cat_oa-newspostseven_issue_eb208f1e260b oa-newspostseven_0_eb208f1e260b_峯岸みなみ 共演俳優と深夜のハグ、翌週は青汁王子と… eb208f1e260b eb208f1e260b 峯岸みなみ 共演俳優と深夜のハグ、翌週は青汁王子と… oa-newspostseven

峯岸みなみ 共演俳優と深夜のハグ、翌週は青汁王子と…

2019年4月18日 07:00 NEWSポストセブン

 肌寒い深夜にもかかわらずアツい抱擁を見せる1組のカップル。閑散とした都心の駅前タクシー乗り場で、長身の男性は女性の髪を優しくなで、頬に顔を寄せる──。

 女性はAKB48の峯岸みなみ(26才)、男性は俳優の細貝圭(34才)だった。同じ事務所に所属するふたりは、舞台『ミュージカル ふたり阿国』(3月29日~4月15日、東京・明治座)で共演。この日は舞台を終え、関係者たちと食事会に向かった。それぞれ帰途につく中、峯岸と細貝は話に花が咲いているのかなかなか帰らない。いつのまにかふたりきりになると、細貝は峯岸に顔を寄せたり、軽くハグしたり…。お酒もまわっているのかふたりの頬は赤い。

 15分ほど身を寄せ合っていたふたりだが、細貝は手を振りながらタクシーに乗り込み、峯岸も次のタクシーへと乗り込んだ。時刻は深夜1時。このまま帰宅するのかと思いきや、峯岸は車中で誰かに電話をかけると次の場所へと向かった。下車したのは六本木。今度は別のイケメン男性2人組と合流し、3人は飲食店が軒を連ねる雑居ビルに吸い込まれていった。

 1日に何軒も“はしご”できる豪快さは健在のようだ。峯岸は2013年にEXILEメンバーの白濱亜嵐(25才)との“お泊まり愛”を週刊文春にスクープされた後、自ら頭を丸刈りにして謝罪動画を配信し話題をさらい、AKB48の“スキャンダルクイーン”とも呼ばれていた。

「まあ、昔からAKB48きっての合コンクイーンで、若いメンバーをよく誘うので運営サイドに怒られたことも何度もある。丸坊主事件以来、おとなしくしていた時期もありましたが、最近は彼女の自由にまかされているようですね」(芸能関係者)

 峯岸の躍動は止まらない。細貝と“はしごの夜”から1週間後、今度は六本木のクラブにその姿があった。


「クラブのVIPルームで深夜、巨人の原辰徳監督の息子さんの誕生パーティーが開かれていて、そこに峯岸さんも参加していましたよ。体のラインが見えるセクシーな白のロングワンピースを着ていて目立っていました。彼女の隣にいたのが、ニュースで話題になっていた“青汁王子”こと三崎優太さん(30才)。意外なカップルに驚きました! もともと知り合いなのか、ふたりは仲睦まじい様子で話していました」(パーティー参加者)

 青汁商品の会社を経営し、年収10億円を超えるセレブな生活ぶりがメディアで取り上げられていた三崎被告は、今年2月に1億8000万円を脱税したとして逮捕。保釈保証金6000万円を払い3月5日に保釈され、現在は裁判を待つ身である。

「青汁王子は昨年10月に『今夜比べてみました』(日本テレビ系)に出演した際、“峯岸みなみさんとつきあいたい”と猛烈にアピールしていました。それを聞いたMCの指原莉乃さん(26才)が“イケるイケる、今日イケる”などと笑いながら太鼓判を押していましたが、まさか実際に会っていたとは行動が早いですね」(テレビ局関係者)

 細貝か青汁王子、どちらが峯岸の本命なのか。峯岸の知人が語る。

「峯岸は、今回の舞台に全勢力をかけていたんですが、細貝くんはその大切な共演仲間。確かに彼は帰国子女ということもあって普通にスキンシップをするタイプですね。ただ、彼にはれっきとした本命彼女がいるそうですよ。

 青汁王子も大勢で食事会をしたことはありますが、知人の1人。峯岸は“現役アイドル”ですから恋人はつくらないというルールを守っていると思います(笑い)」

 峯岸は現在、AKB48の中では唯一の“1期生”だ。

「前田敦子、高橋みなみ、板野友美、小嶋陽菜といったAKB48黄金期を築いた1期生は次々と卒業していった。峯岸も、“いつまで続ければいいのか”と悩んだこともあったのですが、今は50才を過ぎても現役を続けているサッカーの三浦知良選手のように“やれるところまでやりたい”という思いを強くしているそうです」(AKB48関係者)

 仕事に遊びに全力投球の峯岸は、AKB48の“キング・みなみ”として、若いメンバーを牽引してほしい。

※女性セブン2019年5月2日号








外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_eb208f1e260b oa-newspostseven_0_8f127d3fe4f0_コロナウイルスで自宅待機の共同記者は「総理番」だった 8f127d3fe4f0 8f127d3fe4f0 コロナウイルスで自宅待機の共同記者は「総理番」だった oa-newspostseven

コロナウイルスで自宅待機の共同記者は「総理番」だった

2020年2月18日 16:00 NEWSポストセブン

 新型コロナウイルスで慌ただしい首相官邸の記者クラブ「内閣記者会」加盟各社に2月17日夜、加盟社の一つである共同通信から「新型肺炎で御報告」と題した文書が送られた。その文書が、官邸中枢に波紋を広げている。文書にはこうあった。

〈東京都が昨日(16日)発表した新型コロナウイルス感染者の一人であるハイヤー運転手の60代男性は、1月末から2月初めにかけて4日間、共同通信の業務に従事していたことが分かりました〉

 共同通信はこのハイヤーに乗車した記者ら10人を自宅待機とし、保健所に相談しているという。共同通信の関係者が語る。

「念のため10人全員、自宅待機となっているけれど、誰も症状は出ていません。ただ、そのなかに安倍総理番の若手女性記者が含まれていた。彼女は共同の何人かいる総理番の1人で、総理と面と向かって話すというよりは、総理の背中を追っかける感じですね。今のところとても元気で、感染しているような気配はないようです」

 この知らせに記者クラブ一同は大慌てとなった。加盟社の官邸記者は語る。

「その日の午前中には共同通信の記者から一報を聞いていたのに、正式な通達は夜になってからだったので、ちょっと対応が遅いんじゃないかと記者会では不満の声が上がっています。総理番は、総理だけでなく秘書官も担当している。万が一にも秘書官に感染すれば総理にも感染させてしまう可能性があります。記者会では今、取材先である総理らに迷惑をかけてはいけないと、みんなマスクをつけはじめています」

 その後、18日になって共同通信社から「新型肺炎で追加報告」と題した文書が出た。それによると、保健所から共同通信社に連絡があり、〈10人中、乗車から14日間経過していない3人について、乗車から14日間、健康観察とするよう指示〉があったという。それに従って共同通信社は3人に引き続き自宅待機を指示。なお、この3人には前出の総理番の女性記者は含まれていないといい、〈3人以外の職員は順次、業務に復帰させます〉とも記されていた。

 コロナウイルスショックは、ついに国家中枢である首相官邸にまで及んだ。

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_eb208f1e260b oa-newspostseven_0_dd13c77449dc_高田文夫氏が振り返るたけし、竹山、松之丞らと会う楽しさ dd13c77449dc dd13c77449dc 高田文夫氏が振り返るたけし、竹山、松之丞らと会う楽しさ oa-newspostseven

高田文夫氏が振り返るたけし、竹山、松之丞らと会う楽しさ

2020年2月18日 16:00 NEWSポストセブン

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、1月27日から2月8日まで、ビートたけし氏、立川志らく、カンニング竹山など、芸の世界の人たちと会い続けた日々についてお送りする。

 * * *

 人に会うのは楽しい。芸能もマスコミも人に会うのが仕事の様なものだ。

 1月27日、浅草は東洋館にて久々にビートたけし氏と。2回目を迎えた「ビートたけし杯争奪」の漫才大会。たけし、私、ナイツが審査員。本番前、楽屋でふたりっきりでバカッ話。まさかこんな日が来るとも知らず「時代小説の『首』もいいけどさ、小説すばるにひっそり発表した。『不良』がいいネ。足立区の悪い奴らの事、あれ程詳しくリアルに書ける人間はいないネ。イヨッ、不良あがり!」なんて盛りあがっていた。

 2月2日は新しくなった渋谷PARCO劇場へ。20年やって3年工事期間があって、この程めでたく再スタート“こけらおとし”「志の輔らくご」(1月24日~2月20日)。いつの時代も物ごとの始まりは“三番叟(さんばそう)”らしく、志の輔も衣裳をつけてぎこちないひと舞い。高座でも言っていたが“こけら(※漢字では機種依存文字。木へんの作りに鍋ぶたに巾)”も“かき(※きへんに市)”もほとんど同じ様な字らしい。下に付く言葉で変わるのだろうか。

 下に“おとし”が付けば“こけらおとし”。下に“ドロボー”が付けば“柿ドロボー”という具合だ。ちなみに“こけらおとし”とは工事の最後に屋根などの木屑を払い落としたことから、新築劇場の初興行のことと広辞苑にある。

 2月3日、私のラジオ生放送に久々にカンニング竹山。「コメンテイターなんてやってやがって、久しぶりだなあ」と言ったらあきれられて「覚えてないでしょ。高田センセ、倒れて意識不明の時、私が代わりに何回か喋ってたんですからネ」だと。2012年のことか。ちっとも覚えちゃいない。

 竹山が1年じっくり取材してライブで発表する“放送禁止ライブ”が毎回すこぶる面白い。客も上質で、聴いた事は一切口外しない。晩年車椅子でも来ていた永六輔氏と一緒に楽しんだのはいい想い出。業界内でもチケット入手大困難。どうしても聴きたい人の為にキャパも大きくして、3月17日には中野サンプラザで公演をする。チケットはすでに完売。

 2月6日、昨秋真打昇進、やっとひと段落の柳亭小痴楽らと一杯。若き日の松之丞の努力ぶりなどきく。7日私の所へ、もうすぐ松之丞から伯山になる男、息せき切ってやってくる。「あさって披露目のパーティーだけど大丈夫か?」「みんなが後向きの協力で…やはり人柄ですか」百年に一人の逸材がバタバタ。

 8日新聞に「たけし73歳、芸能界最高齢婚。上原謙、加藤茶越え」だとさ。東洋館じゃ言いづらかったのかなァ。

■イラスト/佐野文二郎

※週刊ポスト2020年2月28日・3月6日号

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_eb208f1e260b oa-newspostseven_0_b5b535bec5f4_芸能人の薬物逮捕時に「芋づる式」報道が毎度登場する理由 b5b535bec5f4 b5b535bec5f4 芸能人の薬物逮捕時に「芋づる式」報道が毎度登場する理由 oa-newspostseven

芸能人の薬物逮捕時に「芋づる式」報道が毎度登場する理由

2020年2月18日 16:00 NEWSポストセブン

 歌手の槇原敬之容疑者(50)が、2月13日に覚せい剤取締法違反と医薬品医療機器法違法の疑いで警視庁に逮捕された。こうした芸能人の薬物関連の報道があると続報として決まって登場するのが、「芋づる式」という言葉だ。

 今回も東スポWebが「槇原容疑者シャブ人脈芸能人“芋づる式”3人連鎖逮捕あるか 決定的証言を入手」という記事を公開。ここでは、槇原容疑者と関連するルートで「ベテランの人気タレントXやバラエティー界の大御所Y、おネエタレントZ」の3人が登場する。東スポは槇原容疑者逮捕3週間前に「ミリオン歌手を内偵」という記事を出していただけに、信頼する人もいるが、「芋づる式報道」については毎度ネットで懐疑的な声が出る。

 今回も「清原の時も瀧の時も沢尻の時も、いつも芋づる式って言ってたけど全然だよな。芋づるが可哀想だ」「芋づる式といいながら、芋づる式で捕まる事がない」「毎回思うけど、芋づる式に捕まったことって過去あったっけ?」などとネットには書き込まれた。

 確かにこの指摘の通り、「芋づる式」記事は毎度のように登場する。2008年8月3日の押尾学と酒井法子の夫(当時)の同日逮捕のときにも、そうした声が上がったが、特に2人に関係性はないため「芋づる式」とはいえない。

 だからこそネットでこの手の記事を見た人は「また芋づる式報道か…」と呆れ気味に、半信半疑でこの報道を傍観するのである。それにしてもなぜいつもこうした記事が出るのか? あるウェブメディアの記者はこう語る。

「まず、この手の記事はよく読まれます。こちらも“怪しい”と睨むような人物にまつわる情報は複数筋から聞いていますので、それが、そのとき逮捕された人物と関連していたりすると、その人物の逮捕に合わせて記事を出すということになる。『芋づる式』という言葉については昔からメディア業界にある定型句のようなものでして、それがネットでは信頼感のない言葉のように扱われているのでしょうね(苦笑)」


◆誤解された「誰もが知る国民的タレントのF」

 とはいっても、こうした記事は、書かれた“疑惑の人物”は誰なのか?という「正体暴き」的な盛り上がりをネット上で毎度見せる。当サイトでも、ピエール瀧がコカイン使用で逮捕された直後の2019年4月4日に「芸能界の薬物疑惑 マトリがマーク、逮捕秒読み国民的タレント」という記事を掲載。こちらはピエール瀧の逮捕による「芋づる式」というよりは、その当時、捜査の手が及んでいた複数の芸能人の情報を取材した続報だ。ここには以下の人物が登場した。

■ヤクザ映画に引っ張りだこの強面俳優A

■大物音楽プロデューサーのB

■バラエティー番組に引っ張りだこで、結婚後もグラビアアイドルとして活躍を続ける30代のC

■海外進出も果たしてマルチに活躍する元男性アイドル歌手のD

■“若者のカリスマ”として国内外で高い人気を誇るミュージシャンのE

■誰もが知る国民的タレントのF

 こうした報道があると「A」「B」「C」や「X」「Y」「Z」といった名前であれば、単に記号として使われているとわかるのだが、「D」以降のアルファベットの場合はイニシャルだと誤解されることもある。

 この記事が掲載された後も「F」の正体暴きがネットで開始。「ふ」で始まる芸能人の名前が軒並み登場したのだが、あくまでも記事中では「6人目の疑惑の人物」といった意味合いで「F」を紹介した。

 だが、記事全体の一部分が切り取られた形でSNSや匿名掲示板に書き込まれるとそれをイニシャルだと勘違いしてしまう人も出てくる。薬物事件後の「芋づる式報道」や続報はメディアの側の慎重さも求められるだろう。

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_eb208f1e260b oa-newspostseven_0_7ea081bb09f1_グラドル総選挙2019第1位、朝比奈祐未を撮り下ろし4枚 7ea081bb09f1 7ea081bb09f1 グラドル総選挙2019第1位、朝比奈祐未を撮り下ろし4枚 oa-newspostseven

グラドル総選挙2019第1位、朝比奈祐未を撮り下ろし4枚

2020年2月18日 16:00 NEWSポストセブン

 週刊ポスト主催の「日本一のグラドル総選挙2019」で1位を獲得した朝比奈祐未が、凱旋のグラビアを披露。「こうした賞をもらうのは初めてなので、本当に、本当に嬉しいです!」という朝比奈が、見事なボディを惜しげもなくさらけ出す。

 総選挙では得票数1万9895ポイントを獲得し、初代グランプリになった彼女。人気・実力ナンバーワンの美ボディをとらえた『朝比奈祐未 いちばんの女』(全81ページ、1200円+税)が各電子書店で好評発売中の彼女をご覧あれ。


◆あさひな・ゆみ/1991年12月9日生まれ、神奈川県出身。身長158センチ/B86・W59・H93。美大生時代にコスプレイヤーとして活動し、撮影会モデルをする中で2016年にグラビアデビュー。特技は筋トレ、趣味は映画鑑賞、読書、ダーツ。

●撮影/松田忠雄

※週刊ポスト2020年2月28日・3月6日号

cat_oa-newspostseven_issue_eb208f1e260b oa-newspostseven_0_60c090c00b74_マスク品薄、解消いつ? 政府「1億枚供給宣言」でも買えず 60c090c00b74 60c090c00b74 マスク品薄、解消いつ? 政府「1億枚供給宣言」でも買えず oa-newspostseven

マスク品薄、解消いつ? 政府「1億枚供給宣言」でも買えず

2020年2月18日 16:00 NEWSポストセブン

 中国・武漢発の新型コロナウイルス感染拡大により、日本各地のドラッグストアやコンビニの店頭からマスクが消えてから早くも半月が過ぎた。家庭向けはもちろん、病院や介護施設などで使う医療向けでも、マスク不足が深刻化している。現在の品薄感は、いつ解消されるのだろうか──。

 日本衛生材料工業連合会の統計データによると、2018年度に日本で流通した家庭用・医療用・産業用マスク約55億枚のうち、輸入が約44億枚、国内生産は約11億枚だった。8割を主に中国からの輸入で賄っているのが日本の現状だ。病院や介護施設に衛生用品を納入する販売代理店の営業担当者はこういう。

「多くの施設が中国製マスクを使用するなか、輸入がストップしたせいで、2月以降は全く納入できていません。各施設から在庫の確保をお願いされましたが、納入実績のない国産マスクを優先的に回してもらうことは難しく、ほとんど応えられませんでした。2月末には中国からマスクを積んだ船が入港できるかも、との情報がありますが、定かではありません」

 こうした窮状を打開すべく、政府も動きを見せた。菅義偉官房長官は2月12日の会見で次のように“宣言”した。

「マスクは中国からの輸入停滞などにより品薄状態でありますが、厚生労働省、経済産業省が強く増産要請をし、24時間生産の体制強化により、早ければ来週(17日の週)以降、例年以上の毎週1億枚以上が供給できる見通しであります」

 実際、『エリエール ハイパーブロックマスク』などを販売する大王製紙の広報課は「フル生産体制です」としており、供給に全力を挙げているが、週が明けた17日以降も店頭にマスクが並んでいる様子は見られない。『超快適』マスクを販売するユニ・チャームの直販サイトでも〈マスク・ウェットティッシュは受注集中のためお届けにお時間を要します〉との表示が出ている。流通アナリストの渡辺広明氏はこう見る。

「マスクの品切れ・品薄状態が半月近く続く間、ドラッグストアよりもコンビニで少量パックの商品が並ぶケースが目立ちました。流通の構造上、直営のドラッグストアよりフランチャイズ店のコンビニのほうが欠品に厳しく、優先的に納品されるからです。とはいえ、発注単位が絞られるようになり店頭に出せる数が少ないので、夜に入荷しても朝には売り切れてしまうコンビニがほとんど。この状況は先週から変わっていません。

 政府が『供給できる見通し』と宣言した1億枚について、マスクの流通に携わる関係者からは、『医療や介護の現場に優先的に配分されるようだ』との話が一部から聞こえてきました。増産したマスクを店頭に並べても、一部の人に買い占められて転売されては意味がありません。そう考えると、話が真実であれば政府は求められる役割を果たしつつあると言えそうです」(渡辺氏)


◆マスク以外にも品薄が

 2月17日現在、クルーズ船の乗客を含む日本国内での感染者が500人を超えた。中国に渡航歴のある人との接触などがなく、感染経路が不明なケースも複数生じている。都内の介護施設で働く40代男性は「自分もいつ感染するかわからない」と危機感を募らせる。

「そもそも介護の場面でマスクが必要な理由は、自分の予防のためではありません。高齢の利用者が職員らから感染するリスクを避けるために必要なものなのです」

 新型コロナウイルスによる肺炎が重症化するリスクは、「高齢者」、「糖尿病・心不全・呼吸器疾患の持病がある人や透析を受けている人」、「免疫抑制剤や抗がん剤などの投与を受けている人」が高いとされる(厚労省公表の「相談・受診の目安」より)。

 医療や介護の現場で働く人はもちろん、不特定多数と接する機会の多い電車やバス、タクシーなどの交通機関で働く人にも「感染を広げないための」マスク着用は喫緊の課題だ。前出の渡辺氏はこう言う。

「ワクチンや治療薬がない中で、感染を恐れる気持ちはよくわかります。しかし、ここまで感染が拡大した以上、重症化リスクのある人を守るために、優先順位をつけてマスクを供給するべきです。

 市中の小売店でマスクが普通に買えるようになる時期は、正直に言って全くわかりません。国産マスクにしても、原料の不織布は中国からの輸入が多いと言われている。中国の工場が稼働するかどうか、それが日本向けに輸出されるかどうか次第です。

 マスク以外も同様です。消毒用アルコールは品薄がすでに指摘されていますが、その容器に使われるポンプも中国製なので、影響はさらに広がります。マスクと同じく不織布を使う除菌シートも品薄になることが予想されます」

 現在は在庫で凌ぐことができても、数か月先の4〜5月頃には品薄になる製品が増える可能性が高い。あらゆる物の生産を中国に頼り、できた製品が日本にやってくる流通過程も複雑を極めている。「次に何の在庫が無くなるかを知るには、店頭を見るしかない」(渡辺氏)という。

 折しも香港やシンガポールなどでは、マスクに続いて「トイレットペーパーが不足する」との噂が広まり消費者の争奪戦が起きている。50年ほど前の日本と同じ光景だが、日本でも再び繰り返されないことを祈りたい。

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_eb208f1e260b oa-newspostseven_0_aa3f45a073e2_渋谷すばると錦戸亮、2人の性格を反映する対照的な音楽活動 aa3f45a073e2 aa3f45a073e2 渋谷すばると錦戸亮、2人の性格を反映する対照的な音楽活動 oa-newspostseven

渋谷すばると錦戸亮、2人の性格を反映する対照的な音楽活動

2020年2月18日 16:00 NEWSポストセブン

 いまやジャニーズ事務所を代表するグループのひとつに成長した「関ジャニ∞」。長く7人で活躍してきたが、2018年12月にメインボーカルだった渋谷すばるが退所。さらに2019年9月、15周年記念ツアー『十五祭』を終えた直後に錦戸亮も退所を発表し、グループを離れた。メンバーの仲の良さでも知られる同グループにとって、中核的なメンバー2名の旅立ちは大きな波紋を呼んだ。

 新たなステージへと進んだ渋谷、錦戸、そして5人の関ジャニ∞。関ジャニの衰えることのない活躍は日々テレビで目にするが、脱退した2人はその後、どのような道を歩んでいるのか。CDアルバムの発売やライブツアーと、ともに音楽活動をスタートさせた2人だが、それぞれの活躍を追っているファンの口からは、渋谷と錦戸の対照的な音楽活動が浮かび上がってくる。

 彼らのジャニーズJr.時代からのファンだという女性・Aさん(40代)は、こう語る。

「すばる(※渋谷)は退所後、ワーナーミュージックに所属し、東南アジアを中心に世界旅行を続けながら音楽活動を行ってきました。そして全曲、作詞作曲を手掛けたアルバム『二歳』を発表し、今年の1月から国内ツアーをスタートさせています。ゆっくりと自分に向き合う時間を設けた、すばるらしい2年間だったと思います。不器用ながらSNSを開設して、気ままに更新しています。

 一方、亮ちゃん(※錦戸)のスピード感は凄まじかった。退所直後の午前0時に、ソロ活動を発表。インディーズで、自身のレコードレーベル〈NOMAD RECORDS〉を設立。そして11月にはライブを開催し、12月にはアルバム『NOMAD』が発売され、全国の映画館でライブビューイングまで実施。せっかちな亮ちゃんらしい。こうした退所後の動きも、2人の性格をよく表しているね、とファンのあいだでは話題になっています」(Aさん)

 渋谷と錦戸、それぞれのライブの様子はどうだったのか。両者のライブに参戦したという女性ファン・Bさん(30代)はこう語る。

「錦戸君のライブは、若い女性の観客が多かったです。基本は20代後半から30代後半がメインという感じで、見た目が派手なファンも多い。一部、カップル客もいたので、男性の姿もちらほら。ライブ中は『亮ちゃ~ん!』という黄色い声援が会場に反響していましたね。それを聞いて錦戸君もはにかんでいました。ソロのアルバムに加えて、エイト(※関ジャニ∞)時代に彼が作詞作曲した楽曲も歌っていましたよ。白いTシャツとGパン姿、髪型も寝起きのようなサラサラヘアー。気取っていない様子が素敵でした」(Bさん)


 一方、渋谷のライブは「『ライブ!』という言葉がぴったり」だったという。

「客層は、錦戸くんより上の世代の方も多いですが、中には子ども連れや女子高生もいて、幅広い年齢層という印象でした。男性ファンも多く『すばるー!』という野太い声も飛び交っていました。楽曲は完全にソロ時代の曲のみ。東南アジア旅行の映像も流していました。ブルースハープ、ギターのクオリティも上がっている印象で、楽器を掻き鳴らす姿はまさにロックでした。終演後も男性客向けの下ネタを交えたアナウンスが流れるなど個性が炸裂。ただ、公式グッズの大量買い占めと高額転売がファンの間で波紋を呼んでいて、ライブ後のSNSでは音楽そのものよりも『運営』や『マナーの悪いファン』に向けた厳しい声も目立っていました」(Bさん)

 渋谷、錦戸ともにプロのミュージシャンをバックバンドに起用している。そこにも彼らの個性の違いが現れていたという。

「錦戸君のバックバンドは全員男性でしたが、すばるのバンドはドラムとベースが女性。それぞれ演奏はとても上手い。錦戸くんは『プロをバックにつけている』、すばるは『仲の良いバンドメンバー』という感じでした。すばるは音楽一本。錦戸くんは“色々挑戦したい人”。どちらも応援し続けます」(Bさん)

 退所後、関ジャニ∞時代のファンをホッとさせる元気な姿を見せた渋谷と錦戸。アイドル時代には見せなかった一面も見せつつ、それぞれの道を歩み始めているようだ。

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_eb208f1e260b oa-newspostseven_0_bcdc78d75336_武漢在留邦人を支える北京の日本大使館員たちの闘い bcdc78d75336 bcdc78d75336 武漢在留邦人を支える北京の日本大使館員たちの闘い oa-newspostseven

武漢在留邦人を支える北京の日本大使館員たちの闘い

2020年2月18日 16:00 NEWSポストセブン

 今回の新型肺炎の蔓延でもわかるように、目に見えない“敵”と最初に対峙するのは、空港や港湾の検疫に従事する検疫官だ。

 横浜港に停泊中のクルーズ船の中では、マスクと手袋をつけた厚生労働省横浜検疫所の検疫官らが作業にあたった。2月3日夜から乗員乗客に対して健康状態の聞き取りやサーモグラフィによる体温測定、検体採取などが行なわれ、日本語や英語が話せない乗客に対しては携帯電話のハンズフリー機能を使っての通訳が実施されたといわれる。

 こうした検疫作業でも、検疫官が二次感染する恐れは常にある。実際、同クルーズ船で作業を実施した検疫官1人の感染が後日確認され、厚労省が12日に発表した。

 チャーター機で多くの日本人とその家族らが帰国した後の武漢にも、在留邦人の一部が残留している。彼らを支えるのは湖北省を管轄する北京の日本大使館だ。

 2003年のSARS流行時、北京の日本大使館付の医務官として対応にあたった勝田吉彰医師(関西福祉大学教授)が語る。

「まだSARSの名前もなく、飛沫感染か空気感染かもわからない状況で情報収集にあたりました。マスクやゴーグルなどの防護方法すら確立しておらず、日本から送られたマスクだけを着けて通常業務をこなしました」

 その後、中国政府の情報隠蔽が発覚。

「在留邦人はパニック状態になり、北京にいた日本人のうち7割が雪崩を打って帰国しました。それでも大使館職員は帰るわけにはいきません。使命感というのは大げさかもしれないが、“大使館員は倒れても仕方がない”という立場だったのです」(勝田医師)

 日々報じられるニュースの裏には、命がけで奮闘するプロフェッショナルたちがいるのだ。

※週刊ポスト2020年2月28日・3月6日号

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_eb208f1e260b oa-newspostseven_0_ba73b5fe8db4_「小心者」が40億円の借金完済、 幸せな経営者になれた理由 ba73b5fe8db4 ba73b5fe8db4 「小心者」が40億円の借金完済、 幸せな経営者になれた理由 oa-newspostseven

「小心者」が40億円の借金完済、 幸せな経営者になれた理由

2020年2月18日 16:00 NEWSポストセブン

 変わらず企業の破綻が続き、スタートアップのほとんどが5年もたないと言われる日本。その理由はさまざまながら、最近は経営者自身の「やりぬく力」が不足しているのではないか、というビジネスリーダーたちも多い。ビジネスを始めれば、日々問題が起きてくる。それを解決し、すべてが不可能に見えるときでさえ、その先の一手を見据える力が重要だ。まさにそんな経験をした経営者がいる。一会社員であった彼に、ある日突然降りかかった巨大な責任と40億円の負債。この信じがたいストーリーを新刊『小心者のままでいい 「臆病」「過敏」を強みに変える25の方法』(小学館)という著書にまとめた湯澤剛さんに聞いた。

 * * *

 居酒屋を複数経営していた父が急逝したとき、私はビール会社に勤めるサラリーマンでした。長男でありながら、父の跡を継ぐ気はハナからまったくなく、当然経営状況もまったく知りませんでした。他に人がいないという理由で渋々帳簿を見せられ、絶句しました。会社の負債は40億円を超えていたのです。

 葬儀後メガバンクの人たちがやってくるようになり、事情もまったく知らない私に「いつ返済していただけますか?」と迫ります。それ以外にも毎日大量の請求書が届き、あちこちに「申し訳ありません、できるだけ早くお支払いします」と頭を下げる日々が続きました。

 経営する居酒屋では板前が店もあけずに麻雀をしていたり、たばこを吸いながら寿司を握っている様子を見て絶望しました。

 でも、私は子どものころから自他ともに認める「小心者」。最近では「HSP(ハイリ―・センシティブ・パーソン)」とも呼ばれるようになった、先天的に過敏で繊細な特質を持つタイプの人間です。荒くれ者のように見えた板前たちに正面きって意見することもできませんでした。

 そうこうするうちに、追い打ちをかけるように、店舗火災、食中毒事件などが立て続けに起き、私は心身共に立ち上がれない状態に陥りました。もう、無理かも知れない。何のために生きているかさえもわからない……。そんな思いに押しつぶされそうになっていたとき、ある事件をきっかけに、「これ以上落ちることがないなら、できることから始めてみよう」と意識の転換が起きました。

 それからは、自分の特性から冷静に強みを分析するようになりました。「小心者」は、【1】リスク分析に優れ、【2】人の気持ちを察することに優れ、【3】細心なので判断に誤りにくく、【4】まじめで調子に乗らない、という強みを持っています。

 この強みを経営に活かしていくため、「自分の感情のモニタリング」「最悪の想定を可視化」「問題の細分化&タスク化」など、25のツール・思考法を練り上げました。

 こうして自分の特性を受け入れてからは、こつこつと日々大小の問題解決に励みました。結果16年間で40億円を完済し、今では「小心者だからこそ、この巨大な逆境に打ち克つことができた」と話せるようになりました。


 私の体験を「大逆転劇」と呼んでくださるかたも多いのですが、私自身の中では、いわば本当の自分を見つけるために不可欠なプロセスだったのだと思っています。

 今は、家族とも社員とも以前よりずっとよい関係を築け、また「地域への貢献」を掲げて業務に邁進、とても幸せな毎日です。あきらめなければ道は拓ける。朝の来ない夜はない──私と同様の特性を持ち、問題を目の前にして立ち止まってしまっている人たちに、新刊を通してそんなメッセージを届けられたらこんなに嬉しいことはありません。

【PROFILE】湯澤剛(ゆざわ・つよし)/株式会社ユサワフードシステム代表取締役。1962年、神奈川県鎌倉市生まれ。早稲田大学法学部卒業後キリンビール入社。国内ビール営業を経て、ニューヨーク駐在、医薬事業本部海外事業担当などに従事、1999年、父の急逝を受け、株式会社 湯佐和を引き継ぐ。40億円という莫大な負債を抱えて倒産寸前だった会社を16年間かけて再生。2018年に株式会社ユサワフードシステムを設立。経営業以外に、これまでの体験を元にした講演活動なども行っている。

●撮影・浅野剛

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_eb208f1e260b oa-newspostseven_0_71ca4e90187d_親の介護 「離れて暮らしたほうが幸せになれる」との提言も 71ca4e90187d 71ca4e90187d 親の介護 「離れて暮らしたほうが幸せになれる」との提言も oa-newspostseven

親の介護 「離れて暮らしたほうが幸せになれる」との提言も

2020年2月18日 16:00 NEWSポストセブン

 親の介護に悩んでいる、あるいは将来を考え不安を抱えている人は多い。共通しているのは「面倒を見なければ」という思いだが、「あまりに苦しむなら、親を捨ててもいい」と語るのは、『もう親を捨てるしかない』などの著者で宗教学者の島田裕巳氏だ。

「今は長寿社会なので子供が80歳になっても親が100歳で生きていることがある。そうなると、いつまで経っても自由になれないという事態に陥りかねない。

 介護が必要な親を放り出すことは現実的には難しいので、そうなる前に親との関係に“けじめ”をつけておくことが必要です。親を背負う必要はないんだと日頃から理解し、親のために尽くし、人生を棒に振る必要はないと決断することです。

 もし今親と同居しているなら世帯分離するのも一つの手です。一度親元を出て自立したら、自分が望まない限り定年後に再び親と同居する必要はありません」(島田氏)

◆「限界」を素直に伝える

 すでに親の介護に直面している人はどうすればいいのか。88歳の母親を自宅に引き取り、夫婦で介護する都内在住のA氏(64)が語る。

「母は2年前に認知症を発症してから徘徊癖がひどく、片時も目が離せません。周囲からは施設に入れることを勧められますが、罪悪感が生じてどうしてもできない。介護の重荷を背負わせている妻には、本当に申し訳なく思います」

 A氏のような感情を抱く人々は多く、親と“決別”するのは実際には難しい。その場合、介護の負担を減らす形で、親と距離を置くやり方もある。介護ヘルパーの資格を持つジャーナリスト・末並俊司氏が語る。

「最悪なのは親の面倒を見るために子まで心身ともに疲弊し共倒れすることです。“まだ限界ではない”と先送りにするより、目安として、食べることと排泄することのどちらかがひとりでできなくなった時点で、介護施設に入ってもらうことを考えるべきです。

 最初は“親を捨てるのか”と親本人や親族から言われるケースもありますが、『私たちも限界だ』と素直に伝えるべき。介護施設に入れた人の多くが、『結果として良かった』と言っています」

 ノンフィクション作家の久田恵氏はその実践者。40代後半で母親を看取った後、父親も倒れた。

「病院などに行くときは常に付き添わなければいけなかったので、極力在宅でできる仕事にシフトしていましたが、負担は大きかった。約8年間、在宅で介護を続けたのですが、最終的に父と話し合って老人ホームに入居してもらうことになりました」(久田氏)

 その後3年ほど施設の見舞いを続け、父親は娘に見守られて施設で息を引き取ったという。

「年老いた親の介護は職を辞めなければならないケースも多く、子供の人生を変えてしまうほどの大きな問題です。今は子供が年老いた親と一緒に住んで最後まで面倒を見る時代ではない。むしろ離れて暮らしたほうが介護にまつわる家族間のトラブルを避けられると思います」(同前)

 2年前、久田氏は自身が70歳になったことを機に栃木県那須のサービス付き高齢者向け住宅に単身で入所した。

「今は団塊の世代でも元気なうちに自らの意思で施設を探して入居する人が多い。私は自分が親の介護で苦労したから、息子家族の人生を変えてしまうようなことはしたくない。子供やその家族とはあえて離れて暮らして自分の生活を優先するほうが、お互いの幸せにつながるんです」(同前)

※週刊ポスト2020年2月28日・3月6日号

外部リンク