cat_oa-rp86989_issue_63a5e63533d5 oa-rp86989_0_63a5e63533d5_新型Mac Proは12月10日に注文開始! Pro Display XDRも 63a5e63533d5 63a5e63533d5 新型Mac Proは12月10日に注文開始! Pro Display XDRも oa-rp86989

新型Mac Proは12月10日に注文開始! Pro Display XDRも

2019年12月10日 10:39 Ubergizmo US

今年のはじめ、アップルは新型のPro Display XDRとフルモデルチェンジしたMac Proを発表しました。これを楽しみにしていた人にとって、Appleが12月10日にリリースすることを知って喜びに満たされるでしょう。
Appleは、Mac ProとPro Display XDRが12月にリリースされることをほぼ認めていましたが、実際のリリース時期については言及してませんでした。
新しいMac Proは、ゴミ箱デザインの旧型Mac Proを置き換えるものです。新型モデルは、アップグレード性を考慮して作られたタワーデザインのMac Proを彷彿とさせるものです。このコンピュータは、ビデオレンダリングなどのハイエンドハードウェアを必要とするプロフェッショナルを対象としています。
Pro Display XDRに関しては、プロ級ディスプレイに対するAppleの答えです。しかし、このディスプレイは6月に発表されて以来、非難の的となっており、多くの人が4999ドルという価格と、Appleが別途999ドルで販売しているPro Standアクセサリーに難色を示しています。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_63a5e63533d5 oa-rp86989_0_92c433a44abe_2020年のiPhoneはより大容量なバッテリーを搭載 92c433a44abe 92c433a44abe 2020年のiPhoneはより大容量なバッテリーを搭載 oa-rp86989

2020年のiPhoneはより大容量なバッテリーを搭載

2019年12月10日 09:28 Ubergizmo US

AppleはiPhone 11で、これまでよりも大容量なバッテリーを搭載しました。iPhoneのバッテリー駆動時間はこれまで何度も議論になってきていたため、大容量化は多くの人にとってうれしいことでした。そしてこの流れは2020年にも引き継がれそうです。
Elecのレポートによると、2020年のiPhoneはよりバッテリーの大容量化を進めるということです。Appleは、現在のバッテリー保護モジュールよりも50%薄くて小さいカスタムバッテリー保護モジュールを採用する予定です。
この結果、スマートフォン内のスペースが少し空くことに。このスペースを使ってより大容量のバッテリーを搭載するということのようです。Jony IveがAppleを去ったことで、デザインに変化が起きているのかもしれません。
同氏はデザイン設計の第一人者として、端末を薄くすることに力を入れていました。これによって大きなバッテリーの搭載は難しいという事情がありました。しかし、彼が去ったために少し端末を分厚くしても大きなバッテリーを載せようという方針に変わったのかも。
噂では、この他にディスプレイ内指紋認証や5Gの対応が囁かれています。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_63a5e63533d5 oa-rp86989_0_08574afd0a5c_PS Vitaの後継機はなさそう SIE社長が言及 08574afd0a5c 08574afd0a5c PS Vitaの後継機はなさそう SIE社長が言及 oa-rp86989

PS Vitaの後継機はなさそう SIE社長が言及

2019年12月9日 13:44 Ubergizmo US

スマートフォンやタブレットがまだなかったころ、任天堂やソニーは、Nintendo DSやPS Vitaといった携帯ゲーム機で栄えていました。任天堂は 「Switch」や「Switch Lite」 などモバイルゲーム機の開発を続けているが、ソニーは 「PS Vita」 で開発が止まっています。
もし、あなたがPS Vitaの後継機を期待しているのであれば、再考したほうが良いでしょう。なぜなら、Game Informerとのインタビューの中で、Sony Interactive Entertainmentの社長兼CEOであるJim Ryan氏は、PS Vitaのビジネスは続けない予定と認めたからです。
Ryan氏は「PlayStation Vitaはいろいろな面で秀逸で、ゲーム体験もすばらしかったが、われわれが続けることのないビジネスだと明確にわかった」と言ったと伝えられていますが、Ryan氏の発言は驚くにはあたりません。
特に任天堂がモバイルゲームへの取り組みを強化しているのを考えると、ソニーがこの領域を追求することに関心がないのは興味深いところです。いつかソニーが携帯ゲーム機に戻る日が来るかもしれないが、今のところは期待しない方がいいでしょう。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_63a5e63533d5 oa-rp86989_0_c85d9c38bc9f_Android版Operaにダークモード追加 c85d9c38bc9f c85d9c38bc9f Android版Operaにダークモード追加 oa-rp86989

Android版Operaにダークモード追加

2019年12月9日 09:41 Ubergizmo US

最近はスマートフォンやアプリの機能にダークモードが搭載されることが増えてきました。ダークモードはUIの見た目を暗い基調に変える機能で、暗い場所での使用に適しています。特に有機ELディスプレイの場合はバッテリー持ちがよくなるというメリットもあります。
しかし、ダークモードは基本的には開発者が実装するかどうかなので、アプリによっては利用できないものも。そんな中Android版Operaでは新たにダークモードを搭載するというニュースが入ってきました。
これにより、各ウェブサイトが暗いデザインでなくとも、Opera側が自動的に暗いUIに変更してくれます。
この機能が各サイトの機能と干渉するかについてはよく分かっていませんが、暗い場所で眩しい画面を見たくない人にとっては良い機能となることでしょう。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_63a5e63533d5 oa-rp86989_0_df9842f31705_iPhone SE 2 Plusは2021年にフルスクリーンデザインで登場 df9842f31705 df9842f31705 iPhone SE 2 Plusは2021年にフルスクリーンデザインで登場 oa-rp86989

iPhone SE 2 Plusは2021年にフルスクリーンデザインで登場

2019年12月9日 08:02 Ubergizmo US

噂を信じるのであれば、Appleは2020年に向けてiPhone SE 2を開発しているといいます。この噂ではデザイン面については元のデザインから変わるものといわれています。その代わり、iPhone SE 2はiPhone 8のデザインを踏襲するようです。
そして今回、アナリストのMing-Chi Kuo氏はiPhone SE 2 Plusが2021年にラインナップされると予想を立てました。iPhone SE 2 Plusは画面がフルスクリーンとなり、iPhone SE 2まではあるTouch IDがなくなるものだということです。
しかしこれは、iPhone SE 2 PlusにFace IDが搭載されることを意味していはいません。その代わり、Appleはソニーと同様に電源ボタンに指紋認証センサーを統合させたTouch IDを搭載してくるのではないかと同氏は見ています。
現在のところ、まず関心があるのはiPhone SE 2にどれほどの反響があるかです。Appleは廉価モデルであるiPhone XRとiPhone 11で大きな成功を収めています。iPhone SE 2はこれらと同様にユーザーに受け入れられるのか、それともローエンド過ぎるとして見向きされないのか。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_63a5e63533d5 oa-rp86989_0_3fdd13a8ac0c_Google Mapで夜間の「明るい道」が分かるように? 3fdd13a8ac0c 3fdd13a8ac0c Google Mapで夜間の「明るい道」が分かるように? oa-rp86989

Google Mapで夜間の「明るい道」が分かるように?

2019年12月9日 07:15 Ubergizmo US

深夜に自宅へ帰る時、普通は暗くガタガタとした近道よりも、明るい道を選んで歩くものです。しかし、そのエリアについて自分が詳しくなかったらどの道を歩くべきでしょうか。
Googleはこうした問題にGoogle Mapが使えないか検討しているようです。XDA Debeloptersの投稿によると、明るい道をマップ上に示す「ライティング」という新機能がGoogle Map向けに開発中とのことです。
この機能があれば、暗くて危ない道よりも明るく安全な道を夜間に選ぶことができるようになります。実際にどのように実装されるのか、利用エリアは限られているのかなど詳しいことは明らかになっていませんが、良いアイデアであるのは間違いなさそうです。
XDAによると、道は黄色くハイライト表示されるということですが、まずはインドでのテスト運用がされるようです。世界に向けての配信にはまだしばらく時間が掛かりそうです。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_63a5e63533d5 oa-rp86989_0_c75093642fd3_Apple Watchで自分が外出しているか判定可能に? 特許から判明 c75093642fd3 c75093642fd3 Apple Watchで自分が外出しているか判定可能に? 特許から判明 oa-rp86989

Apple Watchで自分が外出しているか判定可能に? 特許から判明

2019年12月9日 06:50 Ubergizmo US

ワークアウトをApple Watchで行っているとき、ユーザー自身でApple Watchにアクティビティをセットしないといけません。しかし、将来的にはこの必要はなくなりそうです。Apple Watchを付けたユーザーが外出しているか屋内にいるかを判定できる特許をAppleが提出していることが最近分かりました。
例えば、ランニングをする際にも自動的にアクティビティを検出してくれるようになります。この機能はバッテリーの節約にも使えます。屋内にいるときには位置情報を測定するGNSSレシーバーは不要なので、切っておくことができます。
しかし、ジムでのルームランナーやバイクといった屋内のアクティビティに関しては正確に取得できないという批判も出ています。Appleが本当にこの機能をApple Watchに搭載しようと考えているのかは興味深いところ。今は特許の段階のため、実際にどうなるのかは現時点では分かっていません。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_63a5e63533d5 oa-rp86989_0_30588de75bf8_【1ヶ月使用ガチレビュー】スマートフォンの新カテゴリを創造した画面折りたたみスマホ「Galaxy Fold」…など (WEEKLY TOP/2019 11.30-12.06) 30588de75bf8 30588de75bf8 【1ヶ月使用ガチレビュー】スマートフォンの新カテゴリを創造した画面折りたたみスマホ「Galaxy Fold」…など (WEEKLY TOP/2019 11.30-12.06) oa-rp86989

【1ヶ月使用ガチレビュー】スマートフォンの新カテゴリを創造した画面折りたたみスマホ「Galaxy Fold」…など (WEEKLY TOP/2019 11.30-12.06)

2019年12月7日 13:34 Ubergizmo Japan

今回1位になったのは、「【1ヶ月使用ガチレビュー】スマートフォンの新カテゴリを創造した画面折りたたみスマホ「Galaxy Fold」」です。これは、Samsung製の話題の折りたたみスマホ「Galaxy Fold」(日本ではKDDIが取り扱い)を長期に渡って使ったレビュー記事です。幾度となる発売延期を乗り越えて、ようやく登場したこのスマホは、(高いと言われている)最新のiPhone 11Proの約10万円の2倍以上となる約25万円という価格設定。よほどの”好きな人”しか購入できない商品と思われます。
しかし、折りたたみスマホは今後は多くのメーカーから登場してくることが想定されているため、今後のスマホのスタンダードなカタチになるかもしれません。それをいち早く経験しておくのもよいと思います。何しろ”今は”自慢できるスマホだと思います。そんな「Galaxy Fold」を購入前にじっくり確認できるのが本レビュー。高い買い物なので、購入前に記事をじっくり確認しておきましょう。
それでは今回のランキングをどうぞ。







1位:【1ヶ月使用ガチレビュー】スマートフォンの新カテゴリを創造した画面折りたたみスマホ「Galaxy Fold」


さまざまな話題を振りまいたディスプレイを折り畳めるギャラクシーフォールドは、韓国を皮切りに米国や日本など全世界ですでに販売されています。これは、サムスンが「ディスプレイ技術の新たな夜明け」と呼ぶ折りたたみディスプレイを中心とした新たなエクスペリエンスをもたらすもので、同社はFoldを「電話とタブレットを一つのデバイスで完結できるもの」と宣伝しています。»続きを読む





2位:Apple、この1週間でAirPodsを300万台売り上げ


AirPodsが、Appleが作った近年のアクセサリーの中で最も売れているものであることは疑いようがありません。発表当初はその見た目で笑われもしましたが、今になっては飛ぶように売れています。実際、WedbushのアナリストDan Ives氏によればこの週末には特に売れたということです。»続きを読む





3位:傘やカギの置き忘れとはサヨナラ、スマートタグ「Tile」のSmart Alerts機能が凄い


噂によると、AppleはTileのようなトラッキングアクセサリを独自にリリースするようです。それがいつ実現するかはまだ分からないが、Appleがこのアクセサリを発表する前から、Tileのスタッフは新機能の開発に取り組んでおり、その1つが「Smart Alerts」という機能です。»続きを読む





4位:2020年iPhone、RAM容量が4GB→6GBに増加か


AppleのiPhoneに搭載されるRAMに関して、同社がこのパーツに対して積極的に取り組んだことはありません。これは、AppleがiPhoneのハードウェアとソフトウェアの両方を開発しているためであり、iPhoneが4GバイトのRAMしか搭載していないとしても、残りのハードウェアとソフトウェアはそれに合わせて最適化されており、メモリについてはあまり容量を必要としないとみられてきました。»続きを読む





5位:デュアルSIMの5Gスマホが2020年に登場


最近はデュアルSIMのスマートフォンを見かけることも多くなり、中にはデュアルLTEをサポートするものも出てくるようになりました。MediaTekは、新しいDimensity 5G SoCを出すことで、2020年にデュアル5G端末が出てくると見ているようです。»続きを読む





6位:Appleは来年のiPhoneにAirPodsを同梱する?


現在のiPhoneには有線のイヤホンが必ず付属しています。このイヤホンは最高の音質を提供してくれるわけではありませんが、最低限の仕事くらいはこなせます。しかし、来年のiPhoneではこれが大きく変わるかもしれません。DigiTimesによると、2020年のiPhoneにはAirPodsが付属するというのです。»続きを読む





7位:iPhoneの発表は夏と秋の2回に分割される?


サムスンのように年に2回新しいスマートフォンを発表する会社と違い、Appleは年に1度しか発表しません。これまで長年に渡り、Appleは秋にiPhoneの発表イベントを行ってきました。しかしJPモルガンのSamik Chatterjee氏は、今後Appleは夏と秋の2回に分けてイベントを行うと予想しています。»続きを読む





8位:天気予報の生放送中にSiriが違う予報を伝えてしまうハプニング


プレゼンテーションが途中で中断され、しかもその中身が矛盾している可能性があるというシチュエーションを想像してみてください。どれほど恥ずかしいことでしょうか。しかも、テレビで生放送されていて、意図的に番組が中断されただけでなく、笑いをこらえることができないほど無表情だった場合です。»続きを読む





9位:AirPods Proが売れすぎて生産数を倍増させることに…など (WEEKLY TOP/2019 11.23-11.29)


今年の9月に行われた「Apple Special Event」。ここで新しいiPhoneやApple Watchが発表されました。しかし、事前にウワサされていたものの中で発表されなかったものがあります。それは、「紛失防止タグ」です。これまでも多くのメーカーが紛失防止タグ、いわゆるBluetoothトラッカーを出してきましたが、市場はいまいち広がっていない印象です。そんな中のウワサでしたので、「AppleがBluetoothトラッカーを出せば市場が盛り上がるかも!」という期待がありました。そう、AirPodsで完全ワイヤレスイヤホンの市場を作ったように。»続きを読む





10位:中国で新規SIMカード発行に顔スキャンが必須に


プライバシーに関する懸念から、世界中の国々が顔認識技術については慎重に見ています。しかし中国だけは、両手を挙げて顔認識技術を受け入れています。今でも法執行機関や学校、レストランに顔認識技術が導入されていますが、今度はまた一歩進めた施策を政府が行うとのことです。»続きを読む

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_63a5e63533d5 oa-rp86989_0_8e6416b140c3_Apple、この1週間でAirPodsを300万台売り上げ 8e6416b140c3 8e6416b140c3 Apple、この1週間でAirPodsを300万台売り上げ oa-rp86989

Apple、この1週間でAirPodsを300万台売り上げ

2019年12月5日 07:56 Ubergizmo US

AirPodsが、Appleが作った近年のアクセサリーの中で最も売れているものであることは疑いようがありません。発表当初はその見た目で笑われもしましたが、今になっては飛ぶように売れています。実際、WedbushのアナリストDan Ives氏によればこの週末には特に売れたということです。
販路のチェックと小売の在庫の状況を基に、Ives氏はAppleがブラックフライデーがあった先週末に300万台ほど売り上げたと算出しました。ブラックフライデーが販売に貢献したのかどうか定かではありませんが、消費者がAirPodsに関心を持っているのは確かで、次のホリデーシーズンにもまた売れることは予想できます。
現在のところ、AppleはAirPodsを159ドルかもしくはQiワイヤレス充電対応ケース付きの199ドルで、AirPods Proを249ドルで販売しています。また、噂レベルでは来年のiPhoneにAirPodsがバンドルされるという話も出回っています。
もし噂が本当なら、AirPodsの売り上げが減ることになってしまうので、Appleの収入には打撃のはず。動向を見守りましょう。

外部リンク

cat_oa-rp86989_issue_63a5e63533d5 oa-rp86989_0_468678572de7_中国で新規SIMカード発行に顔スキャンが必須に 468678572de7 468678572de7 中国で新規SIMカード発行に顔スキャンが必須に oa-rp86989

中国で新規SIMカード発行に顔スキャンが必須に

2019年12月5日 07:33 Ubergizmo US

プライバシーに関する懸念から、世界中の国々が顔認識技術については慎重に見ています。しかし中国だけは、両手を挙げて顔認識技術を受け入れています。今でも法執行機関や学校、レストランに顔認識技術が導入されていますが、今度はまた一歩進めた施策を政府が行うとのことです。
中国で新たにSIMカードやモバイルサービスを契約するユーザーに、顔のスキャンについての同意する必要があるようです。これは電話会社が顔スキャンを行う例として初というわけではありません。この取り組みは昨年から始め、現在までに必須要件となったようです。
これに先立って、中国の電話会社はIDカードやパスポートでのサインアップを要求していました。顔スキャンの要件化には懸念を表明している人もいます。
人によっては、過去のデータ流出では攻撃者は名前しか得られませんでしたが、顔スキャンがプロセスの一部に入ってしまうと名前とともにその人の見た目も分かってしまうと懸念を話しています。

外部リンク