cat_oa-rp59145_issue_21d6f63f5dc0 oa-rp59145_0_21d6f63f5dc0_Apple、ハッカー向けの特別仕様のiPhoneを提供〜バグの発見に報酬 21d6f63f5dc0 21d6f63f5dc0 Apple、ハッカー向けの特別仕様のiPhoneを提供〜バグの発見に報酬 oa-rp59145

Apple、ハッカー向けの特別仕様のiPhoneを提供〜バグの発見に報酬

2019年8月6日 18:06 iPhone Mania

Appleは、現在ラスベガスで開催中のセキュリティ会議「Black Hat」において、セキュリティ研究者向けの特別仕様のiPhone提供プランを発表する、とForbesが伝えています。Apple製品のセキュリティ上の脆弱性を発見すれば報酬金がもらえるバグ報酬金プログラムも開始される見込みです。

これまで入れなかったOS領域へのアクセスなどが可能に

報酬金が最大200,000ドル(約2,130万円)のAppleのバグ報酬金プログラムが近く始まります。



セキュリティ研究者には、より柔軟な特別仕様のiPhoneが提供されます。特別仕様のiPhoneでは、これまで商用のiPhone上で入ることのできなかったOSの領域へのアクセスや、プロセッサを停止させてメモリの脆弱性を調べるといったことも可能になるとされています。



しかしながら、ハッカー向けiPhoneはApple社員向けのiPhoneとは仕様が異なるとのことで、若干のロックがかけられているようです。特別仕様iPhoneでは、Apple従業員並みのオープンなアクセスは担保されていませんが、商用モデルしか利用できなかった以前の状況と比べると大きな前進と見ることができます。



特別仕様のiPhoneとバグ報酬金プログラムにより、Apple製品のセキュリティ性能の向上が期待されています。





Source:Forbes

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_21d6f63f5dc0 oa-rp59145_0_f87ba8c9d594_ソフトバンク「アメリカ放題」が進化、Sprint以外に対応、全機種で利用可能に f87ba8c9d594 f87ba8c9d594 ソフトバンク「アメリカ放題」が進化、Sprint以外に対応、全機種で利用可能に oa-rp59145

ソフトバンク「アメリカ放題」が進化、Sprint以外に対応、全機種で利用可能に

2020年2月26日 01:10 iPhone Mania

ソフトバンクは2月25日、アメリカ国内でのデータ通信、通話が無料で利用し放題になる「アメリカ放題」を3月7日に改訂し、iPhoneとiPad以外でも利用可能になるほか、Sprint以外の通信事業者も対象にすると発表しました。

iPhone/iPad以外の機種も利用可能に

アメリカ放題」は、従来はiPhoneとiPadのみが対象で、ソフトバンク子会社の米Sprint回線のみが対象となっていました。



しかし、3月7日午前1時(日本時間)からは、iPhoneとiPadに加えて、ソフトバンクのスマートフォン、タブレット、ケータイ、モバイルWi-Fiルーターも対象となります。



また、Sprint以外に、T-Mobile USA、AT&T、Union、CLARO PUERTO RICOの4通信事業者でも利用可能となります。



「アメリカ放題」が利用できるのは、アメリカ本土、アラスカ、ハワイ、プエルトリコ、バージン諸島(アメリカ領)で、グアムやサイパンなど一部の地域は対象外となります。






アメリカ滞在中に電話をかけても受けても無料

「アメリカ放題」の対象となるサービスは、米国内および日本あての通話、SMS、データ通信です。



アメリカ滞在中に日本からの電話を受けるのも、日本に電話をかけるのも無料です。






その他の国・地域への音声通話は、有料(210円/分)となります。





Source:ソフトバンク 報道発表, アメリカ放題

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_21d6f63f5dc0 oa-rp59145_0_eaff80af0d91_ソフトバンクが新料金「メリハリプラン」発表、月間通信量が少なければ自動割引 eaff80af0d91 eaff80af0d91 ソフトバンクが新料金「メリハリプラン」発表、月間通信量が少なければ自動割引 oa-rp59145

ソフトバンクが新料金「メリハリプラン」発表、月間通信量が少なければ自動割引

2020年2月26日 00:35 iPhone Mania

ソフトバンクは2月25日、新料金プラン「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」の申込受付を3月12日から開始すると発表しました。「メリハリプラン」は、データ通信使用量が2GBを下回った月は自動的に割引が適用されます。

月間2GB以下なら自動割引の「メリハリプラン」

ソフトバンクが発表した「メリハリプラン」は、「ウルトラギガモンスター+」と同様に50GBの大容量データ通信が利用でき、月間データ通信量が2GB以下の月には料金が自動で1,500円割引になるのが特徴です(金額はすべて税抜)。



「メリハリプラン」でも、「ウルトラギガモンスター+」と同様、各種動画サービスや、SNSが使い放題になる「動画SNS放題」が適用されます。






月額料金が割引となる、月間データ使用量が2GB以下の対象には、「動画SNS放題」対象サービスの利用分が含まれます。



「メリハリプラン」の月額料金は、基本プランの980円と、データプランメリハリの6,500円で構成され、データ通信量が2GB以下なら1,500円が割引かれます。



契約翌月から6カ月間適用される「半年おトク割」の適用で1,000円、固定通信サービスとのセット契約による「おうち割 光セット」の適用で1,000円、2人以上での加入なら「みんな家族割+」が適用されます。



すべての割引条件を満たした場合の月額料金は3,480円、データ通信量が2GB以下なら1,980円で利用可能です。






ライトユーザー向けの「ミニフィットプラン」

ソフトバンクは、ライトユーザー向けの「ミニフィットプラン」も発表しています。



「ミニフィットプラン」は、毎月のデータ使用量に応じて、1GBまで、2GBまで、5GBまでの3段階で料金が変化する料金プランです。



月間データ通信量が5GBを超えると、請求月末まで送受信速度が最大128kbpsに制限されます。追加データの購入で速度制限を解除可能です。



「ミニフィットプラン」は、基本プランの980円と、3段階のデータプランミニフィット(〜1GB:3,000円、〜2GB:5,000円、〜5GB:6,500円)で構成されています。契約後2カ月〜7カ月に適用される「半年おトク割」で1,000円、固定回線とのセット割引「おうち割 光セット」で1,000円の割引が適用されます。






2つの割引が適用されれば、データ通信量1GBまでなら月額1,980円で利用可能です。






2種類の音声通話用オプションも提供

「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」ともに、音声通話オプションサービスを追加可能です。



国内通話が24時間無料になる「定額オプション+」は月額1,800円、1回5分までの国内通話が無料となる「準定額オプション+」(月額800円)があります。



いずれも、個別に契約した場合は月額合計800円に相当する留守番電話プラス、割込通話、グループ通話、一定額ストップサービスがセットで提供されます。






従来のプランは3月11日で新規受付停止

「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」の開始に伴い、既存の「ウルトラギガモンスター+」、「ミニモンスター」、「定額オプション」、「準定額オプション」の新規受付は3月11日をもって終了します。



なお、現行の「ウルトラギガモンスター+」、「ミニモンスター」では12カ月間の割引が適用される「1年おトク割」が、「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」では、6カ月間の「半年おトク割」に変更されます。



2つの音声通話オプションは、各種サービスが利用可能になる変更に伴い、「定額オプション」の月額1,500円、「準定額オプション」の月額500円から、それぞれ300円の増額となります。





Source:ソフトバンク 報道発表, メリハリプラン

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_21d6f63f5dc0 oa-rp59145_0_d71b8cc4e3e7_Appleが開発中と噂の「AirTag」は完全防水でワイヤレス充電対応か d71b8cc4e3e7 d71b8cc4e3e7 Appleが開発中と噂の「AirTag」は完全防水でワイヤレス充電対応か oa-rp59145

Appleが開発中と噂の「AirTag」は完全防水でワイヤレス充電対応か

2020年2月25日 18:39 iPhone Mania

Appleが開発中と噂の紛失防止タグ「AirTag」が、完全防水仕様となり、Apple Watchと同様の充電方式が採用される、との情報をMacお宝鑑定団Blogが伝えています。

2020年中の発売が見込まれる「AirTag」

iPhone11シリーズに搭載されたUWB(超広域帯通信)対応のU1チップを活用した、Tileのような紛失防止タグをAppleが開発中と噂されています。



同製品の名称は、iOS13.2ベータのソースコードから発見された「AirTag」が有力視されています。また、「探す」アプリでバッグや自転車などを探せる機能を示すアイコンも発見されています。



iOS13.2ベータには「BatterySwap」の記述があることから、バッテリーの交換が可能な仕様になる可能性が指摘されていました。



Apple関連の著名アナリストであるミンチー・クオ氏は、「AirTag」は2020年に発売されると予測しているほか、AirTag用のチップが2020年4月以降に出荷される、とも述べています。






AirTagは完全防水、磁気充電に対応?

Macお宝鑑定団Blogは、AirTagについて完全防水使用となり、Apple Watchの磁気充電に似た方式を採用する、との情報を伝えています。



発見されたアイコンにあるように、AirTagをバッグや自転車に装着して使う事を考慮すると、完全防水仕様のニーズは高いと思われます。



充電方式はApple Watchの磁気充電に似ているとのことなので、iPhoneやAirPodsに使っているQi方式のワイヤレス充電器を流用できない可能性もあります。





Source:Macお宝鑑定団Blog

Photo: MacRumors (1), (2)

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_21d6f63f5dc0 oa-rp59145_0_571658cba2a4_「iPhone12」は新規格IEEE 802.11ay対応、液晶モデルも発売か 571658cba2a4 571658cba2a4 「iPhone12」は新規格IEEE 802.11ay対応、液晶モデルも発売か oa-rp59145

「iPhone12」は新規格IEEE 802.11ay対応、液晶モデルも発売か

2020年2月25日 13:26 iPhone Mania

今秋の発売が見込まれる「iPhone12」は超近距離Wi-Fi規格「IEEE 802.11ay」に対応し、デバイス間の高速通信が可能になるほか、全モデルが有機EL(OLED)ではなく、液晶ディスプレイモデルが1つ用意されるとMacお宝鑑定団Blogが報じています。

デバイス間の高速通信向けの新規格

Macお宝鑑定団Blogが「iPhone12」に詳しい情報筋の話として、「iPhone12」が超近距離無線LAN規格である「IEEE 802.11ay」に対応する可能性がある、と報じています。



「IEEE 802.11ay」が通信に使用する周波数帯は60GHz帯であり、現在のWi-Fiに使用されている5GHz帯や2.4GHz帯とは異なります。



「IEEE 802.11ay」は主に屋内でのデバイス間通信を想定した規格で、2020年中に最終仕様が決定する予定で、実用化すれば通信速度の大幅な高速化が期待されます。



用途としてはジェスチャー認識、健康、見守り、個人認証、自動車内などが挙げられており、AirDropの高速化や、2020年にも発売されると噂の紛失防止タグ「AirTag」などに活用される可能性が考えられます。

「iPhone12」には液晶モデルも?

「iPhone12」は全モデルがOLEDディスプレイを搭載する、とApple関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏が予測しています。



しかし、Macお宝鑑定団Blogは、サイズなどは不明ながら、液晶(LCD)モデルが1機種だけ用意される、と報じています。



もし、報道のとおりであれば、5G対応などで価格上昇が見込まれるiPhone12シリーズの中で、低価格帯に位置付けられるモデルになると考えられます。





Source:Macお宝鑑定団Blog

Photo:LetsGoDigital

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_21d6f63f5dc0 oa-rp59145_0_296488abb65f_Apple、ビデオにフィルタを適用する方法を動画で紹介 296488abb65f 296488abb65f Apple、ビデオにフィルタを適用する方法を動画で紹介 oa-rp59145

Apple、ビデオにフィルタを適用する方法を動画で紹介

2020年2月25日 11:32 iPhone Mania

Apple Japanは2月23日、公式YouTubeチャンネルでサポート動画「iPhone、iPad、iPod touchでビデオにフィルタを適用する方法」を公開しました。

iOS13やiPadOSで利用可能なビデオフィルタ

iOS13やiPadOSでは、写真編集で使うフィルタをビデオ編集でも利用することができます。フィルタは、色合いが鮮やかになる「ビビッド」、劇的な印象になる「ドラマチック」、白黒のコントラストが際立つ「ノアール」など、全10種類が用意されています。



フィルタを適用するには、写真Appでビデオを開き、画面右上の「編集」をタップします。






次に、画面下にある丸が3つ重なった「フィルタボタン」をタップします。






フィルタを選び、チェックマークをタップすれば完了です。






適用したフィルタは、元に戻したり別のフィルタを適用するなど、いつでも変更することができます。



写真Appを使えば、フィルタをかける以外にも、必要なシーンのみを切り取るトリミングやスローモーションモードで撮影したビデオをシーンごとに通常速度とスロー速度に振り分けるカスタマイズなどもできます。














Source:Apple/YouTube

(kotobaya)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_21d6f63f5dc0 oa-rp59145_0_6fee31ea77f3_新型肺炎の影響で中国でのiPhone需要が減少 6fee31ea77f3 6fee31ea77f3 新型肺炎の影響で中国でのiPhone需要が減少 oa-rp59145

新型肺炎の影響で中国でのiPhone需要が減少

2020年2月25日 09:00 iPhone Mania

新型コロナウイルスの影響で、中国での1月におけるiPhone需要が、昨年12月と比べ大きく減少したことがわかりました。

1月のiPhone需要は28%下落

Bloombergの報道によると、UBSのアナリスト、ティモシー・アークリ氏は、中国政府が公表しているデータを分析し、中国における1月のiPhone需要が12月と比べ28%下落したとし、「例年よりも下げ幅が大きい」と述べています。



Apple自身も中国におけるiPhone需要が低迷していることを認めており、2月17日には、2020年1月〜3月の業績が予想を下回る見通しと発表しました。



新型コロナウイルス蔓延のため生産が滞り、供給も減少していることから、2月の需要はさらに下がっている可能性が高いと、アークリ氏は予測しています。

iPhone売上、対前年同月比では5%の伸び

一方で興味深いデータがあります。



中国情報通信研究院(China Academy of Information and Communications Technology、CAICT)によれば、中国全体での1月のスマートフォン出荷台数は、対前年同月比で37%も落ち込みました。



ところがアークリ氏によれば、1月の中国でのiPhone売上は、対前年同月比では5%伸びています。これはオンラインストアでの売上が好調だったこと、また2019年1月に比べ貿易緊張が緩和されたのが理由のようです。



Appleは1月〜3月の業績が予想を下回るとは述べたものの、修正予想の具体的な数字は発表していません。これは状況が非常に流動的なため、予測を立てるのが難しいためと考えられます。





Source:Bloomberg

(lunatic)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_21d6f63f5dc0 oa-rp59145_0_f466fc87af69_Apple、「国際女性デー」に合わせて特別なToday at Appleセッションを開催 f466fc87af69 f466fc87af69 Apple、「国際女性デー」に合わせて特別なToday at Appleセッションを開催 oa-rp59145

Apple、「国際女性デー」に合わせて特別なToday at Appleセッションを開催

2020年2月25日 08:43 iPhone Mania

3月8日は「国際女性デー」に指定されていますが、Apple Storeで特別なToday at Appleセッション「創造する彼女(She Creates)」シリーズが開催されることが明らかになりました。

日本ではApple 丸の内でセッションの受講が可能

3月1日〜31日の期間、「国際女性デー」を讃えるToday at Appleセッションが世界各地のApple Storeで開催されます。日本ではApple 丸の内で特別なセッションを受講することができます。



例えば、3月1日午後3時〜4時に「エ⁠ク⁠ス⁠ク⁠ル⁠ー⁠シ⁠ブ⁠:映⁠画⁠業⁠界⁠の⁠魅⁠力⁠とそ⁠こ⁠で⁠働⁠く女⁠性⁠た⁠ち – SAORI⁠ト⁠ー⁠ク⁠セ⁠ッ⁠シ⁠ョ⁠ン」が催されます。






セッションの説明には次のように記されています。




映画業界で働く女性たちのためにより良い未来の実現を目指すNPO法人「swfi:Support for Women in the Film Industry.」。創立者であり現役の小道具スタッフとして活躍するSAORIから、業界の魅力や現場を取り巻く様々なチャレンジについて学んでみませんか。長年映画に携わってきた彼女が、現場での喜びや楽しさ、子育てとの両立の難しさといった自身の経験にもとづく生きたストーリーを語ります。さらに業界内での様々な格差を変えるために声を上げることを決意し「swfi」を発足させるまでの経緯を、映画人ならではの「絵コンテ」や写真を使ってご紹介。国際女性デーを記念し、女性のクリエイティビティを讃える「創造する彼女」シリーズの一環として開催されるこのセッションは、映画に関わる仕事やNPO法人設立に興味をお持ちのすべての方におすすめです。



その他にも、3月15日午後3時〜5時の「ビ⁠デ⁠オ⁠ラ⁠ボ⁠:垣⁠内⁠由⁠加⁠利⁠と⁠一⁠緒⁠コ⁠マ⁠撮⁠り⁠の⁠世⁠界⁠で遊⁠ぼ⁠う」など、セッションの内容は多岐にわたります。






ビデオラボのページでは、セッション内容は以下のように説明されています。




テレビ業界の最前線で活躍する数少ない女性クリエイターの一人であり、ストップモーション アニメーターの垣内由加利から「コマ撮り」の技術を学んでみませんか。プロになるまでの経緯や現場での秘話、活き活きと動くキャラクターたちの背後にある繊細な作業にまつわる彼女のストーリーにインスピレーションを受けましょう。ストップモーション特有のフレームワークやカメラアングルの基本を学んだら、iPadのStop Motion Studio Proアプリケーションを使ってフィギュアやドールを撮影し、オリジナルの楽しいショートフィルムに仕上げていきます。セッションの後半には、垣内による撮影であなた自身が「登場人物」となる場面も。国際女性デーを記念し、女性のクリエイティビティを讃える「創造する彼女」シリーズの一環として開催されるセッションです。





Source:Apple via 9to5Mac

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_21d6f63f5dc0 oa-rp59145_0_6f868ad87dc8_Apple共同創業者スティーブ・ジョブズ氏、存命なら65歳の誕生日 6f868ad87dc8 6f868ad87dc8 Apple共同創業者スティーブ・ジョブズ氏、存命なら65歳の誕生日 oa-rp59145

Apple共同創業者スティーブ・ジョブズ氏、存命なら65歳の誕生日

2020年2月25日 08:19 iPhone Mania

2月24日(日本時間では2月25日)は、Appleの共同創業者スティーブ・ジョブズ氏の65回目の誕生日です。

1976年にAppleを創業

1955年2月24日に生まれたスティーブ・ジョブズ氏は、1976年にスティーブ・ウォズニアック氏らとApple(当時はApple Computer)を創業しました。



当時、コンピュータといえば業務用の大型装置だった時代に、個人が家庭で使えるコンピュータとしてApple 1、Apple IIを発売して注目を集めました。



1985年には、独裁的な経営と業績低迷の責任を問われ、自らが引き抜いたジョン・スカリー氏によって、Appleを追放されてしまいますが、Appleの業績は、その後さらに低迷します。

Appleへの復帰、iMac、iPod、iPhoneの発売

1997年、倒産の危機に瀕していたAppleに復帰したジョブズ氏は、斬新なデザインのiMacを大ヒットさせ、現在の成功へと続く道を切り開きました。






ジョブズ氏が率いるAppleが世に送り出した、iPod、iPhone、iPad、MacBookといった製品群、iTunes、App Storeなどのサービスは、Appleが巨大企業となった現在も、同社の中核事業となっています。



2011年に56歳の若さで亡くなるまで、数多くの伝説を作り出したジョブズ氏は、もし存命なら、2020年2月24日で65歳でした。

ティム・クックCEOがメッセージ

ジョブズ氏の後を引き継いだティム・クック最高経営責任者(CEO)は折に触れて、現在もAppleにはジョブズ氏の魂が息づいている、と語っています。



クック氏は、「スティーブの誕生日に、彼の友情、情熱、そして笑い声と喜びとともに、彼を想います」とのメッセージをツイートしています。









Source:MacRumors

Photo:Apple

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_21d6f63f5dc0 oa-rp59145_0_917336bd4392_ARMチップ搭載のMacが2021年上半期に登場〜クオ氏が予測 917336bd4392 917336bd4392 ARMチップ搭載のMacが2021年上半期に登場〜クオ氏が予測 oa-rp59145

ARMチップ搭載のMacが2021年上半期に登場〜クオ氏が予測

2020年2月25日 08:10 iPhone Mania

省電力が特徴のARMアーキテクチャのチップは、これまで主にモバイル端末に使用されてきましたが、近年パソコンにも採用されつつあります。ARMチップ搭載のMacが2021年上半期に登場する、とApple関連の独自の情報ソースを持つことで知られるアナリストのミンチー・クオ氏が予測しています。

今後18カ月以内にMacへの自社製チップ搭載が実現

Appleは、Intel Coreプロセッサを自社製チップで置き換えることを目指しているため、ARMチップ搭載のMacもしくはMacBookを発売するのではないか、と以前から幾度も噂されてきましたが、今回TF Securitiesのクオ氏が、ARMチップ搭載Macに関する新たな予測を発表しました。



クオ氏によれば、Appleは今後12カ月〜18カ月の間に5nm(ナノメートル)プロセスルール生産のチップを使用し始め、2021年上半期のMacに自社製プロセッサを搭載するとのことです。

iPhone、iPad、Macで共通のチップが使用可能に?

AppleのMacチップの内製化は、iPhone、iPadや、その他のApple製品に使用されるAシリーズを始めとするチップのデザインの知識をもとに行われるだろう、と米メディアAppleInsiderは推測しています。例えば、A13 Bionicの省電力設計のMacチップへの応用などが考えられます。



ARMアーキテクチャのチップに切り替えることで、iPhone、iPadと同じチップをMacに使用することが可能となり、全体の生産コストが下がるだけでなく、Appleのエコシステム全体で使用できるアプリが増えるなどの利点があるとされています。



クオ氏は、iPhone12には5nmプロセスルール生産のチップが搭載され、次期iPadにはミニLEDディスプレイが採用されるとも予測しています。





Source:AppleInsider

(lexi)

外部リンク