cat_oa-oriconstyle_issue_6039d8c1c2d5 oa-oriconstyle_0_6039d8c1c2d5_『新語・流行語大賞』2019“年間大賞”「ONE TEAM」に決定 TOP10は「タピる」「闇営業」「令和」など選出 6039d8c1c2d5

『新語・流行語大賞』2019“年間大賞”「ONE TEAM」に決定 TOP10は「タピる」「闇営業」「令和」など選出

2019年12月2日 17:00 ORICON NEWS

 その年話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の『2019 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)が2日に発表され、“年間大賞”に日本が初の8強入りを遂げ、列島が沸いたラグビーW杯日本大会のチームのスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」が輝いた。トップ10には「計画運休」「軽減税率」「スマイリングシンデレラ/しぶこ」「タピる」「#KuToo」「◯◯ペイ」「免許返納」「闇営業」「令和」が選出された。

 年間大賞となった「ONE TEAM」の受賞者は、日本列島を熱狂の渦に巻き込んだラグビー日本代表チーム。「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」の公式キャッチフレーズで始まった2019日本大会は、日本代表チームが開幕戦のロシアに勝利すると、アイルランド、サモアそしてスコットランドを撃破、予選プール4連勝で日本ラグビー史上初の決勝トーナメント進出を決めた。

 熱狂の源となった「ONE TEAM」は、日本代表を率いるジェイミー・ジョセフヘッドコーチが掲げたテーマ。ジョセフ氏はチームに必要な選手たちを国籍問わず招集し、31人の代表選手を選んだ。どんな強豪チームでも選手たちの思い、心が一つにならなければチームとして機能しない。7ヶ国15人の海外出身選手を含む31人はリーチマイケル主将を中心に桜の戦士ONE TEAMとして結束し、快進撃を続けた。

 選定理由として「日本代表の快進撃と1個のボールを取り合う面白さは多くの人々を虜にした。テレビの視聴率はうなぎ上り、日本代表のレプリカジャージは完売し、ラグビーを始める子どもたちも急増した」と解説。

 「ONE TEAMは、世界に広がりつつある排外的な空気に対する明確なカウンターメッセージであるとともに、近い将来、移民を受け入れざるを得ない日本の在り方を示唆するものとなった。それは安倍総理にもしっかりと伝わったと信じたい」と伝えている。

 また、選考委員特別賞は、今年引退した“イチロー”こと鈴木一朗氏の「後悔などあろうはずがありません」。

 今年3月21日午後11時56分から始まった引退会見は、夜中でありながら、多くの記者を集め、83分間にわたって行われた。記者からの質問にイチローらしく、自分の言葉で丁寧に答える姿は、野球界だけではなく、国民に多くの感動を与えた。

 選定理由として「日本で9年、アメリカで19年目に突入したところでの引退宣言であった。特に『後悔はあるか』と聞かれた時の、『今日の球場でのあの出来事…あんなものを見せられたら後悔などあろうはずがありません』という答えは印象的だった。選考委員は、日本語として研ぎ澄まされた話の上手な人が、あえて文語めいた言葉で返したこの表に対し、特別賞を授与することを決めた」と説明している。

 選考委員は、姜尚中氏(東京大学名誉教授)、金田一秀穂氏(杏林大学教授)、辛酸なめ子氏(漫画家・コラムニスト )、俵万智氏(歌人)、室井滋氏(女優・エッセイスト)、やくみつる氏(漫画家)(50音順)、大塚陽子氏(『現代用語の基礎知識』編集長)。

■11月6日発表のノミネート語30は以下(50音順)

1.あな番(あなたの番です)
2.命を守る行動を
3.おむすびころりんクレーター
4.キャッシュレス/ポイント還元
5.#KuToo
6.計画運休
7.軽減税率
8.後悔などあろうはずがありません
9.サブスク(サブスクリプション)
10.ジャッカル
11.上級国民
12.スマイリングシンデレラ/しぶこ
13.タピる
14.ドラクエウォーク
15.翔んで埼玉
16.肉肉しい
17.にわかファン
18.パプリカ
19.ハンディファン(携帯扇風機)
20.ポエム/セクシー発言
21.ホワイト国
22.MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)
23.◯◯ペイ
24.免許返納
25.闇営業
26.4年に一度じゃない。一生に一度だ。
27.令和
28.れいわ新選組/れいわ旋風
29.笑わない男
30.ONE TEAM(ワンチーム)

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_6039d8c1c2d5 oa-oriconstyle_0_ec0b5c4b83b8_吉田鋼太郎主演、名作映画『柳生一族の陰謀』をドラマ化 ec0b5c4b83b8

吉田鋼太郎主演、名作映画『柳生一族の陰謀』をドラマ化

2019年12月2日 16:59 ORICON NEWS

 1978年に公開され、大ヒットした映画『柳生一族の陰謀』(深作欣二監督)が、令和の時代に再びよみがえることになった。NHK・BSプレミアムで放送する単発ドラマして製作が決定。主演は、俳優の吉田鋼太郎が務める。

 映画は、徳川二代将軍秀忠の急死をきっかけに、三代将軍の擁立をめぐる骨肉の争いに巻き込まれた、柳生一族の存亡をかけた壮絶な闘いを重厚に描き上げた時代劇の傑作。「これより先、親に会えば親を殺し、仏に会えば仏を殺す…」。裏の裏をかく心理戦、けれんみたっぷりなアクション、アッと驚くどんでん返し…。映画の大ヒット後、ドラマや演劇、その他派生作品を生んだ。

 今回、主演する吉田も「大学に入って芝居を始めた頃、映画『柳生一族の陰謀』を観ました。日本を代表する名優達、スター達が名を連ねる中、萬屋錦之介の圧倒的な存在感、迫力、太刀捌きに終始釘付けになり、度肝を抜かれた憶えがあります」と述懐。

 映画で萬屋錦之介が演じた将軍家剣術指南役・柳生宗矩(むねのり)を、演じることについては、「身の竦むような思いです。萬屋さんには比ぶべくも有りませんが、何とか必死に自分なりの柳生宗矩を作り上げる事ができればと思っています。頑張ります!」と、意気込みを語っている。

 吉田のコメントにもあるように、映画版に当時の映画・演劇・テレビ界のスターが集結したように、令和のドラマ版にも第一線で活躍する俳優たちが名を連ねることに。

 主な出演者(配役)は、溝端淳平(柳生十兵衛)、岡山天音(徳川家光)、飯豊まりえ(茜)、森田望智(阿国)、山田純大(松平信綱)、波岡一喜(烏丸文麿)、荒井敦史(徳川忠長)、佐野岳(ハヤテ)、高橋克実(徳川義直)、美村里江(お福)、榎木孝明(小笠原玄信斎)、宅麻伸(土井利勝)、斉藤由貴(於江与)。

 スーパープレミアム『柳生一族の陰謀』は、来年4月11日(後9:00~10:29)、BSプレミアムで放送予定。

■あらすじ

 元和9年、二代将軍徳川秀忠が急死した。大坂の陣から7年あまり。将軍の死は徳川体制に動揺を与えると、幕閣大奥の一部で秘密にされ隠蔽(いんぺい)された。何より、いまだ秀忠の後継者が決まっていなかったのだ。本来なら嫡男・家光が三代将軍を継ぐことに異論はないはずだが、実母の於江与(おえよ)が家光を愚鈍と嫌っており、弟・忠長の方が将軍にふさわしいとの声が土井利勝を中心に幕閣の間で大きくなり始めていた。

 将軍の死因をいぶかる土井は忍びを使って秀忠の胃袋を調べようとするが、突然現れた者に奪われてしまう。届けられた先は将軍家剣術指南役・柳生宗矩。彼の検視により秀忠の死はヒ素を盛られたためと判明する。一体誰が…。宗矩に問い詰められた家光の小姓・松平信綱と乳母お福(後の春日局)が秀忠暗殺を白状する。将軍が家光を廃嫡する動きに出たためやむを得なかったのだと…。

 宗矩は柳生新陰流の弟子・家光を将軍に据えるため陰謀を張り巡らせる。それは朝廷を巻き込み幕府を家光派・忠長派に分裂させ、柳生一族をも骨肉の争いに駆り立てる、仁義なき戦いの始まりであった。

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_6039d8c1c2d5 oa-oriconstyle_0_bff52791a671_中島健人、20年ぶりアナハイムでクリスマスロケ「ディズニー熱、愛をアメリカの地で解放しました!!」 bff52791a671

中島健人、20年ぶりアナハイムでクリスマスロケ「ディズニー熱、愛をアメリカの地で解放しました!!」

2019年12月2日 16:12 ORICON NEWS

 人気グループ・Sexy Zoneの中島健人がMCを務めるディズニー公式動画配信サービス『ディズニーデラックス』のクイズ番組『Disney イッツ・ア・クイズワールド クリスマス・スペシャル』が20日より配信。番組初の海外ロケとなる今回、中島がホリデーシーズンまっただなかの米・アナハイムにあるディズニーランド・リゾートに降り立った。

 番組は、クリスマスならではのパレードやアトラクション、そして最新のテーマランドをたっぷり紹介。ゲストには、これまでも番組内で圧倒的なディズニーへの知識を披露した小宮山雄飛、番組初出演で大のディズニーファン。浜口京子、そして、カリフォルニア ディズニーランド・リゾートに何度も足を運んだことのあると言う、なかやまきんに君が登場する。

 配信に先駆け中島は「ディズニーファンの皆様。お待たせ致しました!『Disney イッツ・ア・クイズワールド』のMCを務めさせて頂いている私、中島健人、遂に豪華なキャストの皆さんと共にカリフォルニア アナハイムのディズニーランド・リゾートに行って参りました!」と意気揚々と報告。

 「僕にとっては約20年ぶりのアナハイムでした。小さい頃に行った当時は、熱が出てあまり堪能出来なかったのでリベンジしたく、今回は20年分のディズニー熱、愛をアメリカの地で解放しました!!」とすっかり満喫した様子を覗かせ、「最高のディズニークリスマスプレゼントをどうかお受け取りください!! Merry Xmas!!」とメッセージを寄せている。

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_6039d8c1c2d5 oa-oriconstyle_0_9f3a4cb0f514_桂雀々、“寅さん”役に重圧 さくら役の常盤貴子がサポート 9f3a4cb0f514

桂雀々、“寅さん”役に重圧 さくら役の常盤貴子がサポート

2019年12月2日 16:06 ORICON NEWS

 落語家の桂雀々と女優の常盤貴子が2日、都内で行われたNHKプレミアムドラマ『贋作 男はつらいよ』試写会に登壇した。山田洋次監督、故・渥美清さん主演による映画『男はつらいよ』の世界を現代の大阪に置き換え、山田監督の原作脚本で“寅さん”が蘇る今作。と車寅次郎を大阪弁で演じた雀々は「なんせ国民がみんな知っている渥美さんの後。大阪弁であるにしても寅さんのイメージを崩してはいけない。でもキャラは立たなければといけない。ベースは寅さんでありながら自分らしさも出す葛藤はありまして。プレッシャーはすごくありました」と重圧を明かした。

 落語会『桂はつらいよ』のチラシで寅さんに扮した雀々を山田監督が目にしたことが、今作の抜てきのきっかけに。雀々は「モノマネする人はいっぱいいるけど、雰囲気を出せることだけで選ばれた。知名度も演技力の情報もない段階で名指しをいただき、不安と心配材料でクランクインしました」と苦笑。「なんせ初めての経験なので、まわりの共演者に支えられ、みなにご迷惑をかけ、ようやく乗り切った。必死で頑張った次第です」と達成感をにじませた。

 初めてのことだらけで「心の余裕はまったくなかった」と撮影当時を振り返る雀々が「一番支えられた」というのが、寅さんの妹・さくらを演じた常盤。「なにがあってもお兄ちゃんの味方だと思ってクランクインしたので、雀々さんをなにがあっても守るって。NGが続いても構いません!って『むしろ良くなります』って」とサポート役を全うしたそう。

 一方、常磐自身も倍賞千恵子の演じた人気キャラクターを演じることで「私も、なんて恐れ多いことをしてしまったんだ、と。倍賞さんのイメージがありますし、あまりにもかわいいので、そのさくらをというのもあるんですけど…」と葛藤があったことを告白。それでも「これだけの人気のある名作を、山田監督が贋作で作ってみようと思われたことがうれしく、それに乗りたいと思ってさくらを研究したいと。中に入って演じることで、よりわかることもある。だから『寅さん』は面白いと納得できて宝のような時間でした」と噛み締めた。

 そんな常磐の支えもあって、雀々は「だんだん慣れてくるというか、寅さんってこういう寅さんだぞと、自分なりに言い聞かせて終えた感じです。『雀々の寅さん』がちょっとでもできたのではという気持ちです」と手応えをにじませる。改めて『男はつらいよ』シリーズも見返したそうで「とてもじゃあないけどマネできません。返って一般視聴者になって断ればよかったと…」と自虐しながらも作品の良さを実感していた。

 来年1月5日より、BSプレミアムにて毎週日曜午後10時から放送。

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_6039d8c1c2d5 oa-oriconstyle_0_a887bc73b709_齋藤飛鳥、献血は「身近な人助け」 メッセージ入りオーナメントで協力呼び掛け a887bc73b709

齋藤飛鳥、献血は「身近な人助け」 メッセージ入りオーナメントで協力呼び掛け

2019年12月2日 16:06 ORICON NEWS

 人気アイドルグループ・乃木坂46の齋藤飛鳥ら5人が2日、都内で行われた日本赤十字社のプロジェクト『みんなの献血』クリスマスPRイベントに出席した。

 イベントに参加したのはイメージキャラクターを務める齋藤、星野みなみ、堀未央奈、山下美月、与田祐希。最初に、現在病院で治療に励んでいる患者や輸血経験のある患者から集められた「願い事」を山下らが代読し、「病気を治して遊園地に行きたい」などといった患者の願いを読み上げた。これらのコメントを受け、齋藤は「私は将来の目標が立てられないタイプ。治療を頑張ってる方々が未来に向けたキラキラした気持ちを持ってるのは素敵だし、ぐっときました」と感慨深そうに話した。

 続いて、5人が献血を促すメッセージを書き込んだハート型のオーナメントが披露された。堀は「子どもたちの願いを伝えていきたい」、与田は「みんなで助け合いたい」などと献血の重要性を訴え、クリスマスツリーに飾り付けた。

最後のあいさつで、齋藤が「献血という文化をもう一度当たり前に感じてもらうことを目標に始まった。これまでに多くの人に献血の協力を得ることができた」と感謝し、「自分たちが身近にできる人助けが献血。若い世代、私達と同年代の方たちが新たに献血に協力していくことこそが、みんなの未来を明るくするカギだと思う」と述べ、さらなる協力を呼び掛けた。

 プロジェクトは少子高齢化に伴い献血者が年々減少を続けている現状に対して、継続的に献血へ協力してもらい、血液製剤を医療機関へ安定的に供給すること、献血という文化をもう一度当たり前に感じてもらうことを目的としている。

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_6039d8c1c2d5 oa-oriconstyle_0_b184c332e367_西野未姫、ダイエット成功で“別人級”ボディに 美ヒップも大胆披露「仕上がり最高!」 b184c332e367

西野未姫、ダイエット成功で“別人級”ボディに 美ヒップも大胆披露「仕上がり最高!」

2019年12月2日 15:52 ORICON NEWS

 元AKB48でタレントの西野未姫(20)が1日、自身のインスタグラムを更新。2ヶ月のダイエットによって手に入れた“別人級”ボディを披露した。

 同日、都内で開催された夏が一番似合う男性・女性を決める大会『サマー・スタイル・アワード』に参加した西野。大会終了後の投稿で「サマースタイルアワードが無事に終わりました!!今日まで応援してくれたみなさん!本当にありがとうございます」とファンへの感謝をつづった。

 結果については「残念ながら受賞することはできませんでした。本当に悔しいです」と惜しくも入選を逃したことを報告。つづけて「なにより、こんなにも応援してくれた方がたくさんいるのに期待に応えられなくて本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と心境を明かすと「でも、やれることはやったと思う。もう悔いはありません!!」と全力で挑んだ大会を振り返った。

 さらに「今日まで応援してくれたみなさん。友達。先輩。トレーナーさん。たくさんの方に感謝の気持ちでいっぱいです!本当にありがとうございます」と感謝し「成人式までは絶対リバウンドしない!!」と誓っている。

 西野は、同アワードに参加するにあたって2ヶ月間のダイエットに挑戦。10月2日の投稿では「朝体重を測ったら驚愕しました。56キロ、、、やばすぎる」と“ぽっこりお腹”がわかる全身ショットを公開していたが、11月30日の投稿では「体重49キロやっと切りました 48.9キロ!!」と“ぺたんこお腹”が確認できる全身ショットを公開。約7キロの減量に成功したことを報告していた。

 ファンからは「お疲れ様です!すごく綺麗」「めっちゃキレイですよ!!すごい努力です」「超絶綺麗&美人だし美しいすぎるよ!美脚」「鳥肌ビンビンですわぁー!すごく綺麗!」「最高に綺麗」「美尻」「仕上がり最高!」と絶賛の声が殺到している。

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_6039d8c1c2d5 oa-oriconstyle_0_ab7e59593924_『アナ雪2』ディズニー作品最速の公開10日目で40億円突破 動員数もV2達成 ab7e59593924

『アナ雪2』ディズニー作品最速の公開10日目で40億円突破 動員数もV2達成

2019年12月2日 15:39 ORICON NEWS

 11月22日に公開を迎えた映画『アナと雪の女王2』が、きのう1日までに興行収入43億582万円、観客動員数338万人を記録したことが発表された。週末興行成績も2週連続で1位を獲得し、公開10日目での興収40億円突破は『トイ・ストーリー4』を超えて、ディズニー・アニメーション、ピクサー・アニメーション全タイトルの中で最短となった。

 1作目と2作目でひとつの物語だと監督が語っていたように、観客からは「過去で明らかにならなかったことが全部解けて“そういうことだったんだ”と納得した」という声や「2回目だったけどめっちゃ泣いたし、2回目だからこそ読み取れることあってめっちゃよかった…」と早くもリピーターが続出している。

 エルサ役・松たか子が歌う「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」は、音楽配信サイトの各チャートで1位を獲得。前作では「レット・イット・ゴー」が世代を超えた社会現象を巻き起こしたが、今作の楽曲も「あの耳に残るメロディをみんな歌ってた!」「やっぱり音楽が素敵で、歌のところになるたびに涙が流れました」とコメントが寄せられている。

 ありのままの自分を受け入れ、氷と雪を操る力を持つ姉エルサ、そして持ち前の明るいキャラクターの妹アナ。前作ではお互いを想い合い、最後には心を通わせ強い絆で結ばれ多くの人が涙した2人のヒロイン。今作では、なぜエルサに力が与えられたのか。大事な仲間となったクリストフとオラフと共に歩む先で、エルサの“魔法の力”の秘密を解き明かす冒険が描かれる。

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_6039d8c1c2d5 oa-oriconstyle_0_27b9b9004a5b_芦田愛菜、5年ぶり実写映画主演 今村夏子氏原作『星の子』 27b9b9004a5b

芦田愛菜、5年ぶり実写映画主演 今村夏子氏原作『星の子』

2019年12月2日 15:19 ORICON NEWS

 女優・芦田愛菜が、『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』(2014年)以来、

5年ぶりとなる実写映画『星の子』に主演することが発表された。2020年に劇場公開予定。今月から来月にかけて撮影を行う。

 原作は、デビュー作『こちらあみ子』を第24回三島由紀夫賞受賞で飾り、最新作『むらさきのスカートの女』で令和初の第161回芥川賞を受賞した今村夏子氏の同名小説。今村氏の作品が映像化されるのは今回が初となる。

 監督・脚本は、『さよなら渓谷』(13年)で第35回モスクワ国際映画祭・審査員特別賞受賞、樹木希林さんの遺作の一本となった『日日是好日』(18年)も手がけた大森立嗣氏。

 本作で芦田が演じるのは、自身と同じ中学3年生の主人公「ちひろ」。大好きなお父さんとお母さんから愛情たっぷりに育てられたが、その両親はちひろが生まれた時の病気を奇跡的に治してしまった「あやしい宗教」を深く信じてしまっている。思春期を成長していくちひろは、生まれて初めて、両親と暮らす自分の世界を疑い始める。

 女優・芦田愛菜が少女から大人へと成長していくかけがえのない瞬間を永遠に焼き付ける貴重な一本になりそうだ。

■芦田愛菜のコメント

原作を読ませていただいて、信じるという事について深く考えました。
自分の考えとは違うと思っていても、
大切な人の考えを信じてみようと思ったり…
正しいか間違っているかの判断だけでなく、
人はその人と、その周りをとりまく環境や
人の想いによって見え方が変わってしまったり…
誰かを、何かを、たとえそれが自分の大切な人でも
迷わず信じ続けることはとても難しい。そう感じました。
私が演じさせていただくちひろは、少しずつ自分の環境に違和感を感じつつも、
悩みながら素直に物事をうけとめて
真っ直ぐに生きている女の子だと思います。
これからちひろをどんな風に演じていくか、
そしてこの映画の中で“信じる”という事は何なのか?
ちひろと共に探していきたいと思います。

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_6039d8c1c2d5 oa-oriconstyle_0_4121efa8addd_広瀬すず“上目遣い”でファン悩殺「かわいいの交通事故ー!」「これ以上好きにさせないで」 4121efa8addd

広瀬すず“上目遣い”でファン悩殺「かわいいの交通事故ー!」「これ以上好きにさせないで」

2019年12月2日 14:48 ORICON NEWS

 女優の広瀬すず(21)のオフィシャルブログが11月29日、スタッフによって更新。ナチュラルな笑顔がかわいい“上目遣い”ショットを公開した。

 この日は「お知らせ」と題してスタッフがブログを更新。「最近すっかり寒くなってきましたね!そんな寒い日にはモコモコのクロックスがおすすめ」と紹介し、体育座りをしながら上目遣いでカメラを見つめる広瀬の写真を投稿した。

 この投稿にネット上では「めっちゃ可愛い」「これ以上好きにさせないで可愛すぎる!!」「かわいいからかわいい美人へ…」「最強の笑顔」「かわいいの交通事故ー!」「天使超え」といった反響を呼んでいる。

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_6039d8c1c2d5 oa-oriconstyle_0_a4209fc4e2cd_鈴木梨央、『ハリー・ポッター』より歴史が古い魔法シリーズ「ミルドレッド」の声を担当 a4209fc4e2cd

鈴木梨央、『ハリー・ポッター』より歴史が古い魔法シリーズ「ミルドレッド」の声を担当

2019年12月2日 14:36 ORICON NEWS

 女優の鈴木梨央が、NHK・Eテレ海外ドラマの新番組『ミルドレッドの魔女学校』(1月10日スタート、毎週金曜 後7:25、全13回)の主人公ミルドレッド・ハブル(ベラ・ラムジー)の吹き替えを担当する。

 感性豊かな少女ミルドレッドが、なりゆきで魔女学校の入学試験を受けたところ、なんと合格。果たして、魔法を習得し、立派な魔女になれるのか? 原作はイギリスのベストセラー児童文学書『The Worst Witch』(作:ジル・マーフィ)。『ハリー・ポッター』シリーズより歴史が古く、長く愛されてきた“魔法”シリーズだ。

 鈴木は「ドラマの登場人物が『クラスにこんな子いるよね~』という感じで、みな個性的です。ミルドレッドがどんな学園生活を送ることになるのか、私も展開が楽しみです。ちなみに、もし私が魔法を使えたら、透明マントを使っていろんなところに行きたいです!」と、コメントを寄せている。

■声の出演
ミルドレッド・ハブル(ベラ・ラムジー):鈴木梨央
モード・スペルボディ(メイブ・キャンベル):林日葵
カックル校長/アガサ(クレア・ヒギンズ):勝生真沙子
エセル(ジェニー・リチャードソン):嶋村侑
ほか

外部リンク