cat_oa-rp67903_issue_76b748cb068a oa-rp67903_0_76b748cb068a_韓国の朝食はヘルシー! WORLD BREAKFAST ALLDAYの新メニュー 76b748cb068a 76b748cb068a 韓国の朝食はヘルシー! WORLD BREAKFAST ALLDAYの新メニュー oa-rp67903

韓国の朝食はヘルシー! WORLD BREAKFAST ALLDAYの新メニュー

2019年3月26日 18:32 GQ JAPAN

カフェレストラン「WORLD BREAKFAST ALLDAY」が韓国をフィーチャー。朝ごはんを通してお隣の国を知ろう。


「朝ごはんを通して世界を知る」をコンセプトにしたカフェレストラン「WORLD BREAKFAST ALLDAY」が、4月3日(水)から6月2日(日)の期間で韓国の朝ごはんを提供する。価格は1500円(税抜)。

現在、美容やファッション、ドラマなどで日本人にも馴染みの深い韓国。日本から一番近いお隣の国だが、どのような朝ごはんが食べられているのか知っている人は少ないだろう。韓食(ハンシク)と呼ばれる韓国の食事には、食べ物と薬のルーツは同じであるという薬食同源という考え方があり、低脂肪・低カロリーなご飯にスープ、食材本来の持ち味を生かしたおかずをバランスよく食べるのが伝統だ。
朝ごはんの定番は、豆もやしのスープにイシモチの干物。ほかにもキムチに代表される健康的な発酵食品が豊富に食卓に並ぶ。また、5つの味と色を揃えると良いとされる「五味・五色」の考え方があり、味と彩りが変化に富んでいることも韓食の特徴となっている。上記期間中には、そんな魅力的な朝ごはんのほか、韓国らしいドリンクやデザートも多数用意。韓国の料理教室や文化ついて学ぶワークショップも開催される予定だ。異国でありながら共通点も多い韓国の食文化を体験して、日本の文化を見つめ直そう。

WORLD BREAKFAST ALLDAY 原宿店
東京都渋谷神宮前6-15-14-1F
Tel. 7:30〜20:00(ラストオーダー19:30)
不定休
Tel. 03-3406-7008

外部リンク

cat_oa-rp67903_issue_76b748cb068a oa-rp67903_0_89d1e733ed5f_ツインエンジンの最高峰こそ、ドゥカティのすべてを堪能できる 89d1e733ed5f 89d1e733ed5f ツインエンジンの最高峰こそ、ドゥカティのすべてを堪能できる oa-rp67903

ツインエンジンの最高峰こそ、ドゥカティのすべてを堪能できる

2020年9月20日 21:30 GQ JAPAN

レーシングマシンに最も近いパニガーレのライトウェイトバージョンがV2へと進化。すっきりした美しさを見せる2気筒スーパーバイクはレーシングフィールドに特化しない懐の深さをもっている。


ツインエンジン搭載モデルのフラッグシップへ

ドゥカティの歴史を語るうえで、切っても切れない関係にあるのがレーシングフィールドでの活躍。現在では様々なジャンルのマシンをリリースしているが、そのブランドイメージはやはりレーシングフィールドである。そのレーシングマシンに最も近い市販モデルがパニガーレである。

パニガーレのフラッグシップであるV4は、ドゥカティ伝統のLツインエンジンではなく、V4エンジンを搭載する。モトGPマシンのリアルレプリカであると同時に、市販車をベースに戦うスーパーバイクのベースマシンでもある。

一方でフラッグシップの陰に隠れてしまっているが、排気量の小さいマシンもラインナップされている。元来はミドルクラスのレースレギュレーションに合致した排気量で登場したが、現在ではこのレギュレーションに縛られない、955㏄のエンジンが搭載されている。

欧州では人気のカテゴリーで、この自由な排気量が最高のバランスを生み出していることに気が付いている人たちも少なくない。しかし、日本ではトップモデルが好まれる傾向が強いため、V4の陰に隠れた存在となってしまっているのだ。

しかし、2020年モデルへと進化し、その状況に少し変化が生じてきた。トップモデルが違うエンジンレイアウトを選択したことで、ツインエンジン搭載モデルのフラッグシップとなったのだ。

Alberto Cervettiそのマシンこそが今回試乗したV2である。

Vと名乗りつつも、90度の挟み角をもつツインエンジンという形式に変更はない。しかし、マシンを横から見たときに搭載位置によってVの字に見えること、そして4気筒のマシンもV4と呼ばれることから、レーシングイメージのマシン(パニガーレ)をそう呼ぶようになったらしい。つまり、従来モデルである959の後継ということになるが、今までとは少し異なった方向性で開発されたのだ。

959はツインエンジンを搭載した1299パニガーレの廉価版といった印象もあったが、V2は片持ちスイングアームの採用などにより、見た目が豪華になった。また、V4エンジンを搭載しフロントフレームを採用するやや大柄のV4に比べ、モノコックフレームを用いたV2の方がスリムで、デザインもすっきりとした美しさをみせている。

Alberto Cervetti

レーシングフィールドに特化しない懐の深い走り

跨ってみると明らかにスリムで、無駄なプレッシャーがない。レーシングイメージが強いパニガーレであるが、開発陣によればV2はよりワイドレンジなキャラクターのマシンを狙ったとのことである。

高速域で速さを備えつつ、低回転域でのエンジン特性に手強さを感じることの少なくないスーパーバイク系モデルであるが、V2は想像以上にスムーズなエンジンレスポンス。ビッグボアのツインエンジンは、一発一発の爆発感が強くなりすぎる傾向がある。もちろん、それは電子制御の進化によって違和感ない乗り味になっているのだが、それに比べると、V2は電子制御に頼りすぎない出力特性の適正さを感じさせるのである。高回転へ向けてのフリクションを感じさせない伸び切り感は現行モデル随一、ドゥカティらしさを強く感じさせるところでもある。

車体はV4でモノコックフレームから派生した、剛性バランスの最適化をしやすいフロントフレームと呼ばれる車体に変化。レースシーンでも苦戦を強いられたツイン時代のパニガーレはモノコックフレームの扱いにくさにその原因が……といった憶測を呼んだものだった。しかし、V2はコンパクト感と一体感が高く、自由自在にマシンを振り回していくことが出来る。サスペンションの進化も大きいのだろう。

しなりを感じにくいと言われるモノコック構造であるが、接地感やフレンドリーさが抜群に高く、再度モノコックフレームを見直すきっかけとなった。

ドゥカティには、街中からワインディング、サーキットまでカバーするオールマイティなキャラクターの、スーパースポーツという優秀なライトウェイトスポーツがある。V2は個人的にも大好きなそのライトウェイトスポーツと、リアルレプリカのV4とのちょうど中間と言えるポジショニングとなる。

スタイリングはリアルレーサー然としつつも、走りはレーシングフィールドに特化しない懐の深さをもっているのだ。それでいて、古くからのドゥカティファンを裏切らない、チャレンジングな奥深さもある。

ドゥカティらしさを余すことなく堪能出来るマシン。それがツインの最高峰、パニガーレV2なのである。

ギャラリー:ツインエンジンの最高峰こそ、ドゥカティのすべてを堪能できる

Ducati Panigale V2|ドゥカティ パニガーレV2

トラクションコントロールや車体が傾いている状態でも作動するABS、ウィリー・コントロール、シフト時の安定性を保つDQS、エンジンブレーキ・コントロールなど、最新技術を備えている。

Ducati Panigale V2|ドゥカティ パニガーレV2

アルミ製モノコック構造を採用しホイールベースは1436mmとなる。前後重量配分は52:48。他モデル同様、ライディングモード(レース/スポーツ/ストリート)を備えている。
Alberto Cervetti

Ducati Panigale V2|ドゥカティ パニガーレV2

Ducati Panigale V2|ドゥカティ パニガーレV2

ライディングモードをはじめ、各種情報は4.3インチTFTディスプレイで表示、設定ができる。
Alberto Cervetti

Ducati Panigale V2|ドゥカティ パニガーレV2

1299パニガーレの終了に伴い、ツインエンジン搭載モデルのフラッグシップとなったパニガーレV2。パニガーレ・スーパーバイクファミリーのエントリーモデルでもある。徹底的な改良が施され2020年モデルとして登場した。価格は229万円。
Alberto Cervetti

Ducati Panigale V2|ドゥカティ パニガーレV2Alberto Cervetti

Ducati Panigale V2|ドゥカティ パニガーレV2

フロントフォークはショーワ製BPFフォークを採用、リアサスペンションにはフルアジャスタブルタイプのザック製モノショックを装着した。
Alberto Cervetti

Ducati Panigale V2|ドゥカティ パニガーレV2

シート高は840mmとされた。
Alberto Cervetti

Ducati Panigale V2|ドゥカティ パニガーレV2

Ducati Panigale V2|ドゥカティ パニガーレV2

955ccのV型2気筒エンジンは最高出力155ps、最大トルク104Nmを発生。これは959パニガーレより5ps/2Nmの向上となる。

Ducati Panigale V2|ドゥカティ パニガーレV2

シャシーの改良と新しいピレリ製ディアブロ・ロッソ・コルサ2の組み合わ、せにより従来より機敏で直感的なライディングを実現したという。サスペンションの油圧設定も変更され、公道での快適性が向上している。
文・鈴木大五郎 写真・Ducati Motor Holding 編集・iconic

外部リンク

cat_oa-rp67903_issue_76b748cb068a oa-rp67903_0_7a656dc6867b_スカンジナビアンデザインには電動化モデルがよく似合う 7a656dc6867b 7a656dc6867b スカンジナビアンデザインには電動化モデルがよく似合う oa-rp67903

スカンジナビアンデザインには電動化モデルがよく似合う

2020年9月20日 21:00 GQ JAPAN

2019年からすべてのモデルを電動化すると発表したボルボ。その計画は最量販モデルであるミッドサイズSUV、XC60から実行されている。最新の直4ターボにISGMを組み合わせた48Vマイルドハイブリッド仕様「B5」の実力は?


全モデル電動化の先陣を切った最量販モデル

ボルボのミッドサイズSUV、XC60に48Vマイルドハイブリッド仕様「B5」が追加された。XC60は昨年グローバルで約20万5000台が販売されたもっとも売れているボルボだ。日本国内でもXC40に続いて2番目の人気を誇っている。

2017年、ボルボは2019年からすべてのモデルを電動化すると発表した。それはラインアップを電気自動車をはじめプラグインハイブリッド、マイルドハイブリッドの3つに集約するという意味であり、数年内に純粋な内燃エンジンモデルを廃止するというものだ。

その計画が最量販モデルであるXC60から実行に移されたというわけだ。「B5」のパワートレインは、エキマニとターボを一体化してレスポンスを向上するなど従来のものから約9割も改良されたという第3世代の2リッター4気筒ターボエンジンにISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)を組み合わせたものだ。

意識することなく普段どおりに乗ってくれればいい

ISGMのモーターはあくまでアシスト役でEV走行ができるわけではないが、エンジン始動時、アイドルストップ状態からの再スタートが明らかにスムーズになった。またブレーキバイワイヤシステムを採用したことで回生ブレーキの効率化を図っており、リアに搭載した0.5kWhのリチウムイオンバッテリーに充電したエネルギーで低回転域での加速などをアシストする。さらにエンジンは低負荷時には2気筒になる気筒休止システムも採用しており、市街地ではディーゼルエンジンと同等の燃費性能を達成している。

高効率化のためトランスミッションもシフトバイワイヤシステムを採用する。上級グレードのInscriptionには、これまでPHEVに装備されていたスウェーデンのオレフォス社製クリスタルシフトノブを装備している。実はインテリアに電動化モデルであることを象徴するものは、このシフトノブとメーター内の下部に小さく表示されている電池マークしかない。この瞬間にどれくらい回生しているか、いつ気筒休止したのかビジュアル化されていない。これらのシステムはあくまで黒衣で、ドライバーは意識することなく普段どおりに乗ってくれればいい、というのがボルボのスタンスのようだ。

最高出力10kW、最大トルク40Nmを発生するISGMは、クランクシャフトとベルトで結ばれており始動や加速をアシストするのだが、実際に試乗して印象的だったのは、とにかく音や振動が抑制されており、上質になったこと。おそらく電動化モデルといわれなければ気づかないだろう。アクセルやブレーキ操作のすべてに違和感がなく、回生ブレーキも0.1G程度のもので、いい意味で普通なのだ。

高速などで3000回転以下で30~160㎞/hの一定速度での巡航時などは、1番と4番のシリンダーが停止して2気筒走行になるのだが、本当に言われなければわからない。この気筒休止システムは走行モードがエコかコンフォートのときに作動する。

ボルボらしくADAS(先進運転支援システム)は、16種類以上の機能を標準装備しており、それらもアップデイトされていた。全車速追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)や車線維持支援機能のパイロット・アシストを使えば、本当にロングドライブが安全かつ楽になる。また足回りなどもデビュー当時に比べて明らかに洗練されており、いいクルマ感が増している。

現在はまだディーゼルのD4もラインアップされているが、B5の車両価格は戦略的に同じグレードで比較して約25万円安く設定されている。最新のボルボのクリーンなスカンジナビアンデザインには電動化モデルがとてもよく似合っていると思う。いまXC60を狙うならD4でなくB5を選んで、浮いた予算でオプションのBowers & Wilkinsのオーディオシステムを装着するのがなんとも雰囲気だ。

ギャラリー:スカンジナビアンデザインには電動化モデルがよく似合う

VOLVO XC60 B5 AWD|ボルボ XC60 B5 AWD

上級グレードのインスクリプションにはオレフォス社製のクリスタルガラス製シフトノブが備わっている。シフト下にはひねってエンジンをスタート/ストップさせるスイッチが備わる。

VOLVO XC60 B5 AWD|ボルボ XC60 B5 AWD

VOLVO XC60 B5 AWD|ボルボ XC60 B5 AWD

250ps/350Nmを発生する2リッター直4ターボにISGMを組み合わせた。

VOLVO XC60 B5 AWD|ボルボ XC60 B5 AWD

15スピーカーとサブウーファーが備わるBowers & Wilkinsオーディオシステムは34万円のオプション。

VOLVO XC60 B5 AWD|ボルボ XC60 B5 AWD

B5にはコンフォートシートを装着する。道路から落下した場合など、垂直方向の衝撃を吸収する構造が備わっている。

VOLVO XC60 B5 AWD|ボルボ XC60 B5 AWD

ボルボモデルに共通する縦型ディスプレイをセンターに備えた。メーターも中央に各種情報を表示するディスプレイを装着する。

VOLVO XC60 B5 AWD|ボルボ XC60 B5 AWD

インスクリプションにはナッパレザーを採用。リアシートは60:40の分割可倒式とされた。

VOLVO XC60 B5 AWD|ボルボ XC60 B5 AWD

VOLVO XC60 B5 AWD|ボルボ XC60 B5 AWD

ボディサイズは全長4690×全幅1915×全高1660mm、ホイールベース2865mm。価格はインスクリプション(写真)が739万円、モメンタムが639万円となる。

VOLVO XC60 B5 AWD|ボルボ XC60 B5 AWD

北欧神話の雷神がもつT字型のハンマー(トールハンマー)をモチーフとしたLEDヘッドライトを備えたブランドマスクを採用する。

VOLVO XC60 B5 AWD|ボルボ XC60 B5 AWD

シティセーフティやパイロット・アシストなどの機能を備えた安全・運転支援機能のインテリセーフを標準装備。右折時対向車検知機能や衝突回避支援機能(ステアリング・サポート)なども採用されている。

VOLVO XC60 B5 AWD|ボルボ XC60 B5 AWD文・藤野太一 写真・茂呂幸正 編集・iconic

外部リンク

cat_oa-rp67903_issue_76b748cb068a oa-rp67903_0_e5ad0892abf5_真実を隠す微笑み e5ad0892abf5 e5ad0892abf5 真実を隠す微笑み oa-rp67903

真実を隠す微笑み

2020年9月20日 20:30 GQ JAPAN

今またクローズアップされているアメリカの人種差別問題、さらにはダイバーシティ問題の根源にかかわって、『GQ JAPAN』と『VOGUE JAPAN』のインターナショナル・ファッションディレクターのジーン・クレールが、1950年代のブルックリンの、なかでも「悪名」高きブラウンズヴィルで送ったみずからの青春時代を語る。


私は1950年代のブルックリン、ブラウンズヴィルで育った。タフで過酷だが、経済状況という意味ではみな平等だった。人々は貧しさの一点でまとまり、貧しいという自覚があった。仲がよかった友達はユダヤ人のデヴィッド(あだ名はリルD)、ムスリムのアラン(スリック)、アイルランド系のピーター(ビッグ・ノーズ)、イタリア系のアンソニー(クレイジー・トニー)、プエルトリコ系で黒人のトマス(ラビット)、そしていちばんの親友だったスタンリーは黒人で、正統派ユダヤ教徒だった。私たちがそろって目指していたのは、「ここ」から逃れる道を見つけることだった。それを成し遂げた者もいたし、できなかった者もいたが、境遇の犠牲になることが多かった。ひとつ学んだものがあるとするならば、それは「日々を生き抜け」ということだった。これは今に至るまでずっと私の中にあり続けている。今回はその実態を書かせてもらおうと思う。

Policemen frisk eight of 20 youths involved in gang fight at

コスビー・アヴェニューとミドルタウン・ロードで起きたギャングの抗争に関与したと見られる若者たちを身体検査する警官。1951年、ニューヨーク市ブロンクス区にて。New York Daily News Archive私たちはみんなギャング(編集部註:非行少年のグループ)だった。そうでなければ人生はもっとつらいものになっていたから、ギャングの仲間になるのが普通だった。私が入っていたのは"カウント・ビショップ"という、ラティーノが多くを占めるギャングだった。ほかに主に黒人系の"フレンチメン"というのもあった。これらの中にブラザー・クラブという下部組織があった。ギャングであることは生き方そのものだった。

私たちのグループは"ハワード・アヴェニュー・ボーイズ"の頭文字をとってH.A.B.と呼ばれていた。人種的には割と開放的で規律はゆるく、単に自分の縄張りを守りたい地元の少年たちの集団だった。敵対する相手は多かったので、団結していることが重要だった。みんなが好きだったのは、おしゃれできちんとした服装をすることだ。自分たちが貧しいという印象を決して持たれたくなかった(今の金持ちの子どもたちは、ストリートカルチャーのせいでリッチに見えないのがクールだと思っているが)。流行っていたのは、なんとアイヴィーリーグ、ボヘミアンスタイル、そしてヒッターと呼ばれる服だった。店にも「アイヴィー・コーナー」だとか「ザ・コンチネンタル」といった流行りの名前がついていた。多くのメンバーは金を稼ぐためにギャンブルをやり、自動車部品を盗んだり、ちょっとした窃盗をはたらいたりした。自分は何が欲しいか、どうすれば手に入れられるかをよく知っていた。

ギャングには女子の組織もあった。私たちの仲間は"ジュビリー・セインツ"といって悪名高く、男でも恐れる者がいたほどだ。彼女たちはタフでセクシーで、ヘアスタイルからメークアップ、服装まで完璧だった。喧嘩の前にはカミソリの刃を髪の中に隠す者もいると言われていた。

一大イベントは地元のダンスパーティーだった。そう、『ウエスト・サイド・ストーリー』のような感じだ。当時も今も、私は足取り軽くみんなをあっと言わせることができる。ダンスパーティーは女の子に出会ったりガールフレンドを連れていったりする場だったが、映画とは違って誰もがクールに振る舞い、敵対するギャング同士の暴力や解決すべき勝負事は別の日に持ち越された。私には評判の兄がいた。喧嘩っ早い熱いハートの持ち主で、おかげで私はいろいろな問題を抱えたものだ。

Bunch Of Louts Watched Over By A Policeman At New York In Usa On 1960

警察官を見上げる不良少年たち。1960年、ニューヨーク市にて。Keystone-France土曜日は映画の日で、いつもギャング仲間と映画館に足を運んだ。一人がチケットを買い、中に入るとみんなのために非常口を開ける。あの頃は長編が2本、それからアニメーション、そしてニュース映画が一度に上映される仕組みだった。文字どおり一日中過ごして外に出ると、雪が降っていたりしたものだ。映画館はまた特殊な場所だった。誰の縄張りと決まっていないためにギャング同士の喧嘩は日常茶飯事で、当時目にしたことの中には今も話すことができないこともある。映画館には喧嘩上等のつもりで出かけた。誰も映画など見ていなかった。

クリスマスというと思い出されるのはアラン・フリードだ。彼は「ロックンロール」という言葉を広めたが、最後は無一文となり、忘れ去られた人物だ。フリードは大規模なロックンロール・ショーを主催した。ミュージシャンたちが歌い、そこで盛り上がった曲は有名になった。一度に25組もの出演者がいたこともあり、その大多数は黒人のドゥーワップ・シンガーだった。こんな場所もまた、おしゃれをして出かけるところだった。ロゴの入ったセーターにおろしたてのスラックスとスニーカーを合わせたりしたものだ。警備がしっかりしていたのと純粋に楽しみに来る人が多かったので、ここでの暴力沙汰はまれだった。

地元の人間の間ではドラッグは顰蹙を買うものであり、許されていなかったが、酒はよく飲んだ。年上の人に買ってきてもらうのだ。だいたいはビールか1リットル入りのガロのようなとても安いワインだった。

この地域に住んだことのない人からよく尋ねられるのはギャングの喧嘩とはどんなものだったかということだ。あえて書いてみると、それは数分で終わるもので、文字どおりの暴力であり、カオスだった。たいていは2人の間で問題が持ち上がったことが理由となり、"フリー"とか"フェア"と呼ばれていた。当事者だけが関わり、武器は使わず、加勢もしないという意味だ。

本当の意味での小旅行はたいてい街へ、つまりニューヨークへ出ることだった。当時は逮捕されないようにすることが肝要だった。警察による暴力はよくあることだったからだ。私たちは地下鉄にこっそり乗り込み、降りるときはみなバラバラになって走った。

ここまで書いてきた中で言いたかったことは何か。それは、日々の生活がわびしく暗いものであったとしても、それが私たちの人生であり、そこには仲間という存在があったということだ。金はいつだって少ししかなかったが、温かい食事があった。時にはイタリア料理、時にはアメリカならではのソウルフード、時にはユダヤ系のチキンヌードルスープ。そこには連帯の感覚があり、私たちはその一点において生きていたのだが、生き抜くことができなかった者も多い。今、H.A.B.の仲間で生きている者は一人もいないという悲惨な事実がある。警察の手によって死んだ者もいれば、後年ドラッグの過剰摂取で死んだ者も、そして自ら死を選んだ者もいる。

最近は多様性(ダイバーシティ)を称える話をよく耳にするが、それが本当に意味するものとは一体何なのだろう。このような考えを真に称えるには、まずそれぞれの問題を理解し、人種差別や頑迷さの系譜とそれらがなぜはびこるのかを理解しなくてはならない。それは心和むことではないが、私たちの物の見方を見極め、貧困や質の低い教育、そして差別が何をもたらすのかを見極めることが必要だ。アメリカでは、新しい大統領が就任することで決着する問題ではない。さらなるものが求められる。私たちはみな兄弟姉妹であることを認めなくてはならない。それができなければ、何も変わらないだろう。

私は多くの人たちより運がよかったために、あの環境を脱出できた。今は私たち一人ひとりには可能性と成功するチャンスが与えられるべきだという責任感とともに日々を生きている。数え切れないほど多くの人々が黒人文化の盗用を許してきた。今こそ、苦しむことしか知らなかった人々にそれを返すべき時だ。

Reporter with Leg Propped on Trashcan Talking to Youngsters

1958年、ニューヨーク市マンハッタン区のロウアー・イースト・サイド。ゴミ箱に足を乗せて、記者と話し込む少年たち。Bettmannそして、今の私たちが目にしている運動こそが出発点なのであり、私はそれを大いに応援する。しかし真の変化が訪れるのは、私たちが過去に折り合いをつけ、悲しい歴史に向き合うのを怠ってきたことを受け入れる時だろう。ずっと前にそうしていれば、もし何か行動を起こしていれば、H.A.B.のメンバーは死ぬこともなく、今も私たちとともに生きていたはずだ。彼らの人生の悲劇は、何もせず手をこまねいていた私たちにずっとついてまわるのだ。

Gene Krell

1970年代から各国のコレクションをウォッチし続けている『GQ JAPAN』『VOGUE JAPAN』のインターナショナル・ファッションディレクター。本誌では独自のファッションティップスとトレンド感を加えて、着こなし提案をする「ジーン・クレールのスタイル講座」を連載中。

Words ジーン・クレール Gene Krell

Tom Cunningham / NY Daily News Archive via Getty Images, Keystone-France / Gamma-Keystone via Getty Images 

Bettmann / Getty Images

外部リンク

cat_oa-rp67903_issue_76b748cb068a oa-rp67903_0_e39c31bc42f5_名品復活モデル7選「名門ブランドの  古典は正義だ」──2020年新作時計 Part 1【ブライトリング・タグホイヤーとロンジン編】 e39c31bc42f5 e39c31bc42f5 名品復活モデル7選「名門ブランドの  古典は正義だ」──2020年新作時計 Part 1【ブライトリング・タグホイヤーとロンジン編】 oa-rp67903

名品復活モデル7選「名門ブランドの  古典は正義だ」──2020年新作時計 Part 1【ブライトリング・タグホイヤーとロンジン編】

2020年9月20日 20:00 GQ JAPAN

アーカイブを渉猟して、復刻モデルや周年モデルを打ち出し、それらを通してブランドのヘリテージを語るのは、いまや大きなトレンドである。最新スペックでヴィンテージの魅力をアップデートした新作を、厳選して紹介する。今回はブライトリング・タグホイヤーとロンジンの3本を紹介。


ブライトリング名畑政治 

時計ジャーナリスト

ファン待望!蘇った幻の名機

BREITLING

スーパーオーシャンヘリテージ ’57

これまで「なぜ1957年の『スーパーオーシャン』を復刻しないのか?」と不思議だったが、新しい経営体制となり、ついにオリジナルをほぼ復元したこのモデルが登場した。とはいえ完全なレプリカではなく、オリジナルを尊重しつつ現代的にモディファイされた部分もある。しかし不自然さはまったくなく、ヴィンテージ感とモダンさが見事に融合した、新たな傑作といえるだろう。なお期間限定生産なので、のんびりしていると販売終了してしまう。決断は急がなくてはならない!

ブライトリング初のダイバーズ復刻版。視認性とスタイリッシュさを兼備するデザインを再現。SSケース&ブレスレット、自動巻き、42mm径、期間限定生産。¥545,000〈BREITLING/ブライトリング・ジャパン〉

篠田哲生 

時計ライター

“伝統と革新”とはこういうこと

TAG HEUER

タグ・ホイヤー カレラ160周年 シルバーダイヤルリミテッドエディション

1962年に誕生した「カレラ」は、薄いベゼルやスラリと長いラグでエレガントな雰囲気を醸し出すタグ・ホイヤーの傑作時計だった。しかし近年はスポーティさを強めており、ファンの目線からすると〝まったく別物〟になりつつあったのも事実だろう。だからこのアニバーサリーモデルの登場には心が躍った。ケース径はやや大きくなったが、いわゆるカレラらしい優雅なデザインをしっかり踏襲する。革新するいっぽうで、伝統の価値も忘れない。それが名門の矜持なのだ。

搭載ムーブメントは最新型。SSケース×アリゲーターストラップ、自動巻き、39mm径、世界限定1860本。¥695,000〈TAG HEUER/LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー〉

広田雅将 

時計ジャーナリスト

ここまでやるか、のエイジング

LONGINES

ロンジン  ヘリテージミリタリー

復刻モノにいっそうの冴えを見せるロンジン。長らく、復刻版には日付表示を付けてきたロンジンだが、最近は純度を高めるためなのか、日付なしが当たり前になった。加えて、文字盤と針の夜光塗料にはあえてのダメージ加工を施している。筆者の知る限り、これらの部品にダメージ加工を施す時計メーカーはロンジンしかない。とはいえ、ケースは現代の時計らしく良質で、さらに防水性能は30mもある。そしてパワーリザーブは約64時間。この復刻モノはおすすめの1本だ。

見た目はアンティーク調ながらも、普段使いが可能なスペックをもつ「新作」。SSケース×カーフストラップ、自動巻き、38.5mm径。¥240,000〈LONGINES/ロンジン〉

Photo 星 武志 Takeshi Hoshi@estrellas

Styling 石川英治 Eiji Ishikawa@T.R.S

外部リンク

cat_oa-rp67903_issue_76b748cb068a oa-rp67903_0_fb441831a494_「タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ」の新作は原点回帰!?──初代モデルから着想をえた! fb441831a494 fb441831a494 「タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ」の新作は原点回帰!?──初代モデルから着想をえた! oa-rp67903

「タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ」の新作は原点回帰!?──初代モデルから着想をえた!

2020年9月20日 20:00 GQ JAPAN

ブランド創立160周年! アイコニックな腕時計がさらに美しく進化した。


カレラ・パン・アメリカーナ・メキシコ

1963年に誕生し、進化し続けるタグ・ホイヤーの「カレラ」シリーズに、新しいモデルが加わった。自社製自動巻きムーブメントの「ホイヤー02」を搭載する「タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ」がそれで、2万8800振動/時というハイビートで駆動しながら、約80時間のパワーリザーブを有する点がまず注目だ。ケース径は42mmで、ケースサイドにクロノグラフ機能用のふたつのプッシュボタンを備える。文字盤の3時位置に分の、9時位置に時間の、そして6時位置にスモール・セコンドのカウンターが、それぞれ配される。ケースのフランジは面取りされ、ラグは短く、視認性が向上した。バー・インデックスをはじめとしたディテールは、初代モデルをほうふつとさせるシャープな美しさをたたえる。

装飾を削ぎ落としたツール・ウオッチのDNAを継承したこの美しき時計の詳細はギャラリーをチェックしよう。

ギャラリー:「タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ」の新作は原点回帰!?──初代モデルから着想をえた!

Tag Heuer Carrera Chronograph | タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ

Tag Heuer Carrera Chronograph | タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ

Tag Heuer Carrera Chronograph | タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ

ブラックサンレイダイヤルによってコントラストが際立つ文字盤。いつまでも眺めていたくなるシンプルさだ。CBN2010.BA0642 タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ 57万5,000円(税抜)

Tag Heuer Carrera Chronograph | タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ

Tag Heuer Carrera Chronograph | タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ

ケースの裏蓋はサファイアガラス製。ホイヤー02は垂直クラッチを採用し、クロノグラフを作動させても安定した精度を確保する。

Tag Heuer Carrera Chronograph | タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ

Tag Heuer Carrera Chronograph | タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ

ブルーのサンレイダイアル。精悍で引き締まった印象がある。CBN2011.BA0642 タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ 57万5,000円(税抜)

Tag Heuer Carrera Chronograph | タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ

Tag Heuer Carrera Chronograph | タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ

型押しのアリゲーターストラップ。シックな印象だ。CBN2012.FC6483 タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ 57万5,000円(税抜)

Tag Heuer Carrera Chronograph | タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ

Tag Heuer Carrera Chronograph | タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ

シルバーのサンレイダイアルには、ローズゴールドコーティングの針とインデックスが与えられる。格調高し。CBN2013.FC6483 タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ 57万5,000円(税抜)

Tag Heuer Carrera Chronograph | タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフタグ・ホイヤー

TEL:03-5635-7054

タグ・ホイヤー公式サイト

www.tagheuer.com

文・岩田桂視(GQ)

外部リンク

cat_oa-rp67903_issue_76b748cb068a oa-rp67903_0_029cbcf23cdd_名品復活モデル7選「名門ブランドの  古典は正義だ」──2020年新作時計 Part 1【グランドセイコー・オーデマピゲ・カルティエとゼニス編】 029cbcf23cdd 029cbcf23cdd 名品復活モデル7選「名門ブランドの  古典は正義だ」──2020年新作時計 Part 1【グランドセイコー・オーデマピゲ・カルティエとゼニス編】 oa-rp67903

名品復活モデル7選「名門ブランドの  古典は正義だ」──2020年新作時計 Part 1【グランドセイコー・オーデマピゲ・カルティエとゼニス編】

2020年9月20日 11:00 GQ JAPAN

アーカイブを渉猟して、復刻モデルや周年モデルを打ち出し、それらを通してブランドのヘリテージを語るのは、いまや大きなトレンドである。最新スペックでヴィンテージの魅力をアップデートした新作を、厳選して紹介する。今回はグランドセイコー・オーデマピゲ・カルティエとゼニスの4本を紹介。


左:グランドセイコー 右:オーデマピゲ並木浩一 

時計ジャーナリスト

初代復刻ならばプラチナを選ぶ

GRAND SEIKO

初代グランドセイコー  デザイン復刻モデル

「グランドセイコー」が60周年を迎える2020年、待ちわびた甲斐のある1本がやはり記念イヤーに現れた。価格ではチタンの約4.7倍と差が大きいプラチナモデルが、それでも心を惹く。初代にもプラチナ製はあったが、金張りの通常モデルの5倍以上の価格で、ごく少量だけ。いまも語り継がれる"幻の品"だ。金より重く、銀の倍以上の目方があるプラチナは、その重さも満足感に正比例する。走り去るチャンスの神には後ろ髪がないが、いまならまだ前髪をつかめる。

プラチナモデルだけの18Kゴールド製ダイアルを採用、中留めはプラチナ製。Pt950ケース×クロコダイルストラップ、手巻き、38.0mm径、グランドセイコーブティック限定。¥4,000,000〈GRAND SEIKO/セイコーウオッチお客様相談室〉

鈴木裕之 

時計ジャーナリスト

ディテールを現代風にリマスタリング

AUDEMARS PIGUET

リマスター01  オーデマ ピゲ クロノグラフ

1950年代以前のオーデマ ピゲは、腕時計のシリーズ生産をおこなってこなかった。つまりすべてがユニークピース。「リマスター01」の原型となった「No.1533」もそうしたモデルのひとつだ。最新の自社製クロノグラフを搭載しつつ、"オールド感"の再現に挑んだ同社は、完全復刻ではなくリマスタリングという手法を採用。まったく異なるサイズの上に、ディテールを重ねただけではバランスが破綻する。優れた復刻とは完コピにあらずという好見本となる1本だ。

1940年代のクロノグラフを再現。細く絞ったベゼル、ティアドロップのラグなど、雰囲気はまさに古典美。SS+18KPGケース×カーフストラップ、自動巻き、40mm径、ブティック限定500本。¥5,550,000〈AUDEMARS PIGUET/オーデマ ピゲ ジャパン〉

本間恵子 

時計ジャーナリスト

古いのに古く見えない前衛的な平行四辺形

CARTIER

タンク  アシメトリック

デザインコンシャスな時計通たちが思わず歓声を上げそうな限定品に注目したい。ケースがずれて平行四辺形になり、文字盤の数字も右に30度ずれている。これは1936年に登場した名作「タンク アシメトリック」を現代に蘇らせたもの。こんな斬新なデザインの時計が30年代には誕生していたなんて、もう驚くしかない。「タンク」は定番モデルもいいが、こうしたアヴァンギャルドなモデルもまた魅力的。見る人が見たらすぐカルティエの名作とわかるのが、またいい。

リュウズはルビー。Ptケース×アリゲーターストラップ、手巻き、縦47.15×横26.20mm、世界限定100本。¥3,192,000(予価/12月発売予定)〈CARTIER/カルティエ カスタマー サービスセンター〉

菅原 茂 

時計ジャーナリスト

ラダーブレスレットまで再現した!

ZENITH

エル・プリメロ  A384 リバイバル

1969年に誕生した世界初の自動巻きクロノグラフ、当時の機械式で最速の毎時3万6000振動、クオーツショックからの奇跡の復活劇などなど、時計史の中でもとにかく伝説に事欠かないのがゼニスの「エル・プリメロ」だ。その復刻が愛好家の間で人気を博す中で、2020年の新作「A384 リバイバル」は会心の出来。1969年のオリジナルモデルの中でも、ケースやブレスレットのデザインがとりわけユニークな「A384」を細部まで忠実に再現した、古くて新しい絶品だ。

角ばったケースと中央列が抜けた梯子状のラダーブレスレットを初めて復刻。SSケース&ブレスレット、自動巻き、37mm径。¥880,000〈ZENITH/LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス〉

Photo 星 武志 Takeshi Hoshi@estrellas

Styling 石川英治 Eiji Ishikawa@T.R.S

cat_oa-rp67903_issue_76b748cb068a oa-rp67903_0_fc44097ceb34_クリストフ・ルメールとの一問一答! 「ユニクロ ユー」最新コレクションの見どころは? fc44097ceb34 fc44097ceb34 クリストフ・ルメールとの一問一答! 「ユニクロ ユー」最新コレクションの見どころは? oa-rp67903

クリストフ・ルメールとの一問一答! 「ユニクロ ユー」最新コレクションの見どころは?

2020年9月20日 09:30 GQ JAPAN

「ユニクロ ユー」(Uniqlo U)の2020年秋冬コレクションが9月18日に発売された。アーティスティックディレクターであるクリストフ・ルメールが考える新作の見どころは? デザイナーとの一問一答。


クリストフ・ルメールが語る「ユニクロ ユー」

クリストフ・ルメールとパリR&D (リサーチ&ディベロップメント)センターのデザイナーチームが手掛ける「ユニクロ ユー」は、「より機能的で洗練されたLifeWear(あらゆる人の暮らしを、より豊かにすることを目指す、日常着)」を提案するのがコンセプト。今季の秋冬コレクションは、オーバーサイズだったりボリュームが大きかったりするものが多く、トレンドを巧みに取り入れている。以下は、「クラシカルな服に、優雅さと心地よさを融合した」と述べるルメールとの一問一答である。

Q 「ユニクロ ユー」の最新コレクションは、昨シーズンとどこが違いますか?

A 最新のコレクションはいつも、前回のコレクションからの進化形です。新しいコレクションは、以前のコレクションを補えるようなものにしたい。なぜなら、それがお客さんのワードローブの構築の手助けにつながるからです。なので、前のコレクションから持ち越したアイテム、改良を加えたもの、そして新しいアイテムをバランスよくそろえています。

Q 今回のメンズのアイテムのポイントを教えてください。

A 1980 年代末に北イタリアの若者の間で流行った「パニナリ」という若者のライフスタイルが着想源です。「パニナリ」たち(複数ではパニナロ)は、スポーツウエア、ダウンジャケット、厚手のニット、デニムなどを好んで着ていました。スポーツウェアにクラシックなアイテムを組み合わせる彼らのファッションは、ヨーロッパらしさが息づくカジュアルなスタイルです。

もちろん、インスピレーション源は出発点に過ぎません。最終的には、パーマネントプレスのストレートチノのような、スタイリッシュなアイテムも作っています。そのほか、ボックスシルエットと大きめのサイズ感で、ボリュームを出すことにこだわりました。さらにメンズコレクションでは、スポーツウエアの影響も受けています。

誠心誠意それぞれが自らの仕事に打ち込める「ユニクロ ユー」のデザインチームは素晴らしいです。生地から仕上げまで完璧なディテールの追求に取り組み、手頃ながら非常に良質な服を作り出す能力を備えています。これは本当に他に例を見ないと思います。

Q ニュートラルな色合いのものが多いですが、カラーラインナップはどう決めているのでしょう。

A たまに強い鮮やかな色を用いますが、ほとんどの場合、洗練されたニュートラルな色を模索しています。たとえば、コレクションにベージュを入れたいと思ったら、カフェラテからサンドカラーまであらゆるベージュ系の色味について考えます。

シンプルなネイビーなどは、ありきたりの色調に固執するのではなく、少し暗めの青、灰色がかった青、そして緑がかった青など、と多様多彩なカラーをさがします。コレクションを作り上げる上で、色には細心の注意を払っています。

今シーズンのウィメンズでは、特に“セカンドスキン”となりえる肌に直接触れるアイテムにおいて、スキントーンとニュートラルカラーに着目しました。肌の上に肌色のアイテムを着るというアイディアが気に入っています。メンズのカラーパレットには、バーントオレンジやブルーグリーンといった深めの色合いもあり、ウィメンズよりも少しカラフルです。

Q  今シーズンもこれまでと同じく、アウターやパンツなどデニム素材のアイテムを展開しています。

A デニムは本当に素晴らしい素材です。ロサンゼルスの優秀な研究開発チーム(ジーンズイノベーションセンター)とともに、デニムのさまざまな使い方を考えています。もちろん、ファイブポケットのジーンズやトラッカージャケットのようなクラシックなアイテムを作るのも大好きです。

Q 世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響で、人々と服との関係は変化したと思いますか?

A 消費について、考え直すきっかけになったのではないでしょうか。それが食品であれ、物であれ、より少なく、しかい良いものを買いたいというニーズが高まっていると思います。

今回のパンデミックを通して、人々のニーズに合った適切な商品が提供できていると、かつてないほど強く感じています。そして、私たちは高品質で完璧な服を作ろうと努力しています。これは私たちとって本当に大切なことです。

クリストフ・ルメール

プロフィール

1991年に自身のブランド「LEMAIRE」を立ち上げて以来、ラコステやエルメスといったブランドやメゾンのアーティスティックディレクターなどを歴任。2015年秋冬および2016 年春夏には、自身の「LEMAIRE」ブランドとユニクロのコラボレーションによる 「UNIQLO AND LEMAIRE」コレクションを展開。 2016 年より、ユニクロ パリ R& D センターのアーティスティックディレクターに就任し、ユニクロメンバーの一員として「ユニクロ ユー」の商品作りに携わっている。

ユニクロ ユー スペシャルサイト

https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/collaboration/uniqlo-u/20fw/

ギャラリー:クリストフ・ルメールとの一問一答! 「ユニクロ ユー」最新コレクションの見どころは?

【写真の記事を読む】オーバーサイズクルーネックT 1500円(税別)

【写真の記事を読む】オーバーサイズクルーネックT 1500円(税別)

【写真の記事を読む】オーバーサイズクルーネックT 1500円(税別)

【写真の記事を読む】クルーネックT 1000円(税別)

【写真の記事を読む】クルーネックT 1000円(税別)

【写真の記事を読む】クルーネックT 1000円(税別)

【写真の記事を読む】ブロードシャツ 2990円(税別)

【写真の記事を読む】ブロードシャツ 2990円(税別)

【写真の記事を読む】パデットキルトコート 1万2900円(税別)

【写真の記事を読む】パデットキルトコート 1万2900円(税別)

【写真の記事を読む】トレンチコート 1万2900円(税別)

【写真の記事を読む】トレンチコート 1万2900円(税別)

【写真の記事を読む】ダブルフェイスオーバーコート 1万4900円(税別)

【写真の記事を読む】ダブルフェイスオーバーコート 1万4900円(税別)

【写真の記事を読む】ハーフコート 1万2900円(税別)

【写真の記事を読む】ハーフコート 1万2900円(税別)

【写真の記事を読む】ハーフコート 1万2900円(税別)

【写真の記事を読む】コーデュロイパデットブルゾン 7990円(税別)

【写真の記事を読む】コーデュロイパデットブルゾン 7990円(税別)

【写真の記事を読む】ライトフランネルワイドフィットチェックシャツ(長袖)2990円(税別)

【写真の記事を読む】ライトフランネルワイドフィットチェックシャツ(長袖)2990円(税別)

【写真の記事を読む】ライトフランネルワイドフィットチェックシャツ(長袖)2990円(税別)

【写真の記事を読む】ライトフランネルワイドフィットチェックシャツ(長袖)2990円(税別)

【写真の記事を読む】ライトフランネルワイドフィットチェックシャツ(長袖)2990円(税別)

【写真の記事を読む】ウールブレンドフリースジャケット 9990円(税別)

【写真の記事を読む】ウールブレンドフリースジャケット 9990円(税別)

【写真の記事を読む】ウールブレンドフリースジャケット 9990円(税別)

【写真の記事を読む】メリノブレンドポロセーター(長袖)3990円(税別)

【写真の記事を読む】メリノブレンドポロセーター(長袖)3990円(税別)

【写真の記事を読む】メリノブレンドポロセーター(長袖)3990円(税別)

【写真の記事を読む】ミドルゲージモックネックセーター(長袖)3990円(税別)

【写真の記事を読む】ミドルゲージモックネックセーター(長袖)3990円(税別)

【写真の記事を読む】ミドルゲージモックネックセーター(長袖)3990円(税別)

【写真の記事を読む】リバーシブルジャケット 6990円(税別)

【写真の記事を読む】リバーシブルジャケット 6990円(税別)

【写真の記事を読む】リバーシブルジャケット 6990円(税別)

【写真の記事を読む】リバーシブルジャケット 6990円(税別)

【写真の記事を読む】デニムワークジャケット 6990円(税別)

【写真の記事を読む】デニムワークジャケット 6990円(税別)

【写真の記事を読む】パデッドミニショルダーバッグ 2990円(税別)

【写真の記事を読む】パデッドミニショルダーバッグ 2990円(税別)

【写真の記事を読む】パデッドミニショルダーバッグ 2990円(税別)

【写真の記事を読む】パデッドミニショルダーバッグ 2990円(税別)

【写真の記事を読む】パデッドモバイルバッグ 1990円(税別)

【写真の記事を読む】パデッドモバイルバッグ 1990円(税別)

【写真の記事を読む】パデッドモバイルバッグ 1990円(税別)

【写真の記事を読む】パデッドモバイルバッグ 1990円(税別)

【写真の記事を読む】パデッド2WAYトートバッグ 3990円(税別)

【写真の記事を読む】パデッド2WAYトートバッグ 3990円(税別)

【写真の記事を読む】パデッド2WAYトートバッグ 3990円(税別)

【写真の記事を読む】パデッド2WAYトートバッグ 3990円(税別)

【写真の記事を読む】パデッドショルダーバッグ 3990円(税別)

【写真の記事を読む】パデッドショルダーバッグ 3990円(税別)

【写真の記事を読む】パデッドショルダーバッグ 3990円(税別)文・近藤玲央名(GQ)

外部リンク

cat_oa-rp67903_issue_76b748cb068a oa-rp67903_0_b379f63c816d_漫画家デビュー10周年、伝統と革新のバラエティ短編集:売野機子『売野機子短編劇場』──「モダン・ウーマンをさがして」第35回 b379f63c816d b379f63c816d 漫画家デビュー10周年、伝統と革新のバラエティ短編集:売野機子『売野機子短編劇場』──「モダン・ウーマンをさがして」第35回 oa-rp67903

漫画家デビュー10周年、伝統と革新のバラエティ短編集:売野機子『売野機子短編劇場』──「モダン・ウーマンをさがして」第35回

2020年9月20日 09:00 GQ JAPAN

現代に生きる女性たちの/による表現をめぐる、ライター・野中モモによる連載。第35回は、多彩なスタイルとテイストを楽しめる、売野機子さんの作品集についてのお話。


まるで、“漫画で出来ることのショーケース”のよう!

今年の春に、漫画雑誌『月刊コミックビーム』で短期集中連載がスタートして以来、単行本にまとまるのを心待ちにしていた『売野機子短編劇場』(KADOKAWA)が、はやくも書店の棚に並んでいます。売野先生の画業10周年記念単行本とのことで、雑誌に掲載された作品に同人誌で発表した作品や描き下ろしも加えた全9本の短編を収録。古くからのファンはもちろんのこと「最近、漫画読んでないな」というかたにもおすすめしたい、多彩なスタイルとテイストを楽しめる作品集になっています。まず著者による手描き文字が大胆に配された、白黒にシルバーの箔押しがまぶしい装丁から、書店で見る者をハッとさせる異彩を放っていますよね。

『薔薇だって書けるよ 売野機子作品集』(白泉社)売野先生のデビューは鮮烈でした。自主制作漫画誌展示即売会「コミティア」(ファンフィクションでなくオリジナル作品に特化された同人誌即売会)で注目を集めたのち、2010年に初の単行本『薔薇だって書けるよ 売野機子作品集』(白泉社)を刊行。大島弓子先生をはじめとする偉大な少女漫画家たちが70〜80年代に残した知的で麗しい作品群の影響が見て取れる作風に、漫画愛好家たちが沸き立ったのをよく覚えています。

しかし少子高齢化を反映した出版業界の規模縮小に歯止めがかからず、かつてそういった鋭い作品を送り出してきた「少女漫画誌」も軒並み苦戦を強いられている時代です。また2010年代は、ウェブメディアの発展によって旧来の少年誌/少女誌の区分けがどんどん読者の実情にそぐわなくなっていったのと同時に、一部では性別をはじめとする読者ターゲットの一層の細分化が余儀なくされた時代でもあったように思います。

『MAMA』(新潮社)、『ルポルタージュ』(幻冬舎コミックス)そんな状況下でプロの漫画家として歩みはじめた売野先生は、少女誌に短編を発表しながら青年誌にも活動の場を広げていきました。『MAMA』(全6巻完結/新潮社)は、ヨーロピアンな寄宿学校の少年合唱団という耽美系レトロ少女漫画ファンが大好きなセッティングを、現代らしい緊張感をもって料理してみせたドラマ。『ルポルタージュ』(幻冬舎)では、恋愛が時代遅れになった近未来の社会でそれでも恋をするヒロインという、現実をひっくり返したのをさらにまたひっくり返して別のところに至るようなトリッキーな設定に挑戦。途中で掲載誌を移動し、タイトルも『ルポルタージュ ‐追悼記事‐』(講談社)に改め、シャープかつあたたかい物語の着地を見せてくれました(それぞれ全3巻、合計6巻で完結)。

今回の『売野機子短編劇場』は、およそ3年半ぶり8冊目の短編集です。ストレートに読みやすい「いい話」もあれば、SF的な世界とキャラクターの壮大な設定を考えたうえで見せ場だけ切り取った感のある同人誌らしい作品もあり。いちばん短い作品は4ページ、長い作品は40ページ。漫画で出来ることのショーケースのようで、いったい何が飛び出すか予断を許さないところも刺激的な1冊でした。自分としては、やはり何かとうまくいかない少女が抱えたやりきれない想いが何らかの解決をみせるお話にぐっときてしまいます。これから読む人の楽しみをなるべく損なわないためにどの作品かは言わないでおきますが、「少女が走り去る名作」リストに新たな一作が加わりました。まるでいつか深夜にひとりで観たフランス映画のような。

『売野機子短編劇場』(KADOKAWA)p.144-145さて、振り返ればこの連載では、今年の2月に笹生那実先生の『薔薇はシュラバで生まれる』を紹介した際、売野先生のTwitterでのつぶやきを引用させてもらっています。ネット空間ではどんな分野であろうと作品そのもの以上に作者の発言やパーソナリティが話題になってしまいがちなことを苦々しく思っている身として、漫画の話をする前に発言を取り上げたことをちょっと申し訳なく思っていました。それもつまりは「これをきっかけに興味を持って作品を手に取ってくださいね」ということなのだけど。だから今回こうして売野先生のぴかぴかの新刊を紹介できることを、とてもうれしく思います。胸キュンでキラキラですぐにでもテレビドラマになりそうな種類の面白さとは別の、漫画だからこそのあざやかなアイデアと勇気に満ちた作品の数々、ぜひこの機に味わってみてください。

ギャラリー:漫画家デビュー10周年、伝統と革新のバラエティ短編集:売野機子『売野機子短編劇場』──「モダン・ウーマンをさがして」第35回

売野機子短編劇場』(KADOKAWA)

『薔薇だって書けるよ 売野機子作品集』(白泉社)

『MAMA』(新潮社)、『ルポルタージュ』(幻冬舎コミックス)

売野機子短編劇場』(KADOKAWA)p.144-145野中モモ(のなか もも)

PROFILE

ライター、翻訳者。東京生まれ。訳書『飢える私 ままならない心と体』『世界を変えた50人の女性科学者たち』『いかさまお菓子の本 淑女の悪趣味スイーツレシピ』『つながりっぱなしの日常を生きる ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの』など。共編著『日本のZINEについて知ってることすべて』。単著『デヴィッド・ボウイ 変幻するカルト・スター』『野中モモの「ZINE」 小さなわたしのメディアを作る』。

cat_oa-rp67903_issue_76b748cb068a oa-rp67903_0_eb9ca517e964_“電動化”がすべてではない! 新型スバル・レヴォーグ試乗記 eb9ca517e964 eb9ca517e964 “電動化”がすべてではない! 新型スバル・レヴォーグ試乗記 oa-rp67903

“電動化”がすべてではない! 新型スバル・レヴォーグ試乗記

2020年9月19日 21:00 GQ JAPAN

スバルの新型「レヴォーグ」のプロトタイプに、小川フミオが試乗した。内燃機関にこだわる新型はどんなクルマか?


ギャラリー:“電動化”がすべてではない! 新型スバル・レヴォーグ試乗記

【新型レヴォーグの詳細】主要諸元(GT-H EX)全長×全幅×全高:4755×1795×1500mm、ホイールベース2670mm、車両重量1570kg、乗車定員5名、エンジン1795cc水平対向4気筒DOHCターボ(177ps/5200〜5600rpm、300Nm/1600〜3600rpm)、トランスミッションCVT、駆動方式4WD、タイヤサイズ225/45R18、価格-万円。Hiromitsu Yasui

【新型レヴォーグの詳細】ダークメタリックの加飾付きのインパネまわり。上級グレードは11.6インチのセンターディスプレイは標準。

【新型レヴォーグの詳細】STIモデルにはZF製の電子制御ダンパーが標準。

【新型レヴォーグの詳細】ロングドライブでも疲れにくく、高いホールド性を有する新開発のシートを採用。全グレード、運転席は電動調整式。

【新型レヴォーグの詳細】リアシートはセンターアームレスト付き。ヒーター機構は、GTとGT EXを除き標準。

【新型レヴォーグの詳細】リアシート用エアコン吹き出し口とUSB電源(2個)は標準。

【新型レヴォーグの詳細】オーディオレス仕様のインパネには、7インチのインフォーメーションディスプレイが備わる。

【新型レヴォーグの詳細】WLTCモード燃費は13.6〜13.7km/L。Hiromitsu Yasui

【新型レヴォーグの詳細】上級グレードのメーターは、12.3インチのフル液晶タイプ。

【新型レヴォーグの詳細】フル液晶メーターには、ナビゲーションマップも表示出来る。

【新型レヴォーグの詳細】ボディのねじり剛性を先代より44%向上させたという。Hiromitsu Yasui

【新型レヴォーグの詳細】CVT「リニアトロニック」は約8割の部品を新製。燃費と静粛性が向上した。

【新型レヴォーグの詳細】

【新型レヴォーグの詳細】Hiromitsu Yasui

【新型レヴォーグの詳細】STI Sportのステアリング・ホイールにはレッドステッチが入る。ピアノブラック調の加飾パネル付き。

【新型レヴォーグの詳細】運転支援システムのアイサイトXのスウィッチ。

【新型レヴォーグの詳細】デジタルルームミラーはオプション。

【新型レヴォーグの詳細】サスペンションは、フロントがストラット式独立懸架、リアがダブルウィッシュボーン式独立懸架。Hiromitsu Yasui

【新型レヴォーグの詳細】EX系グレード以外のメーターは通常のアナログタイプ。

【新型レヴォーグの詳細】Hiromitsu Yasui

【新型レヴォーグの詳細】Hiromitsu Yasui

【新型レヴォーグの詳細】Hiromitsu Yasui

【新型レヴォーグの詳細】Hiromitsu Yasui

【新型レヴォーグの詳細】Hiromitsu Yasui

【新型レヴォーグの詳細】Hiromitsu Yasui

【新型レヴォーグの詳細】Hiromitsu Yasui

【新型レヴォーグの詳細】Hiromitsu Yasui

【新型レヴォーグの詳細】Hiromitsu Yasui

【新型レヴォーグの詳細】Hiromitsu Yasui

開発者のこだわり

新型レヴォーグが2020年10月に登場する。最大の特徴は“スポーツワゴン”であること。ステーションワゴンの機能性に、スポーティな味付けを加えた独自のコンセプトだ。新型のプロトタイプに乗ると、かなり楽しい。

「レヴォーグは、時代に合っていない」という意見もある。SUVばかり売れるトレンドのなかで、ステーションワゴンという車型だし、パワートレインも、電動化がすすむなかで、ICE(Internal Combustion Engine=内燃機関)にこだわっているからだ。

【主要諸元(GT-H EX)】全長×全幅×全高:4755×1795×1500mm、ホイールベース2670mm、車両重量1570kg、乗車定員5名、エンジン1795cc水平対向4気筒DOHCターボ(177ps/5200〜5600rpm、300Nm/1600〜3600rpm)、トランスミッションCVT、駆動方式4WD、タイヤサイズ225/45R18、価格-万円。Hiromitsu Yasui

ダークメタリックの加飾付きのインパネまわり。上級グレードは11.6インチのセンターディスプレイは標準。とはいえ、欧州ではスポーツワゴンの人気はいまも高い。昨今の新型コロナウイルス感染症の蔓延で、国境を越えての高速長距離移動は控えざるを得なくなっているものの、機能性と楽しさを兼ね備えた上質なステーションワゴンの人気は定着している。

レヴォーグは、(おそらく燃費法などの関係で)日本でしか販売されない。出来のよさを味わうと、”自分たちだけこんな楽しい思いをしてもいいのかな(イッヒッヒ)”と、欧米その他の市場に対して、嬉しいような後ろめたいような気持になるほどだ。

今回、サーキットでプロトタイプを試乗してみて、熟成方向のモデルチェンジは、クルマ好きには嬉しい、と、あらためて思った。EV化ってなんですか? みたいな、スバルの開発者のこだわりが、スポーツワゴンとしての完成度を上げているのは事実だったのだ。

STIモデルにはZF製の電子制御ダンパーが標準。

ロングドライブでも疲れにくく、高いホールド性を有する新開発のシートを採用。全グレード、運転席は電動調整式。

リアシートはセンターアームレスト付き。ヒーター機構は、GTとGT EXを除き標準。

リアシート用エアコン吹き出し口とUSB電源(2個)は標準。

オーディオレス仕様のインパネには、7インチのインフォーメーションディスプレイが備わる。

ドライバーの意のままに動く

新型レヴォーグで、私がいいなぁと思っているのは、スタイリングと走りの内容が、きれいにマッチしている点にある。上下幅が薄くなったフロントグリルをはじめ、シャープなエッジを各所に効かせたボディは、従来からのレヴォーグファンの期待に応えるイメージだ。

走っている姿をみると、ボディの面とエッジが陽光を反射させ、陰影がドラマチックな効果を上げている。止まっているときよりも、走っているときのほうがあきらかに美しく見えるのだ。

WLTCモード燃費は13.6〜13.7km/L。Hiromitsu Yasui

上級グレードのメーターは、12.3インチのフル液晶タイプ。

フル液晶メーターには、ナビゲーションマップも表示出来る。デザインコンセプトとして“内圧”があげられている。内部に充溢した力が面を押しだしているようなイメージなのだそうだ。前後フェンダーの力強いふくらみかたも目をひく。デザイナーはがんばったなぁと思う。

全長4755mmのボディを持つプロトタイプに搭載されていたのは、新開発の1795cc水平対向4気筒ユニット。8つの段を設けた無段変速機「リニアトロニック」も、燃費と静粛性をともに向上させるため、8割がたのパーツが新設計だそうだ。そして全輪駆動システムが組み合わせられる。

ボディのねじり剛性を先代より44%向上させたという。Hiromitsu Yasui

CVT「リニアトロニック」は約8割の部品を新製。燃費と静粛性が向上した。

上級グレードのペダル類はアルミパッド付き。この1.8リッターユニットは、現行モデルの1.6リッターに代わるものだ。新型におけるエンジンラインナップは、2.0リッターも廃止されて、当面この1.8リッターのみになるとか。

試乗の当日は、現行レヴォーグ(1.6 STI Sport)と比較して乗ることが出来た。すでにスバルのカタログから落とされてしまった現行型。久しぶりにスピードを上げて走ってみると、よく出来ている。いちばんいいなぁと思うのは、エンジン性能を堪能させてくれるところだ。

搭載するエンジンは新開発の1.8リッター直噴ターボエンジン。これまでより全長は約40mm縮小した。Hiromitsu Yasui

STI Sportのステアリング・ホイールにはレッドステッチが入る。ピアノブラック調の加飾パネル付き。

運転支援システムのアイサイトXのスウィッチ。1599cc水平対向エンジンはよくまわり、低回転からトルクがもりもり出て、高回転域までパワーがとぎれるかんじがない。段を設けた変速機が、いたずらに(というかんじで)低燃費を狙って回転を下げすぎず、加速したいときはドライバーの意図どおりに、回転を高めに保ってくれるのもよい。

新型レヴォーグのプロトタイプは、気持よくまわって、しっかりパワーを出すエンジンのよさを受け継いでいた。1.6リッターユニットは、125kW(170ps)の最高出力と250Nmの最大トルクを持つのに対して、それと代わる1.8リッターは130kW(177ps)と300Nmへパワーアップ。

最大トルクは1600rpmから発生するので力強いうえ、吹け上がりがよく、最高出力が発生する5200rpmまで、エンジンをまわして走る楽しみもちゃんとあるのだ。

デジタルルームミラーはオプション。走りのよさには、新設計シャシーも貢献しているという。ボディ全体の骨格部材を強固に組み立ててから外板パネルを溶接する新工法が採用されている。ねじり剛性を現行比44%あげたとされる「フルインナーフレーム構造」もあらたに採用された。

くわえて、構造用接着材を、(そもそもベースになっていた)インプレッサ比で約4倍使い、強度を保ちつつしなやかに動くボディを目指したという。

はたして、STI Sportのプロトタイプは、開発陣が目指したとおりの出来ではないだろうか。ドライバーの意のままに動く。サスペンションはストロークを伸ばしてタイヤの接地性を確保。さらに、オフセット量などファインチューニングを施して、操舵フィールの向上に努めたとスバルではいう。

自動車好きとして応援したくなる

現行モデルとおおきく異なるのは、乗り心地だ。今度登場するSTI  Sport系は電子制御ダンパーを備えている。その効果は、フラットな姿勢を保ちつつ、かつ、路面の凹凸をていねいに吸収する足まわりにあらわれている。

これに、「ずっと熟成を重ねて、ようやく市販化出来る性能にたどりつきました」とスバルのエンジニアがいう新しい電動パワーステアリング(EPS)が組み合わされたことで、速度域に関係なく、すばらしくナチュラルな動きが実現した。

サスペンションは、フロントがストラット式独立懸架、リアがダブルウィッシュボーン式独立懸架。Hiromitsu Yasui

EX系グレード以外のメーターは通常のアナログタイプ。「ドライバーのステアリング操作軸をモーターアシスト軸から切り離し、 操舵時のフリクションを低減。なめらかでリニアにトルク伝達」することが可能になったとスバルが謳う、新世代のEPSは、レヴォーグに期待する走りのレベルをさらに引き上げてくれていると思う。

はたして、気持が若々しくなるモデルだ。レヴォーグの躍動的なスタイリングも、一種の回春剤効果があるかもしれないし。世のクルマの電動化が進むなかで、あえて、内燃機関とドライブトレインのさらなる熟成に手間ひまとお金をかけるスバルのありかたは、自動車好きにとしては応援したくなるのである。

文・小川フミオ 写真・安井宏充(Weekend.)

外部リンク