cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_0c666432a3d1_バイトダンス傘下の動画配信「西瓜視頻」:BBC、ディスカバリーも視聴可能に 0c666432a3d1 0c666432a3d1 バイトダンス傘下の動画配信「西瓜視頻」:BBC、ディスカバリーも視聴可能に oa-rp25648

バイトダンス傘下の動画配信「西瓜視頻」:BBC、ディスカバリーも視聴可能に

ショート動画アプリ「TikTok」を手掛けるバイトダンス傘下の動画配信プラットフォーム「西瓜視頻(Xigua Video)」は、テレビ番組の制作・配信を手掛ける英「BBCスタジオズ」とコンテンツパートナーシップを締結したことを4月22日に明らかにした。両社は新作ドキュメンタリーの『Hubble: The Wonders of Space Revealed(ハッブル望遠鏡30周年:明かされた宇宙の驚異)』と『Primates(霊長目)』を共同リリースする。また、『Planet Earth(プラネットアース)』、『Civilization(西洋美術史探訪)』などを含むBBCの100以上のドキュメンタリー番組が西瓜視頻で視聴可能になる。

また、西瓜視頻はドキュメンタリー制作大手の英「Discovery」ともパートナーシップを締結し、『MAN vs. WILD』や『Life After: Chernobyl(チェルノブイリ:生き物たちの今)』など多数のドキュメンタリー番組をプラットフォームのドキュメンタリーチャンネルにリリースする。両社はさらに、世界的な新型コロナウイルスの流行に焦点を当てたドキュメンタリーを間もなく共同リリースするとのことだ。

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_76a383f0e6d9_話題のロボット玩具「Robosen」、半年で資金調達100億円超 76a383f0e6d9 76a383f0e6d9 話題のロボット玩具「Robosen」、半年で資金調達100億円超 oa-rp25648

話題のロボット玩具「Robosen」、半年で資金調達100億円超

一般消費者向けロボットを手掛ける「Robosen(楽森機器人)」が、シリーズB+で資金を調達した。リード・インベスターは「澐柏資本(Cedarlake Capital)」、コ・インベスターは「銀盛泰資本(Rencent Capital)」と「光速中国(Lightspeed China Partners)」。また「セコイアキャピタル(紅杉資本)」などシリーズBの出資者も、引き続き本ラウンドで出資を行った。2021年6月のシリーズBと合わせて、合計1億ドル(約114億円)に迫る資金を調達したという。

同社は、モーター、駆動および制御システム、チップ、アルゴリズム、アーキテクチャ、ロボットアーム、さらにはコア素材に至るまで、改良を行い、コア技術の完全独自開発を成し遂げている。

21年4月には、米国の玩具メーカー「ハズブロ(Hasbro)」と提携し、トランスフォーマー型ロボット「フラッグシップ オプティマスプライム」を発表した。この製品はプロジェクト立ち上げから発売まで、12年かけて開発されたものだ。5000個の部品、60個のチップ、27個の高性能サーボモーターから構成され、二足人型ロボットの歩行制御、小型人工機械関節、マンマシンインタラクションなどの技術や材料が採用されている。

同製品は米国での発表後、供給が追いつかず、納期が2022年第2四半期(7月〜9月)に延期されている。

人型から車に自動変形。ロボット型玩具「Robosen」、人気コラボ商品に注文殺到

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_df9a0671050a_TikTok、サブスク機能をテスト InstagramやTwitterに続き df9a0671050a df9a0671050a TikTok、サブスク機能をテスト InstagramやTwitterに続き oa-rp25648

TikTok、サブスク機能をテスト InstagramやTwitterに続き

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、TikTokがサブスクリプション機能をテスト中だという。クリエイターが、自らのコンテンツを有料で視聴させることができるようにするとのこと。

これに先立ち、Instagramも独自のサブスクリプションサービスをテスト中と発表している。同サービスを運営するMetaによれば、この機能により、コンテンツ制作者に収益がもたらされるだろうという。さらにTwitterも昨年、類似した月額サービス「スーパーフォロー(Super Follows)」という課金機能を発表した。

TikTokは、サブスクリプションのプラン、価格、テストに関する詳細について、いまだ明らかにしていない。 同社のスポークスマンは、「弊社は、コミュニティに価値をもたらし、TikTokのサービスを豊かにするための新しい方法を考え続けている」と述べている。

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_f011ce441e07_スターバックス、アリババとの独占契約は満了 デリバリー事業で美団と提携 f011ce441e07 f011ce441e07 スターバックス、アリババとの独占契約は満了 デリバリー事業で美団と提携 oa-rp25648

スターバックス、アリババとの独占契約は満了 デリバリー事業で美団と提携

米スターバックス18日、中国フードデリバリー最大手「美団(Meituan)」との提携を発表した。今後は美団のアプリからスターバックスの商品を注文できるようになる。また、美団のアプリで予約すれば、店舗での試飲会やコーヒーの入れ方教室にも参加できるという。

スターバックスが物流大手企業の「SFホールディング(順豊控股)」や、ウォルマート傘下の会員制スーパー「サムズ・クラブ(Sam’s Club)」などと提携に関する協議を進めているとの噂もあった。しかし、最終的にスターバックスとの提携を勝ち取ったのは美団だった。

これまでスターバックスは、アリババ集団傘下のフードデリバリープラットフォーム「餓了麼(ウーラマ、Ele.me)」と3年間の独占パートナー契約を結んでいた。契約は2021年12月31日で満了し、その後は更新されていないものの、デリバリー事業での提携は継続している。

スターバックスのデリバリーサービス「専星送」は、すでに美団のアプリから利用できるようになっているが、ウーラマのアプリからも引き続き利用できる。ウーラマも、スターバックスへのアクセスはこれまでどおりで、専星送などのサービスにも何ら影響はないとしている。

スターバックスはO2O(Online to Offline)分野のトップブランドだ。同社との提携は単なる業務提携を超える意味を持つ。

アリババは2018年8月、スターバックスを非常に重要なパートナーと位置づけ、戦略的パートナーシップを締結。スターバックスは、アリババが進める提携企業のデジタル化を実現する計画「A100」の最初のパートナーとなった。

アリババとスターバックスの提携は、双方のトップの合意により成立した。アリババの張勇CEOとスターバックスのケビン・ジョンソンCEOは、揃って戦略的パートナーシップ発表会に出席した。張氏は、この発表会を「結婚式」になぞらえて「結婚前はそれぞれの人生を生きてきたが、結婚後は双方の人生をどのように幸せで充実したものにするかを考えなければならない」と述べた。この発言から、アリババがスターバックスをいかに重要視していたかがうかがえる。

アリババは当時、ウーラマを完全買収したばかりで、中国のフードデリバリー市場への野心を示していた。ウーラマのシェアはすでに美団に抜かれていたが、アリババはグループ内の事業のシナジー効果を切り札に、スターバックスとの独占的な提携を獲得した。

しかし、フードデリバリー市場が変化し続ける中で、ウーラマと美団の差はますます広がっていった。そして、電子商取引(EC)市場で苦戦を続けるアリババは、組織にスピードや柔軟性を求め、グループの力をウーラマの支援に注ぎ込む意欲を失ったとみられる。そして、3年間続いたアリババとスターバックスとの独占的な提携関係は、美団の介入によって事実上終わりを告げることとなった。

中国ではここ数年、テクノロジー企業への規制が強まっている。そんな中、美団はスターバックスとの提携を獲得した。しかし、3年前にアリババとスターバックスが提携した際のように派手な宣伝や発表会が行われていないことには注目しておくべきだろう。

(北村一仁)

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_e6c55517a727_中国新興EV「華人運通(Human Horizons)」、年内に香港上場か e6c55517a727 e6c55517a727 中国新興EV「華人運通(Human Horizons)」、年内に香港上場か oa-rp25648

中国新興EV「華人運通(Human Horizons)」、年内に香港上場か

中国の新興EVメーカー「華人運通(Human Horizons)」が、香港での新規株式公開(IPO)を検討していると、海外メディアが報じた。早ければ2022年中に上場し、調達額は3億~5億ドル(約341億~569億円)になる可能性があるとのこと。また当初は米国でのIPOを予定していたが、香港に変更したという。

2017年に設立された華人運通は、近未来のスマート交通に焦点を当てた、革新的モビリティテクノロジーを開発する企業だ。19年7月、高級EVブランド「HiPhi(高合)」を立ち上げ、最初のモデル「HiPhi X」を20年9月に発売した。21年5月から量産、納車を開始し、21年通年での販売台数は4237台に達した。

現在、複数の中国EVメーカーが、香港での上場を検討している。ネットで公開されている情報によると、EVブランド「哪吒汽車(Neta)」を展開する「合衆新能源汽車(Hozon New Energy Automobile)」は、IPOで10億ドル(約1139億円)の調達を検討しているという。また「威馬汽車(WM Motor)」も22年中に上場し、約10億ドルの調達を計画中とのこと。さらに「零跑汽車(Leap Motor)」は、早ければ他社と同様、年内に上場する計画だと伝えられている。

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_19d32f56bdd3_失踪した子を探すため深夜に日雇い労働。行動履歴から判明したコロナ感染者の悲しい過去ー中国 19d32f56bdd3 19d32f56bdd3 失踪した子を探すため深夜に日雇い労働。行動履歴から判明したコロナ感染者の悲しい過去ー中国 oa-rp25648

失踪した子を探すため深夜に日雇い労働。行動履歴から判明したコロナ感染者の悲しい過去ー中国

新型コロナウイルス変異型のオミクロン株が猛威を振るい、北京冬季五輪開催地の中国で緊張が高まっている。衛生当局は市民に注意を呼び掛けるため感染者の行動履歴を詳細に公表しているが、ある男性感染者の行動履歴が発表されると、「中国で最もつらい境遇の感染者」と同情が広がり、さらに知人の証言などによって感染者の壮絶な体験が明らかになった。

五輪開催地の北京では今年に入ってオミクロン株の市中感染が起き、緊張が走っている。そして18日には、市内でデルタ株の無症状感染者も確認された。

中国当局は感染者全員の過去2週間の行動履歴を詳細に発表しており、北京でデルタ株に感染した出稼ぎ労働者の岳さん(44)も元旦から18日までの行動が公開された。

岳さんは18日間で28カ所の現場を渡り歩き、インテリア建材や建材ごみの運搬を行っていた。現場の多くは劇場や高級ホテル、高級住宅街で、岳さんは主に深夜から明け方にかけて働き、1日に3つの現場をこなした日もあった。

岳さんの行動履歴は北京の格差社会を象徴しており、SNSには岳さんの回復を願う声があふれた。その後、岳さんや故郷の村人らがメディアの取材に答えたことで、岳さんが北京に出稼ぎに来た悲しい理由も明らかになった。

国営テレビも「お父さんがコロナに。家に帰って」と呼びかけ

山東省威海市にある村落の漁船乗組員だった岳さんは、2020年8月12に当時19歳の長男が失踪したことを機に、各地で日雇い労働をしながら、長男を探す生活に転じた。山東省、河南省、河北省、天津市での捜索を経て、北京にやってきたという。

岳さんによると、長男は職場で体調を崩し、上司にバス停まで送ってもらった後に行方が分からなくなった。漁に出ていた岳さんは知らせを聞いて慌てて戻り、地元の交番に捜索願を出した。しかし長男が成人(中国の成人年齢は18歳)であることを理由に、GPSの追跡などを断られ、それから数日経つと携帯電話の呼び出し音も鳴らなくなった。

3カ月経って警察は捜査に着手したが手がかりはなく、岳さんは上級の警察署に相談しながら、長男を探し続けているという。

岳さんの故郷の村長や村人によると、岳さんの同居の父は寝たきり、母も体調が悪く、妻は働きながら中学生の次男を育てている。長男の失踪は村人皆が知っており、心配しているとの話だった。

長男の失踪の話が伝わると、岳さんは「中国で最もつらい境遇にある感染者」として国中の同情を集め、国営テレビのアナウンサーも番組で「お父さんは1日に3つの日雇い仕事を掛け持ちして、あなたを探してコロナにかかってしまった。早く家に帰って!」と呼びかけた。

失踪した岳さんの長男。警察は21日に、長男の死亡を確認済みと発表した。
岳さんの次男も20日にSNSのウェイボ(微博)で、「父のことが報じられ、私たち家族のお財布アプリにお金をくれる人たちがいる。お金はいらないので、兄を探すのを手伝ってほしい」「母は字が読めないので、自分が代筆している」と投稿。中国のネット民が長男の写真を拡散して手がかりを求め、同時に警察への批判が高まることになった。

21日は国営通信社の新華社通信が岳さんの件を「警察が庶民の苦しみに寄り添わず、訴えを放置しているのが事実ならば、到底許されない」と社説で論じた。

岳さん一家への同情と警察批判がやまない中、地元の警察は同日夕方、「長男の死亡は既に確認済み」との調査結果を発表。警察によると、長男が失踪した当日に岳さんの妻から相談を受け、監視カメラや聞き込みなどで捜索したものの、有力な情報は得られなかった。失踪から2週間後、池で腐敗した遺体が見つかり、DNA鑑定で長男と判明したが、岳さん夫婦は結果を受け入れず、その後も警察の上級部門に捜索を要求し続けているという。

警察は「長男の遺体」を火葬せず保管していると説明し、対応に問題がなかったと主張している。一方、SNSでは警察の説明に理解を示す意見と、「相談を受けてすぐGPSを調べていれば長男は死ななかったのでは」となお警察を批判する意見に二分され、論争が続いている。

(文・浦上早苗、画像はいずれもWeiboより)

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_60b6c1851754_マクドナルド中国とアリババ、パートナーシップ強化を発表 60b6c1851754 60b6c1851754 マクドナルド中国とアリババ、パートナーシップ強化を発表 oa-rp25648

マクドナルド中国とアリババ、パートナーシップ強化を発表

マクドナルド中国とアリババが協力関係の強化を発表した。今後、両社は革新的なメンバーシッププランや製品のアップグレード、IP(知的財産)提携、オムニチャネルマーケティングなどの面で、一層提携を強化していく。

説明によると、両社は2020年10月に戦略的パートナーシップを締結した。マクドナルド中国は、アリババの全域データミドルオフィス機能を利用する、中国初の飲食サービス企業となり、会員、取引、マーケティング、店舗、デリバリー、商品に関するデータリソースを構築し始めたという。

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_4900b80e6b2f_女性患者の婦人科手術を盗撮・生配信、麻酔科医の男逮捕:中国 4900b80e6b2f 4900b80e6b2f 女性患者の婦人科手術を盗撮・生配信、麻酔科医の男逮捕:中国 oa-rp25648

女性患者の婦人科手術を盗撮・生配信、麻酔科医の男逮捕:中国

女性患者が中国の病院で婦人科手術を受けている様子を、麻酔科医の男が人気動画サイト「ビリビリ動画(bilibili)」で生配信し、大炎上している。手術中の女性患者は意識がなく、手術に立ち会っていた別の同僚医師も、盗撮と配信を止めなかったようだ。医師はその後逮捕された。

中国メディアの報道によると、配信を行ったのは山東省の病院に勤務する麻酔科医。ビリビリでは15日夕方、女性患者の裸や、夫と見られる男性が手術を終えた女性患者に下着をはかせる様子が1時間以上にわたって配信されていた。

医師の信じがたい行為に、医療業界だけでなく中国全土に衝撃が走っている。このアカウントは既に削除された。

手術の様子はビリビリ動画で1時間以上にわたって配信され、通報が殺到した。
ビリビリ側は中国メディアの取材に対し「何度も警告したり切断し、その後アカウントを永久停止処分にした。警察にも通報した」と述べた。

病院のある山東省の警察には視聴者からの通報が殺到し、警察当局は21日、撮影した麻酔科医の逮捕と医師資格の解除、関係者11人の摘発を発表した。

(36Kr Japan編集部)

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_01d81613e5e1_中国京東がShopifyと提携 サプライチェーンで越境ECを支援 01d81613e5e1 01d81613e5e1 中国京東がShopifyと提携 サプライチェーンで越境ECを支援 oa-rp25648

中国京東がShopifyと提携 サプライチェーンで越境ECを支援

中国EC大手の京東集団(JD.com)は18日に、カナダ同業の「Shopify」と戦略的パートナーシップを締結すると発表した。今後、京東は輸出入サプライチェーン業務をShopifyのシステムと連携させる。

輸出事業では、京東は中国国内のサプライヤーリソースを統合し、サプライヤーソーシングサービス「JD Sourcing」を通じて越境DTC(Direct-to-Consumer)ブランドに商品プールを提供する。また越境物流サービス「JD Shipping」を通じ、集荷や通関手続き、国際物流、海外在庫管理、現地配送などを含むフルフィルメントサービスも提供する。

近年、京東集団は世界中で越境物流事業を積極的に展開している。京東集団は現在までに、北米、欧州、東南アジア、中東、オーストラリアなどの地域で80の保税倉庫と海外倉庫を運営し、1000路線近い国際物流ネットワークを構築しており、世界220カ国以上への輸送を可能にしている。

外部リンク

cat_oa-rp25648_issue_0c666432a3d1 oa-rp25648_0_34818dec192e_中国L4自動運転スタートアップの「WeRide」、完全無人運転250万kmを突破 34818dec192e 34818dec192e 中国L4自動運転スタートアップの「WeRide」、完全無人運転250万kmを突破 oa-rp25648

中国L4自動運転スタートアップの「WeRide」、完全無人運転250万kmを突破

レベル4自動運転技術を手掛ける中国スタートアップ「WeRide.ai(文遠知行、ウィーライド・エーアイ)」は、公道での自動運転走行距離が1000万kmを突破したと発表した。

また、このうち完全無人運転の走行距離は250万kmを超えており、将来的な商業化への道が開かれたという。

この1000万kmという数字は、300台以上の自動運転車による、中国および米国での4年以上におよぶ継続的なテストと運用の蓄積で達成されたものだ。その車両には、無人および自動運転によるロボタクシー、ロボバス、トラックなどが含まれる。これらの車両は、中国広東省広州市、河南省鄭州市、江蘇省南京市、湖北省武漢市、安徽省安慶市、米国カリフォルニア州サンノゼなどの都市で運用されている。

ロボタクシーで実績積む「WeRide」、自動運転バスも展開へ。評価額3600億円に拡大

外部リンク