cat_oa-rp92670_issue_eba1293fe981 oa-rp92670_0_eba1293fe981_『半沢直樹』香川照之、“一族をかけた戦い”を宣言! 「いとこまで土下座を食らうわけには」 eba1293fe981 eba1293fe981 『半沢直樹』香川照之、“一族をかけた戦い”を宣言! 「いとこまで土下座を食らうわけには」 oa-rp92670

『半沢直樹』香川照之、“一族をかけた戦い”を宣言! 「いとこまで土下座を食らうわけには」

2020年7月12日 18:51 Real Sound

 TBS日曜劇場『半沢直樹』の制作発表配信会見が7月12日に行われ、堺雅人、上戸彩、及川光博、片岡愛之助、今田美桜、井川遥、尾上松也、市川猿之助、北大路欣也、香川照之が登壇した。

 池井戸潤の『半沢直樹』シリーズより『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』(ダイヤモンド社/講談社文庫)を原作とする本作。2013年7月期に放送され、「やられたらやり返す。倍返しだ!」の決めゼリフが社会現象を巻き起こした半沢直樹が、新シリーズとして帰ってくる。

【写真】第1話を鑑賞しているキャスト陣

 会見前、第1話を揃って鑑賞したというキャスト陣。堺は「ようやく半沢直樹が帰って参りました」と挨拶し、「すごいカロリーの詰まったドラマで、ワンシーンワンシーン大変だったんですが、通して観ると壮大な物語が始まった感じがします。大きな船出」と、手応えを感じている様子。前作に続き、半沢の妻役を演じる上戸も「おもしろかったです! いちファンとして、みなさんに早く観ていただきたい」と声を弾ませた。

 そんな中、市川は「原作のおもしろさが、役者・スタッフの力を得て立体化され、血が流れ、熱を持ち、映画のような仕上がりになり、興奮し、きっとみなさまの心を捉える作品になると確信した」と、作品を“生き物”にたとえてコメント。堺も「撮影の中断がありましたから、感慨もひとしお。まだ死んでなかったんだ。脈はあるんだ。そして、力強く心臓は動いているんだ」と胸を張った。

 一方、香川は、出演者の“キャラクターの濃さ”について言及。登壇者全員が登場するシーンがないことに触れ、「みんな集まると濃すぎるから、ちょうどいい配分で描かれている」と持論を展開。すると堺が「濃かったといえば、今日の楽屋で歌舞伎のみなさんは“どこの地方巡業だ”っていう賑やかさだった」と語り、トークは予想外の流れに。及川も「ずっとお喋りしてるから、副音声の解説付きだもん」と同調し、堺は「あれ、(副音声として実際に)流したかったね」とほほえんだ。

 また、現場の“熱”を感じているという北大路は「みなさんの心の戦いに圧倒されます。いや~、すごいですよ。もう、本当に」とキャストたちの熱演を絶賛。それを受けた及川は「緊張感たっぷりですよ。あと北大路先生には悪いんですけど、結構トチってます」とおどけて笑わせた。

 尾上と今田は、今年放送されたスピンオフ作品からの参加。尾上は「堺さんはセリフが多いのに、本当に噛まないんですよ。“緊張感とチーム力”という感覚があって、良いムードと緊張感が混在している感じ。ただ、(キャストの)色がそれぞれ出まくっていて、自分が不安になる」と吐露すると、堺は「大丈夫ですよ。松也さんがお芝居をした時の監督の顔がすごくいい。大喜び」と太鼓判。

 「緊張感で押しつぶされそうになっていたんですけど、みなさん、カメラが回っていない時の温かさがすごくて、安心感があって。なんと言って良いかわからないんですけど、すごく“フゥワッ”てなります(笑)」と話す今田には、「フゥワッとね!」と、キャストたちから優しい眼差しが向けられていた。

 さらに、新キャストの市川が「現場では(いとこの)香川さんに、保護者のように付き添っていただいて。手取り足取り教えていただいたので、安心感があった」と語ると、香川は照れ笑い。ファーストカットから注目のシーンに仕上がっているといい、香川も「前回、僕は土下座を食らっているわけだから、うちのいとこまで土下座を食らうわけにはいかない。一族をかけた戦いなわけですよ、半沢直樹に対して」と語気を強めると、堺は「重たいものと戦ってる感じはしてた」とにっこり。また、顔合わせを欠席した市川に代わり、香川が代役を務めたという秘話も明かされ、堺は「そのうち香川さんと猿之助さんのシーンが出てきて、何が何だかわからなくなってた」と笑った。

 前作から、7年ぶりの続編となる本作。当時は27歳で“ギャルっぽかった”という上戸は、役作りについて監督から「銀行員の奥さんに見えないほうがいいから、そのままのあなたでいてくださいと言われて、挑戦してみようという気持ちになれた」と回顧。「今回も初日から“ラブラブか”って言われるくらい、直樹と良いシーンを作り上げることができている。堺さんがアドリブをいっぱい出してくださるので、そこでいかにイチャイチャできるかが勝負」と意気込んだ。

 最後に堺は「ガイドラインに従って、安全に気をつけながら撮影はしております。でも、ぶつかる力を弱めるという選択肢は我々にはありません」と宣言。「この時代に頑張れることが幸せ。頑張りたくても頑張れない人も、いっぱいいると思う。その幸せを噛みしめながら、残りの撮影も頑張ります」と決意を新たにした。

(取材・文=nakamura omame)

外部リンク

cat_oa-rp92670_issue_eba1293fe981 oa-rp92670_0_469ee8e6a736_櫻坂46 森田ひかる、周囲から支えられるセンターに? 力強いパフォーマンス、一体感重視する姿勢が生む新たな像 469ee8e6a736 469ee8e6a736 櫻坂46 森田ひかる、周囲から支えられるセンターに? 力強いパフォーマンス、一体感重視する姿勢が生む新たな像 oa-rp92670

櫻坂46 森田ひかる、周囲から支えられるセンターに? 力強いパフォーマンス、一体感重視する姿勢が生む新たな像

2020年10月28日 06:00 Real Sound

 櫻坂46の公式ホームページ上で1stシングル『Nobody’s fault』におけるカップリング曲のセンターを、森田ひかるを含む藤吉夏鈴と山﨑天の3人が楽曲ごとに務めることが先日発表された。今までは見られなかったこうした新しい制度からも、新グループでは“全員で成長していく”という強い意思が伝わってくる。選ばれたのは全員2期生。今回はその中でも表題曲のセンターに選ばれた森田に注目したい。

(関連:櫻坂46が「Nobody’s fault」で見せた新たな攻めの姿勢 大胆かつ繊細、躍動するメンバーの姿からデビュー曲を考察)

 森田ひかるは2001年生まれの福岡県出身。4姉妹の末っ子として生まれ、3人の姉にやさしく育てられたという。特技は昨年開催されたイベント『おもてなし会』や番組初登場の際にも披露していた和太鼓。小柄な体からは想像できない力強い姿に客席が圧倒されていたのを覚えている。身長は現在150.5cmとグループで最も低いが、ぱっちりとした瞳が特徴で、画面に映ったときの存在感はピカイチ。Billboard JAPANのインタビューによれば、森田は元メンバーの今泉佑唯を目標としているようで、小さな身体でも堂々としている姿に憧れているのだという。

「卒業されてしまったんですけど、今泉佑唯さんは自分と同じように小柄なのに、すごく堂々とランウェイを歩く姿がかっこよくて。それに何より笑顔が大好きで、自分もこんなアイドルになりたいなって思いました」(参照)

 人によってはコンプレックスになりかねない身体的特徴を、むしろ作品に活かして堂々と活動する様は多くの共感を呼ぶはずだ。新シングルのパフォーマンスでも、小さな体から繰り出されるダイナミックなダンスには躍動感が溢れていた。

 そんな彼女はインドア派。もともと“1人遊び”が好きだったり、アニメや漫画が好きで、小学生の頃は毎日漫画を模写して練習していたのだとか。番組でも彼女の絵が何度か披露されたことがあったが、独特の可愛らしいタッチのイラストを描く。自己紹介動画でもハシビロコウの絵を披露していた。

⚫︎メンバーやファンとの“一体感”

 しかし、だからと言ってグループ活動においても“1人”が好きなのかというとそういうわけではない。森田が表紙を飾った『blt graph. vol.58』を読むと、彼女がライブでメンバーやファンとの一体感を大事にしていることが分かる。

「パフォーマンスを通じて得られる一体感が好きなんです。メンバーだけではなくて、会場や日が違うとファンのみなさんの雰囲気も違っていて。ライブは生き物だってよく言われますけど、本当にそうだなって」

「私は本当にファンのみなさんと一緒に作っていきたい、という精神を大事にしたいんです」

 振り付けも複雑で、また楽曲によってはオーディエンスの声もほとんど作品の一部となっているもの(「世界には愛しかない」の冒頭や「不協和音」の掛け声など)もある櫻坂46にとって、こうしたチームワークを重視する姿勢はグループが新しくなろうとも必要不可欠の要素である。新グループのセンターに相応しい精神と言えるだろう。

 そして新曲のフォーメーションで注目なのが、森田の両隣に1期生の小林由依と渡邉理佐が選ばれている点だ。2人は経験も豊富で実力も充分。森林コンビとしてファンから親しまれている小林と、グループのやさしいお姉さん的存在の渡邉が、まさに“末っ子”の森田を支えるようにして立つ。おそらく今後の活動で森田にもいろいろと乗り越えなければいけない壁がやってくるだろう。そんなとき両隣の2人の力が支えとなるはずだ。この“周りに支えられるセンター”こそ、櫻坂46の新しい楽しみ方のひとつなのかもしれない。

 メンバーやファンを大切にし、支えられるセンター。森田だけでなく他の2人のセンターについても、彼女と同じように周りのメンバーに支えられながら新しいセンター像を作り上げていってほしい。(荻原 梓)

外部リンク

cat_oa-rp92670_issue_eba1293fe981 oa-rp92670_0_eddfeca44024_『姉ちゃんの恋人』の有村架純は愛らしさ抜群! コロナ禍を描く同時代性にも注目 eddfeca44024 eddfeca44024 『姉ちゃんの恋人』の有村架純は愛らしさ抜群! コロナ禍を描く同時代性にも注目 oa-rp92670

『姉ちゃんの恋人』の有村架純は愛らしさ抜群! コロナ禍を描く同時代性にも注目

2020年10月28日 06:00 Real Sound

 2017年に放送されたNHKの連続テレビ小説『ひよっこ』で主演を務めた有村架純と、脚本家の岡田惠和。同作以外にも有村のスクリーンデビュー作となった『阪急電車 片道15分の奇跡』など、これまで何度も組んできた“黄金コンビ”が6度目のタッグを組んだカンテレ・フジテレビ系列の火9ドラマ『姉ちゃんの恋人』が10月27日にスタートした。

参考:詳細はこちらから

 高校時代に両親を事故で亡くし、3人の弟たちを養うためにホームセンターに就職した安達桃子(有村架純)。働き始めて9年が経ち、世の中の日常が大きく変わることの影響を受けながらも、弟たちや職場の仲間たちに囲まれて幸せな毎日を送っていた。そんなある時、クリスマスに向けて店内の装飾を大々的に変えることが決まり、リーダーに任命された桃子。開かれたミーティングの場で、同じホームセンターの配送部で働く吉岡真人(林遣都)と知り合い、その人柄に惹かれていくようになる。

 第1話からホームセンターの同僚たちと“久々に”飲みに行くというくだりや、配送トラックの中で繰り広げられる悟志(藤木直人)と吉岡の会話。桃子が回想する、マスクに群がる客

の姿。そして弟たち(高橋海人、日向亘、南出凌嘉)が自粛期間中に料理が得意になったという話など、そこかしこに「新型コロナウイルス」によって一変した世の中のムードを感じさせる描写がありながらも、あえて「コロナ」というワードが登場しないのがこのドラマのひとつの肝であろうか。明示しなくても、視聴者全員の共通認識として“それ”が存在していることを作り手が把握している。その点では、この時期にしかできないドラマであることを感じずにはいられない。

 そうしたなかで、弟たちにとっての両親の代わりを務める主人公が誰かと出会い、繋がりを持っていくというテーマ性。それはまるで、有村と岡田のタッグで制作されて好評を博したWOWOWの連続ドラマW『そして、生きる』に近しいものを感じる。同作は東日本大震災のボランティアで出会った男女の10年間を描く物語で、奇しくも本作と同じように有村の演じる主人公は幼い頃に両親を亡くしたという設定だった。東日本大震災からまもなく10年。幾度となくそれを題材にした映像作品が作られてきたが、今後はやはり「コロナ」が映像作品のテーマの中枢に置かれることになるのだろうか。

 シチュエーションのタイムリーさに加え、ハロウィン前の時期からクリスマスにかけて進むという物語のリアルタイム性の強さ。もちろんコロナ禍の巣ごもり需要で多くの人が押し寄せたホームセンターという舞台設定もしかり。それらの要素と反比例するように、昭和ライクな“肝っ玉姉ちゃん”ぶりを見せる桃子のキャラクター性が実に愛らしく、本作のほっこりとした雰囲気を高めてくれる。終盤で吉岡が直してくれた地球のマスコットをかざしながら「地球復活しました!」という桃子の言葉のように、“コロナ禍を経た人々の暮らし”を前向きに描くドラマが始まったというわけだ。 (文=久保田和馬)

外部リンク

cat_oa-rp92670_issue_eba1293fe981 oa-rp92670_0_48293c83c02b_Sexy Zone 菊池、King & Prince 髙橋、HiHi Jets 髙橋……10月スタートドラマで存在感放つ、フレッシュな顔ぶれ 48293c83c02b 48293c83c02b Sexy Zone 菊池、King & Prince 髙橋、HiHi Jets 髙橋……10月スタートドラマで存在感放つ、フレッシュな顔ぶれ oa-rp92670

Sexy Zone 菊池、King & Prince 髙橋、HiHi Jets 髙橋……10月スタートドラマで存在感放つ、フレッシュな顔ぶれ

2020年10月28日 06:00 Real Sound

 10月より新ドラマが続々とスタートしている。ジャニーズからも多数出演しているが、先日発表された『ベストジーニスト』のように、フレッシュな顔ぶれが揃っている。

(関連:Sexy Zone 菊池風磨がトーク力発揮 SixTONES 田中樹&Snow Man 渡辺翔太迎え、パワーワード連続のリモート夜会を見て)

 歌にダンス、アイドルとしてのパフォーマンスに加えて、ダンスを通して培ったリズム感と表現力で映画やドラマなどの芝居にも挑戦しているジャニーズメンバーたち。放送開始されたドラマを踏まえながら、彼らの魅力を探ってみたい。

■『バベル九朔』Sexy Zone 菊池風磨、SixTONES 髙地優吾

 10月20日から日本テレビシンドラ枠で放送中の『バベル九朔』。万城目学の小説が原作で、主人公の九朔満大役にはSexy Zoneの菊池風磨、九朔の親友・後藤健役にSixTONESの髙地優吾がキャスティングされている。“万城目ワールド”とも称されるちょっと不思議なストーリーで、様々な出来事に巻き込まれて動揺する様を、瞳を左右に動かすなど細かい技を使って演じていく菊池。そんな九朔と慣れ親しんだ様子で接する“親友っぽさ”満点の髙地。現在26歳の髙地と25歳の菊池、同年代ならではの空気感、ぼんやりと将来を考える様子がなんともリアル。次週は健の身に何か起きるようだが……。

■『姉ちゃんの恋人』King & Prince 髙橋海人、美 少年 那須雄登

 10月27日にスタートしたばかりの『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)には、主演の有村架純演じる安達桃子の弟役としてKing & Princeの髙橋海人。また、桃子が働くホームセンターの同僚には、美 少年の那須雄登が出演している。

 髙橋はこれまでも『部活、好きじゃなきゃダメですか?』『ブラック校則』と深夜ドラマに出演してきたほか、2019年にはSexy Zone・佐藤勝利が単独初主演を務めた『ブラック校則』で映画デビューを果たした。実際に姉がいる髙橋だけに、有村の肝っ玉姉ちゃんの弟役はぴったりの役どころだ。一方、那須は今夏放送された『真夏の少年~19452020』(テレビ朝日系)に出演したばかり。相次ぐドラマ出演に、ますます俳優として磨きがかかるかと思うと今後の活躍が楽しみだ。

■『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』HiHi Jets 髙橋優斗

 10月14日からスタートした日本テレビ水曜ドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』にはHiHi Jetsの髙橋優斗が出演中。主演の波瑠が演じる大桜美々の後輩で、新人看護師の役だ。ドラマの設定上、マスクを着用してのシーンも多く、声がこもりやすい状況ではあるが発声もバッチリ。顔の半分がマスクで覆われているものの、視線や瞳の動きを利用して表現し、新人ならではの初々しさが出ているところはお見事。

 他にも、関西ジャニーズJr.から、なにわ男子が全員で出演するドラマホリック!『メンズ校』(テレビ東京系)が10月7日から放送スタートしているなどファンとしても嬉しい忙しさ。那須雄登と髙橋優斗は、プライムタイム枠に出演と、デビュー組をしのぐ勢いで台頭するジャニーズJr.たちからも目が離せない。

 かつての先輩たちもドラマ作品を経て俳優としての道を切り拓いてきた。以前の状況と異なるのは、ジャニーズJr.公式エンタメサイト「ISLAND TV」や、YouTubeでのジャニーズJr.チャンネル等の開設により、動画配信を通じて場数を踏んでいることだ。自然と滲み出る個性、メンバー間においての役割、ファンからの反響、自分がどう映るのかを客観視できているところも、演技に多少なりとも役立っているのではないか。

 “視聴率王”と呼ばれ続けている木村拓哉、日本アカデミー賞を受賞したV6・岡田准一、嵐・二宮和也など、配役や脚本、監督らスタッフとの出会いを通して、日本のドラマ・映画に欠かせない俳優として君臨する先輩たちがいるように、若き彼らにもそんな巡り合わせが訪れる日もくることだろう。

 今春、15年ぶりに再放送されて再び話題を呼んだ『野ブタ。をプロデュース』。KAT-TUN・亀梨和也と山下智久が演じた、修二と彰がストーリーを飛び出して存在感を放ったように、長く愛される名作との出会い、派生ユニットの誕生と、ドラマの放送枠を超えた展開が期待できるのもジャニーズならでは。

 ドラマをきっかけにファンになる人も少なくないだけに、主演、バイプレーヤーを問わず存在感を放っていって欲しいと願う。若き彼らの奮闘ぶりを見守りたい。(柚月裕実)

外部リンク

cat_oa-rp92670_issue_eba1293fe981 oa-rp92670_0_23d7e9ae3ed9_Non Stop Rabbit、メジャーデビューアルバム『爆誕 -BAKUTAN-』収録内容公開 「ALSO」先行配信スタート 23d7e9ae3ed9 23d7e9ae3ed9 Non Stop Rabbit、メジャーデビューアルバム『爆誕 -BAKUTAN-』収録内容公開 「ALSO」先行配信スタート oa-rp92670

Non Stop Rabbit、メジャーデビューアルバム『爆誕 -BAKUTAN-』収録内容公開 「ALSO」先行配信スタート

2020年10月28日 00:00 Real Sound

 Non Stop Rabbit(通称:ノンラビ)が、12月9日にポニーキャニオンからリリースするメジャーデビューアルバム『爆誕 -BAKUTAN-』の収録内容を公開した。

(関連:スカイピースが語る、YouTuber×アーティストとして貫く“挑戦”の姿勢 毎日投稿卒業と横アリ中止の心境も

 総チャンネル登録者数約70万人を抱えるYouTuberとロックバンドという二つの顔を持つノンラビ。2020年3月豊洲PITでの開催を予定していた彼らのワンマンライブはコロナ禍の影響を受け中止に。本作には、その際に配信された「全部いい -DEMO TRACK」の完全版「全部いい」や、同年8月LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でのワンマンライブ中止発表の際に急遽配信された「明るい歌」なども含む全10曲が収録される。そして本日10月28日、アルバムの先行配信第1弾曲「ALSO」の配信がスタートした。(リアルサウンド編集部)

外部リンク

cat_oa-rp92670_issue_eba1293fe981 oa-rp92670_0_c72a6143d1be_Mr.Children、アルバム『SOUNDTRACKS』より「Brand new planet」from “MINE”映像公開 c72a6143d1be c72a6143d1be Mr.Children、アルバム『SOUNDTRACKS』より「Brand new planet」from “MINE”映像公開 oa-rp92670

Mr.Children、アルバム『SOUNDTRACKS』より「Brand new planet」from “MINE”映像公開

2020年10月27日 22:09 Real Sound

 Mr.Childrenが、12月2日に発売するアルバム『SOUNDTRACKS』より「「Brand new planet」from “MINE”」の映像を公開した。

(関連:Mr.Children「Brand new planet」from “MINE”映像公開

 同曲は、本日10月27日に初回放送を迎えたカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『姉ちゃんの恋人』(毎週火曜夜9時)主題歌。ドラマ初回放送が終わってすぐの22時9分に本映像が公開となった。なお、この映像はアルバム『SOUNDTRACKS』初回限定映像特典「LIVE & Documentary of SOUNDTRACKS“MINE”」に収録される。(リアルサウンド編集部)

外部リンク

cat_oa-rp92670_issue_eba1293fe981 oa-rp92670_0_7abc571ceaf4_『呪術廻戦』主人公の暴力描写は一線を超えた? 競うように過激化する『ジャンプ』バトル漫画 7abc571ceaf4 7abc571ceaf4 『呪術廻戦』主人公の暴力描写は一線を超えた? 競うように過激化する『ジャンプ』バトル漫画 oa-rp92670

『呪術廻戦』主人公の暴力描写は一線を超えた? 競うように過激化する『ジャンプ』バトル漫画

2020年10月27日 20:07 Real Sound

 深夜アニメもスタート(10月3日〜)し、一気にブレイクの兆しを見せはじめた芥見下々の『呪術廻戦』(集英社)。『週刊少年ジャンプ』で連載されている本作は、人間の負の感情から生まれた呪霊を祓う呪術師たちの物語。

 「呪いの王」と呼ばれた最強の呪霊・両面宿儺(りょうめんすくな)を身体に宿した少年・虎杖悠仁は、宿儺を封印するために都立呪術高専に転入。師匠にあたる最強の呪術師・五条悟の指導を受け、仲間の伏黒恵らと共に呪術師として成長していく。

以下、ネタバレあり。

 最新巻となる第13巻では、引き続き渋谷事変が描かれる。戦いで意識を失った虎杖は、敵に10本以上の宿儺の指を無理やり呑み込まされたことで両面宿儺が覚醒し、暴走をはじめる。

『呪術廻戦』×ハロウィン表紙の『週刊少年ジャンプ』2020年47号
 第10巻からスタートした「渋谷事変」は、2018年10月31日19時に、ハロウィンで盛り上がる渋谷全域に一般人を閉じ込める謎の帳(結界)が降ろされたことからはじまった。呪術師に反旗を翻し、呪霊と共同戦線を組んだ呪詛師の夏油傑は、特急呪霊の真人たちとともに渋谷駅地下で一般人を人質に立て籠もる。彼らの目的は五条悟の封印と虎杖の中に眠る両面宿儺の覚醒。

 すでに五条は夏油(の肉体を操る偽物)によって封印されてしまい、虎杖たち呪術師たちは五条奪還のために、それぞれ動き出す。かくして渋谷は呪術師と呪霊、そして呪詛師がそれぞれの利益のためにしのぎを削る戦場と化していた。

 『呪術廻戦』は荒木飛呂彦の『ジョジョの奇妙な冒険』や冨樫義博の『HUNTER×HUNTER』の影響下にある、特殊な力を持った達人が知略の限りを尽くして戦う異能力バトルモノで、今回の巻では、呪術師たちと特急呪霊の陀艮との戦いによく現れている。ただ、バトルの能力はどんどん複雑化している。

 今回登場した禪院直毘人の術式・投射呪法は「一秒間を24分割し、己の視界を画角として、あらかじめ画角内で作った動きを後追い(トレース)する」「術式発動中に直毘人の掌に触れられた者も1/24秒で動きを作らねばならず、失敗すれば、ガタつき一秒間フリーズする」という術だが、何度読んでも内容が理解できず、頭がこんがらがる。

 『ジョジョ』も後半に行くほど戦いが複雑化し、例えば第五部に登場したキング・クリムゾンという能力は何度読んでも理解できなかったのだが、アニメで観て、なんとなく理解できた。『呪術廻戦』のアニメ化に期待しているのは複雑なバトルの絵解きで、この直毘人の術式も、はやく映像で観たいと感じた。

 一方、今まで積み上げてきた能力バトルの面白さを逸脱しつつあるのも、渋谷事変の面白さである。当初はここまで重要なエピソードになるとは思わなかったが、巻を重ねるにつれて戦いが激化。ジャンプ本誌の連載は今、凄いことになっており。毎週月曜の朝になると、Twitterがショックを受けた読者の阿鼻叫喚の声で埋まる状態となっている。

 おそらく『鬼滅の刃』の終盤からはじまったのだと思うのだが、最近のジャンプは漫画家同士がお互いに刺激し合っており「あいつがここまで描くなら、こっちはもっと凄い展開を描く」といったライバル意識をすごく感じる。

 特に『呪術廻戦』、『チェンソーマン』、『アンデッドアンラック』、そしてジャンプでは『ONE PIECE』に継ぐ人気看板作品で、このチキンレースには参加しなくてもいいステージにいるはずの『僕のヒーローアカデミア』まで、この異様なテンションに飲み込まれつつあり、どの漫画も毎週、最終話かと思うような、先が読めない異常なテンションで話が進んでいる。

 この『呪術廻戦』が「違うステージに入ったな」と感じたのは、13巻の第112話。宿儺が、双子の少女、奈々子と美々子の頭を吹き飛ばした場面を、連載で読んだ時だ。肉体を乗っ取られているとはいえ、主人公の少年がここまで残忍な暴力を披露する姿を読んだ時、この漫画は単純な善悪では測れない世界に足を踏み入れてしまったのではないかと感じた。だが一方で、遅かれ早かれこういった展開を向かえることは、当初から作者の頭の中にはある程度、想定されていたのではないかとも思う。

 改めて物語の序盤をアニメで見直して強く感じたのは、本作が真正面から「死」を描こうとしているということだ。祖父の死を体験した虎杖が呪術師になるのは、呪霊によって殺されるという「正しくない死」を防ぐためだが、その戦いの過程で呪霊や、改造人間(真人によって怪物にされた人間)を祓う行為もまた、相手の命を奪う行為だという現実を本作は隠そうとしない。このような「死」を見せる覚悟があるからこそ、荒唐無稽なバトルを展開しても、本作には地に足のついた手触りが存在する。

 渋谷事変ではそれがより全面にせり出しており、敵も味方もあっけなく命を落とすという、実にシビアな展開となっている。しばらくこの混迷は続きそうで毎週、筆者もドキドキしているのだが、渋谷事変を終えた時に『呪術廻戦』がどうなっているのか、全く想像がつかない。

■成馬零一

76年生まれ。ライター、ドラマ評論家。ドラマ評を中心に雑誌、ウェブ等で幅広く執筆。単著に『TVドラマは、ジャニーズものだけ見ろ!』(宝島社新書)、『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の脚本家』(河出書房新社)がある。

■書籍情報

『呪術廻戦』(ジャンプ・コミックス)既刊13巻発売中

著者:芥見下々

出版社:集英社

https://www.shonenjump.com/j/rensai/jujutsu.html

外部リンク

cat_oa-rp92670_issue_eba1293fe981 oa-rp92670_0_499a9908376a_『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』2021年2月5日劇場公開へ 日本版ポスターも完成 499a9908376a 499a9908376a 『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』2021年2月5日劇場公開へ 日本版ポスターも完成 oa-rp92670

『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』2021年2月5日劇場公開へ 日本版ポスターも完成

2020年10月27日 19:45 Real Sound

 公開が延期となっていた映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』が2021年2月5日に日本公開されることが決定。あわせて日本版ポスターも公開された。

参考:予告編はこちらから

 本作は、ビアトリクス・ポター原作の絵本『ピーターラビット』の実写映画第2弾。前作に続き、ウィル・グラックが監督を務め、ピーター役の声をジェームズ・コーデンが演じるほか、マーゴット・ロビー、エリザベス・ デビッキ、デイジー・リドリーが声の出演で続投。さらに、ドーナル・グリーソンとローズ・バーンも引き続き出演する。

 前作から3年、ついにビアとマグレガーが結婚することに。湖水地方で、ピーターはビアとマグレガーと“家族”として仲良く暮らすはずが、父親気取りのマグレガーに叱られ続け、イライラの毎日。元々マグレガーとは犬猿の仲で、ピーターの父親をパイにして食べた因縁の一族のひとりという遺恨もある。「あんなヤツ、父親じゃない! こんな生活ウンザリだ!」我慢の限界を超えたピーターは、湖水地方を飛び出し大都会へ家出してしまう。

 そこで出会ったのは、ピーターの父親の親友だったと語るバーナバス。都会でタフに生き抜くバーナバスに父親のような頼もしさを感じるピーター。しかし、人間に恨みを抱くバーナバスは、人家の冷蔵庫から野菜や果物を盗み、都会の動物たちを組織して、人間への復讐の機会をうかがっていた。ある日、バーナバスはイギリス中から市場に集まった最高級ドライフルーツの強奪作戦を計画。認めてもらいたいピーターは、湖水地方の妹や動物の仲間たちをメンバーに加えて作戦に参加する。作戦が成功したかに見えたその時、人間に捕まってしまう妹や仲間たち。最大の危機にピーターの前に現れたのは……。

 公開された新キャラクターのバーナバスも登場するポスターは、11月中旬から一部の劇場を除く全国の映画館で掲出予定となっている。 (文=リアルサウンド編集部)

外部リンク

cat_oa-rp92670_issue_eba1293fe981 oa-rp92670_0_408a6d3d94c3_台湾カルチャーを牽引する注目の51組を紹介『TAIWAN EYES GUIDE FOR 台湾文創』 408a6d3d94c3 408a6d3d94c3 台湾カルチャーを牽引する注目の51組を紹介『TAIWAN EYES GUIDE FOR 台湾文創』 oa-rp92670

台湾カルチャーを牽引する注目の51組を紹介『TAIWAN EYES GUIDE FOR 台湾文創』

2020年10月27日 19:16 Real Sound

 台湾のカルチャーシーンを牽引する話題の51組のワークライフスタイルから、台湾の今と未来を読み解く書籍『TAIWAN EYES GUIDE FOR 台湾文創』が、10月27日にトゥーヴァージンズより発売された。

 世界中から注目されることとなったコロナウィルス対策をはじめ、蔡英文氏の総統再選など、文字通り激動の1年となった2020年の台湾。現在、台湾カルチャーはどうなっているのか。日本と台湾、お互いが自由に行き来できない今だからこそ、じっくりと台湾のことを知るチャンス。古き良きものから新しいものや価値を生み出すムーブメント「文創」を切り口に、さまざまな分野で活躍する第一人者を取材している。

曲墨建築建築師事務所のデザインによるレストラン・EMBERS のバーカウンター (C)EMBERS 若者たちに台湾茶を楽しんでもらうためのティーサロン永心鳳茶新光南西店(C)永心鳳茶 リサイクルガラスを用い、サーキュラー・デザインを日常に落とし込むW春池計畫 (C)春池玻璃 100%天然素材を用いた着心地の良いジェン先生のウェアは日本でも人気が高い (C)鄭惠中布衣 「日本を知ることで台湾のルーツを知る」をテーマに創刊された雑誌『薫風』 (C)風月襟懐文化事業有限公司 伝統的なお祭りを現代的な方法で解釈したプロジェクト「大溪大禧」 (C) 衍序規劃設計

〈掲載インタビュー(一部)〉

・劉真蓉(大規模イベントでキュレーションを担当する「衍序規劃設計」総監督)

・Wes(台湾の土地の食材を生かしたレストラン「EMBERS」シェフ)

・TA(100%リサイクルで生産するガラス製品の会社「春池玻璃」オーナー)

・葉怡蘭(日本人にもおなじみのライフスタイルショップ「PEKOE 食品雜貨鋪」オーナー)

・黃崇堯(台南にある見た目は理髪店、中身はアパレルショップ「香蘭男子電棒燙」オーナー)

・鄭惠中(天然繊維にこだわった服を作り続ける「鄭惠中布衣」創業者兼デザイナー)

・薛舜迪(現代に合わせたティーサロン「永心鳳茶」と台湾式居酒屋「心潮飯店」の創業者)

・江文淵(人と自然が共存できる環境に優しい建築をつくる「半畝塘」創業者兼建築家)

・趙文豪(伝統的な健康油である苦茶油を広める「茶籽堂」の若き社長)

・Moe+Eri(台湾漢方で美と健康の新習慣を提案する「DAYLILY」創業者、CCO)

・Ocean(国内外の様々な展覧会の企画・運営をする「INCEPTION /啟藝」創業者)

・蔡瑞珊(テーマの異なる書店を展開し、台湾の読書文化を盛り上げる「青鳥文化制作」CEO)

・黃志成(日台の絆という副題を持つ雑誌『薫風』を発行する 「風月襟懐文化事業有限公司」クリエイティブディレクター)

・凌宗湧(一流ブランドの空間デザインを手がけるフラワーアートブランド「CN Flower /西恩」創業者)

・游璨賓(台中にあるカセットテープ専門店「感傷唱片行」店主)

・陳依秋(独立系書店兼カフェ兼イベントスペース「朋丁」のブランドマネージャー)

・曾志偉(自然と繋がる空間デザインを手がける「自然洋行建築設計團隊」デザインディレクター)

・MUSIC 迪拉胖(インディーズレーベル「顔社/ KAO!INC.」代表)

・MEDIA 小路輔(台日を文化交流でつなぐメディア「初耳/ hatsumimi」 代表)

■監修:小路輔(こじ・たすく)

WEBマガジン「初耳 / hatsumimi」代表

1979年埼玉県生まれ。2002年よりJTBグループでインバウンドやビジットジャパン関連の業務に従事する。2012年よりスタートトゥデイ(現ZOZO)にてZOZOTOWNの海外事業を手掛ける。2014年にFUJIN TREE TOKYOを設立、2019年に朝寝坊屋(創業70余年)を事業継承する。台湾最大級の台日カルチャーイベント『haveAnice Festival(Culture&Art Book Fair、Culture&Coffee Festival)』のオーガナイザー、日本国内で8万人以上を集客する台湾カルチャーイベント『TAIWAN PLUS』のプロデューサーを務めるなど、日本と台湾のカルチャーやライフスタイルの交流をテーマに活動中。

■書籍情報

『TAIWAN EYES GUIDE FOR 台湾文創』

監修:小路輔

出版社:トゥーヴァージンズ

定価:本体価格1,800円+税

■刊行記念トークイベント

本書刊行を記念して、監修の小路輔氏とアートディレクション・デザインを担当し台北で個展を開催するなど台湾への造詣も深いデザイナー、村手景子氏を迎え、トークイベントを開催。会場参加者の方に「台湾のプチギフト」をプレゼント。

登壇者 :小路輔/村手景子

日時:11月5日 19:30スタート(トークイベント1時間予定)

場所:BAG ONE(BOOK&CAFE BAR:〒150-0046 東京都渋谷区松濤1丁目4-8)

料金:会場参加券(BAG ONEにて参加/要別途ワンドリンクオーダー)¥1,500-

   オンライン参加券(ZOOMにて参加)¥1,500-

   書籍付きオンライン参加券(ZOOMにて参加)¥3,500-

※書籍付きオンライン参加券を11月1日までに購入いただいた方へはイベント当日までに書籍がお手元に届くよう発送(送料込み)。

★チケット購入はPeatixより→https://taiwaneyes.peatix.com

外部リンク

cat_oa-rp92670_issue_eba1293fe981 oa-rp92670_0_8e21b1352328_『極主夫道』『テルマエ・ロマエ』アニメ化、『ゴジラ』新映像も Netflixアニメラインナップ発表 8e21b1352328 8e21b1352328 『極主夫道』『テルマエ・ロマエ』アニメ化、『ゴジラ』新映像も Netflixアニメラインナップ発表 oa-rp92670

『極主夫道』『テルマエ・ロマエ』アニメ化、『ゴジラ』新映像も Netflixアニメラインナップ発表

2020年10月27日 19:00 Real Sound

 Netflixが2020年以降のアニメラインナップを発表する「Netflixアニメフェスティバル2020」が、10月27日に東京・六本木で行われた。

 Netflixは、2020年9月に日本ローンチ5周年を迎え、国内メンバー数が500万人を突破した動画配信サービス。日本発のアニメ作品を世界中のファンに向け、ジャンル豊かに作品を配信してきた。

参考:『バイオハザード』のオリジナルアニメシリーズがNetflixで制作決定 ティザービジュアル&PVも公開

 登壇したNetflixアニメ チーフ・プロデューサーの櫻井大樹氏は、「この1年間、全世界で1億世帯以上がNetflixでアニメを再生しており、この数字は年々50%ずつ増加している」と報告し、世界のアニメファンが如実に増加していると分析。

 さらに、「100以上の国と地域においてアニメ作品がNetflixのトップ10にランクインする事態が頻繁に発生し、ハリウッド映画や海外ドラマシリーズと並んで日本のアニメが楽しまれている」と明かした。地域別では、アジアは台湾やタイ、ヨーロッパはフランス、イタリア、南米だとペルーやチリにおいて、日本アニメ作品が視聴ランキングの上位を占める事態が増えてきているという。作品については、『七つの大罪』が70の国でトップ10入り、『バキ』シリーズは50の国でトップ10入りしている。

 また日本においては、「500万世帯がNetflixに加入しており、そのうち2世帯に1世帯が1カ月に5時間以上、アニメ作品を視聴している」と明かす。これは、アニメシリーズの1シーズン分に相当しており、「コアファンだけでなく、日本の全会員においてアニメの視聴が定着している」と櫻井氏は分析した。

 今回の会見で発表されたのは、2020年以降の作品ラインナップ全16作品。そのうち5作品がこの場において制作が発表された。ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記とスペシャルアンバサダーの内田理央が登壇し、新情報を届けた。

 まず、来年25周年を迎える『バイオハザード』の最新作で、人気キャラクターのレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドの2人を軸に物語が展開する『バイオハザード:インフィニットダークネス』からは、新場面写真が公開された。

 また、2021年春に配信される『ゴジラ S.P<シンギュラポイント>』は、新ビジュアルと映像が公開。円城塔が脚本を手がけることで話題となった本作は、まったく新しいオリジナルストーリーが、全13話のTVアニメとして展開される。人類に訪れる未曽有の脅威に、女性研究者の“カミノメイ”と、男性技術者の“アリカワユン”という2人の若き天才が、周囲の人間たちと共に挑んでいく姿が壮大なスケールで描かれる。

 『鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST』の入江泰浩監督が手がける『エデン』は、2021年5月に配信。2体のロボットの元で育った少女サラが、世界へ立ち向かうSFファンタジー。会場で公開された新PVでは、キャスト情報も発表され、高野麻里佳、伊藤健太郎、氷上恭子、山寺宏一の出演が明らかになった。

 『屍者の帝国』の牧原亮太郎監督とWIT STUDIOが手がける完全新作アニメーション『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』からは、場面写真が2点公開された。

 ラション・トーマス監督とMAPPAが手を組み、織田信長に仕えた実在のアフリカ人侍の姿を描くファンタジー時代劇『Yasuke-ヤスケ-』からは、キャラクターデザインが公開された。

 また、ハリウッド映画『パシフィック・リム』をアニメーションで描く日米合作『パシフィック・リム:暗黒の大地』。今度はオーストラリアがKAIJUに襲撃されるという本作からは、OP映像とともに場面写真が公開された。

 目を引いたのはフィリピン発のアニメシリーズ『異界探偵トレセ』。バジェッテ・タン、カジョ・バルディッシモの同名グラフィックノベルが原作で、『ワンダーウーマン』のジェイ・オリヴァが製作総指揮を務める。こちらは場面写真が公開された。

 第42回アヌシー国際アニメーション映画祭に入選した『B: The Beginning』は、セカンドシーズン『B The Beginning Succession』が2021年春から配信。場面写真が公開された。

 『刃牙』シリーズの第3部となる『範馬刃牙』は2021年に配信される。範馬刃牙が“地上最強の生物”の名を持つ父・範馬勇次郎に挑戦状を叩きつけ、ついに因縁の2人が全身全霊で激突する展開へと突入する。原作者の板垣恵介によるスペシャルイラストが公開され、板垣からは「買ってもいない宝くじの当たった心境です。この僥倖、どう実物のお宝に結びつけるのか。やっぱ金の話になるンだよなぁ」とコメントも寄せられた。

 そして今回新たに制作が発表される作品もお披露目。「マンガ大賞2010」「第14回手塚治虫文化賞短編賞」を受賞したヤマザキマリ原作の『テルマエ・ロマエ』が、『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』としてアニメシリーズ化が決定。代ローマ帝国の浴場設計師ルシウスが、ひょんなことから現代日本にタイムスリップしてしまい、日本の風呂文化を学んでいくコメディで、ヤマザキによる新たな書き下ろしエピソードも登場するという。公開されたスペシャルイラストには、ラテン語で「すべての風呂はローマに通ず」を意味する、「OMNES THERMAE ROMAM DOCUNT」とコピーが添えらた。

 『亜人』の三浦追儺と、『ボックス!』の大羽隆廣がタッグを組んだ漫画『天空侵犯』もNetflixでアニメ化。無数の高層ビルが吊り橋で繋がる“異常空間”を舞台に命を賭けたサバイバルが描かれる。ティザーPVとキーアートが公開された。

 現在配信中の『リラックマとカオルさん』は、新たなアニメーションシリーズ『リラックマと遊園地』の制作が決定。ストップモーションアニメーションで作られる新たなシリーズで、脚本を手掛けるのは劇団ヨーロッパ企画の上田誠と角田貴志。制作・プロデュースはドワーフ。監督は同スタジオの小林雅仁が務める。『リラックマとカオルさん』で初登場したカオルさん(多部未華子)も登場する。

 そして『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』に登場する漫画家・岸辺露伴を主人公としたスピンオフOVA『岸辺露伴は動かない』がNetflixで独占配信されることも決定。岸辺露伴が、漫画のネタ集めのために訪れた先で見聞きした奇妙な見聞録集で、エピソード#16『懺悔室』、エピソード#02『六壁坂』、エピソード#05『富豪村』、エピソード#09『ザ・ラン』からなる4作品が配信される。

 現在テレビ東京系で玉木宏主演でドラマ化もされている漫画『極主夫道』は、朝ドラ『エール』(NHK総合)で語りを務める津田健次郎主演でアニメ化。『のだめカンタービレ』や『美少女戦士セーラームーンEternal』などを手掛ける今千秋が監督を務める。津田は「『極主夫道』には既に色々関わらせて頂いていて、更にアニメでも参加出来る事をとても嬉しく思います。この漫画は本当に面白いです。この面白さをアニメでもお伝え出来る様頑張ります。絶対観て下さい。どうぞ宜しくお願い致します。アニメ版『極主夫道』、なめとったらアカンぞ!」とコメントも寄せた。

 最後に、先日制作が発表された90年代に一斉を風靡した伝説的コミックを映像化する『スプリガン』からはティザーPVが公開された。

●Netflix アニメ ラインナップ

『トランスフォーマー:ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー 第II章:アースライズ』近日配信

『天空侵犯』2021年2月、Netflixにて全世界独占配信

『ゴジラ S.P<シンギュラポイント>』2021年春、Netflixにて独占配信(日本先行)

『Yasuke -ヤスケ-』2021年春、Netflixにて全世界独占配信

『B The Beginning Succession』2021年春、Netflixにて全世界独占配信

『岸辺露伴は動かない』2021年春、Netflixにて全世界独占配信

『極主夫道』2021年春、Netflixにて全世界独占配信

『パシフィック・リム: 暗黒の大陸』2021年春、Netflixにて全世界独占配信

『エデン』2021年5月、Netflixにて全世界独占配信

『バイオハザード:インフィニット ダークネス』2021年、Netflixにて全世界独占配信

『異界探偵トレセ』2021年、Netflixにて全世界独占配信

『範馬刃牙』2021年、Netflixにて全世界独占配信

『スプリガン』2021年、Netflixにて全世界独占配信

『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』2021年、Netflixにて全世界独占配信

『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』制作決定

『リラックマと遊園地』制作決定

(取材・文=安田周平)

外部リンク