cat_oa-rp60169_issue_6b69ef60afb1 oa-rp60169_0_6b69ef60afb1_【全文最新】「冗談にしては悪質」との声も…ジェジュンの“新型コロナ感染”投稿に世間は騒然 6b69ef60afb1 6b69ef60afb1 【全文最新】「冗談にしては悪質」との声も…ジェジュンの“新型コロナ感染”投稿に世間は騒然 oa-rp60169

【全文最新】「冗談にしては悪質」との声も…ジェジュンの“新型コロナ感染”投稿に世間は騒然

2020年4月1日 16:13 スポーツソウル日本版

日韓で活躍する歌手ジェジュンが、SNSを通じて新型コロナウイルスの感染を報告した。


【関連】ジェジュン、新型コロナによる自粛ムードの中ライブ配信でファンと交流


4月1日、ジェジュンはインスタグラムを通じて「僕は新型コロナウイルスに感染しました。政府から、周辺から注意されていたすべてを無視して生活した、僕の不注意でした」と投稿。現在の心境を綴った。


「自分は違うだろうという気持ちで過ごしてきた、馬鹿みたいな判断が今の自分を作ってしまいました」と続け現在入院中であることを明かしたジェジュンは、「たくさんの過去を振り返りながら、感謝の気持ちと申し訳ない気持ちが渦巻いています」と現状について語った。


これを受けた韓国の所属事務所C-JeSエンターテインメントは「確認中」とし、慎重な立場を伝えた。


しかしその後、同じ投稿の文面が変更されていることが確認され、世間を再び騒がせた。


先ほどと一転して「大切な誰かがウイルスに感染した? あまりにも胸が痛い出来事です」と始まる文は、「現時点の警戒心…心に刻んでおきましょう。エイプリルフールの冗談としては行き過ぎているとは思います。短い時間にたくさんの人が心配してくれました」と続いた。


ジェジュンは最後に「この文章が決してエイプリルフールの冗談だとは思いません。自分の家族が、仲間が傷つき…死んでゆきます…絶対に他人事ではありません」とし、「この文章を投稿したことによるすべての処罰は甘んじて受け入れます。皆さんが健康であることを望みます」と文章を締めくくった。



ジェジュン



ジェジュンによる最初のインスタグラム投稿全文

僕はコロナ19号ウイルス(韓国で一般的な新型コロナウイルスの名称)に感染しました。政府から、周囲から注意されていたすべてを無視したまま生活した、僕の不注意でした。


個人の行動が社会全体に与える影響がどれほど大きいのか…僕のせいで感染してしまった方々には、ただひたすら申し訳ないです。


僕は違うだろうという気持ちで過ごしてきた、馬鹿みたいな判断が今の僕を作ってしまいました。ある病院に入院しています。たくさんの過去を振り返りながら、感謝の気持ちと申し訳ない気持ちが渦巻いています。


話したいことがたくさんあります…


会いたい人が多すぎます…


4月1日16時00分時点の投稿全文

周りの愛する人。自分の大切な誰かがウイルスに感染した?


あまりにも胸が痛い出来事です。


にも関わらず、他人ごと…


「自分は違うだろう」と、無防備な状態で街を歩き回って生活するたくさんの人たちのせいで、自分の家族や知人が傷つくのではないかと、心配する気持ち。


自分と周りは安全だろうという錯覚が、自分と周りのすべてを傷つけるかもしれません。


現在は僕の近しい知人、関係者の中にもウイルスの感染者が増えてきています。絶対に遠い話ではないです。


不注意による悲しい予感が現実になったとき、そのときは涙を流して終わることではないと思います。


現時点の警戒心…心に刻んで刻みましょう。


エイプリルフールの冗談としては行き過ぎではありますが、短い間にたくさんの人が心配してくれました。


この文章は、決してエイプリルフールの冗談だと思いません。


自分の家族が、自分の仲間が傷ついて…死んでゆきます…絶対に! 他人事ではありません。僕自分を守ることが、大切な人たちを守るんだということを伝えたかったのです。


この文章によって受けるすべての処罰は甘んじて受け入れます。


皆が健康であるよう祈っています。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_6b69ef60afb1 oa-rp60169_0_4d7b889017ac_SEVENTEENのHOSHIが自身の誕生日に1億ウォンを寄付、苦しむ人々に輝かしい善行 4d7b889017ac 4d7b889017ac SEVENTEENのHOSHIが自身の誕生日に1億ウォンを寄付、苦しむ人々に輝かしい善行 oa-rp60169

SEVENTEENのHOSHIが自身の誕生日に1億ウォンを寄付、苦しむ人々に輝かしい善行

2021年6月15日 17:38 スポーツソウル日本版

ボーイズグループSEVENTEENのHOSI(ホシ)が、自身の誕生日に善良な影響力を発揮して話題だ。


韓国の京畿(キョンギ)北部社会福祉共同募金会によると、SEVENTEENのHOSHIが南楊州(ナミャンジュ)市福祉財団に後援金1億ウォン(約1000万円)の寄付金を渡し、高額寄付者クラブ「オナー・ソサエティー(Honor Society)」に加入したことを6月10日に明らかにした。


【注目】SEVENTEENが米誌に語った“率直な思い”とは?


特に今回のHOSHIによる寄付は、本日(6月15日)に訪れた自身26回目の誕生日を記念して行われたと伝えられ、さらに意味深いものとして伝えられている。HOSHIは長期化しているコロナ禍によって企業および個人の後援が減った影響で、地域社会の助けを必要とする人が増えているという話を聞き、今回の活動に積極的に参加するようになったという。

継続して行ってきた寄付活動

チョ・グァンハン南楊州市長は、「大衆に名の知られた人が、寄付を実践することに対する影響力と波及効果は大きいと思う。地域社会を忘れず、温かい心を伝えてくださったことに感謝し、死角となっている部分を見つけて、支援することにもっと力を入れたい」と感謝の言葉を伝えた。



(写真=Pledisエンターテインメント)HOSHI



HOSHIは継続して寄付に参加しており、有意義で善良な影響力を広めている。2020年には自身が卒業した母校に奨学金を寄付し、経済事情が厳しい多くの学生たちが学業を諦めないようにという思いを込めて、持続的に寄付を実践している。


それだけでなく、HOSHIが属するSEVENTEENもデビュー記念日ごとに善行を続けてきた。デビュー6周年を迎えた2021年5月には、NGO(特定非営利活動法人)グッドネイバーズに、虐待被害児童支援のための寄付金を贈ったことでも話題となった。


カムバックも間近!

このように、善良な影響力でポジティブな波及効果をもたらしているSEVENTEENは、来る6月18日に8thミニアルバム『Your Choice』でカムバックする。2021年のプロジェクト『Power of 'Love'』では、人生で向き合う様々な愛の瞬間について伝えながら、率直でありながらも多彩な愛の感情を伝える予定だ。


カムバックに先立ち、7thミニアルバム『Heng:garae』とスペシャルアルバム『;[Semicolon]』、3rdフルアルバム『An Ode』が“トリプルミリオンセラー”になるなど、高い人気とともにワールドワイドの人気を立証してきたSEVENTEENが、新譜『Your Choice』で再び書き下ろす歴史に注目が集まっている。


SEVENTEENは6月18日18時に、各種オンライン音源サイトで『Your Choice』を公開する。これに先立ち、同日の16時30分からはグローバル記者懇談会を開催する予定だ。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_6b69ef60afb1 oa-rp60169_0_b08a11d8da20_BTSのキャンペーンスタンプ第2弾が発売、収益の一部は“子どもへの暴力根絶”プロジェクトに寄付 b08a11d8da20 b08a11d8da20 BTSのキャンペーンスタンプ第2弾が発売、収益の一部は“子どもへの暴力根絶”プロジェクトに寄付 oa-rp60169

BTSのキャンペーンスタンプ第2弾が発売、収益の一部は“子どもへの暴力根絶”プロジェクトに寄付

2021年6月15日 16:47 スポーツソウル日本版

6月15日、韓国のインターネットサービス企業カカオが、世界的な影響力を持つBTS(防弾少年団)とともに、児童・青少年への暴力根絶に向けたLOVE MY SELFキャンペーン「Give-ticon」を展開すると明らかにした。


【写真】BTSのVと女性の“身長差ヤバい…” 2ショット


「Give-ticon」とは、メッセンジャーアプリ「カカオトーク」のユーザーがスタンプを購入する際、購入金額の一部をカカオが寄付するというキャンペーンだ。これは2016年に初公開されたあと、様々なアーティストとのコラボレーションにより12回にわたって発売を続けている。


BTSは今回が2度目の参加で、2018年に参加した当時、4週間で1億ウォン(約1000万円)の寄付金を達成したという。


今回の「Give-ticon」は2018年に行われた「LOVE MY SELF」の第2弾で、「自分をまず愛し、その愛で世の中をより良い場所にしよう」という意図が込められている。スタンプはBTSを実際に撮影した24種で構成されており、カカオトークのスタンプストアで「BTS LOVE MYSELF 2」と検索して購入可能だ。



(画像提供=カカオ)



カカオは6月15日から7月12日までの4週間、同スタンプが売れるたびに300ウォン(約30円)ずつを寄付するそうだ。キャンペーン以降もスタンプの販売は継続され、BTSは今回の「Give-ticon」を通じて得るすべての収益を寄付する予定だ。


ほかにも寄付プロジェクトを実施

さらにカカオの社会貢献プラットフォーム「カカオ一緒価値」でも、3カ月間にわたってキャンペーンが行われる。該当キャンペーンの募金は希望する金額で直接寄付することができ、キャンペーンを応援する書き込みや、SNS共有などでも、参加ID当たり100ウォン(約10円)ずつカカオが追加で寄付するという仕組みだ。


こうして集まった寄付金は、BTSが造成する「LOVE MY SELF」プロジェクトへの寄付、ユニセフの世界的児童・青少年暴力根絶キャンペーン「#ENDviolence」に使われる。


これは全世界の子どもや青少年が、暴力のない世の中で安全に成長できるように助けるために始まったキャンペーンで、 家庭内暴力、いじめ、性暴力などの被害を受けた世界中の子どもや青少年を保護、支援し、地域社会における暴力防止教育をサポートすることを目指している。


詳細な寄付金の使用結果は募金レビューで確認でき、寄付に参加したユーザーにはカカオトークのメッセージでレビューが伝えられるそうだ。


カカオ関係者は、「利用者がGive-ticonを通じて、世界の子どもや青少年のための寄付に参加してくれることを期待する。今後もGive-ticonのような手軽な方法で分かち合いを経験し、モバイルスポンサー文化に参加できる機会を提供するために努力していく」と伝えている。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_6b69ef60afb1 oa-rp60169_0_8c3d647e325c_KARA出身のギュリ、横顔でも美貌が際立つ“微笑みショット”が話題「恋人の影響!?」【PHOTO】 8c3d647e325c 8c3d647e325c KARA出身のギュリ、横顔でも美貌が際立つ“微笑みショット”が話題「恋人の影響!?」【PHOTO】 oa-rp60169

KARA出身のギュリ、横顔でも美貌が際立つ“微笑みショット”が話題「恋人の影響!?」【PHOTO】

2021年6月15日 16:29 スポーツソウル日本版

日本でも人気を博したKARA出身のパク・ギュリが、日常のなかの美貌を見せつけて話題になっている。


【写真】KARAギュリ、「女神度マシマシ」の接近ショット


パク・ギュリは6月15日、インスタグラムに「ムンムンイ、私もあなたが好き」とコメントし、写真を投稿した。


公開された写真でパク・ギュリは、床に伏せているゴールデンレトリバーを見ながら、微笑みを浮かべている。横顔でも美貌が際立っており、相変わらずのビジュアルを見せつけた。“ムンムンイ”は、その犬の名前のようだ。


KARA時代はクールビューティーの代名詞とされたパク・ギュリだが、ムンムンイを見つめる表情には温かさがある。順調な恋愛が続ける恋人の影響もあるのかもしれない。


写真を見たファンは、「微笑みが素敵です」「かわいい人とかわいい犬」「私はギュリ様が好きです」「横顔も美しい」と温かい反応を見せた。



(写真=パク・ギュリInstagram)



パク・ギュリは現在、7歳年下の美術館キュレーターであり、トンウォン建設会長の孫である「PICAPROJECT」のソン・ジャホ代表と公開恋愛を続けている。


◇パク・ギュリ プロフィール


1988年5月21日生まれ。1995年に子役としてデビューし、2007年にKARAのメンバーとして本格的に音楽活動をスタートさせた。KARAの活動当初はリーダーとしてグループを牽引し、美しいビジュアルでファンから「女神」と呼ばれていた。女優に転向した2016年からは、ドラマ『蒋英実』『恋の花が咲きました』、映画『2つの恋愛』『サヨナラの伝え方』『Beautiful Food』『Revive by TOKYO24』などで安定的な演技を披露しながら女優としてのキャリアを積んでいる。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_6b69ef60afb1 oa-rp60169_0_daaedc0bf23a_グループ活動時代の曲を取り上げた番組で“ハブられた”元K-POPアイドル、非難から一転して謝罪 daaedc0bf23a daaedc0bf23a グループ活動時代の曲を取り上げた番組で“ハブられた”元K-POPアイドル、非難から一転して謝罪 oa-rp60169

グループ活動時代の曲を取り上げた番組で“ハブられた”元K-POPアイドル、非難から一転して謝罪

2021年6月15日 16:09 スポーツソウル日本版

K-POPガールズグループNine Muses出身のイセムが、同じく元メンバーのムン・ヒョナを“狙い撃ち”して非難したことについて謝罪した。


【注目】Nine Musesメンバーも告白…“セクシー競争”の裏側


イセムは6月14日、SNSを通じて立場を明らかにした。


彼女は、「私は20代初中盤の頃、仕事だけをしていたので、友人がメンバーしかいなかった。ところが、活動をやめて一緒に仕事しなくなると、みんなが以前のような関係にはなれないのかと感じ、一人で大きな喪失感を抱いたようだ。友達を一度に失った感じ」とし、「世界に一人で取り残されたように感じられた。一人だけの憂鬱感があっただけに、さらにそう感じたようだ」と説明した。


そんななかで最近、Nine Musesのメンバーたちと再び親しくなり、安堵を感じていたという。イセムは「もうみんなにとって過去になった状況と考え、私もあれこれ考えることなく、一緒に笑って話し、思い出すことができたし、共にする想像もした」と述べた。


イセムだけ番組に出演できず


(写真=イセムSNS)イセム



これは6月11日、Nine MusesがSBSのYouTubeチャンネル『文明特急-またカムバックしても目をつむってくれる名曲』(原題)に出演したことと関連している。イセムは同番組で注目された曲『Dolls』の活動メンバーだが、その番組に出演できなかった。


ムン・ヒョナをはじめ、イユエリン、キョンリ、ソジン、ヘミ、クムジョ、ミンハら8人がステージに上がり、思い出を語った。


そんな出来事があり、自分にNine Musesの番組出演と関連した話をしなかったムン・ヒョナに、寂しさを感じたようだ。


イセムは6月11日、インスタグラムを通じて「冗談も言って一緒に最近まで思い出話もたくさんしながら、その部分(番組出演)はすっかり除いて話し、私がその部分を聞くとステージの練習をしていると」とし、「絶対に必要な話はわざとしない姿から、人間は本当に変わらないなと思った」と非難した。


さらにイセムはその非難している人物について、「モデルのときは姉であることを強調してきて、グループのときは自分が最年長というイメージが嫌だと姉と呼ぶなと言った人物」と書いており、ムン・ヒョナであることを暗に伝えていた。



ムン・ヒョナ



イセムは今回の立場を通じて、「私がそれ(狙い撃ち)を一度したからといって、特別に得ることはない。目立ちたくてやったわけでもない。目立ちたいという考えも、もはやない」とし、「私が(メンバーたちと)共にする資格はないようで、最も胸に突き刺さった言葉だが、認めるのはそれほど難しくなかった」と述べた。


最後に「疲れただろうし、申し訳ない。序盤は神経質になって闘っていたが、今は理解する。もし現実世界で合ったら、温かく挨拶をしよう」と締めくくった。


ムン・ヒョナはイセムの発言と関連して、特別な対応をしていない。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_6b69ef60afb1 oa-rp60169_0_87b4a66d0f62_TXTが米TV番組で『Magic』のパフォーマンスを披露、“恍惚”とも言える一瞬を創造 87b4a66d0f62 87b4a66d0f62 TXTが米TV番組で『Magic』のパフォーマンスを披露、“恍惚”とも言える一瞬を創造 oa-rp60169

TXTが米TV番組で『Magic』のパフォーマンスを披露、“恍惚”とも言える一瞬を創造

2021年6月15日 16:06 スポーツソウル日本版

ボーイズグループTOMORROW X TOGETHER(以下、TXT)が、アメリカの人気番組でグループ初の英語曲『Magic』のパフォーマンスステージを披露した。


【注目】TXTに”あの”グラミーが注目「知るべきスターだ」


TXTは6月14日(現地時間)、米CBSの『The Late Late Show with James Corden』で、5月31日にリリースした2ndフルアルバム『The Chaos Chapter: FREEZE』の収録曲『Magic』を披露した。


『Magic』はトレンディなディスコポップ曲で、凍っていた自分を溶かしてくれる「魔法のような君」に対するストーリーを軽快かつ清涼に描いている。


これまで豊かな表現力で見る者を虜にしてきたTXTは、ネオンサイン輝く華やかなステージを背に、躍動感と中毒性あふれるパフォーマンスを披露。特に、空から魔法が舞い散るような様子を表現したダイナミックな振り付けと、「Oh it's just like magic」という歌詞、星の光のように煌びやかなライトが作り出した幻想的な光景は、恍惚とも言える一瞬を創造していた。



(写真提供=BIGHIT MUSIC)



韓国国内のみならず米ビルボードでも連日チャートインするなど世界的なブームを巻き起こしているTXTは、アルバムのリード曲『0X1=LOVESONG(I Know I Love You) feat.Seori』に続き、『Magic』で本格的な活動に突入している。


そして来る6月17日には、韓国の人気音楽番組Mnet『M COUNTDOWN』でパフォーマンスを披露する予定だ。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_6b69ef60afb1 oa-rp60169_0_6c57b825917a_元広島ピレラが韓国プロ野球の本塁打王争いでトップ!サムスン助っ人初の本塁打タイトル獲得なるか 6c57b825917a 6c57b825917a 元広島ピレラが韓国プロ野球の本塁打王争いでトップ!サムスン助っ人初の本塁打タイトル獲得なるか oa-rp60169

元広島ピレラが韓国プロ野球の本塁打王争いでトップ!サムスン助っ人初の本塁打タイトル獲得なるか

2021年6月15日 15:37 スポーツソウル日本版

韓国プロ野球の本塁打王争いがし烈だ。元広島東洋カープのホセ・ピレラ(31、サムスン・ライオンズ)は、サムスン所属の外国人打者として初の本塁打王になることができるのだろうか。


【関連】ピレラ語る「コンディションが非常に良い」


ピレラは現在、韓国プロ野球で58試合に出場して本塁打15本を放ち、同部門で単独トップを走っている。シーズン序盤から競争を繰り広げたNCダイノスのアーロン・アルテア(30/14本)が6月中の本塁打数1本位とどまるなか、ピレラは同月10日と11日に2試合連続で本塁打を放ち、単独で首位に立った。


もっとも、キム・ジェファン(32、斗山ベアーズ)とチェ・ジョン(34、SSGランダース)が14本、ナ・ソンボム(31、NC)とジェイミー・ロマック(35、SSG)が13本と追い上げている。ただ、今シーズンの韓国プロ野球は絶対的な強打者がいないため、現在の調子を維持できればピレラの本塁打王獲得も十分にあり得る。



ホセ・ピレラ



昨シーズン、サムスン所属の外国人打者の活躍は微々たるものだった。腰を負傷したタイラー・サラディーノ(31)の代わりに獲得したダニエル・パルカ(29)は、51試合に出場して打率0.209の23打点、8本塁打に終わっていた。


このため、サムスンは昨冬、コンタクト能力に優れる中長距離型の打者としてピレラを迎え入れた。実際、ピレラは米メジャーリーグでの6シーズン間、302試合で17本塁打に終わり、日本プロ野球でプレーした昨年は99試合で11本塁打を記録していた。


しかし、ピレラは開幕後4月の1カ月間、24試合で9本の本塁打を放ちアルテアと双璧をなした。また、5月は23試合で4本、6月も現在までの11試合で2本と、本塁打王争いに火をつけた。ピレラはすでにキャリアハイのシーズン本塁打数を放っており、好調を維持している。


“本塁打軍団”復活の一躍担うピレラ

韓国プロ野球で外国人選手制度が導入された1998年以降、外国人打者が長打部門で頭角を現した。ただ、意外にも外国人打者が本塁打王に選ばれたことは、これまでわずか4回に過ぎなかった。


1998年、当時OBベアーズ(現斗山)所属のタイロン・ウッズ(51、引退)が42本で外国人打者初の本塁打王に輝いたが、以降は2005年に現代ユニコーンズ所属ラリー・サットン(現ロッテ・ジャイアンツ監督)、2016年にNC所属エリック・テームズ(34、読売ジャイアンツ)、そして2019年にKTウィズ所属メル・ロハス・ジュニア(31、阪神タイガース)が本塁打王となったのがすべてだった。


元巨人のイ・スンヨプ(44、引退)をはじめ、パク・ビョンホ(34、キウム・ヒーローズ)、パク・ギョンワン(48、引退)など、国内出身選手が強烈な対抗心を発揮し、本塁打王のタイトルを獲得していた。


ピレラが2020シーズンの本塁打王を受賞すれば、外国人打者としては通算5回目、サムスンの外国人打者としては史上初となる。サムスン所属選手では、これまでイ・マンス(62/1983~1985年)、キム・ソンレ(60/1987、1993年)、イ・スンヨプ(1997、1999、2001~2003年)、シム・ジョンス(46/2007年)、チェ・ヒョンウ(37/2011年)が本塁打王に輝いている。



イ・スンヨプ



サムスンは昨シーズン、チーム本塁打数が129本にとどまり、“本塁打軍団”と名をはせたかつての名声を続けることができなかった。相対的に大規模の球場をホームとするLGツインズ(149本)とロッテ(131本)にも及ばなかった。


今シーズンは現在までチーム本塁打54本と、NC(78本)、SSG(73本)に次いで3番目に本塁打数が多い。ピレラが本塁打王に輝くことができれば、サムスンはチームの名誉を回復できるとともに、所属選手の個人タイトルも獲得することができる。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_6b69ef60afb1 oa-rp60169_0_d622ac809822_『パラサイト』俳優チェ・ウシク、キム・ダミと再共演の“ラブコメ作品”に意気込み「新しい姿をお見せする」【PHOTO】 d622ac809822 d622ac809822 『パラサイト』俳優チェ・ウシク、キム・ダミと再共演の“ラブコメ作品”に意気込み「新しい姿をお見せする」【PHOTO】 oa-rp60169

『パラサイト』俳優チェ・ウシク、キム・ダミと再共演の“ラブコメ作品”に意気込み「新しい姿をお見せする」【PHOTO】

2021年6月15日 15:17 スポーツソウル日本版

映画『パラサイト 半地下の家族』で長男役を演じた俳優チェ・ウシクが、ファッション誌『ELLE』7月号の表紙に登場した。


【関連】キム・ダミとチェ・ウシクが再共演!トレンディな“成長ラブコメ”に期待大


高級ブランド「ルイ・ヴィトン」のコレクションを着てファッショナブルな姿を披露した彼は、同誌のインタビューで近況は次回作について語っている。


最近、新ドラマ『その年、私たちは』(原題)に出演を知らせたことについて、「久しぶりのドラマの撮影で、しかも主演なので実はすごく緊張している。(相手役の)キム・ダミとは映画『The Witch/魔女』で共演したことがあるので頼りにしている。本格的なラブコメ作品なので、年齢に合った新しい姿をお見せできると思う」と語った。


彼は「自分が持つ顔の、いろんな温度を見せるのが目標」と明かしながら、「30代の自分をどう描いていけばいいかがこの仕事をする上で経験する最大の課題だ。限られた時間と出会いの中で最大値を吟味しようとしている。これから出てくるシワに、人生の痕跡がうまく滲んでいる人になりたい」と話した。


チェ・ウシクは現在、出演映画『警官の血』(仮題)と『ワンダーランド』(原題)の公開を控えている。



(写真=ELLE)




(写真=ELLE)

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_6b69ef60afb1 oa-rp60169_0_a7b9f951e970_“ベッドシーンの帝王”キム・ナムギル、SBSの新ドラマで犯罪プロファイラー役に変身 a7b9f951e970 a7b9f951e970 “ベッドシーンの帝王”キム・ナムギル、SBSの新ドラマで犯罪プロファイラー役に変身 oa-rp60169

“ベッドシーンの帝王”キム・ナムギル、SBSの新ドラマで犯罪プロファイラー役に変身

2021年6月15日 15:14 スポーツソウル日本版

俳優のキム・ナムギルがSBSの新ドラマ『悪の心を読む者たち』(原題)で、主人公ソン・ハヨン役にキャスティングされた。


SBSの新ドラマ『悪の心を読む者たち』(脚本ソル・イナ、演出パク・ボラム)は、悪の頂点に立った連続殺人犯の心を読もうと、孤軍奮闘する犯罪プロファイラーの姿が描かれたクライム・スリラーだ。本作は韓国初の犯罪プロファイラー、クォン・イルヨンと、作家のコ・ナムが実話をもとに2018年に執筆した同名小説が原作となっている。


【関連】日韓合作ドラマで主演、“セクシーな悪い男”キム・ナムギルとは?


キム・ナムギル演じるソン・ハヨンは、誰よりも人間を深く見つめながら事件を暴く犯罪プロファイラーだ。重厚感のある演技で、連続殺人を追うさまをスリルたっぷりに描く予定だ。


甘いマスクと官能的な演技から、日本では“ベッドシーンの帝王”とも称されるキム・ナムギルは、ドラマ『熱血司祭』『赤と黒』『善徳女王』『医心伝心~脈あり!恋あり?~』や、映画『殺人者の記憶法』『パイレーツ』『花、香る歌』『パンドラ』(原題)など、数多くの作品でジャンルを問わず活躍してきただけに、今回の犯罪プロファイラー役も原作を忠実に再現し、主演として作品の牽引を期待されている。



キム・ナムギル



『悪の心を読む者たち』はキャスティングが完了次第、順次撮影を開始する予定だという。


またキム・ナムギルの2021年は、映画『保護者』(原題)、『非常宣言』(原題)の公開が控えており、そして4月には映画『夜行』(原題)の撮影を終えるなど、熱心な活動を続けている状況だ。

外部リンク

cat_oa-rp60169_issue_6b69ef60afb1 oa-rp60169_0_5168cc8df81c_『愛の不時着』ヒョンビンが主演する新作映画『共助2』が4カ月間の撮影を終え、編集作業に突入 5168cc8df81c 5168cc8df81c 『愛の不時着』ヒョンビンが主演する新作映画『共助2』が4カ月間の撮影を終え、編集作業に突入 oa-rp60169

『愛の不時着』ヒョンビンが主演する新作映画『共助2』が4カ月間の撮影を終え、編集作業に突入

2021年6月15日 14:44 スポーツソウル日本版

『愛の不時着』俳優ヒョンビンが主演する映画『共助2:インターナショナル』(原題)が撮影を終えた。


【写真】ヒョンビン、“筋トレ中”もイケメン


韓国映画界によると、『共助2』は今年2月から約4カ月間が過ぎた6月13日、すべての撮影を終えて編集作業に突入した。


『コンフィデンシャル/共助』(2017年作)の続編となる『共助2』は、犯罪組織を追って韓国に派遣された北朝鮮の刑事リム・チョリョン(演者ヒョンビン)と、パートナーを買って出た韓国の刑事カン・ジンテ(演者ユ・ヘジン)、それに米FBIに所属するジャック(演者ダニエル・ヘニー)まで、それぞれの目的を持って集まった“グローバルな”刑事たちの協力捜査を描く。


前作に続いてヒョンビン、ユ・ヘジン、少女時代ユナが出演し、さらにダニエル・ヘニーやチン・ソンギュが出演することで期待を集めている。


ドラマ『愛の不時着』で北朝鮮の将校リ・ジョンヒョク役を演じ、国内外で爆発的な人気を博しているヒョンビンは、新しい任務のため再び韓国に派遣された北朝鮮のエリート刑事リム・チョリョンに扮する。韓国での生活にもすっかり慣れた様子でパートナー刑事・ジンテと強力な犯罪組織に立ち向かい、前編を超えるハードなアクションと、一段と人間味あふれる魅力を発散する予定だ。



(写真提供=CJ ENM)上段左からヒョンビン、ユ・ヘジン、下段左からユナ、ダニエル・ヘニー、チン・ソンギュ



前作『コンフィデンシャル/共助』が韓国で781万人を動員するヒットを収めただけに、その続編である『共助2』の興行にも期待が高まる。


すべての撮影が終わり編集作業に入ったことで、公開時期の輪郭も近いうちに明らかになりそうだ。

外部リンク