cat_oa-rp73180_issue_c6860c6d20bf oa-rp73180_0_c6860c6d20bf_個人事業主の半数が「独立してよかった」 - 理由は? c6860c6d20bf c6860c6d20bf 個人事業主の半数が「独立してよかった」 - 理由は? oa-rp73180

個人事業主の半数が「独立してよかった」 - 理由は?

2020年5月28日 13:54 マイナビニュース

ゼニスはこのほど、「事業立ち上げ」に関するアンケート調査の結果を明らかにした。同調査は5月14日、個人事業主1,164名を対象にインターネットで実施したもの。

「文房具総選挙2020」の結果を発表! 新作文具のうち大賞に選ばれたのは?

半数以上が「独立してよかった」と回答。メリットとは?

独立してよかったと思うか尋ねたところ、22.3%が「非常にそう思う」、35.5%が「そう思う」と答えた。合わせると半数以上が「独立してよかった」と考えていることがわかった。

独立のメリットについて聞くと、58.6%が「働き方の自由度が増す」と答えた。以下、「やりたいことに集中できる」(17.2%)、「収入が増える」(10.2%)、「定年がない」(8.1%)、「新たな発見や経験ができる」(4.7%)と続いている。

事業立ち上げ時、どのようなことに苦労したか尋ねると、「資金の準備」(28.0%)が最も多く、次いで「経営ノウハウ」(24.1%)、「人脈」(20.2%)、「設備投資」(10.2%)となった。

事業立ち上げ時に苦労したこととは?

初期費用は抑えた方がいいと思うか聞くと、36.1%が「そう思う」、29.6%が「非常にそう思う」と答えた。事業立ち上げ時、費用を特に抑えたところについて尋ねたところ、「事務所の家賃」(25.9%)という回答が最も多かった。次いで「備品代」(19.4%)、「人件費」(17.9%)、「広告費」(13.6%)となっている。

成功の秘訣は「初期費用」を抑えること!?

外部リンク

cat_oa-rp73180_issue_c6860c6d20bf oa-rp73180_0_6a0759e76da4_高橋真麻が『スッキリ』復帰 父・英樹は孫にデレデレ「愛情爆発してる」 6a0759e76da4 6a0759e76da4 高橋真麻が『スッキリ』復帰 父・英樹は孫にデレデレ「愛情爆発してる」 oa-rp73180

高橋真麻が『スッキリ』復帰 父・英樹は孫にデレデレ「愛情爆発してる」

2020年7月7日 08:33 マイナビニュース

5月1日に第1子出産を報告したフリーアナウンサーの高橋真麻(38)が7日、火曜レギュラーを務める日本テレビ系情報番組『スッキリ』(毎週月~金8:00~10:25)に復帰した。

高橋真麻が第1子出産「ガッツ石松さん似」『スッキリ』で発表

高橋真麻

番組冒頭、MCの加藤浩次、近藤春菜、水卜麻美アナから「お久しぶりです」「お帰りなさい」「おめでとうございます」などと声をかけられた高橋は、「ありがとうございます」と感謝。子育てについて、「本当に不眠不休の大変なことで、世の中の親御さんたちはなんてすごいことを成し遂げていらっしゃったんだということを改めて感じました」と話した。

父・高橋英樹の様子も「デレデレで愛情爆発しています。でも、なるべく、一歩下がって私たち夫婦の子育てを見守るように頑張ってます」と明かしつつ、「順調に育っております」と伝えた。

高橋は2018年12月に一般男性と結婚。昨年12月に第1子妊娠を発表し、今年5月1日に『スッキリ』にメッセージを寄せ、第1子を出産したことを報告していた。

外部リンク

cat_oa-rp73180_issue_c6860c6d20bf oa-rp73180_0_a721b0286756_霜降り・せいや、太田光を絶賛「だからあのキャリアなんですよ」 a721b0286756 a721b0286756 霜降り・せいや、太田光を絶賛「だからあのキャリアなんですよ」 oa-rp73180

霜降り・せいや、太田光を絶賛「だからあのキャリアなんですよ」

2020年7月7日 08:30 マイナビニュース

お笑いコンビ・霜降り明星のせいやが、3日深夜に放送されたニッポン放送『霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週金曜27:00~29:00)で、6月28日に出演したTBS系情報番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜10:00~11:22)を振り返った。

せいや、文春の直撃に恐怖「家の近くに知らん人が…」粗品に騒動謝罪も

太田光

6月18日に「文春オンライン」で、ウェブ会議システム「Zoom」で一般女性とオンライン飲み会を開催していたときに下半身を露出したなどと報じられたせいや。

この件について、せいやは「色んなところでいじられる」としたうえで、「『サンデー・ジャポン』もすごかったもんな。太田(光)さん、あの人やっぱりおかしい。変や。あんな人、長年テレビがほったらかしにしたらダメですよ。しつこかったな…」と本音を吐露した。

しかし、生放送中の太田については、「わきまえてんねん、あの男。だからあのキャリアなんですよ。ギリギリのところを攻めるから」とせいや。

そして、粗品が「『出すなよ』とかもちょうど良いというか、直接的なワードも使わんし」と言うと、せいやは「そうそう、うまいねん。『出すなよ』とか言っておいて、『何やねん、この人、ふざけて変な人やな』と思ってたら、急にニュースの時はめちゃくちゃ良いこと言うやろ? すごいよな。脳みそ4つぐらい、右脳、左脳、右脳、左脳と別の脳あるよな」と絶賛していた。

なお同番組は、放送後1週間以内であればradikoで聴取可能(エリア外の場合はプレミア会員のみ)。

外部リンク

cat_oa-rp73180_issue_c6860c6d20bf oa-rp73180_0_65ef13fceaf1_吉川明日論の半導体放談 第146回 引退したとあるCEOが語ったシリコンバレーのレジェンドたち 65ef13fceaf1 65ef13fceaf1 吉川明日論の半導体放談 第146回 引退したとあるCEOが語ったシリコンバレーのレジェンドたち oa-rp73180

吉川明日論の半導体放談 第146回 引退したとあるCEOが語ったシリコンバレーのレジェンドたち

2020年7月7日 08:00 マイナビニュース

AMDのOBたちが集うWebサイトがあって、そこではかつてのAMDの友人たちがいまだに最近の業界での出来事について"ああだこうだ"と意見を交わしている。

ハッピーバースデーAMD!!

私にとっては格好のニュースソースであるが、最近の情報の中にかつてFPGAの大手であったActel社のCEOを22年務めたジョン・イースト氏のWebinar記事「私が見たシリコンバレー」(Silicon Valley As I saw It)が紹介されていたので覗いてみた。このWebinarは誰でもアクセスできるサイトに掲載されているのでご興味があればクリックしてみて暇をつぶすのもよいだろう。ジョン・イーストの簡単な経歴は次の通りだ。

  • 1968-1977:Fairchild Semiconductor (Design Engineer)
  • 1979-1988:AMD(Senior VP, Logic Product Group)
  • 1988-2010: Actel (CEO)

UCバークレー校でMBAを取得して、シリコンバレーに飛び込んで、最後はCEOを22年も務めるという絵にかいたような典型的なシリコンバレー成功者の経歴である。私はAMD時代にイーストとは何度もあったことがあるが、非常に気さくな人物である。

シリコンバレーの歴史話はいつ聞いても面白いが、イーストのような高い地位にいた人が実際に会ったレジェンドたちとの逸話が非常に面白い。イーストはFPGA(Field Programmable Gate Array)という言葉を最初に使ったのはXilinxでもなく、Alteraでもない自らがCEOを務めたActel社だと言う。Actel社はその後Microsemi社に買収されたが、そのMicrosemi社もMicrochip Technology 社に飲み込まれたのでそのブランドは現在は残っていない。イースト自身は最前線から引退しているものの、今でもシリコンバレーに居ていくつかの会社の顧問などをやっている。

シリコンバレー初期の半導体企業の系譜

変わり者ショックレーと、ショックレー研究所から飛び出した8人の裏切り者

イーストの半導体での職歴はFaircild社から始まる。Fairchild社の母体は、トランジスタの発明で1956年にノーベル物理学賞を他の2人の科学者とともに受賞したウィリアム・ショックレーが設立したシリコンバレーで初の半導体専業会社ショックレ―研究所までさかのぼる。

イーストの言によるとショックレーは天才的な科学者ではあったけれど、かなりの変わり者であったらしい。会社の経営にはまったくセンスがなく、会社としては形を成さなくなっていた後期には「優生学」に目覚めて、自身を含む他の天才たちの精子を集めた「精子バンク」を設立し、アメリカを天才であふれる国にするという大きな野望を持っていた。そんなショックレ―の奇行に嫌気がさした8人のトップエンジニアが飛び出してFairchild社ができた。

Fairchild社はその後にIntel、AMD、National Semiconductor、LSI Logicなどの名門を輩出するが、Intelを創業した人々の中には半導体業界のレジェンド3人が含まれる。プレーナー技術で世界最初の集積回路を開発したロバート・ノイス、「ムーアの法則」であまりにも有名なゴードン・ムーア、その後Intelを飛躍的に成長させたアンディー・グローブである。イーストはまったく個性の異なるこの3人には格別の尊敬を持っていて多くを語っているが、グローブについては「生涯あった中で最も難しい人物」の1人に挙げている。

ノイスが発明した世界で最初の集積回路 (著者所蔵イメージ)

イーストが交流したレジェンドたちの逸話

イーストはシリコンバレーにおける長い経験からたくさんのレジェンドたちと交流したが、その中で「最も難しい人物は?」という質問に答えてIntelのグローブとAppleのスティーブ・ジョブズの2人を挙げている。

逸話はたくさんあるが、シリコンバレーきっての強面経営者として知られるグローブは、「偏執的ににタフな人」として私もAMD時代には大変に苦しめられた。

AMDを卒業してActelのCEOとなったイーストが、IntelのCEOグローブに会った時のこんな逸話がある。ファブレスのActelは最先端プロセスを所有する会社との協業を模索して、Intelのグローブを訪ねた。CEO同士の重要な話なのに、グローブはイーストを会社の従業員食堂の隅の席に誘うと、イーストが話を始めるのを遮って「いったいAMDは何を考えているのだ」とAMDとIntelのx86をめぐる訴訟を含む熾烈な競争に大変にいらいらしている感じだったという。

イーストがやっと「ActelのファウンドリーとしてIntelのラインを貸してもらえないか」と要件を切り出すと、グローブは即座に「君には2つの選択肢がある。1つ目はCEOの私が優秀な部下達にこの話を伝えて、鋭意検討させる。結果が出るまでには数か月かかるかもしれない。ちなみに彼らが出す返答は"NO"だ。もう1つの選択はこの場で私が即座に"NO"と言うことだ。さて、どちらがいい?」と答えたと言う。イーストはその後、TSMCなどのファウンドリー会社の快進撃を許してしまった大きな原因の1つはIntelのような先端プロセスを抱える大手半導体会社がファウンドリーモデルの可能性を過小評価したからだと言っている。

もう1人の「難しい人物」はAppleのスティーブ・ジョブズである。イーストはジョブズとは何回か会っているが、一対一で会うとジョブズは相手の目をじっと見てその奥にある資質を瞬時に理解してしまう。いくら優秀なエリートのイーストであっても、ジョブズのような天才に見つめられるとさすがに居心地が悪くなったという。ジョブズは稀有の天才の孤独を感じさせる特別な人物だったと表現している。

Intelの3人の創業者 (著者所蔵イメージ)

「半導体の男だったらファブを持て」、ジェリー・サンダースの名言の裏話

イーストはAMDで10年近くを過ごした。AMDを卒業してActel社のCEOとなったイーストはAMDのジェリー・サンダースに多くを学んだと、最も尊敬する人の1人に挙げている。

そのサンダースの思い出話の中で「半導体の男だったらファブを持て」という名言についての逸話を語っている。この名言が生まれた背景には、当時のシリコンバレーのローカル紙The Mercury Newsの有名記者のバレリー・ライスとCypress社のCEOであったT/J・ロジャーズへのインタビュー記事があるという。

インタビューの中で、Chips&Technologies社などのシリコンバレーの大手を顧客と獲得して頭角を現す台湾のTSMCと、そのファウンドリーモデルについてコメントを求められたT/Jは、「半導体製造は回路設計と製造プロセス両技術の結果だから、ファブは自分で持っていないとダメだろう」というようなことを言った。

元来ファブエンジニアとしての経歴を持つT/Jにとっては当然の反応であった。しかし、女性記者のバレリーは「それって、要するに"半導体の男だったらファブを持て"ということですよね」、と返してその話が翌日の紙上に大きく取り上げられたらしい。その直後、たまたま業界のシンポジウムにゲストスピーカーとして招かれていたAMDのサンダースは自身のプレゼンでこの言葉を引用した、というのもサンダースの後に控えてた発表者がTSMCの代表だったからだ。こんな背景があったとは私は初めて知ったが、サンダース自身に確認していないので真相はわからない。

半導体エンジニアの夢の聖地シリコンバレー

Fairchild社でTTLロジックを設計していたイーストによれば、最初のTTLゲートの消費電力は50ミリワットもあったという。もし微細加工による消費電力の低減がなくトランジスタの増加とともに消費電力がそのまま上昇していたならば、現在のマルチコアCPUを実装するスマートフォンの駆動には原子力発電所の一基分の電力が必要になっていただろうと試算する。

イーストはエンジニアらしく色々な例え話を披露するが、半導体業界がこれまで世に送り出したトランジスタの総数は13に10の21乗を掛けた数であるという。日本語の巨大数の単位で言えば130垓ということになる。まさに想像を超える話である。

大きな野望を持つエンジニアたちの想像力が切磋琢磨の現場で現実となるシリコンバレーには、今でも熱い情熱が渦巻いている。



著者プロフィール
吉川明日論(よしかわあすろん)

1956年生まれ。いくつかの仕事を経た後、1986年AMD(Advanced Micro Devices)日本支社入社。マーケティング、営業の仕事を経験。AMDでの経験は24年。その後も半導体業界で勤務したが、2016年に還暦を迎え引退。現在はある大学に学士入学、人文科学の勉強にいそしむ。

外部リンク

cat_oa-rp73180_issue_c6860c6d20bf oa-rp73180_0_9d20ef1d132e_和田アキ子、武田真治からの結婚報告を明かす「朝から電話がいっぱい」 9d20ef1d132e 9d20ef1d132e 和田アキ子、武田真治からの結婚報告を明かす「朝から電話がいっぱい」 oa-rp73180

和田アキ子、武田真治からの結婚報告を明かす「朝から電話がいっぱい」

2020年7月7日 08:00 マイナビニュース

歌手の和田アキ子が、4日に放送されたニッポン放送『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』(毎週土曜 11:00~13:00)で、2日に歯科衛生士でモデルの静まなみとの結婚を発表した、俳優でサックス奏者の武田真治を祝福した。

加藤浩次、武田真治から事前に結婚報告も「全然信用ないんだよね(笑)」

和田アキ子

和田は「武田真治ですけど、同じ事務所ですから言わせていただくと、めっちゃうれしそうに電話がかかってきましたね。デレッデレの感じでした(笑)」と明かし、「『20いくつも違うのに良かったな。でも、これもご縁やからな』って言うと、『はい!』ってすごい喜んでた」と振り返った。

続けて、「朝から(武田から)電話がいっぱい。病院にいたから電話を全然気にしてなかったけど、『マスコミに言う前にアッコさんにご報告したかった』って言って、何回も入れ違いがあって、電話したらもうデレッデレ(笑)」と和田。

「だから『コロナが落ち着いたらご飯でも食べよう』って言って」と振り返っていた。

なお同番組は、放送後1週間以内であればradikoで聴取可能(エリア外の場合はプレミア会員のみ)。

外部リンク

cat_oa-rp73180_issue_c6860c6d20bf oa-rp73180_0_4fdf4d35c0b5_中村倫也が、ある町へ…謎が深まる映画『人数の町』初映像 4fdf4d35c0b5 4fdf4d35c0b5 中村倫也が、ある町へ…謎が深まる映画『人数の町』初映像 oa-rp73180

中村倫也が、ある町へ…謎が深まる映画『人数の町』初映像

2020年7月7日 08:00 マイナビニュース

俳優の中村倫也が主演を務める映画『人数の町』(9月4日公開)の予告と追加場面写真が7日、公開された。

中村倫也、キス寸前…「今、世に出るべき作品」『人数の町』場面写真公開

左から石橋静河、中村倫也

同作は2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞で、241本の中から準グランプリに選ばれた作品。衣食住が保証され、セックスで快楽を貪る毎日を送ることができ、出入りも自由だが決して離れることはできないという謎の“町”を舞台に、借金で首の回らなくなった蒼山(中村)が、その“町”の住人となり、そこで出会う人々との交流を経て“町”の謎に迫っていく新感覚のディストピア・ミステリーとなっている。

今回公開された予告は初の映像となり、主人公・蒼山のキャラクターと、“町”のヒントが断片的な映像として描かれている。最高でも最低でも特別でもなんでもない男・蒼山が、“町”へ連れてこられるところから始まり、意思が弱く世の中に居場所がないものたちが集められる「町」へ、妹を探しに自らの意志で紅子(石橋静河)がやってくる。紅子と蒼山の出会いからその“町”の異常性が徐々に明らかになっていく。

同時に解禁された画像は、物憂げな表情でバスに乗る中村と石橋、そしておそらく選挙の投票所にいる中村と石橋の画像で、謎が深まるものとなっている。

外部リンク

cat_oa-rp73180_issue_c6860c6d20bf oa-rp73180_0_92adb0399907_TVアニメ『異種族レビュアーズ』、KBS京都にて7月12日より再放送 92adb0399907 92adb0399907 TVアニメ『異種族レビュアーズ』、KBS京都にて7月12日より再放送 oa-rp73180

TVアニメ『異種族レビュアーズ』、KBS京都にて7月12日より再放送

2020年7月7日 08:00 マイナビニュース

TVアニメ『異種族レビュアーズ』、BD&DVD第3巻の展開写真とデジパック公開

2020年1月から放送されたTVアニメ『異種族レビュアーズ』だが、KBS京都にて7月12日(日)26時40分より再放送されることが決定した。

放送日時などの詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

外部リンク

cat_oa-rp73180_issue_c6860c6d20bf oa-rp73180_0_78feb51a319a_『劇場版 生徒会役員共2』、劇場公開日が2021年1月1日に決定 78feb51a319a 78feb51a319a 『劇場版 生徒会役員共2』、劇場公開日が2021年1月1日に決定 oa-rp73180

『劇場版 生徒会役員共2』、劇場公開日が2021年1月1日に決定

2020年7月7日 08:00 マイナビニュース

『劇場版 生徒会役員共2』、キービジュアル&予告第1弾を公開

新型コロナウイルス感染症の影響で、延期となっていた『劇場版 生徒会役員共2』の劇場公開日が、2021年1月1日に決定した。

なお、TVアニメ『生徒会役員共』は7月5日よりBS11にて再放送中。さらに、「フル☆アニメTV」「ボンボンTV」では、T Vシリーズ1期・2期の期間限定無料公開が実施されているので、あわせてチェックしておきたい。

『劇場版 生徒会役員共2』は、2021年1月1日より全国公開。の詳細は公式サイトにて。

(C)氏家ト全・講談社/「劇場版 生徒会役員共2」製作委員会

外部リンク

cat_oa-rp73180_issue_c6860c6d20bf oa-rp73180_0_153fef6721c9_桐谷美玲&三浦翔平に第1子男児誕生「元気いっぱいに産まれてきてくれたことに感謝」 153fef6721c9 153fef6721c9 桐谷美玲&三浦翔平に第1子男児誕生「元気いっぱいに産まれてきてくれたことに感謝」 oa-rp73180

桐谷美玲&三浦翔平に第1子男児誕生「元気いっぱいに産まれてきてくれたことに感謝」

2020年7月7日 07:49 マイナビニュース

女優の桐谷美玲(30)が6日、自身のインスタグラムを更新し、第1子となる男児を出産したことを発表。夫で俳優の三浦翔平(32)も自身のインスタグラムで報告した。

桐谷美玲が第1子妊娠「ドキドキの毎日」 三浦翔平との写真添え報告

三浦翔平と桐谷美玲

桐谷は「私ごとで大変恐縮ですが、先日第一子となる男の子を出産しました。おかげさまで母子ともに健康です」と報告。「元気いっぱいに産まれてきてくれたことに感謝しつつ、これから家族で力を合わせて過ごしていきたいと思います」と決意を記し、「そして、命の尊さを改めて感じている今、大雨の被害に心が痛みます。どうかどうか、これ以上被害が広がらないことを祈っています」とつづった。

三浦も「私的な報告ですが、先日無事新しい命が誕生しました。母子ともに健康です」と報告。「元気いっぱいに産まれてきてくれたことに感謝しつつ、これから家族で力を合わせて過ごしていきたいと思います」と伝え、「今、悲しいニュースが多く何が起きるかわからない世の中ですが、これ以上被害が広がりませんように」と願った。

2人は2018年7月に結婚。桐谷は今年2月に自身のインスタグラムで第1子妊娠を発表していた。

外部リンク

cat_oa-rp73180_issue_c6860c6d20bf oa-rp73180_0_0cfb54c71f7a_指原莉乃、自分と比べてしまう女性タレントを告白「あんまり見ないように…」 0cfb54c71f7a 0cfb54c71f7a 指原莉乃、自分と比べてしまう女性タレントを告白「あんまり見ないように…」 oa-rp73180

指原莉乃、自分と比べてしまう女性タレントを告白「あんまり見ないように…」

2020年7月7日 07:20 マイナビニュース

元HKT48でタレントの指原莉乃が、6日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『しゃべくり007 2時間SP』(21:00~)に出演。意識してしまう女性タレントとして小島瑠璃子を挙げた。

指原莉乃、美スタイル際立つミニスカ衣装や袴姿で魅了【卒コン写真集】

指原莉乃

今回、同局系『今夜くらべてみました』でMCを務めるフットボールアワーの後藤輝基、SHELLY、指原の3人が登場。さまざまなお題に答え、「自分のポジションを脅かすヤツらくらべてみました」というテーマでは、テレビに出演していると気になるタレントをそれぞれ明かした。

指原は「結局こじるり」と小島瑠璃子を挙げ、「出てきたタイミングも一緒くらいで、歳も1歳差で、なんか近い感じがして。私は真面目な番組のリポーターとか、政治系の現場リポートとか絶対無理だけど、瑠璃子さんはそれできるし、比べちゃうところがあります」と打ち明けた。

また、「こじるり出てると意識して見る?」と聞かれると、「逆に見れないですね。すごいうまいんだろうなと思って緊張しちゃうから、あんまり見ないように」と返答。ライバル視しつつも、「仲いいです、めちゃめちゃ。プライベートでも2人でご飯に」と良い関係だと話した。

外部リンク