cat_oa-rp59145_issue_7d3ea1bd7301 oa-rp59145_0_7d3ea1bd7301_「iPhone12」、Apple自社開発の5G対応アンテナを搭載か 7d3ea1bd7301 7d3ea1bd7301 「iPhone12」、Apple自社開発の5G対応アンテナを搭載か oa-rp59145

「iPhone12」、Apple自社開発の5G対応アンテナを搭載か

2020年2月15日 11:35 iPhone Mania

5G対応の「iPhone12」には、Apple自社開発したアンテナが搭載される、とFastCompanyが報じています。モデムはQualcomm製が採用される見込みです。

5GモデムはQualcomm製、アンテナはApple製

2020年秋の「iPhone12」には、Qualcomm製の5Gモデムが搭載されるものの、組み合わされるアンテナはQualcomm製ではなくAppleが自前で開発したものが使われる、とAppleの計画に詳しい人物からの情報をもとにFastCompanyが伝えています。



AppleがQualcomm製アンテナを採用しない理由は、Qualcomm製アンテナを搭載するとiPhoneが厚くなるのを避けたいのに加え、長い法廷闘争の末に和解したQualcommに支払うロイヤルティーを抑えたいため、とされています。



Appleとしては、モデム事業を買収したIntelの技術を活用し、早期に自社製5Gモデムとアンテナを製品化したいという思惑があると考えられます。

開発・製造の難易度が高い5G用アンテナ

5G用アンテナは、従来よりも高い周波数を使うため設計・製造が難しいとされています。



また、「iPhone12」の5Gアンテナは、アンテナを動かさずに複数方向の電波を制御可能なフェーズドアレイ型アンテナが採用され、アンテナは2つの部位で構成されるとFastCompanyは報じています。

過去には独自アンテナで失敗も

Appleは、独自開発のアンテナをこれまでに2度採用しているものの、iPhone4では端末の持ち方によって通話が切れる「アンテナゲート」問題が発生したほか、最近のアンテナでは消費電力が大きいという問題が発生したそうです。



なお、「iPhone12」の5G通信については、著名アナリストのミンチー・クオ氏が上りリンクは2×2 MIMOに対応しない可能性がある、との予測を発表したばかりです。





Source:FastCompany

Photo:Concept Creator/YouTube

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_7d3ea1bd7301 oa-rp59145_0_2f54aef2fc94_5G対応「iPhone12」は値上がり?Galaxy S20の価格設定から予測 2f54aef2fc94 2f54aef2fc94 5G対応「iPhone12」は値上がり?Galaxy S20の価格設定から予測 oa-rp59145

5G対応「iPhone12」は値上がり?Galaxy S20の価格設定から予測

2020年2月15日 10:20 iPhone Mania

5G対応が見込まれる今秋の「iPhone12」の価格は、先日発表されたSamsung Galaxy S20の価格から推測できるのではないか、と海外メディアiPhoneHacksが予測しています。

Galaxy S20シリーズは5G対応&画面大型化で価格上昇

Samsungが現地時間2月11日に発表したGalaxy S20シリーズは、3モデルすべてが5G通信に対応し、先代モデルS10シリーズから画面がわずかに大型化しています。






  • Galaxy S10:6.1インチ → Galaxy S20:6.2インチ
  • Galaxy S10+:6.4インチ → Galaxy S20+:6.7インチ
  • Galaxy S20 Ultra(新モデル):6.9インチ
  • Galaxy S10e (5.8インチ)の後継モデルはなし



S20シリーズは、S10シリーズよりも販売価格が上昇しており、従来は大型モデルGalaxy S10+の999ドルが上限でしたが、現在は小型モデルGalaxy S20が999ドルになっています(いずれも最小ストレージ容量の価格)。



  • Galaxy S10:899ドル(約99,000円) → Galaxy S20:999ドル(約110,000円)
  • Galaxy S10+:999ドル → Galaxy S20+:1,199ドル(約132,000円)
  • Galaxy S20 Ultra(新モデル):1,399ドル(約154,000円)



なお、後に追加された5G対応モデルGalaxy S10 5Gの発売時価格は1,299ドルでした。

「iPhone12」も画面大型化&価格上昇か

今秋の発売が見込まれる「iPhone12」についても、Galaxy S20シリーズと同じように価格が上昇するのではないか、とiPhoneHacksは推測しています。



「iPhone12」については、5.4インチ、6.1インチ(2カメラと3カメラ)、6.7インチの合計4モデルになる、とApple関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏らが予測しています。






このサイズ展開のうち、6.1インチと6.7インチは、iPhone11 Proの5.8インチを6.1インチに、iPhone11 Pro Maxの6.5インチを6.7インチに、それぞれ引き上げることによるものと考えられます。



「iPhone12」シリーズもGalaxy S20シリーズと同様、5G対応の通信用パーツ増加による製造コスト上昇が価格に反映されるのではないか、とiPhoneHacksは予測しています。



同メディアは、「iPhone12」シリーズは4モデルが用意されることで選択肢の幅が広がるほか、画面が大型化することで消費者が価格上昇を受け入れやすくなるのではないか、と指摘しています。

「iPhone12」は製造コスト上昇も開発コストは低下か

「iPhone12」についてミンチー・クオ氏は、マザーボードの価格が従来より35%高くなるだろうと予測しています。



クオ氏は、部品価格を含む製造コストは上昇するものの、設計・試作プロセスを内製化することで開発コストが下がり、販売価格への影響は小さいのではないかとも予測しています。



しかし、新型コロナウイルスの影響でAppleの技術者が中国に渡ることができず、「iPhone12」製造前の試作に遅れが出ている、とサプライヤー事情に詳しい台湾メディアDigiTimesが報じています。





Source:iPhoneHacks

Photo:Concept Creator/YouTube, MacRumors, Samsung

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_7d3ea1bd7301 oa-rp59145_0_78923c46a2e2_HomePod、世界スマートスピーカー市場で6位に〜2019年第4四半期 78923c46a2e2 78923c46a2e2 HomePod、世界スマートスピーカー市場で6位に〜2019年第4四半期 oa-rp59145

HomePod、世界スマートスピーカー市場で6位に〜2019年第4四半期

2020年2月15日 08:33 iPhone Mania

Appleは2019年第4四半期(10月〜12月)に260万台のHomePodを出荷し、世界スマートスピーカー市場で4.7%のシェアを占めた模様です。調査会社Strategy Analyticsが報告しています。

目立つ中国メーカーの躍進

首位は1,580万台を出荷したAmazonでシェアは28.3%、2位はGoogleで1,390万台を出荷しシェアは24.9%となりました。



スマートスピーカー市場全体が前年同期比で44.7%増と伸びており、上位6社はいずれも出荷台数を増やしていますが、特に目立つのが中国メーカーの躍進です。



3位のBaiduは対前年同期比で171%、4位Alibabaは94%、5位Xiaomiは167%もの出荷台数増を記録しています。2018年第4四半期の出荷台数が少なかったとはいえ、この増加には目を見張るものがあります。背景にあるのは、中国のスマートスピーカー市場の爆発的な成長です。

廉価版登場の噂があるHomePod

Appleも前年同期の160万台から260万台へと、出荷台数を65%増やしていますが、上位5社に比べるとシェアが小さく、あまり存在感を示していないといえるでしょう。



HomePodについては、Appleが今年廉価版を発売するとの噂があり、実現すれば出荷台数が大きく伸びる可能性があります。



Strategy Analyticsは2020年のスマートスピーカー売上について、新型コロナウイルスの影響は避けられないものの、2019年の売上を上回り、最高記録を塗り替えると予想しています。








Source:Strategy Analytics/Business Wire via MacRumors

(lunatic)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_7d3ea1bd7301 oa-rp59145_0_9b44241c6a14_iPhone12は2×2 MIMO上りリンクには非対応?クオ氏予測 9b44241c6a14 9b44241c6a14 iPhone12は2×2 MIMO上りリンクには非対応?クオ氏予測 oa-rp59145

iPhone12は2×2 MIMO上りリンクには非対応?クオ氏予測

2020年2月15日 04:18 iPhone Mania

5G対応になると見られる今年発売のiPhone12(仮称)について、著名アナリストが、上りリンクは2×2 MIMOに対応しない可能性があるとの、新たな予測を発表しました。

搭載する増幅器は1台〜2台のみ

クオ氏は昨年6月の時点では、iPhone12は5Gネットワークに備えるため、WIN SemiconductorsとBroadcomが提供する増幅器を合計6台搭載すると予想していました。



しかし今回の予想では、iPhone12が搭載する増幅器の数を大幅に減らし、1台から2台としています。これに伴い、当初は次期iPhoneが上りリンクで2×2 MIMO(ツー・バイ・ツー・マイモ)をサポートすると予想していたのを、「サポートしないだろう」へと変更しました。

速度差が実感できない可能性も

2×2 MIMO対応と非対応とでは、上りの最大速度が違ってきます。しかし実世界では、通信キャリアのインフラ状況によって通信速度は大きく変わります。またiPhone12がリリースされる時点では5Gネットワーク自体がまだあまり普及していないと見込まれるため、2×2 MIMO対応と非対応のデバイスの上り速度にあまり大きな差が生じないかも知れない、と米メディア9to5Macは指摘しています。





Source:9to5Mac

Photo:LetsGoDigital

(lunatic)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_7d3ea1bd7301 oa-rp59145_0_16e16dc37968_吉野家「スマホオーダー」を開始。スマホで注文、待たずに受取り、つゆだくも指定可能 16e16dc37968 16e16dc37968 吉野家「スマホオーダー」を開始。スマホで注文、待たずに受取り、つゆだくも指定可能 oa-rp59145

吉野家「スマホオーダー」を開始。スマホで注文、待たずに受取り、つゆだくも指定可能

2020年2月15日 00:30 iPhone Mania

吉野家は2月14日から、スマートフォンから注文すると待たずにテイクアウトできる「スマホオーダー」のサービスを全国の1,042店舗で開始しました。2月末まで、キャッシュレス決済でお得になるキャンペーンも実施しています。

スマホで注文、待たずに受け取り。会員登録不要

吉野家の「スマホオーダー」は、スマートフォンで吉野家Webサイトの店舗検索、もしくは各店舗の「Google マイビジネス」内の注文ボタンから、注文ページにアクセスして利用します。会員登録は不要で、パソコンからは利用できません。



受け取り店舗とメニューを選択して受け取り日時と電話番号を入力して注文を確定すると、SMSで伝票番号が通知されます。「つゆだく」「ご飯少なめ」などのオプションも指定可能です。



店頭で、伝票番号を提示して支払いを行えば、商品を受け取ることができます。






動作環境は、iOS11以降、Android5以降で、ブラウザはSafari、Chromeに対応します。



吉野家では、牛丼を10個以上注文すると、牛丼(並盛)の無料券がもらえるキャンペーンも実施しています。






キャッシュレス決済キャンペーンも開催中

吉野家では、現在実施されているキャッシュレス決済によるキャンペーンに対応しています。



PayPayが2月29日まで実施している、飲食店を対象としたキャンペーンでは、Yahoo!プレミアム会員なら50%、それ以外のユーザーは40%が還元されます(1回あたり最大500円、期間内最大1,500円が上限)






d払いは、吉野家での導入を記念して、支払い額の20%に相当するdポイントを還元するキャンペーンを2月29日まで実施しています。参加にはエントリーが必要で、還元の上限額は1,000ポイントです。






Apple Payに設定したQUICPayを使って、吉野家で650円(税込)以上支払うと、抽選で毎月100名に「冷凍牛丼の具セット」が当たるキャンペーンも2月29日まで実施されています。








Source:吉野家 報道発表(PDF), 店舗検索, キャンペーン

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_7d3ea1bd7301 oa-rp59145_0_c74b90582f98_UNiCASE、会員数70万人突破記念セールを開催 最大70%オフに c74b90582f98 c74b90582f98 UNiCASE、会員数70万人突破記念セールを開催 最大70%オフに oa-rp59145

UNiCASE、会員数70万人突破記念セールを開催 最大70%オフに

2020年2月14日 13:25 iPhone Mania

スマートフォンアクセサリー専門店のUNiCASEが、会員数70万人突破を記念した期間限定セールを実施すると発表しました。

UNiCASE オンラインストアと各店舗で開催

UNiCASEの会員数70万人突破キャンペーンは、2月14日午前10時から3月2日午前8時まで、UNiCASE オンラインストアとUNiCASEの各店舗にて実施されます。



期間中はiPhoneのケースや保護フィルム、スマホリングなどが特別価格で販売されています。iPhone11iPhone11 Pro/Pro Maxといった最新iPhoneのアクセサリーも値下げ対象です。



セール対象品はこちらより確認できます。

週末限定セールでは人気商品が70%オフに

Unicaseは、さらに人気商品が最大70%オフになる週末限定タイムセールを、計3回にわたって実施します。スケジュールは以下のとおりです。



第1弾:2月14日 午前10時~2月17日 午前8時
第2弾:2月21日 午前10時~2月25日 午前8時
第3弾:2月28日 午前10時~3月2日 午前8時


Unicaseでは、人気ブランドとコラボしたオリジナルケースや、性別・世代を問わず幅広い人が利用できるアイテムまで幅広く取り揃えています。今回のセールは期間限定・在庫限りの販売なので、気になる方はお早めにチェックしてみてください。





Source:CCCフロンティア(UNiCASE)

(kotobaya)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_7d3ea1bd7301 oa-rp59145_0_a823619dd300_Macを標的にしたマルウェアが急増 2019年は前年同期比400%増 a823619dd300 a823619dd300 Macを標的にしたマルウェアが急増 2019年は前年同期比400%増 oa-rp59145

Macを標的にしたマルウェアが急増 2019年は前年同期比400%増

2020年2月14日 12:36 iPhone Mania

これまで「MacはWindowsと比べてウイルスに感染するリスクが少ない」と言われてきましたが、近年はMacユーザーの増加とともにMacを標的にしたウイルスが急増しています。



アンチウイルスソフトのメーカーMalwarebytesによると、Macを標的にしたマルウェア検出数が2019年は前年同期比で400%を超えたことがわかりました。

マルウェア検出数が初めてWindowsを超える

Malwarebytesは現地時間2月11日、2019年のマルウェア状況をまとめたレポート「2020 State of Malware Report」を発表しました。



同レポートによると、2019年のMacを標的としたマルウェアの検出数が前年同期比400%増となり、Windowsを標的としたマルウェアの検出数を初めて上回ったとのことです。



2019年のMac1端末毎におけるマルウェア検出数は、2018年の4.8から2倍以上の11.0となりました。Windowsは2019年時点で5.8となっています。




WindowsとMacではマルウェアの種類に違いがある

ただし、WindowsとMacでは、検出されるマルウェアの種類に違いがあります。



Windowsで検出されるマルウェアは、特定の企業を狙い、パスワードなどの重要情報を盗んだり、データを破壊したりする伝統的なマルウェアが主流です。



一方、MacはAdware(Advertising:広告+Malware:マルウェア)と呼ばれる、広告収入を目的としたマルウェアが多くなっています。






Adwareは破壊活動等を目的にしたマルウェアなどと比べれば危険性は低いものの、中にはクレジットカード番号などの個人情報を不正に収集するものも存在します。被害に遭わないためには、Macユーザーもウイルス対策ソフト等を導入することが重要です。





Source:Malwarebytes,appleinsider via INTERNET Watch

Photo:Pixabay

(kotobaya)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_7d3ea1bd7301 oa-rp59145_0_09cc906a2ffc_Apple、中国・北京の5店舗を時間短縮で営業再開 09cc906a2ffc 09cc906a2ffc Apple、中国・北京の5店舗を時間短縮で営業再開 oa-rp59145

Apple、中国・北京の5店舗を時間短縮で営業再開

2020年2月14日 10:58 iPhone Mania

Appleは、新型コロナウイルスの影響で一時休業していた、中国・北京にある5店舗のApple Storeの営業を再開すると発表しました。

2月に入り中国のApple Store全店舗の休業を決定

Appleは新型コロナウイルスの影響を懸念し、今月1日、中国本土にあるすべてのApple Storeとオフィスを2月9日まで一時休業していました。



春節が終わる2月10日には直営店の営業を再開する予定でしたが、その後、さらに営業再開を見送る方針が発表されていました。

中国・北京の5店舗に限り短縮営業で再開

しかし、中国・北京にある5店舗のApple Storeに限り、2月14日から営業を再開することがわかりました。






Appleの公式HPを確認すると、営業時間は通常の午前10時から午後10時ではなく、午前11時から午後6時までとなっています。中国のその他地域におけるApple Storeについては、本稿執筆時点で営業開始の目処は立っていません。



依然と猛威を振るう新型コロナウイルスですが、Apple製品の製造スケジュールにも影響を与えています。2020年3月発売予定のiPhone9(iPhone SE 2)は予定通りに本格生産を開始しましたが、今秋の発売が予定されているiPhone12については製造に遅れが出る可能性が指摘されています。





Source:Apple via CNET Japan,REUTERS

(kotobaya)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_7d3ea1bd7301 oa-rp59145_0_248d8c6fbf4a_オックスフォード現代英英辞典がiPhoneアプリに登場 248d8c6fbf4a 248d8c6fbf4a オックスフォード現代英英辞典がiPhoneアプリに登場 oa-rp59145

オックスフォード現代英英辞典がiPhoneアプリに登場

2020年2月14日 10:44 iPhone Mania

英語を母国語としない人にとって最も信頼でき、学習英英辞典としては最大規模となる11万以上の用例を含むオックスフォード現代英英辞典がiOSアプリに登場しました。

無料トライアルあり

アプリでは、辞書の役割だけでなく以下のような様々な学習ツールが用意されています。



  • 自分の音声を録音し、ネイティブスピーカーの発音と比較が可能
  • イギリス人とアメリカ人が話した例文を聞き比べることができます
  • お気に入りの単語を「お気に入り」に追加したり、フォルダを作成して保存することが可能
  • 語彙力・慣用法のテストや、今日の単語などのツールもあり

辞書の歴史

1948年以来、1億人以上の英語学習者が、仕事や勉強の英語スキルを向上させる為にオックスフォード現代英英辞典を活用してきました。



オリジナルの辞書は、英語の教師であるA・S・ホーンビー氏によって作成されました。彼は、生徒たちが英文学を理解することはできるものの、英語で話すこと・書くことは難しいことに気が付きました。



A・S・ホーンビー氏はこう説明しています。




生徒たちは、サッカレーとシェークスピアを読んでいて、どうやらよく理解していたようです。しかし、彼らは英文を読むことは出来たもの、上手く話すことは出来ませんでした。



彼は、教室で生徒たちに説明している方法で、辞書の単語を説明したいと考えていました。



オックスフォード現代英英辞典の第10版では、86,000以上の単語と95,000の成句、112,000の単語の意味、237,000の例文が含まれており、2,000以上の新しい単語と意味が追加されています。



新しい単語の中には、chatbot、fake news、microplasticや、スラングであるwokeといった単語も含まれています。



上のアプリが、今回リリースされたオックスフォード現代英英辞典の第10版です。下は公式日本語版です。















Source:Apple Must

(m7000)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_7d3ea1bd7301 oa-rp59145_0_9a3b987ca008_米Apple、16インチMacBook Proの整備済み製品を販売開始 9a3b987ca008 9a3b987ca008 米Apple、16インチMacBook Proの整備済み製品を販売開始 oa-rp59145

米Apple、16インチMacBook Proの整備済み製品を販売開始

2020年2月14日 10:10 iPhone Mania

現地時間2月13日より、アメリカのApple公式サイトで16インチMacBook Proの整備済み製品を販売開始しました。日本ではまだ販売されていませんが、近い将来、販売を開始する可能性があります。

1年間の保証付き、15%オフで販売開始

アメリカのApple公式サイトが、2019年11月に登場した16インチMacBook Proの整備済み製品を販売開始しました。同モデルの発売以降、整備済み製品の販売は今回が初となります。



Appleの整備済み製品とは、不具合等で返品された新古品をAppleが整備し、再販している製品です。すべての整備済み製品には1年間のハードウェア製品限定保証が付き、AppleCare Protection Planに加入すれば保証期間を3年間に延長できます。



今回発売された16インチMacBook Proの整備済み製品は、スペックや色が異なる10種類で、通常価格より15%安く販売されています。



16インチMacBook Proは、これまでMacBookに搭載されていたバタフライ型キーボードの代わりにシザースイッチ機構のキーボードを搭載しており、静音性に優れていることが特徴です。一部の条件下ではクリックノイズが発生することも指摘されていましたが、Appleは同問題を今後のアップデートで解消すると発表しています。





Source:Apple

(kotobaya)

外部リンク