cat_oa-rp59145_issue_d7a418df136c oa-rp59145_0_d7a418df136c_10.8インチの「iPad Air(第4世代)」はUSB-Cコネクタ搭載か d7a418df136c d7a418df136c 10.8インチの「iPad Air(第4世代)」はUSB-Cコネクタ搭載か oa-rp59145

10.8インチの「iPad Air(第4世代)」はUSB-Cコネクタ搭載か

2020年6月3日 20:04 iPhone Mania

2020年後半に発売されると噂される「iPad Air(第4世代)」には、LightningコネクタではなくUSB Type-C(USB-C)コネクタが搭載される、とMacお宝鑑定団Blogが報じています。

iPad Pro(11インチ)がベースのモデルに?

iPad Air 4」や「iPad Air(第4世代)」と噂されるモデルは、現行の「iPad Air(第3世代)」の10.5インチから10.8インチに大画面化して2020年後半に発売される、とTF International Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏が予測しています



Macお宝鑑定団Blogは、中国のサプライヤー筋から得た情報として、「iPad Air(第4世代)」は、LightningコネクタではなくUSB-Cコネクタを搭載する、と報じています。



同メディアは、iPad Air(第3世代)がiPad Pro(10.5インチ)をベースにしていたように、11インチのiPad Pro(第1世代:2018年発売)から、背面カメラ性能を引き下げたモデルになる可能性もある、と予測しています。



なお、「iPad Air(第4世代)」が2018年のiPad Proをベースにしたモデルになる、との予測は4月にTailosive Techが公開した予測とも一致します。

8.5〜9インチiPad miniはLightningコネクタ搭載

ミンチー・クオ氏は、8.5インチもしくは9インチのiPad miniが2021年前半に発売される、とも予測しています。



次期iPad miniについてMacお宝鑑定団Blogは、引き続きLightningコネクタを搭載する、と伝えています。

ディスプレイ内蔵指紋センサー搭載、との噂も

「iPad Air(第4世代)」については、ディスプレイ埋め込み型の指紋センサーを搭載し、指紋認証センサーは「iPhone SE Plus」と共用することでコストダウンが図られるのではないか、との予測をスロバキアメディアのSvetapple.skが報じています。





Source:Macお宝鑑定団Blog

Photo:Technizo Concept/YouTube

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7a418df136c oa-rp59145_0_0d123f16eac4_COCOAのダウンロード数が1,200万件を突破、陽性登録者数はわずか165人 0d123f16eac4 0d123f16eac4 COCOAのダウンロード数が1,200万件を突破、陽性登録者数はわずか165人 oa-rp59145

COCOAのダウンロード数が1,200万件を突破、陽性登録者数はわずか165人

2020年8月11日 00:10 iPhone Mania

厚生労働省は、新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOAのダウンロード数が8月7日時点で約1,205万件に到達したと発表しました。一方で、陽性登録者数は累計で165人に留まっています。

伸び悩む陽性登録者数

COCOAの7月末のダウンロード数は約1,000万件だったため、1週間で約200万件のダウンロードが行われ、累計で日本の人口約1億2,500万人の約1割がダウンロードした計算になります。



一方で、陽性登録者数は累計で165件に留まっており、ケータイWatchによると8月6日から8月7日にかけての増加数は17件となっています。



8月7日の新型コロナウイルスの新規感染者数は日本全国で約1,600人に達しており、連日1,000人規模の陽性患者が発生している状況を考慮すると、COCOAで陽性登録を行う人数が極端に少ないことが浮き彫りとなっています。

陽性登録の方法に課題か




PCR検査が陽性となった場合でも、陽性登録は自動的には行われず、患者本人がCOCOAアプリで陽性登録を行う必要があり、新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS、ハーシス)が発行する「処理番号」が必要になります。



陽性登録が少ない理由として、PCR検査で陽性になった人がCOCOAでの陽性登録をためらっている可能性や、行政からの処理番号の発行が遅れている可能性が考えられます。



7月末時点では、東京都と大阪府におけるハーシスの導入が遅れ、保健所の現場も業務輻輳により混乱が生じており、J-CASTニュースは陽性患者のインタビューとして、処理番号の発行が遅れている事例を紹介しています。



また、厚生労働省のホームページによると、COCOAでプッシュ通知とアプリ内での確認結果が一致しないエラーが発生している模様です。





Source:ケータイWatch, J-CASTニュース, 厚生労働省

Photo:厚生労働省

(seng)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7a418df136c oa-rp59145_0_3ff8c79f8a8f_Apple Watchの心電図アプリ、韓国で認可取得〜数カ月以内に有効化か? 3ff8c79f8a8f 3ff8c79f8a8f Apple Watchの心電図アプリ、韓国で認可取得〜数カ月以内に有効化か? oa-rp59145

Apple Watchの心電図アプリ、韓国で認可取得〜数カ月以内に有効化か?

2020年8月11日 00:05 iPhone Mania

Apple Watch心電図アプリ有効化に向け、Appleが韓国食品医薬品安全処(MFDS:Korean Ministry of Food and Drug Safety)から承認を得たとPatently Appleが報じています。今後数カ月以内に、韓国内ではApple Watchの心電図アプリを有効化出来る可能性があります。

Apple Watch Series 6登場と共に有効化可能になる?

Patently Appleによれば、心電図アプリの承認をMFDSから得たとしても、Apple Watch Series 5を使用しているユーザーがすぐにそれを有効化出来るようになるのか、Apple Watch Series 6の発売と同時に可能になるのかはまだ不明とのことです。



同メディアは、Samsung Galaxy Watch3の心電図測定機能が、アメリカ食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)の承認を得たことも伝えています。

日本では認可と販売体制構築に課題か

心電図アプリの有効化に関し日本では、医療機器や医薬品の審査・承認などを行う、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA;Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)が公開した「認定・登録外国製造業者リスト(令和2年6月1日現在)」にAppleが掲載されていたことから、「心電図アプリ」が有効化されるのではないかと期待されています。



ただし、心電図アプリもしくはそれを搭載したApple WatchがPMDAから「管理医療機器 クラスII」の承認を得た後も、それらを販売又は貸与する場合には販売店舗ごとに要件を満たす管理者を設置しなければならないため、販売方法についてAppleがどのように対応するのか注目されています。





Source:Patently Apple, 千葉県 (1), (2), 埼玉県, 公益財団法人 医療機器センター

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7a418df136c oa-rp59145_0_25711b3e36a8_Apple共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏、70歳の誕生日をオンラインで祝福 25711b3e36a8 25711b3e36a8 Apple共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏、70歳の誕生日をオンラインで祝福 oa-rp59145

Apple共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏、70歳の誕生日をオンラインで祝福

2020年8月11日 00:05 iPhone Mania

スティーブ・ジョブズ氏とともにAppleを創業したことで知られるスティーブ・ウォズニアック氏が、自身の70歳の誕生日をオンラインイベントで祝福することが明らかになりました。

参加者のリストにはスターの名前も

ウォズニアック氏のスペシャルバースデーイベントは、太平洋夏時間8月11日午後17時(日本時間8月12日午前9時)から特別Webサイト、Twitter、Twitch上で配信が行われます。



イベントには、スタンダップ・コメディアンのクリス・ロックや、カントリーロックシンガーのエミルー・ハリスといったスターも登場するようで、総勢50名以上の名前が参加者リストに記されています。

11日間続くチャレンジに参加して賞品をゲット!

ウォズニアック氏は、11日のイベントを皮切りに、”ウォズダム(ウォズニアックとウィズダム[知恵の意]を組み合わせた造語)の11日間”と名付けられた11日間続く視聴者参加型チャレンジも開催します。



チャレンジは、「ウォズの誕生会に出席し、宣伝する」「ウォズにハッピーな顔を見せる」「ウォズに最高のジョークを言う」など全部で11個あり、Twitter上でハッシュタグ#wozdomday+日付と、ウォズニアック自身(@SteveWoz)をタグして参加することができます。なお、チャレンジは順番通りにやる必要はないとのことです。



最終的に勝ち残った5人の勝者には、以下の5つの賞品が贈呈されます。



  • 13インチMacbook Air
  • Airpods(充電ケース付き)
  • iPhone SE 64GB
  • 10.2インチiPad Wi-Fi対応モデル 32GB
  • Apple Watch Series 3 GPSモデル – 38mm シルバーアルミケースホワイトスポーツバンド



*すべてウォズニアック氏のサイン入り





Source:Woz’s 70th BirthdayAppleInsider

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7a418df136c oa-rp59145_0_83a9df23b876_Apple Watchの2023年か2024年モデルがマイクロLEDを初搭載か? 83a9df23b876 83a9df23b876 Apple Watchの2023年か2024年モデルがマイクロLEDを初搭載か? oa-rp59145

Apple Watchの2023年か2024年モデルがマイクロLEDを初搭載か?

2020年8月10日 21:00 iPhone Mania

Apple Watchの2023年か2024年モデルが、Appleの製品として初めてマイクロLEDディスプレイを搭載するモデルになるとの予想を、AppleInsiderが報じています。

ディスプレイ業界筋の情報




ディスプレイメーカーであるEpistarの会長、リー・ビーン・ジェ(Lee Biing-jye)氏によれば、「マイクロLEDディスプレイの採用は3年〜4年後にスマートウォッチ市場から始まるだろう」とのことです。



EpistarはマイクロLEDディスプレイ製造における問題点を新技術で解決しており、今後2年〜3年で量産を開始、3年〜4年後の搭載製品の登場に向けて、現在は歩留まり改善とコスト削減に焦点をあてているとリー氏は述べています。



リー氏は、マイクロLEDディスプレイをスマートウォッチに搭載することを検討しているベンダーがいることも伝えています。

スマートウォッチ用は約30万個のマイクロLEDを搭載

同氏によれば、300 x 300ピクセルのスマートウォッチ用マイクロLEDディスプレイには約30万個のマイクロLEDを搭載する必要があるとのことです。AppleInsiderは、「Apple WatchへのマイクロLEDディスプレイ搭載には、一層の薄型化の実現、消費電力の低減というメリットがある」と記しています。



LED専門メディアであるLEDinsideも、Apple製品においてマイクロLEDディスプレイを搭載する最初の製品はApple Watchになるだろうと予想しています。





Source:DigiTimes via AppleInsider

Photo:EverythingApplePro/YouTube

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7a418df136c oa-rp59145_0_c0f7194a2c13_中国Xiaomi、インド向け自社ファームウェア「MIUI」から禁止アプリを削除 c0f7194a2c13 c0f7194a2c13 中国Xiaomi、インド向け自社ファームウェア「MIUI」から禁止アプリを削除 oa-rp59145

中国Xiaomi、インド向け自社ファームウェア「MIUI」から禁止アプリを削除

2020年8月10日 18:26 iPhone Mania

近年インド市場での存在感が増してきている中国ベンダーXiaomiですが、インド国内で展開される自社ファームウェア「MIUI」から、インド当局が禁止する中国製アプリをすべて削除する、とTwitterで発表しました。

インド人のユーザーデータはすべてインド国内で管理

Xiaomiのインド事業の公式アカウント(@XiaomiIndia)は、インド政府が禁止を発表した59の中国製アプリがいっさい使用されておらず、インド人のユーザーデータがすべて国内で管理されるMIUIの新たなファームウェアバージョンを近々リリースする、とツイートしました。





インド政府が禁止した59の中国製アプリとは?

インド当局が6月末に発表した使用禁止となった中国製アプリのリストには、TikTok、WeChat、Weiboなどを始めとする59個のアプリが含まれていました。



インド政府は中国製アプリブロックの主な理由として、安全保障上の脅威となっているためと説明していますが、その背景には6月初旬にインドと中国の国境線付近で起こった武力衝突があるといわれています。



米政府もTikTokとWeChatの国内でのサービス停止を発表しており、両アプリの今後の動向に注目が集まっています。





Source:XDA Developers

Photo:Xiaomi

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7a418df136c oa-rp59145_0_ce6afd6adf5a_新型コロナのワクチンが開発されるとAppleの株価が落ちる? ce6afd6adf5a ce6afd6adf5a 新型コロナのワクチンが開発されるとAppleの株価が落ちる? oa-rp59145

新型コロナのワクチンが開発されるとAppleの株価が落ちる?

2020年8月10日 18:04 iPhone Mania

海外大手メディアReutersは、Goldman Sachsのアナリストの見解を紹介し、2020年後半に新型コロナウイルスのワクチンが承認される場合、Apple等のテック企業の株価が下がる可能性があると報じています。

コロナ禍でもApple等の株価は上昇

新型コロナウイルス感染拡大に伴う各国のロックダウンにより、ステイホームが常態化したことの恩恵を受け、アメリカIT業界を代表する大企業のAppleや、Facebook、Amazon、Google運営会社のAlphabetの株価は今年大きく上昇しました。



特にAppleは7月末の業績発表により株価が急騰し、サウジアラビアの国営石油会社を抜いて市場価値が世界最大の上場企業となりました。現在Appleの株式時価総額は2兆ドル(約212兆円)に向かっていると言われています。

9月以降に転換する可能性

Goldman Sachsのアナリストは顧客向けのマーケットレポートにおいて、9月上旬までは現在のトレンドが継続する模様だが、ワクチンの開発により流れが変わるかもしれないと報告しています。



Goldman Sachsのレポートでは、ワクチンの承認によりトレンドが転換し、Apple等への投資から伝統的な景気連動型の株式や、銀行株等への投資が進む可能性があると紹介されています。





Source:Reuters

(seng)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7a418df136c oa-rp59145_0_35d48decc792_トラックパッドに貼るだけテンキーのNums、新型13インチMBP対応版を8月発売予定 35d48decc792 35d48decc792 トラックパッドに貼るだけテンキーのNums、新型13インチMBP対応版を8月発売予定 oa-rp59145

トラックパッドに貼るだけテンキーのNums、新型13インチMBP対応版を8月発売予定

2020年8月10日 18:00 iPhone Mania

トラックパッドに貼るだけでそれをテンキーとして利用可能にするトラックパッドカバー「Nums」の、新型13インチMacBook Pro対応版を8月初旬より販売するとNums総代理店のADZUKI TRADINGが発表しました。同社はGREEN FUNDINGにて、新型13インチMacBook Pro対応版を50%OFFから販売する予定とのことです。

トラックパッドカバー「Nums」とは




Numsは、それをMacBookのトラックパッドに貼るだけでテンキー・ランチャー・計算機機能を使えるようにするものです。






MacBookを使用中で数字の入力が多いユーザーが使用すれば、入力時の手間を軽減することが可能です。また、0.26ミリ厚のトラックパッドカバーとしても機能します。

まもなく販売開始?




Nums総代理店のADZUKI TRADINGは、Numsの新型13インチMacBook Pro対応版を8月初旬よりGREEN FUNDINGにて50%OFFから販売予定と発表していますが、8月10日現在、まだ販売ページは案内されていません。



同社は登録ユーザーに対して、ファンディング開始までに販売情報をアナウンスすると公式ページに記載しています。



本商品に関する質問は、商品販売元に問い合わせ下さい。





Source:ADZUKI TRADING, Nums/GREEN FUNDING

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7a418df136c oa-rp59145_0_9318f217e157_Google Pixel 4a、発売前にすでに米Amazonで売り切れに 9318f217e157 9318f217e157 Google Pixel 4a、発売前にすでに米Amazonで売り切れに oa-rp59145

Google Pixel 4a、発売前にすでに米Amazonで売り切れに

2020年8月10日 17:45 iPhone Mania

Googleが現地時間の8月3日付けで発表した、ミッドレンジ機「Pixel 4a」ですが、すでに予約注文が米Amazon、Best Buyで売り切れになっていることがわかりました。

売り切れるようなデバイスではない?

Android Centralのダニエル・ベイダー氏(@journeydan)は、Pixel 4aがすでにAmazon上で売り切れになっている、と先週ツイートしました。







Pixel 4aは、日本では8月14日から予約の受付が開始される予定で、Googleが運営するGoogle Storeで購入可能となっている他、ソフトバンクでも取り扱われる見通しです。カラーバリエーションはJust Blackしかなく、ストレージ容量も128GBのみですが、販売価格は42,900円(税込み)と、iPhone SE(第2世代)よりも抑えられています。



実機を触ったITmedia Mobileによれば、カメラ性能はミッドレンジ機としては突出しているものの、ハイエンドモデルには及ばないとのことで、Amazon上での売り切れを報じたAndroid Policeは「売り切れるようなデバイスではない」とコメントしています。



Pixel 4aの主な技術仕様は以下のとおりとなっています。






機種名
Pixel 4a


重量
143グラム


電池容量
3,140mAh


メモリ
ROM 128GB / RAM 6GB


CPU
Qualcomm Snapdragon 730


OS
Android 10


ディスプレイ
5.81インチ、FHD+(1080 x 2340)


カメラ
背面カメラ:12.2メガピクセル(デュアル ピクセル)

前面カメラ:8メガピクセル


サイズ

(幅×高さ×厚さ)
69.4ミリ×144ミリ×8.2ミリ







Source:Google Store via Android Police, ITmedia Mobile

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_d7a418df136c oa-rp59145_0_3bb488340323_WeChatがApp Storeから削除で中国国内のiPhone出荷台数は30%減 3bb488340323 3bb488340323 WeChatがApp Storeから削除で中国国内のiPhone出荷台数は30%減 oa-rp59145

WeChatがApp Storeから削除で中国国内のiPhone出荷台数は30%減

2020年8月10日 16:52 iPhone Mania

ドナルド・トランプ米大統領は、Tencentが運営する多機能メッセージング・ソーシャルメディア・決済アプリWeChatと米企業との取引禁止を計画していますが、もしApp Storeから同アプリが削除された場合、中国国内のiPhone出荷台数は最大で30%減少する可能性がある、と著名アナリストのミンチー・クオ氏が推測しています。

米国内でのみ禁止だと影響は最小限に

トランプ大統領は、ユーザー数の多い中国製アプリが米国市民のユーザーデータを取り扱うことは安全保障上の脅威になっているとして、人気動画共有アプリTikTokと、多機能アプリWeChatを米国内でサービス停止とする大統領令に署名しました。



TikTokに関しては、米企業が買収を行い、買収額の大部分が米財務省に支払われることを条件に、サービス継続を許可する意向ですが、WeChatについては代替案が語られていないため、App Storeで配信停止となる可能性が濃厚とされています。



問題は、トランプ大統領の定める”米企業との取引停止”がどこまで適用されるかです。もしWeChatが米国内のApp Storeからのみ削除されるならば、影響は最小限で済み、iPhone出荷台数は3%〜6%減、その他のAppleデバイスの出荷台数の減少は3%以下に抑えられるとの見込みです。

中国国内でWeChatが配信停止で出荷台数は30%減

トランプ大統領が、米企業であるAppleとWeChatおよび運営会社Tencentとの取引を全面的に禁止した場合、中国国内のApp StoreからWeChatが削除されるという事態もあり得る、とクオ氏は想定しています。



もしそうなった場合、WeChatは生活必需アプリとなっているため、中国でのiPhone出荷台数は25%〜30%減少すると推測されています。AirPods、iPad、Apple Watch、Macなどその他のAppleデバイスの出荷台数は、15%〜25%減となる見通しです。





Source:MacRumors

(lexi)

外部リンク