cat_oa-rp32090_issue_736057cedfa8 oa-rp32090_0_736057cedfa8_【衝撃】パナマのサルが石器時代に突入したことが最新研究で判明! まるで初期の人類…動画が可愛すぎる! 736057cedfa8

【衝撃】パナマのサルが石器時代に突入したことが最新研究で判明! まるで初期の人類…動画が可愛すぎる!

2018年7月6日 07:00 TOCANA

 中央アメリカ・パナマの島に生息するサルが石器時代に突入したという。今月3日付の英「Daily Mail」ほか、多くのメディアが報じている。




■石器を使うサル


 今回石器の使用が観察されたのは。パナマ・コイバ国立公園のノドジロオマキザル(Cebus capucinus)という猿の一種だ。中央アメリカに生息する新世界ザルの一種で、顔の周りや喉、前腕にかけてクリーム色の毛で覆われている特徴的なサルだ。映画「ナイトミュージアム」に登場したいたずら好きのサルの仲間といえば思い当たる方もいるだろう。


【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/07/post_17411_entry.html】


 ノドジロオマキザルたちが石器を使う様子を観察したのは、ドイツ・マックスプランク鳥類学研究所のブレンダン・バレット氏らだ。このサルが道具を使うことは2014年に発見されていたそうだが、詳細な観察と研究は2017年3月から行われたという。バレット氏は論文をプレプリントサーバー「bioRxiv」にアップするかたわら、YouTubeにもサルが石器を使う様子を収めた動画を公開している。


 動画にはサルが石を両手で持ち上げ、地面に置いたナッツや甲殻類などを砕いている様子が鮮明に映されている。サルたちはちょうどいい形の石を選び、森の中や川辺など至る所で食べ物を砕いて食べやすくしているという。


 ノドジロオマキザルはコイバ国立公園の近隣の島々に生息しているが、不思議なことに、石器を使うことが確認されたのはヒカロン島(Jicarón Island)に住むサルだけなのだという。サルたちはおよそ600万年前からこの島に住み着いていると見られる。島には捕食者がおらず、サルたちは比較的平穏に地上で過ごすことができる一方、食料はそれほど豊かな場所ではないという。そのため、この島のサルたちは石を使い、硬い殻に覆われた食べ物を割って食べる必要があるそうだ。


 また興味深いことに、石器を使うのは数頭のオスだけなのだという。この行動がいつ頃から始まったのかは分からないが、研究者らはサルたちが偶然石の使い方に気づき、いわば「石器時代」に入ったのだと考えている。このような行動が確認されたのは、ヒト以外の霊長類では4番目だという。


 石を持ち上げて打ち付けるサルの様子はなんともユーモラスだが、初期の人類もこんな風に一生懸命食べ物を得ていたのだろうか。現在は一部のサルしか見せない行動だというが、島の他のサルたちにも広がるのか、さらにもっと細かな作業ができるようになるのか、非常に興味が尽きないサルたちである。


(編集部)




※イメージ画像は、「Thinkstock」より

外部リンク

cat_oa-rp32090_issue_736057cedfa8 oa-rp32090_0_d16b5e7fbfae_嵐二宮和也、下がり過ぎた商品価値…「松本潤と差が開く」!? 映画『浅田家!』で運命決まる d16b5e7fbfae

嵐二宮和也、下がり過ぎた商品価値…「松本潤と差が開く」!? 映画『浅田家!』で運命決まる

2019年12月8日 08:00 TOCANA

 来年10月に公開される嵐の二宮和也が主演の映画「浅田家!」の場面写真が発表された。物語は家族が様々な職業のコスプレをした 様子を収めた写真集を出した写真家が、東日本大震災を通して家族 写真を撮ることに向き合う姿を描いたもの。 兄を演じる妻夫木聡との共演も話題だ。

 ただ、これに対する二宮ファンの反応は大きく割れている。11月に元フリーアナウンサーXさんと結婚を発表したからだ。5年の交際期間があった2人については多くの女性ファンが反発していた。それだけに二宮ファン自体をやめると公言する人もいるほ どだ。

「もうニノの映画を観に行くモチベーションないです。見ると既婚者なんだなーって思ってしまうから」

「最近ちょっと受け入れられるようになった。離婚だってありえるしなーとか思いつつ映画も見る」

「ファンを裏切って何の説明もないニノを前と同じ気持ちで見れない。映画は観に行かない。嵐は応援するけどこれは無理」

「浅田家は絶対観る。ニノが結婚を諦めなかった強さ、私も見習い たいから。いっぱい泣いたけど私も頑張る」

 ネット上ではこんな声が見受けられ、まさに映画を観る派観ない派に分かれていて、さらには

「いままでどおり映画を見ようって人の気が知れない」「いつまでも恨んでたら映画を楽しめないから損」と、互いのスタンスを疑問視する意見まであるのだ。

 これについて映画・舞台の興行関係に携わるプロデューサーは「正直、この映画の成果で二宮さん個人の商品価値が決まるといっても いいかもしれない」と言っている。

「映画や舞台というのは基本、見込まれる収益を見て、それに見合う予算を組む。最近の映画は製作委員会を組んでやる方式が主流で、公開する規模と時期、宣伝予算、劇場の収支などを全部算出して、それで関連企業から出資をしてもらいます。映画は権利商売なので劇場側と見込める収益を基準に様々な形の契約を結び、劇場側もリスクを抑えるために前売り券が売れるものほど動員数を見込めます。配給会社も予算に応じて、ポスターやマスコミへの広報、タイアップなど宣伝プランを作るんです 。だから、ジャニーズのような人気アイドルの主演が多いのも、客がちゃんと入るからなんです。同じ映画を2度、3度と見るファンもいるし、関連グッズも飛ぶように売れます。

 かなり手堅い収益規模が見込めるので、内容も豪華にできます。有名な共演者、大金を投じたロケ、だから本人の出演料もかなり高いです。逆に言えば、以前より人気が落ちれば今までのような予算が組めなくなるので、主演が減ったり、映画自体のクオリティが落ちたりします。ジャニーズタレントは基本、 出演料の値下げを認めませんから、そうなると出演オファーができないということだってありえます」

 つまりは映画「浅田家!」の動員数や興行収益が悪いと、来年末でグループが活動休止してからの二宮のソロ活動に大きな影響が出て くるというわけだ。なにしろ二宮はソロ活動のメインが映画、 ドラマである。報道番組に出る櫻井翔や、バラエティに強い相葉雅紀とは違ってチケットセールスがモノをいうわけだ。

「同じ俳優業メインになっている松本潤さんと大きく差が開く可能性もありますね」

 二宮には一部ではアメリカのハリウッドから声がかかっているとの 報道もあったが、これもプロデューサーに言わせれば「日本での動員力があるからであって、そうじゃなきゃわざわざ英語も堪能ではない日本のアイドルをブッキングする理由はない」という。

 まだまだ先の公開ゆえ、実際の「浅田家!」の興行収益は、フタを開けて見ないと分からないが、ファンの猛反発の中で結婚に踏みきった二宮に対し「観ない」宣言をしているファンがいることを見れば、動員力が大きく落ちる可能性があり、そうなればハリウッドどころではない話になってしまう。アイドル人気を減らした俳優・二宮としての人気はいかほどのものか気になるところだ。

(片岡亮/ NEWSIDER)

外部リンク

cat_oa-rp32090_issue_736057cedfa8 oa-rp32090_0_edd3f7c45c96_神田沙也加とジャニーズJr.の「不倫もみ消し」がエグい!? “大忖度”発動で美談に…裏事情がヤバイ! edd3f7c45c96

神田沙也加とジャニーズJr.の「不倫もみ消し」がエグい!? “大忖度”発動で美談に…裏事情がヤバイ!

2019年12月8日 07:00 TOCANA

 芸能マスコミの〝忖度〟ここに極まれり、だ。

 大ヒット上演中のディズニー映画「アナと雪の女王2」で、主人公のアナの声を演じる神田沙也加に〝不倫疑惑〟が浮上。スクープしたのは5日発売の「女性セブン」(小学館)で、沙也加は2007年4月に結婚した9歳年上の俳優・村田充と10月ごろに別居し、その後舞台で共演したジャニーズJr.の秋山大河に熱を上げているのだという。同誌ではマスコミを警戒しながら、カレのマンションに通う沙也加の姿が激写されている。

 同誌は夫の村田を直撃。妻の不貞行為を否定し、離婚についても「ないです」と断言していたが…。次に同誌が沙也加サイドに話を当てると「村田さんとは既に離婚しています」という回答があったという。これはどういうことか。

「最初に記者に当てられた村田さんから沙也加さんの方に話が行き、慌てて離婚済みであると公表したのでしょう」とはスポーツ紙記者。

 事実、女性セブンの早刷りがマスコミ各社に届いた4日、沙也加と村田はそろって「離婚」を発表。沙也加は「結婚以来、子供のことについてずっと話し合ってまいりましたが、折り合う答えを見つけることが出来ませんでした」とした上で「わたしは生きてきた環境の中で持った考えを変えられず、彼を幸せにすることが出来ないと思いました。その結果、別々の人生を歩むという結論に至りました」と説明した。

 一方の村田は「子どもが欲しかった私と、前向きになれなかった彼女とで折り合いがつかず、互いを尊重し、前を向いてそれぞれの人生を歩むという結論に至り、今年の夏、二人で円満に離婚届を作成し、離婚に双方合意をいたしました」と告白。ようは2人は今夏の時点で離婚の意思を固め、その後親密になった沙也加と秋山との関係は「不倫には当たらない」と言いたいのだ。

 だが、村田の文面をよく読むと「今年の夏、二人で円満に離婚届を作成し、離婚に双方合意をいたしました」とある。離婚届はいつ提出されたのか?

「実はその点については沙也加サイドも村田サイドも言葉を濁しています。『離婚した上で秋山と交際した』という時系列が崩れてしまうのでしょう。実際、この問題をスクープしたセブンは『不倫』であると断じており、まだ離婚届は提出されていない可能性すらあるとみています」(ワイドショー関係者)

 にも関わらず、朝刊スポーツ紙をはじめとした芸能マスコミは「離婚→新恋人発覚」いう順番を守り、不倫を否定する論調を並べている。週刊誌記者によると、そうなった背景にはジャニーズ事務所の意向があるという。

「秋山は小物ですが、今回の報道を野放しにしてしまうと『ジャニーズ事務所のタレントは不倫もOKなのか』となってしまう。これは熱愛とは別次元の問題。今年亡くなったジャニー喜多川さんは男女の真剣交際については理解があったが、不倫は絶対に認めなかった。その意志を継いで、ジャニーズ上層部が御用メディアにクギ刺し、彼らもそれを忖度した」

 7月に公正取引委員会は稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の元SMAP3人の地上波出演に圧力をかけたとして、ジャニーズ事務所を注意した。この問題ではジャニーズよりも、忖度するメディア側に批判が集まった。前出週刊誌記者は「結局何も変わっていないということです。大手メディアはジャニーズ事務所の言いなりなんですよ」と吐き捨てる。

 おかげで沙也加はアナ雪を製作したウォルト・ディズニーから巨額の違約金を請求されないで済みそうな雲行きだ。お相手の秋山はしばらく冷や飯を食わされそうだが…。

 子供たちが熱狂するアナ雪の舞台裏では〝大人の事情〟が働きまくっているようだ。

外部リンク

cat_oa-rp32090_issue_736057cedfa8 oa-rp32090_0_9f972b050f67_沢尻エリカの次に逮捕疑惑「超大物女優X」が尿検査、「大物タレントY」もマトリ注目! 9f972b050f67

沢尻エリカの次に逮捕疑惑「超大物女優X」が尿検査、「大物タレントY」もマトリ注目!

2019年12月7日 08:00 TOCANA

 ピエール瀧の逮捕で始まり、沢尻エリカの逮捕・起訴で2019年の芸能人薬物逮捕は終わりそうだが、今年はコカイン、大麻、覚せい剤などの違法薬物をやっている芸能人が多く検挙された。

 年末年始は官公庁も休みのために、現行犯以外の逮捕劇はあり得ないが、マトリや組対五課はまだまだ大物芸能人を狙っている。

 沢尻エリカ被告の“沢尻ルート”以外に狙われている芸能人は誰なのであろうか。

 数年前から薬物を使用しているという疑惑の掛かっている大物女優の1人にXがいる。

 大手芸能事務所の所属で元々モデルだが、今では数多くの映画・ドラマやバラエティに出演し、視聴率が取れる人気の高い主役クラスの女優だ。

「Xが狙われているのは覚せい剤です。彼女の付き合っている筋が非常に悪く、交際していた人間にも反社会勢力が多く存在する。その筋から覚せい剤を引いていた噂が根強く流れています。実際に3~4年前には当時交際していた反社の男性がマトリに逮捕され、彼女も尿検査を受けたはずです。

 ただ所属事務所の力が強く、政治家を使い、Xの調書も取れなかったという話を聞いています。その時のことをマトリは悔しがっていて、ブツが絶対に出るから目を離すな、と当時の部長が厳命したと聞いています」(大手全国紙記者)

 続いての芸能人は、有名人を身内に持つタレントのYだ。

 元々、彼女は芸能以外のフィールドで世界的にも華々しく活躍したが、その後芸能界に転身した。その容姿を生かして、数多くのメディアに露出している。

「Yは、前に付き合っていた彼氏やその周辺者が薬物愛好家で、その彼氏の周辺者が元関東連合メンバーとも深い付き合いがあったために、一時期マトリに行動確認だけでなく、ごみ漁りなどマークされたようです。

 彼女より、正直その彼氏の方が大物ですが、その彼氏をマトリが捜査を始めたころに情報が漏れましたね。今は止めているという話もありますが。

 でも、彼女もその彼氏と付き合う前から怪しいクラブなどに出入りし、ハイテンションで踊りまくる姿とか意味不明な言動などが多くみられて、周りでは薬物の影響なのではないかと噂されていましたよ。彼氏とは縁が切れたみたいですが、怪しい人間との交友関係は今も続いていると思われています。ある人間の行動確認をしていたら、深夜にYと接触している姿が何度もマトリに目撃されています」(前出大手全国紙記者)

 Yが逮捕される事態になれば、今までのキャリアは当然無意味になり、身内への影響も考えられる。2020年には東京オリンピックを控えている。マトリや警察は違法薬物を一掃するために、大麻や覚せい剤などの違法薬物の取締りを、今までの取締り月間と関係なく毎日厳しく取り締まる戦いの日々が続くであろう。

 それは一般人に向けてではなく、芸能人も同じ立場なのだ。

外部リンク

cat_oa-rp32090_issue_736057cedfa8 oa-rp32090_0_c1e8afdb82be_沢尻エリカの次に逮捕疑惑の女性タレント「S」とは? 音楽、離婚、バラエティに多数出演!? c1e8afdb82be

沢尻エリカの次に逮捕疑惑の女性タレント「S」とは? 音楽、離婚、バラエティに多数出演!?

2019年12月6日 08:00 TOCANA

 沢尻エリカ容疑者と元カレのNAOKIこと横川直樹容疑者が麻薬取締法で逮捕・勾留されているが、使用での尿鑑定がシロだったために、容疑は所持だけで警視庁組対五課の面目は丸つぶれだ。

 トカナでは薬物を使用している芸能人を何人も取り上げているが、また1人、芸能人の周辺者から情報提供があったので、実態をお伝えする。

 その芸能人は離婚歴もあり、音楽活動も積極的に行い、テレビのバラエティなどに数多く出演し、好感度も高い女性タレントSだ。

 情報提供者はトカナの取材に対してこう語っている。

「Sが大好きなのは大麻です。元々は薬物には興味が無かったと聞いていますが、前の旦那が大麻の愛好家で、それに影響されて吸い始めたとか。でも、子供が生まれてからは否定的になったそうで、それが離婚にもつながったと聞いていますが…」(芸能人の友人A氏)

 この噂を芸能記者に確かめると

「Sに関する大麻の噂はよく聞きますね。彼女が出入りしていたレゲエクラブも大麻を吸う人間が多く集まっていましたし。実際に、煙の中にSがいる写真もありましたが、その煙が大麻かタバコか分からないので、使えませんでした。彼女が大麻に否定的な姿勢になったという話も聞いたことはありますが、夫婦で吸いまくってましたからね。私は今でも大麻を吸っていると思いますよ」(芸能記者)

 なぜ今Sの噂が流れているのか?

「彼女も仲が良かったと囁かれている大麻の大物売人が渋谷の大麻栽培の“師匠”と親密な関係があった可能性があり、噂が再燃しているのでしょう。彼女の大麻の使用歴は長いはずですよ」(芸能誌記者)

 大麻栽培の師匠と言われているのは、渋谷の円山町で園芸用品店を経営していた人間だ。11月20日に、大麻栽培のキットを売買した大麻取締法違反(栽培ほう助)の疑いで神奈川県銃器薬物対策課に逮捕された渋谷の“グロウショップレアル”の経営者公文智容疑者が逮捕されたが、この容疑者から大麻栽培キットを買った人間が、自身で吸うことだけを目的とするだけではなく、多くの人間に育てた大麻を売っていたという。

 現在大麻に絡んでの逮捕者が続出しているが、それらの一部は大麻の「師匠」からの購入者名簿が押収されたためだという。

 今、大麻に絡んでの逮捕者続出の理由は、もちろん東京オリンピックに向けた違法薬物撲滅運動だ。有名人を逮捕すれば、社会に大きな警鐘を与えられる。これからも逮捕される有名人は続出するのであろうか。

外部リンク

cat_oa-rp32090_issue_736057cedfa8 oa-rp32090_0_99e91a37f7fb_小室圭さんと眞子さま「予定通り結婚」濃厚!あの文章が決定打…元婚約者は体調不良、借金問題も… 99e91a37f7fb

小室圭さんと眞子さま「予定通り結婚」濃厚!あの文章が決定打…元婚約者は体調不良、借金問題も…

2019年12月6日 07:00 TOCANA

 

 この2年のすったもんだが、無に帰すかもしれない。



 先月30日に54歳の誕生日を迎えた秋篠宮殿下が記者会見を行い、長女の眞子さまと小室圭さんの結婚問題に言及。昨年の会見で明言した「多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ、婚約に当たる納采の儀は行えない」という姿勢を維持した上で、次のように述べた。



「この次の2月で2年経つわけですね。昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、何らかのことは発表する必要があるという風に、私は思っております」



 これを受け、メディアは結婚問題のXデーを来年2月に設定。小室さんの母・佳代さんの借金問題は一向に解決しておらず「ついに破談の日が来た」と見る向きある。



 実際、秋篠宮殿下も心中は破談を望んでいるだろう。だが、会見で殿下は「長女と結婚について話をする機会はありません。小室家とも連絡は取っておりません」と述べ、ボツ交渉であることを明かしている。



 こうなると原点に戻るしかない。2年前、結婚延期を発表した際、眞子さまは文書で次のように綴っていた。



「皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく修了した後の再来年に延期し、充分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りました」



 これを読めば、2人の結婚は2年前の時点で担保されていたことになる。宮内庁関係者の話。「眞子さまと小室さんの心の拠り所も、この文章である可能性が高い。周囲がいくら反対しても、2人が耳を貸さなかったのは『時期の問題だけであって、結婚はもう決まっている』と考えているからにほかならない」



 事実、秋篠宮殿下が誕生日会見を行ったあとも「小室さん側からのアクションはない。全く気にも留めていない印象をうける」(同)という。佳代さんも同様で、今夏に元婚約者男性と話し合いの場を設けるはずだったが、代理人同士が顔合わせしただけで、交渉は行われなかった。



 皇室担当記者いわく「元婚約者の代理人にマスコミ関係者が就いたことを佳代さんが警戒。今は全くの音信不通だ。息子から『結婚は決まっているから焦らなくて大丈夫』と説得されたのかもしれない」。結果、来年2月に「一連の儀式が終わったので、予定通り結婚します」となる可能性が日増しに高まっているという。



 果たしてそれで国民は納得できるのか?



「借金問題など最初からなかったかのように振舞えば、国民はどっちらけでしょう。浮かばれないのは元婚約者男性。ここまでの大ごとになったことで、最近は体調も優れないといいます。ストレスを抱えていたのは自分だけだったとわかれば、目も当てられません」(週刊誌記者)



 佳代さんの借金問題が発覚して2年。騒いでいたのは当事者以外のマスコミだけだったといオチで終わるかもしれない――。

外部リンク

cat_oa-rp32090_issue_736057cedfa8 oa-rp32090_0_f6a38a0f40e1_沢尻エリカ逮捕「別の知人の男」が狙いだった!? すべて元カレのせいにして不起訴の可能性も? f6a38a0f40e1

沢尻エリカ逮捕「別の知人の男」が狙いだった!? すべて元カレのせいにして不起訴の可能性も?

2019年12月5日 19:40 TOCANA

 合成麻薬MDMAを所持したとして沢尻エリカ容疑者が逮捕された事件をきっかけに、近しい芸能人仲間たちの周辺も騒がしくなっている。友人女優には逮捕間近情報まで飛び交っているが、沢尻容疑者に関しても新たな情報が複数出ている。というのも、逮捕時から捜査当局の目論見が外れたためだ。

「10年以上前から大麻やMDMA、LSD、コカインを使用して いました。有名人が薬物で逮捕されるたび私も危ないと注意していました」

 これは当局が発表した、沢尻容疑者の供述だ。これだけ読むと、以前から違法薬物を摂取しており、当然今回もアウトということになるのだが、必ずしもそうではないから難しい。

「逮捕されてから、 沢尻の薬物依存症を窺わせる供述がどんどんリークされてきた。その理由は警察が描いていた絵と実態がかけ離れており、焦っている証拠とも言える」(社会部記者)

 当局は渋谷のクラブで行われたイベント帰りの沢尻容疑者を“急襲”。自宅からMDMAを見つけ、一気に逮捕に漕ぎつけたのだが、 「当初はMDMAではなく、コカインでの逮捕を狙っていた。クラ ブのイベントで使用すると踏んでいたからに他ならない。ただ沢尻はクスリを使っておらず、尿鑑定でもシロだった」(前同)

 沢尻容疑者はMDMAを元カレのデザイナーの男から預かったと話したことで、後にこの男も共同所持で逮捕した。当然、当局もこの男が違法薬物に手を染めていることは分かっていたが、本来の狙い は沢尻容疑者の別の知人だったと言われている。

「沢尻と男は随分長い付き合いで、以前からクスリで繋がっていると噂されていた。 しかし今回のターゲットは主にクラブで沢尻らにコカインなどを提供していた別の知人で、そこから芸能人ルートに切り込む計画だったが、予定が狂ってしまった」(捜査事情通)

 沢尻容疑者の尿からは違法薬物が出てこなかったこと、またMDMAを男から預かったという趣旨の供述をしていることから、「不起訴になるのではないか?」という話も出てくる始末。「沢尻に近い 関係者たちは、すべて元カレの男のせいにして不起訴に持ち込むことを狙った」(芸能関係者)

 間もなく沢尻容疑者の勾留期限が切れる。それまでに検察が起訴するかの判断をするわけだが、以上の理由からどうなるか、 読み切れない。不起訴となり、再び芸能界に戻って来るのか――沢尻容疑者の運命の日は近づいている。 

外部リンク

cat_oa-rp32090_issue_736057cedfa8 oa-rp32090_0_d71f8e803b7f_コンゴ最強オシャレ軍団「サプール」来日公演!緊急・徹底解説! 音楽&ファッションが世界で大注目! d71f8e803b7f

コンゴ最強オシャレ軍団「サプール」来日公演!緊急・徹底解説! 音楽&ファッションが世界で大注目!

2019年12月5日 16:00 TOCANA

 1970年代後半にザイール(現在のコンゴ民主共和国)でサプールというムーヴメントを巻き起こした歌手のパパ・ウェンバ(2016年に死去)と長年行動を共にしていた歌手のスティノが来日した。今回の来日は、『音部屋スクエア』(東京都新宿区)で行われるコンサートに出演するためだ。

 パパ・ウェンバと言えば、76年にヴィヴァ・ラ・ムジーカという自身のオルケストル(バンド)を結成して、音楽の中にファッションを取り入れたことで知られるミュージシャンだ。これによって、ザイールでは、すっかり廃れていたサプールという文化が復活した。パパ・ウェンバは、ジャン・ポール=ゴルチェやマリオ・ヴァレンチーノなどといったブランドものの洋服を着てステージに上がった。

 今回、来日したスティノは、10代の頃からヴィヴァ・ラ・ムジーカに在籍していたミュージシャンだ。80年代後半になって、パパ・ウェンバがパリを拠点とするインターナショナルなグループを結成すると、そのグループのフロントにも立っていた。コンゴ民主共和国でもよく知られているミュージシャンのひとりで、現在は、パリ郊外に住んでいる。ワードミュージックファンなら知っていることだが、ヴィヴァ・ラ・ムジーカもインターナショナルなグループも来日公演を行っている。コンサートが終わってから、横浜・関内にある《LEON BAR》で話を聞いた。

――どうだった、今回のコンサートは?

「日本に来るのは、2016年以来のことになるね。3年前のパパ・ウェンバの追悼コンサートのとき以来だ。今回のコンサートにも多くのオーディエンスが来てくれた。とてもいいコンサートになった。感謝している」



――数年前から日本でもサプールという文化が注目されているけど、最近はどうなっているのかな。

「最近は、モドゴ・ジャン・フラン・コ・フェーレ(という有名なサプールであり作詞家)の息子であるロービーがパリ市内でブティックを経営している。彼は、サプールであり歌手でもある。世代が若返った感じだ。パリ市内やその郊外でコンサートが行われると、みんなオシャレをして来ているよ。数多くのコンゴ人がサプールの血を引き継いでいる。キンシャサでもそれは同じことだ。自分自身は、サプールを名乗らないことにしているけど、今日着ている服は Yoji Yamamoto だよ。人には、それぞれのスタイルがある。それを名乗る者もいれば、名乗らない者もいる。それぞれが尊重されるべきだと思っている」


 サプールというのは、フランス語で<Société des ambianceurs et des personnes élégantes>と書く。これを日本語に訳すと「エレガントにお洒落を楽しみ、遊び歩くことの好きな人々の集まり」とでもなるだろう。サプール(SAPEUR)というのは、その人のことを指す。サプールの発祥は、コンゴ共和国で、今から100年くらいほど前からその文化はあった。コンゴ共和国とコンゴ民主共和国は、コンゴ川を挟んで、隣り合わせの国となっている。コンゴ共和国にもサプールがいることは知られているが、筆者の知り合いがいるのは、コンゴ民主共和国の方だ。以前、トカナにも記事を書いた




 今から30年以上前、筆者は、ザイール共和国の首都・キンシャサにいた。84年から85年にかけてのことになる。目的は、ルンバ・ロック/ルンバと呼ばれている音楽を聴くためだった。このときは、パパ・ウェンバが若手の音楽シーンを牽引しており、あまりにもこのシーンが面白かったので13ヶ月も滞在してしまった。当時は、音楽とファッションが結びついていて、ミュージシャンは、ブランド物の洋服を着てステージに立っていた。また、オーディエンスもオシャレをしてコンサートに足を運んでいた。ミュージシャンと同じようなファッションで着飾っていた人たちも多かった。

 キンシャサに滞在していた頃、スティノの家にも行ったことがある。彼は、クーラーのない部屋で生活していた。実際、現地での生活は、かなり厳しいものがあった。若手ミュージシャンであるスティノは、僅かなギャランティーで生活していたのだ。

 その後、筆者は、80年代後半から90年代前半にかけてパリ通いをしながら、彼らの音楽を聴いたりサプールの写真を撮ったりしていた。パリにもザイール人のコミューンがあり、そのようなところがフィールドになっていた。ヴィヴァ・ラ・ムジーカやヴィクトリア・エレイソン、アンチ・ショックなどといったオルケストルがキンシャサとパリの間を往復しながら演奏活動を行っていたので、活気に満ちていた。パリ市内やその郊外では、ほぼ毎月のようにコンサートが行われていた。


――ところで、これからのサプール文化はどのような方向に向かうと思っている?

「サプールという文化は、長い歴史がある。世代が変わっても引き継がれて行くだろう。パパ・ウェンバは、亡くなってしまったがザイール/コンゴ(民)の音楽をアグレッシヴなものにした。偉大な足跡を残したミュージシャンだ。我々は、そのことを忘れてはいけない。サプールは、生き様そのものと言える」




 筆者は、以前、パパ・ウェンバと話しているときに、「サプールというものがなかったらどうなっていたか?」という質問をしたことがある。そのときパパ・ウェンバは、「サプールというのは、ひとつの文化だ。もしもこの文化がなかったとしても、我々はオシャレをしているだろう。まず自分自身が着飾ることが大切なんだ。どんなブランドものの洋服でもいい。オシャレをするということ自体が人生をエンジョイすることに繋がるんだ」と答えてくれたことがある。

 スティノは、パパ・ウェンバのもとで色々なことを学んだ。このことによって、人間としてひとまわりもふたまわりも大きくなった。彼がヴィヴァ・ラ・ムジーカだけではなくインターナショナルなグループでも歌うことができたのは、パパ・ウェンバの信頼を得ていたからだ。サプールについての考え方もパパ・ウェンバのそれを引き継いでいる部分がある。

『音部屋スクエア』で行われたコンサートでは、往年の名曲である『M.J Ngoyi』や『Mista』などが演奏された。ちなみにM.J Ngoyiは、妻の名前だ。また、スティノは、その独特なダンスも披露した。彼は、マイケル・ジャクソンのファンで、アクションやステップなどは、マイケルのそれを取り入れている。

 ちなみに今回のコンサートでパリから来日したのは、スティノひとりだ。バックは、在日コンゴ人ミュージシャンと日本人ミュージシャンが務めた。また、来年もコンサートが予定されているので、足を運ぼうと思っている。



 

外部リンク

cat_oa-rp32090_issue_736057cedfa8 oa-rp32090_0_68527dfc7dc1_片瀬那奈、小橋賢児氏、疑惑のX夫妻…沢尻エリカ以外の登場人物の近況は!? 大いなる闇も… 68527dfc7dc1

片瀬那奈、小橋賢児氏、疑惑のX夫妻…沢尻エリカ以外の登場人物の近況は!? 大いなる闇も…

2019年12月5日 08:00 TOCANA

 麻薬取締補違反容疑で逮捕された女優・沢尻エリカ容疑者の拘留期限が6日に迫っている。メディアの間でも「起訴」や「不起訴」で割れており、予断を許さない状況だ。そんななか、沢尻容疑者以外の登場人物に目を当てると、奇妙なことがわかってくる。

 まずは過去に先月26日に同法違反で逮捕されたデザイナーの横川直樹容疑者。沢尻容疑者の元交際相手と言われる人物で、押収されたMDMAも横川容疑者から譲り受けたとされる。当局の取り調べに黙秘を貫いていると一部で報じられたが、厳密には「入手ルートなど、事件の核心部分について聞くと一切喋らなくなる。これは沢尻容疑者も同じで、事件直後はペラペラ喋っていたが、現在は黙秘するようになっている。弁護士の指示によるものだろう」(関係者)という。

 過去、沢尻容疑者との交際説が流れた元俳優・小橋賢児氏はどうか。同氏はEDMミュージックの祭典「ULTRA JAPAN」に深く関わり、同イベントにも疑惑の目が向けられているが、スポーツ紙記者によると「ここにきて小橋氏に近い人物がマスコミに『小橋はもうULTRA JAPANから離れている。一切関係ない』と説明して回っている。小橋氏の奥さんについても『小さい子供がいる。事件のことなど知る由もない』と話している」という。

 沢尻容疑者の〝夜友〟と呼ばれる人たちはどうか。親友の女優・片瀬那奈は日本テレビ系「シューイチ」で涙をこらえながら「悲しくて、ショックで。これだけ近くにいて何も知らなかったのは本当に悲しいし、裏切られた気持ち。近かったからこそ言ってほしかったし、私は怒りたかった」と突き放していたが…。

「局のスタッフからは白い目で見られている。そのことを本人もわかっているのか、最近は口数が少なく、仕事が終わればすぐに現場を離れている」(テレビ関係者)

 沢尻容疑者が逮捕前日に訪れていた渋谷区のクラブ「W」でイベントを主催し、事件の〝最重要人物〟と目されるX夫妻も、「潔白」を強調しているという。

「週刊誌では沢尻容疑者の薬物ルートの中心にいる人物と報じられたが、夫でDJのX氏は某メディアの直撃取材に『一切関係がない。彼女(沢尻容疑者)のせいでこっちも迷惑被っている』と反論していたそうです。妻でプロモーターのX子は自宅マンションに引きこもっているので様子はうかがいしれませんが、周囲には『大病を患い、今年手術した。そんな体で薬物に関わるわけがない』と主張しているそうです」(週刊誌デスク)

 すべてにおいて共通するのは、沢尻容疑者とは「一切関係ない」という点。とても鵜呑みにはできないが、ハッキリしているのは、事件を沢尻、横川容疑者のところで食い止めようとする意志が働いていることだ。

「入手ルートを辿られてはまずいし、ドル箱イベントであるULTRA JAPANに関心が向かうのも困る。あくまで横川容疑者が単独でクスリを調達し、それを交際相手の沢尻容疑者に渡していたことにしたいのだろう」(同)

 結局、今回も先日も報じた〝大いなる闇〟は表に出ることはないのだろうか――。

外部リンク

cat_oa-rp32090_issue_736057cedfa8 oa-rp32090_0_ed3f35575578_【コナン君も推理不可】著名シャーロック・ホームズ研究者の死にまつわる未解決事件! 謎の追跡者、奇妙な言動… 小説の模倣殺人!? ed3f35575578

【コナン君も推理不可】著名シャーロック・ホームズ研究者の死にまつわる未解決事件! 謎の追跡者、奇妙な言動… 小説の模倣殺人!?

2019年12月4日 16:00 TOCANA

 2004年3月27日、リチャード・ランセリン・グリーンが、ロンドンの自宅アパートのベッドで、うつ伏せになって死んでいるのが発見された。捜査では、首に巻いた靴ひもを木のスプーンでねじりあげ、縊死したことが明らかになり、当初は殺人と断定された。

 この事件をさらに複雑にしたのは、実はグリーンは、かの有名な探偵シャーロック・ホームズと、その作者アーサー・コナン・ドイルの世界有数の専門家であることであった。





■シャーロック・ホームズ研究家の苦悩

 グリーンは1953年、英国北西部のチェシャーで生まれた。彼はわずか7歳の時から、シャーロック・ホームズに関する品の収集を始め、初版の本、映画関連品を含むコナン・ドイルの屈指のコレクターであった。彼は自分の家の屋根裏部屋に、かの有名なベイカー街のホームズの部屋さえ再現していた。

 オックスフォード大学で英文学を学んだ彼は、彼自身も著名な作家として見聞を広げるためにあちこちを旅した。




 数多くの著作を出版していたグリーンであったが、彼の生涯をかけた仕事は、未完成であったアーサー・コナン・ドイルの伝記を書くことであった。すでにドイルの伝記は幾人かの作家によって書かれていたが、それらにはドイルの裕福な相続人である2人の息子、エイドリアンとデニスからの干渉があったといわれている。

 しかし、グリーンはコナン・ドイルの娘ジーン・ブロメットと親しい関係を築き、彼女が持っていた記録は、彼の研究の中で最も重要な部分を占めていた。

 グリーンの不可解な死の物語は、ここから幕開けとなる。

 2004年、国際オークションハウスのクリスティーズが、「コナン・ドイル・コレクション」を売却すると発表した。グリーンは、この豊かな資料がアメリカ人の手に渡る可能性に激怒し、この資料は、イギリスの図書館に引き継がれるべきと考えていた。彼はこの収集物の多くは、彼が発見したものと同じであり、また盗まれた品々であると確信していた。

 グリーンは、当然のようにクリスティーズにオークションの中止を訴えた。


 コレクションはドイルの息子エイドリアンの未亡人のものであり、グリーンの長年の友人であるドイルの娘が指示したように、大英図書館に遺贈されるべきだった。グリーンはこの問題を証明しようと、いたずらに努力したが、最終的にはオークションに反対するだけの証拠を揃えられず申し立てはできなかった。

 グリーンはオークションについて、非常に深く悩み苦しんだ。

 彼が死の数週間前に、友人やジャーナリストに語ったところによると、正体不明のアメリカ人がグリーンを追っており、彼のオークションへの反対表明が彼の命を危険にさらしているとのことで、妹のプリシラ・ウェストも、兄はアメリカ人に追われていると周囲に主張し、家は盗聴されていると話していたという。

 その妹は、グリーンが精神的に非常に不安定になっており、妄想的な行動を見せていたと述べた。そのため、妹はグリーンが死んだ朝も、彼のアパートに様子を見に訪ねたのだった。




 

■グリーンの謎の死

 彼のアパートに、無理やりこじ開けられたような形跡はなかった。しかし、確かにグリーンが絞殺された方法は、自殺と考えるにはあまりに特殊だった。グリーンはまた、本格的なうつ病や精神的健康の問題を抱えたことは一度もなく、何より文筆家でもある彼が、遺書を何らかの形で残さないのも奇妙に思えた。

 グリーンの亡くなったベッドの傍らには、ほとんど空のジンの瓶が転がっていたが、彼は夕食ではいつもワインを飲んでいた。グリーンは有名なワイン愛好家であり、彼のような洗練されたワイン愛好家は、ワインを飲んだ後にジンで締めることはあり得ないという。

 グリーンが最後の夜、夕食を共にした彼のボーイフレンドは、夕食後にケンジントンのグリーンのアパートに戻ったと述べ、何も事件の兆候はなかったと話している。





 雑誌「The New Yorker」の記事によると、グリーンと共にオークションの中止に尽力していた別の学者、オーエン・ダッドリー・エドワーズは、グリーンが殺されたとは考えられないが、グリーンがオークションを阻む最大の人物だったことは間違いないと話す。しかし、グリーンの親友の多くは、彼は自殺するような性質(たち)ではないと考えていた。

 グリーンが問題にしていたアメリカ人は、ジョン・レレンバーグという男性で、彼はホームズに関する多くの本の著者であり、またホームズ研究に関して、グリーンと双璧を成すもう一人の著名な人物だった。当然のことながら、彼はグリーンが彼に言及した理由や、彼のパラノイアの理由について何も知らないと主張した。

 ただし、レレンバーグがグリーンが死んだ夜にロンドンにいたことは注目に値するだろう。グリーンが彼に出会い、彼の存在によって極度の精神不安定になった可能性はあるかもしれない。

 そして皮肉なことにオークション後、最も重要な文書の多くは結局、大英図書館に収まることが決まった。

 結局、検視官はグリーンの死は自殺とも他殺とも結論付けなかった。しかしグリーンの死は、シャーロック・ホームズの物語の1つと奇妙に似ているのだ。

 グリーンはこのトリックを利用し、ドイルの遺品が英国から流出するのを阻止し、また彼のライバルに疑いをかけようと仕組んで、自殺をしたのではないかと考える人もいる。もしその推理が当たっていたら、グリーンの一世一代のトリックは見事成功したと言えるだろう。





参考:「The Malestrom、 「Vocal」、「Conan Doyle Collection」、ほか

外部リンク