cat_oa-rp59145_issue_d7fa305e025a oa-rp59145_0_d7fa305e025a_Apple IDに残高を追加すると10%のボーナス付与! 2019年12月12日まで d7fa305e025a d7fa305e025a Apple IDに残高を追加すると10%のボーナス付与! 2019年12月12日まで oa-rp59145

Apple IDに残高を追加すると10%のボーナス付与! 2019年12月12日まで

2019年11月14日 13:19 iPhone Mania

Appleは、Apple IDに残高を追加すると10%のボーナスを付与するキャンペーンを開始しました。2019年12月12日までの期間限定です。

1人1回限り、100円〜3万円までの入金で10%ボーナス付与

キャンペーン期間中の2019年12月12日までにApple IDへ入金をすると、1人1回に限り入金額の10%がボーナスとして付与されます。ボーナス対象となる入金額は100円〜30,000円です。



ただし過去に同様のキャンペーンを利用して10%ボーナスを受け取ったことがあるなど、アカウント情報や購入履歴によってはボーナスが利用できない場合もあります。



今回のApple ID入金ボーナスキャンペーンは、2019年3月の5%ボーナス、2019年5月の10%ボーナス、2019年9月の10%ボーナスに続く4回目の実施です。

Apple IDへの入金方法

Apple IDへの入金は、iOS端末のiPhone/iPad/iPod touch、またはMacやWindowsパソコンからも行うことができます。



iOS端末で入金するには、App Storeを起動し、右上の人のアイコンをタップ、Apple IDに入金をタップして入金する金額を指定します。









Apple IDへ入金した残高は、音楽、映画、App、ブック、iCloudストレージなどの購入の際に使うことができます。





Source:Apple via iをありがとう

(kotobaya)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7fa305e025a oa-rp59145_0_affe934a4cd0_最後のiPod nanoが正式に「ビンテージ製品」入り〜販売終了から5年 affe934a4cd0 affe934a4cd0 最後のiPod nanoが正式に「ビンテージ製品」入り〜販売終了から5年 oa-rp59145

最後のiPod nanoが正式に「ビンテージ製品」入り〜販売終了から5年

2020年10月1日 21:06 iPhone Mania

世代としては最後のiPod nano(第7世代)が、Appleの定めた「ビンテージ製品とオブソリート製品」のリストに入りました。リスト入りした製品は、修理を含む公式サポートを原則として受けられなくなります。

iPod nanoは全モデルがリスト入り

すでに報じられていたとおりAppleは正式にiPod nano(第7世代)とiPod touch(第5世代)をビンテージ製品のリストに加えました。



これによって、iPod nanoは全モデルが「ビンテージ製品とオブソリート製品」の対象となります。ビンテージ製品は販売終了から5年以上〜7年未満のモデル、オブソリート製品は7年以上が経過したモデルです(以前であれば、日本ではビンテージ製品もオブソリート製品扱いとされ、販売終了から5年が経過した時点でハードウェアサポートが実質的に終了していましたが、現在はビンテージ製品に限り、Appleの在庫状況次第で修理を受けられるようです)。

iPodで音楽を聴いていた時代も遠い昔

iPod miniの実質的後継となるiPod nanoは初代モデルが2005年9月、最後の第7世代が2012年9月に発売されました。第7世代の外観デザインは2010年の第6世代を受け継ぎ、iPod最大の特徴とも言えるクリックホイールではなくタッチディスプレイが採用されています。






iPodシリーズは現在もiPod touch(第7世代)が発売されていますが、操作性やデザインはiPhoneと変わらず、通話機能があるかないかの違いです。音楽プレイヤーとしての役割を主に与えられていたのはiPod nanoが最後だったとも言えるでしょう。



PCやMacにmp3やaacファイルを大量に保管し、iTunesのリストで管理、iPodのストレージ容量とにらめっこしながら楽曲を厳選していた日々は、Apple Musicのような音楽ストリーミングサービスが主流となった今となっては遠い昔です。





Source:MacRumors

(kihachi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7fa305e025a oa-rp59145_0_efc05b38b507_腕時計のバックルがウェアラブルデバイスになるソニー「wena 3」、Suicaにも対応 efc05b38b507 efc05b38b507 腕時計のバックルがウェアラブルデバイスになるソニー「wena 3」、Suicaにも対応 oa-rp59145

腕時計のバックルがウェアラブルデバイスになるソニー「wena 3」、Suicaにも対応

2020年10月1日 20:50 iPhone Mania

ソニーは10月1日、どんな腕時計でもスマートウォッチに早変わりする「wena 3」を発表しました。わずか1.5時間の充電で1週間の連続使用が可能で、バッテリーが切れた後でも24時間は交通系ICカード/電子マネー機能の利用できます。

販売価格はラバーバンドモデルが24,000円(税別)から

腕時計とスマートウォッチの良いとこ取りをした、ソニーwena 3」が発表されました。バンドは金属、レザー、ゴムの3種類から選ぶことができます。



一般的な腕時計のバックル部分がウェアラブルデバイスになるため、お気に入りの時計を使用し続けながら、スマート対応させることが可能となっています。



対応OSはiOS11.0以上、Android 6.0以上となっており、おサイフケータイ対応サービス、Suicaなどの交通系ICカード、電子マネー(おサイフリンク)も利用できます。






センサー類は、加速度センサー、静電タッチセンサー、マイク、照度センサー、心拍センサーが埋め込まれています。



ソニーは、wena 3の開発者インタビューの動画も公開しています。






気になる販売価格は、wena 3 metalのブラックとシルバーがそれぞれ33,000円(税別)と35,000円(税別)、wena 3 leatherのブラックとブラウンがそれぞれ30,000円(税別)と32,000円(税別)、wena 3 rubbrerが24,000円(税別)となっています。






wena 3は、現在予約注文を受付中で、11月27日に発売予定となっています。





Source:ソニー

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7fa305e025a oa-rp59145_0_75bb37990689_iPad Air(第4世代)まもなく発売か〜販促素材がストアに到着 75bb37990689 75bb37990689 iPad Air(第4世代)まもなく発売か〜販促素材がストアに到着 oa-rp59145

iPad Air(第4世代)まもなく発売か〜販促素材がストアに到着

2020年10月1日 20:23 iPhone Mania

具体的な発売日が不明だったiPad Air(第4世代)ですが、Apple Storeに販促素材が到着し、発売が間近に迫っているとの観測が浮上しています。

依然として不明な発売日

Appleは9月に開催されたイベントで、新型iPad Air(第4世代)を発表しました。新iPad Airの登場は予想されていましたが、大方の予想に反してCPUには最新のA14 Bionicチップが搭載されることが明らかになるなど、サプライズもありました。またカラーバリエーションが5色に増え、ベゼル周りがスリムになったほか、iOS製品としては初のTouch IDの電源ボタン埋め込みも消費者の関心を集めています。






ところが、これだけ注目が集まっているにもかかわらず、一向に具体的な発売日は明らかになりません。10月に登場することは明らかにされているため、最速で10月1日に入手できるのではないかとの見方も過去にはありましたが、依然としてAppleからの正確な日時の発表はありません。



もっとも、Apple関連のリークに詳しい人間は、何らかの情報を掴んでいるようです。Bloombergのマーク・ガーマン氏は1日、Twitterで「Appleの新iPad Air向け販促素材が、リテールストア(Apple Store)に到着し始めている。近いうちに発売ということだろう」と指摘、公式発表が間近に迫っていることを示唆しました。







またガーマン氏だけでなく、同じくリーク情報に詳しいジョン・プロッサー氏も「iPad Airの購入資金を準備しましょう」と意味深なツイートをしています。





Source:Twitter-markgurman via MacRumors

(kihachi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7fa305e025a oa-rp59145_0_1c1cf4b37678_Apple、ティム・クックCEOに最大100万株の付与決定〜後継者も議論に 1c1cf4b37678 1c1cf4b37678 Apple、ティム・クックCEOに最大100万株の付与決定〜後継者も議論に oa-rp59145

Apple、ティム・クックCEOに最大100万株の付与決定〜後継者も議論に

2020年10月1日 19:52 iPhone Mania

Appleは29日、ティム・クック最高経営責任者(CEO)に対して、2025年までに最大100万株の株式報酬を付与する計画を明らかにしました。

最大で120億円相当の報酬

報酬は2023年から2025年にかけて段階的に付与され、Appleの株式パフォーマンスに応じて、最終的にティム・クックCEOが貰える株式総額は上下します。報酬パッケージは2つから構成されており、1つ目は約11万株(9月30日終値で約13億円相当)ずつ2023年〜2025年の3年間、必ず毎年付与されるタイプです。2つ目は2023年に支払われるボーナスタイプで、こちらは今後3年間の株式パフォーマンスにもとづいて、約33万株(約39億円相当)を1単位として0%〜200%の間で付与されます。



したがって今回の株式報酬プログラムによって、ティム・クックCEOは最低でも計33万株、最高で約100万株(約120億円相当)を手にできる予定です



Appleの取締役会は声明で「ティム(ティム・クックCEO)は比類なきイノベーションをもたらすとともに、CEOとしての役割に集中し、価値や誠実さを率いるとはどういうことかを証明してくれた」と絶賛、今回の株式報酬はこの10年近くで初の試みであることを明らかにしました。「彼の際立ったリーダーシップを認めるとともに、前へと邁進していくことでAppleの将来は明るいものになるだろうと判断し、我々は新たな株式報酬をティムに支給する」



ティム・クック氏がAppleのトップの座に就いたのは2011年なので、2025年はCEOに就任して15年目の節目にあたります。

後継者選びも議題に

興味深いことに、取締役会ではティム・クックCEOの後継者についても話し合いが持たれたそうです。同氏が退任を計画している兆候は確認されていませんが、Bloombergは「取締役会と幹部チームの話し合いにおいて、後継者計画は中心的議題の一つだった」と報じています。



なお同メディアは先日も、直ちに退任となった場合はジェフ・ウィリアムズ最高執行責任者(COO)が後任となるのは確実だろうと報じており、いずれにしてもクック現CEOに続いて実用主義的な考え方をするタイプの後継者が選ばれる可能性は高いと予想しています。





Source:Bloomberg

(kihachi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7fa305e025a oa-rp59145_0_310e22abecb4_HTC、山折り型の折りたたみスマホの特許を取得 310e22abecb4 310e22abecb4 HTC、山折り型の折りたたみスマホの特許を取得 oa-rp59145

HTC、山折り型の折りたたみスマホの特許を取得

2020年10月1日 18:31 iPhone Mania

台湾HTCは2019年の大晦日に、新しい折りたたみデバイスの特許申請を行っていましたが、2020年8月20日に世界知的所有権機関(WIPO)から認可が下りた、と伝えられています。

デバイスのケースから飛び出す蝶番の仕様は問題なし?

今回承認が報じられたHTCの新特許「折りたたみディスプレイデバイス(Foldable Display Device)」の申請は、同社前最高経営責任者(CEO)のイヴ・メイトル氏の就任後3カ月後のタイミングで行われています。メイトル氏は、2025年までにHTCのスマホ部門から利益を出すと意欲的でしたが、9月初旬に諸事情により辞任しています。



特許出願には、折りたたみデバイスはスマートフォンとタブレットの両方に変形できると記されており、特に蝶番(ちょうつがい)の構造に焦点が当てられています。蝶番は、ディスプレイを完全にオープンにした状態と、半分開いた状態のどちらでも使用可能とのことです。






折りたたみデバイスの蝶番は、折りたたみの際にディスプレイパネルが伸び過ぎず、シワができるのを防ぐ必要がありますが、その特許にはそのための方策が記されてます。






構造上、蝶番がスマホのハウジングから飛び出す仕様となっていますが、実際のデバイス使用に支障をきたさないか心配になるところです。ポケットにスムーズに収まるのでしょうか?






特許の存在を報じた蘭メディアLetsGoDigitalは、出願の記載からHTCの折りたたみスマホの開発は初期段階にあると推測できる、とコメントしています。





Source:LetsGoDigital

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7fa305e025a oa-rp59145_0_93fc2d13bfd6_「Apple PayのPASMO」のサービス開始日が10月6日に決定! 93fc2d13bfd6 93fc2d13bfd6 「Apple PayのPASMO」のサービス開始日が10月6日に決定! oa-rp59145

「Apple PayのPASMO」のサービス開始日が10月6日に決定!

2020年10月1日 17:44 iPhone Mania

PASMO 協議会は、既に発表していた「Apple PayPASMO」について、2020年10月6日より利用できるようになると発表しました。

10月6日にApple PayのPASMOが誕生!

Androidでは、既に「モバイルPASMO for Android」として利用が開始されていますが、Apple端末への対応は2020年内と発表されていました。今回、利用開始日が10月6日と発表されたことで、当日以降、iPhoneやApple Watchで「Apple PayのPASMO」が使えることになります。



「Apple PayのPASMO」はICカード版のPASMOと同様に、電車やバスといった交通利用ができるほか、電子マネーによる買い物も可能です。

Apple Payとは?

Apple PayとはAppleが自社の端末で提供する決済サービス(プラットフォーム)です。手持ちのクレジットカード、プリペイドカードなどを登録することで、iPhoneやApple Watchで各国際ブランドのEMVコンタクトレス決済が可能になるものです。「各国際ブランドのEMVコンタクトレス決済」とは‪Visa‬やMastercardなどが推進する統一規格で、カードを決済端末に挿入したり、スワイプすることなく、かざすだけで支払いを実現するものです。これをカードレスで実現したのがApple Payです。



しかし、日本では従来より「Edy(現在の楽天Edy)」や「iD」、「QUICPay(上位互換のQUICPay+に置き換えが進んでいる)」「Suica」をはじめとする交通系ICカードの電子マネー機能などが主流でした。これらは、EMVコンタクトレス決済とは別の規格を使用しているため、日本ではEMVコンタクトレス決済の普及が遅れています。



そのためか、日本で展開されているApple Payでは「iD」「QUICPay+」や「Suica」にも対応しています。日本で馴染みのある規格に対応したことで、日本国内ではむしろこれらの決済サービスとして利用されることが多くなっています。



今回、PASMOがApple Payに対応したことで、普段PASMOを利用する人の利便性が向上することはもちろん、その他の交通系ICカードや電子マネーがApple Payへ対応することに期待が広がります。





Source:PASMO 協議会

(藤田尚眞)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7fa305e025a oa-rp59145_0_d7b95a0b0623_Apple WatchでワークアウトのGPSデータが正しく記録されないバグの修正方法 d7b95a0b0623 d7b95a0b0623 Apple WatchでワークアウトのGPSデータが正しく記録されないバグの修正方法 oa-rp59145

Apple WatchでワークアウトのGPSデータが正しく記録されないバグの修正方法

2020年10月1日 17:00 iPhone Mania

watchOS7をインストールしたApple WatchとiOS14の組み合わせで、ワークアウト系アプリでGPSを使ったトラッキングがうまくできないとの報告が先週ありました。Appleは9月30日、バグの修正にはiCloudのバックアップデータからの復旧が必要、とサポートページで解決策を公開しました。

Apple WatchとiPhone両方の復旧が必要

最新OSをインストールしたApple Watch上で、純正ワークアウトアプリやサードパーティーアプリStravaなどでGPSを使ったトラッキングデータが記録されない問題ですが、バグの修正は少々荒っぽい方法を取る必要があるようです。



まずは、iPhoneからApple Watchのペアリングを解除します。



  1. iPhoneでWatchアプリを開きます。
  2. My Watchタブをタップし、すべてのWatchをタップします。
  3. ペアリングを解除したいApple Watchの隣の情報ボタンをタップします。
  4. Apple Watchのペアリングを解除します。



Apple Watchのすべてのコンテンツと設定を削除する前に、iPhone上でApple Watchのバックアップデータが作られます。Apple Watchの復旧にはそのバックアップデータを使用します。



その後、iCloudに十分な空き領域があること、ヘルスケアが有効になっていることを確認し、iPhoneからiCloudのバックアップを行います。



iPhoneで設定アプリを開き、一般をタップし、リセットを行い、すべてのコンテンツと設定を削除します。



iPhoneの電源を入れ、iCloudバックアップから復旧を行います。





Source:Apple via AppleInsider

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7fa305e025a oa-rp59145_0_38acb36ebae6_macOS Big Sur、Netflixの4K動画再生にはT2チップが必須 38acb36ebae6 38acb36ebae6 macOS Big Sur、Netflixの4K動画再生にはT2チップが必須 oa-rp59145

macOS Big Sur、Netflixの4K動画再生にはT2チップが必須

2020年10月1日 16:29 iPhone Mania

macOS Big SurではHDRがサポート再生されるため、MacユーザーはNetflixの4K HDRコンテンツをSafariで楽しむことができます。ところがNetflixのサポートページから、4Kコンテンツを再生できるのは、AppleのT2セキュリティチップを搭載したMacのみであることが判明しました。

Big Surに対応しているだけでは不十分

macOS Catalinaでも動画圧縮の規格であるHEVCコーデックをサポートはしていたものの、ハードウェア上の問題で1080p(HD)画質までしか対応していませんでした。そのため、SafariでNetflixを利用しても、1080pを超えた画質での動画再生ができなかったのです。一方、Appleが6月に発表したMac向けの次世代OS「macOS Big Sur」では、Safariでの4K対応が明らかとなり、ユーザーの間でも期待が高まっていました。



ところが今回、Netflixが新たに公開したサポートページから、MacのSafariでNetflixを4K画質で楽しむためには、macOS Big Surをインストールするだけでは不十分であることが明らかになりました。対応しているのは、T2セキュリティチップを搭載したMac製品だけです。



  • iMac (2020年に発売されたモデル)
  • iMac Pro
  • Mac Pro(2019年に発売されたモデル)
  • Mac mini(2018年に発売されたモデル)
  • MacBook Air(2018年以降に発売されたモデル)
  • MacBook Pro(2018年以降に発売されたモデル)



したがって、iMac(Retina 4K, 21.5インチ, 2019)は、macOS Big Surのサポート対象で4K動画にも対応していますが、T2セキュリティチップが搭載されていないため、SafariでNetflixの4K動画再生はできないことになります。すべてのMacシリーズがT2セキュリティチップを搭載したのは2020年に入ってからです。



セキュリティチップはその名の通り、主にセキュリティを司っており、Touch IDで登録された指紋データもSecure Enclaveとして統括されています。しかし、こういった一般的にイメージされるセキュリティだけではなく、システム管理コントローラ、画像信号プロセッサ、オーディオコントローラも統合しているため、4K動画の再生に関わってくるというわけです。





Source:iMore,Apple,Netflix

(kihachi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7fa305e025a oa-rp59145_0_36ec5801ba6e_ベルギーが、COVID-19濃厚接触者追跡アプリ「Coronalert」を導入 36ec5801ba6e 36ec5801ba6e ベルギーが、COVID-19濃厚接触者追跡アプリ「Coronalert」を導入 oa-rp59145

ベルギーが、COVID-19濃厚接触者追跡アプリ「Coronalert」を導入

2020年10月1日 15:30 iPhone Mania

ベルギーが、新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者を追跡するアプリ「Coronalert」を導入しました。このアプリは、AppleとGoogleの接触通知APIを使用し、作成されています。

ベルギーのApp Storeで提供開始

Coronalertは既に、ベルギーのApp Storeで提供されています。同アプリは、英語、オランダ語、フランス語、ドイツ語に対応しています。



Coronalertは、AppleとGoogleの接触通知APIに基づいて作成されており、ユーザーのプライバシーを保護しながら、新型コロナウイルスの検査で陽性となった人が接触した相手に、警告を通知します。

各国で濃厚接触者通知アプリを導入中

各国は、新型コロナウイルス感染症罹患者との濃厚接触者通知アプリを導入しており、日本では「COCOA」が、カナダでは「COVID Alert」が提供されています。





Source:Coronalert viaiMore

(FT729)

外部リンク