cat_oa-rp93447_issue_e78721cb360a oa-rp93447_0_e78721cb360a_輸入映画の多様化進む 中国映画家協会 e78721cb360a

輸入映画の多様化進む 中国映画家協会

2019年6月24日 17:02 新華社


4月13日、第9回北京国際映画祭の開幕式でレッドカーペットに登場し、ファンと交流する「ピカチュウ」。(北京=新華社記者/鞠煥宗)
 【新華社上海6月24日】中国映画家協会はこのほど、第22回上海国際映画祭の関連フォーラムで「2019中国映画産業研究報告」を発表した。報告によると、昨年中国の商業映画館で公開された輸入映画は多様化が進み、ハリウッド映画の独り勝ち状態ではなくなった。
 輸入作品数を見ると、昨年は18カ国から118本が中国市場に入り、過去最高を更新した。国別では日本が15本で、米国に次いで2番目となり、報告では日本映画に新たな追い風が吹いているとの見方を示した。
 ハリウッド映画を除いた輸入映画の興行収入ランキングでは、主にインド、日本、英国が上位10作品を占めた。うちインド映画の「シークレット・スーパースター」「バジュランギおじさんと、小さな迷子」「ヒンディー・ミディアム」が上位を独占。「シークレット・スーパースター」の興行収入はハリウッド映画「ブラックパンサー」を超えた。日本映画は「ドラえもん のび太の宝島」や「となりのトトロ」などアニメ作品の人気が最も高かった。
 特に注目すべきは、リアリズムを題材とした中国映画の公開本数が増え、評判も良かったことで、「我不是薬神(邦題:ニセ薬じゃない!)」の世界での興行収入は4億5千万ドル(1ドル=約107円)、年間ランキングは18位となった。
 リアリズムブームに乗って日本映画「万引き家族」もヒットし、中国映画市場の海外作品に対する開放性や寛容性が鮮明になった。(記者/許暁青、楊愷)

cat_oa-rp93447_issue_e78721cb360a oa-rp93447_0_7822d65564ca_李克強総理、ロシアのプーチン大統領と会見 7822d65564ca

李克強総理、ロシアのプーチン大統領と会見

2019年9月19日 06:36 新華社


 中国の李克強国務院総理(右)は現地時間18日午後、ロシア・モスクワのクレムリン宮殿で同国のプーチン大統領と会見した。(モスクワ=新華社記者/劉彬)
 【新華社モスクワ9月18日】中国の李克強(り・こくきょう)国務院総理は現地時間18日午後、ロシア・モスクワのクレムリン宮殿で同国のプーチン大統領と会見した。
 李克強総理はまず、プーチン大統領への習近平(しゅう・きんぺい)主席の心のこもったあいさつを伝え、次のように述べた。中ロは互いにとって最大の隣国であり、今年はちょうど両国の国交樹立70周年に当たる。しばらく前、両国元首は、中ロ関係を新時代の全面的戦略協力パートナーシップに格上げすることで合意した。私は今回の訪問でメドベージェフ首相と中ロ首相第24回定期会合を開催し、両国の各分野での交流と協力について全面的な計画を立て、さまざまな新たな成果を収めた。中ロ関係が健全で安定した発展を保つことは、双方に利益となるだけでなく、地域や世界にとっても利益となる。中国側は、ロシア側と引き続き友情を固め、協力を深め、交流を強化し、国連を核心とする国際体制と世界貿易機関(WTO)の規則を土台とした多角的貿易体制を守ることを望んでいる。これは世界の発展と繁栄、平和と安定の促進にとっても重要な意義を持つ。
 李克強総理はさらに次のように指摘した。中ロ協力の見通しは明るい。中国側は「一帯一路」構想をユーラシア経済連合とよりよく連携させ、二国間貿易の規模の拡大と質の向上を同時に推進することを望んでいる。中国は現在、開放のさらなる拡大を図っており、市場の潜在力は大きく、ロシアを含む各国の企業により多くのチャンスをもたらす。双方が相互開放の拡大を堅持し、投資・市場参入規制を緩和し、両国企業により多くの協力の機会を創出し、中ロの実務協力が新時代により多くの豊かな成果を生むよう促し、両国民にさらなる幸福をもたらすことを望む。
 プーチン大統領は、中華人民共和国成立70周年に祝いの言葉を述べ、次のように表明した。対中関係はロシア外交の優先的方向だ。国交樹立から70年にわたり、ロシアと中国の関係と協力は顕著な成果を収め、両国関係は新時代の全面的戦略協力パートナーシップへと発展した。ロシアと中国の関係は国際関係を安定させる重要な要素だ。今回のロ中首相定期会合は多くの新たな成果を達成し、両国の実務協力を力強く推進した。ロシア側は、自身の発展戦略を「一帯一路」構想へとより良く結びつけ、二国間貿易の規模をますます拡大し、共同発展を促進することを望んでいる。


 中国の李克強国務院総理は現地時間18日午後、ロシア・モスクワのクレムリン宮殿で同国のプーチン大統領と会見した。(モスクワ=新華社記者/黄敬文)

cat_oa-rp93447_issue_e78721cb360a oa-rp93447_0_1c0bbfbee6d8_ファーウェイ、「5G技術の譲渡許可」に答える 1c0bbfbee6d8

ファーウェイ、「5G技術の譲渡許可」に答える

2019年9月19日 00:50 新華社


 18日、「HUAWEI CONNECT 2019」のメディア向け説明会で発言する胡厚崑氏。(上海=新華社配信/華為技術提供)
 【新華社上海9月18日】中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の胡厚崑(こ・こうこん)副董事長は18日、上海で開かれた同社の年次イベント「HUAWEI CONNECT 2019」のメディア向け説明会で、市場でこのところ話題となったテーマについて記者の質問に答えた。
 ファーウェイの創業者、任正非(じん・せいひ)最高経営責任者(CEO)が「欧米諸国への5G技術の譲渡を許可する」可能性を示したとの情報について、胡氏は海外メディアに対し、5G市場の進展は非常に速い一方、5Gの技術供給や産業チェーン全体、またファーウェイを巡っても、幾つかの議論が起きていると指摘。「われわれのこうした提案(5G技術の譲渡許可)が実現すれば、5Gのグローバルサプライチェーンにより多くの競争をもたらすことができる。このような競争はユーザーにとって有益であると同時に、産業の発展に対しても大きな進展となる。ファーウェイとしては、このような局面を望んでいる」と述べた。


18日、上海で開かれた「HUAWEI CONNECT 2019」のメディア向け説明会。(上海=新華社配信/華為技術提供)
 胡氏はまた、同社がこのところ、5G関連で多くの契約を獲得しており、世界各地で既に50件余りの契約があると明らかにした。
 5G商用化の市場価値については「5Gの商用展開は加速期にある。規模の形成にはまだ時間がかかるが、来年の半ばにはもう少しはっきり見えてくるだろう」と語った。(記者/許暁青)

cat_oa-rp93447_issue_e78721cb360a oa-rp93447_0_1d35c39db73f_第21回中国国際工業博覧会 上海で開幕 1d35c39db73f

第21回中国国際工業博覧会 上海で開幕

2019年9月19日 00:02 新華社


 17日、協働ロボットによる飲料水包装のデモンストレーションを見学する来場者。(上海=新華社記者/方喆)
 【新華社上海9月18日】第21回中国国際工業博覧会が17日、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開幕した。今回のテーマは「スマート、コネクティビティ—産業の新たな発展にエネルギーを注ぐ」で、9つの専門展を設置。スマートとコネクティビティによる産業発展の新たな成果や産業の最新技術、製品およびサービスを集中的に展示し、27カ国・地域から2600社を超える企業が出展した。


 17日、2台の協働ロボットによる電子製品組み立てのデモンストレーションを見学する来場者。(上海=新華社記者/方喆)


 17日、バイオニックハンド(筋電義手)のジェスチャー・追従機能を体験する来場者。(上海=新華社記者/方喆)


 17日、楽譜を読みながらエレキギターを演奏する協働ロボットを撮影する来場者。(上海=新華社記者/方喆)


 17日、ロボットによるピアノ演奏の様子を眺める来場者。(上海=新華社記者/方喆)


 17日、AI品質検査ロボットによるデモンストレーションを見学する来場者。(上海=新華社記者/方喆)


 17日、ロボットアームを操作して人形をつかむ来場者。(上海=新華社記者/方喆)


 17日、来場者にバイオニックハンド(筋電義手)を装着したロボットを紹介するスタッフ(右)。(上海=新華社記者/方喆)

cat_oa-rp93447_issue_e78721cb360a oa-rp93447_0_3e4af8807f44_中国初のそり競技コース、本体構造が完成 北京市延慶区 3e4af8807f44

中国初のそり競技コース、本体構造が完成 北京市延慶区

2019年9月19日 00:01 新華社


17日、本体構造が完成したそり競技のコース。(北京=新華社記者/張晨霖)
 【新華社北京9月18日】中国北京市重大プロジェクト建設指揮部弁公室によると、2022年北京冬季五輪の延慶競技エリアに建設中の国家スライディングセンターで17日、中国初となるそり競技コースの本体構造の連結工事が完了した。
 同弁公室延慶競技施設建設処の梁鋆(りょう・いん)副処長は、北京冬季五輪の建設計画に基づき、同センターは2020年6月にテスト大会の要求を満たすと説明。コース本体構造の完成後は、コースの技術系統やアンモニア冷却・製氷システム、付属施設の建設と設備設置、調整作業を加速させると述べた。


17日、そり競技コースの工事を行う作業員。(北京=新華社記者/張晨霖)
 国家スライディングセンターは、延慶競技エリアの南西部に建設され、東側には延慶冬季五輪選手村と山地メディアセンターが、北側には国家アルペンスキーセンターがある。建築面積は約6万平方メートルで、コースは全長約1.9キロ、垂直落差が120メートル以上となっている。完成後は世界で17番目、アジアでは3番目、中国では初のそり競技コースとなる。


17日、そり競技コースの工事を行う作業員。(北京=新華社記者/張晨霖)
 ボブスレー、リュージュ、スケルトンのそり競技は冬季五輪の中で最もレーススピードの速い種目で「氷上のF1」と呼ばれる。高速で難度が高く、高い専門性が求められるなどの特徴があり、冬季五輪で最も見ごたえがある競技種目の一つとなっている。冬季五輪期間中、国家スライディングセンターではそり競技の全試合が行われる。(記者/張驍)

cat_oa-rp93447_issue_e78721cb360a oa-rp93447_0_b137e0d9c4d1_中車株洲電機、時速600キロリニアの動力装置を公開 b137e0d9c4d1

中車株洲電機、時速600キロリニアの動力装置を公開

2019年9月18日 23:37 新華社


17日、公開された「長固定子リニアモーター」のモジュール。(長沙=新華社配信/陳思汗)
 【新華社長沙9月18日】中国の交通関連電動機・変圧器メーカー、中車株洲電機は17日、湖南省株洲市で、時速600キロ高速磁気浮上(リニア)列車のけん引動力の基幹部品を公開した。
 同社が開発したのは「長固定子リニアモーター」。固定子を軌道側、回転子を列車側に据え付け、電磁力によってモーターを直接駆動させることで、電気エネルギーを列車の推進力に変える。比較的短時間で滑らかに時速600キロまで加速することができる。


17日、公開された「長固定子リニアモーター」。(長沙=新華社配信/陳思汗)
 同社リニア製品研究所の何雲風(か・うんふう)副所長によると「長固定子リニアモーター」は構造がシンプルで、登坂力があり、低騒音でエネルギー消費も少なく、急加速・急停止が可能などの特徴を持つ。
 現在、中国の高速鉄道の最高営業速度は時速350キロ、飛行機の飛行速度は800~900キロとなっている。時速600キロのリニアは高速鉄道と飛行機の輸送速度の間の空白を埋めることができる。今年5月には試作車両も山東省青島市でラインオフしている。(記者/白田田、陽建)


17日、中車株洲電機の作業場。(長沙=新華社配信/陳思汗)


17日、中車株洲電機の作業場で働く従業員。(長沙=新華社配信/陳思汗)

cat_oa-rp93447_issue_e78721cb360a oa-rp93447_0_81cc0b824ad1_桂林に広がる天下一の風景 81cc0b824ad1

桂林に広がる天下一の風景

2019年9月18日 22:16 新華社

 【新華社北京9月18日】中国南部・広西チワン族自治区桂林市の風景は「天下一の山水」と称えられている。(新華社配信)

cat_oa-rp93447_issue_e78721cb360a oa-rp93447_0_699aa3e0e34f_陝西省華山 天空の絶景 699aa3e0e34f

陝西省華山 天空の絶景

2019年9月18日 22:15 新華社

 【新華社北京9月18日】中国で最も険しい山に数えられる陝西省の華山で、天空の絶景を眺めてみよう。(新華社配信)

cat_oa-rp93447_issue_e78721cb360a oa-rp93447_0_22e0a7b29c90_三つ子の娘を持つ父、回転式ベビーカーを自作 22e0a7b29c90

三つ子の娘を持つ父、回転式ベビーカーを自作

2019年9月18日 22:14 新華社

 【新華社北京9月18日】中国広東省珠海市に住む男性が、三つ子の娘のために回転式ベビーカーを作った。インターネットで買ったベビーカーに3人を同時に乗せることができなかったため、自作を決めたという。このベビーカーのおかげで、1人で同時に3人の子どもを外に連れ出せるようになった。(新華社配信)

cat_oa-rp93447_issue_e78721cb360a oa-rp93447_0_9db1645f4fd9_北京で返還文化財の展覧会 日本から戻った青銅器も展示 9db1645f4fd9

北京で返還文化財の展覧会 日本から戻った青銅器も展示

2019年9月18日 21:45 新華社


17日、展覧会で展示された「曽伯克父青銅組器」の一つ「曾伯克父簋(き)」。(北京=新華社記者/李賀)
 【新華社北京9月18日】中国の文化財返還事業の足跡を振り返る「回帰之路-新中国成立70周年流出文化財返還成果展」が17日、北京市で開幕した。日本に流出しその後返還された、西周後期から春秋初期の「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」も展示された。


17日、展覧会で展示された「曽伯克父青銅組器」を見学する来場者。(北京=新華社記者/李賀)


17日、展覧会で展示された「曽伯克父青銅組器」の一部。(北京=新華社記者/李賀)


17日、展覧会で展示された「曽伯克父青銅組器」を見学する来場者。(北京=新華社記者/李賀)


17日、展覧会で展示された「曽伯克父青銅組器」。8点一組となっている。(北京=新華社記者/李賀)


17日、展覧会で展示された「曽伯克父青銅組器」の一つ「曾伯克父盨(しゅ)。(北京=新華社記者/李賀)


17日、展覧会で展示された「曽伯克父青銅組器」の一部。(北京=新華社記者/李賀)


17日、展覧会で展示された「曽伯克父青銅組器」を見学する来場者。(北京=新華社記者/李賀)


17日、展覧会で展示された「曽伯克父青銅組器」の一部。(北京=新華社記者/李賀)


17日、展覧会で展示された「曽伯克父青銅組器」の一部。(北京=新華社記者/李賀)