cat_oa-rp59145_issue_12b3356375aa oa-rp59145_0_12b3356375aa_iPhone12は全モデルが5Gに対応〜iPhone SE 2 Plusが2021年に登場 12b3356375aa 12b3356375aa iPhone12は全モデルが5Gに対応〜iPhone SE 2 Plusが2021年に登場 oa-rp59145

iPhone12は全モデルが5Gに対応〜iPhone SE 2 Plusが2021年に登場

2019年12月6日 05:16 iPhone Mania

2020年のiPhone12は、4モデル構成となり、全モデルが次世代通信規格5Gに対応する、とApple関連製品の精度の高い予測で知られるアナリストのミンチー・クオ氏が新たな予測を発表しました。同氏は、iPhone SE 2 Plusが2021年に登場するとも述べています。

日本ではサブ6GHzとミリ波両方に対応したiPhoneが発売か

クオ氏によれば、2020年下半期の登場が見込まれるiPhone12の全モデルが、Qualcomm X55モデムチップを搭載し、5Gをサポートするとのことです。



5Gには「ミリ波(mmWave)」と「サブ6GHz(sub-6GHz)」の2種類の周波数帯が存在しますが、Appleはサブ6GHzに対応していない国や地域では、ミリ波でない方の5G機能を無効にするか、5Gの浸透率を浅くし、デバイスの購入価格を低く抑えるだろう、とクオ氏は予測しています。サブ6GHzとミリ波両方に対応したiPhoneが発売されるのは、アメリカ、カナダ、日本、韓国、イギリスの5カ国であり、5G対応機は2020年上半期の全体のiPhone出荷台数の20%を占めるとみられています。



5Gは、サブ6GHzでも一定の通信速度の向上が見込まれていますが、真のスピードを発揮するにはミリ波である必要があるといわれています。



5G以外にも、2020年のiPhoneモデルはデバイス背面に3Dセンシングモジュールを搭載すると予測されています。また、ディスプレイ内に超音波指紋センサー技術を使ったTouch IDが埋め込まれる、との情報もあります。

iPhone12のサイズとは?

iPhone12は、5.4インチの有機EL(OLED)ディスプレイとデュアルカメラ搭載モデル、6.1インチのOLEDディスプレイとデュアルカメラ搭載モデル、6.1インチのOLEDディスプレイとトリプカメラ・ToF(Time of Flight)センサー搭載モデル、6.7インチのOLEDディスプレイとトリプルカメラ・ToFセンサー搭載モデルの4モデル構成になると予測されています。



なお、クオ氏はiPhone SE 2は4.7インチのLCD搭載となり、2020年始めに発売される、と予測しています。iPhone SE 2の筐体は、iPhone8をベースにしたものになるとされています。

2021年のiPhone SE 2 Plusについても予測

クオ氏は、2021年上半期にiPhone SE 2 Plusが発売される、と予測しています。ディスプレイサイズは5.5インチもしくは6.1インチで、フルスクリーンのデザインになるとの見通しです。Face IDの代わりにTouch IDが採用されるため、ノッチは小さくなる、とも同氏は述べています。



クオ氏の予測はこれだけでは終わりません。同氏は2021年秋に発売が見込まれるiPhone13についての予測も発表しています。



クオ氏によると、iPhone13にはLightningポートは搭載されず、完全ワイヤレスになるとのことです。



クオ氏は、iPhoneの出荷台数は毎年6%〜8%伸び、2020年には2億1,000万台、2021年には2億2,500万台に到達すると予測しています。





Source:AppleInsider

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_12b3356375aa oa-rp59145_0_e2bd12f41ad3_5G対応iPhoneにも採用か?村田製作所、スマホに不可欠な部品を超小型化 e2bd12f41ad3 e2bd12f41ad3 5G対応iPhoneにも採用か?村田製作所、スマホに不可欠な部品を超小型化 oa-rp59145

5G対応iPhoneにも採用か?村田製作所、スマホに不可欠な部品を超小型化

2019年12月6日 00:17 iPhone Mania

村田製作所は12月5日、体積を従来の5分の1と大幅に小型化した積層セラミックコンデンサを開発したと発表しました。部品の小型化により、5G対応スマートフォンのバッテリー容量拡大などの効果が期待できます。

スマホ1台に800個〜1,000個搭載される部品

村田製作所が開発を発表した超小型の積層セラミックコンデンサ(製品名:GRM011R60J104M)は、同社独自の電極材料の微粒化・均一化技術を活用することで、実装面積比で約50%、体積比で約80%の小型化と大容量化を実現しています。



積層セラミックコンデンサはスマートフォンなどの電子機器に必要不可欠な部品で、ハイエンドスマートフォンには800個〜1,000個も使われており、小型化のニーズが高い部品です。



2020年からの普及が見込まれる、次世代モバイル通信規格5G対応スマートフォンでは、通信用部品が増えるため、積層セラミックコンデンサが大幅に小型化できることで、端末内のスペースが有効に活用できると期待されます。

5G対応iPhoneにも搭載か?

村田製作所は、Appleの主要サプライヤーでもあります。



Appleが公開している上位200サプライヤーのリストでは、工場名ごとに掲載されることもあり、「Murata」の名前が26行にわたって並び、1ページで収まらないほどです。






2020年に発売が噂されている5G対応iPhoneにも、村田製作所が開発した超小型積層セラミックコンデンサが搭載されるかもしれません。



なお、2020年に発売が噂されるiPhone SE後継モデルには村田製作所製の液晶ポリマーアンテナが搭載される、と著名アナリストのミンチー・クオ氏が予測しています。





Source:村田製作所, 日本経済新聞

Photo:Apple サプライヤーリスト(PDF)

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_12b3356375aa oa-rp59145_0_f80d30454356_Qualcomm社長「5G対応iPhone発売が最優先事項」 f80d30454356 f80d30454356 Qualcomm社長「5G対応iPhone発売が最優先事項」 oa-rp59145

Qualcomm社長「5G対応iPhone発売が最優先事項」

2019年12月6日 00:00 iPhone Mania

QualcommはAppleとの提携関係において、5G対応iPhoneをできる限り早く市場に出すことが、最優先事項だと発言しました。2020年に発売されるiPhoneが、5G対応となることを示唆していると思われます。

AppleとQualcommの電撃的な和解

Qualcommのクリスチアーノ・アモン社長は、同社がハワイで開催した「Snapdragon Tech Summit」において、Appleとのライセンス契約について語りました。



AppleとQualcommはライセンスやロイヤリティ支払いをめぐり、泥沼の訴訟合戦を繰り広げてきましたが、今年4月、全面的に和解しました。その結果両社は複数年のライセンス契約を締結、AppleはQualcommに対し60億ドルを支払い、同時に今後の特許使用料支払いでも合意したといわれています。

iPhone向け5Gモデム供給が最優先事項

アモン社長は「Appleとの関係において、彼らの電話(iPhone)をどれだけ早く市場に出すかが最優先事項だ。(Appleとは)Snapdragonモデムについて、1年や2年ではない、複数年契約を結んでいる。ただし合意に至った時期が非常に遅かったため、期限については事前に約束はしていない」と述べています。



さらに「5Gのスケジュールに合わせて出せるようにしたい」とも語っていることから、5Gモデム供給開始時期について期限は切っていないものの、2020年発売のiPhoneに5Gモデムを搭載すべく、最大限努力するという意味だと思われます。



またアモン社長は「現在の進行度合いに非常に満足している。すばらしいデバイス(iPhone)になると思う」と発言していることから、次のiPhoneが5G対応となるのは間違いなさそうです。





Source:PC Mag via 9to5Mac

(lunatic)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_12b3356375aa oa-rp59145_0_72bcde073bbf_Apple、ビリー・アイリッシュのドキュメンタリー映像をApple TV+向けに制作か 72bcde073bbf 72bcde073bbf Apple、ビリー・アイリッシュのドキュメンタリー映像をApple TV+向けに制作か oa-rp59145

Apple、ビリー・アイリッシュのドキュメンタリー映像をApple TV+向けに制作か

2019年12月5日 23:58 iPhone Mania

Appleが、17歳のアメリカ人女性シンガーソングライター、ビリー・アイリッシュのドキュメンタリー作品を制作する契約を取り付けた、と米音楽業界誌Billboardが伝えています。

Apple Musicアワードで3つの賞を受賞

Appleは先日、第1回目となるApple Musicアワードの受賞者を発表しましたが、若干17歳のビリー・アイリッシュが5つの賞のうち3つを獲得するという快挙を成し遂げました。



彼女の兄との共作アルバム「WHEN WE FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?」は、世界的なセンセーションとなり、同アルバムは今年Apple Musicで最も再生されたアルバムとなりました。





ドキュメンタリー作品制作の契約金は27億円以上

Appleは、「ビリー·アイリッシュは世界的な天才以外の何者でもありません」とアイリッシュを表現していますが、今回Apple TV+向けのドキュメンタリー映像制作の契約を彼女と新たに結んだことが明らかになりました。



その契約金は破格の2,500万ドル(約27億2,000万円)とされており、金額面でもアイリッシュの存在感の大きさが伺えます。



アイリッシュのドキュメンタリー作品は、Apple TV+のオリジナルコンテンツの一部となる見込みです。Apple TV+は、月額600円の動画ストリーミングサービスで、1つのサブスクリプションで家族が最大6人までアクセスできます。





Source:Billboard via 9to5Mac

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_12b3356375aa oa-rp59145_0_aed9455f9740_50代〜70代のシニア世代で「格安SIM」利用率が増加、MMD研究所が調査結果公表 aed9455f9740 aed9455f9740 50代〜70代のシニア世代で「格安SIM」利用率が増加、MMD研究所が調査結果公表 oa-rp59145

50代〜70代のシニア世代で「格安SIM」利用率が増加、MMD研究所が調査結果公表

2019年12月5日 23:29 iPhone Mania

MMD研究所は12月5日、50代〜70代のシニア世代を対象に実施した「2019年10月 シニアのスマートフォン、PC利用に関する調査」の結果を発表しました。

シニアのメイン利用デバイスは「スマホ」が35.9%

「2019年10月 シニアのスマートフォン、PC利用に関する調査」は、50歳〜79歳の男女10,068名を対象として、2019年10月4日~10月7日の期間に実施しています。



シニア世代がメインで利用しているデバイスは、「持っていない」が1.7%で、メインで使用するデバイスを持っている回答者9,897名のうち、上位は「スマートフォン」35.9%、「ノートPC」35.5%、「デスクトップPC」21.0%の順でした。



「フィーチャーフォン(ガラホ)含む」は4.1%でした。



年代別では、50代と60代では「スマートフォン」がそれぞれ50.5%、35.6%と最も多いのに対し、70代では「ノートPC」が45.1%で最多となりました。






前年調査から「格安SIM」利用者が1.6ポイントの伸び

スマートフォン・フィーチャーフォンを利用している回答者9,226名がメインで利用している端末で契約している通信会社は、「ドコモ」34.9%、「au」26.4%、「ソフトバンク」17.2%、「格安SIM」21.2%の順となりました。



2018年に実施した調査と比較すると、増減の幅が最も大きかったのは「格安SIM」の1.6ポイント増加でした。






メイン利用スマホ、iPhoneがトップ

「スマートフォンをメインで利用・PCを所有」(以下スマホメイン利用者)と、「PCをメインで利用・サブでスマホを利用」(以下PCメイン利用者)に、メインで利用しているスマートフォンのメーカーを聞いた結果が以下のグラフです。



スマホメイン利用者は、Appleが42.5%、以下シャープ17.5%、ソニー10.2%などと続いています。



PCメイン利用者では、Appleが26.9%、シャープ23.1%、ソニー10.1%と続いています。



スマホメイン利用者のほうが、PCメイン利用者よりもiPhoneの割合が高くなっているのが目立ちます。






スマホメイン、PCメインとも大手キャリアのセット割が上位占める

スマホメイン利用者とPCメイン利用者ごとに、メインで利用しているインターネット固定回線の事業者を聞いたところ、スマホメイン利用者のトップ3は「ドコモ光」13.4%、「SoftBank 光」10.9%、「auひかり」9.4%と、大手キャリアのセット割引利用者が上位を占めています。



PCメイン利用者でも「ドコモ光」9.9%、「J:COM NET」9.2%、「auひかり」8.6%、「SoftBank 光」7.1%と、キャリアとのセット割引が上位に入っています。








Source:MMD研究所

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_12b3356375aa oa-rp59145_0_a05afe87cc50_Instagramの「いいね」の数を再表示するChromeのブラウザ拡張機能が登場 a05afe87cc50 a05afe87cc50 Instagramの「いいね」の数を再表示するChromeのブラウザ拡張機能が登場 oa-rp59145

Instagramの「いいね」の数を再表示するChromeのブラウザ拡張機能が登場

2019年12月5日 23:29 iPhone Mania

Instagramは、「いいね」の数を隠す新機能のテストを数カ国で開始していますが、すでに機能を迂回するブラウザ拡張機能が登場しました。

試験的に導入が始まっている「いいね」の数を隠す機能

Instagram「いいね」の数を隠す機能のテストは、すでにカナダ、アイルランド、イタリア、日本、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランドの7カ国で始まっています。



Instagramの新機能は、写真や動画の投稿者のみが「いいね」の数を見られるというもので、機能の実装により特に若年層のユーザー間のInstagram上での競争が和らぐことが期待されています。

「いいね」の数を再び表示することが可能に

Instagramの「いいね」の数を隠す機能は、多くのユーザーから支持されているようですが、やはり中には従来通りのインターフェースを求める人も存在するのか、「いいね」の数を再表示させるChromeのブラウザ拡張機能が登場したことが明らかになりました。



「The Return of the Likes」を使用すると、新仕様により隠されてしまった「いいね」の数がこれまで通り閲覧可能となります。なお、機能の提供元であるSocialinsiderは、ユーザーデータをいっさい取得しない、と宣言しています。






ブラウザ拡張機能は、Instagramのアプリでは使用できないのが難点ですが、一定の需要はありそうです。



しかしながら、Instagramが今後さらにアプリの仕様変更を進めた場合、「The Return of the Likes」が利用できなくなる可能性も十分にありそうなので、あくまで一時的な解決策にしかならないのではないか、との意見もあります。





Source:The Return of the Likes via PetaPixel

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_12b3356375aa oa-rp59145_0_31e84c9b6ac2_旅行者のカヤックが転覆、Apple Watchの緊急電話で救助要請に成功 31e84c9b6ac2 31e84c9b6ac2 旅行者のカヤックが転覆、Apple Watchの緊急電話で救助要請に成功 oa-rp59145

旅行者のカヤックが転覆、Apple Watchの緊急電話で救助要請に成功

2019年12月5日 18:39 iPhone Mania

プエルトリコに観光に訪れていた旅行者2名のカヤックが海で転覆したものの、Apple Watchの緊急電話のおかげで助かった事例が報告されています。

Apple Watchを着けていたのが不幸中の幸い

旅行者2名は、プエルトリコ・サンファンのオーシャン・パーク・ビーチにカヤッキングに訪れていましたが、海の荒波によってカヤックが転覆してしまいました。アメリカ沿岸警備隊によれば、2名ともライフジャケットを身に着けていなかったとのことです。



幸運にも、旅行者のうちの1人がApple Watchを腕に着けていたため、緊急電話を発信することができました。アメリカ沿岸警備隊と地元警察はヘリコプターで旅行者の居場所を発見し、無事彼らを救い出すことに成功しました。



「カヤッカーたちは助かって非常に幸運だったと思う。彼らはスマートウォッチを使って911とアメリカ沿岸警備隊の監視員に連絡を取ることができた。カヤックが沈んだ後、2人はライフジャケットを着けていなかったため、海の荒波の中で立ち泳ぎをしなければならなかった。救出活動で素晴らしいサポートをしてくれたサンファンの監視員たちと、プエルトリコ警察の航空隊を讃えたい」と、アメリカ沿岸警備隊の三等兵曹、オースティン・ホーンブラック氏はコメントしています。



モバイルデバイスの緊急電話は、今回の事例のようにうまく機能することもありますが、救急隊員が現地に駆けつけても誰もいなかったという例も報告されており、テック企業と救急センター側との間で話し合いが必要との意見もあります。





Source:アメリカ沿岸警備隊 via 9to5Mac

Photo:Apple

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_12b3356375aa oa-rp59145_0_7c876badf102_Apple、2019年に最もダウンロードされたゲームアプリを発表 7c876badf102 7c876badf102 Apple、2019年に最もダウンロードされたゲームアプリを発表 oa-rp59145

Apple、2019年に最もダウンロードされたゲームアプリを発表

2019年12月5日 17:31 iPhone Mania

Appleは2019年のベストアプリとゲームを発表したばかりですが、ほぼ同時に最もダウンロードされたゲームアプリのリストも公開されたことが明らかになりました。

リリースされて間もないゲームアプリが1位に

2019年に最もダウンロードされた無料iPhoneゲームアプリのトップ10は以下の通りです。



  1. マリオカート ツアー
  2. Color Bump 3D
  3. Aquapark.io
  4. Call of Duty Mobile
  5. BitLife Life Simulator
  6. Polysphere – Art of Puzzle
  7. Wordscapes
  8. フォートナイト
  9. Roller Splat!
  10. AMAZE!!!



特筆すべきは、今年9月末に配信開始となったばかりの「マリオカート ツアー」です。同ゲームアプリは、リリースから1週間で9,000万ダウンロードを突破したことでも知られています。



2019年に最もダウンロードされた有料iPhoneゲームアプリのトップ10は次の通りです。



  1. Minecraft
  2. Heads Up!
  3. Plague Inc. -伝染病株式会社-
  4. Bloons TD 6
  5. Geometry Dash
  6. Rebel Inc. -反逆の株式会社-
  7. The Game of Life
  8. Stardew Valley 「スターデューバレー」
  9. Bloons TD 5
  10. Grand Theft Auto: San Andreas

最もダウンロードされたiPadゲームアプリも発表

2019年に最もダウンロードされた無料iPadゲームアプリのトップ10は以下の通りです。



  1. Roblox
  2. Aquapark.io
  3. Paper.io 2
  4. Color Bump 3D
  5. 魔法のタイルズ3
  6. フォートナイト
  7. Polysphere – art of puzzle
  8. Wordscapes
  9. Tiles Hop – EDM Rush
  10. Helix Jump



2019年に最もダウンロードされた有料iPadゲームアプリのトップ10は次の通りです。



  1. Minecraft
  2. Geometry Dash
  3. Bloons TD 6
  4. Plague Inc. -伝染病株式会社-
  5. Amazing Frog?
  6. Stardew Valley 「スターデューバレー」
  7. The Game of Life
  8. Heads Up!
  9. Terraria
  10. Bendy and the Ink Machine





Source:9to5Mac

(lexi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_12b3356375aa oa-rp59145_0_a54f6aeb72f2_アニメ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」のiPhone版が登場! a54f6aeb72f2 a54f6aeb72f2 アニメ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」のiPhone版が登場! oa-rp59145

アニメ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」のiPhone版が登場!

2019年12月5日 13:15 iPhone Mania

セルシスは5日、マンガ、イラストレーション、アニメーション制作ソフトとして人気を集める「CLIP STUDIO PAINT」のiPhone版をリリースしました。料金はPROグレードが月額100円、EXグレードが月額300円、さらに未契約でも毎日1時間までは無料で利用することができます。

CLIP STUDIO PAINTのすべての機能を搭載

2012年に発売された「CLIP STUDIO PAINT」は、Windows、macOSで利用できるマンガ、イラスト、アニメ制作ソフトです。これまでに600万人を超えるクリエイターが利用しており、2017年にはiPad版が発売されたことでも話題になりました。



今回リリースされたCLIP STUDIO PAINT for iPhoneは、スマホに最適化されたUIとなっており、従来のWindows、macOS、iPad版と同等のイラスト、マンガ、アニメ制作機能を利用することができます。






iPhone版で作成した作品は、クラウド経由でPCやiPadなど別のデバイスとも共有できるので、外出時にiPhoneで描いた作品の続きを、自宅・仕事場のPCやiPadで描くことも可能です。

月額100円〜利用可能

CLIP STUDIO PAINT for iPhoneの料金は、スタンダードモデルの「PRO」が月額100円、本格的な機能を備えた上位グレードの「EX」が月額300円、さらに毎日1時間までは「EX」を無料で利用することができます。



また、12月5日からはiPhone版リリースを記念したログインボーナスキャンペーンも開始しています。



キャンペーン期間中にアプリを起動しログインすることで、1日1回、毎月20回まで15CLIPPYがログインボーナスとして進呈されます。獲得したログインボーナスはiPhone版の無料利用時間延長に使うことができ、30CLIPPYで1時間延長されます。



CLIP STUDIO PAINT for iPhoneの対応OSはiOS13、対応言語は日本語、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、韓国語、中国語(繁体字)です。










Source:セルシス

(kotobaya)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_12b3356375aa oa-rp59145_0_336fbc139a5b_LINE、クリスマスエフェクトの提供開始 トーク画面で特定ワードを入力すると登場 336fbc139a5b 336fbc139a5b LINE、クリスマスエフェクトの提供開始 トーク画面で特定ワードを入力すると登場 oa-rp59145

LINE、クリスマスエフェクトの提供開始 トーク画面で特定ワードを入力すると登場

2019年12月5日 11:21 iPhone Mania

LINEは12月2日より、トーク画面でクリスマスに関するワードを送信すると背景がクリスマス仕様に変わる「クリスマスエフェクト」を提供開始しました。

クリスマスに関するワードを送信すると隠れエフェクトが登場

LINEは、バレンタインやハロウィンといったイベントに併せて出現するサプライズエフェクトを2017年より提供しており、今年は3回目の提供となります。



2019年12月2日からはクリスマスに関するワードを送信すると、ブラウン、コニー、サリーがクリスマスリースと一緒に登場するクリスマスエフェクトが利用できるようになりました。






ワードは「クリスマス何」「クリスマスなに」「サンタさん」のいずれかです。



「クリスマス」だけの単体ワードや、ひらがなで「くりすます」と入力してもエフェクトは出ないのでご注意ください。

iOS版とPC版のみ利用可能

また、エフェクトを利用できるのはiOS版とPC版のみで、Android版では利用できません。



iPhoneやPCで送信してもエフェクトが出ない場合は、以下の方法を試してみてください。



LINEアプリを最新バージョンにアップデートする
LINEアプリを再起動する
機器本体を再起動する
LINE着せ替えのアップデートまたは別の着せ替えにする
LINEのマルチタスクを切る




Source:LINE via APPBANK

(kotobaya)

外部リンク