cat_oa-rp45548_issue_e8577d4e05ab oa-rp45548_0_e8577d4e05ab_ロシア語幼女に一目惚れ!?戦うヘンタイ家政婦誕生!?TVアニメ『うちのメイドがウザすぎる!』第1話あらすじ&先行カットが到着! e8577d4e05ab

ロシア語幼女に一目惚れ!?戦うヘンタイ家政婦誕生!?TVアニメ『うちのメイドがウザすぎる!』第1話あらすじ&先行カットが到着!

2018年10月3日 17:00 超!アニメディア

 いよいよ10月5日(金)スタートのTVアニメ『うちのメイドがウザすぎる!』第1話あらすじ&先行カットが到着したので、ご紹介する。

〈第1話「うちのメイドがウザすぎる!」あらすじ〉

仕事を探している鴨居つばめは、職業安定所で理想が高すぎる(?)条件を提示し、あっさり断られます。失意の中、去年のお正月に帰省した際に見かけた、ロシア語を話す幼女の家の目の前にやってきました。庭を覗き込むと、以前とは違いすっかり荒れ果てて人の気配がありません。「あの雪の妖精は冬の日の幻だったのか?」とがっかりしていたつばめでしたが、ふと柵の近くに目をやると、そこには「家政婦さん急募!」の文字が・・・!

脚本:あおしまたかし/絵コンテ:太田雅彦/演出:守田芸成/ 作画監督:伊澤珠美、杉田まるみ、鈴木絵万、濱口明、山崎淳








<TVアニメ「うちのメイドがウザすぎる!」情報>

TOKYO MX: 10月5日より毎週金曜日 25:40~ 

サンテレビ: 10月8日より毎週月曜日 24:00~ 

KBS京都: 10月5日より毎週金曜日 25:40~ 

テレビ愛知: 10月9日より毎週火曜日 25:35~ 

TVQ九州放送: 10月7日より毎週日曜日 26:35~ 

BS11: 10月6日より毎週土曜日 27:00~ 

※放送日時は変更になる可能性がございます。

◆スタッフ

原作:中村カンコ(双葉社「月刊アクション」連載中)

監督:太田雅彦

シリーズ構成:あおしまたかし

キャラクターデザイン:山崎 淳

アニメーション制作:動画工房 

◆キャスト

高梨ミーシャ:白石晴香 

鴨居つばめ:沼倉愛美

鵜飼みどり: M・A・O 

鷲崎みみか:原田彩楓 

森川ゆい:井澤詩織 

高梨康弘:加藤将之 ほか

アニメ公式サイト

http://uzamaid.com/


公式Twitter

https://twitter.com/uzamaid_a


©中村カンコ/双葉社・うちのメイドがウザすぎる!製作委員会

外部リンク

cat_oa-rp45548_issue_e8577d4e05ab oa-rp45548_0_02ba7d74cfd9_仙狐さんがいなくなった!必死に探す中野くんだが……TVアニメ『世話やきキツネの仙狐さん』第12話あらすじ&先行カットが到着 02ba7d74cfd9

仙狐さんがいなくなった!必死に探す中野くんだが……TVアニメ『世話やきキツネの仙狐さん』第12話あらすじ&先行カットが到着

2019年6月26日 18:30 超!アニメディア

 TVアニメ『世話やきキツネの仙狐さん(https://cho-animedia.jp/tag/%E4%B8%96%E8%A9%B1%E3%82%84%E3%81%8D%E3%82%AD%E3%83%84%E3%83%8D%E3%81%AE%E4%BB%99%E7%8B%90%E3%81%95%E3%82%93/)
』第12話のあらすじと先行カットが到着したので、ご紹介する。



〈第12話「それでも、あやつを……」あらすじ〉 

 会社からの連絡で予定を早めに切り上げ、帰省から戻ってきた中野くん。 帰ってきた彼を待っていたのは、預けた携帯電話だけを残し仙狐さんがいなくなった、空っぽの部屋でした。「良くないことが起きるかもしれない——」、 という夜空の言葉が頭をよぎり、必死に仙狐さんを探す中野くんですが……。



脚本:中村能子 絵コンテ:越田知明 演出:上坪亮樹、越田知明 作画監督:久保茉莉子、小倉寛之、中島大智、山本恭平、上野卓志、西島圭祐、曾我篤史、熊谷勝弘、 菅原美智代、上野沙弥佳、宮野 健、畠山 元、池添優子、寿門堂






画像ギャラリーはこちら(https://cho-animedia.jp/anime/101160/)
。クリックすると拡大できます。






 

〈TVアニメ『世話やきキツネの仙狐さん』情報〉

AT-X:毎週(水)22:30〜 

リピート放送:毎週(金)14:30〜 毎週(日) 22:00〜 4月16日(火)6:30〜 

TOKYO MX:毎週(水)23:30〜 

テレビ愛知:毎週(水)26:05〜 

KBS京都:毎週(水)25:35〜

サンテレビ:毎週(水)26:00〜 

BS11:毎週(木)24:30〜 

【配信情報】

dアニメストア:毎週(水)23:00〜 

AbemaTV:毎週(水)23:00〜

STAFF 

原作:リムコロ(コミックNewtype/KADOKAWA刊) 

監督:越田知明 

シリーズ構成・脚本:中村能子

キャラクターデザイン:大島美和 

総作画監督:大島美和、曾我篤史、熊谷勝弘 

プロップデザイン:永田杏子 

美術設定:佐南友理 

美術監督:三宅昌和 

色彩設計:竹内優太 

撮影監督:呉健弘 

編集:今井大介 

音響監督:土屋雅紀 

音響効果:和田俊也(スワラ・プロ) 

音楽:藤澤慶昌 

音楽制作:KADOKAWA 

アニメーション制作:動画工房 

製作:世話やきキツネの仙狐さん製作委員会

CAST 

仙狐:和氣あず未 

中野:諏訪部順一 

シロ:内田真礼

高円寺:佐倉綾音 

??:喜多村英梨

©2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会

外部リンク

cat_oa-rp45548_issue_e8577d4e05ab oa-rp45548_0_4550b306f4ed_押井守総監督の最新アニメ『ぶらどらぶ』発表! 吸血鬼少女と女子高生のガール・ミーツ・ガール作品 4550b306f4ed

押井守総監督の最新アニメ『ぶらどらぶ』発表! 吸血鬼少女と女子高生のガール・ミーツ・ガール作品

2019年6月26日 18:00 超!アニメディア

 押井守の新作アニメ製作記者発表会が、6月26日(水)に行われ、タイトルが「ぶらどらぶ」に決定したことや、公式アンバサダーとして高槻かなこがメインボーカルを務めるユニット・BlooDyeに決定したことが発表された。




 イベントには、押井守と西村純二が登壇。押井は「かれこれ6年くらい前に、パパッと作った企画ですが、ようやくアニメ化にこぎつけました。私がシリーズをやるのが『うる星やつら』以来。30数年ぶり。それ以降シリーズをやらないと決めていましたが、ここ数年で気が変わって、やりたいと言っていたところ、やらせていただくことになりました。動き始めて、まず西村くんを口説き落とすところから始めました」とコメント。一方、監督を務める西村は「押井さんとは『(うる星やつら2)ビューティフル・ドリーマー』のとき以来です。あのときは楽しかったので、今回もと思って参加することにしました。押井さんのシナリオは全部上がってるのですが、全部危ない(笑)。押井さんは『コンテはまだか』と言い始めてるので、私が泣きながら書くところです」と明かした。



 さらに、作品については、吸血鬼の少女と女子高生の織りなすドタバタコメディとの紹介を受けて、押井は「基本的には女の子の物語で、イケメンは出てきません」と説明。「吸血鬼の女の子は、『うる星やつら』のラムちゃんみたいな感じで、名前は“マイ”。若い女の子がメインですが、保健の先生は100パーセント私の好みです」と笑わせつつ、「久しぶりに若い女の子たちの物語を真面目にやりたい。ガール・ミーツ・ガール。基本的には、女の子に見てほしい。(スタッフに)オールドボーイが揃っているので、50歳から上のオヤジたちも面白がってもらえるかな」と、キャラクターラフを公開しながら語った。また西村は「ちょっと引いたりせず、勝負をかける気合いでやりたい。結構、面白いものができるんじゃないかと思います」と意欲を見せた。



 さらに、公式アンバサダーに決定したBloodyeが登壇し、スターティングソング「この地球(ほし)の何処かで」を披露。主題歌を歌うことも決定しており、高槻は「一緒に盛り上げられたら」とコメント。今後は月に一度ファンミーティングを開催するなかで、アニメの情報も発表していくと明かした。



 アニメ『ぶらどらぶ』は、2020年春に放映予定。



画像ギャラリーはこちら(https://cho-animedia.jp/event/101141/)
。クリックすると拡大できます。






 





〈「ぶらどらぶ」概要〉

原作・総監督:押井守

監督:西村純二

キャラクターデザイン:新垣一成

脚本:押井守・山邑圭

音楽プロデューサー:Daisuke’DAIS’Miyachi

制作:株式会社コミックアニメーション

アニメーション制作:株式会社ドライブ

アニメーション制作協力:株式会社プロダクション・アイジー

製作:いちごアニメーション株式会社



『ぶらどらぶ』公式サイト

http://www.ichigo-animation.com

外部リンク

cat_oa-rp45548_issue_e8577d4e05ab oa-rp45548_0_75a817e85c72_人類滅亡へのカウントダウンが始まるなか、勝は激闘を繰り広げーーTVアニメ『からくりサーカス』第36話のあらすじ&先行カットが到着 75a817e85c72

人類滅亡へのカウントダウンが始まるなか、勝は激闘を繰り広げーーTVアニメ『からくりサーカス』第36話のあらすじ&先行カットが到着

2019年6月25日 22:00 超!アニメディア

 TVアニメ『からくりサーカス(https://cho-animedia.jp/tag/karakuri/)
』第36話のあらすじ&先行カットが到着したので、ご紹介する。



〈第36話「閉幕」あらすじ〉

宇宙ステーションに到着した勝は、あるるかんを操るフェイスレスと対決する。フェイスレスは勝に、エレオノールを鳴海に譲った理由をしつこく問いただす。二人の戦闘が白熱する中、ゾナハ病による人類滅亡のカウントダウンが始まる。一方、勝もグラツィアーノと激しい空中戦を繰り広げる。




画像ギャラリーはこちら(https://cho-animedia.jp/anime/101123/)
。クリックすると拡大できます。






 

〈TVアニメ『からくりサーカス』放送情報〉

TOKYO MXにて毎週木曜22:30から放送中。

BS11にて毎週木曜24:00から放送中。

アニメシアターX(AT-X)にて毎週金曜 20:00から放送中

北海道テレビにて毎週月曜25:25から放送中。

配信サービスAmazon Prime Videoにて日本・海外独占配信。

原作: 藤⽥ 和⽇郎 (⼩学館 少年サンデーコミックス刊)

監督:⻄村 聡

シリーズ構成:井上 敏樹 / 藤⽥ 和⽇郎

キャラクターデザイン/ 総作画監督:吉松 孝博

⾳楽:林 ゆうき

アニメーション制作:スタジオヴォルン

製作:ツインエンジン

才賀 勝:植⽥ 千尋

加藤 鳴海:⼩⼭ ⼒也

才賀 しろがね:林原 めぐみ

阿紫花 英良:櫻井 孝宏

ギイ・クリストフ・レッシュ:佐々⽊ 望

公式サイトhttps://karakuri-anime.com/


公式 Twitterhttps://twitter.com/karakuri_anime


©藤⽥和⽇郎・⼩学館/ツインエンジン

外部リンク

cat_oa-rp45548_issue_e8577d4e05ab oa-rp45548_0_b44c63344071_小澤廉と小西成弥仲良しコンビが「俺旅。シーズン 6」シンガポール編で共演決定! b44c63344071

小澤廉と小西成弥仲良しコンビが「俺旅。シーズン 6」シンガポール編で共演決定!

2019年6月25日 20:00 超!アニメディア

 若手人気俳優・小澤廉と小西成弥が、2020年1月からテレビ神奈川・テレ玉・チバテレ・KBS京都・サンテレビで放送を開始する「俺旅。シーズン 6」への出演が決定した。




 “自分の足で世界を見よう!”がテーマの「俺旅。」は、2015年から放送開始。若手人気俳優が世界を旅する人気ドキュメンタリーシリーズ番組。今作は待望の第6作目で、『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』などで人気の小澤廉と小西成弥が、シンガポール編をお届けする。また放送開始に併せ、8月12日(月・祝)にふたりが登壇する『「俺旅。」inシンガポール 完成披露上映イベント』開催も正式に決定。



【小澤 廉 コメント】

シンガポールで街を散策したり、買い物をしたり、海で遊んだり…驚愕のチャレンジもあったり、盛りだくさんの旅でした! 「あんステ」や「A3」で共演して仲良しの成弥とのふたり旅だったので、かなり素の小澤廉が出ていると思います! 放送を楽しみにしていて下さい!



【小西成弥 コメント】

廉くんとのシンガポールでのふたり旅は初めてのことにも沢山挑戦して、あっという間の時間でしたが、廉くんとだからこそふたりでありのままで最高の旅が出来たんじゃないかと思います。旅をするって、色んな発見があるんだな…と思いました。周りの人に対しても、自分に対しても、新たな面を見つけられたかなと思います。この「俺旅。」が自分の人生にとって大きなポイントになるかもしれないな…と思いました。ふたりでの「俺旅。」、楽しみにしていて下さい!!



画像ギャラリーはこちら(https://cho-animedia.jp/other/101108/)
。クリックすると拡大できます。






 



〈「俺旅。シーズン 6」 放送情報〉

2020年1月クールに、テレビ神奈川・テレ玉・チバテレ・KBS 京都・サンテレビで放送決定!



【「俺旅。シーズン 6」 イベント情報】

『「俺旅。」inシンガポール 完成披露上映イベント』開催決定!

・日程/会場:2019 年 8 月 12 日(月・祝)/東京:佐々木学園ホール



「俺旅。」公式サイト

http://www.tvk-yokohama.com/oretabi/
 



Ⓒ2019「俺旅。」製作委員会

外部リンク

cat_oa-rp45548_issue_e8577d4e05ab oa-rp45548_0_0f9415a67f5d_映画『プロメア』コメンタリー上映会開催!劇場支配人も驚く反響に今石洋之監督「やってよかった」 0f9415a67f5d

映画『プロメア』コメンタリー上映会開催!劇場支配人も驚く反響に今石洋之監督「やってよかった」

2019年6月25日 17:00 超!アニメディア

 6月23日(日)、映画『プロメア』のコメンタリー上映会が、神奈川県・イオンシネマ海老名で行われ、今石洋之監督、大塚雅彦副監督、キャラクターデザインを手がけたコヤマシゲト、クリエイティブ・ディレクターの若林広海が登壇した。




 コメンタリー上映会の開催の情報が解禁してからSNS上でも盛り上がっていた本イベントは、チケット発売からわずか1時間ほどで即完売となるほどの盛り上がりをみせており、会場には大勢のファンが押し寄せた。満員の観客の前に登壇した今石監督は「『プロメア』としても初ですし、僕らとしても初めての試みです。不安でしかないです」と笑顔でコメント。温かい拍手とともにコメンタリー上映会がスタートした。



 オープニングから今石監督は「オープニングがスタイリッシュすぎると言われて」と語り、「ルチア役の新谷真弓さんが、『私はこんなお洒落な映画に出た覚えはないし、お洒落な芝居をしてなかったんですけど大丈夫かな?』と不安になったそうです」と明かした。映像を観ながら「ここは何回も描き直した」など、「ここは3DCGを活用し、ここは手描きで作っています」と、ファンの知りたがっていたことを細かく説明した。また、消防関係の音はアメリカの消防の音を『プロメア』用にアレンジしてもらったものを使っていることも明かし、観客を驚かせた。話題となっている、まるでクライマックスのような冒頭のアクションシーンについて、若林は「このシーンは1カットで撮影しています。これ狂ってますよね」と笑いながらコメントすると、今石監督は「こういうことがやりたかったんですよね。このシーンはCGアニメーターが一人で作ってますからね。大変だったと思います」と述懐した。



 また、先日行われた応炎上映の話も飛び出し、観客から人気のあったシーンも事細かに説明し「このシーンが人気なんだとこ新たな発見ができました」と語り、「特に『じじい!』とみんなで叫ぶシーンは最高でしたね」と劇中のあるシーンについて言及し、観客からも笑いが起こっていました。



 そして、口をそろえて〈ミュージカルシーン〉だと語るラストのアクションシーンについて、今石監督は「堺(雅人)さんが本領発揮するシーン」と続けて「こうやって広いフィールドに敵キャラが一人で登場する、これがやりたかったんです!」と無邪気な笑顔で回答。そして中島かずき脚本について「『ふざけつつも良い台詞』というのが中島かずきさん脚本の醍醐味。」、今石監督は最後のクレイの表情や動きについて「堺さんの声に負けないように描いていたら、アゴが大きくなったり色々と変わっていきました」とコメントし、会場から笑いが起こった。



 最後に今石監督は「今日初めて言ったこともあったかなと思います。やっぱりスクリーンを観ながらじゃないと言えないこともあるので、やってよかったと思います」締めくくった。



 上映終了後に、このコメンタリー上映会を実現させたイオンシネマ海老名の谷口支配人の「劇場のリツイートが1000近くの数という通常ではありえない盛り上がりでした。イオンシネマ・海老名としては事前予約の段階での完売は初めてでした。これも『プロメア』が持っている作品の熱さのおかげだと思っています。今回のコメンタリー上映会も初めての試みだったので、難しかった部分も多かったですが、観ているお客さんが笑ったり、同意したりしてやってよかったなと思っています」という感謝のコメントで締めくくられた。




〈映画『プロメア』情報〉全国ロードショー



【キャスト】

松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺雅人

佐倉綾音 吉野裕行 稲田徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠大典 檜山修之 小西克幸 柚木涼香



【スタッフ】

原作:TRIGGER・中島かずき

監督:今石洋之

脚本:中島かずき

キャラクターデザイン:コヤマシゲト 

美術:でほぎゃらりー

美術監督:久保友孝

色彩設計:垣田由紀子

3DCG制作:サンジゲン

3Dディレクター:石川真平

撮影監督:池田新助

編集:植松淳一

音楽:澤野弘之

音響監督:えびなやすのり

タイトルロゴデザイン:市古斉史

アニメーション制作:TRIGGER

製作:XFLAG

配給:東宝映像事業部

『プロメア』公式サイトhttps://promare-movie.com/


『プロメア』公式Twitterhttps://twitter.com/promare_movie


(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

外部リンク

cat_oa-rp45548_issue_e8577d4e05ab oa-rp45548_0_2fe644086662_坂本が基地を大破させたため、バカンスとして島へーーTVアニメ『ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!』第12話あらすじ&先行カットが到着 2fe644086662

坂本が基地を大破させたため、バカンスとして島へーーTVアニメ『ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!』第12話あらすじ&先行カットが到着

2019年6月25日 16:30 超!アニメディア

 TVアニメ『ストライクウィッチーズ 501部隊発進します!(https://cho-animedia.jp/tag/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA-501%E9%83%A8%E9%9A%8A%E7%99%BA%E9%80%B2%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%EF%BC%81/)
』の第12話あらすじと先行カットが到着したので、ご紹介する。



〈第12話「501解散します?」 あらすじ〉

遂にネウロイの巣への総攻撃を決定する連合軍。 一方、真烈風斬を完成させようとした坂本は誤って基地を大破 させてしまう。これ以上、彼女が基地を壊さないようにするため、 バカンスと称してみんなで島へ行く第501部隊。だが、 島で坂本が訓練を始めた途端、暴走した刀が勝手に烈風斬を 連発し始める。宮藤たち、そして人類の運命は果たして…?






画像ギャラリーはこちら(https://cho-animedia.jp/anime/101031/)
。クリックすると拡大できます。






 

〈TVアニメ『ストライクウィッチーズ 501部隊発進します!』情報〉TOKYO MX 毎週火曜 24:45~25:00

テレビ愛知 毎週木曜 26:20~26:35 

MBS 毎週火曜 27:15~27:30

BS11 毎週水曜 24:15~24:30

AT-X 毎週水曜 21:45~22:00 

リピート放送:毎週(金)13:45/毎週 (日)24:45/毎週(月)29:45

原作

著者:藤林 真 

原作:島田フミカネ&Projekt Kagonish 

ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ! 全2巻 好評発売中

概要

原作・島田フミカネ先生、漫画・藤林真先生のシュールで ほのぼのとしたネタで人気の「発進しますっ!」シリーズが、 2019年春に放送&配信予定!

イントロダクション

人類の防衛線『第501統合戦闘航空団』に宮藤芳佳が 入隊! ・・・しかし、肝心の敵・ネウロイはなかなかやってこず、戦闘 ではなく炊事洗濯の毎日に追われる日々。 個性的な隊員たちに振り回されたり、ツッコミを入れたり、 フォローしたりと、そんな芳佳と愉快な魔女(うぃっち)達 のおかしな日常が始まる!

キャスト

宮藤芳佳:福圓美里 

坂本美緒:世戸さおり 

リネット・ビショップ:名塚佳織 

ペリーヌ・クロステルマン:沢城みゆき 

ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ:田中理恵 

ゲルトルート・バルクホルン:園崎未恵 

エーリカ・ハルトマン:野川さくら

フランチェスカ・ルッキーニ:斎藤千和 

シャーロット・E・イェーガー:小清水亜美 

サーニャ・V・リトヴャク:門脇舞以 

エイラ・イルマタル・ユーティライネン:大橋歩夕

©2019 島田フミカネ・藤林真・KADOKAWA/501部隊発進しますっ!

外部リンク

cat_oa-rp45548_issue_e8577d4e05ab oa-rp45548_0_2b6059601f96_『SKETDANCE』の篠原健太が描くSFサバイバルストーリーがスタート!TVアニメ『彼方のアストラ』第1話のあらすじ&先行カットを公開 2b6059601f96

『SKETDANCE』の篠原健太が描くSFサバイバルストーリーがスタート!TVアニメ『彼方のアストラ』第1話のあらすじ&先行カットを公開

2019年6月25日 16:00 超!アニメディア

 7月3日(水)スタートのTVアニメ『彼方のアストラ』第1話のあらすじと先行カットが到着したので、ご紹介する。



〈第1話「PLANET CAMP」あらすじ〉

宇宙旅行が当たり前になった時代。ケアード高校の生徒アリエス・スプリングは、初めての惑星キャンプに胸をときめかせていた。 同じ班になったのは、宇宙港で顔を合わせたカナタ・ホシジマら計9名。一行は無事に惑星マクパに辿り着つくが……予期せぬ事態が発生する!



脚本:海法紀光 絵コンテ:安藤正臣 演出:安藤正臣/鈴木芳成 総作画監督:黒澤桂子 作画監督:黒澤桂子/樋口博美/本多弘幸/山本真夕子/竹上貴雄/藤田亜耶乃/堀江由美/山本由美子




画像ギャラリーはこちら(https://cho-animedia.jp/anime/101041/)
。クリックすると拡大できます。






 



〈TVアニメ『彼方のアストラ』概要〉第1話は1時間スペシャル

AT-X :7月3日毎週水曜日 21:00~

《リピート放送》7月5日毎週金曜日13:00~/7月7日毎週日曜日21:00~/7月8日毎週月曜日29:00~

TOKYO MX:7月3日毎週水曜日 25:05~

テレビ愛知:7月3日毎週水曜日 26:35~

KBS京都:7月3日毎週水曜日 25:05~

サンテレビ:7月3日毎週水曜日 25:30~

BS11:7月3日毎週水曜日 25:30~

配信情報

◆地上波先行配信

dアニメストア:7月3日より毎週水曜日21時30分

Amazon Prime Video:7月3日より毎週水曜日21時30分



◆二次先行配信

GYAO!:7月6日より毎週土曜日21:30



●7月10日(水)以降配信

NETFLIX/ビデオパス/J:COMオンデマンド/Hulu/バンダイチャンネル/| ひかりTV/U-NEXT/アニメ放題/FOD/AbemaTV/niconico/あにてれ ビデオマーケット/DMM.com/RakutenTV/MOVIEFULL Plus HAPPY!動画/ドコモ・アニメストア (スゴ得)



【イントロダクション】

 宇宙への往来が当たり前になった近未来で、9名の少年少女たちが惑星キャンプへと旅立つ。宇宙旅行に胸を躍らせながら出発した彼らを待ち受ける、予想外の事態とは…!?

『SKETDANCE』の篠原健太が描く大人気SFサバイバルストーリーが待望のアニメ化決定!

【キャスト】

カナタ・ホシジマ:細谷佳正

アリエス・スプリング:水瀬いのり

ザック・ウォーカー:武内駿輔

キトリー・ラファエリ:黒沢ともよ

フシニア・ラファエリ:木野日菜

ルカ・エスポジト:松田利冴

ウルガー・ツヴァイク:内山昂輝

ユンファ・ルー:早見沙織

シャルス・ラクロワ:島﨑信長

TVアニメ『彼方のアストラ』公式サイト

http://astra-anime.com/


TVアニメ『彼方のアストラ』公式Twitter

https://twitter.com/astra_anime


©篠原健太/集英社・彼方のアストラ製作委員会

外部リンク

cat_oa-rp45548_issue_e8577d4e05ab oa-rp45548_0_8f4c31b61a17_バナナマンも絶賛!『ペット2』で悪役に挑戦の宮野真守「ビジネスチャンスを掴みました」 8f4c31b61a17

バナナマンも絶賛!『ペット2』で悪役に挑戦の宮野真守「ビジネスチャンスを掴みました」

2019年6月25日 13:30 超!アニメディア

 7月26日(金)から全国公開される映画『ペット2』の吹替版完成会見が、6月24日にザ・ペニンシュラ東京で行われ、日本語吹替え声優にバナナマン設楽統と日村勇紀、佐藤栞里、永作博美、宮野真守といった前作からのレギュラーキャスト陣に加え、内藤剛志、伊藤沙莉といった新キャストが登壇。




 主人公のマックスを演じた設楽は「この夏、前作を上回って、観ると温かい気持ちになり、元気になる作品となっていますので、ぜひ宜しくお願い致します!」と挨拶。農場犬・ルースターを演じた内藤は、「アテレコは自分の顔が映らないので凄く楽しいです。本国ではハリソン・フォードさんがルースターの声を担当しているのですが、そこが今回の役をお受けした理由として一番大きく、僕のモチベーションになっていたところかもしれません(笑) 。どれくらい僕が頑張れたのか、結果は観てみてください」とコメント。また、前作とは違う悪徳サーカス団の団長・セルゲイを演じた宮野は「前作で演じたタカのタイベリアスが今回は出演しないということで、お役御免になるかと思いきや、別の役で返り咲きました!ビジネスチャンスを掴みました、宮野真守です!」と挨拶し、会場の笑いを誘った。



 前作から3年の時を経て、マックスとデュークを演じたことに、「『ペット2』は物語の世界の中でも時間が経過して、色々なことが変化しています。冒険や、友情や、成長物語や色々な話が入り組み詰まっているのに、すごくまとまって、スムーズに頭の中に入ってくるんです。観終わったあと、心が温まって、元気になって、頑張ろう!という気持ちになれる作品です」と設楽がコメントし、日村も「前作のデュークはマックスの家に飛び込んできて、ギスギスして性格がねじ曲がったワンちゃんだったんですけど、この3年間でものすごく丸くなってます。別の犬みたいでものすごく可愛いです!マックスの成長も素晴らしいんですが、デュークもそれはそれはステキな犬になっているので、そのあたりも注目してほしいですね」と、自身が演じる役柄への想いを明かした。



 また本作で結婚・出産を経てママとなったケイティを演じた佐藤は、「前作では背が高かったり、ショートカットだったり、お洋服がカジュアルだったり、ケイティとの共通点があったんですが、3年の間に結婚や出産を経験したケイティは、急に遠い存在になった気がしました。どうすればケイティの持つ母性を出せるのかな、と不安を抱えながら現場に行くと、マックスとデュークと、息子のリアムがものすごく可愛らしくて自然と母性が漏れてきたんです。なので、設楽さんと日村さんのおかげで、母になれました!」と演じる上での変化を語った。また、猫のクロエ役の永作は「先程のお三方とも、すごく成長を遂げていて私も感動したんですが、クロエだけは相変わらずマイペースで、どうしたらこんな風になれるんだろうと、私も教えて欲しいくらいです(笑)。ツンデレ具合も変わらず、自分の道を生きてました」と変わらぬ魅力を紹介。「声を入れる作業をしていると、皆さんの顔がそのキャラクターに見えてくるんです。実は永作さんも大人っぽいけど、ツンデレで、可愛らしいところもあって、クロエみたいな人なのかなって、思っています」と、設楽が想像していると「確かにキャラクターを見ていると、皆さんの顔が浮かんできますよね。どちらかというとクロエより、私は犬っぽいかもしれないです (笑)」と永作が明かした。



 そしてここで、最新作で新たに登場したキャラクター、ルースターとデイジーの本編映像を初お披露目。今回、英語版でハリソン・フォードが演じるルースター役は、“サムライ”をイメージしているそうで、設楽は「内藤さんは本当にお上手で、声の重みもあって、日本のハリソン・フォードですからね!」と、内藤の声を絶賛。内藤は「設楽先輩と日村先輩についていくのが必死でしたけど、本当に楽しかったです。今回は勇気の話ですが、それを示すような役柄でした。ハリソンは吹替えが初めてだそうですが、僕は結構吹替えのお仕事経験があるので、若干アドバンテージがあるのかなと(笑)。でも彼のセリフを聞いていると、さすがお上手だと思いました。英語の表現を日本語に直すことが難しく、ハリソンの演出なのか、癖なのかは分からないですが、ルースターはため息をつくんです。日本人のため息はネガティブなイメージもありますが、そうではないように表現することが苦労しました」と、ルースターの役作りについてコメントした。



 また内藤はバナナマンとプライベートでも仲が良く、「10年以上も前から、僕らのことを大好きって言ってくれてて、ライブもずっときていただいていて、京都で撮影しているのにわざわざスケジュールを空けて来て下さることもあって。お仕事で一緒になったことはあるんですけど、がっつりとお芝居をしたのは初めてだったのですごく嬉しかったです。特に今回、僕が演じるマックスはルースターが人生の師となり、ルースターに認めてもらえるのが嬉しいというストーリーなので、それが自分とも重なりました」と設楽が明かすと、日村も「マックスは今回ルースターと絡みが沢山あるから、めちゃくちゃ羨ましいんですよ!普段内藤さんはバナナマンに対して、もちろん俺にも優しいんですけど、ルースターという役は、全然デュークに興味ないんです。ほとんど交流がない!マックスと一緒に何かしようというときも、ルースターから『デュークはここで待っとけ』って言われちゃう。なんで俺待たなきゃいけないの!一緒に行きたいよ(笑)」と不満を述べると、内藤が「多分、デュークは勇気がある子だからひとりでも大丈夫なんだと思う。それに比べてマックスには弱さがあったから、鍛えてあげないと、と思ったんだろうね」と優しくフォローし、会場は笑いに包まれた。



 もう一匹の新キャラクター・デイジーを演じる伊藤は、本作が吹替え初挑戦ということで、「私は声に特徴があるので、せっかくだからこの声を活かして何かやりたい、アニメのお仕事をやりたいとずっと思っていたんですが、そんな簡単なことじゃないですし、一生こないかなとも思っていたので、嬉しかったです。デイジーは見た目が可愛らしいキャラクターなので、間違いじゃないかな?と思っていたんですが、本国の声もハスキーボイスだったので、自分なりにゆっくりやっていこうと頑張りました」とアフレコ時を振り返った。イルミネーション作品の先輩でもある永作は、「勇敢に戦ってこれから引っ張っていくデイジーの勇ましさが、声から滲み出ていたのでかっこいいな思いました」と伊藤のデイジーに太鼓判を押し、伊藤も「まさかアニメーションで初めてご一緒させていただくとは思わなかったんですけど、クロエは本当に可愛くて、永作さんに引っ張っていただきました」と、安堵の表情。伊藤と共演経験があるという設楽は「伊藤さんは声に特徴があるので覚えやすいですよね。デイジーって可愛いけど、内面には強さがあってまさに伊藤さんにピッタリだなって思います。可愛らしくて特徴的な声が羨ましいです」とコメント。伊藤は「ありがとうございます。デイジーは口が悪いので、そこはやりやすかったです(笑)」と嬉しそうな様子を見せた。



 そして、これまで数多くイルミネーション作品に出演しながら、初めての悪役を演じた宮野は「今回は悪役に挑戦させていただきました。前回はおじいちゃんのタカ、今回は悪役と、自分の声優のキャリアとしてもやったことのない雰囲気の声を、いつも経験させていただいています」と感謝を述べた。設楽は「イケメンな声のイメージがありますけど、変幻自在でなんでもできる方なので、僕なんか監督に『ああして、こうして』と言われてもこの声しか出せないので、すごいなと思います」と驚きを隠せずにいると、「この役は僕もすごく悩みまして。元々本国のキャラクターの声がロシア訛りで、英語もカタコトだったので、巻き舌にしてみたり工夫を重ねて、だんだん悪人っぽい声になっていきました。でもこの声を出し続けるのは大変で、収録が終わったら喉が枯れちゃいました」と役作りについて明かした。日村も「セルゲイってほんとうに腹が立つ役で、嫌なヤツなんです。なので、宮野くんからこの声が出ているのが想像つかない、さすがだとしか言えないです」と、宮野の演技力に圧巻の様子。



 ここで前作の会見時でも好評だった、出演者の“ペット写真”を紹介するコーナーに移り、今回は新キャラクターを演じる内藤&伊藤が愛するペットを自慢。大の愛猫家でもある内藤はロシアンブルーのニュイと、ソマリのチャイを紹介し、「かわいい~!さっきも触ってきました。触りまくってます。生まれてから、今までペットがいなかったことがないんです。生き物が大好きで常に傍にいるんですよ」と熱い愛を語る。そんな想いを抱いた内藤が飼い主だったらどう思いますか?と猫のクロエを演じる永作が問われると、「内藤さんがこんなふにゃふにゃの顔になられているのをみると、愛情深くて、優しいんだろうなって。そんな飼い主さんなら良いなって思います」とコメント。内藤は「犬は分かりやすいんですけど、猫は感情をあまり出さないので飼い主が想像することが多いんです。だからこんな顔になっちゃうんだろうな(笑) 。もう早く帰りたい!」とペットたちの写真を見て恋しくなったよう。一方、伊藤は犬を飼い始めたそうで、「マルチーズとミニチュアダックスフンドのミックス犬、トイくんです。破天荒でじたばたしながら、自由に生きてます。あと発想が独創的なんです。ドックランに行ったとき、飼い主さんに可愛がってもらっている犬がいたんですけど、並べば自分も可愛がってもらえると思って、その犬の後ろに並ぶんです。そういうところも可愛いなって」と、魅力をアピールすると、同じく愛犬家の佐藤は「いい子いい子待ちをするなんて、ジェラシーですかね?人懐っこいから、『こっちにもしてよ!』って、思ってるんですかね」とトイくんの気持ちを分析すると、伊藤は「そうなんです!『おいで』といわれたら誰にでも行っちゃうんです」と同調。



 さらに「ペット」シリーズへの愛が溢れる日村は、昨年、『ペット』の舞台でもあるNYへ行き、マックスとデュークも共に連れて行ったという溺愛っぷり。「映画のシーンと同じところに行けば、楽しくなるかなと思って、色々なところで一緒に旅行してました」と、劇中の場面写真のような写真を紹介し、設楽も「日本から旅行に行くときにこの二匹のぬいぐるみを持って行くって…すごいね(笑)」と驚きを隠せずにいると、「今年の夏も行きたいなって思います。ケイティの家とかこれかなーって探したくって!」と日村は更なる『ペット』愛を語りました。



 今回、『ペット2』のテーマが”成長と勇気”ということで、佐藤の愛犬・ポメラニアンのはなちゃんに「ご飯をお預けされている状態で飼い主の佐藤さんが出て行ったらはなちゃんはどうするのか!?」という試練が与えられることに。実はこの挑戦、前作に続き3年ぶり。前回は7分21秒“待て”が出来たはなちゃんは、お預けタイムの記録を更に伸ばす成長を見せつけることができるのか!皆さんでモニタリングの様子をチェックすると、まさかの52秒と、前回の記録を大幅に下回る結果に。これには佐藤も「あれ?3年前は7分以上待ってたのに・・・今回は全然待ってくれない」と悔しい様子を見せながらも、「はなちゃんは『あ、これ食べてもダメなやつじゃない、3年前にもやったもん!』って食べたんじゃない?」と設楽さんがフォローすると、「そういうことですね。ものすごく成長してます!でもこんなはずはないって家でもう一回やったら、20分ぐらい待ってくれたんですよ?」と、かわいい愛犬を擁護する親バカな一面も。常に笑いの絶えない会見となり、キャスト全員のペット愛が伝わる大盛り上がりのイベントが幕を閉じた。



 『ペット2』は7月26日(金)より全国公開。



画像ギャラリーはこちら(https://cho-animedia.jp/event/100986/)
。クリックすると拡大できます。






 



公式サイト

http://pet-movie.jp/s




公式Twitter

https://twitter.com/PetMovieJP




(C)Universal Studios.

 

外部リンク

cat_oa-rp45548_issue_e8577d4e05ab oa-rp45548_0_2c035849acfb_松田翔太が窪田正孝に「結婚したい!」と極限の愛情表現!?『東京喰種【S】』大阪プレミア試写会舞台挨拶開催 2c035849acfb

松田翔太が窪田正孝に「結婚したい!」と極限の愛情表現!?『東京喰種【S】』大阪プレミア試写会舞台挨拶開催

2019年6月25日 13:00 超!アニメディア

 7月19日(金)に全国公開を迎える『東京喰種 トーキョーグール【S】』のOSAKAプレミア試写会が、6月24日(月)に実施され、主演の窪田正孝、松田翔太、山本舞香が舞台挨拶を行った。






 早くも熱い注目を集める本作は、公開までは東京・大阪・パリでの3都市でしか試写会行わないことでも話題に。貴重なOSAKAプレミアに当選したファンたちがひしめく会場に、窪田、松田、山本が登場すると、熱気が一気にヒートアップ。キャスト陣は本作の試写会で、映画鑑賞後の観客の前に登壇するのは初めて。窪田は映画を見終えたばかりの観客に対し、「皆さんの率直な感想を聞きたいですね!」と興奮気味。また、前作を経て2年ぶりにカネキ役を演じたことについて、「作品が続くというのはすごくありがたい。役者冥利に尽きるところがありますね」と思い入れを語った。



 また、全世界で3回だけ行うという貴重な試写会のうち、2回目となるOSAKAプレミア。大阪の印象を聞かれると、窪田は大阪のフレンドリーさに言及。「関西の方は壁が無い方が多いですよね。物理的な距離も近いというか(笑)、『窪田くんやんな!写真撮ってくれる?』と友達かのように話しかけていただいたり、東京では味わえないノリがあります」と笑顔を見せた。



 続いて話題は、キャスト陣の本作での役作りへ。窪田は、カネキの独特な“受け身”の芝居について「前回は、鈴木伸之くん演じる亜門と戦っていたんですが、僕は基本的にぼこぼこにされていて(笑)。芝居もリアクションが全てで、どれだけ無様にやられるかで相手の強さがわかる。カネキ自身は受け身で、周りの皆が起こす事件や騒動に巻き込まれていく“巻き込まれ型”なので、その受け身さを大切に演じていますね」とコメント。



 そんなカネキと相対する、<グルメ>と呼ばれる史上最悪の喰種・月山を演じた松田は、「気持ちよかったですね~!」と満足気。「窪田くんが素直に演じてくれるので、僕がどれだけ変態な役でもやりやすかったです」と、窪田の“受け身”演技を絶賛した。また、強烈なキャラクターである月山役での怪演が話題となっている松田だが、役作りについては「(カネキを)『喰べたい』という気持ちは、そのままだと理解はしにくいので、『好き』という気持ちに置き換えて、とにかく『結婚したい!』『愛し合いたい!』という極限の愛に持っていくしかないなと思いました」と、独特なアプローチを取っていたことを告白。これには窪田も深く頷きながら、「バトルアクション映画と言ってはいますが、この映画は大恋愛映画なので!」と熱弁した。



 カネキと共に喫茶店「あんていく」に身を寄せるヒロイン・トーカ役の山本は、本作で激しいワイヤーアクションを自らこなしていることでも話題に。「アトラクションみたいな感じで楽しいです!」と余裕の笑みを浮かべながら、「出来上がるまでは想像しながら演じているところも多かったので、完成を見てすごいなと思いました」と手応えを感じている様子だった。



 実際に映画を観て気に入ったシーンを問われると、窪田は月山とマーガレット(マギー)が登場する冒頭のシーンをピックアップ。そのシーンで月山は喰種のマスクを着用しているが、こちらは映画のオリジナルで原作とはデザインが異なり、松田のアイデアによるところも大きいのだという。そのマスクをつけて、マーガレットが月山に捕まって大変な目に合うシーンを「大好きです!」とお気に入りシーンに挙げていた。



 対する松田は、フルフェイス状態のこだわりのマスク表現について、「月山の異常さを表現するときに、マスクの中でどんな恍惚の表情をしているか、皆さんに想像してもらったほうがいいと思いまして。息遣いでも彼の異常さを表現できたらいいと思った。漫画やアニメも見させていただいたんですが、現実に置き換えたときにどうしたらいいのかもすごく考えました」と語った。



 トークの後はクイズコーナーへ。本作では、美食を求めて喰種たちが集まる謎の“喰種レストラン“が登場するが、今回のプレミア会場となった大阪も“食の都”として有名。劇中での月山のセリフのように「トレビアン」なグルメがたくさんあることから、上映前に観客に「キャストの皆さんにお薦めしたいトレビアングルメ」の投票を実施、キャスト陣がその順位を当てることに。山本が定番の「たこ焼き」を押すなか、窪田と松田はあえてはずす策を選び、最終的に3人で選んだのは、1位:ミックスジュース、2位:甲子園カレー(甲子園球場で食べられるカレー)、3位:たこ焼きの順に。投票の結果1位に輝いたのは…「たこ焼き!」これには山本も「ほら言ったじゃん!」と思わずツッコミを入れる事態となった。



 イベントの最後には、キャスト陣からファンたちへメッセージが贈られた。山本は「続編ができるように、みなさんで盛り上げていきましょう!」と元気にコメントし、松田は「『松田翔太の変態っぷりがヤバかった』というところなど、体験した感じをそのまま、いろんな人に伝えていただけたら光栄です」と会場を沸かせた。そして窪田は、主演として映画に対する熱い思いをあらためてコメント。「本作を大恋愛映画と言わせてもらいましたが、人を好きになる形はそれぞれ違うものだったりしても、その大元には愛情があって、それがやっぱり人間という生き物なんだということを、この作品はまざまざと感じさせてくれます。今回はR15指定で、日本だけではなく世界に発信していくプロジェクトとしてやらせていただいています。仲間や家族についても描いているし、近くにいる人への日頃の感謝も気付かせてくれる作品です。映画を観たら、純粋に翔太さんの変態ぶりだったり、舞香ちゃんのかっこいいアクションだったりを、素直に誰かに伝えていただけたら、この作品をやった意味があるんじゃないかと思います」と語り、イベントを締めくくった。



 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』は7月19日(金)全国公開。



画像ギャラリーはこちら(https://cho-animedia.jp/event/100976/)
。クリックすると拡大できます。






 



©2019「東京喰種【S】」製作委員会 ©石田スイ/集英社

外部リンク