cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_0c666432a3d1_バイトダンス傘下の動画配信「西瓜視頻」:BBC、ディスカバリーも視聴可能に 0c666432a3d1 0c666432a3d1 バイトダンス傘下の動画配信「西瓜視頻」:BBC、ディスカバリーも視聴可能に oa-rp25648

バイトダンス傘下の動画配信「西瓜視頻」:BBC、ディスカバリーも視聴可能に

ショート動画アプリ「TikTok」を手掛けるバイトダンス傘下の動画配信プラットフォーム「西瓜視頻(Xigua Video)」は、テレビ番組の制作・配信を手掛ける英「BBCスタジオズ」とコンテンツパートナーシップを締結したことを4月22日に明らかにした。両社は新作ドキュメンタリーの『Hubble: The Wonders of Space Revealed(ハッブル望遠鏡30周年:明かされた宇宙の驚異)』と『Primates(霊長目)』を共同リリースする。また、『Planet Earth(プラネットアース)』、『Civilization(西洋美術史探訪)』などを含むBBCの100以上のドキュメンタリー番組が西瓜視頻で視聴可能になる。

また、西瓜視頻はドキュメンタリー制作大手の英「Discovery」ともパートナーシップを締結し、『MAN vs. WILD』や『Life After: Chernobyl(チェルノブイリ:生き物たちの今)』など多数のドキュメンタリー番組をプラットフォームのドキュメンタリーチャンネルにリリースする。両社はさらに、世界的な新型コロナウイルスの流行に焦点を当てたドキュメンタリーを間もなく共同リリースするとのことだ。

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_zq26x47tgb7f_アップル、中国でMacBook Proの生産拠点拡大の見通し zq26x47tgb7f zq26x47tgb7f アップル、中国でMacBook Proの生産拠点拡大の見通し oa-rp25648

アップル、中国でMacBook Proの生産拠点拡大の見通し

米アップルは現在、生産拠点の多様化を図っており、今後は中国本土のより多くの場所でノートパソコン「MacBook」シリーズの上位機種「MacBook Pro」が生産されるようになる見通しだという。テックメディア「DIGITIMES」が報じた。

ベトナムでは2018年以降、アップルの生産受託(EMS)工場が増加している。EMS大手の​富士康科技集団(フォックスコン)も同国に工場を建設し、MacBookシリーズとタブレット端末「iPad」の生産拡大を図っていた。

アップルはここ数年、中国本土以外に生産拠点を移そうと取り組んできたが、完全な移転には時間を要するとみられる。DIGITIMESのアナリストは、アップルが妥協案としてMacBook Proの生産拠点を中国本土の複数の場所に増やすと予測している。

EMS大手の広達電脳(Quanta Computer、クアンタ)はすでに、生産の一部を上海工場から重慶工場に移したという。同社は現在、MacBookシリーズ(14インチと16インチのMacBook Proを含む)の生産の約6割を受注しており、残りの約4割をフォックスコンの成都工場が請け負っている。また13インチの「MacBook Air」の生産は今後、電子機器大手の聞泰科技(Wingtech、ウィングテック)の昆明工場に段階的に移される見通しだという。

DIGITIMESのアナリストは、アップルは最終的にMacBookシリーズの生産をクアンタ55%、フォックスコン35%、ウィングテック10%のように割り振る計画だと予測している。

アップル受託製造企業、ベトナムで人材争奪戦 フォックスコンが競合企業を非難



(36Kr Japan編集部)

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_nag8m5v91jz3_アリババの顔認証決済支える「奥比中光(Orbbec)」、3Dビジョン分野の企業として初上場に nag8m5v91jz3 nag8m5v91jz3 アリババの顔認証決済支える「奥比中光(Orbbec)」、3Dビジョン分野の企業として初上場に oa-rp25648

アリババの顔認証決済支える「奥比中光(Orbbec)」、3Dビジョン分野の企業として初上場に

3Dビジョン技術を手がける中国の「奥比中光(Orbbec)」が先月上旬、同分野で初めて上海証券取引所のハイテク企業向け市場「科創板(スターマーケット )」に上場した。今回発行したのは4000万1000株で、発行価格は1株30.99元(約614円)。上場後株価は上昇し、時価総額は今月11日時点で約159億元(約3140億円)だった。


世界1000社以上を顧客に
奥比中光は2013年に深圳で設立され、3Dビジョンによるセンシング技術を開発する。2017年に発売されたiPhone Xの顔認証機能「Face ID」は世界に広がり、同年は「3Dビジョン元年」と呼ばれるようになった。その後奥比中光の3D顔認証によるロック解除技術はスマートフォン大手OPPOの「Find X」シリーズに搭載され、アンドロイドのスマートフォン向けで初めて100万台以上出荷した3Dカメラになった。

また、奥比中光はアリババ傘下の金融サービス企業「アントグループ(螞蟻集団)」が運営する決済サービス「アリペイ(支付宝)」に導入され、2018年4月にアリペイと共同で顔認証決済技術を開発する「螞里奥技術(MALIO Technology)」を設立した。当時、アリペイは顔認証決済分野に30億元(約600億円)を投資すると発表し、奥比中光はアントグループに専用のオフライン決済用3Dビジョンセンサーを100万台以上提供するになった。

そのほかにも、3Dスキャンカメラを手がける米「Matterport(マーターポート)」や中国の大手不動産情報サービス「貝殻找房(KE Holdings)」の3D内見サービス「如視(REALSEE)」など向けに住宅を3Dスキャンする機能を備えたビジョンセンサーを開発したり、日本自動車用配管大手の三桜工業の中国事業に検査システムを提供したりする。火鍋レストラン「海底撈火鍋」や「呷哺呷哺(Xiabu Xiabu)」の配膳ロボットも奥比中光の提供する「目」を入れている。

同社の創業者である黄源浩氏は北京大学で学士号、シンガポール国立大学の修士号、香港城市大学で博士号を取得し、さらにマサチューセッツ工科大学で博士号を取得後2013年に帰国して起業した。

奥比中光の黄源浩董事長兼総経理
市場調査会社「Yole Developpement」の予測によれば、世界の3Dビジョンによるセンシング市場は2025年に150億ドル(約2兆円)規模に達する。アップル、マイクロソフト、インテル、ソニー、サムスン、独インフィニオン・テクノロジーズなどIT大手が中心になるが、奥比中光はアジアのダークホースだ。奥比中光は世界の1000社以上の顧客企業や多くの開発者にサービスを提供し、生体認証、AIoT(モノの人工知能)、消費者用電子機器、産業用3次元測量などで利用されている。


アリババ系企業「頼り」
目論見書を見ると、奥比中光の取引先はアントグループ、アリババ傘下のクラウドサービス「アリババクラウド(阿里雲)」、オンライン決済サービス「商米科技(SUNMI)」などだ。奥比中光が頼りとするのは実質的にはアリババで、最大顧客はアントグループ、第2位株主はアントグループが全額出資する子会社で、持株比率は黄氏に次ぐ12%に達する。

奥比中光の2019年、20年、21年の売上高はそれぞれ5億9700万元(約117億円)、2億6000万元(約51億円)、4億7400万元(約94億円)で、非経常収益を除く親会社株主に帰属する純損失は、それぞれ200万元(約4000万円)、2億3000万元(約45億円)、3億200万元(約60億円)だった。


同社の売上高は2019年に急増し、翌20年には前年比で56.62%減少した。目論見書によると、新型コロナ感染拡大の影響でオフライン決済用3Dビジョンセンサーの需要が一時的に減少したためだ。コロナの影響が弱まった21年にはオフライン決済需要が次第に回復、さらにサービスロボット、スマートロックなどのニッチ市場にも浸透し、売上高は前年比で83.11%増加した。

原文:WeChat公式アカウント「智东西(ID:zhidxcom)」、作者:李水青

(翻訳・36Kr Japan編集部)

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_p7lnrdz2be04_インド政府、2万円未満の中国製スマホを販売禁止へ  p7lnrdz2be04 p7lnrdz2be04 インド政府、2万円未満の中国製スマホを販売禁止へ  oa-rp25648

インド政府、2万円未満の中国製スマホを販売禁止へ 

インド政府は、1万2000ルピー(約2万円)未満の中国製スマートフォンの国内販売を禁止し、業績の落ち込みが続く国内スマホ業界を後押しする方針だという。中国経済系メディア「界面新聞(Jiemian.com)」が8月8日、海外メディアの報道を引用して伝えた。

この方針により、小米科技(シャオミ)やrealme、伝音(Transsion)などの中国スマホブランドが、軒並み打撃を受けるとみられる。  

調査会社「Counterpoint」によると、2022年4~6月期にインドで販売されたスマホのうち、1万2000ルピー未満の製品が約3割を占めた。しかも、そのうちの8割が中国製だった。

中国スマホメーカー、インド市場で逆風強まる Honorは市場撤退か



調査会社「Canalys」によると、同期におけるインドのスマホ出荷台数は3640万台だった。メーカー別では、シャオミが700万台で1位となった。2位には670万台で韓国のサムスン電子が入ったものの、3位は610万台のrealme、4位は600万台のvivo、5位は550万台のOPPOと中国ブランドばかりがランクインした。

22年4~6月、印スマホ出荷台数3640万台 シャオミが首位、上位5社中4社が中国メーカー



(36Kr Japan編集部)

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_hj31kcrhz0co_中国IT大手24社、CO2削減策を徹底採点 首位はテンセント hj31kcrhz0co hj31kcrhz0co 中国IT大手24社、CO2削減策を徹底採点 首位はテンセント oa-rp25648

中国IT大手24社、CO2削減策を徹底採点 首位はテンセント

中国政府は2030年までに二酸化炭素(CO2)排出をピークアウトさせ、60年までにカーボンニュートラルを実現する「ダブルカーボン目標」を推し進めている。それに伴い、IT業界でもCO2排出に大きな関心が集まっている。

国際環境NGOグリーンピースと中国環境保護連合会は7月12日、中国IT大手のCO2排出削減策についてのリポート「緑色雲端2022」を発表した。このリポートは公表されている情報を元に、情報開示と環境ガバナンス、カーボンニュートラル目標と行動、再生可能エネルギー目標と行動、影響力という4つの側面から企業を評価し、中国のクラウドサービスやデータセンターの大手企業24社のカーボンニュートラルに向けた取り組みをランキング形式で紹介したものだ。

リポートによると、2030年までに再生可能エネルギーの比率を100%にするという目標に向けて多くの企業に進展が見られ、グリーン電力(風力、太陽光、バイオマスなどCO2を出さない自然エネルギーで発電された電力)消費量が大幅に増加した。ただ、業界全体で見るとグリーン電力の比率は依然として低く、サプライチェーン全体での取り組みも遅れている。

リポートではクラウドサービス企業とデータセンター企業を分けてランキングしている。クラウドサービス企業でトップに立ったのはテンセント(騰訊)だ。情報開示やカーボンニュートラル目標、グリーン電力取引量の多さなどが評価された。

クラウドサービス企業のランキングでは順位間の差が大きかった。アリババが2位、バイドゥ(百度)が3位を獲得、大ヒットアプリTikTokを運営するバイトダンス(字節跳動)は7位に沈み、先頭集団から大きく後れを取った。バイトダンスの評価が低い理由としては、カーボンニュートラルや再生可能エネルギーの分野で実質的な目標を公表しておらず、環境に関する主要な情報も公開していないことが挙げられている。

緑色雲端2022 クラウドサービス企業ランキング

緑色雲端2022 データセンター企業ランキング
データセンター企業の中では、昨年6位だった万国数拠(GDS)が首位を奪った。グリーン電力や情報開示の分野における積極的な取り組みが評価された。その後ろを秦淮数拠(Chindata)、世紀互聯(VNET)が追う。

ダブルカーボン目標が発表された2020年以降、多くのIT企業がCO2排出量リポートや行動指針を公表するなど、実際にアクションを起こしてきた。現時点で、ランキング中の8社が2030年までにスコープ1と2のカーボンニュートラルを達成できると表明している。(編集部注:スコープとは温室効果ガスの排出量区分で、スコープ1=企業による直接排出、スコープ2=外部から供給された電気などの使用に伴う排出、スコープ3=自社以外のサプライチェーンにおける間接排出と定義されている)

さらにテンセントや万国数拠、秦淮数拠、世紀互聯などの6社が30年までに再生可能エネルギー100%の達成が可能だとしている。1年半前にこの目標達成を掲げた企業はわずか1社だった。アリババ、テンセント、秦淮数拠などはグリーン電力調達の面でも進展が見られており、テンセントとアリババが市場取引を通じて消費したグリーン電力はそれぞれ5億6700万kWh、5億3300万kWhに上った。

IT企業のカーボンニュートラル・再生可能エネルギー目標
とはいえリポートでは、IT業界が再生可能エネルギー100%を達成するまでにはまだ長い道のりがあるなど、関連する問題点を指摘している。

データセンターは大量のCO2を排出するため、CO2排出量の統計やカーボンニュートラルに向けた行動計画が困難になる恐れがある。グリーンピースの2021年5月のリポートでは、2035年までに中国のデータセンターのエネルギー消費量は4505~4855億kWhに達し、CO2排出量は1億トンを超えると予測している。公開されている情報によると、グリーン電力の比率が30%を越えているのは万国数拠のみで、残りの企業は10%以下か、データそのものを公表していない。

さらに、カーボンニュートラルに向けた取り組みにおいて、ほとんどの企業が自社の運営範囲内のスコープ1と2のみに注力しており、サプライチェーン全体を含むスコープ3への取り組みは遅れている。79%の企業はスコープ3の温室効果ガス排出量を公表していない。2030年までにスコープ3を含む全面的なカーボンニュートラルの実現を確約しているのはテンセントとアリババにとどまり、他の企業はグループ全体としての目標も設定していないのが現状だ。

(翻訳・畠中裕子)

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_84u3tl7s939q_電動バイク大手「Niu(小牛電動)」、23年発表の新型車にナトリウムイオン電池採用へ 84u3tl7s939q 84u3tl7s939q 電動バイク大手「Niu(小牛電動)」、23年発表の新型車にナトリウムイオン電池採用へ oa-rp25648

電動バイク大手「Niu(小牛電動)」、23年発表の新型車にナトリウムイオン電池採用へ

中国電動バイク大手「小牛電動(Niu Technologies)」の李彦・最高経営責任者(CEO)がこのほど、2023年にも駆動用バッテリーにナトリウムイオン電池を採用した電動バイクを発表する計画だと明らかにした。

李氏は「原料価格の高騰で、従来採用していたリチウムイオン電池の価格が上昇し、車両価格を引き上げざるを得なくなっている」とした上で、「コストダウンを図るため、当社は新たなバッテリー技術への転換を模索している」と説明した。

小牛電動はすでに、ナノグラフェンを利用した鉛蓄電池や、リン酸マンガン鉄リチウム(LFMP)電池を、一部車種の駆動用バッテリーに採用している。

また、同社は、電動バイクのほか、電動自転車や電動キックスケーターなど各種電動二輪車を取り扱っている。22年は世界販売台数を150万〜170万台とする計画で、うち中国市場での販売台数を130万〜150万台とし、海外市場では電動キックスケーターの販売台数20万〜30万台を目指すという。

世界で累計270万台以上売れたスマート電動スクーター「小牛電動」のグローバル戦略



(36Kr Japan編集部)

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_vbe16eh411a8_テンセント、仏ゲーム大手のユービーアイソフトへの増資を計画 筆頭株主狙いか vbe16eh411a8 vbe16eh411a8 テンセント、仏ゲーム大手のユービーアイソフトへの増資を計画 筆頭株主狙いか oa-rp25648

テンセント、仏ゲーム大手のユービーアイソフトへの増資を計画 筆頭株主狙いか

中国IT大手のテンセントが現在、人気アクションゲーム「アサシンクリード」で知られる仏ゲーム大手「ユービーアイソフト(Ubisoft Entertainment)」への出資比率拡大を計画していることが分かった。海外メディアが報じた。

関係者によると、テンセントは2022年5月、ユービーアイソフトを創業したギユモ(Guillemot)氏の一族と話し合いの場を設け、一族が保有する同社株15%の一部を買い取る意向を示した。テンセントはユービーアイソフトの一般株主が保有する株式も取得し、同社の筆頭株主を目指すという。

この件について、テンセント、ユービーアイソフトともにコメントを出していない。

22年上半期世界モバイルゲーム売上高、5兆6800億円 中国勢がトップ3独占



(36Kr Japan編集部)

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_4psrn0jjg9d2_カナダ発カフェチェーン「ティム・ホートンズ」、中国法人が米上場へ SPACと合併で 4psrn0jjg9d2 4psrn0jjg9d2 カナダ発カフェチェーン「ティム・ホートンズ」、中国法人が米上場へ SPACと合併で oa-rp25648

カナダ発カフェチェーン「ティム・ホートンズ」、中国法人が米上場へ SPACと合併で

カナダの国民的カフェチェーン「ティム・ホートンズ(Tim Hortons)」の中国法人(以下、ティムズ中国)が、ついに米上場を果たしそうだ。

特別買収目的会社(SPAC)「Silver Crest」のニュースリリースによると、米国証券取引委員会(SEC)が2022年7月20日、同社とティムズ中国との合併が有効であると宣言した。

Silver Crestは8月18日に臨時株主総会を開く。普通株主の3分の2以上の賛成が得られれば、合併案が正式に採択される。新会社はティッカーコード「THCH」および「THCHW」で米ナスダックに上場し、取引を開始する予定だという。合併案が採択されなかった場合、同社は解散および清算の危機に直面することになる。

ティムズ中国は今回の上場にあたり、SPACとPIPE(上場企業の私募増資引受)の複合方式を採用している。この方式を採用すると、上場の確実性と評価額の安定性が大幅に向上する。

ティムズ中国は22年3月の資金調達で思うような成果を得られず、評価額を3億ドル(約400億円)引き下げている。店舗網を拡大する一方で赤字を膨らませる同社が、上場を急ぐのも当然だろう。

コーヒーチェーン「Tim Hortons」中国、米国での上場目指し約230億円の追加調達へ



(36Kr Japan編集部)

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_3pef7dt8dszz_中国BYDが「EV嫌い」日本にあえて進出する理由。東南アジア開拓の布石か 3pef7dt8dszz 3pef7dt8dszz 中国BYDが「EV嫌い」日本にあえて進出する理由。東南アジア開拓の布石か oa-rp25648

中国BYDが「EV嫌い」日本にあえて進出する理由。東南アジア開拓の布石か

中国電気自動車(EV)大手の比亜迪(BYD)は7月21日、日本の乗用車市場への参入を発表し、最新のEV専用「eプラットフォーム3.0」を搭載した3車種「ATTO 3」「DOLPHIN」「SEAL」を投入することを明らかにした。ATTO 3は2023年1月発売の予定で、残りの2車種も23年中に順次発売される。


日本EV業界の黒船となるか。中国BYD、日本乗用車市場に参入



テスラも苦戦する日本の新エネ車市場
日本自動車販売協会連合会によると、6月に日本で販売されたEVは3379台で、前年同期から2.6倍に増加した。ただ2021年全体を見ると、日本の新エネルギー車(NEV)の販売台数はプラグインハイブリッド車を含めても4万5000万台にとどまっており、その普及率は世界的にもかなり低い。

日本ではNEVの販売台数が少なく、普及率はわずか1%ほど。この限られた1%の市場では日産やトヨタなど国産ブランドが圧倒的な強さを見せつけている。世界のEV市場を席巻している米テスラでさえも、日本におけるモデル3の販売台数は日産リーフやトヨタのプリウスに遠く及ばない。

2020~2021年のデータ(画像:鋰解)
BYDの狙いとは?
今回、BYDが日本市場に投入することに決めた3車種は、欧州市場向けのセレクトとは全く違うものだ。

ATTO 3、DOLPHIN、SEALの3車種はそれぞれに位置づけが異なっている。ATTO 3は価格が15万元(約300万円)クラスのSUVで、中国市場ではBYDの代表的なモデルだ。プラットフォームはすでに最新版に更新されている。低価格帯のDOLPHINは10万元(約200万円)クラスのコンパクトEV。間もなく中国市場でも販売されるSEALは20万元(約400万円)クラスのハイエンドモデルで、BYDの最新電池製造技術「CTB(Cell to Body)」を採用している。

価格帯もタイプも異なる3車種を一挙に投入する戦略から、日本市場に対するBYDの入念さがうかがえる。

これに先立ちBYDは日本に子会社「BYD Auto Japan」を設立、2023年末までに日本全国に100カ所以上の販売ネットワークを作り上げ、販売代理店を通じてアフターサービスを提供する予定だ。

以前に、BYDが日本のEVタクシー市場に参入するという情報が出回ったが、BYDブランドPR事業部総経理の李雲飛氏は、今回の日本市場進出はモビリティー市場ではなく、消費者向け市場に焦点を合わせたものだと語る。日本での工場建設を検討するかどうかについては、海外市場のニーズや事業展開の状況を総合的に考慮した上で決定するとしている。

BYDの日本進出の理由について、デジタルマーケティング会社Artefactのパートナー陸盛贇氏が、以下のような考えを示した。

まず、日本は中国と距離的に近いため、BYDのサプライチェーンにとって問題は少ないと指摘する。また日本は比較的「伝統的」な市場であり、新エネルギー車の普及率が低いことに加え自動車のスマート化もそれほど進んでいないため、BYDはおそらくEV化やスマート化の分野にチャンスを見いだしているのでは、という。

「日本のように成熟した市場で渡り合っていくことは、BYDのブランドイメージを高める上で非常に有効だ。日本でブランド評価を確立すれば、欧州や米国市場への進出もいっそう容易になり、中国市場でさらに高級なイメージを持たせることにもつながる」

今から33年前、高級車市場に活路を求めたトヨタは、北米市場を徹底的に研究したうえでレクサスを発売し、当時ドイツの高級車が占めていた北米市場の構図を大きく打ち破ることに成功した。北米市場を足がかりとして、レクサスは高級車ブランドとしての確たる地位を手にした。今、日本の新エネルギー車市場でチャンスをうかがうBYDも、新たなブランドの進化の歴史を作ろうとしているのかもしれない。


東南アジア進出の要所、日本
日本は自動車生産大国であると同時に自動車輸出大国でもある。2021年、日本が輸出した自動車は382万台で世界トップだった。特に東南アジアでは圧倒的なシェアを獲得している。

一方、今の東南アジアではEV市場が高い成長率を見せている。中国のNEVメーカーはこの東南アジア市場に狙いを定めている。

乗用車市場情報連合会(CPCA)の崔東樹秘書長は税関の統計として、上半期に輸出された新エネルギー乗用車は36万2200台で、そのうち東南アジア向けの輸出は全体の16%を占める5万8400台だったと紹介した。

中国のEVブランドが東南アジア市場での事業拡大に乗り出しているものの、現時点で東南アジアにおける中国ブランドの知名度は依然として低いと、自動車輸出業の関係者は明かす。

日本のEVに実質的な成長がないにもかかわらず東南アジアのEV市場が大きな需要を示すとき、BYDが日本市場で確立したブランド力は、東南アジアへの輸出を拡大する上で大きな戦略的な意義を持つようになると考えられる

昨年にはBYDが欧州市場へ参入し、新興自動車メーカーや大手の高級車ブランドと共に、中国NEVの国際的な影響力を高めるべく努力を傾けてきた。

世界のNEV市場シェアでトップに返り咲き、中国の高級車市場での開拓を進めているBYDにとって、成熟しているもののいまだ不十分な日本市場を切り開いていくことにはリスクや難題が伴うが、今のBYDには技術面でも産業チェーンの面でもそれに立ち向かうだけの実力が備わっていると言えるだろう。

BYDの販売過去最高に、中国NEV業界の勢い反映



作者:品駕(WeChat ID:Ping-Dribe)、董楠

(翻訳・畠中裕子)

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_3dayq7s08ngz_中国初、AIによる建築施工図が審査合格 「TransBIM」利用で完成まで最短3日 3dayq7s08ngz 3dayq7s08ngz 中国初、AIによる建築施工図が審査合格 「TransBIM」利用で完成まで最短3日 oa-rp25648

中国初、AIによる建築施工図が審査合格 「TransBIM」利用で完成まで最短3日

人工知能(AI)を活用して作成した建築施工図がこのほど、中国で初めて所管部門の審査に合格した。この施工図は、設計事務所「西安天華建築設計」が、設計関連ソフト開発の「第三維度軟件科技」が提供するAI活用設計プラットフォーム「TransBIM」を利用して作成した。

建築士がCAD(コンピューター利用設計システム)で作成した基本設計図と必要なパラメータをTransBIMに入力すると、AIアルゴリズムによるパラメータ分析が実行され、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)が生成される。壁体などへの衝突シミュレーションや構造分析、設備分析などもAIが自動で完了するため、意匠・構造・設備に関する全ての施工図が3〜7日で作成できるという。

第三維度の創業者、任紹斌氏は「TransBIMを利用すれば、(延べ床)面積20万平方メートルの建築の施工図の作成期間を、従来の約2カ月から最短3日に短縮できる。設計事務所による効率的で品質の高い設計をサポートすると同時に、デベロッパーの開発コストを3000万〜5000万元(約6億〜10億円)削減することが可能だ」と説明した。

(36Kr Japan編集部)

外部リンク