cat_oa-rp67031_issue_bd0251c09fd3 oa-rp67031_0_bd0251c09fd3_【ライブレポート】2Daysに拡大<UNiON STAR’S 2018>、多彩な顔ぶれがコラボ bd0251c09fd3 bd0251c09fd3 【ライブレポート】2Daysに拡大<UNiON STAR’S 2018>、多彩な顔ぶれがコラボ oa-rp67031

【ライブレポート】2Daysに拡大<UNiON STAR’S 2018>、多彩な顔ぶれがコラボ

2018年8月17日 22:00 BARKS

ユニオンエンタテインメント所属アーティストが顔を揃えるイベントとして話題を呼んでいる<UNiON STAR’S>。初開催となった昨年の反響の大きさを受けて、今年はガールズバンドをメインにした“RED STAGE”とダンスユニットを軸にした“BLUE STAGE”に色分けされた2DAYS開催にスケールアップ。より充実感を増したイベントとなり、昨年同様 shibuya duo MUSIC EXCHANGE で華々しく行われた。

◆<UNiON STAR’S 2018>ライブ画像(全135点)

8月11日(土)に行われた“RED STAGE”は、新鋭のシンガーソングライターとして注目を集めている大野舞のライブで幕を開けた。いつもは1人でステージに立っている彼女だが、今回は Noble rebel の Mayu(g)とLaana(b)、FUN RUMOR STORYのSherry(key)、RagnaRockのMaNa(dr)をバックに据えたバンド形態のライブを披露。ウォームな「君がいるから」やスロー・チューンの「おぼろ月夜に…」、爽やかに疾走する「夢標」といった多彩な楽曲とエモーショナルなヴォーカル、快活なバンド・サウンドにマッチした明るい雰囲気のステージングなどで楽しませてくれた。オーディエンスのリアクションもよく、<UNiON STAR’S 2018>は上々の滑り出しとなった。

続いてステージに立ったRagnaRockは、「せーの!」や「GO MY WAY」「TAKE OFF」といったキャッチーなアップテンポのナンバーで畳みかけるライブを展開。フィジカルなステージングと躍動感に満ちたサウンドに、場内はいいムードで盛りあがった。残念ながら今回のステージはRagnaRock のラストライブとなったわけだが 4 人が生み出すチームワークは健在だったし、笑顔を交わし合うメンバーの姿やタイトなサウンドなどに目と耳を奪われた。淋しさを漂わせることなく、RagnaRockの真髄といえるアッパーなライブを最後に披露したのは見事。演奏を終えた4人に向けて、客席から大きな歓声と温かい拍手が湧き起こったことが印象的だった。

Noble rebelのライブは「MASQUERADE」からスタート。マスクを被り、鮮やかなドレスを身に纏ったメンバーの姿と翳りを帯びたサウンドの取り合わせが生むインパクトの強さは絶大で、場内は瞬く間にNoble rebelの世界に染まった。その後は、しっとりとした歌中と激しいサビ・パートの対比を活かした「事情~forbidden love~」やアッパーな「True Feelings」、力強く疾走する「約束~reviving memories~」などをプレイ。ライブが進むに連れてボルテージをあげていき、激しくパフォームするステージは魅力に富んでいた。ショートライブで“静と動”をしっかり表現する辺りはさすがの一言で、強く惹き込まれずにいられなかった。

Noble rebelのライブに続いて、FUN RUMOR STORYのTaKey(vo)とMami(b)、Noble rebelのNachi(vo)とMayu(g)、RagnaRockのMaNa(dr)がステージに登場。1日限定のスペシャル・セッション・バンドとして、X JAPANの「Rusty Nail」とWANIMAの「やってみよう」を聴かせてくれた。豪華な顔合わせに加えて、笑顔で演奏するメンバーの姿やセッションバンドとは思えないスクエアなサウンドなどに客席からは歓声があがり、場内は大いに沸いた。こういうコラボレートが見れることも<UNiON STAR’S>の楽しみのひとつなので、ぜひ今後も継続してほしいと思う。

Saasha+Sweet Childはスタイリッシュかつメロウな「Driving high way」を皮切りに、メロディアスな「サインポスト」や繊細なスロー・チューンの「ウデドケイ」などを続けてプレイ。豊かな声量や群を抜いたピッチのよさ、それぞれの楽曲に合わせた細やかな表現力などが光るSaashaのヴォーカルと実力派揃いのSweet Childが奏でる洗練されたサウンドは“良質”の一言に尽きる。アッパーなライブを行うアーティストが揃った“RED STAGE”の中にあって、やや異質な存在でいながらオーディエンの心をしっかりと掴んだのはさすがの一言。ハイクオリティーな音楽に加えて、Saashaの穏やかな人柄がその大きな要因になっていることも心に残った。

RaniはCaratのMona(DJ)、Noble rebelのMayu(g)と共にステージに登場。普段の生バンドとは異なるバックトラックを使ったスタイルで、「××警告」と「デビガール」を披露した。アクティブにステージをいききして力強い歌声を聴かせる Raniの姿と気持ちを駆り立てる轟音に場内の熱気はさらに高まった。その後はスペシャル・ゲストとして招いたELLEGARDENの高田雄一(b)とNICOTINEのBEAK(dr)、韮バンドの独古翔(g)という編成にチェンジして、「Rita」と「Shadow」をプレイ。ベテラン勢に引けを取らない存在感を発していたRaniはさすがといえるし、歌唱力にさらなる磨きがかかり、高田のペンによる「Shadow」で新たな顔を見せていることなども見逃せない。彼女がいい波に乗っていることを強く感じさせるステージだった。

<UNiON STAR’S 2018>は、高田雄一とBEAK、そして超飛行少年の小林光一(vo/g)が新たに結成したMAYKIDZが参加したこともトピックとなった。歓声と拍手を浴びてステージに立った彼らは「Hide And Seek」や「End Of Tragedy」「Barograph」といったファスト・チューンを相次いでプレイ。キレの良さと音圧を併せ持ったサウンドとひたむきなヴォーカルをフィーチュアした彼らの楽曲は、爽快感に溢れていた。熱くパフォームするあまりギターのストラップがピンごと飛んでしまうというアクシデントに見舞われながらもテンションダウンすることはなく、怒涛の勢いでいきあげたのは実に見事。またひとつ注目のバンドが表れたことを印象づけて、MAYKIDZはステージから去っていった。

“RED STAGE”のトリを務めたFUN RUMOR STORYのライブは、キャッチーな「Fighting MAN」からスタート。メンバー全員が織りなす華やかなステージングと心地好いサウンドにオーディエンスも熱いリアクションを見せ、場内の熱気はさらに高まった。「Fighting MAN」で創りあげたいい空気感を保って、爽やかな「Sunday Girl」やウォームなスロー・チューンの「永遠に Happiness」、ハイテンションな「Colorful Story」などをプレイ。オーディエンスの様々な感情を突くメリハリの効いた構成も奏功して、場内なイベントの締め括りにふさわしい盛大な盛りあがりとなった。バンドとしての魅せ方を見つけたことを感じさせただけに、今後のFUN RUMOR STORYも本当に楽しみだ。

FUN RUMOR STORYのライブが終わった後、エンディングとして“RED STAGE”の出演者全員がステージに姿を現した。みんなを代表してRaniが「<UNiON STAR’S 2018>は明日も続きますけど、いい1日目にできたんじゃないかなと思います。ありがとうございます」と挨拶。その後は出演者たちのサイン色紙のプレゼント抽選会や好きなメンバーとの撮影会、記念撮影などが行われ、ライブが終わったあとも場内の熱気は冷めることがなかった。

今回の“RED STAGE”を観て強く感じたのは、ガールズバンドのクオリティーは本当に高くなったな…ということだった。ガールズバンドというだけでもてはやされる面もあった昔とは異なり、今のガールズバンドは個性や魅力的なヴィジュアル、たしかな演奏力などを備えていないと頭角を現すのは難しい。そんな時代になったことで全体的なレベルアップが起こっていることをあらためて実感したし、そういう流れの中でユニオンエンタテインメントが大きな役割を果たしていることも感じることができた。今回の出演者たちの活躍に加えて、ユニオンエンタテインメントがこれからも魅力的な存在を発掘/育成してくれることを大いに期待したい。

◆<UNiON STAR’S 2018>2日目“BLUE STAGE”レポ

<UNiON STAR’S 2018>の2日目となる“BLUE STAGE”は、オープニング・アクトを務めるSuper Break Dawnのパフォーマンスから始まった。“ピン”と糸が張ったような緊張感が漂う中、Super Break Dawnの7人はダイナミックかつしなやかなダンスを展開。完成度の高いパフォーマンスにオーディエンスは息をのんで見入り、ライブが終わると同時に客席からは盛大な拍手と大歓声が湧き起こった。わずか5分足らずのステージで場内を“BLUE STAGE”の空気に染めたのは、さすがの一言に尽きる。

“贅沢なオープニング・アクトだったな”と思う中、場内に軽快なサウンドが鳴り響き、ステージに甲斐ゆいかが登場。純白のドレス姿で「さくらんぼ」や「ケサランパサラン」といったキャッチーなナンバーをキュートに歌う姿は、正統派アイドルならではの可憐な魅力に溢れている。等身大かつ明るい雰囲気のMCも含めて彼女の巻き込み力は絶大で、ライブを通して場内はいいムードで盛りあがった。声優や女優、タレントなど幅広いフィールドで活動を行っている彼女だが、アイドルとしても高いポテンシャルを備えていることを、あらためて実感させられるステージだった。

続いてステージに立ったのは、千葉CLEAR’S。チアリーディングっぽさもあるカラフルなコスチューム姿の7人がフィジカルなダンスを繰り広げるステージは本当に魅力的だった。彼女たちのダンスはとにかく運動量が多いことが特徴で、ノンストップで激しく踊り続けるステージに圧倒された。特に、「Stand Up!! Hands Up!!」のシアトリカルなテイストも織り交ぜたダンスを“ビシッ!”と決めたのはさすがといえる。12月15日に初の単独公演が決まったこともあり、今後の千葉CLEAR’Sの展開にも大いに期待したい。

若干18才ながら優れた歌唱力を誇るシンガーとして話題を呼んでいるWa:Miは、良質な歌声でオーディエンスを魅了した。ソウルフルな「Love On Me」やピアノを弾きつつ歌ったスロー・チューンの「ヒカリの花」、8月公開の映画『RYOMA 空白の3か月』主題歌に決まったスタイリッシュな「最愛なるフレンド」など、表情豊かな楽曲のエモーションを巧みに表現するヴォーカルは見事。“どっぷりソウル”というようなパターンとは異なり、ブラック・ミュージックがほのかに香る耳馴染みのいい楽曲も実によかった。

“特攻服ガールズ(エア)バンド”覇汝家(HANAYA)のステージは、新メンバー3名のお披露目ライブとなった。メンバーそれぞれが白、黄、青、紫、黒の特攻服を着こみ、ロックンロール・テイストを活かしたアッパーなナンバーを振付きで歌うステージは魅力的だし、持ち時間の中で聴かせたのは2曲だけで、あとはトークとお笑い芸(今回は総長がガチの顔面ゴムパッチンをされた)という構成も秀逸だった。場内は爆笑の連続で、覇汝家が独自のエンターテイメント性を持ったユニットとして注目を集めていくことを予感させるライブだった。

爽やかな「Summer Love」でライブをスタートさせたLovRAVEは、エモーショナルな「ASAP~愛が拡散する前にメドレー」や妖艶さが漂う「honey or die?」などを披露。華やかなダンスとヴォーカルはもちろん、各メンバーが好きな衣装でパフォームするというアプローチも楽しめた。こういう手法を採りつつ散漫な印象にならないのは、メンバーが織りなすダンスのシンクロ度が非常に高いことが要因といえる。4つの個性がひとつになってLovRAVEの世界を創りあげていくステージは魅力に富んでいて、強く惹き込まれずにいられなかった。

Super Break Dawnはバック転やバック宙なども交えたダイナミックなダンスとメロウなヴォーカルをフィーチュアしたステージで楽しませてくれた。メンバーそれぞれが個性をアピールしつつ息の合ったダンスを織りなす姿は観ごたえがあったし、かなりフィジカルなステージでいながら暑苦しくないのも実にいい。彼らはダンス、ヴォーカル、ユニットとしての存在感といったあらゆる要素が上質で、始動から1年足らずということには驚かされた。ハイクオリティーなダンス・ヴォーカル・ユニットを探しているリスナーには、Super Break Dawnをチェックすることを強くお薦めしたい。

今回の“BLUE STAGE”では、山本夢プロデュースによるDream Dance Unitのステージも披露された。メンバーはCaratのYumeとRisa、千葉CLEAR'SのKokoroとMiyabi、LovRAVEのNanamiとKasumi、Wa:Mi、Yuna、Yuno、Raika、そして山本夢という面々。総勢11名の華麗かつセクシーなダンスは素晴らしかったし、ダンスのシンクロ度の高さからはストイックなリハーサルを重ねたことがうかがえた。<UNiON STAR’S>でしか見ることができない貴重なステージに、客席からは大歓声が湧き起こっていた。

国内はもとより欧米、アジア諸国やインドなどでも活動を行っているシンガーソングライターとして知られる池田彩。彼女はキャッチーな「ワンダーレールロード」を聴かせた後、インドの民族衣装を纏ったLovRaveとコラボレートした「ハロー!ハロー!ナマステ!」を経て、「池田彩 プリキュア YoseatsuMedley」で畳みかけるというライブを展開。“おおっ!”と思わせるシーンの連続に場内の熱気はさらに高まり、一体感に溢れた盛りあがりを見せた。安定感や表現力に富んだヴォーカル、関西弁MC、親しみやすい人柄なども含めて、充実した活動を重ねてきているベテランならではの魅力が光るライブだった。

“BLUE STAGE”を締め括るDJ&ダンスヴォーカルユニット・Caratのライブは、スタイリッシュなダンス・チューンの「Ring Dong Ding Dong」で幕を開けた。透明感を湛えた歌声を聴かせつつ艶やかにダンスするメンバーたちが発するオーラは圧倒的で、ライブが始まった瞬間“グッ”とステージに惹き寄せられた。その後は男性ダンサー2人を交えた「Kiss Me」や「Compricated」、アッパー&ウォームな「We gotta go」(新曲)などを披露。キュートさと大人っぽさがMixしたCaratならではのテイストは本当に魅力的で、メジャーデビューを果たしたことも納得できる。オーディエンスもライブを通して熱いリアクションを見せ、ラストチューンとなった「#SOTS」で場内は爽快感を伴った盛大な盛りあがりとなった。

全アーティストのパフォーマンスが終了した後は前日の“RED STAGE”同様、出演者全員がステージに姿を見せて、サイン色紙のプレゼント抽選会や好きなメンバーとの撮影会、記念撮影などが行われた。進行役を務める池田彩の軽妙なMCも絶妙で、ステージと客席は笑顔で溢れ、<UNiON STAR’S 2018>は最良の形で幕を降ろした。多彩な顔ぶれとスムーズな進行が相まって、“BLUE STAGE”は見飽きることはなかった。

出演者のほとんどがニューフェイスでいながらクオリティーが高いことには、少なからず驚かされた。この辺りからはユニオンエンタテインメントのタレント発掘力や育成力の高さがうかがえる。ここ数年でアイドルのあり方が多様化すると同時に、今まで以上に質の高さが求められるようになっているだけに、ユニオンエンタテインメントに所属している良質なアーティストたちが今後さらなるスケールアップを果たすことは間違いなさそうだ。

取材・文:村上孝之
撮影:猪狩健太郎

関連リンク

◆<UNiON STAR’S 2018> オフィシャルサイト

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_bd0251c09fd3 oa-rp67031_0_3c1b424cf402_After the Rain、5周年記念リクエストライブ開催決定 3c1b424cf402 3c1b424cf402 After the Rain、5周年記念リクエストライブ開催決定 oa-rp67031

After the Rain、5周年記念リクエストライブ開催決定

2021年10月16日 23:22 BARKS

After the Rainが12月18日に5周年を記念したアニバーサリーライブを開催する。

今回のアニバーサリーライブでは、過去に彼らが発表した楽曲を対象に、ファンから事前リクエスト投票を実施。ランキング上位楽曲から構成される、5周年記念に相応しい“完全リクエストライブ”となる。

リクエスト企画の対象楽曲は、2016年の結成以降これまでに発表したAfter the Rain名義での楽曲50曲以上の他、ユニット活動開始前に発表した楽曲や歌ってみた投稿曲も含め、約100曲とのこと。

さらに今回のイベントは全世界配信に加え、国内では全国86劇場にて初のライブビューイングも開催。10月24日までは、ミニペンライトの特典が付く限定先行チケットの申込受付が行われる。

■<After the Rain ONLINE LIVE 2021 -5th ANNIVERSARY->

2021年12月18日(土)
開演16:00
※映画館・配信ライブ共通
出演:After the Rain(そらる×まふまふ)

[チケット料金](映画館/国内配信)
3,500円(税込) ※ミニペンライト付  
※ミニペンライトは1種類のみとなります。
※送料込み(ミニペンライトは2021年12月上旬発送予定です)。
※ミニペンライトは公式グッズ2次通販で販売予定です。
※特典ミニペンライトが付かない一般チケットは、11月20日(土)から販売を予定しております。

[配信サービス]
国内:映画館上映/Streaming+(ストリーミングプラス)
海外:ZAIKO(ザイコ)
中国:bilibili(ビリビリ動画)

【チケット受付方法】
・映画鑑賞券
ミニペンライト付・鑑賞券
[受付方法]抽選(先着順ではございませんので受付期間内にお申込みください)
[受付期間]2021年10月16日(土)20:00~10月24日(日)23:59まで
[受付URL]https://eplus.jp/atr_lv/
[決済方法]コンビニ/クレジットカード/ペイジー/ネットバンキング
[受付枚数]お一人様2枚までお申込み可
※申込の際に、劇場を指定していただきます。劇場リストは特設サイトにてご確認ください。

・国内配信ライブ視聴券
ミニペンライト付・視聴券
[受付方法]抽選(先着順ではございませんので受付期間内にお申込みください)
[受付期間]2021年10月16日(土)20:00~10月24日(日)23:59まで
[受付URL]https://eplus.jp/atr_st/
[決済方法]コンビニ/クレジットカード/ペイジー/ネットバンキング
[受付枚数]お一人様1枚までお申込み可

※「ZAIKO」「bilibili」のチケットは、11月20日(土)から販売を予定しております。
◆特設サイト

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_bd0251c09fd3 oa-rp67031_0_bef66d5247d1_D、“竜と人が共に在った世界”を描くニューアルバム『Zmei』リリース決定 bef66d5247d1 bef66d5247d1 D、“竜と人が共に在った世界”を描くニューアルバム『Zmei』リリース決定 oa-rp67031

D、“竜と人が共に在った世界”を描くニューアルバム『Zmei』リリース決定

2021年10月16日 23:22 BARKS

▲豪華数量限定盤
Dが11月23日(火)に、ニューアルバム『Zmei』をリリースすることが決定した。

◆スポット映像

『Zmei』は2017年リリースのミニアルバム『愚かしい竜の夢』に新曲、そして再録曲を加えたコンセプト・フルアルバムであり、“竜と人が共に在った世界のお話”がより深く壮大に展開された内容となっている。


毒耐性の力をつけて新たな力を目覚めさせた新種の竜を描いた新曲「Venom immunity」はデジタリックな要素やライブ感が溢れ、新曲「Lamb’s REM sleep」はDの描くヴァンパイアストーリーの楽曲でありつつ今作の世界観と密接に繋がる、あたたかく光や希望の見える楽曲。

そしてアルバム表題曲で新曲の「Zmei ~不滅竜~」は、“竜王「Zmei」が如何にして人間の娘を愛することになったのか”という過去のストーリーを描いており、民族的なニュアンスを強く押し出しつつブルガリアンヴォイスの要素も取り入れた、ヘヴィサウンドが唸る楽曲だ。

また、2010年リリースのアルバム『7th ROSE』に収録されている「花摘みの乙女 ~Rozova Dolina~」を再録、今年4月にファンクラブ限定でリリースしたニューシングル「Draco animus」も収録されており、濃密な世界観が堪能できるだろう。

また、『Zmei』限定盤購入者を対象に、11月28日19時30分からウェブストアイベント<スタジオ Mini Live &トーク会>も生配信される。Dとしては初の試みで、今回は音楽リハーサルスタジオより新曲のミニライブ&トークを生配信するようだ。

表題曲「Zmei ~不滅竜~」はアルバムリリースに先駆けて、デジタルシングルとして10月30日(土)先行リリースされる。

▲通常盤
New Full Album『Zmei』

2021年11月23日(火) リリース

タイトル曲「Zmei ~不滅竜~」先行リリース
URL:https://linkco.re/QTHzzbXC

■豪華数量限定盤(CD+DVD) 
 ※オフィシャル通販のみ。
 ※完全数量限定。無くなり次第販売終了。

10月16日(土)24時~予約受付開始
予約受付はこちら
https://rosenkranz.shop-pro.jp/

■GOD CHILD RECORDS/GCR-213/¥11,000(税込)/CD 1DISC & DVD 1DISC/ハードカバージャケット/写真集付き豪華仕様(44P)/全曲セルフライナーノーツ付き/A4サイズ

収録内容
[Disc-1(CD)]
1.竜哭(りゅうこく)の叙事詩(エピック)
2.愚かしい竜の夢
3.花摘みの乙女 ~Rozova Dolina~(再録)
4.Draco animus(2021.4.6.FC限定Release)
5.Venom immunity(新曲)
6.Lamb’s REM sleep(新曲)
7.隷獣 ~開闢の炎~
8.遥かな涯へ
9.Draconids
10.Cannibal morph
11.Zmei ~不滅竜~(新曲)

[Disc-2(DVD)]
1.Zmei ~不滅竜~(新曲)
2.Venom immunity(新曲)
3.Lamb’s REM sleep(新曲)
4.愚かしい竜の夢(2017.10.27 Release)

■通常盤(CD)
※オフィシャル通販&SHOP流通有り
GOD CHILD RECORDS/GCR-214/¥3,300(税込)/CD 1DISC/ブックレット(20P)

収録内容
[Disc-1(CD)]
1.竜哭(りゅうこく)の叙事詩(エピック)
2.愚かしい竜の夢
3.花摘みの乙女 ~Rozova Dolina~(再録)
4.Draco animus(2021.4.6.FC限定Release)
5.Venom immunity(新曲)
6.Lamb’s REM sleep(新曲)
7.隷獣 ~開闢の炎~
8.遥かな涯へ
9.Draconids
10.Cannibal morph
11.Zmei ~不滅竜~(新曲)

詳細:https://rosenkranz.shop-pro.jp/

​◆ D オフィシャルサイト

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_bd0251c09fd3 oa-rp67031_0_6438007dda01_BiSH、自身最長の約8時間ライブが映像作品化+12月にマリンメッセ福岡単独公演2Days決定 6438007dda01 6438007dda01 BiSH、自身最長の約8時間ライブが映像作品化+12月にマリンメッセ福岡単独公演2Days決定 oa-rp67031

BiSH、自身最長の約8時間ライブが映像作品化+12月にマリンメッセ福岡単独公演2Days決定

2021年10月16日 22:31 BARKS

BiSHが、2021年の元旦に行なった自身最長となる約8時間ライブ<BiSH presents FROM DUSK TiLL DAWN>の映像商品を12月3日(金)に発売することを発表した。

◆ジャケット画像

本ライブ映像は、コロナ禍で外出もままならなかった今年の1月1日に「暇なお正月でBiSHを丸ごと楽しんで欲しい」をテーマに配信されたもの。途中加入のハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dの初期衣装を新たに制作し、全メンバーが歴代の衣装を着用した超貴重なライブ映像や、新作コント、渡辺淳之介との個別トークなど全て撮り下ろしで構成されている。

本映像作品にはBiSH FC、mu-mo Shopの専売商品となるBBB(BiSH BiG BOX)仕様の【豪華盤】があり、こちらはBiSHバンドの古い機材ケースをイメージした作り。BiSHの歴史上象徴的なライブの日付が刻まれた沢山のバックステージパスがデザインされている。

なお特典として、メンバー6人がそれぞれデザインしたバックステージパス「オレとオマエの記念日パスステッカー」も付属する。こちらは購入の際にメンバーを指定することができ、指定メンバーの直筆サインに加え、希望の日付もメンバー直筆で記入される。さらに、全員ショットワイドチェキ、150Pの写真集なども付属する。数に限りがあるためチェックはお早めに。

その他、初回生産限定盤(Blu-ray3枚組)、DVD盤(DVD4枚組)と全3形態で構成される本映像商品。今ではめったにライブで見ることができない数々の名曲たちのライブ映像も全て収録されている。

▲DVD盤

▲初回生産限定盤

なお、『BiSH presents FROM DUSK TiLL DAWN』発売日直後の12月4日(土)、12月5日(日)には、マリンメッセ福岡単独公演<BiSH SPARKS “the FiNAL BATTLE of REVENGE” EPiSODE 3>が開催されることも決定している。チケット受付は本日22時よりスタート。

<BiSH SPARKS “the FiNAL BATTLE of REVENGE” EPiSODE 3>

2021年12月4日(土) マリンメッセ福岡A館
open/start 17:00/18:00
[問] BEA 092-712-4221

2021年12月5日(日) マリンメッセ福岡A館
open/start 15:00/16:00
[問] BEA 092-712-4221

【チケット料金】
■SPARKS TiCKET(指定席) ¥15,000(税込)
※未就学児童入場不可
※当公演は全て電子チケットとなります。

【BiSH FC先着先行一次】
■SHiNE BRiGHT SPARKS TiCKET (指定席)
10月16日(土)22:00~10月17日(日)22:00
※お一人様1枚まで
※電子チケットとなります。

【BiSH FC先着先行二次】
■BRiGHT SPARKS TiCKET(指定席)
<受付日程> 10/18(月)22:00~10月19日(火)22:00
※お一人様1枚まで
※電子チケットとなります。

【BiSH FC抽選先行】
■SPARKS TiCKET(指定席)
<受付日程> 10月20日(水)18:00~10月25(月)22:00
※お一人様2枚まで
※電子チケットとなります。

【WACK FAMiLY CLUB抽選先行】
■SPARKS TiCKET(指定席)
<受付日程> 10月26日(火)22:00~10月28(木)22:00
※ファンクラブサイトログイン後「TiCKET」よりお申込みください。
※お一人様2枚まで

【HP抽選先行】
■SPARKS TiCKET(指定席)
<受付日程> 10月29日(金)18:00~11月1日(月)23:00
https://w.pia.jp/t/bish/
※お一人様2枚まで
※電子チケットとなります。

【統一PG先行】
■SPARKS TiCKET 指定席 ¥15,000(税込)
11月2日(火)18:00~11月4日(木)23:00
https://w.pia.jp/t/bish/
※お一人様2枚まで
※電子チケットとなります。

【チケット一般発売日】
■2021年11月13日(土)AM10:00~
※お一人様2枚まで
※電子チケットとなります。

【電子チケット発券開始日】
■2021年11月20日(土)AM10:00~

【チケット申込に関するお問合せ】
チケットぴあ
ヘルプページの「よくあるお問合せ」で確認するか、「ヘルプ検索」より質問内容を検索してください。
※公演内容、座席位置等に関するお問合せにはお答えできません。予めご了承ください。
https://w.pia.jp/t/bish/

『BiSH presents FROM DUSK TiLL DAWN』

2021年12月3日(金)発売
各ショップリンク:https://bish.lnk.to/fdtd

【豪華盤】Blu-ray3枚組+LiveCD7枚組+PHOTOBOOK
品番:AVZ1-27443~5/B~H
価格:¥55,000(税込) / ¥50,000(税抜)
※こちらの商品はBiSH FC LiMiTED / mu-mo SHOP専売商品となります。

●ライブ映像には、メンバーによる裏話満載のオーディオコメンタリー収録
●150P豪華写真集付属
●オレとオマエの記念日パスステッカー付属
※ご購入時に指定した希望メンバーの直筆サインと日付が入ります。
※こちらの特典は、2021年12月5日(日)23:59までにご購入いただいた方に限ります。
●全員ショットワイドチェキ付属
●BBB(BiSH BiG BOX)仕様
※BiSHバンドの古い機材ケースをイメージした仕様です。
[ サイズ ] 約415(h) x 約217(w) x 約200(d) mm
[ 素材 ] 生地:ポリウレタン / 木枠:MDF素材
[ 原産国 ] 中国
[ 重量 ] 4430g(本体:3760g)

(Blu-ray収録内容)
Disc1
【Brand-new idol SHiT】
01 BiSH-星が瞬く夜に-
02 スパーク
03 Is this call??
04 サラバかな
05 SCHOOL GIRLS,BANG BANG
06 DA DANCE!!
07 TOUMIN SHOJO
08 ぴらぴろ
09 Lonely girl
10 HUG ME
11 カラダ・イデオロギー
12 Story Brighter
13 MONSTERS

◆スペシャルコンテンツ:コント Part1

【OTNK】
SE
15 NO THANK YOU
16 OTNK

【FAKE METAL JACKET】
17 BUDOKANかもしくはTAMANEGI
18 Dear...
19 beautifulさ
20 身勝手あいにーじゅー
21 デパーチャーズ
22 ウォント
23 Primitive
24 ALL YOU NEED IS LOVE

◆スペシャルコンテンツ:通販番組

Disc2
【DEADMAN】
01 DEADMAN
02 earth

【KiLLER BiSH】
03 Am I FRENZY??
04 Stairway to me
05 IDOL is SHiT
06 ファーストキッチンライフ
07 本当本気
08 KNAVE
09 My distinction
10 summertime
11 Hey gate
12 Throw away
13 オーケストラ
14 生きててよかったというのなら

【Less Than SEX TOUR FiNAL “帝王切開" 日比谷野外大音楽堂】
15 ヒーローワナビー
16 MOON CHiLDREN

【プロミスザスター】
17 プロミスザスター
18 Help!!

◆スペシャルコンテンツ:コント Part2

【GiANT KiLLERS】
19 GiANT KiLLERS
20 Marionette
21 Nothing.
22 社会のルール
23 VOMiT SONG

【THE GUERRiLLA BiSH】
24 My landscape
25 SHARR
26 SMACK baby SMACK
27 spare of despair
28 JAM
29 Here’s looking at you, kid.
30 ろっくんろおるのかみさま
31 BODiES
32 ALLS
33 パール
34 FOR HiM

【PAiNT it BLACK】
35 PAiNT it BLACK
36 SCHOOLYARD

【Life is beautiful / HiDE the BLUE】
37 Life is beautiful
38 HiDE the BLUE

【NON TiE-UP】
39 NON TiE-UP
40 しゃ!!は!!ぬあ!!あぁ。死!!いてぇ。

【stereo future】
41 stereo future
42 S・H・i・T

【スペシャルコンテンツ】
43 ア・ラ・モード

Disc3
【CARROTS and STiCKS】
01 DiSTANCE
02 遂に死
03 MORE THAN LiKE
04 FREEZE DRY THE PASTS
05 CHOP
06 I am me.
07 NO SWEET
08 O・S
09 まだ途中
10 優しいPAiN
11 アイデンティティ
12 FiNALLY
13 CAN YOU??
14 GRUNGE WORLD

【二人なら】
15 二人なら

【small fish】
16 small fish

【KiND PEOPLE / リズム】
17 KiND PEOPLE
18 リズム

◆スペシャルコンテンツ:トーク番組
渡辺淳之介 × セントチヒロ・チッチ
渡辺淳之介 × アイナ・ジ・エンド
渡辺淳之介 × モモコグミカンパニー
渡辺淳之介 × ハシヤスメ・アツコ
渡辺淳之介 × リンリン
渡辺淳之介 × アユニ・D

【LETTERS】
19 TOMORROW
20 ロケンロー
21 co
22 ぶち抜け
23 スーパーヒーローミュージック
24 I'm waiting for my dawn
25 LETTERS

【STORY OF DUTY】
26 STORY OF DUTY

【スペシャルコンテンツ】
27 BiSH-星が瞬く夜に-

◆Document of BiSH presents FROM DUSK TiLL DAWN

(CD収録内容)
BiSH presents FROM DUSK TiLL DAWN(ライブ音源)

【初回生産限定盤】Blu-ray3枚組+PHOTOBOOK
品番:AVXD-27436~8
価格:¥16,500(税込) / ¥15,000(税抜)

●メンバーによる裏話満載のオーディオコメンタリー収録
●デジパック・三方背BOX仕様
●32P豪華写真集付属

(Blu-ray収録内容)
Disc1
【Brand-new idol SHiT】
01 BiSH-星が瞬く夜に-
02 スパーク
03 Is this call??
04 サラバかな
05 SCHOOL GIRLS,BANG BANG
06 DA DANCE!!
07 TOUMIN SHOJO
08 ぴらぴろ
09 Lonely girl
10 HUG ME
11 カラダ・イデオロギー
12 Story Brighter
13 MONSTERS

◆スペシャルコンテンツ:コント Part1

【OTNK】
SE
15 NO THANK YOU
16 OTNK

【FAKE METAL JACKET】
17 BUDOKANかもしくはTAMANEGI
18 Dear...
19 beautifulさ
20 身勝手あいにーじゅー
21 デパーチャーズ
22 ウォント
23 Primitive
24 ALL YOU NEED IS LOVE

◆スペシャルコンテンツ:通販番組

Disc2
【DEADMAN】
01 DEADMAN
02 earth

【KiLLER BiSH】
03 Am I FRENZY??
04 Stairway to me
05 IDOL is SHiT
06 ファーストキッチンライフ
07 本当本気
08 KNAVE
09 My distinction
10 summertime
11 Hey gate
12 Throw away
13 オーケストラ
14 生きててよかったというのなら

【Less Than SEX TOUR FiNAL “帝王切開" 日比谷野外大音楽堂】
15 ヒーローワナビー
16 MOON CHiLDREN

【プロミスザスター】
17 プロミスザスター
18 Help!!

◆スペシャルコンテンツ:コント Part2

【GiANT KiLLERS】
19 GiANT KiLLERS
20 Marionette
21 Nothing.
22 社会のルール
23 VOMiT SONG

【THE GUERRiLLA BiSH】
24 My landscape
25 SHARR
26 SMACK baby SMACK
27 spare of despair
28 JAM
29 Here’s looking at you, kid.
30 ろっくんろおるのかみさま
31 BODiES
32 ALLS
33 パール
34 FOR HiM

【PAiNT it BLACK】
35 PAiNT it BLACK
36 SCHOOLYARD

【Life is beautiful / HiDE the BLUE】
37 Life is beautiful
38 HiDE the BLUE

【NON TiE-UP】
39 NON TiE-UP
40 しゃ!!は!!ぬあ!!あぁ。死!!いてぇ。

【stereo future】
41 stereo future
42 S・H・i・T

【スペシャルコンテンツ】
43 ア・ラ・モード

Disc3
【CARROTS and STiCKS】
01 DiSTANCE
02 遂に死
03 MORE THAN LiKE
04 FREEZE DRY THE PASTS
05 CHOP
06 I am me.
07 NO SWEET
08 O・S
09 まだ途中
10 優しいPAiN
11 アイデンティティ
12 FiNALLY
13 CAN YOU??
14 GRUNGE WORLD

【二人なら】
15 二人なら

【small fish】
16 small fish

【KiND PEOPLE / リズム】
17 KiND PEOPLE
18 リズム

◆スペシャルコンテンツ:トーク番組
渡辺淳之介 × セントチヒロ・チッチ
渡辺淳之介 × アイナ・ジ・エンド
渡辺淳之介 × モモコグミカンパニー
渡辺淳之介 × ハシヤスメ・アツコ
渡辺淳之介 × リンリン
渡辺淳之介 × アユニ・D

【LETTERS】
19 TOMORROW
20 ロケンロー
21 co
22 ぶち抜け
23 スーパーヒーローミュージック
24 I'm waiting for my dawn
25 LETTERS

【STORY OF DUTY】
26 STORY OF DUTY

【スペシャルコンテンツ】
27 BiSH-星が瞬く夜に-


【DVD盤】DVD4枚組
品番:AVBD-27439~42
価格:¥11,000(税込) / ¥10,000(税抜)

(DVD収録内容)
Disc1
【Brand-new idol SHiT】
01 BiSH-星が瞬く夜に-
02 スパーク
03 Is this call??
04 サラバかな
05 SCHOOL GIRLS,BANG BANG
06 DA DANCE!!
07 TOUMIN SHOJO
08 ぴらぴろ
09 Lonely girl
10 HUG ME
11 カラダ・イデオロギー
12 Story Brighter
13 MONSTERS

◆スペシャルコンテンツ:コント Part1

【OTNK】
SE
15 NO THANK YOU
16 OTNK

【FAKE METAL JACKET】
17 BUDOKANかもしくはTAMANEGI
18 Dear...
19 beautifulさ
20 身勝手あいにーじゅー
21 デパーチャーズ
22 ウォント
23 Primitive
24 ALL YOU NEED IS LOVE

◆スペシャルコンテンツ:通販番組

【DEADMAN】
25 DEADMAN
26 earth

Disc2
【KiLLER BiSH】
01 Am I FRENZY??
02 Stairway to me
03 IDOL is SHiT
04 ファーストキッチンライフ
05 本当本気
06 KNAVE
07 My distinction
08 summertime
09 Hey gate
10 Throw away
11 オーケストラ
12 生きててよかったというのなら

【Less Than SEX TOUR FiNAL “帝王切開" 日比谷野外大音楽堂】
13 ヒーローワナビー
14 MOON CHiLDREN

【プロミスザスター】
15 プロミスザスター
16 Help!!

◆スペシャルコンテンツ:コント Part2

【GiANT KiLLERS】
17 GiANT KiLLERS
18 Marionette
19 Nothing.
20 社会のルール
21 VOMiT SONG

【THE GUERRiLLA BiSH】
22 My landscape
23 SHARR
24 SMACK baby SMACK
25 spare of despair
26 JAM
27 Here’s looking at you, kid.
28 ろっくんろおるのかみさま
29 BODiES
30 ALLS
31 パール
32 FOR HiM

Disc3
【PAiNT it BLACK】
01 PAiNT it BLACK
02 SCHOOLYARD

【Life is beautiful / HiDE the BLUE】
03 Life is beautiful
04 HiDE the BLUE

【NON TiE-UP】
05 NON TiE-UP
06 しゃ!!は!!ぬあ!!あぁ。死!!いてぇ。

【stereo future】
07 stereo future
08 S・H・i・T

【スペシャルコンテンツ】
09 ア・ラ・モード

【CARROTS and STiCKS】
10 DiSTANCE
11 遂に死
12 MORE THAN LiKE
13 FREEZE DRY THE PASTS
14 CHOP
15 I am me.
16 NO SWEET
17 O・S
18 まだ途中
19 優しいPAiN
20 アイデンティティ
21 FiNALLY
22 CAN YOU??
23 GRUNGE WORLD

【二人なら】
24 二人なら

【small fish】
25 small fish

【KiND PEOPLE / リズム】
26 KiND PEOPLE
27 リズム

Disc4
◆スペシャルコンテンツ:トーク番組
渡辺淳之介 × セントチヒロ・チッチ
渡辺淳之介 × アイナ・ジ・エンド
渡辺淳之介 × モモコグミカンパニー
渡辺淳之介 × ハシヤスメ・アツコ
渡辺淳之介 × リンリン
渡辺淳之介 × アユニ・D

【LETTERS】
01 TOMORROW
02 ロケンロー
03 co
04 ぶち抜け
05 スーパーヒーローミュージック
06 I'm waiting for my dawn
07 LETTERS

【STORY OF DUTY】
08 STORY OF DUTY

【スペシャルコンテンツ】
09 BiSH-星が瞬く夜に-

【各CDショップ特典】
・タワーレコード:A4クリアファイル
・HMV:A3クリアポスター
・TSUTAYA:B2ポスター
・アマゾン:12cm四方ステッカーA
・楽天ブックス:12cm四方ステッカーB
・汎用特典:ポストカード
・BiSH FC LiMiTED SHOPオリジナル特典:メンバー全員直筆サイン入りポスター
Directed by エリザベス宮地

◆BiSH オフィシャルサイト

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_bd0251c09fd3 oa-rp67031_0_d2bde389c65a_BREAKERZのAKIHIDE、ミックスまで自身が手掛けたEPは「今まで以上に感情に直結した作品」 d2bde389c65a d2bde389c65a BREAKERZのAKIHIDE、ミックスまで自身が手掛けたEPは「今まで以上に感情に直結した作品」 oa-rp67031

BREAKERZのAKIHIDE、ミックスまで自身が手掛けたEPは「今まで以上に感情に直結した作品」

2021年10月16日 22:00 BARKS

BREAKERZのギタリストAKIHIDEが11月17日、自身初のEP『BLACK UNICORN』をリリースする。同作品の詳細情報およびアートワークが公開となった。

◆AKIHIDE 画像 / 動画

コンセプトストーリーを軸に構成された今作は、これまで同様にアート制作や歌唱、全ての演奏、プログラミングを行なったことはもちろん、初めてミックスダウンまでの工程を自身が手がけた。ここ最近の懐刀とも言えるループペダルと新たに入手したサンプラーを駆使した実験的作品でもある。

AKIHIDEの真骨頂でもある聴くものをそっと包み込む歌声やギタートーンから、嘶きの如く幻想的に響き渡るエレキサウンドやインダストリアルビート、そしてシンセサウンドに乗せた溢れる感情まで、インスト2曲を含む全4曲を収録。表現者としての純度が最大値まで高められたEP収録曲は公開されたティザー映像第二弾の中で聴くことが出来る。

AKIHIDEは2週連続全二夜の<BLACK UNICORN プロローグ配信ライブ>を11月7日および11月14日に実施するほか、<AKIHIDE LIVE TOUR 2021 -BLACK UNICORN->と題したライブツアーを大阪と横浜で開催する。11月17日にBillboard Live OSAKA、11月20日および21日にMotion Blue yokohamaで行われる同公演は、ステージにAKIHIDEただひとり。ギターとループペダルとサンプラーをリアルタイムに駆使して行われるとのことだ。

なお、EP『BLACK UNICORN』は、ツアー会場およびビーイングのポータルサイトMusingでの通販のみの取り扱いとなる。

■EP『BLACK UNICORN』

2021年11月17日(水)リリース
▼収録曲
01. 雨のオルゴール
02. 綿毛のシェルター
03. BLACK UNICORN
04. Tonight,Tonight

●ライブ会場販売:11/17(水)より開催される<AKIHIDE LIVE TOUR 2021 -BLACK UNICORN->の各会場で販売
※ライブ会場販売限定特典:<AKIHIDE LIVE TOUR 2021 -BLACK UNICORN->ライブ会場にてご購入のお客様に直筆サイン入りのアナザージャケットをプレゼント
●Musingでの通販:11/17(水)より販売開始(https://musing.jp/artist/akihide/cd)
※CD商品はなくなり次第販売終了。一般流通でのお取り扱いはございません
※配信情報:詳細は後日

▼EP『BLACK UNICORN』とは
降り続く雨に
眠れない夜に
黒いユニコーンが誘う
優しい音の物語

■<AKIHIDE BLACK UNICORN プロローグ配信ライブ>

2021年11月07日(日):第一夜「雨のオルゴール」
2021年11月14日(日):第二夜「ユニコーンの丘」
配信時間:21:00開始予定 (※22:00終了予定)
配信メディア:イープラス Streaming+
※対応デバイス:スマートフォン、PC、タブレット
▼チケット(両日共通)
¥3,500(税込)
※両公演アーカイブ配信あり
※配信日ごとにチケット販売期間・アーカイブ配信期間が異なります
申込URL:https://eplus.jp/akihide-st/
※ご利用にはe+(イープラス)の会員登録が必要

■<AKIHIDE LIVE TOUR 2021 -BLACK UNICORN- >

11月17日(水) 大阪:Billboard Live OSAKA
・1st:open14:30 / start15:30
・2nd:open17:30 / start18:30
▼チケット
・Club BBL会員:10/4(月)12:00~
・一般発売:10/11(月)12:00~
http://billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=12964&shop=2

11月20日(土)神奈川:Motion Blue yokohama
・1st:open14:30 / start15:30
・2nd:open17:30 / start18:30
11月21日(日) 神奈川:Motion Blue yokohama
・1st:open14:30 / start15:30
・2nd:open17:30 / start18:30
▼チケット
一般発売:10/2(土)12:00~
※インターネット予約のみ
https://www.motionblue.co.jp/live/akihide/

関連リンク

◆EP『BLACK UNICORN』特設サイト
◆AKIHIDE オフィシャルサイト
◆AKIHIDE オフィシャルTwitter
◆BREAKERZ オフィシャルサイト
◆BREAKERZ オフィシャルYouTubeチャンネルAKIHIDEページ

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_bd0251c09fd3 oa-rp67031_0_d2ef7e9c9661_クボタカイ、「エックスフレンド」リリックビデオ公開 d2ef7e9c9661 d2ef7e9c9661 クボタカイ、「エックスフレンド」リリックビデオ公開 oa-rp67031

クボタカイ、「エックスフレンド」リリックビデオ公開

2021年10月16日 21:00 BARKS


クボタカイの最新曲「エックスフレンド」のリリックビデオが公開された。

◆「エックスフレンド」リリックビデオ

同ビデオは、過去の恋人への想いを綴った「エックスフレンド」の世界を“黒塗りされた恋人たちの写真”を使って表現したもの。Instagramでは映像内に登場する写真のように顔を塗りつぶせるARフィルターも公開される。このARフィルターを使った動画をアップするとステッカーがもらえるキャンペーンも実施されるということだ。

また、新たに開設されたTikTok公式アカウントにも、これまでにリリースされた楽曲のリリック動画がアップされている。

「エックスフレンド 」Instagram ARフィルター

https://www.instagram.com/ar/417194409964723/

Digital Single「エックスフレンド」

2021年9月24日(金)配信開始
https://kubotakai.lnk.to/exfriend

◆クボタカイ オフィシャルサイト
◆クボタカイ オフィシャルTikTok

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_bd0251c09fd3 oa-rp67031_0_6091da030c4d_AIRFLIP、ニューアルバム『RED』リリース決定 6091da030c4d 6091da030c4d AIRFLIP、ニューアルバム『RED』リリース決定 oa-rp67031

AIRFLIP、ニューアルバム『RED』リリース決定

2021年10月16日 21:00 BARKS

AIRFLIPが12月22日(水)にニューアルバム『RED』をリリースする。

◆関連画像

ニューアルバムのリリースは、本日10月16日(土)に行われた<All For One EXTRA Tour>のファイナル公演、兵庫・神戸 太陽と虎でのワンマンライブのステージ上にて発表。会場のスクリーンに映し出された映像と共にファンは興奮に包まれた。

▲『RED』
約1年ぶりのアルバム『RED』は、8月から10月にかけて行われた<All For One EXTRA Tour>と並行して制作。バンドカラーでもある“赤”が持つ“勇気”“愛情”のようなポジィティブ感だけでなく、“緊張”“怒り”といったネガティブ感も内包した、困難に立ち向かって活動を続けるバンドの意思表示ともいえる作品となっている。

■ニューアルバム『RED』

2021年12月22日(水)発売
COCP-41655/¥2,750 (tax in)
1. Mayday
2. The Fighter
3. Growing Up
4. Rain
5. Daylight
6. Nobody Knows
7. Life Of Seventeen
8. No Boarder
9. Overheat
10. Sunset Beach
11. Water Mirror
12. New Year’s Day
関連リンク
◆AIRFLIP オフィシャルサイト
◆AIRFLIP オフィシャルTwitter

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_bd0251c09fd3 oa-rp67031_0_091cf8ad56be_フィニアス、ソロ・デビューAL『Optimist』から「The Love is Pain」MV公開 091cf8ad56be 091cf8ad56be フィニアス、ソロ・デビューAL『Optimist』から「The Love is Pain」MV公開 oa-rp67031

フィニアス、ソロ・デビューAL『Optimist』から「The Love is Pain」MV公開

2021年10月16日 20:01 BARKS


ビリー・アイリッシュの実の兄として知られるフィニアスが、ソロ・デビュー・アルバム『Optimist』をリリースした。

フィニアス自身が全ての作詞・作曲・プロデュースした13曲入りの本作には、先日発表された「The 90s」、「A Concert Six Months From Now」、「What They’ll Say About Us」に加え、未発表曲が10曲収録されている。さらに、同アルバムの収録曲「The Love is Pain」のミュージック・ビデオも公開された。アルバムのフォーカス・トラックでもある同楽曲では、「頭がどうにかなりそうになる / なぜなら愛は苦しみだから」などの心のこもったセリフを、鍵盤の音が優しく包み込むナンバー。この曲について、フィニアスは「この曲は、愛がどれほど苦しく、心が痛むかを歌っている。私は、大人の恋愛についての曲を書きたかったんだ。誰かを愛せば愛するほど、その人はあなたに心の傷を負わせる能力を持っているんだと思う」と語っている。



また、『Optimist』からファンに何を感じ取ってほしいか、については、「私の望みは、どこかの国の子供がこの曲を聴いて、『これはまさに僕が今感じていることだ』と思ってくれること。自分の好きな音楽を聴くときはそう思うんだ。個人的には、学べば学ぶほど分からなくなっていくような気がする。だから、今は本当にラッキーだと思っているし、将来についても楽観的だよ」と述べたということ。なお、このデビュー・アルバムは日本盤も発売されている。

アルバム『Optimist』


2021年10月15日発売
UICS-1381 2,750円(税込)
『オプティミスト』の視聴はこちら:https://umj.lnk.to/FINNEAS_Optimist

■トラックリスト
A Concert Six Months From Now ア・コンサート・シックス・マンス・フロム・ナウ
The Kids Are All Dying ザ・キッズ・アー・オール・ダイイング
Happy Now ハッピー・ナウ
Only A Lifetime オンリー・ア・ライフタイム
The 90s ザ・ナインティーズ
Love Is Pain ラヴ・イズ・ペイン 
Peaches Etude ピーチズ・エチュード
Hurt Locker ハート・ロッカー
Medieval ミディーヴァル
Someone Else’s Star サムワン・エルシズ・スター
Around My Neck アラウンド・マイ・ネック
What They’ll Say About Us ホワット・ゼイル・セイ・アバウト・アス
How It Ends ハウ・イット・エンズ
関連リンク
◆フィニアス 日本オフィシャルサイト

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_bd0251c09fd3 oa-rp67031_0_26b9b1e0665a_にしな、「夜になって」MV公開。ディレクターはMISS BEAN 26b9b1e0665a 26b9b1e0665a にしな、「夜になって」MV公開。ディレクターはMISS BEAN oa-rp67031

にしな、「夜になって」MV公開。ディレクターはMISS BEAN

2021年10月16日 20:00 BARKS

にしなの最新ミュージックビデオ「夜になって」が公開された。

◆にしな MV、画像

10月13日に配信リリースされた「夜になって」は、にしながデビュー前から温めてきたという楽曲。MISS BEANがディレクションを担当したミュージックビデオは、香港と日本で撮影された映像を織り交ぜた作品となっている。

ミュージックビデオとあわせて、小林光大が撮影した新しいアーティスト写真も公開された。また、にしなが所属するワーナーミュージック・ジャパンの公式サイトには「夜になって」のオフィシャルインタビューもアップされている。

デジタルシングル「夜になって」

2021年10月13日(水)配信開始
https://nishina.lnk.to/yoruninatte

「夜になって」オフィシャルインタビュー

https://wmg.jp/nishina/news/86978/

関連リンク

◆にしな オフィシャルサイト
◆にしな オフィシャルTwitter
◆にしな オフィシャルTwitter(スタッフ)
◆にしな オフィシャルInstagram
◆にしな オフィシャルYouTubeチャンネル
◆MISS BEAN オフィシャルサイト

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_bd0251c09fd3 oa-rp67031_0_f142e8dbb49c_CUBERS、サンリオピューロランドでの2daysライブ決定。 全公演異なるサンリオキャラが登場 f142e8dbb49c f142e8dbb49c CUBERS、サンリオピューロランドでの2daysライブ決定。 全公演異なるサンリオキャラが登場 oa-rp67031

CUBERS、サンリオピューロランドでの2daysライブ決定。 全公演異なるサンリオキャラが登場

2021年10月16日 20:00 BARKS


CUBERSが12月18日(土)・19日(日)にサンリオピューロランドにて<CUBERS Xmas Special Live 2021 in サンリオピューロランド>を2daysで全4公演、ライブ開催することを発表した。

このライブは、1日目の1部がポムポムプリン公演、2部がバッドばつ丸公演、2日目の1部がマイメロディ公演、2部がシナモロール公演と、全公演異なるサンリオキャラクターが登場し、スペシャルコラボも実施する。また、ハローキティは全公演出演予定となる。

公演決定をうけ、リーダーの末吉9太郎は「サンリオピューロランドでのライブの開催が決定しました!!CUBERSとサンリオピューロランドって...こんな可愛くて平和な世界があっていいのだろうか?絶対に素敵な時間になるよー!!絶対遊びにきてくださいね!!」とコメントした。

チケットはLINE最速先行が10月16日(土) 20:00より受付スタートしている。

   ◆   ◆   ◆

■メンバーコメント

■末吉9太郎
サンリオピューロランドでのライブの開催が決定しました!!CUBERSとサンリオピューロランドって...こんな可愛くて平和な世界があっていいのだろうか?絶対に素敵な時間になるよー!!絶対遊びにきてくださいね!!

■TAKA
サンリオピューロランドの世界とCUBERSのライブとの融合でどういう空間が生まれるか初めてで凄くワクワクしています!
僕たちも盛り上がるライブを準備しますので、一緒に素敵な時間にしましょう!

■春斗
サンリオピューロランドでの2日間のLIVE、すごく楽しみで今からワクワクしています!ここでしか見れない特別なLIVEになると思います。CUBERS×サンリオピューロランドで、現実を忘れちゃうような幸せな時間を皆さんと共有できたらなと思います!

■優
サンリオピューロランドのフェアリーランドシアターでライブをさせていだだきます。
今までにやったことのないような会場でのライブなのでいつもと違うライブになると思います。
お越しくださった日はサンリオピューロランドもCUBERSのライブも両方楽しんでいただけると嬉しいです!

■綾介
この度サンリオピューロランドで2daysのLIVEをする事が決まりました!!サンリオピューロランドでイベント出来るという事でとてもワクワクドキドキしてます。スペシャルなコラボもあります!2日間僕らと一緒に最高の時間にしましょー!!

   ◆   ◆   ◆

<CUBERS Xmas Special Live 2021 in サンリオピューロランド>

日程:2021年12月18日(土)
第1部ポムポムプリン公演 open 12:00/ start 12:30
第2部バッドばつ丸公演 open 16:00/ start 16:30

日程:2021年12月19日(日)
第1部マイメロディ公演 open 12:00/ start 12:30
第2部シナモロール公演 open 16:00/ start 16:30
※全公演ハローキティは出演します。

会場:サンリオピューロランド(フェアリーランドシアター)
詳細:https://www.puroland.jp/spl-event/cubers-spl/

<チケット>
前売り:第1部/全席指定¥8,800 (税込) 、第2部/全席指定¥8,800 (税込)
※大小共通となります。
※サンリオピューロランドパスポート(土日祝日・大人3,900
円) 、来場予約とイベント入場料が含まれています。
※指定席となります。
※3歳以上のお子様からチケットが必要となります。

・LINE最速先行(CUBERS 公式LINE登録者限定)
販売期間:2021年10月16日(土)20:00〜2021年10月27日(水)23:59

・プレリク先行 (抽選)
販売期間:2021年10月30日(土)20:00~2021年11月10日(水)23:59
ローソンチケット:https://l-tike.com/search/?keyword=32208

・一般発売(先着)
販売期間:2021年11月20日(土)10:00~2021年12月17日(金)23:59
ローソンチケット:https://l-tike.com/search/?keyword=32208
イープラス:https://eplus.jp/cubers_pl/

外部リンク