cat_oa-oriconstyle_issue_010384fc6f18 oa-oriconstyle_0_010384fc6f18_尾崎世界観「僕は言葉を疑っている」 乃木坂46・山崎怜奈と“表現”について語る 010384fc6f18 010384fc6f18 尾崎世界観「僕は言葉を疑っている」 乃木坂46・山崎怜奈と“表現”について語る oa-oriconstyle

尾崎世界観「僕は言葉を疑っている」 乃木坂46・山崎怜奈と“表現”について語る

2021年1月27日 07:00 ORICON NEWS

 ロックバンド・クリープハイプの尾崎世界観が、26日放送のTOKYO FM『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』(月~木 後1:00)に、リモート生出演。パーソナリティーを務める乃木坂46・山崎怜奈とトークを繰り広げた。

 冒頭で、山崎が「中継つながっているんですけど、今イスに座って、お茶を飲んでどこかに行きました(笑)。尾崎さーん!」と呼びかけ。尾崎は出演のタイミングを勘違いしていたようで、戻ってくるなり「始まっていました? すみません。冒頭にミスをしてしまったので、取り戻すのに必死です」と謝罪すると、山崎も「こんなハプニング初めてでした。ドッキリかと思いました」と明るいトーンで応じるなど、和やかな雰囲気で始まった。

 『第164回芥川龍之介賞』候補となった『母影』(新潮十二月号)について、尾崎は「選んでいただいた時は、本当にうれしかったですね。僕は小説家としてデビューするために必要な新人賞を取ることをしてないので、引け目を感じていたのですが、候補になったことでちょっとは許してもらえたのかなと自信がついたし、結果が出た時に殴られたような、めくられた感じがしましたね。音楽は勝ち負けが明確にないので、音楽活動だけでは感じられなかった感情がありました」と明かした。

 言葉を紡いでいく時の思考について、尾崎は「僕は言葉を信じてないというか、疑っていますからね。何かひらめいた時にメモをするんですけど、それを言葉にした時に、やったと思った感じからどんどん遠ざかるというか。言葉にするっていうことは、これでいいやっていう妥協点でもあるから」とコメント。山崎は『母影』について「出てくる人間がリアルですよね。子どもの言葉なんだけど、いい意味で生々しい。いろんな匂いが残る作品だな」との感想を伝えていた。

 22日放送のTBSラジオ『アシタノカレッジ』(月~金 後10:00)にゲスト出演。かつて、それぞれ『ACTION』のパーソナリティーを務めていた武田砂鉄氏とのトークが実現した。両番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_010384fc6f18 oa-oriconstyle_0_393e4e22bb96_アニメ『妖怪ウォッチ』新作4・9放送開始 ケータやジバニャン主役でウィスパーなども登場 393e4e22bb96 393e4e22bb96 アニメ『妖怪ウォッチ』新作4・9放送開始 ケータやジバニャン主役でウィスパーなども登場 oa-oriconstyle

アニメ『妖怪ウォッチ』新作4・9放送開始 ケータやジバニャン主役でウィスパーなども登場

2021年2月26日 19:00 ORICON NEWS

 テレビアニメ『妖怪ウォッチ』の新シリーズ『妖怪ウォッチ♪』が、テレビ東京系にて4月9日午後6時25分より放送されることが決定した。

 最新作『妖怪ウォッチ♪』は、普通の小学5年生・ケータや、人気妖怪であるジバニャンやコマさん、妖怪執事のウィスパーを中心に、おなじみの個性豊かな妖怪たちが登場し、痛快コメディーを展開していく。

 2014年1月から放送がスタートしたアニメ『妖怪ウォッチ』は、1作目は不思議な時計をつけたことで妖怪の姿が見えるようになった主人公が、妖怪と友達になりながら、さまざまな問題を解決するという物語。“日常”をテーマにしたストーリー構成や、愛嬌のあるキャラクターたちが小学生を中心に多くの層の支持を獲得し、その後映画化やゲーム化などされ大きな話題を呼んだ。

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_010384fc6f18 oa-oriconstyle_0_6ec53a359872_KEIKO「後遺症もなく、元気」活動再開へ意欲つづる 小室哲哉氏と離婚「新たな気持ちと強い決意で」 6ec53a359872 6ec53a359872 KEIKO「後遺症もなく、元気」活動再開へ意欲つづる 小室哲哉氏と離婚「新たな気持ちと強い決意で」 oa-oriconstyle

KEIKO「後遺症もなく、元気」活動再開へ意欲つづる 小室哲哉氏と離婚「新たな気持ちと強い決意で」

2021年2月26日 18:22 ORICON NEWS

 globeのKEIKO(48)が26日、音楽プロデューサーの小室哲哉氏(62)と調停離婚が成立したことを報告。2011年にくも膜下出血で倒れて以来、療養を続けているが、所属事務所の公式サイトでは近況と活動再開への意欲もつづられた。

 サイトでは小室氏との離婚を報告するとともに「2011年、くも膜下出血を発症して以来、多くの方々から、沢山のお見舞のお言葉や励ましのお言葉を頂き、その皆様の優しさに助けられ、支えられて頑張ってまいりました。おかげさまで大きな後遺症もなく、元気に日常生活を送っております」と近況をつづった。また、「今後も健康管理に気をつけながら、アーティストとしても皆様に恩返しができるよう、精一杯努力して参ります」としている。

 最後は「新たな気持ちと強い決意で前に進んでいきたいと思っております。今後とも温かく見守って頂けましたら幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます」と締めくくった。

 KEIKOは2002年に小室氏と結婚。11年にくも膜下出血で倒れ、以降リハビリなど回復に向け小室氏がKEIKOを支えていたが、18年1月に『週刊文春』で小室氏と看護師女性の不倫疑惑が報じられた。直後、小室氏は会見で不倫関係を否定したが、騒動の責任を取る形で音楽業界からの引退を表明。一方でKEIKOとの離婚については当時、否定していた。

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_010384fc6f18 oa-oriconstyle_0_d26607b085f7_麦人、『スター・トレック』ピカード艦長は“原点”「足を向けて寝られない」 d26607b085f7 d26607b085f7 麦人、『スター・トレック』ピカード艦長は“原点”「足を向けて寝られない」 oa-oriconstyle

麦人、『スター・トレック』ピカード艦長は“原点”「足を向けて寝られない」

2021年2月26日 18:19 ORICON NEWS

 声優・麦人が26日、海外ドラマ『スター・トレック:ピカード』(3月3日発売)ブルーレイ&DVDリリース記念オンラインイベントに登壇した。『新スター・トレック』の名艦長ジャン=リュック・ピカードが劇場版シリーズ以来、約20年の時を経て復活。長年、日本語版声優としてパトリック・スチュワートを務める麦人は「僕にとってもピカードが声優・麦人という立場を築いてくれたし、原点です。これに代わる役はありませんし、ピカードさんには足を向けて寝れない」と敬愛の気持ちを語った。

 『スター・トレック』シリーズ初・主人公の名を冠した『スター・トレック:ピカード』では、堅い信念を貫き宇宙の平和を守り抜いた男、ピカード艦長を主人公にしたSFアクション。麦人のほかにもデータ役の大塚芳忠、ライカー役の大塚明夫、セブン・オブ・ナイン役の沢海陽子など日本語版吹き替え声優たちが再結集する。

 イベントでは芳忠、明夫の2人から麦人へのコメントが読み上げられた。芳忠から「人間ピカードの全てを表現出来るのは、人間麦人さんしかいない。まさに、麦人さん自身の人生を、ピカードの姿を借りて語っているかのよう」と賞賛された麦人は「持ち上げすぎて穴があったら入りたい」と照れ笑いしつつ「こんなコメントをもらえてうれしいです」と感謝していた。

 明夫からは「旧知の親友と会えたような錯覚を覚えました」という言葉を贈られ、「もう彼はピカードの次のリーダーシップを発揮したので、明夫自身もライカーには想い入れがあると思う。新しいシリーズでもピカードを助けるようなことがあるのではと期待していただければ」と見どころを語った。

 すでにシーズン2も決定しているが「パトリック・スチュワートさんも前のシリーズから30年近く続けられて、年齢81歳。僕も今76歳。パトリックさんと4歳しか変わらないけど元気でまいったな~負けてられないな、と。大変な人ですね(笑)」とそのエネルギーに圧倒されているよう。

 ピカード艦長が“理想のリーダー”だという麦人は「自分の人間的に弱い面や正義感の強いところ。清濁両方あわせもって、リーダーシップを発揮してる。弱みも苦味もウチに含んで、リーダーの役割を果たしているところがすごい」と憧れを語った。最後は「コロナに負けず発進!」と掛け声をかけてイベントを締めくくった。

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_010384fc6f18 oa-oriconstyle_0_79b81b774b42_KEIKO、小室哲哉氏との離婚報告「今後とも温かく見守って頂けたら」 79b81b774b42 79b81b774b42 KEIKO、小室哲哉氏との離婚報告「今後とも温かく見守って頂けたら」 oa-oriconstyle

KEIKO、小室哲哉氏との離婚報告「今後とも温かく見守って頂けたら」

2021年2月26日 18:01 ORICON NEWS

 音楽プロデューサーの小室哲哉氏(62)とglobeのKEIKO(48)が26日、調停離婚が成立したことがわかった。KEIKOが所属するエイベックス・マネジメントが公式サイトで報告した。

 KEIKOは2002年に小室氏と結婚。11年にくも膜下出血で倒れ、以降リハビリなど回復に向け小室氏がKEIKOを支えていたが、18年1月に『週刊文春』で小室氏と看護師女性の不倫疑惑が報じられた。直後、小室氏は会見で不倫関係を否定したが、騒動の責任を取る形で音楽業界からの引退を表明。一方でKEIKOとの離婚については当時、否定していた。

 サイトでは「私KEIKOは、この度、小室哲哉さんとの調停離婚が成立いたしましたことをご報告させて頂きます。ファンの皆様、関係者の皆様には、ご心配・ご迷惑をおかけしてまいりましたことを、ここに改めてお詫び申し上げます。お騒がせしまして本当に申し訳ありませんでした」と報告。

 また、「2011年、くも膜下出血を発症して以来、多くの方々から、沢山のお見舞のお言葉や励ましのお言葉を頂き、その皆様の優しさに助けられ、支えられて頑張ってまいりました。おかげさまで大きな後遺症もなく、元気に日常生活を送っております。今後も健康管理に気をつけながら、アーティストとしても皆様に恩返しができるよう、精一杯努力して参ります」と活動再開に向けた意欲もつづっている。

 「新たな気持ちと強い決意で前に進んでいきたいと思っております。今後とも温かく見守って頂けましたら幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます」と締めくくった。

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_010384fc6f18 oa-oriconstyle_0_b58bc0b600b5_映画『銀魂』冒頭90秒は『ドラ〇ンボール』風 本編映像解禁で“Z戦士”集結 b58bc0b600b5 b58bc0b600b5 映画『銀魂』冒頭90秒は『ドラ〇ンボール』風 本編映像解禁で“Z戦士”集結 oa-oriconstyle

映画『銀魂』冒頭90秒は『ドラ〇ンボール』風 本編映像解禁で“Z戦士”集結

2021年2月26日 18:00 ORICON NEWS

 公開中のアニメ映画『銀魂 THE FINAL』の新たな本編映像が26日、解禁された。人気アニメ『ドラ〇ンボール』(DB)風?の絵柄となったキャラクターたちの姿を見ることができる。


 解禁されたのは、本編の冒頭90秒で「侍の国。俺たちの国がそう呼ばれていたのは、今は昔の話…」という銀さんのナレーションが。途中までは、これまでのあらすじを説明する『銀魂』の映像だったが、銀さんの登場から一転、急に絵柄が『ドラ〇ンボール』風に。そして、万事屋とともに集まったのは真選組、猿飛あやめ、柳生九兵衛、月詠といったおなじみの仲間たちも“Z戦士たち”となっている。

 実際、映画をすでに見たファンからは「銀魂を見に来たと思ったのに、始まったのはドラ〇ンボールだった」、「銀魂の映画なのに最初からドラ〇ンボールで意味がわからない」などの声もあり、入場者プレゼントで<炭治郎&柱イラストカード>なども配布したこともあって、「1日で銀魂と鬼〇とドラ〇ンボールを見られて幸せ」という反響もあった。

 なお、同作は実際に『ドラ〇ンボール』を制作していたスタッフも参加しており、おなじみの主題歌「CHA-LA HEAD-CHA-LA」も流れるなど、「そこまでやる!?」と言われるほどギャグ作品らしく徹底的にこだわっている。

 『銀魂』は、2003年12月から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載がスタートした同名漫画が原作。架空の江戸を舞台に「天人」と呼ばれる異星人らによって支配された世界で、何でも屋の坂田銀時とそれを取り巻く人々が織りなすSF時代劇コメディー。19年6月に完結し、コミックスは累計5500万部を突破する人気作品で、06年4月にテレビ東京系でアニメの放送がスタートし、これまでに第4期まで放送している。

 『銀魂 THE FINAL』では、地球滅亡のカウントダウンが迫る中、銀時、高杉、桂が、虚の野望を阻止するために奮闘。そして、師匠・松陽の悲願を胸に戦い続ける銀時たちを援護するため、新八、神楽、真選組たちまでもが参戦し、彼らの“最後”のバカ騒ぎが描かれる。

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_010384fc6f18 oa-oriconstyle_0_064d5d6cff22_【ナイナイANN 21年2月の怒鳴り】大河完走の「お疲れ様でした」、まさかの「大間違い」 064d5d6cff22 064d5d6cff22 【ナイナイANN 21年2月の怒鳴り】大河完走の「お疲れ様でした」、まさかの「大間違い」 oa-oriconstyle

【ナイナイANN 21年2月の怒鳴り】大河完走の「お疲れ様でした」、まさかの「大間違い」

2021年2月26日 18:00 ORICON NEWS

 お笑いコンビ・ナインティナインがパーソナリティーを務める、ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)。オープニングトークのテーマにもつながる番組冒頭の“怒鳴り”が、2人の近況や歴史も垣間見えることから、ORICON NEWSではコンビとしての再出発を果たした昨年5月から、1ヶ月ごとに「怒鳴り」とトークを振り返る企画を開始。今月もコンビとしての近況を交えた「怒鳴り」が響いた。

 4日深夜放送の怒鳴りは「招待待ち」。冒頭で、岡村隆史が「ちょこっとキングコングの西野(亮廣)さんの話をしましたけど、早かったねー。急展開になりましたけど。もう吉本じゃないのか。まさか、吉本を去るとは思ってなかったけど…」と口にしながらも「その西野さんに『次、何が流行るねん?』って聞いたら『耳で聞くものがきますよ』っていうことで、それで急激にClubhouseがきて…。それでみんな招待されているのを待っている状態らしいけど」と、話題の音声SNS『Clubhouse』についてトークを繰り広げた。

 11日深夜放送の怒鳴りは「お疲れ様でした」。岡村が菊丸役を担当していた大河ドラマ『麒麟がくる』が大団円を迎えたことを受けての怒鳴りとなり、岡村は「なんやかんやで1年間出させていただいて、長かったですね。間にもコロナで中断とかもありながら、なんとか最終回まで…僕はちょっとしか出てないですけど、特に長谷川(博己)さんはね…」と労った。長谷川からはLINEで「岡村さんとお芝居できて楽しかったです」とのメッセージが届いたようで、岡村は「よくよく考えたら、朝ドラからそのまま大河に突入しているから、ずっと撮影しはったんちゃいますか?」と働きぶりに驚いていた。

 18日深夜放送の怒鳴りは「荒れるのか」。岡村による「岡-1グランプリ」に次ぐ大会として、矢部浩之がニューヨーク、鬼越トマホークのトークを生判定する「矢部の壁」を開催されるはずが、全編トークで最後の最後まで「矢部の壁」は行われず。怒鳴り通り、大荒れの展開となり、鬼越のナイナイ&『めちゃイケ』愛、ニューヨークのショートコント「ハプニングバー」など、リスナーにとってうれしさとヒヤヒヤが同居する内容となった。

 25日深夜放送の怒鳴りは「大間違い」。結婚発表をした岡村のもとに、祝福のメッセージが相次いで寄せられたそうだが、その中にショートメッセージで「吉川(よしかわ)」という人物から届いているものがあった。面識がない人物からのメッセージに返信するのもと思い、放置していたものの、しばらく経ってから「もしかして、吉川(きっかわ)さんではないか?」と思いいたったようで、連絡を取ったところ、吉川晃司だったことが判明。岡村の「吉川さんって、あの吉川さんですか?」とのメッセージに「そうです。歌うたいの吉川です」と粋な返信があったと明かした。その後、岡村が2018年に横浜アリーナで行われた歌謡祭で歌った吉川の楽曲「Kissに撃たれて眠りたい」がオンエアされた。

 ナイナイ2人の「現在」「過去」「未来」をつなぐ、冒頭の怒鳴り。来年は、どういったワードが飛び出してくるのか注目していきたい。25日深夜放送の『ナイナイANN』は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

■『ナイナイANN』2021年の“怒鳴り”一覧
1月…またいつか、なんとかお願いします、ほぼ完売、よかった
2月…招待待ち、お疲れ様でした、荒れるのか、大間違い

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_010384fc6f18 oa-oriconstyle_0_18d2503f3cb1_『青春の記録』ビョン・ウソク、初写真集でサービス精神全開 日本でもファン急増の注目俳優 18d2503f3cb1 18d2503f3cb1 『青春の記録』ビョン・ウソク、初写真集でサービス精神全開 日本でもファン急増の注目俳優 oa-oriconstyle

『青春の記録』ビョン・ウソク、初写真集でサービス精神全開 日本でもファン急増の注目俳優

2021年2月26日 18:00 ORICON NEWS

 Netflixで配信された韓国ドラマ『青春の記録』に出演した韓国人俳優のビョン・ウソクの初写真集『ボーントゥビーブルー』(講談社)が、4月2日に発売されることが決定した。

 ビョン・ウソクは爽やかなルックスと187センチの高い身長が魅力的なモデル出身の俳優。2016年にドラマ『ディア・フレンズ』でデビュー、数々のドラマに出演して俳優としてのキャリアを積み重ねている韓国芸能界のライジングスターの一人で、日本でもファンが急増中。『青春の記録』での演技で人気を不動のものにした。

 撮影地は海沿いのリゾート。ホテルの部屋で寝起きのキュートな様子から撮影がスタートした。歯磨き中、シャワーの様子までもカメラは彼の姿を追い、ベッドの上で枕投げするカワイイ瞬間も捉えた。青空の下、無邪気な少年のように遊ぶ姿あり、牧場、ヨットの上で見せる美男子そのままのシーンあり、ビョン・ウソクのサービス精神が全開に。『青春の記録』で演じた純心で爽やかな青年像に恋したファンは、さらにとりになること間違いなし。

 また、11分を超えるスペシャルムービー特典も実現。自分を動物にたとえたら、朝と夜のルーティンなど30のQ&Aコーナーと、フリーアンサーのインタビューの様子を収録する。

 さらに、購入者特典としてポストカード、抽選でサイン入りTシャツやチェキが当たるプレゼント企画も実施。アザーカットを使用した パネル展やPOP UP SHOPを開催し、オリジナルグッズの販売も予定している。

 講談社では同日にソン・ガンの写真集も発売。今後も韓国のエンターテインメント界で次々誕生してくる次世代の「ライジングスター」を独自に撮り下ろした写真集を発表していく。

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_010384fc6f18 oa-oriconstyle_0_bab42ac6564c_『ダイの大冒険』マァム、“魔弾銃”失い気落ち キルバーン登場の【第21話】 bab42ac6564c bab42ac6564c 『ダイの大冒険』マァム、“魔弾銃”失い気落ち キルバーン登場の【第21話】 oa-oriconstyle

『ダイの大冒険』マァム、“魔弾銃”失い気落ち キルバーン登場の【第21話】

2021年2月26日 18:00 ORICON NEWS

 テレビ東京系で放送中のアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(毎週土曜 前9:30~)の第21話先行場面カットが公開された。

 27日に放送される第21話「マァムの決意」では、フレイザードを倒したダイたちは、少しずつ復興するパプニカで次なる戦いの準備をしていた。そんな中、魔弾銃を失い気落ちしていたマァムは、マトリフの言葉をきっかけにある決意を固める。一方そのころ、鬼岩城のハドラーの前には、「魔王軍の死神」の異名をとるバーン直属の殺し屋・キルバーンとその使い魔であるピロロがやってきていた。ダイとの戦いに負け続きのハドラーに、彼らが告げた言葉とは…?

 『ダイの大冒険』は、1989年から96年まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた人気漫画が原作。魔法が苦手だが勇者に憧れている主人公・少年のダイが、ある日、島を訪れた“勇者育成の家庭教師”アバンに才能を認められ、勇者になる特訓をする。そして、秘められた力を開花させ、アバンの弟子・ポップ、マァムら仲間とともに復活した魔王を倒し平和を取り戻すべく旅に出る冒険活劇。

■キャスト情報
ダイ:種崎敦美
ポップ:豊永利行
マァム:小松未可子
レオナ:早見沙織
アバン:櫻井孝宏
ヒュンケル:梶裕貴
ハドラー:関智一

外部リンク

cat_oa-oriconstyle_issue_010384fc6f18 oa-oriconstyle_0_76a7b50c2005_竹内涼真が傷つきながらも闘う姿にキュン 『キミセカ』“守ってあげたい男子動画”解禁 76a7b50c2005 76a7b50c2005 竹内涼真が傷つきながらも闘う姿にキュン 『キミセカ』“守ってあげたい男子動画”解禁 oa-oriconstyle

竹内涼真が傷つきながらも闘う姿にキュン 『キミセカ』“守ってあげたい男子動画”解禁

2021年2月26日 18:00 ORICON NEWS

 俳優の竹内涼真が主演する日本テレビ系連続ドラマ『君と世界が終わる日に』(毎週日曜 後10:30)第7話(28日放送)を前に、竹内演じる主人公の響や、笠松将、キム・ジェヒョン、浅香航大ら男性陣を中心にこれまでの戦闘シーンや、胸が締め付けられるような切ないシーンをまとめた「守ってあげたい男子動画」が解禁された。


 地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初となる、死と隣り合わせの“終末世界”で繰り広げられる本格ゾンビ作品である今作の魅力のひとつが、男たちが見せる“涙”や、愛する者のためにやられてもやられても“耐える姿”。生ける屍の世界という絶望的な状況のなかで闘い続ける彼らの姿に胸キュンしてしまうこと必至な内容となっている。

 先週第6話では、ついに響の前に現れた首藤(滝藤賢一)は、響をゴーレムの実験材料にすると語る。迫り来るゴーレムに追い詰められたその時、佳奈恵(飯豊まりえ)とミンジュン(キム・ジェヒョン)が現れ、響を救うのだった。諦められず再び来美(中条あやみ)を捜す響だが、たどり着いた研究室で見たものは、はるか昔に亡くなったはずの母・琴子(臼田あさ美)のゴーレムと化した姿だった…。響と首藤、二人の過去に隠された秘密が明らかになり始めた。

 第7話では変わり果てた母の姿にショックを受けた響は、トドメをさせないままその場を後にする。一方、響を心配して引き返した佳奈恵とミンジュンは、来美と勝利(田中奏生)に鉢合わせる。妹を“テロリスト”に殺されたと思い込む勝利はミンジュンに襲いかかり、来美は勝利を守るため、ミンジュンにナイフを向ける。

外部リンク