cat_oa-shujoprime_issue_812da672f881 oa-shujoprime_0_812da672f881_菅野美穂、2歳息子のために有名私立小学校の見学に! 早くも進行するお受験ママ化 812da672f881 812da672f881 菅野美穂、2歳息子のために有名私立小学校の見学に! 早くも進行するお受験ママ化 oa-shujoprime

菅野美穂、2歳息子のために有名私立小学校の見学に! 早くも進行するお受験ママ化

2017年10月5日 04:00 週刊女性PRIME

菅野美穂


 10月17日よりスタートする宮藤官九郎脚本の新ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)。NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』に続いて物語の重要なキャストを担う菅野美穂だが、9月某日、同ドラマのクランクインを目前に控えた彼女の姿が都内の有名私立小学校にあった。

「その日は入学希望者の父母が参加できる“学校見学会”だったんです。菅野さんは堺雅人さんと一緒にいらしてました。堺さんが学校案内や願書の資料を読み込んで、菅野さんに説明していましたよ」(見学会の参加者)

 '15年8月に第1子となる男児が誕生した菅野。初めての育児は想像以上に大変なものだった。

《朝起きて子どもを保育園に送り出すまでが第1ラウンド。仕事が第2ラウンド。夕方5時からが第3ラウンドです。この第3ラウンドが一番きつい》

 かつてインタビューでそう語ったこともあった彼女だが、現在は育児と仕事を見事に両立。そして、まだ息子が2歳だというのに、すでに小学校探しをスタートさせていた。

「同校は有名私立大学付属の難関校です。本格的な小学校受験を考えるのであれば、習い事や通わせる幼稚園のことも検討しなければなりません。準備するなら早ければ早いほうが望ましいですね」(教育評論家)

 その言葉どおり、愛息には“超英才教育”を施しているのだという。

「菅野さんは、お子さんが0歳のときから知育教育のための教室に通わせるほど教育熱心。保育園も月15万円以上もする“天才並みのIQに育てる”ことがウリのところを選んだそうです」(教育関係者)

 どんなに忙しくても育児のイベントは次から次へとやってくる。それでも、菅野が連ドラ出演を続けることができるのは堺のサポートがあるからだと芸能プロ関係者は言う。

「堺さんはお子さんのことが大好きで、撮影が終わるといつも急いで家に帰ってお子さんをあやしているようです」

 高校時代は官僚を目指して難関大学へと進学したものの、俳優の道を選んだ堺。息子にも自分で人生を切り開いてほしいようで、

「堺さんが役者の道を志したのは大学に入ってからでした。学生時代に青春を謳歌した彼だからこそ、お子さんにも大学までは進んでほしいのでしょう」(前出・芸能プロ関係者)

 しっかりした夫の協力のもと、育児に仕事に奮闘する彼女が羨ましすぎる~。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_812da672f881 oa-shujoprime_0_67311d3fa7d1_『徹子の部屋』45周年、思い出の名勝負 67311d3fa7d1 67311d3fa7d1 『徹子の部屋』45周年、思い出の名勝負 oa-shujoprime

『徹子の部屋』45周年、思い出の名勝負

2021年5月6日 11:00 週刊女性PRIME

 1976年より、なんと45年も続く、ギネスにも載った長寿番組。黒柳徹子さんしかできない切り返しぶりに、マニアも多く、その「試合」を毎日楽しみにしているとか……。そんな『徹子の部屋』の近年の名勝負と、トリビアをご紹介。読めばますます面白くなります!

黒柳徹子

 1976年2月2日にスタートした国民的番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)が、今年で45年目に突入! 同一の司会者による最多放送記録としてギネス世界記録に認定されたこの長寿番組。これまでいろんなゲストが登場し、さまざまな名場面を残してきた。

 ゴージャスながら緊張感ただようあの部屋で繰り広げられる黒柳徹子(87)とゲストのやりとりは、“勝負”にもたとえられ、多くのマニアたちが手に汗握って“観戦”しているという。

 そんな『徹子の部屋』の近年の名勝負を振り返り、名将・黒柳徹子の功績をたたえようではないか!!

『徹子の部屋』の魅力


「『徹子の部屋』って人間力の勝負の場なんです。徹子と対峙するとゲストの器がはっきりと出てしまう」

 こう語るのは、当日の『徹子の部屋』の内容を毎日Twitterにアップするなど“徹子ウォッチャー”として名高い、ミュージシャンでコラムニストのイライザ・ロイヤルさんだ。

 興味深いのは、過去の番組映像を見ると石原裕次郎や松田優作といった名だたるスターたちが徹子を前にどこか緊張しているのが伝わってくることだ。なぜこれほどの大物たちが、徹子を前にすると萎縮してしまうのだろうか?

「まだ男尊女卑が色濃かった昭和の時代、物おじせずに鋭い質問で切り込んでくる徹子さんは女性として特異な存在でした。彼女のような存在を前に、大スターたちも困ってしまったのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 そもそも、『徹子の部屋』は現在のような“旬の人”を招くトーク番組ではなかった。めったにバラエティーに出ない大物が登場し、素顔を垣間見せてくれる貴重な場所だったのだ。だからこそ、最近のゲストの顔ぶれにイライザさんは不満を漏らす。

「徹子さんも今年8月で88歳になります。はっきり言って彼女に残された時間は有限。徹子の時間を無駄遣いしてほしくないからゲストの人選は大事にしてほしいのです」

 イライザさんは『徹子の部屋』が人間品評会の場として機能することを期待している。その意味合いが特に際立つのは高齢の女性がゲストの回だ。

ご老人の茶飲み話のような内容こそ面白いんです。例えば、先日お亡くなりになった橋田壽賀子先生や、瀬戸内寂聴さんがゲストの回にハズレはありませんでした。


 彼女たちは『面白い話をしてやろう』と意気込むわけでもなく、『朝食に毎日肉を食べている』という日常を披露したり、その直後に『GHQに家をとられた』といきなり時代が飛んだ話題を話しだしたり。年齢を重ねた人でないと出せない“攻撃”です。

 あと、岸恵子さんがゲストの回も毎回最高ですね。私が彼女に求めているのは“パリに住んでいることがアイデンティティーのお高くとまったマダム”としての一面です。むしろパリにずっと住んでいるから価値観がズレまくって、とんちんかんなことばかり言い続ける。

 女優としての実力も本当は疑問符がつくけど、本人はあくまで大女優として迷いなく振る舞っている。こんな女性たちならではの言動が『徹子の部屋』では如実に出ます。一方、男の人って徹子さんに合わせがちだから、なんだか普通の人になってしまうんですよね

 監督と女優の夫婦ペアが出演する際にも、名勝負になりがちだ。

「岡田茉莉子さんと吉田喜重監督、岩下志麻さんと篠田正浩監督などが出た際、家庭に収まらない女優さんのことを徹子さんは絶対に責めません。だって、女優って世間のことを知らなくていいし、しみったれた家事なんてしない人たちですから。そもそも、徹子さん本人が家事はお手伝いさんに任せっきりですしね」(イライザさん)

相性抜群の「ジャニーズ」


 さらに、イライザさんが言及するのは徹子とジャニーズタレントのマッチングのよさだ。

ジャニーズのタレントがよく出演しますが、彼らは粗相がないし、決して徹子さんを困らせません。徹子さんってゲストにむちゃ振りするじゃないですか。急に『ちょっと踊ってみてよ』と言われても、彼らはBGMなしに見事にダンスを披露します。場数を踏んでいるから何を振られても完璧なんです

 つまり、ジャニーズが相手だと徹子は気持ちよく仕事ができるということ。そして、ジャニーズ側にとっても『徹子の部屋』出演にはメリットがある。

「ジャニー喜多川さんの教育の賜物か、ジャニーズタレントは礼儀正しいので大物の女性に気に入られやすく、徹子さんもご多聞にもれず喜んで話を聞き出そうとする。徹子さんの覚えもめでたくなるわけですから、ジャニーズタレントにとって『徹子の部屋』は特別な番組なんです」(芸能レポーター)

 イライザさんには特に印象に残る回があるという。

「V6の長野博さんが出演したときが素敵だったんです。徹子が『人生の最後に食べたいものは何?』って質問すると彼は『おにぎりです』と答え、徹子が満足げに『ご飯て、おいしいわよねえ』と言うと、エンディングテーマが流れ出した。おにぎりほど誰も傷つけない回答ってないじゃないですか? 本当に返しがうまいなと思いました」


 ジャニーズのタレントのそつのなさに目を見張る。このあたりはジャニーさんからの薫陶の賜物だろう。

お笑い芸人ならではの空回りも


『アメトーーク!』が特集を組んで以来、お笑い芸人の出演が話題になることが増えた。しかし、『徹子の部屋』をディープに見るマニアはこの風潮を決して歓迎していない。

芸人さんってどうでもいいエピソードをナチュラルに話すのではなく、『面白いことを言わなきゃ』と力んで空回りすることが多いじゃないですか。それって、この番組の雰囲気に合っていないんです」(イライザさん)

 思い出されるのは、2020年に放送されたフワちゃんのゲスト回だ。パワープレーを繰り返すフワちゃんと、それをいなす徹子のトークにSNSは沸いたが、あのやりとりにイライザさんは苦言を呈す。


フワちゃんファンはTwitterで『徹子さんが食いついてる!』ってポジティブに捉えてたけど、そんなことはなかったですね。徹子さんを無理に力でねじ伏せようとしてるし、明らかに徹子さんは“勝負にならない”とばかりにドン引きしていました。事実、フワちゃんが『徹子ちゃん、また来ていい?』って聞いたら、徹子さんは真顔で『2度と来ないでください』って言っていましたから

 最近の芸人の出方にマンネリを感じるという声もある。

「ネタをやっても徹子が笑わずにつらい空気が流れたり、スベったところを笑いにする流れが芸人回ではお決まりになっています。でも、『徹子の部屋』のマニアは、その方向性を決して望んでいません。いいところを見せられない芸人にとってもマイナスだし、この方向性に食傷ぎみの視聴者が増えているんです。もしかしたら、お互いに得をしないコラボかもしれないですね」(テレビウォッチャー)

 では、今後望まれるゲストはどういう人になるだろう?

「思想的に偏りのある人や論客と呼ばれる人を呼んでみたら面白いかもしれません。徹子さんがすごいのは、世の中をよくしようと行動し続け、なおかつあの年齢でいながら思想的な偏りがほとんどないところです。あれは天才ですね。

 あと、徹子さんて、思い切った発言を引き出せる聞き手でもあるんですね」(イライザさん)

「『徹子の部屋』が終わったら政治記者になりたい」なんて発言を残している徹子だけに、論客との相性のよさは必然だろう。

あと、年末恒例だったタモリさんのゲスト出演も復活してほしいです。『徹子の部屋』のトークって、端的に言えばイニシアチブの取り合いなのですが、タモリさんはスタイル的に引き出すタイプの人。だから、間合いの取り方とか攻め方とか、師範同士の居合の勝負を見ているようですよ」(イライザさん)


 別枠のコラムでは、『徹子の部屋』における近年の“名勝負”もご紹介しているので、それらを通じ、番組の底深い魅力をぜひとも再認識していただきたい。この人間力の試合結果、ぜひ後世にも伝えたいもの!

思い出の名勝負たち


 徹子とゲストのやりとりのことをマニアは「勝負」と呼ぶ。そこで、イライザさんに近年、印象深かった“対決”を挙げてもらった。

草笛光子
〜徹子が飼い主・草笛の目の前で愛犬をバカ呼ばわり〜
(2012年6月22日放送)


「草笛さんが愛犬を連れてきて『毎朝、私に新聞を運んでくれる』と再現しようとしたのですが、犬は新聞をバリバリに噛みちぎり徹子さんがマジギレしたんです。飼い主の前で犬を『バカ!』と怒鳴っている姿は衝撃でした」(イライザさん、以下同)

片岡愛之助
〜紀香から贈られた“LOVE柄”の着物を自慢〜
(2017年4月24日放送)


「妻の藤原紀香さんからプレゼントされた着物を着てきたんですが、『LOVE』の文字が柄として全身に入ってるんです。『LOVE LOVE LOVE』と入っている着物を、贈る側も『ありがとう』と受け取る側もすごいですよね。さすがの徹子さんも引き気味でした」

千昌夫
〜肩にインコを乗せながら名曲を熱唱!〜
(2012年11月1日・2018年4月2日ほか放送)


「定期的に出演する千さんは、ペットの鳥をよく連れてきます。徹子さんが烏骨鶏をひざに乗せるだけの不毛な時間が流れたり、千さんが肩にインコを乗せて『北国の春』を歌ったり。徹子さんが烏骨鶏に寄せた衣装を着てきたことも」

いしだあゆみ&和田アキ子
〜先輩2人に囲まれたアッコがいじらしい!〜
(2020年4月3日放送)


「アッコさんが出演すると徹子さんに気を使って借りてきた猫になるのが常ですが、いしだあゆみさんと出た回はすごかった。あゆみさんはとんちんかんな発言ばかりだし、徹子さんもズレたことばかり言う。会話をまとめようとする健気なアッコさんが見られるというレアな場面でした」

平野レミ
〜亡き夫の思い出を泣き崩れずに語ったレミをいたわる徹子〜
(2020年8月12日放送)


「夫の和田誠さんが亡くなってから初めてのゲスト出演でした。いまだ和田さんへの思いが断ちきれないと語るレミさんに、徹子さんは『愛し、愛されたことを胸に抱いていけば大丈夫』と。こういう感動できる回もあるんです」

■故・弘田三枝子さん
 超熟女の2人が呼吸するだけの無音世界
(2016年3月25日放送)


「ヨガにハマっているというミコちゃん(弘田さん)が呼吸法を披露したのですが、『フゥー』と息を吸ってから1分近く沈黙のままなんですよ。徹子さんもそれをまねするだけ。2人の超熟女が呼吸しているだけの1分弱は、テレビ的に異常事態でした」

■故・浅香光代さん
 江戸っ子ならではの数の数え方に噴き出す徹子
(2018年8月1日放送)


「毎日ストレッチをしているという浅香さんが徹子さんに実践講習を行ったんですが、江戸っ子だから数の数え方が『しち、はち、きゅう、とお』なんです。何度目かの『とお』の瞬間に、さすがにこらえきれなくなった徹子さんが噴き出してしまいました」

■天童よしみ
 普段のメイクをフェイスシールドに描いて登場
(2020年9月9日放送)


「コロナ対策でフェイスシールドを使用しているという話から、天童さんが装着したのは、つけまつげなどの化粧が最初から施された、すっぴんでもOKの自作シールドでした。徹子さんたら『あら、私も作ろうかな』ですって」

冨士眞奈美さんが語る『徹子の部屋』の魅力


「なんといっても照明が素晴らしいの!(笑)」


 黒柳徹子とはもう60年以上の付き合いだという、女優の冨士眞奈美さん。常連出演者として、番組の魅力をこう語る。

あの番組がスタートしてから、20回近く呼ばれているんじゃないかしら。正確な回数を覚えてないわ(笑)。

 担当しているプロデューサーさんがとてもいい方で、楽しくて気が合うんです。徹子さんとは長い付き合いだから、全然、緊張なんかしない。近況報告と昔話をしていると、いつもウキウキして『あら、もう終わり?』って感じ。

『徹子の部屋』のいいところは……、なんといっても照明が素晴らしいのよ。ものすごく美人にしてくれるの。シワなんか全部飛ばしてくれる(笑)。あと、飾られているお花が、ゲストに合わせて生けてくださるそうで、とても素敵よね。褒めると帰り際にくださるの。

 徹子さんはほんとにまじめで努力家。いつも机に、びっしり書き込んだメモを置いているんです。ゲストの方のことをよく下調べなさるんですってね。機転が利くし、物覚えがよくていつも感心しています。

 100歳くらいまで続けていただきたいわ。徹子さんだったらできるでしょう」

ふじ・まなみ 静岡県生まれ。県立三島北高校卒。1956年NHKテレビドラマ『この瞳』で主演デビュー。1957年にはNHKの専属第1号に。俳優座付属養成所卒。俳人、作家としても知られ、句集をはじめ著書多数。

『徹子の部屋』トリビア


 ギネスに載るほどの長寿番組だけに今までいろんなことがあった『徹子の部屋』は、トリビアも盛りだくさん!

●昔の『徹子の部屋』はタバコOKだった

 過去の番組映像を見ると、石原裕次郎や西田敏行、松田優作など喫煙しながらトークしているゲストが少なくない。徹子を前に緊張する自分をカムフラージュする目的でタバコをくゆらせていた可能性もある。

●ビスケットに生クリームの“徹子ケーキ”は不動の人気

 いまやInstagramでもおなじみの通称“黒柳徹子ケーキ”。牛乳に浸したマリービスケットに生クリームを挟んで冷やすだけ。『徹子の部屋』でもゲストに振る舞ったことがある。家事はすべてお手伝いさん任せの徹子が唯一作ることができるスイーツだ。

●ジャニーズは髪色をトーンダウンしてゲスト出演する

 ジャニーズの所属タレントは髪の毛の色をトーンダウンさせてから『徹子の部屋』に出演する。そして、毛先は決して遊ばせない。普段はやんちゃキャラのアイドルも徹子の前では好青年キャラになるのだ。

●マッチョは質問攻め&やたらボイパをやりたがる

 若いゲストがボイスパーカッションを披露すると、必ず徹子は「私もやる」と参加したがる。マッチョ男性の肉体改造に質問を浴びせまくるのも恒例だが、今はボイパにも興味津々。ただ、口で「ズンチャ」と言ったりリズムはズレまくりだ。

●徹子が使うティッシュケースは五月みどり作

 徹子のソファの横にあるティッシュケースを作ったのは五月みどりで、ゲストに来るたび新しいケースを作ってきてくれた。五月は熱海でセレクトショップを営んでおり、彼女がデザインした美しいティッシュケースが人気。

●故・ジャイアント馬場さん直伝スクワットの話をしがち

 ゲスト出演した故・馬場さん直伝のヒンズースクワットを日課にしている徹子。「スクワットが長生きの秘訣」と教わって以来、やたらと徹子は“馬場直伝”をアピールするようになるが、当の馬場さんは出演回放映の翌月に他界した。

●攻略法「動物を連れてくる」が広まりつつある

 最近は“徹子対策法”がバレ始めており、ペットを連れてくるゲストが増えた。そうすると徹子のターゲットが動物にずれ、本人が会話でロックオンされずにすむのだ。ペット同伴のゲストは逃げの姿勢でいることが多い。

●学者が好き、外見はなんと〇〇好き!?

 徹子はうんちくのある人やエキスパートに話を聞くのが好きで、特に山中伸弥教授のゲスト回は前のめりだった。ただ、この食いつきにはもうひとつ理由がある。過去に徹子は「髪の薄い男性がタイプ。山中伸弥先生なんて素敵ですね」と明かしているのだ。さすが徹子。好みもなかなか一筋縄ではいかない……。

イライザ・ロイヤル●コラムニスト、パンクバンド「イライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチ」ボーカル&代表。感想を毎日Twitterに上げるなど、『徹子の部屋』ウォッチャーとしても知られている。

(取材・文/寺西ジャジューカ)

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_812da672f881 oa-shujoprime_0_324c691f27b9_シニア“ソロ活”女子の始め方 324c691f27b9 324c691f27b9 シニア“ソロ活”女子の始め方 oa-shujoprime

シニア“ソロ活”女子の始め方

2021年5月6日 06:00 週刊女性PRIME

シニアソロ活女子の始め方

 人生100年時代。まだまだ元気だし、何か新しいことに挑戦してみようかな、と考えているシニア女性も多いはず。そこで、おひとりさまの時間を充実させるべく『シニアのソロ活』始めてみませんか?

「自分の生き方を狭め、自由を制限しているのは他人じゃない。他人のせいにしている自分自身だ」

 ドラマ『ソロ活女子のススメ』(原案・朝井麻由美、テレビ東京系)で江口のりこ演じる主人公の早乙女恵が作中で語った言葉だ。

「恵は“カップルのためのスポット”とされるプラネタリウムや動物園だってひとりで満喫する『ソロ活女子』。アクティブに自分の時間を楽しむ様子に同年代の女性からは共感する声が上がっています」(テレビ誌ライター)

「ソロ活」とは?


「ソロ活」とは複数人で楽しむことが多い“焼き肉”や“カラオケ”などをひとりですること。好きな時に好きな場所で、ひとりでしか味わえないぜいたくな時間を過ごし、おひとりさまの気楽さ・自由さを謳歌する活動のことを指す。

 しかし、なにもソロ活は、若い世代だけの特権ではない。自分の時間を楽しめるソロ活は、配偶者と死別や離別したり、子どもがひとり立ちしたシニア女子たちにもオススメ。自由に過ごせる時間が確保できるからこそ多彩なジャンルにトライできるのだ。

「『ひとり〇〇』は一見ハードルが高く思えても、それが趣味の人たちにとっては当たり前の文化。ソロ活は“こんな新しい世界があったんだ”と思える体験ですよ」

 そう話すのはドラマ原案者でエッセイストの朝井麻由美さん。まさに「ソロ活」のスペシャリストだ。

 朝井さんによると、特にシニア女子にオススメなのがホテルの喫茶店での「アフタヌーンティー」だという。

「ゆっくり過ごすシニア世代が多くいます。自分と年齢性別が近い人がたくさんいる場所だとハードルも低いです」

 ほかにもカラオケや焼き肉など「ひとり専門店」があるジャンルも、年齢問わずソロ活初心者にうってつけだ。

「ただ、焼き肉自体が好きじゃなければひとり焼き肉は楽しめませんよね。前提として、自分は何が好きなのかを知ることが大事だと思います。ですので、いろいろ挑戦してみてください。ピンとこなかったら“それが好きじゃなかったんだ”とわかる」(前出・朝井さん、以下同)

本屋に行って「自分探し」


 これまで家族を優先してきて、好きなものがわからない、「ソロ活」といっても何をしたらいいのかわからない人もいるだろう。

 そんな彼女たちにうってつけなのが本屋だ。

「自分の好きなことを知る練習として、趣味雑誌を手に取ってみて、情報収集から始めてみましょう」

 それでも「ひとりで行動するのはなんだか恥ずかしい」と思い一歩が踏み出せない人もいるかもしれない。

「自分が友達数人でご飯を食べているときに、ひとりでいるお客さんの存在なんて全然気にしていないし、翌日には確実に忘れてますよね。人ってそこまで周りの人のこと気にしてない。むしろ私は“カッコいい”とすら思います」

 一方で注意したいことも。

「例えば、アウトドア慣れしていない人が、いきなりひとりアウトドアに挑戦するのは、準備や片づけがきつく大変です。また、食べ歩きをして、いろいろ食べたくても、どうしてもひとりだと胃袋の限界がくることも(苦笑)」

 自分の体力とも相談し、無理のない範囲で始めることが「シニアソロ活」を満喫するポイントだ。

 朝井さん自身もソロ活を始めたことでよい変化が起きた。「自分に自信がつきましたね。ひとりで初めてどこかに行くのはドキドキしますが、“全然できる!”と成功体験を重ねられますし、“ひとりで何でもできるぞ”と自己肯定感も高まるんですよね」

「ソロ活」は“恥ずかしさ”や“罪悪感”を持つ自分の思い込みとの戦いでもあるという。

「将来、医療が発展して、寿命が100歳を超えるのが当たり前の時代が来るかもしれません。60歳の人なら、40年以上ある。その40年間を少しでも楽しく過ごすために、ひとつの選択肢としてソロ活を取り入れてみてください」

 そこで、シニアソロ活を満喫している女性たちに、その極意を訪ねてみた。

舞台の上でもうひとりの私になりきる



「アンドロイドになったり、若い女性になったりと、自分でないものを演じるのはすごく面白いですね」

 兵庫県在住の奥村緑子さん(70)が楽しむ「ソロ活」は演劇だ。

 奥村さんが所属するのは、西宮市を拠点に活動する「劇団ふぉるむ」内の演劇教室。50~70代を対象にしたクラスで、奥村さんのほか11人の仲間が在籍。同劇団の演出、小林哲郎さんの指導のもと、毎週1回の稽古に励み、毎年3月には発表会を行っている。

 奥村さんが同演劇教室に参加したのは2017年4月。

「その前に落語を20年近くやっていました。落語はお稽古も本番もひとりで完結するもの。仲間と一緒に何かを作り上げていくことがやりたいなと思い始めました」

 だが、その2か月後の6月、奥村さん家族を悲劇が襲った。

「夫にがんが見つかり、病状が急に悪化したんです……」

 同9月、夫は71歳で亡くなった。専業主婦として1男2女を育て上げ、出版社のパートを65歳で退職。同じく会社を退職した夫と第2の人生をスタートしようとしていた矢先のことだった。

「“80歳になるまでは身体が動くし元気だから、夫婦2人で遊ぼう”って計画していたんですよね。これから、というときでした」

 夫の死後は葬儀や手続きに忙殺されていたが、一段落すると今度は喪失感に苛まれてしまったという。

「当時同居していたいちばん下の娘もひとり暮らしをすることになり、本当に私はひとりになることに……」

 落ち込む奥村さんを支えたのは子どもたちの存在だった。

「私が家にいてじっとしてたら子どもが心配しますからね。もともと私は人に喜んでもらうことが好きでしたし、社会との接点も欲しかった。そこで、“四十九日が終わったら元に戻ろう、一歩踏み出そう”って決めたんです」

 同年12月から芝居と落語の稽古も再開させた。

 '19年3月に出演した介護施設を舞台にした作品では、主演の20歳の女性を熱演。コロナ禍でやむなく中止となったが、昨年3月に発表予定だった作品でも主演に抜擢。舞台は学校がなくなった世界。奥村さんはアンドロイドの先生という難役を務めた。

「稽古をするうちに、登場人物の人生が見えてくる。1年かけてひとつの人物像を作り上げていく面白さがあります」

 と演劇の魅力を語る。さらにうれしい効果も。

「1週間に1度稽古があるので“セリフをここまでは覚えなきゃいけない”と、生活のリズムもできます。稽古を休むと迷惑をかけてしまうので、体調を崩さないように気をつけるようにもなりました」

 いまでは演劇や落語のほかに、2か所のダンス教室に通うなど、活発な日々を送る。

「若いころから演劇に興味はありましたが、許してもらえないような家。でも高校の文化祭で演劇をやり、みんなで作り上げる面白さをずっと思い続けていました。私のソロ活は“自己表現の場”です」

 これからソロ活を始めようと思っている同年代にはこうエールを送る。

「“迷ったらGo!”です。思うものと違ったなら、“今日はハズレだな”って帰ってきたらいいだけ。まずは一歩踏み出すこと。Go!」

80代でYouTubeデビュー!



「Hey Siri。今日本でいちばん流行っている歌はなんですか」

 アイフォンの音声アシスタント「Siri」に声をかけるのは、千葉県在住で「逆さ歌」の名人の中田芳子さん(89)。45年以上ピアノ講師としても活躍。今でも週末に2人の生徒を教えている現役教師だ。

 逆さ歌とは一見、意味不明な歌詞をピアノの弾き語りとともに録音し、逆再生すると完成した楽曲が聴こえてくるというものだ。

「逆さ歌の魅力は“逆再生のメロディーの不思議さ”ね。例えば『アメイジング・グレイス』は逆再生でも本当にキレイなんです」

 そう語る中田さんは実に約35年、『逆さ歌』を続けてきた。

 始めたきっかけはフジテレビ系列で当時、放送されていた朝の情報番組内で、「変わったことをする女性」を紹介するコーナーのコンテストを受けたことだった。

「1等はハワイ旅行。特技だった回文(上からも下からも同じ言葉で読める文のこと)で参加したの」

 しかし、“テレビ映えがしない”との理由から落選。だが番組の担当者から、

「“音楽の先生なら、回文と音楽とミックスして、逆回転で歌えないんですか?”と言われたんです」

 そこで一念発起し、必死で練習して「逆さ歌」を編み出した。結果は優勝。それ以来、多数のテレビ番組にも出演してきた。

「ソロ活」は「終活」のひとつ


 そんな中田さんはこの『逆さ歌』でユーチューバーデビュー。自作した逆さ歌を自身のユーチューブチャンネルにアップするなど、若者顔負けの「ソロ活」を楽しんでいる。

「動画のアップロードを知り合いに手伝ってもらいながら’15年、83歳からユーチューブを始めました」

 チャンネル登録者数は7000人を超え、逆さ歌はこれまでに58曲をアップした。

 選曲はAdoの『うっせえわ』や、LiSAの『紅蓮華』など子どもたちにも人気の曲も多く、59曲目は「Siri」に教えてもらった優里の『ドライフラワー』を選んだ。

 若者を中心に流行している曲の逆さ歌に積極的にチャレンジすることには理由がある。

「知っている歌ならすぐに作れるけど、新しい歌は時間がかかる。それをまだ身体が動いて頭が回るうちにやっておきたい。頭がボーッとしてきたら、昔の歌をやって、100曲歌い終わったら死にたいと思ってるの」

 中田さんの「ソロ活」は「終活」のひとつでもあるのだ。

 そんな彼女は夫を約20年前に亡くした。失意の中にいたとき支えになったのは家族とソロ活だった。

 これまでに行った「ソロ活」は、例えば60代でひとりで米・テキサス州へと海外旅行。当時習っていた英会話を駆使して、ホテル探しから予約まで自らこなした。

 ほかにも小説やエッセイの執筆、裁縫や料理などひとりの時間を謳歌している。

「好奇心が強すぎるのかもね」

 と笑う中田さんにとってソロ活は、「自分が生きていることの証明」だという。

 夫や子ども、家庭のことに追われることが多い女性たちに伝えたいことがある。

「60歳になったら女として生きられる。60歳からの人生が本当のあなたの人生、1日1日を大切に生きてね」

60歳からスタート! 初めてのソロ活!

 初めてのソロ活、何をしていいのか迷っている人もいるのでは? 下の表を参考に、興味のあるジャンルにチャレンジしてみては?



難易度★

 ●これまでにも入ったことのあるレストランやカフェで食事

 ※ラーメンや牛丼、猫カフェは難易度が低い。初めてのお店や、しゃぶしゃぶ、回転寿司や焼き肉になると難易度は上がっていく。ただし、おひとりさま専門店を利用するのも手

 ●アフタヌーンティーやコースランチ

 ●カラオケ ※ひとりカラオケ専門店もあり

 ●プラネタリウム

 ●映画

 ●スーパー銭湯

 ●寺社仏閣巡り



難易度★★

 ●動物園、水族館、博物館

 ●日帰りバスツアー

 ●温泉旅行

 ●ひとり飲み

 ※バーやカウンターでお酒を飲めるお店だとやや難易度が低い。大衆居酒屋やチェーン店になると難易度が上がる。



難易度★★★

 ●麻雀

 ●海外旅行

 ●テーマパークや遊園地

 ●リムジンパーティー

 ●お遍路


お話を聞いたのは…… 朝井麻由美さん●フリーライター・コラムニスト。執筆のテーマはソロ活、人見知り、ひとり旅など。著書の『ソロ活女子のススメ』(大和書房)がドラマ化されたほか、『「ぼっち」の歩き方』(PHP研究所)など著書多数。週刊誌などで執筆も行う。

(取材・文/堤美佳子)

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_812da672f881 oa-shujoprime_0_c5f7ff98cf11_香取慎吾、自分の直感を信じて突き進む! c5f7ff98cf11 c5f7ff98cf11 香取慎吾、自分の直感を信じて突き進む! oa-shujoprime

香取慎吾、自分の直感を信じて突き進む!

2021年5月5日 17:00 週刊女性PRIME

香取慎吾 撮影/廣瀬靖士

 ドラマに舞台、そしてYouTubeなど、どこまでも走り続ける香取慎吾。本人曰く、「考えてないのは寝てるときだけかも」。そんな慎吾ちゃんの近況をお届けします。さらに、「実は苦手だったもの」をインタビューで初告白!

直感を信じて突き進んでる


――5年ぶりの地上波主演連ドラ『アノニマス』が終わりました。

「もうすごく昔のことのようです(笑)。共演した清水(尋也)くんと(関水)渚ちゃんとは20歳以上離れているんですけど、僕、気にしないで話しかけてたんです。でも、ふとした瞬間にふたりがすごく緊張した顔をしてるのを見て“どうしたんだろう?”と思ったんだけど、よく考えたら大河ドラマ『新選組!』で佐藤浩市さんと共演したとき、年齢差がそれくらいで、当時、僕もすごく緊張してたから“そりゃそうなるなぁ”って後で思いました(笑)

――舞台『さくら咲く歴史ある明治座で20200101にわにわわいわい香取慎吾四月特別公演』が公演中です。

「コロナ禍でニューノーマルな生活が少しずつ身体になじんできていたところで、“明治座でやってみませんか?”というお話をいただいて、何をやろうかなってワクワクしたんですよね。それで明治座を見学させていただいて、その場でブワァ~ッて一気にアイデアが浮かんできました。千秋楽公演の生配信も決まったので、よかったら見てください

――7月にはミュージカル『日本の歴史』の再演が決定。

実は再演って初めて。最初は“終わった舞台をまた何でやるんだろう?”って思ったけど(笑)、その考えを変えたのが吾郎ちゃんの『No.9』っていう舞台。彼の作品の中でいちばん好きで、初演のときも感動したけど、再演のほうがもっと好きになって……。

 僕も前回見てくれた方に今回のほうがよかったって思ってもらえるように、そして初めて見る方にはおもしろかった、また見たいって思ってもらえるように頑張りたいなと思ってます」

――仕事以外で何か変化は?

「最近、センサー付きの自動アルコール消毒器を買ったんです。玄関に置いたんだけど、帰ったらすぐにうがいと手洗いをするから、“いつそれを使うんだ? 置いてるのに結果、使ってないじゃないか、お前は!”って思いながら今朝使いました。ただ、家を出るときだったので、どうなんだろうとは思いましたが(笑)」

実はこれが苦手なんです



苦手なものは、これまで言ったことがなかったけど果物(笑)。好きなんだけど、皮をむくのがめんどくさくて。むかなくてもいいイチゴとかは食べるけど、みかんは食べたいなあと思いながら、横目で見てるだけってことはあります(笑)。りんごは丸かじりもできるからギリ大丈夫。何でだろう。食べるとおいしいのにね」

朝起きてからのルーティン



「起きてから必ずやることは、朝ごはんを食べること。今は明治座の公演中だから余計に健康管理に気をつけてます。朝に弱いので、立ったまま寝ぼけながら食べてることもあるけど(笑)。朝はサラダが多いですね。何種類かパックのサラダを冷蔵庫に入れてるので、それを食べてます」

オンオフをこれで切り替え



「頭が休まることってないですね。考えてないのは寝てるときだけかも。趣味が仕事じゃないけど、何かしらいつも考えてます。ときどき“今、なし!”って思考を停止させるために、窓を開けて空を見ながら珈琲を飲むみたいなことはしてます(笑)

やっと見つかりました!



“しんごちん”のパンツ、見つかりました! 神隠しにあったように、パンツがこつ然と消えちゃってたんです。YouTubeでも落ち着いたら報告したいと思うんですけど、不思議なことにいちばんよく開く引き出しの左上にあったという。アトリエとか別の場所にも服があるから、そっちの奥底まで探しても見つからなかったのに……ミステリーです(笑)」

こんなふうにオフを満喫した〜い



コロナ禍が落ち着いたら、今日の撮影のような気持ちのいい光の中で、お昼からビールを飲んだりしてみたいなあ。海外に行ったときはよくしてたんですよ。東京にもそういう場所が増えてきたから、携帯も持たず仕事のことも考えないで過ごしてみるのもいいかなって思います」

取材・文/花村扶美

スタイリスト/黒澤彰乃 ヘアメイク/石崎達也

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_812da672f881 oa-shujoprime_0_e304b1521c67_L⇔Rとスピッツ、SMAPと共演で「俺たち場違い?」 e304b1521c67 e304b1521c67 L⇔Rとスピッツ、SMAPと共演で「俺たち場違い?」 oa-shujoprime

L⇔Rとスピッツ、SMAPと共演で「俺たち場違い?」

2021年5月5日 11:00 週刊女性PRIME

『L⇔R』黒沢秀樹

 1995年に『KNOCKIN'ON YOUR DOOR』が大ヒットを記録した『L⇔R』。デビューは1992年だが、それ以前から音楽活動をしていたという。メンバーの1人、ギターの黒沢秀樹が当時を振り返る。

兄の健一が高校生のとき、小室哲哉さんが審査員を務める作曲コンテストで賞をもらったんです。のちのち小室さんの番組に兄貴が出させていただいたとき、その話をしていましたね

 当時から音楽業界では健一さんの才能が知られていて、L⇔Rのプロデューサーとなる岡井大二からコンタクトがあった。

「僕が中学2年生くらいのころ、大二さんが僕らの実家に来ました。それで高校生の兄貴について、“ちょっと預からせてほしい”みたいな話を両親としていましたね」

 茨城県から上京後は、2人でバンドを組んでいた黒沢兄弟。もう1人のメンバー、木下裕晴から誘いを受けたことでL⇔Rが結成された。

「もともとは友達というか、兄貴と僕が前にやっていたバンドをよく見に来ていたのが木下で。彼は彼で、当時もっと人気のあるバンドで活動していたんですよ。結成のきっかけは、彼が僕らと“どうしても一緒にスタジオに入りたい”という話をずっとしていたんですが、僕らがグズグズしていて。シビれを切らした木下がスタジオを取って、“取ったから来い”と(笑)。そんなところからスタートした感じですね」

 岡井とともにプロデューサーを務めた牧村憲一はフリッパーズ・ギターも手掛けていて、L⇔Rも渋谷系のオシャレなバンドだと思われていた。

「僕たちは明確に違うなぁと思っていたんですが、“まあ別にいっか”みたいな感じで (笑)。もともと洋楽マニアで、デビュー前も“マニアックすぎる”とか“ちょっとわかりにくい”とか言われてたんで。それを逆に斬新だと考えてくれたのが、牧村さんだったんですよね」

 プロのミュージシャンの間ではデビュー当時から高く評価されていたが、一般に知られるようになったのは、江崎グリコ『ポッキー』のCMソングになった1994年の『HELLO,IT'S ME』からだろう。

「まったく知らないところでタイアップの話が進んでいて。僕たちは“大人の世界”に興味がなかったんですよ (笑)。“商業的なことをスタジオの中に持ち込まないでくれ”と約束していたんですけど、取材が1日に何本もあったり、だんだん音楽制作をやる時間がなくなっていきましたね……

兄・健一さんは「天才だった」


 1995年には『KNOCKIN'ON YOUR DOOR』がフジテレビ系の月9ドラマ『僕らに愛を!』の主題歌に起用され、大ヒット。

「あれは兄貴の一筆書きみたいな感じで、一瞬で仕上がった曲なんですよ。かなりのスピード感で仕上がったような気がします。ほんとに、3日とかですね」

 弟から見ても、ボーカルの健一さんには特別な才能があったという。

「紛れもなく天才だと思いましたね。兄貴は高校卒業後すぐ東京に出て作曲家の仕事をやっていたんですけど、そのあと世に出た僕らの作品の中で名曲といわれているうちの何曲かは、実はまだ実家に一緒にいたころ、当時高校生だった兄貴が作ってるのを僕は隣で見てたんですよ」

 ただひたすら音楽が好きで、いわゆる芸能活動のようなことは考えていなかった。しかし、テレビ出演も増えてくる。

「ちょっと……変な感じでしたね。だって、『ミュージックステーション』とかに出るとテレビで見たことある人が隣にいるわけじゃないですか。“本物だ……本当にいるんだ”みたいな(笑)。SMAPが隣にいたりすると、“なんか現実感ないな……”って思ったり。ただ、スピッツが一緒に出演したときは、裏で彼らが“なんか俺たち、全然場違いな感じするよな……”と僕らに話してくれて、安心したのを覚えています(笑)

 多忙を極め、1997年のアルバム『Doubt』を制作中、健一さんの精神が限界に。


「忙しすぎてプレッシャーもあったと思いますし、自由にものを考えられる時間が少なかった。そういう中でうまくやれる人もいるけど、僕の兄みたいな“音楽だけ”って人にとっては、けっこう厳しいものだったと思います。兄が“もう無理だから休む”と言って、一回離脱することに」

再始動に「それもいいかな」


 このアルバムを最後にL⇔Rは活動を休止し、それぞれソロ活動を始めることとなった。2016年に再始動の計画が持ち上がるが、健一さんの身体は病魔に侵されていた。

再始動について兄貴は“今じゃない”って言い続けていたんですが、少し身体を壊したときに“もう一回一緒にやらない?”と改めて聞いてみたら、“それもいいかもな”ってなって。じゃあその足がかりを作るところから始めようか、なんて言い始めた時期に、今度は脳腫瘍が発覚して……。兄としても、願わくばもう一度L⇔Rとしてやりたいっていう気持ちはあったんじゃないかな。僕らも心残りではあります」

 その年の12月、健一さんはこの世を去った。

「今でも心に大きな穴がぽっかり空いた状態。それはもう一生変わらないですね。兄の死を悲しんでくださったファンの方々の中には、僕に兄の姿を投影する人もいると思うんですけど、僕は兄にはなれない。でもなれないからこそ、できることもあると思うんですよね。この歳になると、みんな何かを失ったり、抱えきれないことが増えてくる。だから、そのことを“共有する”のがすごく大事なんじゃないかと」

 コロナ禍でライブに足を運びづらい現在は、配信も駆使してファンに音楽を届けている。

「誰でもタダで見られるコンテンツを作りたいと思ったんです。YouTubeで無料のライブ配信をするためにクラウドファンディングを始めたら、目標の359%、180万円近いご支援をいただけました。コロナでどうなるかわかりませんが、5月2日には東京、8日には神戸、9日には大阪でライブも予定しています。よっぽどのことが無い限り、無観客でもやろうかと。

 あと、オンラインでファンクラブのようなものを立ち上げようとも思っています。L⇔Rのファンだった方たち同士が、ギュッと近くなるようなコミュニティをつくりたい。“ひとりぼっちじゃない状況”を音楽を通じてつくれたらなと思います」

 健一さんが遺した音楽の絆は、これからも人々の心のドアをノックし続ける。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_812da672f881 oa-shujoprime_0_e7fad2724824_今話題のスキンケア術と紫外線対策を紹介 e7fad2724824 e7fad2724824 今話題のスキンケア術と紫外線対策を紹介 oa-shujoprime

今話題のスキンケア術と紫外線対策を紹介

2021年5月5日 08:00 週刊女性PRIME

※写真はイメージです

 テレビでおなじみの美容皮膚科医・友利新先生がYouTubeで発信する美容情報が今話題。マスク時代を乗り越える最新のスキンケア術や、紫外線対策を紹介します!

“日焼け止め”はマスト!


 “マスク生活”が始まってすでに1年以上。友利先生のもとには多くの相談が寄せられている。

「目立つのは、肌荒れやヒリヒリ感など乾燥や摩擦による炎症です。ほかにも“マスク顔”を見慣れたせいで、マスクをはずしたときのシワやたるみが気になりだしたという声もありますね」

 肌の不調はマスクがきっかけと思いきや、実は肌トラブルを悪化させる間違った習慣も問題!

“雨やくもりだから日焼け止めを塗らない”のは、もっとも避けるべき習慣といえます。シミ、シワ、たるみといった肌の老化の7割は、紫外線を浴びた日焼けによる“光老化”が原因だからです」

 中でも紫外線A波は、肌の弾力を司るコラーゲンやエラスチンを破壊し、シワを深く、皮膚をたるませるので要注意。先生自身、日焼け止めを毎日しっかり塗り、日傘や帽子など紫外線対策には細心の注意を払っている。

 次に気をつけるべきは“ゴシゴシ洗顔”。肌をこすると摩擦熱が起きて炎症になり、色素沈着や肌の黒ずみにつながってしまう。

特に40~50代は、頬にできる肝斑というシミが“摩擦”によって浮き出たり、悪化したりします。頻繁にフェイスマッサージを行うのもよくありません」

正しい自分流を見つけよう


 “やってはいけない”に共通するのは、どれも肌に炎症を起こす引き金となることばかり。

 炎症がメラノサイトという細胞を活性化させてシミの原因となるメラニンを発生させたり、皮膚のバリア機能を低下させるからだ。そういった意味を知ればスキンケア方法は、自然と変わってくる。

正確な情報を得たうえで自分の肌質やライフスタイルに照らし合わせることが大切です。自分にとってのベストな習慣が、美しい肌づくりにつながっていくと思います」

 今すぐストップ!NG習慣



 ●日焼け

  シミ・シワ・たるみだけでなく肌の乾燥、くすみ、キメの荒れの原因に。



 ●頬づえ

  いつも顔を圧迫することでシワに。無意識のクセも積み重なると危険。



 ●睡眠不足

  睡眠時間が5時間だと、8時間に比べてシワが45%以上増えるデータも。



 ●美顔ローラー

  毎日行うのはNG。皮膚と筋肉と骨をくっつけている靭帯が伸びてたるむ。



 ●無表情

  口元から鎖骨につながる筋肉が硬くなりフェイスラインがたるむ。

マスク荒れ対策OK習慣


スキンケアでしっかり保湿する


 マスクをしているのに乾燥するのは、自分の呼気で肌がふやけ、角質と角質の間を埋める細胞間脂質が流れて内側の水分が出ていきやすくなるのが原因。

 肌のバリア機能が低下すると外部刺激を受けやすく、乾燥+マスクの摩擦でシミに発展することも。水分と油分のどちらが必要か、肌状態を見極めながらしっかり補うことが大切。

●化粧水

 クラリフィック デュアル エッセンス ローション 150mL、12100円/ランコム 

 肌に透明感をもたらすブナの芽エキスに加え、グレープシードオイルを3%配合。もっちりツヤのある肌に。「顔全体に押し込むようにつけ、目のキワも忘れず塗りましょう」


●美容液

 アユーラ ホワイトコンセントレート(医薬部外品) 40mL、9350円/アユーラ 

 3種の植物成分でメラニンを抑制し、グリチルリチン酸ジカリウムなどで肌荒れを防止。「美容液は潤うだけでなく炎症を防ぐものを選ぶのがベスト。マスクが当たる頬にたっぷりと」


●乳液

 エストG.P. エンリッチドセラム モイスチャライジング 80g、13200円/花王 

 乾燥やキメの乱れが生じた肌を贅沢な潤い感でハリのある肌に。「しっかりとのばして、入れ込むように塗ってください。ふれてみてベタベタせずに吸いつく感じになれば完璧です」


炎症を抑える成分をプラスする


 長時間のマスク着用=肌が荒れやすいことを念頭に置いて、抗炎症作用のある成分を取り入れるのが必須。美白化粧品には、基本的に肌の炎症を抑える成分が配合されているので、美白しながら肌の荒れも抑えられる。

この成分をチェック!

【トラネキサム酸】

 人工的に合成されたアミノ酸の一種。肝斑の治療薬としても認定され、安全性も高い。



【コウジ酸】

 麹から発見された天然由来の成分。黄ぐすみを防ぐ“抗糖化作用”も期待できる。

日焼け止めは365日塗る


 肌を守るには、マスク着用でも日焼け止めを塗るのが鉄則。日焼け止めを選ぶときは「SPF」と「PA値」に注目しよう。

「SPF」は日焼けを防ぐ時間を表す値で、「SPF50」なら朝から夕方まで効果が期待できる。「PA値」は紫外線A波をブロックする強さの指針で、PA+〜PA++++まである。

「日焼け止めを塗っているのに焼ける」という人は、塗る量が少ないことが多いので適切な量を目で覚えて。

 肌深部までダメージを与える“ロングUVA”を防御。肌本来のバリア機能をサポートする整肌成分配合。石けんで落とせる。

 ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XLSPF50・PA++++、30ml、3740円/ラ ロッシュ ポゼ 


効果的な日焼け止め(クリームタイプ)の塗り方



 日焼け止めの効果を発揮するには0.7gが目安。

【1】まず初めに、両頬に日焼け止めを多めにのせる。



【2】指で広げると摩擦になるので、スポンジでやさしく叩き込む。

 まぶたも忘れずに塗る。



【3】目の下は、スポンジで押し込むように塗ると厚ぼったくならない。

 日焼け止めがたまるので、スポンジを横に動かすのはNG



【4】少量ずつ指で顔全体にのせ、スポンジで押し込む。



【5】仕上げに、シミができやすい目の周りを重ね塗りすれば完璧!

シワ・たるみ対策OK習慣


 年齢を重ねてもあきらめるなかれ。毎日の積み重ねで対抗!

口角は常に上げる


 たるみの原因の1つは、口元から鎖骨あたりの広い範囲にある広頸筋の衰え。加齢で筋肉が硬くなると、下へ引っ張る力が勝ってフェイスラインにたるみが生じ、口角も下がった状態に。常に笑顔を意識すれば、広頸筋の引っ張りを防いでたるみの予防になる。

スキンケアに「シワ予防」を投入する


 薬機法の改正で“シワ改善”を謳える成分を配合した化粧品が販売可能に。

 代表的な成分に、コラーゲンなどの再生を促す「レチノール」、コラーゲンやエラスチンの破壊を防ぐ「ナイアシンアミド」、ポーラの独自成分でコラーゲンなどの生成時に発生する酵素を阻害する「ニールワン」がある。

 シワが気になりだしたらプラスしよう。

●レチノール

 エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリームL 医薬部外品、22g、8580円(編集部調べ)/エリクシール 


 ●ナイアシンアミド

 ONE BY KOSE ザ リンクレス 医薬部外品、20g、6380円(編集部調べ)/コーセー 


●ニールワン

 リンクルショット メディカル セラム 医薬部外品、20g、14850円/ポーラ 


“睡眠ジワ”予防の寝方は……



 皮膚の同じ場所に圧がかかり続けることで生じるシワ。寝ているときの顔の向きによって“睡眠ジワ”になることも。うつぶせ寝はおでこ、横向きに寝ると目元や頬、こめかみがこすれてシワに。顔に圧がかからないあおむけ寝を意識!

乾燥させないために「水を飲む」


 シワは乾燥が大敵。水を飲むと肌の水分量はダイレクトに増え、皮膚の乾燥が軽減されてシワ予防に効果を発揮する。1日1.5l前後の水をこまめにとるのがおすすめ。ただし利尿作用のある緑茶や紅茶、糖分の多い清涼飲料水は避けて。

友利先生の美肌習慣



●糖化に注意して食事をとる



「糖化は慢性炎症を起こしてシミやシワの原因となるAGEsを増やすので、身体を糖化させない食べ方を心がけています。



 血糖値が急上昇しないよう、食事は野菜から食べてご飯は最後に。仕事で忙しいときは、具だくさんのサンドイッチやカップスープで乗り切ります」



●意識して睡眠の質を高める



「睡眠時間は5時間ほどですが、入眠してすぐ熟睡できれば時間の長さは問題ないので、睡眠の質を重視しています。



 寝る30分前にはパソコンを見るのは終わりにして、お風呂では脱衣所を暗めに、必ず湯船で身体を温めます。これで自然と寝るモードになります」


お話をうかがったのは…友利 新先生●東京女子医科大学卒業。医師の立場で美容と健康に関する情報をメディアで発信。昨年開設したYouTubeチャンネル『友利新/医師「内科・皮膚科」』は登録者数約40万人。

『女医が教えるキレイのとっておき 読む 友利 新チャンネル』1540円/飛鳥新社

取材・文/河端直子(※商品の価格は、すべて税込みです)

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_812da672f881 oa-shujoprime_0_f6805dc1d8d8_コロナ禍で失われた「エンタメ文化」 f6805dc1d8d8 f6805dc1d8d8 コロナ禍で失われた「エンタメ文化」 oa-shujoprime

コロナ禍で失われた「エンタメ文化」

2021年5月4日 21:00 週刊女性PRIME

コロナで失われたエンタメ文化は元に戻るのだろうか(写真はイメージです)

 3度目の緊急事態宣言により、エンタメ界の苦境はなお続く。

 宣言下にある都内では現在、小規模なライブハウスをのぞいてはライブやコンサートは中止や延期となり、配信へ。映画館も一部をのぞき休館、当初は興行の決行を表明していた都内の4寄席も、5月1日からの休業を決めた。

 緊急事態宣言が解かれている時期には、昨年より「ウィズコロナ」「新しい生活様式」の名のもとに、ソーシャルディスタンス確保やマスク着用の義務づけ、手指消毒、検温、換気の徹底などの感染対策をとりながら、段階的にエンタメも楽しめる環境は整いつつあった。しかし、三度目の緊急事態宣言が発令され、いよいよ楽しみ方にも無理が出てきている。

ライブ会場で絶滅状態になっている文化


 まずは音楽関連。飛沫対策のため、基本的に「声出し禁止」が、多くのジャンルでルール化されている(一部ではマスク着用のうえ声出しOKなケースも)。

「『キャー!』と絶叫したり、アーティストの名前を呼んだり、いわゆる“黄色い声援”は全面的にダメですよね。曲に合わせて合いの手を入れたり、演者と観客の掛け合いによって一体となって盛り上がる、“コール&レスポンス”もダメです。一緒に歌ったり、ファンにサビを歌ってもらうような演出もずっと行われていません」

 と、あるエンタメ系評論家は嘆く。

 基本的に黙って鑑賞するクラシックやオペラ、バレエなどには影響はなさそうだが、曲終わりなどに「ブラボー!」などとの掛け声、歌舞伎での「○○屋!」も今は禁止されている。また、大相撲観戦は“拍手のみOK”という状態だ。

 影響は「声出し」系ばかりではない。前出の評論家は言う。

「ロックバンドや一部アイドル系のライブでは、“モッシュ”というファン同士が激しくぶつかりあって盛り上がる行為が定番ですが、身体全体での“接触”行為になるので、全面的に禁止状態です。ファンやメンバーが客席に飛び込む“ダイビング”、ファン同士が肩を組むこと、スタンディングのライブでは、公演中の場所移動も原則ダメですね。一部地下アイドルのライブでお約束だった、“MIX”という独特の掛け声やコール、口上などもほぼ絶滅状態になってしまっています」

盛り上がりを見せていた「応援上映」


 アイドル界隈では、握手やハイタッチができていない状態が続き、今はオンラインサイン会やお話会として、直接、接触しない方法でファンとのコミュニケーションを行っているという。

「地下アイドルたちは、マスクを着用して透明シートで仕切りを設け、ツーショットチェキを再開しているところもあります。でも、やはり握手など、直接触れることはまだしていません」(同前)

 アイドルの“定番の文化”も封じ込められたままだ。さらに、ある芸能記者は、映画鑑賞の世界にも「失われた文化」があると言う。

映画を見ながら、『がんばれー』とか『最高!』とか叫んだりする“応援上映”が、ずっと行われていないままです。映画の新しい盛り上がり方として定着してきただけに、残念ですね。また館内の飲食も一部解禁されているところもあるようですが、まだまだ全面的に解禁にはなっていません。ポップコーンを頬張りながら映画を観るのは、映画鑑賞の醍醐味のひとつですから、早く元どおりになるといいですね」

 周りに迷惑をかけない程度に、公開映画にちなんだコスプレをして楽しむファン同士の交流を深める、貴重な機会も奪われてしまっている。また、小劇場などでは劇場に足を運んでくれた観客との交流の場がなくなり、こちらも文化が失われた状態が続いているという。

「終演後の出演者との面会や送り出しなどはガイドラインで禁止されています。アンケート記入だけでなく、直接感想のやりとりができる貴重な機会でもあるので、演者、観客どちらにとっても早く再開できるといいと思います」(同前)

 ワクチン接種が開始されたとはいえ、まだまだ先の見えないコロナ禍でのエンタメの楽しみ方。たとえコロナが収束しても、これらの“文化の復活”はあるのだろうか。せっかく定着しつつある文化がなくなるのだけは避けたいところだ。

〈取材・文/渋谷恭太郎〉

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_812da672f881 oa-shujoprime_0_c890ed223dd4_『北の国から』や『俺の家の話』“シングルファーザードラマ”ヒットの訳 c890ed223dd4 c890ed223dd4 『北の国から』や『俺の家の話』“シングルファーザードラマ”ヒットの訳 oa-shujoprime

『北の国から』や『俺の家の話』“シングルファーザードラマ”ヒットの訳

2021年5月4日 16:00 週刊女性PRIME

『北の国から』(フジテレビ系)

 父と子たちが試行錯誤しながら人生を乗り越えるドラマは、これまで数々の作品がお茶の間の涙を誘ってきました。どうして感動するのか、おもしろいのか、つい見てしまうのか。話題となった作品を振り返りつつ、識者に見解をうかがいました!

 存在感のある俳優として知られ、映画やドラマで活躍した田中邦衛さんが、さる3月24日に88歳で亡くなった。

「シンパパ」ドラマの最高傑作


 田中さんといえば、『北の国から』(フジテレビ系)で演じた、父子家庭の父親「黒板五郎」役が鮮烈だ。

『秀吉』『利家とまつ』といった大河ドラマをはじめ、数々の映画やドラマを手がけてきた脚本家の竹山洋さんは、「『北の国から』は日本のドラマの最高傑作のひとつといっても過言ではない」と語る。

「それまでは、日本の最高傑作ドラマは『岸辺のアルバム』(山田太一脚本)といわれてきました。『北の国から』は、倉本聰さんの書いたストーリーもさることながら、スタート時はテレビ局の制作費が潤沢なころであり、北海道富良野での長期ロケができた。

 また、細部にまでこだわって世界観を作り上げた演出の杉田成道さんや、楽曲を手がけたさだまさしさんの手柄も大きいでしょう。

 そして、田中さんや、子役だった吉岡秀隆さん、中嶋朋子さんたちの演技力があった。長年、役柄とともに年をとり、自分の人生をさらけ出してくれたわけで、あのドラマの制作過程も“ドラマ”なのだと思います

 ドラマウオッチャーとしても知られる、テレビコメンテーターでデザイン書家の山崎秀鴎さんはこう話す。

頼りがいがあって男らしい父親だけが、子どもに対していい影響を与えるわけではない。情けない姿を見せながらも悪戦苦闘する父親の姿というのも、子どもに対していい教えになったりすると思うんです。

『北の国から』の五郎さんも、そんな父親でしたよね。あのドラマが多くの人に支持されたのは、ともすると『大自然と、父親の愛に包まれて……』という、家父長制的で陳腐な内容に収めずに、世代の違う登場人物たちそれぞれの葛藤を、常にさらけ出していたから。見る人たちが誰かしらに心を寄せられたからではないでしょうか」

『北の国から』に限らず、男性が男手ひとつで子どもたちを育てるという内容のドラマは、根強い人気があるもの。

 今回は、話題となった作品を踏まえつつ、そんな「シングルファーザーもの」のドラマが視聴者を引きつける理由について、前出のおふたりに見解をいただいた。

父が子育てに悪戦苦闘……


 父と子の絆がテーマで思い出される懐かしいドラマといえば『子連れ狼』(日本テレビ系)だろう。剣客・拝一刀が、息子の大五郎を乳母車に乗せ、渡世を続けるというもの。この作品の成り立ちと人気ぶりについて、竹山さんはこう分析する。

「『子連れ狼』が最初に放送された'70年代初頭は、『木枯し紋次郎』や『必殺仕掛人』といった、荒唐無稽な時代劇に人気が集まっていたころ。その流れとして出てきたといえます。

 乳母車に武器が隠されているというのも、昔の映画ではよくあった手法であり目新しいものではないのですが、復讐の鬼と化した男が幼いわが子と旅をするという設定を考えた作者の小池一夫さんはすごいなと、今でも思いますね」

 いっぽう、現代もののドラマについて、竹山さんはこんな見解も述べる。

「'90年代くらいまで、ゴールデン帯のドラマの主な視聴者は、女性のほうが多かったんです。

 それまではただ威張っていたり自由気ままに暮らしていた男性が、困っている、悪戦苦闘している……というシチュエーションは、視聴者にとっておもしろいエピソードとなりえた。

 また、子どもとのふれあいは感動にもつながりやすい。だから支持されやすかったのではないでしょうか」


 そこで思い出されるのが、『池中玄太80キロ』(日本テレビ系)や、『パパはニュースキャスター』(TBS系)などだろう。両作品とも、『北の国から』同様、本放送後に何度もスペシャル版が放映された人気作だ。

「どちらも当初はコメディー要素と感動要素の配分が絶妙だったと思います。主演の西田敏行さんと、田村正和さんの役者としての技量もあるでしょう」(竹山さん)

『いきなり父親になる』系のドラマについて、山崎さんもこう語る。

「そういうシチュエーションは、みんな大好きですよね。あたふたぶりが確かにおもしろい。

 また、まったく家庭を顧みなかった男性が、いきなり自分の子どもと真正面から向き合うことになる……というドラマも多いものです。

 私は『パパと呼ばないで』(日本テレビ系)とか、『マルモのおきて』(フジテレビ系)といった、本当の父子ではないけれど、男性がいきなり子どもを育てなくてはならないという話も大好きですね。


 男性が価値観を変えていく、成長していく、という内容は、人間はいくつになっても成長できるんだ、という希望も持てますから」(山崎さん)

大人が成長する過程を描く



 山崎さんは、そういった、父親が成長する物語で忘れられない作品が2つあるという。『僕と彼女と彼女の生きる道』(フジテレビ系)と、『弟の夫』(NHK)だ。

「『僕と〜』は、草なぎ剛さん演じる主人公が家庭を顧みない銀行員だったのですが、妻が出て行ったため、娘の面倒をひとりで見るようになる。

 当初はまったく自分本位で冷徹な男だったのですが、娘の家庭教師の助言を聞き入れるようになり、本当に大切なものは何かに気づくんです」

『弟の夫』は、両親が残したマンションの管理を生業としながら小学生の娘をひとりで育てている男性(演:佐藤隆太)のもとに、カナダで亡くなった双子の弟の同性婚相手が訪ねてやってくるところから始まる。


「その“弟の夫”との交流と、まだ大人のような固定概念を持たない自身の娘の言動を通じて、主人公はさまざまな偏見を持っていた自分に気づきます。

 気づいて初めて、長年わだかまりとなっていた亡くなった弟への複雑な思いも変わります。

 2つとも、とても素晴らしい作品でしたね」(山崎さん)

 子どもの成長だけでなく、大人の成長も見ることができるのも、シングルファーザーものの大きな魅力のひとつなのだろう。

娘がまるで恋人のように!?


 ほかにも、シングルファーザーものでよくあるパターンといえば、「娘が父親の妻のように支える」というものがある。

 実際に、父を支える娘というのが主軸にある作品『タクシードライバーの推理日誌』(テレビ朝日系)も手がけた竹山さんによると、

「テレ朝系のドラマは、シチュエーションが決まっていて、さまざまな脚本家たちがそれをベースにして物語を書く、というパターンが多い。そういう場合、特徴的なシチュエーションは主人公を際立たせるためには有効な方法」だという。

『タクシードライバー〜』しかり、『はぐれ刑事純情派』しかり、主人公の周りの女性たちは、理解者だらけだったもの。

「女性にも人気のシリーズでしたが、男性にも人気があったのは、そのあたりが要因ではないでしょうか。ドラマって、ファンタジーであればあるほど根強いファンもつきますから」(山崎さん)

 ファンタジーといえば、こんな作品も。

「中山美穂と後藤久美子という、当時の大人気アイドルを起用した『ママはアイドル!』(TBS系)もシングルファーザーものでしたが、父親を恋人のように見ていた娘が、いきなりやってきた後妻にライバル心を抱くという、コメディーでした。

 同じくTBS系で、田村正和さんが父親で小泉今日子さんが娘役という『パパとなっちゃん』という作品は、美男美女の恋人同士にも見えなくないふたりの、父と娘にしてはありえないほどの仲のよさが展開される話でした。

 どちらも、登場人物がみんな美男美女だったから成立し、受け入れられたのであって、現実だったら、周囲の人間は対応に困ってしまいますよねえ(笑)」(竹山さん)

 確かに、現実だったらちょっとありえないかもしれない……。

父親は期待されていない!?


 ドラマは現代社会の映し鏡ともいわれるが、シングルファーザーものも、「昔ではありえなかったシチュエーションが多くなった」と竹山さんは感想を述べる。


「『監察医 朝顔』(フジテレビ系)には、“これが現代のドラマか”と、ハッとしましたね。

 上野樹里さん演じる法医学の監察医の娘が中心で、時任三郎さん演じる刑事である父親は、完全に娘のサポート役に徹しています。

 これは数十年前だったら、ありえない話、コメディーとしてだったらあったでしょう。でも『朝顔』は、どちらかというとシリアス寄りのドラマ。時代は変わったな、と思います」

 山崎さんは、『家政婦のミタ』(日本テレビ系)にこう見解を示す。

「父親が何もできず、難しい年ごろの子どもばかりの父子家庭に、完璧な家政婦がやってくる。

 つまり、登場人物たちも視聴者も、最初から父親に期待をしていないし、むしろそのままでいいとさえ思っている(笑)。父親はこの程度でいいんだ、という設定は斬新でした」

 また、幼い娘とふたり暮らしの父親が若年性アルツハイマーを発症するという『ビューティフルレイン』(フジテレビ系)についても同じことがいえる、とも。

成長することはない父親を、ただ見守るしかできない幼い娘……って、“父親の威厳はこうあるべきもの”と考えていた時代には思いつかない話だったでしょうね。

 とはいえ、芦田愛菜ちゃんみたいに、演技が上手な子役が出てくるだけで号泣は鉄板なのは、今も昔も変わらないんですけど(笑)」

 かといって、「父子の絆」ものに人気がなくなったわけではない。長瀬智也の事実上の引退作となった『俺の家の話』(TBS系)も、母がいなくなってからが長い、父と子どもたちの話だった。

「ひとえに、脚本自体がおもしろかったから、支持されたのでしょう。また、大人になってからの親子ならではの感情のぶつかりあいというのは、普遍的なものがありますからね。そういった、普遍的な感情を持つことも、親子の絆なのかもしれません」(竹山さん)

 いつの時代でも、親子の複雑な感情は、ドラマになりうるということなのだろう。

おもなシングルファーザードラマ



 ●疑似父子家庭もの



『パパと呼ばないで』(日本テレビ系列 1972年~1973年)

 出演:石立鉄男、杉田かおるほか



『マルモのおきて』(フジテレビ系列 2011年 スペシャル版は2011年、2014年)

 出演:阿部サダヲ、芦田愛菜、鈴木福ほか 



 ●ファンタジーもの



『ママはアイドル』(TBS系/1987年)

 出演:中山美穂、後藤久美子、三田村邦彦ほか



『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日系/1988年~2009年)

 出演:藤田まこと、小川範子、松岡由美ほか



『パパとなっちゃん』(TBS系/1991年)

 出演:田村正和、小泉今日子、浜田雅功ほか



『タクシードライバーの推理日誌』(テレビ朝日系/1992年~2016年)

 出演:渡瀬恒彦、風見しんごほか



 ●父子の絆もの



『子連れ狼』(日本テレビ系/1973年~1976年)

 出演:萬屋錦之介、西川和孝ほか



『俺の家の話』(TBS系/2021年)

 出演:長瀬智也、西田敏行、桐谷健太ほか



 ●父親が成長もの



『僕と彼女と彼女の生きる道』(フジテレビ系/2004年)

 出演:草なぎ剛、小雪、りょうほか



『Oh,My Dad!!』(フジテレビ系/2013年)

 出演:織田裕二、長谷川京子、八嶋智人ほか



『弟の夫』(NHK/2018年)

 出演:佐藤隆太、把瑠都ほか



 ●悪戦苦闘もの



『池中玄太80キロ』(日本テレビ系/連続ドラマ:1980年、1981年、1989年、スペシャル版は1982年・1986年・1992年)

 出演:西田敏行、長門裕之、杉田かおるほか



『北の国から』(フジテレビ系/1981年~1982年 スペシャル版は1983年~2002年)

 出演:田中邦衛、吉岡秀隆、中嶋朋子ほか



『パパはニュースキャスター』(TBS系/1987年)

 出演:田村正和、浅野温子ほか



『とんび』(TBS系/2013年)

 出演:内野聖陽、常盤貴子、佐藤健ほか



 ●世情の映し鏡もの



『家政婦のミタ』(日本テレビ系/2011年)

 出演:松嶋菜々子、長谷川博己、相武紗季ほか



『ビューティフルレイン』(フジテレビ系/2012年)

 出演:豊川悦司、芦田愛菜ほか



『監察医 朝顔』(フジテレビ系/2019年、2021年) 

 出演:上野樹里、時任三郎ほか

お話をうかがったのは……竹山洋さん ●1946年、埼玉県生まれ。テレビ局演出部を経て、脚本家となる。主な作品に、連続テレビ小説『京、ふたり』、大河ドラマ『秀吉』『利家とまつ』、映画『四十七人の刺客』ほか多数。1994年に第2回橋田壽賀子賞、2001年に『菜の花の沖』で第51回芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2007年に紫綬褒章、2017年に旭日小綬章受章。



山崎秀鴎さん ●1960年、埼玉県生まれ。教師を経て、書道家に。デザイン書家とも名のり、映画『ラスト サムライ』『あの夏、いちばん静かな海。』をはじめ、さまざまな媒体の題字を手がける。テレビやラジオのコメンテーターも務める。

(取材・文/木原みぎわ)

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_812da672f881 oa-shujoprime_0_bdb172407d5f_韓国で話題! 「アイドル水」でむくみ&便秘を撃退 bdb172407d5f bdb172407d5f 韓国で話題! 「アイドル水」でむくみ&便秘を撃退 oa-shujoprime

韓国で話題! 「アイドル水」でむくみ&便秘を撃退

2021年5月4日 08:00 週刊女性PRIME

※写真はイメージです

 インスタグラムやTikTokでも話題となっているのがアイドル水こと「レモン緑茶」。体重管理にうるさいという韓国のアイドルがこれでやせた! と絶賛して大注目。たった数日飲むだけで、むくみがとれて頑固な便秘も解消されるとあっては、試さない手はありません!

年齢を重ねて痩せにくい体に


 年齢とともに身体のあちこちにお肉がつき、体重は年々、微増するばかり。さらにコロナ禍の巣ごもり生活が“コロナ太り”に拍車をかけ、「どんどん太る! やせたいのに全然やせない!」と悩んでいる人は多い。

「人間は年齢とともに基礎代謝量が落ちていきます。基礎代謝とは、心臓を動かす、呼吸をするといった生命を維持するうえで必要なエネルギーのことです。

 また、身体が成長する時期を過ぎると少しずつ老化が進み、筋肉量が減ってしまいます。こうした理由から、年齢を重ねると脂肪がつきやすくなります」(工藤先生)

 世の中にはいろいろなダイエット方法がある。だが、継続するのは至難の業だ。

「食事療法や運動療法など、やせるための理論的な方法はたくさんあります。ただし、そうした方法を実践するには食事や生活を大きく改善しなければならず、一般的にそれは難しいことです」

 実は工藤先生自身、かつて25Kgの減量を行ったことがあるという。


「その時の経験から、無理なく体重を減らすためには、生活の中に手軽に取り入れられる方法が有効なのだと実感しました。

 そこでおすすめしたいダイエット方法が、レモンと緑茶を組み合わせた“レモン緑茶”です

 このレモン緑茶、インターネット上では“アイドル水”と呼ばれている。

 韓国のアイドルが飲んでやせたことが広がり、SNSを通じて「やせた!」「むくみが解消した!」といった喜びの報告が相次いでいるのだ。

脂肪燃焼や食欲増加の効果も!?


 実は、レモンと緑茶は科学的な観点から、それぞれが高い健康効果やダイエット効果がある成分を含む。

 例えば、同志社大学生命医科学部糖化ストレス研究センターの八木雅之教授らの研究によれば、米飯を食べる前にレモン果汁をとると食後の血糖値の上昇を抑えられることがわかっている。

「食後の血糖値の上昇をゆるやかにすると、ブドウ糖が中性脂肪に変わるのを抑えることができ、ダイエット効果がもたらされます。

 ですから、血糖値の上昇をゆるやかにするために食事の20分ほど前にアイドル水を飲んでみましょう。そうすることで無理なくダイエットを続けられると思います

 さらにほかの効果も期待できる。

「レモンの香りや刺激は交感神経を高めて満腹中枢に働きかけ、空腹ホルモンといわれる『グレリン』を抑え、満腹ホルモン『レプチン』の分泌を促します。

 食事の20分ほど前にアイドル水を飲んでおくと満腹になる前にレプチンが分泌され、食べすぎの予防に効果的です

 また、レモンはやせホルモンといわれる「アディポネクチン」というホルモンにも深く関わりがある。

「アディポネクチンの分泌量が多いと運動したときと同じ脂肪燃焼効果が得られ、太りにくい身体になることがわかっています。

 実際、日本一のレモンの産地で、消費量も多い広島県で行われた調査では、レモンの摂取量が多いほど血中のアディポネクチンの濃度が高いことが判明しました」

 レモンと同様、緑茶もダイエット効果が期待できる食品だ。

緑茶に含まれる茶カテキンには、脂質代謝を活発にする働きがあります。また、緑茶を摂取し続けることで善玉菌が増加し、悪玉菌が減少して腸内環境が整う効果ももたらされます。その結果、むくみも減り、やせやすい身体になっていくのです。

 また、テアニンはリラックス効果があるため、ストレスによる食欲増加の予防が期待できます」

 実際、茶どころの静岡県民には、次のような特徴がある。

●メタボ該当者が全国最低水準(特定健康診査の結果)

●2015~2016年の都道府県別健康寿命ランキングの平均値が男性で全国3位、女性で全国2位

「これらのデータからは、日常的にお茶を飲んでいる静岡県民は太りにくく、健康的に長生きしやすいことが推測されます

毎日「食前」に飲む!



 脂肪燃焼効果や食欲増進の予防など、レモンと緑茶はそれぞれがやせるための強い要素を持っている。いずれも代謝が落ちる年代の女性にとってはうれしい効果だ。

「レモンと緑茶の両方の有効成分を摂取できるアイドル水は、ダイエットに役立つ飲み物だといえます。

 まずは3日間、毎日食前に1日3回レモン緑茶を飲んでみてください。1日500ml以上を目安に、水分補給として飲んでいただいてもかまいません。3日から1週間ほどでむくみが減ったり体重が落ちたりと明らかなダイエット効果を実感できるはずです

 さらにアイドル水は、美容面での効果も期待できる。

「緑茶に含まれているカテキンにはさまざまな種類がありますが、中でも緑茶のみが含有しているエピガロカテキンガレート(EGCG)は、なんとビタミンCの約90倍、ビタミンEの約23倍の抗酸化力を持つといわれています。

 老化や肥満は身体の酸化が原因ですから、抗酸化力のある栄養素をとることはダイエットはもちろん、若さの維持にも役立ちます」

40代・50代・60代が飲んでみました!


【40代】1週間でするっと1Kgやせた!

 はちみつを入れるとグッと飲みやすくなって全く無理せず1週間続けられました。普段、仕事のお供にカロリーの高いカフェラテなどを飲みがちだったので、アイドル水を常用ドリンクとしたこともよかったのだと思います!

(I・Hさん/43歳)

【50代】1週間で体重が1Kg、2か月で4Kg減!

 年明けからダイエットを始めたものの、なかなか体重が減りませんでした。でも、アイドル水を飲み始めたら1週間で体重が1Kg減。その後もゆるゆると減少し2か月で4Kgのダイエットができました。

(H・Tさん/56歳)

【60代】気になるむくみに1週間で効果アリ!

 以前から全体的にむくみが気になっていました。試しにアイドル水を飲んでみたところ、1週間が過ぎるころからむくみが減り始めました。3Kgのダイエットを目標にアイドル水を飲み続けたいと思っています。

(Y・Kさん/63歳)

《アイドル水の作り方》


材料

 ●緑茶 ティーバッグ1パック

 ●お湯(70~80℃程度) 150ml

 ●レモン果汁(既製品でも可) 大さじ1

作り方

 【1】 カップに緑茶のティーバッグを入れてお湯を注ぐ

 【2】 (1) にレモン果汁を入れて混ぜる

〈ポイント1〉

 飲みにくい場合は、はちみつを入れてもOK。はちみつに含まれているオリゴ糖は腸内細菌のエサとなるため、善玉菌が増えて腸内のやせ菌が増殖する



〈ポイント2〉
 
生薬であるしょうがを入れると、血流の流れをよくして身体を温める。すりおろしなら小さじ1、薄切りなら1~2枚入れると、より代謝が促進されて効果がアップ!



〈ポイント3〉

 これからの暑い季節には、水出ししたアイドル水を持ち歩くのもおすすめ! 持ち歩き用などでペットボトルに入れる場合、500mlのアイドル水を作るならレモン果汁を大さじ3杯程度入れる

教えてくれたのは……工藤孝文先生工藤内科院長。●福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学し、帰国後、大学病院などを経て現職。糖尿病・ダイエット指導・漢方治療を専門とし『ガッテン!』(NHK)、『世界一受けたい授業』(日本テレビ)等メディア出演多数。『疲れない大百科』、『かからない大百科』(ワニブックス)等著書多数。

〈取材・文/熊谷あづさ〉

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_812da672f881 oa-shujoprime_0_245f5b16941e_ゆきぽよ失速から見えてくる「ギャルタレント」の難しさ 245f5b16941e 245f5b16941e ゆきぽよ失速から見えてくる「ギャルタレント」の難しさ oa-shujoprime

ゆきぽよ失速から見えてくる「ギャルタレント」の難しさ

2021年5月3日 21:00 週刊女性PRIME

(左から)若槻千夏、ゆきぽよ、藤田ニコル

 ゆきぽよこと木村有希(24)が出直しを図っている。今年1月、過去のスキャンダルが報じられ、失速。そのスキャンダルとは、2年前、彼女の自宅で友人の男性がコカイン使用で逮捕され、彼女自身も事情聴取されたというものだ。

ギャルタレントの売りは何か?


 

 しかし、3月にはライザップの記者会見に登場。表舞台から消えていたあいだにダイエットとシェイプアップに成功したことを報告した。その成果を見せるべく、5月25日にはセクシー写真集を出すという。

 その写真集にはインタビューも掲載されていて、今回の騒動にも言及。「私が罪を犯したわけじゃないのに、どうして?」とふさぎこみ「消え去りたい」と思っていたことなどが、写真誌で先行的に紹介されている。

 ただ、これで風向きが変わるわけでもないだろう。以前のように、テレビでバリバリ活躍するのは難しいのではないか。というのも、彼女はインタビューのなかでこんなことも言っている。

何も考えてない横浜のギャルのまま、ここまで来ていました。じゃあこれからどうしようかと、徐々に考えるようになったんです

 そう、彼女はギャルタレントのひとりだが、そもそも、ギャルタレントというもの自体、寿命が短いのだ。今回、明暗を分けたとされるみちょぱこと池田美優(22)だって、いつまで重用されるかはわからない。

 なぜ、そういえるかといえば、ギャルタレントの売りが刹那的イメージだからだ。今が楽しければいいというノリに若者が共感し、大人が眉をひそめつつ、面白がるという構図によって支えられている。もちろん、若くて華や色気があり、毒舌ポジションも引き受けてくれるのでバラエティー番組にはもってこいだが、本人が刹那的なら、こっちも使い捨てていいだろうという感じで扱われがちだ。

 では、使い捨てられないためにはどうすればよいのか。ギャルのままでは行き詰まるので、変化が必要になる。

ギャルタレントに必要な「方向転換」


 たとえば、ギャルっぽいグラドルとして世に出た若槻千夏(36)の場合、一時的に活動休止したりブロガー転向などにより、その毒舌キャラを消費されすぎずに済んだ。また、結婚と出産も経験。ギャルっぽさも残るママタレとしての個性が再注目され、最近また露出が増えつつある。

 一方、カリスマ性を高めていったのが飯島愛さんだ。深夜のお色気番組『ギルガメッシュないと』(テレビ東京系)でのブレイクから8年後、少女時代の非行やAV出演歴などを赤裸々に告白した自伝『プラトニック・セックス』(小学館)がベストセラーになった。これにより、ギャルタレント時代からの毒舌がより深い意味と説得力を持つことに。いわば「若きご意見番」として一目置かれるようになるわけだ。

 そんな飯島さんについて『ギルガメッシュないと』の司会者だった岩本恭生は、

なんというか、愛ちゃんは最初から“捨て身”でした》(『独りぼっち 飯島愛 36年の軌跡』(講談社)著者=豊田正義)

 と、回想している。その懸命さに好感を持ち、潰させてはいけないと思ったという。使い捨てていい存在にならなかったことが、その後につながったのである。

 ただ「捨て身」な生き方は心身に負担をかけるのだろう。『プラトニック・セックス』の7年後、彼女は体調を崩して引退。その翌年、36歳で他界した。それでも、最も成功したギャルタレントであることに疑いはない。


 そんな飯島さんと少し似たところがあるのが、にこるんこと藤田ニコル(23)だ。ああ見えて(?)人生経験がけっこう豊富で、セレブ生活と貧乏生活の両方を体験。そのためか、ときどき深いことを言ったりもする。

たとえばさ、有名人の人が亡くなったりとかするじゃん。そのときってさ、みんな、ツイッターとかにさ、うわーっとか、悲しみの声みたいな、つぶやくじゃん。自分がもし死んじゃったときにそうなるのかなって、すごい不安なの。見えないわけじゃん。死んだらさ、ツイッターなんていじれないしさ。見たいよね、死んだときの自分のツイッターの声」(『情熱大陸』TBS系)

 こういうところを上手く活かすことができれば、さらなるステップアップも可能だろう。

 ただ、最近はギャルタレントそのものが飽きられてきた気配もある。めるること生見愛瑠(19)のような、非・ギャル系の若手タレントのほうが新鮮だという声もあがってきているからだ。ゆきぽよが結局、セクシー路線で出直すというのも、歌や演技ができないギャルタレントの限界を示しているのかもしれない。

 はたして今後、ギャルタレントから大成する人は出てくるのだろうか。

PROFILE●宝泉 薫(ほうせん・かおる)●作家・芸能評論家。テレビ、映画、ダイエットなどをテーマに執筆。近著に『平成の死』(ベストセラーズ)、『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)、『あのアイドルがなぜヌードに』(文藝春秋)などがある。

外部リンク