cat_oa-rp82321_issue_b4a63c773d70 oa-rp82321_0_b4a63c773d70_「性奴隷にされたサッカー選手」7名が救出される…人身売買組織が関与 b4a63c773d70 b4a63c773d70 「性奴隷にされたサッカー選手」7名が救出される…人身売買組織が関与 oa-rp82321

「性奴隷にされたサッカー選手」7名が救出される…人身売買組織が関与

2020年6月12日 07:20 Qoly

悪質な詐欺によって性奴隷にされていたサッカー選手7名がスペインで救出されたという。

『Marca』によれば、今回スペインの治安警備隊にあたるグアルディア・シビルによって救出されたのは南米出身の7名で、その中には未成年の選手も1名いたとのこと。

彼らは、ある組織によって「給与が高い仕事とプレーできるクラブ」を約束されてスペインに連れて行かれていたという。

しかし、いざスペインに到着すると、組織は選手たちのパスポートを剥奪し所持品や金品なども没収。

カディス県にあるプラド・デル・レイという街の小さな部屋に彼らを住まわせ、同性愛者向けの売春を強要していたという。その部屋の映像もグアルディア・シビルから公開されている。

動画を見たい場合はここをタップ!
3人部屋、4人部屋で共同生活を余儀なくされていたようだ。また、懇願しなければ食事も与えてもらえないような状況であったとか…。

レポートによれば、組織は選手たちに「逆らった場合家族に今君たちがやっていることを伝える」と脅していたそう。

【関連記事】巨大サッカーゲームで「超すごい若手」だったが、現実で伸びなかった10名

グアルディア・シビルは、この人身売買組織を水曜日に摘発し、3名を逮捕したとのことだ。

6/14(日) 5時00分~ 生中継!マジョルカ対バルセロナ

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_b4a63c773d70 oa-rp82321_0_e5ff4b62180b_シュトゥットガルト遠藤、J1湘南の「スポンサー」になる!ロゴ入りシャツが登場 e5ff4b62180b e5ff4b62180b シュトゥットガルト遠藤、J1湘南の「スポンサー」になる!ロゴ入りシャツが登場 oa-rp82321

シュトゥットガルト遠藤、J1湘南の「スポンサー」になる!ロゴ入りシャツが登場

2021年3月2日 17:00 Qoly

湘南ベルマーレは先月、クラブ下部組織出身で現在はVfBシュツットガルトに所属する日本代表MF遠藤航と、オフィシャルクラブパートナー契約を締結したと発表した。

2021シーズンの公式戦で選手とスタッフが着用するトレーニングウェア(プラクティスシャツ)の胸部に、遠藤の名前(WATARU ENDO)の入ったロゴマークを掲出する。

Shonan Bellmare 2021 Penalty Training Wear

プラクティスシャツは2色展開。グリーンのシャツは選手が、ネイビーはスタッフがそれぞれ着用。ウェアはスタジアム場外のショップや、クラブ公式オンラインショップで一般販売される。

選手個人のスポンサー就任は、ベルマーレ平塚時代のユニフォームに「nakata.net」のロゴを掲出した中田英寿氏以来だ。

【関連記事】Jリーグ 2021シーズン新ユニフォームまとめ(J1・J2・J3)

遠藤航はクラブを通じてコメントを発表している。

「依然として続くコロナ禍で、クラウドファンディングを実施していた経緯もあり、クラブが大変な状況にあることは知っていました。

僕が育ったクラブに恩返しができればと思い、今回このような形で支援させていただくことになりました。

湘南ベルマーレがJ1で闘い続けることが、応援してくださるみなさまに勇気と感動を与えてくれると信じています。僕も湘南育ちとして、VfBシュトゥットガルト、そして日本代表でも活躍していいニュースが届けられるように頑張ります!

湘南ベルマーレを一緒に応援しましょう!」

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_b4a63c773d70 oa-rp82321_0_9f82ed475a4d_クルトワの4000万円愛車、故障してトラックで運ばれる 9f82ed475a4d 9f82ed475a4d クルトワの4000万円愛車、故障してトラックで運ばれる oa-rp82321

クルトワの4000万円愛車、故障してトラックで運ばれる

2021年3月2日 16:00 Qoly

有名サッカー選手にとって自家用車は重要なものだ。公共機関を使うわけにも行かないこともあり、移動するためには愛車が欠かせない。

レアル・マドリーに所属しているベルギー代表GKティボー・クルトワも、自身の移動手段として複数台の車を所有しており、その一つが30万ユーロ(およそ3860万円)のロールスロイスだ。

日曜日の練習でもクルトワはそのロールスロイスでトレーニングセンターを訪れていたそうだが、どうやらそこで故障してしまったようで…トラックで運ばれる場面が撮影されていた。


【動画】自動車運搬用のトラックに載せられていくロールスロイス

クルトワは友人が運転するアウディで帰宅することになったそうである。

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_b4a63c773d70 oa-rp82321_0_60ddc548ec95_中国クラブの消滅、イタリア代表FWが激怒「経営者全員ウソツキ」 60ddc548ec95 60ddc548ec95 中国クラブの消滅、イタリア代表FWが激怒「経営者全員ウソツキ」 oa-rp82321

中国クラブの消滅、イタリア代表FWが激怒「経営者全員ウソツキ」

2021年3月2日 15:00 Qoly

先日大きな話題になった中国超級リーグの王者江蘇FC(旧江蘇蘇寧)の活動停止。

AFCチャンピオンズリーグの出場も決定していたものの、オーナーである蘇寧グループがこのタイミングで経営から手を引くことを発表し、クラブ自体の活動が終了することになった。

イタリア・セリエAのインテルを保有していることで知られる中国の巨大企業蘇寧グループであるが、新型コロナウイルスの影響や政府の方針などによってサッカーへの投資を縮小することを決めたと伝えられている。

『SportItalia』によれば、2018年から江蘇FCでプレーしてきたイタリア代表FWエデルは以下のように話し、オーナーはウソツキだと強烈に批判したという。

**エデル|bold**


「蘇寧グループはサッカーへの投資を続けない。


彼らはすべての従業員と選手を侮辱し、給与もなしで我々を放り出し、そして他のクラブでプレーすることも妨げた。


彼らは皆嘘つきだ。我々は蘇寧グループのために素晴らしいことを成し遂げてきた。中国でリーグ優勝を果たした。しかし我々にふさわしい待遇と尊敬を得ることができなかった。


蘇寧グループが破産するのであれば理解はできるが、彼らが我々をどのように扱ったかという点については理解できない。


我々はホテルに数カ月間閉じ込められ、蘇寧グループの名前を世界中に知らしめたが、リスペクトのない扱いを受けることになった。


スポーツディレクターが常に我々をウソで騙してきたことは証明された。我々に約束したことは一度も尊重されていない」

企業が破産したわけでもないのにサッカークラブを犠牲にするという方針にリスペクトを感じない…と批判。これまでの約束も全く守られなかったそうだ。

【写真】都落ちじゃない!「中国で見事に復活した」7名の選手たち

蘇寧グループを初めとした中国企業はこの10数年欧州サッカーに次々と進出していたこともあり、今後他のオーナーの動きも注目されそうだ。

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_b4a63c773d70 oa-rp82321_0_1518e4491d33_日韓W杯出場のアルゼンチン代表GK、交通事故…衝突の男性が死亡 1518e4491d33 1518e4491d33 日韓W杯出場のアルゼンチン代表GK、交通事故…衝突の男性が死亡 oa-rp82321

日韓W杯出場のアルゼンチン代表GK、交通事故…衝突の男性が死亡

2021年3月2日 12:45 Qoly

2002年に行われた日韓ワールドカップでアルゼンチン代表のゴールマウスを守ったGKパブロ・カバジェロが、交通事故に遭遇したことで捜査を受けているようだ。

『ESPN』などのメディアによれば、事故が発生したのは2月27日の朝であるとのこと。

カバジェロはアルゼンチンの高速道路でフォルクスワーゲン・ティグアンを運転していたところ、道路を横断していた56歳の男性と衝突したという。

フアン・リベロという名前の男性はこの事故によって死亡。アルゼンチン警察はパブロ・カバジェロ氏を過失致死罪の疑いで捜査しているとのこと。

【動画】事故後の車の様子も…かなりの衝撃だったようだ

カバジェロ氏は事故が発生してから警察が到着するまで現場に留まっており、アルコールも検出されることはなかったようだ。

パブロ・カバジェロ氏は1974年生まれの46歳。1996年のアトランタ五輪でアルゼンチン代表の一員として戦い、その後1998年、2002年のワールドカップに出場した経験を持っているキーパーだ。

2000年から所属したセルタ・デ・ビーゴではUEFAチャンピオンズリーグへの出場にも貢献するなど活躍したことで知られる。

現在は選手時代にも所属したベレス・サルスフィエルドでスポーツディレクターを務めており、試合の後にマル・デル・プラタへと向かう途中だったという。

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_b4a63c773d70 oa-rp82321_0_f3b501da9b4d_ボランチ転向!? 逆襲ベイルの「神フィード」に海外ファンもザワつく f3b501da9b4d f3b501da9b4d ボランチ転向!? 逆襲ベイルの「神フィード」に海外ファンもザワつく oa-rp82321

ボランチ転向!? 逆襲ベイルの「神フィード」に海外ファンもザワつく

2021年3月2日 12:25 Qoly

今季レアル・マドリーからのローンで古巣トッテナムに復帰したギャレス・ベイル。

プレミアリーグ第26節のバーンリー戦では2ゴール1アシストの大暴れをみせ、4-0の快勝に貢献した。

得点だけでなく、アシストも話題になっている。自陣内からハリー・ケインに完璧なロングフィードを供給してゴールを演出したのだ。


【動画】まるでピルロみたい!ベイルが放った神精度の超フィード

どんぴしゃのロングパス一本で相手を切り裂く圧巻のアシストだった。

海外のファンたちも「レジスタ、ベイル」、「ベイル・イズ・バック」、「なんてアシストだ」、「ベイルのパーフェクトなパス。今日の彼はクレイジーだ」、「ベイル、ケイン、ソン・フンミン。こりゃおそろしい」、「酷い守備だけど、ベイルのボールはファンタスティックだ」、「年寄りベイルがバーンリーを殺す」などとザワついていたぞ。

ベイル自身も調子が戻ってきたと語っているが、ここからの大逆襲となるだろうか。

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_b4a63c773d70 oa-rp82321_0_778f866730d0_「柏はバッと上げるので…」大久保嘉人、J開幕戦の“空振りゴール解説”がおもしろい 778f866730d0 778f866730d0 「柏はバッと上げるので…」大久保嘉人、J開幕戦の“空振りゴール解説”がおもしろい oa-rp82321

「柏はバッと上げるので…」大久保嘉人、J開幕戦の“空振りゴール解説”がおもしろい

2021年3月2日 12:00 Qoly

遂に開幕した2021年シーズンのJ1。

15年ぶりに古巣セレッソ大阪に復帰した38歳大久保嘉人は、柏レイソルとの開幕戦で先制ゴールを決めて、2-0の勝利に貢献した。

その大久保はDAZNで配信されている『やべっちスタジアム』で開幕戦でのゴールを自ら解説。得点に至るまでのプレー意図をこう明かしていた。


**大久保嘉人(セレッソ大阪FW)|bold**


「(坂元達裕のパスがブロックされた場面で自分の位置が)オフサイドって分かってたんですけど、この動きをすることで、DFは自分のことを意識する。


そこで、ラインを下げれると思ってまず走り出しましたね。


レイソルってラインを結構バッって上げる。どんだけ上げるのかなっていうのを一瞬見て。


(相手が)動く道に自分は入っていきたいなっていうは常々考えているので、それが全部重なりました。


(松田陸がクロスを上げた場面では)オフサイドかもしれないと思いで入っていったんですけど。こういうゴールってほぼオフサイドじゃないんですよね。


その時の閃きっていうのを大事にしてますね。


しっかり当てようと思ったらヘディング空振りして、肩に当たって、いやぁ運がよかったなぁって思いましたね」

柏がDFラインをどれだけ上げるのかを一瞬で見極めていたとか。オフサイドと分かっていても裏に走ることで相手に意識させることも狙っていたようだ。


【動画】大久保嘉人の本人解説でよく分かる!J開幕戦での空振り肩ゴールシーン

また、この日はスタジオに佐藤寿人さんがいたが、大久保は「寿人さんみたいな動きでしたね。俺は寿人さんの(動き方)を見てきたんで嬉しいです」とも語っていた。

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_b4a63c773d70 oa-rp82321_0_427bf88d1ae9_中田ヒデの恩師、あのセルセ・コズミ監督がクロトーネの指揮官に 427bf88d1ae9 427bf88d1ae9 中田ヒデの恩師、あのセルセ・コズミ監督がクロトーネの指揮官に oa-rp82321

中田ヒデの恩師、あのセルセ・コズミ監督がクロトーネの指揮官に

2021年3月2日 11:45 Qoly

イタリア・セリエAのクロトーネは、「新しい指揮官としてセルセ・コズミ氏を招聘した」と公式発表した。


昨季セリエBで2位になって昇格を果たしたクロトーネは、ここまで24試合を戦って3勝3分け18敗と最下位に沈んでいる。

それを受けて2018年から指揮を執ってきたジョヴァンニ・ストロッパ前監督を解任することを決断し、セルセ・コズミ氏を指揮官に据えることを決めた。

セルセ・コズミ氏は1958年生まれの62歳。2000年から指揮したペルージャでは中田英寿やマルコ・マテラッツィ、ファブリシオ・ミッコリ、ファビオ・グロッソ、ファビオ・リベラーニら名選手を指導した。

その後はジェノアやウディネーゼ、リヴォルノ、パレルモなど様々なクラブで監督を務め、昨年は古巣ペルージャを短期間率いていた。

そして今回シーズン終了までの短期的な契約でクロトーネの監督となり、残留に向けた難しいミッションに挑むことになった。

【写真】優良!有能!セリエAでもっと「評価」されるべき外国人センターバック5名

かつては常にベースボールキャップを被っていた独特のファッションセンス、試合中の情熱的なジェスチャーで知られる熱血漢として知られているコズミ監督がセリエAに戻ってくるということで、オールドファンにとっては注目のチームになりそうだ。

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_b4a63c773d70 oa-rp82321_0_3eeadffe06af_親族刺傷容疑のプロメス、別荘を押収される…判決前なのになぜ 3eeadffe06af 3eeadffe06af 親族刺傷容疑のプロメス、別荘を押収される…判決前なのになぜ oa-rp82321

親族刺傷容疑のプロメス、別荘を押収される…判決前なのになぜ

2021年3月2日 11:30 Qoly

アヤックスに所属していた昨年末に親族への刺傷事件に関与した疑いで逮捕されたオランダ代表FWクインシー・プロメス。

彼はこの冬にスパルタク・モスクワに移籍したが、オランダに所有している別荘の一部を差し押さえられた。

『De Telegraph』によれば、被害を訴えている従弟の弁護士の請求に基づき、裁判所が押収を認めたとのこと。

ユトレヒトにある210万ユーロ(2.7億円)の別荘と60万ユーロ(7700万円)の別棟に関するものだそう。ただ、裁判所が差し押さえたを認めたのは、60万ユーロ分だそう。

従弟の弁護士は「差し迫った損害賠償請求の担保として行われたものだ」としている。


【動画】才能は間違いないのに…プロメス、チェルシーを痛めつけた電撃ヘッド

つまり、この別荘を売却処分した金をどこかに隠してしまったりできないように担保として差し押さえられただけで、有罪にならなかった場合や損害賠償責任がないとされた場合にはプロメスに返還されるようだ。

外部リンク

cat_oa-rp82321_issue_b4a63c773d70 oa-rp82321_0_001c45d91c93_デパイでもワイナルドゥムでもねぇ!PSVで断トツに凄かった「早熟の天才」とは 001c45d91c93 001c45d91c93 デパイでもワイナルドゥムでもねぇ!PSVで断トツに凄かった「早熟の天才」とは oa-rp82321

デパイでもワイナルドゥムでもねぇ!PSVで断トツに凄かった「早熟の天才」とは

2021年3月2日 11:00 Qoly

堂安律を保有するPSVは数々の名選手がプレーしてきたオランダの名門だ。

かつて同クラブでプレーした元スウェーデン代表FWオラ・トイヴォネンによれば、ずば抜けた存在だった選手がいたそう。『VI』によれば、こんな話をしていたという。

**オラ・トイヴォネン|bold**


「PSVで一緒にプレーしたなかで最高だったのは、絶対的にIbiだ。


全ての練習でスターだったし、常に居残り練習もしていたよ。


残念ながらバルセロナでの膝の手術がよくなかった。彼は断トツで最高だったね」

PSVではドリース・メルテンス、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、メンフィス・デパイらとプレーしたトイヴォネン。だが、ずば抜けていたのは、イブラヒム・アフェライだったそう。

PSVの下部組織出身でもあったアフェライは10代でトップチームの主軸になった天才MF。バルサへ移籍した後は怪我に苦しみ、先日34歳で現役引退を決めた。ただ、PSV時代は圧倒的な存在だったようだ。


【動画】パクチソンがアシスト!天才アフェライの凄さが分かる鬼曲がりシュート

また、トイヴォネンは「Gini(ワイナルドゥム)がリヴァプールであんなにうまくやってるのは一番驚きかもしれない」とも語っていたそう。

PSVではイケイケドリブラーだったワイナルドゥムが守備的MFに転身したことに驚いているのだろうか。

外部リンク