cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_acf166da35af_現役大学生が完全無料・完全審査制の就活マッチング「ハントバンク」をリリース acf166da35af acf166da35af 現役大学生が完全無料・完全審査制の就活マッチング「ハントバンク」をリリース oa-rp86989

現役大学生が完全無料・完全審査制の就活マッチング「ハントバンク」をリリース

2019年9月28日 16:50 Ubergizmo US

2019年9月26日、HUNT BANK株式会社が、就活マッチングサービス「ハントバンク」のブラウザ版をリリースしました。
代表の晒名 駿 氏は、2019年4月、明治大学商学部に在学しながら、上場企業経営者や大手法律事務所代表、大学教授などの計39名から出資を受けて、HUNT BANK株式会社を設立。
The CFO Consulting株式会社 取締役COO、弁護士ドットコムグループ法律事務所、アライアンスパートナーズ株式会社などの役員を務め、CXOバンクを設立した中村 一之 氏も支援。CXOバンク株式会社も25名の発起人で設立されているとのこと。

晒名 駿 氏は、現役大学生であることも生かし、就活、就活生のことをより理解するべく、自身でも就職活動を行うとのこと。

*晒名 駿 氏のnote投稿記事より引用
「もっと大学生、就活生に寄り添ったサービス、事業、活動をしたい」という思いを胸に、現状の就職活動に対する疑問や、課題に対して正面から解決していこうとしているようだ。今後のサービス展開から目が離せない。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_98eb65bfca0f_IKEAからサイドテーブルとして使える空気清浄機が登場 98eb65bfca0f 98eb65bfca0f IKEAからサイドテーブルとして使える空気清浄機が登場 oa-rp86989

IKEAからサイドテーブルとして使える空気清浄機が登場

2021年8月4日 10:00 Ubergizmo US

新しいガジェットを買う前に、特に小さなアパートに住んでいる場合には、それを置くスペースがあるかどうかを考えなければいけない時があります。つまり、時にはテレビのサイズを我慢したり、トールボーイスピーカーの代わりにサウンドバーを選択する必要があるということです。
そして、自宅に空気清浄機を設置したいが、今あるスペースを犠牲にしたくないという場合には、IKEAがそれに応えてくれるかもしれません。同社は最近「Starkvind」という製品を発表しており、そのラインナップの一つには空気清浄機が組み込まれたサイドテーブル型のモデルも含まれています。
写真からわかるように、一見それは普通のサイドテーブルに見えるかもしれませんが、実際には二つの役割を兼ね備えており、非常に素晴らしいものになっています。IKEAが使用している空気濾過システムは、髪の毛やほこり、PM2.5等の浮遊粒子を99.5%捉える三層フィルタ構造となっています。また、臭気だけでなく、ホルムアルデヒド等の汚染物質も処理出来ます。
35ドルのハブを別途購入する必要はありますが、Starkvindはアプリ経由で操作可能なスマートデバイスです。この空気清浄機、Starkvindの各モデルはそれぞれ129ドルと189ドルで、ブラックとホワイトの二色で10月に発売予定です。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_0617524e6fad_Pixel 6シリーズに独自チップが搭載されることをGoogleが発表 0617524e6fad 0617524e6fad Pixel 6シリーズに独自チップが搭載されることをGoogleが発表 oa-rp86989

Pixel 6シリーズに独自チップが搭載されることをGoogleが発表

2021年8月4日 10:00 Ubergizmo US

何年もの間、AppleやSamsung、Huaweiがそうしてきたのと同様に、Googleが独自のチップセットを自社製モバイルデバイス向けに開発しようとしている可能性があると噂されてきました。同社がPixel 6と新しい「Tensor」チップセットに関して認めていることから、遂にそれが完成したようです。
Googleは次のように説明しています。「我々のシリコンを設計したチームは、Pixelの機能をさらに強化したいと考えました。例えば、Tensorについて、我々はチップの全ての部品を考え、Googleのコンピュテーショナルフォトグラフィモデルを実行するためにカスタマイズしました。ユーザーの皆さんに、既存の機能の改善に加えて、全く新しい機能を提供します。」
同社はこう続けています。「これは、完全に刷新されたカメラシステムから音声認識等にわたり、今後あらゆる点で見られるでしょう。家族の写真を撮ろうとしているのに子供が立ち上がらない場合や、別の言語で親戚とコミュニケーションをとろうとしている場合でも、Pixelがこれまで以上に役立つでしょう。」
Tensorチップセットに加えて、Googleは「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」の存在も認めています。スマートフォンのデザインについても、過去に見てきたリークが正しいことが確認されています。同社は詳細について触れていませんが、背面カメラがアップグレードされて、従来の正方形には収まらないほど大きな新しいセンサーとレンズが搭載されたことを理由に、今回の変わったデザインが採用されたと説明しています。
同社は、さらなる詳細を含む正式な発表を今秋に行う予定ですので、興味のある方はそれまで一緒に待ちましょう。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_aa95d08a2255_Playdateのゲーム機が予約開始→即完売 aa95d08a2255 aa95d08a2255 Playdateのゲーム機が予約開始→即完売 oa-rp86989

Playdateのゲーム機が予約開始→即完売

2021年8月3日 10:00 Ubergizmo US

2019年に、Firewatchの提供元であるPanicは「Playdate」と呼ばれる面白い小型ゲーム機を発表しました。それは、ポケットに簡単に入るコンパクトなデバイスでしたが、興味深いのは、ゲームに使用出来るクランクを採用しているということでした。
このゲーム機は元々2020年のリリースに向けて準備が進められていましたが、それは延期となったようです。ただ、Playdateが気になっていた方がいれば、その予約注文が開始されたというのは朗報です(記事執筆段階で2021年出荷分が既に完売)。当初そのゲーム機の価格は149ドルとなっていましたが、どうやら同社はその価格を再検討したようで、現在は179ドルとなっています。
同社は、現在予約された注文の出荷時期が20022年になると予測しています。スペックを見てみると、Playdateは2.7インチディスプレイを備えた小型のポータブルゲーム機です。開発者は、カラーではなく、白黒のスクリーンを使用するという創造的な決断を下しました。これにより、レトロな魅力が加わっています。
ゲームタイトルについては、毎週2つの新タイトルが追加されるシーズンと呼ばれる面白いコンセプトが採用され、2週間で合計24タイトルがプレイ出来るようになる予定です。また、SDKを公開する計画もあるので、それに惹かれた開発者がPlaydate用のゲームを開発することも可能になります。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_6279be897910_Appleは2022年11月までにApple Siliconへの移行を完了する予定 6279be897910 6279be897910 Appleは2022年11月までにApple Siliconへの移行を完了する予定 oa-rp86989

Appleは2022年11月までにApple Siliconへの移行を完了する予定

2021年8月3日 10:00 Ubergizmo US

AppleがIntelからApple Siliconへの移行を初めて発表した時、同社はこの移行が2年以内に完了すると予想していると述べていました。これまでのところ、同社はローエンドモデルの一部をApple Siliconに移行しており、かなりの進歩を遂げています。
しかし、より高性能なMacについてはどうでしょうか?予定の期限までに間に合うのでしょうか?BloombergのMark Gurman氏によると、その答えはイエスで、移行完了は近いとのことです。Power Onの最新号によると、Appleは2022年の11月までにApple Siliconへの完全移行を完了する予定だとGurman氏は述べています。
Gurman氏は、このロードマップには、Intel製プロセッサが引き続き採用されることが先日噂されたMac Proも含まれていると伝えています。Mac Proに2つの構成オプションが提供される可能性はあるかもしれませんが、あくまで推測に過ぎません。今のところ、AppleはMacBook Proのリフレッシュに取り組んでおり、噂のM1Xを搭載した14インチと16インチの新モデルを今年後半に発売すると噂されています。
もしそうなれば、ほとんど全てがApple Siliconに移行したことになり、残るのは27インチ iMacとMac Proだけになります。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_631f96249276_Elon MuskはAppleのCEOになりたかった!? 631f96249276 631f96249276 Elon MuskはAppleのCEOになりたかった!? oa-rp86989

Elon MuskはAppleのCEOになりたかった!?

2021年8月2日 10:00 Ubergizmo US

聞いたことがある人もいるかもしれませんが、TeslaのCEOを務めるElon Musk氏は、一時期Appleに同社を売却しようとしていました。これについては、AppleのCEOであるTim Cook氏がそのような取引に興味を持たず、会議に参加すらしなかったことがMusk氏の伝記で明らかになっていましたが、それが話の全てでは無かったかもしれません。
Tim Higgins氏のWall Street Journalへの報告によると、Musk氏が提示したTesla売却の条件の一つは、AppleのCEOに就くことだったようである、と彼の著書 Power Play: Tesla, Elon Musk and the Bet of the Century の中で明らかにされました。書籍の中で、Musk氏は「私がCEOだ」とCook氏に向かって言い、Cook氏はそれを”Musk氏がTeslaのCEOとして残る”という意味に捉えたと書かれています。

Well, this is a different perspective on Apple not buying Tesla https://t.co/Fn6yvfrxlP pic.twitter.com/T1xcIHCQCp
— Mark Gurman (@markgurman) July 30, 2021

Cook氏は「その考えに異論はない」とMusk氏に言いましたが、Musk氏は「AppleのCEOになりたいという意味だ」とその意図を明らかにしました。それから、Cook氏は言葉を選んで返答し、電話を切りました。これは面白い話ですが、特にMusk氏が会話や手紙等のやり取りをしたことは一度も無いとそのツイートに返答していることから、それがどれほど正確かはわかりません。
Musk氏は、Cook氏に面会を求めたが拒否されたと述べています。Cook氏については、2021年のあるインタビューの中で、Musk氏と話したことは一度も無いが、Teslaに対しては大きな称賛と敬意を持っていると述べています。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_5cb33ed7351d_Qualcommのマニア向けスマートフォンの予約注文がスタート! 5cb33ed7351d 5cb33ed7351d Qualcommのマニア向けスマートフォンの予約注文がスタート! oa-rp86989

Qualcommのマニア向けスマートフォンの予約注文がスタート!

2021年8月2日 10:00 Ubergizmo US

Qualcommと言うと、スマートフォンに搭載されているチップセットを供給する会社として、多くの人に知られていると思います。しかし、同社は7月初めに、ASUSの助けを借りて自社製スマートフォンを開発するというサプライズを発表しました。
同社はこのスマートフォンを熱狂的なファン向けに設計されたものとして位置づけようとしており、それがどれほど正しいかはわかりませんが、それでもスマートフォンのヘビーユーザーにとっては非常にハイエンドなデバイスとなっています。そして、現在ASUSのウェブサイトから予約注文が可能になっています。ただ、その価格は16万4880円(税込)と安くはありません。
なぜ、これほど高価なのでしょうか?以前の発表を見逃した方もいるでしょうが、ここでスペックをおさらいしましょう。問題のスマートフォンにはQualcomm Snapdragon 888が搭載され、16GBのRAMと512GBのストレージを内蔵し、そして5Gにも対応しています。また、リフレッシュレートが144Hz、解像度が2448×1080の6.78インチ AMOLEDディスプレイを備えています。
背面カメラは、64MPのメインカメラと8MPの望遠レンズ、12MPのウルトラワイドカメラというなかなか良いトリプル構成となっています。さらに、背面指紋センサーやステレオスピーカーを備え、Master & Dynamicのワイヤレスイヤホンも付属する予定です。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_d20918ea3437_iPhone 13はより高速な充電速度に対応する可能性…など (WEEKLY TOP/2021 07.24-07.30) d20918ea3437 d20918ea3437 iPhone 13はより高速な充電速度に対応する可能性…など (WEEKLY TOP/2021 07.24-07.30) oa-rp86989

iPhone 13はより高速な充電速度に対応する可能性…など (WEEKLY TOP/2021 07.24-07.30)

2021年7月31日 08:43 Ubergizmo Japan

スマホが出始めた頃は「充電の持ち」に関して常に話題になっていました。当初は数時間しか持たなかったものが、1日、2日と長くなり、その長さとともに販売数も増えてきました。今では充電をあまり気にしなくても良くなっています。そんな中、さらに使いやすくする取り組みとして「充電速度を速くする」という取り組みが始まっています。
特にAndroidスマホは進化していて、廉価版でも65WというダブレットやPCレベルのアダプターに対応しています。それに対して、iPhone12は20W。ですが、iPhone13では25Wまで上がるかも、という噂が出ています。たった5Wかという意見もありますが、その5Wでも十分な速さになると思われます。
いずれにせよまだ噂レベルなので、実際どうなるかはわかりませんが、たぶん9月には判明しているはずなので、楽しみに待ちましょう。
それでは今週のランキングをどうぞ。







1位:iPhone 13はより高速な充電速度に対応する可能性


ここ最近、Androidスマートフォンはかなり異常な充電速度に対応してきています。先日発表されたOnePlus Nord 2を例に取ると、廉価モデルにも関わらず、同社の65W Warp Chargeテクノロジーに対応しています。これに対して、Appleの主力製品であるiPhone 12は最大でも20Wまでしか対応していません。»続きを読む





2位:ドイツのAppleでM1搭載の16インチ MacBook Proの存在が確認された、けど…など (WEEKLY TOP/2021 07.10-07.023)


先週は事情により休載したWEEKLY TOP。今週は2週分をまとめてランキングにしました。この2週でTOPになったのは、「ドイツのAppleでM1搭載の16インチ MacBook Proの存在が確認された、けど…」です。Appleが年内にも発表する可能性が高い新デザインの16インチMacBook Proですが、Apple Siliconになることは確実視されています。しかし、その内容はまだ「噂レベル」で、Appleが発表したものではありません。ですがその内容を、オフィシャルのウェブサイトで公開してしまっている、というもの。»続きを読む





3位:BlackBerryの物理キーボード搭載5Gスマートフォンの計画はまだ生きている


昨年8月に、BlackBerryはOnwardMobilityと提携し、BlackBerry伝統の物理キーボードを備えた5Gスマートフォンを発売する予定だと発表しました。その発表から約1年が経ち、すっかり忘れている人がいたとしてもおかしくありません。»続きを読む





4位:OnePlus Buds Proが150ドルで正式発表


今月、OnePlusがOnePlus BudsのProバージョンに取り組んでいるという報告がありました。このワイヤレスイヤフォンが気になっている人は、同社が正式に発表した150ドルの完全ワイヤレスイヤフォン「OnePlus Buds Pro」について、もっと知りたいと思うかもしれません。»続きを読む





5位:Appleの次期Pro DisplayはA13チップセットを内蔵するかも


多くの場合、ディスプレイはその機能面で代わり映えがありません。これは、大きく言えば、ディスプレイが行うのはスクリーンにものを表示するという一つのことだけだからですが、実際それ以上の用途はありません。したがって、色やディテールの面で比較的正確に映すことが出来ている限り、文句を言うことは難しいでしょう。»続きを読む





6位:HMD Globalが5G対応のタフネススマホ「Nokia XR20」を発表


数年前、5G対応のスマートフォンのほとんどはハイエンドなフラッグシップモデルでしたが、技術が一般的になるにつれて、ローエンドモデルにも5Gが導入され始めています。実際、HMD Globalは最近「Nokia XR20」という新型5Gスマートフォンを発表しています。»続きを読む





7位:AppleはWalletアプリへの身分証登録に顔認証を採用か


AppleはWWDC 2021で、今年後半に配信される予定の最新アップデート、iOS 15を発表しました。ユーザーが期待出来る新機能の一つは、Walletアプリに免許証を登録出来るようになることですが、本人以外のIDカードを登録しないようにどんな対策がされるのでしょうか?»続きを読む





8位:Noteシリーズの新モデルは今年登場しないことをSamsungが認める


Samsungは、同社が新型の折りたたみ式デバイスを発表する可能性が高い、Unpackedイベントを8月11日に開催することを先日認めました。新しいGalaxy Noteを見たいと思っている人もいるかもしれませんが、SamsungはNoteシリーズの新型が今年出ないことを再度確認しているので、それが実現することは無さそうです。 »続きを読む





9位:2022年のMac Proは引き続きIntel製プロセッサを採用か


Appleは最終的に全てのMacコンピューターを、独自のApple Siliconプラットフォームに移行することを計画しています。これまでのところローエンドモデルの一部でそれが採用されていますが、それがMac Proのようなハイエンドモデルにとって何を意味するのか、当然多くの人が疑問に思っています。しかし、Appleは、まだ完全移行の準備が整っていない可能性があることが判明しました。»続きを読む





10位:Momentの新型ケースを着ければGalaxy S21でもMagSafeが使えるように!


MagSafeはApple独自の”ワイヤレス”充電技術で、磁石を使用してiPhoneの背面にパックを装着することで充電出来ます。ある意味、それは同社がApple Watchの充電に使用している技術に似ており、以前はMacBookシリーズにも同様のものが採用されていました。もしこの技術を羨ましく思っていたなら、それが今回Samsung製デバイスでも利用可能になったというのは嬉しい情報かもしれません。 »続きを読む

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_faf7322d8cb2_セルフィーカメラが画面内に埋め込まれたZTE AXON 30が登場 faf7322d8cb2 faf7322d8cb2 セルフィーカメラが画面内に埋め込まれたZTE AXON 30が登場 oa-rp86989

セルフィーカメラが画面内に埋め込まれたZTE AXON 30が登場

2021年7月30日 10:00 Ubergizmo US

現在も、スマートフォンの大多数は、前面カメラのためにノッチまたはパンチホール型の切り欠きを必要としています。これをデザイン上の欠陥だと見なす人もいます。もしあなたがそんな人達の一人で、シームレスなフルスクリーンを好むなら、ZTEが発表したものに興味を持つかもしれません。
同社は、その最新デバイス「ZTE Axon 30」を発表しました。このスマートフォンは、ノッチや切り欠きを排除しており、代わりにディスプレイ内に前面カメラを埋め込んでいます。ZTEは、ピクセル密度が400ppiのフルディスプレイを合わせたこのスマートフォンのカメラを世界で唯一だと誇っています。
ZTE Axon 30のその他のスペックには、120Hzのリフレッシュレートと360Hzのタッチサンプリングレートを備えた6.9インチのAMOLEDディスプレイも含まれています。その内部には、QualcommのSnapdragon 870Gや4,200mAhのバッテリー、55W 急速充電の対応等が含まれています。また、VC冷却プレートと熱ゲル、グラフェン銅ベースの複合素材からなる興味深い冷却システムが採用されています。
このスマートフォンには、メインカメラに64MPのSony IMX682、その他に8MPのウルトラワイドカメラ、5MPのマイクロカメラ、被写界深度レンズを備えた4眼カメラも備えています。このデバイスに興味のある方は、ZTE Axon 30は340ドルで発売されますが、今のところ販売は中国限定のようです。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_54f8a361ea03_AppleはWalletアプリへの身分証登録に顔認証を採用か 54f8a361ea03 54f8a361ea03 AppleはWalletアプリへの身分証登録に顔認証を採用か oa-rp86989

AppleはWalletアプリへの身分証登録に顔認証を採用か

2021年7月30日 10:00 Ubergizmo US

AppleはWWDC 2021で、今年後半に配信される予定の最新アップデート、iOS 15を発表しました。ユーザーが期待出来る新機能の一つは、Walletアプリに免許証を登録出来るようになることですが、本人以外のIDカードを登録しないようにどんな対策がされるのでしょうか?
どうやらAppleは、顔認証という方法を採用するようです。9to5Macが発見したように、ユーザーがWalletアプリに身分証を追加する際に本人を確認する方法の一つとして、Appleは顔認証を使用するようです。
認証プロセスは次のように説明されています。「まず、自分の写真を撮ります。この写真は、身分証の写真と照合されます。次に、iPhoneが振動するまで目を閉じて下さい。同じ様に、口を開けて下さい。iPhoneが振動したら、次は眉を上げて下さい。」
そうは言っても、これにTrueDepthセンサーを内蔵したiPhoneが必要になるのか、身分証の写真を確認するのに前面カメラを使うだけで十分なのかは不明です。いずれにせよ、本人以外のIDが追加されないようにするためには、良い方法です。

外部リンク