cat_oa-penonline_issue_9bf571803878 oa-penonline_0_9bf571803878_ビル火災! 5階から“見事なジャンプ”で脱出した「スパイダー・ネコ」に拍手喝采【動画あり】 9bf571803878 9bf571803878 ビル火災! 5階から“見事なジャンプ”で脱出した「スパイダー・ネコ」に拍手喝采【動画あり】 oa-penonline

ビル火災! 5階から“見事なジャンプ”で脱出した「スパイダー・ネコ」に拍手喝采【動画あり】

2021年8月19日 17:00 Pen Online

地上5階の窓から飛び降りた黒い物体。Chicago Fire Media - Twitterシカゴ・サンタイム紙 (オンライン版)によると、去る5月13日の午後3時頃、アメリカ・シカゴ市内イングルウッド地区にあるアパートで火災が発生した。シカゴ消防局が現場に駆けつけると、5階部分から黒い煙が上がっていた。
消防士はまず火の手が上がっている5階ユニットの窓を割りながら消火活動を開始。その模様を、アパートの外側から消防局職員がビデオ撮影をしていたとABC7シカゴ(オンライン版)は伝えている。
しばらくすると、割れた窓の縁に、小さな黒い物体が出現。チラチラと動く様子が見えた後、物体は5階からジャンプし、勢いよく落下した。

落下した物体の正体は……

野次馬が「キャー!」と悲鳴を上げる中、落ちてきたのは……なんと黒ネコ!

Chicago Fire Media - Twitter

軽やかな着地っぷりに「お見事!」

シカゴ消防局のラリー・ラングフォード報道官がシカゴ・サンタイム紙に伝えたことによると、火災を知って集まった野次馬たちが割れた窓の縁にいるネコに気づき、指さしたことで存在に気付いたとのこと。

「ネコはしばらくの間、(窓の縁から)外を眺めていました。数分後、縁にさらに近づき、外に飛び出す心の準備ができたのかそのままジャンプしました」

シカゴ消防局メディア部がTwitterで公開した動画をよく見ると、ラングフォード報道官の言葉通りのネコの様子が確認できる。黒ネコは黒煙が上がっていない窓辺に姿を現し、外の様子を伺いながら躊躇するようなそぶりを見せている。しかし心が決まったのか、体を窓の外に滑らせるようにして出し、次の瞬間、空にダイブするようにジャンプ! スパイダーマンのように四肢をしっかり広げ、少し弧を描いて落下。アパートを囲む塀にぶつかりそうになりながらもすんでのところで身をかわした。

そしてストン!と軽やかに着地! 着地地点が芝生の上だったことも功を奏したのだろう。1度バウンスしたものの、怪我をした様子もなく、何事もなかったかのようにササっと足早に去る姿が映っている。

「(その後)ネコは私の車の下に潜り込み、数分間、気が済むまで隠れていました。でも出てきた後は塀をよじ登ってアパートの中に戻ろうとしていました」とラングフォード報道官はコメント。火事は午後3時25分までに鎮火。死者・負傷者もなく、焼けたのは1ユニット(1軒)のみだった。

英語には「ネコに九生あり(a cat has nine lives)=ネコはしぶとくなかなかくたばらない」ということわざがある。この黒ネコの華麗なるビル脱出劇は、そのことを証明していると言えるだろう。

次ページ【衝撃動画】消防局職員が撮影した、黒ネコの華麗なジャンプ!

ラングフォード報道官は、この黒ネコの飼い主を探しているという(報道当時)。Chicago Fire Media - Twitter
[[youtube-id=T4RBvmZ7CZw]]黒ネコの脱出位置が分かる動画。拡大しながら目を凝らして見ると、「飛ぶべきか? 飛ばざるべきか?」、心を決めるまでのネコの動きがよく分かる。NBC News - Youtube

外部リンク

cat_oa-penonline_issue_9bf571803878 oa-penonline_0_a9rcs0184jv5_『男はつらいよ』のロケ地、根室からスタートする道東の旅オススメ5選【ビームスジャパン鈴木修司】 a9rcs0184jv5 a9rcs0184jv5 『男はつらいよ』のロケ地、根室からスタートする道東の旅オススメ5選【ビームスジャパン鈴木修司】 oa-penonline

『男はつらいよ』のロケ地、根室からスタートする道東の旅オススメ5選【ビームスジャパン鈴木修司】

2022年8月12日 17:00 Pen Online

ビームスジャパンの鈴木修司です。今回の旅の舞台は、道東は根室、そして釧路のお隣は白糠(しらぬか)です。
旅に時々付いてくる密かな私の楽しみは、映画『男はつらいよ』のロケ地巡りですが、第33作「夜霧にむせぶ寅次郎」のロケ地が根室でした。羽田から最寄りの中標津空港までのフライトは約1時間40分、なんと『男はつらいよ』一本分とほぼ一緒です。
旅の気分を盛り上げるべく、事前にダウンロードしてあった第33作を機内で見たのですが、ここで早くも旅気分が最高潮です。久しぶりに見たので記憶が飛んでいたのですが、フィナーレが風子(マドンナ)の結婚式のためにさくら(寅次郎の妹)と博(さくらの旦那)が中標津空港に降り立つところでした。まさに私が着陸する瞬間、その映像と重なり、40年の昔とリンクしたような不思議な体験でした。
いきなり話が逸れてしまいましたが、今回の旅の話に戻します。
中標津空港から根室までの途中に、まず友人に会うため別海町に立ち寄りました。別海町は生乳の生産量が日本一の酪農王国ですが、私の友人も酪農家で、夏は一年分の餌の準備に大忙しでとても大切な時期です。そんな忙しい中、短時間でしたが数年ぶりの話に花を咲かせて、根室へ向かいます。

1.幻想的な砂の島「春国岱」

根室に着いた頃は日暮れ前でしたが、この時間帯にどうしても寄りたかったのが「春国岱(しゅんくにたい)」という場所です。根室を訪れることがあればぜひオススメですが、「ここはどこ?」と錯覚をおぼえる幻想的なところです。あえてここでは説明もしないですし、写真もお見せしません。肉眼で眺め、風や匂いを直に感じるべき場所だと思います。

2.霧の根室と名物「エスカロップ」

根室を訪れたのは先月初めだったので、関東では早くも梅雨明けし、すでに暑い日が続いていたのですが、さすが霧の町である根室は肌寒いくらいでした。霧に包まれる根室の町は本当に美しく、哀愁が漂っていて、何度訪れても素敵なところです。

夕食に頂いたのは根室名物「エスカロップ」、私の大好物です。市内に名店揃いですが、とくにお薦めなのが「どりあん」と「薔薇」です。

3.飽きることのない景色が続く、4時間弱の「花咲線」の旅

次の目的地である白糠町にはあえて電車でむかいました。車の運転があまり得意でないのもあるのですが、何よりも「花咲線」に乗ってみたかったのです。以前から良い噂を聞いていたのですが、乗車して良い意味で後悔でした。遅まきながらも「花咲線」に感動です。

日本最東端の駅から釧路まで、4時間弱の旅ですが、まったく飽きないどころか、ずっと楽しいのです。朝一番の列車だったので眠る気満々だったのですが、少しも眠ることが出来ません。街を抜けて、平野を抜けて、海を抜けて、森を抜けて、湿原を抜けて、途中で蝦夷鹿の群れに出会い、牧場で草を食むる牛や馬を眺めて、本当に楽しい列車の旅でした。


4.道東らしい「恋問海岸」の景色

釧路駅で同僚と待ち合わせし、白糠町までは車で移動です。白糠への途中でまた寄り道ですが、「恋問(こいとい)海岸」に隣接する道の駅で、特産品のリサーチです。しかし仕事をよそに海岸まで下り立ち、ここで道東らしい景色に出会えました。どんよりとした灰色の雲空、流木が多数打ち上げられた延々と続く砂浜、海から吹き荒ぶ枯れた潮風、個人的にとても好きな景色です。

5.白糠町の「生イクラ」

白糠町での仕事というのは、随一の特産品である「イクラ」に関係する案件です。まだ詳しくお伝えすることは出来ないですが、この秋に向けて何かを仕掛けています。その中での初体験が「生イクラ」でした。
「生イクラって?イクラはそもそも生でしょ?生のイクラって、どういうこと?」と疑問に思いますが、なんてことはない“醤油漬けしていない、そのままのイクラ”です。一般市場にはあまり出回らないもので、おもにプロの料理人が使うものだそうです。醤油で漬けていない分、よくあるイクラより更に鮮やかな赤色で、一粒一粒に張りがあります。見た目からして違うのですが、味わいは更に違います。かなりの濃厚な味に感動でした。その感動を少しでも多くの方に知ってもらうべく、先にも触れましたが仕掛けておりますので、乞うご期待です。

釧路のことをほぼ割愛して話し足りないのはヤマヤマですが、今回はこの辺で、また道東の話を出来ればと思います。


連載記事

  • 第1回 私の憧れ“寅さん”のように、全国の銘品を求めて旅しています
  • 第2回 鹿児島は、"鹿児島というひとつの国"のように思います
  • 第3回 "安芸の宮島"との縁から生まれた、BEAMS限定の特産品
  • 第4回 桃や桃太郎ではない、“それ以外”の魅力を探しに岡山へ
  • 第5回 函館から約1時間。北海道・八雲町の知られざる顔といえば
  • 第6回 何度でも訪れたくなる、謙虚で味わい深い福島県
  • 第7回 知られざる魅力を秘めた岐阜の旅 美濃市と郡上八幡で見つけた銘品3選
  • 第8回 心の故郷、葛飾は柴又へ『男はつらいよ ビームス篇 寅年』が開催中
  • 第9回 “端っこ”好きが足繁く通う、本州の最果て青森県の魅力4選
  • 第10回 マンゴーだけじゃない!旅の達人が教える宮崎県の魅力5選

外部リンク

cat_oa-penonline_issue_9bf571803878 oa-penonline_0_rmlwk5vxpmr4_長過ぎる連休で心身はどう変化? 6年休んだ著者が正直にレポート rmlwk5vxpmr4 rmlwk5vxpmr4 長過ぎる連休で心身はどう変化? 6年休んだ著者が正直にレポート oa-penonline

長過ぎる連休で心身はどう変化? 6年休んだ著者が正直にレポート

2022年8月12日 15:00 Pen Online

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】 『人は2000連休を与えられるとどうなるのか?』

上田啓太 著 河出書房新社 ¥1,628会社を辞めて2190連休を体験した著者が、その期間に取り組んだこと、身体や心の変化を日記風に綴る。初めは解放感に満ちていたが、4カ月ほどで不安になった。そこで人体実験のような試行錯誤を開始する。読書や運動、ネット断ち……。次にこれまで触れてきた音楽や本、人間関係をたどって記憶をデータベース化した。すると、自分を客観視できるようになったという。食事や睡眠、排泄以外の行為を禁止して、刺激のない生活を送るとどうなるのか。煩悩から性欲まで正直に明かすレポートだ。

関連記事

  • 男たちの歪んだレコード愛が、乾いた笑いを誘うユーモア小説
  • フランスの社会問題に、ラッパーたちが応えた軌跡
  • 酒場文化を愛するレモンサワーバー店主が、夜の街の魅力を綴るエッセイ

※この記事はPen 2022年9月号より再編集した記事です。

外部リンク

cat_oa-penonline_issue_9bf571803878 oa-penonline_0_rd2us1i8iuhh_豊かな自然に囲まれたポーラ美術館で、西洋絵画の名作と出合う rd2us1i8iuhh rd2us1i8iuhh 豊かな自然に囲まれたポーラ美術館で、西洋絵画の名作と出合う oa-penonline

豊かな自然に囲まれたポーラ美術館で、西洋絵画の名作と出合う

2022年8月12日 13:00 Pen Online

近年、日本の西洋美術コレクションが海外で注目を集めている。日本のコレクターたちの厚き情熱と審美眼によって集められた美術品は、いま日本各地に貯蔵されている。海外の美術関係者たちが注視する質の高い名作絵画がどこに潜んでいるのか……。ヨーロッパでアートの現場で活躍する下記3名のコメントを交えながら、箱根の自然に囲まれたポーラ美術館を訪ねた。


イザベル・カーン●オルセー美術館・絵画部門統括名誉キュレーター。19世紀後半から20世紀初頭を専門とする美術史家。セザンヌ、ゴーガン、ナビ派、ゴッホなどポスト印象派を専門とする。東京をはじめフランス国内外で数多くの展覧会のキュレーションを行う。サイエンティフィック・ディレクターとして多くの書籍、カタログ、論文も手がけている。

パスカル・ペラン●ウィルデンスタイン・プラットナー研究所研究部門長。パリ、NYに拠点をもち印象派の画家を中心にカタログ・レゾネの編纂やアーカイブを研究、モネやルノワールなどの作品鑑定書を発行する機関、ウィルデンスタイン・プラットナー研究所に長年勤務する。デジタル世代に向けたカタログ・レゾネとアーカイブ研究に力を入れ、日本でも講演を行っている。

ソフィー・ルノワール●女優・写真家。ピエール・オーギュスト・ルノワールのひ孫でルノワール作品の鑑定機関、コミテ・ルノワールのメンバー。叔父は映画監督のジャン・ルノワール。エリック・ロメール監督の『友だちの恋人』など多数の映画に出演。10月に東京・銀座で写真展『Regards』を開催予定(主催:CKG FINE ART)。


「箱根の自然と美術の共生」を掲げるポーラ美術館。コレクションは、ポーラ創業家二代目の鈴木常司が収集した絵画、彫刻、工芸など総数約1万点に及ぶ。西洋絵画には、同館の看板娘と謳われるルノワールの『レースの帽子の少女』やモネの『睡蓮の池』、ピカソの『海辺の母子像』など錚々たる作品が集められ、日本のプライベート美術館でトップレベルのコレクションを誇る。

ソフィー・ルノワールは、「印象派の素晴らしい作品が多いようですね。ルノワールの作品には、絵のなかに人生が見え、生命に満ちあふれていて、1枚1枚の絵と対峙すると、心軽やかな気分に浸れる。訪日するときにはぜひ訪れて、ほかの作品も含めてじっくり見てみたいです」と語る。
印象派は約100点を収蔵し、寡黙だったという鈴木常司の美に対する情熱がこうしたコレクションという形で昇華されている。
今年、開館から20周年を迎えたポーラ美術館はベルト・モリゾやハマスホイ、マティス、リヒターなどの新収蔵作品も加わり、開館以来、最大規模の企画展を開催中。モネやリヒターなど印象派から現代までの作品を大胆に組み合わせた展示も新鮮に目に映る。「心を揺さぶる美術館」を新たなビジョンに掲げるポーラ美術館。その意気込みを、心地よい自然のなかで感じ取りたい。

周囲を歩く森の遊歩道にも作品が点在する。(ロニ・ホーン『鳥葬(箱根)』 2017-18年 鋳放しの鋳造ガラス 高さ131.4×径142.2㎝)© Roni Horn Photo:© Nagare Satoshi

ベルト・モリゾ『ベランダにて』

1884年 油彩、カンヴァス 81.2×100.2㎝ ポーラ美術館蔵
ベルト・モリゾは、エドゥアール・マネの弟ウジェーヌ・マネと結婚し、1878年に娘ジュリーを出産。この絵は、パリ西部の郊外ブージヴァルの家のベランダでジュリーを描いたもの。カーンは「モリゾは、印象派の画家たちと展覧会を開いた唯一の女性画家です。マネの弟子である彼女の絵は、明るい色調と光を通す十字のストロークで構成された軽やかなタッチが特徴です。1893年から99年に書かれた『ジュリーの日記』には当時の様子が書かれ、興味深いです」と語る。写真は展示の様子。

アンリ・マティス『リュート』

1943年 油彩、カンヴァス 60×81.5㎝ ポーラ美術館蔵
マティス晩年の代表的な作品のひとつ。目の覚めるような朱色の室内は、黄色が下塗りされているために、光を帯びているように見える。「マティスはデッサンが上手で、平面に黒い線を入れたのが特徴です」と同館学芸課長の岩﨑余帆子。壁紙と絨毯に葉の形とアラベスクの装飾文様を描き、リュートを爪弾く女性は、室内に流れる音楽のリズムを想起させている。戦後、マティスはフランスの伝統的なゴブラン織のタペストリーを復興させる仕事を引き受け、この作品を下絵として提供した。

クロード・モネ『国会議事堂、バラ色のシンフォニー』

1900年 油彩、カンヴァス 82×92.6㎝ ポーラ美術館蔵
「霧なしではロンドンは、美しい町ではありえない」と言ったモネ。1900年の冬、モネは息子のミッシェルが留学していたロンドンに滞在し、『国会議事堂』の連作を描き始めた。そして04年、デュラン=リュエル画廊の個展で発表。ソフィー・ルノワールは「この作品には独特の雰囲気があり、とてもいいですね。そして、この時代に起こった産業革命と芸術革命の目撃者であったと考えることができます。フランス印象派の基盤を象徴するような、妖しいほどの繊細さが漂う作品です」

ポール・セザンヌ『ラム酒の瓶のある静物』

1890年頃 油彩、カンヴァス 54.2×65.7㎝ ポーラ美術館蔵
「セザンヌが取り組んだテーマのうち、静物画は被写体の単純さと構図の堅固さを求める彼の欲求を表現できるテーマでした」とカーン。ストロー瓶のようなオブジェは、いくつかの絵画に登場するもの。シンプルなテーブルクロスに並べられたモチーフを巧みに配置し、視覚的にリンクさせている。「ピカソをはじめとするキュビスムの画家たちは、暗い輪郭で強調された幾何学的な形の処理や、厳密な構成など、セザンヌの絵画に影響を受けたといいます」

ヴィルヘルム・ハマスホイ 『陽光の中で読書する女性、ストランゲーゼ30番地』

1899年 油彩、カンヴァス 46.2×51㎝ ポーラ美術館蔵
パリや日本でにわかに人気が高まっているのが、デンマークを代表する画家、ヴィルヘルム・ハマスホイ。19世紀後半から20世紀初頭にかけて活躍。フェルメールなど北方の絵画の影響を受けているといわれる。「静謐な佇まい、窓から取り込む光と影を意識して、簡素化されたアンティームな室内。不思議なところが多くてリアルではない。現代にも通じるような作品です」と作品の印象を語る岩﨑余帆子。

ポーラ美術館

場所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
TEL:0460-84-2111
開館時間:9時〜17時 ※入館は午後4時30分まで
休館日:無休(悪天候により臨時休館あり)
※9/7~ 9/13は展示替えのため休館。 9/14~ 9/16は常設展示のみ観覧可
料金:一般¥1800
www.polamuseum.or.jp

ポーラ美術館開館20周年記念展 モネからリヒターへ ─ 新収蔵作品を中心に

会期:開催中~9/6 会期中無休
会場:展示室1-5、アトリウム ギャラリー、アトリウム ロビー、森の遊歩道
※記事内で掲載している作品は、すべて本展にて展示中。
※休館日、開館時間、展示される作品は変更の可能性があります。訪問する場合は事前に公式サイトなどでご確認ください。

関連記事

  • 国立西洋美術館で見る、西洋絵画コレクション。上野の森に佇む西洋の美の宝庫
  • Penが選んだ、2022年下半期「必見の展覧会」5選
  • 見る“夏バテ” 防止!話題のアーティスト、インカ・イロリが仕掛ける原色の世界

※この記事はPen 2022年9月号「レンジローバーで走れ!」の第2特集「日本で見る西洋絵画の名作」より再編集した記事です。
[[gallery-button]]

外部リンク

cat_oa-penonline_issue_9bf571803878 oa-penonline_0_p8wiqo22sn31_ピカソの飾らない表情を残した、20世紀を代表する報道写真家ロバート・キャパとは p8wiqo22sn31 p8wiqo22sn31 ピカソの飾らない表情を残した、20世紀を代表する報道写真家ロバート・キャパとは oa-penonline

ピカソの飾らない表情を残した、20世紀を代表する報道写真家ロバート・キャパとは

2022年8月12日 12:30 Pen Online

20世紀を代表する報道写真家・ロバート・キャパの特別展「もうひとつの顔 ロバート・キャパ セレクト展」が、2022年9月10日(土)から神戸ファッション美術館で開催。約100点の作品を展示し、彼のもうひとつの顔である「編集的視点」に迫る。

ロバート・キャパ・ポートレート(1951年) ルース・オーキン撮影東京富士美術館所蔵 The Robert Capa and Cornell Capa Archive
ハンガリー出身のロバート・キャパ(本名:アンドレ・フリードマン)は、スペイン内戦や第二次世界大戦などの戦場で、さまざまな激戦模様を収めた写真家だ。スペイン内戦の結末を暗示するかのような「崩れ落ちる兵士」や、死線に身を晒し命懸けで撮影したノルマンディー上陸作戦の激戦は、戦争報道写真の傑作とされている。
一方で、キャパは写真集を企画刊行するなど「編集的視野」を持っていた。激戦模様だけでなく、不安げに空を見上げる人々や途方に暮れて佇む人など、戦時下の市民の姿も収めることで、戦争が日常化した世界とそこに生きる人たちの姿を多面的に捉えていた。
人の内面を浮き彫りにするキャパの「まなざし」は、親交のあったピカソやヘミングウェイらを被写体とした場合にも遺憾なく発揮されている。著名人の飾らない表情も数多く残している。
***
同展では、東京富士美術館のロバート・キャパ・コレクションの中から、溢れ出る感情とそれを捉えるキャパの眼を軸に選び出した約100点の作品が展示。開催は11月6日まで。
[[gallery-button]]

『もうひとつの顔 ロバート・キャパ セレクト展』

開催期間:2022年9月10日(土)~11月6日(日)
会場:神戸ファッション美術館(神戸市東灘区向洋町中2の9の1)
電話:078-858-0050
休館日:月曜日、9月20日(火)、10月11日(火)※9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)は開館
開館時間:10時~18時(入館は17時30分まで)
観覧料: 一般¥1,000、大学生・65歳以上¥500、高校生以下無料
https://www.fashionmuseum.jp/

外部リンク

cat_oa-penonline_issue_9bf571803878 oa-penonline_0_2061ji2iev8k_1950年代のガソリンスタンドを改装した、ベルリンの風刺画家ミュージアム 2061ji2iev8k 2061ji2iev8k 1950年代のガソリンスタンドを改装した、ベルリンの風刺画家ミュージアム oa-penonline

1950年代のガソリンスタンドを改装した、ベルリンの風刺画家ミュージアム

2022年8月12日 11:59 Pen Online

BERLIN ベルリン/ドイツ

Photograph by Hideko Kawachi鋭いタッチで社会の不合理を描き出す風刺画家として知られた故ジョージ・グロスの「小さなミュージアム」(料金:一般10ユーロ)がオープン。1950年代のガソリンスタンドを改装した建物の面白さもあって話題を呼んでいる。
本質を見抜く力に長けていたグロスは早くからヒトラーの危険性を見抜き、風刺画のテーマに。33年ナチスの権力掌握と同時にアメリカに移住し、MoMAで回顧展が開かれるなど高い評価を受けた。市井の人々や雑多な下町を愛したグロス。生きていたら、赤線地帯の近くにあるこのミュージアムをきっと気に入ったはずだ。
www.daskleinegroszmuseum.berlin
【関連記事】

BERLIN ベルリン/ドイツ
鉄格子やのぞき穴、落書きをあえて残す、元刑務所の人気ホテルの居心地は?

BERLIN ベルリン/ドイツ
廃棄されるパンを材料にした、サステイナブルなクラフトビール

BERLIN ベルリン/ドイツ
ベルリンの黄金時代にタイムスリップ!話題作の舞台でワインと食事を楽しむ
※この記事はPen 2022年9月号より再編集した記事です。

外部リンク

cat_oa-penonline_issue_9bf571803878 oa-penonline_0_cg0iqy1r3nan_上野の森に佇む美の宝庫、国立西洋美術館で見るべき名作絵画 cg0iqy1r3nan cg0iqy1r3nan 上野の森に佇む美の宝庫、国立西洋美術館で見るべき名作絵画 oa-penonline

上野の森に佇む美の宝庫、国立西洋美術館で見るべき名作絵画

2022年8月11日 12:00 Pen Online

近年、日本の西洋美術コレクションが海外で注目を集めている。日本のコレクターたちの厚き情熱と審美眼によって集められた美術品は、いま日本各地に貯蔵されている。海外の美術関係者たちが注視する質の高い名作絵画がどこに潜んでいるのか……。ヨーロッパでアートの現場で活躍する下記3名のコメントを交えながら、まずは東京・上野にある国立西洋美術館を訪ねた。


イザベル・カーン●オルセー美術館・絵画部門統括名誉キュレーター。19世紀後半から20世紀初頭を専門とする美術史家。セザンヌ、ゴーガン、ナビ派、ゴッホなどポスト印象派を専門とする。東京をはじめフランス国内外で数多くの展覧会のキュレーションを行う。サイエンティフィック・ディレクターとして多くの書籍、カタログ、論文も手がけている。

パスカル・ペラン●ウィルデンスタイン・プラットナー研究所研究部門長。パリ、NYに拠点をもち印象派の画家を中心にカタログ・レゾネの編纂やアーカイブを研究、モネやルノワールなどの作品鑑定書を発行する機関、ウィルデンスタイン・プラットナー研究所に長年勤務する。デジタル世代に向けたカタログ・レゾネとアーカイブ研究に力を入れ、日本でも講演を行っている。

ソフィー・ルノワール●女優・写真家。ピエール・オーギュスト・ルノワールのひ孫でルノワール作品の鑑定機関、コミテ・ルノワールのメンバー。叔父は映画監督のジャン・ルノワール。エリック・ロメール監督の『友だちの恋人』など多数の映画に出演。10月に東京・銀座で写真展『Regards』を開催予定(主催:CKG FINE ART)。


 
国立西洋美術館の所蔵品の中核を成すのは実業家、松方幸次郎が1910年から20年代にかけて、ヨーロッパで集めた西洋美術品、現在の通貨価値に換算して1200億円以上に及ぶ資金で購入した松方コレクションだ。パリに保管していた作品は、第二次世界大戦で敵国の財産として接収、59年にフランス政府から寄贈返還され、そのコレクションを保存・公開するために美術館が開館したという歴史的な経緯がある。

美術館は約1年半の休館期間を経て、今年4月9日に再開。6月4日から『国立西洋美術館リニューアルオープン記念 自然と人のダイアローグ』展を開催。ドイツ・エッセンのフォルクヴァング美術館との初コラボによる企画は、モネの『睡蓮』や『舟遊び』、ゴッホの『刈り入れ(刈り入れをする人のいるサン=ポール病院裏の麦畑)』、セザンヌの『ベルヴュの館と鳩小屋』など名画揃いだ。常設展も中世から20世紀にかけての西洋絵画とフランス近代彫刻を本館、新館、前庭で新収蔵作品とともに展示。ペランは壮大な展示を見て「日本人が西洋美術をどのように受け入れているか、どの作品が彼らの心に響くかを感じるのは、とても興味深いことです。また、西洋の美術品も日本の光の下では色彩が異なることに気がつき驚きました」と訪問時の感想を語った。


クロード・モネ『睡蓮』

1916年 油彩、カンヴァス 200.5×201㎝ 国立西洋美術館蔵 松方コレクション
モネは1883年以降、パリから数十キロ離れたジヴェルニーのアトリエで制作を行った。自ら睡蓮を育てるための水の庭をつくり、1906年からその池の断片を表現した睡蓮のシリーズを開始。実業家の松方幸次郎は21年にアトリエを訪問、直接この作品を購入している。カーンは「モチーフはカンヴァスの二次元的な平面に持ち込まれ、抽象的な風景のビジョンを与えています。正方形のフォーマット、簡略化された花々、フレームからはみ出るような水面への空の反射など、モネの絵がもつ無限の性格を完璧に表現しています」とコメント。写真は国立西洋美術館のリニューアル記念展での展示風景。

クロード・モネ『舟遊び』

1887年 油彩、カンヴァス 145.5×133.5㎝ 国立西洋美術館蔵 松方コレクション
当時人気を集めた休日の娯楽、舟遊びをモチーフにした作品。モデルは、モネの義理の娘となるシュザンヌとブランシュ。「船のモチーフ全体を描かずに大胆に切り取ったのは、船の動きと流れにのった二人の儚さを表現するため」とカーン。「つかみどころのない自然の表情を捉え、画面上に浮遊感があるところにモネの現代性がある」と国立西洋美術館主任研究員の陳岡めぐみも解説する。

ピエール=オーギュスト・ルノワール 『アルジェリア風のパリの女たち(ハーレム)』

1872年 油彩、カンヴァス 156×128.8㎝ 国立西洋美術館蔵 松方コレクション
ルノワール初期の代表作のひとつ。タイトルにも注目で、アトリエではこの作品を「ハーレム」と呼んでいたという。ルノワールはアルジェリアに行くずっと前に、アトリエでこの作品を描いている。当時、サロンに出すために描かれた大作で、オリエンタリズムにあふれている。ペランは「ドラクロワの『アルジェの女たち』などを下敷きにしてパリで描かれたもので、モデルは当時愛人であったリーズを表現。彼はドラクロワの教え、筆のしなやかさ、官能的な肉体、色彩の陰影をすべて受け継いでいます」

ポール・ゴーガン『ブルターニュ風景』

1888年 油彩、カンヴァス 89.3×116.6㎝  国立西洋美術館蔵 松方コレクション
1886年から94年にかけて、ゴーガンはブルターニュに何度も滞在し、野性味あふれる美しい風景と、大地と海で生きる住民の素朴さを描いた。「おそらく1888年の春に描かれたものでしょう。当時、ゴーガンは印象派の影響下にあり、小さなストロークを並べて視覚的な感覚を再現することを追求。しかし、屈んだ農婦のシルエットなど、一部のモチーフは単純化されたフォルムで処理されています。1888年の夏以降、ゴーガンは徐々に自然主義から解放されていきます」とカーン。

ジョン・エヴァレット・ミレイ『狼の巣穴』

1863年 油彩、カンヴァス 83.8×114.3㎝ 国立西洋美術館蔵
イギリスのラファエル前派を代表するミレイ。シェイクスピアの悲劇「ハムレット」を題材にした架空の人物「オフィーリア」を描いたドラマティックな作品で世界的に有名になった。
カーンは「グランドピアノの下を狼の巣穴に見立て、実子と思われる4人の子どもたちを描いています。肖像画と風俗画が半々に描かれ、布や毛皮が細部までていねいに描かれ、まるで写真のようにリアル。真剣な表情と軽快な様子の子どもたちの、目の高さで見る構図の妙が楽しめます」

国立西洋美術館

場所:東京都台東区上野公園7-7
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)
開館時間:9時30分〜17時30分(火〜木、日、祝)、 9時30分〜20時(金、土) ※入館は閉館30分前まで
休館日:月 ※祝日の場合は開館、翌平日が休館に。8/15は開館 年末年始
常設:一般¥500 
企画展:展覧会によって異なる 
www/nmwa.go.jp/


「国立西洋美術館 リニューアルオープン記念 自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで」

会期:開催中~9/11
会場:国立西洋美術館 企画展示室
http://nature2022.jp/


常設展示

2022/4/9より再開
会場:国立西洋美術館 本館展示室・新館展示室
※休館日、開館時間、展示される作品は変更の可能性があります。訪問する場合は事前に公式サイトなどでご確認ください。

関連記事

  • Penが選んだ、2022年下半期「必見の展覧会」5選
  • 見る“夏バテ” 防止!話題のアーティスト、インカ・イロリが仕掛ける原色の世界

※この記事はPen 2022年9月号「レンジローバーで走れ!」の第2特集「日本で見る西洋絵画の名作」より再編集した記事です。
[[gallery-button]]

外部リンク

cat_oa-penonline_issue_9bf571803878 oa-penonline_0_zuwgmxqu1m16_旅やキャンプに連れていきたい、「夏にお薦めの外飲みウイスキー」3選 zuwgmxqu1m16 zuwgmxqu1m16 旅やキャンプに連れていきたい、「夏にお薦めの外飲みウイスキー」3選 oa-penonline

旅やキャンプに連れていきたい、「夏にお薦めの外飲みウイスキー」3選

2022年8月11日 10:00 Pen Online

自然の中で過ごしたり旅をしたり、夏の楽しみ方は人それぞれ。シーンに合わせてウイスキーを選べば、とっておきの時間がより充実したものになるだろう。

1.グランピングのおともに、プレミアムバーボンの代表格

1本目は「ワイルドターキーレアブリード」。アウトドアには骨太なバーボンがよく似合うが、ワイルドターキーといえばその代表格。なかでも力強くスパイシーな味わいを、よりダイレクトに楽しめるのがレアブリードだ。心地よい樽香やバニラのような甘い香味と、高めの度数を感じさせないまろやかさ。贅沢なグランピングなどで料理とともに、ロックで楽しみたい一本だ。

ワイルドターキーレアブリード●6年、8年、12年熟成の原酒をブレンドし、加水せずにボトリング。ブランド名は、かつての蒸留所オーナーが仲間との七面鳥狩りに持参したことに由来する。700㎖ ¥6,600/CT スピリッツ ジャパン カスタマーサービス TEL:03-6455-5810

2.バーベキューや燻製料理に合う、スモーキーなアイランズモルト

対して、特に海辺のキャンプなどにお薦めしたいのが、スコットランドのスカイ島で生まれる「タリスカー 10年」。焚き火や潮風を思わせるスモーキー&ピーティなフレーバーは、ビーチサイドでのバーベキューなどにうってつけ。ストレートやロックもいいが、炭酸で割って黒胡椒をふった“スパイシーハイボール”が暑い夏にはぴったりだ。

タリスカー 10年●海霧の島とも呼ばれるスコットランド北部の島、スカイ島でつくられるシングルモルト。磯の香りを纏ったスモーキーフレーバーとスパイシーさ、フルーティな甘さが特徴。700㎖ ¥5,830/タリスカー オンライン https://talisker-online.jp

3. 星空を眺めながらゆったり味わいたい、ジャパニーズウイスキーの新定番

そして最後の一本が「キリン シングルブレンデッド ジャパニーズウイスキー 富士」。単一蒸留所のグレーンウイスキーとモルトウイスキーをブレンドした“シングルブレンデッド”は、ウイスキーの新カテゴリー。熟した果実やハチミツのような甘くメロウな香りと、フルーツケーキを思わせるふくよかな味わい。こちらは宿のテラスなどで、夏の夜空を眺めながらゆったりストレートで楽しみたい。

キリン シングルブレンデッドジャパニーズウイスキー 富士●世界的にもまれな複合蒸溜所だからこそ実現できたシングルブレンデッド。富士御殿場のテロワールを体現するジャパニーズウイスキーの新定番。700㎖ ¥6,600(実勢価格)/キリンビールお客様相談室 TEL:0120-111-560 ※実勢価格は編集部調べ

今月の選酒人●西田嘉孝

ウイスキーライター。ウイスキー専門誌『Whisky Galore』や『Pen』などのライフスタイル誌、ウェブメディアなどで執筆。2019年からスタートしたTWSC(東京ウイスキー&スピリッツコンペティション)では審査員も務める。

関連記事

  • 蒸し暑い夏にこそ味わいたい、後味スッキリな日本のロゼ3選
  • 日本酒の蔵が手がける、既存の枠に縛られない蒸留酒3選
  • 目利きが選んだ、初夏の休日にピッタリな絶品“アウトドアビール”3選

※この記事はPen 2022年9月号より再編集した記事です。
[[gallery-button]]

外部リンク

cat_oa-penonline_issue_9bf571803878 oa-penonline_0_4da5lboutn2n_“キング・オブ・ロックンロール”であるエルヴィスが着た、バラクータの名品ジャケット「G9」【大人の名品図鑑】 4da5lboutn2n 4da5lboutn2n “キング・オブ・ロックンロール”であるエルヴィスが着た、バラクータの名品ジャケット「G9」【大人の名品図鑑】 oa-penonline

“キング・オブ・ロックンロール”であるエルヴィスが着た、バラクータの名品ジャケット「G9」【大人の名品図鑑】

2022年8月11日 09:00 Pen Online

「大人の名品図鑑」エルヴィス・プレスリー #4

“キング・オブ・ロックンロール”と称され、いまなお世界中で多くのファンをもつエルヴィス・プレスリー。今年は彼の伝記映画『エルヴィス』も公開され、その人気が再燃することは確実だ。今回は不世出のミュージシャン、エルヴィスが愛した数々の名品を紹介する。
「エルヴィスの曲を初めて聴いたとき、世界がひらけたんだ」——ボブ・ディラン
エルヴィス・プレスリーが生涯で出演した映画は33本もある。もちろんすべてエルヴィスが主演している。
『やさしく愛して』(56年)が記念すべき第1作で、最後の2作はライブステージを記録したもの。33作目の『エルヴィス・オン・ツアー』(72年)は、73年のゴールデングローブ賞の最優秀ドキュメンタリー作品賞を受賞している。その前作の『エルヴィス・オン・ステージ』(70年)は、ラスヴェガスのインターナショナル・ホテルのライブ映像をメインにしたもので、世界中で大ヒットを記録し、新たなるエルヴィス・ブームを巻き起こすきっかけとなった作品だ。
エルヴィスが出演した映画でも、60年代後半に制作された多くの作品はマネージャーのパーカー大佐がシリアスな物語を嫌ったせいか、どれも同じような筋立てで、特にラブコメディが多く、評価はそれほど高くはない。58年、エルヴィスは召集され陸軍に入隊する。入隊までに4作、除隊後の60年から69年までは1年に3本のペースで計27本もの映画が制作されたらしいので、粗製濫造に近いものがあったのかもしれない。エルヴィス自身も後半は映画への意欲を失っていたという説もある。

エルヴィスとジェームズ・ディーンの関係性

そんなエルヴィス自身が、最も気に入っている映画がある。4本目の作品として制作された『闇に響く声(原題 KING CREOLE)』だ。58年制作で、59年に日本公開された。作品の舞台はニューオーリンズで、エルヴィスが演じるのは暗黒街を支配するマキシーの安酒場で、雑役係のアルバイトをしながら高校に通う若者ダニー。父親が定職に就いていないこともあって、アルバイトに明け暮れるダニーは今年も落第し、高校を卒業することができなかった。そんな彼は酒場のオーナーから無理矢理ステージに上げられ、歌わされるが、それがきっかけとなって別のナイトクラブ“キング・クレオール(これが原題になっていると思われる)”で歌うようになり、ダニーはこのクラブの人気歌手になっていく…という物語だ。悪役のマキシーを名優ウォルター・マッソー、ダニーの不良仲間のシャークを後にテレビ映画『コンバット』で人気を集めるヴィック・モローが演じるなど、脇役陣も充実している。
エルヴィスに詳しいフェリス女学院名誉教授の前田絢子氏は、その著書『エルヴィス、最後のアメリカン・ヒーロー』のなかで、「この映画は、傷ついた若者の心理、父親への反抗、二つの美しい愛をドラマティックに描いて、エルヴィス映画の中で最も社会性の高い内容になった」と書く。どことなくジェームズ・ディーンが主演した『理由なき反抗』に似ていると思ったら、この映画はジェームズ・ディーンのために書かれた作品で、ディーンの急死で、その役がエルヴィスに回ってきたと同書には書かれている。映画『エルヴィス』でも彼がジェームズ・ディーンに憧れていたことが描かれているが、エルヴィスは『理由なき反抗』のディーンの台詞をすべて覚えていたという。それらが『闇に響く声』でのエルヴィスのシリアスな演技にも影響を与えたのは確かだろう。

エルヴィス同様に多くのフォロワーを生んだ名品ジャケット

この作品でエルヴィスが着ていたのが、トラッドの名品バラクータの「G9」だ。映画がモノクロなので色は正確にわからないが、明るい色に映っているので、もっとも定番的なナチュラルかタンあたりではないだろうか。
バラクータは、老舗ブランドのレインウエアを製造していたジョン・ミラーとアイザック・ミラー兄弟が、1937年に英国のマンチェスターで始めたブランドだ。1948年に発表されたのが「G9」で、モデル名「G9」の「G」はゴルフを意味し、「9」は9番目につくられたから。英国陸軍の支給用ジャンパーをベースにして、防風・防水加工を施してゴルフ用のジャンパーとして開発された。犬の耳のようなデザインで、ボタンを留めることで襟が立てられる「ドッグイヤーカラー」は防風効果が得られる独特なデザイン。背中の「アンブレラエフェクトヨーク」は傘のようなカッティングで、雨滴をスムーズに流せるように考案されたものだ。またゴルフなどでスムーズに肩を動かせるように、可動域が大きいラグランスリーブを採用する。デザイン的には、裏地に採用された「フレイザータータン」も見逃せない要素だ。
機能性と高いファッション性が融合したこのモデルは、さまざまなジャンパーのお手本になり、多くのブランドで模倣された。日本ではこのタイプを「スウィングトップ」と言う場合もあるが、これは日本のブランドがゴルフのスウィングから命名したもので、もちろん和製英語だ。欧米では「ハリントンジャケット」と呼ばれることもある。この呼び方は60年代のアメリカのテレビドラマ『ペイトンプレイス物語』で、ライアン・オニール演じるロドニー・ハリントンが着用したことに由来する。オニールは『ある愛の詩』(70年)の主人公のひとり、オリバーの演技で日本でも人気を集めた。
実はこの連載の第1回で取り上げたスティーブ・マックイーンも、このバラクータの「G9」を愛用したことでよく知られている。『華麗なる賭け』(68年)ではネイビーの「G9」を着こなし、プライベートでも愛用している写真がたくさん残されている。そういえばマックイーンは“キング・オブ・クール”と呼ばれた人物。一方、エルヴィスの愛称は“キング・オブ・ロックンロール”。50年代から70年代にかけて大活躍したアメリカを代表する2人のキングに認められたブルゾンとして、いまなお多くの人の記憶に残り、そして愛されている名品中の名品だ。

バラクータのアイコンのひとつでもある「フレーザータータン」柄の裏地。内側には通気性に優れたコットンポリエステルのCoolmax®︎素材を採用し、機能的にも進化している。

背中の上部に設けられた「アンブレラエフェクトヨーク」。これは雨の滴がうまく流れるようにデザインされたもの。ゴルフジャケットとしての出自を物語るディテールだ。

「オーセンティックフィット」のモデルは、フラップ&ボタンが付いた左側の脇ポケットにはブランドマークが付けられている。

「G9」のアイコニックなデザインとディテールを踏襲しながら、袖口と裾のデザインを変えた「G4」というモデルが最近、若者を中心に人気を集めている。この「G4」というモデルは着丈の長さやボリューム感がアップデートされ、裾に絞りのないデザインが昨今のルーズシルエットのボトムスにマッチする。素材はポリエステル58%×コットン42%で、製造は英国で行われている。各¥52,800/バラクータ
問い合わせ先/バラクータ カスタマーサービスTEL:0120-165-006

関連記事

  • エルヴィスがプライベートでも着用。革新的な腕時計、ハミルトン「ベンチュラ」との関係を辿る
  • エルヴィスがピンクと黒のコスチューム合わせた「ヴァンプシューズ」とは?
  • エルヴィス・プレスリーがステージ衣裳として着用したウエスタンシャツ

[[gallery-button]]

外部リンク

cat_oa-penonline_issue_9bf571803878 oa-penonline_0_bpgqvs1ycl2u_名門ECMのエース的存在、トルド・グスタフセン・トリオによる欧州ジャズの美しい旋律 bpgqvs1ycl2u bpgqvs1ycl2u 名門ECMのエース的存在、トルド・グスタフセン・トリオによる欧州ジャズの美しい旋律 oa-penonline

名門ECMのエース的存在、トルド・グスタフセン・トリオによる欧州ジャズの美しい旋律

2022年8月10日 19:00 Pen Online

【Penが選んだ、今月の音楽】 『オープニング』

トルド・グスタフセン・トリオ UCCE-1193 ユニバーサル・ミュージック ¥2,860静謐の美学と先鋭性で知られる名門ジャズレーベル、ECM。そのエース的存在であるノルウェー人ピアニストの4年ぶりのトリオ作。少ない音数で紡がれる抒情豊かな美しい旋律は、どこか瞑想的でありながらも哲学的な響き。ドラムスの繊細なスティックワークと新加入のベーシストによる変幻自在のベースラインがアンサンブルに彩りを加え、深淵なる世界が描かれる。とりわけ、ベースの創意あふれる弓弾きアルコ奏法とエレクトロニクス使いが随所で効果を発揮。欧州ジャズの美品に華を添える。

関連記事

  • 20名の参加アーティストも豪華!最新型アーバンポップスの見本市
  • 洒脱なメロウサウンドで、夢見心地の音楽体験を
  • 奴隷だった祖父と結婚した祖母に着想を得た、ブルース界の雄によるルーツ音楽

※この記事はPen 2022年9月号より再編集した記事です。

外部リンク