cat_oa-rp55694_issue_ff4d6a37b023 oa-rp55694_0_ff4d6a37b023_メガネに吊るして着用「和紙マスク」 江戸時代から続く問屋と共同開発した美濃和紙 ff4d6a37b023 ff4d6a37b023 メガネに吊るして着用「和紙マスク」 江戸時代から続く問屋と共同開発した美濃和紙 oa-rp55694

メガネに吊るして着用「和紙マスク」 江戸時代から続く問屋と共同開発した美濃和紙

2020年9月14日 19:21 J-CASTトレンド

衣装デザインの製造・販売などを手掛けるダダグラム(東京都世田谷区)は2020年9月13日、メガネに吊るして着用するマスク「和紙ますくMeiMei」を発売した。

通気性があり耐久性にも優れる

マスクの素材には、江戸時代から続く和紙問屋の小津和紙 (東京・日本橋)と共同開発した高品質の美濃和紙を使用。和紙由来の防菌・防虫・対紫外線効果のほか、通気性があり耐久性にも優れ形崩れしにくい。防水性も高く、着用後に除菌スプレーなどを吹き付けて清潔に保つことが可能だ。

眼鏡のツルに掛ける位置を調節して空気の通り道を確保できるほか、下部に開いた排気口により眼鏡の曇りも防ぐ構造になっている。デザインは「KAGEROU」、「MINAMO」などの全6種類展開。

価格は1400円 (税抜)。

外部リンク

cat_oa-rp55694_issue_ff4d6a37b023 oa-rp55694_0_bg04s2qe1358_スタンド一体型ドッキングステーション 折りたたんで持ち運べる bg04s2qe1358 bg04s2qe1358 スタンド一体型ドッキングステーション 折りたたんで持ち運べる oa-rp55694

スタンド一体型ドッキングステーション 折りたたんで持ち運べる

2022年5月27日 07:00 J-CASTトレンド

パソコンおよびスマートフォンなどの周辺機器を扱うサンワサプライ(岡山市)は、スタンド一体型ドッキングステーション「400-HUB096DBK」を発売。2022年5月24日に発表した。

パソコン作業が快適に

折りたたんで持ち運ぶことができ、パソコン作業が快適になるノートパソコンスタンド。
作業時の姿勢の悪さやモニターとの高低差が原因で起こる目の疲れを改善することができるという。また、USB3.0×2、Type-C、HDMI、LAN、PD充電専用ポートを装備しているので、ノートパソコンのポートの不足も解消できる。さらに、外部モニターの利用と安定したインターネット接続を実現。自宅をすぐにオフィス化できるほか、出張先でも快適に作業が行える。ケーブルを収納してすっきりコンパクトに折りたためるため、持ち運びがしやすく外出先でも大活躍。横幅を調整すればノートパソコンだけではなく、タブレットやスマートフォンも設置可能だ。携帯用ポーチ付き。
サンワサプライ直営ショップサンワダイレクト(本店)、楽天市場店、PayPayモール店、au Payマーケット店、Amazon店で取り扱う。
価格は1万728円(税別)。

外部リンク

cat_oa-rp55694_issue_ff4d6a37b023 oa-rp55694_0_s2m0jojs94e0_筋肉に広告を出す時代 マッチョな上腕二頭筋に、大腿筋に、どうですか s2m0jojs94e0 s2m0jojs94e0 筋肉に広告を出す時代 マッチョな上腕二頭筋に、大腿筋に、どうですか oa-rp55694

筋肉に広告を出す時代 マッチョな上腕二頭筋に、大腿筋に、どうですか

2022年5月26日 20:30 J-CASTトレンド

筋肉に「広告」を掲載できるビジネスが登場した。フィットネス系メディアの運営やサプリメント販売の「レバレッジ」(東京都渋谷区)が展開する、「マッチョ広告社」だ。
2022年5月26日に正式発表した。筋肉をメディアとした、「既存の枠組みに囚われることのない」広告媒体という。

「筋肉を自慢したい」人の思い生かす

広告を掲載するモデルは、3月22日~31日に募集。自身の上腕二頭筋の写真に、ハッシュタグ「#マッチョ広告社」を添えてツイッターに投稿すると応募できた。
4月25日には、レバレッジ社のフィットネスブランド「VALX」の広告を出稿。モデルが自身の上腕二頭筋にブランドのロゴを貼り、その写真をツイッター上にアップした。
J-CASTトレンドは、レバレッジ広報に取材した。広告ビジネスを志向する同社による、「筋肉を自慢したい」人の思いを生かしたサービスだという。モデルは依頼を受けると、自身の筋肉にステッカーなどで宣伝内容を記載。そしてSNS上にその画像をアップロードしていく。現在、3人のモデルが在籍する。
現状は自社「VALX」を宣伝したのみだが、今後は広告掲載を希望する企業を募集するとともに、第2弾のモデルを募る方針だ。広告費用など、サービスの詳細は今後検討する。
なお、「VALX」広告では上腕二頭筋が用いられているが、特に掲載先の部位を限定しているわけではなく、広背筋や大腿筋も対象になり得るという。特に、社内で検討している限りでは、大腿筋が最適な広告掲載先として有力候補になっているとのことだ。

外部リンク

cat_oa-rp55694_issue_ff4d6a37b023 oa-rp55694_0_h0hia72gyd26_「PS5生産大幅増」でも値上げが心配 半導体価格高騰が足引っ張らないか h0hia72gyd26 h0hia72gyd26 「PS5生産大幅増」でも値上げが心配 半導体価格高騰が足引っ張らないか oa-rp55694

「PS5生産大幅増」でも値上げが心配 半導体価格高騰が足引っ張らないか

2022年5月26日 19:33 J-CASTトレンド

「プレイステーション5」(PS5)の現状について、ソニー幹部が2022年5月26日、「部品不足は改善しつつある」と発言したという。加えて「今年は生産を大きく増やす」とも。
しかし、主要部品である半導体の供給や物量網をめぐる世界情勢は、現状安定しているとは言いがたい。今後の動向によっては、PS5が「値上げ」とならないか気になる。

ソニーグループでも商品値上げ

冒頭の発言をしたのは、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のジム・ライアン社長。ソニーグループが5月26日に実施した2022年度事業説明会で説明したと、同日付の英ロイター(日本語版)が報じている。
記事では「供給網(サプライチェーン)の制約が緩和しつつある」ことを、生産拡大の根拠としている。一方で、数字を含む具体的な方策には触れられていない。
気になるのは、いまだ収まらない半導体や各種原料の不足だ。これらの価格が高騰し、製品が値上げするケースは珍しくない。
SIEと同じくソニーグループを構成する「ソニーマーケティング」は3月24日、半導体不足や原材料費・製造物流コストの高騰などを理由に、ヘッドフォンやブルーレイディスク・DVDプレーヤーといった製品の希望小売価格を4月1日から値上げすると発表。改定率は約3~31%増としている。
またアイリスオーヤマは5月13日、世界的な半導体不足や原材料・原油の高騰、円安の為替影響を理由に、消費者向け家電製品などの価格を6月1日出荷分から順次改定すると告知した。

PS5は製造コスト下回る価格設定

PS5の部品には、半導体受託製造の世界最大手・台湾TSMCの製品が使われていると、これまでの各種報道や専門家の見方から考えられる。2022年5月10日付日本経済新聞(電子版)によると、TSMCは半導体の値上げを計画中で、同記事公開時点で顧客への通知を開始しているという。TSMCは21年にも最大20%の値上げ通達を顧客に行っており、再値上げとなった。価格改定の対象は「全ての顧客」と記事は伝えている。
PS5(ディスクドライブ搭載版)の通常価格は5万4978円(税込)だが、これは製造にかかるコストとほぼ同じか下回る金額のようだ。2021年1月29日付の「日経XTECH」記事はPS5の構成部品について分析。電子部品に詳しい技術者の話として、PS5の原価は「販売価格499米ドルと同等程度ではないか」と報じた。
さらにソニーグループの2020年度第3四半期決算(2021年2月3日発表)の説明会資料によると、PS5の販売をめぐっては「ハードウエアの製造コストを下回る戦略的な価格設定による損失」が生じたという。
2021年度決算(同年5月10日発表)では、ゲーム分野で営業利益が出たことの貢献のひとつに、「製造コストを下回る価格を戦略的に設定しているプレイステーション5ハードウエアの損失縮小」を挙げている。
 現状で製造コストを本体価格が下回っているとすれば、さらに部材が高騰し、吸収しきれなくなったときにどうなるか――。

外部リンク

cat_oa-rp55694_issue_ff4d6a37b023 oa-rp55694_0_9qayzr5ky2id_「ZOZOSUIT」終了で悲鳴上げる人々 なくなるのは死活問題なワケ 9qayzr5ky2id 9qayzr5ky2id 「ZOZOSUIT」終了で悲鳴上げる人々 なくなるのは死活問題なワケ oa-rp55694

「ZOZOSUIT」終了で悲鳴上げる人々 なくなるのは死活問題なワケ

2022年5月26日 18:00 J-CASTトレンド

「ZOZOSUIT」のサービス終了に、ダイエッターとトレーニーは悲鳴をあげている。ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を展開する「ZOZO」は、サービスを2022年6月23日に終了する。5月24日に発表した。
「ZOZOSUIT」を着用の上で「ZOZOTOWN」アプリから身体測定ができるというサービスで、3Dモデルになった自分の体型及びその数値が詳細にわかるというものだった。

フィットネス用途の「ZOZOFIT」は米国のみ

ZOZOTOWNのページに掲載された「ZOZOSUITサービス終了のお知らせ」によると、ZOZOSUITでの計測及び、計測結果の閲覧機能が利用できなくなる。
この知らせが報道されると、「ZOZOSUIT」の特徴を生かして、自らの体型管理に活用していたダイエットをしている人や筋トレを行っている人からは、「悲しい」「ダイエット用に出してほしい」「フィットネス用としてどこかやって」「なくなるのは死活問題」という切実な声がツイッター上に投稿されている。
「ZOZOSUIT」の後継である「ZOZOSUIT2」はパートナー企業を募集中で、一般向けの展開はされていない。日本での活用はまだないが、米国では今夏に向けて「ZOZOSUIT 2」を活用したボディーマネジメントサービス「ZOZOFIT」が開始する。大きな特徴である体型計測や3Dモデル化の機能を日々のトレーニングに役立ててもらおうというものだ。ITmediaの報道によると、「ZOZOFIT」の日本展開については検討中だという。

外部リンク

cat_oa-rp55694_issue_ff4d6a37b023 oa-rp55694_0_3g8s0p7jxy27_「大人のカロリミット ジャスミンティープラス」 食事の糖や脂肪の吸収抑える成分 3g8s0p7jxy27 3g8s0p7jxy27 「大人のカロリミット ジャスミンティープラス」 食事の糖や脂肪の吸収抑える成分 oa-rp55694

「大人のカロリミット ジャスミンティープラス」 食事の糖や脂肪の吸収抑える成分

2022年5月26日 17:00 J-CASTトレンド

ファンケルは「大人のカロリミット ジャスミンティープラス」を、2022年6月16日に通信販売で数量限定発売する。ダイドードリンコでも5月30日に通信販売で取り扱う。

「難消化性デキストリン」1本当たり5グラム

ファンケルとダイドードリンコが共同開発した、機能性表示食品「大人のカロリミット」茶シリーズから発売される。
最高等級茶葉の「銀毫(ぎんごう)」「春毫(しゅんごう)」を使っており、ジャスミンが華やかに香る。
機能性関与成分となる、食事の糖や脂肪の吸収を抑える「難消化性デキストリン(食物繊維として)」を1本当たり5グラム含む。ファンケルの大人気サプリメント「大人のカロリミット」の素材にも使われている、桑の葉・ブラックジンジャー・茶花も配合した。
ボトルはダイドーオリジナルのプリージングボトルを採用。神経科学に基づいた、持ち心地や飲んでいる際の心地よさにも気を配ったフォルムとなっている。
24本入り、価格は3589円(税込)。

外部リンク

cat_oa-rp55694_issue_ff4d6a37b023 oa-rp55694_0_qjif54mpug6y_「幸福感」味わえるブロッコリースムージー 「味、香り、食感」全て花丸 qjif54mpug6y qjif54mpug6y 「幸福感」味わえるブロッコリースムージー 「味、香り、食感」全て花丸 oa-rp55694

「幸福感」味わえるブロッコリースムージー 「味、香り、食感」全て花丸

2022年5月26日 15:00 J-CASTトレンド

【ブロージーチャレンジ(4)】

4種類の食材(飲料)と、1種類の調味料、そして隠し味を混ぜ合わせ、偶然おいしいブロッコリースムージーのレシピが出来上がるよう目指す企画。ブロッコリーのみ毎回確定で、隠し味はツイッターで投票を募りフォロワーに決めてもらう。
農業法人・安井ファーム公式ツイッターアカウントの中の人(運用担当者)が調理、実食、画像と動画での食レポまでこなす。果たして、おいしい一杯が「運任せ」で出来あがるのか。

ブロージー史上かつてない出来映え

心躍る第四回。失くしたと思っていたボールペンを、狭い隙間から偶然発見した私は、今回こそは究極のブロージーにたどり着けると確信している。
【調理・食レポ動画】
前回とは打って変わって、温かみを感じられる色合いだ。ミキサーのふたを開けた瞬間、桃缶の豊かな風味の後からフルーツジュースの香りが追いかけてくる、素敵コンボ。かつてないほど順調なすべり出しだが、戦いはここからである。いざ実食!
口当たりはまろやか。甘味、酸味ともに絶妙なバランスが、口の中を駆け抜けていく。フルーツジュースが純粋にレベルアップしたような味だ。オレンジの繊維質とブロッコリーのツブツブ感、さらにカシューナッツの歯応えが、食感的観点において見事なハーモニーを奏で、飲む人を飽きさせない。ブロージー史上かつてない幸福感に包まれてフィニッシュを迎えた。

総評:260/265点
命名:フルーティーブロッコリーハピネス

これを超えるブロージーこそが、「究極」に違いない。旅は続く。

※ハチミツは、1歳未満の乳児には与えないでください

外部リンク

cat_oa-rp55694_issue_ff4d6a37b023 oa-rp55694_0_ifvkv2wkdkbi_「ダウンタウン」再びアクションフィギュアに 「究極の」ボケとツッコミ ifvkv2wkdkbi ifvkv2wkdkbi 「ダウンタウン」再びアクションフィギュアに 「究極の」ボケとツッコミ oa-rp55694

「ダウンタウン」再びアクションフィギュアに 「究極の」ボケとツッコミ

2022年5月26日 14:00 J-CASTトレンド

バンダイナムコグループのBANDAI SPIRITS(バンダイスピリッツ、東京都港区)は、松本人志さんと浜田雅功さんの漫才コンビ「ダウンタウン」のアクションフィギュア「S.H.Figuarts 松本人志 -究極のボケ-」「S.H.Figuarts 浜田雅功 -究極のツッコミ-」2体の予約受付を、2022年5月20日にバンダイナムコグループの通販サイト「プレミアムバンダイ」にてはじめた。発送は10月以降順次の予定。

上半身の体型やスーツも刷新

2018年発売のモデルから頭部パーツを新規造形するなど、より一層のリアルさを追求したという。
上半身は近年の2人の体型に合わせたほか、スーツのカラーリングも刷新。松本さんは全高約150ミリ、浜田さんは約145ミリと身長差を再現している。
交換用手首パーツが左右各5個、交換用頭部(笑)(困)各1個が付属するほか、硬度の異なるパーツを組み合わせた可動などにより2人らしいポージングを楽しめる。
いずれも価格は7700円(税込)。

外部リンク

cat_oa-rp55694_issue_ff4d6a37b023 oa-rp55694_0_fyeskqrdrusy_はつめ大興奮「歴史的な快挙」 「ZETA」世界での偉業を解説します fyeskqrdrusy fyeskqrdrusy はつめ大興奮「歴史的な快挙」 「ZETA」世界での偉業を解説します oa-rp55694

はつめ大興奮「歴史的な快挙」 「ZETA」世界での偉業を解説します

2022年5月26日 12:00 J-CASTトレンド

いしたにまさき:今月も、はつめさんとゲームの話をはじめますよ。少し前の話にもなるのですが、この連載としては、やっぱ「ZETA DIVISION」の話をしないといけないなと思う次第です。

はつめ: ZETAWIN! ZETAWIN! ZETAWIN!!

側は新しくてもプレイヤーは...

いしたに:えーと、まずは結果から振り返っておきますか。ZETA DIVISIONが2022年4月25日に「VALORANT」世界大会でベスト3になったというのが、まずは起きたことです。
とはいえ、これがどれぐらいすごいことであって、どういう意味があるのかってのは、一般的にはわかりにくいと思うんですよね。サッカー・ワールドカップの決勝の3位とかなら、みんなわかりますけど(笑)。

はつめ:わかりやすく一言で言うと、歴史的な快挙なんですよね。サッカーでいうとブラジル、スペイン、アルゼンチンに勝って3位みたいな。

いしたに:そのレベルの話ですよね。

はつめ:今まで、FPSの世界大会で日本のチームって、ホントに下馬評最下位で、「あ~アジアってゲーム強いけど日本のFPSはね~(笑)」みたいな風潮が世界中であったのが事実です。それで、VALORANTっていうのがまた要因の一つになっていて......。 VALORANTって近年「Riot」からリリースされた新しめのゲームなんですが、ゲームのルールが、いにしえのFPS「CSGO(Counter-Strike: Global Offensive)」にとっても近いんです。実際、CSGOの強豪チームがまるっとVALORANTに移行してたり、側は新しくてもプレイヤーは昔からのレジェンドプレイヤーだったりするんですよね。

いしたに:はつめさん、はやいはやい(笑)。

はつめ:早口オタクとまらない。読み解いていきましょう(笑)。

いしたに:まず、ZETA DIVISIONというのは、日本のプロゲーマーチームですよね。今時、FPSってチームで対戦するので、大会もチームで対決しているわけです。彼らは日本ではかなりの強豪なわけですか? あ、そうか。ZETAの中にさらにたくさんチームがあるんですね。

はつめ:ZETAは元々「Jupiter」という名前で活動していた、なかなか古くからあるプロチームです。たしか、最初の方はオーバーウォッチやPUBGなどから始まり、最近では第五人格やAPEX、色々なesportsタイトルの選手を抱えている強豪チームですね。

いしたに:ああ、なるほど。ZETA DIVISIONがたくさんのチームを抱えていると。その中に今回世界で3位になったVALORANTのチームもいると。そりゃそうだな。やるゲームが変われば、やる人もチームも変わる。当たり前の話だ。

そりゃもうみんな泣いちゃうよね

はつめ:そうです。それでね、まだあるよ。

いしたに:どうぞどうぞ。

はつめ:ZETAのVALORANTチームって、元々「absolute」っていうCSGO日本トップのチームのメンバーなんですよ。

いしたに:へー、歴史が長いんだ。

はつめ:アマの最強チームがプロチームにそのまま移植された感じですね。それでそれで、もうそりゃ強いし、レジェンドメンバー!って感じだったんですが、ZETAにいってから何度もメンバー変更があったりして。昔からのファンからしたら「もうabsoluteじゃないじゃん...」とか、いろいろあったんですよ。前回の日本予選でCR(Crazy Raccoon)に負けちゃったりね。

いしたに:ああ、なるほど。

はつめ:ルールとして、チームに何人まで外国人選手入れていいよ~みたいのがあって、CRは2人くらいメンバーに韓国選手がいて、「やっぱ日本人だけじゃ勝てないじゃん...」みたいなのとかもいっぱいあった。
でも、世界の強豪倒しまくって、歴史的な世界大会3位ですよ。「そりゃもうみんな泣いちゃうよね」っていうのが、今回のZETAの話題ですかね

いしたに:まだ、早いです(笑)。そもそも、VALORANTって、APEXとかほどは日本では知られていないと思うので、VALORANTの話もお願いします。

はつめ:VALORANTはですね。5対5で爆破ポイントを攻める・守るっていう、古くからあるFPSのルールで行う典型的なFPSで。プレイヤーの選ぶキャラクター1人ひとりにスキルやウルト(必殺技のようなもの)があって、キャラクターの構成やスキルの運用で、チームの連携を行う新しい要素+典型的なルールというのが目新しいFPSです。やっぱ最近スキルがあるゲーム多いのでね。

いしたに:はやりのバトロワ系ではないんですね。

はつめ:そうそう!VALORANTは、一度死んだらそのラウンドは基本的には生きかえらない!

いしたに:うわ!それは今時のFPSやってる人たちからしたら、けっこうハードなルールですね。
いしたに:APEXやPUBGのバトロワブームからゲームを始めた人からしたら、大変苦痛なゲームとなってます。でも、バトロワがはやる前って、こういうのばっかりだったんですよ。

一種のリバイバルかな

いしたに:そのVALORANTって、リリース自体はわりと最近ですか。

はつめ:2020年ですね。

いしたに:それでもう世界大会が開催されるレベルなのは、すごいですね。

はつめ:元々開発元のRiotは、プレイヤーファーストにした大会やイベントを精力的に開催する運営ですから。
CSGOって「出して終わり」のゲームなので、もう放置されていたゲームなんです。だから、今のゲームみたいにアプデ入って、運営もいろいろとやってくれてってなると、ゲーマーも「そっち行こ~」ってなりますよね。

いしたに:今時はそうなってしまいますよね。CSGOって、もう約20年前のゲームなんだな。そうか、古くからあるFPSのゲームルールに、今時の要素をちゃんと入れてリリースされたのがVALORANTという理解でいいですか?

はつめ:そうそう!

いしたに:そして、ゲームルール自体は面白いから、一気に盛り上がったということか。

はつめ:バトロワがはやってる中、新規ゲーマーからしたら目新しいというのもあるんですかね。

いしたに:ああ、なるほど。新規には新鮮、古参には新しいゲームでありながら、単なる今時じゃないというのが受けるのか。それはいいバランスだ。

はつめ:なんて言うんでしたっけ、こういうの。リバイバル? まだ早いかもしれないけど、一種のリバイバルかなと思います。

いしたに:でも、それいい流れだなあ。

はつめ:まだまだ短い歴史ですけど、こうやっていろいろなことが巡っているの、いいですよね。

いしたに:いいですねえ。そして、そういう歴史の流れを体現したゲームで、歴史もあって、かつあれこれあったチームが世界で3位ってのは、もうなんかこれはグッとくるのはわかりますね。

はつめ:昔ながらのチームってやっぱり解散しちゃったり、プレイヤー自体がゲームやめちゃったりあるなかで、昔からずっと頑張っていたチームがやっと成績を残せたというのも激熱ポイント。

いしたに:うむうむ。

はつめ:たぶん、メンバー変わったり、長い時間続けていたことによって、選手たちも色々思うことあると思うんですが、見てる私たちとしては、本当に感動するし、続けてくれてありがとうという気持ちです。

日本中継はマジで見てほしい

いしたに:ちなみに決勝に残ったのは、どこの国のチームだったんですか?

はつめ:優勝したのがOptTicGaming(北米)、2位がLOUDというブラジルのチームです。ちなみにZETAはこのOpticに負けて敗退しているので、勝ってたら実質優勝でした。

いしたに:そういうことだったのかあ。その辺りの流れがわかっていると、なぜこんなにみんなが盛り上がっていたのかが、やっとわかってきました。

はつめ:大会1つ、チーム1つにとってもプレイヤーの数だけバックボーンがあるので面白いですよ。

いしたに:なるほどなあ。なお、試合様子をそのまま見たい人はこちらでどうぞ。優勝したOpticの強さも痛感できます。Opticすごい。

はつめ:日本中継はマジで見てほしい。アナザーストーリーいい話なんですが、VALOの実況解説のOoodaさんや岸大河さんは、彼らも本当に昔からのFPSプレイヤーだったり、プレイヤーで大会に出てた方々でもあるので、熱がね、すごいんだ。

いしたに:そうなんですよねえ。実況解説がいいと、プレイもさらに何倍も光りますもんね。それはいずこのジャンルでも同じだ。

はつめ:プレイヤーだけじゃないのがいいですよね。

いしたに:今回は、こういった背景があっての世界3位ということで、エポックな出来事だったわけですが、今後もゲームそのものだけではなく、チームなど界隈の話もしていけるといいですね。

はつめ:はつめも、なんだかんだ8年くらいこの仕事をしてるらしく(最近気づいた)、色々なものを長く見てきているので、いっぱい話したいことありますね~。

(次回に続く)
【連載】はつめ降臨 成長する連載「第二形態」
はつめ現在フリーのストリーマーとして活動している元プロゲーマー。高校時代にesports業界へ飛び込み、18歳にプロ契約。格闘ゲームのプロゲーマーとして、全世界で行われるCAPCOM Pro TourやEVOへも参加。2020年頃よりApex Legendsのゲーム実況をはじめ、当時の最高ランクに昇格するなど、FPSでも活躍している。米国発スポーツアパレルブランド「Kaepa」のブランドアンバサダーを務めている。テレビ番組「お願いランキング!」「王様のブランチ」「マツコ会議」への出演をはじめ、新聞やメディア出演も多数。
Twitter:https://twitter.com/hatsumememe
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCq1FEiGmyh-52yYGeOMTVLA

いしたにまさきウェブサービス・ネット・ガジェットを紹介する考古学的レビューブログ『みたいもん!』管理人。2002年メディア芸術祭特別賞、第5回Webクリエーションアウォード「Web人ユニット」賞受賞。著書に2010年11月に単著「ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である(技術評論社)」など共著も多数。2011 年9月より内閣広報室・IT広報アドバイザー就任。同年アルファブロガー・アワード受賞。「ひらくPCバッグ」などネット発のカバンデザインも好調。ひらくPCバッグで2016年グッドデザイン賞受賞。Evernote ECL・ScanSnapアンバサダー・HHKBアンバサダー。Yahoo!ニュース個人オーサー。
Twitter:https://twitter.com/masakiishitani
ブログ:https://mitaimon.com/

外部リンク

cat_oa-rp55694_issue_ff4d6a37b023 oa-rp55694_0_lveppvloycj2_海洋プラスチックゴミ問題をアートで表現 横浜八景島が展示会 lveppvloycj2 lveppvloycj2 海洋プラスチックゴミ問題をアートで表現 横浜八景島が展示会 oa-rp55694

海洋プラスチックゴミ問題をアートで表現 横浜八景島が展示会

2022年5月26日 07:00 J-CASTトレンド

水族館などを運営する横浜八景島(横浜市)は、プラスチックゴミによる海洋汚染問題をアートで表現した展示会「"名画になった"海 展」を2022年5月31日~7月18日(11時~18時)の期間開催する。会場はITOCHU SDGs STUDIO(東京都港区)。

2つの企画で構成

「生きものを通じて世界に笑顔と感動を」をスローガンに掲げている同社は、海や川を脅かす深刻なプラスチックゴミ問題に警鐘を鳴らすために展示会を開催。
展示は2つの企画で構成されている。第1部は、プラスチックゴミの量が魚の量を超えると予想される2050年の海を、ゴッホやゴーギャン、葛飾北斎など6人の巨匠が描いたらどうなるのかをスタイルトランスファーというAI技術を用いて再現した。
第2部は、海洋プラスチックのアップサイクル事業を行う「REMARE(リマーレ)」の協力のもと、実際に海から回収したプラスチックゴミをスノードームのフレークとして採用した「Microplastic Globe(スノードームになった未来の海)」5点を展示。マイクロプラスチックが浮遊する中を暮らす海の生き物の姿を、スノードーム作家の石田兵衛(いしだひょうえ)氏が幻想的な造形で表現した。すでに海洋プラスチックゴミの影響が及んでいる5つの生物(カクレクマノミ、ミズクラゲ、ザトウクジラ、アオウミガメ、マゼランペンギン)の意匠と共に鑑賞できる。
また、会場では募金活動も併せて行い、自然環境保護活動を実施する団体へ寄付することで、プラスチックゴミ問題の解決につなげていきたいという。
入館料無料、休館日は毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌営業日が休館)。

外部リンク