢田研二、生涯現役“魅せる男”ジュリーの半世紀 926e92ede351 926e92ede351 沢田研二、生涯現役“魅せる男”ジュリーの半世紀 oa-shujoprime

沢田研二、生涯現役“魅せる男”ジュリーの半世紀

2021年8月6日 06:00 週刊女性PRIME

沢田研二 写真/週刊女性写真班

 ジュリーこと沢田研二(73)がソロデビュー50周年を迎えた。歌手、俳優として活躍する半世紀をプレーバック。編集部撮影の秘蔵ショットも!


「男が化粧」当時は特異な存在


「ジュリーは画期的な男です」(芸能評論家の肥留間正明さん)

 沢田は18歳のときにザ・タイガースのボーカルとして芸能界デビュー。GS(グループサウンズ)ブームとともに人気を博したが、ブームの終焉によってグループは解散。

 1971年からソロ歌手に。日本レコード大賞受賞曲『勝手にしやがれ』をはじめ『危険なふたり』『時の過ぎゆくままに』『サムライ』『ダーリング』『LOVE(抱きしめたい)』『カサブランカ・ダンディ』『TOKIO』など数多くのヒット曲とともに派手な衣装やビジュアルが話題を集めた。

「男が化粧することを批判された時代に、外国での潮流をいち早く取り入れる特異な存在で、日本ポップス界の原型を作った」(肥留間さん、以下同)

 俳優としてもドラマ『悪魔のようなあいつ』や映画『太陽を盗んだ男』『魔界転生』などの話題作に主演している。

「俳優をやったのは一時期で、個人的見解ですが俳優になり切れなかったのでは。才能というのは自分のことを知っていることも重要なひとつ。 '85年に(所属していた)渡辺プロから独立したのは、自分自身をプロデュースでき歌手としての力量もあったから。それを熱狂的なファンが支えて、それが今も続いていると思います

ジュリーを超越する人は今も出ていない


 1990年代以降はコンサート活動が中心だが、 '18年にさいたまスーパーアリーナ公演での観客数をめぐるドタキャン騒動を起こした。

「(予定より少ない観客数)7000人を今でも集めることができるのに怒っちゃうことに驚きましたが、彼のプライドだと思います。

 ファンにとってコンサートはジュリーの魅力を間近に感じることができ、コンサートでしか会えないので飢餓感がある。そして、歌一本で生業を維持しているジュリーは本物のスターでしょう」


 プライベートでは2度結婚。 '75年にザ・ピーナッツの故・伊藤エミさん、 '89年に女優の田中裕子(66)と結婚した。

「伊藤さんとの結婚はジュリーが全盛期のとき。離婚のときは当時18億円ともいわれた全財産を置いて家を出ましたが、伊藤さんがうらみつらみを言うことは一切なかった。ゼロからやり直すほど惚れた運命の女性が田中裕子だったのでは」

 沢田は朝日新聞のインタビューで、“昔はジュリー、今はジジイ(笑)。太ったっていいじゃない(笑)。好きなことをコツコツとやっていこうと思っている”と話している。

「歌手が一生の仕事。“あの人は今”にならない存在。ヒット曲、歌唱力、ファッション、彼を超越する人は今も出てきていない。

 ただ白髪や太ることが自然体というのは一般の方の話。ファンにとってはいつまでもアイドル、偶像であり続けるために白髪ではないほうがいいし、もう少しやせてほしいかな(笑)」

志村けんさんの代役
15年ぶり主演映画に




 昨年、急死した盟友・志村けんさんの代役で『キネマの神様』に主演。沢田が演じるのは家族にも見放された借金まみれのダメおやじだが、今も映画だけは愛してやまない男・ゴウ。半世紀を経てかつて諦めた『キネマの神様』の脚本と向き合うことになる。若き日のゴウを菅田将暉が演じる。


映画『キネマの神様』

8月6日(金)全国ロードショー

配給:松竹/ (C)2021「キネマの神様」製作委員会

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_b69af34c9523 oa-shujoprime_0_3cb00cc8cbdc_酒井法子、本格復帰が進まない理由と本人が抱える“疑心暗鬼” 3cb00cc8cbdc 3cb00cc8cbdc 酒井法子、本格復帰が進まない理由と本人が抱える“疑心暗鬼” oa-shujoprime

酒井法子、本格復帰が進まない理由と本人が抱える“疑心暗鬼”

2021年8月5日 21:00 週刊女性PRIME

酒井法子

 今から12年前の8月2日、のりピーこと酒井法子(50)の夫(当時)が職務質問を受け、翌日に覚せい剤取締法違反で逮捕された。彼女も任意同行を求められたが、

「子どもを預けているので、あとで行きます」

 と答え、そのまま失踪。所属事務所は彼女が自殺するのではと危惧し、そのスタンスで会見を開いた。

 それゆえ、世間は当初、彼女に同情的だったが──。8日には彼女も覚せい剤取締法違反で逮捕されてしまう。いわゆるクスリを抜くための逃亡を疑われることになった。

事務所が冷静さを失っていた理由


 ではなぜ、事務所は彼女もクスリをやっている可能性を考えなかったのか。相澤秀禎会長(当時)が週刊誌でこんな話をしている。

《うちには岡田有希子のこともあるし、法子を担当していた溝口マネージャーが自殺した過去もある…》

 アイドルだった岡田さんは1986年に自殺。直前まで相澤の自宅に下宿していたが、その部屋を譲られたのが後輩の酒井だった。また、2000年に自殺した溝口マネージャーは岡田さんも担当していた。事務所はその連鎖が、酒井にも及ぶことを恐れたわけだ。

 さらにいえば、酒井の父は暴力団の元組長で、娘のデビューを機に足を洗ったが、その2年後に交通事故死。そのとき、相澤は「幼いころから里子に出されたり、複雑な家庭環境だったので(略)法子の親代わりをやらなければいけないと決心した」という。そんな「親心」も冷静さを失わせたのだろう。

同じ日に起きた押尾学の事件


 酒井は執行猶予つきの有罪判決を受け、事務所からは契約解除。いわば「勘当」の身となった。'13年には『さんまのまんま』(フジテレビ系)に出演するなど、芸能活動も再開させたが、本格的な活躍はできていない。

 そこには、この事件で彼女のイメージが激変したうえ、同じ日に起きたもうひとつの事件も関係している。当時俳優だった押尾学が愛人とともに違法薬物を使用し、死亡した愛人を置き去りにした事件だ。

 これだけの有名人ふたりが同時にクスリ絡みの事件を起こすというのも、何か怪談めいている。こうした一連の経緯によって、世間もメディアも今の彼女をどう扱っていいのか、何を求めていいのかがわからなくなっているわけだ。


 例えば、彼女は一昨年『THEカラオケ★バトル』(テレビ東京系)に出演。代表曲『碧いうさぎ』を歌った。アイドル時代の代名詞でもあるのりピー語で「がんばるピー」などとコメントさせられていたが、もうそんなイメージでもないだろうにと気の毒になった。

 最近は個人事務所を設立して、ユーチューバーとしてもデビュー。写真誌でセクシーグラビアに挑戦したが、こういう熟女路線も何か違う気がしてしまう。本人もそれを感じているのか、

「グラビアのお話をいただいたとき“私でいいんですか?”と不安でした。セクシーなものを望まれても、どこまでできるか……」

 と、コメント。正直なところ、自分の需要については疑心暗鬼なのではないか。

 筆者にとっては、35年前『モモコクラブ』(TBS系)の取材で彼女を見かけたときのアイドルっぽくない暗い表情が印象に残っている。そういうところが薄幸なヒロイン役などにはプラスに働いたのだろうが、事件後は似合う役が思いつかない。

 ただ、大ヒット作『ひとつ屋根の下』(フジテレビ系)くらいは、もっと普通に再放送されてもいいように思う。あの中の彼女なら今も求められている、はずだ。

PROFILE●宝泉 薫(ほうせん・かおる)●アイドル、二次元、流行歌、ダイエットなど、さまざまなジャンルをテーマに執筆。近著に『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)『平成の死 追悼は生きる糧』(KKベストセラーズ)

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_b69af34c9523 oa-shujoprime_0_9ea6f3b4febc_俳優・石立鉄男さんとの思い出 9ea6f3b4febc 9ea6f3b4febc 俳優・石立鉄男さんとの思い出 oa-shujoprime

俳優・石立鉄男さんとの思い出

2021年8月5日 17:00 週刊女性PRIME

冨士眞奈美

 女優・冨士眞奈美が語る、古今東西つれづれ話。今回は、親友であり“かわいい弟”でもあった故・石立鉄男さんとの思い出を綴る。

北の富士と飲み仲間だった


 7月場所が幕を閉じた。6場所連続休場だった白鵬の全勝。そんな白鵬にはいつも苦言を呈するものの、軽妙な解説が面白いことでおなじみなのが北の富士さん。

 以前、お気に入りの宇良と炎鵬が顔を合わせたときには、「本妻と彼女の戦いを見る感じかもしれない」なんて表現していて笑っちゃった。



 “現代っ子横綱”と呼ばれた北の富士さんは、土俵を下りても面白くて洒脱な方。現役時代は、バンダナを巻いてハワイで遊んでいたりと話題に事欠かない関取だったけど、私の大親友だったてっちゃん(石立鉄男さん)と飲み仲間だったとか。

 よく銀座のバーで鉢合わせしたらしく、「『あの取組、あの足さばきは違うだろ~』なんてダメ出しをすると、あの大横綱の北の富士さんが涙ぐんじゃうんだよ、かわいいだろう」なんて、てっちゃんが(笑)。

 てっちゃんは、もともと俳優座養成所第13期生だから私の後輩にあたる。“かわいい弟”のような存在で、『おくさまは18歳』、『パパと呼ばないで』、『おひかえあそばせ』などで共演し、どういうわけか事あるごとに彼を追いかけまわす役だった。

 ああ見えて、てっちゃんがお酒を覚えたのは28歳のとき。それまで飲めなかったのだけれど、杉浦直樹さんが教えてね。でも、飲み方がわかっていないものだから、二日酔いを理由に、朝8時スタートの撮影現場に来られない……なんてこともあった。

 かくいう私も前夜に痛飲しているから、人のことは言えない。頭痛薬を口に放り込んで、眠い目をこすりながら自分で車を運転し、現場まで向かった。だけど、てっちゃんが来ないもんだから、撮影は中止になって、仕方なく郊外の現場から車で都心へ戻る─と、なんだか見覚えのある車が、高速道路の路肩に停車している。



「あれ!?」と思って、よく見るとてっちゃんの車。その中で、ぐうぐうと気持ちよさそうに寝ている彼の姿が見えて。もちろん、怒る人は怒る。だけど、てっちゃんはあの風貌も相まって、憎めなくて、かわいい人間だった。

ブーゲンビリアを見て、てっちゃんを思い出す


 私が結婚するとき……私はその後10年間女優を休業することになるのだけれど、新宿の老舗居酒屋「どん底」で披露宴を開いた。多士済々の飲ん兵衛が集まるなか、てっちゃんも来てくれた。そのとき、彼は私の妹と弟を片隅に呼んで、「君たちはきょうだいなのになぜ反対しなかったんだ?ダメだよ、結婚なんかさせちゃ」。そう伝えたらしい。

 私は、そんな裏話があったなんて寝耳に水。つい先日、2人から「実はあのとき石立さんから……」と教えられた。どうやら元夫の女性関係について耳に入れていたらしい。実際、私は離婚をしたわけだから、その話を聞いたとき、空の上にいるだろうてっちゃんに、「なんで直接言ってくれなかったのよ」って、ぼやきたかった。

 でも、彼は本当に優しい人だった。私に子どもが生まれたときのこと。1人でやってきて、赤いカーディガンとブーゲンビリアの鉢をプレゼントしてくれた。一年もののブーゲンビリアといっていたけど、まったく枯れる気配がない。私は翌年、クリスマスのもみの木の鉢に植え替え、お米のとぎ汁なんかを注いでときどき、「てっちゃん、こんにちは」なんて声をかけて育てていた。

 気がつくと、毎年、たくさんの花を咲かせるようになって、今もまだ元気に花を咲かせている。もう40年以上はたつかしら。わっと咲いている根元に、どこからかやってきた鳥が播種したのか、いつの間にかブーゲンビリアを囲むように、色鮮やかにいろんな種類の花が1つの鉢に花笑んでいる。

 とってもにぎやかなブーゲンビリアたちを見ては、私はてっちゃんのことを思い出す。

 冨士眞奈美 ●ふじ・まなみ 静岡県生まれ。県立三島北高校卒。1956年NHKテレビドラマ『この瞳』で主演デビュー。1957年にはNHKの専属第1号に。俳優座付属養成所卒。俳人、作家としても知られ、句集をはじめ著書多数。

〈構成/我妻弘崇〉

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_b69af34c9523 oa-shujoprime_0_dd55b6d5ed3d_菅首相の “コロナ患者の方針転換” に芸能事務所が困惑! dd55b6d5ed3d dd55b6d5ed3d 菅首相の “コロナ患者の方針転換” に芸能事務所が困惑! oa-shujoprime

菅首相の “コロナ患者の方針転換” に芸能事務所が困惑!

2021年8月5日 16:00 週刊女性PRIME

迷走する政府、死に体ならぬ“死んだ目”の菅総理

 お笑いタレントの陣内智則(47)、歌舞伎俳優の市川猿之助(45)、タレントの野々村真(57)、AKB48のメンバーら、新型コロナウイルス感染者が続く芸能界。

 そのさなか、政府が発表した新型コロナ患者の治療をめぐる方針転換。ニュースを聞いた芸能プロダクション幹部は、

「困る芸能人は多いと思いますよ」

 と表情を曇らせた。

簡単に入院できなくなった芸能人


 政府は、入院対象者を重症者や重症化リスクの高い患者に限定し自宅療養を基本とする方針を打ち出し、東京都も政府に追従し、入院の判断基準を改定することを決めた。

 そのことがなぜ、芸能人を困らせるのか?  

 前出・芸能プロダクション幹部が解説する。

「芸能人は健康には敏感ですから、大抵の人がかかりつけ医をちゃんと持っていて、いざというときにわりと便宜をはかってもらえる環境にあるのです。なかにはプライベートドクターと契約している人もいる。舞台の公演中に体調が悪くなれば、夜中でも診察してもらったりできるのはそのためです。歯の調子が悪い芸能人が、深夜診療を受けるケースもありますよ。そうじゃないと、翌日の公演に影響してしまうからです。

 一般の方が、100か所もの病院に受け入れを拒否されたり、救急車で2時間もたらいまわしにされたというニュースもありましたが、セイフティーネットを常日頃から張っている芸能人なら、そんな心配はありませんでした。でも今後は違う。一般の方と同じことが芸能人にも起こりうるということです。感染した芸能人が、重症化リスクがないにもかかわらず簡単に入院できていたら、それこそ世間様に申し訳ないですからね

 さらに次のように、“非公開芸能人”の増加を示唆する。

「芸能人が感染したことを公表するのは、仕事先に迷惑をかけているからです。もし、スケジュールのタイミングが長期休暇中だとしたら、あえて公開しませんよ。

 今後は、感染したとしても、女優の石原さとみさんのように“非公開芸能人”が増えるのではないでしょうか。中等症であっても、その重症度の判断は医師の個別の診断に任されるわけですから、感染したことや具体的症状を公表しなければ、かかりつけ医の判断で、入院できるかどうかはどうにでもなりますからね」

 政府の方向転換に、メディアプロデューサーの残間里江子さんは、レギュラー出演しているTBSラジオ『生島ヒロシのおはよう一直線』で、「お手上げなんでしょうね」と指摘。「菅(義偉)総理の目はもう死んでますよね。どこを向いているのかわからない、宙を浮いている感じですもんね」と憐れんだ。

 死に体ならぬ“死んだ目”の菅総理が決断した方針転換。政治家が感染したときも国民と同じように区分けされるのか。気になるところだ。

〈取材・文/薮入うらら〉

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_b69af34c9523 oa-shujoprime_0_8ec9341a233f_ワクチン接種後の死亡746例、徹底分析した結果に愕然 8ec9341a233f 8ec9341a233f ワクチン接種後の死亡746例、徹底分析した結果に愕然 oa-shujoprime

ワクチン接種後の死亡746例、徹底分析した結果に愕然

2021年8月5日 06:00 週刊女性PRIME

※写真はイメージです

 感染者数の爆増で新たな局面を迎えている新型コロナ感染症。国内のワクチン接種回数はファイザー製5843万9259回、モデルナ製181万8033回(7月11日時点)で、7月26日からは「ワクチンパスポート」の申請発行もスタートした。

ファイザー製​よりモデルナ製の 死亡報告が少ないのはなぜ?


 一方、厚労省の専門部会による7月21日の発表では、国内でのワクチン接種後の死亡報告がファイザー製746件(100万回あたり11・3件)、モデルナ製5件(100万回あたり2・2件)、計751件と死亡事例も増加している。比較するとファイザー製のほうが危険に思える。

「モデルナ製の死亡報告が少ないのは、接種開始が遅く規模が小さいからで、両者のワクチンに違いはほぼないといえます」

 そう教えてくれたのは、医療ジャーナリストの村上和巳さん。実際、ワクチン接種が進んでいる米国のデータでは両者のワクチン接種後の死亡率を比較すると、ほぼ同率だ。モデルナ製の事例を除いた746件の報告内容をもとに、各項目を週刊女性が独自に統計したのが左ページのデータである。

 まず、死亡者の男女別の件数は男性が379件、女性が364件とほぼ同数。死亡率は高いように思えるが。

「今回のmRNAワクチンというのは、まったく新しい仕組みのワクチン。実際には因果関係がなさそうな死亡事例でも、念のため報告しておこうという医師の慎重な姿勢が数字に反映されているのでしょう。調査の過程で起こる数値の偏り、いわゆる“報告バイアス”も考慮するべきです」(村上さん、以下同)

既往歴で男女ともに 圧倒的に多いのが「高血圧」


 年齢別の死亡者数では、そのほとんどが70代以上の高齢者。高齢者の間でワクチン接種が進んでいることとの因果関係が気になる。

「80代が最も多く、次いで90代、70代というデータは、日本の年齢別死亡件数全体を見たときの形とほぼ重なります。死亡のタイミングがワクチンの接種と偶然重なったと考えるのが妥当です」

 接種から死亡までの日数を見ると、そのほとんどが接種から1週間以内に集中。これもワクチン接種の影響があると考えられるのでは?

「前述の“報告バイアス”を考慮すると、接種直後の死亡事例はとにかくあれもこれも報告しておくべきと現場で判断されているのでしょう」

 死因の内訳では「不明」が極端に多いことも、不安を感じる理由かもしれない。

「基礎疾患を抱えがちな高齢者の死因は複合的で断定するのが難しい。例えば、くも膜下出血や腎不全など多くの症状を併発して死亡した場合、どれが直接の死因か特定ができず、不明に分類されることも想定されます」

 死亡者の基礎疾患および既往歴では、男女ともに圧倒的に多いのが「高血圧」だった。常用薬のデータでも「血液をサラサラにする薬」である抗血栓薬や、高血圧治療薬を飲んでいた人が格段に多い。高血圧患者のワクチン接種は危険といえるのではないか。

「今回の死亡事例はいずれもなんらかの基礎疾患があるケースが多いため、抗血栓薬などを服用していた事例も多いです。ただし、厚労省の専門部会によると、これらの薬が直接ワクチンと作用して死亡の要因となったわけではないとされています」

 とはいえ、5月27日に血小板減少症およびくも膜下出血で死亡した女性の事例に対しては「ワクチンが誘因になった可能性は否定できない」という専門部会のコメントも出ている。ワクチンに不安がある人ほど、さまざまな情報を集め、ワクチン接種の安全性について注視していくべきだ。

新型コロナワクチン接種後に 死亡した事例を分析!


 専門家による新型コロナワクチンの副反応検討合同部会の7月21日発表のデータをもとに作成。「基礎疾患」や「常用薬」のデータについては週刊女性編集部が同報告内容に明記されているものを抽出してカウントした。

■性別死亡者数

 死亡者数はほぼ同数で有意差は見られない。なお、報告上では性別が不明の事例が3件含まれている。

■死亡者のワクチン接種回数

 2回目の接種率が低いという要因のほか、2回目接種後の死亡は情報が追いにくい側面も。


■年代、性別死亡者数、性別

→60代以上が9割以上

 高齢者の死亡報告が圧倒的に多い。一方、まだ接種が進んでいない若年層にもすでに死亡者はおり、この先、若年層の報告事例の増加も懸念される。


■接種から死亡するまでの日数、性別

→翌日に死亡するケースが多い

 接種から7日以内の死亡が72%を占める。接種直後に接種会場内で倒れて死亡したケースもある一方、接種から59日後の死亡事例も報告されている。


■基礎疾患、性別

→高血圧、糖尿病が圧倒的多数

 基礎疾患および既往歴を抽出すると、全体の27%に高血圧の症状があった。なお、複数の基礎疾患がある事例も多いため、死亡事例の総数とは異なる。


■常用薬、性別

→抗血栓薬を約15%が常用!

 抗血栓薬は、いわゆる「血液をサラサラにする薬」。予診票での申告漏れもありうるため、実際にこれらの薬を併用している事例はもっと多いだろう。


■死因、性別

→「死因不明」の多さに愕然

 死因が特定できない事例が格段に多い。「虚血性心疾患」は心筋梗塞や心筋虚血など、「出血性脳卒中」は脳出血やくも膜下出血などが含まれる。


※基礎疾患、常用薬、死因は件数の多い上位のみ記載。

(取材・文/吉信 武)

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_b69af34c9523 oa-shujoprime_0_b8686427cbdd_マリエ、“暴露本”出版計画を直撃! b8686427cbdd b8686427cbdd マリエ、“暴露本”出版計画を直撃! oa-shujoprime

マリエ、“暴露本”出版計画を直撃!

2021年8月4日 21:00 週刊女性PRIME

2021年7月中旬、直撃を受けるマリエ

 今年4月、マリエがインスタグラムの動画で暴露した内容は世間に衝撃を与えた。

「15年前の18歳のときに、島田紳助さんから“枕営業”を強要されたと訴えたんです」(スポーツ紙記者)

 マリエの“告発”に同情する声も多かったが、“ある事実”が発覚したのを機に風向きが変わる。

3月にネット上に掲載された対談企画で、4月末か5月初めに本を出す予定があると話していたんです。本の内容は、《(自分が)どういう芸能生活を送ってきたか》《かなり衝撃的な内容がたくさん入っている》など、暴露本をにおわせていたので、“告発は本の宣伝だったのではないか”という声が上がりました」(同・スポーツ紙記者)

 だが、あれから3か月たったが、いまだに本は発売されていない。なぜ、世に出なかったのだろうか。

一部メディアで「発売は中止」報道も


出版前に、マリエさんのお母さんが地域政党『減税とうきょう』の副代表に就任し、東京都議選に出馬を表明したことが大きかったようです。身内が選挙に出るのに、彼女がそうした本を出したら、影響は大きいので、スケジュールが変更になったのかもしれません」(芸能プロ関係者)

 しかし、6月にマリエの母は『フライデー』のインタビューで出馬を取りやめたことを告白。母親が出馬をやめたことで、再び“出版プラン”が動き始めたようで─。

マリエさんは世間の反応に手応えを感じているようで、“これは自分の使命だから、中途半端な形で終わらせたくない”と漏らしています。一部のメディアでは、発売は中止になったと報じられていますが、彼女の気持ちは変わらないと思いますよ」(同・芸能プロ関係者)

 “告発本”の出版について話を聞くため、7月中旬の夕方、都内にある自宅マンションから出てきたマリエを直撃。

本はずっと作っている


 声をかけると一瞬驚いた様子を見せたが、すぐに硬い表情になり、前を向いて歩き始めた。

─お母さまが都議選に出馬したことで、スケジュールが変更になった?

………書籍を出す話はなくなっていません。ずっと作っていますよ

 いまも本を出す気持ちがあると話す。


─いつごろ発売するのですか?

本の話は事務所に確認していただけますか? ただ、(出版の話は)一度もなくなったことはありませんよ

 明言は避けたが、出版することに変わりはないと強調。

─以前、本の中身について“刺激的な内容”と話されていましたが、紳助さんのことも書いているのですか?

…………。これ以上取材するのであれば、ぜひ私がやっているお店にも来ていただいて、お店の紹介もしてもらえませんか?

 “枕営業”について尋ねると、意味深な笑みを浮かべ、愛車に乗って走り去った。

 “告発本”には、何が書かれているのだろうか……。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_b69af34c9523 oa-shujoprime_0_4a1b2c1a54b1_中森明菜『十戒』の作詞家・売野雅勇が語るユーミンとの“ブッキング騒動” 4a1b2c1a54b1 4a1b2c1a54b1 中森明菜『十戒』の作詞家・売野雅勇が語るユーミンとの“ブッキング騒動” oa-shujoprime

中森明菜『十戒』の作詞家・売野雅勇が語るユーミンとの“ブッキング騒動”

2021年8月4日 19:00 週刊女性PRIME

1984年に行われた第3回『メガロポリス歌謡祭』で見事ポップス・グランプリを受賞した中森明菜

『十戒(1984)』のメロディーには俺が作る前に、ユーミンが書いた歌詞が付いていたんだよ。すごくいい歌詞だったみたいだけど、方向性が違ったからボツにしたんだって。俺も(その歌詞を)見たかったんだけど、ディレクターがちゃんと読ませてくれなくて。どうしても、ってお願いしたら最初の1、2行だけ教えてくれた。『ガードレール に腰掛けて、ポニーテールをほどいた』みたいな歌詞だったかな。“中森明菜”を意識してカッコいいでしょ?」(売野雅勇・以下同)

 そう語るのは、作詞家の売野雅勇『少女A』『1/2の神話』『禁区』など、中森明菜の初期のヒット曲を手がけた彼が、『禁区』以来3作ぶりとなる『十戒(1984)』を作詞したときのエピソードだ。当時、彼女のディレクターを務めた島田雄三からは、「次のシングルは強い女性路線で」と売野が発注を受けていたところ、作曲を担当した高中正義が、自身の判断で松任谷由実と話を進めていたらしい。つまり、発注の段階で何らかの誤解が生じ、作詞の依頼が重複していたそうだ。

“明菜ビブラード”が響く攻めの1曲


 売野が書いた『十戒(1984)』は、軽いノリの男子に対し《愚図ね》《過保護すぎたようね》《発破かけたげる》《限界なんだわ 坊や》と歌い、ラストに《イライラするわ》でトドメを刺すという、現代ならパワハラだとも言われそうなほど攻撃的なフレーズが続く。ちなみに、タイトルを“じっかい”ではなく“じゅっかい”と読ませたのは、単に売野がそう読むのだと思っていただけで、特に思い入れはなかったとのこと。

「これは、高中さんの曲に俺が後で歌詞をつけたんだ。ギターのインスト曲みたいなカッコいい作品がすでにできあがっていたから、言葉は当てにくかったかな。でも、『十戒(1984)』は強い言葉で相手を切り続けるようなサディスティックな内容だから、割とすぐに完成したよ。こういう路線はメチャクチャ得意なんだよね(笑)。実際、わずか2、3時間で書きあげちゃった。

 当時ちょうど、河合奈保子さんのレコーディングでロサンゼルスに連れていってもらったのだけれど、時間が余っていたからメキシコに遊びに行って、その滞在中に余裕で仕上げちゃったくらい。この歌詞に出てくるような言葉のアイデアは、コピーライター時代に鍛えられたのかもしれないね。もちろん、明菜ちゃんが歌う前提で書いたんだよ!

 当の明菜も、いつも以上に緩急をきかせ「イライラするわ~~~!!」と強めのビブラートで熱唱。さらに、レースを基調としたスカートやノースリーブのシャツ、手袋にショートブーツなど全身黒づくめの衣装をまとい、あえて笑顔を封印してパフォーマンスするなど、当時19歳にして、その確かなセルフプロデュース力を最大限に発揮した。しかも、クールな雰囲気で歌い終わったあとに満面の笑みを見せる姿も、今ならば“ツンデレ”と言われそうなほど魅力的に映ったことだろう。


 その結果、発売1週目と4週目にオリコン1位を獲得し、レコード売り上げは累計61万枚以上で年間6位を記録。有線やラジオ、はがきリクエスト状況を総合して順位を決める『ザ・ベストテン』(TBS系)では5週連続で1位となり、年間8位にもランクインするなど、いずれも売野が手がけたシングルの中で最高レベルを誇る人気曲に。しかし、売野が明菜に手がけた曲はこれが最後となった。

「明菜ちゃんがセルフプロデュースに目覚めてきたことで、コンセプト重視で進めてきたディレクターさんが、彼女のことをコントロールしづらくなってきたみたい。もちろん、その要因は、俺の歌詞にもあるんだろうね。でも『十戒(1984)』や、その前の『禁区』の歌詞も、本人は好きだと聞いていたよ。カッコいい曲ばかりだから、もちろん俺も大好きだね。自分の作詞曲を集めた35周年記念のCD BOX(『Masterpieces~PURE GOLD POPS~』)にもたくさん入れるつもりだったんだけど、レコード会社のスタッフ間で行き違いがあったようで、入らなかったのが残念で」

中森明菜に今だから書きたい曲は


 その後、明菜はそれまで自身のヒット作を支えた作家の起用を極力避け、異国情緒のある楽曲や、都会で暮らす大人の女性を象徴した楽曲などに挑戦する中で、衣装や振りつけも含めたプロデュース能力を発揮。女性アイドルというより、1人のアーティストとしての才能を開花していった。

 そこでの明確なコンセプト作りには、初期に売野作品を歌ったことも多分に影響しているだろうし、売野のほうも明菜作品を手がけたことで、荻野目洋子の『六本木純情派』『さよならの果実たち』など、女の子の孤独と純情が裏表一体となった作品でも成功を収めたのだろう。

 明菜のことを、売野はどう見ていたのだろうか。

「彼女のような女の子は、ギリギリのところで生きていると思う。自分の許容量と振れ幅のバランスが取れていない部分があるから、かまってあげたくなるんだ。今50代となった明菜ちゃんに、また何か書いてみたいね。彼女はきっと、戦争みたいな日々もくぐり抜けてきたわけでしょ。さまざまなことを経験してきた彼女だからこそ、“人生には生きる価値があるんだ”というような歌詞を。

 明菜ちゃんは、俺が主人公(=明菜)を想像して書いた物語を遥かに超えていくからね。歌の中で1人の女性がリアルに動いているのが、声色や言い回しのひとつひとつから感じとれる。あれは、計算というよりも本能で表現しているんじゃないかな。天才的だよね

(取材・文/人と音楽をつなげたい音楽マーケッター・臼井孝)


【PROFILE】

うりの・まさお ◎上智大学文学部英文科卒業。 コピーライター、ファッション誌編集長を経て、1981年、ラッツ&スター『星屑のダンスホール』などを書き作詞家として活動を始める。 1982年、中森明菜『少女A』のヒットにより作詞活動に専念。以降はチェッカーズや河合奈保子、近藤真彦、シブがき隊、荻野目洋子、菊池桃子に数多くの作品を提供し、80年代アイドルブームの一翼を担う。'90年代は中西圭三、矢沢永吉、坂本龍一、中谷美紀らともヒット曲を輩出。近年は、さかいゆう、山内惠介、藤あや子など幅広い歌手の作詞も手がけている。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_b69af34c9523 oa-shujoprime_0_808539214ed0_丸岡いずみ、有村昆と離婚に不倫未遂だけじゃない理由 808539214ed0 808539214ed0 丸岡いずみ、有村昆と離婚に不倫未遂だけじゃない理由 oa-shujoprime

丸岡いずみ、有村昆と離婚に不倫未遂だけじゃない理由

2021年8月4日 16:00 週刊女性PRIME

有村昆、丸岡いずみ

《お互いの生き方を見つめ直すために別々の道を歩むこととなりました》

 7月29日、映画コメンテーターの有村昆と連名で離婚を発表したフリーアナウンサーの丸岡いずみ。結婚10年目を直前にした終止符だったが、そのきっかけをつくったのは有村だった。

「5月に『フライデー』で女性とホテルで密会していたことが報じられ、本人もそれを認めるコメントを発表。レギュラー番組をすべて降板し、芸能活動を自粛していました。丸岡さんからは“襟を正すように”と言われたそうですが、けじめとして有村さんから離婚を申し入れたようです」(スポーツ紙記者)

 ふたりの間には、3歳の息子がいる。連名の離婚コメントでは“協力して子育てにあたっていく”としているものの、親権は有村が持つという。

 妻子を裏切った彼が、なぜ親権を持つのか。

離婚の決め手となったのは、有村さんの女性問題で間違いありません。ただ、実は丸岡さんは長引く“産後うつ”と育児に悩んでいたそうなんです。そんな彼女を見かねて、有村さんが息子さんを引き取ったようです」(丸岡の知人)

 ふたりが子どもを授かったのは、結婚6年目の2018年1月。不妊治療を経て、ロシアに住む代理母による出産で授かった待望の第1子だった。

赤ちゃんを現場に連れていた有村


 丸岡は同年2月、『婦人公論』のインタビューでこう語っていた。

《子どもが成長する過程でどんな状況が待っていようと、そのときそのときで、しっかりと向き合っていこうと思います。私たち家族3人で》

 覚悟を決めた丸岡だったが、周囲は異変を感じていた。

有村さんは、まだ赤ちゃんだった息子さんをたびたび仕事現場に連れて来ていて。冗談っぽく“ミルク代を稼がなきゃ”なんて明るく振る舞っていましたが“丸岡さんは赤ちゃんの面倒を見られない状態なのか”と、そのころから周りは心配していましたね……」(テレビ局関係者)

 初めての子育てに悩まない母親はいないとも思うが……。

「丸岡さんは、独身時代の2011年に“うつ病”の診断を受けていました。それを支えたのが当時交際していた有村さんで、結婚して“うつ”を克服したと思っていたのですが……。彼女には人知れず“自分で子どもを産んでいないことで批判を受けるんじゃないか”というストレスもあったそうで。キャスター時代からまじめで完璧主義者で、周囲に悩みを打ち明けることもできず、どんどんため込んでしまっていたようです」(前出・知人)

 そんなふたりを支えていたのが、有村の両親だった。

丸岡さんの負担をなるべく減らすため、有村さんの両親も育児に協力していました。離婚する2週間前に両親は住んでいた都内の一軒家を売っており、今後は有村さんと同居して育児をサポートするようです」(有村の知人)

 悩める丸岡が巻き込まれた夫の“不倫未遂”という悲劇。離婚というひとつの終幕を迎えた今後は、ハッピーなシナリオをたどり直してほしい。

外部リンク