cat_oa-rp27391_issue_9ec2612e9b00 oa-rp27391_0_9ec2612e9b00_けさも早くから気温が上昇している北海道 9ec2612e9b00

けさも早くから気温が上昇している北海道

2019年5月27日 08:34 tenki.jp 日直予報士

午前8時までに最も気温が上がっているのは北海道後志地方の積丹町美国で28度超え。一方、雨雲の近づいている九州は比較的、涼しい空気に包まれています。

けさも暑いぞ北海道

けさ(27日:月曜)も5月にしては気温の高い朝を迎えている所が多く、午前8時までに観測された気温を全国で比べてみると、1位は北海道。後志地方の積丹町美国(しゃこたんちょう びくに)で28度を超えています。そのほか、高いほうから10位以内に、北海道や北陸が入っています。東京都心も午前8時までに27度0分を観測しています。また、早くも25度以上の夏日になっている地点は全国に設置されたアメダス920地点あまりのうち、150地点ほどになっています。きょうも気温の上がるペースが早く、昼頃には近畿から北海道にかけての広い範囲で30度を超えると予想されます。内陸部では35度以上と、猛烈な暑さになる所もあるでしょう。一方、雨雲が近づいている九州はきのうの朝と同じくらいで、午前8時の気温は20度前後です。雨雲は現在、対馬海峡や沖縄近海にあります。ゆっくり東へ進んでいます。きょうは昼過ぎ以降、九州の所々で雨が降り、夜は沖縄の本島地方や四国も雨雲がかかるでしょう。局地的に雨脚が強まるため、雨の降り方に注意が必要です。

外部リンク

cat_oa-rp27391_issue_9ec2612e9b00 oa-rp27391_0_440e2d348503_年末年始の天気傾向 日本気象協会発表 440e2d348503

年末年始の天気傾向 日本気象協会発表

2019年12月12日 18:15 tenki.jp 日直予報士

日本気象協会は年末年始(12月29日頃から1月3日頃)の天気傾向を発表。強い寒気の影響で、日本海側は北日本を中心に局地的に大雪の恐れがあります。太平洋側は晴れる日が多いですが、風が冷たいでしょう。奄美・沖縄はくもりや雨の日が多く、気温は高めの予想です。

局地的な大雪や猛吹雪の恐れ 寒さも厳しく

年末年始(12月29日頃~1月3日頃)の日本付近は、西高東低の冬型の気圧配置となる日が多く、寒気の影響が強いでしょう。日本海側は北日本を中心に雪や雨の日が多く、局地的に大雪や猛吹雪になる恐れがあります。空の便の欠航や遅延など、交通機関が大きく乱れる可能性も考えられます。また、帰省やUターンの際に車を運転する場合は、タイヤチェーンを携行し交通情報で雪による影響を確認してください。近畿北部から九州北部はぐずついた天気で、雪の降る日もあるでしょう。北海道から九州の太平洋側は、平年と同様に晴れる日が多くなりそうです。空気の乾燥が続きますので、火災や風邪、インフルエンザなどに注意してください。風が冷たく、初詣や新年の挨拶まわりは万全な防寒対策が必要です。沖縄と奄美はくもりや雨の日が多いものの、暖かい空気に覆われるでしょう。

各地域の天候のポイント

【北海道~九州の日本海側】

・冬型の気圧配置の日が多く、度々強い寒気が流れ込むでしょう。

・北日本や北陸を中心に雪や雨が降り、局地的に大雪や猛吹雪の恐れも。交通機関に影響する可能性があります。

・近畿北部から九州北部はぐずつくでしょう。

・気温は北日本で平年並みか低く、震えるような寒さに。北陸から九州北部はほぼ平年並みの予想です。

【北海道~九州の太平洋側】

・平年と同様に晴れる日が多いでしょう。

・空気の乾燥が続くため、火の元や風邪、インフルエンザなどに注意。

・気温は北日本で平年並みか低く、関東から西でほぼ平年並みの予想です。

・関東から九州も冷たい風が強く吹く日があるため、お出かけの際は万全な寒さ対策を。

【奄美・沖縄(南西諸島)】

・湿った空気の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多いでしょう。

・暖かな空気に覆われやすいため、気温は平年並みか高い見込みです。

なお、本情報は2019年12月12日時点の予測資料から作成したものです。「tenki.jp」で、最新の気象情報をご確認下さい。

外部リンク

cat_oa-rp27391_issue_9ec2612e9b00 oa-rp27391_0_d79ba3b505d7_九州 クリスマスや年末年始の天気傾向 d79ba3b505d7

九州 クリスマスや年末年始の天気傾向

2019年12月12日 17:50 tenki.jp 日直予報士

12日(木)、気象台から九州の向こう一か月の予報(12月14日~1月10日まで)が発表されました。九州は、クリスマスごろにかけては気温が高い日が多くなるでしょう。年末年始ごろは平年並みの気温で、冬の寒さとなる見込みです。

天気傾向 クリスマスにかけて曇りや雨の日が多い

天気は、クリスマスごろにかけては前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多いでしょう。例年に比べると晴れる日が少なくなるため、日差しが出る日は、洗濯やお出掛け、大掃除など日差しを有効活用しましょう。年末年始以降は、例年同様に冬型気圧配置となる日がある見込みです。九州北部は寒気の影響で曇りや雨・雪の降る日が多くなり、沿岸部ではぐずついた天気の日が多いでしょう。九州南部は晴れる日が多い見込みです。

気温傾向 年末年始は冬の寒さ

向こう一か月は、大陸から日本への寒気の流れ込みは北日本が中心になりやすい見込みです。

九州付近は寒気の流れ込みが例年に比べると弱く、特にクリスマスの頃にかけては平年より気温が高い日が多いでしょう。来週は、季節外れの暖かさになる日もある見込みです。

年末年始頃は、例年同様に冬型気圧配置となり寒気が流れ込む日があるでしょう。冬の寒さとなる見込みです。

天気予報を活用して準備を進めよう

向こう一か月は、忘年会シーズンやクリスマス、大掃除、年末年始など、何かと忙しい時期です。日々の天気予報を活用して、大掃除や新年に向けての準備などを進めていきましょう。また、気温の変化が大きくなりますので、体調の管理にはお気をつけください。

外部リンク

cat_oa-rp27391_issue_9ec2612e9b00 oa-rp27391_0_e50d67b3bb49_北日本は暴風雪警戒 えりも岬で40.5メートル観測 e50d67b3bb49

北日本は暴風雪警戒 えりも岬で40.5メートル観測

2019年12月12日 15:49 tenki.jp 日直予報士

今日(12日)、日本付近は冬型の気圧配置が強まり、北海道や東北を中心に季節風が強まっています。最大瞬間風速は北海道のえりも岬で40.5メートル(12時31分)、青森県八戸市で30.3メートル(12時3分)を観測しました。

北日本で暴風

今日(12日)、日本付近は冬型の気圧配置が強まっています。北海道や東北を中心に季節風が強まっています。最大瞬間風速は北海道のえりも岬で40.5メートル(12時31分)、青森県八戸市で30.3メートル(12時3分)、秋田県秋田市で29.6メートル(7時54分)を観測しました。特急電車や高速道路の自動車並みの速さで、道路標識が傾いてしまうような風が吹き荒れました。

気温急降下 日本海側は雪

寒気が流れ込み、どんどん気温が下がっています。北海道は午前中はプラスの気温の所が多くなりましたが、午後は日本海側を中心にマイナスの気温になっています。日本海側は広く雪が降り、札幌市では正午まで積雪が0センチでしたが、午後2時には3センチとなりました。小樽市では午後2時までの2時間で4センチの雪が積もりました。

暴風雪に警戒を

明日(13日)にかけて強い冬型の気圧配置が続くでしょう。北海道地方では、明日の明け方にかけて西の風が雪を伴い非常に強く、海上は夕方にかけて大しけとなる見込みです。猛ふぶきや吹きだまりによる交通機関への影響、暴風や高波に警戒して下さい。東北は今日の夕方にかけて暴風や暴風雪に警戒が必要です。

外部リンク

cat_oa-rp27391_issue_9ec2612e9b00 oa-rp27391_0_61b6d14f4066_令和元年最後の満月 コールドムーンを眺めよう 61b6d14f4066

令和元年最後の満月 コールドムーンを眺めよう

2019年12月12日 15:02 tenki.jp 日直予報士

きょう12日は令和元年最後の満月。実は満月には月ごとに名前がついていて、12月はコールドムーンと呼ばれています。夜はぐっと冷え込みますので、暖かくして空を眺めてみてはいかがでしょうか。

令和元年最後の満月

きょう12日は令和元年最後の満月が楽しめます。満月には英語圏で様々な呼び名があり、4月はピンクムーン、6月はストロベリームーンなどと月ごとに呼び方が変わります。12月は「寒月」(コールドムーン)と呼ばれます。この時期は冬の寒さが強まり、夜が長くなる頃。寒空に輝く満月を見ると、心がほっとしますね。ちなみに次回の満月、つまり2020年(令和二年)の最初の満月は1月11日です。また2020年最大の満月は4月8日、最小の満月は10月31日です。

今夜の天気 太平洋側ほどきれいに見える

今夜、満月がきれいに見える所は、北海道と東北の太平洋側、関東から九州の太平洋側が中心でしょう。月の出の時間は、日の入り後まもなくで、東京では16時36分です。夜が長いので、満月をゆっくり楽しめそうです。

寒さ対策をしっかり

満月を鑑賞する際は、寒さ対策が必要です。きょうの日中は関東から西ではコートがなくても過ごせるほど暖かかった所もありましたが、今夜から放射冷却が強まり、東京都心などお帰りの際には気温が10度を下回る所もあり、ぐっと冷え込むでしょう。あす13日朝の最低気温は北海道や東北は、ほとんどの所で氷点下、関東から九州でも5度を下回る所が多くなりそうです。冬のコートやダウンに、ストールや手袋など、防寒対策をしっかりして令和元年最後の満月を楽しんでください。

外部リンク

cat_oa-rp27391_issue_9ec2612e9b00 oa-rp27391_0_152a7093c916_ポカポカ 東京の正午の気温18.3度 夜は注意 152a7093c916

ポカポカ 東京の正午の気温18.3度 夜は注意

2019年12月12日 12:53 tenki.jp 日直予報士

今日(12日)、関東では師走とは思えない暖かさが続いています。東京都心の正午の気温は18.3度と10月下旬並みです。一転して、夜は北風が冷たく感じられるでしょう。

師走とは思えない暖かさ

今日(12日)、関東には季節外れの暖気が残り、師走とは思えない暖かさが続いています。正午の気温は東京都心は18.3度と10月下旬並みとなっています。そのほか、正午の気温は横浜市は18.0度、千葉市は17.7度、水戸市は16.8度などと広く15度を超えています。熊谷市では正午までの最高気温が19.5度と20度近くまで気温が上がり、日差しの下ではコートがいらないくらいの暖かさです。

夜は北風冷たく

ただ、夕方以降は北風が強まり、気温は急降下するでしょう。午後8時頃からは東京都心でも10度を下回りそうです。風が冷たく感じられるでしょう。お帰りが遅くなる方は油断せずに厚手の上着をお持ち下さい。

明日朝(13日)の最低気温は関東南部は5度くらい、関東北部は0度くらいで、今朝より低く、師走らしい冷え込みとなるでしょう。暖かくしてお休み下さい。日中も今日ほど気温は上がりません。最高気温は11度くらいまでしか上がらず、日中も厚手の上着が必要になりそうです。

外部リンク

cat_oa-rp27391_issue_9ec2612e9b00 oa-rp27391_0_9c62ae8a4cc7_週間 寒気の影響は限定的 気温の高い状態続く 9c62ae8a4cc7

週間 寒気の影響は限定的 気温の高い状態続く

2019年12月12日 11:48 tenki.jp 日直予報士

14日(土)頃まで北日本を中心に寒気の影響を受けますが、一時的です。師走としては気温の高い日が多く、来週は中頃にかけて、南から暖かい空気が流れ込むでしょう。

土曜日まで日本海側は雨や雪

あす13日(金)は冬型の気圧配置が緩み、本州付近は高気圧に覆われるでしょう。ただ、夜には低気圧が日本海に進んできます。この低気圧が14日(土)に北海道付近を通過したあと、再び冬型の気圧配置になるでしょう。

14日(土)にかけての天気傾向

【日本海側】北海道と東北の日本海側は雪や雨が降るでしょう。北陸も14日(土)は一時的に雨脚が強まりそうです。山陰から九州北部は日が差す見込みです。

【太平洋側】おおむね晴れるでしょう。あすは風が冷たく感じられ、冬らしい寒さになりそうです。関東は、きょうのような暖かさはありません。今夜からは暖かくしてお過ごし下さい。あさって14日(土)になると、関東から九州では最高気温が15度を超える所も多く、日ごとの気温差が大きくなりそうです。風邪をひいたりしないよう、体調管理にお気をつけ下さい。

来週にかけて再び暖かく

来週にかけても高気圧と低気圧が交互に日本付近を進み、短い周期で天気が変わります。

【北も回復へ】15日(日)は冬型の気圧配置が緩み、次第に高気圧に覆われるでしょう。雪が続く北海道や東北も天気が回復に向かいそうです。

【次の低気圧】その後17日(火)から18日(水)にかけて低気圧が北海道の北を通過するでしょう。日本付近には南から暖かい空気が流れ込み、来週の中頃は再び師走とは思えないような暖かさになりそうです。全国的に雲が多く、日本海側を中心に天気が崩れますが、雪ではなく雨の所が多いでしょう。

外部リンク

cat_oa-rp27391_issue_9ec2612e9b00 oa-rp27391_0_b3a75c5f1bd4_渦状の雲「カルマン渦」出現 冬型の気圧配置強まる b3a75c5f1bd4

渦状の雲「カルマン渦」出現 冬型の気圧配置強まる

2019年12月12日 11:07 tenki.jp 日直予報士

今日(12日)、日本付近は冬型の気圧配置になり、寒気が流れ込んできています。衛星画像を見ると、日本海にはすじ状の雲が広がり、東シナ海には「カルマン渦」といわれる渦状の雲が出現しています。

カルマン渦出現

今日(12日)、低気圧が北海道の北を進み、日本付近は冬型の気圧配置になっています。等圧線の間隔がこみ合い、季節風が強まってきています。北海道のえりも岬では午前10時11分に最大瞬間風速32.1メートルを観測しました。寒気が流れ込んできており、衛星画像を見ると日本海にはすじ状の雲が広がっているのが分かります。北海道から北陸の日本海側には雪雲がかかっています。

また、季節風が強まっていることで、東シナ海には「カルマン渦」といわれる渦状の雲が出現しています。上の画像は午前10時40分の衛星画像です。済州(チェジュ)島の南に渦状の雲が連なっているのが見られます。

カルマン渦とは?

流れの中に置かれた物体の風下方向には「カルマン渦」と言われる不思議な渦巻きができることがあります。このような渦巻きは雲でも見られることがあります。冬型の気圧配置になった時に済州(チェジュ)島などの風下でこのような雲がしばしば現れます。

暴風雪に警戒を

13日にかけて冬型の気圧配置が強まる予想です。北海道や東北の日本海側では雪が降り、西よりの風が非常に強く吹くでしょう。猛ふぶきや吹きだまりによる交通機関への影響、暴風や高波に警戒が必要です。

外部リンク

cat_oa-rp27391_issue_9ec2612e9b00 oa-rp27391_0_7dc4c490cc92_北海道 13日明け方まで猛ふぶきに警戒 7dc4c490cc92

北海道 13日明け方まで猛ふぶきに警戒

2019年12月12日 09:26 tenki.jp 日直予報士

本日12日、北海道付近は次第に強い冬型の気圧配置となり、上空には強い寒気が流れ込むでしょう。昼過ぎから急激に気温が下がり、雨から雪へと変わり、西よりの風が強まる見込みです。午後は日本海側を中心に風雪が強まるでしょう。ホワイトアウトとなり周囲が見えなくなったり、屋外での行動は危険となるほどの暴風が吹き荒れる危険性があります。明日13日明け方にかけては、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、暴風に警戒してください。

できれば外出は明日に

今日12日午後は、西よりの風が強まり、日本海側と太平洋側の陸上では最大瞬間風速35メートルと、外では立っていられないほどの暴風が吹く恐れがあります。日本海側では雪を伴うため、車も歩行者も周囲が見えにくくなり、さらに危険な状態となります。午後は大荒れの天気となりますが、明日13日の日中は次第に風や雪が収まる見込みです。買い物や屋外での作業などは、明日13日にした方が安心です。また、海の波は4メートル~5メートルとしける海域が多く、宗谷や渡島、桧山、網走、根室の海域は6メートルの大しけとなるでしょう。明日13日昼過ぎにかけて高波にも警戒が必要です。

外部リンク

cat_oa-rp27391_issue_9ec2612e9b00 oa-rp27391_0_49fcc267ecd8_12日 日本海側は次第に雪 関東は夕方からヒンヤリ 49fcc267ecd8

12日 日本海側は次第に雪 関東は夕方からヒンヤリ

2019年12月12日 07:17 tenki.jp 日直予報士

きょう(12日)は次第に冬型の気圧配置に変わります。北海道や東北の日本海側は雨から雪に変わるでしょう。きのうより暖かくなる関東は、夕方以降ガクッと気温が下がりそうです。

寒気流入 昼前から雪の範囲広がる

北海道から山陰の日本海側の地域では、低気圧や前線の影響で雨の降る所が多いでしょう。前線通過後は次第に寒気が流れ込むため、昼頃からは北海道や東北では雪に変わりそうです。

けさは全国的にこの時期としては気温が高く、北海道もほとんどの所でプラスの気温となっています。札幌は未明に最高気温10.2度を観測しました。12月中旬に札幌で2ケタの気温になるのは、1991年以来、28年ぶりのことです。

ただ、このあと北海道と東北の日本海側は西よりの季節風が強まり、日中は気温が下がる一方でしょう。平地でも降るものは雨から雪に変わり、ふぶく所もありそうです。北海海の日本海側は、あすの午前6時までの24時間に多い所では30センチの降雪が予想されています。また北海道から北陸の海上では波が高く、大しけとなるでしょう。高波に警戒して下さい。

関東も夜は冷える

太平洋側は広い範囲で晴れますが、だんだん冷たい冬の空気が流れ込んできます。日中は11月並みの暖かさになる関東も、夕方以降は気温が急に下がってヒンヤリしそうです。

関東は、日中はきのうより暖かくなるでしょう。最高気温は20度近くまで上がる所もありそうです。昼間はコートなしで過ごせる陽気です。ただ今夜は冷えてきて、冬の装いが必要です。北よりの風が強まるため気温以上に寒く感じられそうです。日中との気温差が大きいので油断して風邪などひかないようにして下さい。

外部リンク