cat_oa-rp59145_issue_3c64ea42774a oa-rp59145_0_3c64ea42774a_Apple、ブラックフライデーの週末で300万台のAirPodsを販売か 3c64ea42774a 3c64ea42774a Apple、ブラックフライデーの週末で300万台のAirPodsを販売か oa-rp59145

Apple、ブラックフライデーの週末で300万台のAirPodsを販売か

2019年12月3日 02:28 iPhone Mania

Appleは11月29日のブラックフライデーから12月2日のサイバーマンデーにかけて、AirPodsおよびAirPods Proを約300万台販売する見通しです。投資会社Wedbushが、販売チャネルおよび小売店の在庫状況を調査した結果をもとに予測しています。

値段よりも製品の魅力で勝負

Wedbushによると、AirPodsおよび10月末に発売となったAirPods Proの需要は、年末に向けて急速に高まっています。



ブラックフライデー〜サイバーマンデー・セールで、一部小売店がAirPodsを割引価格で販売していますが(Walmartは非ワイヤレス充電ケース付きを129ドルで販売中。Appleで買うと159ドルですが、12月2日までは25ドルのギフトカードがもらえる)、値段よりも製品そのものの魅力が消費者を惹きつけているようだ、と米メディア9to5Macは記しています。



実際、米国の若者がクリスマスに欲しいものの上位に、AirPodsが挙げられています



また最近ではNikkei Asian Reviewが、AirPods Proの売れ行きが好調で、Appleは月産数を100万から200万へ増やしたと報じたばかりです。

2019年通年では6,000万台超えに

Wedbushは、11月29日〜12月2日の期間中のAirPods販売台数は約300万台、2019年通年では6,000万台以上、2020年には8,500万台〜9,000万台にのぼると予測しています。





Source:9to5Mac

(lunatic)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_3c64ea42774a oa-rp59145_0_1f6c5063f80c_Apple、4月30日に2020年度第2四半期(1月〜3月)業績を発表 1f6c5063f80c 1f6c5063f80c Apple、4月30日に2020年度第2四半期(1月〜3月)業績を発表 oa-rp59145

Apple、4月30日に2020年度第2四半期(1月〜3月)業績を発表

2020年4月8日 08:00 iPhone Mania

Appleは4月7日、現地時間4月30日に同社2020年度第2四半期(1月〜3月)の業績発表を行う予定であることを明らかにしました。

Appleはすでに第2四半期業績予測を下方修正

1月〜3月期は、現在も感染拡大が止まらない新型コロナウイルスの影響を大きく受けました。Appleは2月の時点で「1月に発表した四半期業績を達成できない」と発表しています。



Appleは1月28日に、2020年度第1四半期(2019年10月〜12月)の業績発表を行った際には、2020年度第2四半期(2020年1月〜3月)の売上高について630億ドル〜670億ドル(約6兆8,500億円〜7兆2,900億円)と予想していました。



Appleは2019年初めにも、2019年度第1四半期(2018年10月〜12月)の売上高予測を下方修正しています。

中国を除く全世界のApple Storeが閉店中

第2四半期の業績下方修正を発表した2月の時点では、閉店していたのは中国国内のApple Storeのみでした。しかし現在は、中国国内の店舗は営業を再開したものの、それ以外の全世界のApple Storeが休業中であり、再開のめどが立っていません。



こうした現状を考えても、同社の業績内容はかなり厳しいものであると予測されます。



Appleの2020年度第2四半期業績発表は、太平洋時間4月30日午後2時(日本時間5月1日午前6時)より、ライブストリーミング配信されます。





Source:Apple via 9to5Mac

(lunatic)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_3c64ea42774a oa-rp59145_0_df78e3d893ba_Apple、iOS/iPadOS13.4.1をリリース df78e3d893ba df78e3d893ba Apple、iOS/iPadOS13.4.1をリリース oa-rp59145

Apple、iOS/iPadOS13.4.1をリリース

2020年4月8日 07:19 iPhone Mania

Appleは現地時間4月7日、iOS13.4.1iPadOS13.4.1を公開しました。FaceTimeやBluetoothなどの問題を含む、複数のバグが修正されています。



以下、それぞれのOSのリリースノートを転載します。

iOS13.4.1リリースノート

iOS13.4.1には、iPhoneで発生していたバグの修正が含まれます。



  • iOS9.3.6以前またはOS X El Capitan 10.11.6以前を搭載したデバイスとのFaceTime通話にiOS13.4を搭載したデバイスから参加できない問題を修正
  • ホーム画面で“設定” AppのクイックアクションメニューからBluetoothを選択しても反映されないバグに対処

iPadOS13.4.1リリースノート

iPadOS13.4.1には、iPadで発生していたバグの修正が含まれます。



  • iOS9.3.6以前またはOS X El Capitan 10.11.6以前を搭載したデバイスとのFaceTime通話にiPadOS13.4を搭載したデバイスから参加できない問題を修正
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)および11インチiPad Pro(第2世代)のコントロールセンターまたはロック画面で、フラッシュライトボタンをタップしても点灯しないことがある問題に対処
  • ホーム画面で“設定” AppのクイックアクションメニューからBluetoothを選択しても反映されないバグに対処





Source:Apple

(lunatic)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_3c64ea42774a oa-rp59145_0_5c1247f295c7_iPhone SEに関する問い合わせにApple Supportが回答したと話題に 5c1247f295c7 5c1247f295c7 iPhone SEに関する問い合わせにApple Supportが回答したと話題に oa-rp59145

iPhone SEに関する問い合わせにApple Supportが回答したと話題に

2020年4月8日 07:17 iPhone Mania

iPhone SE(2020)に関する質問をTwitterを通じて問い合わせたユーザーに対し、Apple Supportから回答を受けたという投稿が注目を集めています。

解釈に悩む回答を受ける

Twitterユーザーのバサワラジュ氏(@BASAVAR50470088)がApple Supportに「iPhone SE(2020)はデュアルSIM対応ですか、それともシングルSIMのみの対応ですか」と問い合わせたところ、「現在販売中のiPhoneのラインナップに、新しいバージョンのiPhone SEはありません」と回答を受けたことを、ジョン・プロッサー氏が自身のTwitterで取り上げています。







これに対して多くの解釈が

プロッサー氏の投稿に対するリプライ欄では、Apple Supportの返答内容に関して以下のような多くの意見が交わされています。



新型iPhoneの製品名はiPhone SEではなくiPhone9なのか
4インチディスプレイのiPhone SEのことを説明しているんだろう
Apple Supportの一般的な回答だ。特別な意味はないだろう




発表日に関する複数の噂

新しいエントリーレベルのiPhoneには、4月5日までに発表される、4月11日までに発表される、4月14日か15日に発表だ、など複数の噂があります。注目の高まりと共に、Twitterの返答内容の解釈だけでも話題になっています。





Source:BASAVARAJ/Twitter via Jon Prosser/Twitter

Photo:Svetapple.sk

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_3c64ea42774a oa-rp59145_0_3d2367f54e4c_任天堂 Switchの生産量20%増加で品薄解消なるか 3d2367f54e4c 3d2367f54e4c 任天堂 Switchの生産量20%増加で品薄解消なるか oa-rp59145

任天堂 Switchの生産量20%増加で品薄解消なるか

2020年4月8日 03:16 iPhone Mania

任天堂は増加しているSwitchの受注に対応するべく、製造元への発注量を20%増やしたようです。DigiTimesが2020年4月7日に有料購読会員向けに配信したニュースで伝えています。

世界的な需要増に対応

新型コロナウイルスの影響による外出規制を受け、多くの人々が自宅及び室内で過ごす時間が増えていることから、世界的にゲーム機の需要が増加しています。任天堂はiPhone用にも人気の高いゲームタイトルを複数ラインナップしており、大きな収益源になっていますが、専用コンソールの需要も根強いようです。

現在の状況

需要の増加により、Switchの店頭在庫は直近の2カ月で急速に減少しています。現在はSwitchだけではなく、Switch liteを入手することも難しい状況です。こうした状況により、プレミアム価格で販売している店舗も見受けられたとDigiTimesは伝えています。



ゲームマーケットのコンサルティングビジネス会社である、カンタンゲームズのセルカン・トト代表は「任天堂から、製造パートナー企業であるFoxconnとホシデンへのSwithの製造注文は、過去2週間で20%増加した」とTwitterに投稿しています。







日本国内では争奪戦の様相も




日本国内では、3月20日に発売された「あつまれ どうぶつの森」特別デザインのSwitch本体セットが特に人気を集めており、抽選販売では倍率が300倍以上のケースが発生するなど、入手することが著しく困難になっています。



生産量の増加とともに、品薄状態が解消されることが期待されます。





Source:DigiTimes via My Nintendo News

Photo:任天堂

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_3c64ea42774a oa-rp59145_0_c02ae21804bc_au、25歳以下の利用者にデータ通信使い放題プランを2カ月間割引 c02ae21804bc c02ae21804bc au、25歳以下の利用者にデータ通信使い放題プランを2カ月間割引 oa-rp59145

au、25歳以下の利用者にデータ通信使い放題プランを2カ月間割引

2020年4月8日 01:59 iPhone Mania

KDDIと沖縄セルラーは4月7日、25歳以下の利用者を対象として、auのデータ通信使い放題プランを割引する「U25 データ通信料割引」を実施すると発表しました。月額料金から2,000円が2カ月間、割引かれます。

データ無制限プランが2カ月間、2,000円引き

KDDIは、auの「U25 データ通信料割引」について、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による休校措置などでオンライン学習のニーズが高まっていることに対応したもの、と説明しています。



「U25 データ通信料割引」の適用により、申込み翌月から2カ月間、月額料金が2,000円割引となります。

対象プランへの新規加入が必要

「U25 データ通信料割引」の適用条件は、契約者または利用登録者が25歳以下(2020年3月31日時点)で、4月1日〜4月30日の期間内に、対象料金プランに新たに加入することです。



対象となる料金プランは、5G対応の「データMAX 5G」「データMAX 5G Netflixパック」、LTE用の「auデータMAXプランPro」「auデータMAXプランNetflixパック」です。



なお、すでに対象料金プランに加入している場合や、対象料金プランや「auデータMAXプラン」(2019年9月30日で受付終了)からの変更は対象外となります。

5G対応プランも2,000円引き

対象となる料金プランと、標準料金(2年契約のみ適用)と、「U25 データ通信料割引」適用後の料金は以下のとおりです。なお、5G対応プランは、25カ月間適用される「5Gスタートキャンペーン」の1,000円割引も合算しています。



  • 「データMAX 5G」:8,480円 → 5,480円
  • 「データMAX 5G Netflixパック」:9,480円 → 6,480円






  • 「auデータMAXプランPro」:7,480円 → 5,480円
  • 「auデータMAXプランNetflixパック」:7,880円 → 5,880円






キャリア各社、データ通信割引の方針

auを含む携帯キャリア各社は、総務省の要請を受け、学生向けにデータ通信料金を割引する方針と報じられていました。



各社は、携帯料金の支払い期限を延長する措置も取っています。





Source:KDDI(PDF)

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_3c64ea42774a oa-rp59145_0_f23c42054cff_「Kyash」がApple Payに対応、還元率は最大1%を維持 f23c42054cff f23c42054cff 「Kyash」がApple Payに対応、還元率は最大1%を維持 oa-rp59145

「Kyash」がApple Payに対応、還元率は最大1%を維持

2020年4月8日 01:23 iPhone Mania

キャッシュレス決済サービス「Kyash」が、4月7日からApple Payに対応しました。QUICPay+加盟店で、iPhoneやApple Watchで決済が利用可能です。

Apple Payで支払っても最大1%ポイント還元

Apple Payに対応するのは、Kyashの発行する以下のカードです。



  • Kyash Card:利用上限額が高く、タッチ決済対応のVisaカード
  • Kyash Card Lite:本人確認不要で誰でも簡単に申し込めるVisaカード
  • Kyash Card Virtual:オンライン専用バーチャルカード、メールアドレスと携帯番号だけですぐに発行・利用可能



QUICPay+対応店舗で、QUICPayで支払う旨を伝えて、iPhoneかApple Watchを決済端末にかざすだけで支払いができます。



Apple Payでの支払いでも、以下の還元率でKyashポイントが付与されます。



  • Kyash Card:1.0%
  • Kyash Card Lite:1.0%(2020年5月1日から0.5%)
  • Kyash Card Virtual:0.5%

Apple Payへの登録はアプリとWalletどちらでもOK

Apple PayへのKyash Visaカードの登録は、「Kyash」アプリから「Apple Payを設定」ボタンをタップ、Walletアプリの「+」ボタンから設定のどちらでも可能です。






Apple Payの利用には、iPhone7以降のiPhoneか、Apple Watch Series 2以降のApple Watchが必要です。



なお、「Kyash Card Lite」または「Kyash Card Virtual」をApple Payに設定した後、手元に届いたKyash Cardを有効化した場合は、再度Apple Payの設定が必要となりますので、ご注意ください。










Source:Kyash

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_3c64ea42774a oa-rp59145_0_dd1afd6642e8_新型「iPhone SE」は4月11日までに発表、価格は約46,000円〜か dd1afd6642e8 dd1afd6642e8 新型「iPhone SE」は4月11日までに発表、価格は約46,000円〜か oa-rp59145

新型「iPhone SE」は4月11日までに発表、価格は約46,000円〜か

2020年4月8日 00:36 iPhone Mania

iPhone9」とも噂されてきた新型「iPhone SE」が今週中に発表される、とChinaTimesが報じています。報道のとおりなら、4月9日から11日の間にも発表されることになります。

「iPhone SE」が今週中に発表?

新型「iPhone SE」は、外観デザインやパーツの大部分はiPhone8と共通で、今週中にプレスリリースで発表される、とChinaTimesが伝えています。



「iPhone SE」はすでに中国内外への出荷に向けた準備が進んでおり、価格は最安値の64GBモデルが2,999人民元(約46,000円)、128GBモデルが3,499人民元(約54,000円)、256GBモデルが3,999人民元(約62,000円)とのことです。



ただし、新型コロナウイルスの影響で労働力とサプライチェーンのコストが上昇しているため、販売価格はこれよりも高くなる可能性がある、とChinaTimesは指摘しています。

iPhone6からの買い替え需要で年内3,000万台出荷か

「iPhone SE」は、iPhoneシリーズ最大のヒット作であり約1億人のユーザーがいるiPhone6からの買い替え需要を取り込み好調な売れ行きを見せるとみられています。



2020年の「iPhone SE」出荷台数は3,000万台を上回り、2020年に発売される「iPhone12」と合計すると、年内の2億台を超えるだろう、と予測されています。

急浮上した「iPhone SE」(2020)の名称

iPhone SEの後継にあたる普及価格モデルの名称は、これまで「iPhone SE 2」や「iPhone9」と噂されてきました。



先日、同モデルの名称は「iPhone SE」(2020)と報じられたのに加えて、iPhone7、iPhone8と同サイズの「iPhone SE用」ガラスフィルムや、「AppleCare+ for iPhone SE」がAppleの公式サイトに登場したことで、「iPhone SE」が最有力と見られています。



新型「iPhone SE」は、先週発表されるとの情報があったほか、4月14日〜15日前後に発表される、との情報もあります。





Source:ChinaTimes(Google翻訳) via 気になる、記になる…

Photo:Apple

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_3c64ea42774a oa-rp59145_0_1dd386cf7c58_米TV局CBS、FaceTimeやZoomを使ってドラマを収録 1dd386cf7c58 1dd386cf7c58 米TV局CBS、FaceTimeやZoomを使ってドラマを収録 oa-rp59145

米TV局CBS、FaceTimeやZoomを使ってドラマを収録

2020年4月8日 00:13 iPhone Mania

米テレビ局CBSは、新型コロナウイルス(COVID-19)の拡散を防ぐため、外出禁止および他人と距離を取ることが求められているのを受け、現在放映中のドラマシリーズ「All Rise」の最新エピソードを、Appleのビデオ通話アプリFaceTimeなどを利用して撮影していることがわかりました。

出演者は全員自宅から収録に参加

米メディアThe Vergeによると、CBSは昨年9月より放映中の法廷ドラマシリーズ「All Rise」の最新エピソードを、FaceTime、Web会議システムWebEx、同じく会議システムZoomなどを利用して撮影する計画です。出演者はそれぞれの自宅から、収録に加わることになります。



プライムタイム(日本で言うゴールデンタイム)に放映されるドラマシリーズが、完全にリモートで撮影されるのは同ドラマが初とのことです。

5月4日に放映予定

ロサンゼルスの法廷を舞台とする「All Rise」の最新エピソードでは、裁判官や検事、弁護士らが、COVID-19の影響で自宅待機を余儀なくされつつも、どのように司法システムを遂行していくかを取り上げています。ドラマでは、裁判がバーチャルに行われる様子も描かれます。



出演者らの自宅からの映像に加え、撮影スタッフは人通りの途絶えたロサンゼルスの町中を車から降りずに撮影、それらの映像も作品中で使用されます。現在製作中の同エピソードは、現地時間5月4日東部時間午後9時から放映予定です。





Source:The Verge via 9to5Mac

(lunatic)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_3c64ea42774a oa-rp59145_0_3c2f82160558_Appleのオーバーイヤーヘッドホンは6月に発表か〜AirPods Xは秋に登場 3c2f82160558 3c2f82160558 Appleのオーバーイヤーヘッドホンは6月に発表か〜AirPods Xは秋に登場 oa-rp59145

Appleのオーバーイヤーヘッドホンは6月に発表か〜AirPods Xは秋に登場

2020年4月8日 00:03 iPhone Mania

未発売のApple製品に関する精度の高い情報で知られるTwitterユーザーが、今年発売される見込みのAppleブランドのヘッドホンとイヤホンについての予測を発表しました。

AppleのハイエンドヘッドホンがWWDCで発表?

新型iPad Pro、新型MacBook Airなどの製品の発表を見事言い当てたジョン・プロッサー氏(@jon_prosser)が、新たな予測ツイートを投稿しました。



同氏によれば、Appleはコードネーム「B515」のもと開発が進められているオーバーイヤーヘッドホンを、今年始めてオンラインで開催されることが決まったAppleの開発者会議(WWDC 2020)で発表するとのことです。







米メディアMacRumorsは、このヘッドホンは流出したiOS14のコードの中に見つかったアイコン画像のものと同じモデルであると見ています。プロッサー氏は、ヘッドホンの販売価格は350ドル(約38,130円)になると予測しており、価格からハイエンドモデルであることがわかります。

BeatsXに似た「AirPods X」も登場か

プロッサー氏は、「AirPods X」と呼ばれるイヤホンが今年9月か10月に登場するとも同時に予測しています。



コードネーム「B517」のもと開発が進められているというこのイヤホンは、台湾メディアDigiTimesが「AirPods Pro Lite」として幾度か報道したデバイスと同一のものであるとみられており、BeatsXに近いモデルになるといわれています。






イヤホンの予想販売価格は200ドル(約21,780円)で、BeatsXの約2倍となっており、ミッドレンジ以上のモデルである可能性が高いと言えるでしょう。





Source:MacRumors

(lexi)

外部リンク