cat_oa-rp28120_issue_99b4f0b54daa oa-rp28120_0_99b4f0b54daa_ケンタッキーフライドチキン、新型ゲーム機「KFConsole」発表。4K/120fps、チキンが焼ける 99b4f0b54daa 99b4f0b54daa ケンタッキーフライドチキン、新型ゲーム機「KFConsole」発表。4K/120fps、チキンが焼ける oa-rp28120

ケンタッキーフライドチキン、新型ゲーム機「KFConsole」発表。4K/120fps、チキンが焼ける

2020年6月16日 21:14 PHILE WEB 編集部

米ケンタッキーフライドチキンのゲームアカウントKFC Gamingが、新型ゲーム機「KFConsole」を発表した。

KFConsoleは4K/120fps対応、ストレージ容量2TBを内蔵、クロック周波数11GHzというハイスペックを備えるとともに、クロスプラットフォームもサポート。そして、チキンを温めておけるチキンチャンバーを搭載しているという他にはない特徴を持つ。

対応ソフトとして、カーネル・サンダースの恋愛シミュレーション『I Love You, Colonel Sanders!』が挙げられている。こちらも、かつて公式から発表され話題となったタイトルだ。

販売されるのか、プレゼント品として開発されるのかなどは現状では不明。ただし、該当ツイートにはジョークであることを示す表記はない。

公開された動画の最後には「POWER YOUR HUNGER」の文字と、「11.12.2020」という2020年11月12日の日付と思わしき数字が記されている。この日に何が起こるのか、注視していきたい。

外部リンク

cat_oa-rp28120_issue_99b4f0b54daa oa-rp28120_0_dykq4b4cqku5_ZMF headphones、バイオセルロースドライバー&新ダンピングシステム採用ヘッドホン「Atrium」 dykq4b4cqku5 dykq4b4cqku5 ZMF headphones、バイオセルロースドライバー&新ダンピングシステム採用ヘッドホン「Atrium」 oa-rp28120

ZMF headphones、バイオセルロースドライバー&新ダンピングシステム採用ヘッドホン「Atrium」

2022年8月12日 15:56 PHILE WEB 編集部

ブライトーンは、同社が取り扱うZMF headphonesの新ヘッドホン「Atrium(アトリウム)」を本日8月12日より発売する。Atrium STD/Atrium LTDの2タイプを用意しており、価格はSTDが462,000円で、LTDが488,400円(ともに税込)。

新開発のバイオセルロースドライバーを搭載した開放型ヘッドホン。同社がこれまでに製造したヘッドホンで、グリルとカップの通気口の面積が最も広いモデルだという。

新ドライバーはTHDを低減するための素材構成と、開放型に最適化された周波数応答を特長としており、「バイオセルロースドライバーに本来備わっているダイナミックでパンチの効いた重量感ある音色に、リアリティある表現を加えることで、リスナーは音楽に完全に没頭できる」としている。

また、ドライバーの可動コイルの音響能力を最大化しつつ、適切な周波数応答を維持するべく「Atrium Damping System」を開発。

同社によれば、ヘッドホンのチューニングはドライバーと耳との距離など「距離の設定」が大部分を占めるという。本システムでは、各ドライバーに合わせたエアフローとダンピングシステムの最適化がしやすく、制振素材の配置調整により、システムの音響調整を極限まで突き詰めることができるとしている。

本モデルは「ZMFサウンド」をより高次元化させる方向に調整されており、ブランドとしての新しいレベルのニュートラルを目指したとアピール。自然でクリア、開放的で、音楽の全てのジャンルで空間表現が適正に聴こえることを目指したとのこと。インピーダンスは300Ωで、感度は〜97dB/mW。

グリルのデザインはゴシック様式の大聖堂に組み込まれた音響的デザインに触発されたもので、機械加工の公差精度を高め、ラインナップで最も開放的なデザインになっているとしている。

イヤーパッドにはラムスキンを採用。ウッド素材はSTD/LTDともに定まってはおらず、LTDでは生産の都度、入手できる希少木材を採用。ともに適宜ウッドが変更されるため、使用ウッドについては都度問い合わせてほしいとのこと。

質量は450±20g。パッケージにはOFCケーブルやケース、ユニバースパッド、オーテールパッドが付属する。

外部リンク

cat_oa-rp28120_issue_99b4f0b54daa oa-rp28120_0_asxj7p8a725v_ゲームメーカー「サンソフト」復活。『いっき』『アトランチスの謎』など愛すべき“クソゲー”多数 asxj7p8a725v asxj7p8a725v ゲームメーカー「サンソフト」復活。『いっき』『アトランチスの謎』など愛すべき“クソゲー”多数 oa-rp28120

ゲームメーカー「サンソフト」復活。『いっき』『アトランチスの謎』など愛すべき“クソゲー”多数

2022年8月12日 13:20 PHILE WEB 編集部

サン電子株式会社は、「SUNSOFT」(サンソフト)ブランドを復活させることを発表した。

サンソフトは70年代後半にアーケードゲームの開発を始め、『アラビアン』『一騎当千』『カンガルー』などヒット作をリリース。80年代後半には初のファミコン用タイトル『スーパーアラビアン』を発売するなどして、海外からもファンが多いブランドだ。

その一方で『いっき』や『アトランチスの謎』などの怪作も生み出され、愛すべき「クソゲー」たちとして親しまれている。同社ではこの呼ばれ方について、以下のようにコメントしている。

『多くのみなさまにいじられる「クソゲー」という名を、私たちは「愛称」として心に受けとめております。家庭用ゲームの黎明期から今にいたるまで数多のゲームが発売されましたが、今でも元祖クソゲーといえば「SUNSOFT」とお声がけいただき大変うれしい限りです。』

そんなサンソフトが、8月19日11時、YouTubeチャンネルにて2022年および2023年に発売予定のゲームタイトルに関する計画を情報解禁するとアナウンスした。さらに人数限定のCBT(クローズドβテスト)の案内も行うという。司会進行は今回初お披露目となる同社VTuberが担当する。

外部リンク

cat_oa-rp28120_issue_99b4f0b54daa oa-rp28120_0_hyvgfnduhfi4_TAD、同社スピーカー/アンプなど13製品を10/1より価格改定 hyvgfnduhfi4 hyvgfnduhfi4 TAD、同社スピーカー/アンプなど13製品を10/1より価格改定 oa-rp28120

TAD、同社スピーカー/アンプなど13製品を10/1より価格改定

2022年8月12日 13:05 PHILE WEB 編集部

(株)テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ(TAD)は、同社製品の価格改定を10月1日より実施することを発表した。

本価格改定では、同社のスピーカーシステムやパワーアンプ、プリアンプやDAコンバーターなどが値上げされる。実施の理由について同社は、「昨今の原材料の高騰、物流費の相次ぐ値上げにより現在の価格を維持するのは困難な状況となりました」と説明している。

価格改定の対象製品と、改定後価格は以下の通り(表記いずれも税込)。

TAD 価格改定対象製品

■スピーカーシステム(1台)

・「TAD-R1TX-BR/EB」6,600,000円→7,700,000円

・「TAD-CR1TX-BR/EB」3,520,000円→3,850,000円

・「TAD-E1TX-K」1,265,000円→1,320,000円

・「TAD-ME1-K/S」605,000円→693,000円

・「TAD-E2-WN」814,000円→869,000円

■スピーカースタンド

・「TAD-ST1」(1台)176,000円→198,000円

・「TAD-ST3-K/S」(ペア)220,000円→264,000円

■パワーアンプ

・「TAD-M700」(1台)3,850,000円→4,125,000円

・「TAD-M700S」4,620,000円→4,950,000円

・「TAD-M1000-K/S」1,540,000円→1,650,000円

■プリアンプ

・「TAD-C600」4,180,000円→4,400,000円

■DAコンバーター

・「TAD-DA1000TX-K」1,595,000円→1,705,000円

・「TAD-DA1000TX-S」1,540,000円→1,650,000円

外部リンク

cat_oa-rp28120_issue_99b4f0b54daa oa-rp28120_0_91exq5g4ju7a_FiiO、BTレシーバー「BTR7」をアップデート。パラメトリックEQ機能を追加 91exq5g4ju7a 91exq5g4ju7a FiiO、BTレシーバー「BTR7」をアップデート。パラメトリックEQ機能を追加 oa-rp28120

FiiO、BTレシーバー「BTR7」をアップデート。パラメトリックEQ機能を追加

2022年8月12日 13:02 PHILE WEB 編集部

エミライは、同社が取り扱うFiiOブランドより、本日8月12日に発売されたBluetoothレシーバー「BTR7」のアップデートを実施。最新ファームウェア「FW1.71」の提供を開始した。

本アップデートにより、新たにPEQ(パラメトリックイコライザー)機能を追加。本機能は最新バージョンの専用アプリ「FiiO Contorol」内のEQメニューから使用できる。また、aptX Adaptiveのデフォルト設定がオフに変更された。なお、本設定は「FiiO Control」にて変更することも可能だ。

そのほか、UI表示の最適化や、4.4mmヘッドホン出力で通話した際の問題改善、その他バグ修正によるパフォーマンス向上が図られている。

外部リンク

cat_oa-rp28120_issue_99b4f0b54daa oa-rp28120_0_udr5nz1evpgc_ディズニー、動画サービスの会員数でNetflix超え。米国では値上げや広告付きプラン導入も udr5nz1evpgc udr5nz1evpgc ディズニー、動画サービスの会員数でNetflix超え。米国では値上げや広告付きプラン導入も oa-rp28120

ディズニー、動画サービスの会員数でNetflix超え。米国では値上げや広告付きプラン導入も

2022年8月12日 12:52 PHILE WEB 編集部

米ウォルト・ディズニーは、2022年第3四半期の決算を発表。Disney+をはじめとする同社の動画配信サービスのユーザーが、全世界で2億2110万人となったことなどが明らかとなった。

ディズニー社の発表によると、Disney+、ESPN+、Huluら同社提供サービスの2022年7月2日時点での加入者数は、Disney+が1億5210万人、ESPN+が2280万人、Huluが4620万人。これらを合計すると2億2110万人となる。

なお、Netflixが7月に発表した2022年度第2四半期の決算によると、直近でのNetflixの全世界会員数は2億2067万人。全提供サービスの合算にはなるが、動画配信サービスのユーザー数で、ディズニー社がNetflixを上回る結果となった。

また同社は、Disney+の広告付きプランを12月8日より米国にて提供開始することも発表した。料金は月額$7.99。現在提供されている広告なしのプランについては、月額$7.99から月額$10.99へと値上げとなる。

Disney Media & Entertainment Distributionの会長であるKareem Daniel氏は「新しい広告付きプランによって、ユーザーのニーズにあわせてさまざまな価格プランを提供できる」と説明。なお、米国以外での広告付きプランの提供や、既存の広告なしプランの価格変更については現時点で明らかになっていない。

外部リンク

cat_oa-rp28120_issue_99b4f0b54daa oa-rp28120_0_x6hfrjn4adkf_ヨドバシ.com、MacBook AirやiPad miniもお得な「サマーセール」開催中 x6hfrjn4adkf x6hfrjn4adkf ヨドバシ.com、MacBook AirやiPad miniもお得な「サマーセール」開催中 oa-rp28120

ヨドバシ.com、MacBook AirやiPad miniもお得な「サマーセール」開催中

2022年8月12日 12:14 PHILE WEB 編集部

ヨドバシ・ドット・コムは、期間限定の「サマーセール ファイナル」を開催している。白物家電やデジタル機器など700アイテム以上が対象としており、それぞれのセール期間は下記の通り。

・「家電 特価セール」8月21日まで

・「家電 ポイントプレゼント」8月21日まで

・「テレビ パソコン カメラ 特価セール」8月16日まで

家電 特価セールでは、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、シェーバー、レンジなど100アイテム以上がセール対象に。三菱電機や富士通ゼネラルのエアコン、オリジナルブランドの扇風機といった季節家電をはじめ、ダイキンの空気清浄機、パナソニックの冷蔵庫などが注目アイテムとして紹介されている。

ポイントプレゼントセールでは、白物家電を中心としたアイテム400以上を対象に、ボーナスポイントをプレゼントする。通常のポイント還元に加えてポイントがもらえるというもので、8月21日までに注文し、9月4日までに配達完了する商品が対象となる。なお、ポイント付与は10月末までに行われる予定で、一部併用できないキャンペーンもあるとしている。

テレビ パソコン カメラ 特価セールでは、テレビ、パソコン、カメラ、腕時計、スマホなど100アイテム以上がお得になる。人気の「MacBook Pro」「MacBook Air」や、最新の「iPad mini(第6世代)」もセール対象だ。

ほか、東芝の55V型4Kテレビ「Z670」、ボーズの完全ワイヤレス「QuietComfort Earbuds」も注目アイテムとして登場。ニコンのミラーレス一眼「Z 5」、OPPOのスマートフォン「Reno5 A」などもラインナップされている。

外部リンク

cat_oa-rp28120_issue_99b4f0b54daa oa-rp28120_0_76il567ewxc6_Spotify、友達と自分の好みで作るプレイリスト「Friends Mix」を国内提供開始 76il567ewxc6 76il567ewxc6 Spotify、友達と自分の好みで作るプレイリスト「Friends Mix」を国内提供開始 oa-rp28120

Spotify、友達と自分の好みで作るプレイリスト「Friends Mix」を国内提供開始

2022年8月12日 12:08 PHILE WEB 編集部

Spotifyは、友人と自身の聞いている音楽を掛け合わせ、パーソナライズドされたプレイリストを自動作成する「Friends Mix」を、本日8月12日より国内にて提供開始する。

Spotifyの調査によると、タイトルに「friend(友達)」の文言を含むプレイリストは全世界で1,100万以上あり、これらのプレイリストの再生回数は米国だけで前年比35%増加。特に友人との関係が密なZ世代は他の年代よりも多く再生していたりと、「音楽」と「友情」は密接な関係にあるとしている。

新たに提供される「Friends Mix」では、2人のユーザーの好みや視聴履歴を反映して自動でプレイリストを作成する機能「Blend」を使用。友人とのBlend結果を複数反映して、パーソナライズプレイリストを作成するかたちで、内容は毎日更新され、自身や友人の成長・好みの変化にあわせて常に変化するよう設計されているという。

Friends Mixは「Made For You」のコーナーからアクセス可能。同コーナーに表示されていない場合は、友人との2人用Blendプレイリストを3つ作成することでアクセスができるようになる。

同社では「『Friends Mix』によって、友達との関わりを通じて新しい音楽を発見する楽しさを提案いたします」とコメントしている。

外部リンク

cat_oa-rp28120_issue_99b4f0b54daa oa-rp28120_0_fu7jzc70znf4_アバック、壁面/天井設置できるオリジナル薄型スピーカー「AV-SP520T」 fu7jzc70znf4 fu7jzc70znf4 アバック、壁面/天井設置できるオリジナル薄型スピーカー「AV-SP520T」 oa-rp28120

アバック、壁面/天井設置できるオリジナル薄型スピーカー「AV-SP520T」

2022年8月12日 11:44 PHILE WEB 編集部

アバックは、ホームシアター向けの薄型スピーカー「AV-SP520T」を、8月25日(木)より同社ECサイト「アバックWEB-SHOP」および、全国の14店舗で順次発売する。価格はオープンだが、1本当り税込45,500円前後での実売が予想される。

奥行き11.5cmの薄型ボディが特徴のバスレフ型スピーカーシステム。ホームシアター専門店である同社の現場スタッフとユーザーの意見を結集して開発した、「こんな製品が有ったら良いのに」を具現化させたという同社オリジナル製品となる。

コンパクトかつシンプルなデザインで、ステレオシステムやBGM用、ホームシアターユースなど様々な用途に対応。付属品として45度の角度調整が可能な専用ブラケットを同梱しており、サラウンド方向の壁面設置や、Dolby Atomos用のトップチャンネル(天井スピーカー)に最適だと同社はアピールしている。なお、ブラケットを使っての設置は同社並びに専門業者への依頼を推奨している。

搭載ユニットは13cmコアキシャル型を採用。カラーバリエーションはマット仕上げのホワイトとブラックを用意する。定格周波数範囲は150Hz – 20kHz、クロスオーバー周波数は2kHz、出力音圧レベルは84±2dB(W/m)となる。外形寸法は198W×213H×115mm、質量は1.9kg(ともに本体のみ)。その他付属品として専用ブラケット組み換え用カバープレート(2枚)、クッションツール(4個1組)を備える。

外部リンク

cat_oa-rp28120_issue_99b4f0b54daa oa-rp28120_0_9brpate04wbi_7/29発売の新製品、4種ドライバー搭載Noble Audio「Kublai KHAN」が1位を獲得! ヘッドホン売れ筋ランキング <フジヤエービック> 9brpate04wbi 9brpate04wbi 7/29発売の新製品、4種ドライバー搭載Noble Audio「Kublai KHAN」が1位を獲得! ヘッドホン売れ筋ランキング <フジヤエービック> oa-rp28120

7/29発売の新製品、4種ドライバー搭載Noble Audio「Kublai KHAN」が1位を獲得! ヘッドホン売れ筋ランキング <フジヤエービック>

2022年8月12日 10:42 PHILE WEB 編集部

イヤホン・ヘッドホン ランキング by「フジヤエービック」

2022年8月6日までの2週間集計データ

専門店「フジヤエービック」(東京都中野区)提供、イヤホン/ヘッドホン/ポータブルプレーヤーの2Weeksの売れ筋ランキングBEST5をお届けします! ランキング外の「注目製品」も要チェック。(前回のランキングはこちら


「フジヤエービック」根本圭氏コメント

ワイヤードイヤホン部門では1位と3位にハイクラスイヤホンの新製品がランクイン。1位のNoble Audio Kublai KHANは骨伝導・ダイナミック・BA・ピエゾの4種類のドライバーを、3位のFAudio Mezzoはダイナミック・BA・ピエゾの3種類をそれぞれ搭載しているのが特徴です。物質に電圧をかけることで変形・振動する「逆圧電効果」を利用したピエゾドライバーは古くからあるものですが、ここ数年でハイクラスイヤホンにも採用できるほど音質面のクオリティがアップしました。今もっとも注目すべき駆動方式ではないでしょうか。




▼完全ワイヤレスイヤホン

1位 SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless 2」

2位 SONY「WF-1000XM4」

3位 SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless 3」

4位 final「ZE2000」

5位 Bowers & Wilkins「PI7」



2020年に発売されたSENNHEISER「MOMENTUM True Wireless 2」が1位に。SENNHEISERの完全ワイヤレス第2世代モデルで、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載、第1世代モデルからバッテリーの強化、コンパクト化、接続安定性などをブラッシュアップしている。また同モデルをさらにブラッシュアップした、今年5月発売の「MOMENTUM True Wireless 3」が3位に。8/4には新色ホワイトも発売されている




▼ワイヤレスヘッドホン

1位 audio-technica 「ATH-HL7BT」

2位 SHURE「AONIC 40」

3位 Bowers & Wilkins 「Px7S2」

4位 SENNHEISER「MOMENTUM Wireless」

5位 Mark Levinson「No5909」



前回同様に、昨年11月発売のaudio-technica「ATH-HL7BT」が1位に。今年7月発売の新製品、Bowers & Wilkins 「Px7S2」が3位に入った。2019年11月発売の「PX7」の後継「S2(シリーズ2)」モデル。ドライバーユニットは磁気回路や振動板、配置方法を改良した新設計のユニットを搭載。磁気回路はよりパワフルになり、ポールピースには銅キャップを採用。ボイスコイルも大径化して低歪みを実現している。




▼ワイヤードヘッドホン

1位 TAGO STUDIO「T3-01」

2位 Focal「RADIANCE」

3位 NEUMANN「NDH 30」

4位 ULTRASONE「Signature MASTER」

5位 KLH Audio「Ultimate One」



前回同様に、2017年発売のTAGO STUDIO「T3-01」が1位となった。群馬県高崎市のプロ専用レコーディングスタジオ「TAGO STUDIO TAKASAKI」と、同じ高崎市に拠点を置くヘッドホン製造メーカー「TOKUMI」が共同開発したヘッドホン。ハウジング部分に国産の楓材を採用。飛騨高山のオークヴィレッジによるもので、原音に忠実かつナチュラルな響きが得られるという。匠の技とこだわりの素材により美しい外観と美しい音響が実現された。




▼ワイヤードイヤホン

1位 Noble Audio「Kublai KHAN」

2位 Acoustune「HS1300SS」

3位 FAudio「Mezzo」

4位 Meze Audio「ADVAR」

5位 Meze Audio「RAI PENTA」



根本氏も注目する7/29発売の新製品、Noble Audio「Kublai KHAN」が1位を獲得した。同ブランドインイヤーモニターのフラグシップモデルで、骨伝導ドライバーを追加してブランド初のクアッドレベル・ハイブリッド・テクノロジーを採用。低域用に骨伝導ドライバーと10mm径ダイナミックドライバーを1基ずつと、中高域用にKnowles製BAドライバー4基、超高域用にピエゾ・スーパートゥイーター1基の計7ドライバー構成。KHANのサウンドシグネイチャーを継承しつつ、低域表現がよりワイドレンジ化、中域・高域表現も、より空気感のある音質が表現可能になったという。




▼ポータブルオーディオプレーヤー

1位 SONY「NW-WM1AM2」

2位 Cayin「N8ii」

3位 HiByMusic「RS6」

4位 iBasso Audio「DX320」

5位 FiiO「M17」



3月発売のSONYウォークマン最上位モデル「NW-WM1AM2」が1位に。アルミ切削筐体に128GBのストレージを内蔵、Android OS(Android 11)を搭載する。Wi-Fiにも対応し、Google Playから音楽/動画ストリーミングサービスなどの様々なアプリがインストール可能となった。




▼注目製品

「フジヤエービック」根本圭氏による、ランク圏外、その他カテゴリーの注目製品をご紹介。

○小型USB-DAC

水月雨(MoonDrop)「暁 - DAWN (USB Type C to 4.4mm)」

ポータブル向けバランス接続端子も最近はすっかり4.4mm端子が標準になりつつありますが、こちらはその4.4mm専用の小型USB-DACとなります。普段はバランス接続でハイクラスDAPを使っているけどたまにはスマホでサブスク音源を…という場合に最適です。(根本氏)


○電源ユニット

Ferrum Audio「HYPSOS」

DCプラグを採用した音響機器・ネットワーク機器の電源を強化することができる電源ユニットです。別売のDCケーブルで機器と接続し、リニア電源とスイッチング電源のハイブリッド設計により、両システムのメリットを享受し理想的なDC電源を供給することで音質向上を図ります。(根本氏)

外部リンク