cat_oa-rp82681_issue_91f6cbd37d77 oa-rp82681_0_91f6cbd37d77_田口淳之介、東京・大阪ZEPPでスペシャルイベント開催決定 91f6cbd37d77 91f6cbd37d77 田口淳之介、東京・大阪ZEPPでスペシャルイベント開催決定 oa-rp82681

田口淳之介、東京・大阪ZEPPでスペシャルイベント開催決定

2021年9月10日 18:00 田口淳之介

 俳優・歌手、モデルとしてマルチに活動している田口淳之介が、東京・大阪で「田口淳之介 Diamond Special Events」と題したイベント4公演を開催することが9月10日、わかった。

 11月3日(祝・水)Zepp Tokyo1部ではネット活動だけでなくリアルイベントにも力を入れている今後の活躍が期待されるボカロPや歌い手、踊り手などがボカロ曲をテーマにパフォーマンスする「ボカロJUNction vol.1」。



 2部ではバンドセットによるワンマンライブを開催。11月5日(金)Zepp Namba1部では田口がオーガナイズしCHEHON、KIRA、HISATOMI、TAK-Zなど多数のアーティストが競演。2部は田口のワンマンライブが開催される。田口淳之介によるスペシャルな2日間4公演になっている。

 チケットは9月13日(月)よりファンクラブ先行予約、9月25日(土)よりプレイガイド先行が行われる。

公演概要

「田口淳之介Diamond Special Events」

★東京
日時:2021年11月3日(水・祝)
会場:Zepp Tokyo
1部 <ボカロJUNction vol.1>
OPEN 13:00 START 13:40
出演:田口淳之介、水彩画P、 SPACELECTRO、OZON、RK、詩人、あぷりこっと、つくもや、ふぁみ。、えとう、飛鳥、しょまとがんそ、弟の姉、victream

2部 <Diamond Fes presents 田口淳之介 Autumn LIVE in TOKYO>
OPEN 17:45 START 18:30
出演;田口淳之介

★大阪
日時:2021年11月5日(金)
会場:Zepp Namba
1部<Diamond Fes organized by 田口淳之介>
OPEN 12:30 START 13:10
出演:田口淳之介、CHIMICHANGA、Team B Produced by Takuya Matsunaga、HISATOMI、TAK-Z、CHEHON、KIRA、BIGBEAR

2部<Diamond Fes presents 田口淳之介 Autumn LIVE in OSAKA>
出演:田口淳之介

【全公演共通】
料金
VIP席 10,000円(税込)指定席・お見送り、1ドリンク付き
自由席 5,000円(税込)整理番号付き、ドリンク代別

発売日

ファンクラブ先行 2021年9月13日(月)12:00〜9月19日(日)23:59
プレイガイド先行 2021年9月25日(土)〜
一般発売 2021年10月9日(土)〜
お問い合わせ:event@diamondblog.jp  
主催:ダイヤモンドブログ
企画:ダイヤモンドミュージック/lmmortal
制作:チームセカンドジャパン

イベント公式サイト https://diamondfes.com/taguchijunnosuke-live/
田口淳之介公式サイト https://junnosuke-t.com

※「VOCALOID(ボーカロイド)」および「ボカロ」はヤマハ株式会社の登録商標です。

外部リンク

cat_oa-rp82681_issue_91f6cbd37d77 oa-rp82681_0_n7lkrcp16ww1_iScream「つつみ込むように...」MV100万回再生突破 n7lkrcp16ww1 n7lkrcp16ww1 iScream「つつみ込むように...」MV100万回再生突破 oa-rp82681

iScream「つつみ込むように...」MV100万回再生突破

2022年1月28日 14:30 iScream

LDHが手掛ける現役高校生3人組ガールズユニットiScreamの新曲「つつみ込むように...」のミュージックビデオが28日、100万回再生を突破した。17日の公開から11日で、iScreamとして初のMV100万再生の大台に達した。

iScreamにとって3作目のデジタルシングルとなる今作は、1998年に発売され大ヒットを記録したMISIAのデビュー曲のカバーソング。冒頭のホイッスルボイスを再現するなど、10代とは思えない圧巻の歌唱力で話題となり、26日公開(集計期間:2022年1月17日〜1月23日)のBillboard JAPAN「Radio Songs」週間チャートで1位獲得をはじめ、急上昇中の新人アーティストを抽出した総合チャートBillboard JAPAN「Heatseekers Songs」で2位にランクインするなど、注目を集めている。

ミュージックビデオでは、アーティストとして表舞台で光輝く“ON”の姿と、10代女子という等身大の日常を過ごす“OFF”の姿の二面性を描いおり、ダンスシーンでは高いダンススキルも披露している。さらに1998年当時に、MISIAの「つつみ込むように...」のミュージックビデオにバックダンサーとして出演していた EXILE MAKIDAIが23年の時を経てスペシャルゲストとして出演しており、世代を超えたコラボレーションも見どころとなっている。

 100万回再生突破に、ファンからは「100万回再生突破おめでとう!」「ほんとにすごすぎる!!!」「3人の魅力を沢山の人に感じてもらえて嬉しい!」「もう震えと涙止まらんよ」と祝福の声が多数寄せられた。

 ほかにも、「歌唱力、ダンス間違いない世界レベル!」「期待を遥かに超えて来た」「出だしのホイッスルボイスでド肝を抜かれた!」「終始鳥肌」とパフォーマンスを絶賛するコメントや、「これからの活躍に期待でいっぱい」「テレビで歌唱してほしいです!」「いつかLIVEで聴いて観れる日が楽しみ」と今後の活動に期待する声も。さらに「親子揃って感動!」と、原曲を聴いていた親と二世代で楽しむ声など、国内外から多くの反響を呼んでいる。



iScreamコメント

 iScreamデビュー時から掲げていた、“ミュージックビデオの再生回数100万回を突破する!”という目標を叶えられて、本当に本当に嬉しいです!

 同時に、100万回以上もiScreamの「つつみ込むように...」が皆さんに届いていると想像すると不思議な気持ちにもなりますが、“幅広い世代に届いて欲しい”という想いが届けられていると思うと、この楽曲の偉大さを更に感じる事ができました。

 また、コメントも多く寄せていただき、その一つ一つが本当に嬉しくて、私たちの心に強く届きました。改めて、いつも応援してくださっているファンの皆さんに感謝の気持ちをお伝えするとともに、この楽曲を沢山取り上げてくださった各メディア関係者の皆さまにも、感謝の気持ちでいっぱいです!本当にありがとうございます!

 この嬉しさを糧に、もっともっと多くの方にiScreamを知っていただけるよう、そしてファンの皆さんとともに更に多くの夢を叶えていけるように頑張ります!!

外部リンク

cat_oa-rp82681_issue_91f6cbd37d77 oa-rp82681_0_l9w6isu8khl8_逹瑯、ソロデビューアルバムにHYDE、田村淳、鬼龍院翔らからお祝いコメント l9w6isu8khl8 l9w6isu8khl8 逹瑯、ソロデビューアルバムにHYDE、田村淳、鬼龍院翔らからお祝いコメント oa-rp82681

逹瑯、ソロデビューアルバムにHYDE、田村淳、鬼龍院翔らからお祝いコメント

2022年1月28日 14:25 逹瑯

 ソロデビューアルバムのリリースを2月2日に控えたMUCCヴォーカル逹瑯、2022年1月28日オフィシャルサイトで、HYDE、田村淳、鬼龍院 翔、草野華余子など、長年のキャリアの中で交流を深めてきたアーティスト、関係者からのソロアルバムリリースへのお祝いコメントが発表された。

<コメントを寄せたアーティスト>※50音順

暁(アルルカン)、有村竜太朗 (Plastic Tree)、大石征裕、(MAVERICK DC GROUP代表)、冠徹弥(THE冠)、ガラ(メリー)、

kyo(D'ERLANGER)、鬼龍院 翔(ゴールデンボンバー)、草野華余子、小西正喜(JACK IN THE RADIOエグゼクティブプロデューサー)、

咲人(NIGHTMARE)、桜井青(cali≠gari)、Sakura 櫻澤泰徳(gibkiy gibkiy gibkiy / Rayflower / ZIGZO)、左迅(ex.girugamesh)、

seek (Psycho le Cemu/MIMIZUQ)、庄村聡泰、ダイスケリチャード、Dynamite Tommy、ダイノジ、高安悟史、

田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、NoGoD団長、HYDE、葉月(lynch.)、フジ(ゲーム実況者わくわくバンド)、

松川ケイスケ(LACCO TOWER)、村岡昌憲、やべきょうすけ、YORKE、来夢(キズ)、渡辺静



 2月2日リリースとなる絶賛を集めるソロデビューアルバム「 =(equal)」「非科学方程式」では様々な参加アーティストと逹瑯との間でどんな化学反応が生まれているのか?

https://www.tatsuro-soloworks.jp/documents/comments

外部リンク

cat_oa-rp82681_issue_91f6cbd37d77 oa-rp82681_0_woiw7c9inkj3_大学生活を送るはずが一変…スピルバーグ監督作のヒロインに、レイチェル「最高にありがたい」 woiw7c9inkj3 woiw7c9inkj3 大学生活を送るはずが一変…スピルバーグ監督作のヒロインに、レイチェル「最高にありがたい」 oa-rp82681

大学生活を送るはずが一変…スピルバーグ監督作のヒロインに、レイチェル「最高にありがたい」

 伝説のミュージカルを巨匠スティーブン・スピルバーグが映画化する『ウエスト・サイド・ストーリー』(2月11日公開、ウォルト・ディズニー・ジャパン配給)で、ヒロインのマリアを演じるのは、本作が映画初出演のレイチェル・ゼグラー。実は高校卒業後は大学生活を送るはずだった。スピルバーグ監督に見出され、まさに人生が一変したシンデレラガールだ。

 映画初出演となる本作でヒロインを務めるレイチェル・ゼグラーは、実写版『白雪姫』の白雪姫役にも大抜擢されているなど今大注目女優だ。

 3万人が参加したオーディションで本作のヒロインを勝ち取ったが、実はオーディション時は現役の高校生で、卒業後はモントクレア州立大学への進学が予定されていた。

 今回合格したことで、大学生活から巨匠監督作のヒロインへ。普通の大学生では経験できない体験を味わうことに。1年にわたって行われたオーディション期間を振り返り「最高にありがたいと思った」と振り返っている。

 現在20歳のレイチェルは米ニュージャージー州で出生。高校では、学校のミュージカルに参加。『美女と野獣』のベルや『リトル・マーメイド』のアリエルなどのヒロインを、魅力的な歌声と可愛らしさで演じてきた。

 そして、今回のオーディションには、本作の楽曲「Tonight」と「I Feel Pretty」を歌ったビデオを応募した。

 まさか自分が合格するとは思ってもいなかったそうで、「モントクレア州立大学の入学担当責任者に『嘘のように聞こえますが、ウエスト・サイド・ストーリーのヒロインに決まったので、これが入学できない理由です』というメールを送ったのを覚えています」と振り返っている。

 『白雪姫』も、数カ月間にわたるオーディションを経て抜擢となったが、マーク・ウェブ監督によると、本作の撮影状態を確認するための映像、いわゆるラッシュ映像に映るレイチェルの演技力が決め手になったそうだ。



 レイチェルは、『ウエスト・サイド・ストーリー』のオーディションをこう振り返っている。

 「ものすごくホッとしたわ。オーディションのプロセスが終わったということでね(笑)。私は最高にありがたいと思ったわ。オーディションの間に私が会って関係を築くことができたチームのことを、私はとても好きになっていたの。スティーブンが私に、マリア役を得たことを伝えてくれた時、私はただホッとしたわ(笑)」

 第79回ゴールデングローブ賞でも新人ながら主演女優賞を受賞した。魅力的な歌声と抜群の表現力により、大学生活から人生プランを大きく変わった彼女が、巨匠スピルバーグ監督の描くミュージカル映画で、マリアとしての解き放つ。

 なお、トニー役には『ベイビー・ドライバー』などで若手トップスターの地位を築いたアンセル・エルゴートが抜擢。その他のキャストもブロードウェイで活躍するトニー賞受賞者や、61年版の映画でアニータを演じ、アカデミー賞助演女優賞に輝いたレジェンド、リタ・モレノも出演するなど歌唱力とダンスの実力が認められたミュージカル界の精鋭が揃っている。

 本作は、第79回ゴールデングローブ賞では作品賞を含む主要3部門での受賞を果たし、最多3冠を獲得した、アカデミー賞最有力候補との呼び声も高い。これまで世の中に多くの大ヒット作品を生み出してきたスピルバーグ監督が、自身のキャリアで初めて手掛けるミュージカル映画となっている。

外部リンク

cat_oa-rp82681_issue_91f6cbd37d77 oa-rp82681_0_722fb6bx87mz_HKT48田中美久の身に起きた恐怖体験「ゾクっと…!」 722fb6bx87mz 722fb6bx87mz HKT48田中美久の身に起きた恐怖体験「ゾクっと…!」 oa-rp82681

HKT48田中美久の身に起きた恐怖体験「ゾクっと…!」

 HKT48田中美久が28日、都内で、主演映画『ホラーちゃんねる 樹海』の初日舞台挨拶に登壇。心霊スポットとも言われる青木ヶ原樹海で行った撮影などを振り返った。

 青木ヶ原樹海を舞台にした6作品からなるオムニバスホラー映画。主演を務める田中は、女子高生が行方不明になった動画を見たことをきっかけに自身も樹海に訪れる人気YouTubeの吉岡楓を演じる。

 樹海で撮影。周辺の旅館に宿泊したが「電波が入ってこなくて携帯電話が使えない状態だった」とし、更に電気が点滅するラップ現象も起きたといい「怖かった」

 一方、HKT48のメンバーには霊感があるものもいて「撮影が終わってから「憑りつかれているかな?』と聞いたら『大丈夫』と言ってくれたので安心しました」

 撮影以外での恐怖体験を聞かれ「忘れ物がひどい自分にゾッとしています」と照れながら「家を出た時に財布と携帯を忘れた」ことや「乗り物に乗った時に財布を忘れたことに気付いて、携帯で支払いができたから良かった」と振り返った。

 なお、舞台挨拶にはCHIAKI(CYBERJAPAN DANCERS)、江益凛も出席した。

外部リンク

cat_oa-rp82681_issue_91f6cbd37d77 oa-rp82681_0_g4easxo3oz18_Aimer、THE FIRST TAKEで「カタオモイ」をパフォーマンス「とても緊張しました」 g4easxo3oz18 g4easxo3oz18 Aimer、THE FIRST TAKEで「カタオモイ」をパフォーマンス「とても緊張しました」 oa-rp82681

Aimer、THE FIRST TAKEで「カタオモイ」をパフォーマンス「とても緊張しました」

2022年1月28日 09:12 Aimer

 Aimerが、1月28日22時よりプレミア公開される「THE FIRST TAKE」に登場し、「カタオモイ」をピアノとギターのここだけのアレンジで一発撮りでパフォーマンスする。

 YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の第187回公開の詳細が発表になった。「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネルだ。本チャンネルでは、高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。

 チャンネル登録者は570万人(※1/28時点)を達成し、さらに動画総再生数が17億回を突破、日本の音楽ジャンルでのYouTubeチャンネルのなかで、アーティストの公式チャンネル以外では異例の数字となり、音楽ジャンルでは、最速で500万人を達成したチャンネルとなっている。

 グローバルチャンネルとしての注目度も高く、ポッドキャスト「THE FIRST TAKE MUSIC」の公開、さらに配信専門レーベル「THE FIRST TAKE MUSIC」の設立や次なる才能を探す一発撮りオーディション「THE FIRST TAKE STAGE」を発表するなど、今もっとも注目を浴びているYouTubeチャンネルである。

 第187回は話題作の発表が続くAimerが登場。ストリーミングから火が付いた一途な想いを描いたラブソング「カタオモイ」をピアノとギターのここだけのアレンジで、一発撮りでパフォーマンスする。

Aimerコメント

とても緊張しましたが、THE FIRST TAKEの「カタオモイ」もたくさん聴いていただけたらうれしいです。

1/28(金)22時よりプレミア公開

外部リンク

cat_oa-rp82681_issue_91f6cbd37d77 oa-rp82681_0_ho75x397mgm2_ディーン・フジオカ「自分探し」のバッグの中身、エル×コーチ企画 ho75x397mgm2 ho75x397mgm2 ディーン・フジオカ「自分探し」のバッグの中身、エル×コーチ企画 oa-rp82681

ディーン・フジオカ「自分探し」のバッグの中身、エル×コーチ企画

 ディーン・フジオカが、ハースト婦人画報社が発行するデジタルメディア『エスクァイア デジタル』に出演する。ニーヨークを代表するファッションブランド「コーチ」とのコラボレーション企画の一環。『エル デジタル』『エル・ガール』に出演するKoki,とエナジェティックなビジュアルで魅了する。

 『エスクァイア デジタル』で実施した「コーチ」とのコラボレーション企画では、日本初のメンズ部門アンバサダーに就任した俳優・ミュージシャンのディーン・フジオカが登場。

 アジア各国で自らの道を切り拓き、独自のスタイルを確立してきたディーン・フジオカが、“ホース アンド キャリッジ”がグラフィカルにプリントされたアイコニックなトートバッグや、大容量かつ多機能なポケットを豊富に備えたバックパック、日常の旅に重宝するコンパクトで機能的なクロスボディバッグ、スタイリッシュな印象ながらも前後に施された外ポケットが便利なヒッチポーチなど、創立当時から変わることのないコーチのスピリットを継承し続ける“ホース アンド キャリッジ”コレクションの新作ラインナップを携えて登場する。

 旅をこよなく愛するディーン・フジオカが、「コーチ」が生まれたニューヨークを初めて訪れたエピソードや、日本初の「コーチ」メンズ部門アンバサダーとしての今後の抱負を語るスペシャルムービーも同時配信中だ。

外部リンク

cat_oa-rp82681_issue_91f6cbd37d77 oa-rp82681_0_1qtkal5s8qgc_Koki,、「コーチ」新作バッグをプレイフルに持ちこなし 1qtkal5s8qgc 1qtkal5s8qgc Koki,、「コーチ」新作バッグをプレイフルに持ちこなし oa-rp82681

Koki,、「コーチ」新作バッグをプレイフルに持ちこなし

 Koki,が、ハースト婦人画報社が発行するデジタルメディア『エル デジタル』『エル・ガール』に出演する。ニューヨークを代表するファッションブランド「コーチ」とのコラボレーション企画の一環。『エスクァイア デジタル』に出演するDean Fujiokaとエナジェティックなビジュアルで魅了する。

 『エル デジタル』と『エル・ガール』の両媒体で実施した「コーチ」とのコラボレーション企画では、ブランドアンバサダーを務めるモデルのKoki,。モダナイズされた“ホース アンド キャリッジ”コレクションのバッグを自由なマインドで持ちこなす。

 ビビッドカラーがプレイフルなアクセントになったミニバッグや、愛らしいシルエットの巾着型バッグなど、過去と現在、そして未来をリミックスし、よりグラフィカルに進化を遂げた新作ラインナップを紹介。

 エネルギーあふれる東京の街を闊歩しながら“ホース アンド キャリッジ”の魅力について語るKoki,を捉えたスペシャルムービーも同時配信中だ。

外部リンク

cat_oa-rp82681_issue_91f6cbd37d77 oa-rp82681_0_cucnt1f27o25_藤間爽子、「三代目藤間紫」襲名披露舞踊会「覚悟をもって」 cucnt1f27o25 cucnt1f27o25 藤間爽子、「三代目藤間紫」襲名披露舞踊会「覚悟をもって」 oa-rp82681

藤間爽子、「三代目藤間紫」襲名披露舞踊会「覚悟をもって」

2022年1月28日 06:45 藤間爽子、貴彦

 日本舞踊家で女優の藤間爽子が昨年2月に三代目藤間紫を襲名。その襲名披露と初世藤間紫十三回忌追善を兼ねた『紫派藤間流舞踊会』が30日、東京・国立劇場大劇場で開催される。初世藤間紫の祖母も歩んだ女優と舞踊家の二足のわらじを履く爽子。襲名の節目に「決意をもって」と大曲「京鹿子娘道成寺」と「道行初音旅」に挑む。

 「娘道成寺」は、白拍子の花子が鐘供養に訪れた道成寺で舞を披露するうちに鐘に飛び込み、蛇体となって現れる物語。女形舞踊の最高峰で、爽子は約45分の長唄にひとり臨む。「同世代が大曲を臨まれていますので節目に挑戦したいと思い、襲名したときに踊ろうと決意しました。スタミナ勝負でもありますが思いを込め踊らせて頂きます」

 注目は花子の変化。なかでも蛇体となって現れる場面は見せどころ。「いろんな姿かたちを見せますが、照明も変わらなければ舞台セットも変わらない。そのなかで変化をどう見せていくか。その空間を支配できるのは私だけで、いわば私に全てがかかっているとも言えます。技術面はもちろん、内側から出る華やかさや覇気のようなものが出せるかが課題ですが、いまは衣装を着て動くだけで精一杯です。先輩には『覚悟した方がいい』とも言われましたが、その覚悟をもって臨みたいです」

 爽子は女優としても活動。NHK連続テレビ小説『ひよっこ』(17年)では美しい舞を見せ、日本テレビ系ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』(21年)では緊急指令室所属の新人室員を演じた。当時の取材で表現者としての心構えをこう語っていた。

 「自然と体から溢れ出す、滲み出るものは出そうと思っても出せない、生き様やその人の持つ深みからではないと表に出ないと思っていて、表に出るというお仕事をしている以上、普段から感性豊かにしないと、生き方というのはもろに出ますから気を付けないといけないです。日本舞踊は身体表現の中で色んなものを感じながら、踊りで表現してお客さんに見せていく。顔で表情を作るものではない」。花子の変化をどう内側から見せていくか注目だ。



 そして、「道行初音旅」、別称「吉野山」は、浄瑠璃『義経千本桜』4段目の道行。静御前が、吉野に逃れた源義経を慕って供の佐藤忠信と吉野山へ来る場。初世藤間翔を襲名した藤間貴彦と兄妹演舞を果たす。「小学生の頃に祖母が踊ってほしいと言っていました。こうして実現してプレッシャーもありますが嬉しいです」

 初世は爽子が14歳の時に他界した。「もっと見て頂きたかったです。でも祖母の代わりに祖母を慕った門弟の方々が『おばあちゃんならこう言っているよ』と教えてくれます。祖母がたくさんいるような感覚です」と表情を緩ませ、祖母の教えを振り返る。

 「基礎がなっていないなかで崩すのはだめと言っていました。祖母の踊りは、女優だったというのもあってか技術面だけではなく心情や、役と向き合うことを大切にされてきたと思います。私は振りや形に意識しすぎていましたが、祖母が生前に『中身が分かっていないと踊りはできない』と答えていたインタビューを見て、私はまだ形を美しく見せたいというのがあったんだと感じました」

 貴彦も振り返る。「『丁寧に踊るのではなく、大きく踊りなさい。大きく見せなさい』と言っていました。『それをしてからそぎ落として丁寧に踊ることが大事だ』とも。きっと存命なら『もっと大きく踊りなさい』と今も言っていたと思います。『吉野山』、見て欲しかったです」

 爽子は大一番の舞台には祖母の香水、祖母の腰ひもを付けて挑んでいる。今回もその願懸けは行う。「26歳で家元になりましたが、技量も自信もありません。でもこれが30代で襲名を受けたら覚悟ができたのかと思うと分かりません。小さい頃から言われてきましたし、いずれ襲名を受けるなら早い方が責任感も一層強くなるでしょうし、いろんなことも柔軟に吸収できると思いました」

 現在は、日本舞踊の魅力が若者にも伝わってほしいと、映像作品「地水火風空 そして、踊」などで新たな試みも行っている。今思うのは「日本舞踊が、着物も含め生活に身近なものになってくれたら。舞踊を見てみたいという方が多いのは実感していますので、見て下さる場を作ること、知って頂くことが近道だと思います」

cat_oa-rp82681_issue_91f6cbd37d77 oa-rp82681_0_jrrafql4wo2x_φMI(登坂広臣)、ニューアルバムより新曲「After the rain」デジタル先行配信 jrrafql4wo2x jrrafql4wo2x φMI(登坂広臣)、ニューアルバムより新曲「After the rain」デジタル先行配信 oa-rp82681

φMI(登坂広臣)、ニューアルバムより新曲「After the rain」デジタル先行配信

2022年1月28日 05:27 φMI(登坂広臣)

 φMIが、2月2日に発売するアルバム「ANSWER...」新録曲「After the rain」が1月28日よりデジタル先行配信した。

 今作は前作アルバム「Who Are You?」からの問いかけに対して、自身の心に秘める影と光の部分をありのままに体現してきた“ANSWER”シリーズ最後を締めくくる集大成楽曲になっている。

 ピアノとストリングスを軸とした、どこか切なさを感じながらも、後半に向けてのエモーショナルで壮大な曲展開によって、明るく光に満ちた世界観を感じられる珠玉のバラードソングになっており、アーティストとして激動の日々を過ごしてきた中で、様々なことを経験しながら自分自身と真摯に向き合い、そこで感じたことや気付き、そしてファンに対する想いをφMIの素直な言葉=“答え”として歌詞に最大限込めた、シンプルながらも深甚な作品に仕上がっている。

 また、先行配信と同時に「After the rain」特別アートワークver.のオフィシャルオーディオもYouTubeで公開が決定。今作に加え、新曲「Just the way you are」のアルバム収録も解禁となった。

φMIコメント

 この「After the rain」は“ANSWER”シリーズ最後の曲になっています。

 自分の心の影と光に向き合いながらアーティストとして生きてきた12年、様々な事を経験し感じた、そんな激動の日々が過ぎ、全てが晴れ渡った空にこの曲、歌詞、答えを表現したバラードになります。

 レコーディングも細部までこだわり、考えて悩んで、何度もテイクを録り直しながら歌い続け、ファンの皆さんへの気持ちを最大限に込めた、僕自身一つの集大成とも言える曲になっていますので、是非聴いていただけると嬉しいです!

外部リンク