cat_oa-rp52651_issue_31d8322096a8 oa-rp52651_0_31d8322096a8_『ウォーキング・デッド』ジーザス役、トム・ペインがあの人気女優の妹と婚約! 31d8322096a8 31d8322096a8 『ウォーキング・デッド』ジーザス役、トム・ペインがあの人気女優の妹と婚約! oa-rp52651

『ウォーキング・デッド』ジーザス役、トム・ペインがあの人気女優の妹と婚約!

2018年11月27日 07:45 フロントロウ

 人気ドラマ『ウォーキング・デッドでジーザス役を演じる俳優のトム・ペインが婚約。お相手はあの人気女優の妹。(フロントロウ編集部)

 『ウォーキング・デッド』にシーズン6の10話から登場したジーザスを演じるイギリス人俳優のトム・ペイン(35)が、2013年から交際している6歳年下の恋人でモデル兼シンガーのジェニファー・アッカーマン(29)と婚約したことが明らかになった。

 現在放送中のシーズン9の最新エピソードの放送終了後にオンエアされた、ファン向けのトーク番組『トーキング・デッド(Talking Dead)』に出演したトムが、トーク中にさりげなくジェニファーのことを「婚約者」と呼んだことで2人の婚約が発覚。

 トムの突然の婚約発表に、ほかの出演者からは「おめでとう! 」と祝福の声が相次いだ。

 スウェーデン出身のジェニファーの姉は、映画『ウォッチメン』や『ランペイジ 巨獣大乱闘』などへの出演で知られる女優のマリン・アッカーマン(40)。

マリン・アッカーマン。

 ジェニファーは、2017年の年末に東京・秋葉原で行われたイベント「ハリウッド・コレクターズ・コンベンション」(通称「ハリコン」)に合わせて来日したトムに同伴。2人そろって東京観光を楽しんでいた。

Instagramで見る



(フロントロウ編集部)

外部リンク

cat_oa-rp52651_issue_31d8322096a8 oa-rp52651_0_x6ubxj2xn9mr_スターバックス、ドライブスルーの窓から「見えてる光景」がジワる x6ubxj2xn9mr x6ubxj2xn9mr スターバックス、ドライブスルーの窓から「見えてる光景」がジワる oa-rp52651

スターバックス、ドライブスルーの窓から「見えてる光景」がジワる

2022年8月7日 23:00 フロントロウ

スターバックスのドライブスルーの窓口から撮った1枚の写真が話題になっている。(フロントロウ編集部)

スタバの窓から見えた景色

 本格派なコーヒーから、甘いものが好きな人を満足させるフラペチーノなど、様々なドリンクから高い人気を博しているスターバックス。暑い夏には車でドライブスルーへ向かい、お気に入りのドリンクを買っていく人も多いが、そんななかには、ドリンクが欲しくて欲しくてたまらない利用客も。

 スターバックスのバリスタが、ドライブスルーの受け渡し窓口の内側から撮影した写真が話題になっている。

 そこに写っているのは…、ドリンクが出来上がるのを辛抱強くまっている犬!

©saswatsat/Reddit

 車の窓から身を乗り出し、作業中のバリスタたちの姿を見ているその表情には、何ともいえない可愛らしさと面白さが。ドリンクが完成し、笑顔になった犬の様子も見たいもの。

犬にも人気のスターバックス

 この犬の飼い主が頼んだかは分からないが、じつはアメリカのスターバックスには犬用ホイップクリームの用意がある。しかも価格は無料!

 パプチーノ、もしくはパプカップとも呼ばれる無糖のホイップクリームで、インスタグラムなどでパプチーノと検索すると、ものすごい形相でクリームを食べてエキサイトしている犬たちの写真を多く見ることができる。インスタグラムで5万以上のフォロワーを持つ犬のサムソンは、パプチーノのために一匹でレジの前に並んでいたことがあり、そのキュートな姿はSNSで話題になった。



(フロントロウ編集部)

外部リンク

cat_oa-rp52651_issue_31d8322096a8 oa-rp52651_0_f4m5y83y0f19_ダニエル・ラドクリフがハリー・ポッター役を辞めずに演じきった「唯一の理由」に爆笑 f4m5y83y0f19 f4m5y83y0f19 ダニエル・ラドクリフがハリー・ポッター役を辞めずに演じきった「唯一の理由」に爆笑 oa-rp52651

ダニエル・ラドクリフがハリー・ポッター役を辞めずに演じきった「唯一の理由」に爆笑

2022年8月7日 21:30 フロントロウ

ダニエル・ラドクリフがハリー・ポッター役を辞めずに演じきった理由、聞いて納得。“現役”の人はとくに共感できるかも!?(フロントロウ編集部)

ダニエル・ラドクリフがハリー・ポッターを演じ続けたワケ

 映画『ハリー・ポッター』シリーズで、1作目から最終作まで10年以上、主人公のハリー・ポッターを演じた俳優のダニエル・ラドクリフが、途中で辞めることなく最後までハリーを演じ続けた理由をポッドキャスト『The A24 Podcast(原題)』でぶっちゃけた。

 「僕の父と母は、基本的にすべての作品と作品のあいだに必ず『まだ楽しんでる?(現場に)戻りたい?』と聞いてきました。そして、それに対して僕はいつも『うん、学校は嫌いだ』と答えていました(笑)」

 ダニエルが明かした理由は“学校が嫌いだったから”という、いたって単純な理由だった。また、『ハリー・ポッター』シリーズの主な舞台といえばホグワーツ魔法魔術学校だが、生徒役を演じたダニエルらはみんな同世代だったこともあり、撮影現場は学校のような雰囲気だったそう。

©︎ WARNER BROS. / CLOSE, MURRAY / Album/Newscom

 ちなみに、ハーマイオニー役のエマ・ワトソンとロン役のルパート・グリントは、“降板”の2文字が頭をよぎったことがあったそうで、当時3人でその話をしたことはなかったものの、それぞれ不安やプレッシャーを感じていたことを特別番組『ハリー・ポッター20周年記念:リターン・トゥ・ホグワーツ』で明かしている。

 実際、ダニエルも辞めたいと思ったことがあったそうで、このままハリーを演じ続けたら他の作品に出演できなくなるのではという不安から、シリーズ3作目の『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のあと、かなり真剣に悩んでいたことを過去に英The Guardianのインタビューで打ち明けている。(フロントロウ編集部)

外部リンク

cat_oa-rp52651_issue_31d8322096a8 oa-rp52651_0_vg4m8jdxan7j_海やプールにロング丈の手袋?キム・カーダシアン、使用用途が謎な手袋を発売 vg4m8jdxan7j vg4m8jdxan7j 海やプールにロング丈の手袋?キム・カーダシアン、使用用途が謎な手袋を発売 oa-rp52651

海やプールにロング丈の手袋?キム・カーダシアン、使用用途が謎な手袋を発売

2022年8月7日 21:00 フロントロウ

キム・カーダシアンがプロデュースするSKIMSから、スイムウェアコレクションが登場。その中で注目を集めたのが、ロンググローブだった。(フロントロウ編集部)

SKIMSのスイムウェアコレクションが話題に

 リアリティスターで実業家のキム・カーダシアンが手掛ける補正下着ブランドのSKIMSは、イタリアのラグジュアリーブランドであるフェンディ(Fendi)とコラボするだけでなく、キャンペーンモデルにタイラ・バンクス、ハイディ・クルム、アレッサンドラ・アンブロジオ、キャンディス・スワンポールなどを起用したことでも話題に。



 今回スイムウェアコレクションを発表したのだが、そのモデルにもマイケル・ジャクソンの子どもであるパリス・ジャクソンやベラ・ポーチが起用され、人気セレブであるキムならではのキャスティングが光った。

 そんなスイムウェアコレクションとして発売された「あるもの」が今世間をザワつかせている。それは、ロンググローブ。スイムウェアコレクションではビキニはもちろん、ビキニの上から着用するスカートやTシャツ、そしてバスタオルなども発売されたのだが、そこにはなぜか海やプールで使用している人を見たことがないロンググローブも。



 日焼け対策として使用する人がいるかもしれないが、海やプールなどでロンググローブは邪魔にもなりかねないため、果たして売れるのかと心配になるアイテム。しかし、そんな心配は無用。なんと7色展開でXXS~4Xまで用意されたロンググローブは全色全サイズ完売。


 購入した人たちはどのようなシチュエーションでこのロンググローブを使うのか、かなり気になるところ。これまで数々のトレンドを生み出してきたキムだけに、今年の夏は海やプールでロンググローブをするブームが到来するかもしれない。(フロントロウ編集部)

外部リンク

cat_oa-rp52651_issue_31d8322096a8 oa-rp52651_0_uoe19eashlo9_ジョージ王子とシャーロット王女が弟のルイ王子につけた「ニックネーム」が可愛すぎる uoe19eashlo9 uoe19eashlo9 ジョージ王子とシャーロット王女が弟のルイ王子につけた「ニックネーム」が可愛すぎる oa-rp52651

ジョージ王子とシャーロット王女が弟のルイ王子につけた「ニックネーム」が可愛すぎる

2022年8月7日 20:00 フロントロウ

イギリス王室のジョージ王子とシャーロット王女が弟のルイ王子につけたニックネームが可愛すぎる。(フロントロウ編集部)

ジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子のニックネームが明らかに

 今年6月に開催されたイギリス王室のエリザベス女王の在位70年を祝う記念式典、プラチナ・ジュビリーで成長した姿が話題になったウィリアム王子&キャサリン妃夫妻の長男ジョージ王子と長女シャーロット王女、そして次男のルイ王子。この3人のキュートなニックネームが明らかになった。

 まずは末っ子のルイ王子から。英Daily Expressによると、兄のジョージ王子と姉のシャーロット王女は、ルイ王子が幼いときから彼のことを「ルウ ルウ(Lou Lou)」と呼んでいるという。

 ジョージ王子は学校で「ピージー(PG)」あるいは「チップス(Tips)」と呼ばれているらしいのだが、なぜ「PG」と「Tips」なのか? 「PG」は「プリンス・ジョージ(Prince George)」の頭文字。そして「Tips」は、イギリスで人気の紅茶ブランド「PG Tips」から来ている。このニックネームは家族にも好評で、家でもウィリアム王子とキャサリン妃からこのあだ名で呼ばれているそう。


 そして、シャーロット王女は、学校の友人から「ロッティ(Lottie)」と呼ばれており、偶然にもキャサリン妃も同じ名前で彼女のことを呼んでいるとDaily Expressは伝えている。

 ちなみに、一家の大黒柱であるウィリアム王子にも可愛らしい(?)ニックネームがある。なんでも、ウィリアム王子は亡き母のダイアナ元妃から「ウォンバット」と呼ばれていたそうで、その理由についてウィリアム王子は、2017年に米NBCのインタビューで「2歳のときからのニックネームです。そんな昔のことは覚えていないので、物心ついたときには当然のようにそう呼ばれていました。両親とオーストラリアに行ったとき、オーストラリア固有の動物であるウォンバットがいたんです。それでそう呼ばれるようになりました。ウォンバットに似ているからというわけではないです。多分(笑)」と説明していた。

 最後に、キャサリン妃は「ケイト(Kate)」といういたって普通の名前で呼ばれている。(フロントロウ編集部)

外部リンク

cat_oa-rp52651_issue_31d8322096a8 oa-rp52651_0_edogx6wgpmwq_最新トレンド「ポテトミルク」を日本で飲むには?海外で注目を集める簡単レシピ edogx6wgpmwq edogx6wgpmwq 最新トレンド「ポテトミルク」を日本で飲むには?海外で注目を集める簡単レシピ oa-rp52651

最新トレンド「ポテトミルク」を日本で飲むには?海外で注目を集める簡単レシピ

2022年8月7日 13:30 フロントロウ

昨年以降、突如イギリスを中心にトレンド入りしている「ポテトミルク」。日本ではまだ購入が難しいポテトミルクを、自宅で楽しめるレシピをご紹介。(フロントロウ編集部)

ポテトミルクがイギリスで一大トレンドに

 オーツミルクやアーモンドミルク、ヘンプミルクなどさまざまな植物性ミルクが登場するなか、次なるトレンドとして海外で話題沸騰中なのが、じゃがいも由来の「ポテトミルク」。



 フロントロウでも以前紹介したポテトミルクは、じゃがいもの香ばしい風味が楽しめる美味しさや、環境への負荷の少なさなどさまざまな理由で大注目。イギリスでは、現在植物性ミルクのなかでも高い人気を集めるオーツミルクを超える日も遠くないと報じられているほど。

 この注目度の高さから、欧米でさまざまなメディアが特集しているポテトミルクは、じつはそのまま飲める液体タイプが購入できるのはイギリスとスウェーデンのみ。そのため、アメリカをはじめとした欧米のほかの国では、なんとかポテトミルクの味を楽しもうと、手づくりできるレシピが流行中。


 日本もアメリカと同じく現状ポテトミルクを購入することはできないため、簡単につくれるレシピをご紹介。スーパーで手軽に変える材料でできる、ポテトミルクのレシピをチェック。

ポテトミルクを自宅でつくる方法


 今回紹介するのは、約1リットル分のポテトミルクがつくれるレシピ。ホットでもコールドでも飲むことができる。

<材料>
・水 3と2分の1カップ
・皮を剥いてさいの目切りにしたじゃがいも 1と2分の1カップ
・スライスアーモンド 4分の1カップ
・塩 少々
・ハチミツまたはメープルシロップ 大さじ3杯

ステップ1: じゃがいもを柔らかくなるまで茹でる。

ステップ2: 材料をすべてミキサーで混ぜる。このとき、液体になるまでしっかり混ぜるよう心がけて。

ステップ3: チーズクロスなどでろ過したら、ポテトミルクの完成。

 ちなみに海外では、シナモンやバニラエッセンス、ココアパウダーなどをくわえるレシピも人気。じゃがいも感が強すぎるのはちょっと…という人は、これらの材料もプラスしてアレンジするのもよさそう。

 イギリスを中心に空前のブームが巻き起こっているポテトミルク。どんな味なのかひと足先に試したい人は、自宅で一度つくってみては。(フロントロウ編集部)

外部リンク

cat_oa-rp52651_issue_31d8322096a8 oa-rp52651_0_h34gsxgxqqqc_ジョニー・デップ、9歳だったクリスティーナ・リッチに「同性愛」について教えていた過去 h34gsxgxqqqc h34gsxgxqqqc ジョニー・デップ、9歳だったクリスティーナ・リッチに「同性愛」について教えていた過去 oa-rp52651

ジョニー・デップ、9歳だったクリスティーナ・リッチに「同性愛」について教えていた過去

2022年8月7日 13:00 フロントロウ

俳優のクリスティーナ・リッチが当時9歳だった頃にジョニー・デップから同性愛について教えてもらっていた過去を明らかにした。(フロントロウ編集部)

ジョニー・デップがクリスティーナ・リッチに同性愛について教えていた

 映画『アダムス・ファミリー』シリーズのウェンズデー役などで知られ、子役時代からハリウッドで活躍していた俳優のクリスティーナ・リッチ(42)。彼女は当時9歳だった頃に出演した『恋する人魚たち』で映画デビューを果たしたのだが、同作のセットでジョニー・デップから「同性愛の定義」を教えてもらったという。


 米ラジオ局SiriusXMの番組『Andy Cohen Live(原題)』に出演したクリスティーナは、「実はジョニー・デップが、当時9歳だった私に同性愛とは何かを教えてくれたんです」と明らかにした。

 クリスティーナによれば、アメリカでは1990年に公開された『恋する人魚たち』の撮影中にセットで同性愛嫌悪からくる嫌がらせのようなことが起きていたことがあったといい、「セットで、誰かが他の人に失礼な態度を取っていたことがあったんです。周囲の人たちは『ああ、あの男は同性愛嫌悪なのかもしれないね』っていう感じだったのですが、私としては、『それってどういうことだろう』という感じで」と番組で振り返っている。

 当時、クリスティーナが同作で共演していたのが、ジョニーと交際していた俳優のウィノナ・ライダーで、同性愛嫌悪からきたと見られる行動が起きた時、クリスティーナはウィノナのトレーラーにいたという。その時に何が起きているのかウィノナに尋ねたところ、「彼女は『どう説明したらいいだろう』という様子」だったそう。

 そこで、ウィノナが助けを求めたのが当時交際していたジョニーだったといい、「彼女はジョニーに電話をして、私と電話を代わってくれたんです」とクリスティーナ。「ジョニーが私に(同性愛について)説明してくれました」と続けた。

 ジョニーは「最もシンプルな言葉」で同性愛について教えてくれたといい、「『男性が男性とセックスしたいと思うことや、女性が女性とセックスしたいと思うことだよ』と彼は教えてくれました。私としては『そうなんですね、分かりました』という感じでした」と振り返った。(フロントロウ編集部)



 

外部リンク

cat_oa-rp52651_issue_31d8322096a8 oa-rp52651_0_90tynwtzwdf6_スペインのレティシア王妃、16歳の子どもの5,400円のワンピースを借りる 90tynwtzwdf6 90tynwtzwdf6 スペインのレティシア王妃、16歳の子どもの5,400円のワンピースを借りる oa-rp52651

スペインのレティシア王妃、16歳の子どもの5,400円のワンピースを借りる

2022年8月7日 12:00 フロントロウ

スペイン王室のレティシア王妃が、子どものレオノール王女のワンピースを拝借している姿が目撃された。

スペイン王室の親子が同じワンピースを着用

 イギリス王室のキャサリン妃同様に、洗練されたファッションセンスに定評があるスペイン王室のレティシア王妃は、スペイン・マドリードのユニセフ本部でメンタルヘルスのミーティングに出席。


 この日はカジュアルに赤と白の幾何学模様のデザインが目を引くワンピースを着用し、足元は夏らしくレースアップのウェッジソールサンダルを合わせた。

 そんなレティシア王妃がこの日着用していたワンピースが、じつはフェリペ6世との間に誕生したレオノール王女のものだったことが発覚。


 2人が親子で着回していたワンピースは、メイド・イン・スペインにこだわったスペインのあちらこちらにある人気ブランドDándaraのもの。このワンピースは59.99ユーロ(約8,120円)で発売されていたが、セールで39.99ユーロ(約5,400円)に値引きされたセール品。現在はレティシア王妃が着用したことがきっかけだったのか、このワンピースは完売となっている。

 親子で着回しするのはなかなか珍しいことだが、イギリス王室では以前ウィリアム王子が37年前に着用していたトップスをルイ王子がおさがりとして着用し、話題をあつめたことがある。(フロントロウ編集部)

外部リンク

cat_oa-rp52651_issue_31d8322096a8 oa-rp52651_0_onh6xecms6tw_『ホグワーツ・レガシー』映像でハッフルパフの談話室が!ファン歓喜【ハリー・ポッターRPG】 onh6xecms6tw onh6xecms6tw 『ホグワーツ・レガシー』映像でハッフルパフの談話室が!ファン歓喜【ハリー・ポッターRPG】 oa-rp52651

『ホグワーツ・レガシー』映像でハッフルパフの談話室が!ファン歓喜【ハリー・ポッターRPG】

2022年8月7日 10:00 フロントロウ

『ハリー・ポッター』の世界に入りこめるRPG『ホグワーツ・レガシー』で、目ざといファンが見つけたハッフルパフの談話室の映像が素敵!(フロントロウ編集部)

『ホグワーツ・レガシー』で見られる寮の談話室

 『ハリー・ポッター』の世界を自由に動き回れたら、どれだけ楽しいだろう…。そんな思いを抱いたことのあるポッタリアンが今1番リリースを待ち望んでいるゲームが、『ホグワーツ・レガシー』。

 2018年にリークされ、2020年に正式発表となったオープンワールド・アクションRPGの『ホグワーツ・レガシー』では、1800年代のホグワーツが舞台。『ハリー・ポッター』ファンだけでなく多くのゲーマーからも期待されており、アメリカのPlayStation公式YouTubeアカウントでは、『ホグワーツ・レガシー』のトレーラーが3番目に多い視聴回数を記録している。

 2021年に発売予定だったが、今年2022年に延期となり、発売日の詳細発表が待たれている。そんななか、フランスのワーナーブラザースゲームがツイッターで公開した映像の中に含まれる新映像を、目ざといファンは見逃さなかった。

 今回の映像でファンが歓喜したのは…、ハッフルパフの談話室の映像! じつは、過去に公開された映像にも各寮の談話室の映像はあるのだが、今回のハッフルパフの映像はアングルが異なるのだ。そのため、また違った景色が見られることに。



https://www.redditmedia.com/r/HarryPotterGame/comments/w6ps09/brief_new_look_at_the_hufflepuff_common_room/?ref_source=embed&ref=share&embed=true

 ハッフルパフといえば、レイブンクローと同じく人気の高い寮。その談話室の雰囲気に納得したファンも多い。

 とはいえ、グリフィンドールの談話室もスリザリンの寮も、素敵なデザインをしている。ゲームの発売が延期されたということは、開発に携わる様々なデザイナーが画面をより洗練されたものにしてくれているということ。発売が楽しみ。

(フロントロウ編集部)

外部リンク

cat_oa-rp52651_issue_31d8322096a8 oa-rp52651_0_u25sd2aawjhc_ヴァレンティノ、“全ピンク”の広告塔のゼンデイヤとルイス・ハミルトンがかっこよすぎる u25sd2aawjhc u25sd2aawjhc ヴァレンティノ、“全ピンク”の広告塔のゼンデイヤとルイス・ハミルトンがかっこよすぎる oa-rp52651

ヴァレンティノ、“全ピンク”の広告塔のゼンデイヤとルイス・ハミルトンがかっこよすぎる

2022年8月7日 01:58 フロントロウ

ヴァレンティノ(Valentino)が、2022-2023年秋冬コレクション‘ピンクPP’の広告キャンペーンを公開した。(フロントロウ編集部)

ヴァレンティノが‘ピンクPP’のキャンペーンを発表

 2022年3月に発表された、イタリアの老舗ブランドであるヴァレンティノ(Valentino)の2022-2023年秋冬コレクション。このコレクションはアイテムに使われたカラーがピンクとブラックだけといった斬新なもので大きな話題に。


 ピエールパオロ・ピッチョーリがモダンなレンズを通してヴァレンティノのレガシーと対話する、タイムレスなカラーを作りたいという情熱に駆られたことでつくられたこのコレクションは、これをきっかけにファッショニスタたちのピンクの着用率がアップし、現在のピンクブームのきっかけとなった。

 そんなヴァレンティノの2022-2023年秋冬コレクション‘ピンクPP’の広告キャンペーンが公開され、映画『スパイダーマン』シリーズやドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』などで知られるゼンデイヤと、F1レーサーのルイス・ハミルトンが広告塔に。

 ‘ピンクPP’の空間で自由という感覚を体現するゼンデイヤは、まるで踊っているかのように優雅にポージングを繰り返す。


 一方のルイスは、壁にピンクのインクで自身のモットーである「Still I Rise」というワードを描き、スポーツで見せる一面とは異なる、メゾンのすべてのバリューを体現する姿を見せた。


 ちなみに動画を担当したのは、ヴァレンティノの2022年春夏コレクション‘ランデヴー’のキャンペーンに続き、今シーズン再び『ユーフォリア/EUPHORIA』を手掛けるマルセル・レヴが動画を担当。音楽はヤズーの「Only You」を起用している。(フロントロウ編集部)

外部リンク