cat_oa-rp65604_issue_9b5fba590872 oa-rp65604_0_9b5fba590872_えなこ、コスプレ一切なしの写真集 史上最高の「素のえなこ」で挑む王道 9b5fba590872 9b5fba590872 えなこ、コスプレ一切なしの写真集 史上最高の「素のえなこ」で挑む王道 oa-rp65604

えなこ、コスプレ一切なしの写真集 史上最高の「素のえなこ」で挑む王道

2021年8月8日 12:05 KAI-YOU.net

雑誌15誌の表紙ジャックも話題のコスプレイヤー・えなこさんが、初のコスプレなしの写真集『OFF COSTUME』を9月21日(火)に発売する。

文字通りコスチュームをまとわない「素のえなこ」として初めてとなる写真集には、ほぼすっぴん状態のえなこさんの姿を収録。

『パスポート』(白石麻衣さん)、『インターミッション』(生田絵梨花さん)などの撮影で知られるカメラマン・中村和孝さんが、開放感のあるロケーションで等身大の彼女を撮り下ろした。

ビーチやホテル、プール、海沿いの街などを舞台に、ランジェリー姿をはじめ、本人史上最高のスペシャルカットを収めた、美しさとかわいさと色気が同居する王道的写真集に仕上がっているという。

【画像40点】「素のえなこ」による写真集先行カット他

コスプレイヤー・えなこが披露する“素の自分”

えなこ写真集『OFF COSTUME』


コスプレを多くのメディアが取り上げるエンターテインメントに押し上げ、文化としての発展にも貢献しているえなこさん。『情熱大陸』出演、アーティストデビューや冠番組、雑誌15誌の表紙ジャックと、話題に事欠かない状態が続いている。

コスプレイヤーとしての確かな実績がある一方で、コスプレ一切なしの写真集にあたっては「ほぼすっぴんの状態で、今まで私に自信を持たせてくれたコスプレがなくて…正直、すごくドキドキしています」と心境を吐露。

えなこ1stメジャー写真集『えなこ cosplayer』/画像はAmazonより


振り返れば2019年、メジャー1st写真集『えなこ cosplayer』は、『To LOVEる -とらぶる-』や『僕のヒーローアカデミア』など全作作家・版元許諾済みという日本一のコスプレイヤーに相応しい内容だった。

それでも、素の自分としての今回の写真集について「一人の女性として、今の等身大でありのままの私が詰まった一冊になると思います!」と力強く語っている。



【画像40点】コスプレイヤー・えなことしての姿

外部リンク

cat_oa-rp65604_issue_9b5fba590872 oa-rp65604_0_t9xxnc9u54mc_VTuber市松寿ゞ謡の新作ホラゲー『夜詛curse of soirée』リリース日が決定 t9xxnc9u54mc t9xxnc9u54mc VTuber市松寿ゞ謡の新作ホラゲー『夜詛curse of soirée』リリース日が決定 oa-rp65604

VTuber市松寿ゞ謡の新作ホラゲー『夜詛curse of soirée』リリース日が決定

2022年7月5日 12:20 KAI-YOU.net

ゲームクリエイター/バーチャルYouTuber(VTuber)の市松寿ゞ謡さんによる新作ゲーム『夜詛curse of soirée』が、7月7日(木)にPC向け(Steam)にリリースされる(外部リンク)。

また、リリースに併せて前作『GOHOME』が、7月7日から1週間77%オフになるセールが行われる。

【画像7点】新作『夜詛curse of soirée』の不穏な世界観

洋館が舞台の探索ホラーゲーム『夜詛curse of soirée』

『夜詛curse of soirée』は、1900年代初頭の洋館を舞台にした探索ホラーアドベンチャーゲーム。気づくと見知らぬ洋館にいて、意識がはっきりする前後の記憶が定かではない桐間硝佳(きりましょうか)が主人公。

彼女が洋館を出ようとした際に、大切にしていた折り鶴を落としていたことに気づき、どこか不気味な館内を探索する……というあらすじになっている。

主人公・桐間硝佳の声優をつとめる友琴乃さんのほか、『鬼滅の刃』や『オッドタクシー』で知られる声優の花江夏樹さん(百太郎役)が出演。

また、ホラー系VTuberとして活動するォ逅(ンヌグム)さん(肉天則役)、ミミカ・モーフさん(ニョロ美役)、人生つみこさん(百太郎の母役)さんの声優参加も発表されている。

我道を行くゲームクリエイターのVTuber・市松寿ゞ謡

市松寿ゞ謡さんは、オリジナルのゲームや音楽を手がける市松人形のVTuber。

Steam版のリリース後、Nintendo Switch版も発売された前作『GOHOME』は、ガッチマンさん、レトルトさん、ポッキーさん、キヨさんと、多くのゲーム実況者がプレイしたことでも話題になった。

この『GOHOME』のリリース後、新作『夜詛curse of soirée』を長らく制作していたが、すでにさらなる新作『超ホラゲー(仮)』の制作も決まっており、こちらは本人が「最もつくりたい」と目標に掲げていたゲーム。

『超ホラゲー(仮)』は、3月に決まった講談社のインディーゲームクリエイター支援プロジェクト「ゲームクリエイターズラボ」のメンバーとして、年間1000万円の支給や担当編集者による壁打ちサポートなどの支援を受けて制作される予定だ。

今後、市松寿ゞ謡さんは同作の制作に本腰を入れると思われ、非常に期待が高まるが、まずは熱帯夜をほどよく冷やしてくれそうな『夜詛curse of soirée』を楽しみたい。

外部リンク

cat_oa-rp65604_issue_9b5fba590872 oa-rp65604_0_cm9msmhbuzl3_「DLsite」TRPG体験会レポート ロボに乗り、狂気に飲まれ、人の温かみを感じる cm9msmhbuzl3 cm9msmhbuzl3 「DLsite」TRPG体験会レポート ロボに乗り、狂気に飲まれ、人の温かみを感じる oa-rp65604

「DLsite」TRPG体験会レポート ロボに乗り、狂気に飲まれ、人の温かみを感じる

2022年7月4日 20:00 KAI-YOU.net

YouTubeでの配信文化などと合わさり盛り上がっているTRPG

昨今では、コロナ禍もあり実際に会うことが難しくなっていたため、Discordなどのチャットツールや「ココフォリア」のような支援ツールを用いて行うオンラインでのプレイが勢力を伸ばしています。

今回は、日本最大級の同人作品ダウンロード販売サイト「DLsite」が主催するオフラインでのTRPG体験会が開催されるということで、KAI-YOU Medium Tech.ディレクター/漫画コンシェルジュ/ボドゲ研究家として活動する私、コバヤシも参加させていただきました。

数年ぶりのオフラインセッションでウキウキしているコバヤシ(目が死んでいるのは暑さのせい)


オリジナルロボットで危険な冒険稼業『ガラコと破界の塔』

まず最初に体験したのは、SFとロボットがテーマの同人TRPG『ガラコと破界の塔』。

「ノルヴァ17」という星を舞台に、「ガラコ」というロボットを操り、危険なドローンを倒したり、冒険をする「ガラコ乗り」となるシステムです。

プレイヤーとして、TRPGイベント「調布コンベンション」主催の露茶(ロシアンティー)さんと、KAI-YOU代表・ちゃんよねが、ゲームマスター(GM)として『ガラコと破界の塔』の作者である射狩矢仗助さんが共に卓を囲みます。

『ガラコと破界の塔』作者・射狩矢仗助さん


『ガラコ』はデータが充実したシステムで、あーでもないこーでもないと言いながらキャラクターの能力やガラコのパーツを試行錯誤し、キャラクターをつくり上げていきます。

いざセッションが開始すると、ドローン討伐の依頼を受け、敵が待ち受ける「破界の塔」へと赴くことに。

初心者向けのシナリオだったので、ちゃんよねが敵に一撃でコックピットを撃ち抜かれ死にかけたり、GMの出目が走り、筆者の攻撃を連続神回避されたりしながらも、一行は危なげなく塔の最上階に到着。

ちゃんよねが今度は罠にかかり死にかけたりしながらも、なんとかボスを撃破し、無事、依頼を完了することができました。

それぞれのコマはミニチュアで管理


個人的には、こういったデータをあれこれ組み上げたり、マップにミニチュアを置いて……というセッションが久しぶりだったので、非常に楽しかったです。

歩きつつ、そこに敵がいれば攻撃を仕掛けられる、探索と戦闘が一体になっている点も非常にユニークで興味深かったです。サクサクとプレイすることができました。

『ガラコと破界の塔』のルールブックなどは、DLsiteでも頒布されているので、是非プレイしてみてください。

DLsite内『ガラコと破界の塔』商品ページ

逃れられない狂気に飲み込まれる『Kutulu』

続いて、時間に多少余裕があったため、ご厚意でスウェーデン発の最新システム『Kutulu』も体験させていただけることに。

同システムは、アメリカのホラー作家・H.P.ラヴクラフトさんがつくり出した世界観「クトゥルフ神話」を題材としたもの。

今回体験させてもらったのは、実況者のむつーさんもプレイしているシナリオ「オーロラの祝福」。

GMを担当してくださったのは、なんとシナリオ制作者のカズまさん。

カズまさんいわく、『Kutulu』最大の特徴は「信頼できない語り手」が導入されていること。

物語が進みキャラクターたちに正気を失ってしまうような何かが起こると、GMによる風景や出来事の描写にもそれが反映されていき、唐突に時系列が飛んだり、客観的な事実とは異なることが描写されていく。

そして、プレイヤーにそれを止めるすべはなく、されるがまま狂気に飲み込まれていくのです。

1920年代のアメリカを舞台に、資産家の息子が撮影したある映画から始まる事件を描く同シナリオですが、セッションがスタートすると、とある出来事を境にカズまさんのギアが入っていき、「来たな…」と感じた頃にはもう逃れられない狂気の渦に。

まるで落語家かと思うような語りで狂気的な描写が続き、「ヤバい…もう逃げられない…!」と思わされました。

カズまさんがGMをつとめている配信もYouTubeにアーカイブされているので、詳細なシナリオは是非配信を見てみるか、実際にプレイしてみてください。

DLsite内「オーロラの祝福」商品ページ

隣に人がいるということのありがたさ

個人的にも数年ぶりのオフラインセッションを遊ぶことができた体験会。ちょっとしたところでお互いの表情を見て、さらに盛り上がるよう行動してみたり。

そういう無意識にとどめてしまうような小さなコミュニケーションができる、隣に実際に人がいる状態でのセッションもやっぱりいいなと思いました。

また、どんな時間でも本人たちの都合が合えば家で遊ぶことができるオンラインに対して、今回のような場は1日スケジュールを確保しているため、自分の卓が終わった後に他の卓を見学したりといった形で、新たな出会いも生まれます。

オンラインでしか遊んだことがないという人でも、興味があれば、一度参加してみてはいかがでしょうか。

『Kutulu』ベータ版ルールブックを3名にプレゼント!

最後になんと、公式より非売品の『Kutulu』ベータ版ルールブック提供していただいたので、3名の方にプレゼント!

応募方法をご確認の上、ふるってご応募下さい!

1.KAI-YOU.netのTwitter(@kai_you_ed)をフォロー
2.以下のツイートをリツイート
【応募期限】
2022年7月22日(金)23時59分まで
【応募条件】
・日本国内に在住の方
・KAI-YOU.netのTwitterをフォローしている方
・TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)を受信可能な方
【当選発表】
ご応募いただいた方の中から抽選し、当選者を2名決定します。
当選者のみ、TwitterのDMにてお知らせいたします。
※都合により当選通知のご連絡が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください
※都合によりプレゼントの発送が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください
※住所の不備や転居先不明・長期不在などによりプレゼントをお届けできない場合は、当選は無効になります
※本キャンペーンの当選権利を他者に譲渡することはできません
※ご連絡後、一定期間お返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。
※発送は当選お知らせ以降、順次対応させていただきます。

外部リンク

cat_oa-rp65604_issue_9b5fba590872 oa-rp65604_0_q3ycwf1y9e07_にじさんじ「剣持刀也」名配信15選 リスナーとの“プロレス“エンタメ q3ycwf1y9e07 q3ycwf1y9e07 にじさんじ「剣持刀也」名配信15選 リスナーとの“プロレス“エンタメ oa-rp65604

にじさんじ「剣持刀也」名配信15選 リスナーとの“プロレス“エンタメ

2022年7月4日 17:00 KAI-YOU.net

男性VTuberを世に知らしめたパイオニアともいえる存在である剣持刀也(けんもちとうや)さん。

2018年3月から活動を開始、大手事務所であるにじさんじ公式バーチャルライバー2期生としてYouTube登録者数は67万人、Twitterフォロワー数は74万人を超えている(2022年7月時点)。

初期からにじさんじを牽引。そのトークスキルとリスナーとの独特なコミュニケーションで人気を博している。イベントやライブでも欠かせない存在だ。

剣持刀也さんの配信は、リスナーとの本気のバトルや連日怪文書が送られてくる「マシュマロ」、リスナーからのコメント欄での煽りなど、独特な雰囲気が築かれている。一度ハマったら抜け出せなくなること間違いなしだ。

加賀美ハヤトさん、不破湊さん、甲斐田晴さんと男性ユニット・ROF-MAOを結成しそちらでの活躍も目覚ましい。

ここでは、剣持刀也さんの面白さとカッコよさが伝わる動画を15本ピックアップ。唯一無二のキャラクター性と、リスナーとのコミュニケーションで人々を惹きつける、剣持刀也さんの魅力を紹介する。

{!{toc}!}

剣持刀也の代名詞「マシュマロ」「クソコラ」

剣持刀也さんを代表するコンテンツといえば、なんと言っても「マシュマロ」「クソコラ」であろう。

匿名でメッセージを送ることが出来るサービス「マシュマロ」を剣持刀也さんは開放しているが、剣持刀也さんの「マシュマロ」には、「クソマロ」と呼ばれる謎の文章が常時送られ続ける。

また、剣持刀也さんはファンがつくったサムネイル用に「#剣持刀也架空配信」というハッシュタグを設けているが、実態はサムネイルに使えるようなものはあまりなく、「クソコラ」で埋め尽くされている。

3D配信の一瞬を切り取ったり、高い画像加工技術を惜しみなく駆使したりしてつくられた、リスナー渾身の「クソコラ」は一見の価値ありだ。

「マシュマロ」や「クソコラ」の紹介は、配信冒頭の雑談タイムの一環として行われていることが多い。










リスナーとのプロレスと化す剣持刀也のゲーム配信

剣持刀也さんの配信で特徴的なのが、リスナーとの「プロレス」と呼ばれるやりとりが行われること。

蛇を操作して敵の蛇を餌にしながら自分の蛇を大きくするゲーム『スリザリオ』では、剣持刀也さんがスリザリオを始めるやいなや、リスナーたちが一斉にスリザリオに集まり、剣持刀也さんを負かそうと本気で狙い出す。

あつまれ どうぶつの森』配信でリスナーの村を訪問した際は、にじさんじ愛にあふれるリスナーの島に感動するも、最後には剣持刀也さんをも困惑させる部屋に案内されてしまう。



お題に沿って絵を描く伝言ゲーム『Gartic PHONE』では、「石で躓いて無様に転ぶ剣持」「剣持を食べる犬」など、なぜか剣持刀也さんが酷い目に遭うシチュエーションばかりを出され、剣持刀也さんも「どうなんですかねえこれ本人に描かせるというのは」と苦笑い。



しかし、これらは全て、剣持刀也さんとリスナーの間で長年培われてきたコミュニケーションなのだ

ユニットやコラボでも発揮される剣持刀也らしさ

剣持刀也さんが参加するユニット・ROF-MAOでも、剣持刀也さんは遺憾無く存在感を発揮する。

ROF-MAO結成発表前、メンバーで無人島サバイバル生活をした際には、崖で見つけたヤギを狩ろうと本気で奮闘。崖を下ろうとするなど体を張る。



ROF-MAOメンバーの不破湊さんのストレスを癒す企画では、同じくROF-MAOメンバーの甲斐田晴さん、加賀美ハヤトさんはかえって不破湊さんのストレスを溜めてしまう結果に。

ラストとなった剣持刀也さんが提案したストレス解消法は、加賀美ハヤトさんも「これが彼のためなんですか?!」と不安になってしまう。



同じくにじさんじ所属VTuber・夕陽リリさん伏見ガクさん、家長むぎさんとのコラボ「ハッピートリガー」では、仲良しならではの遠慮なしの煽り合いが発生

一方で、剣持刀也さんは鋭いツッコミ担当の一面も持ち合わせている。

伏見ガクさんとのコラボ「咎人」での配信では、伏見ガクさんのあまりのホラー耐性の強さやギャンブル好きにツッコミが止まらない。何かと爆笑してしまう伏見さんと、激しすぎる剣持刀也さんのツッコミはとても賑やかだ。





クリスマスの恒例行事!?「刀ピークリスマス」

剣持刀也さんを愛してやまない5歳児-それはオシャレになりたい!ピーナッツくん

毎年クリスマスにコラボし、持ち前のラップスキルを生かした曲を毎年剣持刀也さんにプレゼントしている。

歌詞の内容はピーナッツくんからの深すぎる愛を表現したもの。

「君に届く生活圏 とりまベッドの隙間に潜った あぁ残り香を吸った 愛の芳香剤が充満」と歌うピーナッツくんに、剣持刀也さんの口からは思わず「何してんだお前!」「本当に今年で終わろう」という言葉が飛び出す。

果たして、今年も無事「刀ピークリスマス」は開催されるのだろうか?



剣持刀也、実はカッコいい一面も!?

コミカルな面が強い剣持刀也さんだが、カッコいい一面を見せることも

歌ってみた動画やライブ、メンバーとして参加しているユニット・ROF-MAOなど、実は剣持刀也さんは歌声を披露する機会も多い。

特に、剣持刀也さんのまっすぐな歌声が月ノ美兎さんの澄んだ声と絶妙なハーモニーを織りなすBUMP OF CHICKEN「ray」のカバーは必聴だ。

ライブや歌動画からは、普段の剣持刀也さんとは違った魅力が発見できるだろう。





また、にじさんじメンバーが一堂に集って歌う年に一度のイベント「にじさんじ歌謡祭」では、司会と出演者の両方を務めた。

歌で魅せながら安定した司会で大きなイベントを盛り上げ、後に「にじさんじ歌謡祭」運営の竜胆尊さんも「安心して司会を任せられる」と発言していた。



外部リンク

cat_oa-rp65604_issue_9b5fba590872 oa-rp65604_0_cpd66vggk469_『Dead by Daylight』ボードゲーム化 恐怖の鬼ごっこをミニチュアで再現 cpd66vggk469 cpd66vggk469 『Dead by Daylight』ボードゲーム化 恐怖の鬼ごっこをミニチュアで再現 oa-rp65604

『Dead by Daylight』ボードゲーム化 恐怖の鬼ごっこをミニチュアで再現

2022年7月4日 16:19 KAI-YOU.net

ホラーゲーム『Dead by Daylight』(DbD)の開発元・Behaviour Interactiveが、アメリカのボードゲームパブリッシャー・Lv99gamesと開発した『DbD』ボードゲーム。その日本語版を株式会社アソビションが発売する。

7月4日(月)15時から7月24日(日)23時55分まで、先行販売のクラウドファンディング(外部リンク)が行われており、スタンダードエディション(7500円)とコレクターズエディション(1万5000円)の支援コースが公開されている。

【画像8点】精巧に再現されたサバイバーとキラーのミニチュア

キラーとサバイバーの恐怖の鬼ごっこを再現



サバイバルホラーゲーム『Dead by Daylight』をボードゲームに落とし込んだ本作。プレイ人数は3人から5人、プレイ時間は45分、対象年齢は12歳以上。

プレイヤーはキラーサバイバーに別れて、キラーはサバイバーを生贄に捧げることを、サバイバーは脱出ゲートから逃げることを目指すのは原作のゲームと同じ。

お馴染みのマップやキャラクターの多彩な能力(パーク)も組み込まれたボードゲームになっており、それぞれのキャラクターはミニチュアで再現されている。

このミニチュアはクラウドファンディングのリターンによって数が違っており、スタンダードエディションはサバイバー7人とキラー6人のミニチュア、コレクターズエディションはサバイバー17人とキラー16人のミニチュアが同梱される。

【画像8点】精巧に再現されたサバイバーとキラーのミニチュア

外部リンク

cat_oa-rp65604_issue_9b5fba590872 oa-rp65604_0_b4klrvjqqp0d_岡本太郎×特撮『TAROMAN』Eテレで放送 監督は藤井亮、山口一郎が出演 b4klrvjqqp0d b4klrvjqqp0d 岡本太郎×特撮『TAROMAN』Eテレで放送 監督は藤井亮、山口一郎が出演 oa-rp65604

岡本太郎×特撮『TAROMAN』Eテレで放送 監督は藤井亮、山口一郎が出演

2022年7月4日 14:44 KAI-YOU.net

NHK Eテレで、芸術家・岡本太郎さんの世界観をもとにした特撮作品『TAROMAN』が放送される。1話5分のエピソードが全10話となる。

監督は映像作家の藤井亮さん。番組の後半ではミュージシャンの山口一郎さん(サカナクション)が登場し、各回について語る。

放送スケジュールは以下の通り。

7月18日(月)24時30分〜24時35分
・第1話 でたらめをやってごらん
7月19日(火)24時55分〜25時
・第2話 自分の歌を歌えばいいんだよ
7月20日(水)25時〜25時5分
・第3話 一度死んだ人間になれ
7月21日(木)24時30分〜24時35分
・第4話 同じことをくりかえすくらいなら、死んでしまえ
7月22日(金)25時〜25時5分
・第5話 真剣に、命がけで遊べ
7月25日(月)24時30分〜23時35分
・第6話 美ってものは、見方次第なんだよ
7月26日(火)24時55分〜25時
・第7話 好かれるヤツほどダメになる
7月27日(水)25時〜25時5分
・第8話 孤独こそ人間が強烈に生きるバネだ
7月28日(木)25時〜25時5分
・第9話 なま身の自分に賭ける
7月29日(金)25時〜25時5分
・第10話 芸術は爆発だ

岡本太郎の作品と言葉が特撮映像に

岡本太郎さんによる“太陽の塔”などの作品と、「芸術は爆発だ」といった言葉をもとにした特撮作品『TAROMAN』。各回のタイトルになっている言葉ををテーマにした特撮映像が放送される。

主役のTAROMANは正義の味方ではなく、シュールででたらめなやりとりで奇獣と戦う存在。対峙する奇獣は、岡本太郎さんの“疾走する眼”や“駄々っ子”などの作品が造形化されたもの。

5分の短い時間でこの2つがどう絡み合い、何を表現して何を伝えようとするのか。放送を待ちたい。

外部リンク

cat_oa-rp65604_issue_9b5fba590872 oa-rp65604_0_aw2sdypyw8k2_LAM、くっか、九岡望が原作 大型フィギュアプロジェクト「プラントピア」始動 aw2sdypyw8k2 aw2sdypyw8k2 LAM、くっか、九岡望が原作 大型フィギュアプロジェクト「プラントピア」始動 oa-rp65604

LAM、くっか、九岡望が原作 大型フィギュアプロジェクト「プラントピア」始動

2022年7月4日 11:12 KAI-YOU.net

北米最大級のアニメイベント「Anime Expo」で、株式会社ツインエンジン株式会社グッドスマイルカンパニー株式会社マックスファクトリーの3社共同でおくる大型フィギュアプロジェクト「プラントピア」が発表された。

原作に名を連ねるのは、イラストレーターのLAMさん、くっかさん、作家の九岡望さんの3人。ティザーPVとくっかさんによるティザービジュアルも公開されている。

【画像9点】ティザービジュアルとPVの場面カット

アニメやゲームも見据える大型プロジェクト「プラントピア」


「プラントピア」イントロダクション
いつとも知れない、遥か遠い時代。世界は草木に覆い尽くされていた。
植物が既存の生命も文明も全てを呑み込み、それらに代わって新しい生態系が生まれていた。
中でも「花人(はなびと)」はその最たるものである。
「花人」はかつて存在した「人」に似た姿で、「花」の特性を持った新しい生命。
旧文明の遺跡を発掘しながら、独自のコミュニティを築いていた。
ある時、消滅したはずの「人」が現れる。
戸惑いながらも「花人」たちはその少女と交流を深めていくのだが……。

「プラントピア」の舞台は、“花人”と呼ばれる新しい生命体が生きる遥か遠い未来。花をモチーフにしたキャラクターと、幻想的な世界観を持つプロジェクトとなる。

最初に投稿サイト・カクヨムの電撃文庫公式ページでの小説連載、フィギュアの発売、MVの公開(8月6日)を予定しており、その後は漫画、アニメ、ゲームなど幅広い展開を目指す。

公式のWebサイト、Twitter、Discordも開設されており、それぞれから最新情報が発表されていく。



8月の「スマイルフェス2022」でMVが公開

前述したMVが公開されるのは、8月6日(土)に開催されるグッドスマイルグループ主催イベント「スマイルフェス2022」で。

ディレクションは、『スター・ウォーズ:ビジョンズ のらうさロップと緋桜お蝶』にて国内外から高い評価を集めた五十嵐祐貴監督が担当する。

さらに、8月下旬からはクラウドファンディング・Kickstarterで、フィギュア制作のためのプロジェクトが公開される。

スマイルフェス2022
開催期間:2022年8月6日(土)、7日(日)
開催時間:両日10:00 ~19:00(予定)
会場:新宿住友ビル 三角広場(東京都新宿区西新宿2丁目6番1号)

原作者3人が意気込みを語る

原作・LAMさんのコメント
イラストレーターのLAMと申します。
くっかさん、九岡さんという素晴らしいクリエイターたちと産み出した新しいプロジェクトが遂に発表です。
まだまだ謎の多いプロジェクトですが、これからの展開をぜひ楽しみにしていてください。
応援よろしくお願いします!

原作・くっかさんのコメント
九岡さんの儚く切ないシナリオとLAMさんの尖ったかっこいいキャラクターがとても素敵です、
私もPlantopiaの世界観を少しでも広げられるよう頑張りますので何卒よろしくお願いします!

原作・九岡望さんのコメント
初めまして。作家の九岡望と申します。
この度はLAMさん、くっかさんという、「キャラクター」と「世界」を描くことにかけて最前線を走る素晴らしいクリエイターさんとご一緒できて、大変光栄に思います。
『プラントピア』は「記憶」の物語です。まだ走り出したばかりのプロジェクトではありますが、この植物の世界のことを記憶に留めていただれば、これ以上の幸いはありません。

外部リンク

cat_oa-rp65604_issue_9b5fba590872 oa-rp65604_0_9zzwfbif0c8t_漫画『俺だけレベルアップな件』アニメ化 世界累計142億ビューのメガヒット作 9zzwfbif0c8t 9zzwfbif0c8t 漫画『俺だけレベルアップな件』アニメ化 世界累計142億ビューのメガヒット作 oa-rp65604

漫画『俺だけレベルアップな件』アニメ化 世界累計142億ビューのメガヒット作

2022年7月4日 04:30 KAI-YOU.net

全世界累計142億ビューの漫画(Webtoon/ウェブトゥーン)『俺だけレベルアップな件』のアニメ化プロジェクトが、2023年に始動することが発表された。

併せてティザービジュアルとPVが公開されている。

制作は「ソードアート・オンライン」シリーズなどのA-1 Picturesが手がけ、監督は中重俊祐さん、シリーズ構成は木村暢さん、キャラクターデザインは須藤智子さん、音楽は澤野弘之さんが担当する。

また、本作が連載されていた電子マンガ・ノベルサービス『ピッコマ』では、無料話の増量などの記念イベントが開催されている。期間は7月10日(日)23時59分まで。

全世界累計では142億ビューのメガヒット作

『俺だけレベルアップな件』


『俺だけレベルアップな件』は、原作・原案のChugongさん、作画のDUBUさん(REDICE STUDIO)、脚色のh-goonさんによる韓国の小説/漫画作品。

異次元と現世界を結ぶ通路・ゲート、そしてハンターと呼ばれる特殊能力を持つ人間が存在する世界が舞台。

人類最弱兵器と呼ばれる最低ランクのハンター・水篠旬が、ある日突然自分だけがレベルアップする力を手に入れて、数多の試練を乗り越えながら最弱から最強へ駆けあがる物語になっている。

『ピッコマ』では2019年に連載がはじまり、年間人気ランキングで3年連続で1位に輝いた。『ピッコマ』での累計PV数は6.5億回を突破しており、全世界累計では142億ビューを超えている。

作品の原作と漫画担当が語るアニメ化への喜び

原作・Chugongさんのコメント


原作・Chugongさんのコメント(日本語訳)
6年くらい前、『俺だけレベルアップな件』の冒頭部をちょこっと書いていた頃、誰かが私に、「あなたが書いた小説、漫画になるよ」と言ったら、私はきっと「うそだろ!?」と返したことでしょう。それが今やアニメーションに...。「うそだろ!?」と言いながらもワクワクする日々を送っています。
今はまだ半信半疑な状態なので、早く旬たちがアニメーションとして動いているところを見て安心したいです。その日が来ることを待ちながら私も精進します。(笑)

漫画・DUBU(REDICE STUDIO)さんのコメント


漫画・DUBU(REDICE STUDIO)さんのコメント(日本語訳)
ついに『俺だけレベルアップな件』のアニメーションが動き出します。アニメ化のお話をいただいた時のことが昨日のことのように思われますが、本当に制作されているのだなと感慨無量です。これも全部『俺だけレベルアップな件』を愛し、応援してくださっている読者の皆様のお陰です。感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。また、アニメーションの制作チームの皆様もどうぞ宜しくお願いします。本作のアニメが、読者の皆様へ新たな楽しみを与えてくれたら何よりです。

©Solo Leveling Animation Partners
© DUBU(REDICE STUDIO), Chugong, h- goon 2018 / D&C WEBTOON Biz

外部リンク

cat_oa-rp65604_issue_9b5fba590872 oa-rp65604_0_9q8iendix924_ホロスターズ「UPROAR!!」インタビュー 水無世燐央が感じた“世界“とのつながり 9q8iendix924 9q8iendix924 ホロスターズ「UPROAR!!」インタビュー 水無世燐央が感じた“世界“とのつながり oa-rp65604

ホロスターズ「UPROAR!!」インタビュー 水無世燐央が感じた“世界“とのつながり

2022年7月3日 20:00 KAI-YOU.net

ホロライブプロダクションが運営する男性VTuberグループ・ホロスターズ。2022年3月に新ユニット「UPROAR!!(アップロー)」が発足し、ホロスターズとしては久々の新人デビューを迎えた。

メンバーは、夜十神封魔(やとがみ・ふうま)さん、羽継烏有(うつぎ・うゆう)さん、緋崎ガンマ(ひざき・がんま)さん、水無世燐央(みなせ・りお)さん。

「UPROAR!!」


KAI-YOUでは、「UPROAR!!」の4人にインタビューを実施。3月末のデビュー、また5月からはコラボ配信も解禁され、それぞれに個性あふれる配信活動をしている4人の魅力に迫る。

ラストを飾る4人目は、アイドルへの未練を抱えた幽霊、水無世燐央さんが登場。先輩との配信で感じた“強くつながっている感覚”とは。

取材・文:ヒガキユウカ 編集:恩田雄多
{!{toc}!}

歌で存在感のある幽霊になるのが目標

水無世燐央(Minase Rio):アイドルへの未練を抱えたまま命を落としてしまった幽霊。幽霊になって以来、毎日のんびりと過ごしていたが、『封魔』の誘いでもう一度アイドルを目指す事に。自分以外の幽霊と怖いものが苦手。


──自己紹介をお願いします。

水無世燐央 はじめまして! 水無世燐央と申します。訳あって幽霊になってしまいましたが、生前憧れていたアイドルを目指して活動しています! 歌を歌うことが好きです!

──デビュー以降の日々を振り返って、率直な感想を教えてください。

水無世燐央 毎日「楽しい」しかないです!(笑)

──実際にデビューしてみて、予想と違ったところや、意外だったことはありますか?

水無世燐央 嬉しい誤算なんですが、想像していた何倍もファンの皆さんが温かかったですね。

──燐央さんは歌が活動の軸になっていると思いますが、配信で歌うときに意識していること、大切にしていることがあれば教えてください。

水無世燐央 僕はあくまで楽曲をお借りしている立場なので、曲やアーティストさんに対するリスペクトは忘れないようにしようと心がけています。

あとは、一つの配信で裏コンセプトというか、「今日はこういうテイストの曲を歌おう!」ということは事前に考えているのと、自分の声質や音域を活かせる楽曲を歌わせていただいてますね。

──シンガーとしての目標や、目指すアイドル像があれば教えてください。

水無世燐央 「いつかはオリジナル曲がほしい」という気持ちがあります! あとは「この曲の燐央が歌ったバージョン聴きたいよね!」のように、みんなの近くにある音楽に触れたときに僕の歌を思い浮かべてもらえるような、歌で存在感のある幽霊になるのが目標です!

目指すアイドル像は……僕は笑顔が素敵で、常に一生懸命で、ファンの方を幸せにするようなアイドルに憧れてきました。僕もそういう存在になれたらなって思っています。

配信で強く感じた“つながっている感覚”

──最も印象深かった配信とその理由を教えてください。

水無世燐央 どの配信もすごく楽しかったんですが、自分の中でひとつの転機になったなと思うのがYouTubeチャンネル登録5万人耐久歌枠ですね。

実はありがたいことに、配信前に5万人登録を達成させていただきまして……。「5万人達成していることに気づかないふりをして、1時間ほど歌って感謝を伝えて終わろう!」と考えていたのですが、終わりの時間が近くにつれ、今度は5万人という記念の瞬間をリスナーの皆さんと迎えられなかったことが悔しくなってしまったんです。

そこで急遽、「5万1000人登録達成するまで終わりません配信」に変更しました(笑)。結果7時間強の歌枠になったんですが、無事5万1000人の目標を達成することができました。

デビューからずっと僕の配信を見てくれていた方や、今回の耐久配信で出会った方、ホロライブプロダクションの大先輩がコメントに来てくださいましたし、たくさんの方が一丸となって配信を盛り上げてくれて、お祝いをしてくれて、楽しんでくれて……僕自身も7時間ずっと楽しく歌を歌えたことが、すごく印象に残っています。

──5月からはコラボも解禁となりました。すでに燐央さんはホロスターズの先輩はもちろん、ホロライブインドネシア、ホロライブEnglish、さらにはにじさんじやNeo-Porte(ネオポルテ)など様々な所属の方とコラボされています。特に印象深かったコラボ配信を教えてください。

水無世燐央 全部のコラボが印象的で、すごく楽しくて……! どうしても1つに絞れないので、2つ挙げさせてください。

1つ目は5月1日に行った、ホロスターズの先輩方との初コラボ配信です。それまでも裏ではお話する機会がありましたが、改めてコラボ解禁ということで、それまでホロスターズを見ていたファンの方々にも、僕たちのことを知っていただくきっかけになったと思います。裏でも配信でも変わらず、先輩方は頼りがいのあるかっこいい方たちだなって再認識しました。

2つ目は同じプロダクションである、ホロライブインドネシアの先輩方とのコラボですかね……! アイラニ・イオフィフティーン先輩とクレイジー・オリー先輩とそれぞれ1対1でコラボをしました。

お二人とも日本語がお上手で、「(配信中の会話も)日本語でいいよ!」と言ってくださっていたのですが、なんとか僕も英語を話せないかと使えそうな単語をメモ帳に打って、パソコン画面に出しながら配信をしていました……(笑)。

ゲーム時特有の英語もあるので、事前にリスナーさんと勉強をする配信をしたんですよ。当日のコメントでも翻訳をしてくれる方がいたり、都度教えてくれる海外の方がいたりと、たくさんの方とつながっている感覚を強く感じてとっても充実した配信でした!

「UPROAR!!」を世界で一番仲が良いグループに

──特に尊敬している先輩を、理由とともに教えてください。

水無世燐央 配信に対するマインド面では、2期生の夕刻ロベル先輩ですね。自分も楽しみながらリスナーさんも楽しませることがすごくお上手で、いつどのタイミングで見ても楽しめる配信をされる方だなと思います。

歌の面では1期生の奏手イヅル先輩です。歌がうまい先輩はほかにもいるんですが、イヅル先輩の、唯一無二の声と歌い方でどんな歌でも歌いこなせてしまう魅力に、とても憧れています。

──1人のVTuberとして、また「UPROAR!!」というグループとして、夢や目標を自由に教えてください。

水無世燐央 世界で一番仲が良くて、アツいVTuberグループになりたいですね! 僕個人としては、「UPROAR!!」の歌担当として、ライブなどに出られるくらい歌唱力を上げたいです!

──「入ってよかったな」と思うところや、ホロスターズグループの魅力を教えてください。

水無世燐央 先輩方やスタッフさんが、温かくて優しいところですね。あとは良い意味で男子高校生感と言いますか、大人過ぎない雰囲気が、いろんな年齢層に刺さりそうなグループだなって思います!

──最後に同期のみなさんについて、いろいろなコラボ配信やオフコラボなどを経た上での、現在の印象を教えてください。

水無世燐央 封魔は最初の印象とほとんど変わらず、穏やかで優しくて活動にも真摯に向き合っていて、みんなのことを考えてくれている、まさにリーダーだなって思います。活動について一番話す時間が多いのは封魔ですね。

烏有は最初の印象だと掴めない感じでしたが、今は熱くてストイックで、僕にない面をたくさん持っている面白い人って感じです。

ガンマもあまり最初の印象とは変わっていませんが、チャラそうに見えて真面目な部分も持ち合わせていたり、かと思えば少年みたいにけたけた笑ったり、大人と少年の両方の魅力がある人だなと思います!

水無世燐央さん本人おすすめ動画

©︎ 2016 COVER Corp.

外部リンク

cat_oa-rp65604_issue_9b5fba590872 oa-rp65604_0_ap4w2spzt6ax_2.5次元ユニットstargaze shelter初ライブ その音と映像は、ネットを飛び出した ap4w2spzt6ax ap4w2spzt6ax 2.5次元ユニットstargaze shelter初ライブ その音と映像は、ネットを飛び出した oa-rp65604

2.5次元ユニットstargaze shelter初ライブ その音と映像は、ネットを飛び出した

2022年7月3日 17:00 KAI-YOU.net

2022年6月27日、stargaze shelterの初ライブが表参道WALL&WALLにて行われた。

stargeze shelterは、音楽ユニット・TEMPLIMEとの楽曲タッグでも有名なバーチャルクリエイター・星宮ととさんの創造者として知られるTOTONEE( ΦωΦ )さんがボーカル、アーティストのgaze//he’s meさんが作曲、そして星宮ととさんがアートワークを担当する「2.5次元ユニット」だ。

gaze//he’s meさんがつくり出す、幾重にも重ねて録音されたリバーブの効いたギターが幻想的に響く、「シューゲイザー」と呼ばれるジャンルのサウンドと、伸びやかで透明感あふれるTOTONEE( ΦωΦ )さんの声が特徴。

楽曲「エミュレーション」はSpotifyで180万再生を越えるなど、注目を集めている。

共演は2017年にSPACE SHOWERの年間プッシュ枠”SPACE SHOWER NEW FORCE”に選出され、アジア4か国ツアーも実現した実力を持つバンド・For Tracy Hyde

転換DJはDTMユニット・パソコン音楽クラブのメンバーとして活動する柴田さんによるDJセット・Micro Micro Bandicam

筆者が目撃したライブの様子をお届けする。

{!{toc}!}

満員のフロアに期待が高まる

今回の会場となった表参道WALL&WALLは、コンクリート打ちっぱなしのインダストリアルな雰囲気が印象的な建物。

表参道WALL&WALLのエントランス


徐々に人が集まるフロアに、Micro Micro BandicamのDJプレイが鳴り響く。ゆったりしたテンポの選曲から、人が集まるにつれダンサブルな曲がメインに。

DJプレイに合わせて踊り出す人も現れ始め、会場の空気を温めていった。

Micro Micro Bandicam


本公演のチケットはソールドアウト、開演直前にはフロアはすでに満員に。その熱気に、どれだけ待望されたイベントであるかを早くも実感した。

満員のフロア


For Tracy Hydeが見せる、インターネット時代のバンドミュージック

バンドの先手はFor Tracy Hyde。ボーカル・eurekaさんのキュートなボーカルと、キラキラしたギターサウンドが印象的なバンドだ。

浮遊感あるサウンドを、骨太なベースとシンプルだが実直にビートを刻むドラムが裏から支えるバンドアンサンブルが、ライブバンドとしての力を見せていた。

For Tracy Hyde


途中、ギタリストの夏botさんがMCで「(WALL&WALLさんは)いつも本当に刺激的で面白い組み合わせでライブをやらせていただいてます」と述べていた。

For Tracy Hydeも、元々は夏botさんの宅録プロジェクトから始まったバンドである。

宅録からライブハウスへ活動のフィールドを広げたバンドと、インターネットを活動の中心に据えるstargaze shelterが共演するライブは、今後のバンドミュージックの潮流の一つを示していたように思う。

For Tracy Hydeのライブが終演すると、再びMicro Micro Bandicamの転換DJへ。会場をどこか遠くへ連れていくような、宇宙を思わせるアンビエントが流れる。

その後、徐々に会場を盛り上げていく選曲へとシフトして行き、バラエティ豊かなプレイでstargaze shelterを待ちわびる会場を楽しませた。

シェルターに包まれたstargaze shelterのライブ

トリはいよいよstargaze shelter。

ステージ上に現れた2枚の幕は、さながらシェルターのよう。

特殊なセットのため転換に時間がかかったが、それがかえって「これから何が起こるのだろう」という期待を煽った。

機材のセットが終わると、幕に「stargaze shelter」のロゴが映し出され、ライブが始まった。

最初の曲は「first draft」。顔こそはっきり見えないが、幕に映るバンドメンバーの影と、ダンサブルな4つ打ちドラムのキックの振動が、stargaze shelterがインターネットから飛び出して、今まさにこの場で演奏していることを証明していた。

stargaze shelter


MCを挟んだ後、2曲目は「始まりの季節は終わりを告げた」。フロアの熱も高まり、TOTONEE( ΦωΦ )さんの声も呼応するようにエモーショナルになっていく

そして3曲目は、stargaze shelterが初めてリリースした曲「エミュレーション」。それまでの「TOTONEE( ΦωΦ )=クラブで活躍するデジタルアーティスト」のイメージを塗り替える、きらびやかで幻想的なギターを前面に押し出した楽曲だ。間奏ではgaze//he’s meさんのギターソロが光る。音源には記録されていないギターのハウリングが、生演奏らしさを強調していた

「エミュレーション」には「姿かたちを変えてでも、新しい未来を掴んでいく」という意味が込められているとこの日のMCで明かされた。

TOTONEE( ΦωΦ )さんの「エミュレーション」でのどこか優しげな声色には、「星宮とと」という姿に形を変えてクリエイターとしての未来を掴んだTOTONEE( ΦωΦ )さんの「星宮とと」に対する思い入れが込められているのかもしれない。

星宮ととのサプライズ登場、TEMPLIMEとの楽曲も披露

星宮とと+TEMPLIMEの楽曲「MU」のバンドバージョンを挟み、「こんばんは、星宮ととです」の声と同時に、幕の上に星宮ととさんが登場。フロアからは割れんばかりの拍手が巻き起こった。

同じく星宮とと+TEMPLIMEの楽曲「HIKO」のバンドバージョンが星宮ととさんの生ボーカルで披露され、ファンにとって嬉しいサプライズに。

星宮ととのサプライズ登場


ARライブや高精細な楽器の3Dトラッキングなど、これまでにもバンドとバーチャルシンガーの共演ライブの例はあるが、薄い幕を通してバンドメンバーの気配を感じさせるように星宮ととさんを登場させた演出は、stargaze shelterの幻想的な音楽性にはこの上なくマッチしていた。

stargaze shelter、ラストは思い残しがないほど激しく

ノイズとともに星宮ととさんが退場し、ボーカルは再びTOTONEE( ΦωΦ )さんへ。音源ではハンドクラップが印象的だった「オプティカル」では、観客がハンドクラップをバッチリ再現し、会場が一体感に包まれた。

「オプティカル」はラストサビからアウトロにかけての壮大な展開が印象的な楽曲で、一発一発重々しく鳴らされるキックと空気を包み込むような柔らかい電子音、優しく爪弾かれるギターと優しく伸びやかなTOTONEE( ΦωΦ )さんのボーカル、それら全てが合わさり、表参道WALL&WALLが広大な宇宙になったかのような錯覚を覚えた。

続く「サーモスフィア」では、歌詞を生かしたVJと赤い照明が印象的な演出。間奏のベースとドラムの激しい掛け合いパートは「サーモスフィア」のハイライトのひとつ。ストロボが焚かれ、曲の激情を視覚面からも堪能することができた。

stargaze shelter


いよいよ、最後の曲となりました」という言葉とともに始まった曲は「スペクトラ」。イントロから発せられるTOTONEE( ΦωΦ )さんの伸びやかな声が、この日最高の盛り上がりをつくり出していた。

ドラムが暴れる間奏、「これぞバンドの醍醐味」と言うべき全楽器隊が同じリズムを刻むキメは、生演奏ならではのダイナミズムを感じさせられた。観客もまるで思い残すことがないようにするかのように、アグレッシブなサウンドに乗って身体を揺らし、頭を振り、拳を上げていた

「以上で、stargaze shelterの演奏を終了します。アンコールはございません」というTOTONEE( ΦωΦ )さんのアナウンス。

メンバーが退場してからも、余韻から抜け出せないかのように、客席には人が残り続けていた。

新しい表現に魅せられ続けるファンたち

ライブをフロアで体験しながら感じていたことは、TOTONEE( ΦωΦ )や星宮ととのファンは、彼女のつくり出す新しい表現に魅せられているのではないかということだ。

今回もバンドメンバーの顔を見せず、ぼんやりとしたシェルターの中で演奏するという特異な演出でライブをつくり上げた。

これまでも、星宮とととしては音楽を聴いて小説を読むことで初めて物語が完成する一揃いの作品を発表したり、TOTONEE( ΦωΦ )としては曲ごとに声質をガラリと変えて少年ボイスでの歌唱にも挑戦するなど、常に新しい表現を続けている。

将来的には海外に向けた活動も望んでいるとのこと。事実、プロデューサー/シンガーソングライターで、全世界同時配信のオンラインライブイベント「Secret Sky」を開催しているPorter Robinsonさんもプレイリストに選曲するなど、その表現は日本を超え始めている。



さらに、今夏〜秋の間に、アルバムやグッズのリリース予定もあるそう。

「次は何を見せてくれるのだろうか」という期待感こそが、TOTONEE( ΦωΦ )や星宮ととに人が惹きつけられる所以ではないだろうか。

stargaze shelterのロゴが浮かび上がる幕

外部リンク