cat_oa-shujoprime_issue_889f3e57e700 oa-shujoprime_0_889f3e57e700_鈴鹿央士、失恋を告白「“ほかに好きな人がいる”ってフラレました」 889f3e57e700 889f3e57e700 鈴鹿央士、失恋を告白「“ほかに好きな人がいる”ってフラレました」 oa-shujoprime

鈴鹿央士、失恋を告白「“ほかに好きな人がいる”ってフラレました」

2020年8月7日 20:00 週刊女性PRIME

鈴鹿央士 撮影/山田智絵

 綾野剛と星野源がバディを組み、難事件を解決していく“機捜(機動捜査隊)”ドラマ『MIU404』。豪華ゲストが出演することでも話題になっているこのドラマの3話のラストに菅田将暉が登場すると、ネット上でも大きな話題となった。赤い服を着た謎の男が菅田だとわかった衝撃のシーンで、菅田の隣に立つ高校生の成川を演じているのが注目の新人・鈴鹿央士。

僕も菅田さんの登場には驚きました。もともといただいていた台本には、名前が書いていなくて。上京していちばんって言っていいくらい驚いたことかもしれません

先輩・広瀬すずが 俳優になるきっかけ


 東京で生活を初めて3年目。俳優の道を歩むきっかけを作ってくれたのは、事務所の先輩の広瀬すず。彼女の主演映画にエキストラで参加した鈴鹿を見て、

「なんて顔の小さい子がいるんだろう。かわいらしい雰囲気もあって、目立っていた」

 と事務所スタッフに話したことで、スカウトされた。当時、地元・岡山の高校に通う2年生だった彼は、大学進学を機に上京し芸能界へ。本格的な演技に初挑戦した映画『蜜蜂と遠雷』( '19年)で、まるで彼そのものを見ているような不思議な空気感をまとった天才少年ピアニストを演じ、日本アカデミー賞など5つの映画賞で新人賞を受賞した。

 『MIU404』で演じる高校生・成川は、先輩がクスリを売っていたことが発覚し廃部になってしまった陸上部の有望選手。大会に出場できなくなった悔しい思いを紛らすように部員たちと警察にいたずら通報しているうち、誘拐事件に巻き込まれてしまう。誘拐された同級生を助けるため、成川をのぞいた部員は逮捕される。誘拐を知らず、逃げ切った成川は……。

最近、現場では成川じゃなくて、“悪川”って呼ばれています(笑)。菅田さんが演じる謎の男の影響を受けてしまう部分もあるんですが、彼の中心にある純粋な高校生の心は変わっていないんです」

 

 どこまで話していいのかと戸惑いながら語る。菅田とは、今作が初共演。

「少しだけ、撮影の合間に話をさせていただきました。自粛期間に何をしていたかとか、お酒を飲むかとか。僕、そんなにお酒が飲めるほうではなくて。これまでお会いした先輩は、お酒に強い方が多かったんです。自分もそうならないといけないのかなと思っていたのですが、“無理することないよ”と言っていただいたりして

高校時代の憧れが 電車通学のワケ


 演じる成川が陸上に没頭したように、鈴鹿も高校時代はバドミントン部に所属し、休日も練習に励んでいた。憧れていたのは、電車通学。

中学、高校とも自転車通学だったんです。なので、定期券を持って“電車に乗るために急がなくちゃ”って走っている同級生を、青春しているなと思いながら眺めていました(笑)。あと、電車通学の人たちが、5~6人の集団で楽しそうに話しながら歩いているのも羨ましかった。自転車だとできないので」

 

 高校3年間のいちばん悲しかった出来事を聞くと意外にも、

失恋しました! 人生で初めて告白したんです。テスト期間中だったんですけど、僕的には、このタイミングだと思って。相手が自分に好意を持っている確信はなくて、微妙な感じではあったんですけど、“ほかに好きな人がいる”ってフラレたのは、すごくショックで。

 翌日もテストがあったので勉強しなくちゃいけなかったんですけど、ぜんぜん頭に入ってこなくて。結果は、さんざん。ただ、翌々日もテストがあったので、“これはまずい! 勉強しなくちゃ”と思ったことで、失恋から立ち直ることができました(笑)」

 地元・岡山にいたときは、想像もしていなかったという“見る側”ではない“出る側”になった。新人ながら、熱い注目を集めていることを聞くと、

映画賞で新人賞をいただいたプレッシャーは特に感じていません。僕個人ではなく、『蜜蜂と遠雷』という作品の鈴鹿がいただいた賞だというとらえ方をしています。まだまだ、演じるということが、よくわかりません。

 それに、何を目指しているのかも、わからないというか、目に見えるものではないと思うので、目指すということではないのかもしれないと思い始めて。ただ、これからも、いい作品、いい人と出会っていきたいです。出会ったときに何もできなかったら楽しいと思えないので、何かできるようになっていたいんですけど、難しいですね」

もっと好きになる Q&A

Q:性格を自己分析すると?

Aマイペース

Q:ペットを飼うなら?

A猫か犬を飼いたい。どっちかなら、猫にします。どっかにいて、ときどき近寄ってくるみたいな、素知らぬ感じがいい。今は、ですけど。

Q:趣味は?

A:カメラ、ゲーム、音楽鑑賞。最近、よく聴くのは、andymori(アンディモリ)というバンドや、ハナレグミ、細野晴臣さんや大瀧詠一さんがメンバーのはっぴいえんど。洋楽だと、エド・シーランやThe1975。最近買ったフィルムカメラで撮るのは、風景が多いですね。自分で撮影したものを見返したときに、人物より風景のほうがいいなって思うので。

Q:スマホの待ち受け画面は?

A小津安二郎監督の映画『晩春』の1シーンです。小津監督の作品が好きなんです。待ち受けにしているのは父親の後ろ姿の画像。服装が好きなんですよ。太めのパンツにカーディガンを羽織って、下駄をはいていて。すごくおしゃれだなって。

Q:今後の目標は?

A:どんなことでもいいですか? 野菜が食べられるようになりたいです。ちょっとずつ克服しているんですが、野菜全般が苦手で。特にキュウリのシャキシャキした食感が……。僕はベジタリアンの方とご飯に行くのも難しいし、お付き合いもできないと思います。

○すずか おうじ○

2000年1月11日生まれ。178センチ、O型。'18年、大学入学と同時に芸能活動をスタート。同年の『第33回 MEN'S NON-NO 専属モデルオーディション』でグランプリ&ラボ賞をW受賞。昨年は、NHK連続テレビ小説『なつぞら』や『おっさんずラブ -in the sky-』、映画『決算!忠臣蔵』に出演。今後も、主演ドラマや映画などが控えている。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_889f3e57e700 oa-shujoprime_0_s58n6y0j8llh_兄弟が「同級生を殺害」加害者家族のその後 s58n6y0j8llh s58n6y0j8llh 兄弟が「同級生を殺害」加害者家族のその後 oa-shujoprime

兄弟が「同級生を殺害」加害者家族のその後

2021年12月7日 07:00 週刊女性PRIME

※写真はイメージです

 先日、愛知県弥富市の中学校で、3年生の男子生徒が同級生に刃物で刺し殺される事件が発生した。もし自分の子どもが、兄弟が、同じような事件を起こしたら、その「加害者家族」にはどんな運命が待ち受けているのかーー。凶悪事件も含め、200件以上の殺人事件の家族を支援してきたNPO法人『World Open Heart』理事長・阿部恭子さんによる解説。

真相究明には時間を要する


 愛知県弥富市で、中学生が同級生を刃物で刺し、被害者が亡くなるという痛ましい事件が起きてしまった。事件に関し、連日さまざまな報道が行われているが、現時点での情報は断片的で、必ずしも正しいとは限らず、事件の背景が明らかになるには時間を要する。結論を急ぐことなく、捜査の進捗を冷静に見守っていく姿勢が求められる。

 事件は、想像以上に多くの人を巻き込み、子どもたちの心に深い傷を与えている。ここでは、兄が同級生を殺害してしまい、“加害者家族”となった妹の体験をもとに、事件が与える子どもたちへの影響について考えてみたい。

 当時、中学生だった宏美(仮名・現在40代)は、その日、部活動に励んでいた。突然、担任から呼び出しを受け職員室に行くと、隣のクラスの由紀もいた。宏美の兄と由紀の兄は友達で、同じ高校に通っていた。

「大変なことになったの。ふたりともすぐ着替えて。宏美さん、すぐ〇〇病院に行きなさい、由紀さんは先生が送っていくから」

 担任はいつになく余裕のない表情で、宏美を病院に行くように急かした。

 宏美は慌てて病院へと向かい、受付で案内された方に向かうと、怒鳴り声と同時にすすり泣くような声が聞こえてきた。土下座する両親の向こうには、泣き叫ぶ由紀とその両親の姿があった。

 宏美の兄は、由紀の兄に暴力を振るい、死亡させてしまったのだ。

家にも学校にも居場所はなかった


 当時、宏美の両親は自営業を営んでいたが、事件の影響で次々に契約はキャンセルされていった。これまで両親が喧嘩をしたところなど見たことがなかったが、事件が起きてからは日々大声で怒鳴り合うようになり、家の中は殺伐としていた。

「両親は兄のことしか考える余裕はなく、私はいてもいなくてもいいんじゃないかと思うようになりました」

 学校では、嫌がらせをされるようなことはなかったが、誰ひとり、宏美に優しい言葉をかけてくれる人はいなかった。

「もう仲よくできない」

 そう言って去っていく友達もいた。

 宏美が無視される一方で、遺族となってしまった由紀の周りにはたくさんの生徒が集まり、教員たちも気にかけている様子が目に入るとつらい気持ちになった。

「私が罪を犯したわけでもないのに、どうしてこんな目に遭わなければならないのか、周りの人が全員、信用できなくなりました」

 学校でひとりぼっちになってしまった宏美は勉強をするしかなかった。元々成績はよかったが、皮肉にも事件後、周囲に差をつけてトップになった。

高校進学さえ許されなかった


 両親は、損害賠償の支払いで経済的余裕がないことは十分承知していたが、高校には行かせてもらえるはずだと思っていた。ところが、世間体が悪いということで進学に反対したのだ。

「この地域で、あれから由紀さんのお母さんの体調がよくないことはみんな知っているでしょ。そんな状況で、加害者側の人間がのうのうと勉強しているわけにはいかないじゃない」

 宏美は不条理に感じた。それでも、自分ひとりの力ではどうにもならなかった。結局、宏美はアルバイトをしながら専門学校に通い美容師になった。

「私と同じ年位の学生さんの接客をするときがつらかったです。事件さえなければ、今ごろ私も……と、何度も誰もいない場所で泣いていました」

 宏美は、家族と縁を切るつもりで家を出てひとりで生活するようになった。その後、職場で知り合った男性と結婚したが、夫の家族には両親は亡くなったと話しており、兄の存在も隠してきた。

 理解ある夫と幸せな家庭を築いてきたが、それでも加害者家族としての後ろめたさが消えることはないという。

「家族は? きょうだいは? という、当たり前の質問を受ける度に、傷ついて生きてきました。嘘をつかなければならないことにも罪悪感があります」

 その兄は少年院を出院後、普通に仕事をし、家庭を持ったと母から聞いていた。兄は友人が多かったことから、社会復帰にあたっては両親だけでなく多くの人が支援してくれたという。ところが、宏美を支援してくれる人は誰もいなかったのだ。

 加害者家族の子どもは第二の被害者と呼んでも過言ではない。

 被害者・加害者及び双方の家族、友人、目撃者など、事件によって傷を負った人々すべての包括的なケアこそが、事件現場に求められている。

阿部恭子(あべ・きょうこ)

 NPO法人World Open Heart理事長。日本で初めて犯罪加害者家族を対象とした支援組織を設立。全国の加害者家族からの相談に対応しながら講演や執筆活動を展開。著書『家族という呪い―加害者と暮らし続けるということ』(幻冬舎新書、2019)、『息子が人を殺しました―加害者家族の真実』(幻冬舎新書、2017)、『家族間殺人』(幻冬舎新書、2021)など。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_889f3e57e700 oa-shujoprime_0_5s9whc7tipe1_日大生「バイト雇い止めで金欠」前理事長の脱税に恨み節 5s9whc7tipe1 5s9whc7tipe1 日大生「バイト雇い止めで金欠」前理事長の脱税に恨み節 oa-shujoprime

日大生「バイト雇い止めで金欠」前理事長の脱税に恨み節

2021年12月7日 05:00 週刊女性PRIME

多くの日大生は、事件前の田中英寿容疑者の印象は薄く、学生との接点も思い出せないという

「コロナ禍で学費や生活費に困窮する学生がどれだけいると思っているのか。学費を稼げず奨学金を申請せざるをえなくなった友人もいる。彼らのことを考えると事件は腹立たしいし、辞任は当然」

 と日本大学法学部3年の男子学生(21)は言い切る。

 地位を利用して業者から引っ張ったリベートなど約1億2000万円の収入を隠し、約5300万円を脱税したとする所得税法違反の疑いで逮捕された同大学の理事長・田中英寿容疑者(75)。12月1日の臨時理事会で辞任が承認され、13年の長きにわたる独裁体制が終わった。

「理事長を降りたといっても、田中容疑者は容疑を認めたわけではない。そんなカネは受け取っていないし、従って脱税もしていないと主張している。不当逮捕ながら、身柄拘束によって理事長の職責を果たせないためとする辞意表明だった。理事職は続けるつもりだったようだが、3日に解任され、すべての役職を失った」(全国紙社会部記者)

約1億2000万円の裏金


 手錠をかけた東京地検特捜部は約1億2000万円の出どころについて、日本大学板橋病院をめぐる巨額背任事件で起訴された理事長側近の元理事・井ノ口忠男被告(64)らを介した関係業者からのキックバックや、医療法人『錦秀会』前理事長・籔本雅巳被告(61)から受け取ったリベートなどとみている。

「9月に明らかになった約4億2000万円背任事件の関係先の家宅捜索で、田中容疑者宅から1億数千万円に上る大金が見つかった。特捜部は背任罪の共犯での立件は見送ったものの、井ノ口、籔本の両被告が『誕生日祝い』や『理事長再任祝い』などの名目で田中容疑者に現金を渡したとする供述を得ており、巨額脱税で刑事責任を問えると確信している」(同・記者)

 冒頭の男子学生は地方から上京し、スーパーマーケットのレジ打ちのアルバイトを3年続け大学に通っている。時給は1100円。

「僕は働けるだけマシ。飲食店バイトの友人は緊急事態宣言で雇い止めになってしまい、金欠生活を送っている。働かずに大金を得ようなんて間違っている」(男子学生)

 バイトで疲れた足を引きずってひとり暮らしの部屋に帰り、スーパーでもらった売れ残りのお惣菜で晩ごはんを食べるのが楽しみだという。


 法学部4年の女子学生(22)は、事件発覚前に就職が決まり悪影響を回避できた。

「アメフト部の悪質タックル事件(2018年)に続き、背任事件、脱税……。世間からは“また日大がやらかしたな”と言われてしまう。コロナ禍によってキャンパスを使わなかった側面もあるので、それも考慮して払い込んだ学費の一部を返還してもらいたい」(女子学生)

 カフェのバイトは時給1100円。授業がない日は12時間働き、翌日は出かける気力も残らない。

 納めた学費が回り回ってその懐に入った疑いが持たれている田中容疑者に対し、多くの学生が嫌悪感を示す。

 理工学部1年の男子学生(19)はこう話す。

「学費を返して」 保護者がブチギレ


「高い学費を払っているのに、そういうことに使っていたのかと親は憤慨していますね。“学費を返してもらえ”って。僕に言われても困りますが、そう言いたくなる親の気持ちは理解できる」

 日大が公表しているデータによると、理工学部(数学科以外)の初年度学費は、入学金、授業料、実験実習料、施設設備資金、後援会費、校友会準会員年会費を合わせ177万円。卒業までの4年間で計630万円になる。ちなみに法学部は4年間計438万円で、学問を究めるために捻出した金が容疑者の懐に還流していたとすれば怒りが込み上げて当然だろう。

「納税は国民の義務ですよ。みんな苦労して納めているのに、脱税の疑いをかけられるなんて恥ずかしい」

 と先の男子学生。バイトを掛け持ちし、塾講師は1コマ1750円(80分)、スーパーのレジ打ちは時給1100円。1日立ちっぱなしで「ひざにきて動けなくなる」という。

 友人の理工学部1年男子学生(18)は居酒屋のホールスタッフのバイトをしており、時給1100円。

「トイレ掃除では嘔吐物の後始末もしなきゃいけない。僕はすごいのには遭遇してなくて、飛び散った嘔吐物の拭き掃除ぐらいだけど、働くとはそういうこと」(友人の学生)

 薬学部5年の女子学生(23)はバイトをする余裕などないという。

「留年すれば余計にお金がかかる。勉強に専念しなさい、と親から言われているので国家試験突破に向けて猛勉強中です。正直、理事長逮捕に関心を持つ時間ももったいない」(女子学生)

教職員は不祥事に平謝り…


 一方、教職員からはこんな声も。

「学生には申し訳ない気持ちでいっぱいですよ。事件は学生とは関係ないわけだし、学生に悪い影響が出ないようにしたい。大学はいい教育を受けるための場所ですから。われわれ教員もみな心を痛めているんです」

 教職員有志は大学トップの逮捕を受け、理事長辞任と大学執行部の刷新を求めてネット署名活動を展開。加藤直人学長が理事長を兼任し、それ以外の理事全員が辞任することが決まったという。

 全国最多の学生数7万3635人(5月1日時点)と卒業生121万5371人(3月時点)を誇るマンモス大学だけに、事件の受け止め方もさまざま。達観したかのような学生も見受けられた。

 法学部2年の男子学生(20)は、妙に感心する。

「大学の設備は充実しているので、裏金が戻ってくるならば競技部の活動費に充ててほしい。それにしても、巨額の金を吸い上げるシステムを作り上げた田中前理事長の能力はたいしたもの」

 経済学部3年の男子学生(21)はあっけらかんと言う。

「悪質タックル事件の影響で受験倍率が下がり、むしろラクに大学に入れたと思っている。学生生活のうえで事件はチョーどうでもいい話。校長が交通事故を起こしたのと何ら変わりませんよ」

 学生の怒りや呆れる声は田中容疑者に届くか。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_889f3e57e700 oa-shujoprime_0_umgx36yf0p90_松本潤に続き岡田准一も、危惧される「ジャニーズ大河」 umgx36yf0p90 umgx36yf0p90 松本潤に続き岡田准一も、危惧される「ジャニーズ大河」 oa-shujoprime

松本潤に続き岡田准一も、危惧される「ジャニーズ大河」

2021年12月6日 21:00 週刊女性PRIME

NHK大河ドラマ『どうする家康』で、家康を演じる主演の松本潤と、織田信長役の岡田准一

 2023年放送予定の松本潤主演NHK大河ドラマ『どうする家康』の追加キャストが発表された。

 なかでも注目を集めたのが、織田信長を演じる岡田准一だ。

 11月1日にV6が解散したばかりであるが、後輩が主演する大河になんとも心強いキャスティングである。

ジャニーズ大河&ジャニーズドラマ


「人気のピークを過ぎた先輩ではなく、岡田准一は言うまでもなく主演作も数多く、俳優としてマツジュンよりもだいぶ上の存在。実績と実力があり、さらに大河主演経験もある岡田に協力してもらい、なにがなんでも“マツジュン大河”を成功させたいというジャニーズの本気がうかがえます」

 と、あるテレビ誌の記者は言う。

 過去に大河ドラマの主人公をつとめた経験のあるジャニーズタレントというと、1993年の『琉球の風』の東山紀之、2004年の『新選組!』の香取慎吾、'05年『義経』の滝沢秀明、そして'14年の『軍師官兵衛』の岡田准一。松本潤は5人目となる。

「メインクラス同士のジャニーズ共演は、今回が初めてとなります。それだけに、さっそくほかの後輩の出演に期待するファンもいるみたいですね(笑)」

 『どうする家康』は、現段階で発表されているだけでも、阿部寛、有村架純、ムロツヨシ、野村萬斎など豪華な顔ぶれが名を連ね、決してジャニーズ人気で引っ張ろうという作品ではないはずだ。

「といっても、家康と信長という重要な役をつとめるだけに、“ジャニーズ大河”という見られ方はどうしてもされてしまいます。それだけで嫌悪感を抱く人が一定層いますので、プラスとマイナス、どちらの側面も持つ、ある意味賭けのようなキャスティングですね」(前出・テレビ誌記者)

 これまでも、数多くの“主演・ジャニーズ、主な出演者・ジャニーズ”という、作品が多く世に出されてきている。特に、日本テレビの月曜深夜枠のシンドラをはじめ、テレビ東京やテレビ朝日の深夜帯に多い。

「とはいえ、ジャニーズタレントの実績や経験値になるので、貴重な枠ではあります。ファンはうれしいでしょうが、そうじゃない人にとってはスルーされてしまうことも。ジャニーズファン以外の層に、顔と名前を売ることは容易ではありません」(同前)

『必殺シリーズ』はジャニーズだらけ


 では“ジャニーズ枠”以外で複数のジャニタレが“同格”で共演するドラマはどうか。ヒット作を振り返ると、亀梨和也と山下智久の『野ブタ。をプロデュース』(日テレ系)や、岡田准一と櫻井翔の『木更津キャッツアイ』(TBS系)、二宮和也と櫻井翔の『山田太郎ものがたり』(同)などがある。


「ほかにも、山田涼介の『金田一少年の事件簿N(Neo)』に同じHey! Say! JUMPの有岡大貴がレギュラー出演するなどもありました。近年では大野智の主演ドラマ『世界一難しい恋』にジャニーズWESTの小瀧望が出たり、錦戸亮主演の『ごめんね青春!』に重岡大毅が出演したことも。菊池風磨と加藤シゲアキの『時をかける少女』や、伊野尾慧と神宮寺勇太の『准教授・高槻彰良の推察』などもあります」(同前)

 近年はジャニーズの共演は敬遠される傾向もあるのか、大ヒットがなかなか生まれないと、前出の記者は付け加える。

 さらにジャニーズ色が強くなってしまった人気コンテンツがある。それは亡くなった藤田まことさんの後を受け、主人公・中村主水を演じる東山紀之主演の『必殺仕事人』シリーズだ。

「現在、レギュラーとして松岡昌宏、知念侑李が出演していて、来年の新春放送には、キンプリの岸優太と、なにわ男子の西畑大吾の出演が発表されました。また過去には大倉忠義、元KAT-TUNの田中聖もレギュラー出演していました。人気シリーズとして定着していますが、メインどころがジャニーズだらけになってしまった例ですね」

 松潤と岡田の『どうする家康』の放送は再来年。岡田の俳優としての評価が高いだけに“ジャニーズ大河”との見方はないかもしれないが、追加キャストでさらにジャニーズが加わる可能性はゼロではない。「ジャニーズだから見ない」だけは避けたいところか。

〈取材・文/渋谷恭太郎〉

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_889f3e57e700 oa-shujoprime_0_i8u5kwlgng94_片瀬那奈、過去の発言からコメント力を分析! i8u5kwlgng94 i8u5kwlgng94 片瀬那奈、過去の発言からコメント力を分析! oa-shujoprime

片瀬那奈、過去の発言からコメント力を分析!

2021年12月6日 17:00 週刊女性PRIME

直撃取材を受ける片瀬那奈

 ばかうけというスナック菓子をご存じだろうか。これを一躍有名にした(?)のが、女優の片瀬那奈(40)だ。

 一昨年、妹のように可愛がっていたという沢尻エリカ(35)がクスリで逮捕された際、ふたりがクラブで遊ぶ動画が話題に。片瀬は踊りながら『ばかうけ ペヤングソースやきそば風味』を食べていた。

片瀬那奈、窮地でも強気


 そして沢尻は消え、片瀬も窮地に追い込まれている。今年7月、同棲していた恋人がコカイン所持で逮捕。彼女も家宅捜索をされるなどした。尿検査の結果は陰性だったものの、事務所には当初、恋人とはすでに別れ、捜査も受けていないと嘘の報告をしたという。これがよくなかったのか、9月には事務所を離れ、現在はフリーだ。

 ちなみに、片瀬と沢尻は2018年にダブルデートを報じられた。沢尻の恋人もクスリで逮捕されているので、4人中3人が逮捕されたことになる。

 それでも、片瀬は週刊誌の取材に、

「疑惑があるのなら“私がここにいること”それが真実です」

「周りは周りであって、私は疑わしいことは何もありません」

 と、答えたりしている。ドラマやバラエティーで見せてきた、強気なキャラは健在のようだ。

 そんな彼女は言葉のチョイスも強めだ。例えば「おいしい」ではなく「うまい」と言ったりするところが、ファンには支持されてきた。

 ただ、ファン以外からは不快だとする声も出ていた。4年前の旅番組では「うまっ」と言う彼女に、同行していた芸人が「女の子なんだから」「おいしー、のほうが」などと指摘。しかし、彼女はやや憮然とした感じで「うまっ」と言い続け、空気がちょっとギクシャクしていた記憶がある。

 つまり、こういうキャラは諸刃の剣なのだ。しっかりとバランスをとっておかないと、気の強さが暴走してトラブルも招きやすい。沢尻の「別に……」騒動もそうだし、江角マキコや木下優樹菜のように人間関係でもめごとが起きたりもする。そんなこんなで、表舞台を去ることにもなるわけだ。

 では、片瀬のバランス感覚がどうかというと、いささか心もとない。沢尻が逮捕された当時、彼女は『シューイチ』(日本テレビ系)の司会をしていて、コメントを求められたが、かなりグダグダだった。

沢尻逮捕時にはグダグダなコメント


「もう悲しくて、もうショックで」と語り出し「何も知らなかった」「裏切られた気持ち」と続けたあたりまではよかったが、なぜか「私に怒ってほしかったし」と言ってしまい「怒りたかったし」と言い直したりした

 さらに「仕事もすごく順調だったと思うんですよ」と想像したあと「そのなかでも自分での葛藤はすごくあったので」といきなり断定調になったり。ここは「すごくあったようなので」という言い方でないと、片瀬が葛藤していたように聞こえてしまう。

 とまあ、このコメント、沢尻との一心同体的な仲のよさについては伝わってきた。が、視聴者からは「動揺しすぎ」「怪しい」といった声が。たしかに、司会としては事件ともっと距離をとりながら落ち着いて語ったほうがよかったはずだ

 また、いくら仲がよくても、そこを馴れ合いと見せずに毅然として愛のムチをふるう言い方をすることも可能だ。女優ならそれくらいの演技力は持ち合わせていてほしいものである。

 それゆえ、今後の芸能活動についても覚束なく思われるのだ。ばかうけを「うまっ」と食べるような姿にはもうお目にかかれないかも。

PROFILE●宝泉薫(ほうせん・かおる)アイドル、二次元、流行歌、ダイエットなど、さまざまなジャンルをテーマに執筆。近著に『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)『平成の死 追悼は生きる糧』(KKベストセラーズ)

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_889f3e57e700 oa-shujoprime_0_wmxm0bp28zpq_新庄剛志にオファー殺到も「ギャラ0円」でPR行脚 wmxm0bp28zpq wmxm0bp28zpq 新庄剛志にオファー殺到も「ギャラ0円」でPR行脚 oa-shujoprime

新庄剛志にオファー殺到も「ギャラ0円」でPR行脚

2021年12月6日 16:00 週刊女性PRIME

新庄剛志

 電撃就任以来、話題を振りまき続けているプロ野球・北海道日本ハムファイターズの新監督……いや“BIGBOSS”新庄剛志。主力選手による暴行事件に成績不振と明るい話題がなかったチームに早速“神風”を吹かせている。

「去年に比べてファンクラブの新規入会者数が8倍に増えているんです。それだけみんな、期待しているんですよ」(スポーツ紙記者)

 11月30日、そのファンの前に就任後初めて姿を現した新庄。ファイターズの本拠地・札幌ドームで行われたファン感謝イベントに“時価1億円”という真っ白なイタリア製スーパーカーに乗って登場し、選手たちを差し置いてファンの視線を独り占めにした。

「それどころか、北海道中の視線を集めまくりですよ!」

 と、興奮ぎみに話すのは北海道のメディア関係者。

「このイベントのもようが地元テレビ局の特番として生中継されたんです。就任後、初めてファンの前に姿を見せたということもあって、平均視聴率は16%超え! これはこの局が今年制作した全番組の中で最高記録なんですよ。番組後半のお笑いコンビ『EXIT』さんたちとのトークコーナーでは、瞬間最高視聴率19・8%を叩き出したんですから! 球団関係者もホクホクでしょうねぇ。もうこの時点で、新庄さんを監督にした価値がありましたもん」

「ギャラが高い」ことで有名だった



 “持ってる”男を、キー局が放っておくわけがない。新庄のもとには出演オファーが殺到中。直近、公表されているだけでも『しゃべくり007』(日本テレビ系)、『アウト×デラックス』(フジテレビ系)、正月恒例番組『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)……と、人気バラエティー番組に相次いで出演する。だがそうなると、どうしても気になるのが、出演料問題。新庄といえば、とにかく“ギャラが高い”ことで業界内では有名だった。

「2006年に選手を引退した直後も、いろんな番組やイベントから引っ張りダコだったんですが、当時ギャラは“1分でも1時間でも、出演したら500万円”と言われていましたからね。“さすがに払えない”と泣く泣くオファーを引っ込めた番組もあったほど」(番組制作会社関係者)

 ところが!

「今回は“ギャラはいくらでもいい。そのかわりファイターズの宣伝がたくさんできる内容にしてほしい”と。どの番組も、当時よりかなり安いギャラで出演をOKしているみたいですよ。『しゃべくり007』なんて、番組初回放送のゲストが新庄さんだったという縁もあるからか“今回はたったの50万円らしい”なんて噂も出たくらい」(同・番組制作会社関係者)

 新庄の所属事務所に確認すると「さすがにそれはありえない」と苦笑いするが、

「お金で選んでいないのは本当ですよ。実際、地元局のファイターズ特番なんて出演料“0円”。数万円の謝礼……“お車代”も受け取らなかったそうで。局側も“本当によろしいんでしょうか?”と恐縮しきりでした。“まずはファイターズを知ってもらう”と、客寄せパンダに徹しているんでしょうね」(前出・メディア関係者)

 BIGBOSSから、まだまだ目が離せなそう。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_889f3e57e700 oa-shujoprime_0_jil7nftt9bus_芸能人も炎上!「牛丼に紅ショウガかけすぎ」問題 jil7nftt9bus jil7nftt9bus 芸能人も炎上!「牛丼に紅ショウガかけすぎ」問題 oa-shujoprime

芸能人も炎上!「牛丼に紅ショウガかけすぎ」問題

2021年12月6日 11:00 週刊女性PRIME

※写真はイメージです

<店がどうぞって置いてくれてるんだから、好みで入れたらいいじゃない>
<適量というか常識の問題だよな>
<無料だからと山盛りに入れているのを見ると…嫌になる>
<別によくね?>


 定期的に話題となる「牛丼に紅ショウガかけすぎ」問題。多くの牛丼チェーンでは、紅ショウガや七味が卓上に置かれ、客が自由に盛り付けるセルフスタイルを取り入れているが、その“量”を巡ってSNSではたびたび論争が巻き起こっている。

 そんな牛丼の紅ショウガについて、11月28日のラジオ『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(日曜20時〜)内で放送された、有吉と「デンジャラス」安田和博のやりとりが再び話題となった。

 経緯としてはこうだ。

 この日のテーマは「パンの話」。コストコで売っているホットドックに「(ホットドックが)見えなくなるまでトッピングの玉ねぎをかけてしまい、いつも何を食べているのかわからなくなる」というリスナーからの投稿に対し、そういう人を見かけると「“そういうヤツなんだなぁ”と思う。適量ってもんがあるじゃない」と有吉。

 これに安田が「牛丼に紅ショウガをドンってかけちゃうやつとかね」と乗っかると、有吉も「ゴンって入れたりねぇ! 食べ放題で吐くまで食うヤツとか」と、冗談交じりに苦言を呈したのだ。

 これが『有吉弘行、牛丼に紅ショウガをドバドバ入れる人に苦言「適量ってものがあるじゃない』というタイトルでネットニュースに取り上げられると(スポニチ報道)、賛否両論の声があがり、SNSには肯定派・否定派の意見が相次いだ。冒頭はその一部だ。

 この「紅ショウガかけすぎ」について話題になったのは、前述どおり、今回が初めてではない。

 例えば昨年、とあるバラエティー番組で、女優・飯島直子が牛丼店でのテイクアウトで紅ショウガを10袋ほど持ち帰る様子が放送されると、これが「持ち帰りすぎでは」という否定的な意見から、「タダなんだからいいじゃん?」「何が問題かわからない」と擁護派まで、賛否の声が続出。


 2016年には、シンガーソングライター・スガシカオが、持ち帰りの牛丼に紅ショウガを“4袋しか”もらってこなかったスタッフへの不満をSNSに投稿。

 こちらは紅ショウガの量うんぬんよりも、それをスタッフにお願いしていたということに批判が集まった。ちなみに、スガは何でもトッピングをかけすぎるという、いわゆる「かけすぎ部」の部長でもある。

 しかし、“かけすぎ”というのはネガティブなように聞こえるが、一定数の肯定派の意見が見られるのも事実。むしろ多めが好きという人も多く、中には牛肉が見えなくなるほど紅ショウガを乗せるのが好みという人も入る。人によっては、これが「適量」ということなのだろう。肯定派と否定派、その両派の“論争”は、これからも続きそうだ。

紅ショウガはあくまでも脇役


 そんな紅ショウガについて、肝心な牛丼チェーンはどう捉えているのか。そこで、「牛丼に紅ショウガ」を初めて取り入れた吉野家に聞いた。

「紅ショウガはあくまで牛丼を召し上がっていただくための脇役ですので、お客様のお好みに応じて召し上がっていただければと考えております」

 そう話すのは吉野家の広報担当者。紅ショウガも企業にとってはタダではない。中には、かけすぎ問題に関して「企業としてダメージはないのか」という心配も上がっているが、そういったことに対して、何か対策が練られたことは特にないという。

 そもそも紅ショウガのセルフスタイルは、いつから取り入れられたものなのか。


「正確な情報がないのですが、築地1号店にはすでにあったと聞いています」

 とのこと。今や紅ショウガは牛丼に欠かせない“名脇役”だが、何でこんなにも牛丼と相性がいいのか。これにはこんな秘密が。

「吉野家では、繊維質が少なく、柔らかい“ガリ”をメインに使用しています。辛すぎず、漬け込んだ特性梅酢のほどよい酸味が特徴。牛丼に合う味を追求しています」

 こだわり抜いた味。紅ショウガに魅了されるファンが多いのも納得だ。これだけ紅ショウガファンが多いようであれば「紅ショウガ丼」という新たな商品が考案されてもいいような気もする。

 最後に広報担当者のオススメの量と食べ方について聞いてみると、「あくまで、わたくし個人の好きな紅ショウガの食べ方ですが」と前置きしたうえで、2つの方法を提案してくれた。

(1)牛丼の半分にトング一つまみ分の紅ショウガを乗せ、牛丼本来の味と、紅ショウガと牛肉がいい具合に混ざり酸味のきいた味を交互に食べる 

(2)牛肉を少しどかし、紅ショウガをご飯の上にのせ、その上に牛肉を乗せ、ご飯と牛肉の間に紅ショウガを挟んで食べる

 そして量については、

「繰り返しになりますが、紅ショウガは脇役。ですので、トングひとつまみ分がわたくし個人の好きな量です。お客様にお好みの量を、食べ残しがないよう、おいしく召し上がっていただければと思います」

 とのことだった。

 結局のところ「正解」はなく、利用者の“モラル”の問題といったところか。牛丼の紅ショウガだけじゃない。回転寿司の「ガリ」、うどん屋の「天かす」、さらに言えばスーパーのビニール袋やコンビニの箸に言えることなのかもしれない。今後も、ただただ美味しい牛丼が食べられることを祈るばかりーー。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_889f3e57e700 oa-shujoprime_0_vdqs4v8e1914_相続税ルール改正の前に“生前贈与”を始めるべき理由 vdqs4v8e1914 vdqs4v8e1914 相続税ルール改正の前に“生前贈与”を始めるべき理由 oa-shujoprime

相続税ルール改正の前に“生前贈与”を始めるべき理由

2021年12月6日 08:00 週刊女性PRIME

生前贈与 ※画像はイメージです

 相続のルールを激変させる動きが加速している。早ければ2022年4月から、年間110万円までに定められた「生前贈与」の非課税枠が廃止されるかもしれないのだ。タイムリミットが迫る節税対策の方法と岸田内閣が目論む増税の行方を検証!

相続税のルールが変わるかも


 近年、相続税の対象になる人が増えているのをご存じだろうか。かつては相続税がかからない金額が「5000万円+1000万円×法定相続人数」だったのが、2015年から「3000万円+600万円×法定相続人数」までにダウン。これにより、亡くなった人のうち4%程度しかいなかった相続税を払う人が、8%程度と倍増。地価の高い東京圏では約16%の人が対象になっているのだ。

“相続税なんて、お金持ちしか関係ない話でしょ”と思うかもしれないが、都会の一戸建てを相続した人なども対象となることが増え、遺族が困惑することもままあるという。そのため節税対策として、元気なうちに少しずつ財産を配偶者や子に渡す「生前贈与」を行う人も数多くいる。

 そんな中、気になるのが、相続税と贈与税が一体化されるという動き。

 昨年12月に自民・公明両党が公表した『令和3年度税制改正大綱』という資料には、こう記されている。

《相続税と贈与税をより一体的に捉えて課税する観点から、現行の相続時精算課税制度と暦年課税制度のあり方を見直すなど、格差の固定化の防止等に留意しつつ、資産移転の時期の選択に中立的な税制の構築に向けて、本格的な検討を進める》

 む、難しい……。一体どういうこと?  税理士の西原憲一さんに解説してもらった。

「相続税と贈与税の一体化が進めば、多くの専門家が『暦年贈与』の非課税枠が廃止されるとみています」

 暦年贈与とは、年間110万円以下であれば贈与税が非課税になる仕組みを利用し、毎年行う生前贈与の方法。

「これを使って、多くの人が非課税枠の範囲内で生前贈与を繰り返し、相続税がかかる財産を減らし、節税対策をしてきました。しかし制度が変わると、この方法が使えなくなります」(西原さん、以下同)

 しかもそのXデーは、間近に迫っているおそれもあるという。

「今年12月に『令和4年税制改正大綱』が公表される予定ですが、そこで具体的な時期や内容が示されるかもしれません。そうなれば、最速で来年4月には改正がスタートする可能性さえあります」

生前贈与の節税効果


 ただ、贈与税そのものがなくなるわけではない。

「生前贈与を受けたときにまず贈与税を払っておき、くれた人が亡くなったときに相続税を計算しなおすのです。それで差し引きして、すでに払った贈与税のほうが多かったらその分は戻ってくるし、少なかったら追加で納税するという形になるでしょうね」

 いずれ使えなくなりそうな相続税対策、どのくらいの効果があるのだろうか。

「例えば遺産が10億円で妻と子が2人いる男性がいたとします。こうしたケースは、早くから生前贈与を毎年続けておく(=『連年贈与』する)と結構な節税効果を得られるんです。このケースで、まったく生前贈与しなかったら相続税額は1億7810万円かかります。一方、子2人に、贈与税は多少かかりますが700万円ずつ15年間、生前贈与したとしたら、試算では差し引き2275万円の節税になるのです。しかし、贈与税と相続税の一体化が実現すれば、この2000万円以上もの節税ができなくなります」

 改正されると“どうせ相続税がかかるなら、さっさと財産を渡してしまおう”と考える人が増え、「高齢世代から現役世代へスムーズに財産が渡るよう促す国の目論見もあります」と西原さん。その結果、経済にも好影響が及ぶという狙いがあるようだ。

富裕層だけじゃない税制改正の影響とは


 一体化が予想される贈与税と相続税。どのような段取りで行われるのだろうか。

「現在、生前贈与をしていた方が亡くなった場合、亡くなる3年前までの生前贈与財産が相続財産とみなされ、相続税の対象となります。ちなみに外国はどうかというと、アメリカは無期限にさかのぼって課税されますし、フランスは15年、ドイツが10年です。日本もこうした国々にならうと考えられます。

 もちろん、いきなりすべての生前贈与を相続税の対象にしてしまうと影響が大きすぎますから、今後、亡くなる前の5年前、10年前、15年前と徐々に対象が拡大されていく可能性が大です

 ただし、すでに非課税となっている贈与財産までさかのぼって相続税の対象となる心配はない。

「今まで相続税対策でこつこつ生前贈与を行ってきた人は、ルールが改正されるギリギリまで粘って、粛々と贈与をしていけばいいでしょう」

生前贈与の始めどきかも…


 ちなみに、相続税がかかるほどの財産がない場合、“自分には関係ない”と思ってしまいそうだが、私たち庶民でも何かやっておいたほうがいいのだろうか?

「実はもう1つ、ゆくゆくは改正される可能性が高いものがあります。それが、相続税の非課税枠(基礎控除額)です。これをさらに減らして、相続税がかかる人を増やしていく可能性はあります」

 自分は金持ちではないから大丈夫と思っていても、いずれは相続税がかかるようになってしまうかも!

「だから、妻や子、孫に渡したい財産があるのなら、生前贈与に関する非課税枠がある今のうちに、贈与をスタートしておくのもひとつの手だと思いますよ。

 暦年贈与の場合、2022年4月から改正スタートの場合は、今年の年末までと'22年3月末日までの2回、110万円の非課税枠を利用できるチャンスがあります。ほかにも表のとおり、贈与税非課税の特例がいろいろあるのですが、利用条件が厳しくなっているのが現状。期限がくる前に活用するといいでしょう

実は増税路線!? 岸田政権の目論見


 西原さんによれば、税制改正は「政治家の思惑が大きく影響することが多い」そう。そこで注意したいのが、岸田政権の動きだ。

「岸田内閣になってから少しずつわかってきたのが、やはり岸田総理は財政再建をやりたいんじゃないかということ。財政再建をするには、税金を増やしつつ国の支出は減らさなくてはなりません。コロナ禍に配慮しておおっぴらには言いませんが、18歳未満の10万円給付に所得制限つけたり、Go Toトラベルの枠を下げたりするなど、歳出を圧縮したい思惑が感じられます。

 言ってしまえば、今回の改正は増税案です。相続税は富裕層にかかる税金というイメージがあるので、“相続税の節税は許さない”という姿勢への反発は少ないかもしれません。そういう意味で、改正が早期に実施される可能性は十分にあります

 ただ、政治の状況によっては、この増税案を押し返すことが可能かもしれない。

「コロナ禍の今、それも来年夏の参議院選挙を控えた大事な時期に、こんなインパクトの大きい案を実施するのかなという疑問はあります。世論の動向を見極めつつ、進めていくのではないでしょうか」

 まずはできるうちに生前贈与は進めておくこと。そのうえで、贈与税・相続税一体化の行方に目を光らせておかなければ!

相続税がかからない額(基礎控除額)

3000万円 + 600万円 × 法定相続人の数

例:夫が亡くなり妻と子2人が残された場合、4800万円が基礎控除額に。これを超えると相続税の対象になる。

生前贈与の主な制度・特例はココに注意!



・暦年贈与

内容

 その年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与された財産のうち、110万円までは非課税となる。

期限

 最速で2022年4月から廃止の可能性あり。

注意点

 他の非課税特例とは併用できない。110万円を超えた贈与分については、金額に応じて10~55%の贈与税がかかる。

・住宅取得金等資金の贈与

内容

 父母や祖父母から、自分が住むための住宅を新築、取得または増改築等するためのお金をもらった場合、一定の条件を満たすと贈与税が非課税に。非課税枠は、新築等で省エネ住宅なら1500万円。

期限

 2021年12月31日まで。

注意点

 税務署での申告手続きが必要。取得等した住宅の種類(新築か中古か、省エネ住宅かなど)によって、非課税となる金額が異なる。

・教育資金の一括贈与

内容

 30歳未満の人が、教育資金用に財産を父母や祖父母から受け取った場合、一定の手続きを踏めば1500万円まで贈与税が非課税となる。

期限

 2023年3月31日まで。

注意点

 信託銀行などで専用の口座を開設し、所定の手続きを行う。30歳までに使いきれなかった分は、贈与税の対象となる。使いきる前に贈り主が亡くなると残額は相続財産扱いに。

・結婚・子育て資金の一括贈与

内容

 20歳(2022年度からは18歳)以上50歳未満の人が、結婚・子育てのために財産を父母や祖父母から受け取った場合、一定の手続きを踏めば1000万円まで非課税となる。

期限

 2023年3月31日まで。

注意点

 信託銀行などで専用の口座を開設し、所定の手続きを行う。50歳までに使いきれなかった分は、贈与税の対象となる。使いきる前に贈り主が亡くなると残額は相続財産扱いに。

※非課税になるには、さまざまな条件を満たし、所定の手続きを行うことが必要となるので、贈与を行う前に、税務署や税理士に相談すること!

(取材・文/鷺島鈴香)

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_889f3e57e700 oa-shujoprime_0_7xxn3a68mq1k_愛子さまのインスタアカウントが「木村」の理由 7xxn3a68mq1k 7xxn3a68mq1k 愛子さまのインスタアカウントが「木村」の理由 oa-shujoprime

愛子さまのインスタアカウントが「木村」の理由

2021年12月6日 05:00 週刊女性PRIME

'21年12月5日、成年行事でティアラとローブデコルテのドレスをお召しになった愛子さま

「成年を迎えられた愛子さまは現在、『学習院大学』の2年生。しかし、いまだに入学式以外で登校されたことはありません。これは、コロナ禍で国民を案じられている両陛下のご意向が影響しています。

 大学の授業はオンラインで受講されており、試験やレポート提出も同様にオンラインで行われています。ほかの同級生たちは大学に通い、サークルや部活動などを楽しむ中、愛子さまは想像していたキャンパスライフではない日々に、少し残念ながられてるいるご様子で……。

 ただ、逆に言えば、外出できないからこそ、お住まいで“ご趣味”を楽しみながらリフレッシュされていると思いますよ」(侍従職関係者)

成年会見が来年3月に後ろ倒し


 12月5日は成年行事として、皇居内にある宮中三殿を参拝された愛子さま。

 その後、宮殿でお父さまである天皇陛下から勲章を受け取り、午後にはローブデコルテとティアラをお召しになり、両陛下に改めてご挨拶。

 注目されていた愛子さまにとって初めてとなる記者会見は、来年の3月に行われる運びとなった。

「基本的に皇族は学業優先ですからね。そもそも、今回の成年行事が愛子さまのお誕生日当日ではなく5日になったのも、大学の授業を優先されたからです。

 ただ、当初会見の日取りは1月の初旬に行う予定だったんです。学業以外にも雅子さまのご体調を考慮された結果だったとか」(宮内庁関係者)

 いったい、どういうことなのか。

「雅子さまは、愛子さまがおひとりで初めての会見を行うにあたり、回答内容や立ち振る舞いなどを“しっかりと準備したい”とのご意向だと聞きました。

 雅子さまご自身も12月9日にお誕生日をお迎えになるにあたって、今年もご感想として文書を公表されます。そうとう推敲を重ねられており、文書の準備にお時間がかかっているそうです。

 さらに、来年もお正月の新年一般参賀が中止となる代わりに、両陛下のビデオメッセージが公表される方向で進んでいます。現在も『適応障害』の療養中でいらっしゃる雅子さまはご体調と相談されながら進めておられます。

 お誕生日文書とビデオメッセージの収録が重なり、十分な時間も必要なのです。これらの理由から、愛子さまの会見が来年3月まで後ろ倒しになったそうですよ」(同・前)

愛子さまが“生誕祭”まで行うアイドル


 一生に一度しかない成年会見を信頼されているお母さまとご一緒に練られている愛子さま。一方で、キャンパスライフを楽しめない日々を支えているものがあるという。


「宮さまは元SMAPの木村拓哉さんの大ファンなんです! SMAP解散以降のキムタクは俳優業も好調で、昨年にはソロアーティストとしてデビューも果たしました。

 最近はファミリー向けのCMにも多く出演しており、いわゆるSMAP世代のほかに、若い世代のファンも急増しているみたい。宮さまも2〜3年前からキムタクのファンになられたみたいで、ご自身がおやりになっているインスタグラムの名前も“木村◯◯”にされているほどです」(愛子さまの知人)

 天皇陛下も20代の頃は『春なのに』などのヒット曲で知られる柏原芳恵の大ファンであることを当時、公言されていた。

 '86年の10月に行われたデビュー7周年リサイタルでは、東宮御所(当時)の庭からピンクの薔薇を一輪切り取って持参し、プレゼントされるほどだった。

 皇族とはいえ、愛子さまも普通の女子大生のようにお好きな芸能人はいらっしゃるのは至極当然のことである。


ジャニーズではキムタク以外にも『ジャニーズWEST』という7人組グループもお好きなんです。その中でも特に、俳優としても活躍する重岡大毅クンや藤井流星クンが“推しメン”みたい。

 彼らの誕生日にはご自身が集めていらっしゃるうちわなどのグッズを並べて、ジャニーズファンがよく行う“生誕祭”という個人的なお祝いも行うほどなんです。

 その生誕祭の様子を“木村名義”のインスタグラムに投稿されたこともありましたね。きっとお住まいではキムタクや『ジャニーズWEST』のライブDVDなどを鑑賞されているんじゃないかな」(同・前)

 ご趣味を楽しまれながら、いずれコロナ禍が完全に終息した後、成年皇族として活躍される愛子さまのお姿を見る日が待ち遠しい。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_889f3e57e700 oa-shujoprime_0_ozpzb5wtvij3_忖度なしの辛口評!秋の「がっかりドラマ」を斬る ozpzb5wtvij3 ozpzb5wtvij3 忖度なしの辛口評!秋の「がっかりドラマ」を斬る oa-shujoprime

忖度なしの辛口評!秋の「がっかりドラマ」を斬る

2021年12月5日 21:00 週刊女性PRIME

左から清野菜名、西島秀俊、小栗旬、綾野剛

 10月にスタートした秋ドラマも後半戦に突入。物語やキャラクター像がだいぶ見えてきた。そんな中で“フタを開けてみたらイマイチ”“なんだか残念な感じ”というがっかりドラマは? ドラマに精通するライターの吉田潮さんと同じく田幸和歌子さんに聞いた。

「今回の秋ドラマは基本的に豊作ですよ」。

 忖度なしの辛口評がお得意な2人が口を合わせる。

「7月期のドラマがひどかったせいか、10月期はバラエティーに富んでいると思いますね。セレブ社長がいたり(『SUPER RICH』木曜夜10時~フジテレビ系)、ヤンキーに恋する白杖女子がいたり(『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』水曜夜10時~日本テレビ系)。一方で日本が沈没したり(『日本沈没-希望のひと-』日曜夜9時~TBS系)。いろいろな立場の人、設定があって飽きずに見られている感じはありますね」(吉田さん)

「『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』は主演の杉咲花さん、杉野遥亮さんだけでなく、脇に至るまでひとりひとりがすごく上手。ともすれば、お涙頂戴のドラマにだってなりかねないところを、やさしく楽しく作っていて。バランスがいい良作です。また、続きが気になってしょうがないのは『最愛』(金曜夜10時~TBS系)。作品に強さがあります」(田幸さん)

既視感があるがっかりドラマは…



 そんな2人の期待値に届かず、がっかりした作品は……? まずは『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』(金曜夜8時~テレビ東京系)。天才遺伝子科学者の神保仁(田中圭)が、熱血刑事の安堂源次(安田顕)とともに難事件を解決していく物語となっている。

「“田中圭さん&安田顕さんなんて、面白そう!”と思ったんですけど、真新しさは何ひとつありませんでした。天才科学者と熱血刑事という組み合わせに加え、内容も。田中圭さんは“天才”とか“イケメン”などの下駄を履かされると、その魅力が発揮できない感じですね。やっぱり情けない男のほうがしっくりくる」(吉田さん)

「せっかくのキャスティングだったのに、なんでこんな雑な台本なんだろうという感じですね。いろんな場面に既視感があるうえに、説得力がない。DNAを扱うという意味では『アンナチュラル』('18年)とカブるところがあって。多くの視聴者は『アンナチュラル』の非常に見事な構成と、入念な取材のうえに成り立つ整合性を知ってしまっている。

 だから、この題材でこれほど雑なのはもったいない。そもそもテレビ東京のドラマって面白い良作が多く、打率で言うならいちばんじゃないですか? でも、たまにこういうこともあるんですね。(テレ東が)向いていない題材というのもあるなと思いました」(田幸さん)

 吉田さんもこの作品の放送枠について思うところが。

「テレ東の金曜夜8時の枠って、『三匹のおっさん』('14年ほか)、『特命刑事 カクホの女』('18年~)、『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』('16年~)など、お年寄りがほっこり見る枠としてやってきたわけです。でも人気俳優を使いたかったんでしょうね(笑)。その気概はいいんだけど、せっかくのキャスティングでも、内容は従来のほっこりを抜け出せないというか、2人をこの枠に当てはめてしまった。結果、がっかりでした」

豪華キャスト揃いだけど


 続いては『日本沈没-希望のひと-』。日本の沈没という未曾有の危機に、若き官僚たちが立ち向かっていく……。6話(11月21日)時点で平均視聴率が15・8%(世帯)と数字はとてもいいのだが、


「お金をかけて、CGなども手間をかけて作っていると思うんですけど。小栗旬さん、杏さん、松山ケンイチさん、香川照之さん、仲村トオルさん……と主演クラスばかり。

 豪華なキャスト、すごいCG、ババーン! といった音楽の盛り上げ方。それがたぶん、古いんじゃないかな(笑)。その大袈裟さが、逆にチープな感じになっているというか。“これでもか!”と乗っけていく作品ほどしくじり率って高くて(笑)。薪をくべるほどに炎が小さくなっている感じはありますね。

 そして、うるさいBGMが好きじゃない視聴者は多い。見方はそれぞれ自分で考えて、自分で決めるのに、“ここはすごいところですよ!”と押しつけられる感に引いてしまいます。そんなふうに大袈裟に煽るわりには、登場人物たちがお酒の話をしていたりと、普通の日常を見せられている部分もあって、切迫感がない。私たちはそれこそ3・11やコロナなどで、本当の危機を知ってしまっている。なのにドラマの中の人たちはずいぶんのん気だなと感じ、白けます」(田幸さん)

 そして、吉田さんはこう見る。

「日曜劇場はやっぱり、日本の民放ドラマの中でいちばんお金をかけて大作を作れる枠のはず。でも、ディザースター(災害)ものとしては、映像がショボくないですか? 関東地方の一部がすでに沈没しましたけど、高層ビルが沈み、地面が割れて……となっても迫力がない。私が期待しすぎたのかな? Netflixで世界同時配信するくらいだったら、もっと頑張ろうよっていう気がしますね。

 そして、天海啓示(小栗旬)が裂け目に落ちて助けられていましたけど、“裂け目に落ちたシーン、撮らなかったんかい!”っていう(笑)。ブツ切れ感もあります。

 勝手な推測ですけど、今、軽石が問題になっているじゃないですか、福徳岡ノ場の海底火山の噴火による。まさに現実とリンクしますよね。体験したことがないことが起きている怖さがあると思うんです。あまりにリアルに作っちゃうとクレームが来たり、誰かのトラウマになってしまう懸念もある。だからキャストを危険なシーンにあまり絡めず、お茶を濁す感じのCGにあえてとどめているのかもしれないですね(笑)。

 代わりにたくさん描いているのが、官僚たちによる未来推進会議のシーン。“官僚同士、あんな仲良くやるわけないだろう”って思いますけど(笑)」

 ここまではぴたっと意見が一致していたが、2人の見解がわかれた作品も。

「『アバランチ』(月曜夜10時~カンテレ・フジテレビ系)は、実はいちばん期待してたんですけどね……」

 とは、吉田さん。3年前の事件によって警察を辞めた羽生誠一(綾野剛)。しかし山守美智代(木村佳乃)によって集められた“アバランチ”のメンバーとして日本の権力に挑んでいく。

月曜10時という新設枠。そして開始直前までいろんな情報を隠し、謎めいていて。監督(藤井道人)も映画畑の人ということで。一体、どれほどまでに新しいものを見せてくれるのかと期待値だけが上がってしまった。

 でも開けてみたら“これ、どっかで見たことありますねぇ”の寄せ集めでした。警察内部の話なんですが、復讐のためにみんなが動き出す……みたいな。前にカンテレでやっていた『DIVER-組対潜入班-』('20年)ですよね? 要は警察の中で一応、指示を受けてはやっているけれど本人たちは警察じゃない、そして巨悪を倒す、みたいな。まだ他にも、この手の作品はあった気がしますね。そして、悪玉のラスボスが渡部篤郎という抜け感もカンテレっぽい(笑)」

 ただキャストの中に嫌いな人物はいないと吉田さん。

「むしろ適材適所ですよ。そして、映像や音の入れ方なんかはカッコいい。ただ、最初にぶち上げたわりにねぇ(笑)。作り手が、あんまりドラマ見てないだろうなって気がしますよ。途中でエピソード0に戻る作品も、これまでいくらでもありましたし。これから第2部に突入していきますけど、それほどまでに新しく、素敵な仕掛けが待っているかは疑問ですね。まあ、どうなるかはわからないので最後まで見ますけど」

 一方、田幸さんが挙げたのは『真犯人フラグ』(日曜夜10時30分~日本テレビ系)と『婚姻届に判を捺しただけですが(ハンオシ)』(火曜夜10時~TBS系)。

 『真犯人フラグ』は相良凌介(西島秀俊)の妻(宮沢りえ)と子が失踪。その容疑が凌介に向けられてしまう。

「『真犯人フラグ』はどこかとっ散らかっていて、いかにも秋元康さんの企画作だなという感じです。もちろんキャッチーなうまさはあって。『あなたの番です』('19年)はヒットしましたし。放送中の『じゃない方の彼女』(月曜夜11時6分~テレビ東京系)も秋元康さんの企画作ですけど、こちらは男性のベタベタの妄想がてんこ盛り(笑)。でも、だからこそ、一定の視聴者に受け入れられるところもあると思うんです。

 でも、『真犯人フラグ』はSNSでの考察狙いが見え見えで。そして、役者さんを殺しちゃっている感じがするのも残念ですね。

 西島秀俊さんの主演ということで、楽しみにしていた人も多いはずなんですけど、この役だと西島さんの良さが出ていない。他にも芳根京子さん、桜井ユキさん、迫田孝也さん、柄本時生さんなど、芝居できる人たちをたくさん投入しているんですけど、なんだか生かされていない気がします」

  『ハンオシ』は、祖母の遺した借金を背負うことになった大加戸明葉(清野菜名)と、社会的メリットのために百瀬柊(坂口健太郎)が偽装結婚をする、というストーリー。

「いろいろと中途半端な印象があって。ヒロインの相手役がデリカシーのない男性というのも二番三番四番煎じ。“がっかり”というよりは、“やっぱり面白くなかった”という感じかもしれません。

 TBSの火曜夜10時のドラマは『恋はつづくよどこまでも(恋つづ)』('20年)が当たりすぎたせいで、以来ずっと“恋つづ病”にかかっている気がします。役者さんたちも、苦労しているように見えますね。まったく違う作品で挑んでみるなど一度、その呪いを解かないことには厳しいような気はします」

 もちろんドラマの見方は十人十色。そして最終回を迎えてみるまでは、どう転がるかはわからない。心揺さぶる今後の展開を期待しています!

外部リンク