cat_oa-rp11418_issue_40603275c2cb oa-rp11418_0_40603275c2cb_外国人旅行者激減! 反政府集会で逮捕者! ホームレス増加! いまタイが大混乱中!!! あのパタヤ歩行者天国も死んだ!? 40603275c2cb 40603275c2cb 外国人旅行者激減! 反政府集会で逮捕者! ホームレス増加! いまタイが大混乱中!!! あのパタヤ歩行者天国も死んだ!? oa-rp11418

外国人旅行者激減! 反政府集会で逮捕者! ホームレス増加! いまタイが大混乱中!!! あのパタヤ歩行者天国も死んだ!?

2020年8月10日 14:50 TABLO

コロナ禍の今、タイでは感染防止のために外国人の入国は駐在員や医療目的の少数に限られており、しかも入国後には2週間の隔離義務もあることから、一般の外国人観光客は入国できる状況にはありません。

タイは昨年の2019年、外国人観光客が3980万人も訪れていた観光立国です。

その外国人観光客が突然消えてなくなった事で、タイ国内でも景気は急激に悪化。

その不満は昨年から民主制に戻った現在の政権にも向けられており、各地で反政府抗議集会が頻発しています。そんなタイの変化の様子をお伝えします。



政府への抗議集会が頻発!
2020年7月18日、タイの首都バンコクでは人権派弁護士や学生などが大規模な抗議集会を実施しました。この集会では人権派弁護士が、軍政の流れを継ぐタイのプラユット現首相への退陣などを要求、さらにタイの立件君主制と憲法などを批判していました。

すると2020年8月8日、タイ警察はこの人権派弁護士と学生の中心人物の二人を逮捕。二人の逮捕容疑は抗議集会の際の非常事態宣言法違反容疑、及び扇動罪容疑でした。

 


 

これに激怒したタイの民衆は、バンコクをはじめタイの各地で抗議集会を実施し、抗議の声を上げました。抗議の声は大きく、現場は騒然とした雰囲気となりました。

 


 

8月8日のバンコクでの抗議集会の場所の一つは、日本人観光客も多く訪れるバンコクの高架鉄道BTSのサイアム駅近くのスカイウォーク。抗議集会の現場には警官隊などもかけつけて、外国人も訪れるような場所でも、騒然とした雰囲気となりました。

すると8月8日の午後5時頃、タイ警察は2名を保釈し釈放。これにより抗議集会は一時落ち着きを取り戻し、幸いにして警官隊などと大きな衝突をする事はありませんでした。

参考記事:【胸糞】中年日本人がタイ人女性を侮辱する低俗動画を配信して大問題に! 日本のイメージを悪化させる恥晒しを許すまじ!


観光地などではホームレスが急増、治安も悪化!
このような政府への批判が高まる背景には、タイ国内の経済問題が深刻化している事情もあります。

タイは外国人の入国を厳しく制限し、これによりコロナの国内感染は抑え込んでいますが、一方で年間約4千万人もいた外国人旅行者が突然消えた事で、特に外国人旅行者の需要の大きかった観光都市などでは経済問題が深刻化しています。

特に外国人旅行者が多かった観光都市のパタヤ。パタヤでは現地住民の収入のうち約8割は観光客に関連した収入と試算されています。

その観光客の大半を占める外国人観光客が突然喪失し、さらに外国人観光客がいつタイへの入国が再開されるのかも不明な現在、パタヤ市では多くの人が依然として収入を失い、ホームレスの人口が増加してしまっています。

タイではタイ版の「Go to トラベル」というべき施策により、タイ人の国内旅行の需要は出てきているのですが、この需要はタイ人に人気の一部の場所や内容に限られて限定的であり、外国人旅行者に依存していたパタヤのような街では多くの事業が厳しい状態が続いています。

そのためパタヤでは現在でも、大手のホテルやレストランでも約半数程度しか再開しておらず、このことからホームレスの数もさらに増加してしまっていると見られています。

現在、パタヤのローカルな通りであるブーカオ通り、サウスパタヤ通りなどでホームレスが増加。町中でも、お寺の隅などで眠るホームレスが多く見られます。

 


 

さらに、ローカルな通りにある、外国人旅行者が来なくなって放棄され、使われていないバービアなどでは、ホームレスとなった人々などが生活しています。

 


 

現地の行政当局が調査した所、ホームレスの一部は精神的な異常があるように見え、当局の調査官は別に逮捕しにきたわけではないと説明していても、慌てて逃亡したり、極めて非協力的である事が多くありました。また、ホームレスの一部は犯罪に走る事もあり、治安も悪化。人々は街中でもいつ犯罪に合うかわからなくなっており、社会問題となっています。


この増加するタイのパタヤのホームレスへの当局の調査の模様を、パタヤ現地メディアのThePattayaNewsが伝えている動画が以下のものです(以下はThePattayaNewsの日本語版を配信する公式パートナーのPJA NEWSが、You Tubeにアップして公開しています)。

 


 

このような経済問題から社会的に不満がたまりやすく、これが不安定化の一因となっていると見られています。

 

パタヤ:タイ人観光客で賑わうウォーキングストリートに!
パタヤでは、根本的には外国人旅行者の入国が禁止されている限り、大きな解決は難しいかもしれません。

しかしながら、パタヤで最大の繁華街のウォーキングストリートでは、外国人旅行者の入国が見込めない現在、タイ人の観光客への商売が加速しています。

ウォーキングストリートでも半数以上の店が閉鎖してしまっている中で、にぎやかな雰囲気を出すために、歩行者天国をやめて車やバイクを一方通行で走る事ができるようにし、飲んだ後も目の前でタクシーなどを拾えるように変えています。

そのウォーキングストリートの様子がこちら。歩行者天国のウォーキングストリートを知っている人からすると、驚かされる光景です。

これでも、閉鎖した店が多くて寂しい感じがするよりは、混雑して繁華街らしい方がいいという地元の事業者協会の要請により、車やバイクの侵入が許可されたものです。

 


 

このように、日本人にも人気の観光地のタイでも、コロナ禍の今は大きな変化が起きています。外国人旅行者の入国がいつになるか、今後のタイがどのように変化するか、日本からも注目が集まりそうです。(取材・文◎福留憲治【PJA NEWS】)

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_40603275c2cb oa-rp11418_0_da7c2i3i95yv_第二次岸田内閣のニックネームをつけてみました 旧統一教会の身体検査は大丈夫?│プチ鹿島 da7c2i3i95yv da7c2i3i95yv 第二次岸田内閣のニックネームをつけてみました 旧統一教会の身体検査は大丈夫?│プチ鹿島 oa-rp11418

第二次岸田内閣のニックネームをつけてみました 旧統一教会の身体検査は大丈夫?│プチ鹿島

2022年8月10日 19:37 TABLO

岸田首相が内閣改造をおこないました。

今回の内閣はなんとネーミングすればいいんでしょうか。新聞・通信社から聞かれたのでいくつか考えてみました。まず、

①「慌てて換気内閣」

そもそも内閣改造は9月だと報道されていました。しかし急に前倒し。旧統一教会と自民党の関係が連日報じられているので空気を変えたいという狙いなのでしょう。

でも有効な対策にはなっていない。一つの部屋を慌てて換気したところで自民党という部屋自体はまだ変わりないからだ。「何が問題かよく分からない」と正直に語ってしまった福田達夫先生の言葉がすべてです。

②「国会嫌い内閣」

旧統一教会と自民党政治家の関係は出るわ出るわ、もう多すぎて把握できないくらい。「あいつと一緒にするな」と憤る議員の方だっているでしょう。それなら合同結婚式ならぬ合同説明式をみんなでやればいいと思うのです。場所は新国立競技場でも借りたらいい。

そんなことを考えていたのですが新国立競技場を借りなくても良い場所がありました。それは「国会」という場所です。ここで思いっきり説明や議論ができます。ああよかった。ところが岸田首相は3日で国会を閉じてしまった。国会で旧統一教会も国葬もコロナも議論すればスッキリしたはずなのに。あ、それが嫌だったからなの?

ということはどうしても国会を避けるために知恵を絞ったのが今回の改造人事なのでしょう。お盆週間にもかかわらず懸命に何かやってる感を見せました。これで9月の国会まで時間が取れます。「前倒し」というより「後まわし」です。

岸田首相は今年初めに国会が始まる前にも議論を呼びそうな法案を避けました。そうしておいて波風立たせずに7月の参院選までいこうという作戦をとったのです。選挙結果を見てその作戦がうまくいったと判断したのでしょう、また今回も後まわしです。岸田首相はもしかして国会が嫌いなのでしょうか。

【防げた事件ではなかったのか】安倍元総理銃撃事件 「銃声の種類など関係ない。テロに対する意識の欠如が問題」(現役警察官) | TABLO


③「風船おじさん内閣」

自民党内で第4派閥の岸田首相は党内基盤が危うい。なので世論にウケるのがすべて。就任以来、何か言って評判が悪いとすぐに修正しました。しかし先月末の共同通信の世論調査で支持率が12%下がりました。あれがショックだったに違いない。なので今回慌てて世論対策です。ふわふわと漂う風船みたいです。

世論次第でふわふわ浮かんでいた岸田さんですが、安倍元首相の国葬問題は早々に決めてしまった。よりによって世論は割れています。反対の方が多いくらいです。この国葬問題は旧統一教会と同じくらい、いやもしかしたらそれ以上にダメージが大きいのでは。聞く力と言っていた首相がここで悪手を打ってしまったのだ。これは今後にも響くと思います。

というわけでいくつかネーミングを考えてみました。皆さんはどんな名前が浮かびましたか。(文@プチ鹿島 連載「余計な下世話」)

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_40603275c2cb oa-rp11418_0_je0xono8ppnh_キムタクが憧れたジャニーズ伝説のバンド「男闘呼組」再ブレイク 成田昭次はとんかつを揚げながら活動 je0xono8ppnh je0xono8ppnh キムタクが憧れたジャニーズ伝説のバンド「男闘呼組」再ブレイク 成田昭次はとんかつを揚げながら活動 oa-rp11418

キムタクが憧れたジャニーズ伝説のバンド「男闘呼組」再ブレイク 成田昭次はとんかつを揚げながら活動

2022年7月26日 09:38 TABLO

「過去の音源はヤフオクで高値がついています。限定活動中にライブ映像、新音源をリリースするなら、仮想通貨的な投資価値を付加したNFTが良いと思います、日本を代表するメタルバンドLOUDNESSのNFT音源も大成功収めたように需要あります」

とITコンサルタントからも注目されているのは「男闘呼組」。ジャニーズ事務所の伝説のロックバンドです。デビュー35周年を迎える2023年8月までの限定活動を発表し、トレンド入り。「男闘呼組」は、成田昭次、高橋和也、岡本健一、前田耕陽、現在53歳の「イケおじ」四人組。

7月16日に放送の『音楽の日2022』(TBS系)に出演して演奏すると多くの視聴者がYouTube等のSNSに歓喜の投稿。

「テレビの画面をそのままスマホで撮影。視聴者が一緒に歌ったり、家族団欒したりしている音声が入っているのが特徴かもしれません」(YouTubeウォッチャー)

また、男性ファンも多かったようです。

「BOØWYやZIGGYをコピーした元バンドキッズのオジサンたちが、青春期に密かに憧れて個人でコピーしたバンドが男闘呼組でした。ジャニーズアイドルゆえ、学園祭で演るのは憚れたようです」(週刊誌記者)

「ジャニーズ史上最も硬派なロックバンド」と呼ばれた「男闘呼組」は、1988年にデビュー。4人の主演舞台の千秋楽の1993年6月30日に高橋和也が解雇され、活動休止。大人気の最中に突然活動を休止したので伝説となりました。代表曲「TIME ZONE」等は、ジャニーズ事務所の後輩の亀梨和也、加藤シゲアキ、岡田准一等にイベント等で歌われてきました。

「楽曲は若い世代のジャニーズファンにも知られていました。本家が歌うとカッコいいとの絶賛されました」(芸能ライター)

今回の再結成は、高橋と前田が軸になっていたようです。

「二年前にコロナ禍で舞台公演等ができずにYouTubeに注力していた前田耕陽が高橋和也とオンラインセッションで代表曲『DAYBREAK』を演奏したのが始まりでしょう。成田、岡本のパートは空けて、帰りを待つかのようでした」(スポーツ紙記者)

成田に続いて、前田、成田もジャニーズ事務所を退社。岡本は、昨年ジャニーズ事務所とエージェント契約に切り替え、自身のバンド「ADDICT OF THE TRIP MINDS」を再始動したことも男闘呼組再始動のきっかけになったようです。

54歳で再ブレイクの予感!? 少年隊の錦織一清が再評価! コロナ自粛で暇な人たちが家でYouTubeを観てドハマリ中!! | TABLO 



キムタク(木村拓哉)にギターを教えた先輩として知られる岡本の華麗なステージアクションにも注目が集まります。

「ギターを低く構えて、派手にカッティングしたり、屈んだり、腕をあげたりするのが『オカケン弾き』と言われ、注目されています。ジミー・ペイジの流れ、44マグナムの広瀬さとしJIMMY風かもしれません。

1990年には、LAメタルバンド、モトリー・クルーの来日公演のアリーナ席でヘッドバンキングしていたオカケンですが、バンド活動を休んでいる間、舞台俳優として研鑽を重ねて、今年紫綬褒章を受賞。発声やステージアクション等、音楽表現の幅も広がりました。塗装業を営んでいた父から継いだ会社で、代表取締役を務める岡本は、賃貸不動産経営と個人事務所を展開。息子の圭人(元Hey!Say!JUMP)も取締役に就任させました」(週刊誌記者)

岡本にギターを教えたのは、成田でした。

「TBS『ザ ベストテン』に出演した際に、ZIGGYのギタリスト松尾宗仁にギターを習っていることを黒柳徹子に話したり、『アイドル口パク疑惑』を払拭するために生番組に出演中にソロパートの歌を途中でやめて泣いたり、男闘呼組全盛期から、成田は音楽に一生懸命でした。X がX JAPANとして活動していた頃に交友ありました。成田は音楽性とフィーリングが合うJUN SKY WALKER(S)のベーシスト寺岡呼人と『成田商事』でタッグを組んで、バンド活動再開。健気にトンカツ店で揚げ担当をしながら、妻子を養っているのです」

そんな四人の調整が功を奏して、期間限定の再結成になりました。

「前田主宰の劇団TEAM54 では、ミュージカル界の大スターという過去を持つシェアハウスのオーナーを描く舞台を今月上演しましたが、男闘呼組の再始動を意識した脚本だったのかもしれません。再始動発表後にチケット予約サイトにアクセスが集中して、メールで予約を受ける形をとっていました。」

10月15日、16日には、東京・江東区の東京ガーデンシアターでライブ「男闘呼組 1988」が開催されます。新たな伝説から目が離せません。(文@土竜妹子)

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_40603275c2cb oa-rp11418_0_jb3nd9omorfz_【国葬】茂木幹事長の「国葬反対は国民の認識からズレている」で炎上に自民党内からも「やはり」の声 jb3nd9omorfz jb3nd9omorfz 【国葬】茂木幹事長の「国葬反対は国民の認識からズレている」で炎上に自民党内からも「やはり」の声 oa-rp11418

【国葬】茂木幹事長の「国葬反対は国民の認識からズレている」で炎上に自民党内からも「やはり」の声

2022年7月22日 08:43 TABLO

「いずれこういう発言をすると思っていました」と声をひそめるは自民党関係者。

茂木敏充自民党幹事長が19日の記者会見で、安倍元総理の国葬に対して野党が反対。それに「国民の認識とずれてる」と発言しました。これに対して、野党はもとよりメディアからも「この発言はどうなのか」といった炎上がされている。松井大阪市長は「傲慢だ」と批判。

自民党幹事長ともなれば、総理を狙えるだけの出世コースの一端。党を束ねるだけでなく、いわば「自民党の顔」とも言える要職です。となれば、国民は元より野党にまで顔が利くといった、寝業も出来て清濁併せ持つような器の人間がなるポスト。

が、茂木幹事長に関しては、就任当初からあるいはその前から「確かに頭の回転も早くエリート。が、それだけでは政治家は務まりません。情のようなものがなければ人間を束ねるのは無理です。茂木幹事長にはそれがない」(自民党関係者)

という声が聞こえていました。そして今回の突き放すような発言。

「幹事長はもっと適任がいたでしょう。今さら言っても遅いのですが」(前出・関係者)。

では、他に幹事長適している人はいないのか。自民党は今回の参院選で圧勝したという事実がある。

「これは茂木幹事長らの功績になる訳で、失言一回では当然交代することはありません」(前出・関係者)。

先が思いやられます。(文@編集部)

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_40603275c2cb oa-rp11418_0_mhv8kfd2avt0_【防げた事件ではなかったのか】安倍元総理銃撃事件 「銃声の種類など関係ない。テロに対する意識の欠如が問題」(現役警察官) mhv8kfd2avt0 mhv8kfd2avt0 【防げた事件ではなかったのか】安倍元総理銃撃事件 「銃声の種類など関係ない。テロに対する意識の欠如が問題」(現役警察官) oa-rp11418

【防げた事件ではなかったのか】安倍元総理銃撃事件 「銃声の種類など関係ない。テロに対する意識の欠如が問題」(現役警察官)

2022年7月20日 17:21 TABLO

こんな事があってはいけない。

安倍晋三元総理が銃撃された7月8日。安倍元総理に批判的だった僕も、愕然としました。

こんな事が、先進国と言われる国で(そうでない国でも)あってはいけないのです。今の時点で、この事件の真相は山上徹也容疑者の自供を待たなければなりません。が、3つの事象で構成されている事件のように映ります。

まずは動機です。これは山上容疑者の自供と、裁判の過程で明らかになっていくことでしょう。旧統一教会(註・以下分かりやすいように「統一教会」とする)に家庭を壊され、自身の生活も立ちゆかなくなった。その憎き宗教団体に応援メッセージを送る、あるいは協力の姿勢を見せる安倍元総理が標的とされていった―ー。もう凍結されていますが、山上容疑者のツイートからそのように読み取れます。

もう一つは統一教会と日本政界との癒着。統一教会とのつながりは岸信介元首相のころまで遡り、現在まで続いています。このつながりを掘り下げると、僕は裏社会を含めた「危険領域」まで行くと見ています。こま解明は少し時間がかかるでしょう。

上記2つの事件を構成する要素は時間の経過を見なければなりません。が、3つの事象のうち明らかにされていることがあります。

奈良県警および警視庁SPの大失態です。これに対してSNSでは手製の銃での音と市販の銃の音は聞きわけられないから、という意見が散見されました。

果たしてそうでしょうか。

この論の代表的な例として、売れっ子コメンテーターのひろゆき氏のツイートを例に挙げてみます。主旨が曲がらないよう正確に引用します。

「なぜこの時期に」右翼関係者らに直撃するも首をかしげる 安倍元首相、背後から撃たれ心肺停止 SPの動きに不審 | TABLO 


【44マグナムを撃ったり、銃口向けられたりしたことあるおいらです。

安倍元首相の暗殺現場で起きた手製の散弾銃の“銃声”は市販される銃の発砲音とは違う音です。

素人が「最初の銃声を聞いたら動ける」とか言いますが、銃声と断定してるのはただの結果論です。】(2022年7月10日)

素人の僕らよりも、プロである現役の警察官に聞くのが手っ取り早いので、10年来の取材対象者である現役の私服警察官に、この事件の印象を聞いてみました。情報源の秘匿の為、詳しくは言いませんが公安にもいた現役の刑事です。

―ー一発目の爆発音のような銃声が起きました。銃声かどうか分からないけれど爆発音を聞いた時点でや奈良県警やSPは安倍元総理に覆い被らなければならないと思いました。銃声の種類は問題ではないのではないか。

「その通りなんです。1発目から2発目に数秒あるのは、この手の犯罪では時間には余裕がある方です。ですから即時対応で警護対象者は守れました。というより絶対に守らなければならなかったです」

―ーまた安倍元総理の背後、約10m以内に近づけてしまう、警備体制も問題と思いました。

「演説場所が非常に特異な場所でした。わざわざ警護困難箇所で演説をしたということがまず不可思議です。四方八方を車道で囲まれ、不特定多数の人も車も交通量が多い場所での警護には無理がありました。疑問なのは、自民党と警察との間で演説場所の検討はなかったのでしょうか。なぜ自民党はあの場所にしたのか? とにかく、演説場所が決まってしまった、あのような「危険な場所」で。であるならば自分たちがやらなければならない事は2つあります」

―ーそれは何でしょう。

「交通規制と声かけ(職質)の徹底実施でした」

―ー動画を見る限り、山上容疑者も荷物を抱えていました。

「演説前には、現場に集まった人間の声かけはするものです。選挙は天皇陛下などの警衛と違って、応援者や後援者が多く、警察が職務質問する行為自体を批判(選挙妨害だと)する人も多いのが実情です。しかし、そこはそれなりの声かけ方法はあるんです。人員の少なさもあったのかもしれません。しかし、個々の警察官の対応が不味かったと思います。一般人と同じように爆発音に驚いていましたし」

―ーこういう意見もあります。【素人が「最初の銃声を聞いたら動ける」とか言いますが、銃声と断定してるのはただの結果論です。】(先ほどのひろゆき氏のツイートより)と言っていますが、これは僕と貴方が言うところの、「銃声だろうが何であろうが異常を感じたら、まして爆発音が聞こえたらすぐ、警護対象者をかばわなければならないという事こそ警衛なので、論点がズレていると思うのですが、どんな感想をお持ちになりましたでしょうか。

「おっしゃる通りです。例えば、車のバックファイアーの音がしたとします。それでも警護対象者に近づく動きをします。自然と身についているものです。警護対象者を覆い被さるまでしなくても、音の種類は関係なく、SPは絶対に警戒して守ろうとします。まして、今回は間近の爆発音です。白煙まで立ち上ぼっています。異常事態が起きたと判断すべきです。銃声の種類は関係ありません」

―ー危害を加えようとするなら、銃だけでなく刃物や爆弾、車で突っ込むなど様々な方法が考えられます。これらに対応する訓練を受けていると僕は思っていました。ですから余計にショックでした。

しばらく刑事は沈黙したのち、こう声を絞らせました。

「同じ組織の人間としても、同情の言葉は全くありません。前代未聞の大失態です」

警備経験のあるプロ(現役警察官)から見ても、銃声の種類云々は関係なく、とにかく「前代未聞の大失態」としか言いようがないのがこの事件。こんな事があってはいけない。再度繰り返します。そして、次に解明しなければならないのが山上容疑者の動機・自供と、政界と統一教会との癒着の度合いです。(文@久田将義)

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_40603275c2cb oa-rp11418_0_m4oh84yzdk1v_「池上無双」は実は腰が引けている ネット配信で政治家の実態が分かる時代に│プチ鹿島 m4oh84yzdk1v m4oh84yzdk1v 「池上無双」は実は腰が引けている ネット配信で政治家の実態が分かる時代に│プチ鹿島 oa-rp11418

「池上無双」は実は腰が引けている ネット配信で政治家の実態が分かる時代に│プチ鹿島

2022年7月13日 15:30 TABLO

参院選が終わりました。私は子どものころから選挙特番が大好きで、そのために選挙記事を読みはじめたくらいでした。なぜそんなに選挙特番に惹きつけられたのだろうと考えると、テレビのおもしろさが全部詰まっていたからではないかと思う。速報性、喜怒哀楽、何が起きるかわからないハプニング性、お祭り感などなど。視聴者は候補者の当落を見つめるというのぞき見感もある。

これらすべてはテレビの大きな魅力だと気づきます。私は選挙特番というよりテレビが好きだったのだ。

普段の答え合わせとしても選挙特番は有効です。生放送でゴチャゴチャしている選挙特番ではキャスターの実力がわかるし、政治家とのやり取りは最大の注目点です。どこまで踏み込んでツッコめるかというキャスターの腕を見比べることができるから。

そんな楽しい選挙特番ですが、野次馬精神で見ていても結局は政治は自分ごとであると再認識できる場です。だから選挙特番、選挙報道は大事なのだと思う。

さて最近こんな記事がありました。

『「池上無双」いつも投票後だったのはなぜ? テレビが気にする放送法』(朝日新聞デジタル7月5日)

選挙特番の前から選挙についての情報をテレビで多くやってほしいという声が高まっています。たしかに選挙前は腰が引けている感じがします。なぜ事前にガンガンやらないのか?

記事には、

《ヒントは放送法にある。第4条は、放送番組の編集は「政治的に公平であること」と定める。2014年の衆院選前、自民党が放送局に文書を送って報道の「公平中立」を求めたこともあった。》(朝日新聞デジタル7月5日)

日本と朝鮮半島を海底トンネルで結ぶ!? 統一教会が作ろうとした「日韓トンネル」  | TABLO 


とあった。しかし、各政党の主張を秒単位までそろえるような「量」による公平性は求められていないとも。

私は「政治的に公平であること」とは「事実に対してフェアであること」でよいのではないか?と思っています。しかし必要以上に「自粛」しているように見えるのは、要は2014年の自民党の文書にビビったからでしょう。権力側のけん制が効いたのだ。権力からの自由が政治的に公平であるはずなのに。情けない。

そんなわけでいろいろ言ってもつまらないので選挙特番を自分でやることにしました。ネット配信ライブでラッパーのダースレイダーとおこなったのです。「参院選ナンデス」と銘打ち、取材という名の選挙漫遊をして土日月と3日間配信。多くの人が視聴してくださいました。いろいろ思い、考え、気づき、あーでもないこーでもないと言葉をかわすことも「楽しさ」「面白さ」であるというのが我々のポリシー。選挙は格好の機会なのです。

今回は大阪と京都に行って現場を見てきました。演説は見るだけでも面白いですが、それをもとに自分が聞きたいことだけを各候補にぶつけてみる面白さもあった。ひとつだけ挙げるなら、カジノについてどう賛成・反対を言うのか。自分なりの「討論会」の開催です。

ここまで書いて気づきましたが、そんなの投票前の期間中にテレビでじゃんじゃん見せてくれればいいのですけどね。(文@プチ鹿島 連載「余計な下世話」)

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_40603275c2cb oa-rp11418_0_bpitieyn3dhf_「山上徹也容疑者」とは何者なのか 安倍元総理暗殺は最近多発しているアメリカ銃乱射事件と同種の犯行である bpitieyn3dhf bpitieyn3dhf 「山上徹也容疑者」とは何者なのか 安倍元総理暗殺は最近多発しているアメリカ銃乱射事件と同種の犯行である oa-rp11418

「山上徹也容疑者」とは何者なのか 安倍元総理暗殺は最近多発しているアメリカ銃乱射事件と同種の犯行である

2022年7月11日 16:00 TABLO

安倍元総理の暗殺ニュースを目の当たりにし、アメリカでは大統領の暗殺が多いことをうっすらと思い浮かべた人は多いと思う。犯人の山上徹也は、幼い頃の父親の死後、母親によるシングルマザーの家庭で育てられたが、その母親の愛情を宗教に奪われたという強い反感と共に、自己の自立に意識を注げなかったことから社会性を奪われた。そのため、大人しく礼儀正しい外見と裏腹に心の中で完全に社会から孤立し、本当の自分が生きられない社会に対するうっぷんや怒りを自己の中に着実に募らせた。

そして、母親が宗教団体に多額の寄付をしたことが引き金となり、それまでの自分のみじめな生い立ち・怒りをすべてその宗教団体に向けよう考えたが、ガードが固いことから断念し、その団体と親しい安倍元総理にターゲットをスリカエた殺害犯行になる。言わば、自分のすべてを奪われたことに対する、死刑(自爆)を覚悟した「誇大復讐自殺」ということになる。

では、実際のアメリカの暗殺はというと、概略以下のようになる:

リンカーン大統領―北部陣営に立ち南北戦争を引き起こしたことに対する、複数からなるグループによる計画的犯行

ジェームズ・ガーフィールドー精神に障害を抱えた犯人による、特定派閥を攻撃し共和党を分裂させたことに対する、神が命じたとする犯行

ウイリアム・マッキンリー―講演を聞くなどにより、無政府主義の考えに傾倒した犯人による犯行

ジョン・F・ケネディー―共産主義に傾倒した犯人による、カストロ暗殺計画に対する報復犯行

*ロナルド・レーガン(未遂)―12歳の女優ジョディ・フォスターに偏執的に憧れた精神に障害を抱えた犯人による、フォスターと同レベルの存在になろうとするための手段。ハイジャックによる自殺やジミー・カーターの殺害も考える。

ジョージ・W・ブッシュ(計画)―イスラム国を支持するアメリカ滞在イラク人によるブッシュの外交政策に反対の犯行

ロバート・ケネディー―当時司法長官で民主党の大統領候補であったロバート・ケネディーの親イスラエル的発言に対する犯行

*ジョン・レノン(歌手)*―レノンを殺害することで自分も何者かになろうした犯人による犯行。他にもエリザベス・テイラーやジョニー・カーソン(司会)の殺害も考える。

一見すると、レーガンとレノンの暗殺(未遂)の精神的障害傾向の高い犯行を除けば、それ以外は、ある程度理解のできる政治信条に基づいた暗殺であるかのように受け取ることもできる。しかし、ここで考えて欲しいのは、いくら政治的信条に傾倒していたとしても、私たちが大統領殺害という究極の殺人行為を自分の死を覚悟して実行できるだろうか、ということである。


死線を越えてあることを実行に移すには、それに相当する怒りが必要となる。彼らにはみな、共通してその背後に、他者と同じように社会生活を送ることをできなくさせた「心の闇」が存在する。そして、その闇の原因は彼らが物心付く前の幼少期に始まる。学校に上がる前の家庭環境の中に、通常のコミュニケーションが行われていないのだ。それは、親が完全に子供を放置してしまうネグレクトの場合もあれば、子どもが自分の本当の気持ちを表に出せないような親による心理操作や今にも夫婦が離婚しそうな家庭の不安定による場合もある。

いずれにせよ、幼少期中に本心を出せる双方向のコミュニケーションが存在しないため、子供は初歩的な対人技術を身に付けることができなかったり、表面的にだけ親(回り)に合わせ本心を言わずすべて自分の中にため込んでしまうスタイルが確立されてしまう。

また、そうした非自然な環境で育てられることで、物事をネガティブに考える癖が付いてしまう。そのため、こうした歪んだ環境で育てられた子供は、学校に上がってからも、対人技術がないため仲間外れにされいじめに遭ったり、家で親に対してしてきたように回りの顔色ばかりを気にし極端に大人しかったり、理想的な良い子を演じたり、過剰にお調子者を演じたりといった、社会から物理的に孤立、もしくは、表向きは回りと仲良くやっているように見えても内心孤立しているといった人格を形成するようになる。

そして、こうした抑圧状態の長期に渡る継続からくるうっぷん・ストレス・妬み・怒りの着実な蓄積が「死線」を越えさせてしまうのである。つまり、彼らの政治信条はそうした怒りを正当に爆発させるための大儀名分に過ぎず、元凶は、歪んだ幼少期の家庭環境とその後の社会的苦痛の継続という、極めて個人的な理由によるものであり、極論すれば、そうした信条は後付けの表現方法に過ぎず、彼らの身近にあり同調できるものであれば何でも良かったと言っても過言ではない。

そう考えると、レーガン暗殺を試みたジョン・ヒンクリーやレノンを殺害したマーク・チャプマンが例外ではなく、むしろ、他の暗殺者も同じ歪んだ心理状態のベクトル上にあり、チャップマンやヒンクリーは妄想症状が他者よりも進んだケースと考えるのが妥当と言える(妄想性統合失調)。

安倍元総理を暗殺した山上徹也の特定宗教団体に対する「誇大復讐自殺」(死刑覚悟)も、上記の南北戦争誘発・共和党分裂・無政府主義・反共産主義・イスラム国弾圧・新イスラエルに対する「報復暗殺」と同じカテゴリーに当てはまると考えることもできる。



しかし、最後に一つ特筆しておきたいのは、最近アメリカで特に頻発している銃乱射事件の一つであるバッファロー銃乱射事件との酷似である。犯人のペイトン・ゲンドロン(19)は、幼い頃から感情的やり取りが欠如し、意識・無意識に自分たちの理想を子供に押し付ける、やはりごく当たり前の双方向コミュニケーションの欠如した家庭で不満や怒りを自分の中にため込む形で成長した。

そして、6年生の時に黒人女子とクラスで揉めたことから、1日登校禁止の処分を受けたことから、後に、自分の生い立ちから来る怒りを、主に黒人客が利用するTOPSスーパーを銃で乱射し10人の黒人客を殺害している。これは山上がコミュニケーションの欠如した家庭で怒りを募らせ、愛情面でも金銭的にも母親を奪った特定宗教団体に、すべての怒りを爆発させた構図と酷似している。

アメリカを絶対正義であるかのように考え、アメリカ文化を究極のものとして真似しようと努めている日本が、アメリカの負の側面も踏襲してしまうのは至極当然のことと言える。少なくとも日本社会にアメリカ的犯罪が進行しているという事実をしっかりと受け止め、然るべき対策を取れる体制を確立して行くことが急務であることを、今回の安倍元総理の暗殺は指摘してるものと考えられる。これまでの「古き良き村社会」の幻想では太刀打ちできない現状が既に始まっているのである(了)。(文@阿部憲仁・桐蔭横浜大學教授 ※アメリカの凶悪犯罪に詳しい)

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_40603275c2cb oa-rp11418_0_3wrk865ya74g_「なぜこの時期に」右翼関係者らに直撃するも首をかしげる 安倍元首相、背後から撃たれ心肺停止 SPの動きに不審 3wrk865ya74g 3wrk865ya74g 「なぜこの時期に」右翼関係者らに直撃するも首をかしげる 安倍元首相、背後から撃たれ心肺停止 SPの動きに不審 oa-rp11418

「なぜこの時期に」右翼関係者らに直撃するも首をかしげる 安倍元首相、背後から撃たれ心肺停止 SPの動きに不審

2022年7月8日 13:02 TABLO

心肺停止ーー。そう共同通信が流した途端、ある有識者からはため息のようなものが流れました。記事における心肺停止は「非常に重篤」を意味しているからです。

共同通信(2022/7/08)によると

「8日午前11時半ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅前で街頭演説していた自民党の安倍晋三元首相が、不審な男に背後から襲われ、救急搬送された。捜査関係者によると、安倍元首相は背後から散弾銃で撃たれた。その後心臓マッサージを受けたという。奈良市消防局によると、安倍氏は意識不明の状態で、心肺停止とみられる。奈良県警が現場で男を取り押さえた。」

とのことです。

まずこの手の事件最も疑われるのが右翼関係者です。某右翼団体A会長に聞いてみました。

「まずSPがおかしい。我々が首相レベルの人間に近づくと必ず止められる。報道では背後から至近距離で撃ったとされている。なぜ止められなかったのか。至近距離まで行けたということは面が割れていなかったのか。そこが分からない」



別の右翼団体B会長の話。「2発撃っている事は完璧に殺意をもってやっている」

ここで両名とも不審がるのは

・なぜ今なのか

・なぜ安倍元首相なのか

です。

「どちらかと言えば安倍さんは我々にシンパシーを感じているからね。憲法改正とか。だけど中にはそうでない考えのない人もいてもおかしくない」(前出・右翼団体A会長)

「安倍さんを狙うのも意味不明。今彼を狙う理由が分からない」(前出・右翼団体B会長)

容疑者は確保されています。彼の供述をもって、何者なのかが明らかにされ、そしてこのような事件は先進国において絶対あってはならない事件だという事を国民みなが肝に銘じておかなければならないでしょう。(文@久田将義)

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_40603275c2cb oa-rp11418_0_aoqn0u7xgvks_「お前の授業はつまんねえんだよ!」 立教大学で講義中に先生vs生徒の大喧嘩 学生の「お客意識」が遠因か aoqn0u7xgvks aoqn0u7xgvks 「お前の授業はつまんねえんだよ!」 立教大学で講義中に先生vs生徒の大喧嘩 学生の「お客意識」が遠因か oa-rp11418

「お前の授業はつまんねえんだよ!」 立教大学で講義中に先生vs生徒の大喧嘩 学生の「お客意識」が遠因か

2022年6月26日 06:40 TABLO

立教大学で、授業中に男子学生が年配の教員に対して大声で罵倒し、激怒した教員と口論するトラブルがありました。真面目に授業を受けている学生の権利を教員と男子学生の恫喝合戦が侵害しているようです。他の出席者が撮影した動画がSNSに投稿され、発覚しました。

以下のような会話がなされました。

教員「考えらんないよ」

学生「考えられないのはお前の脳みそ」

教員「うるさいよ。見たことないっつってんだ。黙れ! 邪魔するんだったら出てけ!」

学生「お前が黙れ!」

教員「お前とかよく言うな。人のことハゲだなんだって、え、みんな引いているだろ」

教員が男性に近づくと、学生は急に、他の出席者たちの方を振り向き、「こいつはハゲだ」と暴言を吐きました。

学生からクスッと笑い声も。

教員「なんだよ。お前中坊じゃないんだからさ、くだらないこと言ってんじゃねえよ、こら」

男性「くだらねえこと言ってるのはお前だよ」

教員「どういう精神構造してんのかわかんねーけどな。どういう教育受けている人間が」

学生「お前の授業受けてんだよ今」

教員「つまんなかったら、出て行けや。お前つまんないって言ってるやねえか」

学生「おもろい授業してみろよ」

教員「だから、つまんなかったら、出ろって言ってんだよ」

学生「おも、おもしろい授業してみろや!」

教員「おもちろい授業はできましぇん」

生徒「おもろい授業しろよ!」

教員「うるさい」

生徒「クソジジイが!」

教員「はっ、ほっ本当に失礼なこと言うな」

生徒「生きてて楽しいのか君は、生きてて楽しいのか君は?」



教員「ろくなことしときゃ、、、全く」

学生「今からしろよ、授業」

教員「うるさい。もういいよ。出てけ早く。くだらない。キミみたいなの初めてだわ」

離席する生徒に対して

教員「イ○○○●●●リだな」(註・音声には実名が入っていますが、伏せ字にします。)

学生「覚えておけよ」

教員「覚えるよ。徹底的にやるからな」

学生「忘れたら承知しねえからな。ぜってぇ、忘れんなよ」

教員「しょーもない。お前のことなんか忘れるよ、じゃあ出てけ」

学生「死ね、クソ爺」

教員「ふざけんな 本当に」

大学職員がかけつけました。

「すいません。職員の方ですか。変な学生がね。乱入して大妨害ですよ。イ○○○●●●リって言っていました。考えられない」

「職員の方ですか?」と職員に尋ねている

あたりから、非常勤講師の可能性は高いですが、教員も感情的になり過ぎています。

教員「なんだよ。お前中坊じゃないんだからさ、くだらないこと言ってんじゃねえよ、こら」

というあたり、講師自身も中学生の喧嘩会話で応酬してしまっているのが残念なところです。

教員「どういう精神構造してんのかわかんねーけどな。どういう教育受けている人間が」

学生「お前の授業受けてんだよ今」

という会話のブーメラン。SNSを確認すると男子生徒は付属高出身のようですから、講師は、自身の授業のみならず、立教の教育を否定していることになります。

上記の騒動が報道されると、卒業生はこう話しています。


「生徒も教員も他人の迷惑を考えずに、自己中心的に罵っているのが三流大学の証。最近は、昔より良くなったと言われていましたが、教員が他の学生に配慮せずに、退室するのも残念です。つまらない授業をする教授は昔の方が大勢いらした東大から流れてきた某教授は挨拶もできずボソボソ本を読むだけでした」

トラブルの背景について、予備校職員は

「近年、塾、予備校の生徒争奪戦で教員を生徒が査定する等、教育のサービス業化が進行しています。昔より、お客様意識の高い学生が増えているので、大学の先生も大変だと聞いています」と分析しています。

実は、授業を妨害する学生も最近増加の傾向にあるそうです。

「他の学生の迷惑を考えずに、授業を中断する学生は増えているので、専門学校、大学の先生は苦労しています。ウチの学校では、授業中に居眠りして起きた生徒が、『今何ページやってんの?』と教室後部座席から叫んで授業を妨害することは頻繁にあります。先生からクレームが入り、休み時間に職員が生徒に注意しようとすると、ポーズを決めてスマホで自撮りを続けたり、職員を動画撮ろうとしたり、本当に対応に困ります」

と専門学校の職員は話しています。

2018年には、立教大学園祭「橋本環奈イベント」に1000人殺到で中止という警備の甘さが招いた不祥事、2013年には、中高一貫校の立教池袋中学・高校(東京都豊島区)の男性元事務長2000年から11年の12年間にわたり、福利厚生資金など、計8312万7763円を着服という事件がありました。

「立教は、身内の不祥事の処分が甘い傾向があるので、今回の事件に対してどのように大学が処分を下すか注目しています。」と大学OBは語っています。

大学には、自治があるとはいえ、大声を出して授業を妨害するのは、威力業務妨害罪の適用もできなくないとの声も法曹関係者から上がっています。(文・九頭龍腐流腐流)

外部リンク

cat_oa-rp11418_issue_40603275c2cb oa-rp11418_0_8e2e5ft2k6l7_【参院選】水道橋博士が第一声「初めて言います。清き一票をください」 そして「今日は結婚記念日と相方の誕生日」 8e2e5ft2k6l7 8e2e5ft2k6l7 【参院選】水道橋博士が第一声「初めて言います。清き一票をください」 そして「今日は結婚記念日と相方の誕生日」 oa-rp11418

【参院選】水道橋博士が第一声「初めて言います。清き一票をください」 そして「今日は結婚記念日と相方の誕生日」

2022年6月22日 16:03 TABLO

6月22日。第26回参議院選挙の公示日。ということで、芸人・浅草キッドの水道橋博士さんが杉並区高円寺駅前で、街宣をするので行ってきました。

杉並区はリベラル色が強いと言われており、先日新杉並区長岸本聡子氏(立憲民主、共産、れいわ、社民、新社会、杉並・生活者ネットワーク、緑の党グリーンズジャパン推薦)が誕生したばかり。

とはいえ有識者、記者らが「今回の参院選は自民党楽勝。投票率も低い」と一様に言われている中、自民党関係者にもこの新杉並区長誕生には一抹の不安がよぎったようですが……。

水道橋博士のれいわ新選組からの立候補は、突然でした、溝の口駅前で山本太郎代表の街宣時「日本新の会、松井代表から訴えられている。これきスラップ訴訟でしはないか」と訴え、山本代表が「では国会に出て、反スラップ訴訟法を立案しましょう」と言ったのがきっかけでした。

そして、杉並区長選でも山本代表と応援演説をした水道橋博士(以下・博士)ですが今回の街宣の模様はどうだったのかーー。時間は昼の12時。気温はかなり高くなってきました。博士が姿を現します。さっそく接近しようと思ったら後ろから僕の名前を呼ぶ声が。振り向くと、柔らかな笑顔のご婦人が。

「いつもお世話になっております。水道橋博士の妻です」

大変、感じの良い方で、雰囲気はほんわかした感じの奥様。

「いつも好き勝手言って申し訳ありません」と頭を下げると

「いえいえ。いつも楽しく聞いています」と笑顔。


内助の功が大切な選挙。この奥様は頼もしい味方であり、支えになるのではないでしょうか。

司会で選対のノンフィクション作家の細田マサシ氏が博士を紹介します。さすが、リングアナ。声の質も紹介も様になっていました。

黒いスーツに身を包んだ博士は

1・立候補のきっかけ

2・物価高

3・防衛費

4・スラップ訴訟などの政治家の横暴

5・自分自身の政治家としての心情

などをうったえました。師匠のビートたけし氏、兄弟子の東国原英夫氏らの想いなとにも言及。

博士、禁酒 参院選出馬の水道橋博士が聴衆へ「僕は犬です」 その真意とは | TABLO 


聴衆はSNSのみで呼びかけだけにしては、まあまあだったのではないでしょうか。僕は毎日新聞社の記者とも挨拶をかわしましたので、一般紙も追ってはいます(「あれ? こういう取材もされるんですか?」とその記者)。

続いて、応援の弁士に作家雨宮処凜氏。「博士がれいわから立候補した事は頼もしい」とのこと。また国会議員がいかに仕事をしていないか(国会答弁の場に立たない、議員立法を出さない)など、既存の与党政府の批判をし、博士には期待しているとの弁でした。

もう一人、芸人の長井秀和氏が応援。タイタン所属タレントという自身をネタにして、「太田社長には応援、いや近づかないように言われています」など場をにぎやかしながら、「間違いない」としめくくりました。

聴衆からの質問に答えていきました。

1・有田芳生議員(立憲民主党)から訴えられているというYouTuberのうったえ。なので、反スラップ訴訟法を当選したら作ってほしい

2・防衛費の増加と先制攻撃論について

などの質問でした。1については「有田議員のことは初めて知った話なので会ったらきちんと聞きたい」。

2については「国民の生活が苦しいなか、こういう税金の使い方はどうなのか。戦争をしないという発想の政治家を選んでください」主旨のアンサーでした。

で、撮影しながら、僕は駅前の人を時々観察していたのですが、ビラ配りには立ち止まって受け取る人は、「まあまあ」いたと思います。また、博士の前まで聴きに来なくても、道路一本挟んで撮影している人、立ち止まって見ている人がポツポツ見えました。

「れいわファン」「山本太郎ファン」が一定層いたと思われます。同様に、近くによってきいていた人は博士ファンだったと推測します。

比例ということもあってか、永田町筋では「れいわでは水道場博士は受かる」という声もチラホラ入ってきます。ここ約10年政権交代がない国、日本。今回も風も嵐も起きないでしょう。それは投票率の低さが原因です。それにジレている自分がいます。

水道橋博士は毀誉褒貶ある人。それは僕も分かっています。が、10年間政権交代がなく、幸福度も低く、税金を払う為に働いているかのような閉塞感があるのが、現在の我が国の体たらくです。安倍政権で国民の心の分断も起きました。違うでしょう、総理なら、日本人を分断させてはダメでしょう。同じ国に住んでいる人間を敵味方に分断させるのは、政治家として間違っています。

静かな湖面に小さな石を投げたら波紋が広がります。大きな石でなくても良いのです。そういった小石のような役目を博士さんには果たして頂きたいと思いました。(文・写真@久田将義)

外部リンク