cat_oa-rp24814_issue_65fd2779e205 oa-rp24814_0_65fd2779e205_UIデザイン初学者の頃の自分に捧げたい、「勉強するならまずこれを読もう!」と思う読み物7選 65fd2779e205 65fd2779e205 UIデザイン初学者の頃の自分に捧げたい、「勉強するならまずこれを読もう!」と思う読み物7選 oa-rp24814

UIデザイン初学者の頃の自分に捧げたい、「勉強するならまずこれを読もう!」と思う読み物7選

2020年8月2日 18:47 note(ノート)

はじめまして、ムツミと申します。「CAMPFIRE」という、クラウドファンディング事業の会社のデザイナーをしています。
普段はグロース周りのデザイン施策を担当していて、少し前は仲間集めプラットフォーム「TOMOSHIBI」という新規事業のデザイン全般を担当していました。

---
最近デザインを勉強している友人にむけて、勉強におすすめの記事や本をまとめる機会があったのですが、UIデザインをはじめたの頃の自分に読んで欲しい…と思うものばかりでした。当時のわたしは「とりあえずやってみてわからなかったら調べる!」という方法で突き進み、体系的に学ぶことが少なかったためです(反省)

まだまだデザインを語れる立場ではないのですが、せっかくなので当時の自分に向けて、そしてこれからの自分のおさらいになるように、厳選してnoteに記録しておこうと思います。

僭越ながら、UIデザイン勉強中の方や、UIデザインへの理解を深めたい方々の参考にもなれましたら幸いです🙏



👤 この記事の対象の方・過去の自分・UIデザイナーを目指している初学者(なにかしらのUI画面を作ったことがある人)・原点回帰したい現役デザイナー・デザインへの理解を深めたいエンジニアやディレクター


✖️ この記事で書かないこと・具体的なUIデザインの手法やTips”

▼ UIのルールや指針を知るためのガイドライン勉強しはじめの頃は見た目を華やかにすることに意識が寄ってしまって、過度な装飾や、要素を目立たせるためだけにドロップシャドウをかけてしまう等、いわゆる「UIのお作法」的なルールを無視してしまうパターンが見受けられます。

UIデザインはなんとなくの感覚やセンスでするものではなく、知識・ロジックに基づいて設計していくことが大切です。そこで、感覚頼りになってしまうことを避けるために必要な「デザインガイドライン」を4つ紹介します。


1:ソシオメディア / ヒューマンインターフェースガイドライン

ソシオメディア | ヒューマンインターフェース ガイドラインソシオメディアがまとめている、ヒューマンインターフェースをデザインする際の指針です。これらは、インターフェースデザインに関www.sociomedia.co.jp


UIに関する指針が100項目にギュッとまとまっています。

そもそもどんな事を意識してデザインすれば良いのかがわからない!という方や、デザインに迷ったときにみると答えが見つかるかもしれません。「UIデザインをするときの辞書」のようなガイドラインです。簡潔にまとまっているので、すぐに実践に落とし込みやすいのも魅力的。



↓以下2つは英語表記のため、英語に慣れていない方は少しハードルが高いかもしれませんが、翻訳機能を駆使して読むことをおすすめします📖


2:Apple / ヒューマンインターフェースガイドライン
Human Interface Guidelines - Design - Apple Developerdeveloper.apple.com


↑Google翻訳した画面

おなじみAppleの提唱するヒューマンインターフェースガイドラインです。MacOS、iOS等で採用されている部品がどんな機能を持っているのか、それらがなぜそのレイアウトなのか等、OSに最適化したUI設計をするための指針が書かれています。

WebのUIについての記載はありませんが、Apple製品の普及率を考えるとメンタルモデルも形成されやすく、普遍的な考えだと思うので、UIに関わる方は読んでおいて損はないです。


3:Google / マテリアルデザインガイドライン

Material DesignBuild beautiful, usable products faster. Material Design is amaterial.io


↑これもGoogle翻訳した画面

Android、iOS、Web向けにGoogleが提唱しているガイドラインですが、物理法則に則った設計をするという思想のもと、UIの指針が記載されています。光や影の付き方、物の重なり方、奥行きを自然な表現にし、ユーザーにとって直感的にわかりやすいデザインを目指します。

パディングのとり方やシャドウの付け方も細かく解説されているので、「なんとなくこのくらい」でデザインしてしまっていた人はこのガイドラインを読んでみるとコツが掴めると思います。
翻訳したものでも比較的理解しやすいと思いますので、ぜひ。

4:アクセシビリティデザイン
アクセシビリティからデザインを学ぼうこれはエンジニアである僕がアクセシビリティを学ぶことによりデザインの知識と理解が深まったという経験談です。もしも今、あなたuxmilk.jp


これまでに上げたガイドラインとは少し毛色が変わりますが、アクセシビリティのためのデザイン原則一覧です。ユーザーの状態や属性に依存しない情報伝達を目指します。


こちらは自閉症スペクトラムのための「すること(左)・しないこと(右)」リストの一部ですが、自閉症スペクトラムの方に限らず、どんな方でもこの原則が守られていると、より正しく情報を受け取りやすくなります。
その為、アクセシビリティを担保したデザインは、自ずと万人にわかりやすいデザインになっているはずです。

”画像出典元:https://github.com/UKHomeOffice/posters/tree/master/accessibility/dos-donts/posters_ja 


ガイドラインは、デザインを作る人や環境に左右されることなく、デザインや操作の一貫性を保持したり、UI設計時の指針としておくことで生産性の向上を見込めます。
新しいサービスを作る際も、独自のUIを作る等の突飛なことはせずに、ガイドラインやメンタルモデルに則った設計をするとユーザーに受け入れてもらいやすくなるなと、日々思います。

ガイドラインの重要性についてもっと知りたい方は、こちらの記事が参考になります↓





▼ UIデザインを本質から考える本人が目の前の情報をどのように処理して、どのような反応をするのか。UIデザインを作る上で欠かせない「人の心理・無意識・習慣」についての知識は、設計時の重要な指針となってくれます。一見難しそうに感じてしまいますが、読み物としても面白く、読みやすい本を2冊選びました。

5:インターフェースデザインの心理学
インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針www.amazon.co.jp3,080円(2020年08月02日 02:04時点 詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する

定番書!
人の行動心理を理解して、そこにマッチしたデザインにすることで直感的に使えるものであったり、「買ってもらう」「登録してもらう」など、いわゆるコンバージョンにつなげるデザインへのヒントが詰まっています。デザイナーだけでなく、サービス開発に関わるエンジニア・ディレクター・プロダクトオーナーにもおすすめです。

ちなみに続編もあります↓


続・インタフェースデザインの心理学 ─ウェブやアプリに新たな視点をもたらす+100の指針www.amazon.co.jp3,080円(2019年10月17日 10:27時点 詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する

(まだ続編は読んでいないので内容は割愛しますorz)

6:オブジェクト指向UIデザイン
オブジェクト指向UIデザイン──使いやすいソフトウェアの原理 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)www.amazon.co.jp3,278円(2020年07月25日 11:33時点 詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する

最近ソシオメディアさんが出版された、いわゆるOOUI(オブジェクト思考ユーザーインターフェース)についての解説書です。
「初学者には難しそう」というお声もちらほら目にしましたが、寧ろ初学者こそ読むべき内容かもしれないな、と思います。

最初に陥りがちな「やること」をベースにしたUIデザインと比較して、「目的・もの」をベースにしたUI設計は何が優れているのか。人の行動心理と結び付けて、丁寧に解説されています。
本の後半はワークアウトになっていて、OOUIの考え方を実際に手を動かして学ぶことができます。勉学から実践まで網羅されていて、とってもおすすめな1冊です。



▼ 体系的にUIデザインの全体像を掴むための本近頃デザイナーに求められる仕事の範囲は広がってきているなと感じます。「UIデザイナー」1つとっても、UIの画面を美しく作れさえすればOKということはあまりなく、ビジネス的な視点や、エンジニアリングの視点等が必要な面もしばしば。

じゃあ、デザイナーってどんなことを考えて、どんなことを実際に業務でやるの?そのためにはどんな勉強をすればいいの?という具体的なことを知るために、デザインプロセスをイメージできる本を1冊選びました。

7:はじめてのUIデザイン
はじめてのUIデザイン 改訂版www.amazon.co.jp2,500円(2020年08月01日 20:47時点 詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する

2019年にPEAKSという技術書のクラウドファンディングにて出版された本です。デザインのプロフェッショナルな方々が、「UIデザイナーを目指している人に渡せる最初の1冊を作りたい。」という思いから作られたそうですが、まさにそんな1冊。

UIデザインの大切さや、知っておくべき用語、デザインの歴史、デザイナーの役割、情報設計の仕方や具体的な開発プロセス・運用まで、デザイン業務の教科書のように利用できる本だと思います。具体的な内容なため、UIという概念をこれから知るぞ!という段階の時よりも、デザインで手を動かす段階のときに読むのがおすすめです。

ちなみに今読み返しても、「なるほどこう考えればいいのか」という発見が得られます。先人の教えはありがたいです。

最近加筆修正を加えた改訂版がKindleから出たそうなので、そちらのリンクを貼っています。

▼ おまけ:デザインを学ぶためのおすすめサービス・場所勉強するのにおすすめなサービスと場所を最後に少しだけ。

✏️ その1:Cocoda!

Cocoda! - あなたがクリエイターでいられる場所cocoda-design.com


↑画像のようなカリキュラムをはじめ、お題に基づいたUIデザインを作るコンテンツが用意されているため、実践に近い形で学ぶことができます。また、他のユーザーさんのアウトプットが見られるので、モチベーションアップにも良いです。


✏️ その2:Schoo


「UIデザイン」の学習ならオンライン授業・講座のSchoo(スクー)「UIデザイン」に関する検索結果|Schooschoo.jp

授業形式で様々な講座を開催しているのですが、動画コンテンツならではのわかりやすさが魅力的。テーマも豊富で、面白いものが多いです。


✏️ その3:FLAT Designer's BAR

タイトル未設定twitter.com
デザイナーのためのコミュニティバーで、デザインに興味がある人から現役のデザイナーまで、幅広いデザイン関係者が集まり夜な夜なデザイントークをする場所です。といいつつ、情勢的に店舗営業はお休みしているのですが、デザインに関するオンラインイベントを定期的に開催したりしています。

実は、私もプランニング / ブランディング担当として関わらせていただいています。もし営業が再開した際には、ぜひ遊びにいらしてください。

▼ まとめ所々自分で自分を諭すような、反省文を書いているような気持ちになりました…!

現役デザイナーの方には基本的な物ばかりで、目新しい発見はなかったかもしれません。
UIデザインには正解がなくて、簡単にさくっと答えを導くことはきっと永遠にできないと思います。ただ、少しでも答えに近づけるようなヒントはこの「基本」の中に詰まっていると、今回のnoteを書きながら改めて思いました。定期的に原点に立ち戻って、アウトプットやプロダクトの質の向上に貢献していきたいです。

デザイン初学者の方も、興味がある方も、共に頑張りましょう…!
ここまで読んでくださってありがとうございました!

Twitterやっているので、よかったらフォローしてください🕊

タイトル未設定twitter.com

cat_oa-rp24814_issue_65fd2779e205 oa-rp24814_0_4a79d5b5a10a_寝たきりの親友と語り合っていた「寝たきりでも誰かと出会えて、誰かの為に仲間と働ける未来」 4a79d5b5a10a 4a79d5b5a10a 寝たきりの親友と語り合っていた「寝たきりでも誰かと出会えて、誰かの為に仲間と働ける未来」 oa-rp24814

寝たきりの親友と語り合っていた「寝たきりでも誰かと出会えて、誰かの為に仲間と働ける未来」

2021年9月27日 10:58 note(ノート)

「20年間、生かされるだけの人生だった。私は、たとえ明日死んでしまうとしても、今日好きな事をやって、自分の人生を生きたい。」

”このnoteは、SMBCと開催する「 #一人じゃ気づけなかったこと 」投稿コンテストの参考作品として、主催者から依頼をいただいて書きました。


たとえ寝たきりでも誰かと出会えて、誰かの為に仲間と働ける未来を作ろう
 
4歳からずっと寝たきりの親友、番田雄太とそんな話をした。
寝たきりで社会人経験もないのにと笑われ、無理だろと言われ、それでもやりたいんだと動き続け、5年半。
 
2021年6月、分身ロボットOriHimeを自宅や病院からリモート操作して働ける店「分身ロボットカフェ」の常設実験店がオープンした。


OriHimeを遠隔操作して働いている人は約60人。

突然難病になり身体のほんのわずかな部分しか動かせなくなった人もいるし、生まれつき寝たきり状態の人、突然の事故によって頸髄損傷になり首から下が動かせなくなった人や、臓器移植を待機して入院している人もいる。
また、当時者ではないが介護する為に外出ができない、あるいは海外に住んでいる人もいる。
共通することは「移動困難により、就労できていない人達」という事。

こうしたメンバーが生身の身体ではなくロボットを遠隔操作し、生身で来店したお客さんからオーダーを受け、注文の品を運び、時に談笑したり、お客さんの好みに合わせて遠隔で珈琲を淹れるバリスタなども行い、働き、給料を貰っている。








今年6月にオープンしたこのカフェの名前は
「分身ロボットカフェ DAWNver.β 常設実験店」
たとえ外出困難になっても、新たな働き方を研究し、改良を繰り返す”実験カフェ”だ。


分身ロボットカフェ DAWN 2021 - AVATAR ROBOT CAFE DAWN 2021
「分身ロボットカフェ」とは、株式会社オリィ研究所が主宰・運営する、ALSなどの難病や重度障害で外出困難な人々が、分身ロボッ
dawn2021.orylab.com




オープンから3ヵ月経過した今も、休日になるとオープン時から賑やかなお客さんが来店し、毎日多くのパイロットが働き、そんな中で新たなロボットやシステムが投入されたり改良されたりしている。

パイロットを含めた総勢100名以上が関わるこのプロジェクトは5年前、たった1人の寝たきりの男との雑談から始まった。




4歳から20年以上寝たきりで、学校にも行けず、友達もほとんどいない。
人とも上手く話せないし、気に入らない事があるとすぐに怒り、協力者を呆れさせてしまう。
それでも私は番田と話すのが好きだった。
「心が自由なら、どこへでも行けるし、なんでもできる」とうたい、寝たきりでも自由に生きれる世界を目指し、28歳の時に亡くなった親友、番田雄太。

私と番田のたった2人の妄想から始まり、常設カフェが生まれるまでの話をしたいと思う。
長くなるかもしれないが、お付き合いいただければ幸いだ。



2016年春
三鷹駅の南の小さなオフィスで、私と番田雄太はカメラを向けられインタビュー取材を受けていた。

番田は私の1歳年下の友人で、一緒に全国を講演するよき相棒だ。
吉藤&番田コンビの講演活動はありがたい事に人気となり、全国から年間50回近く呼ばれるようになり、こうして取材も受けるようになっていた。普通の講演と違ったのは記者の目の前に番田の身体はそこにはなく、代わりに番田が遠隔操作するOriHimeというロボットがいた事だ。
番田雄太は盛岡の自宅から動けない寝たきりなのだ。


元不登校である経験から「孤独の解消」をテーマに掲げて研究し、分身ロボットOriHimeを開発していた私と、4歳のときに交通事故に遭い20年以上寝たきり生活の番田は、ネットで番田が私の研究を見つけ、Facebookで連絡をとってきた事から意気投合した。それ以来、「孤独とはなにか。孤独から解放されるには何が必要か」等について語り合うようになっていた。

私は小学5年~3年半、不登校/ひきこもりで友達もほとんどおらず耐えがたい孤独だった経験がある。毎日の授業にも行けず、体調を崩して遠足にも行けなかった。「もうひとつの身体があればいいのに」と思った当時の私が欲しかったものとしてOriHimeという遠隔操作型のロボットを開発した。
このOriHimeを使えば、入院している子どもが学校へ通ったり、友達と共に遠足やお祭りに行く事ができる。私が欲しかったものだ。

2013年12月、OriHimeを開発している私のところに番田雄太が突然Facebookメッセージを送ってきたところから番田との交流は始まった。彼は首から下が感覚もなく全く動かせず、顎を使ってPCを高速に操作して私と毎日メッセージをやりとりしていた。

「私みたいな寝たきりは外に出る事すらできないし、外出したいとお願いしても許してもらえない事が多い。」
「外出ができない人生は、出会いと発見が何もないってこと。それが一番の障害なんだ。」

私は分身ロボットの研究と改良のため、遠隔地にいる寝たきりの番田を”OriHimeパイロット”として私的に雇う事にした。
可哀そうだからではない。番田はそう思われる事をとても嫌がった。
まったく社会と接点のない寝たきりの番田が自分の意志で様々な人に会いに行けたり、社会に参加できるようになるツールを創れれば、それは番田だけじゃなく、同じような後輩の寝たきりの人達、将来外出できなくなるあらゆる人達の「選択肢」になる。力を合わせて実現しよう。
そう2人で意気投合したからだ。

突然、会ったことも無い寝たきりの人を雇うと会社の仲間に話しても理解が得られなかったし資金調達もしていない会社としてそんな金銭的余裕も無かったので、私がポケットマネーで払う事にした。
毎日自分の身体の一部のように使って改善点を見つけ、使い勝手をフィードバックしてくれるのが番田の役割。それは私が食費を削ってでも対価を払うに値するとても大切な事だと思った。


はじめの2,3日、三鷹の小さなオフィスに、番田はOriHimeで出社し、意見をまとめた。ただ、「OriHimeを毎日動かしてくれ」といっても”目的”がない事に気付いた。

毎日オフィスの中を動かし、見回すだけ。はじめは楽しいが、そのうち番田も飽きた。
目的もなくこれといって仕事もなく、オフィスにいるのもお互い気まずかった。やがて番田はOriHimeの重大な欠点として、「僕のようにOriHimeで行きたい居場所がない人に、OriHimeだけあっても意味がない。孤独は、解消されない。」と報告してきた。
グサッときた。

と共に、ハッと思った。
私は「入院していても学校に通いたかった」という自分の考えでOriHimeを作っていたのだが、生まれてずっと寝たきりで、学校やどのコミュニティに所属もしていなかった番田にとって”通うべき場所””行きたい居場所”はどこにもなかったのだ。

では、24歳までほぼ学校に通えず、居場所をもたない番田はどうやってその関係性をこれから得ていけばよいのか。
OriHimeを操作する番田と会議室でよく語り合った。

人が存在するためにはなにかしら”居る理由”が必要だ。
いくら、周りが「毎日来てくれていいよ」「好きにしてていいよ」と言っても、本人がそれで気まずいと思ったらそれは居場所ではないんだ。
「どうしてここにいるの?」と聞かれたとき「ここが僕の席だから」「僕の役割はこれだから」と言える事は大切だ。

たとえ周りの人が「あなたには死んでほしくない。生きていてほしい。生きてさえいてくれたらいい。」と言ったところで、本人が”自分が生きている事で誰かが喜んでくれているという実感”がなければ、それは生きているのではなく生かされているだけだ。
生きれるだけ贅沢だと言われるかもしれないけど、それは生きてはいないんだよ。

いろんな事を話し合ううち、私は番田と一緒に講演活動を始めた。
はじめ、番田は20年の寝たきりの話なんか誰が聞きたいの?と自信なさげだったので演出も考えた。
「分身ロボット」という概念がまだ理解されない2014年、私の声に反応したり、お客さんに手を振り返したりするOriHimeをみてお客さんは認識力の高いAIのロボットだと思い込む。しかし番田が寝たきりで、自宅から遠隔操作しているのだと言うと会場が驚きの顔に変わりザワザワしだす。オーディエンスがどういうことか理解しようというモードに入るのだ。
そこから番田のスピーチが始まった。

「事故にあってからこれまでの20年は、明日少しでも長く生きる為に何もするなと言われた20年だった。同じ病室で、外の世界を見る事もなく亡くなっていった子ども達に、寝たきりの私は手を伸ばしてあげる事も、傍へいって声をかけてあげる事すらできなかった。私は、彼らは、生きたと言えるのでしょうか。生かされただけなのではないでしょうか。
 私は、たとえ明日死んでしまうとしても、今日好きな事をやりたい。それぞれ皆がもつ、想いのカタチを、実現させられる世の中を作りたい。」

番田のスピーチは多くの人に応援された。
はじめからスピーチが上手かったわけじゃない。学校にもほぼ通っていない番田のスピーチははじめめちゃくちゃだった。それでも何度も講演を重ねるうち、徐々に自分の考えを言葉にできるようになっていった。
それはお客さんのリアクションがある事、相手の顔が見れる事も、ずっと病院にいた番田には大きかった。目の前で喜んでくれる人がいるという事は大きな成長をもたらす。
番田の声にハリが生まれ、自信に満ちた声を出すようになった。

たとえ寝たきりでほぼ全く社会人経験がなくても、人は役割とリアクションによって成長できるのだと、実感した。


やがて講演のスケジュールを番田が担当するようになり、メールの窓口にもなり、取材対応や原稿チェックなどもするようになった。徐々に講演料も沢山貰えるようになり、地方に講演にいくときは高いお土産を「お祝い」として番田に郵送するようになった。
2015年夏までは私のポケットマネーで雇っていたにすぎなかったが、創業仲間や株主達にも認められ、そこからはオリィ研究所の”契約社員”となり、オリィ研究所、”広報兼秘書” が番田の正式な肩書になった。


仕事も徐々に覚え、まだ私も月に20万円くらいしか受け取らない小さな小さなスタートアップベンチャーだったが、番田も数万円くらいではあるが無理なく出社しながら受けれる仕事も増やしていき、稼いだ報酬で母親に沢山服をかってあげたり、私と会うたびに数千円もする寿司をご馳走してくれるようになった。


当時、”寝たきりで働いている人”はほとんど居なかったし、おそらく働けるとは全く世間からは思われていなかった。しかし番田は秘書として、こういう方法であれば働けるという前例を作っていった。
私達は誇らしかった。

一方で、様々な課題もあった。
私と番田はこの頃、東京都立の特別支援学校の外部アドバイザーに就任していた。これも、寝たきりの人が遠隔で、しかも東京都の公的な施設でこうして役職を貰える事は異例の事だ。
そんな事もあり、特別支援学校を訪問したり講演を行っていた際、番田は身体障害をもつ生徒の親御さんに「大丈夫です!寝たきりの私でも、こうやって秘書として働けますし、講演や外部アドバイザーにもなれますよ!」と伝えた。しかし、その時に言われた事は「ありがとう。でも私の子にはたぶん無理よ。オリィさんや番田さんじゃないもの(笑)」だった。

私達は落ち込んだ。
たしかに秘書や講演はだれでもできるわけじゃないかもしれない。番田も何度も失敗を重ねながら成長できる環境があったからここまでこれた。番田が仮に複数人いたとしたら、全員が同じ仕事を得られたかというと再現性はかなり低いだろう。

障害者が皆、たとえば芸能人の乙武さんやホーキング博士、国会議員の舩後さんなどの一部の大活躍している人のようになれるかといえばそんな事はない。希望ではあっても、自分もそうなりたい、そうなれると思えるような憧れのロールモデルには成りえないのだ。どうすればいい。

そんな課題を考えつつ、日々の取材をうけたりしてる中で「もっと番田さんにやってもらいたい仕事はなんですか?」という何気ない記者さんの質問に対してふと、
オフィスの玄関の呼び出し鈴がなった時に来客者を玄関まで迎えに行き、番田のいる会議室までお通しし、お茶を出したりしているのが自分だと気付いた。
あれ、これ本来アシスタントたる番田にやってほしい仕事なんじゃと思った。

「まるで私が番田の秘書みたいだよな。たまには珈琲でも淹れてくれよ」
といつもの軽口で言ったところ、
「いいよ。じゃあ、そんな身体つくってよ(笑)」

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それだ!

その瞬間思った。
たまにこういう瞬間がある。


さっそく衝動的に発泡スチロールのブロックを購入し、ガレージで高さ80cmの人型の移動型OriHimeのイメージを彫り出した。



会社に発砲スチロールを削っていい作業場なんてないから、借家のガレージを改造し、工房化した。
発泡スチロールや石膏やパテを使い、その後は3DプリンタとFRPを使いながら手作業で少しずつ開発する私の横にはOriHime姿の番田がいる。

「将来、店やろう。私が肉を焼くから、番田がサーブしてくれ。ついでに自分の口にも運んで、自分で自分を介護できるようにしよう。」
「いいね。買い物にもいくよ」

そんな雑談をしながら、ボディをひらすら削った。
このころ、番田はこれまでずっと世話になりっぱなしだった両親を自分の介護から解放したいと、東京近くで独り暮らしをする方法を模索していた。
ストレッチャーは自動走行で自由に家の中を番田の意志で移動できる。介助者がいなくてもある程度の事は自分でやれて、介助者の人達や遊びにきてくれた人達のために玄関をあけてあげて、冷蔵庫をあけて料理をふるまえる。そんな家にしよう。
その1階部分は飲食店になっていて、番田はこの新型OriHimeでサーブして働くのだ。

さすがにそんなに広くて都合のいい家があるとは思えないが。2016年のセミの声が聞こえる暑いガレージの中で、番田とそんな妄想を語りあっていた。
番田が特別アイデアマンというわけではなかった。ただ、番田と話していると不思議といつも次々にアイデアが湧いてくる。それを番田は「それいいね」「それは違うね」「アイデアはいいけど僕としてはなんか嫌だね」などと言う。それは私にとってとても有難い事だった。

当時、一緒によく語り合っていた仲間のWITHALS(https://withals.com/)の武藤や、意思伝達装置OriHime eyeを一緒に作ったALS患者の藤澤さんにもこの構想を話し、大きなOriHimeができたら寝たきりでも働ける未来が来るよねと、何度も談笑を重ねた。
2016年の冬からは「寝たきりでも働くための作戦会議」をスタートし、仮説を立てた。

肢体不自由の特別支援学校を卒業した生徒の就職率は10%未満だ。
身体が動かない人の雇い方を企業はしらない。そして生徒や保護者、学校の先生たちは何のスキルを身に付ければ雇ってもらえるのかを知らない。

しかし、肉体労働であればどうだ。
普通の高校生も、いきなり身体を動かさず頭脳だけでできるアルバイトを探すのは簡単じゃない。多くの人が肉体労働から始まり、徐々に仕事を覚えていく中で頭脳労働を求められるようになってくる。
それが足りなかったのではないか。
社会に参加できない寝たきりの人達に足りないのは肉体労働だ。
肉体労働で働きはじめ、そのうち仕事を覚える中で後輩を教えたり、頭脳労働をする事もできるようになり、いずれOriHimeがなくても働けるようになる。
必要なのは、肉体労働できるテレワークツールだ。



ものづくりを学びたいと来ていたインターンの学生達を巻き込みながら制作を続け、3DプリンタやFRPやポリパテなどの材料を駆使して10ヵ月くらいかかり、会社ではなく個人のプロジェクトだったのでポケットマネーも家賃を払えないくらいに底をつきたが(肘のモーターひとつ壊れたら家賃が払えなくなるところだった)翌年2017年の2月には自走式の新型OriHime、「OriHime-D プロトタイプ」の開発に辿り着けた。


番田と考えたコンセプトは「だれかの為に何かできる自由」

人が居なくても勝手になんでもやってくれるロボットではない。
このロボットを使い、他の誰かに何かをしてあげられる、そして何かをしてもらえる”相互関係性による自由”目指した。

このロボットを使い、番田はエントランスまでお客さんを迎えにいき、なにげない雑談をしながら私の待つ会議室まで誘導し、お客さんにお茶を運び、名刺交換したり握手を交わしたりする。
床を掃除したり、カーテンをあけたり、届いた荷物を担当者の席まで運んだりし、一緒に働く社員らとも仲間意識を育む。
そんな未来はすぐそこだと思った。

その矢先、

2017年の夏、私たちのよき理解者で、顧問にもなっていただいていた藤澤さんが亡くなった。そして、その葬儀に参列したかったであろう番田も、その時すでに意識はなくなっていた。盛岡の病院に行き話しかけ続けたが、会うたびに状態は悪化し意思の疎通すらできないまま、親友は旅立った。
立て続けに2人の仲間の葬儀に出る中、OriHime-Dの開発はストップしていた。2014年から3年間ほぼ毎日OriHimeを操作し、OriHime-Dを一番操作してほしかった相棒はもういない。葬儀で徹夜でなんども書き直した弔辞を読みながら、せっかくここまで来たのにこの挑戦は全て無駄だったのもしれないと本気で思った。

しばらく開発が止まり、プロジェクトのメンバーらもいったん解散し、もうこのOriHime-Dの開発も、カフェ構想も辞めてしまおうかと思った。

自分でも驚くほどの無気力状態が続いたが、番田が言っていた
「このままでは無駄に死んでしまう。こんな身体だからこそ、何か生きた証を遺したい」という講演のスピーチを思い出した。
新たに村田望さんという現在もOriHimeパイロットをしてくれている番田の後輩にあたる仲間や、藤澤さんと開発した視線入力装置「OriHime eye」を私生活に導入され視線入力で絵を描かれるALSの榊さんとの新たな出会いもあり、もう一度やろうと思うようになった。





 そんな中でたまたま出会った日本財団の方にOriHime-Dプロトタイプを見せ、番田との構想を語ったことから助成を得られる事になり、本格的にカフェの実証実験に向けて動き出す事になった。
 課題は山積みだった。お金周りの事や、イベント運営の事、ロボットの量産の事やPRの事、様々な制作物など、はじめは私と番田の”わがまま”に多くの人を巻き込むわけにはいかないとすら思い、少人数でやろうとしたが仕事量がどう考えても私の許容量を越えていた。
時間はせまってくるが足りないものが多すぎる。ヤバい。焦りが顔に出ていた。

そんな時、生前の番田を知る多くの仲間が次々と「その夢、自分にも関わらせろ」と、仕事を休んで手弁当で手伝ってくれた。(そのうち数人がのちにオリィ研究所に入社する事になる。)
時間が迫る中、揃っていないものが多すぎるくせにやりたい事はもっと多い。もっと早く仲間を巻き込むべきだったと人生で最も深く反省する日々が続き、2018年11月、10日間だけの分身ロボットカフェは実現する事になった。




たった10日間だが、理想のカフェの内装もデザインし、用意した。
動画も3本つくった。働いてくれるパイロットもTwitterで呼びかけただけだったが30人以上応募があり、zoomで面接して10人を選出した。
OriHime-Dも5台作り、クラウドファンディングも実施して協力者兼来場してくれる研究協力者も募った。パンフレットやグッズも作り、記者への呼びかけも行った。

なんとかたどりついた番田と語り合っていた店だが、けしてゴールではない。

・分身ロボットによる接客で、お客さんは満足してもらえるだろうか。
・ものを運ぶだけならAIロボットを導入した方がいいと言われないか。
・ここで働くパイロットは働き甲斐があるだろうか。
・パイロットの顔が写真だけな事に文句はでるだろうか。
・番田と同じように、社会人経験がなくても一歩目を踏み出せるだろうか。
・いきなり10人ものパイロット達と働く事ができるか。
・その10名らと、一緒に働いている仲間意識を得る事ができるだろうか。
・お金を払ってもらえるだけの価値提供になるだろうか。

私と番田の妄想の、仮説検証の場だ。

新しい事の全てがうまくいかない事や、うまくいかなかったときに酷い事を言われる事、痛い失敗を浴びる事になるのはこれまでの経験から解っているが、寝たきりになっても社会に参加できる方法の研究にヒントを得る事はできると信じ、10日間の実験に挑んだ。







運営としては反省だらけで、仲間からめちゃくちゃ怒られる事もあったし、本番直前でロボットが動かなくなるなど問題だらけで、寝れない夜ばかりだったのだが、お客さんは想像以上に満足してくれ、働くパイロット達の反応も非常によかった。
身体障害の重さだけでなく年齢や社会人経験などできる限りバラバラの10人を選考していたが、ほぼ働いた経験のない人も働ける事が解ったし、視線で操作し、働ける事もわかった。
番田が渇望した仲間意識を、パイロットや現場スタッフ全員に芽生えていたのを感じる事ができた。








1年後、私たちは更にメンバーや規模を増やし、30名のパイロット達と共に、別の場所、大手町と渋谷それぞれでも分身ロボットカフェの実験を実施する事になった。






運営体制を大幅に強化し、OriHimeやOriHime-Dのシステムも見直して強化した。前回は「オーダーを聞いてものを運ぶ」だけだった役割を細分化、新たな役職も増やした。

・前回の実験は1回目で珍しかっただけではないか。2回目、3回目で飽きられる事はないか。
・新たな働き方、OriHimeでできる役割をどれだけ増やせるか
・30名になった時にどんな課題がでるか
・我々が作った特殊なカフェ空間ではなく、通常の飲食店でホールスタッフと共同して働けるか
・何もしらないお客さんから受け入れられるか
・このカフェでの接客トレーニングは、実社会への就職に結びついていくか

これに加えて技術的な課題もある。
検証したい、しないといけない仮説リストも山積みだった。1回目もそうだったがアンケート作りも毎回かなり時間をかけている。

そんな時、この大手町の実験では、実験とは別にとても大きな手応えも得られた。

カフェで働いた人達がカフェだけではなく、他の企業からお誘いを受け、OriHimeで働きにいく事例も生まれたのだ。
企業も、これまで雇い方がわからなかった重度障害者が働いている様子をみて、OriHimeと一緒に雇用したいと言ってもらえるようになった。
いまでは約20名のパイロットが、このカフェをきっかけに他の企業や自治体に就職しOriHimeで働いている。







2020年1月、予定していた全ての実験計画が終了して成果を整理したとき、私達はこれを常設化する事に決めた。
常設の計画を作り、カフェチームを強化する為に仲間にも入社してもらい場所の候補地を探し始め本格的に動き出そうと思って準備をはじめた。

・・・多くの困難がある事は覚悟し、トラブルを想定しても、想像以上のトラブルは尽きないものだ。

コロナ時代の到来だ。
計画が全てひっくり返される事になってしまう。
先行きが解らない中でスポンサーも得にくくなり、借りれるかもしれない場所も白紙になる。準備してくれていたメンバーやパイロット達にもそれを伝えなくてはならない時はとても辛かった。
心が折れそうになる時、支えてくれるのはいつでもこれまで一緒に活動してきた仲間だ。それは亡くなっていった仲間も含む。
ここには書ききれないほど多くの出会いと支えがあった。金銭的な見返りではなく、本気で人生をかけて協力してくれる人達が集まっていた。

「こんな身体だからこそ、生きた証を遺したい」
番田と始めたプロジェクトは、そんな人達を仲間にしてくれていた。
できる事をやろうと、計画をすべて白紙に戻してゼロからスタートした。

時間ができた事で、よい事もあった。
これまでクラウドファンディングや、私や番田の講演会に来てくれた人達から「何か一緒にやりたい、力になりたい」と言ってもらっていたのに何もできていなかったが、私の普段の活動を密に発信し、カフェができるまでやそれからの開発を配信し、実験に応援してもらえる「オリィの自由研究部」を立ち上げたところ、数百人が入ってくれ、力を貸してもらえる事になった。

料理や内装、飲食店経営についても良き仲間に巡り合えた。
過去4回の分身ロボットカフェの実験を行った際、力を貸してくれていた人達が入社したり、アドバイザとして関わってくれる事になった。

常設店の場所探しも大変だったが、諦めず理想の場所を探していたところ理念に共感していただける理想的なパートナーと意気投合し、新日本橋駅徒歩1分、東京駅からも1kmで行ける良い立地を得られる事になり、オフィスも同じビルへ移設する事になった。

ALSや身体表現性障害になってしまった元バリスタの2人の意見から、パイロットが珈琲を淹れる「テレバリスタ」システムも、パートナー企業と共に1年をかけて開発し、準備する事ができた。
常設店ではパイロット達はコーヒーを運ぶだけではない。誰かの為に、一杯の珈琲を淹れる事ができるのだ。



2021年、「分身ロボットカフェ常設実験店」計画を発表。





クラウドファンディングでは1000万円を目標に、2000万円集まれば有難いと考えていた我々の予想に反し、なんと約4500万円もの支援を集める事ができた。

計画は加速し、パイロットは初回から50名を迎える事ができた。飲食の専門家、飲食店内装の専門家、カフェのベテランの店長、凄腕のエンジニア、デザイナー、不動産会社、多くの人達がプロジェクトに賛同してくれ、仮にOriHimeや実験など関係なくとも空間や飲食店として成立できるようなクオリティを目指した。
”実験”というにはあまりに贅沢な、番田と語り合っていた理念に賛同してくれる最高のチームで常設のカフェを開発する事ができた。



分身ロボットカフェ DAWN 2021 - AVATAR ROBOT CAFE DAWN 2021
「分身ロボットカフェ」とは、株式会社オリィ研究所が主宰・運営する、ALSなどの難病や重度障害で外出困難な人々が、分身ロボッ
dawn2021.orylab.com



ここでは、毎日が世界初だ。

日本中や、海外からもパイロットが一瞬で通勤してくる。
店内を自由に走り回り、あるいは店内のOriHimeとOriHimeを乗り移ることで瞬間移動をしながら接客する。
感染のリスクがないから、お客さんも店員であるパイロットとは会話を楽しむ事ができる。
身体を動かせない人にとって大変な着替える必要もないし、雨に打たれる心配もない。1日1時間から働く事も可能で、通勤時間は1分だ。
それゆえに誰かが直前で体調を崩してしまっても、代わりの人が即座に入ってサポートする事もできる。
寝たきりでも珈琲を淹れる事もできるし、お客さんの前でパフォーマンスをして拍手を貰う事もある。
地下には開発室があり、1Fのカフェで得られた失敗をすぐに改善し現場へ導入し、実験する事ができる。

課題を発見してはそれを解消し、高速にトライ&エラーを回していく、サービスの現場と研究が一体となった公開実験カフェだ。










働くパイロットや、オリィ研究所として働くエンジニアやスタッフも随時募集している。ストレッチャーに乗った寝たきりの小学生の女の子がカフェに来店し、七夕の短冊に願い事を書いた。
働く姿は、次世代に憧れを与えている。




未来的すぎるものではなく、特殊な仕事ではなく、
「私にもできる」 そう思ってもらえる仕事を作りたい。
番田と悩んだ課題に、カフェはひとつの可能性を提示できたかもしれない。
これが広がっていくかは、まだわからない。まだまだ実験段階で、課題や仮説のリストは山積みだ。

病気で生まれてきた子や、事故にあって動けなくなってしまった人も、心が自由なら、どこへでもいけて、なんでもできる。
将来寝たきりになった時、ここで働きたいと思える場になりうるだろうか。

「寝たきりの先の憧れ」
それを研究するための実験店を重ねていく、常設の実験場である。

未来では、寝たきりでも働ける事が普通になる。
5年前、親友とたった2人の雑談から生まれ、多くの仲間を巻き込んで失敗と改良を重ね続けながら挑戦を続けるカフェは、まだまだ始まったばかりだ。


2021.9.27
吉藤オリィ 



【分身ロボットカフェ】
DAWN ver.β 常設実験店


分身ロボットカフェ DAWN 2021 - AVATAR ROBOT CAFE DAWN 2021
「分身ロボットカフェ」とは、株式会社オリィ研究所が主宰・運営する、ALSなどの難病や重度障害で外出困難な人々が、分身ロボッ
dawn2021.orylab.com




#一人じゃ気づけなかったこと
#sponsored

外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_65fd2779e205 oa-rp24814_0_6d5454d4088d_【1時間で理解できる】外資コンサル流 資料作成・プレゼンの教科書 6d5454d4088d 6d5454d4088d 【1時間で理解できる】外資コンサル流 資料作成・プレゼンの教科書 oa-rp24814

【1時間で理解できる】外資コンサル流 資料作成・プレゼンの教科書

2021年9月26日 18:28 note(ノート)

こんにちは、麻衣です!

私は新卒で入社した外資系のコンサルティング会社で約6年間働き、現在は日系大手事業会社でデジタル領域の戦略立案や案件推進をしています。本noteは、コンサルのコアスキルの一つである「会議のゴールを達成するために資料を作成し、プレゼンするスキル」について、可能な限り言語化し、多数の図を用いることで、何度も読み直していただける教科書のようにまとめています。なるべく具体的に書いたため、1万字を超えるボリュームになりました。

現在では、システム系の案件が増え、深夜まで資料を作成することも減ってきたコンサルティング会社ですが、私が働いていたころはまだ戦略案件もそれなりにあり、深夜まで膨大な量のスライドを作り続けた経験は、当時は地獄のようでしたが今思うと素晴らしい経験でした。

このnoteを読めば、外資系コンサルタントが持っている資料作成・プレゼン準備の"型"を、7個のステップに沿って体系的に理解することが出来ます。
私自身が前職だけでなく、現職でも外資コンサルの方とお仕事する中で体系化した内容であるため、特定のコンサル会社に当てはまる情報や内部情報が含まれるような内容ではないことをご承知下さい。

本noteは、コンサルティング会社で働いている方はもちろん、事業会社で働らかれていて、パワポで資料を作成してプレゼンをする必要のあるすべての人に読んで頂きたいと考えています。コンサルの資料が必ずしも良いとは考えておらず、よりクリエイティブなデザイン性の高いスライドが求められるシーンもあると思いますが、多くの会議では、理路整然とロジカルに整理されたスライドの方が多くの人の合意形成がしやすいと考えています。

また、資料作成とプレゼンは密接に関係しているにもかかわらず、別々の書籍で語られることが多いですが、本noteでは作成した資料を基にプレゼンに向けてどのような準備をすれば良いのかまで書いています。

読んだだけですぐにできるようにはなりませんが、体系的な理解なしに、自己流でスライド作成スキルを上達させるのは至難の業だと思っていますので、資料を作りながら本noteを読み返して頂ければ、何倍も速くスキルが身につくと信じています。この体系化した内容が、少しでも多くの人に伝わり、会議・プレゼンが少しでも上手く行くことを願っています。

前置きが長くなってしまいましたが、はじめていきます!



ステップの全体像

本noteでは、資料作成からプレゼンを行うまでに必要なステップを7つに分けて、それぞれについてなるべく細かく書いています。ストーリーやキーメッセージを決めるといった王道のものから、スライド作成時の注意点などの細かい内容まで踏み込んでいます。



一度ですべてを覚えるのは難しいと思いますので、資料を作成される際に本noteを見ながら適宜戻って見返していただくと良いかと思います。
それでは、各ステップに進みます。

1.会議の目的・ゴールの設定

まずは、会議の目的とゴールを設定します。資料はあくまで会議の目的を達成するための手段でしかありません。若手が陥りがちな罠として、会議の目的とゴールを理解していないがゆえに、見栄えのいい綺麗なスライドを作るスキルが上がっても、いつまでたっても筋が悪い資料しか作れないというものがあります。それを避けるには、正しい目的・ゴール設定・理解が必須です。

ここで、目的とゴール(目標)の違いについて、おさらいしておきましょう。


もくてき【目的】1 実現しようとしてめざす事柄。行動のねらい。めあて。「当初の目的を達成する」「目的にかなう」「旅行の目的」2 倫理学で、理性ないし意志が、行為に先だって行為を規定し、方向づけるもの。ゴール【goal】 [名]1 競技の決勝線。決勝点。「ゴールに達する」2 ラグビー・サッカー・ホッケーなどで、ボールを入れると得点になる枠。また、そこにボールを入れて得点すること。「ペナルティーゴール」3 努力などの目標点。「入学というゴールを目ざしてがんばる」4 「ゴールイン」の略。「2着でゴールする」出所:goo辞書”

目的とは、「1.実現しようと目指す事柄、行動の狙い、2.行為を方向づけるもの」、ゴールとは「3.努力などの目標点」つまり具体的な目標の的のことです。「この会議で目指し、議論を方向づける事柄」が目的で、「具体的な達成された状態」がゴールと考えると良いかもしれません。

会議・資料の目的設定とゴール設定で、それぞれ明らかにしないといけないことは、以下の通りです。

【会議・資料の目的設定で明らかにしないといけないこと】
・その会議は何のために行うのか?
・その資料は何のために作成するのか?

【ゴール(目標)設定において明らかにしないといけないこと】
・その会議の後、参加者にどのような状態になっていてもらいたいのか?
・または資料を読み終わった後、読者にどうなっていて欲しいのか?
・また、どのような次のアクションを取ってもらいたいのか?

上記の明らかにしないといけないことについては、きちんと言語化しておきましょう。会議の目的・ゴールを1枚のスライドにまとめておいて、会議の資料の最初に入れるのもおすすめです。具体的には、以下のスライドのように本当にシンプルに目的とゴールの2つについて、書いておきます。


この2つが決まっていないと、後々確実に迷走します。これが決まらなければ、後段のストーリーラインを正しく組み立て、資料を作成することは絶対にできません。目的とゴールを決めておくことで、余計な脱線を防ぎやすくなりますし、「目的のない会議」に陥ることも減ります。



2.会議のアジェンダ設定

目的とゴールが決まったら、次は会議のアジェンダを設定します。
会議のアジェンダ ≒ 資料の目次になります。


【アジェンダ設定において明らかにしないといけないこと】
・ゴールを達成するためには何をどのような順番で、説明・議論すればよいか?
・それをアジェンダとして落とし込むとどのような項目になるか?

アジェンダ設定は、ゴールを達成するための道筋を決めるようなものです。そのため、一旦決めたら、その順番で説明・議論すればゴールが達成されるかを逆に考えてみる必要があります。具体的には以下のようなイメージです。



例えば、「競合のAという取り組みが自社に与える影響を明らかにして、それに対抗するアクションをとるか否かを決める」ことをゴールとする会議であれば、以下の様なアジェンダが考えられます。

”【ゴール】・参加者が競合のAという取り組みの自社に対する影響を理解できている。・対抗アクションを実施するか否かを決まっている。・実施する場合には、何をするかを決める。⇩【アジェンダ】・競合のAという取り組みの概要・自社に対する影響評価・対抗策のオプション・実施判断


ゴールを達成するための道筋が一つではないことと同じで、アジェンダにも唯一の正解はないと思っています。アジェンダに沿って進めてゴールが達成できるのであれば、私はそれは全て正解だと考えています。

ここまでで、アジェンダが決まったかと思いますが、実はこのステップ2で決めたアジェンダはあくまで仮決めです。なぜなら、後のステップでストーリーを検討していく中で、ゴールを達成するための、より良いアジェンダ・進め方が思いつく可能性があるからです。

それだったら、先にストーリーを考えればいいのでは、、と思われた方もいるかもしれませんが、私は先にざっくりアジェンダを決めた方がストーリーを決めやすいと思っています。例えば、映画やドラマでもある程度の流れや、重要なイベント(失恋するとか、恋の敵が出現する等)については、先に決めていることが多いそうですが、それと同じだと思います。実際にストーリーを作るうえで、問題があれば修正すれば良いですが、アジェンダがないとストーリーも作りにくいです。



3.ストーリー・メッセージ作り

次に、最重要となるストーリーとメッセージ作りを進めていきます

【ストーリー・メッセージ作りで明らかにしないといけないこと】
・キーメッセージとして何を伝えるか?
・全体のストーリーとしてどのような構成(流れ)にするか?

手を動かす前に、アジェンダ・ストーリー・メッセージの関係性について、確認しましょう。まずは、アジェンダと、メッセージ・ストーリーの関係性を書いた以下の図を見ていただいて、全体のイメージを作って頂けると良いかと思います。




メッセージとは、そのスライドの内容を一言で表すものです。各スライドのキーメッセージを読むとストーリーになり、その資料全体の主張が伝わる必要があります。

メッセージは下記3つの条件を満たす必要があります。
①1スライド1メッセージである
②明快な主張がある(=スタンスがあり、できるだけ曖昧な内容を避ける)
③ 端的にポイントが伝わる

また、メッセージは2行以内(約70文字)に収めることを心掛けましょう。これに収まらない場合、メッセージが長過ぎて伝わりにくくなります。



上の図にあるように、キーメッセージはそれぞれアジェンダ項目ごとに考えると良いと思います。例えば、先ほどの「競合のAに対する対抗策の実施判断」の会議であれば、以下のようなメッセージが考えられると思います。



”【アジェンダ】・競合のAという取り組みの概要・自社に対する影響評価・対抗策のオプション・実施判断⇩【キーメッセージ】・競合はAという取り組みを開始したが、テスト展開に留まる・自社に対する影響は現時点では限定的と想定される・対抗策はA~Dの四つのオプションがあり、費用対効果を考えるとAが最適・現時点での対抗策の実施は見送るべきではないか。但し今後も要注視”

そして、このキーメッセージ同士のつながりが滑らかで納得感のあるものが良いストーリーになります。例えると、映画やドラマのワンシーンでどんな面白いシーンがあっても(キーメッセージが良くても)、全体の流れが意味不明の場合(ストーリーがよく分からない)、評価が良くならないのと同じです。よくある悪い例が、データ分析した結果、面白い結果が出てきて、クライアントに見せたいためにストーリーを無視して入れ込んだ結果、繋がりがよく分からずに不評で逆効果になるといったケースです。

また、キーメッセージとサブメッセージの関係として、論理関係(演繹法・帰納法)・因果関係に留意する必要があります。具体的には、上位の概念であるキーメッセージと、下位の概念であるサブメッセージは、以下の並列型(帰納型)もしくは解説型(演繹型)のどちらかの関係になっている必要があります。



これは、いわゆるロジカルシンキングの領域で、深くは立ち入りませんが、コンサル定番本のこちらの書籍に書かれておりますので、一読されることをおすすめします。


ロジカル・シンキング Best solution

amzn.to
1,568円
(2021年09月23日 15:40時点
詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する







そうして、このキーメッセージ・サブメッセージから構成されるストーリーで、ゴールが達成できるかどうかをチェックして、問題がなければこのステップは完了になるという流れです。



では、実際に手を動かしてこの作業を進めていきたいと思いますが、パワーポイントではなく、紙とペンを用意してください。このステップは何度も書き直したり、修正したりしますし、全体像を把握しながら進めた方がよいので多くのコンサルタントは紙やホワイトボードに書いて進めています。

外資コンサルでよく使われている(配られている)のはこちらのノートとペンですが、ノートとペンであれば何でもよいです。


オキナ プロジェクトリングノートA4 50枚 PNA4S

amzn.to
463円
(2021年09月23日 14:49時点
詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する




パイロット 水性ボールペン Vコーン 0.5mm ブラック/レッド/ブルー LVE-10EF-B/R/L 3色3本組み

amzn.to
399円
(2021年09月23日 14:49時点
詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する




これらのノートとペンは、多くのコンサル会社では山積みになっていて、好きなだけ使えるのですが、これはこのストーリー作りとメッセージ作りでノートを多用するからです。タブレットで文字を書けたりする現代でもこのノートとペンで作り続けているのは、俯瞰したり、簡単に書き直したりしやすいという理由が大きいと思います。

ノートとペンを使って、以下のようにキーメッセージ、サブメッセージのそれぞれを考えて、伝えたいこと・書きたいことのメモを書きます。




先ほどのキーメッセージである以下を例にとります。


・対抗策はA~Dの四つのオプションがあり、費用対効果を考えるとAが最適

この時、キーメッセージが書かれるスライドの「伝えたいこと・書くことのメモ」には、例えば「費用対効果の比較表を書いて、Aが一番良いことを示す」と書きます。

サブメッセージAとして、例えば「取りうるオプションのAの特徴は効果が高いが、時間・費用も大きい」とするのであれば、伝えたいこと・書くことのメモには、「実施効果、必要なリソースをシミュレーションして試算する」と書いたりします。

ストーリーを考えていくうちに、もっと良い説明や議論の流れが思いついたら、必要に応じて前のステップに立ち戻り、アジェンダを修正してください。

ここまでで、一旦全体のストーリーと、キーメッセージ、それをサポートするサブメッセージが完成しました。また、各スライドで伝えたい大まかな内容をノートに書きました。次は、伝えたい大まかな内容について、調査・分析を行い確定させていきます。


4.スライドの中身を考える

次のステップでは、キーメッセージ・サブメッセージを伝えるためにどのような内容を入れるのかを確定させていきます。

【スライドの中身を考える上で、明らかにすること】
・スライドのボディ部分(メッセージより下の部分)に書く内容は何か?

具体的には、以下のようなイメージです。前ステップで考えたキーメッセージを伝える上で、伝えたいこと・書きたいことのメモの部分を確定させます。この段階でもまだノートに書いていきます。



このステップで必要になることは、伝えたいこと・書きたいことをクリアにすることなので、例えば事例の調査を行って、記載する内容を決めたり、エクセルで顧客データを分析して、定量的に本当に伝えたいことが言えるのかを検証します。ここで想定に反する結果となった場合は、ストーリー・メッセージ作りまで立ち戻って練り直す必要があります。

調査や分析スキルについては、本noteの範疇を超えますので、割愛します。コンサルでよくある分析としては、以下のようなものがあります。

・データをExcelで分析
・現場社員やマネジメント層へのヒアリングを行う
・エキスパートインタビューを行う
・事例調査を行う

それぞれで異なるスキルが求められてきますが、先に伝えたいことの仮説があり、それを検証する形で上記の作業を行う流れはどの調査・分析でも同じです。


ここまでで、キーメッセージ・サブメッセージとそれをサポートするための内容が確定し、全体としても繋がりのあるストーリーが出来上がりました。
ここまででお分かりかと思いますが、スライドのグラフや表があるから言いたいメッセージが決まるのではなく、伝えたいメッセージがあるからグラフや表の中身が決まります。
次のステップでは、いよいよスライドのラフイメージを作ります。

5.スライドのラフイメージ作成

このステップは、特にパワポ作成に慣れていない方が必須となるプロセスです。ここまでのステップで、各スライドのメッセージと内容が決まりましたので、スライドの作成に向かうわけなのですが、いきなりパワーポイントで作り始めると、何度も見せ方を作り直したりすることになり、時間が掛かることが多いです。

そんな時に、若手のコンサルの多くの人は、パワポで作業する前に紙にスライドのイメージを書いて認識を合わせます。具体的には、私が今回の記事を作成するにあたって作った流れなのですが、こんな感じでスライドのイメージを書いて、上位者と合意すると良いと思います。



スライド作成にも慣れてきた中堅コンサルからは、前のステップで決めた書く内容からだいたいスライドのイメージが付くので、このステップは飛ばして、次の作成に入っていく方も多いです。



6.パワーポイントでスライド作成

ここまで来てようやくパワーポイントを起動します。外資系のコンサルティング会社の人はスライドを作るのが速い、細かい所まで調整していて見やすいと言われたりしますが、これは資料作成スキルのほんのごく一部でしかなく、ある程度の経験を積むと、ここでは差別化できないので、優秀かそうでないかはこれまでのステップにおけるアウトプットの質の違いが大きいです。

それでは、前のステップで作成した紙をパソコンの横に置いていただいた上で、パワーポイントを作るプロセスについてお伝えします。

作業としては、以下のA~Dについて、上から進めて頂けると良いかと思います。ボディ部分とは表やグラフなどを作るメッセージより下のエリアのことを指します。

A. ボディ部分(表・グラフ・図・文章など)のタイトルを書く
B. ボディ部分(表・グラフ・図・文章など)を作成する
C. 相手に伝わるように工夫する
D. 細かいけど忘れてはならない部分を確認する

それぞれについて、ポイントを書いていきます。

A.  ボディ部分(表・グラフ・図・文章など)のタイトルを書く

表やグラフ、図などを作成した人は、内容を理解するのが簡単ですが、初めて見る人は何のグラフや表なのか分からない場合が多いです。それを防ぐためには、内容をすぐに理解できるようなタイトルを書くことが大切です。
そうすると、タイトルを見ただけで、「このグラフは〇〇についての推移なのか」と理解することができます。

B. ボディ部分(表・グラフ・図・文章など)を作成する

ボディ部分を作成するにあたっては、キーメッセージを分かりやすく理解させるような作りにすることを意識しましょう。繰り返しですが、すべての情報はキーメッセージをサポートするために存在しています。

C. 相手に伝わるように工夫する

スライドを作る上で、キーメッセージを相手に伝えるために様々な工夫がありますが、例えば以下のようなものが良く使われます。
・グラフなどの説明・解釈を書く
・吹き出しを用いて補足する
・項目や要素が複数ある場合は番号を振る
・適度に空白を作る(空白:文字・オブジェクト=7:3もしくは6:4)
※ごちゃごちゃするスライドは見にくいので、必ず適度な余白を入れるようにしましょう。どうしても情報量を減らせない場合は2枚にします。

D.細かいけど忘れてはならない部分を確認する

・出所・脚注を書く
・単位を書く
・ページ番号を振る

(参考)その他のスライド作成におけるお作法

【文字・言葉について】
・文字の大きさは12pt(できるだけ14pt)以上にする
・全スライドでフォントを統一して、最後に一括置換で確認する
・基本的に文字は左揃えにする
・できるだけ箇条書き。箇条書きはホーム⇒段落のインテンド機能を使用
・言葉を統一させる。例えば、体言止めなのか、ですます調なのか等
・あいまいな言葉は使わない(非常に、とても、かなり等)
・あいまいな接続語「そして」は使わずに、「なぜなら、したがって、つまり」といった前後関係が明確な接続語を使う
・読み手に取って読みやすい位置で改行する

【色について】
・使用する色は出来る限り少なく、グレーなどのシンプルな方が良い
・目立たせたい箇所だけ色を付ける(ここぞというときに!)
・スライド全体で同じルールで色を使い、整合性、統一感を持たせる
・グラデーションは使わない

【オブジェクト】
・オブジェクトの配置、大きさ、長さ、間隔を揃える
・動くオブジェクトは使わない

上記以外にも、数えきれないほどルールはあるのですが、特に大事なA~Dをについては、例えば以下の吹き出し部分のようなイメージです。



また、参考情報として、スライドを作成する上で、とても役に立つアイコンについてご紹介します。私も使用させて頂いているこちらのICOOON MONOでは、モノクロのシンプルなアイコンがダウンロードできます。サイズ、色、ファイル形式などを指定でき、使いやすいです。


出所:ICOOON MONO(https://icooon-mono.com/)
利用規約詳細はリンク先のホームページをご確認いただければ幸いです。



A~Dを進めて頂き、スライドできあがったら、以下の観点で確認してみてください。

【資料作成で確認すべきこと】
・キーメッセージが伝わるようなスライドになっているか?
・スライド作成のお作法を守っているか?

こちらが問題なければ、スライドは完成です。この章の最後に、資料作成のスピードを上げるためのコツを2つお伝えしたいと思います。

① 過去に誰かが作成した資料をできるだけ使い回す。

優秀な若手コンサルタントの多くは、上位者からレビューをもらって過去に作成した資料や、他の人が作った質の高い資料をストックしており、それらを使いまわしています。そうすることで、短い時間でしっかりした見た目の資料を作ることができます。フォーマットさえ合えば、前のステップまでで作った内容を書いて、微修正を加えれば完成です。

そんな資料が身近にないという方は、私のこれまでの経験を基に作ったテンプレートをこちらで提供していますので、検討してみてください。





別資料を使いまわす場合、別資料のスライドをそのまま差し込むのではなく、本編の資料で新しいスライドを作り、その上にオブジェクトをコピーするようにしましょう。別のフォーマットのスライドを差し込むと、マスタが変わったりするため、修正が必要になってしまします。


外資コンサルの作成した資料を見る方法をこちらの記事で紹介していますのでこちらも参考にして頂ければと思います。(パワーポイントファイルではなく、pdfファイルのため、オブジェクトのコピーはできません)




② ショートカットキーをマスターする。

Ctrl+Cなどのショートカットキーは皆さん日頃から使われていると思いますが、パワーポイントでは多くの操作をショートカットキーを使うことでマウスを使わずに行うことができます。ボタンをいちいちマウスでクリックしていると、かなり作業スピードが遅くなるので、若手コンサルではマウスを使っていると怒られる場合もあります。
例えばパワーポイントでよく使うショートカットは以下のものがあります。

”Ctrl + Z直前の操作を元に戻すCtrl + Y直前の操作を繰り返すCtrl + S上書き保存F12   名前を付けて保存Ctrl + E文字の中央揃えCtrl + L文字の左揃えCtrl + R文字の右揃えCtrl + Shift + Cオブジェクトの書式のコピーCtrl + Shift + Vオブジェクトの書式の貼り付け

上記のようなショートカットを集めた本はいくつかありますが、私のオススメは、「ショートカットキー 時短ワザ大全ショートカットキー 時短ワザ大全」です。パワーポイントだけでなく、仕事でよく使うアプリケーションの便利なショートカットが網羅されています。しかも、よく使うものが集められているので、即座に業務に役立つと思います。


ショートカットキー時短ワザ大全 早く帰るコツは“手元”にあった!

amzn.to
1,069円
(2021年09月26日 17:55時点
詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する




ショートカットキーを使いこなせるようになるコツはとにかく手に覚え込ませることです。最初は本を見ながらでもよいですが、何回も何回も繰り返していくうちに、「これは確かあのキーとあのキーだったな」というレベルになり、「もう何も考えずに手が勝手に動く」レベルまでできるようになります。



7.プレゼンテーションの準備

プレゼンは事前の準備が成否を決めます。特に以下の3つを準備できていると大きな失敗はないかと思います。

【プレゼンテーションの準備で確認すべきこと】
・プレゼンを聞く人は誰か?、その人たちの知識レベル・興味は何か?
・ストーリーを話すイメージができているか?
・想定質問への対応が準備できているか?


それぞれについて、みていきましょう。

・プレゼンを聞く人は誰か?、その人たちの知識レベル・興味は何か?

プレゼンを聞く人の知識・興味を理解しておくことはとても重要です。例えば、ある業界の最新のデジタル取り組み状況についてプレゼンするという状況だったとしましょう。デジタルと一言で言っても非常に広範囲で、データサイエンスやAIのことかもしれませんし、ERPやRPAの話かもしれません。

そのような状況では、聞く人が何に興味を持っていて、どれほど事前知識があるのかを理解しておかないと、すでに知っていることばかりや、何を言っているのか分からないという状況になります。そういった状況を避けるために、相手の事前知識や興味関心を把握しておいて、「ちょうどいい」話をすることが大切です。

「ちょうどいい」とは「相手にとって知っていることと、新しい事のバランスが上手くとれているということ」です。知らないことばかりだとついていけないし、知ってることをばかりだと退屈してしまいます。

その絶妙なバランスを考えて、話し方・説明の仕方を準備します。



・ストーリーを話すイメージができているか?

作成した資料を説明するイメージトレーニングを行います。ここで大事なのは、まず全体のストーリーを覚えること、次にキーメッセージを覚えることです。これだけ押さえておけば、あとは何とかなります。逆に些末な話をして、せっかく資料作成で作ったストーリーが伝わらないというのが最悪のパターンです。

イメージトレーニングには2つポイントがあると思っています。

① 丸暗記や棒読みはNG
プレゼンでたまに丸暗記しようとする人がいますが、逆効果です。暗記した発言は棒読みになりがちで、聞いている側からすると違和感しかないです。また、プレゼン資料に書いてある文字を読み上げるのも違和感があるのでやめましょう。
聞き手は資料を見て聞くので、わざわざ読まなくても大丈夫です。資料はストーリーとキーメッセージを特に説明して、それを補足する情報(特に文字で書けないこと)を話すようにしましょう。

② 自分の言葉で話す練習をする
自分がしっくりくる言葉の言い回しを探して、自分の言葉で話せば多少ぎこちなくてもメッセージは相手には伝わります。実際にプレゼンで聞く人が前にいることを想定して、頭の中もしくは口に出してプレゼンしてみましょう。この時に、なるべく自分の言葉で、ストーリーとキーメッセージが相手にどうすれば伝わるかをしっかりと考える事が大切です。



・想定質問への対応が準備できているか?


相手がプレゼンを聞いたり資料を読んだ際に、疑問に思うことや質問しそうなことを幅広く洗い出して、どう答えるか考えます。そして、質問が来たら、「待ってました!」かのごとく回答しましょう。納得感のある質問への瞬時の回答は、信頼獲得に繋がります。

そのために必要なのは、事前準備です。「この人の知識レベル・バックグラウンドを踏まえるとこんな質問が来そう」という考えを広く張り巡らせることが重要です。どんなに返しが上手い人でも、過去に同じ質問をされたか、想定して準備していたかのどちらかです。

また、一朝一夕ではできませんが、日ごろから事例をストックしておくことも有効です。象的な話や概念的な話は、なかなか理解されませんが、具体性のある事例で話す事で、相手に伝わりやすくなります。事例を話すときは、成功事例だけではなく、失敗事例も重要です。

事例をストックするには、日ごろから新聞やニュースを見る、本を読むといった方法で常に好奇心を持って物事に接することが大切だと思います。なんとなく記事を見ていたり、人の話を聞いているだけだと記憶に残りにくいです。

以上で、プレゼンテーションの準備は完了です。準備段階でもう成否はほとんど決まっていると思うので、あとは準備した内容を当日話すのみです。
お疲れさまでした!!

おわりに

いかがでしたでしょうか。一万字を超える分量となってしまいましたので、読むのが大変だったかと思いますが、最後まで読んで頂いてありがとうございました。皆様が資料作成・プレゼンテーションをされる際に、本記事が少しでもお役に立てると幸いです。

もしよろしければ、フォロー・いいねしていただけると嬉しいです!

Twitterでも発信しておりますので、本記事に関するご質問・お問い合わせはDMでお願いできますと幸いです。Kindle本も出版してますので、良かったらお願いします!(unlimitedなら無料で読めます)





参考文献


外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック

amzn.to
1,584円
(2021年09月26日 18:03時点
詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する




ロジカル・シンキング Best solution

amzn.to
1,568円
(2021年09月26日 18:04時点
詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する




ショートカットキー時短ワザ大全 早く帰るコツは“手元”にあった!

amzn.to
1,069円
(2021年09月26日 17:55時点
詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する




ロジカル・プレゼンテーション ― 自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」

amzn.to
1,782円
(2021年09月26日 18:06時点
詳しくはこちら)
Amazon.co.jpで購入する

外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_65fd2779e205 oa-rp24814_0_4a78276580a0_染料について 4a78276580a0 4a78276580a0 染料について oa-rp24814

染料について

2021年9月26日 16:16 note(ノート)

染料を探し集めるに当たって、当然良い色であることは前提。たくさん集められること、集めるのが困難すぎないことがある。

数年前から黄色を出す染料を探していた。草木の中で黄色を出す植物は無数にある。その中でも良い色を出すのがカリヤスとコブナグサだ。家のそばには2つとも見かけない。


毎年我が家では醤油を作っている。春に仕込み、天地返しなどを繰り返していく。最後にはしぼり師さんに来てもらって搾り、塩分濃度などを調整してもらう。去年そのしぼり師さんから電話があった。「うちの田んぼのそばにコブナグサが沢山生えてるよ。よかったら持って行って。」という。「明日行きます。」と答え、現地に行くと100坪以上のコブナグサだった。草刈機で片っ端から狩り、ガサガサと箱に詰め込み軽トラに積んだ。

採りきれず、この場所はどうするのかと尋ねると焼いてしまうという。

それならと片付けしやすいように、周りから刈っていき、中に集めるように草刈機をふっていった。また来年もどうぞ、と言ってくれた。




















家のそばで他の染料を集める時も、いろいろな人たちとの関わりがある。

耕作放棄地に生えるマツヨイグサ、夏の終わりグレーに染まる。近所の方にこの畑はどなたのですか?と尋ねる。






家の庭斜面にも裏にも生える赤麻。 柔らかなピンク色が染まる。黄色を含む優しい色。染めるのは夏の終わり。日光をたくさん浴びて大きく育った赤麻の茎が赤みを増した頃。 だからなのか、纏うのは秋にちょうどいい。ほんのりピンクながら少し切ないような色。春に身につけると少し暗く感じるから、そんなことなのかな。オーガニックコットンのカディストールを通年つけていつも夏の終わりを想う。









そしてノイバラ。採取には棘があるので注意。これでグレーを染めている。ややくすんだベージュも染まる。











育てて染めているのはマリーゴールド。





変化球では大根の葉で染めたこちらのカーディガンの色。タスマニアウール100%の贅沢なウールは爽やかさのあるグリーンに染まった。染料としての鮮度と素材の掛け合わせのなせる技。いつもこの色に染まるとは思えない。








里山の斜面にはソヨゴがある。

ソヨゴは冬に採取し染めると赤みを増す。ある人によると水を吸い上げている時期とで色が変わるのではないか、ということだった。

冬青は冬の青と書いてソヨゴと読む。豪雪地帯である、大町市美麻にアトリエを構える私たちの地域は、冬は真っ白な雪で覆われる。木々の葉はもちろん真っ裸なのだが、常緑樹の冬青だけは、青々とした葉をつけ、ここだよ、と教えてくれる。つやのある綺麗な葉は、雪の季節に希望をくれる。



ヤシャブシはゲレンデのリフトに乗っているとよく見かける。スキー場の方に確認し、スノーボードをする時、ゲレンデわきに滑り降りる。板を外してリュックサックに詰める。

最近は沢のそばで群生しているところを見つけた。主に冬、雪の上を歩き、実や枝を集める。



数年そばで暮らしているとここからここまでが誰の山でここからが誰のとわかってくる。山菜やきのこと同じで、自分の中での染料マップができてくる。これもまた染めの楽しみなんだと言える。


外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_65fd2779e205 oa-rp24814_0_17ec601d874b_車いすに彩りを。想いのこもったアートデザインの裏側。 17ec601d874b 17ec601d874b 車いすに彩りを。想いのこもったアートデザインの裏側。 oa-rp24814

車いすに彩りを。想いのこもったアートデザインの裏側。

2021年9月23日 17:00 note(ノート)

こんにちは。ヤマハ発動機のNと言います。
今日は、「海」とはちょっと違うお話です。

とつぜんですが、ヤマハ発動機は、「電動車いす」をつくっています。

「車いす」と聞いて、皆さんがイメージされるのは、手で押して動かすタイプのものだと思います。「電動車いす」は、手元のスティック操作のみで動いたり、電動自転車のように車いすの動きをアシストしてくれたりする製品です。


(正確には、電動車いすと、車いすの動きをアシストするための機能がつまっているユニット部分を作っていますがここでは割愛します。)

「今までは一人で出かけることができなかったが、電動車いすのおかげで一人で出かけられるようになり、本当に嬉しい。」
「電動車いすに替えて、介助なしで一人暮らしを始めました!」

こんなお声を頂きながら、発売より26年間、車いすを必要とする多くのお客様の生活をアシストしています。




話は少し変わりますが、私の祖母は、要介護レベル5の車いすユーザーです。認知症が進みすぎて全く話すことが出来ず、意思疎通もできません。

10年くらい前から認知症を発症し、さらに数年前に家の中で転んで骨を折ってしまって、そのまま歩くことが出来なくなってしまいました。車いすでの生活って、突然やって来るんだなと、当時はびっくりしたものです。

祖母がどんな車いすに乗っているかというと、介護保険でレンタルした、手押しのものを使っています。介助しやすくするためでしょうか、結構サイズ感が大きく、リビングや寝室に出入りするにはギリギリの大きさです。

デザインはというと、シートや取っ手部分などの全体は黒く、明るいオレンジのパーツがところどころついています。我が家の車いすはレンタルですし、実用面が一番重要となるため、車いすってそういうベーシックなデザインが一番なんだろうなと思っていました。




私もヤマハ発動機に入社するまでは全く知りませんでしたが、実は車いすって、おしゃれができるんです。

おしゃれの方法は簡単。車いすのホイール(車輪の中の部分)に、「スポークカバー」というものを装着するだけなのです。車輪は車いすの大部分の面積を占める場所ですので、このカバーをつけることで、自分好みのイメージにガラリと変えることが出来ます。弊社がつくっている電動車いすはもちろん、手押しの車いすでも装着することができますし、ホイールの大きさによって幅広くサイズ展開しているようです。


そして、先日当社からリリースされたのがこちら、株式会社ヘラルボニーとコラボした、アートな「スポークカバー」です 。

▼ホイールの部分についているのが、「スポークカバー」


社員が自分で言うのもなんですが…このデザイン、めちゃくちゃおしゃれじゃないですか?

こんなデザインの車いすを街中で見かけたら、思わず「おしゃれですね」と声をかけてしまいそうです。芸術作品に疎い私ですが、アート作品を身にまとうのって素敵!と思ってしまいました。


このアートデザインは、株式会社ヘラルボニーがライセンス契約を結ぶ、障がいのあるアーティストの作品を起用しています。


HERALBONYは、日本全国の福祉施設に所属する障がいのあるアーティストと共に、新たな文化の創造を目指す岩手県発のアートライフブランドです。ヤマハ発動機はHERALBONYの理念に共感し、今回コラボをさせていただくことになりました。

デザインには、佐々木早苗さん(るんびにい美術館・岩手県)の作品「(無題)」と、松本真由美さん(のぞみの家・東京都)の「プール」という作品を起用しています。

▼作品名「(無題)」


▼作品名「プール」




車いすのユーザーさんには様々な方がいらっしゃいますが、私の祖母のように、車いすの生活って案外突然やってきたりするものなのかもしれません。今までの生活とガラリと変わってしまう中であっても、車輪を彩り、ユーザーさんの個性を尊重し、心まで明るくなるような商品を提供できれば嬉しいです。

そして、これを読んでくださっている皆さんには、もしこれを街中で見かけたら、「あのおしゃれなカバーだ!」と思い出していただければ幸いです。


私の祖母も、もともとおしゃれが大好きです。認知症じゃなかったら、プレゼントしたら喜んでくれただろうな…。


アートスポークカバー - 電動車椅子 | ヤマハ発動機
ヤマハ発動機とヘラルボニーのコラボレーションによる車椅子用アートスポークカバーです。車椅子をもっと自分らしく、おしゃれに楽
www.yamaha-motor.co.jp




HERALBONYさんについて気になった方は、公式noteも覗いてみてください。


ヘラルボニーマガジン|note
異彩を、放て。をミッションに掲げる福祉実験ユニット「ヘラルボニー」の好奇心マガジン。福祉領域の拡張をテーマに"アソブ、フク
note.com



(NN)

外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_65fd2779e205 oa-rp24814_0_0f548846c332_「世界一荘厳なピンク」に恋をして 0f548846c332 0f548846c332 「世界一荘厳なピンク」に恋をして oa-rp24814

「世界一荘厳なピンク」に恋をして

2021年9月23日 06:31 note(ノート)

「メキシカンピンク」と呼ばれる色がある。スペイン語で、Rosa mexicano(ロサ・メヒカノ)。

当たる光の加減によって、時に可憐な少女のように、また時に妖艶な女性のように見えるこのピンクに、わたしは少しばかり思い入れがある。



夫に転勤辞令が出たのは、2019年の春だった。

臨月だったわたしは日本に残り、娘を生んだ。乳児が打つ予防接種は、約5ヶ月で一区切りを迎える。そのタイミングで、夫を追って移住することになっていた。

海外で暮らす。駐妻になる。どれもすでに決めたことなのに、「母」をこなすだけでも精いっぱいだったあの頃、そのどれにも現実味を感じられずにいた。ふにゃふにゃで寝てばかりだった娘が、おもちゃを握り、寝返りをはじめ、出発の日がすぐそこまで近づいてきても、ただ戸惑いだけが増していた。

雑誌『ポパイ』にメキシコ特集が組まれると知ったのは、そんな頃だった。ネットで発売日を調べ、娘を抱いて本屋に行き、店頭に平積みされた1冊を手に取った。『メキシコが呼んでいる!』というタイトルに、小さく心臓が鳴ったのを覚えている。

帰りのバスで、買ったばかりの雑誌を開いた。そこに何を見つけたかったのかは、わからない。もうまもなく始まろうとしていた新生活への、希望のかけらのようなものを探していたのかもしれない。

そして雑誌を四分の一ほどまでめくっていってそのページが出てきたとき、わたしは本当に唐突に、動けなくなってしまった。

それは、ピンク色の壁の写真だった。赤紫にも見える、不思議なピンク。柔らかく差し込む太陽の光が陰影を作り、平面のはずの壁を、まるで美しい女性の横顔のように見せていた。瞬きをしたらもう同じ光景はそこにない。写真だということも忘れ、そんなふうにさえ思った。

メキシコを代表する建築家、ルイス・バラガン。彼が40代後半から亡くなるまで住み続けた自宅兼仕事場で、2004年に世界遺産に登録された。記事の執筆者はそれらの情報とともに、写真の壁を「世界一荘厳なピンク」と書いていた。

その日から何度、同じページを開いただろう。

船便の発送。役所での手続き。航空券の手配。物理的な準備のスピードに心が置いて行かれそうになると、決まってあの雑誌を手に取って、娘が寝静まった夜にひとり眺めていた。

「あなたを待ってる」ーーなぜだかそう言われているような気がした。




日本からメキシコまで、単純なフライトのみで14時間。そのほかの移動時間も合わせれば、およそ22時間掛かる。

感傷に浸るには十分すぎるほどの時間だけれど、生後5か月の娘を連れた初めての空の旅にそんな余裕はなかった。不安と緊張を胸の奥に抑え込みながら、授乳とオムツ替えをひたすら繰り返し、合間に浅く短い眠りに落ちる。ようやくメキシコのマンションの部屋に辿り着いたときには、もう疲れているのかどうかさえよくわからなくなっていた。這うようにしてトイレに行くと、ボロ雑巾みたいになった自分の姿が鏡に映った。

それからそのずっしりと重たい疲れが抜けるまでには、思っていたよりもずっと時間がかかった。人間の脳と身体は、テレビのチャンネルみたいにパチンとは切り替わらない。時差と気温、それから新しい家に少しずつ慣れ、夜眠くなり朝目が覚めるようになるまでのその過程は、深い水の底から光さす水面へとゆっくり上がっていくかのようだった。

半月ほど経ってようやく「いつも通り」と思えるほどまで回復したわたしは、娘に邪魔されつつスーツケースの中身を片付けていた。そこに、見慣れた『ポパイ』が出てきたのだ。

そうだ、ピンクの壁を見に行こう。メキシコに来て、初めて心が弾んだ。

けれど、世の中はこういうときにかぎって、優しくない。見学予約をしようと開いたWebサイトには、太字のスペイン語ではっきりとこう書かれていたーー「12歳未満は入場不可」。

当時、娘は夫にまったく懐いていなかった。生後2週間で一度会って以来、約5ヶ月ぶりの再会だったのだから、無理もない。2人を置いて出掛ける、なんて芸当は、半日どころか30分すらできなかったし、ほかに預けられる人もいなかった。諦めきれないわたしは、バラガン邸の管理人にメールを送った。雑誌で見てから、ずっと訪れてみたかった。必ず抱っこしているから、子どもを連れて見学させて欲しい。祈るように想いを綴った。

翌朝、メールボックスに至極あっさりとした文面の返信が届いていた。「申し訳ありませんが、12歳未満のお子さんを連れての見学はお断りします。」

待ってくれてたんじゃなかったの。言葉の代わりに、ため息が出た。



娘を幼稚園へ送り届けて部屋に戻り、洗い物をしながら紅茶を入れた。子どもがひとりいなくなっただけで、いつもの騒がしいリビングが知らない場所のようにに見える。

湯気の立つカップを手に、ソファに腰を下ろす。ぼんやりと部屋の隅へと視線をやると、黒い書類立ての端に、懐かしい背表紙を見つけた。

2年も、どうして忘れていたんだろう。なにかに急かされるように雑誌を引っ張り出して、記憶を頼りにページを繰ると、そこに変わらないあの写真があった。

そうだ、いまならもう行ける。パソコンを開き、2年前と同じウェブサイトにアクセスすると、見学予約フォームがあった。入場料、400ペソ(約2,200円)。平均月収が7000ペソのメキシコでは相当高いが、迷わずチケットを取る。2週間後の金曜日だ。プリントアウトしたチケットをクリアファイルにそっとしまうと、体温が少し上がったような気がした。




金曜日は珍しく明け方から雨だった。見学日の変更はできない。がっかりする気持ちを抑えながら、娘に制服を着せ、幼稚園までの道を往復する。部屋に戻って身支度を整えながらリビングの窓から空を見上げると、そう遠くない先に晴れ間が見えた。

車に乗ると、たったの20分でルイス・バラガン邸まで着いてしまった。路地の先は行き止まりになっていて、辺りは不思議なほど静かだ。空はすっかり晴れ渡り、この国らしい強い太陽の日差しが降り注いでいた。

木製の小さな玄関扉の前で15分ほど待っただろうか。予約の時間を少し過ぎて、ガイドが扉を開けてくれた。"sabino(サビノ)"と呼ばれる土間で、説明を聞く。外部の僅かな生活音までが完全に遮断されたその空間は、扉上のすりガラスから入る陽光に淡く照らされ、妙な懐かしさが感じられた。

説明を終えて、ガイドが次の扉を開ける。そこに、あの壁があった。

光と影が、メキシカンピンクに塗られた1枚の壁に、まるでひとりの女性の一生を描いたようだった。

言葉なく立ち尽くすわたしに、ガイドは「天気や時間帯によって、壁の表情はどんどんと変わっていきます。それを見るために8回訪れた人もいるくらいです。」と少し笑った。



邸宅内の部屋を順に見て回り、最後に屋上へと出た。透明な水に青の絵の具をぽたりと垂らしたような淡い色の空の下に、ピンクの壁があった。今度は優しく、温かい。


2年前もしこの邸宅を訪れていたら、とふと思う。わたしはこの色をどんなふうに言葉にしたんだろうか。時間をかけて不安と孤独を乗り越えて、この国の光と影を知ったいまだから、見える色味があるのかもしれない。

8回も訪れた強者には叶わないけれど、またここを訪れよう。メキシコで暮らすいまの自分の原点は、きっとここにあるのだ。

外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_65fd2779e205 oa-rp24814_0_36c887b75d41_子供に追い抜かされる感覚って、それなりに気持ちがいいものだ 36c887b75d41 36c887b75d41 子供に追い抜かされる感覚って、それなりに気持ちがいいものだ oa-rp24814

子供に追い抜かされる感覚って、それなりに気持ちがいいものだ

2021年9月23日 00:42 note(ノート)

わたしには10歳の息子がいる。

おもちゃが好きで、ゲームが好きで、Youtubeが好きで。学校ではそれなりに友達とグラウンドで駆け回っているようだが、休日は家にこもって一人遊びに講じるのが何よりも大好きな息子である。


その息子が、ドラゴンクエストⅤをプレイ中に誤って「ぼうけんのしょ」を消してしまい、失意の底から立ち直ってエンディングを迎えるまでの話を、先日書かせていただいた。




ここでも書いてあるが、息子はゲームが大好きだ。この「好き」というのは、「放っておくとずっとプレイしている」という類の「好き」ではない。ゲームの世界を知り、学び、記憶し、得た知識を試し、失敗し、成功し、そして自分のものにする。そういった全てのことに対し、ものすごい情熱を注いでいる。正直、親でも引くくらい色んなゲームに詳しいし、話し出すと止まらないし、内容がマニアック過ぎて、「一生懸命話す子供ってかわいいな」とすら思えない瞬間が度々訪れる。最近はもう、「何でそんなことまで知っているんだ」と感心するか、「何言っているか全然分からない」と理解するのを諦めるかの、どちらかになっている。

そんな息子であるが、様々な場面で得たゲームの知識を活かしている場所がある。ゲーム作りだ。




”scratch”という、ブロックを組み合わせて命令を作り、ゲームやアニメーションを制作できるサイトがある。小学校のプログラミング授業でも使われているのだが、ご存じだろうか。


Scratch - Imagine, Program, Share
Scratch is a free programming language and online community w
scratch.mit.edu







息子はこのサイト上で、インプットした知識をフル活用し、様々な種類のゲームを作っている。最近マイページを見せてもらったのだが、かれこれ3年以上やっていて、公開した作品が47個、作成した作品がなんと1,100個を超えていた(作りかけのもの、作ったけれど公開していないものを含む)。

1年前にこのようなゲームを公開していたので、共有させていただきたい。

タイトル:【コロナ、バラバラにしろ!】

https://scratch.mit.edu/projects/413551141/


(引きこもり生活大好きの息子にとって、コロナによる外出自粛は痛くも痒くもないと思っていたが、友達と休日に遊べなかったり、世の中がなんだか暗い雰囲気だったり、そういうことには心を痛めていたようだ。それにしても、コロナを剣やミサイルで破壊するという発想が、何とも子供らしい。)




ところで、実はわたし自身、最近ゲームを作る機会があった。(注)





(ちなみに、このゲームの基となったストーリーはこちら。)







作ってみたら、けっこう大変だった。まず、自分の頭の中のイメージをうまく命令にできない。できたところで、正常に動かない。そして動かない原因がなかなか分からない。パソコンへの負荷も大きかったみたいで、常にパソコンが熱くなっていた。壊れちゃうんじゃないかと心配になった。

何度も「うー」となった。「できないかも」と何度も思った。

そんな時、息子がパソコンに向かってゲームを制作をしている後ろ姿を見た。

彼は、「イラストを挿入し、ブロックで動きを指定し、場所や速度を修正して、プレビューで確認する」という地道な作業を、ひたすらカチカチと繰り返していた。いくつもある命令ブロックから迷わず一つを選び、パシパシと慣れた手つきで数字を打つ。

SEさんを間近で見たことがないが、きっとこんな感じで作業しているのではないか。もはや小さなSEだと、わたしは思った。

その時息子が作っていた作品を見せてもらった。実在するオンラインゲームを再現しているそうで、敵キャラが細かく動いていたり、複雑な攻撃の判定が組まれたりしていた。

「これが完成して公開したら、『いいね』がいっぱいもらえそう!」

そのゲームの完成はまだまだ遠いらしいが、にこにこしながら息子は作業を続けた。

その瞬間、わたしは「息子に追い抜かれた」と思った。

ゲームを作るためのプログラムを組むこと。そして、その作業を楽しんでやり続けること。

その点において、彼は完全にわたしを超えていた。

基本的にわたしは負けず嫌いなので、追い抜かれると良い気持ちはしない。だけど自分の子供に追い抜かれるのは、とても清々しい気分だった。




当たり前なのだが、彼がわたしとは違う人間に育ってくれていること、わたしが彼の世界を狭めていないことに、安心した。

そして、彼が夢中になれるものを見つけてくれてよかったし、夢中になれることを存分にやらせてあげられている自分のことを、少しえらいなと思った。




「たくさんの人に遊んでもらえて、『いいね』がもらえるといいね。」

わたしは息子にそう声を掛けて、すっかり大きくなっていた頭をぽんぽんと撫でた。

「いいね」の数が100になる作品が作れたら、わたしは息子と約束していることがある。

それが当面の目標だが、今のところ「1」が最高らしい。

がんばれ、息子よ。




(注)補足すると、先月はさきいかじゃんけんのゲームはほとんど一人で作ったが、今月は仲間と一緒に作成することができた。彼は、雑で穴だらけのわたしのプログラムを即座に指摘し、修正し、バージョンアップしてくれた。エンジニアではないけれど、さきいかじゃんけんに魅せられたわたし達が作成したゲーム、よかったら一度遊んでみていただけるとうれしいです。


【ゲームはこちらから遊べます】


【孔明クラス】さきいかじゃんけん(9月)_公開用
Made with ❤️ in Microsoft MakeCode Arcade.
bit.ly



【よりよいゲーム・アプリ作りのため、アンケートに協力をお願いします】


【孔明クラス】9月Mリーグ アンケートフォーム
メモ魔塾特進科Mリーグに関する孔明クラスのアンケートとなります。
bit.ly



【メモ魔塾やゲーム作りの経緯についてはこちら】

外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_65fd2779e205 oa-rp24814_0_6b8f44750695_もしも世界からうどんが消えたなら 6b8f44750695 6b8f44750695 もしも世界からうどんが消えたなら oa-rp24814

もしも世界からうどんが消えたなら

2021年9月22日 21:51 note(ノート)

 閉店ギリギリのはなまるうどんに入ってきた男と女は店の閑散とした光景に唖然としてしばし立ち尽くした。そして我に返った男は女にこう言った。

「今日が世界でうどんが食べられる最後の日だってのにこの有様はなんだよ。どんな店でも閉店日は盛り上がるだろうに!」

 女は男の悲しげな表情を見て自分も悲しくなった。今日はうどん最後の日。明日からはうどんはこの世界から消滅するのだ。うどんはラーメンやそばに乗っ取られていつの間にか誰も食べなくなった。人々はうどんを食べている人間を見つけると、「や〜い、そんな太ったものを食べるとデブになるぞ」と囃し立てるようになった。それだけではなくうどんを食べている人間を露骨に差別する様になった。そのうどんバッシングのあおりを受けてうどん店はなまるうどんの数店を残してすべて潰れてしまった。時が経つごとにうどん人口は激減して今ではうどんを食べる人間はほんのひと握りとなってしまった。そして今、かつては誰もが食べていたうどんはこの世界から消えようとしている。男は悲しみを堪えて女に向かって早くうどんを注文するよう促した。彼は女に向かってこう言った。

「さぁ、早く食べないと最後のうどんが捨てられちまうぜ」

 二人はトレーを片手に店員に向かってうどんはあるかい?と聞いた。しかし店員は悲しげに俯いて確かにうどんはあるがかけうどんしかないと答えた。この返答に女はがっかりしじゃあもずくもないのと聞いたが、しかし店員はただないと言うだけだった。男はその項垂れる女の肩に静かに手を当てて言った。

「まぁ、いいじゃないか。僕らは今日は天ぷらやもずくを食べにきたんじゃなくてうどんを食べにきたんだろ?店員さん。あの、天かすと生姜と醤油はまだあるかい?」

 店員はにこやかにそれだったら充分にあると答えた。男は店員の答えを聞くと急に上機嫌になりかけうどんを自分と女のために二つ注文した。店員が早速カウンターにかけうどんを二人分出すと男は女に向かっていきなり質問しはじめた。

「君、はなまるうどんの美味しい食べ方知ってるかい?」

 女は男のいきなりの質問に戸惑って答えられない。かけうどんの美味しい食べ方って何?天ぷらももずくも卵入りのぶっかけうどんでもないただのかけうどんに美味しい食べ方があるですって!そんなの信じられないわ!男はあからさまに機嫌を悪くした女にむかってニッコリと笑うとかけうどんが乗ったお盆を持った彼女を天かすと生姜と醤油の置いてあるコーナーに案内した。そして戸惑う女にこう言った。

「まず、うどんに天かすを山ほど振りかけるんだ。エベレストぐらいの高さまでね。そうしたら次に生姜をつゆに落とすのさ。海の塩みたいに舌がピリピリするほどたっぷりとね。それが終わったらいよいよ醤油だ。醤油瓶をとぐろを巻くようにうどんに注ぐのさ。国宝級の壺の形を作るように丁寧にね。後は混ぜるなりなんなりして食べるんだ。形状は油まみれでいささかグロテスクかもしれないけど食べてみるとこれが結構美味いんだ。さぁ、出来上がったし、テーブルで早速食べようぜ」

 女は男に言われたとおりに天かすを振りかけ、生姜を落とし、醤油を注いで混ぜたが、混ぜたうどんを見てそのあまりのグロテスクさに口を押さえた。テーブルに座っても彼女は男に軽蔑の視線で睨みつけ、箸に手さえつけなかった。しかしそんな女の目の前で男は美味しそうにそのグロテスクなかけうどんを食べているではないか。男は美味しさのあまり顔を綻ばせながら、そしてかけうどんを名残惜しむように見つめて食べていた。女はそんな男の食べる姿を見て知らず知らず手に持った箸をうどんに近づけていた。彼女はうどんを摘んだ。そしてゆっくりと口元に寄せていった。

 女は天かすと生姜と醤油がまとわりついたうどんを啜った瞬間あまりの美味しさにのたうち回りそうになった。そのままうどんを味わった女は感激して男に言った。

「なんで今までこの食べ方を教えてくれなかったの?こんな美味しい食べ方があるなんて思わなかったわ!こんな美味しい食べ方をみんな知っていたらうどんはこんなに廃れることはなかったのに!」

 男は目を閉じて女の言葉に耳を傾けた。確かにこの食べ方をみんながしていたらうどんはこんなにも廃れることはなかったかもしれない。だけどみんな僕の食べ方を見て気持ち悪がって真似をするどころか一斉に避けたじゃないか。だが今となっては全てが遅すぎる。今はこうして最後のうどんを食べるしかないのだ。二人は涙を流しながら最後のうどんを食べていたが、その二人のそばに店員が天かすと生姜と醤油のたっぷり入ったうどんのどんぶりを持って立っていた。彼も涙を流していた。

「これが本当の最後のうどんなんです。店を閉めたら一人で食べてうどんにさよならを告げるつもりでしたが、あなたたちがかけうどんをあまりにも美味しそうに食べるのを見て私も食べたくなりましたよ。私も一緒に混ざって最後のうどんを食べていいですか?」

 男と女は勿論OKだとこたえた。

外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_65fd2779e205 oa-rp24814_0_f1812cd2b54c_二束のサンプル f1812cd2b54c f1812cd2b54c 二束のサンプル oa-rp24814

二束のサンプル

2021年9月22日 21:35 note(ノート)

 背中の真ん中まで届く髪を切るのに抵抗はなかった。長く伸ばしていたことにたいした意味はなかったし、短くした後でピンクに染まるわたしが楽しみだった。ボブカットにするのは高校生の春ぶりで、童顔によく似合うのはわかっていたけれど、明るい髪色は初めてで少し緊張する。それでもピンクが似合うという根拠のない自信だけは湧き出ていた。色の落ちた変な髪色をしたわたしは、まだ抜け殻にくるまったまま、無限の可能性を秘めている蛹だ。これから生まれ変わって羽ばたけば、誰よりも可愛いわたしになる。時間がかかるからと言われ午前中に予約をとったが、とっくに時計の針は頂点をすぎていた。
 ロングヘアがボブカットになり、それがピンクに染まるにはたくさんの工程がある。まずは長い髪を切って、それからブリーチをする。綺麗なピンクにするためには二回ブリーチが必要で、二回目のブリーチは一時間半そのままね、と言われた。回数を増やすと髪が痛むから、長時間放っておくらしい。暇つぶしのために席に持ってきた本は佳境を迎えていた。もうすぐ読み終わってしまいそうだから、預けた鞄の中に入っている別の本を持ってきてもらうことにする。二回ブリーチして金色になった髪を洗ったら、いよいよカラーリング。色落ちすることも考えて、ピンクと紫のあいのこみたいな色に染めるらしい。一週間もしたら理想のピンクになるに違いない。
 いつもお願いしている美容師のお兄さんは、長かったわたしの髪を二束とって「実験してもいい?」と聞いてきた。どれくらい色が抜けてどんな風に染まるか試しておきたいそうで、数時間後のために快く承諾した。小さな細いゴムでわたしの髪をくくったお兄さんは、シャキン、と心地よい音をたててそれを切り落とした。隣にあるキャスターのついたワゴンに、二束が載る。色も相まってかとても小さな馬の尻尾みたいで、ポニーテールとはまさにそうだな、と思った。この角度から髪の毛をみることは滅多にないから、物珍しそうな顔をしていたに違いない。シャキン、が重なるたびに頭が軽くなる感覚がわくわくを誘って暴れだしそうで、椅子にとどまっているのが大変なくらいだった。はやる気持ちをなんとか押さえつけ、おとなしくブリーチ剤が塗布されるのを眺めた。
 色が抜けるのを待つあいだ、アシスタントの女性がわたしの足元を掃除してくれた。そこには先ほど切ったばかりの髪の毛が散乱している。毛先だけ派手な色にしていたから、色素の抜け落ちた明るい茶色と明るいオレンジが混ざっていた。お風呂の排水溝に溜まった髪の毛は汚くみえるのに、美容院のつるつるした床に散らばるそれはひとつの芸術作品のようで、不思議に思う。どちらもついさっきまでわたしの一部だったのに、なにをもってして綺麗、汚いと決めているのだろう。美容院の床とお風呂を比べたら、お風呂の方が清潔な気さえするのに。
 本を取り換えてもらい、しばらく没頭していると、お兄さんがやってきた。
「こんな感じになるけど大丈夫?」
 手に持っているのは実験に使うと言っていたわたしの髪の毛だった。ピンクというより紫キャベツの色に染まったそれは、ドラッグストアに貼ってあるサンプルか、コスプレイヤーが使うウィッグみたいだった。街中ではみかけないような、現実味のない色味に少し驚きつつも、これになれるのだ、という喜びが勝って思わず口角が上がる。触らせてもらうと予想以上にさらさらしていて、わたしの髪の丈夫さが伝わってきた。さっきのが馬の尻尾なら、こっちはおとぎ話の中のユニコーンの尻尾だ。色が綺麗すぎて人工の毛のようだけれど、これはさっきまでわたしの一部で、お兄さんが鋭利なハサミで切り取ってくれたものだ。
「今は濃い色だけど、色落ちしたらピンクになるから」
「大丈夫です、お願いします」
 お兄さんは満足そうな顔をして、サンプルを手にバックヤードへと戻っていった。持ち去られた二束は役目を終え、そのまま捨てられてしまうのだろうか。もちろん身を切るほどの痛みはなかったけれど、ちょっぴり心が疼いた。数時間前までわたしだったのに、なんならわたしをわたしだと判断する大部分を占めていたのに、今はもうサンプルとしてしか扱われず、結局ごみ箱行き。一瞬でもわたしという存在から離れてしまえば、わたしではなくなるのか、その境界を確かめたいと思った。髪の毛も、切った爪も、剥がれたかさぶたも、ついさっきまでわたしの一部だったものを、あっという間に知らんぷりして外に追いやっている。そもそもわたしってなんなんだろう。わたしを定義しているものなんて案外曖昧で不確かなものなのかもしれない。

 ブリーチを終えた髪は見慣れない金色で、美容院の明かりを受けて発光しているようで頭がくらくらした。洗ったばかりだからいつも額を守っている前髪もなでつけられていて、知らないわたしがそこにいるみたいだ。明るい髪色のほうが似合うと思っていたけれど、金髪はあまりよくないかもしれない。その後のピンクが楽しみなのだから、とあまり鏡をみないようにしていたら、お兄さんには「眠いの?」と笑われてしまった。曖昧な返事をして、変わりゆくわたしの気配を全身に感じた。美容院に来てから変わっているのは髪型と髪色だけで、服装やわたし自身には何一つ違いはないはずなのに、こんなにも目まぐるしく世界は変わっていく。鏡は否応なしにわたしを映し出すから、再び本に視線を落とした。手元に広がる世界に心を溶け込ませて、意識をわたしの身体から手放す。短い旅から戻るころには、また新しいわたしが待っているのだろう。
 しばらく本の世界を揺蕩っていると、お兄さんが「髪洗いますねー」と声をかけてきた。すぐそばのテーブルに本を置き、シャワー台へと向かう。いよいよだ。カラー剤を洗ったらピンクのわたしが待っている。髪色はどんなふうになっているのだろう。そしてわたしはどうなっていくんだろう。さっきみせてもらったサンプルだけでは想像の範疇に収まらなくて、胸が高鳴った。あとすこし。

 気持ちよく洗髪を終え、席に戻ったわたしを出迎えたのは、みたこともないわたしだった。
「ピンクだ」
 思わず声が漏れる。どちらかといえばピンクというより紫に近い色だったけれど、とても綺麗に染まったわたしは過去最高に可愛かった。みたこともない姿なのに、まるで故郷に帰ったかのようなすっと腑に落ちる感覚。一番似合う髪型と髪色が、こんな簡単にみつかってしまうなんて知らなかった。これまでのわたしが嘘だったみたいに、ピンクのわたしは自分そのものだ。こうありたい、という理想を全てボウルに入れてかき混ぜて、それをわたしの表面に塗りたくったらきっとこうなるのだろう。
 まだ濡れていた髪をお兄さんが乾かしてくれている最中、わたしはずっとにやにやしていたと思う。人前なのに下がってくれない口角は少し恨めしかったけれど、この姿を目にして無表情でいるほうが難しい。いつもならドライヤーのときも本を読んでいるのに、このときばかりは何も手に付かなくて、まるでナルシシストのように鏡の中のわたしをみつめ続けた。
 これから向かうところがつまらない家でなければいいのに。世界一可愛いわたしのこと、好きなひとにたくさんみてもらいたい。好きじゃないひとにも、わたしこんなに可愛いんだぞってみせつけたい。全然知らないひとにも、すれ違いざまに振り返ってもらいたい。だって、美容院帰りのわたしは無敵なのだ。

外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_65fd2779e205 oa-rp24814_0_47b16bde1346_【建築のスケッチは面白い!】スケッチすることのすすめ 47b16bde1346 47b16bde1346 【建築のスケッチは面白い!】スケッチすることのすすめ oa-rp24814

【建築のスケッチは面白い!】スケッチすることのすすめ

2021年9月22日 20:13 note(ノート)

就職してからはほとんど手描きのスケッチをしていないくろちゃんだ。

今日は、スケッチの楽しさや、スケッチを続けると、どのようないいことが起こるのか話したいと思う。




1. スケッチの面白さ

さきほど、社会人になってから、ほとんどスケッチをしなかったと言ったが、一度だけ、部屋のスケッチを行った。


部屋A





部屋B

ちなみに、使った色鉛筆はPRISMA COLORという色鉛筆。





スケッチは描けば描くほど上手くなる。よく見て欲しい。1回目に描いた「寝室A」より、2回目に描いた「寝室B」の方がうまくなってる。(はず)

それに、一生残る。10年後くらいに見返したら楽しいだろう。日記みたいな感じだ。でも、フリクションで描くのはやめておこう!スケッチブックなら閉じるからいいかもしれないが、太陽の光が当たる所にさらしてしまった場合、線がどんどん消えてしまう。このような経験をした方は多いと思う。

そう。スケッチは描くだけで楽しいのだ!自分の作品が残る。

だけど、建築学生はもう1歩上を目指して欲しい。それは、1本1本の線がどのような意味を持っているか考えながら描くことだ。




2. 建物や設計図の全ての線に意図がある

僕が、学生時代に描いたスケッチをお見せする。


これは、就活の時のポートフォリオから引っぱってきたものだ。

建物の外観や空間のスケッチだけでなく、平面図や断面図、詳細図も描いたりした。図面をただ眺めるのと、実際に描いてみるのでは、考える量が圧倒的に違う。1本1本の線がどのような意味を持つのか考えながら描くと、その平面図が計800本の線できているのであれば、計800回考えることになる。これを繰り返していくと、設計者が、どのようなことを考えて図面を引いたのか分かるようになってくる。

だけど、最初は楽しみながらスケッチすることが重要だ。

僕のポートフォリオには、いっちょまえに下記のようなことが書いてある。

「初めは、楽しいという理由でスケッチを始めた。すると、次第に何故このような形態をしているのか考えながら描くようになった。この作業は、僕の建築に対する知見を深めると同時に、日々の生活において様々なものの形や、その形になった意味や設計者の意図に問題意識を持つきっかけにもなった」

3. スケッチの本当の醍醐味

りんごやみかん、家具や、風景、皮財布、人間、建築、街並み、自然、、

なんだっていい。何を描いたっていい。

スケッチの本当の面白さは、この世の全ての形あるものが、どういった理由でその形になったのか妄想を膨らまして、「こういうことかな?」というようなノリで考えながら手を動かすことにある。考えたことが間違ってたって全然OK。

続けていると、この世の中の見え方が少しずつ変わってくる。全ての事象が、なんらかのメカニズムの中に成り立っていることが分かるようになってくる。

すなわち、普通の人が見えないものが見えようになってくるのだ。

(お化けじゃないよ?)

そうすると、世界が広がって人生がもっと豊かになってくる。




4.さいごに

僕も、社会人になってから忙しいけど、たまには、スケッチブックを手に近くの神社や河川敷に行ってみてもいいかなと思いました。(これは行かないやつ)

以上です。

外部リンク