cat_oa-rp17115_issue_9673af389d34 oa-rp17115_0_9673af389d34_アサヒ飲料「三ツ矢」「カルピス」「十六茶」など大型PETを価格改定、一律20円値上げ 9673af389d34

アサヒ飲料「三ツ矢」「カルピス」「十六茶」など大型PETを価格改定、一律20円値上げ

2019年1月22日 14:52 食品産業新聞社

アサヒ飲料は1月22日、日本国内における大型サイズの飲料を5月1日出荷分から価格改定すると発表した。値上げ幅は一律20円で、対象は11ブランド24品目。物流費・燃料費・原材料費の高騰を受けたことが要因という。飲料製品の値上げは、今月8日に27年ぶりの価格改定を発表したコカ・コーラ ボトラーズジャパン、今月16日に21年ぶりとなる価格改定を発表したサントリー食品インターナショナルに続くもの。アサヒ飲料も含めた大手3社が値上げに踏み切ることで、同様にコスト上昇の影響を受けている他の大手飲料メーカーも続きそうだ。

対象商品は、1.5リットル以上のペット容器商品全品(ただし、特定保健用食品・機能性表示食品・「バヤリースホテルブレックファースト100」を除く)。希望小売価格(税別)は、「三ツ矢サイダー」(1.5リットルペットボトル)で320円が340円となり、「カルピスウォーター」(同)と「十六茶」(2リットルペットボトル)は、330円が350円となる。

同社は価格改定の要因について、「2018年まで製造・物流・営業・管理各部門の効率化などにより収益性の向上に努めてきましたが、大型ペットボトルにおいてはコスト上昇分を吸収するのが困難な状況にあるため、価格改定を実施させていただきます。今後は引き続き企業努力による効率化を進め、新たな価値を創造する高品質な商品・サービスのご提供を行っていきます」としている。

外部リンク

cat_oa-rp17115_issue_9673af389d34 oa-rp17115_0_d25fffdf1cb7_食肉支出金額、4月は気温低く牛肉、豚肉、鶏肉すべてで前年減/総務省家計調査2019年3~5月 d25fffdf1cb7

食肉支出金額、4月は気温低く牛肉、豚肉、鶏肉すべてで前年減/総務省家計調査2019年3~5月

2019年7月16日 12:12 食品産業新聞社

〈5月GWはステーキ、焼肉用好調、豚肉、鶏肉は需要シフトで消費低迷〉
総務省が公表した主要6都市の2019年3~5月の家計調査をまとめた。今年のGWは異例の10連休となり、改元の祝賀ムードも加わることで食肉の消費増加が期待された。一方で、量販店などは過去に前例のない10連休の販売予想には苦戦を強いられたようだ。

食肉の支出金額(二人以上の世帯、1世帯当たり1カ月間)は、4月は牛肉、豚肉、鶏肉すべてで前年同月比を下回った。5月は牛肉で前年を上回ったものの、豚肉、鶏肉では前年割れに。GW前半は多くの地域で曇りや雨の日が多く、気温も低めであり食肉の消費はいまいち伸び悩んだようだ。GW後半は好天に恵まれ、改元の祝賀ムードも重なり焼肉やステーキ需要が高まり牛肉消費は好調だった。

[牛肉]
4月は1,682円と前年同月比で2.2%減と減少した。都市別にみると、札幌が56.5%増、名古屋25.6%増と大幅に増加し、大阪は0.7%増加した。一方、仙台25.2%減、東京3.0%減、福岡19.0%減と減少している。気温の影響もあってか、各地で消費動向にバラつきが見られた。

5月は1,777円で同1.6%増加した。札幌では15.2%増、仙台6.6%増、名古屋26.9%増と増加。一方、東京4.0%減、福岡13.9%減、大阪0.4%減と減少した。上述のように気温上昇、改元の祝賀ムードなどでステーキや焼肉用といった高単価商品に需要が集まり、前年を上回った地域もある一方で、大型連休中の集客に苦戦した地域や、連休後の消費疲れ・節約志向により前年割れとなった地域もあった。

[豚肉]
4月は2,394円で同3.9%減、5月は2,393円で同6.7%減とともに減少した。両月とも国内相場がやや高めに推移し、GW期間中は需要が焼肉やステーキといった牛肉にシフトし、豚肉の需要は振るわなかったようだ。都市別では、4月は仙台で13.4%増、福岡が2.6%増となった以外は減少。5月は仙台のみ5.5%増加し、その他は軒並み減少した。

[鶏肉]
4月は1,271円で0.8%減、5月は1,296円で同1.5%減といずれも減少した。豚肉同様にGWは牛肉に需要が流れたことで鶏肉の消費も振るわなかった。GW明けは、節約志向から比較的単価の安い鶏肉への需要が期待されたが、相場安による単価下落の影響もあり前年割れとなった。都市別にみると、4月は札幌が1.6%増、仙台が13.8%増加し、5月は仙台54.7%増、福岡9.8%増加した。

〈畜産日報 2019年7月16日付〉

外部リンク

cat_oa-rp17115_issue_9673af389d34 oa-rp17115_0_24daef8c58e0_ケイエス冷凍食品、「しょうが入り 国産鶏 鶏つくね串(照焼)」を期間限定発売/2019年秋の新商品 24daef8c58e0

ケイエス冷凍食品、「しょうが入り 国産鶏 鶏つくね串(照焼)」を期間限定発売/2019年秋の新商品

2019年7月16日 12:04 食品産業新聞社

ケイエス冷凍食品はこのほど、2019年秋の新商品を発表した。家庭用では主力の鶏つくね串の派生商品として「しょうが入り 国産鶏 鶏つくね串(照焼)」を発売する。業務用には「ミニハンバーグ(デミグラ)」を新発売する。

家庭用は新商品は3品、リニューアル2品、パッケージリニューアル2品を、9月1日発売。業務用は新商品1品を8月10日に発売する。

家庭用の新商品「しょうが入り 国産鶏 鶏つくね串(照焼)」(6本132g)は国産鶏肉を使用したつくねに、きざみしょうがとおろししょうがを入れて香ばしい照焼にした。ピリリと辛いきざみしょうがと、おろししょうがの香りが楽しめる。調理方法は電子レンジ・自然解凍。期間限定品となる。なお定番の「国産鶏 鶏つくね串(照焼)」は紅葉をあしらった秋限定パッケージで売り場を彩る。

「焼きもろこし串」(5本100g)は焼きもろこしをイメージし、すり身にコーンをたっぷり入れて焼き上げた。こんがり甘辛醤油味とコーンの食感で、幅広い年代におすすめの一品。調理方法は電子レンジ・自然解凍。以上2品の生産は自社工場となる。

「チキンとデミシチューのオーブン焼き」(6個108g)は国産鶏肉(成型肉)に、きのこ入りデミシチューとパン粉をかけ、オーブンで焼いた。ノンフライで1個25kcal と低い。調理方法は電子レンジ・自然解凍。JAフーズさが(佐賀県)への委託生産となる。

「国産肉 肉だんご」(4個×2袋190g)は肉の旨みを向上させさらにおいしく、「エビのチリソース」(130g)はエビが大きくなって、よりプリッとした食感に、改良した。

業務用の新商品「ミニハンバーグ(デミグラ)」(930g[30個以上]×6×2)は直径約39mm、重量約19gのミニサイズのハンバーグに、デミグラスソースを合わせた。自然解凍にも対応。

〈冷食日報 2019年7月16日付〉

外部リンク

cat_oa-rp17115_issue_9673af389d34 oa-rp17115_0_0e9873e690c6_シダックス 唯一無二の総合アウトソーシングサービス企業として再成長へ、2024年3月期に営業利益50億円の中期成長目標 0e9873e690c6

シダックス 唯一無二の総合アウトソーシングサービス企業として再成長へ、2024年3月期に営業利益50億円の中期成長目標

2019年7月16日 11:43 食品産業新聞社

シダックスグループは7月11日、都内で「事業展開の方針」説明会を開催した。株主・資本家・報道関係者が100人参加した。志太勤一会長兼社長はフードサービス・車両運行管理・社会サービスの3つの基幹事業について自社の強みと成長に向けた経営計画を説明後、「ユニゾン・キャピタルとの資本業務提携により、中期スパンの抜本的な経営改革の推進が可能になった」とし、中期成長目標として、5年後の24年3月期に営業利益50億円を掲げた。前期19年3月期の営業利益は17億4,000万円。

説明会で志太会長は「少子高齢化に伴う深刻な人手不足により、アウトソーシングサービスが世の中の必要な仕事になっている。当グループがこの強い追い風を受けて前進する良いタイミングである」と述べ、「当グループは500種のサービスを組み合わせてお客様に提供できるトータル・アウトソーシングサービスを全国区で提供可能なオンリーワンの企業である」と誇り、「経営改革を実行し再成長をめざす」と語った。

国内フードサービス市場については「3.5兆円規模の巨大市場で、約2,000社ある参入企業のうち99%が中小企業であり、大手・準大手企業20社でも全体の2割と分散化されている。今後は緩やかに市場の寡占化が進むと見られ、大手プレイヤーにとっては規模拡大の余地がある。また給食産業では事業継承の時期でもあり、M&Aの戦略を含め、市場拡大に臨みたい」と話した。

社会サービス事業については「最も成長を期待する」とし、学童保育市場と学校給食市場について市場を分析、事業目標を語った。学校給食の市場規模は現在約4,500億円。民間委託率は年々拡大しており、2008年の25.5%が18年には50.6%まで拡大した。契約数520から、5年後の24年3月期には700件に拡大を目指す。

同社は去る5月17日、独立系の投資ファンド、ユニゾン・キャピタルとの資本業務提携を発表した。優先株式による65億円の資本増強を図るとともに、ユニゾン・キャピタルから取締役2人の派遣を受け、両社で協力してグループ横断的なリソース調達の判断を行う場も設置する。ユニゾン・キャピタルは1998年に創業。あきんどスシローやドラッグイレブンなど外食企業を含む34社(合計企業価値8,000億円超)に投資実績がある。

外部リンク

cat_oa-rp17115_issue_9673af389d34 oa-rp17115_0_bf32b4207c09_アサヒビール「樽ハイ倶楽部」が販売好調、新販促「樽ハイスクイーザージョッキ」年内2,000店の展開目標 bf32b4207c09

アサヒビール「樽ハイ倶楽部」が販売好調、新販促「樽ハイスクイーザージョッキ」年内2,000店の展開目標

2019年7月16日 11:25 食品産業新聞社

アサヒビールは7月から、発売35周年を迎えた業務用樽詰サワーのロングセラーブランド「樽ハイ倶楽部」の販売好調を受け、新たな販促施策として「樽ハイスクイーザージョッキ」を展開する。年内の採用目標店数が2,000店。

「樽ハイスクイーザージョッキ」は、オリジナルスクイーザーと専用ジョッキが一体になった販促品。オリジナルスクイーザーで果実を搾ると、搾りたての果汁がそのままジョッキに注がれる。来店者自身が果汁を搾るので果汁量を調節でき、自分好みのサワーに仕上げる体験が楽しめる。また、飲食店の従業員がサワーを提供する際に果実を搾る作業が省略できるため、提供スピードの向上や作業の効率化への貢献も期待できる。

専用ジョッキには、“樽ハイ”と大きく記載した新たなブランドロゴを正面に配し、「樽ハイ倶楽部」のブランド認知向上を図る。

嗜好の多様化やコストパフォーマンスを重視する消費者ニーズの拡大により、RTD市場は2008年以降伸長を続け、2018年は前年比113.8%(同社調べ)となった。また、飲食店で食事と一緒にサワーを楽しみたいというニーズや、果実をそのまま搾って果汁のみずみずしさと一緒にサワーを楽しみたいというニーズの高まりを受け、業務用樽詰サワー市場も伸長を続けている。

※RTD=Ready To Drink、チューハイ・サワー等の“ふたを開けてすぐ飲める”低アルコール飲料

「樽ハイ倶楽部」は、1984年に発売され、業務用樽詰サワーとして国内で最も長い歴史を持つ。拡大を続ける業務用樽詰サワー市場においてシェア約6割を占め、売上容量No.1のブランド。2018年の販売実績は前年比108%となり、今年1~6月の実績も前年比111%と好調に推移している。

〈酒類飲料日報 2019年7月16日付〉

外部リンク

cat_oa-rp17115_issue_9673af389d34 oa-rp17115_0_075522202011_六本木ヒルズ夏祭りで情報番組「グッド!モーニング」とコラボ、“ハッピーメニュー”を提供/日清製粉グループ 075522202011

六本木ヒルズ夏祭りで情報番組「グッド!モーニング」とコラボ、“ハッピーメニュー”を提供/日清製粉グループ

2019年7月16日 11:03 食品産業新聞社

日清製粉グループ((株)日清製粉グループ本社、見目信樹社長)は7月13日から開催の「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭りSUMMER STATION」内の企画「Hills YOKOCHO」(大屋根プラザ)で、テレビ朝日の情報番組「グッド!モーニング」とタイアップ企画を実施する。8月25日まで。企画では日清フーズ(株)製品を使用した、「グッド!モーニング」のレギュラーメンバーおすすめの“ハッピーメニュー”を販売する。

〈「Hills YOKOCHO」で販売する“ハッピーメニュー”〉
△つぼ漬け和牛カルビとろとろ焼肉丼(日清 水溶きいらずのとろみ上手、坪井直樹アナウンサー)
△チキン南蛮バーガー(日清 クッキング フラワー、松尾由美子アナウンサー)
△明石ダコ入りお好み焼き(日清 お好み焼粉、島本真衣アナウンサー)
△野菜たっぷり昔懐かしいナポリタン(マ・マー スパゲティ1.6mm、新井恵理那アナウンサー)
△とろーりチーズパスタ(マ・マー Palette フェットチーネほうれん草粉末入り、福田成美アナウンサー)
△夏バテにカツ!丼(日清 小麦粉・卵いらずラク揚げ パン粉、依田司気象予報士)

〈米麦日報 2019年7月16日付〉

外部リンク

cat_oa-rp17115_issue_9673af389d34 oa-rp17115_0_7bcc42b740f0_コメダ珈琲店「シロノワール北海道メロン」発売、夕張メロンクリームと北海道産メロンソース使用、メロンを堪能できる夏季限定商品 7bcc42b740f0

コメダ珈琲店「シロノワール北海道メロン」発売、夕張メロンクリームと北海道産メロンソース使用、メロンを堪能できる夏季限定商品

2019年7月16日 10:38 食品産業新聞社

コメダは7月16日、新商品「シロノワール北海道メロン」を全国のコメダ珈琲店で販売開始した。9月下旬までの期間限定。

温かいデニッシュパンにソフトクリームを乗せた「シロノワール」は、1977年のコメダ珈琲店開業以来続く、人気No.1デザート。

今回発売した「シロノワール北海道メロン」は、デニッシュパンに北海道産の夕張メロンクリームをサンド、ソフトクリームをのせて北海道産メロンソースをかけたもの。仕上げとして、フィアンティーヌ(クレープ風の薄焼き菓子)で鮮やかに彩っている。北海道産メロンの特徴である、濃厚な甘さ、芳醇な香り、ジューシーな食感を表現した、口いっぱいにメロンの味わいが広がる一品。グループでシェアできるフルサイズ(税込750円)と、1人で楽しむ食後のデザートなどに合わせたミニサイズ(税込550円)を用意している。

※一部店舗では価格が異なる。また、販売は一部店舗を除く。

外部リンク

cat_oa-rp17115_issue_9673af389d34 oa-rp17115_0_e0519b7412eb_松屋「味玉」推し、「味玉オリジナルカレー」発売や「味玉牛皿」「味玉マヨネーズ」「味玉サラダ」など味玉サイドメニューも充実 e0519b7412eb

松屋「味玉」推し、「味玉オリジナルカレー」発売や「味玉牛皿」「味玉マヨネーズ」「味玉サラダ」など味玉サイドメニューも充実

2019年7月16日 06:45 食品産業新聞社

牛丼チェーン「松屋」は7月16日15時、「味玉オリジナルカレー」(みそ汁付き、並450円、大盛550円、以下全て税込価格)を全国の店舗で発売する(大井競馬場店、西宮名塩SA店、関西学院大学店など一部店舗を除く)。

スパイシーな松屋のオリジナルカレーに特製醤油で漬け込んだ「味付け玉子」でおいしさと彩りを添えたメニュー。お酒のお共にも合う、熟成チルド牛肉使用の「味玉牛皿」(並370円、大盛490円)や、マヨネーズ好きにはたまらない「味玉マヨネーズ」(100円)、「味玉サラダ」(180円)、「味玉」単品(80円)などのサイドメニューも取りそろえる。全てテイクアウト可能、ただし「味玉オリジナルカレー」のテイクアウトはみそ汁別途60円。

※メニューにより、一部店舗で販売価格の異なる場合あり。

外部リンク

cat_oa-rp17115_issue_9673af389d34 oa-rp17115_0_d9f10db19f57_TABASCO Brand史上最も辛い新フレーバー、「TABASCO スコーピオンソース」日本上陸 d9f10db19f57

TABASCO Brand史上最も辛い新フレーバー、「TABASCO スコーピオンソース」日本上陸

2019年7月15日 16:09 食品産業新聞社

〈辛さはオリジナル「TABASCO ソース」の10倍〉
TABASCO Brand史上最も辛い新フレーバー、「TABASCO スコーピオンソース」がこのほど日本市場に上陸した。

「TABASCO Brand」(タバスコ ブランド)は1868年、アメリカ・ルイジアナ州のエイブリーアイランドで生まれた、赤いホットソースのブランド。

今回、日本で販売開始した「TABASCO スコーピオンソース」は、サソリの針の形に由来するスコーピオンペパー、グァバやパイナップルなどのフルーツ、オリジナルの「TABASCO ソース」少量を組み合わせ、刺激的な辛さとフルーティーな甘さの絶妙なバランスを実現した。

メニュー例「チョコパウンドケーキとスコーピオンの泡 フレッシュフルーツ添え × TABASCO スコーピオンソース」
「TABASCO スコーピオンソース」はTABASCO Brandが提供する製品の中で最も辛いペパーソースにあたり、カプサイシンの割合を示す唐辛子の辛さの単位である「スコヴィール辛味単位(Scoville heat units、SHU)」測定値では23,000~33,000SHU。オリジナルの「TABASCO ソース」の約10倍の辛さを誇るという。

TABASCO Brandの既存製品(オリジナル、ハラペーニョ、ガーリック、チポートレイ、ハバネロ)

外部リンク

cat_oa-rp17115_issue_9673af389d34 oa-rp17115_0_5ab21fd59bd0_ハーゲンダッツ CMに初の男性・佐藤健さんを起用 中条あやみさん出演作と2本立てで展開/「グリーンティーエクスペリエンス」篇・「バニラエクスペリエンス」篇 5ab21fd59bd0

ハーゲンダッツ CMに初の男性・佐藤健さんを起用 中条あやみさん出演作と2本立てで展開/「グリーンティーエクスペリエンス」篇・「バニラエクスペリエンス」篇

2019年7月15日 13:15 食品産業新聞社

ハーゲンダッツジャパンは、新TV-CMに初の男性キャストとして俳優・佐藤健さんを起用し、従来のイメージキャラクター・中条あやみさんとともに新たな2本立てCM「フレーバー エクスペリエンス」篇を7月16日から放映開始する。

今回の新CM放映は、1984年の創業以来変わらず取り組んでいる、「アイスクリームの品質やおいしさへのこだわり」や「ハーゲンダッツがもたらす特別な体験の瞬間」を、改めて発信することが目的。同社は今年6月1日出荷分から、ミニカップ、クリスピーサンド、バーを税抜272円から295円へ、大容量のパイントを765円から850円へ値上げしており、定価販売しているチャネルでは回転率が厳しくなりつつある現状があり、新キャストや初の男性という話題性を後押しに、新CMを通して消費者との接点を広げトライアル購入を促進していく狙いがあるとみられる。

新CMは「Green tea experience(グリーンティーエクスペリエンス)」篇と「Vanilla experience(バニラエクスペリエンス)」篇(各15秒)の2本立てで、グリーンティー篇に佐藤健さんが出演し、食べるシーンを通して上質な抹茶のみを使っている素材のこだわり、特別な体験の瞬間を伝える。バニラ篇では中条あやみさんがマダガスカル産バニラのみを使っている素材へのこだわり、特別感を伝えていく。ハーゲンダッツジャパン公式Youtubeチャンネルでは、新CMのほかに、佐藤健さんが出演するメイキング映像も公開している。

「2019年度は価格改定に合わせテレビCMやSNS活用のマーケティングをこれまで以上に展開し、一昨年の過去最高売上高527億円を6億円上回る533億円を目標としていく」(ハーゲンダッツジャパン・栗原信裕社長、今年2月の専門紙記者懇談会で)。

〈ハーゲンダッツジャパン 新CM放映期間〉
・2019年7月16日~8月18日

〈放映地域〉
【関東】
東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬
【関西】大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀
【中京】愛知、岐阜、三重
【他地域】北海道、青森、岩手、山形、宮城、福島、新潟、長野、静岡、富山、石川、福井、岡山、広島、香川、愛媛、福岡、長崎、熊本、鹿児島

〈動画視聴先〉
https://www.youtube.com/user/HAAGENDAZSJAPAN

外部リンク