cat_oa-rp86989_issue_d304df9320bf oa-rp86989_0_d304df9320bf_Apple、鍵などを探せるデバイス「Tile」の模倣製品をiPhoneと同時に発表へ d304df9320bf d304df9320bf Apple、鍵などを探せるデバイス「Tile」の模倣製品をiPhoneと同時に発表へ oa-rp86989

Apple、鍵などを探せるデバイス「Tile」の模倣製品をiPhoneと同時に発表へ

2019年9月3日 08:07 Ubergizmo US

Appleが独自のTile風追跡アクセサリを開発しているという噂は以前から流れていました。最近、このトラッカーの可能な特徴の1つが拡張現実であることが明らかになったが,これがどのように動作するかはまだわかりません。しかし、MacRumorsの情報により、われわれはこのデバイスについてさらに詳しい情報を得ました。
その一つは、トラッカーの電池を取り外して交換する機能です。使用されている電池は、腕時計に使われる可能性のある小さな円形バッテリーの1つであることが示唆されています。つまり、バッテリーは簡単に交換でき、ほとんどの店で購入できるはずです。
またユーザーは「安全な」ロケーションを設定できるようだ。つまり、アクセサリが追跡しているデバイスがいずれかの場所に存在する場合、ユーザーには通知されません。たとえば、家の中を安全な場所として設定しておけば、自分の部屋にトラッカーがあっても、キッチンにいる場合など、範囲外にいても警告が表示されません。その代わり、セーフゾーン外にある場合は警告が表示されます。
最後に、MacRumorsはiOS13の内部ビルドでこのアクセサリの画像を発見し、これがアクセサリの外観である可能性を示唆した。これが代替品なのか、本物なのかは不明なので、今のところは割り引いて考えてみたほうが良いでしょう。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_d304df9320bf oa-rp86989_0_0dd0007a0dfd_Twitter創業者、Twitterアカウントを乗っ取られる 0dd0007a0dfd 0dd0007a0dfd Twitter創業者、Twitterアカウントを乗っ取られる oa-rp86989

Twitter創業者、Twitterアカウントを乗っ取られる

2019年9月3日 07:59 Ubergizmo US

企業の最高経営責任者であることは一般的に、その企業の顧客が享受できないメリットを享受できるように思われています。例えばTwitterの場合、創業者で最高経営責任者のJack Dorsey氏のアカウントは、セキュリティと監視機能を追加することで、より安全になるのではないかと考えている人もいることでしょう。
しかし、ほかでもないDorsey氏のアカウントがハックされました。これはDorsey氏のアカウントが投稿した一連のツイートにより発覚したもので、人種差別的なコメントや、脅迫を含むヘイトスピーチが多く含まれていました。その後、この攻撃はCloudhopperと呼ばれるソースから発生したと思われることが明らかになっています。
このソースは、TwitterがSMSサービスを強化するために買収した会社であり、このツイートはTwitterから送信できることを示唆している。Twitter社の反応は早く、最初のツイートが投稿されてから30分後に削除された。
Twitterによると、「このアカウントに関連付けられた電話番号は、モバイルプロバイダーによるセキュリティ監視のために漏洩した。これにより、許可されていないユーザーが電話番号からテキストメッセージを作成して送信できるようになっていました。この問題はすでに解決済みです。」としています。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_d304df9320bf oa-rp86989_0_6b52c7ba3ff9_ボッシュ、電動ベビーカーを発表 坂道も楽チン、いざというときの安全性も 6b52c7ba3ff9 6b52c7ba3ff9 ボッシュ、電動ベビーカーを発表 坂道も楽チン、いざというときの安全性も oa-rp86989

ボッシュ、電動ベビーカーを発表 坂道も楽チン、いざというときの安全性も

2019年9月3日 07:54 Ubergizmo US

最近はさまざまな「乗り物」が電動化されており、自家用自動車はもちろん、バスも電動化、自転車やスクーターも電動化しています。そんな乗り物の電動化の流れの中で、ボッシュは電動ベビーカーを発表しました。
これを使えば、登りの坂道でベビーカーを押すのもラクになるかも。このベビーカーには2つの電動モーターが搭載されています。下りの坂道ではベビーカーが転がっていくのを避けるため、押すのにむしろ力が要るようになっています。
ベビーカーに搭載されるセンサーはこのように坂道を検出する他、ベビーカーが道から外れないようキープするとしています。また、もし手を離してしまったときは、ベビーカーが止まるセーフティ機能も搭載しているといいます。
内蔵バッテリーは約15km分駆動するとのこと。ボッシュ自身がこのベビーカーを販売するわけではなく、スウェーデンのブランドEmmaljungaがこれをベースにしたベビーカーを2020年に販売するとしています。価格について言及はありませんが、おそらく安くはないでしょう。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_d304df9320bf oa-rp86989_0_784b6f191303_日本のレトロゲームの内容を自動翻訳してくれるエミュレーターが登場 784b6f191303 784b6f191303 日本のレトロゲームの内容を自動翻訳してくれるエミュレーターが登場 oa-rp86989

日本のレトロゲームの内容を自動翻訳してくれるエミュレーターが登場

2019年9月3日 06:00 Ubergizmo US

ビデオゲームが発売された当時、特にそれが日本のビデオゲームであれば、ローカライズ版が発売されるかわからないという疑問がありました。日本限定のゲームというのはまだ存在してますが、グローバル化により複数の言語でゲームをりりーすするようになりました。
しかし、オールドゲームをプレイしたいユーザーにとって朗報です。クラシックゲームのエミュレーター「RetroArch」の開発者によって、日本のビデオゲームを自動的に翻訳してくれるAIが実装されたためです。
そもそも、エミュレーターの使用について違法であり、著作権侵害と見なされるかどうかの法律面をひとまず置いておくと、この機能は非常に有用なツールです。しかし、この翻訳はGoogle翻訳に接続されているようで、文脈に沿わない変な翻訳をしてしまう点については留意する必要があります。

とは言っても、ゲーム内のイベントを理解してもらうには十分でしょう。このサービスに興味があり、自分で設定しても構わないというユーザーは、LibRetroのウェブサイトで詳細を確認できます。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_d304df9320bf oa-rp86989_0_ea522651d69d_AppleはiOS13でARヘッドセットを検討中? コードにそれらしき記述 ea522651d69d ea522651d69d AppleはiOS13でARヘッドセットを検討中? コードにそれらしき記述 oa-rp86989

AppleはiOS13でARヘッドセットを検討中? コードにそれらしき記述

2019年9月3日 01:51 Ubergizmo US

AppleはAR(仮想現実)メガネに参入するのではないかと、この数年噂されてきましたが、この方向性を裏付けるような話が浮上してきました。
MacRumorsによると、iOS 13 betaのコードの中に、「STARTester」という名前のアプリがあり、これを利用するとヘッドマウントモードに切り替えられるというのです。Appleが開発しているとみられている、「Garta」というコードネームのヘッドセットデバイスへの参照もあります。
ただ、テストアプリがあるからといってそれが出るものと信じすぎてもいけません。例えばワイヤレス充電器のAirPowerは製品が出るあと一歩のところだったのに、最終的にはキャンセルされてしまいました。
加えて、以前にはDigiTimesから、AppleはARヘッドセットの開発を中止したという報道もありました。いずれにせよ、仮にARヘッドセットが出るとするのなら、数日後に控えたiPhoneの発表会でお目見えすることになるのかもしれません。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_d304df9320bf oa-rp86989_0_d3dccf4af490_ニコンが9月4日にフラッグシップ一眼レフ「D6」を発表する? d3dccf4af490 d3dccf4af490 ニコンが9月4日にフラッグシップ一眼レフ「D6」を発表する? oa-rp86989

ニコンが9月4日にフラッグシップ一眼レフ「D6」を発表する?

2019年9月2日 10:45 Ubergizmo US

ニコンの次期フラッグシップデジタル一眼レフ 「Nikon D6」 に関する噂は以前からありましたが、「Nikon Rumors」によると、当初は10月に発表される可能性があるとされていましたが、軒下デジカメ情報局の情報によると、予想よりも早く前倒しになりそうです。
記事によると、Nikon D6は9月4日にも発表される可能性があるようです。発表自体は9月に実施されますが、カメラの発売は2019年後半か、おそらく2020年になることから、直近で手に入れることは難しいでしょう。
スペック的にはセンサーの手ブレ補正技術が大きなセールスポイントになるとされています。これは、レンズベースの手ぶれ補正とは対照的で、これまで手ぶれ補正技術を利用するにはそれを内蔵しているレンズを購入しなければならなかったのですが、ボディ内に移行することでNikon D6に装着されたレンズはすべて補正されるようです。
その他の仕様としては、24MPセンサー、60fpsでの4Kビデオ録画などがあります。価格についてはまだ何も発表されていませんが、9月4日の噂が本当ならすぐにでも詳細が発表されるはずです。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_d304df9320bf oa-rp86989_0_ba3952b83d9f_ソニーAPS-Cカメラの最上位モデル「α6600」とコスパ重視の「α6100」 ba3952b83d9f ba3952b83d9f ソニーAPS-Cカメラの最上位モデル「α6600」とコスパ重視の「α6100」 oa-rp86989

ソニーAPS-Cカメラの最上位モデル「α6600」とコスパ重視の「α6100」

2019年9月2日 06:00 Ubergizmo US

キヤノンが新型ミラーレスを発表して間もないうちに、ソニーは2種類の新型ミラーレスを発表しました。今回、残念ながらα7やα9のシリーズではなく、もしフルサイズカメラを期待していた人はがっかりするかもしれません。
しかし、新しく写真の世界に入ってみたい人や、今持っているカメラをアップグレードしたいユーザーにとっては、もしかするとぴったりなモデルかもしれません。ソニーは、同社のAPS-Cクラスでのフラッグシップ機にあたるα6600と、エントリークラスのα6100を発表しました。
α6600から説明すると、このカメラは2400万画素のAPS-Cセンサーと、ソニーのBIONZ Xイメージセンサーを搭載しています。これには、425ポイントのハイブリッドAFシステム、3インチのタッチスクリーン、11fpsの連写が可能です。さらに、4K30fpsでの動画撮影、ボディ内手ブレ補正、大型化されたグリップ、大容量化したバッテリーが挙げられます。

α6100の方は、エントリークラスとして設計されているため機能で圧倒されることはありません。センサーは、2400万画素のAPS-Cセンサー、イメージプロセッサーはBIONZ X、425ポイントのハイブリッドAFシステム、3インチディスプレイとα6600と一緒ですが、最大ISOが51200になっています(α6600は102400)。また、ボディ内手ブレ補正は搭載されていません。

価格に関して言えば、α6600は1400ドル(日本では税別16万円前後)、α6100は750ドル(日本では税別8万円前後)となります。すべてボディのみの価格です。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_d304df9320bf oa-rp86989_0_5277405bd66e_Apple Watchのディスプレイ無料修理プログラム開始 5277405bd66e 5277405bd66e Apple Watchのディスプレイ無料修理プログラム開始 oa-rp86989

Apple Watchのディスプレイ無料修理プログラム開始

2019年9月2日 01:13 Ubergizmo US

Appleはこのほど、Apple Watch Series 2とSeries 3のディスプレイの無料修理プログラムを発表しました。これは、ユーザーが何もしていなくてもスクリーンの縁が欠けるといった問題が起きていたためです。
同社の声明では、「われわれは非常にまれな状況下で、Series 2や3のアルミニウムモデルの丸い縁に沿って亀裂が発生する恐れがあると判断しました」としています。
このプログラムが対象とするのは、Series 2と3のアルミニウムモデルで、38mmと42mmバンドのものになります。
もし、これらのApple Watchを使っていて縁が割れることがあったら、修理プログラムの対象となることでしょう。もし保証が切れていても修理を行うとしています。
なぜこのような問題が起きているのかについてAppleは詳細を明らかにしていませんが、自分のミスではなく画面が割れてしまったという人は修理のチャンスかもしれません。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_d304df9320bf oa-rp86989_0_2df7f2d29897_Android 10は9月3日に発表? カナダのキャリアがおもらし 2df7f2d29897 2df7f2d29897 Android 10は9月3日に発表? カナダのキャリアがおもらし oa-rp86989

Android 10は9月3日に発表? カナダのキャリアがおもらし

2019年9月2日 00:06 Ubergizmo US

Googleは、Androidの次期バージョンであるAndroid 10についてまだローンチスケジュールを明らかにしていません。原則でいけば、新しいPixelスマートフォンの発表と同じタイミングになるだろうとは思うのですが、どうやらそれよりも早く発表されることになりそうです。
カナダのキャリア、Rogersによると、Android 10へのアップデートを9月3日に配信するとのこと。もちろん、初期に配信が期待できるのはPixelシリーズのみではありますが。早くOSアップデートを受け取れるのがPixelシリーズの強みであって、それ以外のブランドのスマートフォンはそのメーカーがどれほど早く新OSに対応するかにかかっています。
Rogersいわく、3日にアップデートするのは初代Pixel、2、3、それぞれのXL版の6機種。
Androidは代々OSにお菓子の名前を名づけてきましたが、今回のバージョンについては単にAndroid 10とするという話もあります。
Rogersの話が正しければ、アップデートまであと数日。要チェックです。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_d304df9320bf oa-rp86989_0_adb83362e06f_Apple Pay、お膝元のアメリカでも普及率たった9%という現実 adb83362e06f adb83362e06f Apple Pay、お膝元のアメリカでも普及率たった9%という現実 oa-rp86989

Apple Pay、お膝元のアメリカでも普及率たった9%という現実

2019年8月31日 23:43 Ubergizmo US

Apple Payは2014年にロンチ、Appleが顧客にモバイル決済を導入する方法として有名です。iPhoneやApple Watchのようなデバイスを使って、それを受け入れた場所で支払いができるというのは良い考えのように思えた。しかし、理論的には良いアイデアですが、実際には、多くの人がそれを持っていないようです。
CNBCの報道によると、米国におけるApple Payの普及率はわずか9%。これはPayPalのような他の支払いサービスの44%に比べてかなり低い状況。クレジットカードは、米国で最も好まれる支払い方法のようで、80%の普及率であり、現金が79%と続く。
モバイル決済が遅れている理由の1つは、クレジットカードを使うよりも便利だとは限らないからだと指摘されています。ユーザーは携帯電話を取り出し、ロックを解除し、アプリを起動しなければならないが、これはクレジットカードを使ってカードを取り出し、機械にかざすだけで設定が完了する仕組みとは異なります。
一部のアナリストによると、価格も採用をためらう理由の一つとのこと。PRMPaymentsのCEOであるPeter Gordon氏は、「消費者向けのモバイル体験では、彼らはかなり良い仕事をしました。問題は、マーチャント(小売店)がサインアップしなければならなく、設置費用がかなり高い」としています。

外部リンク