cat_oa-rp20153_issue_a4eba096112a oa-rp20153_0_a4eba096112a_運転中にたばこを吸うだけで死亡リスクが1,5倍以上に上昇!! a4eba096112a a4eba096112a 運転中にたばこを吸うだけで死亡リスクが1,5倍以上に上昇!! oa-rp20153

運転中にたばこを吸うだけで死亡リスクが1,5倍以上に上昇!!

2020年3月31日 22:00 アットプレス

 運転中の喫煙は、注意散漫や運転操作の不適による交通事故を増やす可能性があり危険が伴う。世界には車内での喫煙を規制している国が少なくないのだが、日本では運転中の喫煙は規制化がされていない。
東北大学の研究グループの調査によるとたばこを20本以上吸う男性は非喫煙者に比べて、交通事故死亡のリスクが1.54倍高いという調査結果を発表した。

厚生労働省が健康増進法の一部を改正

 厚生労働省が2018年7月、健康増進法の一部を改正する法律が成立した。望まない受動喫煙を防止する為の取り組みは、マナーからルールへと変わった事により喫煙者へ更なる大打撃を与えた。
 改正された健康増進法は2020年4月1日から正式に決行されるのだが、一番衝撃な内容として屋内が原則禁煙となり標識掲示が義務付けとなる。加えて20歳未満は喫煙所の立入禁止ともなる。
(特設サイトはこちらhttps://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/)

受動喫煙防止対策として最大100万円を支援する

 事業者を対象として受動喫煙対策を行う際の支援を開始する。
この助成金は中小企業事業主が受動喫煙防止対策を実施するために必要な経費のうち、一定の基準を満たす各種喫煙室等の設置などにかかる工事費、設備費、備品費、機械装置費などの経費に対して助成を行う制度との事。
 対象事業者は中小企業事業主となるが、受付は原則申請順とし、申請額が予算額に到達した場合、申請受付を締め切る予定と発表。

引用:厚生労働省https://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/support/

喫煙率、全国1位である福島県の建築会社が喫煙者と非喫煙者を支援

 厚生労働省が実施した2012年の国民健康・栄養調査で、福島県の喫煙率が、全国平均の20.7%を大きく上回る39.7%であった。福島県でこれほどまでに禁煙率が高い理由は、東日本大震災と原発事故の大きなストレスによるものではないかと考えられている。
 大きなストレスの影響で喫煙者が膨大に増えた中、建築会社デバイス・ホーム(株式会社デバイス 代表:弓田和彦 所在地:福島県会津若松市南千石町3-12 https://www.luckydakara.com/)が喫煙者と非喫煙者の両者を支援する異例の発表をした。対象者は、ご家族の中に喫煙者が居るだけで条件が適応される。あくまで、趣旨としては家族みんなが笑顔で暮らしていけるよう願いを込めてキャンペーン企画を実装する事を決意した。

 支援内容としては「ニコチルパッチ」を限定100名様へ無償プレゼントする。
しかし、実際に禁煙を成功した意見によると“ニコチルパッチ”では中々、禁煙する事は難しく最終的に自分の意思でやめなければならないと言う声が非常に多かった。
そこで、デバイス・ホームは東北大震災と原発事故のストレスを軽減する為に「流行しつつある喫煙ルーム」の支援も4月より開始される予定だ。喫煙者は新築を建てると同時に“ご家族の批判”も多く、炎天下の真夏や極寒の吹雪の中でも構わず、たばこを吸いにわざわざ外出しなければならない。小さなストレスが蓄積されると大きなストレスと変化して離婚する家族も少なくない。禁煙する事が一番なのだが、“禁煙中にも莫大なストレスを抱えてしまう”ので、禁煙の強要はしないとの事。確かに家庭で一番優先するのは『ご家族と幸せに築く環境や子供が教育にも専念できる環境作り』が重要と強く感じた。

今だけ物置としても使える喫煙ルームと消臭効果のある壁付けタイルが貰える

 喫煙ルーム支援とは、文字通り喫煙ルームに関わる「材料費及び施工費」がサービスされる。素人からすると実際に設けた場合“どれくらいの金額が発生するのか気になる”ので調べてみた。調査結果として喫煙ルームの材料費や施工費としては多額の金額が発生しないのだが、部屋の大きさにも含まれるので間取りも多少なりと変動してくる。仮に2畳分の喫煙ルームを設けた場合、相場としては、トータル約90万前後は最低でも見込む必要がある事が分かった。更に喫煙ルーム付近に「エコカラット」もセットされる。エコカラットは主にトイレや玄関前に活用される事が多いが、たばこの臭い対策も半減する。因みにエコカラットとは綺麗な空気を作る為に消臭効果や除湿効果と加湿効果もあるので、女性の消費者に支持率が高いのだ。
 我々の立場からした場合、エコカラットも含めて「約150万円相当の喫煙ルーム」が無償で手に入る。仮に禁煙に成功した場合でも納戸(物入れ)として活用できるので、将来的にも有効活用できるので、便利性も高まる。

引用:https://www.luckydakara.com/insistence-point/

引用:https://roomclip.jp/tag/325683

今回のまとめ

  内容を簡単にまとめると“現在は厚生労働省も禁煙を本格的に実装する為、あらゆる手段を使っている。だが、喫煙率全国一位である福島県は「東北大震災や原発事故」の影響により莫大のストレスを抱えている。ひと家族でも多く『ご家族と幸せに築く環境や子供が教育にも専念できる環境作り』を手に入れて欲しいので、喫煙者と非喫煙者が多い家庭を支援していくとの事。厚生労働省で改正されたこれから法律が実装された事で環境や状況も大きく変わっていく中、こちらの支援はどのように役立っていくのだろうか。

本件に関するお問い合わせ

運営管理:株式会社デバイス
電話:0120-91-0404
MAIL:info@luckydakara.com
公式LINE:https://line.me/R/ti/p/%40lzr3109e
HP:https://www.luckydakara.com/
住所:福島県会津若松市南千石町3-12
担当:渡部

cat_oa-rp20153_issue_a4eba096112a oa-rp20153_0_77a26ef9308c_大手動画配信プラットフォームへの動画配信ノウハウを活用した 手軽に導入できる安心・安全・安価な 動画配信プラットフォームサービス  「PLAY VIDEO STORES」10月よりサービス提供開始 77a26ef9308c 77a26ef9308c 大手動画配信プラットフォームへの動画配信ノウハウを活用した 手軽に導入できる安心・安全・安価な 動画配信プラットフォームサービス  「PLAY VIDEO STORES」10月よりサービス提供開始 oa-rp20153

大手動画配信プラットフォームへの動画配信ノウハウを活用した 手軽に導入できる安心・安全・安価な 動画配信プラットフォームサービス  「PLAY VIDEO STORES」10月よりサービス提供開始

2020年10月30日 14:30 アットプレス

 大手動画配信プラットフォームへ動画配信技術を提供する株式会社PLAY(東京都渋谷区、代表取締役社長:黒田 和道、以下:PLAY)は、「オンラインライブ配信」などのDXを検討する企業や興行主に向けた、手軽に導入できる、安心・安全・安価な動画配信プラットフォームサービス「PLAY VIDEO STORES」を10月より提供開始しました。

PLAY VIDEO STORES/ロボット・イン・ザ・ガーデン
 現在、新型コロナウイルス感染症によりエンターテイメント業界は大きな影響を受けています。音楽ライブや演劇、舞台、スポーツなど多くの興行が中止や延期、無観客や観客数を減らしての開催を余儀なくされています。また、今年初旬より、様々な興行主の皆様と新しい時代の興行の在り方についての意見交換を行う中で、オンラインで興行を行う上での課題についてご相談をいただいていました。また、これまで対面で行ってきた種々のサービスなど、新たに「オンラインライブ配信」などのDXを検討する企業が増えてきています。
 そのような中、弊社は新しい時代に対応した動画配信などを検討する皆様を支援すべく「どのような規模の企業やサービス、興行主でも、高品質、安価なオンライン動画配信の仕組みを、手軽に導入・運用できる」サービスの検討を進めて参りました。それが「PLAY VIDEO STORES」です。
 動画配信プラットフォームサービス「PLAY VIDEO STORES」は、PLAYが様々な大手動画配信サイトを運営することで培ってきたノウハウを活かした、ライブ動画配信/アーカイブ動画配信を簡単に自社のWEBサイトに導入・運用できるサービスです。「PLAY VIDEO STORES」を導入することで、自社のライブ動画配信や、ライブ動画のアーカイブ、過去制作した動画のVOD展開などを、短期間でスタートし、手軽に継続運用することが可能になります。
さらに、これまで多くの大手動画配信プラットフォームへ動画配信技術を提供している実績を持つPLAYならではの安心・安全なサービスを、安価に利用することが可能です。
 「PLAY VIDEO STORES」では、様々な動画配信のスタイルや内容に合わせ、「インターネットでのライブ配信に対応したライブイベント販売プラン」「広告・販促キャンペーンなどに利用することができる認証コード型ライブ配信プラン」「ファンクラブなどに対応した毎月数枚の視聴チケットを配布する月額チケットプラン」「月額定額で見放題のライブ配信/VOD配信を行う月額見放題プラン」の4つのプランから最適なサービスを選択することが可能です。
 もちろん、それぞれライブ配信(生配信)、アーカイブ配信(見逃し配信)、過去映像などのVOD配信まで企業や興行主のニーズに合わせた配信を行うことができ、デスクトップPC/ノートPC、スマートフォン/タブレット(WEBブラウザ)、リビングルームデバイス(WEBブラウザ)など様々な視聴環境にも対応しています。
 例えば、自社でチケット販売を行われている興行主の場合は、そのシステムと「PLAY VIDEO STORES」のシステムを連携することで、自社サイト内で一気通貫したオンライン興行の仕組みが構築可能になります。他にも複数のコンテンツやサービスをお持ちの企業や興行主の場合、コンテンツのカテゴリ毎にサイトを構築することや、コンテンツ毎に視聴期間や視聴数の制限など細かにカスタマイズすることで柔軟なコンテンツの編成が可能です。ファンクラブを運営されている興行主やフィットネスジム・ヨガスタジオなどで展開しているサービスの場合は、月額チケットプランや月額見放題プランを利用することでファンコミュニティ向けのコンテンツ展開や、レッスン動画の展開なども可能となります。
 さらに、既に映像コンテンツをお持ちの企業や興行主の場合は、「PLAY VIDEO STORES」のテンプレートを活用いただくことで、動画コンテンツをアップするだけでオンライン興行を開始する事ができます。もちろん、撮影・配信の技術的サポートが必要な企業や興行主に向けた撮影や配信に関するサポート体制も提供しています。
 また、今回のサービス発表に際して、劇団四季ミュージカルのオンラインライブ配信にて採用が決定致しました。
 世界各国で多くのファンに愛され、2015年のベルリン国際映画祭では「映画化したい一冊」にも選ばれた、イギリスの作家デボラ・インストールの小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」を劇団四季が16年ぶりのオリジナルミュージカルとして舞台化を行い、現在公演中です。その『ロボット・イン・ザ・ガーデン』の11月22日(日)、23日(月・祝)の両日公演において、PLAYを利用したオンラインライブ配信が行われます。チケットは、以下サイトにて11月5日(木)10時より発売開始致します。
劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』 公式サイト: https://www.shiki.jp/applause/robot/
チケット販売サイト                 : https://shiki.stores.play.jp (※11月5日公開)
 弊社は、エンターテイメント業界のDX推進の一助となるよう、これからの時代に向けた新しい動画配信スタイルを検討する企業や興行主の皆様に「PLAY VIDEO STORES」をご利用いただくことで、継続的にサポートをしていきたいと考えています。

イメージ画像
■株式会社PLAYについて
会社名    : 株式会社PLAY
代表取締役社長: 黒田 和道
設立     : 2010年3月16日(2019年7月1日に株式会社PLAYに社名変更)
所在地    : 東京都渋谷区南平台町16-28 Daiwa渋谷スクエア
事業内容   : 動画ソリューション事業
URL      : https://play.jp/
■PLAY VIDEO STORESサービス概要

PLAY VIDEO STORES
名称       :PLAY VIDEO STORES
配信       :WEBブラウザ(デスクトップPC/ノートPC、
          スマートフォン/タブレット、リビングルームデバイス)
推奨環境     :○ブラウザ
           Windows 8.1以降:Google Chrome(最新版)/
           Firefox(最新版)/Microsoft Edge(最新版)/
           Internet Explorer 11.0以降
           macOS 10.10以降:Google Chrome(最新版)/
           Firefox(最新版)/Microsoft Edge(最新版)
          ○Android
           Android 4.4以降:Chrome最新版
          ○iOS
           iOS 9以降各メジャーバージョン最新版/Safari最新版
動画サービスプラン:○ライブ公演向け配信プラン
           ・チケット販売人数制限可能
           ・フルHD(1080p)のライブ配信
            (ライブ配信は連続4時間まで)
           ・見逃し配信/時間指定ライブ
            (撮影済み素材のライブ配信)も対応可
           ・オプションでアングル追加、コメント機能、
            投げ銭機能なども対応可
          ○広告・販促キャンペーン向け配信プラン
           ・認証コードの発番、登録が可能
           ・フルHD(1080p)のライブ配信
            (ライブ配信は連続4時間まで)
           ・見逃し配信/時間指定ライブ
            (撮影済み素材のライブ配信)も対応可
           ・オプションでアングル追加、コメント機能、
            投げ銭機能なども対応可
          ○月額チケット型配信プラン
           ・1ヶ月ごとに設定した枚数のチケットが付与(チケット追加購入も可能)
           ・フルHD(1080p)のライブ配信
            (ライブ配信は連続4時間まで)
           ・見逃し配信/時間指定ライブ
            (撮影済み素材のライブ配信)も対応可
           ・オプションでアングル追加、コメント機能、
            投げ銭機能なども対応可
          ○月額見放題型配信プラン
           ・フルHD(1080p)のライブ配信
            (ライブ配信は連続4時間まで)
           ・見逃し配信/VOD配信/時間指定ライブ
            (撮影済み素材のライブ配信)も対応可
           ・オプションでアングル追加、コメント機能、
            投げ銭機能なども対応可
          ※コメント機能、投げ銭機能については、
           いずれもライブ配信のみの対応。
決済手段     :クレジットカード
           (Visa、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club)
          ※サービスの詳細についての取材・記事化のご相談は
           下記広報担当までお問い合わせください。
          ※導入を検討される企業様は弊社WEBサイト、または、
           下記担当部署までお問い合わせください。
■劇団四季公演『ロボット・イン・ザ・ガーデン』

劇団四季「ロボット・イン・ザ・ガーデン」
<ストーリー>
アンドロイドが人間に代わって家事や仕事を行う、今からそう遠くない未来。
イギリスの田舎町に住むベンは両親を事故で失って以来、無気力な日々を過ごしていた。
妻・エイミーとの夫婦仲もうまくいかない。
そんなある日、庭に壊れかけのロボットが現れる。
「きみの名前は?」「…タング」
ロボットに不思議な魅力を感じ、ベンはあれこれと世話を焼く。
そんなベンに愛想を尽かし、ついに家を出て行くエイミー。
ショックを受けるベンだが、タングを修理するため旅に出ることを決意する。
アメリカ、そして日本へ。やがて、ある事実が明らかになる……。
タイトル     : ロボット・イン・ザ・ガーデン
公演日      : 11月22日(日)、23日(月・祝)
配信時間     : 各日13時~
配信チケット価格 : 3,800円(税込)
チケット販売開始日: 11月5日(木)10時
チケット販売サイト: https://shiki.stores.play.jp (※11月5日公開)
公式サイト    : https://www.shiki.jp/applause/robot/

外部リンク

cat_oa-rp20153_issue_a4eba096112a oa-rp20153_0_44d44062049d_晴明神社、『辛丑歳注連飾り』を11月1日から授与  ~祓い清めた飾りで良き新年を願う~ 44d44062049d 44d44062049d 晴明神社、『辛丑歳注連飾り』を11月1日から授与  ~祓い清めた飾りで良き新年を願う~ oa-rp20153

晴明神社、『辛丑歳注連飾り』を11月1日から授与  ~祓い清めた飾りで良き新年を願う~

2020年10月30日 14:30 アットプレス

平安時代の陰陽師、安倍晴明公を祀る晴明神社(京都市上京区、宮司:山口 琢也)は、神前にてご祈祷した注連飾りの授与を11月1日に開始いたします。
来る年こそは魔物や厄と縁遠い一年を願い、ご自宅の玄関や神棚へお飾り下さい。

辛丑歳注連飾り
■辛丑歳注連飾り(数量限定)
初穂料:一体 3,000円
サイズ:縦約18cm×横約17cm(フック付)
魔除け・厄除けの呪符である五芒星、陰陽の和合を保つ四本の水引があしらわれています。
■授与方法
晴明神社授与所、またはWeb申し込み
https://www.seimeijinja.jp/shimekazari/index.html
■宮司コメント
注連飾りは年の初めに、家内に厄を入れないよう願いを込めて玄関などへかけていたものです。何かと忙しない年の瀬、近年は注連飾りを飾る家も年々少なくなりました。しかし何をするにもコロナ禍に悩まされた本年。新たな年は新型コロナ禍の終息と皆さまの健康を特に願い、すべてのお飾りを祈祷いたしました。祓い清めたお飾りで新年を迎えていただければ幸いです。
【晴明神社概要】
所在地 :〒602-8222 京都市上京区堀川通一条上ル晴明町806
参拝時間:9:00~17:30(無休)
     ※現在はコロナウイルス感染症予防として9:00~16:30
アクセス:JR京都駅より 市バス9番「一条戻橋・晴明神社前」下車すぐ、
     又は 地下鉄「今出川駅」より徒歩約12分

外部リンク

cat_oa-rp20153_issue_a4eba096112a oa-rp20153_0_c4e095a9a3da_ニチベイが、不快なまぶしさを抑制する 「ノングレア遮熱スラット」を11月2日から発売 c4e095a9a3da c4e095a9a3da ニチベイが、不快なまぶしさを抑制する 「ノングレア遮熱スラット」を11月2日から発売 oa-rp20153

ニチベイが、不快なまぶしさを抑制する 「ノングレア遮熱スラット」を11月2日から発売

2020年10月30日 14:30 アットプレス

株式会社ニチベイ(本社:東京都中央区、代表取締役:福岡 勇之輔)は、アルミ製ベネシャンブラインド各種にて、ノングレア遮熱スラット(特許出願中)全5色を11月2日(月)から発売します。新開発の特殊塗料により、スラットに反射する不快なまぶしさ(グレア)を抑制します。

ノングレア遮熱スラット
■ノングレア遮熱スラットの特徴
スラット表面に凹凸を形成するグレア抑制塗料により、全角度の入射に対し拡散反射を高めることで、昼光を効果的に採り入れながら、スラットに反射する不快なまぶしさ(グレア)を抑制し、眺望を確保できます。
■ノングレア遮熱スラット概要
色数    :全5色
対象商品  :ベネシャンブラインド各種
       (ユニコンモア/ユニタッチ/テクニスト/セレーノ/ユニークなど)
スラット幅 :25mm、35mm
製作可能寸法:幅(W)50~400cm、高さ(H)12~505cm
参考価格  :13,530円/m2(ユニコンモア25の場合)
上記価格には消費税および取付け施工費、商品梱包輸送費は含まれておりません。
※メカタイプ・操作方法により製作可能寸法・価格が異なります。
商品の詳細はこちらでご確認ください。
https://dbook.nichi-bei.co.jp/f-slat/book/

スラットカラーラインアップ

光学特性およびグリーン購入法適合区分
■会社概要
名称  : 株式会社ニチベイ
所在地 : 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-15-4
代表  : 代表取締役 福岡 勇之輔
設立  : 1941年1月
資本金 : 4億6,000万円
URL   : https://www.nichi-bei.co.jp/

外部リンク

cat_oa-rp20153_issue_a4eba096112a oa-rp20153_0_80032714145b_"業界最安級"のWi-Fiレンタルサービスが誕生! 「MONSTER MOBILE」の申込み受付を10月31日開始 80032714145b 80032714145b "業界最安級"のWi-Fiレンタルサービスが誕生! 「MONSTER MOBILE」の申込み受付を10月31日開始 oa-rp20153

"業界最安級"のWi-Fiレンタルサービスが誕生! 「MONSTER MOBILE」の申込み受付を10月31日開始

2020年10月30日 14:30 アットプレス

株式会社NEXT(所在地:東京都新宿区)は、モバイルWi-Fiの利用を検討されている多くの方のニーズに応えるべく設計されたモバイルWi-Fiレンタルサービス「MONSTER MOBILE」の申込み受付を2020年10月31日より開始いたします。
「MONSTER MOBILE」 https://monster-mobile.jp/

2020年10月31日受付開始!
■サービスについて
モバイルWi-Fiの利用を検討する上で特に重要となる『料金』『通信品質』『データ容量』という3つの項目において、いかにユーザーのニーズに応えるか、ということをコンセプトに設計されたサービスとなっています。
例えば、最安水準の料金帯であることや、解約手数料が発生するリスクを不安と感じる方への『縛りなし』プラン、契約したプランのデータ容量では足りない可能性を不安に感じる方への『データチャージ機能』や『契約後のデータプラン変更』が可能となっています。
その他、縛りなしのプランで通信品質を確かめた後、あえて契約期間に縛りをつけるプランに変更することで月額利用料を抑える等、利用者のご希望に合わせた契約プランが実現できます。
【「MONSTER MOBILE」サービス概要】
<特徴>
・機器レンタル料無料
・データチャージが可能
・縛りなしプランあり
・海外利用可能
・データプランの変更が可能
・縛りなしプランから1年契約プランへの変更が可能
<価格(税別)>
◆1年契約プラン
 2G/DAY:2,480円/月
 3G/DAY:2,980円/月
 5G/DAY:3,480円/月
契約期間:1年毎の自動更新契約
※初回1年以内解約は9,800円、以後は3,000円の解約手数料あり。契約更新月の解約手数料は無料。
◆縛りなしプラン
 2G/DAY:2,980円/月
 3G/DAY:3,480円/月
 5G/DAY:3,980円/月
解約手数料:0円
※1年契約プランへの変更が可能。
※変更時、利用期間も引き継がれるため、例えば2年目以降1年契約プランに変更し、契約期間内に解約した場合の解約手数料は3,000円になります。
<詳細・申込>
https://monster-mobile.jp/
■会社概要
商号         : 株式会社NEXT
所在地        : 〒169-0074 東京都新宿区北新宿1-12-12
電気通信事業者届出番号: C1900012
URL          : https://www.next-company.co.jp/

cat_oa-rp20153_issue_a4eba096112a oa-rp20153_0_e82274cdfc11_『畑咲くビール』プロジェクト第二弾!イチゴのように甘いミニパプリカを使ったクラフトビールを販売開始 e82274cdfc11 e82274cdfc11 『畑咲くビール』プロジェクト第二弾!イチゴのように甘いミニパプリカを使ったクラフトビールを販売開始 oa-rp20153

『畑咲くビール』プロジェクト第二弾!イチゴのように甘いミニパプリカを使ったクラフトビールを販売開始

2020年10月30日 14:30 アットプレス

株式会社マイファーム(京都府京都市、代表取締役:西辻一真、以下「マイファーム」)は、全国各地の生産者と連携し、オリジナルの限定クラフトビールを生産・販売する『畑咲くビール』プロジェクトを2020年9月に開始しました。
今回はプロジェクト第二弾として、イチゴと同じくらい甘い糖度を持つパプリカを使ったクラフトビール『パプリカンラプソディ』を10月30日から限定販売いたします。

やっちゃば倶楽部 / <限定醸造>畑咲くビール[episode2] : https://yacchaba.club/user_data/hatasaku_beer_episode2

※マイファームのこだわり通販サイト「やっちゃば倶楽部」内で販売(11月中旬より順次お届け・1000本売り切れ次第販売終了)

『畑咲くビール』プロジェクトとは

日本全国の生産者と繋がり、隠れた逸品とそれぞれの旬を知っているマイファームだからこそできる、オリジナルのクラフトビール開発プロジェクトです。

《畑咲くビールプロジェクトPR動画》



第一弾の黒糖ビール「キビといつまでも」はクラウドファンディングサイトMakuakeにて予約販売をしたところ、4日で目標額を達成し、多くの方から注目いただきました。
世界的にも小さな農業への見直しが進む中、全国のこだわりのある生産者の農産物を使い、それをクラフトビールという新しいカタチにすることで、WITHコロナの状況でも「自然と人」「生産者と消費者」が気軽にコミュニケーションできる手段をご提供いたします。

第二弾はパプリカビール『パプリカンラプソディ』

畑咲くビール第二弾は、茨城県神栖市の生産者アグリニューウィンズの飯田さんがつくる『スイートカクテルペッパー』というミニパプリカを原料としています。「子どもの嫌いな野菜の代表格であるピーマンをもっと食べやすくしたい」という飯田さんの思いを表現するように、イチゴと同じくらいの糖度を持つのが特徴です。
この『スイートカクテルペッパー』を贅沢に使って、クラフトビールにしました。パプリカを愛する人たちの幻想曲、という意味を込めて、ビールの名前は『パプリカンラプソディ』。
このビールを飲みながら、産地と生産者に思いを馳せる新しいおうち時間をお楽しみください。

《パプリカンラプソディPR動画》



株式会社マイファーム ( https://myfarm.co.jp/ )
本社所在地:〒600-8216 京都市下京区東塩小路町607番地 辰巳ビル1階
代表者  :代表取締役 西辻 一真
設立日  :2007年9月26日
資本金  :100,000,000円(資本準備金218,853,116円)
事業内容 :耕作放棄地の再生及び収益化事業/体験農園事業(貸し農園、情報誌の発行)/農業教育事業(社会人向け新規就農学校、農業経営塾)/農産物生産事業および企業参入サポート/流通販売事業(農産物の中間流通・通信販売)

cat_oa-rp20153_issue_a4eba096112a oa-rp20153_0_1795807c9ef6_エアコン、コードレス脱臭機など5製品 2020年度「グッドデザイン賞」を受賞 1795807c9ef6 1795807c9ef6 エアコン、コードレス脱臭機など5製品 2020年度「グッドデザイン賞」を受賞 oa-rp20153

エアコン、コードレス脱臭機など5製品 2020年度「グッドデザイン賞」を受賞

2020年10月30日 14:20 アットプレス

ダイキン工業株式会社の5製品が、「2020年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。このうち、東南アジア向け冷房専用カセットエアコンは特に高い評価を得た100件に送られる「グッドデザイン・ベスト100」に選出され、エアーコンディショナー『CX/Cシリーズ』は、橋田規子委員が選ぶ「私の選んだ一品」に選ばれました。
グッドデザイン賞はデザインによって私たちの暮らしや社会をよりよくすることを目的に、製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなど、さまざまなものごとのデザインの質を評価・顕彰するものです。
 2020年度は4,769件の審査対象の中から、国内外のデザイナーや建築家、専門家など94名の審査委員により、1,395件の「グッドデザイン賞」受賞が決定しました。この中から特に、独自性、提案性、審美性、完成度などの面において優れたものを「グッドデザイン・ベスト100」として選んでいます。
当社は「見えない空気を、愛されるものに」という想いのもと、見た目の美しさに加えて、空気・空間で人々の暮らしを豊かにすることを使命と考え、製品をデザインしています。機能価値を追求するモノづくりから、新しいコンセプトを創出するコトづくりへと、デザインを通じて空調機器の可能性を広げます。
「DAIKIN design」:https://www.daikin.co.jp/design/

受賞製品と審査員コメント

1.東南アジア向け 冷房専用カセットエアコン(発売予定:2021年8月)

東南アジアのお客様に、いままでにない快適な冷房体験を提供するため、室内機の構造を根本から見直した天井カセット型エアコンです。従来のカセット型エアコンは、吸い込み口と吹き出し口が同一面に配置されていましたが、この製品はパネルを天井から少し浮かせ、側面を吹き出し口にしています。これにより天井に沿わせながら全方位均一に送風ができ、冷気を直接人に当てることなく、部屋を包み込むように冷却することが可能となりました。また吸い込み口が全面メッシュになっていて、さまざまなインテリアデザインにフィットさせられることも特長です。

審査員コメント

気流にも工夫を凝らし、より多くの人々に快適な冷房体験を提供するという、ユーザー中心の考えに立脚したデザインの実践。デザイナーはこれらの要素を、シンプルで象徴的な造形に結実させており、水準が高いデザインと評価する。
受賞製品紹介ページ:https://www.g-mark.org/award/describe/50239?token=6YU0yElu37

2.ポータブルエアコン 『Carrime(キャリミー)』(発売日:2020年7月3日)

キッチン、脱衣所、書斎など、狭小空間を快適にするためのポータブルエアコンです。片手で持ち運ぶことができる重さ(6kg)なので、化粧台の上などでも気軽に使うことができます。

審査員コメント

端正かつ明快で、どんな場所にも溶け込み、長く愛されるスタイリングを実現している。スイッチやフィルターも本体に溶け込み、ノイズを感じさせない。そのクォリティへの追求には、デザイナーや開発者の心意気を感じる。エアコンの重量を柔らかく受け止める皮のハンドルも、持ちやすさのみならず、「持ち運ぶ機器」として新しいデザインの方向性を感じさせる。
受賞製品紹介ページ:https://www.g-mark.org/award/describe/50240?token=ovrGeuUfMW

3.コードレス脱臭機『LOOP STREAMER(ループストリーマ)』(発売日:2020年6月30日)

靴箱やクローゼット、押し入れ、スキップフロアなど、密閉された狭小空間にこもりやすい臭いを解消する小型のコードレス脱臭機です。当社独自の空気清浄技術「ストリーマ技術」の応用により、空間だけでなく、服や靴に染み付いたニオイを元から分解し脱臭します。

審査員コメント

シンプルなスタイリングと端正に作り込まれたディテール。コンパクトながら購入したユーザーに満足感をもたらすデザイン。ポータブルエアコンとデザイン言語を合わせ、新しい世界観を作り始めている。空調機器の老舗企業が、これまで培ってきた技術を礎に、空調のあらゆる可能性に目を向け、新たなチャレンジを始めた。その企業姿勢も高く評価する。
受賞製品紹介ページ:https://www.g-mark.org/award/describe/50229?token=RrMhOP5nGG

4.エアーコンディショナー [FTKZ09VV2S](発売予定:2021年3 月)

エアコンの普及が急速に広がる東南アジアにおいて、ユーザーの快適性のみならずサービス業者の作業性も追求したエアコンです。高温多湿の過酷な使用条件下で年中フル稼働する東南アジアのエアコンには、定期的な洗浄と丁寧なメンテナンスが欠かせません。本製品は、従来取り外すことが難しかった内部部品を簡単に取りはずせる仕様にし、サービス業者の作業品質の確保を実現しました。また、配管カバーの切欠きを内側へ隠すことでデザイン面と清掃面にも配慮しています。

審査員コメント

熱帯地域の東南アジアでは必然的に使用時間が長くなるので、デザイン性やメンテナンス性への細かな配慮には好感が持てる。また従来当たり前になっていた配管カバーの切欠き部分を内側へ消しこむことなどノイズを消し美しい外観を維持している点も評価できる。
受賞製品紹介ページ:https://www.g-mark.org/award/describe/50537?token=ovrGeuUfMW

5.エアーコンディショナー『CX/Cシリーズ』(発売予定:2021年3月)

設置環境に新たな選択肢を与えるコンパクトなエアコンです。カーテンレール等の障害物を避けたり、天井との間に必要なスペースを確保したりと、エアコンの設置場所にはさまざまな制約があります。本製品は従来機よりもサイズをコンパクトにし、さらに天井までに必要な距離も極限まで縮めました。これにより設置場所の自由度を高め、部屋の天井面とも調和する、エアコンの新しい設置外観を導き出しました。

審査員コメント

佇まいの美しさに加え、設置場所の条件を機能面から改善した点を評価した。現場や販売店への徹底したヒアリングから考察した点にも好感が持てる。出尽くした感のあるエアコンのデザインに、新たな可能性を探った作品といえる。
受賞製品紹介ページ:https://www.g-mark.org/award/describe/50538?token=ovrGeuUfMW
「私の選んだ一品」: https://www.jidp.or.jp/ja/2020/10/14/202010014

cat_oa-rp20153_issue_a4eba096112a oa-rp20153_0_c2c9a291bc86_インテリジェントモビリティ2020: Intelligent Mobility Summit 2020 c2c9a291bc86 c2c9a291bc86 インテリジェントモビリティ2020: Intelligent Mobility Summit 2020 oa-rp20153

インテリジェントモビリティ2020: Intelligent Mobility Summit 2020

2020年10月30日 14:00 アットプレス

イベント日程

11月24日&25日バーチャル会場:November 24th & 25th 2020 Virtual Summit

ご登録はこちらから : https://intelligentmobility.nowvirtual.live/register/

Registor Now : https://intelligentmobility.nowvirtual.live/register/

開催概要

新型コロナ危機により、モビリティ業界の将来の重点課題の実現が遅れているかもしれませんが、その方向性が変わることはありません。逆にこれはデジタルイニシアチブにとって好機とも言え、本イベントのテーマを「加速するデジタル化」としました。
コネクティビティは輸送および物流業界にも押し寄せ、コスト削減、生産性の向上、そして資産活用の効率化を実現するでしょう。コネクティビティと自動運転技術をベースとした新たなビジネスモデルは、既存のサプライチェーンおよび物流モデルに進化をもたらすでしょう。
コネクテッドサービスは、自動車の性能、マルチメディア、安全性、利便性などに関連する様々な新機能を顧客へ提供できるようになるでしょう。そして「車内マーケットプレイス」は、オンライン小売の新たなチャネルとなるでしょう。さらに自動車は文字通り、所有者の身体と心を向上させる、健康、ウェルネス、ウェルビーイングのためのアイテムへと変わるでしょう。
自動車業界が電動化および自律走行へ向かうため、「スケートボード」アプローチのような、適切な車両プラットフォーム戦略をとることは、未来の成功実現のために極めて重要です。バッテリー電気自動車(BEV)は、電動化する自動車業界における勝者かを決するために、燃料電池自動車(FCEV)と対峙することになるでしょう。
重要なことに、今回のパンデミックはビジョン・ゼロのイニシアチブを押し進めることになり、自動車メーカーは「分解可能な設計」の原則に更に取り組むでしょう。そのような循環型経済活動は、「ゼロへのイノベーション」へと紐づけされます。
2020年は、デジタル小売りが大きく成長する年となります。新車/中古車および需要者関連サービスの販売はオンラインへ移行するでしょう。自動車業界の下流機能が急速なデジタルトランスフォーメーションを経験するなか、自動車メーカーはデジタル小売戦略を迅速に展開することになるでしょう。
今回のパンデミックによりもたらされた新たな仕事の在り方は、自動車およびアフターセールス市場へ大きな影響を与えるでしょう。在宅勤務の浸透により、自動車メーカーは、通勤における自動車の役割および機能に基づく戦略を再考することになるでしょう。
一方、シェアモビリティは、他の公的/私的交通手段、インフラやパーキングと統合されモビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)のエコシステムとなるでしょう。同様に、多くの企業が乗用ドローン、フライングカー、ハイパーループ、エアタクシー、商用宇宙船などの計画を打ち出しているように、新たなアイデアがエアモビリティ分野を活性化させるでしょう。
テクノロジーのシフト、顧客の期待、業界のビジョンは、新型コロナの影響を受けた2020年、そしてその後の「ニューノーマル」の時代のイノベーションと成長を促すでしょう。モビリティ/自動車市場のエコシステム全体が変革するなか、新たなパラダイムが登場します。バリューチェーンを横断した既存企業とスタートアップ企業のパートナーシップ、顧客とのより意味のある関わり、そしてマネタイズにつながる新たなビジネスモデルが成功の鍵となるでしょう。
新型コロナによる破壊的影響が広がり続けるなか、フロスト・アンド・サリバンのフラッグシップイベントであるIntelligent Mobility Summit 2020は、今年はオンラインへ移行します。「インテリジェントモビリティ:加速するデジタル化」をテーマとしたこの2日間の戦略的サミットは、体系的なウェビナー、洞察に満ちたパネルディスカッションや他のイベントを特徴としています。本イベントでは、業界のソートリーダー、政策決定者、投資家、イノベーションの創造者が一つのデジタルプラットフォームに集います。参加者の皆様は、モビリティ業界が新たな、ポストコロナ時代に直面する複雑な課題や機会に関する魅力的かつ有益なディスカッションにご自宅やオフィスから快適にアクセスできます。
インテリジェントモビリティ2020にて皆様にお会いすることを楽しみにしております。

詳細はこちら

Intelligent Mobility Virtual 2020 Japanese Text Home - Intelligent Mobility Event : https://www.intelligentmobilityevent.com/virtual2020/japanesetext/

ご登録はこちら : https://intelligentmobility.nowvirtual.live/register/

Overview

The COVID-19 crisis might have delayed the realization of the mobility industry’s future-focused agendas but it has certainly not derailed it. It has been a blessing in disguise for all digital initiatives-hence the theme The Digital Acceleration
Connectivity will ripple across freight and logistics, supporting cost reductions, productivity improvements, and enhanced asset utilization. New models based on connected and autonomous technologies will upturn traditional supply chain and logistics models.
Digital connected services will offer customers hundreds of new functionalities related to car performance, multimedia, safety, and convenience. “In-vehicle marketplaces” will become exciting new channels of online retail. Cars will be transformed into, literally, vehicles of health, wellness, and well-being that improve the body, mind, and soul of vehicle occupants.
As the automotive industry hurtles toward electrification and autonomy, identifying appropriate vehicle platform strategies—including the much touted ‘skateboard’ approach—will become critical to future proofing automotive portfolios. Battery electric vehicles (BEVs) will square off against fuel cell electric vehicles (FCEVs) to determine a winner in the electrification stakes.
Importantly, the pandemic will provide impetus to Vision Zero initiatives. Car manufacturers will increasingly embrace ‘Design to Dismantle’ principles. Such circular economy practices will anchor the transition towards ‘Innovating to Zero’.
2020 has been a breakout year for digital retail. Sales of new/used cars and vehicle related services will continue to move online. As downstream functions in the car also experience rapid digital transformation, OEMs will fast-track the rollout of dedicated digital retailing strategies.
New work dynamics resulting from the pandemic will have profound implications for automotive and after-sales markets. Work from home practices will prompt car companies to re-examine strategies based on the principal role and function of the car in work commutes.
Meanwhile, shared mobility will integrate with other forms of public/private transit, infrastructure, and parking to knit together a unified and cohesive Mobility as a Service (MaaS) ecosystem. Similarly new thinking will invigorate the air mobility domain as companies move ahead with their plans for passenger drones, flying cars, hyperloops, air taxis, and commercial spacecraft.
Technology shifts, customer expectations, and industry visionaries will catalyze innovation and growth in a COVID-defined 2020 and the ‘new normal’ beyond. As the entire mobility / automotive ecosystem evolves, new paradigms will emerge. Success will be predicated on developing collaborative partnerships between established players and start-ups across the value chain, engaging more meaningfully with customers, and building new business models that can be monetized.
With the COVID-19 crisis continuing to cause widespread disruption, Frost & Sullivan’s flagship Intelligent Mobility Summit 2020 will be moving online this year. The two-day strategic summit—"Intelligent Mobility: The Digital Acceleration"—will feature curated webinars, insightful panel discussions, and other online events. It will bring together industry thought leaders, policymakers, investors and innovators on a single digital platform. Participants will have the opportunity to virtually access compelling discussions on the future of mobility in a new, post-COVID era from the comfort of their homes/offices.
We look forward to having you at our digital Intelligent Mobility 2020 Summit.

Register Now : https://intelligentmobility.nowvirtual.live/register/

Click below for any further information

Intelligent Mobility Virtual 2020 Home - Intelligent Mobility Event : https://www.intelligentmobilityevent.com/virtual/2020/

スポンサー:Sponsors

HEREテクノロジーズ
HEREテクノロジーズは、位置情報データとテクノロジープラットフォームプロバイダとして、位置情報の価値を活用することにより、人、ビジネス、都市を前進させます。我々のオープンプラットフォームを活用することで、都市の効率的なインフラ管理や、ビジネスの資産最適化など、我々の顧客により良い結果をもたらします。
HERETechnology
HERE, a location data and technology platform, moves people, businesses, and cities forward by harnessing the power of location. By leveraging our open platform, we empower our customers to achieve better outcomes – from helping a city manage its infrastructure or a business optimize its assets to guiding drivers to their destination safely.

メディア協賛:Media Sponsors

アジアリサーチニュース
アジアリサーチニュースは、アジア太平洋地域に特化した、国際的なリサーチコミュニケーション企業です。2004年に創立され、研究者、研究機関と協力し、研究者の発見を世界に発信しています。私達はアジアで最初のリサーチニュースのプラットフォームを立ち上げ、その発見やニュースを読者やジャーナリストへ直接共有する枠組みを研究機関に提供しています。経験豊かは私達のチームは、国際的なプレゼンスを拡大するために、研究機関に対して最適なコミュニケーションサービスおよびトレーニングを提供します。Asia Research Newsは誇りを持ち、アジアのリサーチコミュニティを支援し、この地域のイノーベーションに対する認知向上に努めています。
Asia Research News
Asia Research News is an international research communications company specializing in the Asia-Pacific region. Founded in 2004, we work with researchers and institutions to communicate their discoveries to the wider world. We launched Asia’s first research news platform, creating a framework for institutions to share their news directly with readers and journalists. Our experienced team offers a complete suite of communication services and training for research institutions looking to expand their international presence. Asia Research News is proud to support Asia’s research community and increase awareness of the region’s innovation.

EVlist は、ハイブリッドおよびe-モビリティに関するあらゆるトピックをイタリア語で配信するポータルサイトです。電気自動車の潜在ユーザーや既存ユーザー、この分野で働く人や専門家、救急医療従事者やボランティア、EV業界の企業、行政機関スタッフや学生など、様々なカテゴリーのユーザーにとって、興味深い情報を掲載しています。ボート、電動/ハイブリッドの列車、自動車、オートバイ、スクーター、バス、トラック、飛行機、ヘリコプター、自転車、カート、トラクターなど、EVlist.itは様々なe-モビリティについて取り上げています。また、自動運転技術や充電システム、減税、テクノロジーなどの関連テーマについても発信しています。
EVlist
The specialized portal EVlist.it in the Italian language about all matters related to hybrid and electric mobility. Different categories of users can found interesting information on EVlist.it, like potential users of electronic vehicles, current users of electric vehicles, workers and professionals in this field, first-aid professionals and volunteers, companies in the EV industry, public administrators, students.
EVlist.it talks about any electric vehicle: boats, electric and hybrid trains, cars, motorcycles and scooters, buses and trucks, aircraft and helicopters, bikes, karts, tractors, electric vehicles in general. EVlist.it collects also arguments like autonomous driving, recharging systems, tax breaks, available technologies, and much more.

グローバルフリート
The Global Fleet networkは、クローバリゼーションを通してフリートマネジメントを最適化する多国籍企業のための、最初のネットワーキングおよびクロスメディアプラットフォームです。私達は、意思決定者や意思決定に影響を与える読者に、世界、そしてBRICsや他の新興経済地域を含む、地域のフリートマネジメントに関する深い知見と最新情報を提供します。The Global Fleet networkは、多国籍企業のグローバルフリートチームにかかわる経営陣や人事専門スタッフを対象としています。私達は、ウェブサイトのGlobalFleet.com、eニュースレター、フリートマネジメントガイド、生およびバーチャル配信のウェビナーやフォーラムセッションを通してコンテンツや付加価値を配信し、学びの場と相互コミュニケーションの機会を促進し、世界のフリート&モビリティのコミュニティに貢献します。
The Global Fleet
The Global Fleet network is the first networking and cross-media platform for multinationals willing to optimize their fleet management through globalization. It provides our readership – Global Fleet Decision Makers and Influencers – with in-depth knowledge and up-to-date information on global and regional fleet management, as well as on BRICs and other economies on the rise.
The Global Fleet network focuses on Executive-level Procurement, Sourcing, and HR professionals within the global fleet team of multinational corporations. With content and added value delivered via GlobalFleet.com, e-Newsletters, Fleet Management Guides, and Live/Virtual Webinar & Forum sessions, we are organized throughout the year to increase learning and interaction amongst the Global Fleet & Mobility Community.

IT Media
私たちは、ソフトバンクグループの出版事業に端を発する、オンライン専業のメディア企業です。1999年、紙面からWebへとパラダイムシフトが起こる中、旧来の出版ビジネスのネット化を使命に生まれました。ソフトバンクグループが注目するテクノロジーのパラダイムシフトは、その後もPCからモバイル、さらにはIoTへと続いています。当社もそれに対応し、継続的なメディアの革新を通じて情報革命を実現し、社会に貢献してまいります。
IT Media
Our company, IT Media, is an online media company, originally started from the publishing business of SoftBank Group. IT Media started in 1999 with the mission of transforming the conventional publishing business into online, while a paradigm shift, from paper to web, was happening. SoftBank Group has been focusing on the technological paradigm shift, which still continues from PC to Mobile, and to IoT. By adapting to such a shift, IT Media will realize the information revolution through continuous innovation of media and contribute to society.

世界最大級の自動車専門日刊紙
自動車は産業・経済のリーダー役であり、社会生活の担い手、文化のバロメーターとしても欠かせません。
日刊自動車新聞は1929年(昭和4年)の創刊以来、その自動車を見つめ、自動車の発展と共に約90年を歩んできました。そして、大きな変化が予想される中、業界の道標としての重要な役割を果たしてまいります。
今、自動車を取り巻く環境は地球規模で揺れ動いています。また、急テンポに展開する技術革新は、車や産業を大きく変えようとしています。そうした日々の動きをいち早く、正確に捉えて、毎朝、主に全国のASA(朝日新聞販売店)から、直接読者に配達される唯一の日刊専門紙です。
The Nikkan Jidosha Shimbun
The Nikkan Jidosha Shimbun(Daily Automotive News) is the World’s Biggest Automobile Specialized Daily Paper. The automobile is a leading figure for the industry, the economy, and social life. It functions as a barometer for the culture.
The Nikkan Jidosha Shimbun has been spending over 90 years looking at the automobile and its history, since its foundation in 1929. The Nikkan Jidosha Shimbun playing an important role as a milestone for this industry amidst ongoing big changes.

日経BPおよび日経クロステックについて 日経BPは、経営(ビジネス)、技術(テクノロジー)、生活(ライフスタイル)の広い分野で先端・専門メディアを発行。最新のトピックスを深く掘り下げた信頼性の高いコンテンツを日々発信しています。このうち技術情報分野では、「日経エレクトロニクス」「日経アーキテクチュア」「日経コンピュータ」「日経ものづくり」などを発行。これらの技術系専門誌を統合する形で、オンラインメディアプラットフォーム「日経xTECH(日経クロステック)」を展開し、次代のビジネスをリードするビジネスパーソンに不可欠な情報を提供しています。
Nikkei Tech
Nikkei Business Publications is a cross-media company that provides business people with high value-added information on management, technology, and life. Nikkei Business Publications has grown into one of the largest providers of cutting-edge information, content, and services in the specialized fields. In addition to the primary business in print and online, we offer an array of businesses and services, such as exhibitions, seminars, customized publishing, research, and consulting, to meet a variety of client needs.

フロスト・アンド・サリバンについて

フロスト&サリバンは独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナー。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。

フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社

設立:2014年1月
沿革:2009年3月 日本支社「フロスト&サリバン インターナショナル」設立
2014年1月 日本法人「フロスト&サリバン ジャパン株式会社」設立
代表者:ロビン・ジョフィ(代表取締役)
所在地:〒107-6123 東京都港区赤坂5丁目2番20号 赤坂パークビル23階
URL: https://frost.co.jp/

本リリースに関するお問い合わせ

フロスト・アンド・サリバン株式会社PR事務局(SivanS株式会社内)
担当:ジャガーナウス・小俣
Email: press@sivans.jp

cat_oa-rp20153_issue_a4eba096112a oa-rp20153_0_c7374e20ae1d_【緊急事態宣言から半年後の企業テレワーク実態調査】緊急事態宣言中にテレワークを実施した企業の82%が、現在もテレワークを継続 c7374e20ae1d c7374e20ae1d 【緊急事態宣言から半年後の企業テレワーク実態調査】緊急事態宣言中にテレワークを実施した企業の82%が、現在もテレワークを継続 oa-rp20153

【緊急事態宣言から半年後の企業テレワーク実態調査】緊急事態宣言中にテレワークを実施した企業の82%が、現在もテレワークを継続

2020年10月30日 14:00 アットプレス

人財サービスのグローバルリーダーであるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎 健一郎)は、この度、企業の人事・総務担当者1200名を対象にテレワークの継続状況や採用活動への影響について調査を実施しました。

【調査結果サマリー】

<現状について>
【企業のテレワーク継続状況】
1.緊急事態宣言下でテレワークを実施した企業の82%がテレワークを継続
2.半数以上は出社日の設定はなく、社員の裁量に委ねられている
3.約6割が社員間のコミュニケーション不足を懸念
【2020年の採用活動について】
1.新卒、中途ともに大半が「予定通りの採用」だが、約3割は「採用人数」を減らした
2.「オンライン・対面」両方での採用活動が最も多く、従業員1000名以下の企業では「対面のみ」の比率が大企業より多い
<今後について>
【今後の働き方】
1.「テレワーク導入、継続予定」が過半数だが、「廃止、縮小、導入予定なし」が34%
2.テレワークに伴う制度について、 「導入済」はわずか1割、約40%の企業が「検討中」
3.オフィスについて、約半数は「現状維持」、「減床、移転、分散」は10%未満にとどまる
【2021年の採用活動について】
1.新卒、中途ともに2020年と同程度が約4割、約2割弱は「採用人数」を減らす予定

【弊社の見解】

今回の調査では、緊急事態宣言下でテレワークを実施した企業の82%がテレワークを継続している一方で、「廃止、縮小、導入予定なし」については34%いることがわかりました。緊急事態宣言下では、半ば強制的にテレワークへ切り替えた企業が多かったなか、テレワークでもオフィスと遜色なく業務が実施できることを体験した企業では、継続する傾向が見られます。そのため、導入していない企業でも、まずは実証実験のような形で導入し社員がテレワークの有用性を実感することが必要だと考えます。また、テレワークの継続や採用におけるオンラインの活用方法については、大手企業のほうがテレワーク継続やオンラインを活用した採用を実施しており、大手と中小企業との差が浮き彫りになっています。テレワークを導入できない理由として「ノートPCやモバイル機器を社外に持ち出せない」といった回答があり、現行の社内ルールから抜け出せていない状況があることもわかりました。
人口減少時代に突入する日本においては、テレワークの導入をはじめとした働き方の柔軟性を向上させることは、今後働き手からもより重視される施策になるため、企業内でのマインドセットを推進していくことが必要であると考えています。

<調査結果詳細>

【現在の働き方・採用方針について】

企業のテレワーク継続状況:実施企業の82%がテレワークを継続

緊急事態宣言中のテレワーク実施状況について質問したところ、「実施した」と回答した人事・総務担当者は、65.7%でした。さらに、実施していたと回答した788名を対象に、「現在もテレワークを継続しているか」を質問したところ、42.0%が「全社的」に実施していると回答し、「一部の部署のみ(40.0%)」の実施も含めると、82.0%が現在も継続していることがわかりました。
継続していると答えた回答者を企業規模でみると、従業員1000名以上の企業の86.2%、1000名未満の企業では75.6%と企業規模による差があることがわかりました。

出社日の設定:半数以上は、出社日の設定はなく社員の裁量に委ねられている

現在もテレワークを継続していると回答した人事・総務担当者646名を対象に、「勤務先での出社日の設定」について質問したところ、52.5%は「出社日を決めていない」と回答しました。46.6%は「出社日を決めている」と回答し、最も多い設定は「週3日出社」が16.9%という結果でした。

テレワークに対する懸念点:約6割が社員間のコミュニケーション不足を懸念

テレワークを実施する際、経営上でどのような懸念点をもっているかを質問したとこと、最も多かった回答が「社員間でのコミュニケーション不足(58.7%)」、次いで「部署内の連携がとりにくい(47.2%)」、「生産性の低下や業務への影響(43.0%)」と、「セキュリティリスクが高まる(38.3%)」よりも、社員同士のコミュニケーションや生産性といった点を懸念する声が高いことがわかりました。

2020年の採用活動について:新卒、中途ともに大半は「予定通りの採用」だが、「採用人数」を減らしたのは約3割

新卒および中途採用を担当している担当者を対象に、2020年の採用活動について質問したところ、「当初の予定通り採用」と回答したのは新卒では60.9%、中途採用でも約半数にあたる48.8%が回答しました。その一方で新卒・中途採用ともに約3割の担当者が「当初の予定より採用人数を減少」と回答しており、採用活動において変更せざるを得ない状況であったことが分かりました。中途採用においては、18.0%が「未定」と回答しており、いまだに見通しが立てにくいことが伺えます。
また、新卒・中途採用のそれぞれの回答を企業規模別で見てみると、「予定通り採用」の回答では、従業員1000名未満の企業の方が約10ポイント低く、企業規模が小さいほど大きな影響を受けていることがわかりました。

2020年の面接方法について:「オンライン・対面」両方での採用活動が最も多い

新卒および中途採用における採用方法について質問したところ、約半数は「オンライン・対面式の両方」で実施していることがわかりました。1次面接や2次面接はオンラインで実施し、最終面接は対面式で行う等、採用段階によって面接方法を使い分けているケースが多いことが伺えます。
企業規模別で比較すると、企業規模が小さい方が「対面のみ」で実施している割合が高く、採用人数の削減や採用手段の制限によって人財獲得競争で苦戦を強いられていることが推測されます。

【今後の事業方針について】

今後の働き方: 「テレワークの導入、継続予定」が53%と過半数を占めるが、「廃止、縮小、導入予定なし」も34%

人事・総務担当者1200名に今後のテレワークの導入や継続・廃止等、勤務先の方針を聞いたところ、「拡大/導入予定(14.8%)」、「現状を維持(38.4%)」と半数以上がテレワークを導入・継続の意向でしたが、「縮小予定(9.2%)」、「廃止予定(2.0%)」、「導入予定なし(22.8%)」を合わせると34.0%は「廃止、縮小、導入予定なし」と回答しました。
この傾向は、従業員1000名以上の企業より、1000名未満の企業の方がより顕著で、35.7%が「導入をしておらず、導入予定もない」と回答しました。

テレワークに伴う制度の導入: 約40%の企業が「検討中」で、「導入済」はわずか1割

前問で「拡大予定」、「現状維持」と回答した人事・総務担当者638名を対象に、「テレワーク補助などの新しい福利厚生施策等の導入状況」について質問したところ、「導入済み」はわずか10.8%にとどまりました。42.2%が「検討中」と回答し、「実施予定なし」は29.3%とテレワークを継続するにも関わらず、その定着に必要となる施策の整備までには対応ができていない状況が伺えました。

オフィスの維持について: 約半数は「現状維持」、「減床、移転、分散」は10%未満にとどまる

企業のテレワーク導入に伴い、オフィスのあり方を見直す契機にもなっています。そこで、オフィスの移転分散、または減床を検討する企業がどの程度あるのかを人事・総務担当者に質問したところ、51.3%は「現状維持」と回答しました。「減床」は7.1%、「移転・分散予定」は2.5%と合わせて9.6%と10%未満にとどまりました。その一方で、「決まっていない」が26.6%おりまだ判断しきれていない企業が3割近くいることがわかりました。

2021年の採用活動について:新卒、中途ともに2020年と同程度が約4割、「採用人数」を減らす予定は2割超

新卒および中途採用を担当している担当者を対象に、来年2021年の採用予定について質問したところ、新卒では47.8%が「2020年と同程度」の採用を予定していると回答し、中途採用も41.1%は「同程度の採用予定」と回答しました。一方で新卒・及び中途採用それぞれで「2020年より採用人数を減少」、「未定」という回答が2割超あり、まだ新型コロナウイルスの感染拡大の収束が見通せない状況にあって、採用人数を減少する、または決定できない企業が一定数あることがわかりました。

【調査概要】
調査対象:企業の人事・総務担当者1200名
サンプル:従業員1000名以上の企業に勤める担当者600名、従業員1000名未満の企業に勤める担当者600名
調査方法:インターネット調査
実施時期:2020年9月29日~9月30日
※回答結果はパーセント表示を行っており、小数点以下第2位を四捨五入して算出しているため、各回答の合計が100%にならない場合があります。
■アデコ株式会社について
アデコ株式会社は、世界60の国と地域で事業を展開する人財サービスのグローバルリーダー、The Adecco Groupの日本法人です。コンサルテーションを通じ、働くすべての人々のキャリア形成を支援すると同時に、人財派遣、人財紹介、アウトソーシングをはじめ、企業の多岐にわたる業務を最適化するソリューションを提供します。アデコはより働きがいを感じられる社会の実現を目指し、さらなるサービスの強化に取り組んでいます。当社に関するより詳しい情報は、www.adeccogroup.jpをご覧ください。

cat_oa-rp20153_issue_a4eba096112a oa-rp20153_0_96835abe7669_CACグループ、「ボッチャ用具寄贈プロジェクト」を実施  ~ボッチャ用具(ボールもしくはランプ)の寄贈先を公募開始~ 96835abe7669 96835abe7669 CACグループ、「ボッチャ用具寄贈プロジェクト」を実施  ~ボッチャ用具(ボールもしくはランプ)の寄贈先を公募開始~ oa-rp20153

CACグループ、「ボッチャ用具寄贈プロジェクト」を実施  ~ボッチャ用具(ボールもしくはランプ)の寄贈先を公募開始~

2020年10月30日 14:00 アットプレス

CACグループ(持株会社:株式会社CAC Holdings、本社:東京都中央区、代表取締役社長:酒匂 明彦)は、2016年より一般社団法人日本ボッチャ協会のゴールドパートナーとして、障害者スポーツ「ボッチャ」の普及・支援に取り組んでいます。更なるボッチャの普及を目的として、2017年から開始した「ボッチャ用具寄贈プロジェクト」を今年も実施します。
ボッチャを始めたいにも関わらず用具購入がハードルとなっている団体・学校へ寄贈し、一人でも多くの方にボッチャを楽しんでいただきたいと考えています。以下の概要をご覧の上、是非ご応募ください。
【ボッチャ用具寄贈プロジェクト 概要】
<寄贈対象>
国内にある、レクリエーションもしくはスポーツとしてボッチャを推進したいと考えている非営利団体・法人、学校。もしくは、障害者支援を行っている非営利団体・法人、学校。(日頃の活動に障害者が含まれている場合を優遇)
<寄贈物 下記の(1)もしくは(2)のいずれか>
(1) ボッチャボールのセットと試合用のツール(キャリパー、パドル)
  ※寄贈はHANDI LIFE SPORT社製のBoccia Superiorのボールセットを予定しています。ボールにはCACロゴが入っています。
(2) ランプ
  ※寄贈はHANDI LIFE SPORT社製のSuper Rampを予定しています。ランプにはCACロゴが入っています。
ボッチャのルールを知らない、試合の進め方が分からないといった関東圏(一都六県)の寄贈先には、ご要望に応じて講習会を実施します(各団体一回限り)。
<留意点>
・寄贈先の名称を当社グループにおける広報・広告の目的にて公開する場合があります。
・当社グループにて、寄贈先としての適性を図る審査、判断をさせていただきます。
・寄贈申込者が多数の場合は抽選を行うことがあります。
・過去に実施したボッチャ用具寄贈プロジェクトでの寄贈先は、今回のいずれの寄贈も対象外とさせていただきます。
・その他の詳細は、別紙「ボッチャ用具寄贈にあたっての条件」および「ボッチャ用具 寄贈申込書」を必ずご確認ください。
<申し込み方法>
別紙「ボッチャ用具 寄贈申込書」をお送りください。
申込締切日:2020年11月30日(月)
【本プロジェクトに関する問い合わせ先】
株式会社CAC Holdings CACボッチャ支援事務局
E-mail: boccia-stf@cac.co.jp
電話 : 03-6667-8010
【CACグループのCSR活動について】
CAC Holdingsは、日頃より支えてくださっている社会および皆様に感謝の気持ちをお伝えする一つの形として、障害者スポーツであるボッチャの普及・支援活動を、株式会社シーエーシーや株式会社CACクロアをはじめとしたグループ会社と共に行っています。IT&ヘルスケアサービスを国内外で展開しているCACグループの力を生かし、ITを活用した観戦環境の整備等にも取り組んでいます。
【CAC Holdingsについて】
株式会社CAC Holdingsは、IT&ヘルスケアサービスを国内外で展開するCACグループの持株会社です。CACグループは企業の経営課題などを解決するITサービスや医薬品開発支援サービスなどの提供を通じ、より良い社会づくりに貢献します。
所在地: 東京都中央区日本橋箱崎町24-1
設立年: 1966年
URL  : https://www.cac-holdings.com/index.php
※本資料に記載されている社名、製品名等には各社の商標または登録商標が含まれる場合があります。

外部リンク