cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_f12f898d86ca_3つの異なる顔を持つアシュラ粒子の作製に、東北大学などが成功 f12f898d86ca f12f898d86ca 3つの異なる顔を持つアシュラ粒子の作製に、東北大学などが成功 oa-rp75450

3つの異なる顔を持つアシュラ粒子の作製に、東北大学などが成功

 東北大学の藪浩准教授らの研究グループは旭川医科大学と共同で、ナノサイズの粒径を持ち、3つの異なる「顔」を持つ「アシュラ粒子」を含む多様なナノ構造を持つポリマー微粒子の作製法を発見し、さらに実験結果を再現・予測できる数理モデルの構築にも成功した。

 ポリマー微粒子は塗料への混合による光の散乱抑制、ディスプレイの厚みを規定するスペーサーや潤滑剤、免疫検査・診断用の担体など多様な用途がある。近年、これらの用途ではポリマー微粒子の光学特性や表面特性の高度な制御が求められている。従来ポリマー微粒子は乳化重合などにより、単一のポリマーから均一な粒径の微粒子を作製する手法が盛んに研究されてきたが、その表面形状や内部構造の精密な制御は困難だった。

 研究グループは今回、表面張力の異なる8種類のポリマーを用意し、そのうち2種類を組み合わせてみた。表面張力が近いポリマーの組み合わせでは、ポリマーの相分離により、2つの異なる表面を持つヤヌス型の相分離構造が得られ、表面張力が大きく違うとコア−シェル型の相分離構造が形成された。さらに表面張力が同程度の3種のポリマーを組み合わせると、それぞれのポリマーが表面の1/3を占め、3つの異なる「顔」を持つ「アシュラ粒子」が形成されることを初めて発見した。同時に、独自の数理モデルにより、これらの実験結果を再現・予測できることを証明した。

 今回開発したアシュラ粒子などのポリマー粒子群は、塗料やフィルムなどへの混合による光学特性の向上、異なる生体分子の各表面への結合による免疫検査や診断の高感度化や多様化など、多方面での貢献が期待される。

論文情報:【ACS Omega】Ashura Particles: Experimental and Theoretical Approaches for Creating Phase Separated Structures of Ternary Blended Polymers in ThreeDimensionally Confined Spaces

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_7e2e312e5534_天気頭痛に五苓散(ソウジュツ配合) 気圧低下時の脳血流量変化を抑制 7e2e312e5534 7e2e312e5534 天気頭痛に五苓散(ソウジュツ配合) 気圧低下時の脳血流量変化を抑制 oa-rp75450

天気頭痛に五苓散(ソウジュツ配合) 気圧低下時の脳血流量変化を抑制

 熊本大学とロート製薬株式会社は、漢方薬の一種である五苓散(ソウジュツ配合)の「天気頭痛」への効果を検証し、五苓散(ソウジュツ配合)が有名な鎮痛成分であるロキソプロフェンとは異なる作用機序で効果を表すことを明らかにした。

 天気(気圧)の変化等で起こる頭痛を「天気頭痛」と呼び、一般には鎮痛剤の処方により対処される。今回の共同研究では、気圧調整できる室内にて、薬剤投与後、通常気圧1時間、気圧を-50hPa低下させて1時間、そして通常気圧に戻して1時間観察を行う天気頭痛モデルの新たな試験系において、脳血流量変化を測定することで、五苓散(ソウジュツ配合)とロキソプロフェンの効果を比較検証した。

 その結果、気圧を低下させると脳血流量が増加したが、五苓散(ソウジュツ配合)とロキソプロフェンをそれぞれ投与した場合は、脳血流量増加が抑制されることがわかった。また、気圧を低下させた後、通常気圧に戻しても、投与なしでは元の脳血流量まで減少・回復しないが、五苓散(ソウジュツ配合)を投与した場合は、元の通常気圧時の脳血流量まで減少・回復することがわかった。一方、ロキソプロフェン投与では、通常気圧に戻しても、投与なしの場合と同様に、元の脳血流量まで減少・回復しなかった。

 このことから、五苓散(ソウジュツ配合)は、脳血流量を減少させる点においてロキソプロフェンとは異なる作用機序を持ち、気圧変化による脳血流量への影響を低く抑えることで天気頭痛に効果を発揮することが示唆された。

 五苓散(ソウジュツ配合)は、天気頭痛で悩む人々を気圧変化に負けない体質へと導く新たな対処法として今後の活用が期待される。

参考:【熊本大学】五苓散(ソウジュツ配合)の天気頭痛※への効果を発見 気圧低下で起こる脳血流量増加に対する五苓散の抑制効果を確認~熊本大学とロート製薬の共同研究~(PDF)投稿 天気頭痛に五苓散(ソウジュツ配合) 気圧低下時の脳血流量変化を抑制 は 大学ジャーナルオンライン に最初に表示されました。

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_c4caa78ef9a3_常磐大学、2022年度より「大学院看護学研究科」開設へ c4caa78ef9a3 c4caa78ef9a3 常磐大学、2022年度より「大学院看護学研究科」開設へ oa-rp75450

常磐大学、2022年度より「大学院看護学研究科」開設へ

 2018年4月に看護学部看護学科を新設した常磐大学。最初の卒業生を輩出する2022年4月に大学院看護学研究科(仮称)を開設する予定を公表した。

 常磐大学は、2018年4月に看護学部看護学科を新設。これからの看護職に求められる高度な技術と判断力のある人材の養成機関としての役割を果たすべく、茨城県内約60の保健医療施設・機関等の医療従事者の協力を得ながら学修をすすめ、2022年3月、第1回生の卒業生を送り出す。

 さらに、今後ますます複雑・高度化することが予測される医療に対応できる高度専門職業人を育成し、医療の質の向上に貢献できる人材の育成、確保を図っていくことを目的に、基礎となる看護学部が最初の卒業生を輩出する2022年4月に大学院看護学研究科(仮称)の開設を予定している。

 開設予定の大学院看護学研究科は、将来の予測不能な課題に果敢に挑戦し、予防から看取りまで新しい戦略を開発し、社会を先導する次世代型の保健医療人材の育成、特に、実践者リーダーおよび複数の専門看護師等を養成するため、「精神・地域在宅看護学領域」「母子看護学領域」「成人高齢者看護学領域」「看護管理教育学領域」の4つの教育研究領域を用意。

 専門領域における学際的で最新の知識、高度な実践能力、教育能力、研究能力を修得し、また実践の場でこれまで学修した知識やスキルを具現化し、自らのパフォーマンスを客観視することで、獲得した能力のレベルを確認するとともに、更なる学修の方向性を認識する能力を身につけることを目指す。入学定員は6名。※設置認可申請中であり、今後内容が変更になる場合がある

<看護学研究科看護学専攻(修士課程)>
開設時期:2022(令和4)年4月
入学定員:6名
学位:看護学(修士)
修業年限:2年

参考:【常磐大学】大学院看護学研究科の設置について(設置認可申請中)投稿 常磐大学、2022年度より「大学院看護学研究科」開設へ は 大学ジャーナルオンライン に最初に表示されました。

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_72401474818b_新型コロナ感染拡大で市中肺炎の緊急入院減少、京都大学調査 72401474818b 72401474818b 新型コロナ感染拡大で市中肺炎の緊急入院減少、京都大学調査 oa-rp75450

新型コロナ感染拡大で市中肺炎の緊急入院減少、京都大学調査

 新型コロナウイルスの感染拡大後、市中肺炎で緊急入院する患者の数が大幅に減少していたことが、京都大学大学院医学研究科の今中雄一教授、國澤進准教授、長野広之大学院生らの調査で明らかになった。

 京都大学によると、今中教授らは感染症分野の医療データベースを使い、2019年8月1日から2020年7月末までの市中肺炎による緊急入院者数、その他の疾患による緊急入院者数を、2018年8月1日から2019年7月末までの数値と比較した。

 その結果、新型コロナの感染が拡大していた2020年3~7月にその他の疾患による緊急入院者数が一時的な減少にとどまっていたのに対し、市中肺炎による緊急入院者数は前年度より45.2%減っていた。入院時の肺炎重症度で分類すると、特に軽症患者の減少が目立った。

 今中教授らは市中肺炎の減少は軽症患者の受診控えや外出自粛など行動が変わったことによる肺炎発症の減少が影響しているのではないかとみている。

 市中肺炎は病院外で発症した下気道感染症と定義される。高齢者に多く発生し、入院や死亡の原因になる。日本では2019年の死因第5位に肺炎が位置し、発症には喫煙や慢性呼吸器疾患などの併存症とともに、ウイルス感染が起因するとされている。

 海外では新型コロナの感染拡大後、市中肺炎による緊急入院患者の減少が報告されているが、どのような重症度の市中肺炎が影響を受けたのかについては検証されていなかった。

論文情報:【International Journal of Infectious Disease】Hospitalization of mild cases of community-acquired pneumonia decreased more than severe ones during the COVID-19 epidemic
投稿 新型コロナ感染拡大で市中肺炎の緊急入院減少、京都大学調査 は 大学ジャーナルオンライン に最初に表示されました。

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_0929742e44e5_人工重力により骨格筋の衰えを抑制、筑波大学が宇宙環境で実験・解明 0929742e44e5 0929742e44e5 人工重力により骨格筋の衰えを抑制、筑波大学が宇宙環境で実験・解明 oa-rp75450

人工重力により骨格筋の衰えを抑制、筑波大学が宇宙環境で実験・解明

 筑波大学の工藤崇准教授、高橋智教授らの研究グループは、人工重力環境では、宇宙の微小重力環境で生じる筋重量の減少と筋線維タイプや遺伝子発現の変化が抑制されることを世界で初めて明らかにした。加齢などによる筋萎縮を防ぐ方策の開発につながることが期待される。

 人間は加齢によりさまざまな機能が低下する。なかでも加齢に伴う筋力低下はサルコペニアと呼ばれ、筋萎縮、筋線維サイズの減少、筋線維タイプの構成変化が発生する。これは宇宙環境下で人体に生じる変化と類似するが、そのメカニズムの解明は十分ではない。研究グループは、宇宙の微小重力環境で最も影響を受ける組織の一つである骨格筋に注目し、重力と骨格筋との関係の解明に取り組んだ。

 今回の研究では、2016年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した小動物飼育装置を利用。この装置は厳密な飼育管理が可能で、遠心装置を用いて人工重力を負荷させることができる。国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」実験棟で、宇宙の微小重力環境と人工重力環境(1G)において約1ヶ月間マウスの長期飼育を実施し、ヒラメ筋の変化を分析した。

 その結果、人工重力環境では、微小重力環境で生じる筋重量の減少と筋線維タイプや遺伝子発現の変化が抑制されていた。さらに、これまで知られていなかった、筋萎縮に関わる新しい遺伝子(Cacng1)も発見。このCacng1遺伝子を培養細胞とマウス骨格筋に発現させたところ筋萎縮を誘発した。

 今回の研究成果は、月や火星などにおける長期の有人宇宙探査に向けた基礎データとなるだけでなく、寝たきりなどの地上で見られる筋萎縮のメカニズムの一端を明らかにする鍵となる可能性があるとしている。

論文情報:【Scientific Reports】Transcriptome analysis of gravitational effects on mouse skeletal muscles under microgravity and artificial 1 g onboard environment投稿 人工重力により骨格筋の衰えを抑制、筑波大学が宇宙環境で実験・解明 は 大学ジャーナルオンライン に最初に表示されました。

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_fbe72b818697_ジョブ型研究インターンシップ、実施方針案が決定 fbe72b818697 fbe72b818697 ジョブ型研究インターンシップ、実施方針案が決定 oa-rp75450

ジョブ型研究インターンシップ、実施方針案が決定

 文部科学省のジョブ型研究インターンシップ推進委員会(委員長・橋本和仁物質・材料研究機構理事長)は、ジョブ型研究インターンシップの実施方針案をまとめた。研究遂行の基礎的な素養を持つ大学院生を対象とした長期かつ有給の研究インターンシップと定義した内容で、文科省は方針案に基づき、具体的な方針を策定する。

 文科省によると、実施方針案はジョブ型研究インターンシップを
・研究遂行の基礎的な素養を持つ大学院生が対象
・長期間(2カ月以上)かつ有給の研究インターンシップ
・正規の教育課程に単位科目として実施
-などと定義し、大学や企業などで構成される推進協議会の下にマッチング支援機関を設けて事業を推進する。

 大学院教育の一環として進められる研究インターンシップを社会に定着させ、新時代にふさわしい雇用のあり方や高等教育で提供される学びのマッチングを図ることが目的。学生は進路の可能性を広げることができるうえ、企業は優秀な学生を採用でき、大学はカリキュラムや修了生の質向上というメリットがあるとしている。

 2021年度はトライアルと位置づけられ、大学院の正規課程としないほか、企業が事務局への費用負担せずにできる範囲で進めるとした。2022年度から本格的なスタートとなり、2030年に社会人学生を除いて30~40%の博士課程学生が経験する目標値を打ち出している。

参考:【文部科学省】ジョブ型研究インターンシップ(先行的・試行的取組)実施方針(ガイドライン)(案)等について
投稿 ジョブ型研究インターンシップ、実施方針案が決定 は 大学ジャーナルオンライン に最初に表示されました。

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_e87876bb48af_全国高等学校長協会、共通テスト追試会場の全国設置を要望 e87876bb48af e87876bb48af 全国高等学校長協会、共通テスト追試会場の全国設置を要望 oa-rp75450

全国高等学校長協会、共通テスト追試会場の全国設置を要望

 全国高等学校長協会は大学入学共通テストの追試会場を2022年以降も全国に設置することなどを求める要望書を萩生田光一文部科学相に提出した。全国の都道府県高等学校長協会を対象に3月中旬に実施した大学入学共通テストに関するアンケート調査から抽出した要望事項で、次回以降の制度設計に生かすよう求めている。

 全国高等学校長協会によると、要望事項は
・文部科学省で定めた実施要項の日程などを順守する
・感染症対策の観点から共通テストの追試会場を引き続き、全都道府県に設ける
・コロナ禍の個別試験について地方会場を増やすよう文科省から大学へ働きかける
・新型コロナウイルスに感染した受験生に対する救済措置を十分に取る
・新型コロナウイルスの感染状況に合わせ、入試方法などを変更した大学があったが、変更の周知方法に共通のルールを設ける
・オンライン入試について試験の公平・公正の確保と当日の通信トラブルに対して万全の態勢を取るよう文科省が大学を指導する
-の6項目。

 アンケートでは、都道府県協会から「新型コロナ対策の周知を高校側に頼りすぎ」、「無症状の濃厚接触者は特例受験できるが、離島の受験生は公共交通機関で移動しなければならず、実質上不可能となる」、「個別試験の急な取りやめが受験生に動揺を与えた」など1月の大学入学共通テストに対し、多くの問題点が指摘された。

参考:【全国高等学校長協会】令和2年度の大学入学者選抜を終えて(要望)・「令和2年度の大学入試に関するアンケート」結果の概要について
投稿 全国高等学校長協会、共通テスト追試会場の全国設置を要望 は 大学ジャーナルオンライン に最初に表示されました。

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_6939fdb67ab2_農作物を食べた野生シカの「早熟化」を解明、被害対策に期待 6939fdb67ab2 6939fdb67ab2 農作物を食べた野生シカの「早熟化」を解明、被害対策に期待 oa-rp75450

農作物を食べた野生シカの「早熟化」を解明、被害対策に期待

 農研機構の研究グループは森林総研、中央大学と共同で、野生ニホンジカの成熟が農作物の採食で早まることを、シカの骨コラーゲンの窒素安定同位体の比率の解析から明らかにした。農業被害を減らす上で、効果的なシカの管理方法の確立に役立つことが期待される。

 シカ類による農作物の食害は日本を含む世界各地に見られる。農作物は栄養価が高く、シカにとって格好の食物だが、農作物の採食がシカの成長や繁殖に及ぼす影響は不明だった。シカ類は一般的に、一定のサイズ以上に体が成長すると繁殖を開始する。そのため、農作物の採食が体のサイズや妊娠率にもたらす影響を知ることは、地域に生息するシカ個体数の変動を正確に予測し、効果的な被害対策手法を開発する上で重要だ。

 今回、シカによる農作物の被害が多い長野県と群馬県の調査地で捕獲されたメスの野生ニホンジカ152頭を対象とした。まず、シカが主に農地外で採食する植物と加害する農作物(牧草、野菜類)とを収集し、窒素安定同位体比(δ15N値)を測定すると、農作物の方が高いδ15N値を示した。また、シカの骨に含まれる骨コラーゲンのδ15N値を測定すると、4歳以下の若齢シカで、骨コラーゲンのδ15N値が高い個体ほど体が大きかった。これにより、長期の農作物の採食で若齢シカが「早熟化」して妊娠率が上昇し、個体数が増加する可能性が示された。

 今回の成果により、シカの農地侵入防止対策や農作物を食害する個体の駆除が、農業被害の抑制に有用と分かった。また、δ15N値はシカの農作物依存度の指標として有効だったことから、δ15N値を用いた農作物を食害する個体の特性解明と、シカ被害対策手法の開発への活用が期待できるとしている。

論文情報:【Ecosphere】Agricultural crop consumption induces precocious maturity in deer by improving physical and reproductive performance投稿 農作物を食べた野生シカの「早熟化」を解明、被害対策に期待 は 大学ジャーナルオンライン に最初に表示されました。

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_fa0aab169d7c_城西大学、鈴木涼太選手が400mリレーで銅メダル獲得 fa0aab169d7c fa0aab169d7c 城西大学、鈴木涼太選手が400mリレーで銅メダル獲得 oa-rp75450

城西大学、鈴木涼太選手が400mリレーで銅メダル獲得

 城西大学経営学部4年、陸上競技部主将の鈴木涼太選手は、2021年5月1・2日にポーランドのシレジアで開催された世界リレーに日本代表として出場し、400mリレーで銅メダルを獲得。また、OBの佐藤拳太郎選手は1600mリレーで銀メダルを獲得した。

 鈴木涼太選手が2走を務めた日本チームは、1日の予選を全体7位で通過し、2日の決勝は5位でフィニッシュしたが、2位と3位のチームが失格となり、繰り上がりで3大会ぶりの銅メダルを獲得した。4×100mリレーは東京五輪の出場権をすでに獲得済みで、今回は若手のチームで参加した。

 また、4×400mリレーの決勝で3走として出場したOBの佐藤拳太郎選手(2016年度卒、富士通)は、シニアの世界大会では初の上位入賞となる銀メダル獲得に貢献。併せて東京五輪の出場権を獲得した。

 鈴木選手は、試合後『坂井(隆一郎)さんが脚を攣っていることは知っていた。そこの部分で加速ができなかったので、(3走の宮本)大輔へのバトン(パス)がうまくいかなかったのかなと思っている。(先着した2カ国が失格になる)ハプニングはあったけれど、そういうバトンのところをしっかり対応できたから、3位という結果を得ることができたのだと思う。今後の課題としては、走力が他の国の選手に負けていると感じたので、(自分の)タイムを上げていき、次に日本代表になるときには、もっといい走りができるようにしたい』と話した。

参考:【城西大学】<世界リレー>鈴木涼太選手が400mリレーで銅メダル獲得 OBの佐藤拳太郎選手は1600mリレーで銀メダル投稿 城西大学、鈴木涼太選手が400mリレーで銅メダル獲得 は 大学ジャーナルオンライン に最初に表示されました。

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_d62d28296f5d_江戸川大学、ジェフユナイテッド市原・千葉とアシストスポンサー契約を継続 d62d28296f5d d62d28296f5d 江戸川大学、ジェフユナイテッド市原・千葉とアシストスポンサー契約を継続 oa-rp75450

江戸川大学、ジェフユナイテッド市原・千葉とアシストスポンサー契約を継続

 江戸川大学は、2018年度からアシストスポンサー契約を結んでいるJリーグのジェフユナイテッド市原・千葉と、2021年度も契約を継続することを決定した。

 ジェフユナイテッド市原・千葉は、千葉県市原市および千葉市をホームタウンとする日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカーチーム。サッカーチームの活動だけではなく、世界中で愛されているスポーツであるサッカーを通して、青少年の指導育成や地域とのコミュニケーションを深めるためのさまざまな活動をプロデュースしている。

 江戸川大学では、アシストスポンサー契約を継続し、ジェフユナイテッド市原・千葉と共に、社会貢献、地域貢献、人材育成のためのプログラムに取り組む予定。現在、江戸川大学の卒業生である富永真悟さん(2008年卒)が同チームのコミュニケーション・マーケティンググループで、山下翼さん(2017年卒)がレディースU18の監督としてそれぞれ活躍している。

 また、社会学部の鈴木秀生教授はジェフユナイテッドのアカデミー出身プロ第1号となった元Jリーガーで、江戸川大学フットボールクラブの監督を務めている。

参考:【江戸川大学】ジェフユナイテッド市原・千葉とアシストスポンサー契約
投稿 江戸川大学、ジェフユナイテッド市原・千葉とアシストスポンサー契約を継続 は 大学ジャーナルオンライン に最初に表示されました。

外部リンク