cat_oa-rp59145_issue_88d0f4ebeedf oa-rp59145_0_88d0f4ebeedf_5G対応iPhone、来年iPhoneの売上減少につながる可能性をアナリストが指摘 88d0f4ebeedf 88d0f4ebeedf 5G対応iPhone、来年iPhoneの売上減少につながる可能性をアナリストが指摘 oa-rp59145

5G対応iPhone、来年iPhoneの売上減少につながる可能性をアナリストが指摘

2020年1月18日 04:30 iPhone Mania

2020年秋の発売が見込まれている5G対応iPhoneは、今年のAppleの売上に大きく貢献すると多くのアナリストたちは見ていますが、2021年にはむしろiPhoneの売上台数減少につながってしまう、とLoup Venturesは指摘しています。

5Gが米国全体に普及するのに2022年までかかる?

Loup Venturesのジーン・ムンスター氏とウィル・トンプソン氏は、他のアナリストたちと同じく今年9月に5G対応iPhoneが登場すると予測しています。多くのアナリストたちは5G対応がiPhoneの売上台数増加に貢献するとの見方ですが、ムンスター氏とトンプソン氏は5Gインフラが充実するには2022年までかかると見ており、逆に5G対応が来年のiPhoneの売上に悪影響を及ぼす、と消極的な意見を述べています。



「米国全体の人口の75%が5Gにアクセスできる状態を5Gが米国中に拡がった状態だとすると、それに達するのに2022年までかかる」

2022年以降は再び安定した成長が期待

2021年もiPhoneの売上台数は伸びるとみられていますが、ムンスター氏とトンプソン氏は成長率はわずか2%にとどまるとの見方です。



Loup Venturesのムンスター氏とトンプソン氏は、2022年以降の3年間は年間収益成長率が5%〜10%に落ち着くと予測しています。





Source:Cult of Mac

Photo:@BenGeskin/Twitter

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_88d0f4ebeedf oa-rp59145_0_0844c2a930ca_楽天モバイル、12月10日に発生した通信障害の原因や影響について説明 0844c2a930ca 0844c2a930ca 楽天モバイル、12月10日に発生した通信障害の原因や影響について説明 oa-rp59145

楽天モバイル、12月10日に発生した通信障害の原因や影響について説明

2020年1月18日 01:46 iPhone Mania

楽天モバイルは1月17日、昨年12月10日に「無料サポータープログラム」利用者が影響を受けた通信障害について、原因などについて報告しました。

データベースにおけるデッドロックが原因

楽天モバイルの報告によると、通信障害の発生日時は2019年12月10日午前8時34分、回復日時は同午前11時15分です。



同社によれば通信障害の原因は、西日本Central Data Center内の課金制御機器におけるデータベースロック処理の不具合によりデッドロックが発生したためとのことです。データベースにおけるデッドロックとは、複数のリクエストがお互いに相手の処理待ち状態でスタックしてしまい、データベース処理が停止してしまう事象を指します。



なおこの通信障害発生により、楽天モバイルが2019年10月1日より5,000名を対象に開始した、音声・データ通信を無償で提供する「無料サポータープログラム」の音声147回線、データ約1,000回線が利用できない、繋がりにくい状況となりました。

対策を講じるとともに再発防止を約束

楽天モバイルは今回問題が発生した制御機器のソフトウェア処理の変更により、データベースロック処理が遅延してもデッドロックを発生させない対処を実施したと説明しています。



また4月に予定する本格サービス開始までに、大量の複合的な条件における検証を考慮した試験工程の追加・見直しを行い、過負荷試験などを追加実施するなどの、再発防止策を取るとも約束しています。



なお総務省からの要請についても、必要な措置を行う旨をすでに報告したとのことです。





Source:楽天モバイル

(lunatic)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_88d0f4ebeedf oa-rp59145_0_6b0f89912182_「A14」チップ搭載iPhone12は15インチMacBook Pro性能に匹敵か 6b0f89912182 6b0f89912182 「A14」チップ搭載iPhone12は15インチMacBook Pro性能に匹敵か oa-rp59145

「A14」チップ搭載iPhone12は15インチMacBook Pro性能に匹敵か

2020年1月18日 01:14 iPhone Mania

今秋発売見込みの次期iPhone「iPhone12」(仮称)は、新しい「A14」チップを搭載する見通しです。これによりiPhone12の処理性能はiPhone11よりも大幅に向上し、少なくともCPUベンチマークスコアでは、現行の15インチMacBook Proに匹敵するだろうと、米メディアMacWorldの記者が推測しています。

A14は5nmプロセスで製造

iPhone12が搭載するA14チップは、台湾TSMCが5ナノメートル(nm)プロセスで製造すると見られています。A12チップは7nmプロセス、A13チップは第2世代7nmプロセスで製造されていることを考えると、5nmプロセスへの移行は非常に大きなアップグレードです。つまり単純に製造プロセスのみを見ても、A14がA13よりも大幅に高速で、高効率なチップになることは確実です。



A13のサイズは98.5平方ミリでA12から約20%大型化、トランジスタ数は85億個です。MacWorldのジェイソン・クロス氏はA14の大きさについて「100平方ミリまで大型化してもおかしくない」と述べています。



同氏によれば、TSMCが主張する5nmプロセスでの高密度化から計算すると、100平方ミリのプロセッサの場合、約150億個のトランジスタが搭載可能になるそうです。クロス氏は「100平方ミリだとかなり大きいので、Appleがチップサイズを85平方ミリ程度まで縮小して、125億個のトランジスタを積むかも知れない」とも記しています。



トランジスタ数が多ければプロセッサ性能が高くなる訳ではありませんが、高密度になればなるほど、「スペース」が広がります。つまり、コアのサイズや数、キャッシュが増やせるため、総合的にプロセッサの処理速度や効率が向上することになります。

15インチMacBook Proに並ぶCPU性能

ではA14のベンチマークスコアはどのくらいになるのでしょうか。Geekbench 5での測定によればA13はA12と比べ、シングルコアでは約20%性能向上しています。これまでのスコア上昇傾向から見積もると、A14のベンチマークスコアは約1,600に到達することになります。マルチコアについては推測が難しいものの「5,000近くに達しても不思議ではない」とクロス氏は述べています。



マルチコアでは、Androidスマートフォンが搭載するプロセッサでもっともスコアが高いものでも約3,000です。5,000となると、デスクトップPCやノートブックPCが積むCPU級です。つまり「15インチMacBook Proの領域」(クロス氏)ということになります。



またA14ではGPU性能も大幅にアップし、RAM増量(現行の4GBから6GBへ)とも相まって、ゲームにおけるグラフィック性能は50%も向上する、とクロス氏は予測しています。





Source:MacWorld via 9to5Mac

(lunatic)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_88d0f4ebeedf oa-rp59145_0_858dee1b4f2d_Apple TV+独占番組のポスターをiPad Proで描く動画2本が公開 858dee1b4f2d 858dee1b4f2d Apple TV+独占番組のポスターをiPad Proで描く動画2本が公開 oa-rp59145

Apple TV+独占番組のポスターをiPad Proで描く動画2本が公開

2020年1月18日 00:49 iPhone Mania

Appleは現地時間1月15日、iPad ProとApple Pencilを使って、Apple TV+で公開中の作品のポスターを制作する様子の動画2本を公開しました。Today at Appleで、期間限定のセッションも開催されています。

Apple TV+独占番組のポスターを描く

Appleが公開したのは、Apple TV+で公開されている「フォー・オール・マンカインド」と「ディキンスン 若き女性詩人の憂鬱」のポスターを、iPad ProとApple Pencilで描く動画です。



「フォー・オール・マンカインド」
「フォー・オール・マンカインド」のポスターを描くのは、デザイナーでイラストレイターのジャスティン・エリクソン氏、ペイジ・レイノルズ氏の2人です。






動画では、作品中の場面が、ポスターとして新たな生命を吹き込まれる様子を描いています。






「ディキンスン 若き女性詩人の憂鬱」
「ディキンスン 若き女性詩人の憂鬱」のポスターは、イラストレイターのジャニス・サン氏が描いています。






動画では、線で描かれた人物に色がつき、光と影が加えられて印象的なポスターに仕上がっていく様子を見ることができます。






Today at Appleでポスター制作を体験できる

Apple Storeで開催されている無料講座Today at Appleでは、1月6日から2月18日までの期間限定のシリーズセッション「Apple TV+ iPadポスターシリーズ」が開催されています。






「Apple TV+ iPadポスターシリーズ」では、「フォー・オール・マンカインド」のほか「SEE」「ザ・モーニングショー」「サーヴァント」にインスピレーションを受けたアーティストたちと、iPad Proを使ったポスター制作を体験することができます。





Source:Apple/YouTube (1), (2), Today at Apple

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_88d0f4ebeedf oa-rp59145_0_647b93f1c0a0_Apple独自製作映画「The Banker」、Apple TV+での配信は3月 647b93f1c0a0 647b93f1c0a0 Apple独自製作映画「The Banker」、Apple TV+での配信は3月 oa-rp59145

Apple独自製作映画「The Banker」、Apple TV+での配信は3月

2020年1月17日 20:14 iPhone Mania

Appleの独自製作映画「The Banker」の配信について、映画館での公開が3月6日、Apple TV+での配信が3月20日となることが分かりました。

トラブルで公開時期が後ズレ

映画「The Banker」は、人種差別が吹き荒れる時代に、黒人ながら裏稼業でのし上がった実在の大物を描いた作品です。売れ筋の俳優であるサミュエル・ジャクソンとアンソニー・マッキーが主演を務めるとあって、Apple TV+シリーズの中でも発表当時から注目を集めている作品の一つです。






当初は劇場公開が12月、Apple TV+での配信が1月に予定されていたものの、11月末にプレミア上映が見送られたことに伴い、公開も3月へと後ズレすることになったようです。



劇場公開の直前になってプレミア上映を見送った理由をAppleは明らかにしていませんが、モデルとなった人物の親族同士でトラブルがあり、スキャンダルを重く見た同社が中止を決断したのではないか、との見方が出ていました。

なぜ映画館が優先される?

Apple TV+向けの作品なのにもかかわらず、映画館で先行公開される作品は「The Banker」のみではありません。



「ハラ」「ゾウの女王:偉大な母の物語」といった作品(どちらも既にApple TV+で配信されている)も、劇場公開が先になりました。またソフィア・コッポラ監督でビル・マーレイ主演の映画「On the Rocks」(2020年中頃に公開予定)も、映画館で先に公開してからApple TV+で配信する方針を採るようです。



Appleが映画館での上映を優先する理由については、賞レースで有利に立ち回ったり、派手な封切りで耳目を集めてブランドを確立させたりすることを狙っているのではないか、といった指摘がなされています。





Source:AppleInsider,COLLIDER

(kihachi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_88d0f4ebeedf oa-rp59145_0_c8837dc16794_Googleの時価総額、1兆ドル突破~Apple、Microsoftなどに続く c8837dc16794 c8837dc16794 Googleの時価総額、1兆ドル突破~Apple、Microsoftなどに続く oa-rp59145

Googleの時価総額、1兆ドル突破~Apple、Microsoftなどに続く

2020年1月17日 19:33 iPhone Mania

Google(正確には親会社のAlphabet)の時価総額が16日、初めて1兆ドル(約110兆円)を突破しました。AppleやAmazon、Microsoftに続いて“1兆ドルクラブ”への仲間入りを果たしました。

時価総額ランキングはAppleが首位

Googleの株価は16日、前日比0.76%高の1,450.16ドル(約159,859円)で取り引きを終え、終値ベースで時価総額が初めて1兆ドルを超えました。






1兆ドルを突破した企業は、Apple2018年8月)、Amazon、Microsoftに続き4社目となります(ただし、Amazonのみ現在は1兆ドルを下回っている)。



1兆ドルを突破した背景には、核となる広告事業や検索事業が好調なほか、AndroidやYouTubeといったプラットフォームが収益を安定して上げている点や、Googleのスンダル・ピチャイ最高経営責任者(CEO)がAlphabetのCEOも兼任する点などが好感されたようです。

締め付けを主張する声も

時価総額1兆ドルを突破した企業は、いずれもテック企業であり、プラットフォームの独占が問題となっています。



Microsoftこそ含まれてはいませんが、残りの3社の莫大な資産や企業規模について、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)、FAANG(Facebook、Apple、Amazon、Netflix、Google)といった総称で問題視する向きも少なくありません。



例えば、米国ではエリザベス・ウォーレン議員がGoogleやFacebook、Appleに対し「企業分割すべきだ」と主張しているほか、経済協力開発機構(OECD)も巨大テック企業に対し各国が適切な課税を行えるような仕組みを整えるなど、Googleに吹く風向きは決して良くないのも事実です。





Source:AppleInsider,Google(株価)

(kihachi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_88d0f4ebeedf oa-rp59145_0_75b4563ea359_銃乱射犯のiPhoneロック解除問題、Appleは対策チームで法的問題視野に 75b4563ea359 75b4563ea359 銃乱射犯のiPhoneロック解除問題、Appleは対策チームで法的問題視野に oa-rp59145

銃乱射犯のiPhoneロック解除問題、Appleは対策チームで法的問題視野に

2020年1月17日 16:38 iPhone Mania

2019年12月に米フロリダ州で発生した銃乱射事件について、FBIによる犯人のiPhoneロック解除要請をAppleが拒否した件で、同社が法的問題に発展する可能性を視野に入れていることが分かりました。

専門チームは当局の動きに苛立ち

昨年末にフロリダ州ペンサコーラで発生した銃乱射事件の犯人は、2台のiPhoneを所有していました。



このうち1台についてFBIはロック解除ができず、Appleに支援要請を行いました。ところがAppleは情報提供に応じたものの、問題となった端末のロック解除は行わなかったため、ウィリアム・バー司法長官やドナルド・トランプ米大統領が相次いで苦言を呈する事態に発展しました(Apple側は反論)。



こうした一連の流れを受け、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は事態の深刻化を予測し専門チームを招集、法的な選択肢を検討に入れているようです。



事情に詳しい匿名筋の発言として、New York Timesが報じたところによると、ロック解除の拒否がここまで急展開を見せるとは、Apple幹部ですら思いもよらなかったそうです。とくに司法省がサードパーティーのロック解除ツールを大して吟味することもなく、Appleを問題視してきたことに対し、先述したチームは苛立ちや疑念を抱いているのだとか。



実際に最新のiPhone11 Pro Maxも、Grayshiftが開発したツール「GrayKey」で解除可能とされています。

2016年とは事情が違う?

Appleと米政府当局が角を突き合わせるのは、今回が初めてではありません。



2015年に米カリフォルニア州で発生した銃乱射事件では、犯人が遺したiPhone5cのロック解除を巡り、今回と同様にFBIとAppleが対決しました。ティム・クックCEOが発表した声明では、ユーザープライバシーの尊重が高く掲げられ、これまで同様に今後もバックドアを設けるつもりがないことが改めて明らかにされました。最終的にFBIは約1億円をハッカーに支払い、ロック解除にこぎ着けたと考えられています。



ただし、この時のオバマ政権と異なり、今回は“予測不能な”トランプ政権が相手とあって、Apple側も戦々恐々としているようです。先述したNew York Timesは「(トランプと大統領とティム・クックCEOの)関係が試されている」と、これまで比較的良好に見えた両者の関係に亀裂が入る可能性もあると指摘しています。





Source:NYT

(kihachi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_88d0f4ebeedf oa-rp59145_0_9f339a211df7_PayPay、40%還元キャンペーン実施 大手飲食店や自動販売機での支払いが対象 9f339a211df7 9f339a211df7 PayPay、40%還元キャンペーン実施 大手飲食店や自動販売機での支払いが対象 oa-rp59145

PayPay、40%還元キャンペーン実施 大手飲食店や自動販売機での支払いが対象

2020年1月17日 16:16 iPhone Mania

PayPayは1月17日、対象の飲食店や自動販売機でPayPayを使って支払いをすると、40%のPayPayボーナスが還元される「全国6,500店舗以上の有名飲食チェーンで『40%戻ってくる』キャンペーン」を実施すると発表しました。

Yahoo!プレミアム会員やソフトバンクユーザーは50%、それ以外のユーザーは40%還元

「全国6,500店舗以上の有名飲食チェーンで『40%戻ってくる』キャンペーン」は、2月1日から2月29日にかけて、有名飲食店や21万台以上の自動販売機で実施されます。



キャンペーン期間中に、対象の飲食店や自動販売機でPayPayの「PayPay残高」を使って支払いをすると、Yahoo!プレミアム会員やソフトバンク・ワイモバイルユーザーは50%、それ以外のユーザーは40%のPayPayボーナスが付与されます。






なお、クレジットカード(ヤフーカード含む)での支払いは対象外となるほか、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーが50%還元を受ける際は、スマートログイン設定済みのYahoo! JAPAN IDでPayPayユーザーID連携をしておく必要があります。



今回のキャンペーン対象となる店舗・自動販売機は以下のとおりです。






企業名
対象ブランド


サンマルクカフェ
サンマルクカフェ


すき家
すき家


日本コカ・コーラ
Coke ON Pay対応の自動販売機


ハイデイ日高
日高屋、中華一番、来来軒、らーめん日高、ちゃんぽん 菜ノ宮


はなまる
はなまるうどん、うまげな、さぬき麺屋、つるさく


B-R サーティワン アイスクリーム
サーティワン アイスクリーム


松屋フーズホールディングス
松屋、松のや、松乃家、チキン亭、マイカリー食堂、ヽ松(てんまつ)、松そば、ステーキ屋松


𠮷野家
𠮷野家



※対象店舗はキャンペーン専用のポスターが掲出されている店舗のみ



付与されるPayPayボーナスの上限は1回あたり500円相当、期間中の上限は1,500円です。



PayPayボーナスは、支払日の翌日から起算して30日後に付与される予定です。





Source:PayPay

(kotobaya)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_88d0f4ebeedf oa-rp59145_0_8c4397e769ae_AppleはMacBookのタッチスクリーン化を諦めていなかった? 8c4397e769ae 8c4397e769ae AppleはMacBookのタッチスクリーン化を諦めていなかった? oa-rp59145

AppleはMacBookのタッチスクリーン化を諦めていなかった?

2020年1月17日 14:57 iPhone Mania

Appleが異なるデバイス間のインタラクションに関する特許を昨年申請していたことが明らかになりました。特許出願の記載の中に、MacBookのタッチスクリーン化を示唆する表現が含まれていることがわかっています。

Macのタッチスクリーン採用はフェデリギ氏が過去に否定

現地時間の1月16日付けで公開された特許出願は、「デバイス間のインタラクション(Cross Device Interactions)」と名付けられたものです。Appleは、スマートフォンを「電子機器5004」、ノートパソコンのディスプレイを「電子機器5012」とラベル付けしています。



「いくつかの実装パターンでは、ディスプレイ5012はタッチ感応ディスプレイである。ユーザーがディスプレイ5012上で様々な入力を指で行うこともある」と特許出願に記されています。



Macのタッチスクリーン採用については、2018年の米メディアWIREDのインタビューで、Appleのソフトウェア・エンジニアリング担当上級副社長のクレイグ・フェデリギ氏が可能性をきっぱりと否定しています。



「Macを使うときに手はキーボード上にあるので、わざわざ腕を挙げてスクリーンに触れるという作業はかなり疲れる」



今回のAppleの特許出願は、Macが今後タッチスクリーン化する可能性がまだあることを示しているのでしょうか。

特許は複数デバイス使用時のインタラクションについてのもの

16日付けで公開されたAppleの特許出願は、スマホとノートパソコンを同時に使用している際のインタラクションを再考する内容となっており、ユーザーの視線、ボイスコマンド、どのスクリーンを触っているかなどで、ユーザーの注意がどこに向けられているかを判断する手法についても触れられています。






「コンテンツが表示された複数の電子機器上のインタラクションの現在のあり方は時代遅れであり、時間がかかり、非効率的だ。既存の手法の中には、複数のキーを押したり、キーストロークが必要なものがあるが、これらは必要以上に時間がかかり、労力の無駄となっている」



「効率的な電子機器間のインタラクションは、ユーザーが重ねられた複数のデバイス上に表示されたコンテンツを利用する際の認知的負荷を軽減し、生産性の向上につながる」





Source:Apple/USPTO via AppleInsider

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_88d0f4ebeedf oa-rp59145_0_ff5ee5b99ad2_KDDI、「auデータMAXプランPro」の値下げを正式発表 月額1,500円値下げ ff5ee5b99ad2 ff5ee5b99ad2 KDDI、「auデータMAXプランPro」の値下げを正式発表 月額1,500円値下げ oa-rp59145

KDDI、「auデータMAXプランPro」の値下げを正式発表 月額1,500円値下げ

2020年1月17日 14:03 iPhone Mania

KDDI、沖縄セルラーは1月17日、データ容量無制限の「auデータMAXプランPro」の料金を、2月1日より1,500円値下げすると発表しました。



また併せて「auデータMAXプランPro」を契約しているユーザーに対して、「世界データ定額」利用時の月間データ容量上限の増量、「auの学割」の改定についても発表しています。

「auデータMAXプランPro」の月額料金を1,500円値下げ

昨日報じられたとおり、KDDIはデータ容量無制限のスマホ向け料金プラン「auデータMAXプランPro」の利用料金を値下げすると正式に発表しました。



同プランの現在の月額料金は、各種割引適用前で9,150円、割引適用後で最安5,980円ですが、2月1日からは1,500円値下げされ、月額4,480円から利用可能となります(いずれも税抜)。






なお、1月31日までに「auデータMAXプランPro」に加入したユーザーも、2月1日以降は変更後の内容が適用されます。

世界データ定額の月間データ容量上限を10GB増量

KDDIは「auデータMAXプランPro」の料金改定に併せて、「世界データ定額」を利用してテザリング・データシェア・国際ローミング通信をする場合の月間データ容量上限を増量することも発表しています。



世界データ定額は、1日980円で海外の渡航先でもデータ通信が利用可能になるサービスです。「auデータMAXプランPro」を利用している場合、世界データ定額のデータ容量上限は20GBでしたが、2月1日からは10GB増量され計30GBまで利用可能になります。

auの学割も月額料金を値下げ

「auの学割」を「auデータMAXプランPro」で加入した場合の月額料金も値下げされます。



これまでの月額料金は各種割引適用後で最安5,980円でしたが、2月1日からは月額3,480円から利用できるようになります。






なお、2019年11月1日から2020年1月31日の期間中に「auデータMAXプランPro」に加入し、「auの学割」で12カ月間の割引をすでに受けているユーザーも、2020年2月1日以降は変更後の内容が適用されます。





Source:KDDI

(kotobaya)

外部リンク