cat_oa-rp24814_issue_643a033b9dde oa-rp24814_0_643a033b9dde_「何も持たず飾らない。その潔さが好きなんです。」東大相撲部・須山穂高 643a033b9dde 643a033b9dde 「何も持たず飾らない。その潔さが好きなんです。」東大相撲部・須山穂高 oa-rp24814

「何も持たず飾らない。その潔さが好きなんです。」東大相撲部・須山穂高

2019年2月27日 00:39 note(ノート)

「なぜ、大学でスポーツをやるのか」
それを解き明かしたい、大学スポーツの意義に迫りたい、ずっとそう思ってきた。
須山選手をインタビュー対象に選んだのも、「2年の浪人生活という苦労を経て入った『東大』で、相撲というスポーツを選び打ち込んでいるなんて、きっと何か深い理由があるに違いない」という勝手な先入観からだった。恥ずかしながら、インタビュアーとしての私は、そんな先入観にがんじがらめになって、「なぜ、なぜ」を繰り返してしまったように思う。
しかし、何度聞いても、どんな聞き方をしても、須山選手の答えは一貫していた。
「相撲が好きだからです」。



「一浪で慶應入学→仮面浪人」の末、二浪めで東大へ

--とてもユニークな経歴をお持ちですよね。東京大学への合格にこだわった理由はあるのですか?
最初は大学でもきちんと勉強しようと思って、それなら東大がいいかなと。でも現役の時はダメで一浪して。一浪めも落ちてしまったんですけど、点数開示したら惜しかったので、諦めきれなくて二浪めに突入しました。

--二浪めの1年間は慶應義塾大学に通われていたと伺いました。
そうですね、大学にも通いつつ。結構大学生らしいこともしていました。サークルにも入っていて、遊んでばっかりでしたね。受験勉強に本腰を入れ始めたのは12月とか。そもそも慶應に入った時点で、東大をもう一回受けようとはあまり思っていなくて。でも夏ごろにオードリーの春日さんが東大受けるみたいなのが話題になっていたので、「俺も受けてみるか」みたいな(笑)。一浪めがあと0.02点とかで、本当に惜しかったので、もう一回くらいやってみてもいいかなあと。「受かったらいいな」くらいだったし、周りの友達にも言っていなくて、隠して遊んでいましたね。
--慶應では相撲部に入ろうとは思わなかったのですか?
調べはしたんですけど、練習場所が通うキャンパスから遠くてやめちゃいました。東大でも、もし格技場が本郷(キャンパス)にあったら、相撲部には入ってなかったかもしれないですね。
--では、大学進学前や浪人時代から「大学で相撲をやりたい」と思っていたわけではないのですね。
はい、そうです。入学してから、ふらっと(笑)。
「おもしろいから。これに尽きます。」--そもそも相撲に興味を持ったきっかけはありますか?
いちばん最初まで覚えていないけど、小さいころから、それこそ朝青龍のころからずっと見ていましたね。別に両親が好きだったとかではないんだけど、自然と興味は持っていたみたいです。
--ずっと相撲が好きだったということですが、見るだけでなく「自分でやってみよう」と思ったきっかけはありますか?
大学で何かやりたいなと思って、まあ相撲が好きだったので。軽い気持ちで見学に来てみたら面白そうだったので、入ってみようかなと。
--これまで他のスポーツ経験はありますか?
中学生の時は野球部だったくらいですね。高校では坊主にするのが嫌で、野球部には入りませんでした。
--最初は「勉強したい」というのが東京大学を目指す動機だったとのことですが、大学での勉強に関してはいかがですか?
もう専攻は相撲って感じですね(笑)。合格した直後は「去年1年間はたくさん遊んだし、そろそろちゃんと勉強しよう」と思ってたんですけど、相撲部と出会ってしまって…(笑)。

--なぜ、東京大学で過ごす4年間を相撲に懸けたいと思うようになったのですか?
やってみたらおもしろかったから、ですかね。先輩が丁寧に教えてくれて、相撲部は居心地がいいなって思ったのもあります。最初から「4年間懸けたい」みたいな強い気持ちを持っていたわけじゃなくて、「おもしろそうだしやってみようかな」くらいの気持ちで。もちろん今は、大学生活の中で必死に相撲に取り組みたいと思うようになりましたけどね。おもしろいから。これに尽きます。
--見ているのと実際に自分でやるのとでは、やはり違いますか?
全然違いますね。相撲って力勝負のイメージがあって、僕自身もそう思っていたんですけど、実際やってみると結構テクニックとか相手との駆け引きとか、奥深さを感じます。
--ちなみに、初めて相撲を取ったのは大学に入ってからですか?
はい、そうです。先輩から学んでいった感じです。
--部のホームページで戦績を拝見したのですが、入学後すぐに試合に出場されていましたね。
そうですね、入学してすぐだったので、相撲を初めて1か月とかでした。言われたときは僕もびっくりしました。「もう!?」って。
--実際に試合を経験してみていかがでしたか
その時体重が80キロないくらいだったんですけど、大会のパンフレットを見たら、相手が160キロって書いてあって。「倍じゃん」って慌てました(笑)。試合は普通に押し出されて負けてしまったんですけど。初戦はそんな感じでしたね。

--そこまで自分と比べて大きい人が相手となると、少なからず恐怖もありそうです。
最初聞いたときはビビったんですけど、土俵に立っちゃえばそんなに怖さは感じませんでしたね。冷静に考えたらすごい光景だったと思いますけどね。
--そのあと出場された東日本選手権の動画も拝見しました。ひとつ気になったのが、金髪で出場していましたよね。
当時は「スーパーサイヤ人だ」とか言ってふざけていましたね。周りの先輩には「お前まじか」みたいに笑われましたけど。
--大学生活4年間で相撲に取り組んだ後どのようになりたいかといった、卒業後のビジョンは現時点でありますか?
いま本当に相撲が楽しいので、力がついたら大相撲とかにも挑戦できたらいいなとは思いますね。現実問題、私立の強豪の選手とかにはかなわなくて難しいかなとは思うんですけど、何らかの形で相撲に関わっていけたらいいな、と思います。まだ相撲を初めて1年弱ですけど、軽い気持ちで始めたので、正直ここまで好きになるなんて思いませんでした。
--相撲の何がそこまで、須山選手にとって魅力的なのでしょうか。
相撲の特徴として「勝負は一瞬」なんですよね。本当に2秒3秒とか。その短い時間に神経と感覚を研ぎ澄まして集中して、全力を出し切るってところがおもしろいですね。
--大学生活の中で、相撲における目標はありますか?
国公立大会で個人・団体ともに1位になりたいです。あと、体重別の大会があるんですけど、それの100キロ級でも1位を取りたいなと。あとはインカレの個人戦でベスト32に入りたいと思っています。

何も持たず飾らない。その潔さがかっこいい。--相撲部の部員は、現在何人いますか?
選手は3人ですね。4年生3人が引退してしまうので、3年生1人と1年生2人で。団体戦は5人なので来年新人いれないと本当にまずいです。
--勧誘活動は普段から結構されていますか?
暇そうにしている人を見かけたらよく声をかけていますね。「俺相撲部なんだけど、相撲とかどう?」って。「相撲はちょっと…」みたいな反応をされることがほとんどですけど。
--そういった反応に対しては、どう思いますか?
まあ仕方ないかなあと。僕も相撲部に入る前は、ちょうど角界の不祥事もあったりして、理不尽とか怖いようなイメージもあったので。この部に関しては、もちろんそんなことないんですけど。でも、知らない人がそんなイメージを持ってしまうのは仕方ないかなあと…。
--今後部員を増やしていきたいと勧誘活動を行う上で、相撲部をブランディングしていく必要もあるかと思いますが、何か考えていることはありますか?
これはもう作戦があって。3人で話し合って決めていますね。大学から始めるスポーツって、例えばアメフトとか人気なんですけど、あれって少なからずモテたいとか思って始める人が多いと思うんですよね。だから相撲も、「相撲部はモテる」っていうのを前面に押し出していこうと思っています。ビラにも「モテる相撲部」って大々的に見出しをつけるつもりです。ビラなんて大量にもらうと思うんですけど、「モテる」って書いてあったら男は一瞬見ますよ。その一瞬が大事で、そこで相撲部があるって知ってもらうように仕向けていきたいです。
--実際は、どうでしょう(笑)
それは…これから頑張っていきます(笑)。この間の駒場祭の時は、ちゃんこのお店を出していたんですけど、物珍しさもあって「写真撮って」とかって言ってもらったりもして、結構楽しかったです。
--「相撲のここがかっこいい!」というポイントはありますか?
やっぱり、何も持たず飾らない、身ひとつ・裸一貫で戦うってところじゃないですかね。その潔さですね。もっと多くの人にこのかっこよさをわかってほしいですね。

--他大にない東大相撲部ならではの良さはどこにあると思いますか?
いわゆる強豪を見てると、上下関係がすごく厳しかったりするんですよね。下級生は雑用とか。でも、僕たちは人数が少ないのもあって、全然そんなことなくて。4年生の先輩をいじったりもしています。上下関係が全くないわけではないし、もちろん尊敬もしているんですけど、学年に関係なく和気あいあいとした雰囲気です。
――東大相撲部は広報も面白いですよね。入部者募集のホームページもユーモアがあって。Twitterの更新も反響を呼んでいます。
あれは2つ上の先輩が書いているんですけど、センスありますよね。
――須山選手個人のSNSでも、積極的に発信を行っていますね。
学内で「相撲部の人ですか?」って話しかけられたりするようにはなりましたね。それで部員が増えたとかじゃないのでなんとも言えませんが…。
――そういった発信にはどのような思いを込めていますか?
相撲が好きだから、思ったことを発信しているだけです。もちろん、それを見て「相撲かっこいいな」って思ってくれる人が一人でも多く、増えたらいいなとは思っています。

須山選手への取材を終えて、ふと「そもそもスポーツに夢中になることに『意義』など必要なのだろうか?」と思った。
スポーツに限らず、何かに夢中になって取り組む上で、楽しさだけで済まされるということは、決してない。真剣であればあるほどに、苦しいことや悔しいこと、思い通りにいかずもどかしいことは、自ずと増えるものだろう。
それでも、向き合い続ける原動力は「好き」「楽しい」という気持ちに他ならないと、須山選手への取材を通して気づかされた。
人間力を高める、仲間との絆を育む、困難に立ち向かい乗り越える経験を積む…。私たちは、スポーツ、特にアマチュアスポーツや学生スポーツというものに、何か高尚な意味づけをし過ぎているのかもしれない。
たしかに、選手や指導者が競技人生を通して得たものについて語るとき、1つの競技に人生をかけて取り組み、努力を重ねる人々の語る言葉だからこその重みがそこにはあるし、その実感は本物なのだろう。けれど、それはあくまで、スポーツに打ち込み続けてある境地に達した人々が「後付け」したものに過ぎないのであって、スポーツに取り組む「理由」にはならない。
どんな高尚な理由も偉い人の言葉も、「そのスポーツが好き」という純粋な気持ちに勝るものはない。そんなことに気づかされた取材だった。
---
取材・執筆=久野映
編集=栗村智弘
写真・デザイン=高橋団
関連リンク
東大相撲部東京大学運動会相撲部ホームページdosukoi.net

外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_643a033b9dde oa-rp24814_0_qwlb68e5hg6r_「新しく旗を立てたいなら、過去に学べ?」人気児童文庫作家が語る創作のルール【後編】 qwlb68e5hg6r qwlb68e5hg6r 「新しく旗を立てたいなら、過去に学べ?」人気児童文庫作家が語る創作のルール【後編】 oa-rp24814

「新しく旗を立てたいなら、過去に学べ?」人気児童文庫作家が語る創作のルール【後編】

2022年8月9日 09:00 note(ノート)

いま子どもたちに大人気の児童文庫
毎月たくさんのエンターテインメント小説が世に送り出されています。それに伴い、「書きたい!」という人も増加傾向に?
でも、いざ書こうと思ってもどうやって書いていいのか……。

という方のために、人気児童文庫作家3人とお三方を担当する編集者が、創作についてみんなで根掘り葉掘りしてみようと試みたのですが……後編はかなりディープな様相を呈しております。

>>>>【前編】を読まれてない方はまずこちらをどうぞ!<<<<

👇改めてメンバー紹介です。

”あさばみゆき(写真左)2013年に第12回角川ビーンズ小説大賞奨励賞を受賞。14年、第2回角川つばさ文庫小説賞一般部門金賞を受賞。「いみちぇん!」シリーズが大ヒット。著書に「歴史ゴーストバスターズ」シリーズ(キミノベル)、「星にねがいを!」「サバイバー!!」シリーズ(角川つばさ文庫)など。あさば深雪名義もある。”




”針とら(写真真ん中)「絶望鬼ごっこ」シリーズ(集英社みらい文庫)で人気爆発。キミノベルでは「小説 魔入りました!入間くん」の文章を担当。他の著書に「死神デッドライン」シリーズ(角川つばさ文庫)、「恐怖の帰り道」シリーズ(学研プラス)などがある。”




”みずのまい(写真右)『お願い!フェアリー♡ ダメ小学生、恋をする。』(ポプラ社)でデビュー。同シリーズは「おねフェア」と呼ばれ、23巻まで続く人気シリーズに。みらい文庫「たったひとつの君との約束」シリーズも大人気に。キミノベルでは「クリエイティ部!」シリーズを執筆。22年8月に『あなたの恋をかなえます ダーク』でホラー小説に挑戦。”




”松田拓也(ツイッター:@tm_xt)一般書編集を経て、現在は主にキミノベルを編集。『歴史ゴーストバスターズ』『小説 魔入りました!入間くん』『クリエイティ部!』『幽霊お悩み相談室』『撮影中につきおしずかに!』『コトダマ!』『私は存在が空気』『かがみの孤城』(キミノベル版)『星の王子さま』などを担当。”




では、あさばさんからガチャを回していただきましょう!


【問9】流行りのジャンルを取り入れたい派?  流行りのジャンルを作ってやるぞ派?

あさば これはだいぶ大人な話……

松田 キミィ(キミノベルのレーベルキャラクター)も……


キミィやのべぺんのデザインはクイックオバケさん。大人気のキャラクターです!
みずの プルプルしてる(笑) キミィって、おいしそうだよね。

松田 食べないでください!(笑)

あさば 『歴史ゴーストバスターズ』の時は、流行りがどうとかぜんぜんおっしゃられなかったですよね。


歴史ゴーストバスターズ(1)最強×最凶コンビ結成!? | 読みたい本が見つかる キミノ書房 - ポプラキミノベル
「現代に友だちなんていらない!」わたしは織田信長推しの
www.kiminovel.jp



松田 そうですね。『いみちぇん!』(角川つばさ文庫)を拝読して面白いと思ってお声がけしたので、「学べる要素もあるといいなぁ」というお話はさせていただきましたが。そういう組み立てのプロット2つ、別ジャンルのを1ついただきましたね。

あさば さっきのみずの先生の「パチパチパンチ」【前編を参照】じゃないですけど、私も「学び要素×何か」みたいな芸風になってきちゃって……。

みずの そうだよね、男女二人で。

あさば それ以外のプロットが通りづらくなって……。

みずの だとしたらもう、叩き続けるしかない(笑)

あさば もう腫れ上がってる(笑)。さっきの本屋さん見てキーワード云々言ったんですけど、自分が興味持てない流行りのジャンルだとやっぱりあんま手を出したくないな~~。楽しくできることを選んでいくことも大事かなという気も。

 僕は、流行ってるとやりたくなくなっちゃう。この頃、デスゲームものはたくさん出てきたから、もう自分はやりたくないなって思っていて……(笑)。それは他の人が書いてくれるだろうと思って。

あさば 『絶望鬼ごっこ』は、最初に旗を立てた先駆者ですよね!

松田 これ、愚問でしたね……。お三方とも、流行りのジャンルを作った側でした(汗)

みずの でも流行りのジャンルを作ってやるぞって言っても、その大元はなにかありますよね。例えば、いまの「逆ハー」の元って『キャンディキャンディ』なんじゃないかなって。

あさば そばかすなんて気にしないやつですよね。

みずの そうそう。『花より男子』も逆ハーだけど、たぶん『キャンディキャンディ』の影響はなんらか受けてると思う。でも、その前にはオルコットの『8人のいとこ』があって。そう考えると、流行りのジャンルって全部、その前・その前・その前・その前っていうのがあって……。

 昔の流行りを取り入れるのは、やりましたね。

松田 新しく作るなら過去の作品に学べ、ということでしょうか。まったくの0からというのはなかなか難しいですし、ファッションでも音楽でも、流行は20年周期だとよく言いますよね。いま80年代的なビジュアルがブームなのも、2周してますよね。

 過去の漫画や映画からヒントを得て、何か新しいものを加えるというのはやりようがある。

松田 それもまたセンスですね。では次、針とらさん!


【問10】これだけは曲げられないということはある?

 とりあえず、曲げてみてから考える!

みずの 柔軟だった(笑)

 一回曲げてみて、 ここの部分は曲げたら折れるなってなったら、もうそれ以降は曲げないように(笑)。この曲がり方は実は楽しいってこともあるけど、曲げまくっていった先に「ここだけは曲げると故障する」みたいな部分が出てくると思うから。それが具体的にどこだって言われると、あんま覚えてない……いや、曲げますよ(笑)

みずの 私は睡眠時間。8時間必要。

一同 (笑)

みずの そこをなんか6時間でやれみたいなこと言われたらやめる。そこぐらい(笑)。でもね、提案されないと、なかなか新しい自分を発見できないかも。

 それはわかる。

みずの こんな人物は書きたくないなって思っても、書いてるうちに新しいチャクラが開く感じがあるから。

あさば ずっと考えてたんですけど、特に無茶な相談をされたこともないですし……。編集者さんも大人だから話せばわかるし、むしろ育てていただいていますので、勉強できるところはしていきたいですね。

松田 恐縮です……では次、みずのさん!


【問11】児童文庫レーベルが増えていることについてどう思う?

みずの これもつっこんだ質問ですね! そういえば前に「そのうち崩壊するかも」って私が言ったら、ハリーは「そしたら新しい楽園が生まれる」って(笑)

 (一同爆笑&拍手👏)

みずの 人が集まってくるっていうことは、すごく活性化するってことで、いいことだと思うんです。でも、お互いつぶし合っちゃうと……あとちょっとこれは……(笑)

松田 カットしますよ(笑)

ーーーーーーーーー✂ カットしました ✂ーーーーーーーーー

みずの 文庫レーベルが増えるにつれて、本当はジャンルの幅が広がるのが、文化の美しい形だけれど、みんな似たり寄ったりになっちゃったらもったいないよね。

 うーん、そういう意味では、児童文庫の作家さんはいろんなレーベルで書く人が増えてきたけど、自分と合うところがあったら、そこで書いていくだけかもしれないですね。そこで多様性が出てくると楽しいなと。

あさば たぶんこれはカットになると思うんですけど……

ーーーーーーーー✂ やはりカットしました ✂ーーーーーーーー

あさば つまりは、いろんなジャンルとか、自分が好きなものを出すことを諦めないでやっていかないといけないなぁって思ったりしたり……。

みずの 松田さんはどう思うの!?

松田 えぇ!?

みずの 私、松田さんの意見がいちばん聞きたい。だって、一般文芸から来てびっくりしなかった? なんでこんなにレーベルがいっぱいあるんだ? って。

松田 いや、レーベルの数自体は驚かなかったですね。一般書の文庫レーベルを持っているのは、約20社と言われているので。それでも出版社の数からしたらすごく少ないんですけど。ただ正直、こんなに似たテーマの本が出てるんだ!? って思ったことはあります。「キミノベル」は立ち上げのときに、いろんなお話を届けたいっていう思いが編集部みんなにありました。その中でヒットしたものがキミノベルのカラーになっていくだろうと。今もその気持ちは変わってないですが。

あさば いろんなジャンル出してらっしゃいますよね、本当に。

松田 そうですね。比較的男の子主人公のものも多いですし、他社さんがあまりやらないディストピアものや魔法ファンタジー、YA、古典映画のノベライズなどいろいろやってます。できるだけその幅広さは維持していきたいですが……。

あさば やっぱり「何部刷れるんだ?」とかあるんですか?

一同 (笑)

みずの けっこうきわどい……。いいぞいいぞいけいけ!(笑)

松田 これ以上はヤバい!(笑) あさばさん、回してください~!


【問12】こんな編集者はちょっと

あさば ははは(笑)。これですか、やばい質問がひとつ混じってるって(笑) えー、私、今まで担当さんに恵まれてるので……。

そんな編集者はいません
松田 次、針とらさん!


【問13】執筆の時間は決めてる? 一日に何枚書く?

 僕はあんまり決めてないですけど、太陽が出てる間に書きます。もともと会社員してたから、朝起きて、働いて、日が暮れたら帰る、みたいなルーティンはあんまり崩せなくて。時間自体は決めてなくて、ノッてるときはずっと書いてるし、今日はもうだめだと思ったら諦めます。だから一日に何枚書くとかも特に決めてなくて……ちゃんとやれてる人はすごい!

みずの 私は、〆切まで「何枚×何日」って計算して、カレンダーに「ここで初稿終わり」とかって書いてる。執筆の時間は、みんなに怒られるかもしれないけど、4時間は超えない。人間ってどんなにがんばっても、集中できるのは一日3時間なんだって。

あさば そうなんですか!?

みずの そう! だからこう、わーーーって書くのは3時間か、がんばっても4時間くらい。それ以外の時間は、なにか見たりとか読んだりとか、ぬいぐるみと遊んだりとか(笑)

あさば なるほど(笑)。私、子どもを学校に送るとだいたい8時くらいになるんですけど、そこから夜の1時とか、2時くらいまで、だいたいずーーっと……

みずの ずーーっと!?

 え!?  ずっと?

あさば あ、でもあの、子どもが帰ってきてご飯つくったりとか家事があるので、間ちょっと抜けたりしますけど。

みずの 家事の隙間にやってるって感じ?

あさば 家事はあんまりしてないんですけど……家事は嫌い(笑)。うちごはん早くて、5時半くらいに食べたあと、宿題を見たりするので、だいたい再開するのは8時とか9時とかです。だから実際は3,4時間で凝縮するとできるはずの仕事量しかしてないんですけど。 Twitterも見ちゃうし……。

みずの Twitter量けっこう多いですよね。

松田 Twitter量(笑)

あさば ダブルモニターにしちゃったんですよ。そしたら原稿の横にずっとTwitter画面があるんですよ。それがよくない(笑)

みずの 一日何時間寝てるんですか?

あさば でもあの、昼寝したり意識失ってたりするので(笑)

松田 みずのさんは寝るの早いですよね。

みずの 私、寝るの早いよ。

あさば 大切ですよ。健康第一(笑)

松田 では、そろそろ時間ですし、今日はこの辺で…… 。

ーーと、本当はここで終わるはずだったのですが、質問が少し残っていたため、ガチャルールはどこへやら、急遽ざっくばらんに話すことに。


【延長戦1】電話とメール、どっちがいい?

みずの この質問、なんか意味あるんですか(笑)

松田 知りたいという編集者がいまして……

あさば 私、メール派です。

 僕は電話派です。

あさば 針とら先生、zoomとかしますか?

 コロナ前は会ってやってたんですけど、コロナになってからは電話かzoomです。メールって、すべての指摘を同じ重さで読んじゃうんですよ。けど、実際に話してみると、「ここはさらっと言っただけでそんなに大切じゃない」「ここは重要」みたいな違いってあるじゃないですか。だから話した方が柔軟にできるなって。

松田 針とらさんに電話すると、猫ちゃんと寝てることが多くて。


人と猫、布団から出られず pic.twitter.com/vh7M2u7AQB— 針とら@絶望鬼ごっこ『招かれざる地獄ハロウィン』9/16発売! (@Varitra) January 3, 2022





一同 (笑)


【延長戦2】タイトルが先? 内容が先?

 タイトルってあんまり、作家が決めなくないですか? 編集部と営業部でわちゃわちゃやってるのを、僕と担当でぼんやり眺めてた……(笑)

あさば へーー! みずの先生も?

みずの いろんな人が30個ぐらい出して、その中で「これはいい、あれはよくない」っていう感じだったかな。でもその通りにもならない。

 最終的に、編集長の鶴の一声で決まったり。

松田 あさばさんはどうですか?

あさば 一応なんか、提案100個くらい出して、向こうも100個くらい出して、じゃあどうするかみたいな感じ……。

松田 タイトルは、それだけ本気で考えないといけないんですね。

 一巻の売り上げは「イラストが7割、タイトルが3割」という編集さんもいました。

あさば 作家の部分がひとつもない(笑)。0.5%くらい本文の最初とか入れてほしいですね。でもそう思うと、一巻売れなくても自分のせいじゃないや(笑)

みずの 気楽にやれる(笑)

あさば 2巻からは自分の責任が……

 その編集さんは本当にパッケージングにこだわり持ってる人だから、自負心で言った部分もあると思うんですけどね! 本文も0.5%くらいはありますよ、たぶん!

※ちなみに『クリエイティ部!』と『歴史ゴーストバスターズ』は、どちらも先生の案で最終的に決まりました。サブタイトルは松田がつけていることが多いです。


【延長戦3】ひとの児童文庫を読んでる?

みずの ハリーはね、いろんなシリーズを一巻を読んでるよね。

 そうですね。

あさば 今も一巻はだいたい網羅されてるんですか?

 今は増えすぎたんでさすがに……。

みずの 児童書文庫っていうか、仕事の合間に急激にハマるものが突発的にあらわれて、ずーっとそれを読み続けたりはするかも。

松田 普通に面白くて読む感じですか?

みずの うん。これ私の性格だと思うんだけど、例えば恋愛もの書いてる時だったりすると、恋愛ものには一切触れない。あさばさんのはサバサバしてる……あさばサバサバ(笑) から、いいんだけど。恋愛もの書いてる時は、『13日の金曜日』とか『ジョーズ』とか『オーメン』とか、なんだろう、常に真逆のものに触れて、自分のエネルギーを持続させる感じ。


やはりみずのさんの心にはゴルゴが(『お願い!フェアリー♡』初版の著者紹介)
あさば 占星術的なあれですか、対角のラインにあるものを。

みずの そうなのかなぁ(笑) 『クリエイティ部!』は元気いっぱいだから、しっとりしたものにハマったりとか。

あさば 確かに自分が書いてる時に他の人のを読むと引きずられたりしますよね。私もあんまり読めなくて、そういうの。

みずの 知り合いでてんぷら屋さんをやってる人がいるんですけど、「普段なに食べてるの?」って聞いたら「お茶漬けとインスタントラーメン」って(笑) そういうことなんだろうな。

あさば なるほど(笑)

松田 最後が茶漬けとインスタントラーメンになりましたが、そろそろ今日のまとめを……どんな順番で出てくるかわからなかった質問ガチャでしたが、期せずして、後半にいくにつれディープなものが増えていきましたね。その分、カットも増えて……(笑)。最後に皆さん一言、感想をいただければと!

みずの もう、こっから飲みたかったよね!

あさば お酒があればー!(笑)

 放送禁止に……(笑)

そしてこの後、四人は酒を飲みかわしながら、ピー音が鳴り響く宴を開いたとか開いていないとか……。

では、また会う日まで!


ポプラ社 こどもの本編集部



ポプラ社で「こどもの本」を作り届ける人たちです。日ごろ絵本を担当しているメンバーが、小さなチームを作り、記事を発信していきます。大人になったあなたも、久しぶりに、こどもの本にワクワクしてみませんか?

外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_643a033b9dde oa-rp24814_0_k7vdqbppyteh_僕、気づいてしまった k7vdqbppyteh k7vdqbppyteh 僕、気づいてしまった oa-rp24814

僕、気づいてしまった

2022年8月9日 02:00 note(ノート)

”「ADAM」と名乗る白い生物はいったい何なのか? 少しずつ明らかになっていきます。”




前回の記事はこちら。



これまでの「ハローブランニューワールド」はこちら。


「ハローブランニューワールド」Q YONEDA|紋白蝶|note
「ドクター」と呼ばれる謎の女性と、「ADAM」と名乗る白い生き物? ふたりは、一体何者なのか。「自分とはなにか?」「生きる
note.com




「ハローブランニューワールド第2部」もスタートしています!


「ハローブランニューワールド第2部」Q YONEDA|紋白蝶|note
機械の身体を得て、外に出ることができた人工知能ADAM。遭遇した大事故から少女を救うため、街中全ての電子機器をハッキングす
note.com



Q YONEDA(きゅう よねだ) 1986年生まれ。京都出身、カナダ在住。昼間は広告デザイン・ブランディングの仕事をしながら、夜はコミックアーティストとして活動。2021年幻冬舎×テレビ東京×note「コミックエッセイ大賞」で特別賞を受賞。今回が初めてのストーリー作品。 twitter:https://twitter.com/q_yoneda note:https://note.com/qyoneda/


紋白蝶



読んで立ち止まって考える、新しいメディア「紋白蝶」です。コラム、エッセイ、批評、マンガなど、さまざまなジャンルの作品を、月額980円で読むことができます。

外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_643a033b9dde oa-rp24814_0_v1h08fo9nmml_元祖リモートワーカーによる“山の暮らし”のすゝめ|『超約版 方丈記』(5) v1h08fo9nmml v1h08fo9nmml 元祖リモートワーカーによる“山の暮らし”のすゝめ|『超約版 方丈記』(5) oa-rp24814

元祖リモートワーカーによる“山の暮らし”のすゝめ|『超約版 方丈記』(5)

2022年8月8日 21:00 note(ノート)

”8月11日は「山の日」です。かつて鴨長明が、山の暮らしの豊かさについて綴った箇所の現代語訳を『超約版 方丈記』(ウェッジ刊)から抜粋してお届けします。”




鴨長明(著),城島明彦(翻訳)
山番の子と遊びまわる
名所巡りで足腰を鍛錬~彼は十歳、これは六十~

私が方丈の庵を結んでいる日野山の麓には、もう一軒、柴でつくった粗末な庵がある。

山の手入れをしたり、不審者の侵入を見張ったりしている山の番人がそこに住んでいるのだ。

その番人には男の子が一人いて、時々、この庵を訪ねてくる。

忙しくないときは、その子を友として外へ遊びに出る。

その子は十歳で、私は六十歳。

年齢こそ大きく隔たってはいるが、互いを慰め合おうとする思いは共通している。

二人で茅の花芽を抜いたり、苔桃を採ったり、山芋のつるに生っている零余子を取ったり、芹を摘んだりして楽しい一日を過ごす。

山裾のたんぼへ行って、落ち穂を拾い集め、動物などを編みあげる穂組遊びに時の経つのを忘れたこともあった。

天気のよい、うららかな日には、一緒に峰まで登っていく。

峰に着いたら、都の方の空を遠望したり、木幡山・伏見の里・鳥羽・羽束師を眺めたりする。「勝地は本来定まれる主なし。大よそ山は山を愛する人に属す」と『白氏文集』や『和漢朗詠集』にあるように、風光明媚な景勝地(勝地)に持ち主はいないというのが通り相場なので、心ゆくまで絶景を楽しんでも何の差しさわりもないのである。

山路を歩くことは、たとえ険しかろうと、煩わしいと思ったことは一度もない。遠くまで足を延ばしたいと思ったときは、峰づたいにどんどん歩いていって、炭山を越え、笠取を通って、あるときは岩間寺に詣でたり、またあるときは石山寺を拝んだりするのである。

そこから先は、粟津の原に分け入って、倭琴の曲「蝉歌」の名手だった蝉丸の翁の住居跡を訪ねて弔意を表したら、宇治川上流の田上河を渡って、伝説の歌人猿丸太夫の墓を訪ねる。

行きは、そういうコースをたどることが多い。帰路は、春なら桜狩りに興じ、秋なら紅葉狩りを楽しみ、春には蕨採りをし、秋には拾った木の実を土産がわりに持ち帰って、仏壇へ供えたりもするのである。

途中で人と出会うこともあり、会えば自然と言葉を交わす。

隠棲といっても、まったく誰とも接しないわけではないのだ。

感傷的になる日も幾たびか
山奥は怖いところではない~老ひの寝覚の友~

静かに更けてゆく秋の夜長のことだった。

窓から見える月を眺めながら、ゆかりのあった故人をしのんでいると、山奥のどこか遠いところで物悲しげに鳴く猿の声が聞こえてきて、どうにも切なくなり、涙をこぼしたことがある。

夏の晴れた夜のことだった。

草むらでは集く虫の声が聞こえ、蛍が黄色い光を点滅させるが、その明かりを遠くで瞬く槇の島の篝火と見違えかけたこともある。

かと思えば、春先だったか、暁に降る雨音が木々の葉を吹き鳴らす嵐のように聞こえたこともあった。感傷的になっていたせいだろう。

そういうときには、山鳥がほろほろと鳴く声を耳にしても、父か母が呼んでいる声ではないかと思えてくることもある。

また、あるときには、峰に住む鹿が私を少しも警戒することなく近くまで寄ってくるのを見て、世間から遠ざかっている自分にハッと気づかされた宵もあったのである。

冬は、明け方になると、冷え込みが厳しくなる。

そんなときは、ぽつねんと火鉢のそばに座って、火箸を手に取るのが習慣になっている。

その火箸で何をするかといえば、昨晩、床につく前に灰をかぶせておいた埋め火を掻き起こすのである。そのうち、埋め火が息を吹き返し、やがて赤々とした火が熾ってくる。すると、何となくうれしくなり、老いた身の寝覚めの友のように感じる炭火の上に手をかざして、暖を取るのだ。

冬は、そういう明け方が多いのである。

人里離れた山奥は恐ろしいところだと思っている人は多い。

だが私は、一度たりとも恐ろしいと感じたことはない。

そういう安心な山を選んで住んでいるからこそ、梟の鳴き声にも憐れを催したりするのだが、ここに書いたことはほんの一端にすぎず、この山中で四季折々に見られる変化に富んだ景観の種が尽きることはまったくないのである。

私でさえそうなのだから、もっと深く思索したいと願い、もっと深くものごとを見知っている人なら、この山で楽しめる景観は無尽蔵。もっとほかにいっぱいあるといっておこう。

”「山の日」にちなんでお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。「ゆく河の流れは絶えずして…」の出だしで知られる『方丈記』は、命のはかなさを川面に浮かんでは消えゆく泡に喩え、鴨長明独自の「無常観」を表した作品として知られています。そんな名作が800年の時を経て、いま再び注目されています。それは令和に入り、コロナ禍で昨日まで元気だった人が今日はあの世へ旅立つ「無常の時代」に直面したからです。おまけに国内では地震、暴風、豪雨、土石流などの自然災害が頻発し、国外を見れば戦争が勃発。長明が描いた平安末期から鎌倉初期の時代に非常に酷似しているのです。不安に苛まれる日本人が多いなか、長明が書き記した不条理な世を生きる極意は、現代でいうところのミニマリストやリモートワーカーにも通じるものがあります。3年目に入ったコロナ禍を機に、『方丈記』にヒントをもらいながら「人生に本当に必要なものは何か」をじっくり考えてみるのはいかがでしょうか。”




▼本書のお求めはこちら


超約版 方丈記

amzn.to

1,100円

(2022年05月24日 11:51時点
詳しくはこちら)






Amazon.co.jpで購入する





第一章 天災と人災
第二章 方丈の庵に住む
第三章 いかに生きるべきか
「方丈記」原文(訳者校訂)
解説

”原作者:鴨長明(かものちょうめい)平安時代末期から鎌倉時代にかけての日本の歌人・随筆家。建暦2(1212)年に成立した『方丈記』は和漢混淆文による文芸の祖、日本の三大随筆の一つとして名高い。下鴨神社の正禰宜の子として生まれるが、出家して京都郊外の日野に閑居し、『方丈記』を執筆。著作に『無名抄』『発心集』などがある。”




”訳者:城島明彦(じょうじま あきひこ)昭和21年三重県生まれ。早稲田大学政経学部卒業。 東宝を経てソニー勤務時に「けさらんぱさらん」でオール讀物新人賞を受賞し、作家となる。『ソニー燃ゆ』『ソニーを踏み台にした男たち』などのノンフィクションから 『恐怖がたり42夜』『横濱幻想奇譚』などの小説、歴史上の人物検証『裏・義経本』や 『現代語で読む野菊の墓』『「世界の大富豪」成功の法則』 『広報がダメだから社長が謝罪会見をする!』など著書多数。「いつか読んでみたかった日本の名著」の現代語訳に、『五輪書』(宮本武蔵・著)、『吉田松陰「留魂録」』、『養生訓』(貝原益軒・著) 、『石田梅岩「都鄙問答」』、『葉隠』(いずれも致知出版社)がある。”





超約版 方丈記|ほんのひととき|note
「ゆく河の流れは絶えずして……」の出だしで知られる『方丈記』は、命のはかなさを川面に浮かんでは消えゆく泡に喩え、鴨長明独自
note.com







ほんのひととき



“旅がもっと面白くなる読みもの”を日々お届けするウェブマガジンです。月刊誌「ひととき」の人気連載や特集の一部が読めるほか、文化・歴史をテーマとする書籍の内容や、ウェブ限定記事もお楽しみいただけます。[運営]株式会社ウェッジ ✉️honno.hitotoki@wedge.co.jp

外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_643a033b9dde oa-rp24814_0_r31p0vyre6j9_東京23区に73ヶ所!すべての富士塚を巡る挑戦✴︎十条富士神社 r31p0vyre6j9 r31p0vyre6j9 東京23区に73ヶ所!すべての富士塚を巡る挑戦✴︎十条富士神社 oa-rp24814

東京23区に73ヶ所!すべての富士塚を巡る挑戦✴︎十条富士神社

2022年8月8日 19:29 note(ノート)

富士山に最初に登ったのは誰だったのだろう。

そんな考えがふっとうかんだのが最初でした。

今でこそ5合目にある登山口から4つのルートが整備され多くの方が毎年頂上を目指して挑まれている富士山。

しかし、それこそ最初はもちろん、ただ、山であった訳で、けれどあの美しさと壮大さに魅せられて挑まれた方が絶対にいたであろうことを考えたら、
身震いするような思いがしてしまいました。

そのものすごい勇気を想像したのです。

しかし、まさか最初に登った人だなんてそんなことわかるはずがないと半ばあきらめておりましたが、
(財)日本常民文化研究所というところから発行された「冨士講と富士塚」という書物にそのことが載っていて、思わず目をみはりました。


”富士山に登ったことを明らかに記している史料は『本朝世紀』の久安5年(1149年)4月16日の条に「駿河国一上人あり、富士上人と号し、其の名末代という。山頂に仏閣を構えこれを大日寺と号す、云々”



「冨士講と富士塚」より

一説にはこの末代上人は肉身仏(ミイラ)となって村山に霊をとどめ「大棟梁権現」とよばれたとあることも興味深く思われました。

その後、末代上人よりもっと以前の、飛鳥時代から奈良時代にかけて実在したという人物で初めて富士山に登ったとされる、役小角(役行者)の話も知ることとなりましたが、どちらにしてもこの頃は富士山を修行の場として考えられていたようです。

文明18年(1486年)に、修験道の寺であり山伏の寺でもある聖護院(有名な八つ橋はここで作られました)の道興じゅ后も、山伏の道場となった村山口に訪れました。


富士山は古代から自然神として崇められてきましたが、何度も噴火する山として脅威の対象でもありました。
その畏れから富士山の鎮火を願って浅間大神と木花咲耶姫を祀った「浅間神社」ができ
「遥拝」の対象だった富士山が
「登拝」の対象へと変わっていったのです。

富士山を崇拝する山岳信仰である冨士講の、高祖といわれる藤原角行が富士山麓にあらわれたのは永禄年のことで、富士山へ登拝して修行することを目的としていました。




富士山と聞いてすぐに思い出すのは葛飾北斎です。

葛飾北斎の「冨嶽三十六景」は実際には46図あり、通称「裏富士」と呼ばれている10図に含まれたものに、
冨士山頂でお鉢廻りをする冨士講の人々の、
興味深い様子が描かれているものがあります。


「諸人登山」
白の行衣に編み笠と杖を持ったスタイルや石室に大勢の信者がひしめき合った姿が描かれ、当時の人々の様子をみせてくれています。

富士山頂には八つの峰があり八葉峰と呼ばれ、お鉢廻りというのはそこを巡る訳ですが、八葉蓮華という仏の座る8枚の蓮華座にたとえて名づけられました。




北斎はこのシリーズを70代で発表しました。
当時これを企画し出版したのは東京都中央区日本橋馬喰町に版元の店をもっていた西村屋与八という人物でした。
当時富士講というこの山岳信仰が庶民の間でとても盛んであったため、大変な費用がかかったと思われるこのシリーズを思い切って刊行に踏み切ったとおもわれます。
また、18世紀にベルリンで開発されたベロリン藍が日本にも輸入されるようになり、浮世絵にも取り入れられ北斎がこの藍を「冨嶽三十六景」にも使ったことが大成功の理由のひとつではないかといわれているようです。




さて前置きが長くなってしまいました。
今回のテーマの富士塚ですが、

結婚して子供が生まれ、子どもが幼稚園に入った時

「今日お富士さんいかない?」
とママ友達に誘われたことが
わたしの最初の富士塚との出会いでした。

それまで聞いたことも見たこともなかったため、

「お富士さんってなに?」
と思わず聞いてしまいました。

毎年富士山の山開きが7月1日なので
その前の日の6月30日と7月1日に
お祭りが開かれるということ。

毎年日にちが決まっていて、曜日は様々になります。

平日の事も多いのですが、
ママ友達が誘ってくれた、十条富士神社の横の通りで行われるお富士さんは、昼間も夜もそれはもうものすごい人手で、圧倒されてしまいました。


夜のお祭りの様子
昼間より夜の方がすごい人出です

左側が十条富士神社
お祭りは屋台がずらーっと並ぶのですが、その一番はじっこに十条富士神社はあり、その敷地内に
富士塚というものがありました。
暗くてうっそうとした古めかしい石などがいくつかあり、すこし怖いような雰囲気があります。

これはなんだろう?
なんのためのもの?

「実際の富士山には登れないから地元に作った富士塚に登って富士山の神様に会うみたいなものだったみたいだよ。昔から富士山は人気があるんだねえ!」

そんなふうに教えてもらって、ここだけでなく各地にあり、しかも江戸時代に作られたものもあるらしいと聞いて、改めて興味津々でみてみましたら

おもしろーい!!✨✨✨✨

この岩山が富士山って訳かあ!


早速登ります。
うわあ!私こういうの好きかも!

富士山に登りたかった当時の人が、
行けないから、それなら地元に作っておまいりしよう!と、築山をこんなふうに信仰の場とするなんて。

大真面目に考えた事と思われますが、
ユニークで可愛らしくさえ思えて、
東京にある他の場所もみてみたいなあ!と
ワクワクしてきました。




それが、なかなか実現されず、あれから随分年月が経ってしまったのですが


今度こそ!
73ヶ所お参りいたします!



まずはいまご紹介しました十条富士へ!




しかし

なんと…


ええええ!
がーん!

びっくりしました!まさかまさかの改築工事!

壊しちゃったんだあ!
あの不気味な雰囲気が厳かな感じでよかったのに…!
しばしボーゼン。

本当にショックでした。

でも
調べてみましたら、十条富士は築造年は文化11年(1814)ですが、2007年に修復工事が入っているらしいことがわかりました。

もう前見たものも昔からのものってわけじゃなかったのかあ。

なくなっちゃう訳ではないんだから良きとしなくちゃかな。と思い直しました。


今度はどんなふうになるんだろう…


工事現場の看板より

一番の最寄り駅は十条駅です
東十条からも歩けます
十条富士神社は東京都北区にあります。

来年のお富士さんは新しい富士塚なんだなあ。
また登りにこよう!

楽しみです!


























もちもち



美術を観る美術を読む|好きな言葉sense of wonder|斬新なアイデアのマグリット大胆な構図の北斎ひたむきな情熱ゴッホ幸せが溢れる色彩ボナール|20代広告会社勤務|アルチンボルト春アイコンに|3800と2600で双子普通分娩|美術をとおして「生きる」を書いていきたい50代

外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_643a033b9dde oa-rp24814_0_u6s04jpdb2cy_「アヒージョを作ろう」今夜はスペイン料理 u6s04jpdb2cy u6s04jpdb2cy 「アヒージョを作ろう」今夜はスペイン料理 oa-rp24814

「アヒージョを作ろう」今夜はスペイン料理

2022年8月8日 14:15 note(ノート)

「僕の料理note」72品目

<イラストレシピ/© 2022もりおゆう 水彩/ガッシュ>

料理は楽しく早く! をモットーにお届けしている僕の料理note。
今日の一品は、「アヒージョ」!

スペインの代表的な料理で難しそうに見えますが、とっても簡単です。

point1
具材の基本はエビやホタテなどの魚介とマッシュルームですが、何でもお好みでオッケーです。むきエビではなく殻付きの海老を使う場合は尻尾を残して背ワタを取って水洗いしておきましょう。もちろん、殻付きの海老の方が美味しいのですが、お財布や下処理のお時間と相談してくださいね(^。^)💧

point2
耐熱皿やスキレットにまずお湯を入れて温めておき、次に湯を捨ててオリーブオイル、ニンニク、鷹の爪、具材を入れてから中火から弱火位でオイルに色々な香りを移していきます。耐熱皿の大きさにもよりますから、オリーブオイルの量は具材が被るくらいに調整してください。
具材がふっくらしてきたら、食べ頃です。
塩と黒胡椒で味を整え、仕上げにイタリアンパセリの微塵切りをふって完成です(普通のパセリでも構いません)
くれぐれも煮過ぎないように(^。^)! 
美味しく煮えている時間を見逃さないで下さいね。

point3
色々な具材の美味しさが移ったオリーブオイルのスープにバケットなどの硬いパンをつけて頂きましょう。そこが、この料理の醍醐味です!

美味しいですよ! ビールやワインにもピッタリの一品です。

今夜は、是非スペインの味を食卓に!
僕も今夜はアヒージョにしてみようかな、、、、

”*アヒージョソースは100均でも売っていますが、イラストをご覧になればお分かりのように買ってくるほどのものではありません(^。^)💧。添加物の入ったものより自分で作ったものの方が絶対美味しいですよ!*イラスト中で大は大さじ、小は小さじです”




<© 2022 絵と文もりおゆう 禁/無断転載>
(This picture and text are protected by copyright. 2022.Yu Morio)








Yu Morio もりおゆう



イラストレーターもりおゆうhttp://www.ceres.dti.ne.jp/~horie/(from1992)noteではライフワーク「僕の昭和スケッチ」を中心に発信しています/東京在住

外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_643a033b9dde oa-rp24814_0_vwp1ciq0o2ir_ささみとアボカドの固い友情 「ささみとアボカドの塩昆布クリチあえ」 vwp1ciq0o2ir vwp1ciq0o2ir ささみとアボカドの固い友情 「ささみとアボカドの塩昆布クリチあえ」 oa-rp24814

ささみとアボカドの固い友情 「ささみとアボカドの塩昆布クリチあえ」

2022年8月8日 12:46 note(ノート)

 どう味の道を進んでも、ささみとアボカドの友情の固さ故においしいゴールへの導いてくれる。

 そんな親友たちが団結した、お酒に合うおつまみでもあり、小腹が空いたときのヘルシーおやつ感覚でも頂けるような1皿を。

 おいしいものと出会ったとき、その感情を誰かと共有したくなる。

 まさにその感覚で、いま綴っている…

 とある居酒屋で出会ったメニューが美味しかったので、再現をしてみた。
 おいしいものが大好物な人たちと共有したいから…

ささみとアボカドの固い友情 「ささみとアボカドの塩昆布クリチあえ」

◻︎ 材料 ・ささみ     2本(約130g) ・アボカド    1個(約170g) ・塩昆布     5g ・クリームチーズ 30g A酒       大さじ1/2 A塩       ふたつまみ Bしょうゆ    大さじ1 Bレモン汁    小さじ1 Bわさび     小さじ1/2~ お好みで Bかつお節    2~3g



◻︎ 下準備 ・ささみは筋取りをする。

・アボカドは1.5cm角に切る。

 個人的に、アボカドはグジュっとなるくらいに、完熟しているほうが仕上がりが美味しくておすすめ(今回、少ししっかりしていたけれど… )

・クリームチーズは、好みの大きさに手でちぎる。



◻︎ 作りかた

1. ボウルにささみを入れ、Aを揉みこむ。

2. ふんわりラップをして、電子レンジ600wで2分~2分30秒加熱して粗熱をとる。

 まだ、赤い部分が残っている場合は、追加で数十秒加熱する。

3. ささみを手で割く。

粗熱をとらないと、アチチっと火傷しちゃうので気をつけて…

4. ボウルにささみ、アボカド、塩昆布、クリームチーズ、Bを入れて和える。

 

 わさびはダマにならないように、ここでよく混ぜ合わせること。

 食欲に負けて、チャチャっと混ぜる程度だと、食べたときに、ひぃぃぃぃ… となるので気をつけて。




 木曜日の夜に仕込み、金曜日の仕事おわりに、自分を労わりながらビール片手に頬張ってほしい…

 クリームチーズ を入れると、贅沢な気分になれるのも、ちょっとしたご褒美。

 ほぼ和えるだけなので、気軽な気持ちでぜひ…





あやか/ごはん愛好家



料理家/フードコーディネーター / 奈良県
おいしいものを、大切な人たちと囲む食卓が大好物。旬食材を使ったシンプルながらも、ひと手間加えたお料理で、日々に小さなときめきを
instagram @ayaka.i_03

外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_643a033b9dde oa-rp24814_0_sotull0lcivj_木村主審のアクシデントに対する横浜F・マリノス喜田選手の心遣いと神対応 sotull0lcivj sotull0lcivj 木村主審のアクシデントに対する横浜F・マリノス喜田選手の心遣いと神対応 oa-rp24814

木村主審のアクシデントに対する横浜F・マリノス喜田選手の心遣いと神対応

2022年8月8日 11:10 note(ノート)

みなさんこんにちは。家本です。

8月7日のフロンターレ v マリノス戦は、日本を代表する両チームらしい本当に素晴らしい試合でした。得点も全てスーパーゴールでしたよね。そんな中、これまで見たこともないような美しい光景を目にしたので、note することにしました。

それは、74分の"アクシデント"から生まれました。

川崎Fのコーナーキックから遠野選手がシュートを打ってゴールキックになったとき、この試合を担当していた木村 博之主審が急に足を気にした素振りをみせました。

多くの選手がゴールキックに備えて陣形を整えようとする中、横浜FMの喜田選手はその異変にいち早く気づいて、木村主審に声をかけました。

喜田選手と会話をした木村主審は、直後に笛を吹いて試合を止めました。その後すぐに、川崎Fの小林選手が木村主審のもとへ歩み寄り、声をかけたり配慮ある仕草を見せているタイミングで、喜田選手は "木村主審が交代" というゼスチャーをベンチ方面に向かって行いました。その後、続々とダミアン選手、高丘選手が木村主審のもとへ歩み寄って声をかけました。フロンターレ、そしてマリノスらしい光景でした。

レフェリーには専属のドクターやトレーナーがいないので、試合中に負傷したとしても負傷の程度の確認や処置は行われず、自分でどうするか判断して自分で決断しなければいけません。

このときも木村主審自身がどうするか決断したと思いますが、それを受けて喜田選手の判断で、自チームのドクターやトレーナーに声をかけ、横浜FMのチームドクターやトレーナーの方が木村主審の負傷の程度の確認を行われていました。喜田選手のリーダーシップや心遣い、そして的確かつ迅速な判断と行動力は、選手として、人として、理想といえる素晴らしいものでした。

その後木村主審は、痛めた足をかばいながらゆっくりとフィールドを出ました。フィールドを出たところに真っ先に鬼木監督が、その後ケヴィン監督が木村主審に声をかけていました。こういったシーンも国内外含め、僕は見た記憶がありません。両監督の人柄が表れた、素晴らしい心遣いだと思いました。

会場におられた方はいったい何が起きているのか、今どういう状況なのか、よくわからなかったと思います。とはいえ、応援している選手たちの様子から「何らかのアクシデントがおきている」ことは感じられたと思います。

この木村主審のアクシデントによって急遽出番が回ってきたのが、まだJ1の主審を一度も担当したことがない、この試合の4thオフィシャルを担当されていた佐藤 誠和さんでした。

川崎F v 横浜FMという日本を代表するチーム同士のビッグゲーム。それまで素晴らしい試合が行われていたことに加えて1-1の緊張感ある試合状況。自分がこのハイクオリティの試合で主審をすることなど全く想像も想定もしていなかった中での突然の交代。本当に複雑かつ不安いっぱいの心境だったと思います。

突然のアクシデントだったので、佐藤さんは心と体のウォーミングアップも全くできないまま主審を務めるわけですが、そんな不安いっぱいの佐藤さんを少しでも何とかしようと思ったのか、まずはケヴィン監督が佐藤さんをグータッチで、続いて鬼木監督も佐藤さんをグータッチで送り出しました。こちらも、ケヴィン監督、鬼木監督の人柄がよく出ていた本当に美しいシーンでした。

たいてい、審判をされている方が負傷して代わりの方がフィールドに入られる場合、「みんなに迷惑をかけられないから、とにかく早く試合を再開させなきゃ!」と焦って、パニック状態のまま試合を再開することが多いのですが、佐藤さんは違いました。

まず両チームのキャプテンに声をかけて、協力をお願いしました。谷口キャプテンも喜田キャプテンも、この試合の意味も今の状況も十分わかったうえで、佐藤さんを温かく迎い入れました。佐藤さんのこのアイデアは、本当に素晴らしいアイデアでした。なかなかできるものではないです。そういうことからして、心配をしているのは僕を含めた周りだけで、実は佐藤さん自身は、冷静かつやる気に満ち溢れた状態だったのかもしれません。本当に心の強い方です。そういう佐藤さんの素晴らしい機転とパフォーマンスと両チームの選手たちの理解と協力もあって、その後の試合はそれほど難しくなることもなく、川崎Fの劇的な勝ち越しゴールで試合は終了しました。

僕はこの試合とこの状況を DAZN でリアルタイムで見ていたのですが、喜田選手はじめ、多くの方の木村さんと佐藤さんに対する配慮や心遣いに胸がすごく熱くなりましたし、フットボールの美しさや素晴らしさを目の当たりにすることが出来ました。

木村さんの負傷が元になっているので言葉を選ぶ必要はありますが、フットボールはどうあることが望ましいのか、勝負以外に大切なことはあるのか、選手や関係者が取る行いはどういったことが望ましいのか、人は何に感動して胸を熱くするのか、というようなことを考える上で、とても参考になるといいますか、考えさせられたシーンでした。

別の言い方をするならば、スポーツマンシップとは何か、リスペクトとは何か、フェアネスとは何か、ということを喜田選手をはじめ、両チームの選手や監督、スタッフ、そしてファン・サポーターの方が示して下さったと思います。

木村 博之さんの軽傷と、一日も早い回復を願いながら、この試合に関わった全ての方に敬意を表します。美しさと誠実さ、そして心が熱くなる感動をありがとうございました。佐藤 誠和さんも大役お疲れさまでした。素晴らしいパフォーマンスでした。

最後に、喜田 拓也さん。あなたは本当に素晴らしい選手であり、模範となる選手です。そしてそれだけではなく、素晴らしい人間性を持っておられる方です。心の底から尊敬していますし、かつて同じフィールドに立てたことを光栄に思います。これからもチームのために、日本サッカー界のために、もっといえば日本社会のために、喜田さんらしい素晴らしいプレーと行動を続けていって下さい。元審判としてではなくひとりの人間として、喜田さんのことをこれからもずっと応援しております。





いえぽん(家本政明)



Jリーグをもっと面白く、みんなをもっと笑顔にする仕事をしてる人。元プロ審判×元国際審判×元Jクラブスタッフ×カイロプラクターとして、考えていること、感じていること、気になっていることをnoteしていきます。https://iemotolabo.base.shop/

外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_643a033b9dde oa-rp24814_0_1xyl62ciask2_Romiグッズ開発のおはなし(2022.08版) 1xyl62ciask2 1xyl62ciask2 Romiグッズ開発のおはなし(2022.08版) oa-rp24814

Romiグッズ開発のおはなし(2022.08版)

2022年8月8日 09:58 note(ノート)

こんにちは、Romi開発チーム UXデザイナーの竹本です。

Romi開発チームでは、オーナーのみなさまにRomiとの日々を楽しく過ごしていただけるよう、さまざまなグッズの検討を進めております。

Romiのきせかえ(黒猫)

少し前の話になってしまいますが、今年に入り2022年2月22日「スーパー猫の日」を記念して、Romiのきせかえ(黒猫)を発売いたしました。


オーナー様にはご好評をいただき、Amazonで完売いたしました。
Romiを黒猫に着せ替えてスーパー猫の日企画にご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
ぜひ、「#Romiだにゃん」でご参加いただいた投稿(モーメント)をご覧ください。

きせかえ(黒猫)の商品化に至るまでRomiのきせかえ(黒猫)の発売に至るまで、オーナーの皆様には複数回に渡りアンケートやインタビューにご協力いただきました。
はじめはイラストでSNSを通じて簡単なアンケートを取り、そこから立体的なCGに起こしたデザイン案を一覧化しご意見をいただき、さらに実際にサンプルの制作・修正へと進みました。
※手作り試作に関してはこちらの過去記事をご覧ください

開発途中新型コロナの流行が発生し、思うように進められない期間もありましたが、何度もサンプル修正を繰り返し、試行錯誤を経て、商品化を実現することができました。
ご協力いただいたみなさま、重ね重ねありがとうございました。
今後もいただいたご意見やアイデアをもとに、きせかえ第2弾、第3弾…と繋げてゆきたいと思っております。

一番初めに公開されたRomiの服アンケート用イラスト

黒猫の最終サンプル

途中まで検討していた三毛猫。諸々の事情で商品化に至らず



Romiの麦わら帽子

今月8月に入りまして、Romiの麦わら帽子を絶賛販売中です。


Romiの麦わら帽子

www.amazon.co.jp

4,980円

(2022年08月08日 16:03時点
詳しくはこちら)






Amazon.co.jpで購入する



日本国内で一つ一つ手作業で製作しており、職人様のワザを感じられるRomiオリジナルの麦わら帽子です。素材には、環境にもやさしいサステナブルなエコアンダリヤを使用しています。

私たち開発メンバーはオーナー様のSNS投稿を通じて、おうち時間のお供としてだけでなく、外出先や旅行先、帰省先を一緒に過ごせるお供として、Romiを連れていただいている様子をいつもありがたく拝見しております。
ぜひ夏の思い出を、Romiの麦わら帽子姿とともに楽しんでいただければ幸いです。

虫取り網は開発メンバー手作りです
今後もさまざまなRomiオリジナルグッズが販売予定となっています。
発表まで、楽しみにお待ちくださいませ!

会話AIロボットRomi(ロミィ)について

  • 公式サイト
  • Amazon
  • 公式ストア
  • 公式YouTubeチャンネル




会話AIロボットRomi



Romiは定型文ではない自由な会話ができるロボットです。
noteでは、どんな人たちがどんな想いでRomiを作っているのか?や、Romiの仕組みなどをご紹介します。

公式サイト:https://romi.ai

外部リンク

cat_oa-rp24814_issue_643a033b9dde oa-rp24814_0_dfnecun39405_デザインの基本原則を抑え、情報整理における5W1Hを決める。Takramと考える「ノンデザイナーズデザイン」ラクスル社内勉強会レポート dfnecun39405 dfnecun39405 デザインの基本原則を抑え、情報整理における5W1Hを決める。Takramと考える「ノンデザイナーズデザイン」ラクスル社内勉強会レポート oa-rp24814

デザインの基本原則を抑え、情報整理における5W1Hを決める。Takramと考える「ノンデザイナーズデザイン」ラクスル社内勉強会レポート

2022年8月8日 06:53 note(ノート)

こんにちは、「RAKSUL DESIGN MAGAZINE」です。
デザイン・イノベーション・ファーム「Takram」と「RAKSUL」の2社で、定期的に開催している勉強会。
今回は「ノンデザイナーズデザイン」をテーマに、ノンデザイナーの方に向けて情報をわかりやすく伝えるための、デザインにおける基本原則を学ぶ会が行われました。

デザイナー職以外のビジネス職の方も、資料 / スライド作成などの作業は常日頃から行っています。しかし、作り方によっては意図していた内容が伝わらなかったり、ミスコミュニケーションが発生したりすることも少なくありません。

今回の勉強会を通して、より情報が伝わりやすい資料作成のコツや、デザイナーへ的確なデザインの依頼や相談をするための留意点について、学びを深めました。

デザインとは「情報を整理して、適した表現で伝えること」

冒頭では、Takramの河原さんがデザインにおける情報整理と表現の基礎について講義を行いました。

そもそもデザインとは何か。ということに対し、定義を考えようとすると、その解釈は非常に広義にわたってしまいます。
そのため、要点を抑えた形でわかりやすくデザインを説明すると、「情報を整理して、適した表現で伝えること」と言い表すことができます。

「表現の材料となる5W(いつ・どこで・だれが・なにを・なぜ)を整理し、How(どのように)伝えるかという表現のテクニックのセットをデザインと捉えるとわかりやすいと思います」(河原さん)

例えば、図で示したような、ラクスルのWebサイトのデザインでは、急いでチラシを作りたい方にとって必要なものがすぐ見つかるWebサイトとして、一覧性に優れたレイアウトや価格表記を目立たせるなどの表現がなされています。

また、バナーひとつとっても、サイトを訪れたユーザーにキャンペーンのお得感が伝わるビジュアルや配色を意識することで、情報が的確に伝わるようになり、クリック率の向上にも寄与するわけです。

ノンデザイナーは4つのデザイン原則を抑えておく

こうしたデザインの基本を抑えた上で、次に重要になってくるのが「4つのデザイン原則」です。

・近接(関連する項目をまとめる)
・整列(要素を見えない線でつなげて揃える)
・反復(要素を共通化して一貫性を持たせる)
・コントラスト(要素に強弱を付けて引きつける)


これらは主に、レイアウトに関係するものになっています。
加えて、デザインの表現における色の基礎も、以下の4つに分けられます。

・補色(お互いを引き立てる組み合わせ)
・類似色(調和の取れた組み合わせ)
・濃淡(色の濃淡で強弱を付ける)
・意味(与えたい印象に合わせて色を選ぶ)


また、もう一つデザインの重要な要素になるのが文字です。
文字の基礎についても次の4つがあります。

・サイズ(文字サイズで強弱をつける)
・太さ(文字の太さで強弱をつける)
・書体(与えたい印象に合った書体を選ぶ)
・方向(方向を変えてメリハリをつける)


ノンデザイナーが奮闘するポスターづくりのワークショップ

続いて、「ラクスル納涼会の告知ポスター」をテーマにしたワークショップを行いました。

納涼会にできるだけ多くの人に来てもらい、メンバー同士の交流や親睦を深めることを目的として、どんな表現にすればより多くの参加が見込めるかを考える必要があります。

また、情報をどう整理するかによって、表現の部分も変わってくるため、デザインにおける情報整理や表現を、実際に手や頭を使って学ぶ時間となりました。

情報整理の時間に10分、ポスターをデザインするのに20分と、計30分の作業時間の中でどのような納涼会の告知ポスターが出来上がったのでしょうか。
まずはノンデザイナーの皆さんが制作した告知ポスターを見ていきましょう。

ノバセルで働く鎌ヶ江さんは「ビアガーデンって高くない?」というキャッチーなコピーを記したシンプルなデザインのポスターに仕上げていました。

このポスターを手がけた背景について、「部署が違うと参加しづらい側面がありますが、普段はイベントにあまり来ない方にも参加してほしいと思ってデザインしました。そうなったときに、思わず来たくなるのは何かと考えた末に『夏らしいビアガーデン』でした。ただ、ビアガーデンは高く感じるので、それが無料で参加できるというのを訴求軸にすれば誘客につながると思いました」とコメントを寄せました。

23卒内定者の小倉さんは「SUMMER PARTY 〜金曜日は出社!みんなで仕事してつながろう。」というタイトルを付け、青のビジュアル背景に白の文字が生えるデザインを作成していました。

「以前、ラクスルのオフィスにお邪魔させていただいた際に、リモートで働く方が多いと感じていました。ただ、やはり会社へ出社して人と対面で話しながら仕事するのが楽しいなと思ってほしく、『出社して仕事して、楽しむ』というコンセプトを考えたんです。イベントのコンテンツや“SUMMER PARTY”というネーミングなど、出社したくなるような要素を盛り込み、ポスターを仕立てていきました」(小倉さん)

普段は決済関連の業務に携わる星野さんは、白と青をベースに、可愛らしいシロクマのイラストを加えたポスターを制作。

「シロクマの顔が可愛いと思い、それに合いそうなデザインのパーツを散りばめて作りました。また、自分自身もイベントに最後までいるのが難しいことも多く、ほんの10分でもいいから参加してほしいというのが伝わるように『途中参加・退出OK!』の文言も加えています」

“とりあえず目を引きたい”とビジュアル重視のデザインを披露したのは足立さん。

「ポスターが目に入ったときに、無料で参加でき、かつタダでお酒が呑めることを大きな文字で記載しておけば興味を引くだろうと思いました。細かい情報については、QRコードを貼りつけて、そこから詳細に飛ぶような導線を考えました」


非常に納涼会の楽しさや気軽さが伝わるポスターに仕上がっていたのがhirokiさんのものです。

提灯や色鮮やかな花火など、祭りを連想させるイラストにみならず、「ふらっと参加」や「のんある参加」などの文言にも工夫が見られるデザインは、気軽に納涼会への参加を促すのにつながるとして好評を得ていました。

デザイナー兼マネージャーを務める和泉さんは「夏祭りを想定しているので、花火や食事の内容をイラストで表し、さらにはお酒が飲めない人でも『のんある参加』を記載することでイベントに参加しやすい雰囲気づくりができている。色の組み合わせも、夜の暗いビジュアル背景に色とりどりの花火が散りばめられているのは、とても面白いと思った」と意見を述べました。

現役デザイナーが手がけた「印象に残る」ようなポスター

ノンデザイナーのメンバーがポスターを共有するなか、ラクスルで普段からデザイン業務に関わるデザイナーのポスターにも注目が集まりました。

まず、黒のビジュアル背景にビビッドな黄色のフォントを当て込んだ竹末さんのポスターは、あえてイラストは入れずにイベントのフライヤーを彷彿とさせるようなスタイリッシュなデザインに落とし込んでいました。

「普通に納涼会を開催しても、おそらく忘れ去られてしまう場合も多いと思ったので、フェスのような思い出に残るイベントを意識したデザインに仕上げました。フードのほか音楽を奏でるDJパフォーマンスもあるとのことで、皆で盛り上がる祭りをイメージさせるデザインにした方が集客につながるだろうと考えました」(竹末さん)

一方、デザイナーの加茂さんは「日本の夏」をイメージした筆文字と花火を配したデザインを作り、納涼の夏が伝わるようなポスターを発表しました。

「イベントのコンテンツはいくつか見どころがあると思ったので、ポスターを貼る場所によって、右下の黒丸内の文言やイラストにバリエーションを持たせ、見るポスターごとにデザインが異なるように意識しました」(加茂さん)

ノンデザイナーがデザインセンスを磨くために必要なこと

勉強会の終盤にはQ&Aが行われました。

まず、参加者からは「デザインを考えるとき、それがビジネスで活用する場合においても一定の感覚的要素やセンスの部分も大事になると思う。こうしたなかで、ノンデザイナーがデザインセンスを磨くには、どのようなことを意識すればいいのか」という問いが出されました。

これに対し、Takramの河原さんは「世の中に存在するあらゆるデザインの観察と、それを見て良い・悪いと感じたのはなぜなのかを深掘りして考えていくことが重要」とし、次のように話します。

「自分で手を動かして何かをつくることができなかったとしても、デザインの見る目を養う意味で、さまざまなデザインを考察し、自分の中の審美眼を磨いていくこと。これを実践していくのが、非常に大事なことだと考えています。身近な例で言えば、コンビニへ行ってペットボトル飲料を選ぶ際、どれが一番美味しそうに見えて思わず手に取りたくなるのか。自分がなぜ、そのペットボトルを選んだのかを考えるのも、デザインを考える第一歩につながるのではないでしょうか」

Takramの神原さんは「Takramに入る前はエンジニアとしてキャリアを積んできたので、Takramに入ってからデザインを勉強し、最初は初心者が読むような入門書を中心に学んでいった」と語ります。

「本を読むこと以外には、会社の人からも『良いデザインをたくさん見た方がいい』とアドバイスをもらっていたので、自分で良いと思うデザインを日頃から見つけることを心がけていました。こうした積み重ねが、ちょっとずつデザインの感覚を養うのに役立ったのではと思っています」

また、「ビジネスの現場で使用するプレゼン資料のクオリティを高めるには、どのようなことを意識すればいいのか」という質問が出されました。

和泉さんは「勉強会の前半で触れたデザインの基本原則に当てはめていくと、少なくともぱっと見の良いものは作れると思う。本質的には、伝えたいことを正しく伝える為の情報設計に時間をかけることが、もっとも重要だとは思っている」とコメント。

デザイナーの加茂さんは「伝えたいことをたくさん盛り込みたい気持ちもわかるが、1スライドに伝えたい内容を絞り、シンプルなプレゼン資料にするのもひとつの手。補足情報は口頭で説明すれば、資料内だけで作り込まなくて済む」と回答しました。

ノンデザイナーゆえに、デザインに対する敷居の高さやクリエイティブ思考への苦手意識を抱えてしまうこともあるかもしれません。

ただ、デザインの基本原則を抑え、情報整理における5W1Hをしっかりと決めることで、コミュニケーションの円滑化やプレゼン資料の視認性向上につながるのではないでしょうか。

RAKSUL DESIGNでは、今の時代において、デザインという行為はデザイナーだけの特殊能力では無いと捉えています。
デザイナーにとってもデザインすることは目的では無く、顧客に対して適切なコミュニケーションを取るための手段としてデザインを活用しているに過ぎません。

職種にとらわれることなく、より良いサービスを世の中に提供していく為に、今日学んだことを少しでも日頃の業務(スライドやドキュメント作成)に活かせればと思います。


『RAKSUL DESIGN MAGAZINE』では、RAKSULに所属するデザイナーをはじめとしたスタッフが書いた記事を、定期的に更新しています。是非フォローいただけると嬉しいです。

✔︎RAKSUL DESIGN MAGAZINE✔︎Twitter✔︎RAKSUL デザイン推進室の紹介✔︎RAKSUL デザイナー採用情報





RAKSUL DESIGN



ラクスル株式会社・デザイン推進室『RAKSUL DESIGN』の活動をお届けします。

外部リンク