cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_acf166da35af_現役大学生が完全無料・完全審査制の就活マッチング「ハントバンク」をリリース acf166da35af

現役大学生が完全無料・完全審査制の就活マッチング「ハントバンク」をリリース

2019年9月28日 16:50 Ubergizmo US

2019年9月26日、HUNT BANK株式会社が、就活マッチングサービス「ハントバンク」のブラウザ版をリリースしました。
代表の晒名 駿 氏は、2019年4月、明治大学商学部に在学しながら、上場企業経営者や大手法律事務所代表、大学教授などの計39名から出資を受けて、HUNT BANK株式会社を設立。
The CFO Consulting株式会社 取締役COO、弁護士ドットコムグループ法律事務所、アライアンスパートナーズ株式会社などの役員を務め、CXOバンクを設立した中村 一之 氏も支援。CXOバンク株式会社も25名の発起人で設立されているとのこと。

晒名 駿 氏は、現役大学生であることも生かし、就活、就活生のことをより理解するべく、自身でも就職活動を行うとのこと。

*晒名 駿 氏のnote投稿記事より引用
「もっと大学生、就活生に寄り添ったサービス、事業、活動をしたい」という思いを胸に、現状の就職活動に対する疑問や、課題に対して正面から解決していこうとしているようだ。今後のサービス展開から目が離せない。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_fbf81867c511_アマゾンが完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds」発表!もちろんAlexa対応…など (WEEKLY TOP/2019 09.21-09.27) fbf81867c511

アマゾンが完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds」発表!もちろんAlexa対応…など (WEEKLY TOP/2019 09.21-09.27)

2019年9月28日 01:12 Ubergizmo Japan

なんと今週も前回のランキング記事がトップになってしまうという事態に。やはり新iPhoneの情報はみんな欲しがっているんですね。さすがな感じです。さて、今週注目したのは、8位の「アマゾンが完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds」発表!もちろんAlexa対応」です。週の後半のニュースでしたが、しっかりとランクインしている記事。内容は、AmazonがAlexaに対応している完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds」を発表した、というものです。
最近では大手のオーディオメーカーを含め、多くの完全ワイヤレスイヤホンが登場し、市場はまさに戦国時代のような状態になっています。その市場に、Amazonが参入、というわけです。ただ、価格は130ドルとちょっと高め。ただ、Alexaが内蔵されているため、いつでもどこでもスマートスピーカーとしての機能を使うことができます。ランニング中や旅先などで活用できるのは、とても便利。さらにノイズキャンセル機能も備わっていることを考えると、価格はそんなに高くはないかも、です。IPX4の防水機能も地味に嬉しい。
Alexaは今後、家中に置いて使うというホームアシスタントから、パーソナルアシスタントとして進化していくのでしょうね。今後も進化が楽しみです。
それでは今回のランキングをどうぞ。







1位:AppleにiPhone持って行くだけで、新iPhoneを最大6万2060円値引き。「Apple Trade In」がアツい? (WEEKLY TOP/2019 09.07-09.13)…など (WEEKLY TOP/2019 09.14-09.20)


今回のランキングはなんと、前回のランキング記事が1位になるという事態。前週に新iPhoneの発表があり、記事は商品の中身がわかったタイミングであり、それら内容をまとめたランキング記事に注目が集まったようです。新iPhoneの商品内容などがまとめて読めたのが良かったようですね。»続きを読む





2位:Facebookアプリ、iOS 13でなぜかBluetoothをちょいちょい使いたがってることが明らかに


新しいiOS13は、Apple IDのサインインオプションをはじめ、プライバシー管理を強化するためにさまざまな改善が施されている。もちろん、iPhone / iPadでApple自身のサービスを利用することに関してそのような問題は起きないはず。しかし、Facebookのようなサードパーティーのアプリケーションはどうだろうか。»続きを読む





3位:Android 10では何が新しくなった?


Androidの最新バージョンであるAndroid 10が登場しました。同バージョンから、iOSのように数字のみのバージョン名となっています。Android 10では3つの重要なテーマに焦点を当てています。それは折りたたみスマホや5G通信といった先端テクノロジーのサポート、ユーザープライバシーの保護、デジタルウェルビーイングのコントロールの強化です。»続きを読む





4位:PS5、環境負荷を軽減へ。ソニーが消費電力の削減を約束


家庭で使われているモノの多くは、電気で動いています。これらを合計すると基本的には大量のエネルギーが使われています。これを国全体で掛け合わせると、日常的に使用され、必要とされているエネルギー量は途方もない量になります。»続きを読む





5位:もはや狂気的なカメラ性能に…ファーウェイ「Mate 30 Pro」まとめ


ファーウェイは、最新のハイエンドスマートフォン「Huawei Mate 30 Pro」と、より手頃に入手できる「Mate 30」を発表しました。発表には“ほろ苦さ”もあります。ハードウェアスペックは非常に驚くべきものですが、グーグルのアプリとサービスがプリインストールされておらず、最終的にどのような結果になるかは知る由もありませんが、決して良い状態とは言えません。詳しくは後述します。»続きを読む





6位:iPhone 11が人気上昇中。発売二週目でリードタイムが倍増


昨年、カラフルでより手頃な価格のiPhone XRが発売されたとき、失敗に終わったカラフルな「iPhone 5c」の新たな試みと見られたため、このスマホの成功には懐疑的な見方がありました。しかしどうでしょう、iPhone XRは、iPhone XSやXS Maxよりもさらに大きな成功を収めており、iPhoneの売り上げの大部分を占めていると報じられています。»続きを読む





7位:Apple、iPhone 11シリーズ向けにもSmart Battery Caseを発売へ


Appleは今年、 「iPhone XR」 「iPhone XS」 「iPhone XS Max」 向けに 「Smart Battery Case」 を発売しました。もちろん、同社が2019年モデルでもその伝統を継承したいと考えるのは理にかなっており、9toMacがiPhone11、iPhone11Pro、およびiPhone11Pro Max向けにも準備されている証拠を発見しています。»続きを読む





8位:アマゾンが完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds」発表!もちろんAlexa対応


昨日、アマゾンがAlexaをビルトインした独自のワイヤレスイヤホンを準備しているというウワサを効いたばかりですが、そのウワサは本当だったようです。なぜなら、アマゾンが正式に発表したEchoデバイスのなかに、「Echo Buds」が含まれていました。»続きを読む





9位:まるで人間みたい…倒立前転に360度ジャンプをこなすロボットが話題


ボストン・ダイナミクスの人々は、過去には、走ったり、ジャンプしたり、岩だらけの地形を横切れる犬のようなロボットを作っていたりと、大股で元気良く歩くロボットを設計しています。Atlasというヒューマノイド型ロボットも登場し、2本の脚で歩くことができますが、また新しいトリックをなんとかして習得したようです。»続きを読む





10位:Galaxy Foldはアメリカで9月27日に発売


サムスンがGalaxy Foldを再度発表してから2週間が過ぎました。しかし、それは韓国向けの市場でだけ。しかし、アメリカでもまもなく発売するようです。»続きを読む

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_f28d061d5a6b_Android向けFirefox Preview 2.0はブラウザ史上最速かも? f28d061d5a6b

Android向けFirefox Preview 2.0はブラウザ史上最速かも?

2019年9月27日 11:51 Ubergizmo US

Firefox for Androidは単なるアプリではありません。これはFirefoxのプライバシー保護機能でユーザーのプライバシーを尊重しており、デスクトップとモバイルでシームレスな体験を提供しています。
これがどれほど便利であろうと、Android向けブラウザとしてベストなものではないでしょう。ゆえに、Mozillaは次世代のAndroid向けFirefoxとして、プレイストアで試験版となるFirefox Previewを公開しています。
このほど、Firefox Previewはバージョンが2.0となりました。これはAndroidユーザーにとってこれまでで最も気に入るブラウザーの一つになる可能性があります。
プライバシーをデスクトップでもモバイルでも気にするなら、Firefoxは理想的です。Firefox Preview 2.0では、クッキーや履歴といったデータ種別で、消去するデータを細かくコントロールできます。
それに加え、Google検索のウィジェットのようにFirefox Preview検索もホーム画面にウィジェットを置くことができます。
興味深いのは、Firefox Previewから別の端末へタブを開けることです。また、クイックショートカットのアイコンを長押しすればプライベートウィンドウを開くこともできます。
Firefoxを長く使っていると、FirefoxとFirefox Preview 2.0の違いが分かります。これまでのブラウザーよりも速く、リッチであるといえます。
Firefox Preview 2.0はプレイストアからダウンロードできます。機能のその他の詳細はリリースノートを見てみるといいでしょう。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_917eca955d09_Oculus Questが素手で操作できる神アップデート! VR空間「Horizon」も登場 917eca955d09

Oculus Questが素手で操作できる神アップデート! VR空間「Horizon」も登場

2019年9月27日 11:12 Ubergizmo US

FacebookのOculus Questは、すでに発売されているものの中で最も印象的なVRヘッドセットです。今回、さらに刺激的になるよう、Facebookは自社イベント「OC6」にて「素手でのトラッキング」に対応すると発表しました。
これは、Facebook Reality Labsの研究成果の一つであるとOC6で発表しました。この新しい機能は、VRヘッドセットで見ているものに触れ合うことができます。簡単そうに聞こえますが、実際にどう動いているかを知ると俄然気になるでしょう。
加えてFacebookは、仮想空間でのソーシャル体験を提供するVRワールド「Facebook Horizon」を発表。2020年提供予定のVRワールドは、公式ブログで詳細な情報を見ることができます。しかし、それがリリースされれば、非常に興味深いプラットフォームになるでしょう。
プロモーションビデオでは、どのように機能し、どのように体感できるのかを把握することができます。コンシューマー向けには、2020年始めに開発者向けのSDKを提供する計画であり、多くのクリエイティブなアプリケーションが登場するでしょう。

また、ゲーミング機能についてはとても明確です。開発者やコンシューマーからのユニークなアイデアによって、VRヘッドセットの限界を押し上げるでしょう。さらに、VRヘッドセット向けの膨大なコンテンツも準備中で、それも楽しみです。
この技術で注目に値するのが、高精度のセンサーやその他の機能がなくても動作してしまうことです。ヘッドセットに搭載されているモノクロカメラで、手の形を識別した後に3Dポイントを作成。指の動きを表現します。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_25cdc2f3468b_アマゾンが完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds」発表!もちろんAlexa対応 25cdc2f3468b

アマゾンが完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds」発表!もちろんAlexa対応

2019年9月26日 11:59 Ubergizmo US

昨日、アマゾンがAlexaをビルトインした独自のワイヤレスイヤホンを準備しているというウワサを効いたばかりですが、そのウワサは本当だったようです。なぜなら、アマゾンが正式に発表したEchoデバイスのなかに、「Echo Buds」が含まれていました。
アマゾンによると、Echo Budsは、完全ワイヤレスイヤホンで、2つの外部マイクと1つの内部マイクがそれぞれ内蔵されています。ユーザーがどこに居るのかに関係なく、Alexaを呼び出せるように設計されています。実際のところ、アマゾンはBose由来のノイズキャンセル技術により、アップルを打ちのめそうとしているように見えます。
そのほかには、IPX4の防水性能もあり、水しぶきや汗、軽い雨なんかはノーダメージで済みそうです。アマゾンはまた、Echo Budsのバッテリーライフが単体で5時間であること、キャリングケースで3回の充電ができることを高らかに主張しています。
過去に聞いた話では、アマゾンは競合よりも安価にするために100ドル以下を目指すとされていました。実際には130ドルとなり、ウワサがそのまま事実になることはありませんでしたが、悪くはない価格だと思います

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_22e728f818f1_Amazonの「Echo Flex」はAlexaを各部屋に置くデバイス 22e728f818f1

Amazonの「Echo Flex」はAlexaを各部屋に置くデバイス

2019年9月26日 11:25 Ubergizmo US

AmazonのEchoスピーカーシリーズで最も安価な端末はEcho Dotでした。しかし、Amazonはさらに安いスマートスピーカー、Echo Flexを発表。家の各部屋にAlexaを置けるということをコンセプトにしたデバイスです。
価格はなんと25ドル。端末自体にプラグを備え、直接コンセントに刺して使います。要するに、使い方は「コンセントに刺すだけ」。例えばガレージ、お風呂場、キッチンなどで使われることを想定しています。
もちろんAlexaをビルトイン。つまりEcho FlexでできることはAlexaでできることの全てです。
Echo FlexにはUSBポートがあり、ここからモバイルデバイスを充電したり、夜用の照明アクセサリを接続したりできるようです。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_05a7a0034e90_Amazon、「Echo Studio」を引っさげてハイエンドスピーカー市場に殴り込み 05a7a0034e90

Amazon、「Echo Studio」を引っさげてハイエンドスピーカー市場に殴り込み

2019年9月26日 11:16 Ubergizmo US

スマートスピーカーに関して、AmazonはEcho Dotなどのデバイスで大衆向け市場をターゲットにしてきました。しかし、よりハイエンドなEchoのスピーカーを欲しいと思っている人向けに、同社はEcho Studioを発表しました。
Echo Studioは5つの指向性スピーカーと5.25インチのウーファーを備え、330Wのピークパワー出力が可能です。また、1インチのツイーター1基と2インチのミッドレンジスピーカー3基がウーファーと協調するほか、24bitのDACとアンプが備えられています。
また、AppleのHomePodからいくつかアイデアも拝借しているようです。Echo Studioは部屋の音響を自動的に感知し、その部屋に合わせて微調整することができるといいます。さらに、Echo Studio2基をステレオユニットとして利用することもでき、Fire TVとともに使うことでマルチチャネルの音再生をサポートします。
Echo Studioの価格はハイエンドという名の通り安くはなく、200ドルになります。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_e3bcc93d7643_PS5、環境負荷を軽減へ。ソニーが消費電力の削減を約束 e3bcc93d7643

PS5、環境負荷を軽減へ。ソニーが消費電力の削減を約束

2019年9月26日 07:48 Ubergizmo US

家庭で使われているモノの多くは、電気で動いています。これらを合計すると基本的には大量のエネルギーが使われています。これを国全体で掛け合わせると、日常的に使用され、必要とされているエネルギー量は途方もない量になります。
そのため、再生可能エネルギーへの取り組みを求める声が高まっています。直近でも16歳の女の子の国連演説や、小泉進次郎環境大臣の話題で環境に関する関心が高まっていますよね。
ソニーとマイクロソフトは、それぞれの役割を果たすことを約束しています。国連気候変動サミットの期間中に行われた「Playing for the Planet Alliance」の一環として、両社は、家庭用ゲーム機がより環境に優しいものとなるように対策を講じることを発表しました。
ソニーは、次世代ゲーム機「PS5」のエネルギー効率を可能な限り高めることに注力するようです。同社によれば、PS5を購入する100万人がこの機能を利用することで、米国の平均的な家庭の1,000軒分に相当する電力を節約できるといいます。待機時間の消費電力を削減するこの機能ですが、確かに使っていないときの消費電力を抑えてくれる、となれば、家計にとっても嬉しいことですよね。
一方のマイクロソフトは、カーボンニュートラルな825,000台のXboxコンソールを作るパイロットプログラムを立ち上げています。同社は、「これらは、カーボンニュートラルである最初のゲーム機です。まだ試験段階ですが、将来的にデバイス全体の炭素をさらに削減し、中性化するために何ができるか、すでに検討しています。」としています。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_f16dbf9f5394_iPhone 11が人気上昇中。発売二週目でリードタイムが倍増 f16dbf9f5394

iPhone 11が人気上昇中。発売二週目でリードタイムが倍増

2019年9月26日 07:35 Ubergizmo US

昨年、カラフルでより手頃な価格のiPhone XRが発売されたとき、失敗に終わったカラフルな「iPhone 5c」の新たな試みと見られたため、このスマホの成功には懐疑的な見方がありました。しかしどうでしょう、iPhone XRは、iPhone XSやXS Maxよりもさらに大きな成功を収めており、iPhoneの売り上げの大部分を占めていると報じられています。
大手投資会社「JP Morgan」のアナリストによれば、iPhone 11も成功への道を歩んでいるようだ。iPhone Availability Trackerのデータによると、iPhone11のリードタイムは発売二週目ですでに倍増しています。
最初のリードタイムは6日だったが、二週目には12日に跳ね上がっています。ただし、上位モデルである「iPhone11Pro」 と 「iPhone Pro Max」 のリードタイムは21日間と、依然としてはるかにリードして模様。
もちろん、Proシリーズは21日というリードタイムは横ばいですが、iPhone 11はリードタイムを倍増させている、という事実は、iPhone 11に対する関心と需要が高まっていることを示唆しています。
スペックの向上とデュアルカメラの追加、そして50ドルという低価格が、このデバイスをより高価な同機種よりも魅力的なものにしたとみられています。ただ、iPhone XRと同レベルの成功を収められるかどうかは、今後の伸び次第でしょう。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_acf166da35af oa-rp86989_0_9ca6af9729df_Apple、iPhone 11シリーズ向けにもSmart Battery Caseを発売へ 9ca6af9729df

Apple、iPhone 11シリーズ向けにもSmart Battery Caseを発売へ

2019年9月26日 07:23 Ubergizmo US

Appleは今年、 「iPhone XR」 「iPhone XS」 「iPhone XS Max」 向けに 「Smart Battery Case」 を発売しました。もちろん、同社が2019年モデルでもその伝統を継承したいと考えるのは理にかなっており、9toMacがiPhone11、iPhone11Pro、およびiPhone11Pro Max向けにも準備されている証拠を発見しています。
Appleがいつ、これらの新しいバッテリーケースをリリースするのかは明らかになっておらず、新しいiPhoneと一緒に発表されなかったことも奇妙にすら思えます。しかし、年末商戦に間に合う可能性も残されているため、バッテリーケースが必要という方は、正式発表に目を光らせたほうが良いでしょう。
ちなみに、今年のiPhoneはバッテリー持続時間が改善されており、iPhone 11 Proでは少なくとも4時間のバッテリー寿命が伸びたとAppleは誇っています。これまでのところ、新型iPhoneの初期レビューでAppleの主張がある程度真実であることが確かに判明している。ただしこれは、バッテリ持続時間の延長によってメリットを得られるユーザーがまったくいないということではありません。
これらの新しいケースが新しいデザインを採用するのか、Appleが2018年モデルと同じデザインを維持するのかについてはまだ不明。とにかく早く発表してもらいたいものです。

外部リンク