cat_oa-newswitch_issue_43f08422c6c8 oa-newswitch_0_43f08422c6c8_揺さぶるイスに匂い装置も、VR体験をよりリアルにする技術の数々 43f08422c6c8

揺さぶるイスに匂い装置も、VR体験をよりリアルにする技術の数々

 広島市立大学の脇田航助教らは、VR(仮想現実)コンテンツ用に搭乗者を揺さぶる駆動いすを開発した。球面と受け皿でいすを支える構造をもち、球面を滑らせることで前後左右に回転する。ジェットコースターやトロッコなどの座席が動く乗り物系VRコンテンツに提案していく。

 半球と受け皿でいすを支え、2本のシリンダーでいすをつり上げるように駆動する。搭乗者といすの重心が低いため、起き上がり小法師のように搭乗者を揺さぶる。身体全体を持ち上げて揺するよりも小さな力で済む。

 いすの回転角度は前後左右いずれも25度で、振れ幅は50度。搭乗者が揺らされると身体がしなるため、頭部の振れ幅は90度近くなる。新たにいすとシリンダーの接続部に回転継ぎ手を採用して、動きの表現を広げた。

 現在は半球を切削加工で製作しているが、金型を用意すれば製造コストを抑えられるという。50万円程度での製品化を目指す。VRアミューズメント施設などに提案。耐久性試験を経て2月を目標に同大発ベンチャーのランバス(広島市中区)で受注生産を始める。
日刊工業新聞2019年1月23日

歩行できる装置も開発
 広島市立大学の脇田航助教は、仮想現実(VR)ゲーム用の360度方向の歩行入力装置を開発した。腰を囲むドーナツ状のクッションの中に荷重センサーを配置し、移動方向を検出する。歩くように脚を上げた動きを計測して歩行や走行としてVRゲームに入力する。直径1メートル程度の装置の中で無限に歩き続けるようなVR体験ができる。

 VRゲームでは全身の動きを狭いスペースで計測し、コンテンツに反映させることが課題になっている。本当に歩いたり走ったりすると広いスペースが必要になり、ヘッドマウントディスプレー(HMD)などの配線の取り扱いが問題になってくる。

 そのため乗馬やサーフィンのような乗り物に乗せて下半身の動きを制限するコンテンツがアミューズメント施設では主流だった。

 今回、脇田助教は、クッションで腰を囲い、脚を動かしても実際には移動しない計測装置を開発した。クッション内部には腰の高さに荷重センサーが配置され、装置に体重をかけるとその力を検出する。さらに膝の上げ下げを、膝の付け根の高さのセンサーで計測する。膝の角度の計測分解能は5―15度程度。膝を上げ下げする速度を移動速度に反映できる。

 検出システムの部品原価2万円で構成できる。研究用試作ではドーナツ状のクッションや架台が高価になっているが、構造自体はシンプルなため量産機ではコストを抑えられると見込んでいる。

 ベンチャーを立ち上げて事業化する計画。まずは施設用のVRアトラクションに提案する。将来は家庭用の歩行入力システムに展開したい考えだ。

日刊工業新聞2019年12月26日
東工大は香りで演出
 東京工業大学の加藤真悟大学院生と中本高道教授らは、消臭機能付き嗅覚提示ヘッド・マウント・ディスプレー(HMD)を開発した。部屋ににおいが充満しにくく、匂い情報を切り替えやすい。VR(仮想現実)コンテンツに香りを加えてよりリアルな体験を演出できる。

 HMDに後付けする形で、芳香部と消臭部を鼻を挟むように配置した。芳香部では香料を吐出すると弾性表面波素子に液滴がのり、高周波振動で霧状になって漂う。消臭部では霧を吸い込み、活性炭で吸着する。4種の香料をセットできる。

 1度に吐出する液滴は3ナノ―10ナノリットル(ナノは10億分の1)。においの強さは滴下量で調整する。香料1ミリリットルで10万回滴下できる。香料を混ぜることで幅広い香りを表現できる。

 HMD上で芳香・消臭することで部屋全体ににおいがこもりにくくなる。残り香が混ざらず、VRコンテンツ中のシーンの切り替えがしやすくなる。

 VR映画館のように同時に複数の人がVRコンテンツを鑑賞する場合でも、鑑賞者全員でのにおいの時刻同期が要らない。HMDなどの装着から鑑賞終了まで一人ひとり運用できるため、セットアップの人員を抑えられる。鼻の周辺にだけ香料が漂うため、空間全体に香りをまく例に比べて香料を減らせると期待される。HMDのVRコンテンツでは第一人称視点の作品が多く、鑑賞者が目を向けないと状況が伝わらないことがあった。においで視覚を補完することができる。

日刊工業新聞2019年1月16日

【ファシリテーターのコメント】
東映が映画館で公開したVR映画を以前、体験したのですが、音の迫力によって没入感がこんなにも違うのかと感じました。上記紹介した技術によって没入感がどの程度変わるのか、ぜひ体験してみたいです。
葭本 隆太

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_43f08422c6c8 oa-newswitch_0_8c79e69725b7_業界は苦戦だが…なぜ成城石井は業績を伸ばしているのか? 8c79e69725b7

業界は苦戦だが…なぜ成城石井は業績を伸ばしているのか?

 人口減少やネット通販の台頭で、多くのスーパーマーケット(SM)が販売不振にあえいでいる。数十店規模の店舗閉鎖や譲渡を検討するSMもある。業界が苦戦する中、業績を伸ばしているのが成城石井だ。SMが基本とする生鮮3品にこだわらず、わずか1カ所のセントラルキッチンで作り出す総菜などが人気だ。競合が出られない極狭の場所に注力するといった独自戦略で支持を集めている。(取材=編集委員・丸山美和)

調理は一極集中
 業界ではイトーヨーカドー(約158店)が10月、全国33店舗で他社との連携を探り、困難なら閉鎖すると発表。業界最大手であるイオンのSM事業も、19年3―8月期の営業利益は前年同期比74・7%減の28億1500万円だった。一方、成城石井(約154店)の2019年3―8月期の営業利益は前年同期比17・2%増の4261億円。17年に行った決算期変更で単純比較はできないが、2年続けて営業増益と堅調だ。

 同社の業績をけん引する一つは総菜だ。セントラルキッチン(東京都町田市)で開発、製造する。一流料理店出身のシェフらが、一般家庭では食べられないようなレシピを作成。保存料や合成甘味料なども使わないエスニック系総菜など常に300品目以上あり、購買動向を分析して素早く改廃する。

 一極集中のため開発スピードも速く、各店舗の厨房(ちゅうぼう)で作る人の確保も不要でコストを抑制できる。「通常、店舗売上高に占める総菜比率は他社なら10%程度だが、当社は20%を超えている」(五十嵐隆執行役員)という。店内厨房製の惣菜は、出来たて・あたたかさで優位だが、「出来たても持って帰る間に冷める。当社は持ち帰って電子レンジで温めて1番おいしくなるよう研究している」(同)。セントラルキッチンからの配送距離の問題などでおいしさを担保できない店には、総菜も置いていない。

出店要請相次ぐ
 駅ナカなど極狭な場所に出店できるのも強みだ。130平方メートル(約40坪)や190平方メートル(約60坪)など、SMらしからぬ狭い場所に店舗が作れる。陳列できる広さや需要が少ないと判断した店舗では、肉、魚、野菜の生鮮3品を扱っておらず、3品がそろわない店は総店舗数の半数にのぼる。40坪店舗の平均日販は80万円と高く、鉄道会社などからの出店要請が相次ぐ。

 このほか利益率の高い卸売りも手がけている。同業のSMや書店など800店舗に卸している。オリジナル商品を含めた菓子やワイン、ハムなど「成城石井コーナー」を設けて販売する店もある。

 いろいろな業態から出店要請が寄せられるが、「年間で出店できるのは13―15店程度。拙速に増やすつもりはない」(同)と説明する。店を取り仕切る店長が、簡単には育成できないからだ。「当社は高級スーパーではない。高品質の商品を買いやすい値段で提供する」(同)としており、そのためにも坪あたりの効率をさらに高めていく計画だ。

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_43f08422c6c8 oa-newswitch_0_40d3b7e972aa_トレーニングのパーソナライズ化、アシックスのデジタル基盤が加速する 40d3b7e972aa

トレーニングのパーソナライズ化、アシックスのデジタル基盤が加速する

 アシックスは運動データを蓄積し、個別ユーザーに適したトレーニングなどを提案するデジタルプラットフォーム(基盤)の構築を加速する。多業種と協業し、アシックス製シューズなどを通じて得られた歩行・走行データを分析、個人の健康改善に生かす。2020年をめどに、ランニングフォーム分析や足首周辺のセンシングなど複数の共同開発案件の事業化を目指す。

 デジタルプラットフォームは、ランニングの進捗(しんちょく)状況を管理するアプリケーション(応用ソフト)や歩行姿勢測定システムといったデジタルサービスを通じ、個人の運動データを収集する。データに基づき、トレーニング方法やアシックス製品などを高精度に提案する。個別ニーズに合った製品開発にもつなげる。

 カシオ計算機とは歩行・走行フォームを分析し健康を支えるサービスを開発しており、20年から順次事業化する。足の動きの高精度なセンシング技術を持つノーニューフォークスタジオ(東京都千代田区)とは、走行や着地をデータ化するシューズを開発し、20年にも公開する。

 アシックススポーツ工学研究所(神戸市西区)には1月、「インキュベーション機能推進部」を設置した。協業先の模索や、研究開発案件の実証実験や運用面の価値評価を行う。

 米ボストンの子会社「アシックスデジタル」を通じ、多様なサービスを連携するデジタルプラットフォームの充実を図る。

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_43f08422c6c8 oa-newswitch_0_15235ac2415b_NTTのAI、センター試験英語筆記で偏差値「64」 15235ac2415b

NTTのAI、センター試験英語筆記で偏差値「64」

 人工知能(AI)が大学入試で偏差値64・1を獲得―。ディープラーニング(深層学習)に基づく最新の文書読解技術「XLNet」とNTTのAI技術「コレボ」を用いたAIが、2019年大学入試センター試験の英語筆記科目で200満点中185点を獲得した。

 XLNetだけでは正答率が低かった不要文除去問題をNTTの独自技術を用いて全問正解するなど、従来比30点以上(偏差値約7相当)増えた。

 機械学習では正解・不正解となるデータの双方を入力してAIに正解と不正解を学ばせる。しかし、文章から不要な文を見つける不要文除去問題は、通常の文章に不要な文が含まれていないことからAIに学ばせるデータを集めることが難しく、従来は15問中6問しか正解できなかった。

 このため、不要文を含まない通常の文章から文の順序を組み替えて疑似的に不自然な流れの文章を作ることで大量の不要文除去問題を自動作成し、AIに学ばせることで15問全てに正答できた。

 文章中の各段落の内容を表すタイトルを選択肢から選ぶ問題、アクセント・発音問題の正答率もNTTの独自技術で大幅に高めた。

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_43f08422c6c8 oa-newswitch_0_6aa682ced848_生命を構成する「糖」が宇宙にあった、隕石から検出 6aa682ced848

生命を構成する「糖」が宇宙にあった、隕石から検出

 東北大学理学研究科の古川善博准教授らは、生命を構成する糖分子が宇宙に存在したことを明らかにした。2種類の隕石(いんせき)からRNA(リボ核酸)を構成するリボースなどの糖を検出した。生命誕生前の地球に糖分子が飛来し、地球上の生命の起源につながる材料の一部になったと考えられる。今後、複数の隕石を分析し、地球外からの糖による地球の生命誕生への影響を明らかにする。

 RNAやデオキシリボ核酸(DNA)といった核酸は、遺伝情報の保存やたんぱく質を作る役割を持つ。核酸は核酸塩基と、リボースもしくはデオキシリボースという糖分子が結合して構成されている。

 これまでに、隕石からは多くの有機物が検出され、アミノ酸や核酸塩基などの生命の原料となる有機分子も見つかってきた。だが、核酸を形成する糖分子が隕石を含む地球外由来の試料からは見つかっていなかった。

 豪州に飛来したマーチソン隕石と、モロッコに落下したNWA801隕石を分析した。リボースを含む複数の糖分子を検出した。炭素同位体分析で地球生物の糖分子はマイナスの値、隕石から検出した糖分子はプラスの値を示し、宇宙由来であることが分かった。糖分子が40億年以上前の太陽系初期に地球外で形成され、生命誕生前の地球に飛来し生命の材料になった可能性を示した。さらに、初期の生命がDNAとたんぱく質の両方の役割をRNAが担った単純な生命であったという「RNAワールド仮説」を支持する結果となった。

 北海道大学や海洋研究開発機構、米航空宇宙局(NASA)ゴダード宇宙飛行センターとの共同研究。成果は米国科学アカデミー紀要に19日、掲載される。
日刊工業新聞2019年11月19日

【ファシリテーターのコメント】
                  
日刊工業新聞 記者

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_43f08422c6c8 oa-newswitch_0_a8f307801422_インフルエンザが流行期入り、予防どうする? a8f307801422

インフルエンザが流行期入り、予防どうする?

 インフルエンザが例年より早く流行期入りし、国が警戒を呼びかけている―。厚生労働省の調査で、定点観測する医療機関からの患者報告数が11月4―10日の時点で、1施設当たり1・03人となり、流行期入りの目安とする「1人」を超えた。インフルエンザが全国的に流行するのは、例年よりも数週間から1カ月程度早く、厚労省は患者のせきやくしゃみなどからウイルスに感染する「飛沫(ひまつ)感染」に注意を促している。(取材・小野里裕一)

 今回の調査で1施設当たりの患者報告数がもっとも多かったのは、4・45人の沖縄で、2位は2・66人の鹿児島、3位は2・48人の青森となった。この時期の流行入りは、統計を取り始めて以降、新型インフルエンザが大流行した2009年に次ぐ早さだ。

 厚労省によると、季節性インフルエンザのウイルスには、A/H1N1亜型、A/H3N2亜型(いわゆる香港型)とB型の種類があり、春までのシーズン中にいずれも流行する可能性があるという。流行しやすい年齢層はウイルス型によって異なるが、今年も全ての年齢の人がインフルエンザに注意する必要があるとしている。

 インフルエンザは同ウイルスが引き起こす感染症。症状は頭痛やせき、のどの痛みのほか、高熱、倦怠(けんたい)感などで、合併症として気管支炎や肺炎、中耳炎などを引き起こすこともある。急性脳症(インフルエンザ脳症)や重症肺炎といった重大な合併症もあり、子どもや高齢者は特に注意が必要だ。

 インフルエンザは患者のせきやくしゃみ、つばなどの飛沫と一緒に放出されたウイルスを鼻腔(びこう)や気管などの気道に吸入することで感染する。厚労省ではマスク着用や、くしゃみなどの際に口や鼻などをティッシュや腕の内側で押さえる「せきエチケット」を守ることや、積極的なワクチン接種を呼びかけている。

 また、抗インフルエンザウイルス薬には、体内に入ったインフルエンザウイルスが増えるのを抑制する作用があり、ウイルスに感染しても発症を予防する効果が確認されている。高齢者や基礎疾患がある人はインフルエンザが重症化しやすく、これらの人で周囲に感染者が出た場合は、医師に相談の上、抗インフルエンザウイルス薬を服用するのも予防の有効手段の一つだ。


日刊工業新聞2019年11月19日

【ファシリテーターのコメント】
                           
日刊工業新聞 記者

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_43f08422c6c8 oa-newswitch_0_7a66f5cc8976_イオンカード×欅坂46、会員は推しメンとともに 7a66f5cc8976

イオンカード×欅坂46、会員は推しメンとともに

 イオンフィナンシャルサービスの子会社であるイオンクレジットサービス(東京都千代田区)とイオン銀行は19日、女性アイドルグループの欅坂46(写真)をデザインしたクレジットカード「イオンカード(欅坂46)」の募集を始めた。年会費は無料。

 入会するとイオンカード公式アプリケーション(応用ソフト)「イオンウォレット」で好きな欅坂46メンバー(推しメン)を表示できる機能を使えたり、クレジット利用金額に応じてたまるポイントを欅坂46グッズに交換できたりする。通常のイオンカード特典も利用できる。

 JCBと全日本空輸は10月に映画『スター・ウォーズ』デザインのカードの募集を始めるなど、クレカの意匠を多様化して新規顧客の獲得を目指す動きが相次いでいる。

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_43f08422c6c8 oa-newswitch_0_90e4a07ac1a3_電力・メーカー相次ぎ参入、太陽光「第三者所有モデル」がアツい 90e4a07ac1a3

電力・メーカー相次ぎ参入、太陽光「第三者所有モデル」がアツい

 電力会社やメーカーが、住宅に太陽光発電パネルを初期費用無料で設置できるサービスに相次いで参入している。10年間はサービス事業者がパネルを所有し、その後契約家庭に無償譲渡する仕組みで、「第三者所有モデル」と呼ばれる。初期投資を抑えられる手軽さを武器に、普及に挑む。(取材・戸村智幸)

都の助成も
 新電力のLooop(ループ、東京都台東区)は新規事業として第三者所有モデルのサービスを始めた。嘉山準氏は「太陽光発電のハードルを下げたい」と狙いを説く。電力小売りやパネル製造から事業領域を広げる。

 同社と電気契約を結ぶのが前提条件となる。同社がパネルを所有する10年間、契約家庭は発電予想量に応じて電気料金の割引を受けられる。この間、保守点検は無料だ。譲渡後は契約家庭は発電分を無料で使えるため、電気料金を節約できる。

 同社が新サービスに乗り出したのは、東京都が初期費用無料の太陽光発電サービスへの助成事業を6月に始めたことが大きい。そのため、サービス対象は都内限定だ。助成金は発電出力1キロワット当たり10万円で、事業者から契約者に全額還元が義務付けられている。

事業者に利点
 電力大手では、東京電力エナジーパートナー子会社のTEPCOホームテック(東京都墨田区)が2018年に初期費用無料で、月額制のサービスを始めて先行した。

 京セラと関西電力の合同会社京セラ関電エナジー(京都市伏見区)は19年10月、京セラ製パネルを用いた初期費用無料サービスを始めた。三菱地所ホーム(東京都港区)は東京ガスと組み、自社の新築住宅を対象に第三者所有モデルのサービスを10月に始めた。東ガスがサービス事業者となる。太陽光発電の関連プレーヤーがこぞって参入したのは、事業者にも利点が大きいからだ。

 初期費用を無料にして敷居を下げることで、契約を獲得しやすいのが第一にある。10年間は事業者の所有物なので、発電分の売電収入を得られる。パネルの保守点検は10年間は無償提供だが、譲渡後は保守点検収入が見込める。

選択肢が多様化
 普及への追い風もある。9月の台風15号では千葉県内で停電が長期化したが、太陽光パネルの設置家庭は電力を確保できたことが注目された。

 契約家庭にとっても利点がある。通常の購入方法と長期的なコストを比較することは必要だが、導入しやすいサービスの登場で、選択肢が多様化したと言える。

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_43f08422c6c8 oa-newswitch_0_b963db7c3679_NTTデータが開発を加速するRPA新技術の仕組み b963db7c3679

NTTデータが開発を加速するRPA新技術の仕組み

 NTTデータが、RPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)関連の新技術開発を加速している。業務ログから自動で流用可能な既存RPAを探す「類似シナリオ検出技術」を開発し、社内で概念実証(PoC)を始めた。既存のシナリオではなく、自動化できそうな業務そのものを探す「定型作業検出技術」の開発にも着手。2020年前半のPoC実施を目指す。将来は顧客にも提供、RPAの導入プロセス簡素化を進める。

 類似シナリオ検出はユーザーのログを判断し、既存のRPAシナリオを流用できる部分を探すシステム。操作ログをアップロードするだけで、既存RPAシナリオとの適合度を0・00から1の範囲で表示する。NTTデータは30以上の誰でも使用可能なシナリオを公開しており、適合度が高いRPA順に表示。適合度が高いほどカスタマイズせず流用できる。

 適合判定は一つの業務につき数秒。ゼロからシナリオを作る手間を削減する。同社は20年3月末まで社内PoCを実施する。類似シナリオ提供によるRPAの促進可否や既存のシナリオの利用率向上を検証する。

 定型作業検出は既存のRPAではなく、RPAで自動化できそうな作業を見つけるシステム。19年内に開発を進め、20年前半にPoCを行う。ログからコピー・アンド・ペーストや反復業務、人の判断が必要ない作業などを自動で探す。

 ログ収集はウィンドウズの標準ツール「ステップ記録ツール」を活用する。2種類の新技術はNTTデータが提供するRPA「ウインアクター」だけでなく、他のRPAツールでも適用可能という。今後、顧客との検証や外販も進める。

 RPAの利用は加速する一方、企業や部署によって浸透速度に差異が出てきた。特にRPAを活用する業務の洗い出しが導入の障壁になっている。

外部リンク

cat_oa-newswitch_issue_43f08422c6c8 oa-newswitch_0_8fecdefb1cf3_ファナックやトヨタ…過去最多の637社・団体が出展!世界最大のロボット展来月開幕 8fecdefb1cf3

ファナックやトヨタ…過去最多の637社・団体が出展!世界最大のロボット展来月開幕

 日本ロボット工業会は19日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で12月18―21日に開く「2019国際ロボット展」(日刊工業新聞社共催)の概要を発表した。23回目にあたる今回は、過去最多となる637社・団体(前回612社・団体)が出展。小間数も3060小間と前回2775小間を上回る、過去最大規模となる。海外の出展もスイス、タイ、モナコの3カ国が新たに参加し、16カ国(同13カ国)で最多。“ロボットがつなぐ人に優しい社会”をテーマに各社が出展する。

 製造業向けが中心の「産業用ロボットゾーン」は2379小間で、前回より367小間増。従来の自動車や電子部品業界から、最近は食品・医薬品、物流、建設業界などに利用層が広がっており、各社が自慢のロボットを出展する。青海ホールに新設の「ロボットSIerゾーン」ではロボットシステムインテグレーター(SI)が展示を行う。

 「サービスロボットゾーン」は551小間が出展し、前回より18小間増。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)ブースでの人工知能(AI)技術をテーマにした最新ロボット実演のほか、農林水産省が農業用ロボットの合同展示をする。

 18日には「iREXロボットフォーラム2019」を開催、安川電機や川崎重工業、ファナック、不二越、ABB、KUKAのロボメーカー6社とSI企業が、ロボと人の共存で変わりつつある働く現場をテーマにパネル討論する。国際ロボット展は2年に1度開かれる、世界最大級のロボット展示会。

 運営委員長を務める安川電機の小笠原浩社長は同日都内で開いた会見で、サービスロボットで中国や台湾の安価な製品が伸びている現状について、「市場の一部は、将来家電に分類されることになるだろう。各社それぞれの優位性を生かして自社のポジションを確立、その上でロボ市場全体が伸びていけば良い」と話した。

 また、小笠原社長は、米中貿易摩擦や中国の景気減速などが短期的には影響を及ぼす可能性があるとした上で「企業の設備投資、人が足りない状況、高齢化進展などを考えると長期的に拡大していくのは間違いない」とし、ロボット市場の拡大に自信を示した。

外部リンク