cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_f12f898d86ca_3つの異なる顔を持つアシュラ粒子の作製に、東北大学などが成功 f12f898d86ca f12f898d86ca 3つの異なる顔を持つアシュラ粒子の作製に、東北大学などが成功 oa-rp75450

3つの異なる顔を持つアシュラ粒子の作製に、東北大学などが成功

 東北大学の藪浩准教授らの研究グループは旭川医科大学と共同で、ナノサイズの粒径を持ち、3つの異なる「顔」を持つ「アシュラ粒子」を含む多様なナノ構造を持つポリマー微粒子の作製法を発見し、さらに実験結果を再現・予測できる数理モデルの構築にも成功した。

 ポリマー微粒子は塗料への混合による光の散乱抑制、ディスプレイの厚みを規定するスペーサーや潤滑剤、免疫検査・診断用の担体など多様な用途がある。近年、これらの用途ではポリマー微粒子の光学特性や表面特性の高度な制御が求められている。従来ポリマー微粒子は乳化重合などにより、単一のポリマーから均一な粒径の微粒子を作製する手法が盛んに研究されてきたが、その表面形状や内部構造の精密な制御は困難だった。

 研究グループは今回、表面張力の異なる8種類のポリマーを用意し、そのうち2種類を組み合わせてみた。表面張力が近いポリマーの組み合わせでは、ポリマーの相分離により、2つの異なる表面を持つヤヌス型の相分離構造が得られ、表面張力が大きく違うとコア−シェル型の相分離構造が形成された。さらに表面張力が同程度の3種のポリマーを組み合わせると、それぞれのポリマーが表面の1/3を占め、3つの異なる「顔」を持つ「アシュラ粒子」が形成されることを初めて発見した。同時に、独自の数理モデルにより、これらの実験結果を再現・予測できることを証明した。

 今回開発したアシュラ粒子などのポリマー粒子群は、塗料やフィルムなどへの混合による光学特性の向上、異なる生体分子の各表面への結合による免疫検査や診断の高感度化や多様化など、多方面での貢献が期待される。

論文情報:【ACS Omega】Ashura Particles: Experimental and Theoretical Approaches for Creating Phase Separated Structures of Ternary Blended Polymers in ThreeDimensionally Confined Spaces

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_zcpd5bwa8aoj_名古屋大学が博士課程の学生向け経済支援強化、奨学金2倍に zcpd5bwa8aoj zcpd5bwa8aoj 名古屋大学が博士課程の学生向け経済支援強化、奨学金2倍に oa-rp75450

名古屋大学が博士課程の学生向け経済支援強化、奨学金2倍に

 名古屋大学は大学院の博士課程に進む学生に対し、経済支援策を強化する新制度をスタートさせる。国の施策に名古屋大学の独自予算約3億円を上乗せして実施するもので、博士後期課程ではこれまでの2倍となる学生1人当たり年間173万円を支給する。

 名古屋大学によると、社会人学生や休学者を除く博士前期課程約3,600人、後期課程約1,400人のうち、前期課程で35%が授業料減免、後期課程で91%が授業料減免、重複支給も含めて118%が経済的支援の対象となる。

 これまでの制度では、前期課程の授業料減免が26%、後期課程の授業料減免が42%、経済的支援が82%にとどまっていただけに、支援対象が大幅に拡大される。新たに支援を拡大される層は成績優秀者となる。

 後期課程学生の支援金額はこれまで、学生1人当たり年間82万円だったが、2倍の173万円に引き上げる。一般に学生が生活費をまかなえる金額が年間240万円といわれており、新制度では58.6%が年間240万円以上の支援を受けることになる。

 高度な研究能力や専門知識を身に着ける博士課程への進学を経済的な理由からためらう学生が増え、日本全体の研究力低下の一因と指摘されるようになった。名古屋大学の新制度はこうした現状を打破し、優秀な学生が経済面を気にせずに進学できるようにするもので、名古屋大学は大学が一丸となって博士課程に進む学生を応援する。

参考:【名古屋大学】博士課程学生を全力支援!~博士課程学生への経済支援について~(PDF)

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_u3j1mfib559z_今後数十年で異常干ばつが世界複数域で常態化、東京大学などが予測 u3j1mfib559z u3j1mfib559z 今後数十年で異常干ばつが世界複数域で常態化、東京大学などが予測 oa-rp75450

今後数十年で異常干ばつが世界複数域で常態化、東京大学などが予測

 国立環境研究所、東京大学、韓国科学技術院などの国際研究チームは、過去最大を超える干ばつが何年も継続して発生する時期、つまりこれまでの「異常」が常態化してしまう時期を世界で初めて推定した。

 地球温暖化の影響による干ばつの将来的変化についての知見は、地球温暖化に対する長期的対策の検討に重要となる。特に水資源や農業、エネルギー分野では、従来の統計値や経験が適用できなくなる時期を把握する必要がある。気温や降水量に関しては、過去の観測値を上回るようになる時期を推定した研究例が多数あるが、河川水など地表にある水の干ばつについては、経験したことのない状態が何年も継続するようになる時期を特定した研究はなかった。

 研究グループは、数値モデルを用いて河川流量の全球将来予測データ(全球59地域)を解析し、干ばつが発生する頻度を調査。その結果、地中海沿岸域や南米南部など特定の地域では、今世紀の前半もしくは半ば頃までに、過去最大の干ばつを少なくとも5年以上継続して超える時期を迎え、「これまでの異常」が珍しくなくなる可能性が高いことが分かった。

 また、温室効果ガスの排出削減を強く進めた場合でも、今後数十年のうちにそのような記録超えが常態的になる地域が複数あると見られる(南米南西部、地中海ヨーロッパ、北アフリカなど)。一方、温室効果ガスの排出削減を進めて脱炭素社会を実現すれば、継続的な記録超えを迎える時期が遅くなるか、継続時間が短くなることも示された。

 これらの結果により、脱炭素社会の実現に向けた緩和策推進の重要性とともに、特定の地域では今後数十年程度の間に適応策を効率的かつ迅速に進める必要があるとしている。

論文情報:【Nature Communications】The timing of unprecedented hydrological drought under climate change

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_rkq2dkv31xlb_東京大学、サテライト拠点をミッドタウン八重洲に10月開設へ rkq2dkv31xlb rkq2dkv31xlb 東京大学、サテライト拠点をミッドタウン八重洲に10月開設へ oa-rp75450

東京大学、サテライト拠点をミッドタウン八重洲に10月開設へ

 東京大学は東京都中央区の東京駅八重洲口に建設中の複合施設「東京ミッドタウン八重洲」に都心サテライト施設の「東京大学八重洲アカデミックコモンズ」を2022年10月、開設する。社会人向け人材育成プログラムなど幅広い層を対象とする教育講座を提供する。

 東京大学によると、第1弾として開講するのは「スマートシティスクール」。都市や地域のデジタルトランスフォーメーションを進め、課題解決や新たな価値創造を進めるスマートシティの担い手となる人材を育成する。東京大学大学院新領域創成科学研究科の出口敦教授ら東京大学の都市計画分野で活躍する教員が講師を務める。

 東京ミッドタウン八重洲は八重洲二丁目北地区市街地再開発組合が進める事業で、三井不動産がデベロッパーとなり、地上45階建て、高さ240メートル、延べ約28万平方メートルの超高層ビルを建てる計画。オフィスを中心に商業店舗、ホテル、区立小学校、国内最大級のバスターミナルなどが入居する。建設工事は2018年12月から始まっており、2022年8月に完成する予定。東京大学八重洲アカデミックコモンズは再開発ビルの4階に入る。

 東京大学の藤井輝夫総長は「八重洲は社会人向けプログラムを開講するのに最適な場所。さまざまな受講生の実践知を融合させ、新しい価値を実現させたい」とのコメントを発表した。

参考:【東京大学】東京大学の都心サテライト拠点「東京大学八重洲アカデミックコモンズ」を東京ミッドタウン八重洲に2022年10月開設(PDF)

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_q3vneb6wy5e4_社会に変革をもたらすコミュニケーション・スキルにおける 実践的な「心理学」を龍谷大学で学ぶ q3vneb6wy5e4 q3vneb6wy5e4 社会に変革をもたらすコミュニケーション・スキルにおける 実践的な「心理学」を龍谷大学で学ぶ oa-rp75450

社会に変革をもたらすコミュニケーション・スキルにおける 実践的な「心理学」を龍谷大学で学ぶ

心理学に基づくコミュニケーション・スキルを身につけ 実社会で活躍する人材を育成する

2023年4月、龍谷大学に「心理学部」が誕生する。現在の文学部臨床心理学科を改組する形で、心理学を基礎としたコミュニケーション・スキルを身につけ、現代社会が抱える諸問題を解決できる人材の育成する学部をめざす。文学部臨床心理学科の水口政人教授は、心理学部では「誰もが自分らしく生き、支え合える社会を実現するために人と人とのつながりを深く理解し、共に行動する人間を育むこと」が教育の軸にあると語る。
 

 



カリキュラムは、卒業後のキャリアに直結している点が特徴だ。発達段階に応じた心を扱う「生涯発達カウンセリングプログラム」と社会における人との関係に着目した「関係支援とコミュニケーションプログラム」に加え、心の動きや行動を客観的かつ統計的に分析するスキルを養う「プログラム横断科目」を設置。心理実践につながる「9つの分野」科目群を設定し、学生の将来設計や興味関心から自由に科目を選択できる。

実社会で役立つ人材育成を意識した教育と文学部臨床心理学科で培われた実績を融合させることは、求人採用においても大きなアドバンテージを生み出す。また、公認心理師や臨床心理士など心理専門職の資格取得をめざす従来のカリキュラムにおいてもさらなる充実を図るという。
 

心理学の学問こそが 日本経済や社会を変革する起爆剤になる

期待のかかる新学部だが、今、大学で心理学を学ぶべき理由とは何なのか。心理学部では「産業・組織心理学」や「コーチング心理学」などを担当予定の水口教授に、その重要性を改めて伺った。 「日本の競争力が低下していく今、心理学こそが変革の起爆剤になると考えています。私は20代の頃、メキシコの仕事先でのマネジメントに奮闘するなかで、コーチングという心理学の考え方をベースにしたコミュニケーション技術に出合いました。欧米のビジネスパーソンたちが傾聴、質問、承認という3つの基本スキルで上手にマネジメントする様子を知り、こんな方法があったのかと驚いた」

帰国後、ビジネススクールで組織行動論を学び、コーチング資格も取得してコーチングの仕事を開始。経験を積む中で理論にも関心が高まり、35歳で大学院に進学して心理学を学んだ。 「心理学を学問として学ぶことは、表面的な理解が理論で裏付けられていく興味深い経験でした。そして『自分は運よく若いうちにコミュニケーション能力の重要性を知り、高める方法に出合ったが、多くの20代から30代にはその機会がない』 とも気づきました」 長引くコロナ禍でストレスを抱えた人々が増加したことにより、心理学へのニーズが高まったとは一般的に言われる話だが、それだけでなく日本の様々な産業分野にも影響を与える力にもなる。

だからこそ、今取り組む必要がある。今の時代、若者は何を学ぶべきかと問われたら、AIと答える大人は多いだろう。「心理学もそれと同じくらい重要でどの分野に進んでも必ず役に立つ」と語る水口教授。実際の授業では、アクティブラーニングを基本に、学生自身の経験から得た知見を交換し、新たな気づきや学びを獲得できる内容になるという。 「心理学を若いうちに学ぶ意義を次世代に伝えることが、自分の役割だと思っています。日本でもコミュニケーションに投資する企業は組織として強い。そうした影響や実情も学生には伝えていきたいですね」
 

現代社会を生き抜くための 自らを省みて他を利する「自省利他」のこころと心理学

混迷を極める現代社会で、建学の精神を「浄土真宗の精神」とする龍谷大学で心理学を学ぶ意義は大きい。浄土真宗の精神とは、生きとし生けるものすべてを、迷いから悟りへ転換させたいという阿弥陀仏の誓願のことを言う。心理学部での学びは、龍谷大学が創立380周年に掲げた、自らを省みて他を利する行動哲学「自省利他」にも通じるものだ。まさに、龍谷大学の理念とビジョンを具現化した学部の誕生と言えるだろう。
 

 



龍谷大学
水口 政人 教授
1974年生まれ。慶応義塾大学卒業後、商社に就職してメキシコ駐在を経験し、現地子会社で代表取締役に就任。帰国後はビジネススクールへ進学、MBA取得と同時にプロコーチ資格CPCCの認定を受ける。その後コンサルティング会社を経て35歳で心理学の大学院へ入学し、臨床心理士・公認心理師となる。現在は独立し、コーチング、カウンセリング、さらにビジネスパーソン向けセミナー講師として活躍。

2022年4月龍谷大学文学部臨床心理学科教授。

2023年4月龍谷大学心理学部心理学科教授就任予定。


 

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_uvbpyzukzyl1_京都芸術大学など私立大学16校、2023年度から収容定員増 uvbpyzukzyl1 uvbpyzukzyl1 京都芸術大学など私立大学16校、2023年度から収容定員増 oa-rp75450

京都芸術大学など私立大学16校、2023年度から収容定員増

 京都芸術大学、龍谷大学、淑徳大学など全国の私立大学16校が2023年度から収容定員を増やすことが、文部科学省の集計で分かった。このうち、京都芸術大学は芸術学部のキャラクターデザイン学科の定員を2倍以上、通信教育部芸術学部のデザイン科の定員を5倍近くにする。

 文科省などによると、京都芸術大学は芸術学部のマンガ学科の廃止とキャラクターデザイン学科の定員増で学部の定員を従来の910人から975人とする。通信教育部芸術学部はデザイン科の定員を5倍近くに増やすなどして650人から1,410人に増やす。通信教育部のデザイン科はイラストコミュニケーションサービスのピクシブと連携してイラストレーションコースを設けているが、出願者が1,800人を超えて過去最多となるなど人気を集めており、こうした状況に対応して定員を広げる。

 龍谷大学は文学部の臨床心理学科を廃止し、心理学部心理学科を新設するなどして全体の定員を4,982人から5,138人にする。淑徳大学は経営学部経営学科を定員拡大するとともに、人文学部人間科学科、地域創成学部地域創成学科を新設、全体枠を1,220人から1,455人に広げる。

 このほか、杏林大学は保健学部リハビリテーション学科、東京都市大学はデザイン・データ科学部デザイン・データ科学科、武庫川女子大学は心理・社会福祉学部の心理学科と社会福祉学科、健康・スポーツ科学部スポーツマネジメント学科、社会情報学部社会情報学科を新設する。

参考:【文部科学省】令和5年度からの私立大学の収容定員の増加に係る学則変更予定一覧(PDF)
【京都芸術大学】ピクシブと提携した京都芸術大学 通信教育部「イラストレーションコース」、開設2年目の出願者数は昨年を上回る1,811名に確定

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_sh82g7zwudv5_弘前大学が災害・被ばく医療センター設置、2023年度から講義 sh82g7zwudv5 sh82g7zwudv5 弘前大学が災害・被ばく医療センター設置、2023年度から講義 oa-rp75450

弘前大学が災害・被ばく医療センター設置、2023年度から講義

 弘前大学は学内に災害・被ばく医療教育センターを設置し、2023年度から学生を対象に講義を始める。災害時に感染症患者や被ばくした傷病者に対応できる人材を育てるのが狙いで、将来は地域の高校生や社会人向けの講義も開きたい意向。

 弘前大学によると、災害・被ばく医療教育センターの活動は
・災害時の医療体制構築と支援
・各種防災訓練への関与
・医学系学生や医療従事者への災害医療教育
・大学生に対する防災教育
-など。2023年度は弘前大学の教員に加え、弘前市、弘前地区消防事務組合消防本部、青森地方気象台、青森県防災士会が講師を派遣して防災士資格の取得につながる講義を進める。

 青森県内には電源開発や東北電力の原子力発電所だけでなく、ウラン濃縮工場、使用済み核燃料中間貯蔵施設など多数の核関連施設が設置されている。弘前大学は2008年から被ばく医療体制の整備に取り組み、2015年に原子力規制委員会から原子力災害医療・総合支援センター、高度被ばく医療支援センターに指定された。

 今回の災害・被ばく医療教育センター設置は、これらの活動をさらに発展させるもので、これまでに培った人的・知的資源とネットワークをフル活用し、さまざまな災害下の被ばく医療を支える人材を育成する。人材育成事業については文部科学省の支援を得られることになっている。

参考:【弘前大学】災害・被ばく医療教育センター設置について記者会見を実施しました

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_v1tni8qju6bf_試験時間の配分考慮を、大学入学共通テストの数学難化で外部意見 v1tni8qju6bf v1tni8qju6bf 試験時間の配分考慮を、大学入学共通テストの数学難化で外部意見 oa-rp75450

試験時間の配分考慮を、大学入学共通テストの数学難化で外部意見

 2022年1月に実施された大学入学共通テストの数学の難化が指摘される中、大学入試センターは問題評価・分析委員会の報告書を公表した。その中で日本数学教育学会は今後、試験時間の配分を十分に考慮するよう求める意見を出している。

 大学入試センターによると、日本数学教育学会は「数学Ⅰ・数学A」、「数学Ⅱ・数学B」とも「マークシートの出題方式という制限がある中、思考力や問題解決能力を問う設問が適切に出題された」と一定の評価を示したものの、「多くの受験生は時間が足りなかったようで、試験時間の配分を十分考慮する必要がある」と指摘した。

 各都道府県教育委員会が推薦した高校教員らの評価が「難易度や分量は適切」、問題作成部会の自己評価が「関係団体から高い評価をいただいた」としているのと対照的で、暗に問題の難化を指摘したとの見方もできる。

 2022年度の数学平均点は100点満点で「数学Ⅰ」が21.89点、「数学Ⅰ・数学A」が37.96点、「数学Ⅱ」が34.41点、「数学Ⅱ・数学B」が43.06点。前年度に比べ、「数学Ⅰ」が17.22点、「数学Ⅰ・数学A」が19.72点、「数学Ⅱ」が5.1点、「数学Ⅱ・数学B」が16.87点下がっている。

 学習塾や予備校関係者らからは、大学入試センター試験の時代も含め、これまでにない難問が出題されたとする声が相次いで上がっている。

参考:【大学入試センター】令和4年度大学入学共通テスト問題評価・分析委員会報告書(本試験)

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_6874gibi8zkc_日本工業大学がデータサイエンス学科新設、新入生に記念講演会を開催 6874gibi8zkc 6874gibi8zkc 日本工業大学がデータサイエンス学科新設、新入生に記念講演会を開催 oa-rp75450

日本工業大学がデータサイエンス学科新設、新入生に記念講演会を開催

 日本工業大学は、先進工学部に新設したデータサイエンス学科の記念イベントとして2022年5月16日、日本アイ・ビー・エム株式会社の石田秀樹氏を講師に迎え、データサイエンス学科、情報メディア工学科の新入生を対象とした講演会を開催した。

 講師を務めた石田氏は、「組織」と「人」の側面から企業変革に携わり、大規模企業を中心に、20年以上のコンサルティング経験を基にした実践的な変革支援に従事してきた。

 講演では、映画(ホラー映画)の予告編を人工知能(IBMのWatson)によってわずか1日で作成したことや、企業の買収先の選定など経営に関する重要な意思決定支援をWatsonが行ったことなど、エピソードを交え、様々な革新的なデジタル技術の登場が社会に変革をもたらす時代(第四次産業革命)を迎えていることについて分かりやすく解説した。

 さらに、今後の企業においては、顧客への価値提供の再定義を進め、デジタル技術を駆使し差別化・競争優位性を生み出すDX(デジタルトランスフォーメーション)が生き残りのために必須となること、そして、これから消えていく仕事とは何か、増える仕事は何か、将来的に求められるスキルについてなど、大学生が自らの将来を描くために非常に重要となる社会の未来像についても語った。

 聴講した新入生からは、「自分の想像よりもはるかにAIが進歩していることに驚いた」「デジタルトランスフォーメーションがどういうもので、なぜ重要なのかがよく分かった」「テクノロジだけでなく人間力がとても大事」「自分たちが置かれている現在と今後について深く考える機会となった」「身の回りのことについて自ら問題提起をし解決するためにはどうすればいいかを考える習慣をつけたい」といった感想がきかれ、今後の大学生活を考えるうえで大変有益な講演となったようだ。

参考:【日本工業大学】データサイエンス学科新設の記念イベントとして、日本アイ・ビー・エム株式会社で活躍されている石田秀樹氏の講演会を開催 

外部リンク

cat_oa-rp75450_issue_f12f898d86ca oa-rp75450_0_1j8dxs6tnsz3_東洋学園大学、中高生による「TOGAKUコピージアム」を開催 大学の魅力を伝えるキャッチコピー並ぶ 1j8dxs6tnsz3 1j8dxs6tnsz3 東洋学園大学、中高生による「TOGAKUコピージアム」を開催 大学の魅力を伝えるキャッチコピー並ぶ oa-rp75450

東洋学園大学、中高生による「TOGAKUコピージアム」を開催 大学の魅力を伝えるキャッチコピー並ぶ

 東洋学園大学は、中高生が書いたキャッチコピー展「TOGAKUコピージアム」を開催する。「第6回宣伝会議賞(中高生部門)※」において、“東洋学園大学の魅力を伝えるキャッチコピー”を募集した際の受賞作品と評価の高かった作品25点を2022年7月4日(月)から8月31日(水)までキャンパス内に展示し、オープンキャンパス来場者に公開する。

 「TOGAKUコピージアム」(コピーとミュージアムを合わせた造語)は、中高生の作品を紹介する東洋学園大学のキャッチコピー展。2021年に実施された「第6回宣伝会議賞(中高生部門)」で、“あなたが学長になったとして、中高生に東洋学園大学の魅力を伝えるアイデア”というテーマで募集したキャッチコピーの中から、受賞作品と評価の高かった作品25点を展示する。

 1号館1階エントランスホールに大きく展示するのは、協賛企業賞(最優秀作品)を受賞した井上まりさん(中学2年生)の作品『自分の「すき」が武器になる。』と優秀作品4点。背面には在学生から高校生に向けた手書きメッセージが書かれている。そのほか、評価の高かったキャッチコピー20点は、窓や壁面、天井などに展示し、期間中は1号館の1~5階全体が“コピージアム”になる。

 今回の企画は、在学生が同世代の考えたキャッチコピーにふれることで、言葉が持つ力を感じたり、表現方法を学んだり、新たな視点に気づく機会となることがねらい。また、宣伝会議賞に応募した中高生をはじめ、今夏、オープンキャンパスで東洋学園大学を訪れる高校生やその保護者に東洋学園大学の特長や魅力、理念を理解してもらい、在学生に対してもそれらを再認識してもらう機会とする。

※宣伝会議賞は、月刊「宣伝会議」が主催する広告表現のアイデアをキャッチフレーズまたはCM企画という形で応募いただく公募広告賞。

参考:【東洋学園大学同世代の作品から言葉が持つ力を感じ、学ぶ機会を提供 中高生が書いたキャッチコピー展「TOGAKU コピージアム」2022年7月4日(月)~8月31日(水)オープンキャンパス来場者向けに開催(PDF)

外部リンク