cat_oa-rp11418_issue_476097562b5a oa-rp11418_0_476097562b5a_タイの水かけ祭が中止! 国にとっても大切な行事「ソンクラン」より人命を優先 東京五輪よりも先の9月イベントまで中止に 476097562b5a 476097562b5a タイの水かけ祭が中止! 国にとっても大切な行事「ソンクラン」より人命を優先 東京五輪よりも先の9月イベントまで中止に oa-rp11418

タイの水かけ祭が中止! 国にとっても大切な行事「ソンクラン」より人命を優先 東京五輪よりも先の9月イベントまで中止に

2020年3月13日 17:03 TABLO

世界的に猛威を振るう新型コロナ(COVID-19)が、タイでも大きな影響を引き起こしています。

タイのバンコクから車で約2時間の人気のリゾートで、外国人観光客も多いパタヤ市では、既に東京オリンピックが予定されている時期も含めて今年の9月まで、市の主催、共催するイベントは全て中止、もしくは延期する基本方針を発表しました。

これにより9月までの全イベントが影響を受けており、タイで最大のお祭りの水かけ祭り(4月)も中止、花火大会や、水泳大会、ゴルフ大会など、ほぼ全てのイベントに影響が出ています。

(パタヤ市の公式イベントの中止、延期の詳細は以下のタイニュースをご覧下さい https://pattayaja.com/2020/03/06/9026/)

 



来月にはタイで一年で最も人が集まるお祭りの「水かけ祭り(ソンクラン)」が予定されていました。数十万人が集まるバンコクのカオサンでの水かけ祭りや、約50万人が集まるパタヤの水かけ祭りは、いずれも中止が決定され発表されました。日本人に人気のタイのプーケットのパトンビーチでの水かけ祭りも中止が発表されています。

タイでは、自治体などは「個人が来月の水かけ祭りを祝う事までは規制しない」と伝えているものの、「水をかける行為はウイルスをまき散らしかねない」事から、各自治体などは個人にも水をかける事は自粛するよう要請しており、タイの来月の水かけ祭りは、相当に人の少ない静かなイベントとなりそうです。

 

参考記事:「東京オリンピック中止!」したら一番困るのは『電通』と『テレビ局』 「5月下旬までに収束を!」と世論を誘導しても“日本が感染源”じゃ無理!? | TABLO

 

タイでは、パタヤ市が今年の9月まで公式イベントを中止もしくは延期する方針を発表し、実行しています。

一方で日本の東京オリンピックの予定は、今年の7月24日~8月9日までの17日間。

大型リゾート都市であるタイのパタヤ市は、既に東京オリンピックの開催予定日よりも先まで、公式イベントを中止、もしくは延期する決定をし、発表したのです。

日本では、東京オリンピックは絶対に大丈夫!という、論拠がよくわからない報道が多く見られるのですが、海外の動きを見ると、これは楽観的すぎるのではないでしょうか。

例えば無観客試合などになる可能性や、そもそも各国から選手が来てくれるのか? に支障が出る可能性なども十分に考えられ、その対応も想定しておくべきでしょう。

 


尚、日本人の方に人気の旅行先のタイですが、新型コロナの影響で、水かけ祭りを含めてイベントは中止や延期が相次いでいるものの、一方で本サイト過去記事の通り、中国人旅行者が激減したビーチなどは特に西欧人などに人気となっており、現在はさらに魅力的な旅行先です。

 

参考記事:タイ・パタヤに異変が! コロナウイルスで激減した中国人・韓国人観光客のあとにやって来た者とは……?

 

ただし新型コロナの影響で、タイに入国する際の空港では新型コロナの検査ポイントが設置されており、検査が義務付けられています。また、タイ入国後に発熱や喉の痛み、息苦しさなどがあった場合は、タイ国内で条件を満たせば無料で新型コロナの検査が行われる取り組みも発表されています。

これらについては以下に記載します。

 



 

また日本からタイに入国した人に対しては、本記事執筆時点の2020年3月10日の時点では、以下の過去記事の通り14日間の隔離は義務付けられていません。しかしながら、できるだけ外出しないようにタイ保健省から要請はされていますので、今の段階は旅行には向いていないかもしれません。

 


 

日本からタイに行く計画を立てる際は、改めて最新で正確な情報を確認してから、計画をし行動するようにしましょう。(取材・文◎福留憲治)

 

筆者が配信責任者を務める

PJA NEWS

(タイニュース、パタヤニュースを毎日配信)https://www.pattayaja.com/

 

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_476097562b5a oa-rp11418_0_ee3ec1454c42_急に会見し出した菅総理 謎の自信の根拠はバイデン首相会談が成功した(と思い込んでいる説)│プチ鹿島 ee3ec1454c42 ee3ec1454c42 急に会見し出した菅総理 謎の自信の根拠はバイデン首相会談が成功した(と思い込んでいる説)│プチ鹿島 oa-rp11418

急に会見し出した菅総理 謎の自信の根拠はバイデン首相会談が成功した(と思い込んでいる説)│プチ鹿島

2021年5月11日 06:00 TABLO

新聞や雑誌が大好きな野次馬の私ですが、最近ひときわ注目した記事があります。それはこちら。

『首相、会見に積極姿勢 訪米で自信? 5日連続応じる』(産経4月23日)

菅首相は4月に訪米してバイデン米大統領との会談に臨みました。すると政府高官のコメントとして、「訪米後、自信を深めているようだ。表情にも余裕が出てきた」というのです。

そのせいなのか「首相は米国から帰国した翌日の13日以降、記者団からの質問に連日応じている」と記事は書いています。

私はしみじみと読んでしまいました。まず記者の質問に5日連続で応じたことがニュースになるのもあれですが、「会見に積極姿勢」とはいえ、問われるのはその内容です。

先日も緊急事態宣言の延長を表明する首相会見がありました(5月7日)。

会見の内容を見て《自民党の閣僚経験者は「国民が納得できるような明確な説明がない」と首をひねる。》(朝日5月8日)と党内からも疑問に思う声があるようです。

あの会見も菅首相はアメリカで自信を得た成果なのだろうか?謎すぎます。

産経新聞は「訪米で自信?」と書きましたが別にヨイショ目的ではなさそう。というのも「週刊新潮」(5月6・13日号)にも似たような切り口の記事があったからだ。

そこには「全国紙のある政治部デスク」の言葉として、

「菅さんは4月中旬の訪米を機に、どういうわけか気持ちが大きくなってしまった。(略)どうやら菅さんは日米首脳会談が成功したと思い込み、自信を取り戻しているようなんです」

うわぁぁぁぁ。

このことから週刊新潮は「KY宰相」と名付けています。「令和」を発表したおじさんがKYという「昭和」の流行語で語られているのです。でも本当に、本当に、首相は日米首脳会談で自信を持ったのでしょうか?こんな記事があります。

テレビ局に予算がない! 四月改変で異様な現象が次々と 『報道ステーション』のひんしゅくCMは日経WBCに寄せたのか | TABLO 


『日米首脳会談 五輪質問答えず 首相、「想定外」に緊張? 「バイデン氏へのみと思った」』(毎日新聞4月21日)

菅首相は日米首脳会談後の共同記者会見で、ロイター通信の記者から「公衆衛生の専門家も疑問視する中で、五輪を開催するのは無責任ではないか」と問われました。ところがその質問をスルーして批判された。

このことに対して、

《政府関係者は「首相はイヤホンで、同時通訳で質問を聞いていたが、自身に対する質問だったと思わなかったようだ。相当緊張していたのだろう」と説明。》(毎日)

この「援護」もなんだかなぁと思います。百歩譲って本当にそうだとしても「相当緊張していた」ことが援護になるとは……。

菅首相、逆ギレ会見の真相 「ぶら下がり」で逃げようと思ったのに記者の質問攻めが思いのほかヤバかったのでライフ0に|プチ鹿島 | TABLO 

やはり日頃からちゃんと会見で答えて”トレーニング”したほうがよいのではないでしょうか。ペーパードライバーがいきなり海外の道路を走ったところで無理です。でもご本人は「訪米で自信?」というのですから、今までどれだけ人前で「公」の言葉をきちんと発してこなかったか。そこらへんが見えてきてしまうのです。(文@プチ鹿島 連載「余計な下世話」)

 

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_476097562b5a oa-rp11418_0_1a099888472f_茨城県一家殺傷事件 岡庭容疑者は30Km以上離れている被害者宅をいかにして走破したのか 実際に走行してみた結果 1a099888472f 1a099888472f 茨城県一家殺傷事件 岡庭容疑者は30Km以上離れている被害者宅をいかにして走破したのか 実際に走行してみた結果 oa-rp11418

茨城県一家殺傷事件 岡庭容疑者は30Km以上離れている被害者宅をいかにして走破したのか 実際に走行してみた結果

2021年5月10日 06:00 TABLO

2019年9月、夜中未明。茨城県境町にある小林光則さん宅に不審者が侵入。小林さんと妻の美和さんを刃物で殺害した事件が起こりました。まずはお二人のご冥福をお祈り申し上げます。

現場は田畑が広がり、県道から脇に入ってしばらく行った場所にあり、あたりに家々はほとんどなく灯りも見えない状態だったと思われます。小林さん宅はまさに「森の中の家」のようでした。近くに釣り堀があるのが目印で、土日祝日は釣り好きの人が集まる場所です。小林さん宅は曲がりくねった農道を行った途中にあり、ナビを入れても夜だと迷ってしまうほどです。


似たような事件で言えば、世田谷一家殺人事件があります。東京都世田谷で起きたこの事件も被害者の宮澤さん宅へは、地元のタクシーでさえも迷うほどの細かい道です。農道を開拓したからそうなったのか。近くに世田谷城があり、攻め込まれないように迷路のような道にしたのか、両論に分かれています。

土地勘がなければ世田谷一家殺人事件も茨城県境町一家殺傷事件(3人の子供たちは傷を負ったが命に別状なし)も犯行を成し得なかったであろう事件です。世田谷一家殺人事件はいまだに犯人逮捕となる手がかりはありません。もしかしたら茨城県境町の事件もそうなってしまうのではと、世間が思った矢先、埼玉県三郷市在住の岡庭由征容疑者が逮捕されました。

世田谷一家殺人事件の真犯人を世界で一人だけ予告している人物がいる | TABLO 


ネットが発達しているこの時代。近所では不審者は噂になり、SNS上でも拡散されるものです。岡庭容疑者は10代の時に傷害事件を2件起こしており、報道ベースでは猫を虐待していたとの話もあり、これだけ見ると神戸児童殺傷事件(酒鬼薔薇聖斗事件)と共通している部分かあるように見えます。因みに、酒鬼薔薇事件も当時にSNSがあれば、かなり早い段階で「酒鬼薔薇聖斗」の正体も噂になっていた事でしょう。

前記で「土地勘がないとできない犯行」という主旨の事を記しましたが、しかし岡庭容疑者の自宅三郷市から被害者宅まで30km強。「土地勘がある近所の人間」の犯行とはとても思えません。まして、岡庭容疑者は自動車免許を持っていないとのこと。では、どのようにして被害者宅まで行けたのでしょう。

1・無免許で両親の車を運転していった

2・タクシーを使った

3・自転車で行った

2は今のところタクシー会社からのタレコミがないのと、1も無理して行けない事はないですが、職質に遭う可能性もあります。捜査本部は自転車で行ったとみているようですが、真夜中の雨が降る中、30kmも走破できるものでしょうか。

太陽の下に新しきものは無し

という言葉があります。どんな犯罪でも類似しているものがある、という意味でも使用されています。岡庭容疑者が前歴から快楽殺人者だとしたら、この異常行動も納得は出来ます。小平義雄、大久保清、前上博、そして酒鬼薔薇聖斗や世田谷一家殺人事件の犯人などなどがこれらに当てはまると思うのですが、世田谷一家殺人事件の場合、犯行後も数時間居座り、アイスなどを食していました。常識では考えられない行動です。


ですから岡庭容疑者が仮にこのパターンだとしたら、常軌を逸した行動をとることも考えられます。「事実は小説より奇なり」です。ただし5月9日現在ではあくまで「容疑者」。不起訴処分と言う事もあり得なくもない訳です。ここは冷静に経緯を見た方が良いでしょう。さて本サイトでは、自転車で被害者宅まで行ったというルートを推定して、三郷市の容疑者宅から茨城県境町まで車で行ってみました。当然、高速道路は使えません。

夏祭りの最中に忽然と姿を消した女子高生 茨城県五霞町女子高生殺害事件の現場から|八木澤高明 | TABLO


まず目についたのが目の前に流れている川。地図上では河川の道路をたどっていけば茨城県付近まで行く事ができます。が、この川は途中で切れているようでした。


なぜ本サイトが川に注目したかと言うと「この川はどこにつながっているのだろう」という幼少期の一部の子供に思うような点。そして職質に遭いにくい点。そこで自転車で入る道は覗いて、近くにある江戸川になるだけ沿って、茨城県境町を目指してみました。ナビ通り行っても車で1時間はかかるのですが、何回か行くまでの道を練習しておけば、ナビ上では自転車だと、2時間余りで着いてしまいます。夜は写真の通り、全く分かりにくい場所ですが昼間に下見をしておけば、行けなくもない道です。


あとはなぜ、小林さん宅を狙ったのか(あくまで岡庭容疑者が送検されたらの話ですが)。最大の謎になります。ただ言える事は「太陽の下に新しきものは無し」。前例と思われる事件をピックアップして、プロファイリングすれば真実が見えてくるかも知れません。

なぜ茨城県では女性が行方不明になるのか 13年後に急展開を見せた茨城大学女子大生殺害事件 | TABLO 

※取材模様は近日中にYouTubeにアップしましす。(文・編集部)

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_476097562b5a oa-rp11418_0_50495e4ad1c6_ネット言論はどうあるべきか 「言論の自由とは何か」を考えてみた 言論の自由の向こう側には暴力が存在する 50495e4ad1c6 50495e4ad1c6 ネット言論はどうあるべきか 「言論の自由とは何か」を考えてみた 言論の自由の向こう側には暴力が存在する oa-rp11418

ネット言論はどうあるべきか 「言論の自由とは何か」を考えてみた 言論の自由の向こう側には暴力が存在する

2021年5月6日 06:00 TABLO

突然ですが、皆さんは「自由」という言葉にどいうイメージを抱いているでしょうか。僕も含めて、大体良いイメージを持っているかと思います。自由が良いに決まっています。逆に「不自由」な社会など誰が望むでしょうか、という話です。自由とは行動、判断、言動、表現など人間の行為の全てに保障されています。少なくとも、この日本では。その情況を僕らは謳歌している訳ですが、先人たちが命を犠牲にして得たものという事も忘れてはいけません。ですから、その為にも僕たちは「自由」であるこの社会を守っていく義務があるはずです。

少し話がそれますが義務という言葉は尊いと捉えていて、動物と人間の違いは義務を感じるかそうでないか、と思っています。動物は本能で子育てや狩りをしたりします。義務は本能を抑制する機能です。本能よりも優先させなければならない事がある時、人間は義務感で行動します。すなわち「義務感こそ人間を人間たらしめるものである」。これは記憶が正しければ花村萬月著『笑う山崎』に出てきたフレーズだった気がします。

話を戻すとメディアの末席を汚すものとして、「自由」と言うと僕とっては「言論の自由」(「表現の自由」)をまずは思い浮かべます。拙著『生身の暴力論』(講談社新書)でも書いた事と重なりますが、憲法で保障されているこの「言論の自由」。絶対、守るべき「精神」ですが実は非常に残酷な面を持っている点に留意しなければなりません。

言論の自由とは時として人を傷つけます。軽い例だと書物や映画・ドラマや美術作品に対する批判です。痛烈な批判を放つ論者もいます。書かれた側は傷つくでしょう。とは言え、クリエイターも表現・言論の自由に基づいて作品を世に出しているのですし、その時点で「公共物」として扱われる訳ですから批判の対象になり得るのです。

その批判に対する言い分を言いたい、あるいは書きたい場合。反論権を人は持っている訳です。ですから特にメディアの人間は自社媒体を使って反論に打って出るべきです。しかし、そういった話は最近聞きません。

近年、芸能人の裁判が目立ち、大体、媒体側が敗ける訳ですがそもそも、なぜ芸能人は反論権を行使しないのでしょうか。

紀州のドン・ファン事件で気になる「ウラの司法取引」という捜査手法|李策 | TABLO 


これは書く側の問題が大きいと考えています。新聞、テレビは巨大になり過ぎました(最近は売り上げが右肩下がりだとは言え)。こんな事を思い出しました。かつて「個人情報保護法に反対するアピールの会」というフリーライター、版元の編集者らが横断的に作った会がありました。僕も末席を汚していました。かれこれ15年以上前の事です。

そこで、海外の新聞社などを入れた記者会見を神楽坂の日本出版クラブ会館で催しました。記者らから「アピールする会」の面々(僕も隅っこで座っていました。取材される側は初めてでした)に質問があるのですが、未だに印象に残っている質問がありました。確か、フランスの新聞だったと思います。

「日本では反論を掲載しないのはなぜでしょうか」といった主旨でした。

ここは重要なポイントです。本来、言論の自由とは極論を言えば「何を書いても良い」。その代わりに「何を書かれても(反論されても)良い」というのが大原則なはずです。

が、新聞・テレビはおろか大手出版社の媒体は反論文を掲載しなくなりました。たまに「遺憾に思います」といった定型文を電話口で言うか手紙を送るくらいです。僕が実際にそういった態度を取られました。本来は、そこで論争が起こり、議論を戦わせているうちに本来のイシューが読者に形として見えてくるはずなのです。これが「言論の自由」の本質の一部であります。マスコミと化した大手媒体のツケが回ってきたと思います。墓穴を掘ったのかも知れません。

しかし、そういった論争はここしばらく大手媒体では見かけません。中小の出版社では見る事がありますが。つまり新聞やテレビのカウンターメディアとしての雑誌社が巨大になり過ぎ、雑誌社自体も新聞、テレビと同じ巨大メディア(マスコミ)枠に組み込まれてしまいました。言論の自由をアピールするのなら反論権も同時に保障しなければならないはず。


メディア人同士ならば自分の媒体で反論すれば良いでしょう。しかし、芸能事務所は、反論文が掲載されないのであれば、裁判という手段に訴えるほかなくなってしまいます。僕などは芸能人の反論があれば是非、読みたいと思うのですがメンツなのか、大手媒体はよほどの大事でないと反論は前記のフランスの新聞社が指摘した通り掲載しません。これをメディアの問題点の一つとして挙げておきます。

そして「言論の自由とは」と書いた手前、これについて僕の見解を述べておきます。先に書いたように「言論の自由は何も書いても良い。その代わり何を反論されても良い」というものだと思います。が、反論で済めば良いのですが、それ以上の反撃があり得るます。

暴力です。

これは「『噂の真相』襲撃事件」(右翼が編集部を襲撃)や、「深沢七郎著『風流夢譚』事件」(天皇を侮辱したとして右翼が版元社長宅を襲撃)などが思い浮かびます。

ネット言論においては、ツイッターやインスタやYahoo!ニュースにYouTubeのコメント欄で、差別や罵倒、中傷が飛びかっています。が、先の原則論で言えばそれさえも「言論の自由」の範疇に入り得るのです。しかし、その代わりに脅迫や名誉棄損などで逮捕されたり、提訴されたりするというしっぺ返しが待っています。

それどころか、前例のように「言論の自由の向こうには暴力が存在するかも知れない」。そういった覚悟や想像力がない書き込みが目立ちます。

「言論の自由」と「暴力」はコインの表裏と言えるかも知れません。

『映画秘宝』はなぜ失敗したのか 権威化した人々がやるべき事|久田将義 | TABLO 

暴力は絶対振るってはいけません。ふるった側も振るわれた側もデメリットしかないのです。ふるった側は逮捕それたり社会的地位が奪われる可能性があり、ふるわれた側はプライドが傷つけられたりトラウマになってしまう事もあるからです。それでも関係ないとばかりに暴力に訴える輩はいるでしょう。それと同時にネット上のヘイトや中傷もなくならないでしょう。ネットで書き放題書いている人は言論の自由の元にそれが出来る訳です。が、言論の自由の向こうにはもしかしたら暴力さえ存在した(これからもし続けるだろう)歴史を学んでおくべきです。(文@久田将義)

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_476097562b5a oa-rp11418_0_d44d85218dc5_東スポ見出し「高知東生ルート」は酷すぎる 紀州のドン・ファン事件は売人特定か d44d85218dc5 d44d85218dc5 東スポ見出し「高知東生ルート」は酷すぎる 紀州のドン・ファン事件は売人特定か oa-rp11418

東スポ見出し「高知東生ルート」は酷すぎる 紀州のドン・ファン事件は売人特定か

2021年5月3日 06:00 TABLO

本サイトとは10年以上の知人の記者もいるし、本来はリスペクトすべき媒体の東京スポーツですが、3日の見出し『ドン・ファン妻 須藤早貴容疑者「高知東生ルート」で覚醒剤入手か 成分ほぼ同一』は良くないでしょう。

まるで高知さんがそのルートを教えているかのような見出しです。人権は守られるべきものであり、そこに最も慎重にならなければいけないのは新聞という公器でしょう。無神経過ぎましたと、まずは冒頭で申し上げておきます。例えば「和歌山ルート」などと表現すべきでした。

紀州のドンファンこと、野崎幸助さんが覚醒剤の過剰摂取で亡くなったのは2018年5月。警察がこれを自殺とはせず、他殺として元妻須藤早貴容疑者を逮捕したのが、4月28日。亡くなってから約3年経っての和歌山県警の執念とも言えます。

3年間にわたってほぼ、「紀州のドンファン事件」についての情報が洩れ伝わらなかったので、「事件解決に何年かかるのか」との疑問を抱いていた矢先でした。

和歌山県内での近年の大事件と言えば、「和歌山カレー事件」があります。

「ほぼ状況証拠だけで逮捕・検挙したこの事件ですが、後に『鳥取保険金事件』『首都圏不審死事件』など状況証拠のみで逮捕したケースが続きました。死刑判決までもっていきましたが、今回の事件もそういった様相を呈しています」(都内・弁護士)

紀州のドンファン不審死事件 なぜ妻は『バイキング』に独占インタビューをさせたのか | TABLO 


前例主義と言われている日本の裁判です。今回、送検となれば一気に裁判の流れが加速するケースも考えられます。

当初から逮捕を知っていたかのようなネットの書き込みもありましたが、せいぜい逮捕前日か近辺。が、前記した「和歌山カレー事件」は現在の林眞須美服役囚の言動を追っていましたし、「首都圏不審死事件」もそうでした。しかし、「紀州のドンファン事件」はそんな兆候はありませんでした。和歌山県警のやり方は今後、大事件の際のメディア対応のひな型になるかも知れません。

「ほぼ状況証拠で逮捕に踏み切った和歌山県警ですが、和歌山カレー事件の前例がある上に覚醒剤入手ルートと売人をある程度、絞っているのではないでしょうか」(現役警察官)

やはり同じく逮捕された元プロ野球選手(現在は更生中)も売人が特定されたようですし、メディア内では取引場所から「群馬ルート」と呼ばれていました。さらに大元の組織もメドをつけていた為か、ガサ入れも別件で行ったようです。

覚醒剤を飲ませる手口はあまり聞きませんが、実は一部ではやっています。例えば恨みのある人間をはめる時、ホテルの一室で話し合いの場を設けます。「お茶をどうぞ」など言って湯呑を出します。そこに覚醒剤を混ぜておきます。苦味のあるお茶であれば、少量の覚醒剤ならごまかせます。その後、警察に密告。その人間が任意で事情聴取され、尿検査されれば当然、覚醒剤反応が出ます。このようなやり方をする裏社会の住民もいます。

すなわち、「やり方が裏社会」的なのが気になるところです、須藤容疑者は犯行当時20代前半。もし殺害を計画するなら1人でそのような事が出きるでしょうか。

つまり

1・覚醒剤を飲ませるという発想

2・覚醒剤を実際に入手する方法

1と2を満たす条件を須藤容疑者が備えているとは考えにくいのですが……。とはいえ、「事実は小説より奇なり」。事件には必ず前例があると言われており「太陽の下に新しきものは無し」なのですが、近年だと「座間9人殺害事件」のような奇異な事件も起きています。複数犯、もしくは教唆した人物がいると思うのが普通ですが「座間9人殺害事件」のような単独犯もいます。今回は恐らく20日間勾留の上、保釈はつかないでしょうから後は須藤容疑者の自供を待つほかないのですが……。(文@編集部)

『君は可愛いから特別に教えてあげられるよ』 紀州のドンファン不審死現場で不審人物が大立ち回り! | TABLO 

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_476097562b5a oa-rp11418_0_3a007590b57a_僕が新入社員の時に感じた会社の「謎言葉」と「謎習慣」 新入社員の皆さん、悩む必要はありません 3a007590b57a 3a007590b57a 僕が新入社員の時に感じた会社の「謎言葉」と「謎習慣」 新入社員の皆さん、悩む必要はありません oa-rp11418

僕が新入社員の時に感じた会社の「謎言葉」と「謎習慣」 新入社員の皆さん、悩む必要はありません

2021年5月1日 06:00 TABLO

新入社員の皆さん、会社には慣れましたでしょうか。大学生から社会人へといきなり環境が変わるのですから、戸惑う事があるのは当然です。悩まなくても大丈夫。諸先輩方も皆、悩んできた訳ですから誰でも通る道です。個人的な事で恐縮ですが、僕が大卒で入社した会社は現在の編集者ではなく、産経新聞の子会社の広告代理店・マーケティング会社でした。そこでは営業部でしたが、大学生とは別の言論空間が広がっていました。覚えている限り、列挙したいと思います。

1・「お世話になっております」

先輩社員の電話の受け答えで上記の言葉は未だに、カルチャーショックでした。むしろ言わなければ失礼にあたる修辞なのに、です。ですが、「知らない会社から電話がかかってきて、お世話になっているかどうかわからないのにナゼ?」と思っていました。言葉通り取れば「その人にお世話になっているかを分からない」のですが、お世話になっている場合、一応言った方がよいビジネス挨拶なのだなと、割り切っています。もっと気合を入れる時は「いつもお世話になっております」になります。当時の違和感は未だに持っています。

2・「ご苦労様です」

これを言ったら注意されますね。一応、外注の方に向かって言うような言葉です。いや、それでも不遜です。上司から部下に向かって言う言葉とされています。ですから、この言葉はもう僕は使用していません。「お疲れ様です」が無難です。これは上の立場の方に向かって言うので、どういうケースでも失礼に当たらないでしょう。むしろ上司が部下に言うと「謙虚な人だ」と評価があがる可能性もあります。「実るほど頭が下がる稲穂かな」の精神を忘れないようにしていきたいものです。

3・名刺交換する時に手を合わせる

これも編集者ペーペー時代に受けた洗礼です。営業ではこういう事、しなかったのでカルチャーショックを受けました。名刺は通常、相手が出すまえにきちんと両手で持って、先に出して、相手の名刺は両手で受けるのでベストです。で、商談の際は名刺は机の上に、相手の正面に顔と名前が一致するように置くのが礼儀。これで十分なはずですが、営業から編集になった時、ライターさんと名刺交換する時(年上です)両手を合わせて拝むような恰好をして受け取る人がいました。


これって流行りでしょうか。1990年代には結構いらしゃったように思います。まだ若僧だった僕も、「カッコイイ」とか思ってしまい真似をした時期がありましたが、誰がいつやり出したのか周囲の編集者、ライターに聞いても不明です。僕は今はやっていませんが、つい当時の癖で出てしまう時があります。

4・「了解しました」

これはメールで使用される文言と思われます。ここ数年、使われているのではないでしょうか。僕も「了解しました」という文言をメールで受け取った時、ほんのわずかな違和感を覚えましたが、送ってきた人がかなりのベテランライターでしたので、「では使ってもいいのかな」と思い、度々使用していました。が、ある本を執筆中、版元は日本を代表する大手出版社だったのですが、やんわりと「了解しましたって人によっては失礼にあたるみたいですね。『承りました』を私は使っています」と言われました。なるほどと思い、その人との関係性に応じてですが、その後「承りました」を使用するようにしています。

「ちょっと待って」暗がりから誘う声…3度目の宣言下で”隠れ営業”の飲食店も | TABLO 



5・「拝」or「再拝」

テレビ朝日のコメンテーター玉川徹さんが「新潮社の人とメールでやり取りしていて出版社の人って最後に名前を書いた後、『拝』ってつけるんですね」と驚いていました。これって僕も「拝」をつけますが出版社だけではない気がします。ライターさんも「拝」をつける人とつけない人がいます。

で、僕が付き合いのある人たちで言うと右翼民族派の皆さんは「拝」をつけている気がします。そこからの流れなのでしょうか。これを付けるとやはり丁寧感が相手に伝わるので、新入社員の方がこれを使ったら「デキる」と思われるか「堅苦しい」となるか、でしょう。因みに返信した際にさらに返信だと「再拝」とつける人に会った事があり、丁寧過ぎて僕はちょっと引きました。

6・「幾重にもわたってお詫び申し上げます」

産経時代に先輩が電話で平謝りしていました。「おっしゃる通りです」「ごもっともでございます」。耳に入ってくる謝罪の言葉群。そしい未だに覚えているのが

「幾重にもわたってお詫び申し上げます」

でした。これは大卒新人の僕にとってはカルチャーショックで、会社員というものはこんなに丁寧に謝罪するものなのか。これは誠意が伝わるはず。僕も使おうと思ったものでした。が、何年か社会人生活を経ていくうちに、編集者になって行く訳ですが政治家の謝罪に「幾重にもわたって」は結構使われているんですね。「定型文か」と、それまで先輩の真似をして抗議に対して使用していましたが「幾重にもわたって」の重みが無くなっていきました。「定型文じゃん」と相手に思われたら損です。「自分の言葉」で謝る時は謝りましょう。

7・時計を内側に回しておく

これは礼儀と言えば礼儀です。打合せが伸びた際、時計を見る時に視線を落とすだけでOKです。腕を見ると動作がどうしても大きくなり、相手に気を遣わせてしまいます。なので、これも先輩社員から教わったのですが、時計の文字盤を内側に向けておくようにしていました。ちょっとした事ですが、いかがでしょう。


以上、新入社員のときに受けたカルチャーショックや勉強になった事を羅列してみました。参考になれば幸いです。(文@久田将義)

日本大使館が性接待疑惑 ゴルフに食事に女…タイ大使が受けた信じられない“恥ずべき行為”がすっぱ抜かれる! | TABLO 

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_476097562b5a oa-rp11418_0_8444c51d2ab7_大使がナイトクラブでコロナ感染!? 前代未聞の『ヤリ部屋付き飲食店』で売春接待か タイの大手新聞も報道で現地も大騒動に 8444c51d2ab7 8444c51d2ab7 大使がナイトクラブでコロナ感染!? 前代未聞の『ヤリ部屋付き飲食店』で売春接待か タイの大手新聞も報道で現地も大騒動に oa-rp11418

大使がナイトクラブでコロナ感染!? 前代未聞の『ヤリ部屋付き飲食店』で売春接待か タイの大手新聞も報道で現地も大騒動に

2021年4月30日 13:50 TABLO

 

2021年4月27日の朝、タイの大手新聞のオンラインメディアで、大手ニュースメディアのMGR Onlineが、CRJA(チョンブリラヨーン日本人会)と梨田大使の、買春接待を含む違法接待の疑惑などが日本メディアで報道されている事を特集で伝え、タイ国内で大きな反響を呼んでいます。

MGR Onlineは月間の訪問者数が約1723万人(2021年3月度推定)のタイの大手ニュースサイトです。

実際のMGR Onlineの記事は以下からご覧下さい(タイ語記事となります)。



MGR Onlineの特集では、まず日本の大手週刊誌FLASHの記事を紹介。

記事内容は、以下のFLASHの掲載内容を正確にタイ語にして伝えていますので、こちらでご覧下さい。

(Flash掲載版)

https://smart-flash.jp/sociopolitics/138895

PJA NEWSでも、このFLASHの記事については、元外務省主任分析官の佐藤優氏の有識者コメントについて、独自に解説をする記事を掲載しています。

日本)CRJA怒和顧問らの「クリスタル」の実情が報道!有識者コメントに解説 https://pattayaja.com/2021/04/13/20031/

続いて、MGR Onlineでは日本のアエラの記事を紹介。

本記事は、日本では週刊朝日にも紙面に要約版が掲載されています。




記事の中で、特に「クリスタル」でのパーティーを行ったシラチャの日本人会であるCRJA(チョンブリラヨーン日本人会)の怒和顧問(当時)らの問題を指摘。これについてCRJAは、「(CRJAの怒和氏らの)私的な集まりだ」と日本メディアにコメントしているが、日本メディアが疑問を呈している事を伝えています。

これについて、具体的な内容は、アエラ配信版の日本語の元記事が正確に書かれていますので、アエラ配信版の一部を以下に転載します。

『3月25日に梨田大使が出席した、外務大臣表彰の伝達式には、タイ東部を拠点に活動する「チョンブリ・ラヨーン日本人会」(以下、日本人会)の顧問<当時>が出席していた。また、同顧問は自身のフェイスブックで新型コロナに感染したことを報告している。関係者によると、同顧問だけでなく、複数の日本人会関係者が、同じ日に「クリスタル」を訪れていたことが分かっている。

チョンブリ、ラヨーンはタイ東部の地名で、港や製造業の工場が集積する工業エリアだ。日本企業も複数の拠点を置いており、日本人会には自動車メーカーなど大手製造業の現地法人が会員として名を連ねている。

一方、一連の事態に関する取材を申し込むと、日本人会の担当者は8日、「感染が確認された顧問は3月16日の総会で退任が決定していた。当会は4月1日より新役員で運営している。3月25日の式典は、団体とは一切関係が無い」と話し、説明責任はないとの考えを示した。複数の日本人会関係者がクリスタルを訪れ、感染者が出ていた事態についてもコメントしなかった。

ところが一転、日本人会は9日、「新型コロナウイルス感染拡大に伴う一連のマスコミ情報について」と題した声明を発表。

「報道されている式典および懇親会は、チョンブリ・ラヨーン日本人会の主催した催しではない」と主張した上で、「参加された日本人の中に当時の役員が含まれている事実を把握している」と説明した。』

続いて、MGR Onlineでは日本のデイリー新潮の記事を紹介しています。


新潮の記事からは、梨田大使について妻が元キャビンアテンダントであり、子供3人がいる事、また外務省内の以下のような声を紹介。

「入省後は一時、エース級が投入される総理秘書官への抜擢も噂されましたが、粒揃いの同期に押され、なれぬまま。次官コースから外れたとはいえ、まじめな仕事ぶりは評価されていて、最終的にODA(政府開発援助)を所管する国際協力局長から、省内でもアジアの中ではランクの高いタイへと2019年に赴任しました」

そして、梨田大使の母親のコメントを掲載しています。

参考記事:マリエショック続く 「逆枕営業」もあった 有名ベテラン女優が若手ADに | TABLO


このように、CRJA(チョンブリラヨーン日本人会)の怒和氏らと梨田大使の問題は、日本メディアの内容が、タイの大手メディアで特集され、報道されています。

このMGR Onlineのタイ語報道は、タイの多くの国民の方は勿論ながら、タイ政府の各省庁や機関、捜査機関も含めて見ているので、このようなCRJA(チョンブリラヨーン日本人会)の怒和氏らと梨田大使の問題は、国際問題となってしまっていると言っても、過言ではありません。

一方で、当のCRJA(チョンブリラヨーン日本人会)は以下記事の通り、規定で定められている会員への情報開示もせずにおり、さらに批判が高まっています。既に、コンプライアンス意識が高い会社など、良識ある会社で本問題を知りもしなかった会社などからは、改革を求める声が多く集まりつつあり、臨時総会の開催要求も高まっています。また、既に退会をした会社も、大手自動車メーカーなど含めて出てきています。

タイ)CRJA(チョンブリラヨーン日本人会)が情報開示をせず! 大手自動車メーカーまで退会 https://pattayaja.com/2021/04/26/20308/

このCRJAという日本人会のある現地のタイのシラチャでは、PJA NEWSでも以前お伝えした通り、CRJA(チョンブリラヨーン日本人会)の幹部が、シラチャの女性を持ち帰る事ができるカラオケ店で女遊びをする写真が、タイの人の間で今月初旬ごろから回ってしまっている事をお伝えし、注意喚起を行ってきました。

本日のMGR Onlineの報道と、現在のCRJA(チョンブリラヨーン日本人会)の対応を受けて、この後さらに日本人社会への批判が親日国のタイで広まらないか、心配される状況となっており、この後は日本、タイの両方から、良識ある会社や人からは、さらに批判の声が高まる事になりそうです。

特にタイ国内、チョンブリ県などでは、日本人も感染拡大で皆が苦しんでいる中で、かつ批判を受けやすい状況にありますので、誤解を招くようなことがないように注意しましょう。また、感染を拡大を防ぐために、感染防止対策を徹底するようにしましょう。

この後の動きについても、引き続き続報の予定です。(※本記事は、タイのニュースを伝えるPJA NEWSの記事を元に、タブロ編集部で編集して再構成し、タブロ配信版として掲載しています)

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_476097562b5a oa-rp11418_0_90c212b6d3f8_スタジオで田崎史郎vs玉川徹の喧嘩勃発 「ゲスのカン繰りだ」「僕はゲスなんですか」 90c212b6d3f8 90c212b6d3f8 スタジオで田崎史郎vs玉川徹の喧嘩勃発 「ゲスのカン繰りだ」「僕はゲスなんですか」 oa-rp11418

スタジオで田崎史郎vs玉川徹の喧嘩勃発 「ゲスのカン繰りだ」「僕はゲスなんですか」

2021年4月29日 10:02 TABLO

政治ジャーナリスト田崎史郎さんが言い放ちました。

「それはゲスの勘繰りと言うものです」

29日、8時から放送されている『羽鳥慎一のモーニングショー』(テレビ朝日系列)の一場面。どうしても東京オリンピックを開催したい日本政府の状況を解説する田崎氏。それに対して、テレビ朝日社員のコメンテーター玉川徹氏が「僕にはどうしても開催する意味が分からない、お金のためなのか。これまで投資してきましたから。それともオリンピックが終わって日本が盛り上がった情況のまま総選挙にもっていくためなのか」

それに対して田崎氏が冒頭の言葉を放った訳です。玉川氏が「あー、僕は田崎さんから見たらゲスなんですか。でも知りたいんですよ、政治評論家の意見を」とかえします。田崎氏は「僕は自分のことを政治評論家と言った事は一度もありません」。それに対して玉川氏が「じゃあ、政治ジャーナリストとして」と「論争」ではなく口喧嘩の様にヒートアップしたところ羽鳥アナウンサーが、引き取るといった状況でした。


さて、なぜ田崎氏は「ゲスの勘繰りだ」と言ったのでしょう。本サイトが取材したところ「ゲスの勘繰り」ではないと判断しています。なぜなら実際、自民党関係者に聞くと一年前から「総選挙はオリンピックの後からやりたい」と言っていました。

「それが理想ですよ。菅さんは人の話は聞くんだけど、一度決めたらもう誰の言う事もきかないんですよ。だから支持率降下にもなっているのでは。次の総裁は誰なのかは党内でも話題に上っている。例えば河野太郎さんとか」(自民党関係者)

オリンピックや国民栄誉賞を政局に利用してきた歴史が、恐らくあるだろうと言う事は国民の大部分が感じていると思います。けれどそのモヤモヤは「感動を与えてくれたアスリートに感謝」という気持ちが強まっているので、モヤモヤ感を上回っています。

「米国人は東京五輪を見ないかもしれない」日米首脳会談で垣間見えた落とし穴 | TABLO 


「田崎氏のように政権に入り込んでいる人がオリンピック後の総選挙が理想、という事は分かり切っているはず。また、玉川氏は逆に自民党には恐らく取材出来ず、取材した記者から情報を得ているのでしょう。因みに田崎氏とともによくテレビ出演する政治アナリスト伊藤敦夫氏も自民党から直接情報を得ることも無理みたいですね。一時、自民党を出た人間にはあの党は厳しいですから」(大手新聞社社会部記者)

田崎氏が激怒した理由は自民党の焦りそのものだと思われます。菅政権発足後、始めての国政選挙で自民党は三敗。特に、保守が強い広島で負けた事には党内からも「菅さんではダメだ」という声が上がっています。ではどうすれば良いのか。「オリンピック開催が必要論」が強まっているのが自民党党内で取材すれば事実として、聞えてきます。

と、ともに「私らにもワクチンを早く打ってほしいですね。政府は遅れています」(自民党関係者)。政府というのは「菅政権」の事を指している訳ですが、要するに「オリンピックはやるべきだが、1人の人間としてコロナは気をつけなければならない」という雰囲気が自民党内にまん延しているようです。

田崎氏はですから、玉川氏の問いに例え挑発的であっても「政局に利用している雰囲気はあるでしょうね」と素直答えればよかったのです。これからも田崎史郎さんのご活躍に期待です。彼を見ていれば政府の雰囲気が垣間見えてくるという意味で貴重な存在ですから。(文@編集部)

米NBCの放送準備は間に合うのか

東京五輪「最大のスポンサー」の気になる動向 | TABLO 

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_476097562b5a oa-rp11418_0_39a93ec68422_紀州のドンファン事件で元妻逮捕 野崎さんを巡るアヤシゲな人々 39a93ec68422 39a93ec68422 紀州のドンファン事件で元妻逮捕 野崎さんを巡るアヤシゲな人々 oa-rp11418

紀州のドンファン事件で元妻逮捕 野崎さんを巡るアヤシゲな人々

2021年4月28日 09:00 TABLO

紀州のドンファンこと、野崎幸助さんが覚醒剤の「摂取」で亡くなった事件。逮捕されたのは元妻の須藤早貴容疑者。和歌山県警の執念と言うべきか。覚醒剤の入手ルート(殺人事件では凶器の断定が重要)を最もポイントとされていましたが、ある程度、メドがついたのではと見られています。

覚醒剤はどこから入手できるのかと言うと、暴力団ルートがまず考えられます。すなわち簡単に入手できるものではありません。

「和歌山県警の今回の『緊急逮捕』は覚醒剤入手ルートに関して立件できるくらいの『状況』が固められたとみています」(週刊誌記者)

紀州のドンファン変死は『殉愛』なのか裏社会が絡む『殺人』なのか、和歌山県警の手腕が問われる | TABLO 



また、今回は状況証拠で逮捕ですが、それで立件したケースで言えば首都圏不審死殺人事件、鳥取保険金殺人事件。和歌山だと和歌山カレー事件が挙げられます。奇しくも三件ともも女性が服役囚(死刑確定囚)です。因みに須藤容疑者の「前職」もネットをにぎやかしました。前職がセクシー女優だったというので、いわゆる「AVソムリエ」が作品を「特定」などしました。

「紀州のドンファン事件」では須藤容疑者だけではありません。もう一人、思い出されるのが情報をメディアに小出しにしていたフリーライターのY氏でした。

「現場でぐったりとしていた野崎さんを発見したのは須藤容疑者ですがY氏もすぐに駆けつけていたはずです」(前出・週刊誌記者)

Y氏に関して言えば、『紀州のドンファン』という自伝を執筆。かなり近い存在でした。事件翌日には、和歌山に来ています。和歌山県警にとってはメディアに情報を売るので「うるさい存在」とも言われています。Y氏が情報をメディアに売る際、結構な額の取材費などを請求し、評判は良くありませんでした。Y氏がこの件に関してどのような動きを見せていたのか、気になるところです。(文@編集部)

歌舞伎町ホストとキャバクラ嬢御用達とも言われるマンションにドンファン新妻の部屋か|本橋信宏 | TABLO 

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_476097562b5a oa-rp11418_0_650e7a590476_東京で緊急事態宣言 私がなぜ「コロナ楽観・経済重視論」を主張するのか 小林よしのり氏の考えに共鳴する理由│中川淳一郎 650e7a590476 650e7a590476 東京で緊急事態宣言 私がなぜ「コロナ楽観・経済重視論」を主張するのか 小林よしのり氏の考えに共鳴する理由│中川淳一郎 oa-rp11418

東京で緊急事態宣言 私がなぜ「コロナ楽観・経済重視論」を主張するのか 小林よしのり氏の考えに共鳴する理由│中川淳一郎

2021年4月23日 06:00 TABLO

このたび、TABLO編集長の久田将義氏からこんなメールをいただいた。ここではザックリとコロナに対する「慎重派(人命尊重派)」と「楽観派(経済重視派)」の違いについて書く。恐らくTABLO読者の皆様からすれば「バカじゃね?」と私のことを思うだろうが別にそれでいい。コロナについてはもう政治的思想にも似ており、生半可なことでは互いに理解できることはない。よって私も理解を求めたいわけでもない、あくまでも下記で紹介する久田氏からのメールでの依頼に応えただけの話である。


TABLOについては概ね「慎重派(人命尊重派)」の論調であり、私は「楽観派(経済重視派)」。私自身、普段からいわゆる「党派性」というものは「一切ない」スタンスである。その都度直感で判断するものだから、「ブレてる」と言われることもある。だから、現在一部のリベラルを除き、ボコボコに叩きまくっている車椅子のコラムニスト・伊是名夏子さんに対しては「あなたの言いたいことは分かる」というスタンスを取っている。意外に思う人もいるだろうが、そこは先週売りの「週刊新潮」で明確に記している。さて、久田氏からいただいたメールを紹介する。

“中川さんが展開しているコロナについてのお考えを、今週末あたりに頂ける事は可能でしょうか。実は僕も吉田豪君も過去に小林よしのりに名指しとイラストで悪く書かれた事があり、それはそれで全く構わないのですが、勉強のため中川さんのようなお考えのご意見も掲載したいというのが僕の本サイトのコンセプトであります。”

なるほど、久田氏と吉田氏と相反する私の考えも聞いておこう、というフェアなオファーである。誠にありがたい。ここに至るまでの流れをザックリと振り返ってみる。

●久田将義・吉田豪vs小林よしのり勃発

2020年4月12日に吉田豪氏が小林よしのり氏の『ゴーマニズム宣言』(週刊SPA!連載)のコマの一部をツイッターで紹介。その後4月20日の久田氏と吉田氏の生配信で「【久田将義×吉田豪】小林よしのり先生の不思議なコロナ論」

https://www.youtube.com/watch?v=UNneeK2pwJw が登場(いずれも内容は後述)。この中継を受け、小林氏は5月に『ゴーマニズム宣言』で「吉田豪という臆病者」という回を執筆した。

久田氏は小林氏にニコ生出演オファーを電話とメールで出したものの、拒否されている。

それに対して久田氏は『小林よしのりさん、とことんダサイですね。事務所に名乗って僕が直電して出演依頼しましたが、ブログで逃げ口上。そんな事なら始めからイキらなければいいのに。「わしは不良だから」とか。笑えますよ』とツイートした。

国内最大の風俗街「吉原ロックダウン」 現役コンパニオンが本音「超濃厚接触を拒まずに来る感覚が理解し難い」 | TABLO 


そこから先は分からないが、久田氏にとっては個人的に親交のある(連載させていただいているのだから当たり前だが)私に「(小林氏と考えの近い)中川さんの意見を聞かせてほしい」というオファーをくださったというわけだ。

なお、吉田氏がツイッターにUPした「ゴー宣」のコマに出たセリフは以下の通り。

「死ぬのは基礎疾患のある高齢者だけだぞ。だったらインフルエンザと変わらんじゃないか!」

「インフルエンザは『高齢者の最後の命の灯を消す病気』といわれるが、新型コロナも同じだ。これで死ぬのは寿命だろう」

「寿命が来た老人を延命させるために、自粛自粛で若者の活力を奪い、経済を失速させて、倒産・失業を増やして、また自殺者3万人の世の中にするのか?」

「コロナは神様の警告だ。まずはこの程度の安全なウイルスで警告を与えてくれた神様に感謝しなければならない」

●2020年4月20日、久田将義と吉田豪のコロナに対する捉え方と小林よしのり評

番組中で吉田氏はこれらを読み上げ、久田氏は「長谷川豊と同じ」と述べた。「人工透析患者は死ね」発言で知られる長谷川豊氏(以後謝罪・改心)にたとえたわけだ。ここから先は私の意見に入る前に、お2人の中継動画の発言を紹介する。

「一理はあるが、命よりもまずはお金をなんとかしないというのは、意識高い系の人はお金が前に立っている。経済は当然重要だが、脅えるよりも経済重視となると、『老人はどうせ死ぬんだし』という発想の先は『障害者は救わないでいい』、と同じ発想」(吉田)

「同じだね」(久田)

「経済的な意味がないなら、という発想になるので怖い」(吉田)

「逆張り的なことを言うじゃないですか。炎上を狙ってるのかもしれないが。(そんな論に)耳を貸したくない。逆張りいらない。真っ当な人と話をしたい。逆張りに見えます。そういうのはいらない」(久田)

「日本だけがコロナに凄いという論を書くらしい。本当に?」(吉田)

「死亡者の人数が少ないと言いたいのでしょうが、小林さんって感染学の人でもない。それでも分からない人が多い。研究者でもない人が研究者でもないことを言う。『世紀末』ではないが、真っ当ではない。真っ当な人が通じる世の中になってほしい。(中略)軽々しく言うものではない。嫌いですね」(久田)

「怖いのが、自粛が続いて、経済的にドーンと落ちて、やっぱりよしりんの主張正しいんじゃね? という声が増えたら怖い。現状は違うが2-3ヶ月で変わったら空気が怖い」(吉田)

「いつ『よしりんいいこと言ってる!』となってもおかしくない。この発想が主流になったら世界から孤立する」(吉田)

「さすがにならないと思うけどね。政治家あたりが釘刺すと思うけど」(久田)

●「小林よしのり一派」は一体何を考えているのか

これがまさに私が本稿を書いている2021年4月22日のほぼ1年前の4月20日の話である。お2人が言うように、小林氏の発想は主流にはなっていない。2020年4-6月のGDPは前年同期比マイナス28.4%、完全失業者数は2020年1月の約150万人から2020年1月は194万人になった

https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/covid-19/c03.html#c03-1。

これだけヤバくなってもやはり「人命の方が大事」という状態なのに緊急事態宣言発出を求める声が70%を超えているわけで、小林氏の意見はまだまだマイノリティで久田氏と吉田氏が心配するような状況にはなっていない。

「世界から孤立する」という発言は出てきているが、各国でこの手の考えは出まくっているし、スウェーデンはノーガード戦略で当初から異端であり続けている。アメリカの共和党系の州はマスクを外すよう呼びかけたり、アメリカやオーストリアでは「マスクを焼くイベント」が行われたり、欧州各国では自粛・ロックダウンに反対するデモが発生している。テキサス・レンジャーズの試合では、キャパ4万人の球場が大入りでマスク装着率は低い。いずれもワクチン接種率は日本よりも高いものの、比較にならないレベルで被害の多かった国だ。

吉原・現役コンパニオンが岡村隆史に苦言 風俗がなかったら生きるのを辞める人もいる 地雷を踏んだ岡村は風俗店出禁も!? | TABLO 


小林氏の2020年4月段階の意見は、テレビ番組がしきりと喧伝した「コロナはヤバ過ぎます」「PCR検査をして隔離しなくては感染拡大します」「ロックダウンに匹敵することをしなくては感染は収まりません」「出歩いては行けません」「我慢のゴールデンウィークです」から見れば完全に暴論である。

で、あれから1年。

同じことやってないか?

これに対して『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で2021年4月22日、玉川徹コメンテーターは「(PCR検査をとにかくやれ!を含め)ずっと同じことを僕は言い続けていたのに政府が対応せず虚しい」といった趣旨の発言をした。ツイッターの声を見るとこれに同調する声が多かった。

実は私も2020年5月までは久田氏、吉田氏、玉川氏とまったく同じ意見だったが、以後「これって大したことないんじゃないか……」と思うようになっていったのである。「宗旨替え」したわけだが、その根拠はまさに「直感」「実感」とでもいうもので、結果的に2020年に約3400人、2021年に入ってから約6000人が亡くなったウイルスに「世間が振り回され過ぎた」と感じてしまうのだ。実際に自分の知り合いで陽性者は1人。死者はゼロ。人であふれかえる渋谷や新宿の街を歩いていて、突然「うぎゃー、コロナが苦しい!」なんて言い出す人を見たことはない。この1年半以上一度も病院に行っていない。散々宴会をしまくっている身なのにまったく陽性にならないばかりか、この16年間私は一度も風邪さえひいていない。

 



唯一苦しかった病気は2015年8月の「扁桃周囲膿瘍」という細菌性の喉の病気で、これは3週間喉が痛く呼吸が苦しく喋ることさえできないもの。固形物が食べられずひたすらゼリーを食べる生活だった。55kgあった体重が50kgになるほどだった。同じ病院に2回行ったところ「夏風邪ですね」と薬を処方されたがまったく治らない。それで別の耳鼻咽喉科医院に行ったところ、医師は「うわっ! アンタ、扁桃周囲膿瘍だ! なんでここまでヒドくなるまで病院こなかったの! 明日まで放置していたら窒息して死んでいたよ!」と言い、喉の奥に注射を刺した。12ml入りの注射の中に緑の膿がドカドカと入ってきた。

医師は「うひゃー、こりゃすごいわ。ちょっと、今日全部取るのも危ないので明日もう一度来てください。でも大分楽になったでしょ?」と言われた。確かに喉の痛みは激減した。呼吸の通りも良くなった。そして適切な薬を処方してもらい、翌日も同じ医院へ。再び膿を取ってもらったが、この日は血も混じり緑度合いは減っていた(写真参照)。これで完治したのだが、要するに1軒目がヤブ医者だったのだ。「喉が痛い」と言ったら「はい、夏風邪ですね」で終わりだったのだ。

こんなヒドい経験をしているだけに、「人間いつ死んでもおかしくない」「コロナよりヤバい病気はたくさんある」という考えているほか、20代・30代の知人は5人自殺している。いずれも原因は鬱病である。こうしたことから「世界各国はさておき、日本では騒ぎすぎじゃないか?」と考えるようになった。

今年1月6日段階の死亡者数は10歳未満と10代は0人、20代2人、30代10人、40代32人、50代97人、60代293人、70代839人、80代以上2141人の合計3470人。これを見て「寿命が来たんじゃないの?」と考えるのが私の実感である。今年は増えているが、これも昨年来るはずだった寿命が手厚い看護により、1年越しで訪れたのかもしれない。そして若い命を奪う鬱病の方がよっぽどヤバくないか、とも思う。これはもう一人一人の価値観の違いであり、我々は少数派。だから「コロナはヤバ過ぎます」と考える人に対して改宗を迫る気も一切ない。そしてそう考える人もいちいち私を説得してもらいたくない。

横浜刑務所で102人のクラスター 陽性反応の服役囚からの手紙 「受刑者にはマスクもさせず……」 | TABLO 


「お前のせいで誰かが死んだらどうするのだ!」形式の批判もまったく心に響かない。人間は新型コロナ以前から誰かに何かを感染させて殺しているかもしれない。昨年愛知県で多数登場した「オレコロナ!」と叫び、周囲にうつそうとした男は論外だが、体の不調がない人間が自由に動き回って何が悪いのか? と思うのである。それなのに「コロナはヤバ過ぎる」と考える人々の恐怖が自治体の首長に伝わり、そこから政府に伝わり緊急事態宣言発出に至る。

過去2回の宣言ってどんだけ効果あったの? 「まん防」の効果は? 海外のロックダウンの効果は? そうしたものの総括がないまま、世間の「空気」によって緊急事態宣言は発生する。

吉田さんと久田さんは心配する必要はない。世間は小林よしのり氏の主張が正しい、という方向にはなっていない。仮に同氏の主張が正しいと感じていても、それを公言すると人でなし扱いされるからするわけがない。

昨年の超過死亡は約マイナス9000。高齢人口が増えているのだから例年毎年2万人死者は増加していたのだから2020年に関しては実質的に3万人減ったこととなる。恐らく2021、2022年はドカーンと死者が増えることだろう。これについては小林氏が「ゴー宣」で述べたように、「寿命が来る」からである。

●結局「最後の一滴死亡」が多かったというデータも、お互い干渉しないのが幸せ

東洋経済オンラインに4月21日に掲載された『コロナ死亡患者の4割が「元々寝たきり」の波紋 療養型病院は注意!札幌市のデータが示すこと』という記事は、神奈川県の阿南英明・医療危機対策統括官と厚生労働省DMAT(災害派遣医療チーム)事務局の近藤久禎次長の対談だ。近藤氏のこの発言は、小林氏の昨年4月の仮説と合致している。

“クラスター発生病院で感染した死亡者のうち72%は「寝た切り状態」だったことがわかりました。これは期間中の札幌市内の全死亡者(223人)の45%に当たります。

つまり、コロナ死亡患者の多くは、さっきの5類型でいえば、➃「最後の一滴死亡」に当たるということです。通常の年でいえば肺炎やインフルエンザで亡くなったケースです。今、第4波に向けて国のコロナ対策は高齢者施設に目が向き始めていますが、亡くなっているのは療養型病院だということを指摘しておかねばと考えました。”

「最後の一滴死亡」とは「元々状態がよくなくて最後の死因がたまたまコロナだった死亡」ということだ。

私は小林氏主宰のコロナ関連イベントにも呼ばれるように「よしりん一派」であるのは事実だ。1年経って私(47歳)より少し年上の久田さん(53歳)と吉田さん(50歳)がコロナに対してどうお考えなのかは分からないが、折り合わないとしてもそれはそれ。このTABLOというサイトを盛り上げたいという気持ちは同じなので、お互いコロナについて考えが合わなくてもそこは干渉しないで言論人たるもの、自分の主張を好き放題すればいい。

結局「人は何らかの理由で死ぬ。高齢であればあるほど死ぬ確率は高まる。『コロナ死でなければ良かったね♪』といった状態になっているのはバカげている」というのが私の考え。これはこの1年3ヶ月の「大変だ祭り」で確固たるものになったし、これから以前の私のようにコロナを怖がり過ぎる側にまわることはないだろう。(文@中川淳一郎 連載「俺の平成史」)

GACKT激白!「狂ってますよ。自分のことしか考えていない」 ロックダウン下のマレーシアから『シンソウ坂上』で日本の現状を痛烈批判! | TABLO 

外部リンク