cat_oa-rp67031_issue_b2466805ce8d oa-rp67031_0_b2466805ce8d_GooBeesが、ふるさと復興応援ソングアルバム『人生旅人』をリリース b2466805ce8d b2466805ce8d GooBeesが、ふるさと復興応援ソングアルバム『人生旅人』をリリース oa-rp67031

GooBeesが、ふるさと復興応援ソングアルバム『人生旅人』をリリース

2020年3月11日 12:00 BARKS

GooBees(グービーズ)が、ふるさと復興応援ソングアルバム『人生旅人』をリリースする。

東日本大震災から本日で9年が経った。当時東北大学在籍だった彼らが『誰かのために“心境”を残したい』とGooBeesを結成。そんな当時の足跡とキモチを復興応援ソングとして7曲のアルバムにまとめあげ、2020年4月22日に発売する。

ゆずやコブクロが路上からメジャーデビューした時代、弾き語り奏者が集う仙台路上で青春を謳歌したGooBeesの【現在のカタチ】がぎっしり詰まったアルバムとなった。どこか懐かしく、グループサウンズ再来の匂いがするこのアルバム、中でも「水時計」は名曲だ。

リリース情報

人生旅人/GooBees
発売日:2020年4月22日(水)
品番:TH-210
価格:¥1,900+税
[収録曲]
01.無人駅
02.ゆっくり歩き出そう
03.Love Story
04.水時計
05.携帯メロディー
06.春風
07.銀杏並木
関連リンク

◆GooBees オフィシャルサイト

cat_oa-rp67031_issue_b2466805ce8d oa-rp67031_0_9e45d6db03f8_ハンバート ハンバート、初の無観客生配信ライブ開催 9e45d6db03f8 9e45d6db03f8 ハンバート ハンバート、初の無観客生配信ライブ開催 oa-rp67031

ハンバート ハンバート、初の無観客生配信ライブ開催

2020年8月5日 19:00 BARKS

ハンバート ハンバートが8月25日に自身初となる無観客生配信ライブを開催することが決定した。

◆ライブ映像

“二人っきりでの演奏で今だから出来る事に挑戦しよう”というテーマで、彼らが選んだスペシャルな場所からライブを生配信。観覧方法などの詳細は追って発表される。

さらに本日8月5日に発売されたライブ映像作品『はたらくふたり Live at Nakano Sunplaza hall』から、“本作の熱量を伝えたい”という思いで人気曲「ぼく のお日さま」の映像がフル尺で公開された。こちらは生配信ライブへの期待が高まるパフォーマンスとなっている。



『はたらくふたり Live at Nakano Sunplaza hall』

発売日:2020 年 8 月 5 日(水)
DVD:DDBB-14007 ¥3,700+税
Blu-ray:DDXB-14001 ¥4,500+税

収録内容
01.合奏は楽しい
02.がんばれ兄ちゃん
03.おじさんと酒
04.MC「すごく観たかった映画」
05.まぶしい人
06.透明人間
07.鬼が来た
08.バビロン
09.MC「ヤンキーの先輩」
10.ぶらんぶらん
11.やさしい気持ち
12.長いこと待っていたんだ
13.MC「アイデアメニュー」
14.おなじ話
15.ひなぎく
16.小さな声
17.邂逅
18.ぼくのお日さま
19.虎
20.23時59分
21.おいらの船
22.ホンマツテントウ虫
23.Farewell Song
24.喪に服すとき

◆ハンバートハンバート オフィシャルサイト

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_b2466805ce8d oa-rp67031_0_902747bbf202_HAIIRO DE ROSSI、今日発売の最新アルバム『HAIIRO DE ROSSI』より収録曲「Think Twice」リリックビデオ公開 902747bbf202 902747bbf202 HAIIRO DE ROSSI、今日発売の最新アルバム『HAIIRO DE ROSSI』より収録曲「Think Twice」リリックビデオ公開 oa-rp67031

HAIIRO DE ROSSI、今日発売の最新アルバム『HAIIRO DE ROSSI』より収録曲「Think Twice」リリックビデオ公開

2020年8月5日 19:00 BARKS

本日8月5日(水)にリリースされたHAIIRO DE ROSSIの自身のアーティスト名を冠した最新アルバム『HAIIRO DE ROSSI』より収録曲「Think Twice」のリリックビデオが19時に公開となった。

◆HAIIRO DE ROSSI 関連動画&画像


同曲はJ.ディラやエリカ・バドゥなどもカバーしているドナルド・バードの同名曲をプロデュースを担当したpigeondustがサンプリングしたビートに、HAIIRO DE ROSSIが現代のSNS中心の時代を風刺したリリックをのせた楽曲だ。

『HAIIRO DE ROSSI 』

2020年8月5日(水)リリース
Forte FRTCD-021 3.300円+税

■Disc-1
1.Mood feat.CHIYORI (produced by 湯煙 bee)
2.Flower (produced by DJ Mitsu the Beats)
3.My Fan feat.crime6 (produced by MAHBIE)
4.Think Twice (produced by Pigeondust)
5.Young Gould (produced by lee(asano+ryuhei)&KOR-1)
6.Coffee Time (produced by 1Co.INR)
7.⼆⼈の秘密 feat.泉まくら (produced by 1Co.INR)
8.春を⽬指して feat.泉まくら (produced by Eccy)
9.Life (produced by Pigeondust)
10.ARTIST feat.曽我部瑚夏 (produced by Eccy)
11.forte pt.2 (produced by Eccy)

■Disc-2
1.Mood-Instrumental
2.Flower-Instrumental
3.My Fan-Instrumental
4.Think Twice-Instrumental
5.Young Gould-Instrumental
6.⼆⼈の秘密-Instrumental
7.春を⽬指して-Instrumental
8.Life-Instrumental
9..ARTIST-Instrumental
10.forte pt.2-Instrumental

◆HAIIRO DE ROSSI Twitter

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_b2466805ce8d oa-rp67031_0_097a7f866323_【連載】フラチナリズムの労働to武道館vol.41「ピンチはチャンスとはよく言ったもんだ」 097a7f866323 097a7f866323 【連載】フラチナリズムの労働to武道館vol.41「ピンチはチャンスとはよく言ったもんだ」 oa-rp67031

【連載】フラチナリズムの労働to武道館vol.41「ピンチはチャンスとはよく言ったもんだ」

2020年8月5日 19:00 BARKS

▲フルアルバムがまた出せます!!


フラチナリズムの労働to武道館
~売れてないバンド界イチ売れてるバンドが武道館を目指す話~


夏到来
真夏に突入!!!でございます。
梅雨も明けて、ここから夏本番が始まるそんな時期に差し掛かりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?
我々フラチナリズムはとてつもなく元気で、かえって忙しくなってるくらいの勢いでございます。
フラチナリズムのボーカル&エンターテイナー&明るさだけが取り柄のモリナオフミです。

夏といえばやっぱりフェスですよね。今年は残念ながらほぼ開催することは困難な状況です。我々もいくつイベントが無くなったことか・・・と失った数を数えるよりもできる事の数を数えます。悲しい気持ちや、寂しい気持ちは持ったままでいいです。それでも人は生きていくのです。
なるべく多めに笑っていた方がいいとシンプルに思うので、我々みたいなエンタメ人間ができることは山ほどある。それを計画し、実行するにはもってこいの時期だとは思いませんか?僕は思います。
忙しい日常にかまけてお留守になっていたものたちを振り返り研ぎ澄ますには持ってこいですよ。
ああなるほど。ピンチはチャンスってそういうことか。と、この年になって初めて理解できた気がしてます。

エンタメ人間たるもの今こそ力を発揮するべき時です。悲しみに暮れる世界を、音楽で明るくしたい。
僕は世界を救えるヒーローではありませんし、きっとそんな人なかなかいないと思いますけど。今ならばヒーローになれる時です。ヒーローは決まって誰かのピンチに登場するでしょ?

ミュージシャンはそのヒーローの一人になれる存在であると僕は信じています。今しか書けない曲を書き、今しか歌えない歌を歌って、誰か笑顔に出来りゃそりゃもうヒーローだ。
トニー・スタークも真っ青のアイアンマンMARK IIIだ。頑張ろう!俺!そして!お前!!って言ってたらライブ自粛前より明らかに忙しくなって、ヒマナンデスなんて言って毎日配信してたのに今では平日しかヒマジャナインデス状態になって毎日配信やめましたwすんません。

その代わりと言ってはなんですが、ニューアルバムを10月にリリースしちゃいます。6月に12曲入りのフルアルバムを出したばかりですが、10月に11曲(予定)入りのフルアルバムを出しちゃいます。
2年に1度のペースでしかフルアルバムを出せていなかったバンドが急に4ヶ月に1枚のペースに変わりました。これは果たしてマイナスでしょうか?それともプラスなのでしょうか?
それは誰にもわかりませんが、この期間だからこそ新しい曲が生まれたことは間違い無いでしょう。
フラチナリズムのニューアルバムプロジェクトはこちら↓
https://www.furachinarhythm.com/zerokara


有料オンラインライブを進化させる
今、様々なアーティストがオンラインライブを有料化しています。かくいう我々も有料オンラインライブをやっています。
そりゃまぁ生でライブがなかなかやれない時期ですから、そうなっていくのは至って自然なことです。業界にとっても別に悪いことでも何でもなく、むしろメリットの方が多い、一つのコンテンツとして確立されました。

しかしながら、毎回同じライブをやってしまうと有料オンラインライブは視聴者が減っていくと思っています。
生ライブに比べて減って行きやすいと思います。その理由はこのコラムでも幾度となく書いてきたことなので割愛しますが。

生と画面越しは全然違います。生ライブは空間の中にいる。オンラインライブは空間の外にいる。
オンラインライブはユーザーがすごく冷静に一歩引いてみれる環境が整っているのです。なので生のライブと同じように立ち回ってもうまくいかないことが多いと思います。全くの別物です。
ですから、「このセトリ前と一緒やん」とじっくり考えられたり、「この背景飽きたわ」と冷静に見ることができるのです。

言い方悪いですけど、視聴者の感情の操作が生に比べると難しいのがオンラインライブだと僕は思っています。だって横を見てみれば自宅なわけですから。我に返りやすい環境ですから。
映像に合わせてイスがガタガタと動くアトラクションで、下とか横とか見たらなんか醒めてしまうじゃないですか?
あれと似てる気がします。だから逆に言うと視聴者が「よりいいもの」を求めやすいということでもあります。

スマホやパソコン一つでいくライブを自由に選べるわけですから。どこに住んでいようが。仕事中だろうが。
何が言いたいかと言うと、中途半端なクオリティで有料オンラインライブをやって金集めたいだけなら「やめとけ」ってことです。それは確実にファンが離れます。何りも見てくれるファン(視聴者)ファーストでなくては生ライブより確実に減っていきます。

・音
・映像
・演出
・企画

このへんがこれから大きく進化していくだろうし、進化させれなかったらかなりきつくなると思われます。
このコラムでも何度も書きましたが、売れてるアーティストは別です。僕らみたいな中小アーティストはそうしていかないと有料オンラインライブに誰も来てくれなくなります。この上の要素はお金と技術さえ使えばなんとかなるでしょう。ここはクオリティ命で行きたいです。

僕はこれにさらにもう一つ、「シチュエーション」と言うものを加えてオンラインライブやったら面白いのでは?と思ってます。
夏は演者が海でオンラインライブ。冬は演者がコタツでアコースティックライブ。春は演者が花見会場で流し。とか。
シチュエーションを変えたりすることで画面上に映る景色は大きく変わります。それによって素敵な音楽の聴こえ方も変わってきて、オンラインライブならではの魅力が発掘できるかもしれません。

僕はそう思っているので、試しにやってみたいと思います。もちろん、音だけに拘った音楽全振り方もやります。いろいろ試して、ファンが喜ぶものを選んで行けたらいいなと思うので、一先ずオンラインライブを進化させたいです。
全体的にレベルを上げて、このオンラインライブを有料で楽しんでくれるファンの満足度をもっともっと上げていきたいです。
というかやります。



世界レベルのミュージシャンに?
楽曲提供も積極的にやらせてもらっている我々のもとに一つの依頼が来てくれました。
「よさこい世界総踊り曲を書いて欲しい」というものでした。

僕の地元の高知県発祥のお祭りで「よさこい祭り」というお祭りがあります。我々も毎年音楽隊として参加させてもらっているお祭りなのですが、今では日本各地で、世界各国で「YOSAKOI」という一つの文化として愛されています。
そんなよさこい祭りも今年は中止となりました。

そこで高知のよさこいレジェンド振付師の方々が立ち上がり、オンラインで祭りやろうぜ!一緒に踊ろうぜ!YOSAKOI!と立ち上がり、「世界総踊り計画」を立ち上げました。そこで世界中のみんなで踊るYOSAKOIの一曲をフラチナリズム書いてよ!となったわけです。
高知県の人からしたら、オリンピックのテーマソング書いてよ!って言われてるのと一緒くらい光栄なことです。
二つ返事で了解しました!むしろやらせてください!!なんですよ。

今まで音楽やってて世界に目を向けたことなんてなかったのですが、世界中のYOSAKOI好きの人に届く曲になると考えたら正直楽しみより不安が多かった気がします。計り知れないプレッシャー!この能天気おじさんがしばらく頭を抱えましたw

世界中のよさこい人口がどれくらいいるのかは僕にはわかりませんが、明らかにフラチナリズムを知ってる人よりよさこいを知っている人の方が多いわけで。もう一つの文化なわけですから。そんな一大プロジェクトに音楽で参加できるということは本当にありがたいことです。

無事に曲もできて、レコーディングを終えた時は、少しホッとしましたし、この曲が世界中に羽ばたいていくと考えたらワクワクしました。
よさこいを通して音楽で世界へ。まさかこんな日が来るとは想像もしてなかったですが。
フラチナリズム世界へ行かせていただきます。

ってなわけでまとめ!
デメリットの中に必ず隠れているであろうメリットを、
ネガティブの中に必ず埋もれているであろうポジティブを
見つけ出すまでほじくり返していけば
ピンチは必ずチャンスに生まれ変わるものだと本当に最近はよく思います。
ありがとう悲しみよ!これでまた強くなれます。紅蓮華みたいになりましたが
今月も読んでいただきまして本当にありがとうございました。

フラチナリズム モリナオフミ

関連リンク

◆フラチナリズム オフィシャルサイト
◆【連載】フラチナリズムの労働to武道館 まとめページ

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_b2466805ce8d oa-rp67031_0_f7a7cdcf8699_Ghost like girlfriend、初監督MV「BAKE NO KAWA」公開 f7a7cdcf8699 f7a7cdcf8699 Ghost like girlfriend、初監督MV「BAKE NO KAWA」公開 oa-rp67031

Ghost like girlfriend、初監督MV「BAKE NO KAWA」公開

2020年8月5日 19:00 BARKS

Ghost like girlfriendの最新シングル「BAKE NO KAWA」のミュージックビデオが公開された。

◆「BAKE NO KAWA」MV

同ミュージックビデオは、Ghost like girlfriendが自ら編集、監督を務めた初めての作品だ。彼は「今まで以上に自分の内面だったりを掘り下げた分、作ってる段階から“こういう映像”というのが仄かに見えていて、それを自分なりに編集して作らせていただきました」とコメントしている。その心象風景を切り取っていくかのように、目まぐるしく展開される映像に注目してほしい。

   ◆   ◆   ◆

■Ghost like girlfriend コメント

「BAKE NO KAWA」のMVが公開されました!
今まで以上に自分の内面だったりを掘り下げた分、作ってる段階から「こういう映像」というのが仄かに見えていて、それを自分なりに編集して作らせていただきました。

自粛期間中に作ったのですが、無力感に迫られて音楽を始めた身としては、どんな曲を作るよりも原点回帰の感覚がありました。

そんな経験を通して出来上がっていってる曲も沢山あるので、それらも近いうちに聴いていただきたいです。
ひとまずはMVをお楽しみください。

   ◆   ◆   ◆

Ghost like girlfriend「BAKE NO KAWA」

2020年5月6日(水)配信開始
https://lnk.to/bakenokawa

関連リンク

◆Ghost like girlfriend オフィシャルサイト
◆Ghost like girlfriend オフィシャルTwitter
◆Ghost like girlfriend オフィシャルInstagram

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_b2466805ce8d oa-rp67031_0_0dd2d2472d22_ERNIE BALL MUSICMANからハイ・コストパフォーマンス・モデル Sterling by MUSICMAN「S.U.Bシリーズ」登場 0dd2d2472d22 0dd2d2472d22 ERNIE BALL MUSICMANからハイ・コストパフォーマンス・モデル Sterling by MUSICMAN「S.U.Bシリーズ」登場 oa-rp67031

ERNIE BALL MUSICMANからハイ・コストパフォーマンス・モデル Sterling by MUSICMAN「S.U.Bシリーズ」登場

2020年8月5日 18:36 BARKS

ERNIE BALL MUSICMANより、圧倒的なハイ・コストパフォーマンス・モデルが登場。Sterling by MUSICMAN「S.U.Bシリーズ」がリリースされた。

55,000円からというコストパフォーマンスの高いギター、ベースをラインナップする「S.U.Bシリーズ」。SSSとHSS配列をラインナップするモダン・クラシックな「CUTLASS」、HH配列の「STINGRAY GUITAR」、アルバート・リーのシグネイチャー・モデル「ALBERT LEE SIGNATURE」、シングル・カッタウェイのユニークなデザインの「AXIS」、そして4弦と5弦をラインナップするアクティブ・ベースの「STINGRAY RAY4」と「STINGRAY RAY5」と多彩なモデルが揃った。いずれのモデルもオリジナル・ギグ・バッグが付属する。

■CUTLASS SSS

▲CUTLASS SSS, CHARCOAL FROST
「CUTLASS SSS」は、5ウェイ・スイッチ、ヴィンテージ・スタイルのフルクラム・トレモロ・ブリッジ、4:2オーバーサイズ・ヘッドストックを搭載したSSSピックアップ・レイアウトのモダン・クラシックなギター。ボディのカラーによって指板およびピックガードのカラーが異なり、DAPHNE BLUEはメイプル指板とホワイト・ピックガード、CHARCOAL FROSTはローレル指板にべっ甲ピックガードを組み合わせている。

■CUTLASS HSS

▲CUTLASS HSS, VINTAGE CREAM
「CUTLASS HSS」は、5ウェイ・スイッチ、ヴィンテージ・スタイルのフルクラム・トレモロ・ブリッジ、4:2オーバーサイズ・ヘッドストックを搭載したHSSピックアップ・レイアウトのモダン・クラシックなギター。ボディのカラーによって指板およびピックガードのカラーが異なり、VINTAGE CREAMはメイプル指板とホワイト・ピックガード、STEALTH BLACKはローレル指板にブラック・ピックガードとなっている。

■STINGRAY GUITAR

▲STINGRAY GUITAR, STEALTH BLACK
「STINGRAY GUITAR」は、3ウェイ・スイッチ、ヴィンテージ・スタイルのフルクラム・トレモロ・ブリッジ、4:2オーバーサイズ・ヘッドストックを搭載した、HHピックアップレイアウトのモダン・クラシックなギター。ボディ・カラーはSTEALTH BLACKのみで、ローレル指板を採用している。

■ALBERT LEE SIGNATURE

▲ALBERT LEE SIGNATURE, TRANS WALNUT
「ALBERT LEE SIGNATURE」は、その名のとおりアルバート・リーのシグネイチャー・モデル。マホガニー・ボディにハード・メイプル・ネックを5ボルトでジョイントした、レトロなオフセット・ボディ・シェイプが特徴的なギターだ。ピックアップは5ウェイ・スイッチ付きの2つのハムバッカーを搭載し、指板にはジャトバを採用。DAPHNE BLUEのみべっ甲ピックガードで、TRANS WALNUTとBLACKのはブラック・ピックガードとなっている。

■AXIS

▲AXIS, WHITE
「AXIS」は、象徴的なシングル・カッタウェイのユニークなデザインのギター。ハード・メイプルの非対称ネックとビンテージ・スタイルのトレモロを搭載した、プレイアビリティの高い1本だ。ピックアップ5ウェイ・スイッチ付きの2つのハムバッカー、指板にはジャトバを採用。ボディ・カラーはWHITEとBLACKの2色。

■STINGRAY RAY4

▲STINGRAY RAY4, TRANS BLUE SATIN
「STINGRAY RAY4」は、9Vアクティブ・プリアンプ、低ノイズ・ハムバッキング・ピックアップ、調整可能なヘビー・デューティー・ブリッジを搭載したアクティブ・ベース。ボディ・カラーによって指板が異なり、BLACK、MINT GREEN、VINTAGE SUNBURSTはメイプルを、FIESTA RED、VINTAGE CREAM、WALNUT SATIN、TRANS BLUE SATIN、RUBY RED BURSTはジャトバを採用している。ピックガードは、MINT GREEN、FIESTA RED、VINTAGE CREAMはホワイト・ピックガード、それ以外はブラック・ピックガードとなっている。BLACKカラーにはレフティ・モデルをラインナップする。

■STINGRAY RAY5

▲STINGRAY RAY5, MINT GREEN
上記STINGRAY RAY4の5弦モデル。こちらもボディ・カラーにより指板が異なり、BLACK、MINT GREEN、VINTAGE SUNBURSTはメイプルを、WALNUT SATIN、TRANS BLUE SATIN、RUBY RED BURSTはジャトバを採用。ピックガードは、MINT GREENものホワイト・ピックガード、それ以外はブラック・ピックガードとなっている。
製品情報

◆CUTLASS SSS
価格:55,000円(税別)
◆CUTLASS HSS
価格:55,000円(税別)
◆STINGRAY GUITAR
価格:55,000円(税別)
◆ALBERT LEE SIGNATURE
価格:72,000円(税別)
◆AXIS
価格:64,000円(税別)
◆STINGRAY RAY4
価格:56,000円(税別)
◆STINGRAY RAY4 LEFT HANDED
価格:60,000円(税別)
◆STINGRAY RAY5
価格:64,000円(税別)関連リンク

◆Sterling by MUSICMAN 製品詳細ページ
◆コルグ
◆BARKS 楽器チャンネル
関連画像&映像

◆MUSICMAN 画像

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_b2466805ce8d oa-rp67031_0_7b53cb5728e7_Baby Kiy、配信限定シングル3作品リリース決定 7b53cb5728e7 7b53cb5728e7 Baby Kiy、配信限定シングル3作品リリース決定 oa-rp67031

Baby Kiy、配信限定シングル3作品リリース決定

2020年8月5日 18:32 BARKS

Baby Kiyが8月12日から3週間ごとに新曲を3作品リリースすることを発表した。

◆ジャケット画像

8月12日には第一弾となる「Daisy girl diary」をリリース。曲タイトルは、Baby Kiyが活動を開始した頃に書いていたブログのタイトルに由来し、過去を振り返る日記の様な内容の歌詞となっている。

配信ジャケットは本人が日記を書いていた時代のフィルム写真を使用。楽曲同様、Baby Kiyの過去をイメージしたデザインになっている。あわせて公開された最新のアーティスト写真は、フォトグラファーの217..NINAが録り下ろしたナチュラルな表情の1枚となっている。

▲「Daisy girl diary」ジャケット

これを皮切りに、9月2日、9月23日に連続で新曲がリリースされる。第二弾のリリース日である9月2日には、配信ライブ<BABY KIY Acoustic Live Stream>の開催も決定している。こちらのライブでは新曲もパフォーマンスされる予定だ。

■Baby Kiy コメント
今の私ができたきっかけは『Daisy girl diary』というブログに日記のような記事を書いていたのが始まりです。

この曲を書いた頃、
ふと立ち止まって過去を振り返れる時間があって、
昔書いたことも忘れてたくらいだったけど「こんなことあったな~」って
素敵な思い出がたくさんあって、
今は大人になった私たちだけど、若い頃はむじゃきに何も考えずに泣いたり笑ったりしてたなー、とか。
日記に走り書きしたような思い出が蘇って歌詞を書きました。

今は便利な世の中で、会えなくてもすぐ話しも出来るし、画面越しに顔だって見れる。
それももちろん素敵だけど、手紙を書いたり、日記を書いたり、逆に不便な事の素晴らしさもあるんじゃないかな。

去年出したアルバムの曲、「Humming bird ~キセツハズレノハナビ~」も過去を振り返って書いた曲なのですが、
何か繋がりを持って書けたらいいなと思って歌詞を書いたので、聴いてくれた方にそれが伝わってくれると嬉しいな。

今の時代だからこそ、聴いてほしい一曲です。

<BABY KIY Acoustic Live Stream>

日時:2020年9月2日(水)OPEN:18:30/START:19:00
会場:月見ル君想フ(http://www.moonromantic.com)
東京都港区南青山4-9-1シンプル青山ビルB1F
チケット:¥3,000
販売URL: https://www.moonromantic-channel.com/0902

◆Baby Kiy オフィシャルサイト

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_b2466805ce8d oa-rp67031_0_775e94098848_TASCAMのBluetooth対応モニタースピーカーに初音ミク&鏡音リン・レンモデルが登場 775e94098848 775e94098848 TASCAMのBluetooth対応モニタースピーカーに初音ミク&鏡音リン・レンモデルが登場 oa-rp67031

TASCAMのBluetooth対応モニタースピーカーに初音ミク&鏡音リン・レンモデルが登場

2020年8月5日 18:31 BARKS

ボカロ音楽を愛するファンに捧げるモニタースピーカーが登場。TSUKUMO(ツクモ)ブランドでパソコンおよびパソコン周辺機器を販売するProject Whiteとティアックが、TASCAMブランドから2ウェイパワードモニタースピーカーの新製品、初音ミクモデル「VL-S3BT MIKU」と鏡音リン・レンモデル「VL-S3BT RIN LEN」を9月9日に発売する。販売はツクモ店舗とツクモネットショップで行われ、8月5日より予約を開始している。

▲初音ミクモデル「VL-S3BT MIKU」

▲鏡音リン・レンモデル「VL-S3BT RIN LEN」
「VL-S3BT」は、ニアフィールドモニターならではの再現性とBluetoothの利便性をあわせ持った2ウェイパワードスピーカー。省スペース設置を可能にするコンパクトサイズながら、80Hz~22kHzというワイドな周波数特性を誇ることで人気のモデルだ。

ボカロ楽曲の創作では速いBPMに対応できるキレのよさ、多数の音色を聴き分けるバランスのよい再生能力、ボーカルの滑舌の確認など、さまざまな要素がモニタースピーカーに求められる。今回登場の2モデルは、そうした楽曲制作におけるシビアなモニタリングに対応し、また各キャラクターの世界観もあいまって、日々の創作を楽しくするスピーカーとなっている。

初音ミクモデル「VL-S3BT MIKU」と鏡音リン・レンモデル「VL-S3BT RIN LEN」ともに、Bluetoothによるワイヤレス再生に対応。さらに一般的なBluetooth再生より高音質・低遅延のQualcomm aptX/AACコーデックに対応することで、スマホからのワイヤレス再生においても制作に活用できるクオリティを提供する。その他Bluetooth接続機能を持つオーディオやゲーム機えの音楽再生などさまざまな用途でも活用可能だ。

本体は鮮やかなミクブルー、リンオレンジ、レンイエローに、各キャラクターのキュートなアイコンをあしらった。特に「VL-S3BT RIN LEN」は、フロントバッフルもリングレー、レンブラックと塗り分け、それぞれのキャラクターのイメージカラーを反映。いずれもシンプルながら飽きのこないデザインに仕上げた。

製品のアイコンとパッケージのイラストは人気イラストレーターのnecömiさんが特別に描き下ろし。「VL-S3BT MIKU」は作曲に取り組むミクを、「VL-S3BT RIN LEN」は仲良くリスニングを楽しむリン、レンの様子が描かれており、限定モデルにふさわしい特別なデザインになっている。さらに購入特典として、パッケージイラストを用いたクリアアイルをプレゼント。それぞれのイラストをクリアファイルの両面に使用した、Wポケットクリアファイルになっている。

発売を記念して、人気ボカロPやミュージシャンなど総勢8名によるスペシャルレビューがTASCAMウェブサイトに順次掲載予定。第1弾はピノキオピーさん、DIVELAさん、ワンダフル☆オポチュニティさん。それぞれ自身の作曲環境でスピーカーをテストしている。こちらもあわせてチェックしてほしい。
製品情報

◆VL-S3BT MIKU(初音ミク)
価格:18,000円(税別、ペア)
◆VL-S3BT RIN LEN(鏡音リン・レン)
価格:18,000円(税別、ペア)
発売日:2020年9月9日

<ツクモ販売店舗>
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ツクモ名古屋1号店
DEPOツクモ札幌駅前店
ツクモ日本橋店
ツクモネットショップ
関連リンク

◆VL-S3BT 製品詳細ページ
◆ティアック
◆ツクモ店舗
◆ツクモネットショップ
◆BARKS 楽器チャンネル

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_b2466805ce8d oa-rp67031_0_9f3ec72924ae_待望のKEMPER純正スピーカー・キャビネット「KEMPER Kabinet」登場 9f3ec72924ae 9f3ec72924ae 待望のKEMPER純正スピーカー・キャビネット「KEMPER Kabinet」登場 oa-rp67031

待望のKEMPER純正スピーカー・キャビネット「KEMPER Kabinet」登場

2020年8月5日 18:28 BARKS

KEMPERより、KEMPER PROFILER専用の軽量でパワフルなスピーカー・キャビネット「KEMPER Kabinet」がリリースされた。

「KEMPER Kabinet」は、KEMPER PROFILERのために特別に設計されたスピーカー・キャビネット。KEMPER Koneラウド・スピーカーとKEMPERが開発した膨大なスピーカーの音をマイニングする技術との組み合わせにより、1台のキャビネットにさまざまなスピーカーの特徴を、デジタル的に“刻み込む”ことができる。

搭載するフルレンジ12インチ・スピーカーKEMPER Koneは、CelstionによってKEMPERのために独自に設計されたもの。KEMPER PROFILERのDSP専用のアルゴリズムを用いることで、KEMPER PROFILERのフルレンジ対応DSPによるコントロールが可能だ。

従来のフルレンジ・システムの考え方とは対照的に、KEMPER Koneの放射パターンは、通常のPAスピーカーやモニター・スピーカーと異なり、フルレンジ・サウンドにおいても鮮明にギター・スピーカーの特徴を出すためにクラシックなギター・スピーカー・シャーシの原理に特化している。「Imprints」モードでは、Celestionをはじめとする数多くの著名なギター・スピーカーに加え、いくつかの希少で特化したギター・スピーカーの中から音を選ぶことが可能。将来的なソフトウェア・アップデートでさらに多くのスピーカー・サウンドの追加が予定されている。

「KEMPER Kabinet」は、PROFILER PowerHeadやPowerRackといったパワーアンプのほか、あらゆる外付けのパワーアンプにおいても活用が可能だ。ステレオの外付けアンプと使用する際は、2つのキャビネットを使うことでステレオにすることができる。

▲KEMPER PowerHeadとの組み合わせ
なお、スピーカー・ユニットKEMPER Koneは、現行のギター・キャビネットのスピーカーの交換用としても利用が可能だ(KEMPER Koneの発売日は未定)。12インチ2発または12インチ4発のギター・キャビネットにおいて、単一・2セット・4セットのスピーカー・ユニットとして使用することができる。キャビネットのサードパーティ・メーカーからの依頼も歓迎している。
製品情報

◆KEMPER Kabinet
価格:75,000円(税別)

<おもな仕様>
寸法(H×W×D):42×51×23cm
重量:11.3kg
許容入力:200W
インピーダンス:4Ω
関連リンク

◆KEMPER
◆コルグ
◆BARKS 楽器チャンネル

外部リンク

cat_oa-rp67031_issue_b2466805ce8d oa-rp67031_0_31c92f303703_ARTURIAからライヴパフォーマンスにうれしい機能を搭載したシーケンサー内蔵キーボード「KeyStep Pro」 31c92f303703 31c92f303703 ARTURIAからライヴパフォーマンスにうれしい機能を搭載したシーケンサー内蔵キーボード「KeyStep Pro」 oa-rp67031

ARTURIAからライヴパフォーマンスにうれしい機能を搭載したシーケンサー内蔵キーボード「KeyStep Pro」

2020年8月5日 18:25 BARKS

ARTURIAから4系統のポリフォニック・シーケンサーを内蔵したコンパクトなキーボードコントローラーが登場。「KeyStep Pro」がリリースされた。

▲アフタータッチ付き37鍵スリム・キーボードは各キーの上にLEDを装備。シーケンサー専用ボタンやLED付きリング付きエンコーダー、静電式タッチ・ストリップなどの多彩なコントローラーを搭載。
「KeyStep Pro」は、3オクターブ、ベロシティ+アフタータッチ対応37鍵スリム・キーボードに、ライヴパフォーマンスをカンタンに、しかも楽しくプレイできる機能を多数搭載。マルチモード・アルペジエイター、ランダム機能、コード・モード、リアルタイム・レコーディングといったリアルタイム系の各種機能に加え、視認性の高いOLEDディスプレイやLEDイルミネーション装備のコントロール類で、暗いステージ上でも思いどおりにコントロールできる。

シーケンサーは4系統の独立してポリフォニック・シーケンサー・トラックを搭載。シンセやモジュラー、ドラムマシンなどを思いのままにコントロールできる。各トラックで16種類のパターンを使用可能、各シーケンス・パターンは最長64ステップまで使用でき、各ステップには16ノートまで入力できる。また、最大16個のパターンをつなげて1曲全体や楽曲のセクション構築も可能。すべてのシーケンスのパターン内でスナップショット機能が使え、シーケンスのセットを瞬時に切り替えることも可能だ。これらデータのロードやコピー、音作り、エディット、セーブなどすべての操作は本体のみで行なえ、データは本体メモリーに保存できる。

アナログ、モジュラーを含むハードウェア・シンセやソフトウェア・インストゥルメントの数々を集中コントロールする機能も搭載。4系統のCV/Gate+Modアウト、8系統のドラム専用ゲート・アウト、クロック、MIDIイン、2系統のMIDIアウト、独立メトロノーム・アウト、サスティン・ペダル・インを装備。DAW/ソフトウェアシンセのコントロールにUSB端子を備える。

▲リアパネルには、CV/Gate/Mod Out×4、ドラム・ゲート・アウト×4、クロックイン/アウト、MIDIイン×1、MIDIアウト×2、メトロノーム・アウト、サスティン、USBを配置。
キーボードはオクターブを切り替えていろいろな音域でコード演奏が可能、LEDでシーケンスパターンを瞬時に確認できる。このほか、ノート情報のエディットをリアルタイムに行えるLEDリング付きエンコーダー、素早いエディットが可能なステップ・エディット・ボタン、スピーカー内蔵のメトロノーム、ルーパーなどのコントロールが可能な静電式タッチ・ストリップ、いつでもコントロールできるテンポ/スウィング/プロジェクト・エディット・コントローラーなどの専用ボタンも搭載する。


製品情報

◆KeyStep Pro
価格:57,000円(税別)
関連リンク

◆ARTURIA
◆コルグ
◆BARKS 楽器チャンネル
関連画像&映像

◆ARTURIA 画像

外部リンク