cat_oa-shujoprime_issue_28385d5efaf2 oa-shujoprime_0_28385d5efaf2_清水良太郎、父・清水アキラから与えられていた土地と一軒家の財産総額 28385d5efaf2 28385d5efaf2 清水良太郎、父・清水アキラから与えられていた土地と一軒家の財産総額 oa-shujoprime

清水良太郎、父・清水アキラから与えられていた土地と一軒家の財産総額

2017年10月16日 19:00 週刊女性PRIME

目白署から送検される良太郎容疑者。当初は否認していたが、一転して認めた


「バカ野郎としか言いようがないですね。本当にバカ野郎……。もう、あいつのことを信じることもできないです」

 ものまねタレントの清水アキラの三男で俳優の清水良太郎容疑者が10月11日、覚せい剤取締法違反で警視庁に逮捕された。翌12日に自宅で会見を行った父親は、涙ながらに息子の不行状を叱責した。

「10日の午後1時40分ごろに風俗嬢から池袋のホテルで“薬物を飲まされた”と警察に通報があった。ホテルから出てきた良太郎容疑者を任意同行し、尿検査を実施。

 1度、帰宅したものの尿から陽性反応が出たため、11日に妻やもうすぐ1歳になる娘が住む自宅で逮捕されたのです」(スポーツ紙記者)

 では、逮捕された良太郎容疑者はどのような罪に問われるのだろうか。刑事事件に詳しい『弁護士法人・響』の徳原聖雨弁護士は、

「覚せい剤取締法違反(使用)の罪で、懲役1年6か月、執行猶予3年と、初犯の一般的な量刑になるでしょう。また、女性が薬を飲まされ体調不良を訴えたという点については、傷害罪に問われる可能性もあります。その場合は、合わせて懲役2年、執行猶予3年になるのではないでしょうか」

 と見解を示す。

 良太郎容疑者といえば、過去には深田恭子や観月ありさなどと浮名を流したモテ男だった。それが、昨年5月に一般女性と結婚し、同年11月には第1子となる女の子も誕生している。

「父親になったにもかかわらず、今年2月には池袋にある違法カジノに出入りしていたことを『FRIDAY』が報じました。一時の謹慎を経て、6月下旬に復帰したのですが、報道から8か月後に今度は覚せい剤で逮捕ですからね。

 しかも、出入りしていた違法カジノ店と事件を起こしたホテルは目と鼻の先。これでは反省していないと言われてもしかたがないでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

 会見でアキラは違法カジノ疑惑での謹慎期間について、

「そのときも何度も聞いたり、怒鳴り合ったりもした。そのときも何もないということだった。信じてあげたいとは思いますが……。でも、ファンクラブの集いのときに、歌詞を見ながら歌ってるのを見て、全然、反省してないのかとも思いました。何か月もあったのに、覚えてないというのは僕らの仕事ではありえない」

 と、仕事面での甘さから、反省していない息子の姿を感じ取っていたようだ。




 また、彼らのことをよく知るある人物もこう話す。



「最近、生活態度が悪くなってきた良太郎に対し、友人が改めるように諭したそうです。でも、彼は逆ギレしてその人を遠ざけてしまった。それが薬物の影響なのかどうかはわかりませんが……」(清水家に近しい人)

 アキラと良太郎容疑者は、次男が社長としてマネージメントする家族経営のプロダクションに所属している。

 父は、そこから息子を解雇し、芸能界復帰は否定しているのだが……。

「しつけで殴ったりしたことを明かしていましたが、良太郎の芸についての話になると、“彼の才能に惚れていた”と話していました。

 彼には3人の息子がいますが、長男はパイロットで、次男は事務所社長。同じものまね芸をする三男をことのほか可愛がっていたのは間違いない。彼の生活もありますし、ほとぼりが冷めたころに復帰はありえると思いますよ」(芸能レポーター)

 厳しくしつけをしてきたことを自負するアキラは、周囲にこんなことも話していた。

「良太郎の違法カジノが報じられる前だけど、彼は“ここまできたらオレは子育て成功組だろう”って話していたね。確かに、上の2人も立派に育ったし、オヤジと違ってものまねだけじゃなくドラマやミュージカルで活躍する三男を誇りに思っていた。だからこそ、逮捕されたショックは計り知れないと思う」(芸能プロ関係者)

4年前、財産分与のために豪邸を売却

 4年前には、アキラは故郷である長野で暮らすために『卒婚』を発表。また、都内の高級住宅街にあった豪邸を売却している。

「何でも自分が死んだあとに自宅の財産分与で3人の息子たちがモメないために売ったのだとか。それで、別の土地に3軒の家を建て直したのです。もちろん、子どもたちに1軒ずつあげるためです。実際に長男は別のところに暮らしていますが、アキラの妻と次男、三男の家族は建てた家にそれぞれ住んでいますよ」(ワイドショー関係者)

 まさか、その建てた家の広い駐車場で謝罪会見をするとは思ってもいなかったであろうが……。






「3、4年前に引っ越してきましたが、以前からこのあたりで物件を探していました。坪単価170万円くらいする地域なので、3件の土地だけで、ざっと2億5000万円。総額は3億5000万円くらいになるんじゃないですかね」(地元の不動産会社スタッフ)

 1軒で1億円ほどの財産を子どもたちに分けるというのは、なかなかの太っ腹。そして家だけでなく、家族愛のためにこんなことをアキラはかつて『週刊女性』に語っていた。

《家族には「みんな同じ墓に入るように」と伝えてあります。長男は入れて、次男はダメという決まりは、昔の坊さんが考えたこと。無縁仏になるのは嫌だから、後世に残していくため、清水家では全員同じ墓に入るのがルール》

 家、そしてお墓……。子どもたちのために積極的に“終活”していただけに、裏切られた気持ちは大きいはずだ。

 だが、意外なところで親バカぶりが目撃されている。

「実は2月の違法カジノ報道が出る前、アキラは直接、FRIDAY編集部に何度も電話をかけてきたそうです。もちろん、“良太郎はまったく悪くない”と言っていたそうですよ。

 息子たちが立派に育っていればアキラのしてきたことは褒められたかもしれないけど、逮捕までされてしまっては、さすがに子どもに対して甘かったと言われてもしかたがないでしょうね」(別の芸能プロ関係者)

 アキラが謝罪会見を行った日に、妻は入院し腰の手術をしていたという。麻酔から覚めた彼女が涙を流したことを、彼は嗚咽をもらしながら報道陣に明かした。

 “深い罪”でここまで両親を悲しませた29歳の親不孝者にはたして、つける薬はあるのだろうか─。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_28385d5efaf2 oa-shujoprime_0_42d1a8903215_古坂大魔王が見せた幸せいっぱいPAPAの顔 42d1a8903215 42d1a8903215 古坂大魔王が見せた幸せいっぱいPAPAの顔 oa-shujoprime

古坂大魔王が見せた幸せいっぱいPAPAの顔

2021年10月19日 06:00 週刊女性PRIME

都内のスーパーマーケットで目撃された古坂大魔王

「古坂(大魔王)さんの育児をたまに手伝っているんですが、大変です。何とか寝たいですね」

 '16年、シュールな歌とダンスが話題になり、『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』の動画が世界的ヒットとなったシンガーソングライターのピコ太郎。10月12日、ローソンの新商品『パリチキ』発表会に登場し、プロデューサーである古坂大魔王の育児を手伝っていることを明かした。

幸せいっぱい、しかし悩みも



 この数日前、ピコ太郎の言葉を裏付けるこんな姿が目撃されていた。

「走っちゃダメよ~! どのお菓子を食べたいの?」

 都内の住宅街にあるスーパーマーケットで、特徴的な男性の声が響く。

「どこかで聞いたことがある声だなと振り返ったら、古坂さんがご家族で買い物されていました。平日の夕方とあり、店内は夕食の買い物に来た主婦と思われる女性が中心だったため、家族連れは目立っていましたね。古坂さんはカートを押しながら、元気いっぱいな長女の行動を温かく見守っていました」(居合わせた買い物客)

 駄菓子コーナーで長女が足を止めると、古坂と1歳の次女を抱えた妻も立ち止まり一緒になって選んでいたという。

「奥さま(タレントの安枝瞳)はまだ小さな次女を抱えていたこともあってか、買い物と長女の面倒は古坂さんが担当されていて、いいパパだなとうらやましくなりました(笑)。このスーパーは駐車場が完備されているので、車で来店されたのでしょう。カートいっぱいの食材を買われていましたね」(同・買い物客)

 幸せいっぱいの古坂ファミリーだが、ある悩みがあるようで……。

「次女が誕生した昨年6月はコロナ禍になっていたこともあり、青森県に住む古坂さんの両親にまだ直接顔を見せられていないんです。最近は感染者も減ってはきているものの、万が一両親を感染させてしまったら……と不安なようで、青森に帰省するタイミングを悩んでいますね」(テレビ局関係者)

 スーパーでは育児を手伝っているというピコ太郎の姿は見られなかったが、『PPAP』を大ヒットさせた古坂は“PAPA”としても一流だった!!

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_28385d5efaf2 oa-shujoprime_0_3537545ec836_二宮和也がオシャレ化、妻のセンスで“脱ダサ男”へ 3537545ec836 3537545ec836 二宮和也がオシャレ化、妻のセンスで“脱ダサ男”へ oa-shujoprime

二宮和也がオシャレ化、妻のセンスで“脱ダサ男”へ

2021年10月19日 05:00 週刊女性PRIME

二宮和也

「健康ランドの帰りみたい」

 2018年、映画『検察側の罪人』のプロモーションでバラエティー番組に出演した際、木村拓哉にこう言われてしまうほど、着る服に対して無頓着なことで知られる二宮和也。そんな彼に驚くべき仕事が舞い込んできたという。

「長澤まさみさんと夏帆さんがイメージキャラクターを務める20~30代の女性向けブランド『ローリーズファーム』などを展開する、アダストリアのショッピングサイト『.st(ドットエスティ)』のイメージキャラクターを務めることが決まりました。9月にはすでにCM撮影もすませています」(広告代理店関係者)

 これまでファッションには興味がないことを公言してきた二宮。若者を中心に人気を集めるブランドの顔になるとは意外な気もするが、実は最近ファンの間である変化が指摘されていた。

《『ジャにのちゃんねる』でニノが着てるドラえもん、かわいいと思ったらGUCCIとのコラボTシャツか》

ニノの服、またもN°21(ヌメロヴェントゥーノ)!? 袖口かわいい。最近ハイブランド率高いね》

 と、YouTube動画などで着用している私服のアイテムがハイブランドなことが増えているというのだ。

元アナ妻・Aさんのアドバイスか



「かつては趣味のゲーム以外にはお金を使わないことで知られ、中居正広さんのお下がりの服ばかり着ていた時期もありました。しかし昨年ごろから、ハイブランドの服をサラリと着こなすことが増えてきました。時期的に考えて、奥さんから服についてアドバイスされているのかも」(アイドル誌編集者)

 オシャレに興味を持ち始めた影響か、YouTubeの動画ではこんな発言も。

Travis Japanの宮近海斗さんに私服を譲ったことを明かしていました。これまでなら後輩に服を譲るなんて信じられないし、健康ランド帰りのような服であれば、後輩も喜んでもらわなかったでしょうからね(笑)」(二宮のファン)

 二宮のイメージキャラクター就任について、アダストリアに確認したが、

「当社からお答えすることはございません」

 オシャレなジャニーズの代名詞になる日も近い!?

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_28385d5efaf2 oa-shujoprime_0_b672e072e1c4_『月曜から夜ふかし』で有名に、ジャガーさん突然“帰還”の理由 b672e072e1c4 b672e072e1c4 『月曜から夜ふかし』で有名に、ジャガーさん突然“帰還”の理由 oa-shujoprime

『月曜から夜ふかし』で有名に、ジャガーさん突然“帰還”の理由

2021年10月18日 21:00 週刊女性PRIME

ジャガーさん

「ひとり一人のお客さまが安心してご利用できるよう、みなさまのご協力をお願いします」

 千葉県市川市のJR本八幡駅では、こんな構内アナウンスが朝、昼、夕方と1日に3回ほど流れている。この声の主は千葉県を中心に活躍していたロックミュージシャンのJAGUAR(ジャガー)さんだ。


地球から故郷の星に“帰還”


 彼は1980年代から地元のチバテレビで番組枠5分を買いとってHELLO JAGUARという自身の音楽番組を放送。近年は月曜から夜ふかし(日本テレビ系)に異色のご当地ミュージシャンとして取り上げられて人気を博す。さらに映画『翔んで埼玉』に伝説の千葉県人役として出演するなど、活動の幅を広げていた。

 ところが10月4日、ジャガーさんの所属事務所が突然、次のような発表をした。

《令和3年、JAGUAR星人のJAGUARが、大好きな地球よりJAGUAR星に帰還いたしました。ここに地球でのご厚誼を深く感謝するとともに、謹んでお知らせ申し上げます。帰還の具体的な時期と理由に関しましては、JAGUARの意思により非公表とさせていただいております。地球での音楽活動、タレント活動、全ての活動において、皆様からの沢山の愛をいただけましたことを、心より感謝申し上げます》

 ジャガーさんには、世を忍ぶ仮の姿があった。それは洋服のお直し店など手広くビジネスを展開する実業家の顔であり、地元ではそちらのほうでもちょっとした有名人だった。そのため、事務所の発表後、地元・市川市の住民の間でさまざまな憶測が飛び交っている。ある住民は、

地元ではジャガーさんはタレント活動や仕事から引退しただけという意見と、亡くなったという意見に分かれています

 別の住民は、

「ここ半年ぐらいは、ほとんど見かけなくなってしまったし……」


実業家としての側面


 ジャガーさんは、50年近く前にこの市川市の地に降り立ち、住居兼店舗の戸建てから洋服のお直し店の事業をスタートさせた。

「1階がお直し1号店と、駐車場でね。木造なのに電動式のシャッターで、中から黄色のフェアレディZや外車が出てきていたよ。2階にジャガーさんが住んでいたんだけど、空や星を見るのが好きみたいで、天井がガラス張りだったみたい(笑)」(近所の主婦)

 当時は町内会の集まりにもよく参加していたジャガーさん。前出の近所の住民はこう話す。

「気さくな人でしたよ。ま、基本は無口でおとなしい人なんだけどね。僕の亡くなった父親が生きていれば、今年で85歳になるんだけど、その父親が“あんな格好をしているけど、ジャガーさんは俺の少し下なんだから”と言っていました。だから、80歳前後じゃないかな……

 実業家だが、見た目はロックミュージシャンそのもの。

「ロン毛の金髪、黄色やピンクのパンタロンみたいなものをよく履いていましたね。父親も実業家としては彼を認めていましたが、なにしろ風変わりでしたから僕には“近づいちゃダメな人”って言っていましたね(笑)」(同・住民)

 80年代にジャガーさんがテレビに出演するようになったとき、最初は彼だとは気づかなかったという。

「友人に“お前の家の近くに住んでいるあの人だよ”と言われて、やっとわかったぐらいだった。だってテレビの中ではヘビメタみたいなメイクをしていたから。一度、ライブを見に行ったら、歌は吉田拓郎のようで意外でした(笑)」(同・住民)


 そんな中、別の近隣住民からこんな声が。

2、3か月前の暑い日の午後3時ぐらいだったかな。ジャガーさんが女性に抱きかかえられるようにして、足を引きずって歩いていた。かなり具合が悪そうだったよ

 この話が本当であれば、容態が気になるところ……。所属事務所に確認すると、

「絶対にあり得ません。それはまったくのウソです」

 と全面否定だった。

 25年ほど前、地下1階、地上4階建てのビルを建設したジャガーさん。

「1階はかつてライブハウス。2階で美容室も経営していた。本来は3階建てだったんだけど、その上にガラス張りの部屋を造ってね、ジャガーさんはそこに住んでいました。やっぱり空や星を見るのが好きだったんでしょうね」(前出・近所の主婦)

 星空を見上げて、JAGUAR星を探してみたくなった。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_28385d5efaf2 oa-shujoprime_0_7b1f13b5d573_広瀬アリス、“すずの姉”からの脱却で引っ張りだこ 7b1f13b5d573 7b1f13b5d573 広瀬アリス、“すずの姉”からの脱却で引っ張りだこ oa-shujoprime

広瀬アリス、“すずの姉”からの脱却で引っ張りだこ

2021年10月18日 19:00 週刊女性PRIME

9月下旬、都内のオフィス街で大手メーカーのCM撮影をしていた広瀬アリス

 9月下旬、都内のオフィス街にド派手なスーツに身を包んだ広瀬アリスの姿があった。

この日は大手メーカーのCM撮影を行っていました。通勤時間帯だったこともあり、立ち止まる人はいたものの、大きな騒ぎにはならずにすみました」(制作会社関係者)

 翌週には、都内屈指の広さを誇る公園でドラマ撮影に挑む姿を再びキャッチした。

「公園内のカフェを貸し切りにして撮影を行っていましたね。スタッフの会話が聞こえてきたのですが、第1話のシーンを撮影していたみたい。終始、ニコニコされていたのが印象的でした」(近隣住民)

 広瀬は現在放送中の月9ドラマ『ラジエーションハウス2』(フジテレビ系)に出演中。しかし1話はすでに放送ずみだけど……。

撮影していたのは来年4月期に放送されるカンテレ制作の恋愛ドラマですね。若手ジャニーズなどが共演者にキャスティングされていますよ」(テレビ誌編集者)

 来年1月期の月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)は約1年前に撮影を行うなど、最近は早撮りするドラマが増えている。

「これまでどおりのスケジュールだと、メインキャストが新型コロナに感染してしまった場合、放送に間に合わないこともありますからね。各局、余裕を持って撮影するようになりました」(テレビ局関係者)

妹・すずがリードしていた



 今回、撮影が前倒しになったのには、それ以外の理由も。

広瀬さんは業界での評価が高く、来年までスケジュールがいっぱいなんだとか。どうしても出演してほしい局側が交渉した結果、前倒し撮影を条件に何とか出演のOKをもらえたようです」(芸能プロ関係者)

 朝ドラヒロインも務めた妹・すずのほうが女優としてリードしていたものの、ここにきて姉・アリスの評価が急激に高まっている。

「昨年放送されたドラマ『知ってるワイフ』で恐妻から可愛らしい女子高生、人柄のよい銀行員まで演じ分けたことで、オファーが殺到しています」(前出・テレビ局関係者)

 彼女が人気女優になれたのは、事務所の先輩からのアドバイスが関係しているという。

「6年ほど前は、すずさんがドラマ『学校のカイダン』で主演を務めてブレイクしたこともあり、妹と比べられるのが嫌で事務所の言うことを聞かないこともあったといいます。そんなとき、事務所の先輩である勝地涼さんに“俺にも反抗期があったからわかる”と親身になって悩みを聞いてもらったことで心を入れ替え、どんな仕事にも全力で臨むようになったそう」(同・テレビ局関係者)

 彼女の快進撃はまだまだ続きそうだ。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_28385d5efaf2 oa-shujoprime_0_7a14055bf72c_ニシキヘビに続きワニガメを捕まえた“珍獣名探偵”の冴えわたる推理力 7a14055bf72c 7a14055bf72c ニシキヘビに続きワニガメを捕まえた“珍獣名探偵”の冴えわたる推理力 oa-shujoprime

ニシキヘビに続きワニガメを捕まえた“珍獣名探偵”の冴えわたる推理力

2021年10月18日 16:30 週刊女性PRIME

「やっぱりブイ(浮き)の近くにいた。息継ぎのため毎日のようにそこで顔を出す姿が目撃されていたほか、ワニガメの習性を考えるとそう遠くにはいかないから。想定外だったのは、遊泳能力が高かったことと、予測よりは行動範囲が広かったこと

 茨城県つくば市の公園内の池で18日午前10時すぎ、巨大ワニガメを捕獲した体感型動物園「iZoo(イズー)」の白輪剛史園長(52)はそう言って、足かけ13日間におよんだ捕獲作戦を振り返った。

捕獲に成功した白輪園長

 捕獲できた最大の要因は、「全長60メートルの金網のフェンスで居場所を囲い込めたこと」という。

 ワニガメが水面に顔を出すとスタッフが輪になって静かに包囲をはじめた。フェンス内の障害物をひとつずつ取り除き、ワニガメが身を隠す場所をなくしていった。フェンスをせばめていく前に捕まえることができたが、捕獲は時間の問題だった。

 前回14日の探索は、早朝2時間半だけという時間的制約に縛られる中、白輪園長が単独で池に潜った。ワニガメが水面に顔を出したらすぐ池に入って捕まえにいく作戦だった。

 しかし、ワニガメは姿を見せず、タイムリミットが迫って“見切りダイブ”に。ボンベの酸素量は約1時間しかなく、「視界約5センチ」(白輪園長)という水中の濁りと、池底の石や流木などに邪魔され捕獲できなかった。

「絶対にブイの近くにいるんだよ。おそらく半径数メートル以内にいる。やっぱり姿を見せるまで待たないとダメだね」

 と反省。息継ぎ時につかまりやすいブイのある目撃ポイントから目をそらさなかった。

 白輪園長は過去3度の捕獲作戦では肉眼で姿を見ておらず、「この目で見たら捕まえる自信がある」と話していた通りになった。

 なにしろ毎度、静岡県から片道4時間以上かけて往復しているから負担は大きい。さらに捕獲作戦は人件費も交通費もすべて自腹というボランティア。本業をこなしながら楽な作業とは言いがたい。

 ワニガメの生態を知り尽くす白輪園長は、一時的に居場所を変えたとしても必ずブイ付近に戻って来ると確信していた。

 きょう18日はそれまでの教訓を生かし、スタッフ8人態勢でワニガメが顔を出すのをひたすら待った。時間的制約を設けず、潜水用の酸素ボンベも十分な量を持ち込んだ。報道陣に対しては「ワニガメが警戒してしまう可能性があるため、私たちが池に入るまでは遠巻きに撮影していただけませんか」と申し入れ、静かな環境を整えた。

 ひとつずつ可能性をつぶし、失敗は認めて軌道修正し、ワニガメ目線で考える──。

 それが“珍獣名探偵”のプロフェッショナルたるゆえんなのだろう。

ワニガメは敵じゃない


 捕獲作戦を始めたころは、ワニガメが捕食する池の魚をブイ付近に集めるため撒(ま)き餌をしたり、エサを入れた罠(わな)を仕掛けるなど試行錯誤を繰り返した。

 白輪園長は罠について「ワニガメは警戒心が強く、捕食スタイルは“待ち伏せ型”なので罠のエサを食べに行く可能性は低かった」と話し、これきり罠を仕掛けるのはやめた。

「ワニガメは陸に上がって生活することはない。動物を主食としておらず、ワニガメのほうから人間を襲ってくることはない。陸上で活動するアミメニシキヘビとは異なり、池に不用意に近づかなければ被害は避けられる」

 と話したこともある。

 ただし、あまりのんびりもできなかった。

「カメは10、11月ごろから来春まで冬眠に入ってしまう。冬眠中は居場所の特定は無理。暖かい日が続いているうちが捕獲のチャンスで、気温が10度を下回るようになると難しくなるから」(白輪園長)

 それはワニガメを怖がる人間のためだけではない。

「この池にワニガメの天敵はおらず生態系のトップに君臨する。在来種ではないため池の生態系は破壊されてしまう。ワニガメのためにも早く無傷で捕まえてちゃんと飼ってくれるところに引き渡してあげたい」(白輪園長)

 今年5月に横浜市戸塚区のアパートから逃げたペットの巨大アミメニシキヘビについて、「まだ室内にいるはず」と推理をはたらかせて屋根裏にのぼると、あっという間に捕まえてみせた“名探偵”。地元警察が捜索済みの場所だったにもかかわらず、アパート所有者に直談判し、部屋を損壊したときは自腹を切る約束までして捕獲につなげた。

“対戦相手”がワニガメに変わっても、捕獲時になるべく傷つけないよう配慮した。

 捕獲後、白輪園長に聞いた。

 こんどの敵は手ごわかったか──。

「手ごわかったからこそ時間がかかった。初日の15分で捕まえられると思っていたから。ワニガメの能力をみくびっていた。それと、ワニガメは敵じゃない。仲間だからね」

 そう言って笑った。

◎取材・文/渡辺高嗣(フリージャーナリスト)

〈PROFILE〉法曹界の専門紙『法律新聞』記者を経て、夕刊紙『内外タイムス』報道部で事件、政治、行政、流行などを取材。2010年2月より『週刊女性』で社会分野担当記者として取材・執筆する。ウェブ版の『週刊女性PRIME』『fumufumu news』でも記事を担当

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_28385d5efaf2 oa-shujoprime_0_1c6e1938018d_『ゴルゴ13』作者が生前語っていた「幻の最終話」 1c6e1938018d 1c6e1938018d 『ゴルゴ13』作者が生前語っていた「幻の最終話」 oa-shujoprime

『ゴルゴ13』作者が生前語っていた「幻の最終話」

2021年10月18日 16:00 週刊女性PRIME

'21年9月24日に亡くなったさいとう・たかをさん(201巻世界記録到達記念の特設サイトより)

「10%の才能と20%の努力、そして30%の臆病さ、残る40%は“運”だろう……な」

 これは、人気漫画『ゴルゴ13』の主人公で超A級のスナイパーであるデューク・東郷が「プロとして成功する条件は?」と聞かれた際、作中で答えた有名なセリフだ。

 単行本が201巻を突破し、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定された『ゴルゴ13』を生んだ“劇画の父”と呼ばれるさいとう・たかをさんが9月24日、84歳で亡くなった。

「朝からステーキ肉を食べる」


「さいとう先生は中学卒業後、大阪府内の実家で営んでいた理髪店で働き始めるも、'55年に『空気男爵』でデビュー。当時流行していた貸本向け漫画の中心的な存在となっていきました。

 しかし、漫画に専念するために理髪店を辞めたところお母さまが激怒し、それ以降漫画自体を嫌うようになってしまい……。先生が漫画家として大成した後も、お母さまは亡くなる直前まで先生の漫画に触れることすらなかったそうです」(出版社関係者)

『サバイバル』シリーズや『台風吾郎』シリーズ、『鬼平犯科帳』シリーズなど多くのヒット作を世に送り出し、数々の漫画賞も受賞した“大御所作家”。さいとう先生の素顔もゴルゴさながら、紳士的な人物だったという。

「お酒が好きで、以前は石ノ森章太郎さんや藤子不二雄Aさんと、銀座のお店などによく通われていました。でも、ワインやシャンパンなどを飲んで派手に遊ぶという感じではなく、ウイスキーを飲まれて、2時間ほどで帰宅されるというパターンがほとんど。

 酔った姿は見たことがなく、ゆっくりと落ち着いたトーンでお話しする“ダンディ”な方でした。周囲に威張ることはなく、お店の従業員にも優しく接しており、人の悪口を言うことも決してありませんでしたよ」(さいとう先生の知人)

 お店で居合わせたほかの客からは「本当に80代?」と驚かれるほど、若々しかった。

「80歳を超えても、食とファッションにすごく興味がある方でした。お肉が大好きで、“朝から赤身のステーキ肉を食べている”と話していると聞いて驚きました。

 ファッションは基本的に奥さまがコーディネートしてくれていたそうで、それがとてもセンスがいいんです! 朝起きたら、ワイシャツとネクタイとジャケットなどの服装が用意されていたと聞きました。だから先生もファッションに関心が強いのかなって」(同・前)

実兄と揉めた過去


 プライベートで『ゴルゴ』の話を自分からすることはあまりなかったそうだが、やはり周りはその話を聞きたがる。

「数年前に外務省が作成した『中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル』と『ゴルゴ13』がコラボした際は、とても喜んでいましたよ。自分の仕事が国に認められたということを誇りに思っていらっしゃるようでした。

“『ゴルゴ13』の最終話はどうなるんですか?”としょっちゅう聞かれていたのですが、先生は必ず“頭の中にあるんだよね”と答えていました。今後はアシスタントさんたちが作品を引き継がれるようですが、先生が想定していた最終回を描いていただけるとうれしいですよね。

 ちなみに、ゴルゴが劇中で報酬の振り込みを求めることで有名なスイス銀行の話になると“(自分は)スイスの銀行に口座は持ってないよ”って教えてくれました(笑)」(別の知人、以下同)


 大御所漫画家にもかかわらず偉ぶることなく、ゴルゴのように紳士的でジョークもこぼしていたさいとう先生だが、時折、悩みに似た本音を周囲に打ち明けていたという。

「最期まで“雪解け”できなかったお兄さんとの関係を後悔しているんじゃないかな……」

 '16年に亡くなった兄の發司さんは『さいとう・プロダクション』の出版部門が分社化された『リイド社』の代表取締役を務めていた。

「あるとき、さいとう先生と發司さんが作品の権利関係で揉めてしまい、長年仲違いの状態になってしまったそうです。先生自身、結婚を3回、離婚を2回経験していることをよく話題にして“人というものは分かり合えないもの。それは親子でもきょうだいでも一緒だよ”と、寂しそうに語っていたのが印象に残っています」

 天国では兄弟仲よく、漫画の話題で盛りあがっていることを願いたい。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_28385d5efaf2 oa-shujoprime_0_c4c2db141c23_執念の救出!ニシキヘビ捕獲園長「4度目の挑戦」で池底の巨大ワニガメ捕まえる c4c2db141c23 c4c2db141c23 執念の救出!ニシキヘビ捕獲園長「4度目の挑戦」で池底の巨大ワニガメ捕まえる oa-shujoprime

執念の救出!ニシキヘビ捕獲園長「4度目の挑戦」で池底の巨大ワニガメ捕まえる

2021年10月18日 11:30 週刊女性PRIME

 あのスペシャリストがやってのけた。

 茨城県つくば市にある洞峰公園内の池で目撃情報が相次いでいた外来種の巨大ワニガメは10月18日午前10時07分ごろ、爬虫(はちゅう)類の専門家によって無事に捕獲された。

 捕獲作戦を成功させたのは、今年5月に横浜市戸塚区で行方のわからなかった巨大アミメニシキヘビを捕まえたあの人、静岡県河津町にある国内最大の爬虫類・両生類の体感型動物園「iZoo(イズー)」の白輪剛史園長(52)。今月6、8、14日の捕獲作戦に続く4度目の挑戦で、池に潜んでいたワニガメを生け捕りにした。

ワニガメを捕獲した白輪園長

 ワニガメが水面に顔を出すと、池に入ってスタッフで取り囲んだ。白輪園長は「ワニガメが足に当たった」などと叫び、確保の瞬間、

「いた! 網に入った。押さえた」

 と興奮を抑えきれない様子で叫び、そばで見守っていた公園関係者や来園客から「おーっ」などと歓声がわき起こった。

「水中で足にワニガメが触れても一瞬で消えてしまった。われわれが想像する以上に警戒心が強く、泳ぐのも速かった」

 と白輪園長。

 着手から捕獲まで約3時間40分かける丁寧な作戦だった。

 真夜中に現地入りし、早朝6時からスタッフ8人態勢で捕獲準備に着手。白輪園長は事前に潜水用のドライスーツを着込み、双眼鏡などで池(正式名称=洞峰沼)にじっと目を凝らした。

 午前7時37分ごろ、目撃多発ポイントであるブイ(浮き)につかまって顔を出したワニガメを確認すると、「あがった、あがった! いたね〜」と興奮ぎみに話し、水深約80センチの池にズブズブ入っていった。

 周辺の半径数メートルを金網のフェンスで囲い、逃げる隙間をつくらないよう慎重に水中封鎖。池底に沈んでいた浮き島の土台となるネットの残骸十数個や流木などの障害物を取り除き、隠れる場所をひとつずつつぶしていった。

 横浜市のアミメニシキヘビとは異なり、このワニガメの所有者はわかっていない。本来は米国南部の沼や川などに生息し、魚やカメの甲羅をバリバリ割って食べるほど顎の力が強いとされる。特撮映画「ガメラ」のモデルになるほど獰猛(どうもう)で最大100キロ超まで成長する。環境省と農林水産省は、生態系などに被害をおよぼすおそれのある「生態系被害防止外来種」に指定しており、現行法は愛がん目的のペットとして新たに飼うことを禁じている。

 白輪園長によると、ワニガメのほうから人間を襲ってくることはないというが、うっかり手を出すと指を食いちぎられるほどのパワーがあるという。扱いに慣れている白輪園長は防刃手袋などを2枚重ねにした両手で持ち上げてみせ、

「ワニガメの夢ばかり見ていた。もうワニガメの夢は当分いいです」

 と無事に捕まえられたことに安堵(あんど)した。

 捕獲後に計測したところ、甲羅の長さは約55センチで推定20歳前後のオス。白輪園長によると推定体重約40キロで、おおむね80〜100年生きるワニガメとしては若い個体という。

 目撃情報などが報道されて以降も、所有者から公園管理事務所に連絡はなく、ペットとして飼育されていた個体が捨てられた可能性が高まっている。

 確保されたワニガメは今後、

「飼育許可を持っている茨城県内の施設でかわれることになります」

 と白輪園長。

 ワニガメを池に放したとみられる所有者に向け、

「マイクロチップも埋まっていなかったし、違法な状態で飼育していたのだろう。捨てる前に相談してほしかった。同じような状況にある人がいたら、これだけ大変なことになるので絶対に捨てないでほしい」

 と呼びかけた。

 洞峰公園の管理事務所によると、このワニガメをめぐっては9月22日以降、来園客らから目撃情報が相次いでいた。同事務所は子どもらが不用意に近づいてケガなどをしないよう立て看板で注意を呼びかけるとともに、地元の専門家に相談。池底に泥や枯れ葉などが堆積しているため居場所の特定が難しく、ヒモにくくりつけた鶏肉で釣り上げようとしたが失敗。最終的にヘビ捕獲劇で名をはせた白輪園長に捕獲を依頼していた。

 白輪園長は4度にわたって現地入りした捕獲作戦がようやく成功した最大の要因について、

「周囲をフェンスで囲えたこと。フェンス内にとどめることができたのが大きい」

 と話した。

 このワニガメによるけが人などは確認されていない。トラブルを招く前に捕獲してみせた白輪園長は、捕獲を手こずらせたワニガメに笑顔を向け、「無事にきれいなかたちで捕まえられてよかった。長く飼ってもらえるといいね」とつぶやいた。

◎取材・文/渡辺高嗣(フリージャーナリスト)

〈PROFILE〉法曹界の専門紙『法律新聞』記者を経て、夕刊紙『内外タイムス』報道部で事件、政治、行政、流行などを取材。2010年2月より『週刊女性』で社会分野担当記者として取材・執筆する。ウェブ版の『週刊女性PRIME』『fumufumu news』でも記事を担当

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_28385d5efaf2 oa-shujoprime_0_cb6cba4c5e45_5000人に聞いた、最終回がっかりドラマランキング! cb6cba4c5e45 cb6cba4c5e45 5000人に聞いた、最終回がっかりドラマランキング! oa-shujoprime

5000人に聞いた、最終回がっかりドラマランキング!

2021年10月18日 11:00 週刊女性PRIME

最終回がっかりドラマランキング、1位はどのドラマ?

「最終回ががっかりな結末になるんじゃないかと今から“フラグ”が立っています」(ドラマウォッチャー、以下同)

『あな番』スタッフに期待と不安


 西島秀俊主演の『真犯人フラグ』(日本テレビ系、日曜午後10時半)が10日からスタートした。2クールにわたるドラマで、'19年に話題になった『あなたの番です』(日本テレビ系/以下『あな番』)のスタッフが集結した謎解きミステリー。

「企画・原案は秋元康さんで完全オリジナルです。妻(宮沢りえ)と子どもの失踪がきっかけで、日本中から疑惑の目を向けられながらも真実を暴いていく主人公(西島)の奮闘を描いた物語。だけどこのドラマ、始まる前から“がっかり”というキーワードがついてまわっているんです」(同)

 いったいどういうこと?

秋元さんの原作は謎を引っ張るだけ引っ張って、最終回にがっかりさせられる作品が多いことで有名なんです。『あな番』は田中圭さんと原田知世さん夫妻が引っ越したマンションで次々に殺人が起こるというストーリーでしたが、中盤で原田さんが殺害され、視聴者をぐっと引きつけました。

 後半は横浜流星さんとタッグを組み、謎解きというスタイルに。視聴者は犯人を予想して盛り上がっていたのですが、当時まだ演技経験の浅い西野七瀬さんが最終回で突然悪者に。ただ奇をてらっただけのラストで演技力のなさも相まって迫力に欠けるものでした。今まで考察してきた視聴者は置いてけぼりをくらった感じです

 秋元センセイのがっかりラストは今に始まったことじゃない。

「遡ると、福士蒼汰さん主演の『愛してたって、秘密はある。』('17年、日本テレビ系)も同じく。伏線を張るだけ張ったのにまったく回収されずに福士さんの二重人格というオチ。SNS上では《時間を返せ》などの書き込みが目立ちました」

近年の作品ががっかりランク上位


 ほかにもこれまで視聴者たちを最後の最後でがっかりさせたドラマは? 5000人の視聴者にアンケートをとったところ、残念な1位となったのは、先に挙げた『あな番』。


「考察していた自分がバカみたい」(30歳・主婦)、「西野七瀬ちゃんを犯人にするのは無理があるし、演技が学芸会なみ」(27歳・会社員男性)、「秋元康ドラマはもう見ません」(42歳・パート女性)

 批判の声が多かったからか、『あな番』は12月に映画となって再登場。登場人物はそのままでパラレルワールドが展開される。映画ではがっかりさせないでほしい。

 続く2位は、『24JAPAN』('20年、テレビ朝日系)。テレビ朝日開局60周年を記念する一大プロジェクトドラマで2クール放送。主演に唐沢寿明と期待値は高かったが……。


「全体的にちゃち!」(51歳・主婦)、「アメリカ版は毎回ハラハラドキドキしたのですが、日本版はそれがまったくない」(48歳・会社員男性)。ドラマウォッチャーの神無月ららさんも、

「アメリカ版と製作規模が違うために生じるCTU(テロ対策本部)のちゃちさ、展開をなまじ知ってるが故のハラハラ感の薄さ、そして主人公、獅堂現馬(唐沢寿明)の妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)に思ったよりイライラさせられる。作るほうも見るほうも“こんなはずでは……”という気持ちが回を追うごとに強くなっていた気がします。

 最終回、原作ドラマでは事件を解決したものの妻を亡くしてしまった主人公、ジャック・バウアーの悲しみがわれわれの胸を刺しましたが、日本版オリジナルはまさかの妻と一緒に主人公が爆死するというオチ。“えっ? 死にオチなの!? われわれは半年間何を見せられてきた?”という感想がネットにはあふれていました

 主人公の死にオチはもう2度とこのドラマの続きは作らない、というテレ朝からの決意表明!?

ゾンビに学園、朝ドラなのにがっかり


 続いて3位にあがったのは、『24JAPAN』と同じく今年の3月まで放送していた『君と世界が終わる日に』('21年、日本テレビ系)。謎のウイルスで「ゴーレム」と化した死人たち。仲間とともに戦いながら、竹内涼真演じる主人公が恋人(中条あやみ)と再会を果たすまでを描く、いわゆる「ゾンビもの」ドラマ。


そんなに面白くなかったけど最後が気になって見続けていたのに、続きはHuluで、っていう流れ。この手法はいいかげんにしてほしい」(34歳・主婦)。神無月さんも、

「ゾンビという言葉は一切使われず、このドラマ内では頑なに“ゴーレム”呼びでした。地上波で放送されたseason1は全10回。最終回、首藤教授(滝藤賢一)を倒して猿ノ島まで仲間と逃げ延びた間宮(竹内)と来美(中条)、でも来美の腕には異様なアザが浮かび上がり、パソコンの画面には来美の免疫に関する不穏なデータが。

 ここまで我慢したんだから最後ぐらいはきっちりハッピーエンドを見せて! と心で絶叫した最終回でした。続きは○○で、という風潮、私は苦手です

 地上波だけで完結しない手法はいかがなものか。

 4位は、『先生を消す方程式。』('20年、テレビ朝日系)。『おっさんずラブ』の田中圭主演、当時『M 愛すべき人がいて』で話題を呼んだ鈴木おさむ脚本でテレビ朝日期待の作品だったが……。


ゾンビとなった田中圭と恋人役の松本まりかが闇夜に消えていく、って謎すぎるラスト」(37歳・主婦)、「進学校が舞台ということなのに生徒たちが頭悪すぎだし、圭くんは途中で死ぬし。最終回まさかのゾンビものに。山田裕貴くんのキャラも笑えなかったし」(29歳・主婦)、「最終回と言わず2話目にはもう暴走していました。田中圭くん主演の学園モノということで期待していたのにジャンルも謎のドラマ」(34歳・会社員女性)。

 3位の『君せか』、4位の『先消し』というゾンビドラマが2つもほぼ同時期に放送されていたことにもびっくり。

 5位にランクインしたのは、『純と愛』('12年、NHK)。不人気朝ドラとしてたびたび話題に上る同ドラマ。脚本は大ヒットドラマ『家政婦のミタ』(’11年、日本テレビ系)の遊川和彦で期待値は高かったが……。


主人公(夏菜)が報われなさすぎる。勤めていたホテルは買収され、失業。再就職先は焼失。母親は認知症になり、父親は水死。あげくの果てには夫が病に倒れ、目を覚まさないラスト。救いがなさすぎる」(ドラマウォッチャー)、「主演の夏菜が最終回でポエムを4分間も叫び続けるのが怖かった」(41歳・主婦)、「夏菜ちゃんが明るいイメージだったから明るい朝ドラを期待したのに裏切られ最後くらいは明るくなるだろうと思っていたのに。ひどい」(38歳・主婦)

“死にオチ”ラストに視聴者がっかり


 人気作品ゆえに最終回に期待が高まりすぎてがっかりしてしまったのだろうか。不朽の名作『東京ラブストーリー』('91年、フジテレビ系)が6位にランクイン。リカ(鈴木保奈美)とカンチ(織田裕二)が結ばれるエンドを期待した視聴者は多かったが、原作同様ラストはさとみ(有森也実)と結ばれてしまう。


「有森さんに罪はないのに大嫌いになりました。次の日学校で“(さとみがカンチを引き止めるのに使った)おでんを見るのも嫌”と言っていた友達を思い出します」(53歳・主婦)、「こんなにがっかりした最終回はありません。当時高校生だった自分がフラれた気分で見ていた。それだけ素晴らしいドラマだったんでしょうね」(48歳・主婦)

 ハッピーエンドを望む視聴者にとっては最終回はがっかりとなってしまったようだ。同作の2020年版が今月から地上波でスタートする。またヤキモキさせられちゃう!?

 7位にランクインしたのは“死にオチ”。具体名があがっていた2作品をセレクト。

 まずは稲垣吾郎主演の『二十歳の約束』('92年、フジテレビ系)。当時SMAPで人気メンバーだった吾郎ちゃんと人気アイドル女優だった牧瀬里穂が織りなす青春ラブストーリー。刺された吾郎ちゃんが死んでいるのか眠っているのかわからないラストが話題に。


吾郎くんが死んでいるのか眠っているのかをめぐって友達とケンカした記憶があります(笑)」(46歳・主婦)、「ハッピーエンドにしてほしかった! 吾郎ちゃんを死なせないで!」(51歳・会社員女性)

 続いては木村拓哉中山美穂主演の大人のミステリー『眠れる森』(’98年、フジテレビ系)。最終回は犯人の仲村トオルの演技が話題にもなった同作。


 ラストは中山美穂が待つ森に向かう列車内でキムタクが物を落としてしまうシーンでエンド。死んだのか眠っているのかわからないラストに放送局のフジテレビに問い合わせた視聴者もいたという。

「キムタクとミポリンが楽しく暮らすラストを期待した」(49歳・パート女性)、「キムタクは死んだの? 寝てるの? 何が原因で死んだのかわからないし当時もやもやした」(51歳・主婦)

 8位は、逆に死んでいたと思ったらまさかの生きていたエンドで視聴者をズコーッとこけさせた『DIVER~特殊潜入班~』('20年、フジテレビ系)。

りょう演じる上司の阿久津に撃たれて海に落ちた黒沢(福士蒼汰)が、その1年後にしれっとチームに復帰して、相棒の将(野村周平)と敵から逃げるラスト。

 これまで紹介してきたがっかり最終回は“死にオチって何だよ”というのがほとんどでしたが、これはまさかの“え? 死んだんじゃないの?”オチ

 なぜ生きてた? どうしてしれっとチームに復活できた? さまざまな疑問を置き去りにして駆けていく2人のラストはがっかりというより疑問ばかりが残りました(笑)」(神無月さん)

 がっかりするということはそれだけ惹きつけられたということ。

《どうせ犯人は生駒》、《AKB関連の誰かが出たらそいつが犯人》

 など早くもオチのフラグが立っている『真犯人フラグ』。予想を覆す見事なラストに期待したい。

外部リンク

cat_oa-shujoprime_issue_28385d5efaf2 oa-shujoprime_0_725373f7b970_認知症を予防する食の原則を名医が解説 725373f7b970 725373f7b970 認知症を予防する食の原則を名医が解説 oa-shujoprime

認知症を予防する食の原則を名医が解説

2021年10月18日 06:00 週刊女性PRIME

食事の際の環境と精神状態は脳にとって大切 イラスト/長田直美

 がん、高血圧、認知症。それぞれの名医が「一切、食べない」と断言する「命を縮める食材」。私たちが毎日口にしている、アレもコレもヤバイらしい。ついつい好きなものを選んでしまいがちだが、食事は命に直結するもの。脳神経内科医の内野勝行先生に話を聞くと、意外な答えが返ってきた!

◆     ◆     ◆

脳トレも食事も「イヤならやらない」


 地域密着型医療で、認知症患者やその家族と日々向き合う脳神経内科医の内野勝行先生は、その率直さから患者や家族とぶつかり合うことも!

「僕ははっきり言っちゃう。例えば、家族に脳トレをすすめられた患者さんに“イヤならやめちゃえ”とか(笑)。興味の持てないことをやるより、楽しく身体を使う運動のほうが認知症防止には有効です」(内野先生、以下同)

 脳トレも脳の血流量が増加し、脳を活性化させるのは事実。だが、血流が増加するのは脳の前頭葉の部分だ。

「認知症の患者さんは脳の中でも、特に記憶を司る海馬の部分の萎縮や血流低下が起きているものです。前頭葉ではなく、海馬を活性化しなければならないんですよ」


 認知症予防の観点から、内野先生が避けたほうがよいと考える食生活とは?

「食事についても、脳トレと考え方は同じです。健康にいいからといって、本人が好きでもない食べ物を押しつけたり、長年の食習慣を無視したりというケースが最近しばしば見受けられます」

 コロナ禍で家族一緒の時間が増え、自分の親の食習慣が気になりだした息子や娘が親の食生活に口を出す、というパターンだ。

「でも考えてみてください。何十年も、朝は新聞を読みながら熱い番茶を飲んで、昼は近所の蕎麦店でビールと天ざる。

 そんな習慣の高齢者が急に、娘に朝から野菜スムージーを飲めと強制されたり、昼ご飯には一汁三菜そろえて出されたりしても“何だこれは”ってなるでしょ? 長年の食習慣が乱されたストレスから体調を崩すかもしれない」

ストレスのかかる食事はNG


 大事なのは、親世代が長年続けている習慣を注意深く観察し、それが変わった瞬間、身体に異変が起きていないか注意を払うことだ。

「長年の習慣が変わるのは、隠れた病気が原因のことが多い。また、ストレスのかかる食事は健康によくない。

 別にフレンチが悪いってわけじゃないけど、嫌いな人と食べるフルコースよりも、気の合った仲間で食べるカップラーメンのほうが身体にいいと思う。それぐらい、食事の際の環境と精神状態は大事です


 認知症の原因のひとつとされるのが、毒性の高いタンパク質の一種、アミロイドβ。これが脳内に蓄積されると脳神経細胞の死滅を招く。

「アミロイドβは高齢になっていきなりたまるものではありません。若いころから蓄積されていきます。いわば脳のごみ。

 たまった脳のごみを掃除するには、大前提として血の巡りをよくする必要がある。そうでないとアミロイドβが排出されないからです。そのためにはよい油をとるのが重要。

 僕は特売の安いサラダ油は避け、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすオリーブ油やエゴマ油を積極的に使っています」

 気の合った仲間と、自分のペースで楽しい食事をとる。そして、よい油とうまく付き合う。これが認知症予防の食の原則だ。

ある日の脳を元気にするメニュー


<朝食>

脳のおそうじスープ(内野先生考案の認知症を予防するスープ)

■材料

トマト大1個、蒸し大豆・くるみ各50g、桜エビ10g、すりごま大さじ3、ツナ缶(ノンオイル)2缶、塩小さじ1、中濃ソース大さじ1、こめ油少々

■作り方

(1)トマトをすりおろす

(2)蒸し大豆とくるみを砕いてもむ

(3)(2)に(1)とその他の材料を入れてもみ混ぜる。冷凍保存。食べるときは適量の熱湯を注ぎ、こめ油をたらす



<昼食>

・コンビニでおにぎり(忙しいときはこだわりません)



<夕食>

・脳のおそうじスープの素とオリーブオイルを使ったペペロンチーノ風パスタ


内野勝行(うちの・かつゆき)●都内の神経内科外来や千葉県の療養型病院副院長を経て現在、金町駅前脳神経内科院長。脳神経を専門としてこれまで約1万人の患者を診てきた経験を基に、脳をクリーニングする「脳のおそうじスープ」を開発。テレビ出演多数。さまざまな医療情報番組の医療監修も務める。

(取材・文/ガンガーラ田津美)

外部リンク