cat_oa-rp59145_issue_917ff16f163e oa-rp59145_0_917ff16f163e_「Apple 新宿」が4月7日(土)オープン!国内8店舗目のApple Store 917ff16f163e 917ff16f163e 「Apple 新宿」が4月7日(土)オープン!国内8店舗目のApple Store oa-rp59145

「Apple 新宿」が4月7日(土)オープン!国内8店舗目のApple Store

2018年3月19日 20:43 iPhone Mania

Appleは3月19日、新店舗「Apple 新宿」を4月7日(土)午前10時、新宿丸井本館ビル内にオープンすることを発表しました。日本国内では8店舗目のApple Storeとなります。

日本で8店舗目のApple Store

Apple 新宿がオープンすれば、日本国内で8店舗目、東京都内では銀座、渋谷(休業中)、表参道に続く4店舗目となります。

 

Apple 新宿の場所は、新宿三丁目の新宿丸井本館ビル内で、営業時間は午前10時から午後9時と案内されています。

 

 

なお、同ビルの真向かいには、Apple Watch at Isetan Shinjukuが入っている伊勢丹新宿があります。

 

 

情報サイト「iをありがとう」は、新宿丸井本館ビル1階の、現在改装中の場所が有力だろうと伝えています。

都内に2店舗新設の噂、京都は求人情報も公開

日本国内でのApple Storeの新店舗については、2017年11月に東京都内に2店舗の新設計画があり、千代田区、新宿区、豊島区が候補に挙がっている、と報じられていました。

 

このほか、2017年9月には京都市内のApple Storeと明言した求人情報が公開されていましたが、新宿の方が先に開店することとなりました。

 

なお、2016年2月に移転のため惜しまれながら閉店したApple 札幌は、移転先候補とされるビルの情報が報じられ、求人情報が公開されたものの、まだ開店の情報がありません。

 

 

Source:Apple 新宿 via iをありがとう

(hato)

投稿 「Apple 新宿」が4月7日(土)オープン!国内8店舗目のApple Store は iPhone Mania に最初に表示されました。

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_917ff16f163e oa-rp59145_0_3e808989734f_チャージ不要!au PAYが新規登録者への1,000円プレゼントを開始 3e808989734f 3e808989734f チャージ不要!au PAYが新規登録者への1,000円プレゼントを開始 oa-rp59145

チャージ不要!au PAYが新規登録者への1,000円プレゼントを開始

2020年10月1日 02:36 iPhone Mania

auが提供する電子決済サービスau PAYは、10月1日から「はじめようau PAY!」キャンペーンとして、条件を達成した新規登録者を対象に、1,000円相当の残高のプレゼントを開始しています。

au 以外の人も登録可能

auと携帯電話の契約が無い方でもau PAYの利用は可能となっており、簡単な条件を達成することで1,000円相当の残高がもらえる、お得なキャンペーンとなっています。



au PAYについては、スマートフォンとメールアドレス、電話番号があれば誰でも公式アプリから簡単に登録することができ、ローソン、セブンイレブン等のコンビニや、すき屋、タカシマヤ等の多くの加盟店で残高払いが可能です。



なお、今回のキャンペーンは新規登録者が対象のため、既にau PAYを利用中の方は対象外となっています。

キャンペーンの条件




au PAYのキャンペーンページによると、新規登録で1,000円相当の残高をもらうための条件は以下のとおりです。



  1. 対象期間中にau PAY(コード支払い)の利用規約に同意(利用開始)すること
  2. au IDとPonta会員IDの連携を実施すること。



2.のau IDとPonta会員IDの連携については、1.の利用を開始した日の午後11時59分までに実施する必要があるため、注意が必要です。条件を達成した場合には、原則2日後に1,000円相当の残高が自動的に付与されます。



なお、au IDとPonta会員IDを所持していない場合でも、au PAYから新規登録を行うことが可能です。



キャンペーンは10月1日から開始されており、終了日については明確にされていないため、予想以上に新規登録者が殺到した場合には、早期に終了する可能性もあります。



キャンペーン詳細については、以下の公式ホームページから確認することができます。



  • はじめようau PAY!キャンペーンページ










Source:au PAY

(seng)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_917ff16f163e oa-rp59145_0_7541fc77cea7_Apple Watch Series 6のU1チップ、AirTagsの利用も想定? 7541fc77cea7 7541fc77cea7 Apple Watch Series 6のU1チップ、AirTagsの利用も想定? oa-rp59145

Apple Watch Series 6のU1チップ、AirTagsの利用も想定?

2020年10月1日 00:40 iPhone Mania

Apple Watch Series 6に搭載されたU1チップと超広帯域無線通信(UWB)アンテナを使って、登場が噂される紛失防止タグ、AirTagsの検索機能も利用できるようになるだろうと、Svetapple.skが伝えています。

次世代Car Key、AirTagsに対応か

Apple Watch Series 6にはU1チップと超広帯域無線通信(UWB)アンテナが搭載されており、次世代のCar Keyとして利用することをBMWが検討しているという情報があります。



Svetapple.skは、U1チップの活用場面はCar Keyだけに留まらず、Apple Watch Series 6を使ったAirTagsの検索機能も利用可能になるだろうと予想しています。AirTagsは、探し物トラッカーとして有名な「Tile」のような機能を持つデバイスだと噂されています。

iOS13.7に、AirTagsに関する画像

未発表のAirTagsですが、利用時の位置情報に関連すると思われる「風船の画像」がiOS13.7から発見されており、発表も近いのではないかと予想されています。





Source:Svetapple.sk

Photo:AppleInsider

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_917ff16f163e oa-rp59145_0_d6d58b3840f4_iPhone12 Proの最新レンダリング画像〜リーク情報とWatchの新色から制作 d6d58b3840f4 d6d58b3840f4 iPhone12 Proの最新レンダリング画像〜リーク情報とWatchの新色から制作 oa-rp59145

iPhone12 Proの最新レンダリング画像〜リーク情報とWatchの新色から制作

2020年10月1日 00:05 iPhone Mania

デザイナーのMichael Ma(@apple_idesigner)氏が、リーク情報やApple Watch Series 6にラインナップされた新色をもとに制作した、iPhone12 Proのレンダリング画像を公開しています。

iPhone12 Proシリーズは4色のラインナップか?

iPhone12 Proシリーズの本体カラーは、iPhone11 Proにラインナップされているミッドナイトグリーンが廃番になり、代わりにダークブルー(ネイビーブルー)が追加されると台湾DigiTimesが伝えています。



Apple Watch Series 6のステンレススチールケースモデルには、「グラファイト」カラーが追加されています。



Michael Ma(@apple_idesigner)氏が新たに制作したレンダリング画像は、これらの情報をもとにしたものです。





iPhone12シリーズは5色〜6色のラインナップか?




iPhone12 miniとiPhone12は、iPhone11にラインナップされているグリーンを廃止し、新たにブルー系の新色を追加、合計5色〜6色のラインナップになると噂されています。



著名リーカーの有没有搞措(@L0vetodream)氏の予想では、iPhone12のパープルは、iPhone11のパープルよりも暗めの色合いになるようです。





Source:Michael Ma/Twitter

Photo:North’s Globe Concepts/Twitter

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_917ff16f163e oa-rp59145_0_2a5b8fcb3b8e_GoogleマップのダークモードをAndroidで先行テストか? 2a5b8fcb3b8e 2a5b8fcb3b8e GoogleマップのダークモードをAndroidで先行テストか? oa-rp59145

GoogleマップのダークモードをAndroidで先行テストか?

2020年10月1日 00:00 iPhone Mania

Googleが、Googleマップのダークモードをテストしているようです。このテストはAndroid 11で実行中の、Googleマップ・バージョン10.51.1で行われているようですが、アプリ上で設定可能になるわけではなく、Googleマップのサーバー側で対応を進めているようです。

自動ナイトモードとは異なる

GSMArenaによれば、Googleマップでテスト中のダークモードは、経路案内を利用中にトンネルに入った場合などに暗くなる、自動ナイトモードとは異なるとのことです。



自動ナイトモードは周囲の明るさに応じて一時的に暗くなるだけですが、テスト中のダークモードは周囲の明るさに関わらず、黒やグレーを基調にした画面がメニュー表示を含めて適用されるようです。

改良頻度が以前より増加?

Googleマップは、地図表示がカラフルになった他、Apple Watchで3年4カ月ぶりに利用可能になるなど、こまめな改良が行われています。





Source:GSMArena

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_917ff16f163e oa-rp59145_0_5056af4f1506_PayPayピックアップの登録店舗数が1万店を突破!10月から再度キャンペーンを開催 5056af4f1506 5056af4f1506 PayPayピックアップの登録店舗数が1万店を突破!10月から再度キャンペーンを開催 oa-rp59145

PayPayピックアップの登録店舗数が1万店を突破!10月から再度キャンペーンを開催

2020年9月30日 23:20 iPhone Mania

スマートフォン決済サービスのPayPayは、事前注文サービス「PayPayピックアップ」がサービス提供開始からおよそ100日で登録店舗数、1万店を突破したことを発表しました。

約100日で1万店を突破!

PayPayピックアップは、2020年6月1日にサービスを開始しました。その後、およそ100日で登録店舗数が1万店を突破したことになります。PayPayピックアップ対象店舗はPayPayアプリで確認することができるほか、店頭の表示などでも確認できます。

PayPayピックアップとは?モバイルオーダーとは?

PayPayピックアップは、PayPayアプリ内で使うことのできるモバイルオーダーサービスです。モバイルオーダーとは、主に飲食店において、持ち帰る商品を事前に(来店前に)注文〜決済までを済ませることのできるサービスのことです。料理の完成に合わせて店舗に立ち寄ることができて、支払いのために列に並ぶ必要もありません。



店頭では料理の受け渡しのみが行われるので、人との接触の機会を減らす意味で、いわゆる「新しい生活様式」に沿った飲食・買い物をすることができます。

10月から新たに「秋のPayPayピックアップキャンペーン」を開催

PayPayでは、2020年9月30日まで、PayPayピックアップを利用して商品を注文、PayPay残高で支払った場合に20%(一部対象者は30%)のPayPayボーナスが還元されるキャンペーンを実施していました。



今回、PayPayは新たに2020年10月17日午前0時から11月15日午後11時59分まで「秋のPayPayピックアップキャンペーン」を実施します。対象店舗で期間中、PayPayピックアップを利用すると支払い金額の20%のPayPayボーナスが還元されます。1回あたりの付与上限は500円相当、期間あたりの付与上限は2,000円相当です。










Source:PayPay

(藤田尚眞)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_917ff16f163e oa-rp59145_0_bee00570792d_Foxconn、休日返上でiPhone12量産報道を否定〜批判避けたい考え bee00570792d bee00570792d Foxconn、休日返上でiPhone12量産報道を否定〜批判避けたい考え oa-rp59145

Foxconn、休日返上でiPhone12量産報道を否定〜批判避けたい考え

2020年9月30日 21:45 iPhone Mania

まもなく発表を迎えるとされるiPhone12の量産で、組み立てを請け負うFoxconnは大忙しだとされています。しかし、同社は「祝日も休まずに勤務するよう指示されている」との報道について、事実ではないと否定しました。

大型連休もなし、残業も必須

Foxconnが24時間体制で量産ラインを稼働させており、従業員に休日返上で残業を要請しているとの報道は、いよいよAppleによるiPhone12シリーズの公式発表が近いことを予感させるに十分です。



香港メディアSouth China Morning Postは従業員の証言として「全員が必ず残業しており、休暇が月に4日しか認められず、中秋節(中国の大型連休:10月1日から8日間)も休まず勤務するよう指示されている」と報じました。



ところがこの報道を真っ向から否定したのが、他ならぬFoxconnです。現地メディアの取材に対し、Foxconnは「中秋節も休まず勤務するよう指示した事実はない」と述べ、従業員に残業を指示してもいないと明確に否定しました。

慌てて動いた理由は明白

ニュースが報じられてすぐ、Foxconnが“火消し”に動いた理由は明白でしょう。



iPhone組み立て工場の労働環境は、人権団体から以前より国際的に問題視されており、何年も前からAppleが厳しく改善命令を下しているからです。過酷な労働に耐えかねた自殺者が連続した際はティム・クック最高経営責任者(CEO)が現地視察を行ったほか、2017年にはジャーナリストの潜入ルポが大きな話題になりました。



そのためAppleは毎年、サプライヤー従業員の労働環境や人権改善の進捗を示す「サプライヤー責任」報告書を公開しているほどです。つまり、中秋節返上で働かせているとする報道は、FoxconnのみならずAppleにとっても許されないのです。



休日返上の総動員体制が事実かどうかは不明なものの(従業員の証言には説得力がありそうですが)、iPhone12シリーズの発表が近いことだけは確かだと言えそうです。噂では10月13日にイベントが開催され、16日に予約開始、23日に発売される見込みです。





Source:聯合新聞網,MyDrivers

Photo:Flickr-iphonedigital

(kihachi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_917ff16f163e oa-rp59145_0_3418cc55300b_AppleとEpic、フォートナイト訴訟で陪審員に判断を委ねないことで合意 3418cc55300b 3418cc55300b AppleとEpic、フォートナイト訴訟で陪審員に判断を委ねないことで合意 oa-rp59145

AppleとEpic、フォートナイト訴訟で陪審員に判断を委ねないことで合意

2020年9月30日 21:02 iPhone Mania

30%の“Apple税”を巡るAppleEpic Gamesの法廷闘争は、陪審員ではなく裁判官(判事)に判断を仰ぐこととなりそうです。両社とも裁判官裁判を望む方向で合意に至ったことが分かりました。

陪審裁判の希望から一転したApple

先日の審理では、Epic Gamesの希望に反して、App Storeからの取り下げ措置の差し止め要求が却下されるとともに、同社の行動の不誠実さが厳しく指摘されました。App Storeの規約に違反すれば「フォートナイト」のストア公開を取り下げられるのは明白なのに、あえて違反したのは「勇気ある行動というよりは、実直さに欠ける」と判事は指摘、30%の手数料も業界レートと変わらないとされ、ほぼAppleの言い分が認められた格好です。



これを受けて流れは自分たちに有利と踏んだのか、Appleは裁判官裁判を望む方針に切り替えたようです。また、Epic Gamesの訴訟が裁判官裁判で、Appleの反訴が陪審裁判だと、2つの審理を別々に手掛けることになるため、イボンヌ・ロジャーズ判事が「1つにまとめたい」と述べたことも関係しているようです。



Appleは当初、一般人から構成された陪審員に判断を委ねる陪審裁判を希望していました。審理を受け持っているロジャーズ裁判官も「反トラスト法の最前線となる重要なケース」であるために「世間の人々が何を考えているのか理解することが重要だ」とし、陪審裁判を両社に勧めていました。

今後の予想〜Epicの行動に意味はあったか

AppleによるEpic Games開発者アカウントの削除こそ認められなかったものの、これまでの審理をみる限りでは、Epic Gamesが不利なようです。



少なくともロジャーズ判事は、App Storeでの「フォートナイト」の配信再開を却下しましたし、Epic Gamesのユーザーを人質に取るかのような行動も好意的に見ていないことは明らかだからです。また先述したように、手数料の30%が法外であることや、App Storeが市場を独占していることについても、今のところEpic Gamesはうまく証明できていないようです。



このまま流れが変わらなければ、裁判はAppleに有利な形で幕を下ろす可能性もあります。



しかし、Epic Gamesの行動が全く無駄だったわけではありません。App Storeがデベロッパーにとってどんな場所なのかを世間に対して宣伝することはできましたし、Epic Games、Spotify、Tileなど13の企業が「Coalition for App Fairness(アプリ公平性のための連合)」という反Apple同盟を組む流れも生み出しました。



そして何より、Google Playを管理するGoogleはAndroid 12以降で、30%の手数料が発生しないサードパーティーの独自ストアもサポートしていく方針を明らかにしました。Googleは明言していませんが、Epic Gamesの事件が影響しているのは明らかでしょう。





Source:AppleInsider

(kihachi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_917ff16f163e oa-rp59145_0_6d374c3398d7_Caviar、「Apple-1」をテーマにしたiPhone12モデルの発売を計画 6d374c3398d7 6d374c3398d7 Caviar、「Apple-1」をテーマにしたiPhone12モデルの発売を計画 oa-rp59145

Caviar、「Apple-1」をテーマにしたiPhone12モデルの発売を計画

2020年9月30日 20:12 iPhone Mania

ロシアのアクセサリメーカーCaviarが、Appleの初代コンピュータ「Apple-1」を基調としたiPhone12モデルの発売を計画していることが明らかになりました。

ハイエンドモデルは別のコンピュータスクリーンを背面に埋め込み

Caviarは、実際の隕石を用いた特注iPhone12 Proの発売を計画したり、昨年は500グラムの18金を含有した1千万円超えのiPhone11 Proを販売するなど、奇抜なiPhone装飾で知られるロシア企業です。



同社は今回、1976年に組み立てられた初代Appleコンピュータ「Apple-1」をモチーフにしたiPhone12モデルのコンセプト動画を公開しました。






Apple-1をテーマにしたiPhone12モデルは、「Apple 1 Light」と「Apple 1」の2種類の発売が計画されており、Apple 1 LightはApple-1の木目調の背面デザインとなっており、4,990ドル(約52万7,200円)で販売される見通しです。






ハイエンドのApple 1には、Apple-1を模したコンピュータスクリーンが背面に埋め込まれ、緑のレトロな基板がその下に配置される見込みで、9,990ドル(約105万5,500円)での販売が予定されています。




Apple-1は時折オークションに出品

Apple-1は、今年3月に完全動作品がアメリカのオークションに出品されており、最終的に45万8,711ドル(約4,800万円)で落札されています。






出品されたApple-1には、周辺機器やマニュアルが付属していました。





Source:Caviar [1], [2] via Cult of Mac

Photo:RR Auction

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_917ff16f163e oa-rp59145_0_cb68cd55a8f2_Apple Watch Series 6ユーズドが37,800円〜、イオシスが販売中 cb68cd55a8f2 cb68cd55a8f2 Apple Watch Series 6ユーズドが37,800円〜、イオシスが販売中 oa-rp59145

Apple Watch Series 6ユーズドが37,800円〜、イオシスが販売中

2020年9月30日 18:50 iPhone Mania

イオシスが、発売されたばかりのApple Watch Series 6ユーズド品を3台販売しています。Apple Watch Series 6 NikeのCランク品の販売価格は、税込37,800円です。

3台入荷、早い者勝ちと案内中

イオシス アキバ中央通店が、発売されたばかりのApple Watch Series 6ユーズド品が3台入荷したことをTwitterで告知しています。



これらの商品はまだ、イオシスの通販ページ(オンライン通販サイト)には掲載されていないため、購入を検討する場合は直接、「イオシス アキバ中央通店」を訪問するか、通販が可能か電話で問い合わせる必要があります。







商品に関する質問は、販売店に問い合わせ下さい。





Source:イオシス アキバ中央通店

(FT729)

外部リンク