cat_oa-rp31714_issue_a60d99f5f6a7 oa-rp31714_0_a60d99f5f6a7_大谷翔平「女子アナや女優とは結婚しない」報道で注目されたアノ人 a60d99f5f6a7 a60d99f5f6a7 大谷翔平「女子アナや女優とは結婚しない」報道で注目されたアノ人 oa-rp31714

大谷翔平「女子アナや女優とは結婚しない」報道で注目されたアノ人

2017年12月15日 18:14 アサジョ

 12月14日に発売された「週刊文春」が、米メジャーリーグ・エンゼルスに入団が決定したプロ野球選手・大谷翔平(23)の“結婚の条件”を報じた。
 投手と打者をこなす“二刀流”で知られる大谷は、プロ野球界でも逸材中の逸材。メジャーでの活躍も期待される一方、甘いマスクで女性ファンも多い。当然、大谷の結婚の条件が気になる女性ファンは少なくないはずだ。
 記事では、結婚相手に関して大谷が家族から厳しい条件が課せられていることを紹介。要約すると、高校時代から野球一筋の大谷は「25歳までは野球に没頭したい」と話しているらしく、女っ気も全くない。両親は結婚相手に女子アスリートがいいと考えているようで、「女子アナや女優とは結婚させない」と釘を刺しており、これには大谷本人も了承しているという。
「この報道でまず思い浮かぶのが“カトパン”ことフリーアナウンサーの加藤綾子。実は以前、加藤は大谷への取材でトンチンカンな質問をして世間を騒がせました。2016年7月放送の『スポーツLIFE HERO’S』(フジテレビ系)で、加藤は日本ハム時代の大谷を取材。野球の取材にもかかわらず、好みの女性のタイプや結婚など、恋愛に関する質問をしたのです。これを観ていた視聴者からは『カトパンは大谷に気がある』『大谷君、カトパンに気をつけて~』などの声が上がっていました」(スポーツ紙記者)
 9月13日に放送された「今売れている!!ニッポン21世紀職人!!」(フジテレビ系)で、ウエディングドレス姿を披露した加藤。共演者のタレント・坂上忍から「いつかこういうの着るんでしょうね?」と聞かれた加藤は「急ぎたいと思います」と即答。
 加藤の本当のウエディングドレス姿を観られるのは、いつになるのか?
(石田英明)

外部リンク

cat_oa-rp31714_issue_a60d99f5f6a7 oa-rp31714_0_23951d3b7d1a_和田アキ子、新曲MVの再生回数300万回突破!目指すは悲願の「紅白復活」? 23951d3b7d1a 23951d3b7d1a 和田アキ子、新曲MVの再生回数300万回突破!目指すは悲願の「紅白復活」? oa-rp31714

和田アキ子、新曲MVの再生回数300万回突破!目指すは悲願の「紅白復活」?

2021年9月27日 18:15 アサジョ

 歌手の和田アキ子が9月2日に配信リリースした新曲「YONA YONA DANCE」が、Billboardが発表したTikTok週間ランキング(9月6日~9月12日)で14位にランクイン。大ヒットの兆しを見せている。
 この楽曲は、ロックバンド「フレデリック」がプロデュース。フレデリックの軽やかでダンサブルなビートに、和田のソウルフルな歌声が繰り返し歌う「踊らにゃ損」のフレーズが注目を集め、ネット上には「普通なら考えられないコラボだけど最高すぎる」「中毒性高し」など称賛のコメントが書き込まれ、YouTubeで公開されているMVは、9月21日に再生回数300万回を超えている。
 TikTokでは、和田と同じ事務所に所属するさまぁ~ずの2人、さらにインフルエンサーのなえなのや景井ひなが振り付けを楽しむ場面がアップされている。
「和田にとっては初めてとなる絵師・ヤスタツとのコラボも実現。イラストで描かれたジャケット写真の評判も上々。和田自身も『私のMVが全編イラストで作られるなんて今までなかったので、見た時は本当に面白いと思いました。キャラクターもかわいいし、“これ本当に和田アキ子のMV?”って感じですよね。令和の時代にアレンジされた和田アキ子が見られて、自分自身で嬉しかったです』と喜びをあらわにしています」(芸能ライター)
 和田は今年4月、レコード会社をテイチクエンタテインメントからユニバーサルミュージックに移籍。さかいゆう、Ovall、Rin音、WONKといった人気アーティストたちとコラボ。そこには記念すべき40回目の出場を前に、2016年に落選した「NHK紅白歌合戦」への復活に賭ける並々ならない思いがあると言われている。
「これだけヒットして話題性のある楽曲なら、若い世代の出演者を引き連れて紅白の舞台で歌って踊る和田アキ子の姿が見られるかもしれません」(前出・芸能ライター)
 この秋、和田アキ子から目が離せない。
(窪田史朗)

外部リンク

cat_oa-rp31714_issue_a60d99f5f6a7 oa-rp31714_0_1fa4156fe83c_今度は妖精目撃!堀ちえみの「引越し物語」に続くオカルト告白にネット民騒然 1fa4156fe83c 1fa4156fe83c 今度は妖精目撃!堀ちえみの「引越し物語」に続くオカルト告白にネット民騒然 oa-rp31714

今度は妖精目撃!堀ちえみの「引越し物語」に続くオカルト告白にネット民騒然

2021年9月27日 18:15 アサジョ

 タレントの堀ちえみが9月22日に自身の公式ブログ「hori-day」を更新し、引っ越しの日に起きた奇妙な出来事を振り返っている。
 20日のエントリーで、前自宅の裏と隣の大きな土地にマンションの建設計画が進んでいたことを明かし、それが引っ越しせざるを得ない理由になったと説明していた堀。22日には「人生って不思議なものだなぁって」と題し、新居の水回りを掃除する様子を綴ると、旧宅を離れた日に起きた不思議なエピソードを打ち明けた。
 堀は、長年苦楽をともにした旧宅を出発する「最後のお別れの日」の出来事として、「あの日の朝、あの家を出て行く時に、不思議な光を見ました」「私の横を通り過ぎたのですが、直感で妖精だとわかりました。やんわりとやさしい光」といった体験を告白。「変なことを書いてごめんなさい。私にはそれ以上のことは分かりませんが、これでよかったんだと、その時にそう思ったのです。全てはなるべくしてなり」とし、光の目撃を前向きに捉えている。
 最後には「たくさんの皆様のご尽力によって、私たちは新生活を、スタートさせることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と関係者への感謝を綴ると、「肩の力を抜いて、残りの人生やんわりと、あの光の妖精のように、やさしく」と締めた。
「堀は、54歳になってまさか引っ越しをすることになるとは想像もできなかったとし、その原因であるマンションの建設計画については、3月から9月まで半年にわたって説明を先延ばしにしてきました。その間、ブログでは引っ越しせざるを得ない理由として内容をぼやかしつつ、『思いもよらない急展開』『心臓が痛くなるほど衝撃的』『極秘で計画されていた情報』『全ては運命と必然』などと表現。これが、読者を始め、世間からの好奇心をかき立て、一部では『事故物件説』といったオカルトなオチを期待する声が上がるも、結果的にはよくあるマンション建設計画とわかり、拍子抜けしたとする反応が続出していました。
 そうした中での“妖精遭遇”エピソードの登場となり、世間からは『楽しい時間をありがとうございます』『この方の引越し物語に引き込まれた人間です。最終回はイマイチでしたが、この番外編はいいですね』などと楽しむ反応のほか、『今度は何キャラを目指してますか? 手数が尽きたら次、また次と大変ですね』『今度はそういうことで騒がせるのね』『何だか、ヤバいね。ヤバくなってきたと思うよ』『堀さん‥‥大丈夫でしょうか?』と心配する人も多いです」(テレビ誌ライター)
 マンション建設計画の告白という最終回を迎え、ひとまずは終幕した堀の引越し騒動だが、ここにきて新たなフェーズへと突入。引き続き、堀のブログは多方面から注目を集めることになりそうだ。
(木村慎吾)

外部リンク

cat_oa-rp31714_issue_a60d99f5f6a7 oa-rp31714_0_751752372b63_夏目三久「バンキシャ!」ラスト出演を特に地方の視聴者が残念がったワケ 751752372b63 751752372b63 夏目三久「バンキシャ!」ラスト出演を特に地方の視聴者が残念がったワケ oa-rp31714

夏目三久「バンキシャ!」ラスト出演を特に地方の視聴者が残念がったワケ

2021年9月27日 18:15 アサジョ

 9月いっぱいで活動を休止するフリーアナウンサーの夏目三久が9月26日をもって、8年半務めた「真相報道 バンキシャ!」(日本テレビ系)を卒業した。
 番組冒頭、同局の桝太一アナから「いよいよ今日が『バンキシャ!』ラストということになりますね」と振られると「まだ、実感がわいていません」と笑顔で答えた。
 そして最後の挨拶では「私にとって『バンキシャ!』は古巣(日本テレビ)に戻って、あたたかく受け入れてくれて、あっという間の8年半でした」と語り、今後は「家で久しぶりにゆっくり、ご飯の準備でもしながら(番組を)楽しみたいです」と、最後まで涙は見せずに笑顔でしめくくった。
 今年4月にタレントの有吉弘行と結婚した夏目アナは、今秋で芸能界から引退すると明らかにしていた。
 この放送を見た視聴者からは「ゆっくり休んで、有吉さんと明るくて楽しい家庭を築いてほしいな」という声や「夏目アナお疲れ様でした。大好きだから残念。寂しくなります」など、労いの言葉とともに引退を惜しむ声も多数あった。
 しかし、地方局で同番組を見ていた視聴者からは「最後の夏目アナのお別れコメント。地方は地元ニュースに切り替わって見られませんでした。コメント聞きたくて録画までしてたのに」「地方局は問答無用で、地方のニュースをぶっこんでそのまま終了。せめて、今日だけはタイムテーブルを考慮してほしかった」「楽しみに見ていたら、最後に宮城県のニュースに替わりました! 最悪」など不満が噴出。
 夏目アナ最後の生放送を視聴できなかった人たちにとっては、心残りの放送となってしまったようだ。

外部リンク

cat_oa-rp31714_issue_a60d99f5f6a7 oa-rp31714_0_46269d12abbb_「SUPER RICH」とは真逆の人生を歩んできた江口のりこ 46269d12abbb 46269d12abbb 「SUPER RICH」とは真逆の人生を歩んできた江口のりこ oa-rp31714

「SUPER RICH」とは真逆の人生を歩んできた江口のりこ

2021年9月27日 18:15 アサジョ

 10月14日にスタートする女優・江口のりこ主演の木曜劇場「SUPER RICH」(フジテレビ系)。これまでクセのある脇役を演じてきた江口が、GP帯初主演を果たすこのドラマに、早くも注目が集まっている。
「このドラマは、プライベートを顧みず、仕事一筋で生きてきたベンチャー企業『スリースターブックス』の社長・氷河衛(江口)と、インターン試験を受けて入ってくる子犬系男子春野優(赤楚衛二)の波乱万丈の半生を描くオリジナルストーリー。2020年には日曜劇場『半沢直樹』で演じた国土交通大臣役が話題を集め、今年1月期には金曜ドラマ『俺の家の話』、さらに日曜劇場『ドラゴン桜』(ともにTBS系)など話題作に立て続けに出演。今年4月期の深夜ドラマ『ソロ活女子のススメ』(テレビ東京系)で連ドラ初主演を飾った江口が、満を持してGP帯初主演を飾ります」(テレビ誌記者)
しかし、このドラマの主演が決まるまでには紆余曲折があったと言われる。
「このドラマの主演には、木村文乃や上野樹里に打診したもののいい返事がもらえず、安藤サクラに決まりかけていましたが結局断られてしまい、クランクインが迫る中、急遽江口に白羽の矢が立ったと言われています」(前出・テレビ誌記者)
 クセの強い役どころを巧みに演じ分け、演技派と言われる江口だが、今回の役どころでは自身の生い立ちと正反対なところから、心配する声も上がっている。
「今回、江口が演じる衛は裕福な家に生まれ、これまでの人生でお金に困ったことは一度もないという、お金はあるけど愛に飢えた人生を生きる女社長。江口は、高校に進学せずアルバイト生活で映画館に通い詰め、19歳の時たった2万円を握りしめて上京。新聞販売店に住み込みで働きながら劇団『東京乾電池』の研究生になったという絵に描いたような苦労人。女優としてブレイクしたとはいえ、このギャップを持ち前の演技力で埋めることができるのか。そこが見どころの一つでもあります」(女性誌記者)
 ついにつかんだGP帯主役の座。なんとしても爪痕を残したいところだが、結果やいかに。
(窪田史朗)

外部リンク

cat_oa-rp31714_issue_a60d99f5f6a7 oa-rp31714_0_9c0867075ce3_森七菜、ジャニーズとの親密ショットで「写ってはいけなかったモノ」とは? 9c0867075ce3 9c0867075ce3 森七菜、ジャニーズとの親密ショットで「写ってはいけなかったモノ」とは? oa-rp31714

森七菜、ジャニーズとの親密ショットで「写ってはいけなかったモノ」とは?

2021年9月27日 18:14 アサジョ

 先日、森七菜とSixTONES・松村北斗が親密そうにしている画像がネットに漏えいし、ファンを大きく騒がせた。この事態を受け、2人が共演した映画「ライアー×ライアー」の公式サイトは9月24日、声明を発表したという。
「公式サイトは24日、拡散されている2人の画像に関して『一部修正などが入っておりますが映画撮影中のメイキング素材だということが認められます』と説明。しかし、『本来このような形で公開されるべき画像ではありません』と、漏えいは想定外の事態だったようで謝罪文を掲載しました。また、本件の原因はいまだ明らかになっていないらしく、今後解明に向けて調査にあたっていくとのこと」(芸能記者)
 とはいえ、2人が並んで映っている画像がプライベートではなく映画のメイキング風景だと明かされたことで、ファンからは「やっぱりただのメイキングだったね」「公式から発表してもらえてありがたい」「ジャニオタさん、もう森七菜ちゃんを叩くのはやめてあげてください」などと安堵の声が飛び交うことに。
 だが一方で、2人が並ぶ画像に“あるモノ”が写り込んでいたことが、森ファンを心配させているという。
「漏えいした画像には、森と松村が仲よくハーゲンダッツのアイスを食べる姿も写っていました。しかし、森といえば最近、ロッテアイス『雪見だいふく』のCMキャラクターを土屋太鳳から引き継いだばかり。それだけにファンからは、『スポンサーを怒らせてしまうのではないか?』などと心配する声もあがっていたんです。今回、公式発表により私生活での写真ではないと判明したため、降板はないでしょうが、一部で『何者かが森を陥れようとしたのではないか?』という憶測もあがることとなっています」(前出・芸能記者)
 今回の画像は一体誰が、何のためにネットに流したのか。今後、原因解明に向けて調査にあたるという公式の続報を待ちたい。

外部リンク

cat_oa-rp31714_issue_a60d99f5f6a7 oa-rp31714_0_c42e387c6669_コロナ禍で共働き夫婦の関係がよくなるワケ c42e387c6669 c42e387c6669 コロナ禍で共働き夫婦の関係がよくなるワケ oa-rp31714

コロナ禍で共働き夫婦の関係がよくなるワケ

2021年9月27日 18:14 アサジョ

 コロナ禍になってから、夫婦関係が悪化したという話をよく聞くようになりました。でも、なんとか課題を乗り越えながら2人でうまくやっているという夫婦もいるかもしれません。中には、コロナ禍で夫婦関係がよくなった夫婦もいるようなんです。それは、とくに共働き夫婦に多いそう。一体どうしてなのでしょうか。
 リクルートブライダル総研が2021年2月から3月に実施した『夫婦関係調査2021』の結果から、それを知ることができます。
 調査によると、夫婦関係に満足している割合は全体で67.2%。夫婦関係満足度について聞くと、「専業主婦世帯」では夫の満足度は上がり、妻は下がる傾向。「兼業主婦世帯」では夫・妻共に下がり、「共働き世帯」では妻・夫共に満足度が上がる傾向となりました。結果、妻の満足度が上がったのは共働き世帯だけでした。
 その理由として、どうやらテレワークに関係があるようです。共働き世帯は「テレワーク利用」頻度が高かったものの、専業主婦世帯や兼業主婦世帯では「家事時間」が増加した妻が目立っており、「心理的ストレス」と「身体的疲労感」の増加割合が高かったからのようです。
 テレワークは、働く人にとってはストレスを軽減しましたが、家事担当者にとっては、家事時間が増えたことからストレスが増したようですね。家事時間の増加を解決するために、うまく夫婦でシェアできればいいのかもしれませんね。

外部リンク

cat_oa-rp31714_issue_a60d99f5f6a7 oa-rp31714_0_0f76d1861789_大久保佳代子、人気の秘訣は若手タレントに“喝”を入れる手厳しさ? 0f76d1861789 0f76d1861789 大久保佳代子、人気の秘訣は若手タレントに“喝”を入れる手厳しさ? oa-rp31714

大久保佳代子、人気の秘訣は若手タレントに“喝”を入れる手厳しさ?

2021年9月27日 18:14 アサジョ

 女性お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子が、9月14日に放送された番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演。そこで共演した若手女性タレントに“喝”を入れるひと幕があり、視聴者から称賛の声が寄せられている。
「番組では『話題の美女がお悩み告白SP』と銘打って、現役アイドルや女優など12人が出演。その中に元Popteen専属モデルで女優の莉子とギャルモデル・ゆうちゃみも参加。2人は隣同士でしたが、放送中にこの子達の会話が暴走してしまいました」(芸能ライター)
 番組では、MCの明石家さんまが不貞についての話題を莉子に振り「私はしやすいって言われたんですけど」と返答。するとゆうちゃみが「ヤバいやん、ヤバいやん!」と割って入り、そこから「ヤバい」「ヤバくない」と2人でひたすら繰り返すばかり。MCも無視した振る舞いに共演者が呆れる中、大久保が「ちゃんとやれ!」と2人に向かって一喝。さんまは「おばさん怒ってるよ~」と素早く笑いに変えたが、番組を見た視聴者からは「スッキリした」という声が。
 ナイスなダメ出しで好感度をアップさせた大久保。過去に出演したバラエティ番組ではこんな持論も展開している。
「2017年に出演した番組『TVじゃ教えてくれない業界裏教科書』(ABEMA)で、大久保は『こんな女性タレントは嫌われる! 女性タレントのNG行動講座』の先生として登場。ここではNGT48・北原里英、女優・山地まりら4名が生徒役として出演。大久保は『しつこく天然キャラを続ける』『取り巻きがやたらと多い』と嫌われると力説していました」(前出・芸能ライター)
 恐らくこのポイントは、大久保にとっての怒りのスイッチ。「踊る!さんま御殿!!」で彼女に“喝”を入れられた女性タレントの2人は、大久保の地雷を踏んでしまったのかもしれない。
(窪田史朗)

外部リンク

cat_oa-rp31714_issue_a60d99f5f6a7 oa-rp31714_0_428cb9474ed1_保阪尚希、俳優全盛期の芸能界生き残り戦略から見える“通販王”の萌芽 428cb9474ed1 428cb9474ed1 保阪尚希、俳優全盛期の芸能界生き残り戦略から見える“通販王”の萌芽 oa-rp31714

保阪尚希、俳優全盛期の芸能界生き残り戦略から見える“通販王”の萌芽

2021年9月27日 10:15 アサジョ

 俳優の保阪尚希が9月18日、ラジオ番組「ナイツのちゃきちゃき大放送」(TBSラジオ)にゲスト出演。長く芸能界で生き残ってきた秘訣を通販商品にたとえて語った。
 自身でプロデュースした健康グッズや健康食品などで10億円とも言われる年商を誇る“通販王”としても知られている保阪。ゲストコーナーに登場すると「芸能界と通販は似ている」と語り、どちらも“席取りゲーム”であると断言。保阪曰く「すごくいいパパ像の人が1人いたら、“1枠”なんですよ。その1がすべてのCMをかっさらい、すべての番組を取る」という。そのため、その枠を狙う場合「こいつをどうやって落とすかって商品開発をしないといけない」と自らを“商品”にたとえて説明した。
 実際に保阪が取った作戦は「嫌な奴」イメージ。「ドラマに出る時はちょっと怖くて、大体エリート上がりでなんかの官僚とか医者をやってて、なんかすごい超高層マンションとかに住んでて、ワイン転がしながら赤いソファに女を押し倒すみたいな役」だったといい、映画になると「もっと悪い殺人鬼」なども演じていたという。
 保阪は「この2つって、(ほかの売れている役者は)あまりやらないんですよ。何でかといったら、我々の芸能の仕事ってCMを取りに行く仕事だから。スポンサー取りに行ってなんぼなんですよ」と説明。保阪はそこに空いている“枠”があると見抜き、「ということは、穴なんですよね。僕、若い頃から“ここ”しかやらないんですよ」と明かした。
 その結果、「嫌な奴」イメージを確立させながらも「なぜかここは同居したんですよね。普通はスポンサーは嫌うのに」とバラエティやCMの仕事も来るようになったのだという。ほかにも保阪は女性スキャンダルも多かったことにも触れつつ、若い頃を振り返って「5本くらいのキャラが共存している不思議な人だったんです」と明かした。
 ネットでは《確かに悪役のイメージが強い》《戦略的にダーク路線を選ぶ人は賢いと思う。今で言うと菜々緒》《「家なき子」で優しそうな熱血先生だと思ってたら実は悪い奴だった人か》など、保阪の意見に納得の声が続出した。
「保阪は過去にも似たような話を披露したことがあります。18年に出演したバラエティ『イッテンモノ』(テレビ朝日系)では、ドラマ『このこ誰の子?』(フジテレビ系)で主役を演じたことがあるため、ほかのドラマで脇役を演じたとしてもギャラのランクを維持したままになるため高い利益率を確保しつつ、掛け持ちもできたことを明かしました。全盛期では1クールで6本を掛け持ちし、バイクタクシーで移動することも多かったとか。さらに明るい役は飽きられやすく、悪役のほうが生き残りやすいと語るなど、戦略的に仕事を選んでいた様子がうかがえます」(芸能記者)
 生き残り戦略だけでなく利益率まで考えていた保阪。さすが年商10億を稼ぐだけのことはあるだろう。
(柏原廉)

外部リンク

cat_oa-rp31714_issue_a60d99f5f6a7 oa-rp31714_0_3a7973222e5e_和田アキ子、新曲ブレイクで「紅白復活」の声も気になる過去の“出場基準”発言 3a7973222e5e 3a7973222e5e 和田アキ子、新曲ブレイクで「紅白復活」の声も気になる過去の“出場基準”発言 oa-rp31714

和田アキ子、新曲ブレイクで「紅白復活」の声も気になる過去の“出場基準”発言

2021年9月27日 10:15 アサジョ

 歌手・和田アキ子の新曲MVがYouTubeで300万回を突破したことが9月21日、ニュースサイト「女性自身」が報じられた。6年振りに紅白復活の期待も高まってきた?
 同記事によると、和田が9月2日に配信リリースした新曲「YONA YONA DANCE」がBillboardが発表したTikTok週間ランキング(9月6日~9月12日)で14位にランクイン。和田の公式YouTubeチャンネルで公開された、全編イラストで構成されたMVも21日18時の時点で300万回を超えるほどバズっているという。
 曲はサビで何度も繰り返されるフレーズ「踊らにゃ損」が印象的なアップテンポでダンサブルな楽曲。プロデュースしたのは若者の間で人気の4人組バンドのフレデリックだ。
 和田は05年にも音楽ユニットm-floとコラボして「HEY!」を発表。当時のオリコンシングルチャートでトップ10に入るほどのヒットとなり、その年の「NHK紅白歌合戦」は「m-flo loves Akiko Wada」名義で白組から出場した実績がある。和田は16年に“落選”して以降、紅白から遠ざかっているが「紅白復活」を期待する声が相次いでいるという。
 ネットでも《紅白出場文句なしと言えるほどに新曲が大ヒットするようであればいいんじゃないの? 紅白落選したのは、その年にヒットした曲がなかったからというだけの話》《紅白出場云々は置いておいて、フレデリック節全開のギターサウンドに和田アキ子のヴォーカルが乗るという異色コラボはなかなか面白いと思いますね》《この曲は耳に残るよね。それと若い子にも知ってもらおうとしていて素直に嬉しいと思っているのはいいことでは?》など好意的な意見が書き込まれている。
「和田は昨年12月に自身がMCを務める『アッコにおまかせ!』(TBS系)でK-POPアイドルグループNiziUの紅白出場決定に触れ『こういう言い方したらすごい変だけど、嫌味でも何でもなくね。昔、紅白に出させていただいた時、当時は紅白ってどんなに歌がヒットしてもその年は出られなかったの。明くる年じゃないと』『今の子って、デビューもしてないのに。どうなってるんだろうね、この基準は。変わってる、時代はね』と漏らしていました。今は流行のスピードが違うので基準が変化したのは仕方がないことですが、和田の言うとおりだと『YONA YONA DANCE』で出場できるのは来年ということになります。そうなるとブームも落ち着き出場の機会がなくなる可能性が大きい。和田自身はこれまで何度も紅白に未練があるような発言をしていますし、今年は大きなチャンスかもしれません」(芸能記者)
 和田が過去に発言した“出場基準”が自らの足かせにならなければよいのだが。
(柏原廉)

外部リンク