cat_oa-rp59145_issue_0276765bff5a oa-rp59145_0_0276765bff5a_次のApple Store、12月上旬にラゾーナ川崎プラザにオープンか 0276765bff5a 0276765bff5a 次のApple Store、12月上旬にラゾーナ川崎プラザにオープンか oa-rp59145

次のApple Store、12月上旬にラゾーナ川崎プラザにオープンか

2019年11月4日 21:19 iPhone Mania

日本国内に次にオープンするApple Storeは、神奈川県のラゾーナ川崎プラザ内に、12月上旬にオープンする、とMacお宝鑑定団Blogが報じています。

以前から噂のラゾーナ川崎プラザ

Appleは、9月7日のApple 丸の内オープン、9月20日のApple 表参道のリニューアルオープン、9月28日のApple 福岡移転オープン発表にあわせて、2019年内に新店舗をオープンすることを予告しています。






Macお宝鑑定団Blogは、以前からApple Store新店舗の候補地としてラゾーナ川崎プラザ内が有力と報じていましたが、開店時期は12月上旬になるだろう、との新情報を伝えています。



Appleは、2019年1月に勤務地を神奈川県内のApple Storeと明かした求人情報を公開しています。

国内初の商業施設内への出店となるか

2019年1月末に、Apple Store開店の噂があるラゾーナ川崎プラザの様子をお伝えしましたが、フロアマップで「Coming Soon」と表示された、2階の248区画は、黒い仮囲いで覆われており、中の様子をうかがうことはできませんでした。






もし、Apple Storeがラゾーナ川崎プラザ内にオープンすれば、日本国内では初めて大型商業施設内への出店となります。






Appleは、2018年のApple 新宿オープンに先立ち、日本国内への大型投資として、Apple Storeの新店舗設置、既存店舗のリニューアルを予告しています。





Source:Macお宝鑑定団Blog

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_0276765bff5a oa-rp59145_0_edaeaf5d91cc_【速報】27インチiMacが刷新、最大10コアのIntel製CPUを選択可能 edaeaf5d91cc edaeaf5d91cc 【速報】27インチiMacが刷新、最大10コアのIntel製CPUを選択可能 oa-rp59145

【速報】27インチiMacが刷新、最大10コアのIntel製CPUを選択可能

2020年8月5日 00:38 iPhone Mania

Appleは現地時間8月4日、27インチiMacをリニューアルして発売しました。Intelの第10世代プロセッサを搭載しメモリの最大容量が128GBに増加、Retina 5KディスプレイにはTrue Toneテクノロジーが採用されたほか、Nano-textureガラスのオプションも追加されています。



同時に、21.5インチiMacとiMac Proのリニューアルも発表されています。

最大10コアのIntel第10世代プロセッサ、メモリは最大128GB

Appleが発表した新しい27インチiMacは、CPU最大10コアの第10世代Intel Core i9プロセッサが選択可能になり、メモリは最大128GBに増え、ストレージは全モデルSSDを搭載して最大容量は8TB、T2チップとの組み合わせで高度なセキュリティが提供されます。






新世代AMD Radeon Pro 5000シリーズのグラフィックスを搭載することで、従来モデルのRadeon Pro Vega 48グラフィックスを搭載した27インチiMacと比較して、Maxon Cinema 4D ProRenderの処理が最大55%高速化するなどの効果が出ています。



また、内蔵FaceTimeカメラは1,080pとなり、内蔵スピーカーやマイクの性能も向上しています。






Nano-textureガラスのオプションも選択可能

Retina 5Kディスプレイには、自然な色合いで見ることができるTrue Toneテクノロジーが採用されました。



また、Mac Proと同時発売されたPro Display XDRと同じく、高いコントラストを確保しながら光の映り込みを最小限に抑えるNano-textureガラスがオプション(プラス50,000円)として用意されています。






標準構成モデルは194,800円から

27インチ標準構成モデルの販売価格は194,800円(税別)で、金利無料キャンペーンが利用できる24回分割払いなら、月額8,928円(税込)から購入可能です。



本稿執筆時点での配送予定日は、8月7日(金)と案内されています。






21.5インチとiMac Proもリニューアルを予告

Appleは、21.5インチiMacとiMac Proについても、リニューアル予定であると発表しています。



21.5インチiMacは全モデルにSSDを標準搭載し、オプションでFusion Driveを選択することも可能です。



iMac Proは、標準モデルに10コアのIntel Xeonプロセッサを採用、最大で22テラフロップの18コアプロセッサにアップグレードが可能で、メモリは256GBのクアッドチャンネルECCメモリを選択できます。





Source:Apple 報道発表, 製品情報

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_0276765bff5a oa-rp59145_0_6769eec15266_WhatsApp、メッセージの真偽を確かめられるようWeb検索機能を追加 6769eec15266 6769eec15266 WhatsApp、メッセージの真偽を確かめられるようWeb検索機能を追加 oa-rp59145

WhatsApp、メッセージの真偽を確かめられるようWeb検索機能を追加

2020年8月5日 00:25 iPhone Mania

WhatsAppは、ユーザーが転送されたメッセージの真偽を確かめられるよう新しい機能を追加しました。

Web検索でメッセージの真偽を確かめる新機能を追加

現地時間8月4日より、5回以上転送されたメッセージの横には、虫眼鏡ボタンが表示されるようになりました。ボタンをタップすると、Webを検索するかどうかを尋ねられます。「Webを検索する」を選択すると、受信したコンテンツに関するニュースの検索結果や、その他の情報を得る事ができます。



WhatsAppによると、この機能はWhatsAppがメッセージを見る事なく、ユーザーがブラウザ経由でメッセージをアップロードできるようにすることで機能すると述べています。

新機能は日本では未公開

この機能は、Android版、iOS版、Web版のWhatsAppの最新バージョンで利用でき、ブラジル、イタリア、アイルランド、メキシコ、スペイン、イギリス、アメリカで公開されています。



WhatsAppは、偽情報の拡散を抑えるための取り組みを行っていますが、今回、新たな機能が追加されました。同社は4月に、5回以上転送されているメッセージを受信した場合、そのメッセージは一度に1つのチャットにしか転送できないよう制限を加えました。



同社は、5Gや新型コロナウイルスなどに関する偽情報の拡散を抑えるために、このような機能を導入しています。





Source:WhatsApp via MacRumors

(m7000)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_0276765bff5a oa-rp59145_0_971786db06b5_仮想キーボードとトラックパッドを搭載したMacBookが登場する?〜新たな特許を取得 971786db06b5 971786db06b5 仮想キーボードとトラックパッドを搭載したMacBookが登場する?〜新たな特許を取得 oa-rp59145

仮想キーボードとトラックパッドを搭載したMacBookが登場する?〜新たな特許を取得

2020年8月4日 23:55 iPhone Mania

Appleが現地時間2020年8月4日、米国特許商標庁(USPTO)にて、MacBookの下部筐体全面を入力デバイスとして利用可能にする特許を取得したことを、AppleInsiderが報じています。

取得した特許の内容




Appleが取得した特許の名称は、「動的に変化するトラックパッドを備えた、イルミネーション付き筐体」です。



本特許内には、キーボードやトラックパッドなど従来の入力デバイスは柔軟性に欠けるとし、これらを状況に応じて変化するトラックパッドや、仮想キーボードに置き換える構想が記述されています。



この特許内容を全面的に取り入れたMacBookが登場した場合、筐体下部もディスプレイ状になり、状況に応じて仮想キーボードやトラックパッド領域が表示されるようだとAppleInsiderが説明しています。



Appleは2画面デバイスの特許を取得していることも伝えられています。

使用するアプリに応じて表示が変化




AppleInsiderによれば、筐体下部のディスプレイはアプリに応じて表示も変化し、Final Cut Pro Xで作業している場合にはトラックパッドがMacBook Proの幅に合わせて(横長に)調整され、タイムライン表示になることも考えられるようです。



ラップトップにおいて上下筐体を共にディスプレイとし、仮想キーボードやアプリケーションに応じたファンクションメニューを表示させるアイデアは、Surface NeoのWonder Barにも取り入れられています。



取得した特許がすぐに実製品に反映されるとは限りませんが、Appleが取得した特許から、同社の研究開発内容の一部を垣間見ることが出来ます。





Source:USPTO via AppleInsider

Photo:YANKO DESIGN

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_0276765bff5a oa-rp59145_0_b737c24e1096_iPhone12のノッチは、iPhone11のものから約14%縮小か? b737c24e1096 b737c24e1096 iPhone12のノッチは、iPhone11のものから約14%縮小か? oa-rp59145

iPhone12のノッチは、iPhone11のものから約14%縮小か?

2020年8月4日 22:55 iPhone Mania

Svetapple.skが、iPhone12シリーズのノッチはiPhone11シリーズのものよりも約14%小さくなると伝えています。

約33%小さくなるとの噂もあったが

Svetapple.skによれば、iPhone12シリーズのノッチはiPhone11シリーズのノッチよりも小さくなるようですが、その割合は当初噂された3分の1、約33%ではなく7分の1、約14%にとどまるとのことです。

フロントカメラハウジング部のレイアウトに大きな変更なし




流出したiOS14から見つかった画像から、iPhone12シリーズのノッチはiPhone11シリーズから約33%縮小すると予想された際は、スピーカーとマイクをフロントカメラハウジング上部に移動させることによって、ノッチの横幅が短くなると伝えられていました。



最終的に、フロントカメラハウジング部に搭載される各種センサー類の小型化やレイアウトを工夫することで、iPhone11シリーズと基本レイアウトは同じままでもノッチの横幅を短くすることが出来たようだとSvetapple.skが伝えています。



流出したiPhone12(5.4インチ)のディスプレイパネルと称する画像でも、スピーカーホールの位置は、iPhone11シリーズのものと変わらないように見えます。





Source:Svetapple.sk

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_0276765bff5a oa-rp59145_0_1147e8f8054d_iOS14で標準ブラウザ&メールアプリになるための要件、Appleが開発者に公開 1147e8f8054d 1147e8f8054d iOS14で標準ブラウザ&メールアプリになるための要件、Appleが開発者に公開 oa-rp59145

iOS14で標準ブラウザ&メールアプリになるための要件、Appleが開発者に公開

2020年8月4日 18:44 iPhone Mania

Appleは、iOS14で変更可能になるブラウザとメールの標準アプリについて、標準アプリとして利用可能になるための要件を公開しました。

初めてデフォルトのブラウザとメールアプリを変更可能に

iOS14では、ブラウザとメールの標準アプリを、純正の「Safari」「メール」以外のサードパーティ製アプリに設定可能になり、URLやメールアドレスをクリックした時の起動アプリを変更できます。



Appleは、ブラウザとメールの標準アプリとして利用可能になるためのアプリの要件を定めた開発者向けドキュメントを公開しました。






開発者は、Appleが定める要件を満たしたうえで、申請する必要があります。



なお、iOS14の開発者向けベータ3では、標準のブラウザとメールアプリの変更には対応していませんが、実際に動作する様子を見たという米メディア9to5Macによると「設定」から変更可能になる模様です。

ブラウザ、メールアプリそれぞれに要件

Appleがブラウザおよびメールの標準アプリとして利用可能になるための要件(抜粋)は、以下のようなものです。



ブラウザアプリ

  • URL入力、検索用のテキスト入力フィールド、整理されたブックマーク機能を持つこと
  • 目的のWebページに直接、接続しコンテンツを表示できること。意図しないページやコンテンツに接続するアプリは要件を満たさない
  • ペアレンタルコントロール機能もしくはロックダウンモードを持つこと
  • セーフブラウジング、もしくはフィッシングなどの問題への警告を表示すること



メールアプリ

  • 有効なメールアドレスへのメッセージ送信ができること
  • メッセージの受信ができること
  • ユーザーがコントロールする、受信メールの選別機能は認める





Source:Apple via MacRumors

(hato)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_0276765bff5a oa-rp59145_0_2780f87dd600_iPhone組み立て企業、“脱中国”でインドへ生産ラインを複数移転か 2780f87dd600 2780f87dd600 iPhone組み立て企業、“脱中国”でインドへ生産ラインを複数移転か oa-rp59145

iPhone組み立て企業、“脱中国”でインドへ生産ラインを複数移転か

2020年8月4日 18:37 iPhone Mania

米中貿易摩擦の懸念や人件費などの高まり、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で浮上した一極集中リスクなどにより、少なくないスマートフォンメーカーが中国から国外に組み立て拠点を移しつつあります(正確には契約する組み立て工場が拠点を移している)。そうした中で、このところインドへのiPhoneの組み立て工場移転に関する観測が相次いで登場しています。

最大50億ドル相当のiPhone生産

先日、Appleの意向でFoxconnがインドに10億ドル(約1,070億円)を投資しiPhoneの組み立てを現地で加速させると報じられました。インドのFoxconn工場では現在、iPhone11シリーズが組み立てられています。



今回新たに登場したのは、現地メディアTime of Indiaによる、Appleと提携する組み立て企業が6つの生産ラインを中国からインドに移すといった報道です。この組み立て企業の名は明かされていませんが、インド国内向けのiPhoneを生産するだけでなく、国外輸出向けとして最大50億ドル(約5,350億円)相当のiPhoneが量産される見込みです。



iPhoneの平均販売価格(ASP)を仮に700ドルと見積もった場合、単純計算で約700万台以上のiPhoneが6つのラインで生産される計算です。Time of Indiaはこのライン移転によって、55,000人以上の現地雇用が創出されると述べています。また将来的には、iPadやMacシリーズの生産も見込まれているとあって、かなり大掛かりな計画となるようです。

組み立て企業全体が“脱中国”の潮流

ニュースサイトAppleInsiderは、ラインを移転する組み立て企業について、少なくともFoxconnではないと見ています。すでにFoxconnはインドに大掛かりな工場を有しているためです。また、Wistronもすでに3つの工場を同国内に持っています(中国にある最大の工場はLuxshareに売却)。



そうなると残りは、世界第2位のiPhoneの組み立て企業として知られるPegatronでしょう。くしくも同社については先日、iPhoneの組み立て工場をインドに建設する用意があると報じられたばかりです。



インド政府による積極的なテック企業の招聘方針とも相まって、こうした“脱中国”の動きは今後も世界的に加速していきそうです。



Source:Time of India,AppleInsider

Photo:Apple

(kihachi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_0276765bff5a oa-rp59145_0_efa81c54d5c8_Appleがレオナルド・ディカプリオの製作会社と複数年契約を締結 efa81c54d5c8 efa81c54d5c8 Appleがレオナルド・ディカプリオの製作会社と複数年契約を締結 oa-rp59145

Appleがレオナルド・ディカプリオの製作会社と複数年契約を締結

2020年8月4日 17:41 iPhone Mania

Appleレオナルド・ディカプリオの製作会社Appian Way Productionと、Apple TV+での動画配信に関して複数年の契約を結んだことが分かりました。

名優レオナルド・ディカプリオとのタッグ増える?

Appleレオナルド・ディカプリオが取り交わしたのは、ファーストルック契約と呼ばれるもので、映画監督や製作会社の企画を特定の配給会社が優先的に見ることができる契約です。今回のケースでは、Appian Way Productionの企画について、Appleが他社に先駆けて優先的に交渉できることになります。ニュースサイトDeadlineによると、複数年の契約となるようです。



レオナルド・ディカプリオは「タイタニック」を筆頭に、数々の名作に出演してきた押しも押されもせぬ名優です。近年は「ワンス・アポン・ア・タイム ハリウッド」「ジャンゴ:繋がれざる者」「レヴェナント:蘇えりし者」などで、いわゆる“イケメン俳優”の枠に囚われない、演技派俳優としての側面も評価されてきました。



なお今回の報道に先立ち、レオナルド・ディカプリオは、Apple TV+配信予定の映画で、マーティン・スコセッシ監督がメガホンを取る「Killers Of The Flower Moon(花殺し月の殺人――インディアン連続怪死事件とFBIの誕生)」でロバート・デ・ニーロと共演することが報じられていました。



つい先日も「マイティ・ソー」「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」などの出演で知られる英俳優イドリス・エルバが、Appleとファーストルック契約を結んだことが明らかになっており、同社によって大物俳優が次々と射止められている格好です。



余談ですが、ディカプリオの製作会社Appian Wayの名前は、ローマに通じる有名なアッピア街道から取られています。“すべての道はローマに通ず”という諺のごとく、Appleの念願となるApple TV+動画のアカデミー賞獲得に向け、本格的に道を切り拓き始めたということでしょうか。





Source:Deadline via AppleInsider

Photo:Flickr-Informador Digital

(kihachi)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_0276765bff5a oa-rp59145_0_b65a30b1b9c1_新型iMac〜リーク情報と特許取得情報をもとに作成したレンダリング画像 b65a30b1b9c1 b65a30b1b9c1 新型iMac〜リーク情報と特許取得情報をもとに作成したレンダリング画像 oa-rp59145

新型iMac〜リーク情報と特許取得情報をもとに作成したレンダリング画像

2020年8月4日 17:00 iPhone Mania

グラフィックデザイナーのダニエル・バウティスタ氏が、リーク情報と特許情報をもとに作成した新型iMacのレンダリング画像を作成・公開しています。

現実味のありそうな情報で作成

バウティスタ氏が公開している新型iMacのレンダリング画像は、複数ソースから伝えられたリーク情報や、Appleが取得済みの特許情報をもとに作られたものです。



iPad Proを拡大したようなデザインを採用?




Appleシリコンを搭載する新型iMacは筐体を刷新し、iPad Proを拡大したようなデザインになると噂されています。



Pro Display XDR似のデザインの方が現実的か




これまでに公開された新型iMacを想像したレンダリング画像は、「iPad Proを拡大したようなデザイン」になるというリーク情報をそのまま解釈し、単にiPad Proにスタンドを付けたようなものでした。



バウティスタ氏が作成したレンダリング画像は、ソニー・ディクソン氏の、「Pro Display XDRのようなベゼルになる」との情報に基づき、筐体四隅の丸みやベゼル幅をPro Display XDRと同程度にしています。



ディスプレイサイズは24インチと27インチ?




21.5インチiMacの後継モデルは24インチディスプレイを搭載すると、アナリストのミンチー・クオ氏が予想しています。27インチiMacの後継モデルもディスプレイサイズを拡大するという噂がありますが、24インチiMacに関する話題に比べ、リーク情報も少ないのが現状です。



ワイヤレス充電対応




Appleが取得済みの特許情報から、次世代Magic Trackpadはワイヤレス充電パッドを内蔵し、Apple Pencilや、ワイヤレス充電Magic Mouseに対応する可能性が伝えられています。また、AppleはMacBookのパームレストにワイヤレス充電パッドを内蔵する特許も取得しています。



これらの特許に記載されている技術を活かせば、iMacのスタンドに充電パッドを内蔵することも可能と思われます。



USB端子はUSB-Cのみに?




MacBookシリーズがUSB端子をUSB-Cのみに変更したことを考えると、新型iMacでUSB-A端子が廃止される可能性は高そうです。



Face ID搭載




macOS Big Surベータ3のソースコードから見つかった情報から、Face ID対応Macが登場する可能性があると9to5Macが報じています。



バックライト付きMagic Keyboard




Mac用ワイヤレスキーボードへのバックライト搭載は、以前から話題になっています。



現在、MacBookシリーズに加え、iPad Pro用Magic Keyboardもバックライトを搭載するなど、バックライト付きキーボードの採用が拡大していることから考えれば、新型iMac用バックライト付きMagic Keyboardを開発するのに技術的な問題はなさそうです。

プロセッサのみ刷新した新型27インチiMacが近日中に登場か

新型iMacに関し、搭載するIntelプロセッサを刷新した新型27インチiMacが、8月中に発表される可能性があると、ジョン・プロッサー氏が予想しています。



iMacが新筐体に移行するのは、Appleシリコン搭載モデルからとする予想が多いようです。





Source:Daniel Bautista/Behance via 9to5Mac

(FT729)

外部リンク

cat_oa-rp59145_issue_0276765bff5a oa-rp59145_0_dfa9a055759f_Macで「充電していません」と表示されるのはバッテリー状態管理の機能のせい? dfa9a055759f dfa9a055759f Macで「充電していません」と表示されるのはバッテリー状態管理の機能のせい? oa-rp59145

Macで「充電していません」と表示されるのはバッテリー状態管理の機能のせい?

2020年8月4日 16:04 iPhone Mania

Appleは、MacBookの充電時に「充電していません」と表示されるのは、バッテリー状態管理の機能が動作している可能性がある、と新たなサポートページで説明しています。

一時的に最大充電値が下げられている?

Appleが現地時間の7月31日付で公開した「Macのノートブックの充電時に’充電していません’と表示されるとき」のページでは、MacBookのバッテリーが充電されないとき、バッテリー寿命を引き伸ばすためのバッテリー状態管理の機能が働いている場合があり、正常の動作である、と記されています。



バッテリー状態管理の機能の一環としての「充電していません」表示は、Thunderbold 3とmacOS Catalina 10.15.5以降搭載モデルで行われます。



Appleはバッテリーの状態管理の仕組みについて、次のように説明しています。




macOS 10.15.5のバッテリー状態管理は、化学的経年劣化の進行を遅らせて、バッテリーの耐用年数を延ばすことを狙いとした機能です。バッテリーの温度の履歴や充電バターンを観察して、その目的を果たします。



バッテリー状態管理がオンになっている場合、ときどき「充電していません」と表示されることがありますが、これは一時的に最大充電値が下げられていることによるもので、デバイスの使用具合を見計らって100パーセントまで充電が継続されるとのことです。

充電が正しく行われない他の原因も

Appleは、MacBookで「充電していません」と表示されるとき、十分な電力が得られていない可能性がある、とも同時に記載しています。その場合、正しい充電アダプターとケーブルを使用していないか、電源の電力が足りていないのが原因であるとされています。





Source:Apple [1], [2] via MacRumors

(lexi)

外部リンク